議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 門真市

平成17年第 4回定例会−12月12日-01号




平成17年第 4回定例会

      平成17年門真市議会第4回定例会

〇 議事日程第1号
  平成17年12月12日(月)午前10時開議

 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 諸 報 告
 日程第4 認定第1号及び第2号、「平成16年度門真市歳入歳出決算認定について」外1件
      (決算特別委員長報告)
 日程第5 議案第55号 市道路線の認定について
      議案第56号 市道路線の変更について
 日程第6 議案第57号 一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業
の工事等に関する細目協定(2工区(その2))の締結について
 日程第7 議案第58号 飯盛霊園組合規約の一部変更に関する協議について
 日程第8 議案第59号 住居表示を実施する市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について
 日程第9 議案第60号 門真市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定について
 日程第10 議案第61号 門真市民文化会館条例の全部改正について
 日程第11 議案第62号 門真市立市民交流会館条例の全部改正について
 日程第12 議案第63号 門真市村岡自然ふる里村条例の全部改正について
 日程第13 議案第64号 門真市立青少年運動広場条例の全部改正について
 日程第14 議案第65号 門真市立運動広場条例の全部改正について
 日程第15 議案第66号 門真市立テニスコート条例の全部改正について
 日程第16 議案第67号 門真市個人情報保護条例の一部改正について
 日程第17 議案第68号 門真市税条例の一部改正について
 日程第18 議案第69号 門真市手数料条例の一部改正について
 日程第19 議案第70号 門真市保健福祉センター条例の一部改正について
 日程第20 議案第71号 門真市有料自転車駐車場条例の一部改正について
 日程第21 議案第72号 門真市建築基準法施行条例の一部改正について
 日程第22 議案第73号 門真市土地開発基金条例の廃止について
 日程第23 議案第74号  平成17年度門真市一般会計補正予算(第6号)
 日程第24 議案第75号 助役の選任について
 日程第25 議案第76号 公平委員会委員の選任について
      議案第77号 公平委員会委員の選任について
 日程第26 議案第78号 人権擁護委員候補者の推薦について
    ───────────────────────
〇 本日の会議に付した事件
 1 日程第1及び日程第2
 2 議員戸田久和君の議員辞職勧告に関する決議
 3 日程第3から日程第26まで
    ───────────────────────
〇 出席者氏名
 ・出席議員(27名)
                 1番  春田 清子 君
                 2番  平岡久美子 君
                 3番  五味 聖二 君
                 4番  吉水 丈晴 君
                 5番  佐藤 親太 君
                 7番  田伏 幹夫 君
                 8番  井上まり子 君
                 9番  山本  純 君
                10番  鳥谷 信夫 君
                11番  村田 文雄 君
                12番  今田 哲哉 君
                13番  中井 悌治 君
                14番  宮本 一孝 君
                15番  稲田  実 君
                16番  林 芙美子 君
                17番  福田 英彦 君
                18番  中西みよ子 君
                19番  青野  潔 君
                20番  風  古波 君
                21番  早川 孝久 君
                22番  寺前  章 君
                23番  増井 勝昭 君
                24番  秋田 治夫 君
                25番  大本 郁夫 君
                26番  日高 哲生 君
                27番  亀井  淳 君
                28番  吉松 正憲 君
    ───────────────────────
・欠席議員(1名)
                 6番  戸田 久和 君
    ───────────────────────
・説明のために出席した者(21名)
     市長              園部 一成 君
     教育長             下浦 克明 君
     理事              高枝 清紀 君
     市長室長            辻中  健 君
     行財政改革推進部長       吉田 博昭 君
     企画部長            妹尾 勝恭 君
     総務部長            高田 芳男 君
     市民生活部長          南  治郎 君
     環境整備部長          宮前 隆之 君
     保健福祉部長          小西  清 君
     都市整備部長          中村 正昭 君
     都市整備部技監         南  保夫 君
     都市整備部管理監        住川 信逸 君
     建設事業部長          村山 俊孝 君
     収入役室長           中川 大蔵 君
     教育委員会事務局学校教育部長  藤澤 三郎 君
     教育委員会事務局社会教育部長  三宅 一雅 君
     行政委員会総合事務局長兼次長  内藤 義文 君
     水道局長            市岡伊佐男 君
     市長室次長兼課長        樋上 安治 君
     総務部次長           筧  俊一 君

・挨拶後退場した者(1名)
     水道局管理監          今野 一之 君
    ───────────────────────
・職務のために出席した議会事務局職員
     局長              桑山  暉
     次長兼議事課長         榎本  進
     議事課主幹           柳田 茂夫
     議事課係長           吉田 清之
     議事課             山下 貴志
    ───────────────────────
平成17年12月12日(月)午前10時20分開会
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 これより平成17年門真市議会第4回定例会を開会いたします。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) 開会に当たり市長のごあいさつがあります。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) おはようございます。平成17年門真市議会第4回定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては何かと御多忙の中にもかかわりませず、万障お繰り合わせの上御出席賜りまして、まことにありがとうございます。
 このたびの定例会に提出いたしております案件につきましては、既に議案書をお手元にお届けいたしておりますので、御承知おきのことと存じますが、市道路線の認定及び変更について各1件、公共下水道に関する協定の締結について1件、一部事務組合の規約の変更協議案件1件、住居表示実施案件1件、条例案件14件、予算案件1件、人事案件4件の合計24件となっております。
 これら案件につきましては、御上程賜りました際に担当の者より詳細に御説明申し上げることといたしておりますので、何とぞ慎重な御審議をいただきまして、いずれも原案のとおり御協賛賜りますようお願いを申し上げます。
 何とぞ格段の御支援を賜りますようお願いを申し上げ、簡単でありますが、開会のごあいさつといたします。どうかよろしくお願い申し上げます。
    ───────────────────────
午前10時22分開議
○議長(中井悌治君) 直ちに本日の会議を開きます。
    ───────────────────────
△会議録署名議員の指名
○議長(中井悌治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議規則第116条の規定により7番田伏幹夫君、8番井上まり子君を指名いたします。
    ───────────────────────
△会期の決定
○議長(中井悌治君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から22日までの11日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって会期は、11日間と決定いたしました。
    ───────────────────────
△議員提出議案第6号「議員戸田久和君の議員辞職勧告に関する決議」
○議長(中井悌治君) ただいまお手元に配付のとおり、26名の議員から会議規則第13条の規定により、議員提出議案第6号「議員戸田久和君の議員辞職勧告に関する決議」が提出されました。
