議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 柏原市

平成 5年  3月 定例会(第1回) 02月25日−01号




平成 5年  3月 定例会(第1回) − 02月25日−01号







平成 5年  3月 定例会(第1回)



             目次

◇開会   午前10時12分

 開会あいさつ(議長 冨宅平吉君)………………………………………………………5

 開会あいさつ(市長 山西敏一君)………………………………………………………5

◇開議

 諸般の報告……………………………………………………………………………………6

 日程第1 議席の指定………………………………………………………………………6

 日程第2 会議録署名議員の指名(山沢 実君・裏野繁夫君)………………………6

 日程第3 会期の決定(2月25日〜3月29日)…………………………………………6

 日程第4 常任委員会委員の補欠選任……………………………………………………6

 日程第5 駅前整備特別委員長報告(松村泰治君)……………………………………7

 日程第6〜日程第37 一括上程

      市政運営方針(市長 山西敏一君)…………………………………………9

      議案説明

     *福祉事務所長(豊田陽夫君) 報告第1号(専決第5号)

      議案第5号 議案第6号 議案第8号 議案第9号

      議案第10号 議案第24号………………………………………………………17

     *教育次長兼管理室長(吉谷 茂君) 報告第2号(専決第1号)

      議案第7号 議案第14号 議案第15号………………………………………21

     *企画財務部長(戸塚 武君) 報告第3号(専決第2号)

      議案第3号 議案第4号 議案第17号………………………………………23

◇休憩   午前11時56分

◇再開   午後1時0分

     *企画財務部長(戸塚武君) 議案第22号……………………………………28

     *建設産業部長(寺前武士君) 議案第1号 議案第2号

      議案第12号 議案第13号………………………………………………………37

     *市民部長(山村 保君) 議案第11号 議案第19号

      議案第25号………………………………………………………………………42

     *市立柏原病院事務局長(西  朗君) 議案第16号

      議案第20号 議案第21号 議案第26号 議案第27号………………………46

     *下水道部長(舟橋清光君)議案第18号 議案第23号………………………51

     *水道局理事兼次長(山田 正君) 議案第28号……………………………56

◇散会   午後3時16分

●平成5年第1回柏原市議会定例会会議録(第1号)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●平成5年2月25日午前10時12分より柏原市議会議事堂において開会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議事日程

 日程第1       議席の指定

 日程第2       会議録署名議員の指名

 日程第3       会期の決定

 日程第4       常任委員会委員の補欠選任

 日程第5       駅前整備特別委員長報告

 日程第6       市政運営方針

 日程第7 報告第1号 専決処分報告について

 日程第8 報告第2号 専決処分報告について

 日程第9 報告第3号 専決処分報告について

 日程第10 議案第1号 市道路線の廃止について

 日程第11 議案第2号 市道路線の認定について

 日程第12 議案第3号 工事委託契約の締結の変更について

 日程第13 議案第4号 柏原市コミュニティ会館条例の一部改正について

 日程第14 議案第5号 柏原市心身障害者福祉基金条例の一部改正について

 日程第15 議案第6号 柏原市高額療養費貸付基金条例の一部改正について

 日程第16 議案第7号 柏原市文化・スポーツ国際交流基金条例の一部改正について

 日程第17 議案第8号 柏原市福祉事務所設置条例の一部改正について

 日程第18 議案第9号 柏原市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について

 日程第19 議案第10号 柏原市立老人福祉センター条例の一部改正について

 日程第20 議案第11号 柏原市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の全部改正について

 日程第21 議案第12号 柏原市自転車駐車場条例の制定について

 日程第22 議案第13号 柏原市自転車等の放置防止に関する条例の制定について

 日程第23 議案第14号 柏原市市民会館条例の一部改正について

 日程第24 議案第15号 柏原市立高井田文化教室条例の制定について

 日程第25 議案第16号 柏原市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 日程第26 議案第17号 平成4年度柏原市一般会計補正予算(第7号)

 日程第27 議案第18号 平成4年度柏原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 日程第28 議案第19号 平成4年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第4号)

 日程第29 議案第20号 平成4年度柏原市国民健康保険事業特別会計(施設勘定堅上診療所)補正予算(第1号)

 日程第30 議案第21号 平成4年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第3号)

 日程第31 議案第22号 平成5年度柏原市一般会計予算

 日程第32 議案第23号 平成5年度柏原市公共下水道事業特別会計予算

 日程第33 議案第24号 平成5年度柏原市老人保健医療事業特別会計予算

 日程第34 議案第25号 平成5年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算

 日程第35 議案第26号 平成5年度柏原市国民健康保険事業特別会計(施設勘定堅上診療所)予算

 日程第36 議案第27号 平成5年度柏原市市立柏原病院事業会計予算

 日程第37 議案第28号 平成5年度柏原市水道事業会計予算

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(22名)

   1番 羽多野正嗣君    2番 入倉英男君

   3番 桝谷政則君     4番 荒藤光子君

   5番 和田周二君     6番 巽  繁君

   7番 乾 幸三君     8番 中村幸平君

   9番 山沢 実君     10番 黒岩直人君

   11番 小川忠彦君     12番 寺元正二君

   13番 中野広也君     14番 裏野繁夫君

   15番 武田安弘君     16番 楮原貞子君

   17番 柳田國晴君     18番 尾野文男君

   19番 青木重造君     20番 冨宅平吉君

   21番 村山 勝君     22番 松村泰治君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

   市長           山西敏一君

   助役           竹田 勉君

   助役           田中聰孝君

   収入役          藤戸隆陽君

   教育長          庖刀和秀君

   監査委員         塩野庄吉君

   水道事業管理者      岡本欣三君

 総務部

   部長           吉岡裕之君

   次長兼庶務課長      青木斉治君

 企画財務部

   部長           戸塚 武君

   次長兼企画調整室長    石橋保昭君

   財務課長         門谷敏昭君

 福祉事務所

   所長           豊田陽夫君

   次長兼福祉課長      福居修造君

 市民部

   部長           山村 保君

   次長兼生活環境課長    浅野保夫君

 建設産業部

   部長           寺前武士君

 下水道部

   部長           舟橋清光君

   次長兼業務課長      家村 勲君

 教育委員会

   教育次長兼管理室長    吉谷 茂君

   理事兼指導室長兼指導課長 西尾武久君

 水道局

   理事兼次長        山田 正君

 市立柏原病院

   事務局長         西  朗君

   次長兼庶務課長      西口 進君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員

   事務局長    石田 博君    次長兼庶務係長 辰巳英彦君

   議事係長    長谷 隆君    事務吏員    高橋照幸君

   事務吏員    中野佳彦君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時12分



○議長(冨宅平吉君) 本日、平成5年第1回柏原市議会定例会を開会するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 山西市長におかれましては、こたびの選挙におきまして市民の絶大なる信託を得られ、見事6選を果たされ、心からお祝いを申し上げます。また、同時に行われました柏原市議会議員補欠選挙におきまして、和田周二君が私たちの同僚となられました。心からお祝いを申し上げます。

 本定例会は、市長6期目の抱負を述べられる市政運営方針、及び本年の具体的な施策を遂行する各会計予算、条例の一部改正等31件を審議する最も重要な議会であります。会期も33日間を予定いたしております。議員各位におかれましては、本会議、委員会において十分なる審議をしていただきますとともに、円滑なる本会議運営ができますようにご協力をお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

 それでは、市長からあいさつがあります。

   〔市長 山西敏一君 登壇〕



◎市長(山西敏一君) 平成5年第1回定例会開会に当たりまして、議長のお許しをいただきまして一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆さん方には、大変公私お忙しい中、ご出席賜りましてありがとうございます。なおまた、議長からご紹介がございましたように、先般の補欠選挙におきまして和田議員さんがお出ましをいただき、久方ぶりに22名の定員いっぱい全員ご出席を賜りまして、本会議、委員会でご審議を賜わる。本当に喜ばしい次第でございます。

 なおまた、私事でございますが、さきの選挙におきまして、皆さんそれぞれご心配を賜りまして、おかげで引き続きまして市政を担当することに相なりました。どうかひとつよろしくお願い申し上げる次第であります。

 それでは、本定例会にご提案申し上げております案件といたしまして、市政運営方針、報告案件が3件、条例案件が13件、補正予算案件が5件、当初予算案件が7件、その他案件3件、合計32件の多きを数えておるわけでございます。詳細につきましては今後担当者がご説明申し上げますので、よろしくご審議、ご決定賜りますようにお願いを申し上げまして、お願いのごあいさつといたします。ありがとうございました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) ただいまの出席議員22名、定足数に達しております。よって平成5年第1回柏原市議会定例会を開会いたします。



△開議



○議長(冨宅平吉君) 直ちに、本日の会議に入ります。

 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 本日までに受け付けております陳情等につきましては、お手元の陳情等文書表のとおり3件であります。さきの議会運営委員長の報告どおり決しておりますので、よろしくお願いいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) それでは、日程に入ります。

 日程第1、議席の指定を行います。

 和田周二君の議席は、5番といたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において9番山沢実君、14番 裏野繁夫君を指名いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 次に日程第3、会期の決定を議題といたします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日から3月29日までの33日間と定めたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声起こる〕



○議長(冨宅平吉君) ご異議なしと認めます。よって本定例会の会期は本日から3月29日までの33日間と決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 次に日程第4、常任委員会委員の補欠選任を行います。

 柏原市議会委員会条例第6条第1項の規定により、和田周二君を総務文教委員会の委員に指名いたします。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声起こる〕



○議長(冨宅平吉君) ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました和田周二君を総務文教委員会委員に選任することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 次に日程第5、駅前整備特別委員長報告を議題といたします。

 駅前整備特別委員長の松村君、報告を願います。

   〔22番 松村泰治君 登壇〕



◆22番(松村泰治君) 駅前整備特別委員会の松村泰治でございます。

 それでは、昨年12月25日に当委員会を開催し、審査いたしました内容につきまして報告を申し上げます。

                       平成5年2月25日

    柏原市議会議長 冨宅平吉殿

                         駅前整備特別委員会

                         委員長 松村泰治

           駅前整備特別委員会審査報告書

 当日の委員会は、冒頭、担当者から、大阪府が都市計画道路大県本郷線を府道として位置づけ整備を行う方向で、平成5年度に概略設計を実施されることになった経過について報告がありました。

 その内容は、都市計画道路大県本郷線は、旧国道170号線から本郷4丁目の間で延長1,900メートルである。今回、法善寺築留線から国道25号線までの610メートルの間を府道として位置づけ、整備することに決定された。

 施工に当たっての問題点として、一つに鉄道交差がある。鉄道高架には、連続立体交差、あるいはまた単独立体交差の事業手法があるが、府としては、いずれにしても国庫補助採択基準をクリアし、JR柏原駅周辺の駅前整備が進捗していること、あるいは街路事業としての太平寺本郷線を整備していることが前提となっているとの考えであり、現在のところ、連続立体交差は大変難しく、単独立体交差についても市の負担が非常に大きく、可能かどうか検討する必要があると思われる。

 府としては、鉄道高架の見通しが立たない現状では、アンダーパスで実施したいとのことだが、本市としては、平成6年に事業認可を取っていただいて事業着手し、できることなら事業認可を3分割にし、第1期は国道25号線から上市今町線の交差点までの160メートルを着手し、第2期は法善寺築留線から長瀬川までの間、そして第3期工事として、長瀬川から上市今町線の鉄道交差に当たる部分を後に回し、鉄道高架の余地を残して事業認可をしてほしいと要望している。しかし、現在、都市計画道路大県本郷線はアンダーパスで都市計画決定をしており、府としては、本年の概略設計はアンダーパスで実施したいとのことである。

 2つ目の問題点としては、都市計画道路大県本郷線と都市計画道路上市今町線の、整合がある。現在、都市計画道路大県本郷線はアンダーパスで計画されており、7%の勾配で考えると、交差点は西へ約15メートルずらさなければならない現状である。また、上市今町線は、幅員16メートルを確保しなければならず、さらに平野川の川幅4.5メートルを確保するとなると、上市今町線の法線の変更と平野川の線形の変更が必要となり、今後再開発を進める上においても大きな課題となるとの報告を受けた後、各委員から質疑を受けました。

 委員から、平成5年度に府で概略設計をしていただくが、市としては鉄道高架でいくという条件をつけておかないと、アンダーパスで押し切られてしまうのではないか。そうなると、現在の踏切はなくなり、東西は分断されてしまう。また、市が高架の余韻を残すと言うのであれば、JRを挟んで大和銀行からJR線までを第1期工事とし、JRから法善寺築留線までを第2期工事とした方が高架の見通しがつくのではないかとの質疑に対し、市長から、JRの高架は、本市としては念願をしておるところであるが、30年先にできるかどうかの判断をしなければならず、その見通しは非常に難しく、その間、駅前再開発を放置することもできない。また、東西道路と駅前再開発の取り組みを一緒にすることは、本市の財政ではとてもできない。この東西道路の概略設計が本年府において実施されることになり、本市としては、連続立体交差の希望を残し、この機を逸することなく対応をしていきたい。現在の都市計画決定はアンダーパスとなっているが、概略設計を終えてからも府と協議を行い、次の予備設計でも市との協議があった後、事業認可の申請の運びとなる。2分割でのJR線までを1区画として概略設計をすると、後から変更しにくくなるために、3分割として概略設計の変更ができるものとして市から強く申し入れているとの答弁がありました。

 他の委員から、現在府道となっている上市今町線は市道として引き取り、市の単独事業として、国道25号線から上市今町線までの第1期工事とあわせて事業をスムーズに進めていきたいとのことだが、住民や商売をされている人にどれだけプラスになるかを丁寧に話す必要がある。ただ通過道路が通るんだということだけでは、理解は得られない。また、この都市計画道路大県本郷線1,900メートルの道路構想についての質疑に対し、担当助役から、今回、都市計画道路大県本郷線の610メートルを府の事業として10年くらいの工期で施工していただくが、市としては、都市計画道路1市1事業の補助採択すら得られず、次は田辺旭ヶ丘線に集中して取り組みたいとの答弁がありました。

 同委員から、道路が整備されれば通過道路にすぎないような交通形態となるので、十分配慮しながら計画を立てられたいとの意見がありました。

 また、他の委員から、連続立体の夢は捨てていないとのことだが、3分割して事業を進めていく上で、事実上難しいものを後に残し、実際上はアンダーパスでいく可能性が大ではないかとの質疑に、担当助役から、東西道路は現状から本市には必要であり、以前から課題となっていたが、このたび府で施工していただくことになり、これは大きな成果である。3分割で鉄道高架の部分を一番後に残し、鉄道高架の見通しがつけば、事業認可の変更もでき、十分対応し得る。今後とも、単独立体交差についても十分検討を加えるとともに、今の段階で確定していない問題も数多くあり、弾力的に対応していくとの答弁がありました。

 続いて、担当者から地元説明について報告があり、その内容によりますと、委託していた現況調査が平成5年1月末にでき上がってくるので、6.5ヘクタールの街区整備区域で優先工区をつけて整備を行いたいことと、あわせて、再開発事業の仕組みについて2月末から3月にかけて町会単位ごとに10回程度の地元説明に入りたいとの報告を受けました。

 以上が、昨年12月25日に委員会を開催し、審査いたしました概要であります。議員各位にはよろしくご了解をいただきますようお願いを申し上げまして、報告を終わらせていただきます。ご清聴ありがとうございました。



○議長(冨宅平吉君) 駅前整備特別委員長の報告は終わりました。ただいまの委員長報告に対して質疑ありませんか。−−別にないようです。よって質疑を打ち切ります。

 駅前整備特別委員会では、今後とも引き続き調査研究をお願いします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 次に、日程第6、市政運営方針から日程第37、議案第28号平成5年度柏原市水道事業会計予算までの32件を一括して議題といたします。

 最初に、市長から市政運営方針を述べていただきます。

   〔市長 山西敏一君 登壇〕



◎市長(山西敏一君) 平成5年第1回柏原市議会定例会の開会に当たり、諸案件のご審議をお願いするに際し、市政運営方針を申し述べ、議員各位のご指導とご協力を賜りたいと存じます。

 先般の選挙におきまして市民の信託を得て6選の栄に浴しましたことは、議員初め関係者の温かいご支援のたまものと深く感謝申し上げます。改めまして私の使命と責務の重大さを痛感しております。改選を機会に再び初心に立ち帰り、決意を新たにするとともに、清潔、責任、信頼を基本とした市政を運営してまいる所存であります。

