議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 箕面市

平成18年 12月 定例会(第4回) 12月04日−01号




平成18年 12月 定例会(第4回) − 12月04日−01号









平成18年 12月 定例会(第4回)



          第4回箕面市議会定例会会議録

12月4日(月曜日)

◯出席議員

    1番  牧野直子君         14番  永田よう子君

    2番  増田京子君         15番  名手宏樹君

    3番  中西智子君         16番  小林ひとみ君

    4番  北川照子君         17番  石田良美君

    5番  前川義人君         18番  上田春雄君

    6番  神田隆生君         19番  松本 悟君

    7番  斉藤 亨君         20番  牧野芳治君

    8番  林 恒男君         21番  北口和平君

    9番  二石博昭君         22番  中川善夫君

   10番  大越博明君         23番  牧原 繁君

   11番  上島一彦君         24番  田代初枝君

   12番  永田吉治君         25番  西田隆一君

   13番  藤井稔夫君

◯欠席議員

    なし

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       藤沢純一君    教育長      仲野 公君

  政策総括監兼都市計画部長      監査委員事務局長 林  清君

           芝山邦雄君

  政策総括監兼総務部長        農業委員会事務局長

           井上雅司君             坂本雅彦君

  政策総括監兼市長公室長       選挙管理委員会事務局長

           重松 剛君             忽那 正君

  人権文化部長   坂田 孝君    教育推進部長   森田雅彦君

  競艇事業部長   田淵悦夫君    子ども部長    奥山 勉君

  市民部長     埋橋伸夫君    生涯学習部長   上西 彰君

  地域振興部長   井上隆志君    市立病院事務局長 井上清希君

  健康福祉部長   武藤 進君    消防長      矢野広二君

  都市環境部長   西尾末生君    水道部長     南 富治君

  出納室長     榎  壯君

◯出席事務局職員

  事務局長     中腰勇雄君    議事課担当主査  赤木惠美君

  議事課長     長沢 均君    議事課主事    中野 満君

  議事課担当主査  清水宏志君

◯議事日程 (第1号)

  平成18年12月4日 午前10時開議

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期決定の件

  日程第3 報告第34号 専決処分の報告の件

  日程第4 報告第35号 専決処分の報告の件

  日程第5 報告第36号 専決処分の報告の件

  日程第6 報告第37号 専決処分の報告の件

  日程第7 第105号議案 (仮称)ボートピア梅田におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議の件

  日程第8 第106号議案 ボートピア姫路におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託の廃止に関する協議の件

  日程第9 第107号議案 指定管理者の指定の件

  日程第10 第108号議案 大阪府後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議の件

  日程第11 第109号議案 箕面市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法を定める件

  日程第12 第110号議案 安威川、淀川右岸流域下水道組合規約の変更に関する協議の件

  日程第13 第111号議案 箕面市職員定数条例改正の件

  日程第14 第112号議案 箕面市立保育所条例改正の件

  日程第15 第113号議案 箕面市病院事業の設置等に関する条例改正の件

  日程第16 第114号議案 箕面市消防団員等公務災害補償条例改正の件

  日程第17 第115号議案 箕面市消防職員等賞じゆつ金支給条例改正の件

  日程第18 第116号議案 平成18年度箕面市一般会計補正予算(第5号)

  日程第19 第117号議案 平成18年度箕面市特別会計競艇事業費補正予算(第2号)

  日程第20 第118号議案 平成18年度箕面市特別会計国民健康保険事業費補正予算(第3号)

  日程第21 第119号議案 平成18年度箕面市特別会計介護保険事業費補正予算(第3号)

  日程第22 第120号議案 平成18年度箕面市病院事業会計補正予算(第1号)

  日程第23 第121号議案 平成18年度箕面市特別会計牧落住宅団地事業費補正予算(第1号)

  日程第24 第122号議案 平成18年度箕面市特別会計公共用地先行取得事業費補正予算(第1号)

  日程第25 第123号議案 平成18年度箕面市水道事業会計補正予算(第3号)

  日程第26 第124号議案 平成18年度箕面市公共下水道事業会計補正予算(第3号)

  日程第27 第125号議案 箕面市一般職の職員の給与に関する条例改正の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          (午前10時 開会)



○議長(中川善夫君) ただいまより平成18年第4回箕面市議会定例会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長からごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、これをお受けいたします。市長 藤沢純一君



◎市長(藤沢純一君) 皆さん、おはようございます。

 本日ここに平成18年(2006年)第4回箕面市議会定例会が開会されるに当たり、ごあいさつを申し上げる機会を与えられましたことを深く感謝いたします。

 議員各位におかれましては、議会活動を通じ、本市発展のため日夜ご尽力をいただいておりますことに対しまして、心から敬意を表します。

 さきの12月1日に挙行いたしました箕面市市制施行50周年記念式典におきましては、市議会ご選出の式典委員の方々のご尽力並びに多くの市民の皆さまのご参加をいただき、無事成功裏に終了しましたこと、このことに対しまして、この場をおかりいたしまして厚く御礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。

 さて、第四次箕面市総合計画の総仕上げとしての第3期実施計画の策定におきましては、各政策の方向性について基本的な考えをあらわし、パブリックコメントを通じて市民の皆さまからご意見をお伺いしたところでございます。

 今後は、厳しい財政状況をかんがみ、「ずっと住み続けたいまち箕面」をめざして、めり張りのある行政運営を行う必要があることから、各政策の成果指標についても見直し作業を進めております。その上で、4年間において重点的に進めるべき政策を明確にし、本年度中の計画策定に向け、準備を進めております。