 お諮りいたします。この際、本件を日程に追加し、順序を変更し、議題に供したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議員提出議案第6号「議員戸田久和君の議員辞職勧告に関する決議」を議題といたします。
 議案を朗読させます。
         〔書記朗読、議案別掲〕
○議長(中井悌治君) この際お諮りいたします。本件に対する説明は、省略することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、説明は省略いたします。
 お諮りいたします。議員提出議案第6号は、委員会の付託を省略することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、委員会の付託は省略いたします。
 これより議員提出議案第6号を採決いたします。
 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議員提出議案第6号「議員戸田久和君の議員辞職勧告に関する決議」は、原案どおり可決されました。
    ───────────────────────
△諸報告
○議長(中井悌治君) 次に、日程第3、諸報告を行います。
 この機会に、去る10月17日付をもって教育長に就任されました下浦克明君を御紹介申し上げます。
 これより下浦教育長のごあいさつがあります。下浦教育長。
        〔教育長下浦克明君登壇〕
◎教育長(下浦克明君) ただいま御紹介をいただきました下浦克明でございます。お許しをいただきまして一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 去る9月定例会におきまして、多くの議員の皆様方の御同意を賜り、10月17日付をもちまして教育長に就任をさせていただきました。まことにありがとうございました。
 今、教育は変革を求められておるのが現実であり、本市においてもまた大きなうねりの中にあると思慮いたしております。課題解決に向けて立ち向かうことが強く求められておるとの決意のもと、微力ではございますが、その職責を全うすべく全力を尽くす覚悟でございます。議員の皆様方には御指導、御鞭撻を賜りますこと、心よりお願いを申し上げまして、簡単粗辞ではございますが、お礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(中井悌治君) 下浦教育長には、今後御自愛の上、御精励賜りますようお願い申し上げます。
 次に、人事異動について理事者の報告があります。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) 私より、去る12月1日付で実施いたしました人事異動の御報告を申し上げます。
 厳しい財政状況の中で、喫緊の課題であります行財政改革の推進のために、行政経験と実績が豊富であります高枝清紀を理事として任命をいたしました。また、前任者の退職に伴い、水道局長に市岡伊佐男を、水道局管理監に今野一之を任命いたしました。
 今後ともよろしく御指導を賜りますようお願いを申し上げまして、御報告といたします。
○議長(中井悌治君) 次に、閉会中の委員会活動について申し上げます。
 総務水道常任委員会が委員会所管事項について管外行政調査を行いました。調査報告書はお手元に配付しておきましたので、御了承願います。(文書別掲)
 次に、監査結果報告について申し上げます。
 監査委員から議長あてに監査結果報告書が提出されましたので、その写しをお手元に配付しておきました。御了承願います。(文書別掲)
 以上で諸報告を終わります。
    ───────────────────────
△認定第1号及び第2号、「平成16年度門真市歳入歳出決算認定について」外1件
○議長(中井悌治君) これより日程第4、認定第1号及び第2号、「平成16年度門真市歳入歳出決算認定について」外1件を一括議題といたします。
 これら認定2件については、第3回定例会において決算特別委員会に閉会中の継続審査を付託しておりましたが、このほどその審査報告書が提出されました。
 文書はお手元に配付しておきました。
        〔委員会審査報告書別掲〕
△決算特別委員長報告
○議長(中井悌治君) これより決算特別委員長寺前章君の報告を求めます。寺前章君。
       〔決算特別委員長寺前章君登壇〕
◎決算特別委員長(寺前章君) ただいまから第3回定例会において本委員会に閉会中の継続審査を付託されました認定第1号及び第2号に対する審査結果並びに審査の概要について御報告いたします。
 決算審査に当たりましては、その重要性にかんがみ3日間にわたり慎重かつ精力的に審査を行い、行財政運営の効果についてただすとともに、一層の行財政執行の改善努力を求め、認定第1号については賛成多数で、認定第2号については全員異議なく、いずれも認定すべきものと決しました。審査の概要については、事前に配付いたしております審査概要記録のとおりであります。
 認定第1号中、一般会計については、まず総務関係では、財政力指数低下の要因と財政運営に及ぼす影響等についてただしました。
 財政力指数は、単年度ベースで12年度0.825から16年度0.738へと大きく低下している。その要因は、計算式の分母に当たる基準財政需要額が12年度210億9400万円から16年度193億8000万円とマイナス8.1%であったのに対し、分子に当たる基準財政収入額が12年度173億9600万円から16年度は市税収入が大幅に減少したことにより143億900万円にマイナス17.7%と大幅に落ち込んだことによる。
 財政運営への影響については、ここ数年来、臨時財政対策債を含めた交付税原資は減少傾向にあり、今後も続くことが考えられ、自主財源比率の低下ともつながり、財政運営の弾力性にも影響が及ぶものと考えている。
 今後の財政見通しについては、20年代の半ばぐらいまではかなり厳しい状況が続くものと予想しており、現状においても市税収入は伸びない、扶助費は伸びる、退職金がふえていく、経常収支比率も100%を超え、かなり厳しい状況にあり、今後歳入については、市税収入の大幅な回復は見込めず、交付税の動向も不透明なところがあり、歳入総額は約400億円台と現状と同規模で推移することが考えられ、歳出については、人件費は行財政改革により4年連続の減少をしており、17年度から25年度で数百人規模の定年または早期退職が見込まれ、26年度以降、平均年齢はかなり若返ることから人件費構造が変わり、財政構造の硬直化は改善されるが、扶助費は一定の伸びが見込まれるため、歳出規模を抑え、できるだけ早く歳入規模に近づけ、最終的には歳入規模に見合う形になるよう財政運営を図っていきたいとのことでした。
 このほか、市税の徴収対策、三位一体改革の影響額などについて質疑がありました。
 民生関係では、保育園の多数のアルバイトによる欠員対応と行財政改革推進における民間委託との整合性についてただしたところ、11年3月に策定された行財政改善実施計画に基づき、保育園の民営化及び民間委託の必要性について認識の上、その方策について担当部局と検討を進めてきたところであるが、その間、保育士の欠員については原則不補充としてアルバイトで対応してきた結果、現状に至ったものであり、行革担当部局、福祉担当部局、人事担当部局それぞれの連携・調整が不十分な面があったと認識している。
 今後は、これらの反省の上に立ち、現在策定中の行財政改革推進計画の中で具体化に向けた明確な位置づけを行い、行財政改革推進部が中心となって調整していきたいとのことでした。
 このほか、生活保護行政の執務体制の整備、今後の環境行政に対する考え方などについて質疑がありました。
 建設関係では、打越一番橋の危険性の把握と安全対策についてただしたところ、打越一番橋の供用開始に合わせ、門真警察署を初め関係機関と協議、調整を行い、西側交差点の市道寿町桑才線の一番公民館前に横断歩道を設置するとともに、一番町側から接道されている市道一番東西線からの見通しを確保するために、カーブミラーを設置するなどの安全対策を講じているが、供用開始後、橋を利用されている歩行者、自転車の利用者からは交差点が危険であることを、また自動車の利用者からは車道部の幅が4mですれ違いの通行が困難であることなどを聞いていることから、今後さらに門真警察署とどのような安全対策及び改良が可能かについて協議を進めていきたいとのことでした。
 このほか、放置自転車対策、密集住宅市街地整備促進事業などについて質疑がありました。
 文教関係では、パソコン整備に係る予算を計上するに当たっての考え方についてただしたところ、教育用パソコンの導入については、国からの導入基準と教育環境向上のための重点事業との位置づけで整備を進めてきており、教育の内容、学習指導、生徒指導、教職員の資質向上等の学校教育の課題がある中で、より重要な課題や必要性等を考え、担当課等で検討、精査の上、事業の作成を行い、予算要求をしている。
 しかし、他事業との予算的なアンバランスが生じているとの指摘については、情報教育以外の教育の重要性についても十分認識し、事業優先度や緊急性などを基準に予算精査に努めているが、結果としてアンバランスが生じているということについては、反省する点もあると考えている。
 今後、事業内容や必要性などを十分に見きわめ、個々の事業精査に努めることにより、より精度の高い予算査定に努め、今後ともバランスのとれた教育の充実になるよう努めていきたい。また、コンピュータについては現在導入していることから、これの活用を十分に図っていくとともに、全体的な観点に立って事業の推進を図っていきたいとのことでした。
 このほか、学校施設の耐震化、総合的教育力活性化事業などについて質疑がありました。
 特別会計においては、国民健康保険事業特別会計では、国保加入世帯及び被保険者数の推移、短期被保険者証等の交付件数と収納率の推移などについて、四宮土地区画整理事業特別会計では、本事業終結に向けての考えと今後のスケジュールなどについて、公共下水道事業特別会計では、本事業の普及率、整備がおくれている要因などについて、公共用地先行取得事業特別会計では、南部地域整備事業用地及び四宮土地区画整理事業用地の経歴について質疑がありました。