 さて、内外の情勢に目を向けますと、欧州共同体は市場統合へと新しくスタートを切り、米ロ間で第2次戦略兵器削減条約に調印したことは画期的なことであり、国際的な安全保障に大いに役立ち、喜ばしいことであります。しかし、旧ソ連、東欧地域、その他で宗教や民族に根差した紛争が多発しており、予断を許さない状況であります。また、飢餓、貧困に苦しむ国々もあり、不安定な世界情勢の中にあって、我が国に対して国際平和と共存に対する一層の貢献を求められるところであります。

 一方、国内の経済は、「平成景気」もバブル崩壊により資産デフレを起こし、設備投資や個人消費が落ち込み、引き続き景気は低迷し、先行きは極めて不透明であります。国はもちろんのこと、地方におきましても、不況を反映して非常に財源難に直面しております。平成5年度の予算編成に当たっては、財源の確保と徹底した節減、合理化を推進するとともに、事業の厳選と財源の効率的配分に留意し、投資的事業につきましては、実施計画に基づいた施策の展開を図り、最小の経費で最大の効果を上げることを基本といたしました。

 21世紀を間近に控え、高齢化、情報化、国際化などの進展により、社会経済や住民の価値観も大きく変貌しつつあります。このため住民ニーズも多岐にわたっており、これらのニーズを的確に把握し、限られた財源を有効に使いながら、住民が誇りと愛着を持って住んでよかったと言えるまちづくりが最大の課題であります。我が柏原市は、幸いにして緑と水に恵まれており、これを生かし、調和のとれたまちづくりを引き続き推進することが、定住時代にふさわしい魅力と活力のある都市づくりにつながるものと考えます。

 そこで私は、この考えをもとに、21世紀を目指した都市基盤の整備、市民福祉の推進及び教育・文化の向上を図るとともに、国、府の事業の一層の促進をお願いしながら、第2次総合計画に準拠し、6期目の公約実現に向け邁進してまいります。

 その主なるものを申し上げます。

 市の顔とも言うべきJR柏原駅前につきましては、都市機能の更新と居住環境の改善を図り、周辺整備をするため、駅前再開発事業を地元の合意を得ながら推進してまいります。

 水辺空間を生かすモデルプランとしての「アクアロードかしわら」では、長瀬川に緑と水を共存させた沿道や水辺環境の整備をいたします。また、議会から多年にわたり強い要望をいただいております重要な東西の幹線、都市計画道路田辺旭ヶ丘線につきましては、何とか補助採択の見通しをつけてまいりたいと存じております。大阪教育大前駅周辺整備につきましては、旭ヶ丘地区から国道165号へのアクセス道路の新設と駅前広場の整備を進めます。

 昨年度からご検討いただいております福祉を中心とした施設及び婦人センターを含めた複合庁舎につきましては、現在概略設計中であり、この結果を担当委員会にお諮りして実施設計に着手することといたします。

 また、急速に進む人口の高齢化への対応につきましては、長寿社会にふさわしい総合的な社会システムの形成が必要であり、現在策定中の老人保健福祉計画の中で検討してまいります。

 市民文化ホールの建設につきましては、検討を進め、構想の段階で市議会にご相談申し上げます。

 また、市民総合グラウンドにつきましては、府青少年野外活動施設と整合性を図りながら周辺で検討し、史跡高井田横穴公園を核として、歴史資料館、青少年キャンプ場及び府民の森などと緑道でネットワーク化させていきたいと考えております。

 完全週休2日制の取り組みにつきましては、本市では、特に市民に密着した部門を土曜日に開庁するなど十分配慮しながら、4月から週休2日制を実施してまいります。

 市民の生命と財産を守る消防組合本部庁舎の建設をかねてから計画しておりましたが、藤井寺市域の外環状線沿いで本年度から着工いたします。これに伴い、現在の柏原出張所の移転と国分出張所の新設を行います。また、環境事業組合では、余熱を利用した温水プールなどの建設を計画しておりますが、より早期に進めてまいる所存であります。

 次に、建設省で取り組んでおられる国豊橋架橋事業、国道歩道整備事業、国道165号改良事業及び大和川堤外民有地整備事業計画につきましては、それぞれ段階的な展開を図られていますので、市といたしましても積極的に用地買収などの協力をしてまいります。国道25号バイパスにつきましては、アクセス道路との調整、鉄道との交差及び将来の交通量の検討等、継続調査がなお必要とされておりますが、早期に実現できるよう今後も粘り強く要望してまいります。

 東山地域で自然と文化財保全を調和させた学習と活動ができる青少年野外活動施設誘致の早期実現と、JR柏原駅前再開発事業に大きくかかわります都市計画道路大県本郷線を早期に整備していただくよう、府に積極的に働きかけてまいります。また、府道改良につきましては、市も協力し、一日も早く促進するよう努めたいと考えております。

 それでは、平成5年度の主な施策について申し述べます。

 第1点は、都市基盤の整備であります。

 JR柏原駅前再開発計画につきましては、都市の基盤である東西を連絡する都市計画道路大県本郷線について、府が街路事業として整備するため、概略設計を実施されます。このため本年度は、都市計画道路上市今町線の予備設計と施設建築物計画、導入施設等の検討を進め、街区整備計画区域の工区を分割、優先工区を設定し、地元関係者への説明会を行うとともに、関係機関と協議しながら市街地再開発事業の区域を決定してまいります。

 鉄道高架につきましては、事業主体である府に対し、事業採択されるよう本年度も積極的に要望いたします。

 道路事業につきましては、懸案であります都市計画道路田辺旭ヶ丘線の実施計画と国道25号、府道柏原駒ヶ谷千早赤阪線との取りつけ協議のほか、近鉄とも協議を行いながら、補助採択の見通しをつけてまいりたいと存じます。また、青少年野外活動施設関連のアクセス道路整備調査を行います。

 橋梁事業につきましては、昨年度に引き続き、堂島北橋かけかえ工事を進めてまいります。

 交通安全対策事業につきましては、関係機関とともに、自動車運転の交通マナーの向上と、近年事故件数が急増している自転車及びバイクの正しい乗り方などの安全教育の徹底を行うとともに、効果のある安全施設の整備を進めます。

 市の玄関口である駅前の美観を維持し、歩行者の安全と通行機能を高めるため、柏原市自転車駐車場条例及び柏原市自転車等の放置防止に関する条例を制定し、自転車駐車場の確保と有料化を図ることにより、放置自転車の追放に向け、ソフト・ハード面からの整備を進めてまいります。

 公園整備事業といたしまして、歴史的文化遺産の保存と恵まれた自然環境を取り入れた史跡高井田横穴公園をより多くの人々に親しみ学んでいただくよう、古墳ごとにネームプレートをつけ、史跡公園全体の案内と、説明を流すオートナレーションシステムを設置いたします。

 大正西地区に緑豊かな公園として、林五寮跡地約950平方メートルを整備いたします。また、西旭ヶ丘地区の地すべり対策工事も完了いたしましたので、その跡地約4,000平方メートルを、遊歩道や竹林広場等、市民が憩える公園として整備してまいります。

 水道事業につきましては、「健全財政の維持」「安定給水の確保」という2つの柱を重点施策として事業運営に取り組んでまいっております。最近の水道事業運営は、人口の伸びの鈍化、バブル経済崩壊の影響による料金収入の低迷に加え、4月からの府営水道値上げ実施による受水費の大幅な負担増など、財政圧迫要因が山積しており、経営環境は非常に厳しい状況にあります。しかしながら、水道料金につきましては、より一層の合理的、効率的な運営を心がけることにより財政基盤の強化を図り、また留保資金の活用により、できるだけ現行料金体系を続けていくよう最善の努力をいたします。

 次に、老朽管の整備事業につきましては、給水サービス水準の向上に寄与するため、本年度も長期計画のもとに事業を施行し、さらに赤水・漏水の解消を図ってまいります。

 公共下水道事業につきましては、本年度は公共下水道整備第2次5ヵ年計画の3年目に当たり、堂島幹線、国分本町幹線等の事業促進など、下水道の骨格づくりをする極めて重要な年であります。大阪府の流域下水道幹線は、柏原八尾幹線、飛行場南・北幹線が施工中であり、国分西、旭ヶ丘地区に関連する石川右岸I幹線についても本年度中に発注される予定となっております。これら流域下水道幹線の進捗に整合させながら、事業の進展を図ってまいります。

 柏原東排水区につきましては、平野・法善寺地区の面整備を引き続き実施し、流域下水道柏原八尾幹線の延伸に伴う地域についても、一部面整備を着手いたします。柏原西排水区につきましては、昨年より、長瀬川左岸の汚水溝を改築して公共下水道堂島幹線にする事業を施行中でありますが、さらにこれを上流まで進めてまいります。国分排水区につきましては、円明幹線を完成させるとともに、国分本町幹線の流入する一部地域の調査設計に着手してまいります。

 長瀬川環境整備事業は、シンボルロード事業及び地域づくり推進事業等の採択を受けて行うもので、長瀬川左岸における公共下水道堂島幹線事業に合わせ、張り出し歩道をカラータイル舗装とし、「柏原郷土史かるた」をモチーフとした陶板を埋め込み、随所に緑の植え込みと張り出しバルコニーを設置します。右岸につきましては、本年度から汚水溝にふたをかけ散策路とし、のり面緑化を行うとともに、既存の樹木を生かしながら、市民が憩える場として整備いたします。

 第2点は、教育・文化の振興であります。

 義務教育施設の整備につきましては、堅下北小学校と玉手小学校で大規模改造工事を行い、柏原小学校屋内運動場を改築いたします。

 学校教育では、中学校のパソコン教室整備は完了いたしましたが、続いて小学校においても計画的に配置することとし、子供たちがパソコンになれ親しんでもらうようにいたします。

 全国的に大きな社会問題となっております不登校児童生徒への対応につきましては、本年度も引き続き教育研究所において、大阪教育大学から専門の先生を招き、不登校児童生徒適応指導研究委員会を組織して研究し、学校現場での幅広い適応指導を行ってまいります。

 社会教育につきましては、社会の変化に対応した生涯学習の一層の推進を図るため、本年度は大阪教育大学市民公開講座のほか、関西女子短期大学の公開講座を開校いたします。

 公民館では、近年、自由時間の増大や、市民の文化・芸術に対する欲求や学習意欲が高まりつつあります。このため本年4月からは、毎週月曜日及び国民の祝日も開庁し、利便を図ってまいります。公民館活動としましては、生涯教育大学、市民文化講座をさらに充実し、文化の振興に努めます。そして、茶道や華道などを楽しんでいただける多目的施設として建設を進めてきました高井田文化教室を4月下旬から供用開始いたします。

 国際化時代に向けて、今後も一層青少年が文化・スポーツを通じて世界の人々と触れ合い、国際感覚を培うために、文化・スポーツ国際交流基金を増額し、さらに充実を図ります。

 女性施策につきましては、平成3年11月に設置いたしました女性問題懇話会でご審議をいただいていますが、本年度中に男女協働社会の実現を目指して、基本的な方策をご提言いただく予定であります。今後は、ご提言を尊重して施策を進めてまいります。

 社会体育につきましては、昨年から整備しておりました青谷青少年運動広場が、観覧席を備えた野球やサッカー競技のできる球技場として本年7月末に新しく生まれ変わります。また、市民の健康増進のため、気軽に参加できるスポーツ教室、市民体育大会、市民体育祭、市民健康マラソン大会等につきましても、一層の工夫を凝らしながら開催いたします。

 自主文化事業としての市民劇場は、市民に親しまれ、好評を博していますが、今後とも企画・運営についての創意工夫に努め、郷土の文化振興に努めてまいります。

 市民郷土まつりにつきましては、各種団体のご協力によりまして年々盛大なイベントに育ってまいりました。本年度も、柏原市民郷土まつり振興会に助成を行い、市民の方々が夏の一夜を楽しんでいただける祭りにしてまいります。

 策3点は、産業経済の振興であります。

 商工振興につきましては、バブル経済の崩壊の影響により、生産調整や在庫調整が行われる一方、消費者の購買意欲の落ち込み等により、中小商工業は非常に厳しい状況のもとにあります。このため、事業活動に必要な資金融資のあっせんに努めるとともに、経済基盤の安定と経営技術の向上を学び、新しい時代感覚を備えた経営者育成のために、商工業経営セミナーを実施いたします。昨年は、商店の活性化を図り、購買力の市外流出を防止するため、柏原市連合商店会が結成され、商店会共通の包装紙や買い物バッグなど考案されておりますので、これらの活動に対し助成して、小売業者の経営安定の一助といたします。また、中小企業に働く従業員の健康づくりとゆとりを楽しむ事業として、太極拳の講習会や、女性を対象としたパソコン教室の講習会も開催いたします。

 勤労者が集い憩えるセンターと、あわせて市商工会施行の地元商工業の発展の拠点となる商工会館を複合的に建設するため、(仮称)産業会館の実施設計に入ります。

 一方、消費者に対しましては、不況につけ込む悪徳商法がふえるおそれもありますので、被害を未然に防ぐため、広報紙での啓発や講座の開設をいたします。

 農業振興につきましては、農業従事者の高齢化、外国からの日本農業に対する圧力等、農業を取り巻く環境は年々厳しくなっております。都市近郊の有利性を生かした農業を行うために、農協並びに関係農業団体と協議、調整しながら、農家の意向を把握し、農作物の栽培や観光農業の推進を図り、生産性の高い農業構造の確立や生産技術などの向上に努めてまいります。本年度も引き続き消費者のニーズにこたえるため事業助成を行い、ブドウの新種、すなわち大粒系のブドウの導入を進めることといたします。

 また、農業の近代化、省力化を図るため、農道、水路、ため池の改修を行ってまいります。本年は、府とともにため池のクリーン作戦と、ため池の役目を多くの人々に知っていただくため、「オアシス・クリーンアップ・キャンペーン」と名づけたイベントを行います。

 当市で推進してまいりました府民参加の森につきましては、森の管理と樹木育成を図るため、市も助成を行ってまいります。また、多くの方々が森林に対する理解を深め、自然を求めて山を散策していただけるよう、遊歩道の整備を行います。東山の土地利用につきましては、総合計画に基づき自然と緑の保全に努め、整合性のある利用を図ってまいります。

 第4点は、福祉の充実であります。

 高齢化社会が到来し、日本人平均寿命は、男性76歳、女性82歳というように年々長寿になってきており、65歳以上の高齢者は12.6%となっております。平成32年には25%を超えると予測され、4人に1人が高齢者という長寿社会を迎えることは、まことに喜ばしいことであります。この時代に対応して、高齢者はもとより、その介護に当たる家族が安心して「だれもが、どこでも、いつでも、気軽に」保健・福祉サービスを受けられるような福祉行政を拡充するにはどうあるべきかを、民生委員、医師会、保健所、社会福祉協議会、その他関係機関のご協力を得ながら検討し、老人保健福祉計画の策定を進めております。

 また、整備が急務となっております寝たきり老人を対象とした重介護型、すなわちA型・B型のデイ・サービスの整備につきましては、老人保健福祉計画の中で明らかにしてまいります。

 要介護者が増加していることから、昨年度は、社会福祉協議会のホームヘルパーを増員いたしました。本年度は、重度の視覚障害者や重度の肢体不自由者の地域社会での自立生活や社会参加を介助するガイドヘルパー1名を増員いたします。社会福祉協議会へ助成をしております福祉基金の運用益をもって、在宅独居老人の友愛訪問事業の強化を図ります。

 在日外国人の重度障害者を救うため、在日外国人障害者福祉金制度を発足いたします。

 老人クラブでは、健康で生きがいのある老後を暮らすためいろいろの活動を行っておられ、その拠点となる老人集会所の整備には、従来から力を注いでまいりました。整備状況では府下でもトップクラスにありますが、なお一層の整備を図るため、助成を大幅に増額し、制度の充実を図ってまいります。

 児童保育につきましては、出生率の低下により就学前児童数は年々減少しておりますが、一方、女性の社会進出がふえ、保育の需要は増加傾向にありますことから、施設の有効利用と年齢枠の運用により、できる限り待機児童がないように努めます。在宅乳幼児福祉につきましては、核家族化が進む中で、子育ての悩みや不安を持つ家庭がふえております。このため、子育て支援事業として「親子教室」を昨年より実施しましたが、非常に好評でありますので、これの充実を図ってまいります。新たに、電話育児相談事業も、関係機関と調整しながら実施いたします。

 また、乳幼児の医療無料化につきましても、府と協議しながら、秋ごろには0歳から6歳までの入院費について無料化を実施してまいります。保育料につきましては、諸般の事情を考慮して、本年度も据え置いてまいります。

