議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 門真市

平成17年第 1回臨時会−05月18日-02号




平成17年第 1回臨時会

      平成17年門真市議会第1回臨時会

〇 議事日程第2号
  平成17年5月18日(水)午前10時開議

 日程第1 常任委員会委員の選任
    ───────────────────────
〇 本日の会議に付した事件
 1 議長の辞職
 2 議長の選挙
 3 副議長の辞職
 4 副議長の選挙
 5 議案第30号 監査委員の選任について
 6 日程第1
 7 議会運営委員会委員7人の選任
 8 行財政改革推進特別委員会委員9人の選任
 9 守口市門真市消防組合議会議員7人の選挙
 10 飯盛霊園組合議会議員3人の選挙
 11 寝屋川北部広域下水道組合議会議員4人の選挙
 12 淀川左岸用排水管理組合議会議員3人の選挙
 13 くすのき広域連合議会議員6人の選挙
 14 門真市農業委員会委員4人の推薦
    ───────────────────────
〇 出席者氏名
 ・出席議員(27名)
                 1番  春田 清子 君
                 2番  平岡久美子 君
                 3番  今田 哲哉 君
                 4番  吉水 丈晴 君
                 5番  佐藤 親太 君
                 6番  戸田 久和 君
                 7番  田伏 幹夫 君
                 8番  井上まり子 君
                 9番  山本  純 君
                10番  鳥谷 信夫 君
                11番  村田 文雄 君
                12番  中井 悌治 君
                13番  寺前  章 君
                14番  宮本 一孝 君
                15番  稲田  実 君
                16番  林 芙美子 君
                17番  福田 英彦 君
                18番  中西みよ子 君
                19番  青野  潔 君
                20番  風  古波 君
                21番  早川 孝久 君
                22番  増井 勝昭 君
                23番  秋田 治夫 君
                25番  大本 郁夫 君
                26番  日高 哲生 君
                27番  亀井  淳 君
                28番  吉松 正憲 君
                ………………………………
                24番  欠     員
    ───────────────────────
 ・説明のために出席した者(24名)
     市長              東   潤 君
     助役              高枝 清紀 君
     助役              土井 祥道 君
     収入役             田村 正博 君
     教育長             下浦 克明 君
     水道事業管理者         今堀 司郎 君
     市長室長            辻中  健 君
     行財政改革推進部長       吉田 博昭 君
     企画部長            妹尾 勝恭 君
     総務部長            高田 芳男 君
     市民生活部長          南  治郎 君
     環境整備部長          宮前 隆之 君
     保健福祉部長          小西  清 君
     都市整備部長          中村 正昭 君
     都市整備部技監         南  保夫 君
     都市整備部管理監        住川 信逸 君
     建設事業部長          村山 俊孝 君
     収入役室長           中川 大蔵 君
     教育委員会事務局学校教育部長  藤澤 三郎 君
     教育委員会事務局社会教育部長  三宅 一雅 君
     行政委員会総合事務局長     五十野 充 君
     水道局長            星野 昌昭 君
     市長室次長兼課長        樋上 安治 君
     総務部次長           筧  俊一 君
    ───────────────────────
 ・職務のために出席した議会事務局職員
     局長              桑山  暉
     次長兼議事課長         榎本  進
     議事課主幹           柳田 茂夫
     議事課係長           吉田 清之
     議事課             山下 貴志
    ───────────────────────
平成17年5月18日(水)午後2時50分開議
○副議長(日高哲生君) ただいまの出席議員は26名であります。
 これより本日の会議を開きます。
    ───────────────────────
△議長の辞職
○副議長(日高哲生君) ただいま大本郁夫君から議長辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。この際議長の辞職を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 御異議なしと認めます。
 よって議長の辞職を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに決定いたしました。
