議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 箕面市

平成10年  9月 定例会(第3回) 09月04日−01号




平成10年  9月 定例会(第3回) − 09月04日−01号









平成10年  9月 定例会(第3回)



            第3回箕面市議会定例会会議録

 9月4日(金曜日)

◯出席議員

    1番  西田隆一君          15番  永田吉治君

    2番  二石博昭君          16番  黒山政之君

    3番  増田京子君          17番  斉藤 亨君

    4番  牧野直子君          18番  布 邦夫君

    5番  藤沢純一君          19番  右田光一君

    6番  松本 悟君          20番  藤井稔夫君

    7番  八幡隆司君          21番  森岡利秋君

    8番  神田隆生君          22番  花畑舜一君

    9番  名手宏樹君          23番  北口和平君

   10番  稲尾寛一君          24番  谷 茂男君

   11番  中島健二君          25番  大越博明君

   12番  上田春雄君          26番  石田良美君

   13番  牧野芳治君          27番  内海辰郷君

   14番  中川善夫君

◯欠席議員

      なし

◯説明のため出席した者の職氏名

 市長     橋本 卓君    建設部長    梶田靖彦君

 助役     梶田 功君    出納室長    熊井 稔君

 助役     柴田龍男君    教育長     中垣芳隆君

 収入役    芝 寅勇君    水道事業管理者 横尾 巌君

                 監査委員

 総務部長   奥野三十四君           上西利之君

                 事務局長

                 農業委員会

 企画部長   清田栄紀君            稲治 昂君

                 事務局長

                 選挙管理委員会

 人権文化部長 出水睦夫君            佐藤昭夫君

                 事務局長

 競艇事業部長 西田義信君    教育次長    清水朝一君

 市民生活部長 大谷和雄君    学校教育部長  藤原秀子君

                 生涯学習

 健康福祉部長 仲野 公君            清水義雄君

                 推進部長

 都市計画部長 芝山邦雄君    市立病院長   岩崎雅行君

 市立病院

        北脇善明君    水道部長    平野忠志君

 事務局長

 消防長    木村忠利君

◯出席事務局職員

 事務局長   中野 豊君    主事      川瀬康司君

 次長     上野信一君    主事      岩尾真由美君

 総括主査   西川和彦君

◯議事日程(第1号)

 平成10年9月4日 午後1時開議

 日程第1  会議録署名議員の指名

 日程第2  会期決定の件

 日程第3  報告第23号  専決処分の報告の件

 日程第4  報告第24号  専決処分の報告の件

 日程第5  報告第25号  専決処分の報告の件

 日程第6  第58号議案  箕面市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例改正の件

 日程第7  第59号議案  箕面市消防団員等公務災害補償条例改正の件

 日程第8  第60号議案  箕面市中小企業事業資金融資基金条例改正の件

 日程第9  第61号議案  箕面市印鑑登録及び証明に関する条例改正の件

 日程第10 第62号議案  箕面市国民健康保険条例改正の件

 日程第11 第63号議案  箕面市母子家庭医療費の助成に関する条例及び箕面市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例改正の件

 日程第12 第64号議案  平成10年度箕面市一般会計補正予算(第2号)

 日程第13 第65号議案  平成10年度箕面市特別会計老人保健医療事業費補正予算(第2号)

 日程第14 第66号議案  平成10年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費補正予算(第2号)

 日程第15 第67号議案  平成10年度箕面市特別会計公共下水道事業費補正予算(第1号)

 日程第16  第68号議案  平成10年度箕面市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第17  外国における都市行政の実態調査の件

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(午後1時 開会)



○議長(谷茂男君) ただいまより平成10年第3回箕面市議会定例会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長からごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、これをお受けいたします。市長 橋本 卓君



◎市長(橋本卓君) 本日ここに、平成10年第3回箕面市議会定例会が開会されるに当たり、ごあいさつを申し上げる機会を与えられましたことは、私の最も光栄とするところでございます。議員各位におかれましては、議会活動を通じ、本市発展のため日夜ご尽瘁賜っておりますことに対しまして、心から敬意と感謝の意を表する次第でございます。