 第5点は、生活環境の向上であります。

 21世紀を目前に、日本は急速に高齢化が進んでいます。その長寿社会で豊かな老後を送るためには、まず健康でなければなりません。それには、壮年期からの健康管理に重点を置いた健康教育、健康相談、健康意識の啓発に努めるとともに、毎年秋に実施しております基本健康診査をより多くの市民に受けていただけるように、春にも行うことにいたします。また、大腸がん検診は、40歳以上64歳までを対象としておりましたが、本年度から対象範囲を広げ、65歳以上の方も受診できるよう配慮いたしました。

 また、寝たきり老人及び虚弱老人等の方々に対しましても、入浴サービスの推進と、家庭での療養方法等について訪問指導や相談に努めてまいります。

 市立病院につきましては、医療体制の確保、施設等の整備など、逐次向上に努めているところであります。本年度は、スプリンクラーの設置と、保温と保冷機能を兼ね備えた配膳車の導入を行います。また、より高度な医療を提供するため、心電呼吸監視装置、自動視野計などの医療機器を整備し、地域の基幹病院としての機能充実を図ってまいります。

 環境問題につきましては、市民一人一人が環境問題に強い関心を持ち、良好な環境で過ごせるようなライフスタイルにしていくことが大切であります。市民生活と環境とのかかわりを市民に深く認識していただくため、大気汚染、河川汚濁、廃棄物処理など環境問題を主とした講演会やリサイクル作品の展示、環境教育映画、フリーマーケットなどのコーナーを設けた「環境フェア」を開催します。

 大気汚染につきましては、市の公用車として電気自動車を導入し、低公害車普及のための啓発に努めます。従来から大気汚染状況の把握は、常設測定局1ヵ所で連続測定をしておりますが、市域での面的な把握を図るため、公共施設等の10ヵ所で簡易測定器による二酸化窒素の調査を実施します。

 河川汚濁対策につきましては、昨年度策定しました生活排水対策推進計画に基づき、モデル地区での実践活動や学習会等で生活排水に対する認識を深めていただき、家庭にあっては、流し台から出る調理くず、食べ残し、使用済みの油など、発生源防止対策を実践していただきます。また、空き瓶・空き缶の資源ごみにつきましては、排出量の特に多い7月から9月まで、1回ふやし月2回の収集を実施いたします。

 国民健康保険事業につきましては、昨年度、低・中所得層の保険料負担の軽減を図ってきたところでありますが、加入者の急速な高齢化と診療報酬の改定が行われたことから、医療費はますます増高し、財政状況は厳しいものになるものと考えます。今年度の保険料につきましては、1人当たり保険料を昨年度と同額で算出しておりますが、今後の決算状況並びに医療費の動向を把握した上で国保運営協議会にお諮りし、ご意向を賜りながら検討してまいります。

 以上が、今年度の市政運営方針の概要であります。なお、詳細につきましては、提出諸案件の審議に際しご説明申し上げます。

 私はかねてより、市政の主人公は市民であることを念頭に置き、「市民本位」と「人間尊重」を重視してまいりました。今後もこの基本姿勢を貫き、多様化する市民要望を段階的に市政に反映させてまいります。しかし、今日の厳しい経済情勢の中にあって行政を推進していくには、幾多の困難と試練があると思いますが、私は、職員と一丸となり、知恵を出し、工夫を凝らし、21世紀に向かって「緑と水とふれあいのある住みよいまちづくり」に全力を傾注してまいる所存であります。議員各位におかれましては、何とぞ深いご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 ありがとうございました。



○議長(冨宅平吉君) 市政運営方針は終わりました。

 次に、本定例会に提出されております各議案について理事者の説明を求めます。

   〔福祉事務所長 豊田陽夫君 登壇〕



◎福祉事務所長(豊田陽夫君) 上程されました議案のうち、私の所管いたします7件の議案につきまして、その提案理由の説明をさせていただきます。

 議案書の1ぺージをお開きください。報告第1号は、専決処分報告についてであります。

 2ぺージです。専決第5号は、損害賠償の額の決定及び和解についてであります。昨年の7月16日、国分駅前交差点で発生しました職員の公務中における公用車事故でございます。損害賠償の相手方は、八尾市桜ヶ丘1−2 桜ヶ丘グリーンハイツ201にお住まいの松山久夫氏との間に、57万7,860円をもって円満に示談が成立しましたので、自治法第180条の規定により平成4年12月25日に専決し、議会に報告するものであります。

 次に、14ページをお開きいただきたいと思います。議案第5号は、柏原市心身障害者福祉基金条例の一部改正についてであります。

 改正条文は15ページでございます。去る2月1日、柏原市大正3丁目4番3号にお住まいの櫻井和子さんから、本年1月2日に亡くなられましたご主人利秋様の供養として、心身障害者の福祉の向上に役立ててほしいということで30万円のご寄附をちょうだいいたしました。別表に「櫻井和子30万円」として新たに1項を加えるとともに、ご寄附をいただきました皆さんの意志を十分反映させて活用してまいりたいと考えております。

 なお、今回の寄附によりまして、心身障害者福祉基金の総額は1,060万円となります。よろしくお願いいたします。

 次に、16ページをお開きいただきます。議案第6号 柏原市高額療養費貸付基金条例の一部改正についてであります。

 17ぺージであります。第2条中、基金の額を500万円から1,000万円に改正しますのは、最近の医療技術の飛躍的な向上によりまして医療費が高額化し、また貸付件数、貸付額も増加の傾向にあります。そのためにも、被保険者からの貸し付け要望にも十分対応するために、基金額を500万円増額するものであります。

 附則で、この条例は公布の日から施行するものでございます。よろしくお願い申し上げます。

 次に、20ページでございます。議案第8号 柏原市福祉事務所設置条例の一部改正についてであります。

 改正条文は21ページでございます。今回、この条例の一部を改正します理由は、老人福祉法等の一部改正する法律が公布されまして、社会福祉事業法で都道府県及び市町村の福祉事務所の役割分担、すなわち所掌事務が明確化されたものによるものであります。

 第4条で「(所掌事務)」と見出しをしまして、福祉事務所は、「法第13条第6項」に規定する事務を「法第13条第7項」に改めるものであります。

 第1条、第2条、第3条、第5条につきましては、それぞれ見出しをつけるものとともに字句の修正を行うものであります。

 この条例は、平成5年4月1日から適用するものであります。

 次に、22ぺージをお開きください。議案第9号は、柏原市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正についてであります。

 23ぺージをお開きいただきたいと思います。今回、この条例の一部を改正しますのは、国におきまして災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律等が公布、施行されたものに伴うものであります。

 改正の主な内容は、1つは災害弔慰金の額の改正(第5条)、2番目には災害障害害見舞金の額の改正(第10条)、3点目は災害援護資金の限度額の改正(第13条)であります。その他の条文は、字句の改正でございます。

 まず初めに、第5条は、災害により死亡した者1人当たりの災害弔慰金の改正で、「「300万円」を「500万円」に」とありますのは、生計維持者が死亡したときの支給額であります。「「150万円」を「250万円」に」とありますのは、生計維持者以外の者が死亡したときの支給額であります。

 次に、「第10条中「150万円」を「250万円」に」は、傷病による障害固定に対する障害者1人当たりの災害見舞金で、生計維持者に対する支給額であります。「「75万円」を「125万円」に」とありますのは、生計維持者以外の者の支給額であります。

 第13条は、生活の立て直しのために当該世帯に対する災害援護資金の貸付限度額の引き上げであります。第13条第1項第1号は、世帯主の負傷を前提としたものであります。「「100万円」を「150万円」に」とありますのは、世帯主が1ヵ月以上負傷した場合の貸付限度額であります。「「180万円」を「250万円」に」は、家財の損害があり、かつ住居の損害がない場合の貸付限度額であります。「「190万円」を「270万円に」とありますのは住居が半壊した場合であり、「「250万円を「350万円」に」とありますのは、住居が全壊した場合に貸し付ける限度額であります。

 同項第2号は、世帯主に負傷がない場合の定めであります。「「100万円」を「150万円」に」とありますのは、家財の損害があり、住居に損害がない場合の貸付限度額であります。「「110万円」を「170万円」に」は住居が半壊した場合であり、「「170万円」を「250万円」に」とありますのは、住居が全壊したときの貸付限度額であります。「「250万円」を「350万円」に」は、住居全体が滅失もしくは流出した場合の貸付限度額であります。

 次に、同項第3号は、被災した住居を建て直す際に、その住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等、特別の事情がある場合の定めであります。世帯主に負傷がありまして住居半壊の場合は、「190万円」とあるのは「250万円」となっておりますが、190万円を270万円に引き上げ、残存部分を取り壊さざるを得ない場合は、「250万円」を「350万円」に読みかえます。世帯主が負傷なしで住居半壊の場合、「110万円」とあるのを「170万円」となっておりますが、110万円を170万円に引き上げ、残存部分を取り壊さざるを得ない場合、「170万円」を「250万円」に読みかえる。続きまして、世帯主に負傷なし、住居を全壊し特別の事情がある場合、「170万円」とあるのは「250万円」となっておりますが、170万円を250万円に引き上げ、特別の事情がある場合、「250万円」を「350万円」に読みかえるものであります。

 お手元の改正条文にありますとおり、「190万円」を「270万円」に、「250万円」を「350万円」に、「110万円」を「170万円」に、「170万円」を「250万円」にそれぞれ改正するものであります。よろしくお願いいたします。

 次に、24ページをお開きいただきたいと思います。議案第10号 柏原市立老人福祉センター条例の一部改正についてであります。

 25ぺージをお開きいただきたいと思います。昨年10月に、老人福祉センター別館に虚弱老人を対象にしたC型デイ・サービスセンターがオープンいたしました。そのために別館の1階の全室と2階の和室の部屋と洋室会議室3をデイ・サービス用に当てはめましたため、残り和室鶴・亀2室と洋室1室は従来どおり一般開放として、各部屋1,200円の料金徴収をするものであり、別表を改めたものであります。他は字句の修正であります。

 附則で、この条例は平成5年4月1日から施行してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 次に、平成5年度の予算書18ページをお開き願いたいと思います。議案第24号平成5年度柏原市老人保健医療事業特別会計予算についてご説明申し上げます。

 第1条でございますが、歳入歳出予算の総額を43億1,670万5,000円とするもので、前年度当初予算額41億773万2,000円に比べまして5.1%の増加となっております。

 次に、第2条でございますが、一時借入金の借入限度額を2億5,000万円とするものでございます。

 それでは、予算書の歳出からご説明を申し上げますので、378ページをお開き願いたいと思います。款1医療諸費 項1医療諸費 目1医療給付費41億4,600万円は、市から支払基金、国保連合会を通じまして医療機関等に支払う医療費でございます。次に、目2医療費支給費1億6,100万円は、治療用装具、柔道整復料、付き添い看護料等に支払う現金給付であります。両方合わせまして医療費総額は43億700万円でございまして、年間1人当たり平均医療費は84万7,000円でございます。

 次の目3審査支払手数料867万5,000円は、支払基金、国保連合会においてレセプトの審査及び医療機関への支払い事務の手数料でございます。

 次に、款2公債費 項1公債費 目1利子103万円は、支払基金や国、府の負担金が医療費の支払い日に不足が生じた場合に一時借入金で支払います関係上、その一時借入金の利子でございます。

 次に、歳入についてご説明申し上げますので、372ページをお開き願いたいと思います。款1支払基金交付金 項1支払基金交付金 目1医療費交付金29億8,236万が4,000円は、医療費に対する負担割合相当分で、各保険者の拠出金が交付金として入ってまいります。次の目2審査支払手数料交付金867万5,000円は、歳出でご説明申し上げました審査支払手数料で、全額交付金として入ってまいります。

 次に、款2国庫支出金 項1国庫負担金 目1医療費国庫負担金8億8,307万6,000円は、医療費に対する国庫負担割合相当分でございます。

 次のページで、款3府支出金 項1府負担金 目1医療費府負担金2億2,076万8,000円は、医療費に対する府負担割合相当分でございます。

 次に、款4繰入金 項1他会計繰入金 目1一般会計繰入金2億2,180万2,000円は、医療費に対する市負担割合相当分2億2,169万9,000円と、一時借入金の利子相当分の103万円でございます。

 以上、簡単でございますが、提案説明とさせていただきます。よろしくご了解を願いたいと思います。ありがとうございました。

   〔教育次長兼管理室長 吉谷 茂君 登壇〕



◎教育次長兼管理室長(吉谷茂君) 私から、報告第2号、議案第7号、議案第14号、議案第15号について説明いたします。

 まず、議案書の3ページをお開き願います。報告第2号 専決処分報告についてです。

 次のぺージをお開き願います。専決第1号 損害賠償額の決定及び調停について。これは、次のとおり損害賠償の額を定め、調停するため、平成5年度1月12日に専決したものです。

 事由といたしましては、クラブ活動中の学校の事故でございまして、平成4年7月28日、柏原市立堅下南中学校グラウンドにおいて野球部の練習中に、1年生の横山幸司君が死亡されました。このことにつきましては、昨年7月30日に総務文教委員協議会を開いていただきましてご報告いたしましたように、ご家族のもとに葬儀費用として100万円を持参いたしました。また8月末には、日本体育学校健康センターよりの給付金1,700万円を持参いたしております。その後、母親の横山房子氏から損害賠償の調停を申し立てられ、羽曳野簡易裁判所で話し合った結果、さらに500万円をお支払いすることで同意いただけることになりましたので、日本体育学校健康センター法によりまして損害賠償の責めを免れる金額1,700万円を差し引いた600万円を専決したものです。

 次に、18ページをお開き願います。議案第7号 柏原市文化・スポーツ国際交流基金条例の一部改正についてでございます。

 これは、柏原市平野2丁目9番13号、吉村源逸氏から中国連雲港市の名誉市民受章の記念として、本市の文化・スポーツ国際交流事業に役立ててほしいとして平成4年12月29日付で金員50万円を、また、柏原市石川町にある大寅食品工業株式会社から、道明寺工場の新社屋完成を記念して、本市の文化・スポーツ国際交流事業に役立ててほしいとして平成5年2月4日付で50万円を、それぞれご寄附いただきましたので、これを収受し、基金に繰り入れしようとするものです。

 次のページをお開き願います。柏原市文化・スポーツ国際交流基金条例の一部を改正する条例でございます。第5条は字句の訂正です。別表中、安田生治氏の項の次に次の2項を加える。「吉村源逸50万円」「大寅食品工業株式会社50万円」でございます。これで基金総額は1億3,210万円になります。

 次に、40ページをお開き願います。議案第14号 柏原市市民会館条例の一部改正についてでございます。

 次のページをお開き願います。これは、税制改正法第10条により入場税法が廃止されたことに伴い、所要の改正を行おうとするものと、その他字句の訂正を行うものです。

 柏原市市民会館条例の一部を改正する条例。柏原市市民会館条例(昭和41年柏原市条例第38号)の一部を次のように改正する。

 字句の訂正につきましては、説明を省略させていただきます。

 下から7行目でございますが、「備考第2号中「使用料は本表(A)又は(B)」を「使用料は、本表(1)又は(2)」に改め、同号ただし書を削り」とございますが、これが、市民会館の使用者が入場税を免除された場合の使用料の加算の特例規定であったものを削るものです。以下、字句の訂正でございますので、説明を省略させていただきます。

 次のページをお開き願います。附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 次に、42ページ、議案第15号 柏原市立高井田文化教室設置条例の制定についてであります。これは、このほど完成予定の茶室を中心とした柏原市立高井田文化教室の設置条例をお願いするものです。

 次のページをお開き願います。柏原市立高井田文化教室条例。設置といたしましては、第1条、市民の文化の向上及び生涯学習の振興を図り、もって市民生活にゆとりと潤いをもたらし、あわせて市民の文化的な集会の場を提供するため、本市に文化教室を設置する。

 名称及び位置でございますが、「柏原市立高井田文化教室」という名称でございます。位置につきましては、柏原市大字高井田1591番地10でございます。

 使用者の範囲といたしましては、「文化活動及び生涯学習を行うことを目的とし、使用責任者が引率する5人以上の団体とする」ということにいたしております。

 使用料といたしましては第4条で、次のページをお開き願います。別表(第4条関係)といたしまして、1階の茶室部分につきましては、午前が4,000円、午後が4,000円、全日使われますと6,000円。2階部分につきましては、2階は和室と洋室−−畳を上げますと洋室になるというふうな構造になっております。これは、午前が3,000円、午後が3,000円、全日が5,000円でございます。それから、庭の使用−−野点などをしていただくための庭でございますが、これは午前が2,000円、午後が2,000円、全日で3,000円となっております。

 43ページに戻っていただきまして、還付といたしまして第5条では、既に納められた使用料は還付しないということにいたしております。ただし、特別の理由があるときは、「その全部又は一部を還付することができる」としています。

