議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大東市

平成23年 3月第1回定例会−02月28日-01号




平成23年 3月第1回定例会

        平成23年3月第1回大東市議会定例会会議録

〇 議  事  日  程
     平成23年2月28日(月)  午前10時開議  (第1日目)
日程第 1 議会議案第1号 議席の一部変更について
日程第 2 会議録署名議員の指名について
日程第 3 会期決定および休会日における本会議の開議について
日程第 4 議案第24号 大東市固定資産評価審査委員会委員の選任について
日程第 5 議案第16号 北河内二次救急医療協議会規約の一部を変更する規約について
日程第 6 議案第 1号 平成22年度大東市一般会計補正予算(第5次)について
日程第 7 議案第 2号 平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第3次)について
日程第 8 議案第 3号 平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第3次)について
日程第 9 議案第 4号 平成22年度大東市都市開発資金特別会計補正予算(第1次)について
日程第10 議案第 5号 平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第3次)について
日程第11 議案第 6号 平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第2次)について
日程第12 施政方針
日程第13 議案第17号 氷野小学校校舎大規模改造建築工事請負契約の締結に係る議決内容の一部変更について
日程第14 議案第18号 大東市基金条例の一部を改正する条例について
日程第15 議案第19号 大東市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
日程第16 議案第20号 大東市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について
日程第17 議案第21号 大東市排水設備工事に係る責任技術者および指定工事店に関する条例の一部を改正する条例について
日程第18 議案第22号 大東市立歴史とスポーツふれあいセンター条例について
日程第19 議案第23号 大東市立図書館条例の一部を改正する条例について
日程第20 議案第25号 大東市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
日程第21 議案第26号 大東市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
日程第22 議案第 7号 平成23年度大東市一般会計予算について
日程第23 議案第 8号 平成23年度大東市国民健康保険特別会計予算について
日程第24 議案第 9号 平成23年度大東市交通災害共済事業特別会計予算について
日程第25 議案第10号 平成23年度大東市下水道事業特別会計予算について
日程第26 議案第11号 平成23年度大東市火災共済事業特別会計予算について
日程第27 議案第12号 平成23年度大東市都市開発資金特別会計予算について
日程第28 議案第13号 平成23年度大東市介護保険特別会計予算について
日程第29 議案第14号 平成23年度大東市後期高齢者医療保険特別会計予算について
日程第30 議案第15号 平成23年度大東市水道事業会計予算について
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 本日の会議に付した事件
議事日程第1から第30まで
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 出 席 議 員(16名)
    1番 大 谷 真 司 議員    9番 中 野 正 明 議員
    2番 大 束 真 司 議員   10番 澤 田 貞 良 議員
    3番 水 落 康一郎 議員   11番 中 河   昭 議員
    4番 川 口 志 郎 議員   12番 古 崎   勉 議員
    5番 光 城 敏 雄 議員   13番 豊 芦 勝 子 議員
    6番 飛 田   茂 議員   14番 三ツ川   武 議員
    7番 寺 坂 修 一 議員   15番 松 下   孝 議員
    8番 内 海 久 子 議員   17番 岩 渕   弘 議員
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 欠 席 議 員(1名)
   16番 中 谷   博 議員
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 地方自治法第121条による出席者
       岡 本 日出士   市長
       今 井   清   副市長
       中 口   馨   教育長
       上 床 千 早   政策推進部長
       川 端 利 明   総務部長
       末 松 良 三   市民生活部長
       田 中   宏   健康福祉部長
       東 口 啓 一   子ども未来部長
       澤 田 義 廣   街づくり部長
       三 原 一 廣   会計管理者
       奥 山   武   消防長
       藤 井 敏 和   水道局長
       中 岡   亘   教育委員会学校教育部長
       山 本   克   教育委員会学校教育部指導監
       亀 岡 治 義   生涯学習部長
       田 中 祥 生   総務部総括次長兼総務課長
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 議会事務局職員出席者
       平 井 正 俊   事務局長兼総括次長
       青 木 浩 之   事務局総括参事
       初 木 清 敏   事務局上席主査
       高 尾 行 則   書記
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


     午前10時18分開議
○中野正明 議長  ただいまから平成23年3月第1回大東市議会定例会を開会いたします。
 開会に際しまして一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、市長より第1回定例会を招集されましたところ、時節柄何かとご多忙の中、ご出席を賜り、まことにありがとうございます。
 日ごろは本市市勢の伸展と市民福祉向上のためご活躍をいただいておりますことに対し、深甚なる敬意を表する次第であります。
 さて、今期定例会において、市長より施政方針が示されるほか、付議されます案件といたしましては、条例の制定及び一部改正、22年度各会計の補正予算並びに23年度一般会計等の予算など数多くの重要諸議案をご審議いただくのでありますが、どうか慎重にご審議を重ねられますとともに、議事進行にも格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 また、議会基本条例に規定されています自由討議、反問権について積極的に活用していただきますよう、議員並びに理事者の皆様方にお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会のごあいさつといたします。
 次に、市長より開会のごあいさつをいただきます。岡本市長。
◎岡本日出士 市長  (登壇)開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 このところ急に春めいてまいり、やわらかな日差しが心地よい季節となっておりますが、議員各位にはますますご健勝にてご活躍のこととお喜びを申し上げます。
 本日ここに平成23年第1回大東市議会定例会を招集させていただきましたところ、議員各位には公私何かとご多用の中ご出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 本日ご提案申し上げます議案は、平成23年度一般会計予算を初め、人事案件並びに各条例の制定及び一部改正等でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決を賜りますようお願い申し上げます。
 さて、国の経済は昨年夏以降の急速な円高の進行等により不透明感が強まり、雇用も依然厳しい状況が続いております。このような中、平成23年度の予算編成に当たりましては、引き続き行財政改革を推進することで、より一層効果的で効率的な行財政運営を行ってまいる所存でございます。
 また、本年は市制施行55周年の記念すべき年であり、市全体で新たなまちづくりの推進に全力を挙げて取り組んでまいりたいと考えております。
 なお、平成23年度の私の市政運営に対する基本方針並びに主要施策につきましては、後ほど施政方針の中で申し上げたいと存じますので、議員各位のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。
○中野正明 議長  次に、議会運営委員会委員長からご報告願います。中河議会運営委員会委員長。
◆11番(中河昭議員) (登壇)過日開催されました議会運営委員会のご報告を申し上げます。
 まず、今期定例会の会期は、本日から3月24日までの25日間といたします。
 なお、3月6日の日曜日には代表質問を行いますので、よろしくお願いいたします。
 次に、議員の所属会派の異動に伴い、議会議案第1号「議席の一部変更について」の件を提案しますので、即決でお願いいたします。
 次に、議案第24号「大東市固定資産評価審査委員会委員の選任について」及び議案第16号「北河内二次救急医療協議会規約の一部を変更する規約について」は、即決でお願いいたします。
 以上、報告を終わります。
○中野正明 議長  この際申し上げます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しております日程表のとおり定めておりますので、これによりご了承いただきたいと思います。
 この際、日程に先立ちまして事務局長より諸般の報告をいたします。平井事務局長。
◎平井正俊 事務局長兼総括次長  諸般のご報告を申し上げます。
 最初に、議員の出席状況の報告でございますが、本日の会議におきます現在までの出席議員数は16人でございます。
 なお、中谷議員から病気のため欠席の申し出がありました。
 次に、各種会議の報告及び平成22年中に採択されました請願及び陳情の処理経過並びに結果についてでございますが、これはお手元に配付いたしております報告書によりご了承いただきたいと思います。

              報  告  事  項

                         ┌第4回定例会以降のもの┐
 各種会議報告等                 └H.22.12.22〜 H.23.2.27┘
┌──────┬──────────────────────────────┐
│ 月  日 │         概          要         │
├──────┼──────────────────────────────┤
│12月22日│議会活性化推進協議会           於 本 会 議 場│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)マナー条例について                 │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     議 員 大谷真司、大束真司、水落康一郎、川口志郎、│
│      │         光城敏雄、飛田 茂、寺坂修一、内海久子、 │
│      │         中河 昭、古崎 勉、豊芦勝子、中谷 博、 │
│      │         岩渕 弘                 │
│      │ 欠席者 議 員 三ツ川武、松下 孝            │
├──────┼──────────────────────────────┤
│12月24日│飯盛霊園組合議会             於 四 條 畷 市│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成21年度組合一般会計歳入歳出決算の認定について │
│      │ (2)平成21年度組合特別会計歳入歳出決算の認定について │
│      │ (3)飯盛斎場条例の一部を改正する条例の制定について   │
│      │ (4)組合職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例│
│      │    の制定について                   │
│      │ (5)組合霊園整備基金条例の一部を改正する条例の制定につい│
│      │    て                         │
│      │ (6)その他                       │
│      │ 出席者 議 員 大谷真司、水落康一郎、中河 昭      │
├──────┼──────────────────────────────┤
│12月28日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会  於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一                 │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明            │
│      │ 欠席者 副部会長 豊芦勝子                │