 さて、このたびの本会議にご提案申し上げます議案といたしましては、条例関係におきまして、長期化する不況と資金繰りが困難な金融情勢に配慮し、特別融資を実施するための「箕面市中小企業事業資金融資基金条例改正の件」ほか5件、予算関係におきまして「平成10年度箕面市一般会計補正予算( 第2号)」ほか特別会計3件、並びに水道事業会計の補正予算、そして、第2回定例会以後において、やむなく専決処分いたしました事件につき報告の件3件でございます。これらの事件に関します提案理由及び内容等につきましては、ご上程の都度、それぞれ関係職員から詳細にご説明申し上げますので、何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。

 次に、第2回定例会以降における行政執行に関する事項についてご報告申し上げたいと存じます。去る5月に実施いたしましたダイオキシン類に関する旧稲清掃工場周辺の土壌及び池の底質、止々呂美残灰処理場周辺の土壌及び水質、市内4カ所の自己水源を浄水処理した水道水中の調査結果についてでございますが、その概要につきましては、すでにご案内のとおり、「もみじだより」9月号で市民の皆様にもお知らせしたところでございます。測定の結果は、いずれも健康や環境に重大な影響が出るような状態ではないとの評価でありましたが、今後とも、必要な調査の継続と所要の改善策を検討してまいる所存でございます。なお、ダイオキシン類に関する情報につきましては適宜お伝えするとともに、安全性の確保にも努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

 次に、箕面市都市景観条例に基づく山並み景観保全地区の指定についてでございますが、昨年の12月に本市として保全地区の指定を諮問して以降、慎重なご審議を重ねていただき、去る7月29日にご開催いただきました箕面市都市景観審議会におきまして、諮問いたしました区域を山並み景観保全地区として指定する旨を、附帯意見つきで答申することが確認され、間もなくそのご答申をいただく予定であり、今後はその保全活用策についての具体化を検討してまいる所存でございます。

 次に、市内公共交通整備事業の一環としてバスカード化システムの導入についてでございますが、本件につきましては、懸案といたしておりました、豊中市並びに吹田市が本市と同様の措置をとる意思決定が行われましたことから、来年1月からの運用開始ができるよう事務手続を進めるとともに、諸条件が整い次第、予算執行を図ってまいりたいと考えております。

 次に、箕面市立幼稚園における4歳児の2クラス化についてでありますが、このほど諸条件の整備が相整いましたことから、来年度当初からの実施に向け、現在事務手続を進めているところでございまして、とどろみ幼稚園を除く5園で2クラス70名とし、一部では通園区を外し、幼稚園間の調整を行うなど、幼児教育の充実に努めてまいりたいと考えております。

 次に、介護保険に関する事務の進捗状況でございますが、去る6月に介護保険事業計画策定委員会を設置いたしますとともに、この8月には市内の外国人市民を含みます65歳以上のすべての市民と、無作為抽出によります40歳以上65歳未満の市民約5,000名を対象に、意識調査を実施いたしたところであります。今後、2次調査として訪問調査を行い、来年の1月ごろをめどに調査結果の中間報告をまとめ、介護保険事業計画に反映してまいりたいと考えております。またこの9月からは、介護保険試行事業といたしまして、現在、保健福祉サービスを利用されています市民100名を対象に、介護認定のための訪問調査、介護認定、介護サービスプラン策定までの一連の事務を来年1月までモデルとして実施し、その結果を十分検証するなどして、適切な介護認定システムを整えてまいりたいと考えております。

 次に、本年11月から見直し実施されます大阪府老人医療費助成制度への対応についてでございます。本制度は、大阪府8割、本市2割の費用負担で成り立ってきたものであり、今後の高齢者人口の増加による財政負担を考慮いたしますと、大阪府の8割負担を肩がわり継続することは、本制度の意義を認識したとしても、現時点では困難と考えております。しかしながら、最近伝えられるところの医療診療の動向から見て、本制度の役割や効果が大きい点を勘案いたしますとき、大阪府の制度見直しの時期、あるいはその内容で同一歩調をとるのは適当でないと判断いたし、少なくとも平成10年度中は現行制度を維持するものとし、平成11年度以降の取り扱いにつきましては、今後、諸情勢を分析しながら引き続き検討を進め、基本的な考え方を取りまとめてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 次に、大阪府の財政再建プログラム素案に対する本市の対応についてでございますが、個別見直し項目の中には、住民サービスに大きな影響を与える施策が非常に多く含まれており、単に大阪府の財政再建上の問題にとどまらない内容だけに、本市といたしましては、さきに正副議長様をはじめ各幹事長様を通じてご案内申し上げましたとおり、プログラム全体に対する意見として4項目、施策の再構築に対する意見として4項目を、8月13日に大阪府市長会に対して提示いたしたものでございます。そして8月24日に、再び大阪府市長会臨時会議が開催され、各市の意見表明やそれを受けての議論を経て意見集約を行い、大阪府市長会として去る8月31日に、大阪府知事に対し、次のような申し入れが行われましたので、ご報告申し上げます。