 次のページで、減免規定として第6条、「使用料は、特別の理由があると認めるときは、減免し、又は免除することができる」といたしております。

 そして、附則といたしまして、この条例は平成5年4月24日から施行しようとするものです。

 以上、よろしくご決定いただきますようお願いいたします。

   〔企画財務部長 戸塚 武君 登壇〕



◎企画財務部長(戸塚武君) 私の所管いたします報告第3号、議案第3号、議案第4号、議案第17号、議案第22号についてご説明申し上げます。

 報告第3号、5ページでございます。専決処分報告についてでございます。

 6ページ、専決第2号 平成4年度柏原市一般会計補正予算(第6号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ500万円を追加いたしております。歳入歳出予算の総額は、これで218億7,926万8,000円となるものでございます。平成5年1月12日に専決いたしております。

 8ページ裏をお開きいただきたいと思います。歳出でございます。款9教育費項3中学校費 目1学校管理費補正額500万円でございます。節といたしまして22補償補填及び賠償金500万円。先ほど説明がありました堅下南中学校クラブ活動事故解決金によるもので、横山房子様の方へお支払いするものでございます。

 裏へ戻りまして、歳入でございますが、款14諸収入 項5雑入 目3雑入補正額500万円でございます。節の500万円につきましては、損害賠償責任保険金といたしまして全額、市長会で掛けております損保代表監事会社の方から500万円が入ってくるわけでございます。

 次に、11ページをお開きいただきたいと思います。議案第3号 工事請負委託契約の締結の変更についてでございます。

 平成4年6月16日に、国分本町幹線築造工事ということで委託に関する契約を議決いただきましたが、この工事につきましては、当初は概算工事によりましてご決定いただいておったものでございまして、8億5,000万円でございます。ところが、関係機関との施工上の協議の結果、補助工法が変わりましたこと、並びに道路管理者でございます建設省大阪国道事務所の方から、本市が後ほど施工を予定しております面整備のための接続の人孔8ヵ所、これについても同時に施工しなさいというご指導がございました。それとまた、新たに積算体系の改定によりまして工事諸経費が約8%上昇いたしました。このような理由によりまして委託契約の変更を行うものでございます。変更前の契約金額が8億5,000万円、変更後の契約金額は13億円とするものでございます。

 契約の目的でございますが、裏へ参りまして、国分本町幹線築造工事。契約の方法でございますが、随意契約でございます。契約の相手方は、東京都港区虎ノ門2丁目3番13号、会社名は日本下水道事業団でございます。よろしくお願い申し上げます。

 次に、議案第4号でございます。柏原市立コミュニティ会館条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 13ページをお開きいただきたいと思います。本市で5番目の堅上地区コミュニティ会館が3月中旬に竣工いたしますので、条例の整備を行うものでございます。別表中、「柏原市立国分東コミュニティ会館 柏原市国分本町7丁目4番78号」の次に「柏原市立堅上コミュニティ会館 柏原市大字青谷2072番地」を追加するものでございます。

 建物の概要でございますが、鉄骨づくり2階建て、延べ床面積が272.97平米でございます。主な内容でございますが、1階は約100平米の集会室、2階は17平米の和室と24平米の洋室が主な施設でございます。ひとつよろしくお願い申し上げます。

 次に、47ページ、議案第17号 平成4年度柏原市一般会計補正予算(第7号)であります。

 第1条で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ556万5,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ218億8,483万3,000円とするものでございます。

 55ぺージをお開きいただきたいと思います。歳出、款2総務費 項1総務管理費目4財産管理費補正額1億3,403万円でございます。節積立金1億3,403万円でございます。これは、まず財政調整基金積立金が1,761万3,000円、公共施設等整備基金積立金1億1,859万9,000円、減債基金積立金が▲218万2,000円でございます。

 これは、財政調整基金、公共施設等整備基金につきましては、当初予算で積立金の予算計上をしておりましたが、預金利子が減ったことによりまして減額の要素がございます。ところが、財政調整基金の方につきましては、公社への貸付運用収入が増となっております。これらを調整いたしまして、財政調整基金の積立金はプラスの1,761万3,000円とするものでございます。公共施設等整備基金積立金につきましては、やはり当初予算で計上いたしました預金金利の減額によるものと、今度はプラスの要因といたしまして開発協力金の収入増がございますんで、これらを整理いたしましてプラスの1億1,859万9,000円とするものでございます。減債基金積立金につきましては▲218万2,000円。これは、預金金利の減によるものでございます。

 次に裏へ参りまして、款3民生費 項1社会福祉費 目1社会福祉総務費費1,396万9,000円でございます。節で繰出金1,396万9,000円。これは、国民健康保険事業会計(堅上診療所)への繰出金で、堅上診療所の赤字分450万円でございます。それから保険基盤安定繰出金、これは国民健康保険事業会計(事業勘定)の方へ繰り出すものでございまして、6割・4割の保険料の法定軽減分の額が確定いたしましたので、当初の分に追加して946万9,000円を補正するものでございます。

 次に、目2身体障害者福祉費30万円、繰出金30万円につきましては、先ほどご説明申し上げました櫻井和子様から、身体障害者福祉基金の方へということで30万円の寄附をいただいておりますので、繰り出すものでございます。

 次に、款4衛生費 項1保健衛生費 目1保健衛生総務費補正額1,345万9,000円につきましては、繰出金で病院事業の方へ繰り出しております。これは、休日診療に伴います赤字を補てんするものでございます。

 次のページで、款6商工費 項1商工費 目2商工振興費補正額300万円、節の負担金補助及び交付金で300万円でございます。これは商業共同施設設置補助金交付要綱に基づく補助金でございまして、大正通商店街で街路灯をつくられたということで、これは最高200万円、事業費の20%という補助がございますので、これにつきましては200万円、それから「グレーピー柏原」がオープンされまして、これの冷暖房設備、防災設備ということで、これは10%補助でございます。最高額が100万円でございますので、これにつきまして100万円、合計300万円を補助するものでございます。

 款7土木費 項2道路橋りょう費 目3道路新設改良費▲7,000万円の補正でございます。これは、節の公有財産購入費で減額の7,000万円。大正川北線道路拡幅用地購入について予算を計上いたしておりましたが、本年度中に買収見込みが立たないために減額させていただくものでございます。

 款7土木費 項3都市計画費 目2街路事業費補正額▲8,000万円、節17公有財産購入費▲8,000万円。これは国分駅西交通広場用地購入でございますが、これも現在まで交渉しておりますが、買収の見込みがなかなか立たないために減額させていただくというものでございます。

 款8消防費 項1消防費 目1常備消防費補正額865万5,000円、これにつきましては、負担金補助及び交付金で865万5,000円。これは柏・羽・藤消防組合の負担金でございまして、給与改定分でございます。

 款9教育費 項1教育総務費 目3奨学基金費補正額41万2,000円。貸付金で▲30万円、繰出金で71万2,000円でございます。これは、貸付金の方につきましては、当初奨学金の貸し付け予定をいたしておりましたが、件数が減りましたので30万円を減額させていただきます。それから、71万2,000円の繰出金の方でございますが、先ほど減額いたしました貸付金の残30万円、それから返還金の34万3,000円、利子分の6万9,000円、これを71万2,000円として奨学基金のもとへ繰り戻すというものでございます。

 次に、款9教育費 項2小学校費 目1学校管理費補正額▲1,016万円でございます。負担金補助及び交付金で▲1,016万円。これは、藤井寺柏原学校給食組合の給与改定分でございます。減額しておりますのは、当初派遣職員2名分を予算計上しておりましたが、その分が減りましたので、逆に給与改定分を減額するというものでございます。

 裏へ参りまして、款9教育費 項5社会教育費 目1社会教育総務費100万円、節繰出金100万円でございます。これは、文化・スポーツ国際交流基金への繰り出しで、先ほどご説明いたしました吉村源逸氏から50万円、大寅食品工業株式会社から50万円、両方ご寄附をいただいておりますので、文化・スポーツ国際交流基金の方へ繰り出すものでございます。

 目3文化財保護費補正額▲910万円、これにつきましては、委託料で410万円、工事請負費で500万円、おのおの減額いたしております。これは、玉手の安福寺にございます国の重要文化財の割竹形彫文石棺の保存処理と、それから覆屋をつくる予定をいたしておりましたが、文化庁の方で国の補助金がことしつかなくなりましたので、減額させていただくものでございます。

 50ページヘ戻っていただきたいと思います。歳入でございます。款9国庫支出金項1国庫負担金 目1民生費国庫負担金補正額473万4,000円でございます。社会福祉費負担金として、これは保険基盤安定負担金で、先ほどご説明申し上げました保険料の6割・4割法定軽減分の2分の1が国庫負担金として入ってまいるものでございます。

 裏へ参りまして、款9国庫支出金 項2国庫補助金 目3教育費国庫補助金382万2,000円の減額でございます。節4社会教育費補助金▲382万2,000円は、先ほど最後で申し上げました安福寺の割竹形彫文石棺の補助につきまして、国庫は一応60%つく予定でございましたが、これがつかないということで減額させていただきます。

 次に、款10府支出金 項1府負担金 目1民生費負担金補正額236万7,000円、節1社会福祉費負担金236万7,000円につきましては、先ほどの保険基盤安定負担金といたしまして、府が総額の4分の1の236万7,000円を負担するものでございます。

 次に、裏のページでございます。款10府支出金 項2府補助金 目5土木費府補助金補正額▲3,500万円。節1道路橋りょう費補助金500万円につきましては、原川歩道設置工事(1工区)補助金でございまして、市町村道交通安全施設整備費補助金といたしまして2分の1補助がございます。それから、節2都市計画費補助金▲4,000万円につきましては、先ほど歳出でご説明申し上げました国分駅西交通広場整備費補助金の総額の2分の1、これを減額させていただいております。

 目7教育費府補助金、減額の127万4,000円でございます。これは、社会教育費補助金といたしまして▲127万4,000円。これは、先ほどの割竹形彫文石棺の府補助金基準額の2割分、これを減額させていただいております。

 それから、款11財産収入 項1財産運用収入 目2利子及び配当金補正額▲3,135万5,000円、節1利子及び配当金▲3,135万5,000円。これにつきましては、先ほどちょっとご説明申し上げましたが、財政調整基金につきましては▲1,489万1,000円、公共施設等整備基金につきましては▲1,435万1,000円、減債基金につきましては▲218万2,000円、いずれも預金利子の減額によるものでございます。それから、奨学基金の利息につきましては、プラスの6万9,000円でございます。

 次に、目3基金運用収入3,250万4,000円。これにつきましては、節1基金運用収入といたしまして3,250万4,000円。これは開発公社への繰替運用益金で、財政調整金の方へ入れております。

 款12寄附金 項1寄附金 目2指定寄附金130万円、節1指定寄附金130万円につきましては、文化・スポーツ国際交流基金への寄附金といたしまして吉村様から50万円、大寅食品工業さんから50万円、この両方で100万円。それから、心身障害者福祉基金寄附金といたしまして櫻井和子様の方から30万円をいただいております。

 次に、款13繰入金 項1基金繰入金 目1基金繰入金補正額▲1億1,000万円でございます。節1繰入金1億1,000万円の減、これは公共施設等整備基金への繰り戻しでございます。用地買収不成立によります国分駅西交通広場4,000万円と大正川北線用地7,000万円でございます。

 款14諸収入 項3貸付金元利収入 目3奨学金貸付金元金収入34万3,000円の捕正でございます。節といたしまして1奨学金貸付金元金収入34万3,000円。これは、先ほども申し上げましたように、奨学金の返還予定額が当初より34万3,000円上回ったものでございます。

 款14諸収入 項5雑入 目3雑入補正額1億4,576万8,000円、これにつきましては、開発指導要綱に基づきます協力金1億3,295万円−−これは1月22日までのものでございまして、1月23日以後のものにつきましては3月補正でまた予算計上させていただく予定でございます−−と、その他雑入といたしまして1,281万8,000円を計上いたしております。



○議長(冨宅平吉君) 議事の都合上、ここで暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時56分



△再開 午後1時0分



○議長(冨宅平吉君) 午前中に引き続き、本会議を再開いたします。

 それでは、理事者の説明を求めます。

   〔企画財務部長 戸塚 武君 登壇〕



◎企画財務部長(戸塚武君) それでは、午前中に引き続きまして、議案第22号のご説明を申し上げます。

 議案第22号のご説明に入ります前に、平成4年度一般会計の決算見込みにつきまして申し上げます。

 現時点の推計といたしましては、平成4年度の一般会計は、財政調整基金を取り崩すことなく、若干の黒字になるものと考えております。しかしながら、3月末に確定いたします府の支出金や市債などによりまして推計外の増減も生じてまいることもありますので、その辺、よろしくご理解賜りたいと思います。

 それでは、議案第22号、予算書の3ページをお開きいただきたいと思います。平成5年度柏原市一般会計予算。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を216億4,300万円といたしております。第2条で債務負担行為、第3条で地方債がございますが、これは後ほど説明させていただきます。一時借入金といたしまして、第4条で最高額を30億円といたしております。これは昨年と同額でございます。

 11ページをお開きいただきたいと思います。第2条の債務負担行為の説明でございます。これは、河川改修事業・長瀬川環境整備事業に係るものでございまして、期間は平成5年度から6年度、限度額を3,000万円といたしております。

 12ページでございます。第3条の地方債の説明でございます。策3表地方債でございまして、起債の目的、限度額、利率でございます。まず、都市生活環境整備特別対策債といたしまして限度額5,000万円。これは自転車駐車場整備に係るものでございます。次に、臨時河川等整備事業債1億6,000万円。これにつきましては、西旭ヶ丘の公園整備、それから浸水対策、河川改修等に使うものでございます。それから、地域総合整備事業債1億8,850万につきましては、原川の環境整備、長瀬川の環境整備、青谷青少年運動広場の整備事業債でございます。それから、義務教育施設整備事業債として1億5,340万。これにつきましては、柏原小学校の屋内運動場の改築、それから堅下北小学校、玉手小学校の大規模改造に対します起債でございます。合計5億5,190万。利率でございますが、年7%以内といたしております。

 次に、323ページをお開きいただきたいと思います。継続費の調書についてご説明申し上げます。

 款7土木費、事業名が堂島北橋かけかえ事業でございまして、4年度8,920万円、5年度6,180万円、合計1億5,100万円で予定いたしておりましたが、8,920万円を予定しておりましたのが、終わりから5つ目の前年度末までの支出見込額が8,800万円、58%というふうに変わってまいっております。

 次に、款9教育費、青谷青少年運動広場整備事業でございます。4年度で2億3,400万円、5年度で5,000万円、合計2億8,400万円を予定しておりましたが、4年度の事業が少し変わってまいりまして、2億3,246万3,000円に変わっております。

 次に、324ページ、債務負担行為の調書についてでございます。これは、柏原市土地開発公社の公共用地取得資金の借り入れに伴います金融機関等に対する債務保証でございまして、平野地区の公共用地先行取得に係るもの及びこれに附帯する利子所要額、同じく1級河川原川改修工事用地先行取得に要する額及びこれに附帯する利子所要額、それから都市計画道路田辺旭ヶ丘用地先行取得に要する額及びこれに附帯する利子所要額、同じく史跡高井田横穴公園周辺整備用地取得に要する額及びこれに附帯する利子所要額の4件でございます。

 次に、326ページ、地方債現在高調書についてご説明申し上げます。平成3年度末の現在高でございますが、110億5,828万5,000円。4年度末現在高の見込みでございますが、105億1,808万6,000円。5年度中の増の見込みで5億5,190万円、それから元利償還の見込みの7億3,022万2,000円の減で、5年度末の現在高の見込みは、103億3,976万4,000円となる予定でございます。

 それでは、一般会計全般につきまして、「一般会計当初予算参考資料」によりましてご説明申し上げます。

 3ページをお開きいただきたいと思います。まず、歳入からでございます。まず市税でございます。5年度当初予算といたしまして(ア)103億9,570万円、4年度当初(イ)101億2,400万円、当初の比較(ア)から(イ)を引きましたものが2億7,170万円で、増減率は2.7%、構成比は48%ということで、これから順次下の方へ説明してまいります。

 2番の地方譲与税3億6,400万円、それから3番の利子割交付税2億5,000万円につきましては、いずれも預金利子、あるいは不況によりますものによりまして減額されております。地方譲与税につきましては300万円、利子割交付税につきましては1億4,000万円の減額でございます。