│      │     議 員 中河 昭                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月 4日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会  於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一                 │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明            │
│      │ 欠席者 副部会長 豊芦勝子                │
│      │     議 員 中河 昭                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月 7日│会派代表者会議                於 議 長 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成23年度当初予算案【議会分】について      │
│      │ (2)地方議会議員年金制度の廃止に伴う予算措置等について │
│      │ (3)その他                       │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     会派代表者 大谷真司、中河 昭、川口志郎、豊芦勝子│
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月14日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会  於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一                 │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明            │
│      │ 欠席者 副部会長 豊芦勝子                │
│      │     議 員 中河 昭                 │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │大東市農業委員会               於 大 東 市│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)農地転用について                  │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者 議 員 寺坂修一、三ツ川武            │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月19日│淀川左岸水防事務組合議会臨時会        於 枚 方 市│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)議長選挙について                  │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者 議 員 岩渕 弘                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月21日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会  於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一 副部会長 豊芦勝子       │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明、中河 昭       │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │大東市都市計画審議会           於 厚生棟A会議室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)東部大阪都市計画生産緑地地区の変更について     │
│      │ 出席者 委 員 大谷真司、水落康一郎、古崎 勉、中谷 博 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月25日│河北市議会議長会及び管外行政視察              │
│    〜 │ 協議事項                         │
│   26日│ (1)平成23年度大阪府市議会議長会等役員の推薦(案)につ│
│      │    いて                        │
│      │ (2)平成23年度事業(案)について           │
│      │ (3)平成22年度予算(案)について           │
│      │ (4)その他                       │
│      │ (視察先及び目的)                    │
│      │ 〇広島県広島市 〇「クロスセクションについて」      │
│      │          ・クロスセクションについて       │
│      │          ・こども施策クロスセクションについて  │
│      │ 〇広島県呉市  〇「議会基本条例について」        │
│      │     議 長 中野正明  副議長 澤田貞良       │
│      │     事務局長 平井正俊 総括参事 青木浩之      │
│      │     事務職員 石田景俊                │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月28日│東部大阪治水対策促進議会協議会管内視察           │
│      │ 視察先及び目的                      │
│      │ 八尾市                          │
│      │ ・竜華水みらいセンター(大阪府東部流域下水道事務所管轄) │
│      │ 出席者 委 員 大束真司、飛田 茂            │
│      │     総括参事 青木浩之                │
│      │ 欠席者 委 員 中野正明                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 1月31日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会  於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一 副部会長 豊芦勝子       │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明、中河 昭       │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月 1日│合同委員会報告会             於 本 会 議 場│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)報告事項について                  │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者                          │
│      │  まちづくり委員会                    │
│      │   委員長 水落康一郎                  │
│      │   委 員 大谷真司、大束真司、光城敏雄、中野正明、   │
│      │       澤田貞良、豊芦勝子、松下 孝         │
│      │  いきいき委員会                     │
│      │   委員長 内海久子 副委員長 古崎 勉         │
│      │   委 員 川口志郎、飛田 茂、寺坂修一、三ツ川武、   │
│      │       中河 昭、岩渕 弘              │
│      │ 欠席者 まちづくり委員会 副委員長 中谷 博       │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │議会運営委員会協議会           於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)第4回定例会の反省点について            │
│      │ (2)第1回定例会について                │
│      │ (3)議会活性化の取り組みについて            │
│      │ (4)その他                       │
│      │ 出席者 委員長 中河 昭 副委員長 内海久子       │
│      │     委 員 大谷真司、水落康一郎、川口志郎、古崎 勉、│
│      │         豊芦勝子、岩渕 弘            │
│      │     議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月 4日│大阪府市議会議長会理事会          於 大阪市中央区│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)第262回総会の開催について            │
│      │ (2)平成23年度事業計画(案)について         │
│      │ (3)平成23年度会計予算(案)について         │
│      │ (4)平成23年度役員の割当てについて          │
│      │ (5)その他                       │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     事務局長 平井正俊                │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │大東市民生委員推薦会           於 厚生棟B会議室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)民生委員候補者(補充)の審査について        │
│      │ 出席者 委 員 川口志郎                 │
│      │ 欠席者 委 員 岩渕 弘                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月 8日│東大阪都市清掃施設組合行政視察               │
│      │ 視察先及び目的                      │
│      │ 〇大阪府豊能郡豊能町                   │
│      │ ・豊能郡環境施設組合(ダイオキシン対策)         │
│      │ 出席者 議 員 岩渕 弘                 │
│      │ 欠席者 議 員 川口志郎、寺坂修一            │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月 9日│大阪府後期高齢者医療広域連合議会      於 大阪市中央区│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成22年度広域連合一般会計補正予算について    │
│      │ (2)平成22年度広域連合特別会計補正予算について    │
│      │ (3)平成23年度広域連合一般会計予算について      │
│      │ (4)平成23年度広域連合特別会計予算について      │
│      │ (5)広域連合職員の給与に関する条例の一部改正の件について│
│      │ (6)その他                       │
│      │ 欠席者 議 員 中谷 博                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月10日│行財政改革に関する特別委員会       於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)事業仕分けについて                 │
│      │ (2)中間提言(平成21年5月14日議場配布)について  │
│      │ (3)今後の進め方について                │
│      │ (4)その他                       │
│      │ 出席者 委員長 大谷真司 副委員長 水落康一郎      │
│      │     委 員 飛田 茂、寺坂修一、内海久子、中野正明、 │
│      │         澤田貞良                 │
│      │ 欠席者 議 員 古崎 勉、中谷 博            │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │河北市議会議員合同研修会           於 門 真 市│
│      │ 講演 演題「笑いは国境を越える」             │
│      │    講師 落語家 桂 小春團治 氏           │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     議 員 大谷真司、大束真司、水落康一郎、川口志郎、│
