議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 箕面市

平成10年  9月 定例会(第3回) 10月01日−06号




平成10年  9月 定例会(第3回) − 10月01日−06号









平成10年  9月 定例会(第3回)



            第3回箕面市議会定例会継続会会議録

 10月1日(木曜日)

◯出席議員

    1番  西田隆一君          15番  永田吉治君

    2番  二石博昭君          16番  黒山政之君

    3番  増田京子君          17番  斉藤 亨君

    4番  牧野直子君          18番  布 邦夫君

    5番  藤沢純一君          19番  右田光一君

    6番  松本 悟君          20番  藤井稔夫君

    7番  八幡隆司君          21番  森岡利秋君

    8番  神田隆生君          22番  花畑舜一君

    9番  名手宏樹君          23番  北口和平君

   10番  稲尾寛一君          24番  谷 茂男君

   11番  中島健二君          25番  大越博明君

   12番  上田春雄君          26番  石田良美君

   13番  牧野芳治君          27番  内海辰郷君

   14番  中川善夫君

◯欠席議員

      なし

◯説明のため出席した者の職氏名

 市長     橋本 卓君    建設部長    梶田靖彦君

 助役     梶田 功君    出納室長    熊井 稔君

 助役     柴田龍男君    教育長     中垣芳隆君

 収入役    芝 寅勇君    水道事業管理者 横尾 巌君

                 監査委員

 総務部長   奥野三十四君           上西利之君

                 事務局長

                 農業委員会

 企画部長   清田栄紀君            稲治 昂君

                 事務局長

                 選挙管理委員会

 人権文化部長 出水睦夫君            佐藤昭夫君

                 事務局長

 競艇事業部長 西田義信君    教育次長    清水朝一君

 市民生活部長 大谷和雄君    学校教育部長  藤原秀子君

                 生涯学習

 健康福祉部長 仲野 公君            清水義雄君

                 推進部長

                 市立病院

 都市計画部長 芝山邦雄君            北脇善明君

                 事務局長

 消防長    木村忠利君    水道部長    平野忠志君

◯出席事務局職員

 事務局長   中野 豊君    総括主査    西川和彦君

 次長     上野信一君    主事      川瀬康司君

◯議事日程(第6号)

 平成10年10月1日 午前10時開議

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  選第4号   常任委員会委員選任の件

 日程第3  選第5号   豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員選挙の件

 日程第4  選第6号   安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員選挙の件

 日程第5  選第7号   交通対策特別委員会委員選任の件

 日程第6  選第8号   大規模地域整備開発特別委員会委員選任の件

 日程第7  選第9号   議会運営委員会委員選任の件

 日程第8  認定第1号  平成9年度箕面市一般会計決算認定の件

 日程第9  認定第2号  平成9年度箕面市特別会計競艇事業費決算認定の件

 日程第10 認定第3号  平成9年度箕面市特別会計国民健康保険事業費決算認定の件

 日程第11 認定第4号  平成9年度箕面市特別会計公共下水道事業費決算認定の件

 日程第12 認定第5号  平成9年度箕面市特別会計牧落住宅団地事業費決算認定の件

 日程第13 認定第6号  平成9年度箕面市特別会計老人保健医療事業費決算認定の件

 日程第14 認定第7号  平成9年度箕面市特別会計財産区事業費決算認定の件

 日程第15 認定第8号  平成9年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費決算認定の件

 日程第16 認定第9号  平成9年度箕面市病院事業会計決算認定の件

 日程第17 認定第10号 平成9年度箕面市水道事業会計決算認定の件

 日程第18 第69号議案 箕面市監査委員の選任について同意を求める件

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(午前10時 継続開議)



○議長(内海辰郷君) ただいまより平成10年第3回箕面市議会定例会継続会を開議いたします。

 この際、諸般の報告をいたさせます。事務局長 中野 豊君



◎事務局長(中野豊君) まず議員の出席状況をご報告申し上げます。

 本日は全員出席でございます。したがいまして本日の出席議員は27名で議会は成立いたしました。

 次に、本定例市議会継続会に付議される事件の説明員をご報告申し上げます。

  (以下報告)



○議長(内海辰郷君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により議長において10番 稲尾寛一君及び18番 布 邦夫君を指名いたします。