 それから、特別地方消費税交付金につきましては100万円。

 自動車取得税交付金につきましては1億9,000万円で、2,000万円の減。これは、やはり自動車の売り上げの減によるものでございます。

 地方交付税につきましては、25億と、3億6,100万円の増額で計上いたしております。

 7交通安全対策特別交付金1,600万円、これは、自動車の反則金によるものでございます。

 次に、8分担金及び負担金でございまして、2億6,837万7,000円、2,101万1,000円の増でございます。

 9番といたしまして使用料及び手数料2億5,281万5,000円で、4,744万1,000円の増になっております。この中で主なものを申し上げますと、自転車等の駐車場の使用料、これが5年度は4,929万3,000円で、約3,100万円の増額になっております。これは、放置自転車等の条例制定に伴います駐車場の有料化によるものでございます。

 次に、10国庫支出金でございます。14億9,497万5,000円で、1億6,266万円の増になっております。これは、上から4行目の老人ホーム入所措置費負担金1億302万3,000円で、昨年より1,750万7,000円ほどふえております。裏へ参りまして、上から2行目、在宅福祉事業補助金が2,763万6,000円で、約1,100万円ほど増額になっております。これは、訪問ヘルプサービス事業、あるいは老人デイ・サービス事業、こういうメニュー事業が全体的にふえてまいっております。

 次に、7ページ上から2行目、長瀬川環境整備事業3,800万円、800万円の増でございます。それから、教育費関係で新たな事業といたしまして、上から4行目、柏原小学校屋内運動場の改築負担金2,152万5,000円、同じく柏原小学校屋内運動場改築事業補助金、それから堅下北小学校大規模改造補助金、玉手小学校大規模改造事業補助金、こういうようなものがふえてまいっております。

 次に、府支出金でございます。8億4,059万1,000円で、4,631万6,000円の増になっております。これにつきましては、9ページの上から3行目、老人医療助成事業補助金2億232万9,000円で、昨年より1,750万ほどふえております。これは、やはり老人医療の対象者と受診率の増によるものでございます。

 次に12ページ、財産収入2億3,917万5,000円で、これは▲4,252万7,000円になっております。これの主な理由につきましては、各基全がございまして、これの収益金の利息の低下によるものでございまして、本年はこの収益金が2億3,071万9,000円で、昨年に比べまして4,500万円ほど減っております。次に、この財産収入の下から4つ目でございます。文化・スポーツ国際交流基金、これは先ほどもちょっとご説明申し上げましたが、当初予算で7,000万円増額いたしておりますので、利子が766万円で、昨年に比べまして466万円ほどふえております。

 それから、寄附金につきましては、4,200万円で同額でございます。

 14の繰入金10億256万7,000円は、▲2億463万3,000円でございます。財政調整基金繰入金につきましては、1億円繰り入れをふやしております。公共施設等整備基金繰入金につきましては5億900万円と、昨年に比べて3億4,500万円ほど減っております。これは、まず第一の原因につきましては、平野公共用地を昨年は7億円で予算計上いたしましたが、ことしは3億6,500万円ということで減っております。次に減債基金でございますが、これは公債費の償還元金・利子に当たるものでございまして、9,356万7,000円を計上いたしております。

 次に、諸収入でございますが、32億3,390万円で、5,924万2,000円の増になっております。上から3番目、開発公社開発協会貸付金元利収入がことしは26億2,500万円で、元金が25億、利子が1億2,500万円でございます。それから15ページ、その他雑入として5億1,762万4,000円を計上いたしております。

 16ページの市債でございますが、これは5億5,190万円で、先ほど予算書の第3表の説明のところでご説明申し上げたとおりでございます。

 歳入合計といたしまして216億4,300万円、8億5,561万円、4.1%の増になっております。

 次に、歳出の部、目的別で掲げておりますので、19ページをお開きいただきたいと思います。

 これも、1議会費、5年度(ア)といたしまして3億1,807万1,000円、4年度当初予算といたしまして(イ)2億8,342万3,000円で、当初比較といたしまして(ア)−(イ)ということで3,464万8,000円、これは増でございます。増減比率といたしまして12.2%、構成比として1.5%。主なるものは人件費、旅費その他ということで、以下、順次説明させていただきます。

 2総務費につきましては、30億3,246万5,000円で、これは6億4,563万6,000円の減額でございます。これは、財産管理費関係で10億1,632万6,000円、6億4,400万ほど減っております。これは、先ほど申し上げましたように、平野公共用地で昨年の約半分程度を減らしております。それから、円明の中小企業汚水処理場の整備工事が昨年4年度に終わりましたので、このようなもので減額されております。それから、平和・国際事業といたしまして1,104万5,000円。ことしは中国から来柏される予定ということになっております。それから、コミュニティ会館建設費、これはことしはゼロでございます。堅上地区コミュニティ会館の建設がことしはございませんので、その分が減るということでございます。

 次に20ぺージ、3民生費でございます。44億7,254万円、3億2,577万3,000円の増でございます。これは、上から3行目、国保事業会計(事業勘定)への繰出金が3億5,462万5,000円と、1億4,000万円ほど増額になっております。これは、人件費の一般財源化によるものが主なものでございます。

 次に、ちょうど真ん中辺でございますが、老人福祉費関係5億735万円、7,800万円ほど増になっております。これは、入所措置費と老人集会所関係の補助金の増に伴うものでございます。それから3つ目でございます老人保健医療会計繰出金2億2,180万2,000円、1,250万円ほどの増になっておりますが、これは、対象者及び医療費の増によるものでございます。

 次に、4衛生費20億1,977万3,000円、1億2,571万5,000円の増でございます。これは、環境事業組合の負担金が8億2,078万6,000円と、約6,250万円ほどふえております。

 次に22ページヘ参りまして、5農林水産業費2億902万7,000円で、655万5,000円の増でございます。これは、林業費関係のところで1,959万1,000円。これは府民の森の遊歩道の関係がここで入っております。

 次に、6商工費5,370万7,000円、2,425万3,000円の増でございます。これは、仮称産業会館の建設費の実施設計費がここで計上されております。

 次に、7土木費34億7,925万5,000円、8億6,031万4,000円の増でございます。これは、23ぺージの上から2行目でございますが、交通対策費関係といたしまして2億747万8,000円で、約1億300万円ほど増になっております。これは、放置自転車対策関係の経費でございます。

 次に、ちょうど真ん中辺でございますが、公園緑化費関係で2億1,452万9,000円で、昨年に比べまして1億2,100万円ほどふえております。これは、大正西の林五寮跡地約95平米、それから西旭ヶ丘地すべり地区の約4,000平米の公園の整備をしてまいりたい、このように考えております。

 次に、下から2行目の浸水対策関係費でございます。3億3,104万円で、1億3,500万円ほどふえております。これは、片山浸水ポンプ場用地の購入費用をここへ計上いたしております。それから、河川改修費関係といたしまして2億8,951万5,000円、1億4,300万円ほどふえておりますが、これは長瀬川の環境整備が主なものでございます。

 次に、8消防費7億5,560万2,000円、1億9,969万円の増になっております。これの主なものは消防組合の負担金でございまして、7億1,549万4,000円で約1億9,700万円ほどふえております。これは、新庁舎に伴います増でございます。

 次に、9教育費でございますが、32億7,139万9,000円で、2億2,499万7,000円ふえております。ちょうど真ん中辺でございますが、小学校費の学校建設費につきまして6億720万円、5億3,800万円ほどふえておりますが、これは、柏原小学校の屋内運動場、堅下北小学校並びに玉手小学校の大規模改造によるものでございます。

 次に、次のページの上から4行目の高井田文化施設費、これが3,719万5,000円で、昨年から1億4,400万円ほど減っておりますが、これは歴史資料館の工事費と備品購入費が、もう開館しておりますので、その分が減ってまいっております。

 それから、保健体育費の関係では、下から3つ目でございます体育施設費関係といたしまして8,059万1,000円。昨年から比べまして1億8,400万円ほど減っておりますが、これは、青谷青少年グラウンドの工事の減によるものでございます。

 次に、10公債費といたしまして15億1,955万1,000円、▲3億76万9,000円でございます。これは、元金、利子、公債諸費の減によるものでございます。

 11番といたしまして諸支出金25億161万円、これは、開発公社への貸付金25億は昨年と同額でございます。

 26ページヘ参りまして、予備費といたしまして1,000万円、昨年と同額でございます。

 歳出総額は216億4,300万円で、昨年に比べまして8億5,561万円、4.1%の増となっております。

 次に、27ぺージ、歳出の部で性質別にちょっと申し上げます。

 これもやはり、人件費といたしまして43億9,900万3,000円、これが5年度当初といたしまして(ア)でございます。同じく4年度当初(イ)といたしまして41億4,761万2,000円で、当初比較(ア)から(イ)を引きまして2億5,139万1,000円がふえております。増減率といたしまして6.1%の増、構成比といたしまして20.3%になっております。

 物件費につきましては、22億925万7,000円で、1億6,696万8,000円の増になっております。

 補助費等といたしまして28億1,332万6,000円、2億3,969万1,000円の増。これは、各組合に係ります負担金の増によるものでございます。

 4維持費等といたしまして5,818万8,000円、これは▲795万2,000円でございます。

 次に30ページ、5扶助費といたしまして、23億1,303万5,000円で8,911万4,000円の増になっております。これは、先ほどもご説明申し上げましたように、老人福祉費関係、老人医療費関係でふえております。それから、終わりから4つ目の児童措置費関係で、民間保育所への委託の増ということで5億7,877万8,000円、2,300万円ほどふえております。

 投資的経費につきましては、32億273万9,000円で1億5,471万6,000円の増になっております。これにつきましては、総務費は4億4,517万円で、先ほど減った説明を申し上げました。それから、商工費関係で2,030万円、これは仮称産業会館の実施設計費でございます。土木費関係につきましては、15億6,397万円と5億1,700万円ほどふえております。これは、大正西公園、西旭ヶ丘公園の整備、それから長瀬川の環境整備等でございます。

 それから、7公債費として15億1,742万6,000円で、これは2億9,854万4,000円の減になっております。

 それから、8積立金といたしまして5億1,620万円、▲2億3,710万円で、これは利子の金利低下によるものと、公共施設等整備基金積立金につきましては、3億9,640万円のうち、利子分が9,640万円を積み立てるものでございまして、複合庁舎の積立金として3億円をここへ計上いたしております。

 9番の投資及び出資金270万円、30万円の増でございます。

 貸付金につきましては、25億325万円で、開発公社への貸付金が25億。

 繰出金につきましては、20億9,787万6,000円で、4億9,717万6,000円の増でございます。これは、先ほどもちょっとご説明申し上げましたように、国保事業勘定への繰出金がふえております。それから、公共下水道も少しふえております。

 それから、高額療養費貸付金でございますが、先ほど申し上げましたように500万円を基金に積んでおります。それから、文化・スポーツ国際交流基金の繰出金として7,000万円を積み上げております。

 予備費といたしまして1,000万円。歳出合計216億4,300万円でございます。

 次に、35ページをお願いいたします。これは、主な施策事業等の一覧でございまして、まず議会費でございますが、施策事業は「市議会だより」ということで、ことしは300万円、昨年は241万8,000円、比較が58万2,000円増、増減率は24.1%ということで、一番端の「予算書ページ」というところで予算書の比較のページを載せておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 款2総務費でございますが、総務管理費で、この中では防犯灯の補助金といたしましてことし600万円、昨年に比べまして170万円ほど増額いたしております。

 次に36ページ、財産管理費の平野公共用地3億6,500万円は、昨年の半分を購入するということでございます。それから、公用車の買いかえ1,073万8,000円で、この中に電気自動車を購入する1台分が入っております。

 ずっと飛ばしまして、次に民生費でございます。先ほどもちょっと申し上げましたが、38ページで、高額療養費貸付基金繰出金で500万円、国保会計への繰出金で3億5,462万5,000円。

 それから身体障害者福祉費で、身体障害者ガイドヘルパーといたしまして472万7,000円、1名の増ということでございます。それから39ページの真ん中辺でございますが、在日外国人障害福祉金72万円といたしまして、重度障害者に給付するものでございます。

 次に、40ページヘ参りまして、老人福祉費の一番上の老人大学でございますが、50万円ということで増額いたしております。終わりから4行目、在宅寝たきり老人無料入浴サービスといたしまして1,034万1,000円で、470万円ほどふえております。これはやはり対象者の増でございます。

 それから、次の41ページ、老人集会所増築補助といたしまして800万円。これは、簡易老人集会所建設補助、老人集会所補修補助、それからこの老人集会所増築補助800万円ということで、老人集会所建設費等を増額しておりますが、本年は、新たに老人集会所増築補助といたしまして800万円を計上いたします。その他の分につきましては増額でございます。

 次に、老人医療助成費でございますが、下から2行目、2億4,798万3,000円で、これはやはり65歳から69歳の対象者の増と受診率の増でございます。

 42ページ、老人保健医療費給付事務費は、同じく老人保健医療費特別会計への繰り出しでございます。2億2,180万2,000円、これは対象者と受診率の増によるものでございます。

 次のぺージヘ参りまして、児童福祉費の児童措置費 民間措置委託料は、先ほどもご説明申し上げましたように、民間保育所への委託の増でございます。4億7,032万円で、2,783万3,000円の増になっております。

 次に44ページ、款4衛生費でございます。保健衛生費の予防費でございます。老健法による成人病の住民検診でございます。8,071万6,000円で、794万3,000円の増になっております。

 次に、公害対策費といたしまして、大気汚染対策1,116万3,000円で800万6,000円の増。これは、簡易測定器の設置の増によるものでございます。

 次に、清掃費へ参りまして、清掃総務費で「環境フェア '93」ということで100万円を増額いたしております。それから塵芥処理費で、一般家庭等のごみ収集で3億4,748万1,000円、2,142万4,000円の増でございます。これは、先ほど市政運営方針の中でございました、資源ごみを夏季の間月2回収集するということでございます。それから、空き缶対策といたしまして、啓発用の空き缶圧縮機を買っていくということで、76万円を計上いたしております。

 それから、46ページヘ参りまして、款5農林水産業費 項農業費 目農業土木費でございます。これは47ページのところでございますが、各種団体への助成ということで150万円計上いたしております。これは、オアシス・クリーンアップ・キャンペーン協議会への助成ということでございます。

 次に、林業費で林業振興費、府民参加の森遊歩道の設置ということで700万円を計上いたしております。

 款6商工費では、48ページで、先ほども申し上げました産業会館の実施設計費をここで計上いたしております。2,030万円。

 それから、款7土木費で道路新設改良費2億7,250万円。主なものを申し上げますと、原川の歩道設置、旭ヶ丘3丁目13番地先の道路の新設、教育大学関連の新設道路の測量設計、府青少年野外活動施設関連道路の調査というようなものでございます。

 次に、50ページの交通対策費。これは自転車駐車対策関係でございまして、1億4,753万1,000円で、1億1,636万6,000円の増になっております。

 それから、都市計画費の都市計画総務費で、都市計画用途地域見直し調査ということで3,850万円。それから公園緑化費で、公園の整備ということで1億5,470万円、1億130万円の増でございます。これは、大正西の林五跡の公園の整備、西旭ヶ丘公園の整備等でございます。それから、再開発事業費といたしまして、JR柏原駅前地区都市活力再生拠点整備事業推進関係といたしまして1,470万円、490万円の増でございます。

 それから、下水道費といたしまして、浸水対策費3億3,045万円、1億3,452万6,000円の増でございます。これは、先ほどもちょっとご説明申し上げましたが、片山浸水ポンプ場用地の購入ということで、公社からの購入を予定いたしております。河川改修費といたしまして2億8,648万3,000円で、1億4,164万3,000円の増。これの主なものは、長瀬川の環境整備でございます。

 消防費は飛ばしまして、款9教育費でございます。小学校費といたしまして、54ページ、教育振興費でございます。パソコン教室を小学校にも導入していくということで、備品の整備として4,930万円、2,380万円の増、それからパソコン教室の整備といたしまして250万円。それから、学校建設費といたしまして6億700万円で、これは5億3,790万円の増でございます。柏原小学校屋内運動場の改築、堅下北小学校、玉手小学校の大規模改造ということでございます。

 次に、社会教育費へ飛ばさせていただきます。社会教育総務費といたしまして、各種団体への補助というところで、一番下でございますが、文化・スポーツ国際交流事業指定補助金、これは、基金を増額いたしましたため基金の利息がふえております766万円。それから、文化・スポーツ国際交流基金に7,000万円を繰り出しいたしております。

 それから、56ページ、文化財保護対策費で3,222万8,000円。これは▲1,874万円7,000円でございますが、先ほど平成4年度のところで減額いたしました、安福寺の重要文化財割竹形石棺ぶたの保存のための市の負担分をここで計上いたしております。