 これより議長の辞職を議題といたします。
 議長の辞職願を朗読させます。
        〔書記朗読、辞職願別掲〕
○副議長(日高哲生君) お諮りいたします。大本郁夫君の議長辞職を許可することに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 御異議なしと認めます。
 よって大本郁夫君の辞職を許可することに決定いたしました。
 ただいまから大本郁夫君より議長辞職のごあいさつがあります。
        〔25番大本郁夫君登壇〕
◆25番(大本郁夫君) 退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 昨年5月臨時会におきまして、皆様方の温かい御推挙を賜り議長の要職に就任いたしましてからはや1年、皆様方の御支援、御協力のもと、微力ではありますが、市政の発展と議会の円滑なる運営に専念してまいりました。おかげをもちまして職責を果たすことができ、ここに謹んで皆様方の御厚情に対し御礼を申し上げる次第でございます。
 顧みますと、議長就任の間、地方分権という大きな変革の波の中、本市財政の再建、長引く不況対策、福祉対策等々多くの課題に取り組んでまいりました。三位一体改革の名のもと、地方交付税等の削減により、本市の行財政運営はまことに厳しくなっておりまして、今こそ地方行政がその行財政基盤をしっかりと確立しなければならない重要な時期であり、議会としてもこのことに真剣に取り組んでいかなければならないと自覚し、積極的に行動してまいったところであります。
 隣接する守口市との合併につきましては、多くの市民の皆様の要請に基づき合併協議会を設立し、大多数の議員の皆様とともに合併を推進してまいりましたが、守口市の事情によりまして合併が不成立になりましたことは、まことに残念なことでありました。
 この上は厳しい現実を認識し、行財政改革に一層邁進して、単独市として自主・自立性の高い安定した行財政基盤を確立していくことが、市民の皆様の要請にこたえることであると決意しております。
 門真の将来を左右する重要な時期に議長という要職につき、真剣に精いっぱい取り組んでまいりました。今は大任を果たせた満足感でいっぱいであります。これもひとえに議員の皆様方を初め、東市長、理事者の皆様方の御支援、御協力のたまものでありまして、ここに衷心より厚く御礼を申し上げます。
 今後は、一議員といたしまして、これまでの貴重な経験を生かし、皆様とともに門真市のさらなる発展、躍進に向けて微力ながら力を尽くしてまいりたいと存じますので、引き続き御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。本当に1年間ありがとうございました。(拍手)
    ───────────────────────
△議長の選挙
○副議長(日高哲生君) ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、直ちに選挙を行いたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
◆6番(戸田久和君) 議長。候補者も明らかにならんで、どうやって選挙なんですか。候補者とか所信とかちゃんと明らかにして投票させてください。
○副議長(日高哲生君) 議長選挙については立候補制は認められておりません。
    〔「そのこと自体がおかしい」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 御異議なしと認めます。
 よってこの際議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、選挙を行うことに決定いたしました。
 これより議長の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○副議長(日高哲生君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
           〔投票用紙配付〕
○副議長(日高哲生君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
         〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
           〔各 自 記 入〕
○副議長(日高哲生君) 投票箱を改めさせます。
            〔投票箱点検〕
○副議長(日高哲生君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○副議長(日高哲生君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(日高哲生君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○副議長(日高哲生君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
          〔立会人登壇、開票〕
○副議長(日高哲生君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   26票
  無効投票    1票
  うち白票    1票
   有効投票中
     中井 悌治君 14票
     風  古波君 11票
     戸田 久和君  1票
 以上のとおりであります。
 よって中井悌治君が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました中井悌治君に対し、会議規則第31条第2項の規定により当選を告知いたします。
 ただいまから中井悌治君の議長就任のごあいさつがあります。
         〔議長中井悌治君登壇〕
