議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 箕面市

平成18年 12月 議会運営委員会 12月22日−04号




平成18年 12月 議会運営委員会 − 12月22日−04号









平成18年 12月 議会運営委員会



●日時    平成18年12月22日(金曜日)

        午後2時50分開会

        午後3時10分閉会

●場所    箕面市議会委員会室

●出席した委員

  委員長     上田春雄君     副委員長    斉藤 亨君

  委員      牧野直子君     委員      北川照子君

   〃      上島一彦君      〃      永田吉治君

   〃      松本 悟君      〃      西田隆一君

●欠席した委員

   なし

●審査した事件とその結果

  案件1 提出された動議の取り扱いについて

   (1)動議について(報告)

   (2)動議の取り扱いについて   本会議(第4日)日程第3として追加して取り扱い、委員会付託は省略し、起立表決により採決することに決定

   午後2時50分 開会



○上田委員長 ただいまから第12回議会運営委員会を開催いたします。

 審査に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 皆様方にご案内をさしあげましたところ、早速お集まりいただきましてまことにありがとうございます。早速でございますけれども、ご協議を願いたいと思います。

 審査を始める前にご報告申し上げます。

 出席状況は、全員出席でございますので、委員会は成立いたしております。

 次に、傍聴の件についてお諮りをいたします。

 傍聴の申し出がございますが、委員長としては許可いたしたいと存じますが、それでよろしゅうございましょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 次に、報道関係の取材につきまして委員各位にお諮りいたします。

 報道関係者からカメラによる撮影の申し出がございます。内容につきましては、委員会審議の中で記者席を離れて撮影いたしたいとのことであります。申し出のとおり、撮影を許可いたすということでよろしいでしょうか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 そのようにさせていただきます。

 それでは、早速始めたいと思います。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△案件1 提出された動議の取り扱いについて



○上田委員長 協議事項、案件1、提出された動議の取り扱いについて、事務局、ご報告を願います。



◎議会事務局 協議事項の案件1、提出された動議の取り扱いについての(1)動議について(報告)でございます。別紙をご参照願います。

 本件動議につきましては、提出要件としての賛成者1人以上ということで、会議規則第15条に基づき成立をしてございます。

 そして、件名でございますが、件名は、箕面市長藤沢純一君不信任決議の動議。地方自治法第178条第1項の規定により市長に対する不信任議決をされるよう、右記の動議を別紙のとおり、箕面市議会会議規則第15条の規定により提出いたします。平成18年12月22日提出。提出者、箕面市議会議員、林恒男外13名。合計14名の方から動議が提出されました。

 そして、1枚めくっていただきまして、箕面市長藤沢純一君不信任決議が真ん中にございまして、箕面市議会は、箕面市長藤沢純一君を信任しない。以上、決議する。平成18年12月22日。箕面市議会。

 理由以下、裏面にわたって書かれてございます。よって、箕面市議会としては、これ以上の独裁を放置できないことから不信任決議を提出するものであるという内容でございます。

 次に、この点につきまして2点ほどご説明をさせていただきます。

 この議案の成立要件は、本会議におきまして3分の2以上の議員の方々、議員数が出席のもとで、4分の3以上の同意を得ると。一般的に特別多数議決と呼ばれるものでございまして、地方自治法第178条第3項に規定されているものでございます。また、議長も議員としての表決権がございます。

 次に、2つ目ですが、議決の法的効果になります。先ほど申し上げました4分の3以上の賛成があった場合に、成立した場合に、市長は10日以内に議会を解散することができる。また、10日以内に議会を解散しないときは市長は失職するということが地方自治法第178条第2項に定められてございます。

 以上、(1)動議についての報告をいたします。以上でございます。



○上田委員長 それでは、報告が終わりましたので、動議の取り扱いについてご協議を願いたいと思います。

 本会議の上程の時期でございますが、委員長としては本日上程をいたしたいと、このように考えておりますが、何か。



◆牧野[直]委員 箕面市議会では、今まで、議員が議員提出議案を出すとき、あるいは意見書の提出をするときには、調整として幹事長会議というのを設けて、それで、できるだけ事前にその調整を重ねて出すということにルール上申し合わせになっていますので、今回幹事長会議開かれてなくって、議運の中にこれが直接出されてきてます。それで、内容的に、今説明があったように、非常にこの議会の今後の運営、または市政の運営に大きな影響を及ぼす内容ですので、これ今私はこの決議案を見たところですので、この内容については、十分、今までの議事録のチェックも必要ですので、きょうこれからというのはちょっと急過ぎるというか、少なくともこれをチェックし調べる時間が必要だと思いますので、上程の時期については、きょうではなくって、少なくとも週明けにしていただきたいと思います。