 次に、公民館費といたしまして922万円、これは181万8,000円の増でございます。教育大学、市民文化講座の充実ということでございます。

 それから、保健体育費へ参りまして、保健体育総務費で、プールの利用といたしまして、ことしは1,000万円、50万円の負担金を増額いたしております。

 一番最後、体育館の施設の整備で5,926万2,000円、2,606万1,000円の増でございます。体育館の屋根の防水と東側の駐車場の擁壁の整備等を行ってまいりたいと考えております。

 以上で一般会計の当初予算の説明を終わりますが、よろしくご決定賜りますようお願い申し上げます。

   〔建設産業部長 寺前武士君 登壇〕



◎建設産業部長(寺前武士君) 私から、議案第1号、2号、第12号、13号について提案説明を申し上げたいと存じます。

 まず、議案第1号は、市道路線の廃止でございます。9ページをごらんいただきたいと思います。

 この箇所につきましては、「市道廃止路線位置図」という資料をつけております。あわせてご参照をお願いいたします。

 1号議案につきましては、道路法第10条第3項の規定によりまして議会の議決をお願いするものでございます。なお、この廃止路線につきましては、一たん本議案で廃止はしますけれども、次の2号議案によりまして起終点を変えて再認定をさせていただくことになっております。

 整理番号26−23、路線名としましては田辺23号線、起終点につきましては以下のとおりでございます。以上でございます。

 それから、10ページ、議案第2号 市道路線の認定について、やはり道路法第8条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

 ちょうど下に表がございまして、路線としましては、枠内の整理番号25−73から裏側の一番下段でございます26−46までの8路線でありまして、路線名と起終点につきましては、以下表のとおりでございますので、割愛させていただきます。

 次に、32ページ、議案第12号でございます。ここで、議案第12号と13号は自転車関係の条例でございますけれども、条例制定に至りました理由について若干説明申し上げます。

 近年、通勤や通学の際に、鉄道までの足としまして、自転車あるいはバイクの利用がふえてまいっております。その理由としましては、自転車は道路の渋滞に影響を受けずに早く駅まで到達できること、それから自転車自体、かなり安く買えるようになっております。さらには、住宅開発が周辺部に伸びてきておりまして、駅までの距離がだんだん長くなってきている。こういったところが原因じゃないかというふうに考えております。

 このようなことでふえる一方であるわけなんですけれども、自転車対策につきましては民間では到底対応できないというようなことから、市としましても、早くから置き場の確保に取り組んできたわけでございます。既に16ヵ所の置き場を開設いたしておりますけれども、さらに本年度は国分西に1ヵ所増設の予定で、現在準備をいたしておるわけであります。

 本年度1ヵ所増設予定を合わせますと17ヵ所になるんですけれども、現行の駐車場で市の所有に属するものといいますと、国分の再開発ビルの中の地下駐車場、高井田駅前の第1駐車場。これを除きましては、すべて借地といったところで、いわば応急措置的な運営でやってきたわけでございます。

 今日まで条例を制定しなかった理由としましては、やはり条例を設けて有料化を図り、そうして放置自転車を撤去するというようなことにつきましては、法的根拠に問題があったわけでございます。したがいまして、平成元年度から要綱で運用してきたわけでありますが、ここに来まして、近く政府におきましては自転車法の改正が予定されておりまして、これによって有料化と放置自転車の撤去、これについて法的根拠ができることになったわけでございます。したがいまして、これを機会に本市も有料化を行いまして、できるだけ近距離利用者の自粛というんですか、近距離の方にはご遠慮願いたいというようなことで、これによる自転車の減量、さらに運営経費の軽減を図って自転車対策の確立を目指したい、こういうような背景でお願いしたわけでございます。

 32ページをお開きいただきます。議案第12号 柏原市自転車駐車場条例の制定についてでございます。

 めくっていただきます。まず、この条例は、第1条は目的及び設置でございますけれども、「駅前周辺における自転車の駐車需要に応じ、もって市民の利便に資するとともに良好な生活環境を保持するため、本市に自転車駐車場を設置する」ということにいたしております。

 第2条は、名称と位置でございます。これにつきましては、35ページの別表第1に掲げてございます。

 次に、第3条の駐車自転車の種類としましては、原動機つき自転車と、いわゆる足踏みの自転車のことでございます。それと、身体障害者用の車いす、これを対象にいたしております。

 第4条は使用の許可ですが、これは、市長の許可を受けなければならないということであります。

 第5条は、許可の制限ですけれども、1号から4号まで、こういった事由のあるときには許可をしないことがあるということでございます。

 第6条は、禁止行為としまして、やはり1号から5号まで、具体的にこういった行為をしてはならないということであります。

 第7条は、使用の許可の取り消し等。一たん許可をされた使用につきましても取り消す場合があるということでございますが、この取り消しによりまして使用者が例えば損害をこうむるといったことがございましても、市はこれに対して責めを負わないということにいたしております。

 第8条の使用料、これは別表第2に定める額ということになっておりまして、35ページでもう一度出てまいります。

 それから、第9条は使用料の還付、第10条は使用料の免除、そして第11条が使用権の譲渡等の禁止ということにいたしております。

 第12条の駐車場の休止は、駐車場の工事その他の事由で一時的に使用を停止することがあるということであります。

 第13条の損害賠償は、場内で設備その他に損害を生じさせた者については賠償をしていただくということです。

 それから、第14条が市の免責。駐車場で盗難あるいは接触、衝突といったことで損害が生じても、市はその責めを負わないということにいたしております。

 第15条が管理の委託。駐車場の運営管理につきましては、社団法人柏原市シルバー人材センターに委託することができるというふうにいたしております。

 第16条が、規則への委任でございます。

 附則としまして、この条例は、平成5年10月1日から施行する。2番目としまして、柏原市自転車等置場条例−−現行のものですけれども、これは廃止いたします。3番、施行日の前日までに使用の許可を受けようとするときは、この条例の使用料を納付しなければならないというふうにいたしております。4番は、経過措置としまして、当分の間、高井田駅第1自転車駐車場及び高井田駅第2自転車駐車場については、第8条の規定にかかわらず使用料を徴収しないということになっております。これは、高井田第1駐車場は本年度に立体化計画がございまして、どうせ一時使用を中止しなければならないということで、「当分の間」ということで無料で運営したいと考えております。

 それから、別表第1(第2条関係)ですけれども、名称と位置の一覧表でございます。

 めくっていただきまして、別表第2関係ですけれども、まず使用料は、屋根ありと屋根なしに区分しまして、自転車の場合、屋根ありの一時使用が1回120円、月決めが1,800円、屋根なしが一時使用で100円、月決めが1,300円、そうして原動機につきましては、屋根ありで200円、月決めが2,700円、屋根なしで150円、月決め2,300円、この使用料をいただくということにいたしております。

 備考としまして、一時使用と申しますと1回なんですけれども、午前6時半から午後10時半まで、1回ごとにお支払いをいただくということであります。2番目に、一時使用の場合で1日を超えるもの、いわゆる泊まりになった場合ですけれども、その置いていただいた日数だけは加算させていただくということであります。それから、月決めの使用ですけれども、これは1ヵ月を単位としまして1台分の使用料のことでございます。4番、月決めの場合で月の途中から使用されるということになった場合でも、1ヵ月分の料金をいただくということでございます。

 36ページに移ります。議案第13号 柏原市自転車等の放置防止に関する条例の制定についてでございます。

 めくっていただいて、37ぺージであります。第1条の目的としましては、自転車の放置に対する措置を講ずることによって歩行者の安全及び通行機能を保持し、あわせて災害時における防災活動の確保を図り、もって市民の良好な生活環境の形成に資する、というふうにいたしております。

 第2条が、定義です。1項、2項とございまして、1項が原動機つき自転車と通常の人力による自転車、こういうことでございます。それから、2項に「放置」とございます意味は、自転車などの利用者が当該自転車を離れまして直ちに自転車を移動させることができないような状態、これをもって放置という定義をいたしております。

 第3条は、市長の責務。市長は、こういった目的を達成するために、自転車等の放置防止に必要な施策の実施に努めなければならないということであります。

 以下、利用者等の責務−−市長の施策に積極的に協力しなさいとか、あるいは鉄道事業者の責務、そして施設の設置及び管理者の責務、策7条が販売業者の責務、第8条が関係機関との協議及び協力といったことを掲げてございます。

 第9条が、自転車等の放置によって良好な生活環境が著しく阻害されると認められる区域を自転車等放置禁止区域に措定することができるというふうにいたしております。

 第10条が放置禁止区域の変更でして、11条が自転車等の放置禁止ということで、放置禁止区域内に自転車等を放置してはならない、ただし、市長が特に必要と認めたものはこの限りではない、ということでございます。

 第12条が、放置禁止区域内の自転車等に対する措置でございます。この規定に違反して自転車等が放置された場合には、あらかじめ定められた場所に移動することができる。いわゆる撤去でございます。

 第13条は、放置禁止区域外の放置自転車等に対する措置ということを定めておりまして、市長は、必要と認めるときには、放置禁止区域外であっても、警告札などを取りつけまして、なおかつ移動させないものにつきましては撤去を行うというような規定でございます。あるいはまた3項で、緊急かつやむを得ないと認めるような状況の場合には、警告札をつけずに直ちに移動することもできるということにいたしております。

 第14条が自転車等の保管及び返還措置ということで、第15条は、保管した自転車等の措置でございます。市長は、保管した自転車等で利用者の破認ができるものについては、速やかに引き取るように通知をしなければならないというふうにいたしております。第2項で、保管した自転車で引き取らないもの及び利用者の確認ができないもの、こういったものについては、規則に定める期間について保管をするということでございます。3項で、その保管期間が経過したものは処分するというふうにいたしております。一応、保管期間は3ヵ月で考えております。

 第16条が費用の徴収。移動した自転車を取りに来られた場合には、自転車が1台1,500円、原動機つき2,000円の費用をちょうだいするということにいたしております。

 それから、第17条で、民営駐車場の育成のために必要な措置を講じることができるというふうにもいたしております。

 第18条は、規則への委任でございます。

 附則としましては、この条例は、平成5年10月1日から施行する。

 経過措置としまして、当分の間、「柏原駅及び高井田駅周辺に放置された自転車等で、移動し、保管されたものについては、第16条第1項本文の規定にかかわらず、費用の徴収は行わない」というふうにいたしております。これにつきましては、柏原駅周辺につきましては、民間の駐車場はありますけれども、公営の駐車場がないために、非常に容量に問題がございます。現在、民間の駐車場も満杯状態で、文化センターの前に、あれは公営ではありますけれども、あれは白転車駐車場じゃなしに、歩道の一部を暫定的にああいった形態で運営しているだけのことでありまして、もちろんここにつきましては、そういう経過がございますので、当分の間は使用料もいただかないし、また、放置されて引き上げましても、返還の際に手数料はいただかないということで、当分そういった運用でつないでまいりたい、かように考えております。

 以上で、簡単ですけれども、説明を終わります。

   〔市民部長 山村 保君 登壇〕



◎市民部長(山村保君) 私からは、議案第11号、19号、25号についてご説明申し上げます。

 議案書の26ページをお開き願います。まず、議案第11号 柏原市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の全部改正についてでございます。

 今回の改正は、昨年7月に施行されました廃棄物処理法の一部改正に伴うものでございます。なお、この改正内容は、字句の修正、あるいはまた条文の繰り上げ、繰り下げがたくさんございましたので、できるだけ整理するために全部改正したものでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、次のページをめくっていただきまして、今回新たに追加規定いたしましたものを、順を追って簡単に説明申し上げます。

 まず、第1条の目的では、従来の一般廃棄物の処理、清掃にとどまらず、新たに排出抑制と再利用の促進、それから適正処理の規定を加えております。

 第2条は、第2項で事業系一般廃棄物と再利用についての定義を行っております。

 策3条と次のページの第4条第3項及び第5条は、新たに規定されたものでございまして、第3条は、市の責務として、一般廃棄物の抑制と再利用の促進等による減量化及び市民、事業者への自主的活動の促進と意識の啓発などに努めることを定めております。また第4条第3項では、事業者の責務として、減量及び適正処理の確保に関する市の施策への協力義務をうたっております。第5条は、市民の責務といたしまして、第1項で排出の抑制、再利用及び減量の促進、第2項で減量及び適正処理の確保に開して市の施策への協力を義務づけております。

 第6条は、字句の修正で、内容に変わりございません。

 第7条は、廃棄物減量等推進審議会の設置を新しく規定したものでございます。

 第8条は、従前どおりでございます。

 それから、第9条では、次のページの第2項第4号と第3項を新たに追加いたしております。第2項第4号の特別管理一般廃棄物と申しますのは、PCBを使用している廃家電製品、例えばテレビ、ルームクーラー及び電子レンジなどでございます。これは、昭和47年からこのPCBのついたものが製造禁止になっておりますが、それの使用のものについては混入禁止となっております。それから、焼却施設の集塵機から生ずるばい塵、3番目に、医療機関等から生ずる感染性一般廃棄物、例えば血液の付着したガーゼ、脱脂綿等でございます。次の第3項は、第2項の一般廃棄物を排出する場合の市長の指示を定めております。

 それから、第10条、第11条、第12条は、字句の修正でございます。

 第13条第1項では、市長は、多量の事業系一般廃棄物を生ずる占有者に対しまして減量に対する計画の作成を指示することを追加いたしております。

 それから、第14条は、第1項の別表につきましては、31ページにございますが、これにつきましては一部項目の整理を行っておりますが、内容には変わりございません。

 それから、第15条第1項及び次のページの第2項では、収集・運搬業及び処分業の許可区分を新しく定めております。

 第16条は、字句の修正でございます。

 第17条は、各許可業者の遵守義務をうたっております。

 第18条第1項では、収集・運搬業及び処分業の許可申請手数料と再交付申請手数料のそれぞれの額を定めております。

 それから、19条、20条、21条につきましては、従前どおりでございます。

 なお、附則で、この条例は平成5年4月1日から施行するものと定めております。また、経過措置で、この条例の施行の際、旧条例で行われた処分手続等がある場合には、新条例によってしたものと見なすことにいたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、議案第19号でございます。議案書の61ページをお開き願います。議案第19号 平成4年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第4号)でございます。

 今回の補正は、先ほど一般会計の補正で説明のありましたように、平成4年度の保険基盤安定繰入金の追加に伴うものでございまして、内容につきましては、63ぺージをごらんいただきたいと思います。

 歳入でございますが、款7繰入金 項1他会計繰入金 目1一般会計繰入金で946万9,000円を計上いたしております。これによりまして、補正前の繰入金総額3億1,989万9,000円のうち保険基盤安定繰入金が8,300万8,000円でございましたので、今回の補正を合わせますと、安定分総額が9,247万7,000円になります。

 裏に参りまして、款8諸収入 項3雑入 目5雑入で同額の946万9,000円を減額いたしております。以上でございます。

 次に、議案第25号でございます。別冊の21ぺージをお開き願いたいと思います。議案第25号 平成5年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算でございます。

 まず、第1条で、歳入歳出の総額を39億461万7,000円と定めております。この額は、前年度予算に比較いたしまして4億974万6,000円、率にいたしまして11.72%の増となっております。次の第2条につきましては、一時借入金の借り入れ限度額を6億円と定めるものでございます。第3条は、職員の人件費の同一款内での各項間の流用について定めております。

 それでは、第1条予算の説明をさせていただきます。別刷りの1枚刷りになっております「平成5年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算・概要」という資料に基づきまして説明させていただきたいと思います。

 なお、明細につきましては、予算書の381ページから425ぺージにわたって掲載いたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、表右側の歳出の総務費についてでございますが、これは総務管理費と徴収費、それから国保運営協議会費等でございます。増額の主なものは、人件費と需用費でございます。

 次に、診療報酬の保険者負担分であります保険給付費の療養給付費でございますが、一般分と退職者分を合わせまして1億9,955万9,000円の増でございまして、率にいたしまして9.34%の伸びとなっております。この医療費の積算につきましては、過去の支払い実績から推計いたしまして、被保険者1人当たり年間医療費19万2,199円、率にしまして9.1%の上昇分を見込んでおります。なお、一般・退職者分の療養給付費の上昇率9.3%が1人当たりの医療費上昇率を上回っておりますのは、被保険者の増によるものでございます。

 次に、療養費でございますが、一般・退職者分合わせまして前年度より1,442万4,000円の増額でございます。

 次の高額療養費につきましては、一般・退職合わせまして1,299万4,000円の増となっております。これは、療養給付費に占める高額費比率で見込んでおります。

 次の審査支払手数料並びに葬祭費につきましては、前年度実績見込みでございます。助産費につきましては、昨年改正いたしました13万円から24万円のアップ分が増額の理由となっております。

