議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大東市

平成22年12月第4回定例会−12月22日-04号




平成22年12月第4回定例会

 平成22年12月第4回大東市議会定例会会議録

〇 議  事  日  程
     平成22年12月22日(水)  午前10時開議  (第4日目)
日程第 1 会議録署名議員の指名について
日程第 2 請願第 1号 「子宮頸がん・ヒブ・肺炎球菌ワクチン」の大東市での公費助成実現を求める署名・請願書
日程第 3 陳情第 4号 特定検診の無料化と内容の充実を求める陳情書
日程第 4 議案第74号 市道路線の認定について
日程第 5 議案第75号 市道路線の廃止について
日程第 6 議案第82号 (仮称)四条小学校跡地活用建築工事請負契約について
日程第 7 議案第83号 財産の取得について
日程第 8 議案第78号 大東市立住道駅中央自動車・自転車駐車場および大東市立住道駅前自動二輪車等駐車場の指定管理者の指定について
日程第 9 議案第79号 大東市基金条例の一部を改正する条例について
日程第10 議案第80号 大東市火災予防条例の一部を改正する条例について
日程第11 議案第81号 大東市消防手数料条例の一部を改正する条例について
日程第12 議案第85号 大東市事務分掌条例の一部を改正する条例について
日程第13 議案第61号 平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)について
日程第14 議案第62号 平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第2次)について
日程第15 議案第63号 平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第2次)について
日程第16 議案第64号 平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第2次)について
日程第17 議案第65号 平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1次)について
日程第18 行政視察報告(議会運営委員会・まちづくり委員会・いきいき委員会)について
日程第19 議会議案第11号 議員の派遣について
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 本日の会議に付した事件
議事日程第1から第19まで
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 出 席 議 員(17名)
    1番 大 谷 真 司 議員   10番 三ツ川   武 議員
    2番 大 束 真 司 議員   11番 澤 田 貞 良 議員
    3番 水 落 康一郎 議員   12番 中 河   昭 議員
    4番 川 口 志 郎 議員   13番 古 崎   勉 議員
    5番 光 城 敏 雄 議員   14番 豊 芦 勝 子 議員
    6番 飛 田   茂 議員   15番 松 下   孝 議員
    7番 寺 坂 修 一 議員   16番 中 谷   博 議員
    8番 内 海 久 子 議員   17番 岩 渕   弘 議員
    9番 中 野 正 明 議員
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 地方自治法第121条による出席者
       岡 本 日出士   市長
       今 井   清   副市長
       中 口   馨   教育長
       上 床 千 早   政策推進部長
       川 端 利 明   総務部長
       末 松 良 三   市民生活部長
       北 崎 忠 良   健康福祉部総括次長
       東 口 啓 一   子ども未来部長
       澤 田 義 廣   街づくり部長
       三 原 一 廣   会計管理者
       奥 山   武   消防長
       藤 井 敏 和   水道局長
       中 岡   亘   教育委員会学校教育部長
       山 本   克   教育委員会学校教育部指導監
       亀 岡 治 義   生涯学習部長
       田 中 祥 生   総務部総括次長兼総務課長
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〇 議会事務局職員出席者
       平 井 正 俊   事務局長兼総括次長
       青 木 浩 之   事務局総括参事
       初 木 清 敏   事務局上席主査
       高 尾 行 則   書記
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


