議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 門真市

平成19年第 2回定例会−06月12日-01号




平成19年第 2回定例会

      平成19年門真市議会第2回定例会

〇 議事日程第1号
  平成19年6月12日(火)午前10時開議

 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸 報 告
 日程第4 報告第3号 門真市土地開発公社の経営状況について
      報告第4号 財団法人門真市文化振興事業団の経営状況について
      報告第5号 平成18年度門真市一般会計繰越明許費繰越計算書について
      報告第6号 平成18年度門真市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について
      報告第7号 平成18年度門真市水道事業会計予算繰越計算書について
 日程第5 承認第3号  専決処分の承認を求めることについて(平成19年度門真市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について)
 日程第6 承認第4号  専決処分の承認を求めることについて(平成19年度門真市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について)
 日程第7 議案第27号 一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する協定(2工区(その3))の締結について
 日程第8 議案第28号 公共下水道千石東管渠築造工事請負契約の締結について
 日程第9 議案第29号 公共下水道北島管渠築造工事請負契約の締結について
 日程第10 議案第30号 公共下水道五月田第1管渠築造工事(2)請負契約の締結について
 日程第11 議案第31号 動産の取得について
 日程第12 議案第32号 門真市職員の旅費に関する条例の一部改正について
 日程第13 議案第33号 門真市税条例の一部改正について
 日程第14 議案第34号 門真市行政財産使用料条例の一部改正について
 日程第15 議案第35号 門真市法定外公共物管理条例の一部改正について
 日程第16 議案第36号 門真市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
 日程第17 議案第37号 平成19年度門真市一般会計補正予算(第1号)
 日程第18 議案第38号 平成19年度門真市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
    ──────────────────────────
〇 本日の会議に付した事件
 1 日程第1から日程第18まで
    ──────────────────────────
〇 出席者氏名
 ・出席議員(22名)
                 1番  高橋 嘉子 君
                 2番  春田 清子 君
                 3番  中道  茂 君
                 4番  土山 重樹 君
                 5番  戸田 久和 君
                 6番  井上まり子 君
                 7番  平岡久美子 君
                 8番  山本  純 君
                 9番  鳥谷 信夫 君
                10番  佐藤 親太 君
                11番  寺前  章 君
                12番  田伏 幹夫 君
                13番  福田 英彦 君
                14番  亀井  淳 君
                15番  村田 文雄 君
                16番  風  古波 君
                17番  今田 哲哉 君
                18番  吉水 丈晴 君
                19番  大本 郁夫 君
                20番  日高 哲生 君
                21番  林 芙美子 君
                22番  吉松 正憲 君
    ─────────────────────────
・説明のために出席した者(23名)
     市長              園部 一成 君
     副市長             五十野 充 君
     副市長             久木元秀平 君
     教育長             下浦 克明 君
     教育次長            小西  清 君
     行財政改革推進部長       野口 冨和 君
     市長公室長           辻中  健 君
     企画財務部長          妹尾 勝恭 君
     総務部長            小林  博 君
     市民生活部長(併任)農業委員会事務局長
                     高尾  享 君
     健康福祉部長          南  利通 君
     健康福祉部部長兼福祉事務所長  長野 晃二 君
     環境事業部長          宮前 隆之 君
     都市建設部長          木邨 博視 君
     都市建設部部長兼下水道推進室長 神田 直和 君
     都市建設部管理監        住川 信逸 君
     会計管理者           中東  要 君
     水道局長            筧  俊一 君
     教育委員会事務局学校教育部長  奥田  稔 君
     教育委員会事務局生涯学習部長  東田 保夫 君
     行政委員会総合事務局長     内藤 義文 君
     市長公室総括参事兼秘書課長   下治 正和 君
     総務部次長           西  政道 君
    ─────────────────────────
・職務のために出席した議会事務局職員
     局長              榎本  進
     総括参事兼議事課長       柳田 茂夫
     議事課長補佐          吉田 清之
     議事課主査           山下 貴志
     議事課             伴  佳紘