 その他の特別会計及び財産調書については、質疑がありませんでした。
 認定第1号の採決に当たって反対の討論があり、起立採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。
 次に、認定第2号については、16年度決算状況及び今後の財政見通しについてただしたところ、16年度の決算状況は、景気の低迷、節水機器の普及などによる節水意識の浸透により、有収水量の伸びは低迷したが、14年度から実施している事務事業の見直しなど各種の業務改善などの経営努力により、8204万7000円の当年度純利益を計上している。
 今後の財政見通しは、配水量が12年度から16年度までの5年平均で毎年1.86%減少し、水道料金収入の伸びは厳しく、料金収入の増に直接つながらない老朽施設の更新経費及び職員の高齢化による退職金が増加することから、事業経営は予断を許さない状況であり、中長期的な展望に立ち、今後、より一層の経営の効率化を図っていきたいとのことでした。
 このほか、有収率向上策と目標値及び収益への影響額、アスベスト対策などについて質疑がありました。
 以上で質疑を終了し、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 以上で報告を終わります。
○議長(中井悌治君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。通告により8番井上まり子君を指名いたします。井上まり子君。
        〔8番井上まり子君登壇〕
◆8番(井上まり子君) 8番の井上まり子でございます。日本共産党を代表して、認定第1号、平成16年度門真市歳入歳出決算認定について反対の立場から討論を行います。
 今年度の決算特別委員会の審議において、門真市が厳しい財政状況の中、真に効率的な行財政運営、市民の切実な願いにこたえる努力が貫かれているかという観点から、門真市の市政をただしました。以下、その内容について述べ、反対討論を行います。
 まず、自動車借上料については、北河内7市中、5市が借上方式を廃止し、タクシーによるチケット方式がとられているにもかかわらず、しかも審議の中で全く稼働していない日が16日間あることが明らかになっているにもかかわらず、引き続き借上方式で対応していきたいと明言しています。自動車の借り上げは直ちに廃止すべきです。
 人権政策推進費については、国が同和事業への特別対策を終了している中、大阪府人権協会という一団体に偏った分担金は支出するべきではありません。市民の幅広い意見が反映されるようにするべきです。大阪府人権協会などへの補助金はきっぱりと見直すべきです。
 保育園費が支出されていますが、16年度もまた実質待機があり、保育所に入りたくても入れない状況があるのに、保育所の増設を図るなどの抜本的対策がなされておらず、市民の願いにこたえるものとはなっていません。
 国民健康保険特別会計についてですが、ますます深刻の度を増す不況のもと、保険料は加入者に大きな負担となっています。16年度も資格証明書が713世帯も発行されました。資格証明書の発行は、皆保険制度に反するものです。
 南部地域整備についてですが、門真南駅前土地区画整理事業は平成16年度中に完了し、終結されると決定しました。にもかかわらず本事業のもととなった南部地域整備大綱の見直しをしようとしませんでした。
 教育については、16年度は学校給食調理業務の民間委託が6校で実施されています。しかし、民間へ委託された中で調理員が定着しない現実があり、教育の一環として、かつ安全で安定な学校給食を提供するという点で公的責任を改めて果たすべきと考えるものです。
 また、本来削れない消耗品までも支出を抑えています。トイレの改修や浄化装置がいまだについていないプールを残すなど、教育環境が不十分です。しかし、情報機器だけは突出した支出で、今後毎年1億3000万円ものリース料を支払うことになるなど、国の強い指導があっても市の教育状況全体を慎重に検証して検討すべきものだったと思われます。
 以上、決算認定に当たっての討論といたします。
○議長(中井悌治君) これをもって討論を終了いたします。
 これより日程第4の認定2件を順次採決いたします。
 まず、認定第1号を起立により採決いたします。
 認定第1号に対する委員長の報告は、認定であります。
 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。
 よって認定第1号「平成16年度門真市歳入歳出決算認定について」は、認定することに決しました。
 次に、認定第2号を採決いたします。
 認定第2号に対する委員長の報告は、認定であります。
 委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって認定第2号「平成16年度門真市水道事業会計決算認定について」は、認定することに決しました。
    ───────────────────────
△議案第55号及び第56号、「市道路線の認定について」外1件
○議長(中井悌治君) 次に、日程第5、議案第55号及び第56号、「市道路線の認定について」外1件を一括議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。村山建設事業部長。
       〔建設事業部長村山俊孝君登壇〕
◎建設事業部長(村山俊孝君) ただいま一括御上程賜りました議案第55号、市道路線の認定について及び議案第56号、市道路線の変更について御説明申し上げます。
 まず、議案第55号につきましては、宅地の開発行為による道路の帰属及び一級河川寝屋川右岸堤防整備に伴う管理引き継ぎによる月出町15号線ほか19路線、総延長1146.59mを道路法第8条第2項の規定に基づき市道路線として新規に認定するものでございます。
 次に、議案第56号でございますが、宅地の開発行為による道路の帰属により、既存の市道南野口町南北線ほか1路線を合計75.78m延長するもので、道路法第10条第2項及び第3項の規定に基づき市道路線の変更をするものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、一括御上程賜りました議案第55号及び議案第56号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 以上2件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案2件は、一括して建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第57号「一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する細目協定(2工区(その2))の締結について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第6、議案第57号「一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する細目協定(2工区(その2))の締結について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。村山建設事業部長。
       〔建設事業部長村山俊孝君登壇〕
◎建設事業部長(村山俊孝君) ただいま御上程賜りました議案第57号、一般国道1号改築事業と門真市公共下水道事業との同時施行における下水道事業の工事等に関する細目協定2工区その2の締結につきまして御説明申し上げます。
 本件につきましては、第2京阪道路の一部、市道島頭下馬伏線から国道163号までの区間約760m、並びに国道163号より北約280mから寝屋川までの区間約300mを道路事業者であります近畿地方整備局が平成17年度末から3カ年で改築事業の工事発注を予定されており、この区間にかかわります本市公共下水道につきまして道路事業者に委託するものでございます。本協定の締結につきましては、地方自治法第96条第1項第5号の工事請負に該当いたしますので、議会の議決をいただくものでございます。
 工事の概要でありますが、第2京阪道路敷地内に管径700?から250?の管渠を延長1620.06m布設するものでございます。
 また、本件委託の締結に当たりましては、随意契約により近畿地方整備局長藤本貴也と契約金額2億4463万3200円で協定の締結をいたすものでございます。委託期間は、議会の議決をいただいた日から平成20年3月31日まででございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第57号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第57号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第58号「飯盛霊園組合規約の一部変更に関する協議について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第7、議案第58号「飯盛霊園組合規約の一部変更に関する協議について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。南市民生活部長。
       〔市民生活部長南治郎君登壇〕
◎市民生活部長(南治郎君) ただいま御上程賜りました議案第58号、飯盛霊園組合規約の一部変更に関する協議につきまして御説明申し上げます。
 本議案は、地方自治法の一部改正により人口10万人未満の市においても、収入役を置かず市長または助役をしてその事務を兼掌させることができる旨の規定が設けられたことに伴い、関係市におきまして当該規定の適用を検討している市がありますことから、本組合規約の執行機関の選任方法等に関する規定整備等を図ることについて協議を行うものでございます。
 その主な変更内容につきましては、まず第7条第3項の改正は、副管理者について、管理者の属する市の助役が複数置かれている場合は、管理者が指名する助役を副管理者とするものでございます。