 次に、老人保健拠出金でございますが、前年に比べまして1億5,165万7,000円の大幅増額となっております。この拠出金は、ご承知のように、前々年度の老人医療費実績に基づいて支払基金が概算算出するものでございますが、増加の主な理由は、平成3年度の老人医療費の高騰、それから国の拠出金の算定指数が引き上げられたためでございます。

 次の共同事業拠出金につきましては、府下の保険者に係る高額医療費の共同負担分でございます。これは、国保連合会が算定するものでございます。

 それから、保健施設費につきましては、コンピューター健康診査、人間ドック、啓発冊子及び医療通知に要するものでございます。

 公債費は、事業運営資金の借り入れ利息でございますが、借り入れ利率の引き下げによりまして前年より減額いたしております。

 その他支出は、保険料の還付金に充てるものでございまして、前年度と同額計上をいたしております。

 最後の予備費でございますが、例年どおり、保険給付費の3%分を計上いたしております。

 以上が、歳出予算の概要でございます。

 それから、左側の歳入に参りまして、上から保険料でございますが、一般被保険者分と退職被保険者分を合わせまして14億2,922万円でございます。前年度に比べまして1,975万7,000円、率にして1.4%の増額となっております。これは、昨年度と同額保険料の1人当たり平均月額6,050円で算定いたしておりますが、被保険者が昨年度よりやや増加傾向にあるために増額となったものでございます。

 それから、国庫支出金でございますが、総額で11億9,298万9,000円、前年度より8,660万6,000円の増となっております。

 内容といたしましては、まず事務費負担金で3,509万3,000円の減額でございます。これは、昨年度から実施されました、人件費が補助金の対象から外れまして地方交付税措置で賄われたためでございます。

 それから、療養給付費等負担金は11億2,938万1,000円で、前年度より1億906万5,000円の増額でございます。これは、歳出で申し上げましたように、国庫補助金の対象となります療養給付費、療養費、高額療養費などの医療費がそれぞれ増額したためでございます。

 次の財政調整交付金につきましては、平成4年度の交付推定額から見込んでおります。助産費補助金につきましては、人件費と同様に、交付税措置による減額でございます。

 次の療養給付費交付金は、前年度に比べ8,144万4,000円の増でございますが、これは、退職被保険者の医療費分として支払基金から交付されるものでございます。これも、退職者医療費の上昇による増額でございます。

 次の府支出金の事業助成補助金、老人医療波及補助金、障害者医療波及補助金につきましては、前年度の実績見込みで計上いたしております。

 次の共同事業交付金につきましては、歳出の高額費の共同事業拠出金に見合うものでございます。

 次の一般会計繰入金は、前年度に比べまして1億4,007万9,000円の増額となっておりますが、この主なものは、昨年度から実施されました交付税措置に伴う財政安定支援事業分、助産費、人件費、それから保険基盤安定分等の増によるものでございます。

 最後のその他収入、いわゆる実のないものでございますが、3億8,013万8,000円、7,008万円の増となっております。この主な要因は、療養給付費や高額療養費などの医療費の伸びと、予備費による不足分でございます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。

   〔市立柏原病院事務局長 西  朗君 登壇〕



◎市立柏原病院事務局長(西朗君) 私からは、病院・診療所に関係いたします議案第16号、第20号、第21号、第26号、第27号についてご説明申し上げます。

 初めに、議案書の45ぺージをお開き願います。議案第16号 柏原市病院事業の設置等に関する条例の一部改正についてでございます。

 内容につきましては、次の46ページをごらんいただきたいと存じます。現在、市立柏原病院には診療科は8科ございますが、これらの8科のほかに、リハビリテーション室及び放射線室がございます。これらの室につきましては、患者の運動療法及びレントゲン、CT等の撮影を業務としているところでございますが、患者への適切な診療体制を図るべく、リハビリテーション室には神経内科の専任医師を、また放射線室にはエックス線診断の専門医師がそれぞれ確保できましたので、従来の診療をより一層充実し、現在の8科に理学診療科及び放射線科の2科を設置いたしたく、お願いするものでございます。

 したがいまして、条文でございますが、上から3行目の、第2条第2項に次の2号を加えまして、9号を理学診療科、10号を放射線科にするものでございます。

 次の3条から第9条第1項中の各条文の改正につきましては、字句の修正でございますので、説明を省略させていただきます。

 附則でございますが、この条例は、平成5年4月1日から施行するものでございます。

 次に、議案書の64ぺージをお開き願います。議案第20号 平成4年度柏原市国民健康保険事業特別会計(施設勘定堅上診療所)補正予算(第1号)でございます。

 今回お願いいたしますところの補正予算は、さきに一般会計からの説明がありました平成4年度堅上診療所における赤字の補てん分として、一般会計からの繰入金450万円に伴います予算措置でございます。

 内容につきましては、66ページをお開き願います。歳入、款3諸収入 項1雑入 目1雑入につきましては、一般会計からの繰入金の補正に伴いまして、この雑入から450万円減額させていただくものでございます。

 裏へ参りまして、款4繰入金 項1繰入金 目1一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰出金により、これを当会計の繰入金として450万円を受け入れるものでございます。

 次に、病院事業の補正予算でございます。67ぺージをお開き願います。議案第21号 平成4年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第3号)でございます。

 まず、第2条で収益的収入、第1款病院事業収益32億4,506万8,000円につきましては、内訳といたしましては、医業収益は2,049万1,000円を減額し、30億6,592万4,000円に、医業外収益に2,049万1,000円を加えまして1億7,914万4,000円とするものでございます。

 それから、第3条の他会計からの補助金は、1,345万9,000円を加えまして1億9,850万3,000円に改めるものでございます。

 71ページをお開き願います。「補正予算基礎資料」の収益的収入について説明させていただきます。項1医業収益 目2外来収益で2,049万1,000円減額させていただきまして、これに対しまして、項2医業外収益といたしましては2,049万1,000円の増額補正をさせていただくものでございます。内容につきましては、目2他会計補助金として、一般会計から休日診療分の1,345万9,000円を受け入れるものでございます。次に、目5補助金につきましては、特殊診療部門のリハビリテーション及び夜間等における救急診療の運営費補助金として大阪府から受けるものでございます。

 次に、別冊になっております「平成5年度柏原市一般会計・特別会計予算書及び説明書」をごらん願います。

 27ぺージをお開き願います。議案第26号 平成5年度柏原市国民健康保険事業特別会計(施設勘定堅上診療所)予算でございます。

 堅上診療所につきましては、現在週3回、午前中の診療を行っております。まず、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,756万4,000円とするものであります。

 第2条では、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は600万円と定めております。

 それでは、436ページをお開き願います。歳出からご説明申し上げます。款1総務費 項1施設管理費 目1一般管理費といたしまして984万円は、主に医師1名の報酬と看護婦1名、補助員2名の賃金でございます。その他のものにつきましては、年間の経常的な経費を計上させていただいておりますので、説明を省略させていただきたいと思います。

 めくっていただきまして、438へ一ジの款2医業費 項1医業費 目1医療材料費 節11需用費といたしまして657万9,000円は、主に薬品でございまして、ほかに備品購入費といたしましては、診療用医療器械など60万円を予定しております。

 次に、款3諸支出金 項1 目1償還金24万5,000円は、この会計の運転資金による一時借入金の利子であります。

 440ページに参りまして、款4予備費 項1予備費 目1予備費30万円は、予備費として計上しております。

 432ページに戻っていただきまして、歳入でございますが、款1診療収入 項1外来収入 目1診療報酬1,168万1,000円は、患者数については前年度の実績で算定し、診療収入については、過去5年間の平均伸び率で算定したものでございます。

 次に433ページ。款2使用料及び手数料 項1手数料 目1文書料3,000円は、証明手数料でございます。

 次に434ページ。款3諸収入 項1雑入 目1雑入588万円は、収入不足をその他雑入として計上させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、病院事業会計に移らせていただきます。別冊になっておりますので、ごらんいただきたいと思います。議案第27号 平成5年度柏原市市立柏原病院事業会計予算についてご説明申し上げます。

 まず、第2条では、業務の予定量といたしましては、病床数が280床でございます。年間患者数は、入院で9万8,550人、外来で20万3,402人を予定しております。これを1日平均患者数にいたしますと、入院で270人、外来で689.5人となります。次に、主要な建設改良事業の概要といたしましては、工事費で2億7,844万5,000円、医療器械、備品購入費で3,453万8,000円を予定しております。

 次に、4ページでございます。第3条の収益的収入及び支出でございますが、収入といたしましては、病院事業収益では33億6,379万3,000円、その内訳といたしましては、医業収益で32億3,013万3,000円、医業外収益で1億3,366万円でございます。次に、支出の病院事業費用では33億6,379万3,000円、内訳といたしましては、医業費用で32億9,483万1,000円、医業外費用では6,646万2,000円、予備費で250万円でございます。

 次に、4条の資本的収入及び支出でございますが、収入といたしましては3億1,708万2,000円、内訳といたしましては、企業債で2億690万円、補助金で1億1,018万2,000円でございます。次に、支出の資本的支出では3億9,869万3,000円、内訳といたしましては、建設改良費で3億1,298万3,000円、企業債償還金で8,571万円でございます。

 次に、第5条の企業債でございますが、消火設備整備事業債2億円、医療器械整備事業債690万円でございます。利率は年7%以内となっております。なお、起債の方法、償還の方法につきましては省略させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 第6条では、一時借入金の限度額は2億円と定めております。

 次に、6ページでございます。第7条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費といたしましては、職員給与費で19億2,188万1,000円、公債費で46万4,000円でございます。

 第8条の他会計からの補助金といたしましては、企業債元利償還金等のため一般会計から補助を受ける金額は、1億9,516万4,000円としております。

 第9条の棚卸資産の購入限度額は、9億2,751万8,000円と定めております。

 次に、「予算に関する説明書」等は、勝手でございますが省略させていただきまして、「予算参考資料」の支出から説明させていただきますので、よろしくご了解賜りたいと存じます。

 35ページをお開き願います。款1病院事業費用といたしましては、本年度予定額は33億6,379万3,000円で、前年度予定額に対しまして2億1,426万8,000円の増額となっております。伸び率といたしましては6.8%でございます。

 項1医業費用といたしましては、32億9,483万1,000円でございまして、これは事業活動に生ずる費用でございますが、医業費用の目1給与費といたしましては19億2,188万1,000円で、前年度より7,821万1,000円の増額であります。これは、昨年度の人勧及び普通昇給等によるものでございます。それぞれの内容につきましては、人件費でございますので、説明を省略させていただきます。

 次に、36ページの目2材料費といたしましては、8億9,896万9,000円で、1億2,613万9,000円の増額になっております。これは、昨年4月の薬品購入価格の改定等による薬品費、血液及び医療材料の増額によるものでございます。

 次に、目3の経費といたしましては3億5,112万5,000円でございますが、それぞれの内容につきましては、大半が例年どおりの経常的なものを計上させていただいておりますので、説明を省略させていただきます。経費全体では1,968万2,000円の増額になっておりますが、この増額の主なものといたしましては、39ページの上から2段目の賃借料のうち、在宅酸素用機器借上料の増加によるものでございます。同ぺージの下の委託料のうち、清掃、警備等総合業務委託料で業務料の増加に伴う増額であります。

 次に、41ぺージをお開き願います。目4減価償却費といたしましては1億1,810万9,000円で、428万7,000円の減額となっております。これは、医療機器の一部が耐用年数の経過により減額となったものでございます。

 次のページをお願いします。目5資産減耗費につきましては、前年度と内容的に同じでございます。次の目6研究研修費324万7,000円で、前年度より12万円の増額であります。これは、医師の学会及び講習会の参加旅費の増加によるものでございます。

 次に、項2医業外費用でございますが、これは事業活動以外の活動によって生ずる費用であります。支払利息及び企業債取扱諸費5,341万1,000円、患者外給食材料費1,171万円、雑損失7万円、消費税127万1,000円で、全体での減少額は559万7,000円になっております。これは、主に企業債の一部が完了したための減少であります。

 項3予備費は、前年度と同額の250万円を計上させていただいております。

 33ぺージに戻っていただきまして、収入でございます。款1病院事業収益といたしまして33億6,379万3,000円で、前年度予定額に対しまして2億1,426万8,000円の増額となっております。

 項1医業収益といたしまして32億3,013万3,000円で、これが医業活動から生ずる収益でございます。目1入院収益といたしましては17億4,497万5,000円で、9,400万7,000円の増額となっております。

 目2外来収益といたしましては、13億9,977万1,000円で、1億3,593万3,000円の増額となっております。増加の主な理由といたしましては、患者増並びに医療費の自然増等によるものでございます。

 目3その他医業収益といたしましては8,538万7,000円で、932万1,000円を増額いたしております。これは主に、人間ドックや妊産婦保健指導等の増加によるものでございます。

 次に、34ページでございますが、項2医業外収益の受取利息配当金2,700万円、目2他会計補助金8,498万2,000円、目3患者外給食収益1,285万1,000円、目4その他医業外収益で882万7,000円計上させていただいております。全体で2,499万3,000円の減額となっております。この主な減額といたしましては、金利の引き下げに伴う預金利息及び一般会計からの補助金でございます。

 次に、44ページをお開き願います。資本的収入及び支出でありますが、支出の方からご説明申し上げます。款1資本的支出、総額といたしましては3億9,869万3,000円でございます。このうち項1建設改良費の目1施設費といたしまして2億7,844万5,000円であります。本年度は、消防法の改正による消火設備のスプリンクラーの設置、そのほか環境整備といたしまして南病棟のトイレの大改修工事、看護婦宿舎の居室の改修工事、外部ひさし金具の改修工事等を行うものでございます。

 次に、目2資産購入費といたしましては3,453万8,000円。これは、心電呼吸監視装置、自動視野計、無線式分娩監視装置、小児用心電呼吸監視装置のほか18点の医療器械の購入でございます。

 項2企業債償還金といたしましては8,571万円で、これは建設改良に対する借入金の償還をするものでございます。

 44ページに戻っていただきまして、収入でございますが、款1資本的収入総額といたしまして3億1,708万2,000円で、このうち項1企業債は2億690万円の発行を予定しております。これは、消火設備のスプリンクラーの設置、心電呼吸監視装置、自動視野計の3点でございます。

 項2補助金といたしまして1億1,018万2,000円は、企業債償還元金並びに建設改良費に対する補助金として一般会計から繰り出しをしていただくものでございます。

 以上、病院及び診療所関係の議案説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご決定賜りますようお願い申し上げます。

   〔下水道部長 舟橋清光君 登壇〕



◎下水道部長(舟橋清光君) 私からは、議案第18号及び23号の2件についてご説明を申し上げます。

 議案書の60ページをお開きいただきたいと思います。議案第18号 平成4年度柏原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)でございます。

 今回、債務負担行為の補正をお願いをいたしております。60ページの裏をごらんいただきたいと思います。第1表債務負担行為の補正でございますが、まず変更事項につきましては、国分本町幹線築造工事、限度額の変更前が7億円、変更後が11億5,000万円でございます。内容につきましては、午前中、議案第3号で企画財務部長が説明を申し上げたとおりでございます。よろしくお願い申し上げます。

 次に、議案第23号についてご説明を申し上げます。恐れ入りますが、予算書の13ページをお開きいただきたいと思います。

 平成5年度の公共下水道事業特別会計予算でございます。まず、第1条の総額でございますが、歳入歳出それぞれ36億8,693万9,000円とするものでございます。前年度に比べまして約22%の増となっております。2の歳入歳出予算の款・項の区分及び当該区分ごとの金額については第1表(歳入については14ページ、歳出については15ページ)のとおりでございます。

 次に、第2条の債務負担行為でございますが、本年度につきましては3件のお願いを申し上げております。16ページをお開きいただきたいと思います。第2表の債務負担行為でございますが、まず1件目につきましては、水洗便所の改造資金融資あっせんに伴う金融機関に対する債務の損失補償でございます。期間につきましては5年から7年、限度金額につきましては1,820万円でございます。次に、この融資あっせんに伴う金融機関に対して利子の補給の債務負担行為でございます。これにつきましては、期間は同じでございますが、総額で96万2,000円、金利の関係で若干前年度より下回っております。件数につきましては、それぞれ上2件とも65件を見込んでおります。