    ─────────────────────────
平成19年6月12日(火)午前10時開会
○議長(大本郁夫君) ただいまの出席議員は22名であります。
 これより平成19年門真市議会第2回定例会を開会いたします。
    ───────────────────────
○議長(大本郁夫君) 開会に当たり市長のごあいさつがあります。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) 平成19年門真市議会第2回定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、万障お繰り合わせの上御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。
 さて、このたびの定例会に提出いたしております案件につきましては、既に議案書をお手元にお届けいたしておりますので、御承知おきのことと存じますが、報告案件5件、専決処分の承認を求めることについて2件、一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する協定(2工区(その3))の締結について1件、工事請負契約の締結について3件、動産の取得について1件、条例案件5件、予算案件2件の合計19件となっております。
 これらの案件につきましては、それぞれ御上程賜りました際に担当の者より詳細に御説明申し上げることといたしておりますので、何とぞ慎重に御審議をいただき、いずれも原案のとおり御協賛賜りますようお願い申し上げまして、極めて簡単でありますが、開会のごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願いを申し上げます。
    ───────────────────────
午前10時2分開議
○議長(大本郁夫君) 直ちに本日の会議を開きます。
    ───────────────────────
┌────────────┐
△会議録署名議員の指名
└────────────┘
○議長(大本郁夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第116条の規定により2番春田清子君、4番土山重樹君を指名いたします。
    ───────────────────────
┌───────────┐
△会期の決定
└───────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から22日までの11日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 御異議なしと認めます。よって会期は、11日間と決定いたしました。
    ───────────────────────
┌───────┐
△諸報告
└───────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第3、諸報告を行います。
 去る5月22日に行われました各委員会の正副委員長の互選の結果について御報告申し上げます。
総務水道常任委員会
 委員長 佐藤 親太君   副委員長 高橋 嘉子君
民生常任委員会
 委員長 林 芙美子君   副委員長 春田 清子君
建設常任委員会
 委員長 寺前  章君   副委員長 亀井  淳君
文教常任委員会
 委員長 山本  純君   副委員長 井上まり子君
議会運営委員会
 委員長 吉水 丈晴君   副委員長 鳥谷 信夫君
行財政改革推進特別委員会
 委員長 平岡久美子君   副委員長 土山 重樹君
 以上のとおり決定いたしましたので、御了承願います。
 次に、監査結果報告について申し上げます。
 監査委員から議長あてに監査結果報告書が提出されましたので、その写しをお手元に配付しておきました。御了承願います。(文書別掲)
 以上で諸報告を終わります。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△報告第3号から第7号まで、「門真市土地開発公社の経営状況について」外4件
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) これより日程第4、報告第3号から第7号まで、「門真市土地開発公社の経営状況について」外4件に対する報告を順次求めます。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) まず、報告第3号「門真市土地開発公社の経営状況について」の報告を求めます。妹尾企画財務部長。
       〔企画財務部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画財務部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました報告第3号、門真市土地開発公社の経営状況につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 まず、門真市土地開発公社の平成19年度事業計画でございますが、土地処分といたしまして、別冊1ページに記載のとおり南部地域整備事業用地1219.80?を門真市へ売却の予定でございます。なお、本年度は土地の取得予定はございません。
 次に、平成19年度予算でありますが、2ページ以下に記載のとおり収益的収入及び支出の予定額といたしまして、事業収益及び事業外収益の収入合計額は3億4042万2000円、これに対する支出は、事業原価、販売費及び一般管理費、事業外費用及び予備費を合わせまして、支出合計3億4449万9000円でございます。
 次に、資本的収入及び支出の予定額でございますが、資本的収入は1億5030万円、これに対する資本的支出が4億9854万3000円を予定いたしております。なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額につきましては、当年度損益勘定留保資金で補てんいたすものでございます。
 また、当公社の平成19年度借入金限度額につきましては、平成19年門真市議会第1回定例会におきまして債務保証の議決を賜りました48億6400万円といたした次第でございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、報告第3号、門真市土地開発公社の経営状況の報告といたします。何とぞよろしく御了承賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 次に、報告第4号「財団法人門真市文化振興事業団の経営状況について」の報告を求めます。高尾市民生活部長。