 次に、日程第2、選第4号「常任委員会委員選任の件」を議題といたします。

 これより選第4号、常任委員会委員の選任を行います。

 選任の方法につきましては、箕面市議会委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと存じます。

 これより指名いたします。

 まず、総務常任委員会委員には

   5番 藤沢純一君

   9番 名手宏樹君

  13番 牧野芳治君

  14番 中川善夫君

  20番 藤井稔夫君

  21番 森岡利秋君

  27番 内海辰郷

 以上7名の方々を指名いたします。

 次に、文教常任委員会委員には

   1番 西田隆一君

  11番 中島健二君

  15番 永田吉治君

  18番 布 邦夫君

  24番 谷 茂男君

  26番 石田良美君

 以上6名の方々を指名いたします。

 次に、民生常任委員会委員には

   4番 牧野直子君

   7番 八幡隆司君

  10番 稲尾寛一君

  16番 黒山政之君

  17番 斉藤 亨君

  23番 北口和平君

  25番 大越博明君

 以上7名の方々を指名いたします。

 次に、建設水道常任委員会委員には

   2番 二石博昭君

   3番 増田京子君

   6番 松本 悟君

   8番 神田隆生君

  12番 上田春雄君

  19番 右田光一君

  22番 花畑舜一君

 以上7名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員を選任することにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員を選任することに決定いたしました。

 なお、正副委員長につきましては、箕面市議会委員会条例第6条第2項の規定により、各委員会において互選していただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 この際、暫時休憩いたします。

     (午前10時5分 休憩)

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     (午前10時12分 再開)



○議長(内海辰郷君) これより休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に各常任委員会が開催され、それぞれ正副委員長が互選されましたので、その結果をご報告申し上げます。

 総務常任委員会では

  委員長に  20番 藤井稔夫君

  副委員長に  5番 藤沢純一君

 文教常任委員会では

  委員長に  15番 永田吉治君

  副委員長に 18番 布 邦夫君

 民生常任委員会では

  委員長に  16番 黒山政之君

  副委員長に 25番 大越博明君

 建設水道常任委員会では

  委員長に   6番 松本 悟君

  副委員長に  2番 二石博昭君

 以上のとおり、それぞれの常任委員会において正副委員長が選出されましたのでご報告申し上げます。

 次に、日程第3、選第5号「豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員選挙の件」を議題といたします。

 これより豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって議長において指名することに決定いたしました。

 これより指名いたします。

 豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員に

   4番 牧野直子君

  11番 中島健二君

  16番 黒山政之君

 以上3名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました3名の方々を、豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました3名の方々が、豊中市箕面市養護老人ホーム組合議会議員の当選人と決定いたしました。

 次に、日程第4、選第6号「安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員選挙の件」を議題といたします。

 これより安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって議長において指名することに決定いたしました。

 これより指名いたします。

 安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員に

  12番 上田春雄君

  22番 花畑舜一君

 以上2名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました2名の方々を、安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました2名の方々が、安威川、淀川右岸流域下水道組合議会議員の当選人と決定いたしました。

 次に、日程第5、選第7号「交通対策特別委員会委員選任の件」を議題といたします。

 選任の方法につきましては、箕面市議会委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと存じます。

 これより指名いたします。

   1番 西田隆一君

   2番 二石博昭君

   4番 牧野直子君

   8番 神田隆生君

  12番 上田春雄君

  22番 花畑舜一君

  25番 大越博明君

 以上7名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしましたとおり、委員を選任することにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、交通対策特別委員会委員は、ただいま指名いたしました7名の方々に決定いたしました。

 なお、正副委員長につきましては、箕面市議会委員会条例第6条第2項の規定により、委員会において互選していただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、日程第6、選第8号「大規模地域整備開発特別委員会委員選任の件」を議題といたします。

 選任の方法につきましては、箕面市議会委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと存じます。

 これより指名いたします。

   2番 二石博昭君

   3番 増田京子君

   5番 藤沢純一君

   6番 松本 悟君

   9番 名手宏樹君

  10番 稲尾寛一君

  11番 中島健二君

  14番 中川善夫君

  15番 永田吉治君

  18番 布 邦夫君

  23番 北口和平君

  25番 大越博明君

 以上12名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしましたとおり、委員を選任することにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、大規模地域整備開発特別委員会委員は、ただいま指名いたしました12名の方々に決定いたしました。