 また、ご承知のとおり、11月30日に住民基本台帳ネットワークシステムに係る損害賠償請求控訴事件について、大阪高等裁判所において判決がなされ、損害賠償については棄却、「箕面市在住の控訴人の本人確認情報を大阪府知事に通知してはならない」及び「住民基本台帳から控訴人の住民票コードを削除せよ」という2つの請求に対しては、後者の請求に関して、住民票コードを削除せよとの判決がなされ、一部敗訴という結果になっております。

 これを受け、14日以内に敗訴部分について上告するかどうかの手続をとるわけでございますが、憲法上保障されたとする自己情報コントロール権の判断でありますとか、判決による住民基本台帳から住民票コードの削除が事務的に可能か、また、その作業が住民基本台帳法に抵触するかどうかなど検討する時間が必要なことから、その対応について考慮しているところでございますので、いましばらくお時間をいただきたいと考えております。

 さて、このたび、本市議会定例会においてご提案申し上げます議案としましては、まず、条例関係におきましては、「箕面市職員定数条例改正の件」外4件をご提案申し上げ、「公の施設の指定管理者の指定の件」1件、「箕面市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法を定める件」1件及び協議の件におきまして、「(仮称)ボートピア梅田におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議の件」外3件、また、予算関係におきましては、「平成18年度箕面市一般会計補正予算(第5号)」及び「平成18年度箕面市特別会計競艇事業費補正予算(第2号)」外特別会計4件の補正予算並びに「平成18年度箕面市病院事業会計補正予算(第1号)」、「平成18年度箕面市水道事業会計補正予算(第3号)」及び「平成18年度箕面市公共下水道事業会計補正予算(第3号)」をご提案申し上げております。

 そして、第3回定例会以後において、比較的軽易な損害賠償及びこれに伴う和解が調ったことにより専決処分いたしました事件につき「報告の件」4件をご提案申し上げておりまして、合計24件でございます。

 以上の議案に関します提案理由及びその内容につきましては、ご上程の都度、私をはじめ関係職員から詳細に説明をいたしますので、何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、平成18年第4回箕面市議会定例会の開会に当たりましての私のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(中川善夫君) これより、本日の会議を開きます。

 この際、諸般の報告をいたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) まず、議員の出席状況をご報告申し上げます。

 本日は全員出席でございます。したがいまして、本日の出席議員は25名で、地方自治法第113条の規定により議会は成立いたしました。

 次に、本定例市議会に付議される事件の説明員をご報告申し上げます。

   (以下報告)



○議長(中川善夫君) 次に、日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において10番 大越博明君及び14番 永田よう子君を指名いたします。

 次に、日程第2、「会期決定の件」を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月22日までの19日間といたしたいと存じます。これにご異議ありませんか。

   (“異議なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ご異議なしと認めます。

 よって会期は、12月4日から12月22日までの19日間と決定いたしました。

 次に、日程第3、報告第34号「専決処分の報告の件」を議題といたします。

 議案の朗読を省略し、教育推進部長から報告を求めます。教育推進部長 森田雅彦君



◎教育推進部長(森田雅彦君) ただいまご上程になりました報告第34号「専決処分の報告の件(交通事故に係る損害賠償請求に関する和解の件)」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、去る平成18年7月3日午前11時50分ごろ、箕面市牧落三丁目3番4地先路上において、公務のため公用車を運転していた教育委員会事務局教育推進部教育センター職員が、稲一丁目交差点を右折するため右折車線を減速走行中、自転車を運転していた箕面市如意谷一丁目7番41−301号、田中光廣氏が急に公用車の直前を横切ろうとしたため接触し、右肩及び右手を打撲、頸椎及び腰椎を捻挫させた事故でございます。

 その後、相手方と交渉をいたしました結果、本市が相手方に損害額の44万131円を全額支払うことで和解が成立いたしましたので、地方自治法第180条の規定により、平成18年10月3日に専決処分いたしたもので、同条第2項の規定によりご報告申し上げる次第でございます。

 このたびの事故につきましては、当該職員の前方確認の不十分なことにより生じた事故であり、ここに謹んでおわび申し上げる次第でございます。

 本件を教訓といたしまして、職員に対しまして、なお一層の交通事故防止に関する指導の徹底を図ってまいる所存でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、報告第34号の説明といたします。何とぞよろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、日程第4、報告第35号「専決処分の報告の件」及び日程第5、報告第36号「専決処分の報告の件」、以上2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、都市環境部長から報告を求めます。都市環境部長 西尾末生君



◎都市環境部長(西尾末生君) ただいまご上程になりました報告第35号「専決処分の報告の件(交通事故に係る損害賠償請求に関する和解の件)」及び報告第36号「専決処分の報告の件(市道の管理に係る損害賠償請求に関する和解の件)」につきまして、一括してその内容をご説明申し上げます。

 まず、報告第35号「専決処分の報告の件(交通事故に係る損害賠償請求に関する和解の件)」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、平成18年8月9日午前9時45分ごろ、都市環境部資源循環室環境整備課の職員が、箕面市小野原東四丁目138番地先路上において、ごみ収集のため収集車の左側ドアをあけたところ、後方を走行していた箕面市粟生間谷西四丁目2番35−402号、高原美祈氏が運転する原動機付自転車が当該ドアに接触し、同氏が右ひざの打撲擦過傷並びに右肩及び腰部を打撲し負傷された事故でございます。