◆議長(中井悌治君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま議員諸兄の御推挙を賜りまして、名誉ある門真市議会議長の大任を仰せつかることになりました。身に余る光栄と感激いたしております。皆様方の御芳情に対し、衷心より厚くお礼を申し上げます。
 この上は、浅学非才の身ではございますが、門真市のさらなる発展と円滑なる議会運営のために全力を傾注する決意でございます。どうか議員諸兄におかれましては、この上も格別の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、簡単粗辞でございますが、一言お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
○副議長(日高哲生君) それでは新議長と交代いたします。
    〔日高副議長にかわり中井議長議長席に着く〕
    ───────────────────────
△副議長の辞職
○議長(中井悌治君) ただいま日高哲生君から副議長辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。この際副議長の辞職を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 副議長の辞職を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
           〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって副議長の辞職を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに決定いたしました。
 これより副議長の辞職を議題といたします。
 地方自治法第117条の規定により日高哲生君の退場を求めます。
          〔副議長日高哲生君退場〕
○議長(中井悌治君) これより副議長の辞職願を朗読させます。
          〔書記朗読、辞職願別掲〕
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。日高哲生君の副議長辞職を許可することに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 日高哲生君の副議長辞職を許可することに賛成の諸君の起立を求めます。
            〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって日高哲生君の辞職を許可することに決定いたしました。
          〔26番日高哲生君入場〕
○議長(中井悌治君) ただいまから日高哲生君より副議長辞職のごあいさつがあります。
          〔26番日高哲生君登壇〕
◆26番(日高哲生君) 副議長の退任に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 昨年5月に皆様方の温かい御理解、御支援をいただき副議長という大任を仰せつかりまして以来1年、大本議長のもと任務を遂行することができましたのも、ひとえに皆様方の御協力のたまものであり、ここに謹んで御礼を申し上げます。
 これからは一議員といたしまして、さらに門真市政の発展のために微力ながら尽力してまいりたいと存じております。今後とも御支援、御鞭撻をいただきますよう心からお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、退任のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)
    ───────────────────────
△副議長の選挙
○議長(中井悌治君) ただいま副議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際副議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、直ちに選挙を行いたいと思います。
これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よってこの際副議長の選挙を日程に追加し、順序を変更し、選挙を行うことに決定いたしました。
 これより副議長の選挙を行います。選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
           〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
         〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
            〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
           〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
          〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   27票
   有効投票中
     吉松 正憲君 14票
     林 芙美子君 12票
     日高 哲生君  1票
 以上のとおりであります。
 よって吉松正憲君が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました吉松正憲君に対し、会議規則第31条第2項の規定により当選を告知いたします。
 ただいまから吉松正憲君の副議長就任のごあいさつがあります。
         〔副議長吉松正憲君登壇〕