 まず1点目には、現段階では府の財政再建プログラム素案を容認しがたいこと。

 2点目には、市町村に対し引き続き十分な説明と協議を行われたいこと。

 そして3点目として、府の財政再建プログラムの策定に当たっては、第1に、府民生活に重大な影響を及ぼさないよう配慮するとともに、府民の理解が得られるよう十分な手だてを講じること。第2に、国に対して地方税財政制度の改革を強く働きかけること。第3に、府の財政赤字を単に市町村に転嫁することのないようにするとともに、市町村への大幅負担増とならないよう、激減緩和措置を講じること。第4に、長期財政推計を毎年度見直し、再建プログラムの点検を行うとともに、その結果を公開するなどについて遺漏なきよう対処されたいという内容でございます。

 本市といたしましては当面、この大阪府市長会の方針を尊重してまいりたいと考えておりますが、本市独自の取り組みといたしまして、今後とも財政面はもとより、人的・間接的な施策影響度を各部局において継続的に精査するとともに、再建プログラムに関する動向把握、情報収集に努め、予測される事態への対応策の検討を進めてまいる所存でございますので、議員各位の絶大なご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。

 以上で開会に当たりましての私のごあいさつとご報告とさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(谷茂男君) これより本日の会議を開きます。この際、諸般の報告をいたさせます。事務局長中野 豊君



◎事務局長(中野豊君) まず議員の出席状況をご報告申し上げます。

 本日は全員出席でございます。したがいまして本日の出席議員は27名で議会は成立いたしました。

 次に、本定例市議会に付議される事件の説明員をご報告申し上げます。

  (以下報告)



○議長(谷茂男君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により議長において10番 稲尾寛一君び19番 右田光一君を指名いたします。

 次に日程第2、「会期決定の件」を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から10月2日までの29日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ご異議なしと認めます。

 よって会期は9月4日から10月2日までの29日間と決定いたしました。

 次に、日程第3に入ります前に、ここで去る8月17日付をもって総務常任副委員長神田隆生君から、総務常任委員長あて、副委員長の辞任願が提出されておりますことに関しまして、副委員長辞任許可の件を委員会においてご協議願うため、この際、暫時休憩いたします。

      (午後1時13分 休憩)

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      (午後1時20分 再開)



○議長(谷茂男君) これより休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に総務常任委員会が開催され、神田隆生君の総務常任副委員長辞任が許可され、新たに副委員長に7番 八幡隆司君が選出されましたので、ご報告申し上げます。

 次に日程第3、報告第23号「専決処分の報告の件」及び日程第4、報告第24号「専決処分の報告の件」、以上2件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、市民生活部長から報告を求めます。市民生活部長 大谷和雄君



◎市民生活部長(大谷和雄君) ただいまご上程になりました報告第23号「専決処分の報告の件」及び報告第24号「専決処分の報告の件」(交通事故に係る損害賠償請求に関する和解)につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 まず、報告第23号につきましては、平成10年4月9日午前9時45分ごろ、市民生活部環境クリーンセンター環境整備課の職員がごみ収集機械車を運転中、箕面市半町一丁目47番36地先路上において交差点を右折しようとしたところ、南進してきた同交差点を右折しようとした板谷彦之氏所有の車両と衝突し、双方の車両を破損させた事故でございます。その後、相手方と交渉いたしました結果、相手方の損害額15万8,392円とし、本市は相手方に7万1,276円を支払い、本市の損害額は51万7,366円とし、相手方は本市に28万4,551円を支払うことで和解が成立いたしました。

 次に、報告第24号につきましては、平成10年6月3日午前9時50分ごろ、市民生活部環境クリーンセンター環境整備課の職員がごみ収集機械車を運転中、箕面市桜井三丁目626番53地内において後退で進入したところ、駐車していた高際美登里氏所有の車両に衝突し、同車の後部バンパーを破損させた事故でございます。その後、相手方と交渉いたしました結果、本市が相手方の損害額7万507円を支払うことで和解が成立いたしました。