 その後、相手方と交渉しました結果、本市が相手方に治療費等損害額の全額12万9,167円を支払うこととし、自動車損害賠償責任保険が既に治療費として支払った8万1,367円を除く4万7,800円を支払うことで和解が成立しましたので、地方自治法第180条第1項の規定により、平成18年10月13日に専決処分いたしたもので、同法第180条第2項の規定によりご報告申し上げるものでございます。

 続きまして、報告第36号「専決処分の報告の件(市道の管理に係る損害賠償請求に関する和解の件)」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、平成18年9月20日午後9時40分ごろ、箕面市萱野一丁目455番2地先路上において、箕面市牧落三丁目16番2−301号、今井亜由美氏が、市道西坊島芝線を原動機付自転車で走行中、同市道交差点内の路面より剥離した平板ブロックに接触し転倒したことにより腰椎を負傷し、原動機付自転車を破損した事故でございます。

 その後、相手方と交渉いたしました結果、本市が相手方に治療費及び原動機付自転車の損害額の7割、2万7,587円を支払うことで和解が成立いたしましたので、地方自治法第180条第1項の規定により、平成18年11月2日専決処分をいたしたもので、同法第180条第2項の規定によりご報告申し上げるものでございます。

 なお、このたびの2件の事故につきましては、謹んで深くおわびを申し上げます。

 今後、公用車の安全運転には、職員一同が十分留意いたしますとともに、種々の手当てを講じ、再発防止に取り組んでまいります。また、道路施設の管理につきましても、車によるパトロールに加え、区域ごとに徒歩によるパトロールを行うなど、より細部までの点検を実施しているところですが、今後も、より一層の点検の徹底を図り、再発防止に努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上、まことに簡単ではございますが、報告第35号及び報告第36号のご説明といたします。何とぞよろしくご了承いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、日程第6、報告第37号「専決処分の報告の件」を議題といたします。

 議案の朗読を省略し、生涯学習部長から報告を求めます。生涯学習部長 上西 彰君



◎生涯学習部長(上西彰君) ただいまご上程になりました報告第37号「専決処分の報告の件(施設の管理に係る損害賠償請求に関する和解の件)」につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本件は、平成18年5月15日午前11時50分ごろ、箕面市石丸一丁目17番1号、箕面市立第四中学校開放教室内において、施設利用者である兵庫県宝塚市小林二丁目12番25号−413号、石田幸子氏が、開放教室内引き戸を移動させようとしたとき、引き戸をとめていた木片が外れ、引き戸が落下し、石田氏の右足親指を骨折させたものでございます。

 その後、相手方と交渉いたしました結果、本市が相手方に治療費と損害額の全額18万9,840円を支払うことで和解が成立いたしましたので、地方自治法第180条第1項の規定により、平成18年11月14日に専決処分いたしたもので、同法第180条第2項の規定によりご報告申し上げます。

 なお、このたびの事故の発生につきましては、謹んでおわび申し上げる次第でございます。

 今後、教育施設の管理には十分留意し、問題箇所の早期発見、早期対応を行い、再発防止に努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上、まことに簡単ではございますが、報告第37号のご説明といたします。何とぞよろしくご了承いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、日程第7、第105号議案「(仮称)ボートピア梅田におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議の件」及び日程第8、第106号議案「ボートピア姫路におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託の廃止に関する協議の件」、以上2件を一括議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 競艇事業部長から提案理由の説明を求めます。競艇事業部長 田淵悦夫君



◎競艇事業部長(田淵悦夫君) ただいまご上程になりました第105号議案「(仮称)ボートピア梅田におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議の件」及び第106号議案「ボートピア姫路におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託の廃止に関する協議の件」につきまして、一括して提案理由とその内容をご説明いたします。

 本件は、平成19年3月、大阪市北区に開設を予定しております(仮称)ボートピア梅田において、本市が大阪府都市競艇組合より場間場外発売事務を受託するため、本市との間において地方自治法第252条の14第1項の規定により、協議の上、大阪府都市競艇組合と箕面市との間の(仮称)ボートピア梅田におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する規約を定めようとするものでございます。

 その内容といたしましては、委託事務の範囲、管理及び執行に要する経費、委託事務予算及び決算、損害賠償等、場外発売に必要な事項を定めているものでございます。

 次に、第106号議案「ボートピア姫路におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託の廃止に関する協議の件」についてご説明いたします。

 ボートピア姫路は、現在、設置施行者である尼崎市・伊丹市・大阪府都市競艇組合及び本市の4施行者による持ち回りによる運営を行うとの協議のもと、伊丹市が行っているところでございますが、今後の運営は、場間場外発売の規約に基づき、管理施行者を伊丹市に固定するとの各施行者間の協議が調いましたので、地方自治法第252条の14第2項の規定により、現行の協定書を平成18年度末をもって廃止するための協議をいたしたく、それぞれ地方自治法第252条の14第3項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第105号議案及び第106号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いいたします。



○議長(中川善夫君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第105号議案及び第106号議案、以上2件はお手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、いずれも所管の総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第9、第107号議案「指定管理者の指定の件」を議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 人権文化部長から提案理由の説明を求めます。人権文化部長 坂田 孝君