◆副議長(吉松正憲君) 一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 ただいま門真市議会の副議長に御推挙をいただきまして心から厚くお礼を申し上げます。微力ではありますが、議長を補佐し、市民の負託にこたえるべく誠心誠意的確な議会運営に、また門真市政の進展のため努力を傾けてまいりたいと存じております。皆様方の一層の御支援、御援助をいただきますようお願い申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) この機会に市長よりごあいさつがあります。東市長。
          〔市長東潤君登壇〕
◎市長(東潤君) 一言お祝いを申し上げたいと存じます。
 ただいま議会におきまして正副議長の選挙が行われ、その結果、議長に中井悌治君、副議長に吉松正憲君が御当選されました。
 新たに議長に御当選されました中井悌治君は、皆様御承知のとおり、平成3年、門真市議会議員に御当選をされて以来、今日まで4期14年の長きにわたりまして門真市勢の伸展に多大の御貢献を賜っておるところであります。この間、平成12年に副議長の要職につかれ、常に円滑なる議会運営に努められたところであります。また、各常任委員会及び特別委員会、議会運営委員会委員長等を歴任されるなど、持たれる力を遺憾なく発揮されてきたところでもあります。
 現在、行財政改革を進める中におきまして、市民要望にこたえていくために懸命に運営を図っているところであります。このような中にありまして、中井議長をお迎えいたしましたことは、今後私どもといたしましても、市政を遂行していく上におきましてまこと心強いものがございます。何とぞ円満な議会運営によりまして、市政の推進に格別の御尽力を賜りますよう切にお願いを申し上げる次第であります。
 また、副議長に御当選されました吉松正憲君は、昭和58年から4期、また平成15年から門真市議会議員として市政に参画されて今日まで、建設常任委員会委員長、民生常任委員会副委員長等を務められるなど、その御活躍は議員各位もよく御存じのとおりであります。このように有能な副議長が誕生いたしましたことは、日々多様化いたしてまいっております市政の運営にとりましてまことに心強く思っておるところであります。
 何とぞ中井議長のよき補佐役としての御活躍はもとより、私どもに対しましても一層の御指導と御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、非常に簡単でありますけれども、正副議長に御就任のお二方に対するお祝いの言葉とさせていただきます。
 一方、このたび正副議長を御退任されました大本議長並びに日高副議長に一言お礼を申し上げたいと存じます。
 両君には昨年の5月、議会の輿望を担われまして、それぞれ正副議長に就任され、今日まで1年間、門真市議会の代表として守口市との合併協議、あるいは幾多の重要課題の解決に御尽力をいただきつつ、豊富な経験をもって円滑な議会運営に当たられたことは、まことに感謝にたえない次第であります。
 両議員には、その円熟した人柄、識見で今後とも格段の御指導と御協力を賜りますよう切にお願いを申し上げますとともに、今日までの私どもにお寄せいただきました御厚情に対しましても重ねて深く謝意を表しまして、非常に簡単でありますけれども、御退任に当たりましてお礼の言葉とさせていただきます。長い間まことに御苦労さまでありました。
    ───────────────────────
△議案第30号「監査委員の選任について」
○議長(中井悌治君) ただいま市長から議案第30号「監査委員の選任について」が提出されました。
 お諮りいたします。この際本件を急施事件と認め、これを日程に追加し、順序を変更し、議題に供したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって議案第30号を日程に追加し、順序を変更し、議題とすることに決定いたしました。
 これより議案第30号を議題といたします。
          〔議 案 別 掲〕
○議長(中井悌治君) 地方自治法第117条の規定により今田哲哉君の退場を求めます。
         〔3番今田哲哉君退場〕
○議長(中井悌治君) これより提案理由の説明を求めます。東市長。
          〔市長東潤君登壇〕
◎市長(東潤君) ただいま御上程を賜りました議案第30号、監査委員の選任につきまして、私より提案理由の御説明を申し上げます。
 昨年5月の市議会におきまして、本市監査委員の選任につきまして御同意をいただきました村田文雄君が御退任になられましたことに伴いまして、本案を提出するものであります。
 村田文雄君には、監査委員御在任中、常に公正かつ適正な審査並びに貴重な御意見を賜り、本市発展のため多大な御尽力をいただいてまいったところであります。ここに今日までの御努力と御労苦に対しまして、衷心よりお礼を申し上げる次第であります。まことにありがとうございました。
 つきましては、後任といたしまして今田哲哉君を選任いたしたく考えておる次第であります。今田哲哉君につきましては、御高承のとおり門真市議会議員として今日まで市政の発展に積極的に御活躍をいただいておるところであります。今日までの御経験を生かされ、さらなる御活躍をいただけるものと考えまして、ここに選任をいたした次第であります。職歴等につきましては、参考までに議案書に添付いたしております。御了承を賜りたいと存じます。
 何とぞ議会の満場の御同意を賜りますようお願いを申し上げまして、非常に簡単でありますけれども、提案理由の説明にさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(中井悌治君) 説明は終わりました。
 本件に対する質疑はありませんか。戸田議員。
         〔6番戸田久和君登壇〕
◆6番(戸田久和君) 6番の戸田です。議会からの監査委員に今田議員を選任したいという市長の提案でありますけれども、まず最初に、これは議会からの推薦という形になっているかのようでありますが、議会の紛れもない一員である私は全くこの話を聞いておりませんし、私自身を全く排除して、意見も聞かれることなく上げられたと、このことをまず最初に指摘しておきながら質疑を行います。