 次に、第7条第5項の追加は、収入役について管理者の属する市が収入役を置かない場合の取り扱いについて新たに規定を設けるものでございます。
 また、第10条第2項の改正は、規定の整備でございます。
 なお、この規約の施行日は、知事の許可のあった日とするものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第58号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第58号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第59号「住居表示を実施する市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第8、議案第59号「住居表示を実施する市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。中村都市整備部長。
       〔都市整備部長中村正昭君登壇〕
◎都市整備部長(中村正昭君) ただいま御上程賜りました議案第59号、住居表示を実施する市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法につきまして御説明申し上げます。
 今回御提案申し上げます議案は、住居表示に関する法律第3条第1項の規定により、本市における住居表示を実施するための市街地の区域に、議案書12ページの別図の斜線で示しております大字上島頭、下島頭、下馬伏、岸和田、野口、横地、北島のそれぞれ一部の地域を追加しようとするもので、面積は59.45ヘクタールでございます。
 住居表示の方法といたしましては、同法第2条第1号に掲げる道路、河川、水路などによって区画された街区につけられる街区符号と、その街区内の建物などにつけられる住居番号を用いて表示するところの街区方式を採用いたしたく存じております。
 なお、今回の区域につきましては、第12次住居表示整備事業といたしまして、平成18年度及び19年度の2カ年度で住居表示を実施いたす所存でございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第59号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第59号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第60号「門真市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第9、議案第60号「門真市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画部長。
        〔企画部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第60号、門真市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定につきまして御説明申し上げます。
 本条例案は、地方自治法の一部改正により、公の施設の管理に関する制度が管理委託制度から指定管理者制度に改正されたことに伴い、本市の公の施設の管理を指定管理者に行わせる場合の手続等を定めようとするものでございます。
 本条例案は、全15条及び附則から成っております。
 条例の内容でございますが、第1条は、条例趣旨として、地方自治法第244条の2第3項に基づく指定管理者の指定の手続等に関する必要な事項を定める旨を規定いたしております。
 第2条から第6条までは、指定の手続等に関する事項でありまして、第2条は、特別な理由がある場合を除き指定管理者は公募することとし、第3条では、指定の申請に際しての提出書類を定めております。
 第4条は、候補者の選定に際しての選定基準を利用者の平等利用の確保、施設の効用の発揮、管理経費の縮減、安定した経営能力などとし、同条第2項では、指定の申請がない場合などの取り扱いについて定めております。
 第5条は選定結果の通知について、第6条は、議会の議決を経て候補者を指定管理者として指定し、その旨を告示することといたしております。
 第7条から第14条までは施設の管理に関する事項であり、第7条は協定の締結事項について、第8条は毎年度終了後に提出を求める事業報告書について定めております。
 第9条は、指定管理者が管理業務を休廃止しようとする場合はあらかじめ市長の承認を受けなければならない旨を、第10条は、管理の適正を期するため、指定管理者に定期または必要に応じて臨時に業務及び経理の報告を求め、また実地に調査を実施し、必要な指示をすることができることを定めております。
 第11条は、指定管理者の責めに帰すべき事由による指定の取り消し、業務の停止及びその旨の告示などを定めております。
 第12条は原状回復義務、第13条は損害賠償義務、第14条では守秘義務、個人情報の保護及び情報公開についての必要な措置について定めております。
 最後に、第15条は、規則等への委任規定でございます。
 なお、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行することといたしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第60号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第60号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第61号「門真市民文化会館条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第10、議案第61号「門真市民文化会館条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。南市民生活部長。
       〔市民生活部長南治郎君登壇〕
◎市民生活部長(南治郎君) ただいま御上程賜りました議案第61号、門真市民文化会館条例の全部改正につきましてその概要を申し上げ、提案理由の説明にかえさせていただきます。
 本条例案は、地方自治法第244条の2第3項の規定により門真市民文化会館に指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであります。
 現在、財団法人門真市文化振興事業団に管理委託しております門真市民文化会館の使用許可、その他の施設の使用に関する事務及び施設の維持管理業務等について、民間事業者を含めて幅広く公募することにより、効率的、効果的な施設運営を図ることが期待できることから、指定管理者制度に移行することとしたものでございます。また、施設の使用料について指定管理者の収入とすることにより、自主的な経営努力を発揮しやすくさせるため、地方自治法第244条の2第8項の規定に基づく利用料金制によることといたしております。
 次に、主な改正内容でありますが、第2条は指定管理者による管理を、第3条は指定管理者が行う業務の範囲を規定し、第4条及び第5条は、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、開館時間及び休館日の規定を新たに設けるものであります。
 また、第14条は、利用料金に関する規定でございます。
 なお、附則といたしまして、第1項でこの条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げます一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うため所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第61号、門真市民文化会館条例の全部改正につきましての説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第61号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第62号「門真市立市民交流会館条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第11、議案第62号「門真市立市民交流会館条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。南市民生活部長。
       〔市民生活部長南治郎君登壇〕
◎市民生活部長(南治郎君) ただいま御上程賜りました議案第62号、門真市立市民交流会館条例の全部改正につきましてその概要を申し上げ、提案理由の説明にかえさせていただきます。
 本条例案は、先ほどの議案第61号と同様の理由により、現在財団法人門真市文化振興事業団に管理委託しております門真市立市民交流会館の使用許可、その他の施設の使用に関する事務及び施設の維持管理業務等について、地方自治法第244条の2第3項の規定により指定管理者制度を導入し、あわせて施設の使用料について利用料金制によることとするため、所要の改正を行うものでございます。
 次に、主な改正内容でありますが、第2条は指定管理者による管理を、第3条は指定管理者が行う業務の範囲を規定し、第4条及び第5条は、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、開館時間及び休館日の規定を新たに設けるものでございます。また、第13条は、利用料金に関する規定でございます。