 2件とも、地方自治法第180条第1項の規定により、平成10年8月12日に専決処分いたしましたもので、同法180条第2項の規定によりご報告申し上げる次第でございます。

 なお、このたびの重なる事故の発生につきましてはまことに申しわけなく、ここに謹んでおわびを申し上げますとともに、今後、公用車の運転業務管理には十二分に留意いたしてまいりたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが、報告第23号及び報告第24号の説明といたします。何とぞよろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、日程第5、報告第25号「専決処分の報告の件」を議題といたします。

 議案の朗読を省略し、建設部長から報告を求めます。建設部長 梶田靖彦君



◎建設部長(梶田靖彦君) ただいまご上程になりました報告第25号「専決処分の報告の件」(交通事故に係る損害賠償請求に関する和解)につきまして、その内容をご説明申し上げます。

 本件は、平成10年7月27日午後3時10分ごろ、建設部下水道工務課の職員が貨物自動車を運転中、箕面市稲二丁目118番2先路上において交差点を南進したところ、荷台に乗せてあった梯子が対向車線に落下し、北進してきた黒田成人氏が所有する普通自動車の車両前部に接触し、同部分を破損させた事故でございます。その後、相手方と交渉いたしました結果、本市が相手方の損害額6万6,622円を支払うことで和解が成立いたしましたので、地方自治法第180条第1項の規定により、平成10年8月17日に専決処分いたしたもので、同法第180条第2項の規定によりご報告申し上げる次第でございます。

 なお、このたびの事故につきましてはまことに申しわけなく、ここに謹んでおわびを申し上げますとともに、今後、公用車の運転管理には十分留意いたしてまいりたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが、報告第25号のご説明といたします。何とぞご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、日程第6、第58号議案「箕面市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例改正の件」から、日程第11、第63号議案「箕面市母子家庭医療費の助成に関する条例及び箕面市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例改正の件」まで、以上6件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、助役から提案理由の説明を求めます。助役 柴田龍男君



◎助役(柴田龍男君) ただいまご上程になりました第58号議案「箕面市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例改正の件」、第59号議案「箕面市消防団員等公務災害補償条例改正の件」、第60号議案「箕面市中小企業事業資金融資基金条例改正の件」、第61号議案「箕面市印鑑登録及び証明に関する条例改正の件」、第62号議案「箕面市国民健康保険条例改正の件」及び第63号議案「 箕面市母子家庭医療費の助成に関する条例及び箕面市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例改正の件」につきまして、提案理由とその内容のご説明を申し上げます。

 まず、第58号議案「箕面市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の改正に伴い、非常勤消防団員の退職報償金の額を改定するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、非常勤消防団員の退職報償金を、階級及び勤務年数の区分に応じ、最高額を現行90万円を91万円に、最低額を現行12万円を12万5,000円にそれぞれ引き上げるものでございます。

 次に、第59号議案「箕面市消防団員等公務災害補償条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、非常勤消防団員等の補償基礎額並びに介護補償及び葬祭補償の額を改定するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、第1に、消防作業従事者等に係る補償基礎額につきまして、最高額を現行1万4,300円を1万4,500円に、最低額を現行8,900円を9,100円に、それぞれ引き上げるものでございます。

 第2に、非常勤消防団員等に係る補償基礎額の扶養親族に係る加算額につきまして、扶養親族でない配偶者がある場合の扶養親族のうち、1人についての加算額を新たに217円とし、扶養親族のうち、満15歳から22歳までの子に対する加算額を、1人につき現行100円を133円に引き上げるものでございます。

 第3に、介護補償につきまして常時介護を要する場合における介護補償の最高額を、現行月額10万5,980円を月額10万7,100円に、最低額を現行月額5万7,550円を月額5万8,150円に、随時介護を要する場合における介護補償の最高額を、現行月額5万2,990円を月額5万3,550円に、最低額を現行月額2万8,780円を月額2万9,080円に、それぞれ引き上げるものでございます。