│      │         光城敏雄、飛田 茂、寺坂修一、内海久子、 │
│      │         中河 昭、松下 孝、岩渕 弘       │
│      │     事務局長 平井正俊、事務職員 高尾行則、石田景俊 │
│      │ 欠席者 議 員 三ツ川武、古崎 勉、豊芦勝子、中谷 博  │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │会派代表者会議                於 議 長 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市人権教育啓発推進協議会「ヒューネットだいとう」│
│      │    の裁判に関する今後の市対応について(報告)     │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     会派代表者 大谷真司、中河 昭、川口志郎、豊芦勝子│
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月15日│学校統合と跡地・教育環境に関する特別委員会         │
│      │                     於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)四条小学校跡地活用に関する条例(予定)の概要について│
│      │ (2)小学校統合準備委員会の経過報告について       │
│      │ (3)四条小学校の通学路整備、北条小学校の安全対策および通│
│      │    学路整備について                  │
│      │ (4)北条西小学校跡地活用について            │
│      │ (5)その他                       │
│      │ 出席者 委員長 中河 昭 副委員長 大束真司       │
│      │     委 員 大谷真司、水落康一郎、川口志郎、光城敏雄、│
│      │         飛田 茂、澤田貞良            │
│      │ 欠席者 委 員 中谷 博                 │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │大東市農業委員会             於 厚生棟A会議室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)農地について                    │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者 議 員 寺坂修一、三ツ川武            │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月16日│大東市マナー条例の制定に関する専門部会    於 議 長 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)大東市マナー条例の制定について           │
│      │ 出席者 部会長 寺坂修一 副部会長 豊芦勝子       │
│      │     議 員 大谷真司、中野正明、中河 昭       │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │議員研修会                於 委 員 会 室│
│      │ 講演 演題「自治体議会の役割と議会改革」         │
│      │    講師 日本経営協会専任講師 加藤幸雄 氏      │
│      │       (元全国市議会議長会調査広報部長)      │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     議 員 大谷真司、大束真司、水落康一郎、川口志郎、│
│      │         飛田 茂、寺坂修一、内海久子、三ツ川武、 │
│      │         中河 昭、古崎 勉、豊芦勝子、松下 孝、 │
│      │         岩渕 弘                 │
│      │ 欠席者 議 員 光城敏雄、中谷 博            │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月16日│新駅設置と市内3駅周辺整備に関する調査研究特別委員会    │
│      │                     於 委 員 会 室│
│      │ (1)四条畷駅および野崎駅周辺整備についての中間報告   │
│      │ (2)その他                       │
│      │ 出席者 委員長 寺坂修一 副委員長 岩渕 弘       │
│      │     委 員 大束真司、川口志郎、内海久子、三ツ川武、 │
│      │         中河 昭、古崎 勉、松下 孝       │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月18日│大阪府都市計画審議会臨時会         於 大阪市中央区│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)東部大阪都市計画用途地域の変更について       │
│      │ (2)東部大阪都市計画道路の変更について         │
│      │ 出席者 議 長 中野正明                 │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月21日│全議員議案説明会             於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成23年3月第1回定例会の議案について      │
│      │ 出席者 議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
│      │     議 員 大谷真司、大束真司、水落康一郎、川口志郎、│
│      │         光城敏雄、飛田 茂、寺坂修一、内海久子、 │
│      │         三ツ川武、中河 昭、古崎 勉、豊芦勝子、 │
│      │         岩渕 弘                 │
│      │ 欠席者 議 員 松下 孝、中谷 博            │
│      ├──────────────────────────────┤
│      │議会運営委員会              於 委 員 会 室│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成23年3月第1回定例会の運営について      │
│      │ (2)議会活性化の取り組みについて            │
│      │ (3)平成23年第1回臨時会、第2回定例会の日程について │
│      │ (4)その他                       │
│      │ 出席者 委員長 中河 昭 副委員長 内海久子       │
│      │     委 員 大谷真司、水落康一郎、川口志郎、古崎 勉、│
│      │         豊芦勝子、岩渕 弘            │
│      │     議 長 中野正明 副議長 澤田貞良        │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月24日│東大阪都市清掃施設組合議会        於 東 大 阪 市│
│      │ 協議事項                         │
│      │ (1)平成22年度組合一般会計補正予算(第3回)について │
│      │ (2)平成23年度組合一般会計予算について        │
│      │ 出席者 議 員 川口志郎、寺坂修一、岩渕 弘       │
├──────┼──────────────────────────────┤
│ 2月25日│大東市農業委員会現地視察研修会               │
│      │ 目的                           │
│      │ 他府県における先進的な農業経営、農業振興対策等について  │
│      │ 視察先                          │
│      │ 〇和歌山県紀の川市「めっけもん広場」           │
│      │ 〇和歌山県海南市「中野BC株式会社」           │
│      │ 出席者 議 員 寺坂修一、三ツ川武            │
└──────┴──────────────────────────────┘



 最後に、議長は今期定例会期中、議案説明のため市長並びに各関係者の出席を求められました。
 以上、報告を終わります。
○中野正明 議長  これより議事に入ります。
 日程第1、議会議案第1号「議席の一部変更について」の件を議題といたします。
 議員の所属会派の異動に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部を変更いたしたいと思います。
 変更のある議席番号及び氏名を事務局長より朗読いたします。平井事務局長。
◎平井正俊 事務局長兼総括次長  それでは、変更のありました10番から14番の議席番号について、変更後の議席番号及び指名をご報告申し上げます。
 10番、澤田貞良議員。11番、中河昭議員。12番、古崎勉議員。13番、豊芦勝子議員。14番、三ツ川武議員。
 以上でございます。
○中野正明 議長  ただいま事務局長が朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決定いたしました。
 なお、座席の移動は後刻お願いいたします。
 日程第2、本日の会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、岩渕議員及び大谷議員を指名いたします。
 次に、日程第3、「会期決定および休会日における本会議の開議について」の件を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から3月24日までの25日間とし、会議規則第10条第3項の規定により、3月6日の日曜日に本会議を開催いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から3月24日までの25日間とし、3月6日の日曜日に本会議を開催することに決定いたしました。
 この際申し上げます。一般質問につきましては、明3月1日午後5時までに質問の要旨を記載の上、議長まで通告を願います。
 次に、報告第1号「交通事故に係る専決処分の報告について」の件につきましては、市長より提出があり、既にお手元に配付しておりますので、これによりご了承いただきたいと思います。
 次に、日程第4、議案第24号「大東市固定資産評価審査委員会委員の選任について」の件を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。岡本市長。
◎岡本日出士 市長  (登壇)議案第24号大東市固定資産評価審査委員会委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。
 現委員の野口昇氏は、その任期が平成23年3月23日をもって満了いたしますので、その後任として橋本正幸氏を任命いたしたく、地方税法第423条第3項の規定に基づき、ここに議会の同意を求める次第でございます。
 橋本正幸氏は、人格、識見ともに固定資産評価審査委員会委員として申し分ない方と信じております。
 何とぞよろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第24号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、議案第24号については委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより議案第24号の件を採決いたします。
 本案は原案に同意することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第24号は原案に同意することに決しました。
 次に、日程第5、議案第16号「北河内二次救急医療協議会規約の一部を変更する規約について」の件を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。東口子ども未来部長。
◎東口啓一 子ども未来部長  (登壇)おはようございます。
 議案第16号北河内二次救急医療協議会規約の一部を変更する規約につきましてご説明申し上げます。
 平成23年第1回定例会議案書の2ページ及び3ページをお開きください。
 北河内二次救急医療協議会は、北河内地域における二次救急医療に関する事務を共同して管理し及び執行することを目的として設置している協議会でございます。
 この事務所の位置につきましては、救急医療体制に関する事務を効率的に執行できるようにするため、7市の合意により北河内夜間救急センター協議会の事務所と同一場所に置くこととされております。
 北河内夜間救急センター協議会につきましては、昨年の各市における6月定例会におきましてご議決いただき、この事務局を寝屋川市から枚方市に移設することについて協議が調い、既に11月1日から枚方市におきまして業務を開始しております。