◎人権文化部長(坂田孝君) ただいまご上程になりました第107号議案「指定管理者の指定の件」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 本件は、箕面市立老人いこいの家の指定管理者として、平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5カ年について、箕面市立萱野老人いこいの家を福祉サービス「よってんか」に、箕面市立桜ヶ丘老人いこいの家をシルバーライフ・さくらがおかにそれぞれ指定いたしたく、地方自治法第244条の2第6項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第107号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第107号議案は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、所管の文教常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第10、第108号議案「大阪府後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議の件」を議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 市民部長から提案理由の説明を求めます。市民部長 埋橋伸夫君



◎市民部長(埋橋伸夫君) ただいまご上程になりました第108号議案「大阪府後期高齢者医療広域連合の設置に関する協議の件」につきまして、提案理由とその内容をご説明いたします。

 本件は、健康保険法等の一部を改正する法律に基づき、平成20年4月から新たに発足する75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度の運営主体となる広域連合を設立するために、地方自治法第284条第3項の規定により、別紙規約案のとおり、関係市町村と協議を行おうとするものです。

 規約案の内容といたしましては、広域連合の名称、処理する事務、広域連合議会の組織及び議員選挙の方法、経費の支弁の方法など、地方自治法第291条の4に規定する事項を定めるものです。

 本規約案に基づき、地方自治法第291条の11の規定により、関係市町村との協議についてご提案するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第108号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第108号議案は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、所管の民生常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第11、第109号議案「箕面市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法を定める件」を議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 市民部長から提案理由の説明を求めます。市民部長 埋橋伸夫君



◎市民部長(埋橋伸夫君) ただいまご上程になりました第109号議案「箕面市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法を定める件」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 本件は、現在、本市上止々呂美及び下止々呂美のそれぞれ一部区域において、北摂地域の交通網の整備とあわせ事業主体であります大阪府を中心に、本市、民間事業者が協力して、多世代共生、環境共生及び地域共生という3つをテーマにしたまちづくりが進められており、平成19年の秋に一部、まち開きが予定されているところであります。

 本事業、水と緑の健康都市特定土地区画整理事業の施行区域の住居表示を実施するに当たり、市街地の区域を別図の斜線で示しております区域と定め、当該区域における住居表示の方法を、住居表示に関する法律第2条第1号の街区方式とするため、同法第3条第1項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第109号議案「箕面市における市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法を定める件」の提案理由とその内容のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第109号議案は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、所管の民生常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第12、第110号議案「安威川、淀川右岸流域下水道組合規約の変更に関する協議の件」を議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 水道部長から提案理由の説明を求めます。水道部長 南 富治君



◎水道部長(南富治君) ただいまご上程になりました第110号議案「安威川、淀川右岸流域下水道組合規約の変更に関する協議の件」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 本件は、地方自治法の改正に伴い、特別職である収入役を廃止するとともに、一般職である会計管理者を設置するという収入役制度の見直しが行われ、平成19年4月1日から施行されることに伴い、安威川、淀川右岸流域下水道組合規約を変更するに当たり、同組合の構成団体であります、吹田市、高槻市、茨木市、摂津市及び島本町と協議するため、地方自治法第290条の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 規約変更の内容につきましては、収入役に係る執行機関の組織、選任及び任期について規定の整備を図るものでございます。

 また、附則において、収入役に係る所要の経過措置を設けるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第110号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第110号議案は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、所管の建設水道常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第13、第111号議案「箕面市職員定数条例改正の件」から、日程第17、第115号議案「箕面市消防職員等賞じゆつ金支給条例改正の件」まで、以上5件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、政策総括監から提案理由の説明を求めます。政策総括監 重松 剛君



◎政策総括監(重松剛君) ただいまご上程になりました第111号議案「箕面市職員定数条例改正の件」から、第115号議案「箕面市消防職員等賞じゆつ金支給条例改正の件」までの5議案について、提案理由とその内容をご説明いたします。

 まず、第111号議案「箕面市職員定数条例改正の件」についてご説明いたします。

 本件は、市立病院の病棟における看護配置の見直しに伴い、市立病院の職員の定数を、現行400人を419人に改定し、それに伴い市長の事務部局の職員の定数を、現行981人を1,000人に改定するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 次に、第112号議案「箕面市立保育所条例改正の件」についてご説明いたします。

 本件は、保育所入所に係る待機児童の解消のため、箕面市立桜ヶ丘保育所の定員を、現行120名を140名に、萱野保育所の定員を、現行100名を120名に、稲保育所の定員を、現行120名を140名に、東保育所の定員を、現行120名を140名にそれぞれ改定するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 次に、第113号議案「箕面市病院事業の設置等に関する条例改正の件」についてご説明いたします。

 本件は、健康保険法及び老人保健法の改正に伴い、保険外併用療養費の支給対象として、評価療養及び選定療養が定められ、その内容が規定されたことにより、関係規定を整備するため本条例を改正しようとするものでございます。

 次に、第114号議案「箕面市消防団員等公務災害補償条例改正の件」についてご説明いたします。

 本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、これまで政令で定められていた非常勤消防団員等の傷病補償年金に係る傷病等級ごとの障害、障害補償に係る障害等級ごとの障害、介護補償に係る障害が総務省令及び総務省告示で定められたことにより、これまで条例で定めていた等級ごとの障害の程度等を規則で定めることとし、関係規定を整備するため本条例を改正しようとするものでございます。

 次に、第115号議案「箕面市消防職員等賞じゆつ金支給条例改正の件」についてご説明いたします。

 本件は、先ほど114号議案でご説明いたしました箕面市消防団員等公務災害補償条例の改正に伴い、同条例の引用条項を改め、障害者賞じゆつ金を支給するための障害等級に関する規定を整備するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第111号議案から第115号議案までの5議案についてのご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いいたします。