 東市長は、この間、いわゆる野党議員をこの20年間の市政において一度も監査委員に指名してこなかった。良薬口に苦し、良言耳に逆らうということがありますけれども、市長が出している議案に常に賛成していると、そういう議員を監査にするのではなくて、市長にいろんな批判を申し述べておると、そういう議員こそ監査委員にするべきであると、そのように私は思うわけですけれども、まず質疑の1点として、なぜ市長の出す議案にすべて賛成してきた議員をことしも監査委員として指名しているのかと、このことを1点お聞きします。
 2点目は、いわゆる野党議員を監査委員にした場合に、東市長にとってはどういうことがデメリットになるとお考えなのか、そのことをお答えください。
 それから、ここに私の方に配付されました参考資料の中で、学歴、職歴がありますが、ちょっとこれを見ますと、昭和47年すなわち1972年大学卒業の後、職歴の最初が平成4年、1992年となっておりますが、今田さんはこの20年間無職であられたんですか。無職であったらこれでも構いませんけれども、職歴として出す以上、この20年間職についたということがあるのであれば、その代表的なものを書かなければこの書類が不備であると、そのように思います。
 以上についてお答えください。
○議長(中井悌治君) 理事者答弁。東市長。
           〔市長東潤君登壇〕
◎市長(東潤君) 御質問でありますのでお答えいたします。
 監査委員の選任について、議員の御高説は前回の監査委員の指名のときにも賜ったのと全く同じかと存じます。議員には議員のお考えがありましょうし、私には私の考えがあることであります。市長の先取特権と言っても過言ではないと思います。私が信頼できる人、この人ならちゃんとやってくれる人、信頼申し上げて推薦をいたしておるわけであります。
 職歴につきましては、主な職歴でありますので、御了承いただきます。
○議長(中井悌治君) 戸田議員。
         〔6番戸田久和君登壇〕
◆6番(戸田久和君) 再質疑しますが、市長の職権がある、あるいは戸田の意見は既に前も聞いた、これはこれで結構であります。しかしながら、市長にそのような確固たる信念があるのであればあったで、今の私の質疑にきちんと項目ごとに答えられるのが当然であると思います。誠実な答弁を求めます。
 また、ここには主な職歴とも書いておりません。20年間の職歴を全く書かないというのは、これは書類の不備であるということを改めて指摘して、再答弁を求めます。
○議長(中井悌治君) 理事者答弁。東市長。
           〔市長東潤君登壇〕
◎市長(東潤君) いずれにいたしましても、監査委員を私が指名して、そして議会の皆さん方の御意向をお伺いする、こういうことになっております。これが議会政治のルールかと存じます。戸田議員におかれましては、気に入らなければ反対していただければそれでいいことだと私は思っております。
○議長(中井悌治君) ほかに質疑はありませんか。
         〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。議案第30号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、委員会の付託を省略いたします。
 これより討論に入ります。
 通告により6番戸田久和君を指名いたします。戸田久和君。
         〔6番戸田久和君登壇〕
◆6番(戸田久和君) 6番の戸田久和です。反対の立場で討論いたします。
 昨今、さまざまな自治体で税金の不正使用、あるいは今までのおかしな慣習というのがいろいろ指摘されていることは、大阪市の例をとるまでもないことであります。そういった中で、外部監査ということの必要性等も言われております。また、いわゆる今まで、従来の内部監査というふうなものが全く形式にすぎずに、有効に果たしていないという実例も多々指摘されているところであります。
 外部監査のことは今回ここではさておき、市はせめて今現在ある内部監査のものについて、よりこれを有効に果たすためにはどうするべきかと、こういう観点からしっかりと考えて選任するべきであるにもかかわらず、東市長においては全く旧態依然たるやり方で、結局のところみずからが出してきた議案にすべて賛成してきた議員を選任すると、こういうことを脱却しようと全くしておりません。このことを強く批判しておきたいと思います。
 また、現実に今田議員においては、すべての議案に賛成してきたことと、そういうことはすなわち、長年にわたって合併しなければもう財政はもたないというふうにみずから市長が言うまでになった財政を傾けた責任者の一員でもあると、このことであります。
 次に、門真市が行ってきましたおかしな情報隠し、このような問題についても常に賛成を投じて、そして市の情報隠しを容認すると、あるいは加担すると、そういう立場をとってきたのが、ほかの与党議員とも同然でありますけれども、今田議員の実績であります。
 また、現実に明らかに敗北が確実な公益法人の役員情報隠し問題についても、弁護士を2人も雇い、さらに全く無益な控訴もし、市に全く余計な出費を与えた、これについても賛成してきた議員が今田氏であります。
 したがって、こういう実績を見るならば、そしてまた市長の姿勢を見るならば、この監査委員の人事には全く賛成ができない。よって強く反対することを申し述べておきます。
○議長(中井悌治君) これをもって討論を終了いたします。
 これより議案第30号を起立により採決いたします。
 本案に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。
 よって議案第30号「監査委員の選任について」は、今田哲哉君の選任に同意することに決しました。
          〔3番今田哲哉君入場〕
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) この際議事の都合により暫時休憩いたします。
午後3時37分休憩
    ◇
午後4時45分再開