 なお、附則といたしまして、第1項でこの条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げます一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うため所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第62号、門真市立市民交流会館条例の全部改正につきましての説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第62号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第63号「門真市村岡自然ふる里村条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第12、議案第63号「門真市村岡自然ふる里村条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。南市民生活部長。
       〔市民生活部長南治郎君登壇〕
◎市民生活部長(南治郎君) ただいま御上程賜りました議案第63号、門真市村岡自然ふる里村条例の全部改正につきましてその概要を申し上げ、提案理由の説明にかえさせていただきます。
 本条例案は、地方自治法第244条の2第3項の規定により、門真市村岡自然ふる里村に指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものでございます。
 現在、兵庫県香美町に事務委託及び管理委託しております門真市村岡自然ふる里村の施設の使用許可、その他施設の使用に関する事務及び施設の維持管理業務等について、民間事業者の能力や経営ノウハウを活用した効果的かつ効率的な施設運営を図ることが期待できることから、指定管理者制度に移行することとしたものでございます。また、施設の使用料につきましては、利用料金制によることといたしております。
 次に、主な改正内容でございますが、第3条は指定管理者による管理を、第4条は指定管理者が行う業務の範囲を規定し、第5条及び第6条は、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、利用時間及び休館日の規定を新たに設けるものでございます。
 また、第12条は、利用料金に関する規定であります。
 なお、附則といたしまして、第1項でこの条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げます一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うため所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第63号、門真市村岡自然ふる里村条例の全部改正につきましての説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛を賜りますようにお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第63号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第64号「門真市立青少年運動広場条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第13、議案第64号「門真市立青少年運動広場条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。三宅社会教育部長。
   〔教育委員会事務局社会教育部長三宅一雅君登壇〕
◎教育委員会事務局社会教育部長(三宅一雅君) ただいま御上程賜りました議案第64号、門真市立青少年運動広場条例の全部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案につきましては、平成15年9月2日に地方自治法の一部を改正する法律が施行され、地方自治法第244条の2第3項の規定により、地方自治体の公の施設の管理運営につきまして、従来の公共的団体などに限られていた管理委託方式から、広く民間事業者までにその管理を行わせることができる指定管理者制度が適用されることとなりました。
 民間事業者の能力や経営ノウハウを活用しつつ、住民サービスの向上を図るなど、施設の管理運営についてより効果的かつ効率的に行うことを目的に、現在直営で行っております門真市立青少年運動広場に指定管理者制度を導入するため、条例の全部を改正するものでございます。
 本条例案の主な改正内容でございますが、第2条は指定管理者による管理の定めであり、法人その他の団体であって教育委員会が指定する者に施設の管理を行わせることができる旨を定めております。
 第3条は、指定管理者が行う業務の範囲の定めであり、第1号では利用の許可、その取り消し、その他の利用に関する業務を、第2号では施設及び設備の維持管理に関する業務を、第3号では利用に係る料金の徴収に係る業務を、第4号では教育委員会が特に必要と認める業務とし、指定管理者が行う業務の範囲を明確化いたしております。
 第4条及び第5条に、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、現在教育委員会規則で定めております開場時間及び休場日の規定を新たに設けるものでございます。
 また、第13条に利用料金に関する規定を設け、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させることができる旨を定めております。
 その他所要の字句の整備をいたしております。
 なお、附則としまして、第1項で本条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げる一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うための所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第64号の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第64号は、文教常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第65号「門真市立運動広場条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第14、議案第65号「門真市立運動広場条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。三宅社会教育部長。
   〔教育委員会事務局社会教育部長三宅一雅君登壇〕
◎教育委員会事務局社会教育部長(三宅一雅君) ただいま御上程賜りました議案第65号、門真市立運動広場条例の全部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案につきましては、平成15年9月2日に地方自治法の一部を改正する法律が施行され、地方自治法第244条の2第3項の規定により地方自治体の公の施設の管理運営につき、従来の公共的団体などに限られていた管理委託方式から、広く民間事業者までにその管理を行わせることができる指定管理者制度が適用されることになりました。
 民間事業者の能力や経営ノウハウを活用しつつ、住民サービスの向上を図るなど施設の管理運営について、より効果的かつ効率的に行うことを目的に、現在直営で行っております門真市立運動広場に指定管理者制度を導入するため、条例の全部を改正するものでございます。
 本条例案の主な改正内容でございますが、第3条は、指定管理者による管理の定めでございまして、法人その他の団体であって教育委員会が指定する者に施設の管理を行わせることができる旨を定めております。
 第4条は、指定管理者が行う業務の範囲の定めであり、第1号では利用の許可、その取り消し、その他の利用に関する業務を、第2号では、施設及び設備の維持管理に関する業務を、第3号では、利用に係る料金の徴収に関する業務を、第4号では、教育委員会が特に必要と認める業務とし、指定管理者が行う業務の範囲を明確化いたしております。
 第5条及び第6条に、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、現在、教育委員会規則で定めております開場時間及び休場日の規定を新たに設けるものでございます。
 また、第14条に、利用料金に関する規定を設け、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させることができる旨を定めております。
 その他、所要の字句の整備をいたしております。
 なお、附則といたしまして、第1項で本条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げる一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うための所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第65号の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第65号は、文教常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第66号「門真市立テニスコート条例の全部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第15、議案第66号「門真市立テニスコート条例の全部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。三宅社会教育部長。
   〔教育委員会事務局社会教育部長三宅一雅君登壇〕
◎教育委員会事務局社会教育部長(三宅一雅君) ただいま御上程賜りました議案第66号、門真市立テニスコート条例の全部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案につきましては、平成15年9月2日に地方自治法の一部を改正する法律が施行され、地方自治法第244条の2第3項の規定により地方自治体の公の施設の管理につきまして、従来の公共的団体などに限られていた管理委託方式から広く民間事業者までにその管理を行わせることができる指定管理者制度が適用されることとなりました。