○上田委員長 ほかにご意見。

 どうぞ。



◆上島委員 本日で結構です。



○上田委員長 どうぞ。



◆北川委員 過去のこととか、かなり古い事例がありますので、やっぱりやりとりとか議事録チェックいたしましてからと思いますんで、時間が欲しいと思います。



○上田委員長 ほかにございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 ないようでございますので、きょうという日程と後日という2つのご意見がございますので、ここで採決をとりたいと思います。

 本会議の上程時期を本日にするという方の賛成の方の挙手を願います。

    (賛成者挙手)



○上田委員長 賛成多数でございますので、上程時期は、本日ということに決定させていただきます。

 議事日程における取り扱いについては、議長としては、日程第3に入れておきたいというように思っておりますが、これについて何かご意見がありましたら。

    (「はい、結構です」と呼ぶ者あり)

 ほかにございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 ないようでございますので、日程3にということで決定させていただきます。

 次に、審議の進め方についてでございますけれども、?上程、提案説明含めまして、?番の採決方法までにつきまして、まず、討論まで事務局としてちょっとご説明願います。

 どうぞ。



◎議会事務局 ただいま、本会議の上程時期は本日の議題として追加する、また、議事日程における取り扱いは日程第3とするということで決定をされましたので、それに基づきまして審議の進め方の?から?につきまして事務局案をご説明申し上げます。

 ?の上程、提案時期につきましては、上程し、議題とする。そして、林議員から提案説明を受けるものとするものでございます。

 ?につきましては、質疑については、質疑の有無についてお諮りする。そして、質疑がある場合には、通告なしで、議場において挙手により議長指名順で質疑を受ける。そして提出議員からの答弁を求めるというのが?の内容でございます。

 ?の委員会付託につきましては、付託をする、付託をしない、2通りございますが、事務局案といたしましては、付託を省略するというふうに考えてございます。

 ?の討論につきましては、討論の有無についてお諮りすると。討論がある場合につきましては、同じく通告なしで、議場において挙手により議長指名順で討論を行うというのが事務局案でございます。

 以上、?から?までの事務局案のご説明といたします。以上でございます。



○上田委員長 説明が終わりましたので、質疑をお受けいたします。

 どうぞ。



◆永田[吉]委員 今の事務局案で結構でございます。



○上田委員長 どうぞ。



◆牧野[直]委員 先ほど多数決できょうという上程が決まりましたんですが、上程はきょうということで、これはいたし方ないとしても、あとの進め方については、やはり先ほど言いましたように議会の議事録のチェックとかが必要ですので、それだけの、即決ではなくって、委員会付託をして、そして後、再度議決というふうに手続を踏んでいただきたいと思います。



○上田委員長 ほかにございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 それでは、事務局案と委員会に付託してという、ご意見が2つに分かれましたので、事務局案に賛成の方の挙手をお願いいたしたいと存じます。

    (賛成者挙手)



○上田委員長 それでは、事務局案ということになりましたので、事務局案で進めさせていただきます。

 それでは、5番目の採決方法について、事務局、説明を願います。

 どうぞ。



◎議会事務局 ?採決の方法でございます。内容につきましてご説明申し上げます。

 大きく分けまして2通り、細かく言えば3通りございます。そこにあらわしております投票表決という方法と起立表決という方法がございます。

 まず、起立表決につきましては、従来行っておられる議場での起立表決でございます。

 上の投票表決の内容でございますが、今回、議案の成立要件にかかわりまして、先ほど申し上げましたとおり3分の2以上の議員数出席のもとで4分の3以上の同意を得るということで、数がかかわってございます。そういった賛成者の数を明確にする必要があるため、また、議長における議員としての表決権をあらわすという意味合いから、投票表決により採決するのが原則でございます。