 〔市民生活部長(併任)農業委員会事務局長高尾享君登壇〕
◎市民生活部長[併任]農業委員会事務局長(高尾享君) ただいま御上程賜りました報告第4号、財団法人門真市文化振興事業団の経営状況について御説明申し上げます。平成19年度事業計画及び予算につきまして、別冊をごらんいただきたいと思います。
 まず、平成19年度事業計画についてでございますが、2ページに記載のとおり各種文化事業の企画及び実施、文化情報の収集及び提供、文化の振興に関する調査及び研究、その他この法人の目的を達成するために必要な事業となっております。なお、事業団のルミエールホールにおけます自主事業につきましては、3ページの年間事業計画のとおりでございます。
 次に、平成19年度収支予算でございますが、6ページに記載のとおりでありまして、収入の部の主なものといたしまして、基本財産運用収入1260万円、自主事業収入2139万2000円、補助金等収入5178万円などを見込んでおり、自主事業活動収入といたしましては、総計8578万5000円となっております。
 次に、支出でございますが、7ページに記載のとおり自主事業費支出5823万8000円、8ページの管理費支出といたしまして2390万円となっており、自主事業活動支出といたしましては、総計8213万8000円となっております。
 以上、報告第4号、財団法人門真市文化振興事業団の経営状況についての説明とさせていただきます。何とぞよろしく御了承賜りますようお願い申し上げます。
 以上でございます。
○議長(大本郁夫君) 次に、報告第5号「平成18年度門真市一般会計繰越明許費繰越計算書について」の報告を求めます。木邨都市建設部長。
       〔都市建設部長木邨博視君登壇〕
◎都市建設部長(木邨博視君) ただいま御上程賜りました報告第5号、平成18年度門真市一般会計繰越明許費繰越計算書につきまして御説明申し上げます。
 議案書の3ページでございます。本件は、平成19年第1回定例会におきまして議決を賜りました繰越明許費につきまして、繰越計算書を調製し、地方自治法施行令第146条第2項の規定により御報告いたすものでございます。
 内容といたしましては、議案書の4ページ、5ページに記載いたしております繰越計算書のとおり、繰越額は1億8127万円でございまして、その財源内訳といたしましては、未収入特定財源として国府支出金1億3588万8000円及び地方債4510万円、一般財源といたしましては28万2000円の財源措置を行い、繰り越しをいたしたものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、報告第5号、平成18年度門真市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告といたします。何とぞよろしく御了承賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 次に、報告第6号「平成18年度門真市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について」の報告を求めます。神田都市建設部部長。
   〔都市建設部部長兼下水道推進室長神田直和君登壇〕
◎都市建設部部長兼下水道推進室長(神田直和君) ただいま御上程賜りました報告第6号、平成18年度門真市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきまして御説明申し上げます。
 本件は、平成19年第1回定例会におきまして議決を賜りました繰越明許費を地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき調製を行い、御報告させていただくものでございます。
 内容といたしましては、議案書の8ページ、9ページに記載いたしております繰越計算書のとおり、繰越額は14億9783万196円でございまして、未収入特定財源として、国庫補助金6億5404万5000円及び地方債7億6880万円、一般財源といたしまして7498万5196円の財源措置を行い、繰り越しをいたしたものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、報告第6号、平成18年度門真市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告といたします。何とぞよろしく御了承賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 次に、報告第7号「平成18年度門真市水道事業会計予算繰越計算書について」の報告を求めます。筧水道局長。
        〔水道局長筧俊一君登壇〕
◎水道局長(筧俊一君) ただいま御上程賜りました報告第7号、平成18年度門真市水道事業会計予算繰越計算書につきまして御説明申し上げます。
 議案書の11ページでございます。本件は、地方公営企業法第26条第2項ただし書きの規定による予算繰り越しでございまして、同条第3項の規定に基づき、御報告申し上げるものであります。
 本予算繰越額は、12ページの計算書に記載のとおり1247万6100円でございまして、その財源といたしましては、給水収益でございます。繰り越します事業は、上島頭513−2から下島頭358−1の区間の既設配水管撤去工事でございまして、大阪府が施工する都市計画道路寝屋川大東線の道路拡幅工事の遅延により工期延期することに伴い、予算繰り越しいたしたものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、報告第7号、平成18年度門真市水道事業会計予算繰越計算書についての御報告とさせていただきます。何とぞよろしく御了承賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 以上で報告5件を終わります。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△承認第3号「専決処分の承認を求めることについて(平成19年度門真市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について)」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第5、承認第3号「専決処分の承認を求めることについて」、すなわち平成19年度門真市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。高尾市民生活部長。