 第4に、非常勤消防団員等が公務により死亡した場合における葬祭補償につきまして、基本額を現行29万5,000円を30万5,000円に引き上げるものでございます。

 第5に、別表第1におきまして非常勤消防団員に係る補償基礎額につきまして、階級及び勤務年数の区分に応じ、最高額を現行1万4,300円を1万4,500円に、最低額を現行8,900円を9,100円にそれぞれ引き上げるものでございます。

 次に、第60号議案「箕面市中小企業事業資金融資基金条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、長期化する不況と金融事情の情勢の変化により支障を来している中小企業の資金繰りに対応するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、箕面市中小企業事業資金融資基金の額を、現行2億円を3億円に引き上げるものでございます。

 次に、第61号議案「箕面市印鑑登録及び証明に関する条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、外国人登録原票に登録されている者の印鑑登録証明書を自動交付機により交付するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、自動交付機による印鑑登録証明書の交付申請は、本市の住民基本台帳に記録されている者に限る旨規定しているため、この規定を削除するものでございます。

 次に、第62号議案「箕面市国民健康保険条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、国民健康保険法等の改正に伴い、国民健康保険の保険料の賦課総額に係る基準を改めるとともに、あわせて関係規定を整備するため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、国民健康保険の事務の執行に要する費用及び事務費負担金が一般財源化されたこと、及び退職被保険者等に係る老人医療費拠出金相当額の2分の1に相当する額を被用者保険が負担することとなったことに伴い、一般被保険者に係る国民健康保険の保険料の賦課総額からこれらの額を除外し、あわせて附則第4条の2の規定を整備するものでございます。

 次に、第63号議案「箕面市母子家庭医療費の助成に関する条例及び箕面市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例改正の件」につきましてご説明申し上げます。

 本件は、児童扶養手当法施行令の改正に伴い、児童扶養手当を受給できなくなった者の医療費の助成について経過措置を設けるため、本条例を改正しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、平成10年7月31日まで箕面市母子家庭医療費及び箕面市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成を受けていた者について、平成11年10月31日までの間、改正前の児童扶養手当法施行令の所得基準を適用することにより、医療費の助成の対象とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第58号議案から第63号議案までの6議案につきましてのご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(谷茂男君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ないようでございますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております第58号議案から第63号議案まで以上6件は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。

 次に日程第12、第64号議案「平成10年度箕面市一般会計補正予算(第2号)」から日程第16、第68号議案「平成10年度箕面市水道事業会計補正予算(第1号)」まで、以上5件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し、以上5議案に対してそれぞれ提案理由の説明を求めます。

 まず、第64号議案について総務部長の説明を求めます。総務部長 奥野三十四君



◎総務部長(奥野三十四君) ただいまご上程になりました第64号議案「平成10年度箕面市一般会計補正予算(第2号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明いたします。

 今回お願い申し上げております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出ともに5億1,736万6,000円の追加で、これにより歳入歳出予算の総額は443億3,626万6,000円と相なるものでございます。

 今回の補正予算は、第2回定例会以降現在までに確定いたしました事務事業に必要な経費の追加等で、その内容につきまして歳出予算から款を追ってご説明申し上げます。

 まず、第2款総務費、第1項総務管理費におきまして、庁舎本館耐震補強工事に要する経費等1,095万4,000円の減額でございます。

 次に、第3款民生費におきまして1,183万2,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項社会福祉費におきまして、福祉基金積立金等197万6,000円の追加、第2項児童福祉費におきまして、民間保育所施設整備費補助金等985万6,000円の追加でございます。

 次に、第4款衛生費におきまして825万3,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項保健衛生費におきまして、市民歯のつどいの開催に要する経費23万5,000円の減額、第2項清掃費におきまして、残灰処理場排水処理設備改善に要する経費153万3,000円の追加、第4項上水道費におきまして、水道事業会計への繰り出しに要する経費695万5,000円の追加でございます。

 次に、第6款農林水産業費、第1項農業費におきまして、農業用さく泉維持補修費補助金99万8,000円の追加でございます。

 次に、第7款商工費、第1項商工費におきまして、中小企業事業資金融資基金繰出金等1億1,976万8,000円の追加でございます。

 次に、第8款土木費におきまして3億6,560万7,000円の追加で、この内訳といたしまして、第2項道路橋りょう費におきまして、狭あい道路整備に要する経費431万3,000円の追加、第4項都市計画費におきまして、交通施設整備基金積立金等3億6,129万4,000円の追加でございます。

