議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大東市

平成23年5月11日議会運営委員会−05月11日-03号




平成23年5月11日議会運営委員会

 議 会 運 営 委 員 会 会 議 録

〇 開催年月日   平成23年5月11日(水)
〇 会議時間    開会時間 午後2時49分 〜 閉会時間 午後3時07分
……………………………………………………………………………………………………………
〇 出席委員
    寺 坂 修 一 委員長       水 落 康一郎 副委員長
    大 谷 真 司 委員        飛 田   茂 委員
    中 野 正 明 委員        豊 芦 勝 子 委員
    岩 渕   弘 委員
……………………………………………………………………………………………………………
〇 欠席委員
    中 谷   博 委員
……………………………………………………………………………………………………………
〇 委員外出席議員
    中 河   昭 議長        古 崎   勉 副議長
……………………………………………………………………………………………………………
〇 出席事務局員
    大 西 秀 信 事務局長      青 木 浩 之 総括参事
    松 川 輝 美 主幹兼上席主査   初 木 清 敏 主幹兼上席主査
    石 田 景 俊 主査        高 尾 行 則 書記
……………………………………………………………………………………………………………
〇 議題
    1.特別委員会について
……………………………………………………………………………………………………………



              ( 午後2時49分 開会 )
○寺坂 委員長 
 ただいまより議会運営委員会を開会させていただきます。
 先ほど、各特別委員会につきまして存続か廃止かということの御議論をお受けいたしました。各委員長から御報告がありました内容を、まず確認させていただきたいと思います。
 新駅設置と市内3駅周辺整備に関する調査研究特別委員会については継続、学校統合と跡地・教育環境に関する特別委員会については、これも継続、歴史文化的史跡の保存と整備に関する特別委員会についても継続して調査研究を行うということでございます。
 ただ、行財政改革に関する特別委員会につきましては、委員長のほうから条件つきという形で送られてきました。その条件というのは、まだ半ばではございますが、この後議運のほうに提案されようとしております議会改革に関する特別委員会とセットでこの内容が協議できないかという、こういう御議論がございましたので、その部分につきまして議運の皆様方にお諮りをしたいと考えております。
 まず、最初のこの3つの特別委員会の存続につきましては、この報告どおり受けてもよろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○寺坂 委員長 
 ありがとうございます。
 それでは、それ以外のことにつきまして、委員長のほうから提案をさせていただきたいと思っておりますので。
 いいですか、いきます。
 まず、新駅設置と市内3駅周辺整備に関する調査研究特別委員会につきましては、前回の議運の中で、コミュニティバスと市内の交通対策につきまして御議論をしていただきたいという要望が出されておりましたけど、その部分をセットにしまして、お手元の資料の中の新駅設置と市内3駅周辺整備と交通問題に関する調査研究特別委員会という形にして名称を変えまして、従来の新駅と3駅プラス放置自転車、コミュニティバスの運行とか、このことについても議論ができるようにさせていただきたいという形での、存続プラスアルファという形の分でございます。
 もう1点目は、学校統合と跡地・教育環境に関する特別委員会につきましては、学力向上をもう一つ、今大東の中で一つの問題になっておりますので、学校統合と跡地・教育環境、学力向上に関する特別委員会ということで、この学力向上というものを追加して、このこともこの特別委員会の中で議論ができるような形にしようじゃないかということが2点目でございます。
 あと、公立中学校の給食に関する特別委員会につきましては既に前回の議会運営委員会で承認されておりますので、これはこのままいくという形をとりまして、最後に、議会改革と行財政改革に関する特別委員会という名称でございますが、本来ならば、議会が先頭を切ってみずからの改革をやるべきだということで大東市議会はやっておりまして、今回定数であるとか報酬であるとか政務調査費、議員研修会等につきましてのことを集中的に調査研究するということを踏まえて、先ほど行財政に関する特別委員会の委員長から付託としてありました行政のスリム化につきましても、ここの中で議論ができるようにしていただきたいという形で、あえて議会改革と行財政改革に関する特別委員会という形にさせていただいております。