 〔市民生活部長(併任)農業委員会事務局長高尾享君登壇〕
◎市民生活部長[併任]農業委員会事務局長(高尾享君) ただいま御上程賜りました承認第3号、専決処分の承認を求めることについて、すなわち平成19年度門真市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号につきまして御説明申し上げます。
 議案書17ページをお願いいたします。本件は、平成19年度の門真市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号の専決でございまして、平成18年度の国民健康保険事業特別会計におきまして、決算見込額が歳出に比べまして歳入が59億1000万円不足することとなりましたので、その不足額を平成19年度の歳入を繰り上げて充てるものでございます。
 今回の専決につきましては、5月29日をもちまして専決処分をいたしたものでございますので、計数が確定いたしました段階で新たに更正の上、補正予算をお願いするものでございます。
 繰上充用に伴います財源につきましては、とりあえず雑入をもちまして充当いたした次第でございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、承認第3号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御承認を賜りますようお願い申し上げます。
 以上でございます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の承認第3号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△承認第4号「専決処分の承認を求めることについて(平成19年度門真市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について)」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第6、承認第4号「専決処分の承認を求めることについて」、すなわち平成19年度門真市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。南健康福祉部長。
       〔健康福祉部長南利通君登壇〕
◎健康福祉部長(南利通君) ただいま御上程賜りました承認第4号、専決処分の承認を求めることについて、すなわち平成19年度門真市老人保健事業特別会計補正予算第1号につきまして御説明申し上げます。
 それでは、議案書の21ページをお願いいたします。今回の補正は、5月29日付をもちまして専決処分を行ったものでございまして、平成18年度の老人保健事業特別会計におきまして、歳出に比し歳入に4882万5000円の不足が見込まれましたため、その不足額を平成19年度の歳入を繰り上げて充てることを主な内容とするものでございます。
 不足額が生じましたのは、医療費及び審査支払手数料の老人保健法法定負担分、いわゆる支払基金交付金、国庫支出金及び府支出金のいずれもが概算交付でありまして、翌年度に精算されますのがその理由でございます。
 それでは、28ページをお願いいたします。歳出の内訳でございますが、諸支出金2426万2000円は、平成18年度におきまして支払基金交付金の医療費交付金1246万9000円、府支出金の医療費負担金1178万3000円及び支払基金交付金の審査支払手数料交付金1万円が超過交付となったことによる返還金でございます。
 また、繰上充用金は、平成18年度での不足額4882万5000円でございます。
 繰上充用金の財源といたしましては、国庫支出金の精算金をもって充当するものでございます。
 次に、27ページをお願いいたします。歳入でございますが、平成18年度における国庫支出金の医療費負担金7308万7000円が平成19年度において追加交付されるものでございます。
 また、前年度繰越金といたしまして1000円を計上いたしておりましたが、繰上充用となりましたので、これを減額いたしますとともに、歳入歳出を合わすために予備費を1000円減額させていただくものでございます。
 以上の結果、歳入歳出それぞれ7308万6000円を追加し、予算総額は79億6996万9000円と相なる次第でございます。
 何とぞよろしく御承認賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の承認第4号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第27号「一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する協定(2工区(その3))の締結について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第7、議案第27号「一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する協定(2工区(その3))の締結について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。神田都市建設部部長。
   〔都市建設部部長兼下水道推進室長神田直和君登壇〕
◎都市建設部部長兼下水道推進室長(神田直和君) ただいま御上程賜りました議案第27号、一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する協定(2工区(その3))の締結について御説明申し上げます。
 本件は、平成19年第1回定例会において変更削減の議決をいただきました第2京阪道路の一部、都市計画道路寝屋川大東線から市道島頭下馬伏線までの約310m及び用地取得の進捗状況等により未協定区間でありました国道163号から北へ約100m、並びに都市計画道路寝屋川大東線より西側約170mの計580mを道路事業者であります近畿地方整備局の改築事業の発注とあわせ、本市下水道事業を当道路事業者に委託するものでございます。
 工事の概要でありますが、第2京阪道路敷地内に管径1800?から250?までの管渠を延長2230.9m布設するものでございます。
 また、本件委託の締結に当たりましては、随意契約にすることとし、近畿地方整備局長布村明彦と4億7948万8800円で協定の締結をいたすものでございます。