 次に、第9款消防費、第1項消防費におきまして、消防ポンプ自動車の購入に要する経費等968万9,000円の減額でございます。

 次に、第10款教育費、第1項教育総務費におきまして、心の教室相談員活用調査研究に要する経費等218万3,000円の追加でございます。

 次に、第13款諸支出金、第1項諸費におきまして、平成9年度生活保護費府費負担金等の交付額精算に係る返還金2,936万8,000円の追加でございます。

 以上で歳出予算の補正額は5億1,736万6,000円と相なるものでございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明申し上げます。

 歳出予算の補正額5億1,736万6,000円の財源措置といたしまして、まず第1款市税におきまして4,700万円の減額で、この内訳といたしまして、第1項市民税におきまして4億2,700万円の減額、第5項特別土地保有税におきまして3億8,000万円の追加でございます。

 次に、第10款分担金及び負担金、第2項負担金におきまして、助産施設措置費負担金18万4,000円の追加でございます。

 次に、第12款国庫支出金におきまして238万8,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項国庫負担金におきまして、助産施設措置費負担金32万8,000円の追加、第3項国庫委託金におきまして、心の教室相談員活用調査研究委託金等206万円の追加でございます。

 次に、第13款府支出金におきまして843万9,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項府負担金におきまして、助産施設措置費負担金16万4,000円の追加、第3項府委託金におきまして、臨時福祉特別給付金支給事務委託金等827万5,000円の追加でございます。

 次に、第15款寄附金、第1項寄附金におきまして、交通施設整備費寄附金等2億383万4,000円の追加でございます。

 次に、第16款繰入金、第2項他会計繰入金におきまして、特別会計老人保健医療事業費繰入金915万4,000円の新規計上でございます。

 次に、第17款繰越金、第1項繰越金におきまして、前年度繰越金2億6,973万1,000円の追加でございます。

 次に、第18款諸収入におきまして7,063万6,000円の追加で、この内訳といたしまして、第1項延滞金加算金及び過料におきまして、諸税滞納延滞金7,000万円の追加、第5項雑入におきまして、平成9年度保健事業費府費負担金の精算交付金63万6,000円の追加でございます。

 以上で歳入予算の補正額は5億1,736万6,000円と相なるものでございます。

 次に、第2条債務負担行為補正につきましてご説明申し上げます。

 これは第2表にございますとおり、平成10年度箕面市中小企業緊急経済対策特別融資損失補償につきまして、所要の期間及び限度額をもって債務負担行為の設定をいたしたく、お願い申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第64号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、第65号議案について健康福祉部長の説明を求めます。健康福祉部長 仲野 公君



◎健康福祉部長(仲野公君) ただいまご上程になりました第65号議案「平成10年度箕面市特別会計老人保健医療事業費補正予算(第2号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 今回お願い申し上げております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出ともに1,453万7,000円の追加で、これにより歳入歳出予算の総額は84億1,951万6,000円と相なるものでございます。

 次に、その内容につきまして歳出予算からご説明申し上げます。

 第3款諸支出金、第1項償還金におきまして1,453万7,000円の追加で、これは平成9年度老人保健医療事業費の確定に伴う府負担金及び一般会計繰入金の返還金でございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明申し上げます。

 歳出予算補正額1,453万7,000円の財源措置といたしまして、まず第1款支払基金交付金、第1項支払基金交付金におきまして43万7,000円の追加で、これは平成9年度老人保健医療事業費の確定に伴う審査支払手数料交付金の過年度収入でございます。

 次に、第2款国庫支出金、第1項国庫負担金におきまして1,410万円の追加で、これは平成9年度老人保健医療事業費の確定に伴う医療費負担金の過年度収入でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第65号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、第66号議案について都市計画部長の説明を求めます。都市計画部長 芝山邦雄君



◎都市計画部長(芝山邦雄君) ただいまご上程になりました第66号議案「平成10年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費補正予算(第2号) 」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 今回お願い申し上げております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出予算ともに1億1,000万円の追加で、これにより歳入歳出予算の総額は20億6,536万3,000円と相なるものでございます。今回の補正は、国庫補助金が増額となったことに伴う経費の補正で、その内容につきまして歳出予算からご説明申し上げます。