○議長(中井悌治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議事の都合により、あらかじめ会議時間を延長いたします。
 この際議事の都合により暫時休憩いたします。
午後4時46分休憩
    ◇
午後7時50分再開
○議長(中井悌治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
    ───────────────────────
△常任委員会委員の選任
○議長(中井悌治君) これより日程第1、常任委員会委員の選任を行います。
 各常任委員会委員の任期は、5月19日をもって満了いたしますので、委員会条例第7条第1項の規定により、私から新委員をお手元に配付の常任委員会委員指名案のとおり指名いたしたいと思います。
       〔常任委員会委員指名案別掲〕
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よってただいま指名いたしましたとおり、各常任委員会委員にそれぞれ選任することに決定いたしました。
    ───────────────────────
△議会運営委員会委員7人の選任
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。議会運営委員会委員7人が欠員となりましたので、この際議会運営委員会委員7人の選任を日程に追加し、直ちに議題に供したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、さよう決します。
 これより委員の選任を行います。
 お諮りいたします。委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、私から新委員をお手元に配付の議会運営委員会委員指名案のとおり指名いたしたいと思います。
      〔議会運営委員会委員指名案別掲〕
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よってただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員にそれぞれ選任することに決定いたしました。
    ───────────────────────
△行財政改革推進特別委員会委員9人の選任
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。行財政改革推進特別委員会委員9人が欠員となりましたので、この際行財政改革推進特別委員会委員9人の選任を日程に追加し、直ちに議題に供したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、さよう決します。
 これより委員の選任を行います。
 お諮りいたします。委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、私から新委員をお手元に配付の行財政改革推進特別委員会委員指名案のとおり指名いたしたいと思います。
    〔行財政改革推進特別委員会委員指名案別掲〕
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よってただいま指名いたしましたとおり、行財政改革推進特別委員会委員にそれぞれ選任することに決定いたしました。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) この際申し上げます。
 本会議終了後、正副委員長の互選のため各委員会を開会いたしますので、各委員にはお手元に配付の日程表のとおり、各会議室に御参集願います。
 なお、特別委員会及び議会運営委員会については、常任委員会終了後、順次開会いたしますので、御了承願います。
    ───────────────────────
△守口市門真市消防組合議会議員7人の選挙
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。本市議会選出の守口市門真市消防組合議会議員7人が欠員となりましたので、守口市門真市消防組合議会議員7人の選挙を日程に追加し、直ちに執行いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって本案を日程に追加し、直ちに執行することに決しました。
 よって守口市門真市消防組合議会議員7人の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   26票
  無効投票    1票
  うち白票    1票
   有効投票中
    井上まり子君 5票
    早川 孝久君 4票
    村田 文雄君 4票
    寺前  章君 3票
    吉水 丈晴君 3票
    大本 郁夫君 3票
    田伏 幹夫君 3票
    戸田 久和君 1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  井 上 まり子 君     早 川 孝 久 君
  村 田 文 雄 君     寺 前   章 君
  吉 水 丈 晴 君     大 本 郁 夫 君
  田 伏 幹 夫 君
 以上7人の諸君を守口市門真市消防組合議会議員当選人と決定いたしました。
 以上7人の諸君に対し、当選を告知いたします。
    ───────────────────────
△飯盛霊園組合議会議員3人の選挙
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。本市議会選出の飯盛霊園組合議会議員3人が欠員となりましたので、飯盛霊園組合議会議員3人の選挙を日程に追加し、直ちに執行いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって本案を日程に追加し、直ちに執行することに決しました。