 このたび、北河内二次救急医療協議会の事務所につきましても、7市の合意に基づいて平成23年4月1日をもって寝屋川市から枚方市に移設を行うに当たり、北河内二次救急医療協議会規約の変更につきまして、枚方市、交野市、守口市、寝屋川市、門真市、四條畷市と協議するため、2ページ及び3ページに記載のとおり、地方自治法第252条の6の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第16号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、議案第16号の件については委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより議案第16号の件を採決いたします。
 本案は原案どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。
 次に、日程第6、議案第1号「平成22年度大東市一般会計補正予算(第5次)について」、日程第7、議案第2号「平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第3次)について」、日程第8、議案第3号「平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第3次)について」、日程第9、議案第4号「平成22年度大東市都市開発資金特別会計補正予算(第1次)について」、日程第10、議案第5号「平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第3次)について」及び日程第11、議案第6号「平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第2次)について」、以上6件を一括議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。
 最初に、議案第1号について、上床政策推進部長。
◎上床千早 政策推進部長  (登壇)おはようございます。
 議案第1号平成22年度大東市一般会計補正予算(第5次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本補正予算は、退職手当の追加や各特別会計に対する繰出金のほか、今期に補正を必要とするものにつきまして計上をいたしております。また、繰越明許費、債務負担行為の補正並びに地方債の補正につきましてもあわせてお願いをするものでございます。
 初めに、歳入歳出予算の補正についてご説明をいたします。
 本補正予算で2億1,830万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ413億5,306万9,000円とするものでございます。
 それでは、歳入予算から、その主な内容につきましてご説明を申し上げます。
 補正予算書の2ページをごらんください。
 款5の地方交付税補正額7,767万8,000円の増は、国税5税の増収見込みなどに伴う普通交付税の増額によるものでございます。
 款9の国庫支出金補正額2億6,258万7,000円の増は、児童福祉費負担金及び社会福祉費負担金の減額などによるものでございます。
 款10の府支出金補正額1億8,105万5,000円の減額は、老人福祉費補助金及び子ども手当負担金の減額などによるものでございます。
 款11の財産収入補正額3,010万3,000円の増は、土地売却収入の増額と各基金利子の減額などを合わせたものでございます。
 3ページをごらんください。
 款13の繰入金補正額3,028万9,000円の減は、公共施設整備基金からの繰入金の減額などによるものでございます。
 款14諸収入の補正額1億5,601万5,000円の増は、大阪府市町村職員互助会解散に伴います精算返還金などでございます。
 款15の市債補正額4億7,040万円の増は、小学校大規模改造事業に充当する市債の増額と、公立保育所改修事業に充当する市債の減額などを合わせたものでございます。
 次に、歳出予算の主なものについてご説明を申し上げます。
 5ページをごらんください。
 款2の総務費補正額5,175万2,000円の増は、退職手当の増額などによるものでございます。
 款3の民生費補正額2億9,374万9,000円の減は、国保会計繰出金の増額と子ども手当給付費の減額などを合わせたものでございます。
 款4の衛生費補正額7,663万7,000円の減は、各種予防接種、健診委託に係ります経費の減額などによるものです。
 6ページをごらんください。
 款5農林費補正額1,370万4,000円の増は、地域ぐるみため池再編総合整備事業に係ります負担金の増額などによるものです。
 款7の土木費補正額2億6,307万円の増額は、下水道特会繰出金及び国の地域活性化・きめ細かな交付金を活用した都市公園再整備事業に係ります土地購入費の増額などによるものです。
 款9の教育費補正額3億2,290万円の増は、北条小学校大規模改造事業の増額などによるものです。
 次に、7ページをごらんください。
 款10の公債費補正額6,125万8,000円の減は、長期借入金及び一時借入金の利子の減額によるものでございます。
 以上が歳出の主な内容でございます。
 歳入歳出の詳細につきましては、11ページ以降、歳入歳出補正予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 次に、8ページをごらんください。
 第2表繰越明許費でございます。自治会有集会所建設補助事業を初め16事業につきまして、それぞれ事業が年度内に完了することが困難であるため、翌年度へ繰り越しするものでございます。
 次に、9ページをごらんください。
 第3表債務負担行為の補正です。療育センター維持管理等委託経費につきましては、業務の追加に伴う委託経費の増額により債務負担行為を設定し、限度額を計上いたしております。加えまして、公共用地取得および造成事業につきまして、期間、限度額等を変更するものでございます。あわせて土地開発公社の金融機関に対する債務保証もお願いをするものでございます。
 次に、10ページをごらんください。
 地方債補正です。土地開発公社経営健全化及び老朽ため池事業を追加するほか、本補正予算に計上いたしております各事業の事業費や国庫支出金等の特定財源の確定に伴います地方債の変更で、第4表に記載のとおりでございます。
 以上が平成22年度大東市一般会計補正予算(第5次)の概要でございます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。
○中野正明 議長  次に、議案第2号、議案第5号及び議案第6号について、田中健康福祉部長。
◎田中宏 健康福祉部長  (登壇)おはようございます。
 まず最初に、議案第2号平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第3次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成22年度大東市特別会計補正予算書の99ページをお開きください。
 本補正予算は、事業費等の決算見込みに基づきまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億377万7,000円を減額し、その総額をそれぞれ169億6,836万4,000円とするものでございます。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 100ページをお開きください。
 款5療養給付費等交付金1億3,012万円の減額は、決算見込みによる減額でございます。
 款9繰入金、項2他会計繰入金2億8,464万7,000円は、保険基盤安定繰入金の交付額の確定によるものと、22年度の赤字補てんとして計上するものでございます。
 款14前期高齢者交付金3億2,789万2,000円の増額は、交付金の確定によるものでございます。
 次に、歳出につきましてご説明申し上げます。
 右側の101ページをお願いいたします。
 款3老人保健拠出金1,865万4,000円、款4介護納付金4,126万9,000円、款11後期高齢者支援金等1億4,205万5,000円の減額は、納付額の確定によるものでございます。
 なお、歳入歳出の詳細につきましては、103ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第3次)の概要でございます。
 続きまして、議案第5号平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第3次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成22年度大東市特別会計補正予算書の155ページをお開きください。
 本補正予算は、介護給付費の決算見込み額に係る経費等を計上させていただくもので、歳入歳出それぞれ6,237万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を60億7,348万2,000円とするものでございます。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 次の156ページをお願いいたします。
 款3支払基金交付金1,697万8,000円、款4国庫負担金1,131万9,000円、款5府支出金707万4,000円、繰入金2,564万7,000円のそれぞれの減額は、介護給付費等の決算見込み額に伴う減額によるものでございます。
 次に、歳出についてご説明申し上げます。
 157ページをお願いいたします。
 款1総務費442万7,000円の減額は、条例改正に伴う職員給与費及び認定審査会委員報酬の決算見込み額の減額によるものでございます。
 款2保険給付費5,659万1,000円の減額は、介護給付費の決算見込み額の減額によるものでございます。
 なお、歳入歳出の詳細につきましては、159ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第3次)の概要でございます。
 続きまして、議案第6号平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第2次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成22年度大東市特別会計補正予算書の175ページをお開きください。
 本補正予算は、事業費等の決算見込みに基づきまして、歳入歳出予算の総額からそれぞれ492万3,000円を減額し、その総額をそれぞれ11億862万5,000円とするものでございます。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 次の176ページをお願いいたします。
 款4繰入金492万3,000円の減額は、職員給与と保険基盤安定繰入金の確定に伴う一般会計からの繰入金の減額でございます。
 次に、歳出につきましてご説明申し上げます。
 款2後期高齢者医療広域連合納付金458万7,000円の減額は、基盤安定繰入金が確定したことに伴い、本市の広域連合への負担金の減額でございます。
 なお、歳入歳出の詳細につきましては、177ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第2次)の概要でございます。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  最後に、議案第3号及び議案第4号について、澤田街づくり部長。
◎澤田義廣 街づくり部長  (登壇)おはようございます。
 初めに、議案第3号平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第3次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 今回の予算の補正は、事業費の決算見込みによる減額等でございます。また、繰越明許費、地方債補正につきましてもあわせてお願いするものでございます。
 歳入歳出予算の総額からそれぞれ8,966万8,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ56億2,607万4,000円とするものでございます。
 それでは、平成22年度大東市一般会計及び特別会計補正予算書によりご説明申し上げます。
 125ページをお開きください。
 まず、歳出でございます。
 款1下水道事業費、項1下水道総務費5,118万3,000円の減額は、職員給与費等の決算見込みによるものでございます。
 款2下水道建設費3,512万4,000円の減額は、管渠築造新設事業費等の決算見込みによるものでございます。
 次に、歳入の主なものについてご説明申し上げます。
 左の124ページをごらんください。
 款2使用料及び手数料1億5,037万7,000円の減額は、下水道使用料等の決算見込みによるものでございます。
 款3国庫支出金1億7,000万円の減額は、管渠築造費補助金の決算見込みによるものでございます。
 款6市債4,700万円の減額は、公共下水道建設事業債の減額でございます。
 款7繰入金2億8,632万2,000円の減額は、一般会計からの繰入金でございます。
 なお、歳入歳出予算の詳細につきましては、127ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 次に、126ページをお開きください。
 第2表繰越明許費でございますが、管渠築造新設事業2億9,768万5,000円を翌年度に繰り越すものでございます。
 その下の第3表地方債補正でございますが、下水道事業の地方債限度額を17億4,500万円に変更するものでございます。
 以上が平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第3次)の概要でございます。
 続きまして、議案第4号平成22年度大東市都市開発資金特別会計補正予算(第1次)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 今回の補正予算は、事業費の決算見込みによる減額でございます。