○議長(中川善夫君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第111号議案から第115号議案まで、以上5件は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第18、第116号議案「平成18年度箕面市一般会計補正予算(第5号)」から、日程第26、第124号議案「平成18年度箕面市公共下水道事業会計補正予算(第3号)」まで、以上9件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、以上9件に対してそれぞれ提案理由の説明を求めます。

 まず、第116号議案について、政策総括監の説明を求めます。政策総括監 井上雅司君



◎政策総括監(井上雅司君) ただいまご上程になりました第116号議案「平成18年度箕面市一般会計補正予算(第5号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明いたします。

 今回お願いいたしております補正予算の補正額は、第1条にありますとおり、歳入歳出ともに3億2,100万1,000円の追加で、これにより、歳入歳出予算の総額は391億4,681万3,000円と相なるものでございます。

 次に、内容について、歳出予算からご説明いたします。

 まず、第1款議会費、第1項議会費において、議会報発行に要する経費等168万7,000円の減額でございます。

 次に、第2款総務費、第1項総務管理費において、人件費等1,577万6,000円の減額、第2項徴税費において人件費等228万2,000円の減額、第3項戸籍住民基本台帳費において、人件費等104万6,000円の追加、第4項選挙費において、人件費3万9,000円の減額、第5項統計調査費において、人件費14万2,000円の追加でございます。

 次に、第3款民生費、第1項社会福祉費において、補装具給付に要する経費等4,270万5,000円の追加、第2項児童福祉費において、臨時雇賃金等226万5,000円の追加、第3項生活保護費において、医療扶助に要する経費等3,096万7,000円の追加、第4項国民健康保険費において、特別会計国民健康保険事業費への繰り出しに要する経費83万7,000円の追加、第6項介護保険費において、特別会計介護保険事業費への繰り出しに要する経費926万6,000円の追加でございます。

 次に、第4款衛生費、第1項保健衛生費において、健康診査に要する経費等4,571万3,000円の追加、第2項清掃費において、人件費等102万6,000円の減額でございます。

 次に、第5款労働費、第1項労働諸費において、人件費1万3,000円の減額でございます。

 次に、第6款農林水産業費、第1項農業費において、人件費57万4,000円の追加でございます。

 次に、第7款商工費、第1項商工費において、人件費60万6,000円の減額でございます。

 次に、第8款土木費、第1項土木管理費において、人件費等599万3,000円の減額、第5項住宅費において、特定優良賃貸住宅家賃助成に要する経費11万4,000円の追加でございます。

 次に、第9款消防費、第1項消防費において、常備消防車両購入に要する経費等1,606万円の減額でございます。

 次に、第10款教育費、第1項教育総務費において、学校教育施設整備基金への積み立てに要する経費等2億3,459万円の追加、第2項小学校費において、非常勤職員報酬等312万1,000円の減額、第3項中学校費において、非常勤職員報酬等87万5,000円の減額、第4項幼稚園費において、人件費244万6,000円の減額、第5項社会教育費において、人件費等298万5,000円の減額、第6項保健体育費において、臨時雇賃金等39万8,000円の追加でございます。

 次に、第13款諸支出金、第1項諸費において、平成17年度在宅福祉事業費国庫補助金等の交付額精算に係る返還金529万3,000円の追加でございます。

 以上で、歳出予算補正額は3億2,100万1,000円と相なるものでございます。

 次に、歳入予算についてご説明いたします。

 歳出予算補正額3億2,100万1,000円の財源措置といたしまして、まず、第1款市税、第1項市民税において5億4,685万円の追加、第2項固定資産税において1,410万円の追加、第6項都市計画税において225万円の追加でございます。

 次に、第4款配当割交付金、第1項配当割交付金において4,500万円の追加でございます。

 次に、第14款国庫支出金、第1項国庫負担金において、生活保護費負担金等3,811万5,000円の追加でございます。

 次に、第15款府支出金、第1項府負担金において、保健事業費負担金等66万円の追加、第2項府補助金において、障害者福祉作業所運営事業費補助金等693万2,000円の追加でございます。

 次に、第17款寄附金、第1項寄附金において、学校管理費寄附金等250万円の追加でございます。

 次に、第18款繰入金、第1項基金繰入金において、学校教育施設整備基金繰入金3億5,000万円の減額でございます。

 次に、第20款諸収入、第6項雑入において、平成17年度保健事業費国庫負担金等1,459万4,000円の追加でございます。

 以上で、歳入予算補正額は3億2,100万1,000円と相なるものでございます。

 次に、第2条繰越明許費補正につきましてご説明いたします。

 これは、第2表にありますとおり、大阪府議会議員選挙事業について、必要経費を翌年度において使用いたしたくお願いいたします。

 次に、第3条債務負担行為補正につきましてご説明いたします。

 これは、第3表にありますとおり、平成18年度電子計算機、プログラム及び事務機器類の賃貸借及び保守委託並びにプログラム開発委託事業外11件につきまして、所要の期間及び限度額をもって債務負担行為の変更及び設定をお願いいたします。

 以上、まことに簡単ではございますが、第116号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、第117号議案について、競艇事業部長の説明を求めます。競艇事業部長 田淵悦夫君



◎競艇事業部長(田淵悦夫君) ただいまご上程になりました第117号議案「平成18年度箕面市特別会計競艇事業費補正予算(第2号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明いたします。