 なお、正副委員長につきましては、箕面市議会委員会条例第6条第2項の規定により、委員会において互選していただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 この際、暫時休憩いたします。

     (午前10時20分 休憩)

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     (午前10時27分 再開)



○議長(内海辰郷君) これより休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に各特別委員会が開催され、それぞれ正副委員長が選出されましたので、その結果をご報告申し上げます。

 交通対策特別委員会では

  委員長に  22番 花畑舜一君

  副委員長に  1番 西田隆一君

 大規模地域整備開発特別委員会では

  委員長に  10番 稲尾寛一君

  副委員長に 11番 中島健二君

 以上のとおり、それぞれの特別委員会において正副委員長が選出されましたのでご報告申し上げます。

 次に、日程第7、選第9号「議会運営委員会委員選任の件」を議題といたします。

 選任の方法につきましては、箕面市議会議会運営委員会条例第4条の規定により、議長において指名いたしたいと存じます。

 これより指名いたします。

   5番 藤沢純一君

  10番 稲尾寛一君

  12番 上田春雄君

  13番 牧野芳治君

  14番 中川善夫君

  17番 斉藤 亨君

  20番 藤井稔夫君

  24番 谷 茂男君

  26番 石田良美君

  27番 内海辰郷

 以上10名の方々を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしましたとおり、委員を選任することにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会委員は、ただいま指名いたしました10名の方々に決定いたしました。

 次に、日程第8、認定第1号「平成9年度箕面市一般会計決算認定の件」から日程第17、認定第10号「平成9年度箕面市水道事業会計決算認定の件」まで、以上10件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、まず、認定第1号から認定第8号まで、以上8件について収入役から提案理由の説明を求めます。収入役 芝 寅勇君



◎収入役(芝寅勇君) ただいまご上程になりました認定第1号「平成9年度箕面市一般会計決算認定の件」から、認定第8号「平成9年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費決算認定の件」までの8件につきまして、一括して提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 本件は、平成9年度一般会計並びに特別会計7会計に係る決算につきまして、本市監査委員の意見を付して、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、ご提案申し上げる次第でございます。

 なお、ご提案申し上げます各決算に係る概要のご説明でございますが、何分広範囲にわたりますので、まことに恐縮ではございますが、決算の結果のみをご説明いたしたく存じますので、あらかじめご了承賜りますようお願い申し上げます。

 それでは、認定第1号から順次ご説明申し上げます。認定第1号「平成9年度箕面市一般会計決算」におきましては、歳入合計484億6,284万9,831円、歳出合計465億4,212万5,350円、歳入歳出差引残額は19億2,072万4,481円と相なりますが、このうち9億円を財政調整基金に繰り入れましたことにより、差引残額は10億2,072万4,481円と相なり、本残額は平成10年度へ繰り越しいたしました。

 次に、認定第2号「平成9年度箕面市特別会計競艇事業費決算」におきましては、歳入合計766億4,646万9,469円、歳出合計739億2,061万2,201円、歳入歳出差引残額は27億2,585万7,268円と相なり、本残額は平成10年度へ繰り越しいたしました。

 次に、認定第3号「平成9年度箕面市特別会計国民健康保険事業費決算」におきましては、歳入合計58億1,094万358円、歳出合計60億3,038万670円、歳入歳出差引不足額は2億1,944万312円と相なり、本不足額は、翌年度歳入を繰上充用いたしました。

 次に、認定第4号「平成9年度箕面市特別会計公共下水道事業費決算」におきましては、歳入合計32億6,974万9,453円、歳出合計31億7,921万9,926円、歳入歳出差引残額は9,052万9,527円と相なり、本残額は平成10年度へ繰り越しいたしました。

 次に、認定第5号「平成9年度箕面市特別会計牧落住宅団地事業費決算」におきましては、歳入合計4,843万3,038円、歳出合計4,779万1,254円、歳入歳出差引残額は64万1,784円と相なり、本残額は平成10年度へ繰り越しいたしました。