 歳入歳出予算の総額からそれぞれ213万3,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ3億1,346万2,000円とするものでございます。
 それでは、平成22年度大東市一般会計及び特別会計補正予算書によりご説明申し上げます。
 146ページをお開きください。
 まず、歳出でございます。
 款4土地開発基金繰出金、項1土地開発基金繰出金213万3,000円の減額は、土地売払収入の減額に伴い減額するものでございます。
 次に、歳入についてご説明いたします。
 同じく146ページの上段をごらんください。
 款4財産収入、項1財産売払収入213万3,000円の減額は、買い戻し金額の確定によるものでございます。
 以上が平成22年度大東市都市開発資金特別会計補正予算(第1次)の概要でございます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第1号は所管の各常任委員会に、議案第2号、議案第5号及び議案第6号はいきいき委員会に、議案第3号及び議案第4号はまちづくり委員会に付託いたします。
 次に、日程第12、「施政方針」。
 これより、平成23年度の施政方針について市長の所信表明を求めます。岡本市長。
◎岡本日出士 市長  (登壇)平成23年第1回市議会定例会の開会に当たり、市長として、私の市政運営の基本方針について所信を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。
 今、世界は激動のときを迎えています。チュニジア政権が民衆行動により崩壊したことをきっかけに、それが民主化を望む多くの国々に波及しつつあります。民衆の変革への強い想いが大きな力となり、アラブ諸国全体が独裁政治の終わりに向け揺れ動いています。
 エネルギー資源の高騰など我が国への影響が懸念されますが、私は、このような社会情勢の中にあっても、13万市民の皆様とともに、一人一人が生き生きと暮らしていただけるまちづくりを進めてまいります。
 市長に就任いたしまして、はや3期12年目を迎えました。
 私は市長就任以来、市政の基本理念として「いきいき安心のまち・大東」を掲げ、市民の皆さんが大東市民であることを誇りに思い、そして大東市民であることに喜びを感じながら暮らせる、そんな明るく元気なまちの実現に向け、一貫して市政改革に取り組んできました。
 私は、愛するこのまちの発展のために、そして市民の皆さんのために、ここに決意を新たに全力で市政運営に臨んでまいる所存であります。
 みずから重い障害を背負いながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育、福祉に尽力されたヘレン・ケラーが、「希望は人を成功に導く信仰です。希望がなければ何事も成就するものではありません」という言葉を残しました。
 希望は人々の行動の原動力であり、希望を失った人がふえれば社会は暗くなります。今、我が国ではさまざまな理由により人々が持つ希望にも格差が生まれ、それが社会に影を落としていると指摘されています。
 こういう時代だからこそ、私は市民の皆さんの夢、そして幸せの実現のために、希望という光を心に照らしてまいりたいと思います。希望の光が未来を明るく照らし、だれもが夢や志を持って生き生きと暮らしていける、そんなまちの構築に向けて、着実に事業を推進いたします。
 大東市は本年4月に市制施行55周年の節目の年を迎えます。昭和31年の市制施行以来、本市は高度経済成長という大きな時代の流れに乗り、大都市の近郊都市として発展してまいりました。その間、二度にわたる水害の苦難も乗り越え、今日の姿があるのは、それぞれの時代において本市を愛してくださった市民の皆さんの熱い想いと建設的な行動によるものであると、心より感謝する次第であります。
 リーマンショック後の危機を克服し、外需を初め需要創出、雇用の下支え効果により持ち直した感のあった我が国経済ですが、昨年夏以降の急速な円高の進行等により不透明感が強まり、雇用も依然厳しい状況が続いております。
 加えて、生産年齢人口がますます減少する中、年金を初めとする社会保障制度の財源問題など将来への不確定要素があり、国民の不安は依然消えません。
 しかしながら、こういった状況にあっても、私は決して大東市の未来について悲観的な考えは持っておりません。先行きが予測できない、不透明な時代だからこそ、市民が望む大東市像を的確にとらえ、地域の活性化のための知恵や仕掛けを市民の皆さんとともに考え実行する、真の地方自治を実現するチャンスだと考えております。
 未来を創るのは私たち自身です。国や都道府県に依存する行政運営ではなく、みずからのまちの未来を自分たちでコントロールし描いていかなければ、地域主権を進めていくことはできません。市民の皆さんの力と行政の力を結集し、大東市のまちの特色を活かしながら先進性と独創性を持って政策を展開することができれば、明るい未来は必ず築けると確信しています。
 この10年余り、私は徹底した行財政改革の推進により、人件費の抑制、指定管理者制度の導入、保育所の民営化、学校給食の民間調理委託などを行ってまいりました。
 そして、これらにより生み出した財源を活用し、子育て環境の整備や各種福祉サービスの充実を図るとともに、長期的なまちづくりの歩みとして、公共下水道の整備、公共施設・学校校舎の耐震・大規模改修、JR駅周辺の都市環境整備、生涯学習施設の設置等を初め、市民生活の安心、元気に結びつくサービスの向上に努めてまいりました。
 今年は卯年であります。暦では茂(しげる)という字が卯に変わったそうです。若葉が生い茂るということから、成長発展を意味し、新しいことに挑戦したり、区切りをつけ、心機一転頑張るのに適した年と言われています。
 私は、この卯年の教えを教訓に、市政をお預かりした際に誓った「未来がいきいき、まちがいきいき、企業がいきいき、そして、市民がいきいき」としたまちを築くという初心の志、基本を忘れず、本市のますますの成長発展のために新たな一歩を踏み出してまいります。
 その新たな年においては、「安全で安心できる暮らしの実現」「子育て支援・教育環境のさらなる充実」「高齢者がいきがいを感じながら暮らせるまち」「企業がいきいきするまちづくり」「市民協働によるまちづくり」の5つの施策を柱に、市民の皆さんの夢、希望、志を育み、誇り、愛着を深めるまちの構築に向けた取り組みをさらに進め、「いきいき安心のまち・大東」の実現に向け、邁進する覚悟でございます。
 平成23年度予算につきましては、財政調整基金に頼らずに編成することができました。これは昭和63年以来、23年ぶりのことでございます。
 税収は5,100万円の減と予測しておりますが、子育て支援や各種福祉サービスの充実、教育環境等の整備を図りながら、市民サービスに直結する普通建設費は12億1,000万円の増としました。これはひとえに、徹底した行財政改革の結果を市民の皆さんに満足いただけるサービスに反映させるという強い想いであります。
 今後も定員管理計画による人員の適正な配置、事務事業の見直しによる行政機能の純化と民間活力の導入など、行財政改革を引き続き推進し、市民サービスのさらなる向上に取り組んでまいります。来るべき地域主権社会、都市間競争の時代を見据え、市民の皆様の「大東市に住んでよかった」「大東市に住み続けたい」という気持ちを増大させるためにも、効率的かつ魅力的な地域経営を進めてまいります。
 とりわけ、本年は市制施行55周年の記念すべき年にあたり、大東の魅力創造・発信・共有のため、市全体で新たなまちづくりの第一歩を盛り上げてまいりたいと存じます。
 それでは、主要な施策についてご説明いたします。
 施策を推進するに当たっては、あらゆる施策に人権行政推進の視点を持ち、基本的人権が尊重される地域社会であることが必要不可欠であります。市民の人権が第一に尊重されるまちづくりを進めていくことを最初に申し上げておきたいと存じます。
 では、「安全で安心できる暮らしの実現」についてでございます。
 市民の生命を守り、だれもが安全で安心して暮らせる社会を実現することは、自治体の使命であります。安全で安心なまちづくりを市政の基本に据え、さまざまな取り組みを進めてまいります。
 我々が住む大阪は、全国でも犯罪率が高く、決して安全で安心なまちとは言えません。
 安全で安心なまちづくりを推進するため、新たに設置した「安全で安心なまちづくり基金」を活用した取り組みを進めるとともに、防犯灯の増設など、明るいまち、犯罪のないまちへ向けての取り組みを一層強化いたします。まちを明るく照らすように、市民一人一人の命、心にも光を注ぎ、大東市の未来を輝かしく彩る、そんな願いを込めてまいります。
 JR野崎駅、四条畷駅周辺においては、特色ある魅力的なまちを実現するため、駅前広場、道路などの交通インフラを整備し、利便性の高い駅前空間の創出に向けて取り組んでまいります。施設整備に向けて、各種調査やJR西日本など関係機関と協議を進めてまいります。
 市民の安心度を高め、快適で魅力的な都市空間を創造するため、生活道路と公園を中心とした都市生活基盤の整備を引き続き進めるとともに、事後的な修繕から予防的な修繕へと転換するため、橋梁長寿命化修繕計画を策定してまいります。
 市長就任以来、最重点課題として取り組んでまいりました公共下水道の整備につきましては、平成22年度末現在97.2%の普及率の達成を見込んでおります。平成23年度末の人口普及率100%達成に向けた事業を引き続き推進してまいります。また、下水道管の調査を継続するとともに、現状を適確に把握し対応していくため、下水道長寿命化計画を策定してまいります。
 次に、「子育て支援・教育環境のさらなる充実」についてでございます。
 私は、少子化に対応した「安心して子どもを産めるまち」「安心して子どもを育てられるまち」「教育が充実したまち」の実現に向けて、精力的に取り組んでまいります。
 子どもが輝かない社会に未来は見えません。子どもが生き生きと輝くまちをつくることは、この大東市の未来を明るくすることにほかなりません。すべての子どもと子育て家庭を社会全体で支援し、かつ子どもを取り巻く環境を整備し、子ども自身の健やかな成長を支援するまちづくりを推進してまいります。
 「安心して子どもを産めるまち」の実現に向け、妊婦の健康管理の充実や経済的負担の軽減を図り、妊娠・出産が安心してできる体制を確保するため、妊婦健康診査の公費負担額を引き上げてまいります。積極的な妊婦健康診査の受診を促し、安心して子どもを産める体制の実現を目指します。
 次に、「安心して子どもを育てられるまち」の実現に向けてでございます。
 子どもたちにとって、ワクチンを接種することにより、重い後遺症で苦しんだり命を落とすことを防ぐことができることがあります。未来ある子どもたちの命を守り、そして健やかに育てていくことは、国や自治体としての大きな責任だと考えます。重度の後遺症の発症頻度が高い子宮頸がん、肺炎球菌感染症、ヒブ感染症のワクチン接種費用を負担し、接種率の向上を図り、感染予防を強化してまいります。
 療育センターにおいては、開設し30年以上が経過しているため、機能の更新が必要であります。センター機能の充実について、設置のあり方を含め検討を進めてまいります。
 「教育が充実したまち」を実現するため、大東市教育ビジョンの基本理念でもある「学び合い、学び続ける明日の市民の育成」のもと、大東市の子どもたちに確かな学力と生きる力をはぐくみます。とりわけ、全市的な授業改善、学力向上を行うために、「学び合い」の手法を生かした授業研究を引き続き推進してまいります。
 中学校には、放課後及び土曜日の自習教室に学習支援アドバイザーを引き続き配置し、生徒の自学自習力の育成及び学力向上に力を入れてまいります。
 生涯学習・スポーツ活動の活性化により、豊かな心を育て、住みやすいまちづくりを実現するため、四条小学校の校舎を含めた跡地を活用し、蔵書数10万冊の東部図書館の新設、歴史民俗資料館の移転、スポーツ施設及び住民交流施設を整備し、広く市民が利用しやすい文化・スポーツ環境を提供いたします。
 次に、「高齢者がいきがいを感じながら暮らせるまち」についてでございます。
 だれもが家庭や地域とのつながりを持ちながら、住みなれたまちで生活したいと望んでいます。しかし、核家族化の進行でひとり暮らしの高齢者がふえ、加えて、年金、医療、介護などの社会保障に対する不安が大きくなるなど、高齢者を取り巻く環境は厳しさを増しております。高齢者の不安をできるだけ取り除き、いつまでも安心して生活できるよう、高齢者施策のさらなる充実を図ってまいります。
 平成17年度よりスタートした「元気でまっせ体操」は、市内83団体が取り組まれており、早くから活動している団体は5年目に入ります。介護予防だけではなく、高齢者の方々が交流を深めることで、楽しみながら元気に生き生きと暮らし続けることにつながっており、今後も普及に力を入れてまいります。
 急速な高齢化率の上昇により、高齢者が生きがいを持って活動できる場である老人福祉施設の利用者は増加しております。一方、市内に設置している老人福祉施設は地域的な偏りもあり、空白地域に施設を充足することが求められております。
 このため、自治会の協力を得て、高齢者が活動できるスペースを身近なところに確保していくことにより、高齢者の生きがいや福祉の向上に資する高齢者交流スペース設置補助事業を実施してまいります。
 次に、「企業がいきいきするまちづくり」についてでございます。
 産業は市民の暮らしを支える基盤であり、まちの活力を生み出す源でもあります。本市産業を取り巻く環境は急速に変化を続けていますが、地域の持続的発展に向け、市民、事業者、経済団体等が協働で取り組んでいくことが求められています。中小企業の力を結集し、企業みずからがその発展を切り拓いていけるよう地域産業振興基本条例を制定し、地域ぐるみで産業振興に取り組んでまいります。
 本市産業の集積地である西部地区が抱える住工混在問題は、近年の不況の影響を受けた工場の減少、転出等によりさらに深刻さを増しております。良好なまちづくりと企業活動の調和は、本市としても主要な施策と位置づけ、住工調和条例の適正な運用に努めるとともに、大東市企業立地促進補助制度の活用等、地域の産業集積の維持を図ってまいります。
 次に、「市民協働によるまちづくり」についてでございます。