 民間事業者の能力や経営ノウハウを活用しつつ、住民サービスの向上を図るなど施設の管理運営について、より効果的かつ効率的に行うことを目的に、現在社団法人門真市シルバー人材センターに管理委託しております門真市立テニスコートに指定管理者制度を導入するため、条例の全部を改正するものでございます。
 本条例案の主な改正内容でございますが、第2条は指定管理者による管理の定めであり、法人その他の団体であって教育委員会が指定する者に施設の管理を行わせることができる旨を定めております。
 第3条は、指定管理者が行う業務の範囲の定めでありまして、第1号では利用の許可、その取り消し、その他の利用に関する業務を、第2号では、施設及び設備の維持管理に関する業務を、第3号では、利用に係る料金の徴収に係る業務を、第4号では、教育委員会が特に必要と認める業務とし、指定管理者が行う業務の範囲を明確化いたしております。
 第4条及び第5条に、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、現在教育委員会規則で定めております開場時間及び休場日の規定を新たに設けるものでございます。
 また、第11条に利用料金に関する規定を設け、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させることができる旨を定めております。
 その他、所要の字句の整備をいたしております。
 なお、附則といたしまして、第1項で本条例の施行期日を平成18年9月1日とし、附則第2項から第4項までの規定につきましては、指定管理者が附則第2項各号に掲げる一定の事由により不在となった場合、その間、直営で行うための所要の調整規定を設けるものでございます。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第66号の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第66号は、文教常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第67号「門真市個人情報保護条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第16、議案第67号「門真市個人情報保護条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画部長。
        〔企画部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第67号、門真市個人情報保護条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案につきましては、地方自治法の一部改正により指定管理者制度が創設されましたことに伴い、本制度に基づき指定管理者が行う公の施設の管理業務の遂行に際しても、個人情報の保護について担保する必要があることから所要の改正を行うものでございます。
 改正内容でございますが、まず第10条の改正につきましては、第1項で実施機関の責務を、第2項で受託者の個人情報の保護に関する措置義務を、第3項で守秘義務についてそれぞれ規定しておりますが、指定管理者につきましても委託を受けた者と同様の措置義務等を課するものでございます。
 次に、第26条の改正でありますが、本条は個人情報の漏えい等について、その行為者に対する罰則規定でありまして、第10条の改正に伴い、指定管理者として公の施設の管理業務に従事している者もしくは従事していた者も処罰の対象とするものでございます。
 なお、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行することといたしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第67号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第67号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第68号「門真市税条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第17、議案第68号「門真市税条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。高田総務部長。
       〔総務部長高田芳男君登壇〕
◎総務部長(高田芳男君) ただいま御上程賜りました議案第68号、門真市税条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回の改正は、地方税法等の一部を改正する法律が平成17年3月25日付で公布されたことに伴うものでございます。
 それでは、主な改正の内容につきまして御説明申し上げます。
 第14条につきましては、個人の市民税の非課税の範囲の改正でありまして、年齢65歳以上の者のうち、前年の合計所得金額が125万円以下の者に対する個人市民税の非課税措置を廃止するものでございます。
 なお、経過措置といたしまして、附則第2条で平成17年1月1日において年齢65歳に達していた者であって、前年の合計所得金額が125万円以下である者については、平成18年度分の所得割及び均等割の税額の3分の2相当額を減額し、平成19年度分の所得割及び均等割の税額の3分の1相当額を減額するものでございます。
 次に、第27条の改正につきましては、年の中途で退職した者についても給与を支払う者に給与支払報告書の提出を義務づける規定が新設されたことによる引用条項の整備でございます。
 次に、附則第43条第2項の削除につきましては、公開株式に係る譲渡所得等の課税の特例の廃止を行うものでございます。
 次に、附則第44条の追加につきましては、特定管理株式が価値を失った場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の創設でありまして、特定口座で管理されていた株式につき、発行会社の清算結了等により価値を失い損失が生じた場合に、株式等の譲渡損失とみなすことができることとするものでございます。
 また、附則第45条から第48条までの改正及び旧第46条の削除につきましては、附則第44条の追加等に伴う所要の規定整備を行うものでございます。
 なお、附則といたしまして、附則第1条でこの条例の施行期日を平成18年1月1日とし、第2条におきまして条例の適用区分並びに経過措置を定めるものであります。
 以上、簡単ではございますが、議案第68号の提案理由の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
         〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第68号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第69号「門真市手数料条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第18、議案第69号「門真市手数料条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。南市民生活部長。
       〔市民生活部長南治郎君登壇〕
◎市民生活部長(南治郎君) ただいま御上程賜りました議案第69号、門真市手数料条例の一部改正につきましてその概要を申し上げ、提案理由の説明にかえさせていただきます。
 本条例案は、平成18年2月18日に稼働を予定いたしております門真市戸籍総合システムの導入に伴い、戸籍の謄抄本の交付等手数料につきまして所要の規定整備を行うものでございます。
 改正の内容についてでございますが、別表第2の項中、戸籍の謄抄本の交付等手数料の事務の区分の欄に、「磁気ディスクをもって調製された戸籍に記録されている事項の全部若しくは一部を証明した書面の交付」等の規定を加えるものでございます。
 なお、附則といたしまして、この条例は平成18年2月18日から施行するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第69号、門真市手数料条例の一部改正につきましての提案理由の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第69号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第70号「門真市保健福祉センター条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第19、議案第70号「門真市保健福祉センター条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。小西保健福祉部長。
       〔保健福祉部長小西清君登壇〕
◎保健福祉部長(小西清君) ただいま御上程賜りました議案第70号、門真市保健福祉センター条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案につきましては、1点目といたしまして、地方自治法第244条の2第3項の規定により、保健福祉センター内の老人デイサービスセンター及び障害者福祉センターに指定管理者制度を導入すること、2点目といたしまして、本年6月の介護保険法の一部を改正する法律の施行により、地域包括支援センターによる包括的支援事業が創設されたことに伴い、同センター内の在宅介護支援センターを廃止するため所要の改正を行うものでございます。
 それでは、改正の内容について御説明いたします。
 第2条の改正は、在宅介護支援センターに関する規定の削除であり、次に第3条の次に6条を加える改正は、指定管理者の導入に伴うものでありまして、現在管理を委託しております同センター内の老人デイサービスセンター及び障害者福祉センターの各デイサービス事業及び施設の維持管理業務等につきまして、効果的かつ効率的な施設運営を図ることが期待できますことから、指定管理者制度に移行することとしたものであります。