 次に、認定第6号「平成9年度箕面市特別会計老人保健医療事業費決算」におきましては、歳入合計76億3,444万8,178円、歳出合計76億3,618万6,372円、歳入歳出差引不足額は173万8,194円と相なり、本不足額は翌年度歳入を繰上充用いたしました。

 次に、認定第7号「平成9年度箕面市特別会計財産区事業費決算」におきましては、歳入合計26億8,877万615円、歳出合計2億3,196万3,636円、歳入歳出差引残額は24億5,680万6,979円と相なり、本残額は平成10年度へ繰り越しいたしました。

 次に、認定第8号「平成9年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費決算」におきましては、歳入合計6億5,355万7,698円、歳出合計6億3,523万6,883円、歳入歳出差引残額は1,832万815円と相なり、本残額は平成10年度に繰り越しいたしました。

 以上、まことに簡単ではございますが、認定第1号から認定第8号までの8件につきましての提案理由とその概要のご説明といたします。何とぞよろしくご審査の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(内海辰郷君) 次に、認定第9号について市立病院事務局長から提案理由の説明を求めます。市立病院事務局長 北脇善明君



◎市立病院事務局長(北脇善明君) ただいまご上程になりました認定第9号「平成9年度箕面市病院事業会計決算認定の件」につきまして、提案理由とその概要をご説明申し上げます。

 本件は、平成9年度箕面市病院事業会計に係る決算につきまして、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき、本市議会の認定をお願いいたしたく、本市監査委員の意見を付してご提案申し上げる次第でございます。

 まず、平成9年度の事業報告でございますが、建設改良事業におきましては、時代に適応した医療ニーズにこたえるべく、ナースコールの改修工事を実施し、施設の整備充実に努めました。また、医療機器につきましては、血管造影検査装置、泌尿器科用透視撮影装置などの整備を図ってまいりました。

 次に、業務内容でございますが、平成9年度も前年度と同様に薬価の引き下げ、外来患者の本人負担の引き上げなどにより、厳しい財政運営が余儀なくされた1年間でございました。このような状況の中で、診療患者数において入院患者数は延べ11万6,180人(1日平均318.3人)、うち伝染病棟入院患者数は延べ45人となっております。また、外来患者数は延べ25万7,638人(1日平均1,051.6人)となっております。これを前年度と比較いたしますと、入院では、リハビリテーション病棟及びICUにおいて通年診療が行われたことなどの事由によりまして、延べ5,525人(5.0パーセント)の増加となり、外来でも、神経内科、形成外科及びリハビリテーション科において通年診療が行われたことなどの事由によりまして、延べ1,456人(0.6パーセント)の増加となりました。

 次に、平成9年度の収益的収支に係る決算状況につきましては、病院事業収益79億2,511万7,145円(消費税及び地方消費税抜きの額では79億1,113万8,823円)に対して、病院事業費用77億9,985万5,990円(消費税及び地方消費税抜きの額では78億6,442万9,674円)となりまして、経費の節減措置をはじめとする経営改善に基づく取り組みの成果として、差し引き4,670万9,149円の単年度純利益を計上いたしましたが、前年度からの繰越欠損金を含めた当年度未処理欠損金といたしましては、23億1,622万7,450円と相なるものでございます。

 また、資本的収支につきましては、消費税及び地方消費税込みの額で算出することとなっておりまして、資本的収入6億5,321万7,000円に対して、資本的支出6億5,519万4,000円となり、差し引き収支不足額197万7,000円となりますが、この不足額につきましては繰越資金で補てんいたしました。

 以上、まことに簡単でございますが、認定第9号「平成9年度箕面市病院事業会計決算認定の件」につきましての提案理由とその概要のご説明といたします。何とぞよろしくご審査の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(内海辰郷君) 次に、認定第10号について水道部長から提案理由の説明を求めます。水道部長平野忠志君



◎水道部長(平野忠志君) ただいまご上程になりました認定第10号「平成9年度箕面市水道事業会計決算認定の件」につきまして、提案理由とその概要をご説明申し上げます。

 本件は、平成9年度箕面市水道事業会計に係る決算につきまして、地方公営企業法第30条第4項の規定に基づき本市議会の認定をお願いいたしたく、本市監査委員の意見を付してご提案申し上げる次第でございます。