 今回お願いいたしております補正予算は、第105号議案でご提案申し上げましたとおり、(仮称)ボートピア梅田開設に伴う管理施行者が箕面市になったことによる勝舟投票券売上収入及びその関連経費並びに住之江競艇場における場間場外発売日数の追加に伴う関係経費の補正で、その補正額は、第1条にありますとおり、歳入歳出ともに35億7,623万1,000円の追加で、これにより、歳入歳出の総額は750億6,759万8,000円と相なるものでございます。

 次に、内容について、歳出予算からご説明いたします。

 まず、第1款競艇事業費において1億3,867万7,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項総務費において、モーターボート競走法第19条及び第20条交付金に要する経費等619万8,000円の追加、第2項業務費において、勝舟投票券払い戻しに要する経費等1億3,247万9,000円の追加でございます。

 次に、第2款諸支出金において、33億2,069万円の追加で、その内訳といたしまして、第2項納付金において、公営企業金融公庫納付金に要する経費166万8,000円の追加、第5項受託事業費において、場間場外売上金に要する経費等33億1,902万2,000円の追加でございます。

 次に、第3款第1項予備費において1億1,686万4,000円の追加でございます。

 以上で、歳出予算補正額は35億7,623万1,000円と相なるものでございます。

 次に、歳入予算についてご説明いたします。

 歳出予算の補正額35億7,623万1,000円の財源措置といたしまして、まず、第1款競艇事業収入において1億4,178万円の追加で、この内訳といたしまして、第1項勝舟投票券売上収入において、専用場外売上金等1億4,136万3,000円の追加、第3項雑入において端数切捨金収入等41万7,000円の追加でございます。

 次に、第5款諸収入、第1項受託事業収入において、場間場外売上金等34億3,445万1,000円の追加でございます。

 以上で、歳入予算の補正額は35億7,623万1,000円と相なるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第117号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いいたします。



○議長(中川善夫君) 次に、第118号議案及び第119号議案について、市民部長の説明を求めます。市民部長 埋橋伸夫君



◎市民部長(埋橋伸夫君) ただいまご上程になりました第118号議案「平成18年度箕面市特別会計国民健康保険事業費補正予算(第3号)」及び第119号議案「平成18年度箕面市特別会計介護保険事業費補正予算(第3号)」につきまして、一括して提案理由とその内容をご説明いたします。

 まず、第118号議案「平成18年度箕面市特別会計国民健康保険事業費補正予算(第3号)」からご説明いたします。

 今回お願いいたしております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出ともに1,842万3,000円の追加で、これにより、歳入歳出予算の総額は131億5,521万8,000円と相なるものでございます。

 次に、その内容につきまして、歳出予算からご説明いたします。

 まず、第1款総務費、第1項総務管理費におきまして、窓口の受付順番案内システム導入等に要する経費83万7,000円の追加でございます。

 次に、第3款老人保健拠出金、第1項老人保健拠出金におきまして、老人保健医療費等の確定に伴う拠出金178万1,000円の追加でございます。

 次に、第7款諸支出金、第1項償還金及び還付加算金におきまして、平成17年度の退職者医療の療養給付費等交付金の精算に伴う返還金1,580万5,000円の追加でございます。

 以上で、歳出予算の補正額は1,842万3,000円と相なるものでございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明いたします。

 歳出予算補正額1,842万3,000円の財源措置といたしまして、第3款国庫支出金、第1項国庫負担金におきまして、療養給付費等負担金1,554万7,000円の減額でございます。

 次に、第7款繰入金、第1項他会計繰入金におきまして83万7,000円の追加で、これは一般会計からの繰入金でございます。

 次に、第8款諸収入、第2項雑入におきまして、雑収入3,313万3,000円の追加でございます。

 以上で、歳入予算の補正額は1,842万3,000円と相なるものでございます。

 続きまして、第119号議案「平成18年度箕面市特別会計介護保険事業費補正予算(第3号)」につきましてご説明いたします。

 今回お願いいたしております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出ともに926万6,000円の追加で、これにより、歳入歳出予算の総額は56億4,244万9,000円と相なるものでございます。

 次に、その内容につきまして、歳出予算からご説明いたします。

 まず、第1款総務費におきまして926万6,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項総務管理費におきまして、地域支援事業システム導入委託等に要する経費1,089万9,000円の追加、第3項介護認定審査会費におきまして、非常勤職員報酬等163万3,000円の減額でございます。

 次に、第2款保険給付費におきまして、各サービス給付に要する経費の組みかえで、この内訳といたしまして、第1項介護サービス等諸費におきまして3億9,662万3,000円の追加、第2項介護予防サービス等諸費におきまして4億2,112万1,000円の減額、第4項高額介護サービス等費におきまして2,449万8,000円の追加でございます。

 以上で、歳出予算補正額は926万6,000円と相なるものでございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明いたします。

 歳出予算補正額926万6,000円の財源措置といたしまして、第7款繰入金、第1項他会計繰入金におきまして926万6,000円の追加で、これは一般会計からの繰入金でございます。

 以上で、歳入予算補正額は926万6,000円と相なるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第118号議案及び第119号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、第120号議案について、市立病院事務局長の説明を求めます。市立病院事務局長 井上清希君



◎市立病院事務局長(井上清希君) ただいま上程されました第120号議案「平成18年度箕面市病院事業会計補正予算(第1号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 今回の補正は、当初予算編成以後、上半期の実績により、本年度末までの見通しを改めて行った結果、入院患者数、職員数の減により、医業収益、給与費及び材料費等を補正しようとするものでございます。