 なお、歴史文化的史跡の保存と整備に関する特別委員会についてはそのままでございますので、この文章の中には入っておりませんので、これはそのまま継続という形にさせていただきたいと思います。
 委員長のほうから今3点ほど、変更点ですか、提案をさせていただきましたけど、委員の皆様方の御意見とお考えを聞かせていただきたいと思います。
 豊芦委員。
◆豊芦 委員 
5月9日の議会運営委員会で議論をこの特別委員会設置に関してやった中で、公立中学校の給食に関する特別委員会は設置をしようということで、あとは、また特別委員会は新しく議運で検討しようということなんですが、今も議運ですけれども、本日あと日程も詰まっておりますので、本日はこの前回の決定をしてる公立中学校の給食に関する特別委員会。
○寺坂 委員長 
 現状でいくということですね。
◆豊芦 委員 
 はい。中学校給食の特別委員会を新たに設置するということで、あとは持ち帰って検討させていただきたいなと思うんですが。
○寺坂 委員長 
 しばらく休憩しますか、結論が出るまで。
◆豊芦 委員 
 いえいえ、もうきょうは日程が詰んでると思いますので私は……。
○寺坂 委員長 
 いやいや、だからこれを今……。
◆豊芦 委員 
 日を改めたらどうかなというのが私のほうの提案です。皆様はどうでしょうか。
○寺坂 委員長 
 なら散会しましょうか、どうしますか。持ち帰らなあかんなら散会しますよ、もう一回。いいですか。
◆中野 委員 
 散会しよう。ということは、もうあしたいうことですね。
○寺坂 委員長 
 あしたしましょう、ほんなら。いいですか。持ち帰るという今意見が……。いやいや、ほかの人から意見がありましたら言っていただいてもいいと思います。どうしますか、結論が出せないということでございますのでしたら、持ち帰らないと結論が出せないという今意見が出ましたので、その分につきまして、ほんなら持ち帰る形でするんやったら一たんこの議運は閉じまして、要するに、だから特別委員会の設置に関しては設置してから人選をするという、こういう形に変えさせていただくということになりますので。それ以外のことをやるのか、あとはもう議長にお任せしたいと思いますけど、どうですか。
◆豊芦 委員 
 私はほかの会派の皆さんがどうかということと、特別委員会の設置、きょう新たに提案されてる内容を今即刻決めないと不都合があるんですかね。
○寺坂 委員長 
 だから人選の問題だけですよということです。だからこれを後回しすれば、別に持ち帰って、だからその議論をしていただいて、改めてその分を持ち寄りましたというプロセスをせないかんと思いますので、一たん、ほんなら切りましょうか、それで結論。
 はい、どうぞ。
◆中野 委員 
 休憩でお願いします。
○寺坂 委員長 
 暫時休憩いたします。
              ( 午後2時56分 休憩 )
              ( 午後3時00分 再開 )
○寺坂 委員長 
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 今、お手元に提案させていただきました5つの特別委員会につきまして、これを設置するかどうかにつきまして皆様方の御意見を聞かせていただきたいと思います。
 なお、文言が変わってるところもございますので、新しい分の考え方ですので、前回の議運で給食をつくるということになっております、このことも踏まえて、きょう全部この23年度の特別委員会は何にするかということの最終結論でございますので、前回の中河議運委員長のときに決めさせていただいた部分も、改めてきょうここでこのメンバーの構成をしますかということの確認もちょっとさせていただきたいと思いますので、そういう立場で、そういう考えで御意見を聞かせていただきたいと思います。
 そしたら、一応持ち帰ろうかと言ってた共産党の議員団から、どうですか。
◆飛田 委員 
 質問になるんですけども、9日の議運の流れ、詳細について知らないんですが、今回提出されている学校統合と跡地・教育環境の次に学力向上に関する特別委員会というふうになってる部分がそのときには話し合われてないと思うんですけれども、この学力向上という文言が教育の内容にかかわる問題なのかどうか。それは、行政や、あるいは僕らが侵してはならない部分が含まれるように意味される言葉として学力向上というのも一般では歩き回っているのでね、ちょっとそのイメージが持ちにくいんですが。だから教育内容に行政が介入するってなったらこれはおかしなことになるし、どういう意味合いでこの学力向上というものがここに加味されたのかということをちょっとお聞きしたいと。
○寺坂 委員長 