 まず、事業報告でございますが、建設改良事業のうち拡張事業におきましては、府道豊中亀岡線(箕面)配水管敷設工事ほか2件の工事を施行し、配水管網の整備拡充を図りました。

 新営改良事業におきましては、百楽荘一丁目76番地先配水管敷設替工事ほか27件の工事を施行し、配水管等の増補改良、及び開発等に伴う負担金工事を行ってまいりました。

 北部水道創設事業におきましては、1日最大1万立方メートルを余野川ダムから利水するためのダム使用権設定に係る本年度負担金の支払いを行ってまいりました。

 次に、給水状況でございますが、本年度末における給水人口は12万3,924人で、前年度に比較して404人(0.3パーセント)の減少となり、また、年間配水量におきましては1,584万8,009立方メートルで、前年度に比較いたしまして11万2,747立方メートル(0.7パーセント)の減少となりました。

 一方、有収率は95.2パーセントで、前年度に比較いたしまして0.5パーセントのダウンとなっております。

 次に、収益的収支に係ります本年度の損益計算といたしましては、消費税及び地方消費税抜きの額で算出することとなっており、これに基づき算定いたしますと、収入合計29億3,462万9,716円に対し、支出合計28億2,892万1,500円で、差し引き1億570万8,216円の純利益を計上することができました。したがいまして、当年度未処分利益剰余金といたしましては、前年度繰越利益剰余金を加えまして、2億861万9,249円と相なるものでございます。なお未処分利益剰余金は、地方公営企業法第32条第1項の規定に基づき、法定積立金であります減債積立金に600万円、また同条第2項の規定に基づき、任意積立金である建設改良積立金に5,000万円を積立計上いたしたく、お願い申し上げるものでございます。

 一方、資本的収支におきましては、消費税及び地方消費税込みの額で算出することとなっており、これに基づき算定いたしますと、収入合計は2億5,601万3,589円、支出合計は6億8,148万7,013円となっています。なお、収入合計には翌年度へ繰り越される支出の財源充当額5,000万円が含まれておりますので、差し引き不足額はそれを控除した4億7,547万3,424円となり、この不足額につきましては、過年度分及び当年度分損益勘定留保資金、建設改良積立金、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんいたしました。

 以上、まことに簡単ではございますが、認定第10号「平成9年度箕面市水道事業会計決算認定の件」につきましての提案理由とその概要のご説明といたします。何とぞよろしくご審査の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(内海辰郷君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ないようでございますので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号から認定第10号まで、以上10件につきましては、いずれも慎重審査の必要がありますので、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託し、閉会中の継続審査にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって各常任委員会に付託し、閉会中の継続審査に付することに決しました。

 次に、日程第18、第69号議案「箕面市監査委員の選任について同意を求める件」を議題といたします。

  (対象議員除斥)

 議案を朗読いたさせます。事務局長 中野 豊君



◎事務局長(中野豊君) 

  (議案朗読)



○議長(内海辰郷君) 市長から提案理由の説明を求めます。市長 橋本 卓君



◎市長(橋本卓君) ただいまご上程になりました第69号議案「箕面市監査委員の選任について同意を求める件」につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本件は、本市監査委員右田光一氏が、平成10年9月30日をもってご退任になりましたので、ここに北口和平氏を本市監査委員に選任いたしたくご提案申し上げるものでございます。

 北口氏は、本市議会におかれましては議長、副議長、総務常任委員会委員長、文教常任委員会委員長、建設水道常任委員会委員長、決算特別委員会委員長、交通対策特別委員会委員長、大規模地域整備開発特別委員会委員長等、多くの要職を歴任され、議会活動を通じまして、本市の行財政運営に豊富な経験と高邁な識見を持たれ、真に監査委員として適任者であり、また、議会のご推挙もございますので、ここに同氏を箕面市監査委員に選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定によりご提案申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第69号議案につきましてのご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(内海辰郷君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ないようでございますので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件については委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって本件については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ないようでございますので、これにて討論を終結いたします。