 第3条の2には指定管理者による管理を、第3条の3には、指定管理者が行う業務の範囲を規定しております。
 また、第3条の4、第3条の5、第3条の6につきましては、指定管理者の管理の基準が条例事項となりましたことから、開館時間及び休館日に関する規定を新たに設けますとともに、これに伴いまして規定の一体性を保つため、診療所の診療日等につきましても第3条の7といたしましてあわせて条例規定するものであります。
 次に、第19条は、利用料金に関する規定でありまして、両施設につきましては、従来から利用料金制を導入しており、今回は文言整理などの規定整備を行ったものでございます。
 なお、附則といたしまして、この条例の指定管理者に関する改正につきましては平成18年9月1日から、在宅介護支援センターの廃止関係につきましては平成18年4月1日から施行するものといたしております。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第70号の説明といたします。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第70号は、民生常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第71号「門真市有料自転車駐車場条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第20、議案第71号「門真市有料自転車駐車場条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。村山建設事業部長。
       〔建設事業部長村山俊孝君登壇〕
◎建設事業部長(村山俊孝君) ただいま御上程賜りました議案第71号、門真市有料自転車駐車場条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 本条例案は、有料自転車駐車場として門真南駅東自転車駐車場を新設するとともに、地方自治法第244条の2第3項の規定により門真市有料自転車駐車場に指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであります。
 改正内容でありますが、本条例は同一の条項を重ねて改正する関係上、第1条と第2条とに分けて改正しております。
 まず、本条例の第1条関係でありますが、第2条及び第3条の改正は、門真南駅東自転車駐車場の新設に伴い、その名称及び位置を門真南駅東自転車駐車場、門真市大字三ツ島2251番地と、駐車対象車種を自転車及び原動機付自転車と定めるものであります。
 また、第6条の改正は規定整備であります。
 次に、第17条の改正は、門真南駅東自転車駐車場につきましては、来年4月の開設時から8月末日までの間、市直営で運営することとなるため、現行の委託対象から除外するものであります。
 次に、本条例の第2条関係でありますが、地方自治法第244条の2第3項の規定により、門真市有料自転車駐車場に平成18年9月1日より指定管理者制度を導入するため、所要の改正を行うものであります。
 これは、現在財団法人自転車駐車場整備センターに委託しております門真南駅第1自転車駐車場及び門真南駅北自転車駐車場並びに来年4月に開設予定の門真南駅東自転車駐車場の使用許可その他の施設の使用に関する事務、使用料の徴収事務及び施設の維持管理業務等について、民間事業者を含めて幅広く公募することにより効果的かつ効率的な施設運営を図ることが期待できることから、指定管理者制度を導入することとしたものでございます。
 改正内容でありますが、第2条の2の追加は指定管理者による管理を、第2条の3の追加は、指定管理者が行う業務の範囲を規定し、第2条の4及び第2条の5の追加は、指定管理者の管理の基準が条例事項となったことから、開場時間及び受付時間並びに休場日の規定を新たに設けるものでございます。
 また、第5条、第6条、第11条、第13条から第18条までの改正は、指定管理者の導入に伴います所要の規定整備であります。
 次に、条例附則に2項を加える改正は、指定管理者が不在となった場合、その間、直営で行うための調整規定でございます。
 なお、附則といたしまして、第1条関係につきましては平成18年4月1日から、第2条関係につきましては平成18年9月1日からそれぞれ施行することといたしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第71号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第71号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第72号「門真市建築基準法施行条例の一部改正について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第21、議案第72号「門真市建築基準法施行条例の一部改正について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。中村都市整備部長。
       〔都市整備部長中村正昭君登壇〕
◎都市整備部長(中村正昭君) ただいま御上程賜りました議案第72号、門真市建築基準法施行条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。
 今回御提案申し上げます議案は、建築物の安全性及び市街地の防災機能の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律により、安全で安心できるまちづくりの実現に向け、既存建築物の改修を計画的に順次進めていくことなどを可能とする手続の合理化を行う建築基準法の改正が行われたことに伴い、門真市建築基準法施行条例第6条に係る手数料規定を新たに定めるとともに、法改正に伴う引用条項等の規定整備を行うものでございます。
 改正内容でございますが、議案書149ページ以下の新旧対照表で御説明申し上げます。
 別表第13の項、第24の項、第25の項、第27の項及び第29の項は、法改正に伴う引用条項及び語句の変更によるものでございます。
 別表第34の項の追加は、建築基準法第86条の8第1項または第3項の規定に基づく全体計画認定申請の審査手数料を規定し、手数料額につきましては、付表4として床面積の合計に応じた額を規定するものであります。
 また、付表1の備考2の追加は、法第86条の8第1項の規定に基づく全体計画認定を受けた確認審査手数料について、床面積の2分の1とする調整規定を設けるものであります。
 また、付表1の備考の3、付表5及び付表6の備考の2の改正につきましては、規定整備であります。
 なお、附則といたしまして、この条例の施行日を平成18年1月1日とし、法改正に伴う引用条項等の規定整備につきましては公布の日から施行するものといたしております。
 以上、まことに簡単ではございますが、議案第72号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第72号は、建設常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第73号「門真市土地開発基金条例の廃止について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第22、議案第73号「門真市土地開発基金条例の廃止について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画部長。
        〔企画部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第73号、門真市土地開発基金条例の廃止について御説明申し上げます。
 昭和45年に公用等の土地を取得し、事業の円滑な執行を図るため設置されました門真市土地開発基金につきましては、目的に沿って門真市土地開発公社に基金を貸し付けるなど、今日まで運用してきたところでございます。
 今回、門真市土地開発公社経営健全化計画により、門真市土地開発公社の土地の一部を買い戻すに当たり、当基金の残高全額3億1000万円を繰り入れし、財源充当することによりまして本基金の役割を終えることになるため、門真市土地開発基金条例を本年度末をもって廃止しようとするものでございます。
 なお、附則といたしまして、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議案第73号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第73号は、総務水道常任委員会に付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第74号「平成17年度門真市一般会計補正予算(第6号)」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第23、議案第74号「平成17年度門真市一般会計補正予算(第6号)」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。妹尾企画部長。
        〔企画部長妹尾勝恭君登壇〕
◎企画部長(妹尾勝恭君) ただいま御上程賜りました議案第74号、平成17年度門真市一般会計補正予算第6号につきまして御説明申し上げます。
 議案書の155ページをお願いいたします。今回の補正は、歳入歳出それぞれ1億7766万5000円を追加し、予算の総額を455億9707万2000円といたすものでございます。
 それでは、議案書157ページの第1表歳入歳出予算の歳出から御説明申し上げます。