 委託期間は、議会の議決をいただいた日から平成20年3月31日まででございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第27号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。戸田久和君。
        〔5番戸田久和君登壇〕
◆5番(戸田久和君) 戸田です。所管の常任委員会に所属しておりませんので、この場で質疑するしかないので、質疑をします。質問項目は既に渡して準備してもらっております。
 さて、この議案は、第2京阪に絡んで市の公共下水道を近畿地方整備局に一緒にやってもらうということで、相手はもう随意契約で近畿地方整備局に特定して契約をする、そうするほかないと、こういうふうなことなんですけれども、これに関して、今回約4億8000万円の金額を見込んでおるわけですが、かなり高い結果に今までなってきたのではないかという疑問がありまして、質問します。
 まず、質問の1点として、この一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事ということに関して、近畿地方整備局との契約は過去何件あって、門真市との契約金額の合計は幾らになっているのか。
 質問の2点、過去の契約それぞれにかかわって、近畿地方整備局が道路工事と下水道を行った工事は、入札に当たってはどういう方法で行われてきたのか。また、それぞれの工事の落札金額と落札率はそれぞれ幾らだったのか。
 質問の3点目、今まで、この6月になるまで、近畿地方整備局の契約について、入札方法や落札率について調査したことがあるかどうか。また、市として意見を出したことがあるかどうか。
 これについてお答えください。
○議長(大本郁夫君) 理事者答弁。神田都市建設部部長。
   〔都市建設部部長兼下水道推進室長神田直和君登壇〕
◎都市建設部部長兼下水道推進室長(神田直和君) 戸田議員の御質問にお答え申し上げます。
 1点目の近畿地方整備局との過去の契約件数、契約金額の合計でございますが、契約件数は5件で、契約金額の合計は16億110万8000円でございます。
 2点目の工事の入札方法とそれぞれの落札率でございますが、入札方法は、各工事とも技術提案型競争入札方式でございます。
 落札率については、1工区96.82%及び99.83%、2工区(その1)99.84%、1工区(その1)、(その2)98.48%、2工区(その2)96.38%及び97.81%となっております。
 3点目の入札方法や落札率について調査や意見を出したことがあるかとの御質問でございますが、打ち合わせ協議時に入札方法について確認をしたことはありましたが、調査をしたり意見を出したことはございませんので、よろしくお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) ほかに質疑ありませんか。戸田久和君。
        〔5番戸田久和君登壇〕
◆5番(戸田久和君) 今の答弁を聞きまして、過去の工事の落札率が最低でも96.38%で、ほとんどが99%とか98%ということで非常に高いことが多くて――高いものばかりですね。今回の工事の落札率もこのままでは同様に高いものになると予測されますけども、市はどのように考えているのか、これをお聞きします。
 今までの工事の総額が合計約16億円、今回の4億8000万円を入れますと、20億円を超す工事の費用を門真市側が累計して払うわけですけども、これを99%等の落札率でなくて10%節約できておれば、約2億円かそれ以上のお金が浮いていた、こういうことになるわけです。
 昨今、高値落札の問題が研究され、特に100%に近い数値、90%後半の数値での落札は、談合実施と同一視されるようになっていると、こういう状況も踏まえて、また長野県の田中知事の入札改革等で巨大な国絡みの大きな工事、専門的な高度な知識が必要とされる工事であっても、今までの90数%の落札率は適正なものではなかったということが、いろんな状況証拠として、つまり大きな工事であっても80%台での落札がいろいろ出てきている、こういうふうな昨今の状況も踏まえて答えていただきたい。これが4点です。
 5点目、最後の質問として、これは市議会と市当局が今まで一丸となって、かつ近隣市とも共同して、この種の工事に関して入札の仕方や落札価格の低減化について物申してくれば、いろんな効果があったのではないかという私自身の反省の思いも込めてお聞きするんですけれども、市から近畿地方整備局に対して、落札価格の低減化を図る工夫をするように意見や申し入れをすべきと思いますけども、この点について市はどう考えているか、お答えください。
○議長(大本郁夫君) 理事者答弁。神田都市建設部部長。
   〔都市建設部部長兼下水道推進室長神田直和君登壇〕
◎都市建設部部長兼下水道推進室長(神田直和君) 戸田議員の再質問についてお答え申し上げます。
 初めに、工事の落札率が高くなることが予想され、談合実施と同一視されるとの御質問でございますが、今回近畿地方整備局が行う入札方法は、技術提案型競争入札方式を採用し、従来の金額だけの入札ではなく、品質面でも競争させることで、コスト縮減と機能、品質の向上に寄与する契約方法と聞き及んでおります。
 御指摘の談合実施有無につきましては、技術力や品質で競争させるため、談合しにくい入札方法との説明を受けております。
 このように多様な入札制度がある中で、本市にとりましてより適切な入札制度について、引き続き調査研究してまいります。
 次に、近畿地方整備局に対して、落札価格の低減化を図る工夫をするように意見や申し入れをすべきとの御意見でございますが、近畿地方整備局が行う入札は、国土交通省が勧めている技術提案型競争入札方式で行われ、入札、契約の形態や方法にまで言及できるものではございませんが、施工の方法や設計について工夫ができることについては意見や申し入れを行ってまいりますので、よろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) ほかに質疑ありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第27号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第28号「公共下水道千石東管渠築造工事請負契約の締結について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第8、議案第28号「公共下水道千石東管渠築造工事請負契約の締結について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第28号、公共下水道千石東管渠築造工事請負契約の締結につきまして御説明申し上げます。