 よってこれより、第69号議案「箕面市監査委員の選任について同意を求める件」を採決いたします。

 本案を原案どおり同意することにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案どおり同意されました。

 この際、お諮りいたします。今期定例会の会期につきましては10月2日までとなっておりますが、付議された事件はすべて議了いたしました。よって今期定例会につきましては、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(内海辰郷君) ご異議なしと認めます。

 よって今期定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。

 ここで甚だ遅延をいたしておりましたが、前正副議長さんから退任のごあいさつの申し出がありますので、これをお受けいたしたいと存じます。谷、藤井、前正副議長さん、どうぞお願いいたします。

  (退任あいさつ)

  前議長  谷 茂男君

  前副議長 藤井稔夫君



◆前議長(谷茂男君) 議長のお許しをいただきまして、一言退任のごあいさつを申し上げます。

 顧みますと、昨年の第3回定例会におきまして、不肖私たち、議員各位の温かいご推挙を賜り、議長並びに副議長の要職に就任させていただいたのでございます。以来今日まで、微力でありましたが、市民の信託にこたえるべく、本市の発展と円滑なる議会運営の推進を図るため、相携えて努力いたしてまいったのでありますが、何分にも力及ばず、各位のご期待に十分沿い得なかったことを反省いたしている次第であります。

 しかしながら、幸いにいたしまして、議員各位はもとより、市長をはじめとする理事者の皆様方の温かいご支援、ご協力によりまして、それぞれの職責を大過なく全うすることができましたことは、私どもの最も喜びとするところであり、この場をおかりいたしまして、衷心より厚く御礼を申し上げます。

 今後は、この貴重な経験を生かし、なお一層市政発展のため全力を傾注いたしてまいる所存でありますので、皆様方におかれましては、今後とも従前と変わらぬご厚情を賜りますようお願いを申し上げます。

 また、このたび新しくご就任されました内海議長さん並びに中川副議長さんに対しまして、衷心よりお喜びを申し上げますとともに、市政発展のためご尽瘁いただきますようお願いを申し上げる次第でございます。

 終わりに臨みまして、皆様方のご健康とご多幸を祈念いたしまして、簡単措辞でその意を尽くし得ませんけれども、退任に当たりましてのお礼の言葉といたします。ありがとうございました。



○議長(内海辰郷君) それでは、この機会をおかりいたしまして、正副議長に選ばれました私たちが、一言ごあいさつをさせていただきます。

  (就任あいさつ)

  議長  内海辰郷君

  副議長 中川善夫君

 就任のあいさつを申し述べます前に、このたび退任されました前正副議長さんに対しまして、議会を代表いたしまして、一言お礼の言葉を申し上げます。

 谷前議長さん、並びに藤井前副議長さんにおかれましては、昨年の第3回定例会において衆望を担われ、それぞれの要職にご就任されたのでありますが、ご就任以来今日まで、市政の発展と円滑な議会運営に尽くされたそのご功績は、まことに大なるものがございます。そのご功績に対しまして、ここに衷心より敬意を表しますとともに、深く感謝申し上げる次第でございます。前正副議長さんにおかれましては、今後とも各般にわたりまして、格別のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。

 さて、このたび本市議会の役員改選に当たりまして、不肖私たちが議員各位の温かいご推挙を賜りまして、全国あまた3,300ある地方自治体の中で、伝統ある本箕面市議会の議長並びに副議長の要職をお預かりすることになりましたことは、最高の栄誉であり、まことに身に余る光栄であると、今、しみじみと感じており、心からお礼を申し上げる次第でございます。とは申し上げましても、まだまだ人生の若輩者であり、この重責を全うできるか大変不安もございますが、気力を奮い起こし、新たな気概を持って奮闘努力してまいりたいと存じます。

 ご高承のとおり、日本経済は長期にわたる景気の低迷から回復する兆しが見えない状況であり、また大阪府においては、財政再建プログラム(案)が提示されるなど、本市を取り巻く財政環境は大変厳しいものがあります。こうした厳しい状況の中、橋本市長のもと徹底した行財政改革を推進されるとともに、これからの地方分権時代に対応できる本市の独自性を生かした適切かつ効率的な自治運営、及び一層の市民福祉の向上に向けた諸施策の展開がなされるものと存じますが、そうした中にあって、われわれ議会の果たす役割は、まことに重要であると認識しておるところでございます。