 民生費の3847万円の追加は、社会福祉総務費にて身体障害児援護費国庫負担金返還金31万3000円、在宅福祉事業国庫補助金返還金262万1000円、障害児等短期入所事業国庫補助金返還金46万8000円と児童福祉総務費にて児童虐待発生予防システム構築事業として報償費以下備品購入費まで府補助金額に合わせて100万円、児童措置費の児童入所措置費国庫負担金返還金63万9000円、児童入所措置費府負担金返還金32万円、保育園費の保育園アルバイト賃金追加分2869万9000円、泉町保育園ボイラー室等吹きつけ材撤去工事441万円によるものでございます。
 次に、衛生費につきましては、保健衛生総務費にて母子保健事業費国庫負担金返還金8万9000円を計上いたしております。
 土木費の6444万9000円の追加は、改良住宅管理費の新橋住宅1期屋上倉庫吹きつけ材撤去工事によるものでございます。
 消防費の7277万7000円の追加は、常備消防費の守口市門真市消防組合負担金追加分によるものでございます。
 教育費につきましては、事務局費にて病休等代替アルバイト賃金追加分188万円を計上いたしております。
 続きまして、156ページの歳入でございますが、国庫支出金2206万7000円の追加は、改良住宅等改善事業費補助金の追加によるものでございます。
 府支出金100万円の追加は、児童虐待発生予防システム構築事業補助金によるものでございます。
 繰入金の1億5459万8000円の追加は、財政調整基金繰入金を今次補正の財源調整として1億1221万6000円の追加及び新橋住宅の吹きつけ材撤去工事の財源といたしまして、市営住宅建設基金繰入金4238万2000円の追加によるものでございます。
 次に、159ページの第2表債務負担行為でございますが、くすのき園さつき園通園用バス借り上げ1425万9000円、くすのき園さつき園通園用バス運転業務委託218万4000円、学校給食調理業務委託(3)4800万円及び放課後児童クラブ運営業務委託4350万円を表のごとく補正をいたすものでございます。
 以上、議案第74号、平成17年度門真市一般会計補正予算第6号の説明とさせていただきます。何とぞよろしく御協賛賜りますようお願い申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 上程中の議案第74号は、関係各常任委員会に分割付託いたします。
    ───────────────────────
△議案第75号「助役の選任について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第24、議案第75号「助役の選任について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) 御上程賜りました議案第75号、助役の選任につきまして私から提案理由の御説明を申し上げます。
 本市は現在、非常に厳しい行財政運営を強いられており、山積する行政課題に迅速に対応し、何としても行財政改革をなし遂げなければならない非常事態を迎えております。
 こういったことに対し効率よく的確に対応いたしてまいるためにも、私の補佐役として現在欠員となっております助役を一日も早く選任し、行財政運営に当たってまいりたく考えております。
 このことから、このたび助役として五十野充氏を選任いたしたく考えております。五十野氏は、長年にわたり本市職員として、また本年8月より11月30日まで本市理事として奉職し、門真市行政に精通されております。その豊富な経験や知識、実績を十二分に生かしていただけるものと存じ、本市助役として選任いたしたく御提案申し上げるものであります。
 経歴等につきましては、お手元の参考資料のとおりでございます。
 どうか全員一致の御同意を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単でありますが、提案理由の説明にさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本案に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。議案第75号は、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、委員会の付託を省略いたします。
 これより本案を起立により採決いたします。
 本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。
 よって議案第75号「助役の選任について」は、五十野充君の選任に同意することに決しました。
    ───────────────────────
△議案第76号及び第77号、「公平委員会委員の選任について」の2件
○議長(中井悌治君) 次に、日程第25、議案第76号及び第77号、「公平委員会委員の選任について」の2件を一括議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) 御上程賜りました議案第76号及び議案第77号、公平委員会委員の選任につきまして私から提案理由の説明を申し上げます。
 まず、議案第76号についてであります。
 現在、公平委員会委員として御活躍いただいております植村興氏の任期が平成18年3月6日をもちまして満了いたすわけであります。
 植村氏には、平成2年3月より公平委員会委員として、また平成6年から同委員会委員長として御活躍をいただいておるところであります。今後とも豊かな知識、経験を生かしていただけるものと存じ、引き続き御就任をいただきたく考えております。
 続きまして、議案第77号についてであります。
 浅田博氏の任期につきましても、平成18年3月6日をもちまして満了いたすわけであります。
 浅田氏には、平成6年3月より同委員として御活躍をいただいておるところであります。同氏におかれましては、長きにわたり民間企業の要職につかれ、監査役としても現在御活躍されております。その豊かな知識、経験を生かした卓越した手腕のもと、今後とも御活躍いただけるものと存じ、引き続き御就任をいただきたく考えております。
 両氏の経歴等につきましては、お手元の参考資料のとおりであります。何とぞ植村興氏、浅田博氏の再任につきまして全員一致の御同意を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単でありますが、提案理由の説明にさせていただきます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 以上2件に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。議案第76号及び第77号の2件については、いずれも委員会の付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、委員会の付託を省略いたします。
 これより2議案を順次採決いたします。
 まず、議案第76号を採決いたします。
 本案に同意することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議案第76号「公平委員会委員の選任について」は、植村興君の選任に同意することに決しました。
 次に、議案第77号を採決いたします。
 本案に同意することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議案第77号「公平委員会委員の選任について」は、浅田博君の選任に同意することに決しました。
    ───────────────────────
△議案第78号「人権擁護委員候補者の推薦について」
○議長(中井悌治君) 次に、日程第26、議案第78号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 提案理由の説明を求めます。園部市長。
         〔市長園部一成君登壇〕
◎市長(園部一成君) 御上程賜りました議案第78号、人権擁護委員候補者の推薦につきまして私から提案理由の御説明を申し上げます。
 現在、人権擁護委員として御活躍いただいております堀川由紀子氏の任期が平成18年3月31日をもって満了を迎えるわけであります。今後ともその豊富な経験をもとに、さらに御尽力をいただけるものと存じ、引き続き御就任をいただきたく考えております。
 経歴等につきましては、お手元の参考資料のとおりであります。
 どうか全員一致の御同意を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単でありますが、提案理由の説明にさせていただきます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本案に対する質疑はありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。議案第78号は、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、委員会の付託を省略いたします。
 これより議案第78号を採決いたします。
 本案に同意することに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議案第78号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、堀川由紀子君の推薦に同意することに決しました。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。本日はこれにて散会し、来る12月21日午前10時から本会議を開くことにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、12月21日午前10時から本会議を開くことにいたします。
 この際申し上げます。
 各常任委員会の審査日程は、お手元に配付の審査日程表のとおりでありますから、御了承願います。(文書別掲)
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) 本日はこれにて散会いたします。
午前11時55分散会
    ───────────────────────