 よって飯盛霊園組合議会議員3人の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数  27票
  有効投票    20票
  無効投票     7票
  うち白票     7票
   有効投票中
    青野  潔君  8票
    今田 哲哉君  6票
    福田 英彦君  5票
    戸田 久和君  1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  青 野   潔 君     今 田 哲 哉 君
  福 田 英 彦 君
 以上3人の諸君を飯盛霊園組合議会議員当選人と決定いたしました。
 以上3人の諸君に対し、当選を告知いたします。
    ───────────────────────
△寝屋川北部広域下水道組合議会議員4人の選挙
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。本市議会選出の寝屋川北部広域下水道組合議会議員4人が欠員となりましたので、寝屋川北部広域下水道組合議会議員4人の選挙を日程に追加し、直ちに執行いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
           〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって本案を日程に追加し、直ちに執行することに決しました。
 よって寝屋川北部広域下水道組合議会議員4人の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   23票
  無効投票    4票
  うち白票    4票
   有効投票中
    鳥谷 信夫君 8票
    吉水 丈晴君 6票
    亀井  淳君 5票
    稲田  実君 3票
    戸田 久和君 1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  鳥 谷 信 夫 君     吉 水 丈 晴 君
  亀 井   淳 君     稲 田   実 君
 以上4人の諸君を寝屋川北部広域下水道組合議会議員当選人と決定いたしました。
 以上4人の諸君に対し、当選を告知いたします。
    ───────────────────────
△淀川左岸用排水管理組合議会議員3人の選挙
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。本市議会選出の淀川左岸用排水管理組合議会議員3人が欠員となりましたので、淀川左岸用排水管理組合議会議員3人の選挙を日程に追加し、直ちに執行いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
           〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって本案を日程に追加し、直ちに執行することに決しました。
 よって淀川左岸用排水管理組合議会議員3人の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   18票
  無効投票    9票
  うち白票    9票
   有効投票中
    山本  純君 8票
    秋田 治夫君 6票
    宮本 一孝君 3票
    戸田 久和君 1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  山 本   純 君     秋 田 治 夫 君
  宮 本 一 孝 君
 以上3人の諸君を淀川左岸用排水管理組合議会議員当選人と決定いたしました。
 以上3人の諸君に対し、当選を告知いたします。
    ───────────────────────
△くすのき広域連合議会議員6人の選挙
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。本市議会選出のくすのき広域連合議会議員6人が欠員となりましたので、くすのき広域連合議会議員6人の選挙を日程に追加し、直ちに執行いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって本案を日程に追加し、直ちに執行することに決定いたしました。
 よってくすのき広域連合議会議員6人の選挙を行います。
 選挙は投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被選挙人の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   24票
  無効投票    3票
  うち白票    3票
   有効投票中
    中井 悌治  6票
    中西みよ子君 5票
    平岡久美子君 3票
    春田 清子君 3票
    林 芙美子君 3票
    佐藤 親太君 3票
    戸田 久和君 1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  中 井 悌 治       中 西 みよ子 君
  平 岡 久美子 君     春 田 清 子 君
  林   芙美子 君     佐 藤 親 太 君
 以上6人の諸君をくすのき広域連合議会議員当選人と決定いたしました。
 以上6人の諸君に対し、当選を告知いたします。
    ───────────────────────
△門真市農業委員会委員4人の推薦
○議長(中井悌治君) お諮りいたします。各会派の申し合わせにより、この機会に本市議会推薦の門真市農業委員会委員4人の推薦がえの手続を行いたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、さよう決定いたします。
 お諮りいたします。門真市農業委員会委員の推薦がえのため、委員4人の推薦を日程に追加し、直ちに行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認め、さよう決します。