 その任務といたしまして大きく次の2つを自覚しております。1つは、営々として私どもの諸先輩が築かれた箕面市議会の輝かしい歴史と伝統を守り抜くことであります。2つには、地方分権推進計画にも示されておりますとおり、議会の機能強化や公開性を高めながら、一層の議会の活性化を図ることと存じます。幸いにして、ここに6名もの議長経験者がおられます。この実績豊かな先輩諸氏をはじめ議員お一人お一人のご意見を十二分に拝聴しながら、市政の発展並びに議会の円滑なる運営のために、中川副議長と相協力しながら力の限り邁進いたす考えであります。各位におかれましては、微力な私どもに対しましてなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

 最後に、議員各位並びに市長をはじめ理事者の方々におかれましては、一層ご自愛の上、本市発展のためご尽力賜りますようお願い申し上げまして、まことに簡単措辞、その意を尽くし得ませんが、就任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(内海辰郷君) 閉会に先立ち、市長からごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、これをお受けいたします。市長 橋本 卓君



◎市長(橋本卓君) 閉会に先立ち、議長のお許しをいただきまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 本定例会は、去る9月4日から本日まで実に28日間の長きにわたり、本会議並びに各常任委員会において終始一貫慎重にご審議を賜り、本日ここに全日程を終了され、条例関係におきまして、「箕面市中小企業事業資金融資基金条例改正の件」ほか5件、予算関係におきまして「平成10年度の箕面市一般会計補正予算(第2号)」ほか特別会計3件の補正予算、並びに「水道事業会計補正予算(第1号)」のそれぞれ重要案件につきまして可決ご決定賜りましたことを、衷心から厚く御礼を申し上げます。今回ご決定いただきました各種施策並びに事務事業の執行の円滑なる推進はもとより、本会議並びに各常任委員会におきまして、ご提案、ご要望いただきました諸事項、並びに一般質問においてご提起いただきました貴重なご意見あるいは厳しいご指摘の諸事項、課題等につきましては、私をはじめ職員一同真剣なる調査研究を行い、今後のまちづくり政策の推進に資するよう、全力を傾注して市民の付託にこたえてまいる決意でございますので、議員各位におかれましては、今後とも変わらぬ温かいご教示とお力添えを賜りますようお願いいたします。

 なお、この席をおかりいたしまして、お祝いとお願いのごあいさつを申し上げたいと存じます。本市議会におかれましては、正副議長をはじめとする各役員の選出を無事終えられましたことに対しまして、衷心から敬意を表する次第でございます。内海辰郷、中川善夫両議員におかれましては、このたび衆望を担われ、議長及び副議長の要職にご就任されましたことを心からお祝い申し上げますとともに、それぞれの役員にご就任になりました議員各位に対しましても、あわせてお喜び申し上げます。また、役員改選により、今般正副議長をご退任されました谷 茂男、藤井稔夫両議員におかれましては、ご就任以来相携えられまして、風格と伝統に輝く本市議会の円滑な運営と本市の健全な発展のため、日夜を分かたぬご尽力を賜り、私ども理事者に対しまして格別のご指導、ご教示をいただきましたことを、ここに謹んで厚く御礼申し上げる次第であります。

 どうか正副議長をはじめ議員各位におかれましては、今後とも本市行財政の適正かつ円滑な運営のため、私ども理事者に対しまして、温かいご指導とご鞭撻を賜りますよう切にお願い申し上げますとともに、何とぞご健勝にて、なお一層のご活躍をいただきますよう心からご祈念いたしまして、極めて簡単ではございますが、閉会に当たりましての私のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(内海辰郷君) 以上をもって本日の日程は全部終了し、本第3回定例会に付議された事件、条例改正7件、補正予算5件、報告4件、同意1件、辞職許可2件、選挙4件、選任4件、特別委員会経過報告の件1件、意見書1件、決議1件、一般質問13件、その他2件、合計45件はすべて議了いたしました。なお、決算認定10件は閉会中の継続審査となっております。

 これをもちまして、平成10年第3回箕面市議会定例会を閉会いたします。ありがとうございました。

     (午前11時6分 閉会)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                箕面市議会議長    内海辰郷

                箕面市議会議員    稲尾寛一

                箕面市議会議員    布 邦夫