 地域主権の確立が進む中、「地域の課題は地域で解決していく」ことを基本に、行政と市民が協働してまちづくりを進めていかなければなりません。将来に希望を持って暮らせる時代を市民とともに切り拓いていくために、市民協働の施策を展開し、市民が安心して暮らせる地域社会の実現に取り組んでまいります。
 公共サービスは提供するものではなく、市民とともにつくり上げていくという考えのもと、可能なところは市民の手にゆだねてまいります。
 昨年度に引き続き、地域自治推進事業に係るモデル事業を2地区において取り組み、地域の課題発見や研究を行い、平成24年度の全市的な本格実施に向けて準備を進めてまいります。
 平成18年度に創設した提案公募型委託事業は、本年から選定事業を5つに拡大するなど、NPO等の皆様が持つ専門性や柔軟性などの特性を発揮していただけるよう、充実を図ってまいります。
 地域に居住する高齢者等の課題やニーズ等の状況を把握し、適切に対応できるよう、民生委員、校区福祉委員など地域の協力を得て、高齢者等の安否確認や見守りに必要な情報を収集し、関係機関が情報を共有することで緊急時の適切な対応ができる地域SOSカード制度を全地域で実施してまいります。
 市民協働の推進は、地域のそれぞれの課題に対し、地域がみずから解決することにより、地域への誇りや愛着が生まれ、地域力が高まっていくと考えます。さまざまな地域活動を通じて、地域の一員として、地域住民がみずからの課題を積極的に解決しようという取り組みを、総合計画第?期のステージに当たる本年を機にさらに推進してまいります。
 結びに、幕末の風雲児として国民的人気を誇り、昨年の大河ドラマの主人公ともなった坂本龍馬は、「世に生を得るは、事を為すにあり」との言葉を残したと言われています。龍馬はこの言葉の中に、「事を為すとは、夢や目標を実現すること、人生で何かをなし遂げること、人生に意味を持たせることが大切だ」との思いを込めたそうです。
 今、時代の中にあって、人々が最も見失っているもの、それは夢や希望であります。夢や希望、志があるのとないのとでは、心の明るさが大きく違ってきます。心の明るさが違えばおのずと現実は変わり、人生が大きく変わっていきます。
 私が「いきいき安心のまち・大東」に込めた思いは、幾つになっても夢や希望、志を持って楽しく元気に、そして情熱的に生きる、そんな心の明るさを一人一人の市民の皆さんにともし続けることです。
 心の明るさは表情にあらわれます。市民の皆さんの表情が明るくなれば、まち全体が明るく彩られます。明るいまちには人が集まり、活気が生まれます。そして、人の心も高揚し、まち全体が生き生き輝きを放ちます。
 外観だけではない、心の中に灯がともる本当の明るいまちづくりを実現するため、私は、市長として3期目の総仕上げの年のスタートを切ってまいります。
 市民並びに議員の皆様のさらなるご支援、ご協力を賜りますよう、改めてお願い申し上げます。
○中野正明 議長  この際申し上げます。施政方針に対する代表質問は、来る3月6日の日曜日に行いますので、代表質問を行う方は、明3月1日、午後5時までに質問の要旨を記載の上、議長まで通告を願います。
 次に、日程第13、議案第17号「氷野小学校校舎大規模改造建築工事請負契約の締結に係る議決内容の一部変更について」の件を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。川端総務部長。
◎川端利明 総務部長  (登壇)議案第17号氷野小学校校舎大規模改造建築工事請負契約の締結に係る議決内容の一部変更について、提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書の4ページをごらんください。
 本案は、平成22年6月23日の平成22年第2回定例会におきまして、契約金額3億3,180万円、契約の相手方、大木建設株式会社大阪支店でご議決を賜りましたが、追加工事の必要が生じましたので、一部設計変更の結果、契約金額が5,335万500円増額し、3億8,515万500円に変更となるため、議会の議決に付すべき契約および財産の取得または処分に関する条例第2条の規定によりご提案するものでございます。
 なお、変更契約につきましては現在仮契約中であり、本議会のご議決を賜りました後、本契約を締結し、施工の予定でございます。
 何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第17号は、まちづくり委員会に付託いたします。
 次に、日程第14、議案第18号「大東市基金条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。末松市民生活部長。
◎末松良三 市民生活部長  (登壇)おはようございます。
 それでは、議案第18号大東市基金条例の一部を改正する条例について、提案理由をご説明申し上げます。
 平成23年大東市議会第1回定例会議案書の5ページをお開き願います。
 本議案は、市民が安心して暮らせるまちの実現を目指し、安全で安心なまちづくりの推進に要する資金の運用を図る基金を創設するために、大東市基金条例の一部を改正するものでございます。
 次ページをお願いいたします。
 大東市基金条例第1条第1項の表に、大東市安全で安心なまちづくり基金を加えるものでございます。
 なお、基金積み立ての原資としましては、大阪府市町村職員互助会の解散に伴う精算金を原資として充当したいと考えております。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第18号は、いきいき委員会に付託いたします。
 次に、日程第15、議案第19号「大東市国民健康保険条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。田中健康福祉部長。
◎田中宏 健康福祉部長  (登壇)議案第19号大東市国民健康保険条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 第1回定例会議案書の7ページをお開きください。
 本改正案は、平成21年10月より緊急の少子化対策として平成23年3月まで暫定的に4万円の増額が図られた出産育児一時金を恒久的に4万円の増額とするものであります。
 なお、この条例の一部改正は、平成23年4月1日から施行し、適用することとしております。
 以上が大東市国民健康保険条例の一部を改正する条例の概要でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第19号は、いきいき委員会に付託いたします。
 次に、日程第16、議案第20号「大東市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について」及び日程第17、議案第21号「大東市排水設備工事に係る責任技術者および指定工事店に関する条例の一部を改正する条例について」、以上2件を一括議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。澤田街づくり部長。
◎澤田義廣 街づくり部長  (登壇)初めに、議案第20号大東市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 議案書の9ページをお開きください。
 本案は、放置自転車が都市部の駅周辺など歩行者等の安全で円滑な通行の妨げとなっている地域におきまして、道路法施行令の改正により、道路上に自転車を駐車させるための車輪どめ装置などの器具の占用が可能となったことから、所要の改正を行うものでございます。
 続きまして、議案第21号大東市排水設備工事に係る責任技術者および指定工事店に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 議案書の11ページをお開きください。
 本案は、平成22年5月14日に開催の社団法人日本下水道協会大阪府支部総会において議決されました支部規則の改正により、平成23年7月1日より組織名称が変更とされることに伴いまして所要の改正を行うものでございます。
 主な改正内容は、「社団法人日本下水道協会大阪府支部」を「大阪府下水道協会」に変更するものでございます。
 よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第20号及び議案第21号については、まちづくり委員会に付託をいたします。
 次に、日程第18、議案第22号「大東市立歴史とスポーツふれあいセンター条例について」及び日程第19、議案第23号「大東市立図書館条例の一部を改正する条例について」、以上2件を一括議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。亀岡生涯学習部長。
◎亀岡治義 生涯学習部長  (登壇)おはようございます。
 議案第22号大東市立歴史とスポーツふれあいセンター条例の制定につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。
 第1回定例会議案書の13ページをお開き願います。なお、議案書は25ページまでとなっておりますので、よろしくお願いいたします。
 本案は、市民が歴史について学び、多様な学習活動やスポーツを通じて互いに触れ合うことができる場を設置し、その管理及び使用について新たに条例を定めるものでございます。
 その主な内容でございますが、歴史民俗資料館、四条体育館、四条グラウンド及びふれあいルームの施設を含む複合施設で、位置は野崎3丁目6番1号、基本開館時間は午前9時から午後9時まででございます。
 なお、歴史民俗資料館につきましては、東部図書館に合わせまして午前10時から午後8時までとしております。
 また、四条グラウンドにつきましては、利用者の希望があれば、午前6時から午後10時まで利用可能としております。
 次に、休館日でございますが、第1、第3火曜日及び年末年始、12月29日から1月3日まででございます。
 管理方法につきましては、指定管理者に行わせるものとしております。
 議案書16ページ以降、第2章で歴史民俗資料館、第3章で四条体育館、第4章で四条グラウンド、第5章でふれあいルームについて及び第6章では駐車場の使用等についてそれぞれ規定をしております。
 利用料金につきましては、体育館及びグラウンドは基本無料とし、占用使用される場合は別表第1及び第2の利用料金を納付していただくこととしております。
 また、附則第3項におきまして、総合文化センター条例に規定をしております現歴史民俗資料館につきまして、平成23年11月30日をもって閉館とし移転作業に入るため、所要の改正を行っております。
 なお、この条例の施行日は平成24年4月1日及び総合文化センター条例の改正は平成23年11月30日でございます。
 以上が大東市立歴史とスポーツふれあいセンター条例の概要でございます。
 続きまして、議案第23号大東市立図書館条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由のご説明をいたします。
 第1回定例会議案書の26ページ、27ページをお開きください。
 今回の改正は、東部図書館を新たに設置することに伴い、所要の改正を行うものでございます。
 その主な内容でございますが、第3条、第5条及び第6条の表中に東部図書館を加え、それぞれ位置、開館時間及び休館日を規定するものでございます。
 休館日につきましては、中央及び西部図書館と重ならないように、第1、第3火曜日と定めております。
 また、第7条の駐車場使用料につきましては、先ほどの議案第22号で提案しております大東市立歴史とスポーツふれあいセンターに附属する施設として同条例で定めておりますので、文言改正を行います。
 なお、この条例の施行日は平成24年4月1日でございます。
 以上が大東市立図書館条例の一部を改正する条例の概要でございます。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第22号及び議案第23号については、いきいき委員会に付託いたします。
 次に、日程第20、議案第25号「大東市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について」及び日程第21、議案第26号「大東市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について」、以上2件を一括議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。川端総務部長。
◎川端利明 総務部長  (登壇)議案第25号大東市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。
 当初追加と書かれました議案書の2ページから6ページにかけてでございます。
 平成22年12月3日に地方公務員の育児休業等に関する法律に係る改正法が公布され、一定の条件を兼ね備えた非常勤職員につきまして、一般職の職員と同様、育児休業及び部分休業をすることが可能になりました。
 これに伴いまして、改正法の規定で条例に委任されました一定の非常勤職員の範囲と非常勤職員の育児休業の期間につきまして、このたびの改正条例案として提案させていただいております。
 一定の非常勤職員の範囲につきましては、在職期間が1年以上の非常勤職員、職員の子が1歳を超えても在職が見込まれる非常勤職員、1週間の勤務が3日以上の非常勤職員、臨時職員に該当しない非常勤職員のすべてに該当する非常勤職員を育児休業が取得できるものとしております。
 非常勤職員の育児休業の期間につきましては、改正法において職員の子が1歳から1歳6カ月までの間、条例で定めるとなっておりますことに伴い、配偶者が育児休業を取得した場合は子が1歳2カ月まで、保育所に入所できないような場合は子が1歳6カ月まで、その他の場合は子が1歳までとしております。
 条例で定める一定の非常勤職員の範囲と非常勤職員の育児休業の期間につきましては、平成23年2月1日に公布されました人事院規則と同様の内容であり、施行日につきましても、改正法の施行期日に合わせ、平成23年4月1日としております。