 まず、第2条におきまして、予算第2条の業務の予定量の補正でございますが、年間患者数におきまして、入院9,968人の減で9万8,712人に、1日平均患者数におきまして、入院28人の減で270人にそれぞれ補正するものでございます。

 次に、第3条におきまして、予算第3条の収益的収入及び支出の予定額の補正でございますが、まず、支出からご説明いたします。

 第1款病院事業費用、第1項医業費用におきまして2億9,776万5,000円の減額で、これは主に第1目給与費におきまして看護師の採用が予定を下回ったことによる減額と、第2目材料費におきまして入院患者数が予定を下回ったことによる減額でございます。

 次に、第2項医業外費用におきまして300万5,000円の追加で、これは、第1目支払利息及び企業債取扱諸費におきまして、企業債利息の追加によるものでございます。

 次に、第5項特別損失におきまして1,340万7,000円の新規計上でございます。

 これにより、補正予定額は2億8,135万3,000円の減額となり、支出合計といたしまして、74億3,756万5,000円と相なるものでございます。

 一方、収入におきまして、第1款病院事業収益、第1項医業収益におきまして3億7,726万4,000円の減額で、これは、第1目入院収益及び第3目その他の医業収益におきまして、入院患者数が予定を下回ったことにより、入院収益ほかを減額するものでございます。

 これにより、補正予定額は3億7,726万4,000円の減額となり、収入合計といたしまして69億2,715万8,000円と相なるものでございます。

 次に、第4条におきまして、予算第9条に定めた議会の議決を経なければ利用することのできない経費のうち、職員給与費を1億7,424万円減額し、36億5,428万4,000円に改めるものでございます。

 次に、第5条におきまして、予算第10条により定めた棚卸資産の購入限度額を9億827万7,000円に改めるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第120号議案「平成18年度箕面市病院事業会計補正予算(第1号)」についての説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いいたします。



○議長(中川善夫君) 次に、第121号議案について政策総括監の説明を求めます。政策総括監 芝山邦雄君



◎政策総括監(芝山邦雄君) ただいまご上程になりました第121号議案「平成18年度箕面市特別会計牧落住宅団地事業費補正予算(第1号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明いたします。

 今回お願いいたしております補正予算の内容は、第1条にありますとおり、債務負担行為の追加で、別表債務負担行為補正にありますとおり、牧落住宅各種管理業務委託事業において、平成18年度から平成19年度までの期間、32万3,000円の限度額をもって債務負担行為の設定をしようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第121号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、第122号議案について都市環境部長の説明を求めます。都市環境部長 西尾末生君



◎都市環境部長(西尾末生君) ただいまご上程になりました第122号議案「平成18年度箕面市特別会計公共用地先行取得事業費補正予算(第1号)」につきまして、ご説明申し上げます。

 今回お願い申し上げております補正予算の歳入予算補正額は、第1条にございますとおり、款ごとの増減額が同一のため、予算総額における増減はなく、これにより、歳入予算の総額は補正前の額と同じく6億2,411万7,000円となるものでございます。

 次に、これら歳入予算の内容についてご説明申し上げます。

 第1款使用料及び手数料、第1項使用料におきまして398万2,000円の増額で、これは先行取得用地の使用料でございます。

 次に、第2款繰入金、第1項他会計繰入金におきまして398万2,000円の減額で、これは一般会計からの繰入金の減額でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第122号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) 次に、第123号議案及び第124号議案について、水道部長の説明を求めます。水道部長 南 富治君



◎水道部長(南富治君) ただいまご上程になりました第123号議案「平成18年度箕面市水道事業会計補正予算(第3号)」及び第124号議案「平成18年度箕面市公共下水道事業会計補正予算(第3号)」につきまして、一括して提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 まず、第123号議案についてご説明申し上げます。

 第2条において、予算第2条に定めた業務の予定量のうち、主要な建設改良事業の補正でございますが、新営改良事業において1,500万円を減額し、1億6,990万3,000円に、簡易水道整備事業において197万円を減額するものでございます。

 次に、第3条におきまして、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額の補正について、支出予定額からご説明申し上げます。

 第1款水道事業費用、第1項営業費用において、職員給与費委託料及び光熱水費等2,987万9,000円の減額、第2項簡易水道営業費用において、委託料44万5,000円の減額、第3項営業外費用において、企業債利息997万7,000円の減額により、支出補正予定額は4,030万1,000円の減額となり、支出予定合計額は29億3,472万2,000円となるものでございます。

 次に、収入予定額についてご説明申し上げます。

 第1款水道事業収益、第1項営業収益において、他会計負担金297万7,000円の減額により、収入予定合計額は30億1,456万4,000円となるものでございます。

 次に、第4条におきまして、予算第4条に定めた資本的収入及び支出の予定額の補正について、支出予定額からご説明申し上げます。

 第1款資本的支出、第1項建設改良費において、工事請負費、固定資産購入費及び委託料1,969万4,000円の減額、第2項企業債償還金において、元金償還金4,337万9,000円の減額により、支出補正予定額は6,307万3,000円の減額となり、支出予定合計額は9億7,325万4,000円となるものでございます。

 次に、収入予定額についてご説明申し上げます。

 第1款資本的収入、第1項企業債において4,470万円の減額、第3項固定資産売却代金において50万円の追加により、収入補正予定額は4,420万円の減額となり、収入予定合計額は4億3,988万4,000円となるものでございます。