 本工事の施工地は、門真市千石東町4番から38番まで、工事概要としまして、推進工法で管径1500?を95.4m布設し、マンホール2基を設置するものでございます。
 本工事の契約に当たりましては、郵便入札による一般競争入札とし、平成19年5月9日に公告し、本市の総合評点が市内業者800点以上、準市内業者及び市外業者1000点以上の67業者により、入札会を平成19年5月24日に行い、うち65業者による抽せんの結果、大阪市北区天満橋一丁目8番30号、株式会社ピーエス三菱大阪支店常務執行役員支店長小林勤一が1億3723万1395円で落札し、同日に門真市一般競争入札参加資格審査委員会の議を経て、同社と仮契約いたしたものでございます。
 なお、予定価格に対する落札率は、74.12%でありました。
 また、工期は、議会の議決をいただいた日から平成20年3月31日までとしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第28号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第28号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第29号「公共下水道北島管渠築造工事請負契約の締結について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第9、議案第29号「公共下水道北島管渠築造工事請負契約の締結について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第29号、公共下水道北島管渠築造工事請負契約の締結につきまして御説明申し上げます。
 本工事の施工地は、門真市北島町31番から35番まで、工事概要としまして、推進工法で管径1350?を103.3m、開削工法で管径350?を26.6m、管径250?を118.3m布設し、マンホール8基を設置するものでございます。
 本工事の契約に当たりましては、郵便入札による一般競争入札とし、平成19年5月9日に公告し、本市の総合評点が市内業者800点以上、準市内業者及び市外業者1000点以上の53業者により、入札会を平成19年5月24日に行い、うち50業者による抽せんの結果、大阪市平野区喜連二丁目5番63号、大容建設株式会社代表取締役池田利子が1億2925万2571円で落札し、同日に門真市一般競争入札参加資格審査委員会の議を経て、同社と仮契約いたしたものでございます。
 なお、予定価格に対する落札率は、74.12%でありました。
 また、工期は、議会の議決をいただいた日から平成20年3月31日までとしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第29号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第29号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第30号「公共下水道五月田第1管渠築造工事(2)請負契約の締結について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第10、議案第30号「公共下水道五月田第1管渠築造工事(2)請負契約の締結について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第30号、公共下水道五月田第1管渠築造工事(2)請負契約の締結につきまして御説明申し上げます。
 本工事の施工地は、門真市五月田町30番から36番まで、工事概要としまして、推進工法で管径1350?を99.65m、開削工法で管径300?を30m、管径250?を51m布設し、マンホール5基を設置するものでございます。
 本工事の契約に当たりましては、郵便入札による一般競争入札とし、平成19年5月9日に公告し、本市の総合評点が市内業者800点以上、準市内業者及び市外業者1000点以上の43業者により、入札会を平成19年5月24日に行い、うち41業者による抽せんの結果、大阪市浪速区大国二丁目1番19号、中林建設株式会社代表取締役社長中林安民が1億1219万8534円で落札し、同日に門真市一般競争入札参加資格審査委員会の議を経て、同社と仮契約いたしたものでございます。
 なお、予定価格に対する落札率は、73.86%でありました。
 また、工期は、議会の議決をいただいた日から平成20年3月31日までとしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第30号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第30号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第31号「動産の取得について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第11、議案第31号「動産の取得について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第31号、動産の取得につきまして御説明申し上げます。
 本案につきましては、門真市環境センターのじんかい収集車としまして、2トンパッカー車3台を取得するものでございます。
 今回、買いかえの対象となるじんかい収集車につきましては、排ガス規制、いわゆるNOx 規制に伴い、本年度中に使用期限を迎えるものでありまして、これら使用期限の過ぎるじんかい収集車をNOx 規制に適合した車両に買いかえるものでございます。
 これらじんかい収集車3台の取得価額は1575万円でありまして、大阪市淀川区田川三丁目10番2号、富士車輌株式会社大阪支店取締役執行役員大阪支店長小川浩三郎より取得するものであります。
 なお、これら車両の購入に当たりましては、指名競争入札によることとし、11業者を指名し、平成19年5月28日に入札会を開催いたしました結果、同社と仮契約いたしたものでございます。