 次に、議案第26号大東市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。
 同じく当初追加と書かれました議案書の7ページ、8ページでございます。
 本案は、平成22年11月1日付で人事院規則が改正されたことに伴い、本市職員の病気休暇による給料の半減についての関係条例を改正するものでございます。
 これまでは、病気休暇による給料を半減するに至るまでの期間につきまして、結核性疾患の場合は1年としておりましたが、この特例を廃止し、他の病気休暇同様、90日を超えたときに給料を半減することといたしております。
 また、公務災害による病気休暇の場合は、給料半減までの期間を2年としておりましたが、こちらのほうは期限を設けないこととし、給料の半減の適用を受けないものといたしております。
 なお、大東市公益法人等への職員の派遣等に関する条例におきましても関連規定がございますので、改正条例案の附則におきまして、あわせて改正する旨提案させていただいており、施行日は平成23年4月1日としております。
 これらの改正につきましては、国の制度変更によるものを適用させたものでございます。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第25号及び議案第26号については、まちづくり委員会に付託いたします。
 次に、日程第22、議案第7号「平成23年度大東市一般会計予算について」、日程第23、議案第8号「平成23年度大東市国民健康保険特別会計予算について」、日程第24、議案第9号「平成23年度大東市交通災害共済事業特別会計予算について」、日程第25、議案第10号「平成23年度大東市下水道事業特別会計予算について」、日程第26、議案第11号「平成23年度大東市火災共済事業特別会計予算について」、日程第27、議案第12号「平成23年度大東市都市開発資金特別会計予算について」、日程第28、議案第13号「平成23年度大東市介護保険特別会計予算について」、日程第29、議案第14号「平成23年度大東市後期高齢者医療保険特別会計予算について」及び日程第30、議案第15号「平成23年度大東市水道事業会計予算について」、以上9件を一括議題といたします。
 議案の朗読を省略いたします。
 理事者から提案理由の説明を求めます。
 最初に、議案第7号について、上床政策推進部長。
◎上床千早 政策推進部長  (登壇)議案第7号平成23年度大東市一般会計当初予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 リーマンショック後の危機を克服し、外需や国内における雇用確保策、需要創出などの景気下支え効果により持ち直し感のあった我が国経済ですが、昨年度夏以降の急速な円高の進行等により不透明感が強まり、雇用も依然厳しい状況が続いております。
 本市でも、景気後退の影響が継続していることから市税の回復は望めず、厳しい財政運営となっておりますが、この状況を乗り切るため、より一層経常経費の削減を図るとともに、歳入の確保に努め、今まで以上に行財政改革の推進を図ります。
 平成23年度当初予算では、「いきいき安心のまち・大東」の実現に向け、これまでの徹底した行財政改革で生み出した財源を野崎駅、四条畷駅周辺整備事業などのハード事業から妊産婦健康診査事業、予防接種助成事業などのソフト事業まで、市民サービスを向上させる事業に重点的に予算を計上しております。
 それでは、予算書の1ページをごらんください。
 歳入歳出予算につきましては、その総額をそれぞれ396億8,124万5,000円とするものです。前年度当初予算と比較しまして3.6%、額にいたしまして13億9,543万8,000円の増額となっております。
 そのほか、債務負担行為、地方債、一時借入金、歳出予算の流用並びに預金債権と地方債債務の相殺などについてご審議をお願いするものでございます。
 まず、第1表歳入歳出予算につきましてご説明を申し上げます。
 2ページ、3ページをごらんください。
 歳入でございます。
 款1市税では164億8,414万2,000円を計上しております。厳しい経済状況を反映し、個人市民税が前年度当初と比べまして3億1,113万4,000円、率にして5.6%の減、法人市民税が前年度当初と比べまして279万3,000円、率にして0.3%の減となりますが、固定資産税が前年度当初と比べまして2億270万7,000円、率にして2.7%の増、都市計画税が前年度当初と比べまして4,654万6,000円、率にして3.0%の増となりますことから、全体で5,042万1,000円、率にして0.3%の微減となります。
 款2地方譲与税ですが、600万円の減少となる2億1,100万円を計上しております。
 款5地方交付税は、普通交付税26億円、特別交付税2億6,000万円の合計28億6,000万円を計上しております。地方交付税につきましては、国の地方財政計画では2.8%の伸びを計上しておりますが、本市においては市税の落ち込みが大きくないので、普通交付税は前年同額、特別交付税は1,000万円を減額して計上しております。
 款8使用料及び手数料は、前年度と比べますと1,445万9,000円、率にして1.8%減となる7億7,581万円を計上しております。減少は、主に住道駅前自動二輪車等駐車場を平成23年度から指定管理者に利用料金制で委託することによるものでございます。
 款9国庫支出金は、前年度当初と比べますと8億424万3,000円、率にして13.5%増となります67億8,195万5,000円を計上しており、普通建設事業や3歳未満に対する子ども手当の増などに伴い、大幅な増額となっております。
 款10府支出金は、前年度当初と比べまして1億6,984万6,000円、率にして6.2%増となります29億2,706万1,000円を計上しております。増加は、主に法人立保育所運営費に対する補助金の増や、府の基金を利用して行う地域人材育成事業などによるものでございます。
 款13繰入金は、前年度当初と比べますと5億4,237万5,000円、率にして68.2%減となります2億5,343万円を計上しております。財源不足を補てんするための基金繰り入れを行っていないということなどによりまして、大幅な減額となっております。
 次に、4ページをごらんください。
 款15市債35億1,420万円は、各事業の財源となります建設事業債のほか、臨時財政対策債の発行を見込むものでございます。
 以上が歳入の主なものでございます。
 そのほかの歳入につきましては、実績額や直近の決算見込み、国・府の見込みなどを勘案してそれぞれ計上をいたしております。
 次に、歳出についてご説明を申し上げます。
 6ページ、7ページをごらんください。
 款1議会費は、前年度当初と比べまして8,514万8,000円の増となる3億8,131万6,000円を計上しております。主な増加要因は、地方議会議員年金制度の廃止に伴います負担金の増額でございます。
 款2総務費は、前年度当初と比べまして9億9,650万9,000円の減となります28億6,706万5,000円を計上しております。退職手当の減少や、5年ごとに実施されます国勢調査の実施が終了したことにより減少しております。
 款3民生費は、前年度当初と比べまして7億6,657万2,000円の増となります167億7,149万9,000円を計上しております。主なものは、国保特会や介護保険特会、後期高齢者医療特会に対する繰出金を初め、生活保護費、各種医療助成などの扶助費及び保育所関係経費、各施設の管理経費などでございます。増額の主な要因は、社会保障給付費や子ども手当の増額でございます。
 款4衛生費は、1億1,888万7,000円の増となります30億6,946万円で、主なものは、塵芥収集委託料及び処理負担金、し尿収集処理委託料、各種予防接種などの経費でございます。また、増額の主なものは、新たに予算計上いたしました予防接種助成事業助成額の増額を計上しております妊婦健康診査事業などでございます。
 款5農林費は5,293万1,000円で、老朽ため池事業に係る経費でございます。
 款6商工費は、4,622万7,000円の増となります1億4,191万6,000円で、大東市産業活性化センター事業など商工労働施策に係ります経費でございます。増額の主なものは、府の基金を活用して実施いたします雇用創出事業でございます。
 款7土木費は38億5,411万9,000円を計上いたしております。道路新設改良事業や都市公園再整備事業などで大幅な増額となっておりますが、前年度で終了した事業もありまして、合わせると前年度当初と比べまして1億7,728万1,000円の増となっております。
 款8消防費は12億6,901万1,000円で、常備・非常備消防に係ります経費のほか、災害対策関係経費を計上いたしております。
 款9教育費は51億9,790万3,000円を計上しております。小・中学校大規模改造事業や四条小学校跡地活用事業などの実施に伴いまして、前年度当初と比べまして11億1,270万5,000円の増となっております。
 次に、8ページをごらんください。
 款10の公債費は30億2,528万8,000円を計上いたしております。
 款11の諸支出金は30億73万7,000円で、土地開発公社への貸付金が主なものでございます。
 款12予備費は5,000万円を計上いたしております。
 以上が歳出の主な内容でございます。
 歳入歳出の詳細につきましては、13ページ以降、歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 次に、債務負担行為です。
 9ページをごらんください。
 市勢要覧発行経費につきましては事業期間が平成24年度までの2カ年にわたるため、地方税電子申告支援サービス業務委託経費については事業期間が27年までの5年間にわたるため、それぞれ債務負担行為を設定し、限度額を計上しております。加えまして、大東市土地開発公社の金融機関に対する債務保証を計上するもので、第2表債務負担行為に記載のとおりでございます。
 次に、10ページをお開きください。
 地方債でございます。
 保育所整備事業を初め、事業目的にして8件、限度額35億1,420万円となっております。当初予算に計上しております各事業の財源として発行するものと臨時財政対策債で、限度額等につきましては第3表地方債のとおりでございます。
 次に、一時借入金でございます。
 恐れ入りますが、1ページにお戻りください。
 1ページ、第4条でございます。これは、歳計現金が不足した場合、最高45億円の範囲内で一時借り入れをすることができるということとしております。
 次に、歳出予算の流用でございますが、第5条にありますように、歳出予算の各項に計上した給与費に不足が生じた場合、同一款内でこれを流用するものでございます。
 最後に、第6条の預金債権と地方債債務の相殺でございます。これは、金融機関が破綻した場合、市の預金の安全確保を図る一方策として地方債債務との相殺を行うものでございます。
 以上が平成23年度大東市一般会計当初予算案の概要でございます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願いを申し上げます。
○中野正明 議長  次に、議案第8号、議案第13号及び議案第14号について、田中健康福祉部長。
◎田中宏 健康福祉部長  (登壇)議案第8号平成23年度大東市国民健康保険特別会計予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成23年度特別会計予算書の1ページをお開きください。
 平成23年度の予算総額は、歳入歳出それぞれ153億3,896万4,000円で、前年度当初予算と比べまして金額で6億2,934万円、率にいたしまして4.1%の減となっております。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 2ページ及び3ページをお願いいたします。
 款1国民健康保険税38億9,835万1,000円は、全被保険者の医療給付費分、介護納付金分及び後期高齢者支援金の保険税の合計でございます。
 款4国庫支出金、項1国庫負担金28億1,013万7,000円は、一般被保険者の保険給付費に係る国の負担金でございます。
 款5療養給付費等交付金3億4,749万1,000円は、退職被保険者の保険給付費に係る社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。
 款7共同事業交付金16億1,478万9,000円は、30万円以上の高額レセプトに対し費用負担を調整する国民健康保険団体連合会からの交付金でございます。
 次のページの款14前期高齢者交付金37億6,275万円は、65歳以上75歳未満の保険給付費に対する社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。
 次に、歳出につきましてご説明申し上げます。
 4ページ及び5ページをお願いいたします。
 款2保険給付費、項1療養諸費94億995万4,000円は、医療費の保険者負担分を国民健康保険団体連合会に支払う経費でございます。
 款4介護納付金7億3,488万2,000円は、介護保険料を社会保険診療報酬支払基金に支払う経費でございます。
 款5共同事業拠出金16億1,502万円は、30万円以上の高額レセプトを府内すべての市町村で費用負担を調整するための拠出金でございます。
 款6保健事業費1億614万1,000円は、特定健診・特定保健指導等に要する経費でございます。
 次のページの款11後期高齢者支援金等17億5,027万2,000円は、後期高齢者支援金を社会保険診療報酬支払基金に支払う経費でございます。
 なお、歳入歳出詳細につきましては、7ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成23年度大東市国民健康保険特別会計予算の概要でございます。
 続きまして、議案第13号平成23年度大東市介護保険特別会計予算について、提案理由をご説明申し上げます。
 平成23年度特別会計予算書の149ページをお開きください。