 そして、その下、投票表決には2通りございまして、記名投票と無記名投票でございます。この内容は、投票用紙に賛成または反対と書いて、その横に氏名の欄がございますので、そちらに議員さんのご自身のお名前を書かれるのが記名投票の内容でございます。無記名投票と申しますのは、賛否のところに賛成または反対と書くのがその投票用紙でございます。

 その場合に、今回、市長不信任議決という議案の重要性にかんがみまして、その議員さんの賛否の態度を明確にし責任を持たれるという意味合いから、今回、記名投票というふうな方法がございます。そして、(イ)の無記名投票の場合は、表決内容が不明というふうなことになってございます。そして、(ア)の記名投票の下に、会議録における表決内容掲示ということが書いてございます。記名投票の場合ですと、会議録におきまして、賛成者だれそれ議員、だれそれ議員、だれそれ議員、反対議員だれそれ議員、だれそれ議員というふうな形で、後日の会議録においてそれがあらわれてくると。また、投票用紙につきましても、事務局等の方で保管もされてございますので、そういった内容で残る、あらわれるというふうなものでございます。

 また、下の起立表決の内容の場合は、運用例として、明らかに議決結果の状況が著しい差が生じるというふうな場合には、そういったことが事前に予測される場合には、起立表決によって行われている市議会もございます。

 以上、採決の方法についての内容のご説明といたします。以上でございます。



○上田委員長 説明が終わりましたので、何かご質疑ありましたら。

 どうぞ。



◆牧野[直]委員 ちょっと事務局に質問なんですけれども、以前に不信任決議案が出されたときがありますね。そのときはどちらをとられたんでしょうか。わかりますでしょうか。

    (発言する者あり)



◆牧野[直]委員 不信任決議案が出されたとき。



○上田委員長 どうぞ。



◆牧野[直]委員 議会のやっぱり一貫性というのが要るかと思いますので、できたら参考にしたいと思います。



○上田委員長 どうぞ。



◎議会事務局 ただいまの牧野委員さんのお尋ねは、昭和36年か7年ごろか、ちょっと年数は不確かですけども、若林元市長に対する市長不信任議案ということが、これまでの箕面市議会ではございました。事務局の方で申し上げておりますのは、内容につきまして2通りないしは3通りの方法があるということで提案をさせていただいてございます。そして、本日の議運に臨みましては、そういった事例は調べてございません。以上でございます。



○上田委員長 どうぞ。



◆上島委員 起立表決の場合は、議長は自席で態度を表明されるんでしょうか。



○上田委員長 どうぞ。



◎議会事務局 起立表決におきます議長の表決権のあらわし方といたしましては、議長席において起立していただくというのが賛成起立の場合の方法でございます。以上でございます。



○上田委員長 どうぞ。



◆牧野[直]委員 先ほどの件なんですけれども、不信任決議案というのは、そうたびたび出されるものではないので、できましたら、調べることはできるんでしょうか。



○上田委員長 一応参考とするとおっしゃってますので、可能ならばちょっと待ってみたらいいと思いますので。

 どうぞ。



◆上島委員 採決の方法につきましては、起立表決でお願いをいたします。



○上田委員長 どうぞ。



◎議会事務局 済みません、わかりましたのでご報告をさせていただきます。

 議事録を確認いたしまして、採決の方法は、討論の後に記名投票ということを確認をさせていただきました。以上でございます。済みません。



○上田委員長 ほかにございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 それでは、採決の方法は、投票表決と起立表決と2つの方法がありまして、どちらに決めていただくか、ここで皆さん方に決定していただきたいと思います。

 投票表決を、過去のあれを見ると投票、記名でされたということもありますので、投票表決ということの賛成の諸君の挙手を……。

    (発言する者あり)



○上田委員長 だから今やっているんでしょう。

 投票表決で進めるという方の賛成の方の挙手を願います。

    (賛成者挙手)



○上田委員長 賛成少数でございますので、起立表決に決定させていただきます。

 ほかに何かありましたら。

 事務局、その他はありませんか。



◎議会事務局 ございません。



○上田委員長 委員の皆さん、ございませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○上田委員長 ないようでございますので、これで議会運営委員会を終わらさせていただきます。

   午後3時10分 閉会

 箕面市議会議会運営委員会条例第13条の規定により、ここに押印する。

 平成18年12月22日

       議会運営委員会

        委員長 上田春雄