 3番目の公共下水道面整備事業に伴う債務負担行為。これは、年度につきましては5年から6年度の2年にかけて面整備工事を行うための債務負担行為の設定でございます。工事の内容につきましては、現在のところ5件を予定をいたしております。これは、昨年度からこういう方法で工事を施行いたしております。と申し上げますのは、非常に民家が密集しているところで現在工事を行っておりますので、迂回ルートの確保だとか、そういった点で非常に工事がふくそうする。そうしますと年度内にどうしても工事が消化できないという場合もございます。そういったことで、2年にわたり工事を施行することによって合理的に進められる。こういったことで、ことしも5件の工事につきまして債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次に、第3条の地方債でございますが、公共下水道事業債として14億4,840万円、それから流域下水道事業債、これは建設負担金の約80%でございますが、これにつきましては2億2,400万円、合わせまして16億7,240万円でございます。条件等につきましては、記載のとおりでございます。

 第4条の一時借入金につきましては、限度額につきましては昨年と同様9億円と定めております。

 次に、説明の都合上、歳出から説明を申し上げます。予算書の342ページをお開きいただきたいと思います。

 款1下水道費 項1下水道総務費 目1総務費でございますが、本年度の予算額につきましては、2億6,445万7,000円でございます。前年度に比べまして9%程度伸びております。内容につきましては、ほとんど人件費でございます。人件費等の明細につきましては、358ページに記載のとおりでございます。

 次に344ページ、目2徴収費でございますが、2,203万7,000円、前年度に比べまして約13%の減となっております。この理由といたしましては、節8報償費でございますが、これについては後ほど歳入の受益者負担金のときにも詳しくご説明申し上げますが、受益者負担金の額の減少によるものでございます。徴収費の減で主なものは、この報償費でございます。

 次に346ページ、目3普及費でございますが、今年度800万円計上させていただいております。ほぼ前年度並みでございます。

 347ぺージの一番下の欄でございますが、下水道総務費の総額で2億9,449万4,000円計上させていただいております。前年度に比べまして約6.7%の増となっております。

 次に348ページ、項2下水道管理費でございます。目1管理費で、本年度の予算を1億8,709万2,000円計上させていただいております。前年度に比べまして47%程度伸びております。その内容の主なものについて申し上げますと、349ページの一番下の欄、工事請負費で1,500万円計上させていただいております。これは、国分第2ポンプ場の高架揚水ポンプ等が耐用年数を経過いたしておりますので、これの全面取りかえをするための経費で約1,200万円、前年度から増加をいたしております。

 それから、めくっていただきまして350ページ、節19負担金補助及び交付金でございますが、合計で1億2,394万3,000円計上させていただいております。これにつきましては、大和川下流流域下水道組合の負担金が約3,750万、昨年度より増加をいたしております。これにつきましては、府の告示面積、いわゆる負担金の徴収の基礎になる告示面積がふえたため、負担率がアップしたものでございます。平成5年度では、寝屋川南部と大和川下流とほぼ同じような負担金になる見込みでございます。

 次に、目2排水設備費でございますが、875万3,000円計上させていただいております。前年度から約30%減となっております。その理由といたしましては、351ページの節13委託料、ここで約300万円減となっております。と申しますのは、事業所から出ます排水の規制に関する業務につきましては、現在、大阪市の下水道技術協会に委託をいたしております。年間100日程度来て指導していただいておりますが、平成5年度からは約2分の1にするために減額となってまいります。

 次に、352ページの一番下の欄の下水道管理費の合計でございますが、合わせまして1億9,584万5,000円、前年度に比べまして約40%の増というふうになっております。

 次に、353ページの項3下水道建設費についてご説明を申し上げます。まず、本年度の建設費の総額につきましては、25億2,343万円でございます。前年度に比べまして約25%の増ということになっております。

 お手元の方にB4が5枚程度の横長の資料「柏原市公共下水道事業特別会計当初予算説明資料」というのを配付させていただいておりますので、ご参照いただきたいと思います。

 まず、平成5年度につきましては、面整備を行う面積が、全部で27ヘクタールを予定いたしております。前年度に比べまして約3ヘクタールの増ということでございます。あと、事業費につきましては、先ほど申し上げました28%程度の増ということになっております。

 まず、1−1の東排水区と書いてございます資料をごらんいただきたいと思います。東排水区につきましては、面整備するための面積として約10ヘクタール。これは前年度に比べて3ヘクタールほど減っております。面整備管の延長等につきましても、約300メーター減っております。しかし、事業費につきましては約9,350万ほどふえまして、大体前年度を15%上回る見込みでございます。

 整備いたします箇所につきましては、上の方−−ちょうど堅下北中の下の平野2丁目17番あたり、それから法善寺1丁目、これは近鉄線をはさみまして西と東の区域、それからもう一つ、下の方に縦に長い棒が1本引いてございますが、これにつきましては長瀬川の右岸側、ちょうど文化センター側でございますが、こちらにつきましては、引き続き行います長瀬川の環境整備事業に先立ちまして、まずここに面整備管の布設をあわせて行うという予定をいたしております。この分につきましては、450メーター程度面整備管を整備をしたいというふうに考えております。

 次に、1−2という図面をお開きいただきたいと思います。西排水区でございます。合流式でございますが、本郷4丁目、あるいは本郷5丁目で約4ヘクタールの面整備を行いたいと考えております。

 それと、図面の右側に?という表示をいたしておりますが、これは堂島幹線の整備でございます。本年度実施をいたしました清州橋の上流から以前にスケートリンクがございました上市の2段踏切あたり、これまでの間約475メーター程度、これを汚水溝を下水道管渠につくりかえをいたします。それから、その左側に細長く面整備に塗っておりますが、これは古町の通りでございます。現在、流域下水道の飛行場北幹線の工事の6工区という工事をしていただいておりますが、これに合わせましてこの部分だけ面整備管の整備をやり、舗装についても、経費を節減するためにこの部分だけ先行したいというふうに考えております。これは、場所を申し上げますと、柏原支所から古町2丁目1番あたりまで約300メーターの間を整備をいたします。管の延長につきまして約80メーターふえる程度で、前年とほぼ同じでございます。事業費につきましてもほぼ前年並みでございます。

 次に、3枚目の国分排水区についてごらんをいただきたいと思います。整備面積につきまして13ヘクタール、前年度より2ヘクタール程度ふえます。それから、引き続き国分本町幹線の整備を行います。それから、ちょっと見にくいんでございますが、?円明幹線ということで約135メーターの工事を行います。これで一応円明幹線につきましては完成をすることになります。管の延長につきましては、前年度より若干減ってまいりますが、事業費につきましては約3億8,300万、約55%増となる見込みでございます。

 4枚目の公共下水道雨水管につきましては、説明を省略させていただきます。

 恐れ入りますが、もう一度予算書に戻っていただきまして、353ページをお開きいただきたいと思います。

 節13委託料につきましてかなりふえておりますのは、国分本町幹線の増加に伴うものでございます。それから、354ページの節15工事請負費でございますが、前年度に比べまして約7,060万円、6%の増でございます。あとにつきましては、説明を省略させていただきます。

 次に、356ページの公債費でございますが、元利合わせまして6億7,217万円でございます。前年度に比べまして14%程度増となっております。年度末残高等につきましては、366ページに記載のとおりでございます。

 次に、予備費については100万円でございます。

 次に、歳入についてご説明申し上げます。332ページをお開きいただきたいと思います。

 受益者負担金につきましては、前年度より若干下回っておりますけれども、前年度までにつきましては、当年度に施行する工事の予定区域を賦課対象にしておったんでございますが、本年度から確実に供用開始ができる面積に対して賦課をするという時期の変更をいたしておる関係でございます。

 使用料につきましては、本年度は1億9,240万円、前年度に比べて約35%の増となってございます。件数にしまして4,000件程度、延べでふえております。

 次に、下水道国庫補助金でございますが、本年度は4億1,500万円でございます。

 それから、府補助金につきましては、2,540万円でございます。

 繰入金につきましては、一般会計よりの繰入金が12億4,791万9,000円、前年度に比べて27%程度ふえております。

 あと、339ページの雑入でございますが、9,100万、消費税の還付金及びその他雑入でございます。

 下水道債につきましては、先ほどご説明申し上げたとおりでございます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わります。よろしくご決定賜りますようお願い申し上げます。

   〔水道局理事兼次長 山田 正君 登壇〕



◎水道局理事兼次長(山田正君) それでは、私から議案第28号についてご説明申し上げます。

 別冊になっております水道事業会計予算書をお願いします。1ページをお開き願いたいと思います。

 平成5年度の水道業務の予定量は、第2条に定めてありますとおり、給水戸数2万6,150戸、年間総給水量で1,056万6,000立方メートルといたしております。前年度当初と比べ、戸数にして50戸、総給水量で76万6,580トン、7.8%の増を見込んだ事業を予定いたしております。また、1日平均給水量を2万8,948立方メートルとし、前年度より2,100トンの増量を予定いたしております。

 次に、主要な建設改良事業といたしましては、4億2,974万3,000円とし、その内訳は、配水管整備事業で1億3,000万円、前年同でございます。配水施設改良事業で2億9,974万3,000円といたしております。事業費といたしましては、4,815万9,000円の増額でございます。

 次に、第3条の収益的収入及び支出でございます。収入といたしましては、事業収益で17億5,851万2,000円を見込んでおります。前年当初と比較し8.7%、1億4,015万円増収を予定いたしております。

 次に、支出でございます。裏の2ページでございます。事業費として17億5,851万2,000円、収入支出同額の予算計上でございます。伸び率にいたしましては、収入同様8.7%でございます。

 次に、4条の資本的収入及び支出でございます。収入で3億5,605万7,000円見込んでおりますが、支出で6億3,081万3,000円が必要となっております。資本的収入が資本的支出額に対して不足する額2億7,475万6,000円は、当年度損益勘定留保資金で1億9,424万9,000円及び消費税資本的収支調整額で984万7,000円及び減債積立金7,066万円で補てんすることといたしております。

 次の3ページに記載しております第5条の企業債、第6条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費、第7条の棚卸資産の購入限度額につきましては、省略させていただきます。

 次に、予算説明書により項目別の説明をいたしたいと存じます。説明は、都合によりまして収益的支出から参りたいと存じます。

 33ページでございます。支出の事業費といたしましては、先ほど申し上げましたとおり17億5,851万2,000円とし、前年比1億4,015万円の増となっております。その内訳といたしましては、営業費用で14億2,088万円で、前年比1億5,127万円の増となっております。この内容につきましては、原水及び浄水費で7億108万9,000円、1億602万5,000円の増であります。

 詳細は、節の増減で大きいものだけを説明させていただきます。まず、給料で112万3,000円、それから34ページでございますが、委託料で98万1,000円の増、修繕費で278万2,000円の減。35ページの動力費で453万3,000円の増、これは、総配水量が増加するためのものでございます。その下4つ目の受水費では、府営水が値上げされたため1億216万3,000円増額しました4億352万3,000円の予算計上が主なものでございます。

 次に、36ページでございます。目2配水及び給水費は1億5,042万7,000円で、702万4,000円の増であります。これは、人件費関係の給料、手当等、法定福利費が428万2,000円の増になっております。その他では、37ページの修繕費で196万3,000円の増を見込んだ2,647万8,000円の計上が主なもので、あとは余り変わっておりません。

 次の目3受託工事費は1,986万1,000円で、212万9,000円の増。そのほとんどが路面復旧費で、これは単価アップなどによるものでございます。

 それから、39ページでございます。目4水質検査費では3,877万9,000円の計上で、535万8,000円の増額となっております。これは、水質基準が改定されまして今年12月1日から施行されますために、その検査に必要な機器の借上料と、それを設置する場所等の修繕する費用が主なものでございます。40ぺージでございます。予算は、節の賃借料で231万3,000円増の650万円、修繕費で215万2,000円増の445万2,000円の計上が主なものでございます。

 次の目5業務費は1億1,329万8,000円で、824万2,000円の増でございます。ここでは、人件費関係の給料、手当等、法定福利費で304万8,000円の増、それから、42ページにございます修繕費で360万6,000円増の1,743万5,000円を計上しているのが主なところでございます。これは、量水器の取りかえが今年度にちょっと多くなっておるためでございます。

 次の43ページでございます。営業費におきましては、前年とほぼ変わりない4,271万2,000円の予算計上でございます。

 次に44ページに参りまして、総係費でございますが、1億6,064万5,000円と、796万5,000円の増額予算といたしております。これは、人件費だけがほぼ同額の増となっております。ほかは余り変わりございませんので、省略させていただきたいと思います。

 次に、47ページでございます。減価償却費は1億9,039万7,000円で、説明欄に記載のとおりでございます。

 その次の資産減耗費は、367万2,000円の予算計上でございます。

 次の項2営業外費用に入ります。営業費用といたしましては3億3,515万8,000円、昨年比1,127万円の減額予算でございます。48ぺージ。これは、企業債返済のための支払利息が826万4,000円の減、消費税の中間納付額で250万円の減、雑支出で50万6,000円の減額となったためでございます。

 項3特別損失につきましては、47万4,000円計上いたしております。説明欄に記載のとおりでございます。

 49ページでございます。予備費は、昨年と同額の200万円の計上でございます。

 以上で支出を終わりまして、収入の説明をさせていただきます。31ぺージにお戻り願いたいと思います。

 収入の事業収益といたしましては、17億5,851万2,000円の予算といたしております。前年比1億4,015万、8.6%の増となっております。これは、営業収益で1億4,225万7,000円の増を見ておりますが、営業外収益で210万7,000円のマイナス計上となったためでございます。

 営業収益として16億5,667万9,000円の計上。これは、給水収益で16億1,696万5,000円、1億3,509万2,000円の増。増額の内訳といたしましては、水道料金で1億3,499万7,000円の増収を予定いたしております。

 次に、受託工事収益で1,452万3,000円、240万円の増。給水工事収入として見込んでおります。

 次に、32ぺージでございます。その他営業収益では、2,519万1,000円、476万5,000円の増でございます。ここでは、負担金として1,326万1,000円の計上でございます。これは、支出の方でも申し上げましたように、水質基準の改定で水質検査に必要となります費用の藤井寺市の負担金などで232万6,000円が増となっております。他会計負担金では、消火栓の新設や修繕費などで、一般会計ほかから243万9,000円の増収を見込んでおります。

 次の営業外収益の予定額といたしましては、前年比210万7,000円減少の1億183万3,000円でございます。これは、利率の低下で預金利息が376万7,000円減の5,948万3,000円しか見込まれず、かつ分担金におきましても、景気低迷の折、多くの開発を望めないということで、156万程度の増額を見ました4,032万円の計上であります。ほかは、他会計補助金167万9,000円、雑収益は35万1,000円でございます。

 以上が、収益的収入及び支出の説明でございます。続きまして、資本的収入及び支出の説明をいたします。

 支出から先に参ります。51ページでございます。款1資本的支出といたしましては、6億3,081万3,000円の予定額でございます。前年比6,582万7,000円の増でございます。これは、建設改良費で4億4,983万1,000円の計上。その内訳といたしまして、目1配水管整備費では、昨年同様1億3,000万といたしておりますが、目2配水施設改良費で2億9,974万3,000円として、4,815万9,000円、約19.1%の増額となっております。これは、52ぺージの節委託料で、大規模開発は望めないだろうということで686万4,000円減じました1,344万8,000円としておりますが、改良工事を推進するため、工事費で5,349万1,000円を増額した2億5,328万5,000円の計上としたものでございます。

 次の53ページでございます。目3量水器購入費は412万5,000円、目4固定資産購入費では1,596万3,000円で、前年比509万7,000円の増となっておりますが、これは、自動車2台が買いかえる時期が参りましたので、その費用を計上したものでございます。

 次に、項2企業債償還金は1億7,998万2,000円、項3予備費は100万円で、前年同額でございます。

 次に、収入に入ります。50ページにお戻り願いたいと思います。款1資本的収入といたしましては、3億5,605万7,000円で、前年比4,653万5,000円増の予定額でございます。15%増でございます。

 項1公債費では9,700万円、前年同額でございます。項2他会計負担金では、147万4,000円で29万7,000円の増。項3工事負担金では、2億5,757万3,000円で4,623万8,000円、21.9%の増。これは原因者による負担分の増であります。次の項4固定資産売却代金は、1万円の収入としております。

 以上が、資本的収入及び支出の説明でございます。本当にわかりにくい説明であったと存じますが、よろしくご賢察の上、ご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

 以上で終わります。



○議長(冨宅平吉君) 以上で一通りの説明は終わりました。ただいまの説明でわかりにくい点がありましたら、質疑にわたらない範囲でお聞きいただいて結構です。ありませんか。−−別にないようです。よって議案の説明は終わりました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(冨宅平吉君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 なお、質問通告の締め切りは、3月2日(火曜日)の正午までとなっております。あすより3月9日までは休会とし、10日(水曜日)に本会議を再開いたします。

 本日の会議は終了いたしました。



△散会 午後3時16分