 第1款土木費費、第1項都市計画費におきまして1億1,000万円の追加で、これは千里川の橋梁架橋工事の実施に係る工事請負費の増額でございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明申し上げます。

 歳出補正予算額1億1,000万円の財源措置といたしましては、まず第1款国庫支出金、第1項国庫補助金におきまして5,100万円の追加で、これは土地区画整理事業に係る国庫補助金の増額でございます。

 次に、第3款繰入金、第1項他会計繰入金におきまして1,118万1,000円の追加で、これは一般会計からの繰入金の増額でございます。

 次に、第4款繰越金、第1項繰越金におきまして1,831万9,000円の追加で、これは前年度繰越金が確定したことに伴う増額でございます。

 次に、第6款市債、第1項市債におきまして2,950万円の追加で、これは萱野中央土地区画整理事業債の増額でございます。

 次に、第2条継続費の変更につきましてご説明申し上げます。

 これは、第2表継続費補正にございますとおり、継続費におきまして、平成10年度から平成15年度までの経費総額に変更はございませんが、さきにご説明申し上げましたとおり、平成10年度の年割額を1億1,000万円増額し、補正後は19億4,819万7,000円とすることにより、最終年度の平成15年度年割額を1億1,000万円減額し、補正後は1億8,919万7,000円といたしたく、お願い申し上げるものでございます。

 次に、第3条地方債の変更についてご説明申し上げます。

 これは、第3表地方債補正にございますとおり、一般公共事業債につきまして2,950万円増額し、限度額を8,980万円と変更いたしたく、お願い申し上げるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第66号議案「平成10年度箕面市特別会計萱野中央土地区画整理事業費補正予算(第2号)」の提案理由とその内容のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、第67号議案について建設部長の説明を求めます。建設部長 梶田靖彦君



◎建設部長(梶田靖彦君) ただいまご上程になりました第67号議案「平成10年度箕面市特別会計公共下水道事業費補正予算(第1号)」につきまして、提案理由とその内容のご説明を申し上げます。

 今回お願い申し上げております補正予算の補正額は、第1条にございますとおり、歳入歳出とも、1億4,133万6,000円の追加で、これにより歳入歳出予算の総額は33億5,274万9,000円となるものでございます。今回の補正予算は、桜井排水区管渠築造事業に係る事業費の追加で、その内容につきまして歳出予算よりご説明申し上げます。

 第1款衛生費、第2項下水道事業費におきまして、国庫補助対象事業費が増額された桜井排水区管渠築造工事に係る工事請負費1億2,825万円の追加、同排水区におけるガス管移設等に伴う補償金1,308万6,000円の追加でございます。

 次に、歳入予算につきましてご説明申し上げます。

 歳出予算補正額1億4,133万6,000円の財源措置といたしまして、第3款国庫支出金、第1項国庫補助金におきまして、公共下水道事業費補助金6,800万円の追加でございます。

 次に、第6款繰越金、第1項繰越金におきまして、前年度からの繰越金1,353万6,000円の追加でございます。

 次に、第8款市債、第1項市債におきまして、公共下水道事業債5,980万円の追加でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第67号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) 次に、第68号議案について水道部長の説明を求めます。水道部長 平野忠志君



◎水道部長(平野忠志君) ただいまご上程になりました第68号議案「平成10年度箕面市水道事業会計補正予算(第1号)」につきまして、提案理由とその内容をご説明申し上げます。

 まず、第2条におきまして業務の予定量の補正でございますが、主要な建設改良事業といたしまして、北部水道創設事業におきまして、建設省猪名川総合開発余野川ダム工事費が補正予算で増額されたことにより、当該工事費の本市負担金の予定額が変更されたことに伴い、9,211万2,000円を追加し、1億4,116万2,000円とするものでございます。

 次に、第3条におきまして、資本的収入及び支出予定額の補正でございますが、まず、収入予定額におきまして、第1款資本的収入、第4項繰入金におきまして86万円、第5項国庫補助金におきまして4,605万6,000円、第6項出資金におきまして42万9,000円、第7項借入金におきまして566万6,000円、第8項創設負担金におきまして3,910万1,000円をそれぞれ追加し、これにより資本的収入は6億1,425万4,000円と相なるものでございます。

 次に、支出予定額におきまして、第1款資本的支出、第1項建設改良費におきまして9,211万2,000円を追加し、これにより資本的支出は10億4,937万3,000円と相なるものでございます。