 また、予定価格に対する落札率は、74.73%でありました。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第31号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第31号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第32号「門真市職員の旅費に関する条例の一部改正について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第12、議案第32号「門真市職員の旅費に関する条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第32号、門真市職員の旅費に関する条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回の改正は、京都府相楽郡の木津町、加茂町及び山城町が合併し、新たに木津川市となったことに伴い、旅費の日当を支給しない地域を定めております別表第1の規定整備を行うものでございます。
 改正の内容でありますが、別表第1の京都府のうち、「山城町、木津町」を削り、新たに「木津川市」を加えるものでございます。
 なお、附則としまして、この条例は公布の日から施行するものであります。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第32号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第32号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第33号「門真市税条例の一部改正について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第13、議案第33号「門真市税条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
         〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第33号、門真市税条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回の改正は、地方税法の一部を改正する法律が平成19年3月30日付で公布されたことに伴い、所要の改正を行うものでございます。
 改正の内容でありますが、第125条第2項及び附則第36条につきまして、郵政民営化関連法の施行により郵便局株式会社等が創設されることにより、地方税法に都市計画税の課税標準となるべき価格の特例規定が追加されたことに伴い、これらの規定に係る引用条項について所要の規定整備を行うものでございます。
 なお、附則としまして、この条例は平成19年10月1日から施行することとしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第33号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第33号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第34号「門真市行政財産使用料条例の一部改正について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第14、議案第34号「門真市行政財産使用料条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画財務部長。
       〔企画財務部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画財務部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第34号、門真市行政財産使用料条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 議案書47ページから49ページまででございます。今回の改正は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、引用条項の字句整備を行うものでありまして、門真市行政財産使用料条例の第1条中、「第238条の4第4項」を「第238条の4第7項」に改めるものでございます。
 なお、附則として、この条例は公布の日から施行することといたしております。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第34号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第34号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第35号「門真市法定外公共物管理条例の一部改正について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第15、議案第35号「門真市法定外公共物管理条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。木邨都市建設部長。
       〔都市建設部長木邨博視君登壇〕
◎都市建設部長(木邨博視君) ただいま御上程賜りました議案第35号、門真市法定外公共物管理条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回の改正は、地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)の施行に伴い、引用条項の字句整備を行うものであり、門真市法定外公共物管理条例(平成16年門真市条例第19号)の附則第3項中、「第238条の4第4項」を「第238条の4第7項」に改めるものであります。
 なお、施行の期日につきましては、公布の日とするものであります。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第35号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第35号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第36号「門真市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第16、議案第36号「門真市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。小林総務部長。
        〔総務部長小林博君登壇〕