 簡単ですよ。特別委員会というのは、大東市で抱えている一番重要な問題につきまして先進的に取り組んでいくという部分でございますから、学力の低下とか向上についての議論というのは一般質問等でもどんどんやってますので、皆さんもそれはどんどんやってはりますから。ただ、教育権の侵害というのは我々も起こす気は全然ないと思ってますから、そこの一つのボーダーラインちゅうのはあると思ってますので、そこを踏まえてまでやるという必要性はないと思いますけど、ただ、このことを無視する必要はもっとないと思っておりますので、そういう面であえて、教育環境というのは設備の充実というとらえ方になってきてますけど、もう少し学力の分も入れた向上のための環境づくりちゅうのも、これ大事になってくるんじゃないかなと思ってますから、放課後のあり方とかもろもろ入れて。だから、そういうことをあえてここに追加で入れさせていただきましたということです。他の会派はどうですか。
 大東維新の会の皆さん、よろしいですか。
 公明党さん、どうですか。
◆大谷 委員 
 公明党もオーケーです。
○寺坂 委員長 
 清新会、よろしいですか。
 そしたらもう一度確認いたします。
 5つの特別委員会を設置いたします。1つ目が新駅設置と市内3駅周辺整備・交通問題に関する調査研究特別委員会、2つ目が学校統合と跡地・教育環境、学力向上に関する特別委員会、3つ目が歴史文化的史跡の保存と整備に関する特別委員会、4つ目が、新設でございますけど、公立中学校の給食に関する特別委員会、5つ目が議会改革と行財政改革に関する特別委員会、この5つを、23年度の議会として特別委員会として設置するということを議会運営委員会として決定をさせていただきたいと思いますけど、これでよろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○寺坂 委員長 
 ほんならそういうことで決定させていただきます。
 次に、先ほど中野議員のほうから指摘がございました特別委員会の人数、定数でございます。前回は17名で9人という一つの定数枠でございましたが、今2人欠員が出ておりますので15人の議員定数になっております。これを従来どおり9人の枠でいくのか、それとも欠員を生じさせるという形で1人なり2人をなしにするのかという、このことの議論をさせていただきたいと思います。
 ただ、あえて委員長のほうから御提案させていただきますのは、できるだけ9名の皆様方に参加していただくために、限りなく負担を軽くするためにあえて特別委員会を一つでも多く減らさせていただいたということがあって、最終的に5つに絞らせていただいたちゅうこともありますので、できましたら人数変更じゃなくて、このままの中で、各会派2名、無会派1名という8プラス1というこの数字で人選をしていただけたらありがたいと思います。これはあくまでも委員長私案でございますので、皆さんの御意見を聞かせてください。よろしいですか、いいですか。
 7人がいいとか8人がいいといったら、根拠が今度はなってきますもんでね、そうすると、今が定数が9というこの数字はそんなに動かせないかなという感じしますので。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○寺坂 委員長 
 それでは、皆さんの御賛同をいただきましたので、特別委員会の定数につきましては各委員会9名という形でさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
 あと、このことを受けまして議長に報告いたしまして、特別委員会の設置、またメンバーの人選、あと委員長、副委員長の分につきましては議長のほうにお任せしたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。
◎青木 総括参事 
 委員長、済みません、手続上のちょっと確認だけ発言をお願いしたいんですが。
○寺坂 委員長 
 どうぞ。
◎青木 総括参事 
 今、新駅と学校統合に関しては追加するという形になってますので、これは一たん前の特別委員会を廃止して新たにこの名前で設置するという手順になるということだけ、ちょっと御確認をお願いしたいんです。手続上の問題です。
○寺坂 委員長 
 だから、基本的に23年度の特別委員会として5つをつくったと思っとってほしいんですよ。確かに、だから継続とかちゅう議論は中身の継続の話であって、特別委員会的には新たに23年度分としてこれをつくったという、こう理解しといていただいたほうがいいと思います。
 はい、どうぞ。いいですか。
◎青木 総括参事 
 オーケーです。
○寺坂 委員長 
 よろしいですか。
 あと、議長、よろしくお願いいたします。
 以上をもちまして委員会を終了いたします。
              ( 午後3時07分 閉会 )
……………………………………………………………………………………………………………



大東市議会委員会条例第22条の規定により会議のてん末を記載し、署名する。

                 議会運営委員会委員長