 次に、第4条は事業費補助のため一般会計から補助を受ける金額の補正でございますが、2億3,764万1,000円を2億3,850万1,000円とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、第68号議案のご説明といたします。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(谷茂男君) これより一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ないようでございますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております第64号議案から第68号議案まで以上5件は、お手元に配付いたしてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の各常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第17「外国における都市行政の実態調査の件」を議題といたします。

 本件については、別紙お手元に配付いたしておりますとおり、外国における都市行政の実態調査を実施するものであります。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ないようでございますので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件については委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ご異議なしと認めます。

 よって本件については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので発言を許します。5番藤沢純一君



◆5番(藤沢純一君) 「外国における都市行政の実態調査の件」に反対し、以下その理由を簡単に述べます。

 谷議長が、大阪府市議会議長会主催の海外研修に行かれるということですが、その訪問し、宿泊する先は、ロンドン、パリ、フランクフルトの3市ということです。昨年秋の全国市及び特別区740自治体に対する調査によりますと、海外行政視察人気都市ベストテン、これは1位がロンドン、2位がパリ、3位フランクフルト。ちなみに残り言いますと、4位ジュネーブ、5位シドニー、6位コペンハーゲン、7位ミュンヘン、8位クライストチャーチ、9位ローマ、10位ワシントンということであります。今回の視察は、物の見事にそこに行くことになっています。しかも11日間の期間のうち視察はわずか4回、4日ということじゃなくて、わずか4回です。あとは市内見学だけ。いま日本じゅうで話題が沸騰しています、まさに典型的な物見遊山の海外視察ではありませんか。ジャンボ宝くじからの交付金で行くから市財政に負担をかけない、だからいい、という話なのかもしれませんが、交付金の受け皿であります市町村振興協会は、収益事業として、公共施設整備事業資金50億円の貸し付けを、現在36市町村に対して行っています。さらに基金運営事業として公益事業助成、防災行政無線再整備事業費助成、さらにわれわれの会派に毎月届いてます情報誌「自治大阪」などの作成、地方分権、環境問題などの研究会など、今後本当に必要な人材育成や行政研究、こういう事業に貴重な資金を投入している、そういう団体であります。このように、地方分権化の流れの中で実に貴重な役割を担っている団体でありますが、むだな事業に金を費やす余裕はないというのが現状ではありませんか。

 市議会議長会は、昨年実績では13人の視察に約1,300万円、今回では14人分1,400万円の交付を受け、そして、括弧つきの視察に行くわけですが、この視察事業が議長会の年間予算額の半分というのが、この急速に動く世情についていくことのできない組織であることを、端的に表しているのではないでしょうか。今、このような不要不急の事業をとめ、市議会議長会自体が議会のあり方について真剣に調査研究することにお金を使わない限り、来るべき21世紀には、市民の間から議会不要論がとうとうと巻き起こることは間違いないと、私は考えております。私は6年前、議員野球のときでもそうでしたが、常に市民感覚から見て、おかしいことはおかしいと指摘してきました。今回の場合もはっきりおかしいと指摘しておきます。私は、あえてこれ以上深くは追及しません。2年後のわれわれの市議会議員の選挙のときに、必ずや市民の審判が下ることは、これもまた間違いないという、そういう思いを込めまして反対討論を終わります。



○議長(谷茂男君) 以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。

  (“なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ないようでございますので、これにて討論を終結いたします。

 よってこれより、「外国における都市行政の実態調査の件」を採決いたします。

 別紙のとおり派遣することに賛成の諸君の起立を求めます。

  (賛成者起立)



○議長(谷茂男君) 起立者多数であります。

 よって、別紙「外国における都市行政の実態調査の件」のとおり、派遣することに決しました。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。本日はこれをもって散会し、明9月5日から9月24日まで20日間委員会審査のため休会し、9月25日午前10時より本会議を再開いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

  (“異議なし”の声あり)



○議長(谷茂男君) ご異議なしと認めます。

 よって明9月5日から9月24日まで20日間休会し、9月25日午前10時より本会議を再開することに決しました。

 本日はこれをもって散会いたします。

       (午後2時3分 散会)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

                箕面市議会議長    谷 茂男

                箕面市議会議員    稲尾寛一

                箕面市議会議員    右田光一