◎総務部長(小林博君) ただいま御上程賜りました議案第36号、門真市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回の改正につきましては、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令の施行に伴い、補償基礎額に係る扶養加算額について引き上げるものでございます。
 改正の内容でありますが、第5条第3項に規定しております補償基礎額に係る扶養加算額について、配偶者以外の3人目以降の扶養親族に係る加算額167円を2人目までの扶養親族に係る加算額と同額の200円に改めるものでございます。
 なお、附則としまして、第1項におきまして、本条例の施行日を公布の日とし、第2項及び第3項におきまして、今回の改正に係る規定は平成19年4月1日にさかのぼって適用する等の経過措置を定めるものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第36号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第36号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第37号「平成19年度門真市一般会計補正予算(第1号)」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第17、議案第37号「平成19年度門真市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画財務部長。
       〔企画財務部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画財務部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第37号、平成19年度門真市一般会計補正予算第1号につきまして御説明申し上げます。
 議案書の59ページをお願いいたします。今回の補正は、歳入歳出それぞれ980万3000円を減額し、予算の総額を454億9219万7000円といたすものでございます。
 それでは、第1表歳入歳出予算補正の歳出から御説明申し上げます。
 61ページをお願いいたします。民生費の349万7000円の追加は、放課後児童クラブ運営業務委託料の追加分でございます。
 土木費の1380万円の減額は、公共下水道事業特別会計における市債の増額変更に伴います一般会計からの繰出金の減額でございます。
 教育費の50万円の追加は、本年度より砂子小学校を実践研究校として行います多文化共生教育推進事業に係る報償費等でございます。
 次に、60ページをお願いいたします。歳入でございますが、府支出金50万円の追加は、多文化共生教育推進事業に充当される委託金でございます。
 繰入金の減額は、今回の市債追加に伴い、都市整備基金繰入金を3200万円減額するとともに、財政調整基金繰入金につきましても、他の財源調整と合わせ5970万3000円減額いたすものでございます。
 市債の追加につきましては、友呂岐水路護岸補強整備工事に充当されます臨時河川等整備事業債3040万円と単独事業に係る本債の充当残に充当される地域再生事業債5100万円となっております。
 次に、62ページでございます。第2表地方債補正につきまして、市債の追加として、臨時河川等整備事業3040万円、地域再生事業5100万円の限度額等について規定するものでございます。
 以上、議案第37号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第37号は、関係各常任委員会に分割付託いたします。
    ───────────────────────
┌───────────────────┐
△議案第38号「平成19年度門真市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」
└───────────────────┘
○議長(大本郁夫君) 次に、日程第18、議案第38号「平成19年度門真市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(大本郁夫君) 提案理由の説明を求めます。神田都市建設部部長。
   〔都市建設部部長兼下水道推進室長神田直和君登壇〕
◎都市建設部部長兼下水道推進室長(神田直和君) ただいま御上程賜りました議案第38号、平成19年度門真市公共下水道事業特別会計補正予算第1号につきまして御説明申し上げます。
 今回の補正は、既定の歳入予算の総額87億9600万円の範囲内で更正を行うものでございます。
 下水道債は、元金償還費と減価償却費との差額について資金不足が生じる構造となっており、一般会計等において資金繰りなどの対応に苦慮する事態が生じることから、国においても世代間負担の公平化を図る観点から、元金償還費の償還財源に充てる資本費平準化債の拡大が平成16年度より導入され、本市も本施策を活用してきたものでございます。
 それでは、第1表の歳入歳出予算補正の歳入につきまして御説明申し上げます。
 一般会計繰入金1380万円の減額は、資本費平準化債1380万円の増額によるものでございます。
 次に、第2表地方債の変更でございますが、これは資本費平準化債の決定に伴い、既定の地方債の限度額を起債の目的に従い増額し、4億9950万円とするものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第38号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(大本郁夫君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第38号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
○議長(大本郁夫君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれにて散会し、来る6月21日午前10時から本会議を開くことにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(大本郁夫君) 御異議なしと認め、来る6月21日午前10時から本会議を開くことにいたします。
 この際申し上げます。
 各常任委員会の審査日程は、お手元に配付の審査日程表のとおりでありますから、御了承願います。(文書別掲)
    ───────────────────────
○議長(大本郁夫君) 本日はこれにて散会いたします。
午前11時散会
    ───────────────────────