 これより門真市農業委員会委員4人の推薦を行います。
 お諮りいたします。推薦方法は選挙の方法により行うこととし、被推薦者は門真市議会議員とすることに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。
 賛成の諸君の起立を求めます。
          〔起 立 多 数〕
○議長(中井悌治君) 起立多数であります。よって推薦方法は選挙の方法により行うこととし、被推薦者は門真市議会議員とすることに決しました。
 これより門真市農業委員会委員4人の推薦の選挙を投票により行います。
 議場を閉鎖いたします。
          〔議 場 閉 鎖〕
○議長(中井悌治君) ただいまの出席議員は27名であります。
 お諮りいたします。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よって立会人に1番春田清子君、8番井上まり子君を指名いたします。
 ただいまより投票用紙を配付させますが、念のため申し上げます。投票は単記無記名とし、投票用紙に被推薦者の氏名を明らかに御記入願います。それでは配付させます。
          〔投票用紙配付〕
○議長(中井悌治君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 配付漏れなしと認めます。それでは御記入願います。
          〔各 自 記 入〕
○議長(中井悌治君) 投票箱を改めさせます。
           〔投票箱点検〕
○議長(中井悌治君) 異状なしと認めます。
 私はこの席より投票いたしまして御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) それではさよういたします。
 これより投票に入ります。議席番号順に従い、順次投票願います。
           〔投   票〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れはありませんか。
        〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
          〔議 場 開 鎖〕
○議長(中井悌治君) これより開票いたします。立会人の御登壇を願います。
         〔立会人登壇、開票〕
○議長(中井悌治君) 選挙の結果を報告いたします。
 投 票 総 数 27票
  有効投票   23票
  無効投票    4票
  うち白票    4票
   有効投票中
    風  古波君 8票
    増井 勝昭君 6票
    吉松 正憲君 5票
    日高 哲生君 3票
    戸田 久和君 1票
 以上のとおりであります。
 よって、
  風    古 波 君     増 井 勝 昭 君
  吉 松 正 憲 君     日 高 哲 生 君
 以上4人の諸君を門真市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。
 この際お諮りいたします。ただいま本市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました4人の任期は、本年7月19日までとなっておりますが、引き続きただいまの4人を推薦することにしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(中井悌治君) 御異議なしと認めます。
 よってただいまの4人を任期満了後の7月20日以降も引き続き本市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) 以上をもって本臨時会に付議された事件はすべて議了いたしましたので、会議を閉じます。
午後8時48分閉議
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) 閉会に当たり市長のごあいさつがあります。東市長。
          〔市長東潤君登壇〕
◎市長(東潤君) 閉会に当たりましてごあいさつ申し上げます。
 昨日より2日間にわたりまして開催されました臨時会におきまして、私どもより提出いたしました諸案件につきましては、いずれも原案のとおり御決定を賜り、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げるものであります。
 また、今般の臨時会におきまして、正副議長の選挙を初め、各常任委員会委員並びに各派遣議員の選挙も行われまして、それぞれ適任者の御決定を見ましたことは、まこと御同慶にたえないところであります。この新しい議会構成のもとに、市勢の伸展に大いに御活躍をいただけるものと御期待申し上げる次第であります。
 厳しい財政状況の中にありまして、行財政改革はもとより、本市の発展につなげる施策を行ってまいりたく考えておるところであります。議員各位におかれましては、一層の御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げまして、極めて簡単でありますが、閉会のごあいさつにさせていただきます。どうも御苦労さまでございました。
    ───────────────────────
○議長(中井悌治君) これをもって平成17年門真市議会第1回臨時会を閉会いたします。
午後8時49分閉会
    ───────────────────────


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。




   前  議  長      大  本  郁  夫




   前 副 議 長      日  高  哲  生




   議     長      中  井  悌  治




   署 名 議 員      吉  松  正  憲




   署 名 議 員      平  岡  久 美 子