 これにより、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5億5,224万3,000円を5億3,337万円に改め、その補てん財源として建設改良積立金を4,623万円に、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額を916万7,000円にそれぞれ改めるものでございます。

 次に、第5条におきまして、予算第6条に定めた債務負担行為の補正について、緊急事故出動待機業務委託外6件の事項について、所要の期間とその限度額を設定するものでございます。

 次に、第6条におきまして、予算第7条に定めた企業債の補正について、公営企業借換債の借り入れ限度額を7,600万円に改めるものでございます。

 次に、第7条におきまして、予算第9条に定めた議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正について、職員給与費1,029万3,000円を減額し、6億1,243万円に改めるものでございます。

 以上、第123号議案のご説明といたします。

 続きまして、第124号議案についてご説明申し上げます。

 まず、第2条におきまして、予算第2条に定めた業務の予定量のうち、主要な建設改良事業の補正でございますが、汚水建設改良事業において631万6,000円を追加し、3億6,496万8,000円とするものでございます。

 次に、第3条におきまして、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額の補正について、支出予定額についてご説明申し上げます。

 第1款下水道事業費用、第1項営業費用において、委託料及び負担金1,657万円の減額、第2項営業外費用において、企業債利息742万円の減額により、支出補正予定額は2,399万円の減額となり、支出予定合計額は18億2,376万2,000円となるものでございます。

 次に、第4条におきまして、予算第4条に定めた資本的収入及び支出の予定額の補正について、支出予定額からご説明申し上げます。

 第1款資本的支出、第1項建設改良費において、委託料631万6,000円の追加、第2項企業債償還金において4,716万5,000円の減額により、支出補正予定額は4,084万9,000円の減額となり、支出予定合計額は16億6,179万3,000円となるものでございます。

 次に、収入予定額についてご説明申し上げます。

 第1款資本的収入、第1項企業債において4,390万円の減額により、収入予定合計額は10億6,867万2,000円となるものでございます。

 これにより、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5億9,007万円を5億9,312万1,000円に改め、その補てん財源として当年度分損益勘定留保資金を4億611万8,000円に、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額を1,422万円にそれぞれ改めるものでございます。

 次に、第5条におきまして、予算第5条に定めた債務負担行為の補正について、公共下水道水質検査業務委託外2件の事項について、所要の期間とその限度額を設定するものでございます。

 次に、第6条におきまして、予算第6条に定めた企業債の補正について、公共下水道事業に係る企業債の借り入れ限度額を2億7,690万円に、公営企業借換債の借り入れ限度額を1億7,050万円にそれぞれ改めるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第123号議案及び第124号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(中川善夫君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第116号議案から第124号議案まで、以上9件は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第27、第125号議案「箕面市一般職の職員の給与に関する条例改正の件」を議題といたします。

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中腰勇雄君



◎事務局長(中腰勇雄君) 

   (議案朗読)



○議長(中川善夫君) 政策総括監から提案理由の説明を求めます。政策総括監 重松 剛君



◎政策総括監(重松剛君) ただいまご上程になりました第125号議案「箕面市一般職の職員の給与に関する条例改正の件」について、提案理由とその内容をご説明いたします。

 本件は、一般職非常勤職員制度を平成19年4月1日付で廃止し、同日以後に引き続き任期付短時間勤務職員制度により任用する職員に適用する給料表の職務の等級及び給料月額の特例を定めるため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、一般職非常勤職員から引き続き任期付短時間勤務職員として任用される職員の平成19年4月1日から平成22年3月31日までの間における給料月額は、これまでの経験年数等を考慮して、給料表に規定する給料月額を細分化し適用するよう、特別措置を定めるものでございます。

 なお、本件につきましては、本市の職員組合と協議済みであることを申し添えます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第125号議案についてのご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いいたします。



○議長(中川善夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

   (“なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ないようでございますので、これにて質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております第125号議案は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、所管の総務常任委員会に付託いたします。

 本日の会議の冒頭における市長あいさつにおいて、「住民基本台帳ネットワークシステムに係る損害賠償請求控訴事件」について触れられましたが、本件については議会運営委員会でご協議いただく必要がありますので、この際、暫時休憩いたします。

          (午前11時16分 休憩)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          (午後4時30分 再開)



○議長(中川善夫君) これより休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に議会運営委員会が開催され、「住民基本台帳ネットワークシステムに係る損害賠償請求控訴事件」の上告について協議がなされましたので、その結果をご報告申し上げます。

 まず、12月7日午前10時より本会議を再開することに決しました。その際、「住民基本台帳ネットワークシステムに係る損害賠償請求控訴事件の上告の提起及び上告受理申立の件」の議案が提出された場合は、本件に関する議案審議を行います。

 また、この場合、委員会付託は省略し、質疑及び討論は発言通告なしで行うこととなりました。

 次に、本議案が提出されなかった場合は、そのことについて市長より説明を受けることに決しました。

 以上、ご報告申し上げます。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。本日はこれをもって散会し、明12月5日から12月6日まで2日間休会し、12月7日午前10時から本会議を再開したいと存じますが、これにご異議ありませんか。

   (“異議なし”の声あり)



○議長(中川善夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、明12月5日から6日まで2日間休会し、12月7日午前10時から本会議を再開することに決しました。

 本日はこれをもって散会いたします。

          (午後4時33分 散会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                 箕面市議会議長   中川善夫

                 箕面市議会議員   大越博明

                 箕面市議会議員   永田よう子