 本会計の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ64億3,482万6,000円で、前年度当初と比べまして、金額で3億3,990万8,000円、率にいたしまして5.3%の増となっております。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 150ページをお願いいたします。
 款1介護保険料13億6,437万3,000円は、65歳以上の被保険者の保険料でございます。
 款3支払基金交付金18億3,182万3,000円は、40歳から64歳までの方の介護保険料でございます。
 款6繰入金、項1他会計繰入金10億1,540万6,000円は、保険給付費の12.5%に相当する額の7億5,177万5,000円と、認定等に係る事務費、介護保険担当の職員給与費、その他事務費及び地域支援事業に対する一般会計からの繰入金の合計額でございます。項2基金繰入金1億1,348万2,000円は、介護給付費に係る準備基金繰入金9,066万1,000円と介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金2,282万1,000円でございます。
 続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。
 152ページをお願いいたします。
 款2保険給付費、項1介護給付費60億787万円は、要介護者等がサービスを受けた費用を国保連合会等に支払う経費でございます。
 款9地域支援事業費1億7,173万1,000円は、市が介護予防事業等を行うもので、一般会計への繰出金でございます。
 なお、歳入歳出の詳細につきましては、153ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成23年度大東市介護保険特別会計予算の概要でございます。
 最後に、議案第14号平成23年度大東市後期高齢者医療保険特別会計予算につきましてご説明申し上げます。
 平成23年度特別会計予算書の187ページをお開きください。
 本会計の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億4,710万5,000円で、前年度当初と比べまして金額で7,563万8,000円、率にいたしまして7.2%の減となっております。
 主なものにつきまして、歳入からご説明申し上げます。
 188ページをお願いいたします。
 款1後期高齢者医療保険料7億4,847万1,000円は、全被保険者の保険料でございます。
 款4繰入金2億7,611万2,000円は、低所得者に対する軽減及び被用者保険の被扶養者に対する激変緩和軽減対策に係る市負担額としての保険基盤安定基金負担金等でございます。
 次に、歳出につきましてご説明申し上げます。
 右側の189ページをお願いいたします。
 款2後期高齢者医療広域連合納付金9億3,988万9,000円は、本市が徴収し、大阪府後期高齢者医療広域連合に納付する後期高齢者医療保険料等の納付金でございます。
 なお、歳入歳出の詳細につきましては、191ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成23年度大東市後期高齢者医療保険特別会計予算の概要でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  次に、議案第9号について、末松市民生活部長。
◎末松良三 市民生活部長  (登壇)議案第9号平成23年度大東市交通災害共済事業特別会計予算につきまして、主なものについてご説明を申し上げます。
 大東市特別会計予算書の65ページをお開き願います。
 本会計の歳入歳出予算総額は、歳入歳出それぞれ2,504万2,000円で、前年度当初と比較いたしまして、金額で92万7,000円、率で3.8%の増となっております。
 それでは、歳入からご説明申し上げます。
 66ページをお開き願います。
 款1共済会費収入2,192万4,000円は、共済会費の現年度分、800人分の39万4,000円、翌年度事前受け付け分、4万3,150人分の2,153万円の合計でございます。
 次に、款3財産収入56万6,000円は、基金運用利子でございます。
 款5諸収入1,000円は、市預金利子でございます。
 款6繰入金255万1,000円は、交通災害共済基金の繰入金及び生活保護受給者会費の市負担分に係る一般会計からの繰入金でございます。
 続きまして、歳出についてご説明申し上げます。
 67ページをごらんください。
 款1共済事業費2,421万6,000円は、審査委員会委員報酬及び事務諸経費並びに交通共済見舞金でございます。
 款2予備費は62万6,000円、款3公債費20万円は一時借入金利子でございます。
 歳入歳出の詳細につきましては、69ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  次に、議案第10号及び議案第12号について、澤田街づくり部長。
◎澤田義廣 街づくり部長  (登壇)初めに、議案第10号平成23年度大東市下水道事業特別会計予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成23年度予算の総額は、歳入歳出それぞれ45億4,424万1,000円とするものでございます。前年度当初予算額に対しまして20.9%の減でございます。
 それでは、平成23年度大東市特別会計予算書により、主なものにつきましてご説明申し上げます。
 85ページをお開きください。
 まず、歳出でございます。
 款1下水道事業費、項1下水道総務費9億4,234万円は、人件費、寝屋川北部及び南部流域下水道運営費、大阪府流域下水道建設負担金経費並びに公共下水道個別浄化槽の維持管理に係る経費でございます。項2下水道建設費6億1,696万7,000円は、管渠築造新設事業に係る工事請負費等及び戸別浄化槽を設置するための経費でございます。
 款2公債費、項1公債費29億5,993万4,000円は、起債の償還金等でございます。
 款3予備費、項1予備費は2,500万円を見込んでおります。
 次に、歳入の主なものにつきましてご説明申し上げます。
 左の84ページをお開きください。
 款1分担金及び負担金4,205万9,000円は、公共下水道受益者負担金及び浄化槽設置分担金でございます。
 款2使用料及び手数料15億2,465万6,000円は、公共下水道使用料及び浄化槽使用料等でございます。
 款3国庫支出金1億6,600万円は、管渠築造費に対する国庫補助金でございます。
 款5諸収入1億1,025万1,000円の主なものは、未確定財源でございます。
 款6市債10億390万円の主なものは、流域下水道建設事業債及び公共下水道建設事業債でございます。
 款7繰入金16億9,737万5,000円は、一般会計からの繰入金でございます。
 なお、歳入歳出予算の詳細につきましては、87ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 次に、86ページをお開きください。
 第2表地方債でございますが、地方債の限度額を10億390万円とするものでございます。
 次に、83ページをお開きください。
 第3条の一時借入金でございますが、借入金の最高額を35億円と定めるものでございます。
 以上が平成23年度大東市下水道事業特別会計予算の概要でございます。
 続きまして、議案第12号平成23年度大東市都市開発資金特別会計予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 平成23年度予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億8,059万5,000円とするものでございます。前年度当初予算額に対しまして42.8%の減でございます。
 それでは、平成23年度大東市特別会計予算書によりご説明申し上げます。
 136ページをお開きください。
 まず、歳出でございます。
 歳出の主なものは、款2公債費、項1公債費1億7,190万4,000円は、先行取得用地に係る元金と利子の償還金でございます。
 款4土地開発基金繰出金、項1土地開発基金繰出金859万6,000円は、土地開発基金による先行取得用地の過年度借り入れ分の償還金でございます。
 次に、同ページの上段をごらんください。
 歳入の主なものでございますが、款4財産収入、項1財産売払収入1億8,500万円は、一般会計への土地売払収入でございます。
 なお、歳入歳出の予算の詳細につきましては、137ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書に記載のとおりでございます。
 以上が平成23年度大東市都市開発資金特別会計でございます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  次に、議案第11号について、奥山消防長。
◎奥山武 消防長  (登壇)議案第11号平成23年度大東市火災共済事業特別会計予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。
 本会計の予算総額は3,311万6,000円で、前年度予算と比較いたしますと81万2,000円の減額で、率にいたしまして約2.4%の減少となっております。
 まず、歳入の主なものについてご説明申し上げます。
 特別会計予算書の118ページをお開き願います。
 款1共済会費収入1,598万1,000円は、共済会費収入でございます。
 款2財産収入は、基金利子で81万7,000円を見込んでおります。
 款5繰入金の1,631万6,000円は、見舞金の不足を想定し、火災共済基金から繰入運用するものでございます。
 続きまして、歳出についてご説明申し上げます。
 119ページをごらんください。
 款1共済事業費2,304万1,000円は、共済見舞金を初めとする事務諸経費でございます。
 款2予備費の1,000万円及び款3公債費7万5,000円を見込んでおります。
 歳入歳出予算の詳細につきましては、121ページ以降の事項別明細書のとおりでございます。
 以上が平成23年度大東市火災共済事業特別会計予算の概要でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  最後に、議案第15号について、藤井水道局長。
◎藤井敏和 水道局長  (登壇)議案第15号平成23年度大東市水道事業会計予算案について、提案理由並びに概要のご説明を申し上げます。
 まず初めに、水道事業会計予算案の1ページをごらん願います。
 第2条業務の予定量でございます。
 年度末における予定給水戸数を5万5,600戸とし、年間予定配水量につきましては、22年度予算と比較しまして0.4%減の1,490万1,000立方メートルを予定いたしております。
 主な建設改良事業につきましては、3年目となります老朽管更新事業を本格的に進めてまいり、市内の主要配水幹線を順次、耐震管に布設がえしてまいります。その費用につきましては、2億8,384万1,000円を予定しております。
 次に、第3条収益的収入及び支出でございます。
 事業収益は、主に配水量の減少と昨年行いました水道料金の値下げに伴い、総額で26億8,813万6,000円を予定し、前年度予算と比べまして3.6%減少しております。一方、事業費用も、府の用水単価の値下げにより受水費が大きく減少し、前年度予算と比べまして5.6%減の26億601万円を予定しております。その結果、事業収支は税込みで8,212万6,000円の利益計上となります。
 次に、2ページをお開きください。
 資本的収入及び支出でございます。
 収入といたしましては、企業債の発行を5,000万円とし、負担金や補助金などを足しまして合計で1億9,076万4,000円となりました。一方、支出は、建設改良費7億2,712万8,000円、企業債償還金1億2,826万9,000円、合計で8億5,539万7,000円となり、資本的収入額が支出額に対して不足する額6億6,463万3,000円につきましては、第4条に記載のとおり補てんを予定しております。
 次に、企業債の借入条件につきましては第5条に記載しております。
 続きまして、3ページをごらんください。
 議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては第6条に、たな卸資産購入限度額につきましては第7条にそれぞれ記載のとおりとしております。
 なお、次の4ページ以降に予算実施計画、職員給与明細、損益計算書、貸借対照表を添付いたしております。
 以上が平成23年度水道事業会計当初予算の概要でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。
○中野正明 議長  これより質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第7号は所管の各常任委員会に、議案第8号、議案第9号、議案第13号及び議案第14号はいきいき委員会に、議案第10号、議案第11号、議案第12号及び議案第15号はまちづくり委員会に付託いたします。
 以上で本日の日程はすべて議了いたしました。
 お諮りいたします。議事の都合により、明3月1日から5日まで5日間、本会議を休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、明3月1日から5日までの5日間、本会議を休会することに決定いたしました。
 なお、施政方針に対する代表質問を3月6日の日曜日午後1時から行い、開会前の12時40分から、議場におきまして、大東市謡曲会の宮本茂さん、比良久七郎さんによる謡曲コンサートを予定しています。多くの市民の皆様方の傍聴をお待ちしています。
 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでした。
     午後0時11分散会

         会議録署名議員
          大東市議会 議 長  中 野 正 明
            〃   議 員  岩 渕   弘
            〃   議 員  大 谷 真 司