     午前10時開議
○中野正明 議長  おはようございます。
 会議に先立ちまして、お願い申し上げます。携帯電話をお持ちの方は、電源を切るか、マナーモードに切りかえていただきますよう、お願いします。
 これより本日の会議を開きます。
 最初に、議会運営委員会委員長からご報告願います。
 中河議会運営委員会委員長。
◆12番(中河昭議員) (登壇)おはようございます。
 過日開催されました議会運営委員会のご報告を申し上げます。
 本日、議会議案第11号「議員の派遣について」の件を提案しますので、即決でお願いします。
 また、平成23年3月第1回定例会の日程については、お手元に配付いたしております会期日程(案)のとおりで予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上、報告を終わります。
○中野正明 議長  本日の議事日程は、お手元に配付しております日程表のとおり定めておりますので、これによりご了承いただきたいと思います。
 この際、日程に先立ちまして事務局長より諸般の報告をいたします。平井事務局長。
◎平井正俊 事務局長兼総括次長  諸般のご報告を申し上げます。
 議員の出席状況の報告でございますが、本日の会議におきます現在までの出席議員数は17人全員でございます。
 以上、報告を終わります。
○中野正明 議長  これより議事に入ります。
 日程第1、本日の会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、豊芦議員及び松下議員を指名いたします。
 次に、日程第2、請願第1号「『子宮頸がん・ヒブ・肺炎球菌ワクチン』の大東市での公費助成実現を求める署名・請願書」の件を議題といたします。
 本請願に関し、委員長の報告を求めます。内海いきいき委員会委員長。
◆8番(内海久子議員) (登壇)過日の本会議において、当いきいき委員会に付託されました請願第1号「子宮頸がん・ヒブ・肺炎球菌ワクチン」の大東市での公費助成実現を求める署名・請願書についての審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、紹介議員より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い採決いたしました。本件について、全員異議なく採択すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本請願の委員長報告は採択であります。本請願は委員長報告どおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、請願第1号は採択と決しました。
 次に、日程第3、陳情第4号「特定検診の無料化と内容の充実を求める陳情書」の件を議題といたします。
 本陳情について、いきいき委員会委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております陳情第4号の件については、委員長からの申し出のとおり、いきいき委員会の閉会中の継続審査にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって陳情第4号の件については、委員長からの申し出のとおり、いきいき委員会の閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
 次に、日程第4、議案第74号「市道路線の認定について」及び日程第5、議案第75号「市道路線の廃止について」、以上2件を一括議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第74号市道路線の認定について及び議案第75号市道路線の廃止について、以上2件の審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細な説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本2件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより順次採決いたします。
 まず、議案第74号「市道路線の認定について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第74号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、議案第75号「市道路線の廃止について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第75号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第6、議案第82号「(仮称)四条小学校跡地活用建築工事請負契約について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第82号(仮称)四条小学校跡地活用建築工事請負契約について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第82号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第7、議案第83号「財産の取得について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第83号財産の取得について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第83号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第8、議案第78号「大東市立住道駅中央自動車・自転車駐車場および大東市立住道駅前自動二輪車等駐車場の指定管理者の指定について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第78号大東市立住道駅中央自動車・自転車駐車場および大東市立住道駅前自動二輪車等駐車場の指定管理者の指定について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。5番・光城議員。
◆5番(光城敏雄議員) (登壇)議案第78号住道駅前の自動車・自転車駐車場の指定管理者の指定についてですけれども、賛成の討論をさせていただきますが、きのう一般質問をさせていただきまして、指定管理者の制度におきまして、特に選定審査委員会などにおきましての情報公開性が非常に低いということを認識しております。もう少しこの制度を成長させながら、しっかりと市民の信頼を得ていただきますように要望しておきます。よろしくお願い申し上げます。
○中野正明 議長  ほかにありませんか。
     〔「なし」の声起こる〕
 これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第78号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第9、議案第79号「大東市基金条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。内海いきいき委員会委員長。
◆8番(内海久子議員) (登壇)過日の本会議において、当いきいき委員会に付託されました議案第79号大東市基金条例の一部を改正する条例について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第79号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第10、議案第80号「大東市火災予防条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第80号「大東市火災予防条例の一部を改正する条例について」審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第80号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第11、議案第81号「大東市消防手数料条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第81号大東市消防手数料条例の一部を改正する条例について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 討論もないようでありますので、これにて討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第81号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第12、議案第85号「大東市事務分掌条例の一部を改正する条例について」の件を議題といたします。
 本案に関し委員長の報告を求めます。水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第85号大東市事務分掌条例の一部を改正する条例について、審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本件については、原案の改正規定中「福祉子ども部」の名称を「福祉子ども未来部」に改めるという内容の修正案が提出されました。まず、修正案について採決を行い、賛成少数で否決となりました。次に、原案について採決を行ったところ、賛成全員で可決すべきであると決しました。
 なお、修正案に対して反対討論があったことを申し添えます。
 修正案及び提案理由につきましては、委員会審査報告書に添付いたしております。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。7番・寺坂議員。
◆7番(寺坂修一議員) (登壇)議案第85号、大東市事務分掌条例の一部を改正する条例について反対の討論を行います。
 今回の改正は事務分掌の一部改正であります。議会での提案では部の名称についてしか議論が行われません。今回の提案であります子ども未来部の名称を福祉子ども部に名称を変更する機構改革に対して、一部、下水道課を水道局にまとめるとのいい内容もございますが、子ども未来部がなくなるということに対して反対でございます。
 子ども未来部の設置は、児童虐待防止条例や青少年健全育成条例など4つの条例を1つにまとめ、子ども基本条例を議会と行政が協議を行い制定した条例であります。議会主導で平成19年10月1日に制定した実質的には議会制定第1号の条例であります。この流れを受けて、平成19年4月に行政としてもこの条例を全面的にバックアップする機構改革として子ども未来部が設置されました。
 今、全国の自治体で大東市の子ども未来部の名称を使った自治体が続々と誕生しております。インターネットを開きますと、その多さがわかります。まさに大東市の子ども未来部の名称の試みは、全国の先進市としての大東市が誇れる機構改革であったと自負いたします。一例を挙げますと、長崎県佐世保市、大阪府豊中市、八尾市、神奈川県厚木市、鎌倉市、千葉県千葉市、埼玉県さいたま市、東京都所沢市、品川区、長野県上田市、愛知県名古屋市、高浜市、兵庫県宝塚市、北海道帯広市、秋田県秋田市、沖縄県那覇市、岡山県倉敷市等々でございます。
 今回の改正理由として、法律的な整理を行ったとの説明でありましたが、地方分権の時代です。大東市は大東市独自のスタンスで行政を行うべきであり、子育て最中の方々にわかりやすく親しみのある子ども未来部の名称は残すべきであります。
 また、先日の一般質問での岡本市長の答弁でも、子育て支援は今後の大東市行政の最大の仕事だと述べられ、子育て支援が大事であることを強調されていました。同時に、健康づくりのため元気でまっせ体操などを実施している健康いきがい課もなくなり、高齢者の方々から多くの不満が出ることであります。これらを総合的に考えても、今回の機構改革は行政主導の住民の声を無視した機構改革であると言わざるを得ません。
 公明党は福祉の党、子育て支援の党であり、党是として立党から一貫して訴えてまいり、行動してまいりました。
 以上述べましたとおり、子ども未来部がなくなる今回の機構改革に反対の意思を表明いたしまして、討論といたします。
     〔「議長、休憩しよう」と呼ぶ者あり〕
○中野正明 議長  暫時休憩します。
     午前10時26分休憩
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時27分再開
○中野正明 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」の声起こる〕
 これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者多数〕
 起立多数であります。ご着席ください。よって、議案第85号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第13、議案第61号「平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)について」、日程第14、議案第62号「平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第2次)について」、日程第15、議案第63号「平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第2次)について」、日程第16、議案第64号「平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第2次)について」及び日程第17、議案第65号「平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1次)について」、以上5件を一括議題といたします。
 本5件に関し、所管の各委員長の報告を求めます。まず、水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)過日の本会議において、当まちづくり委員会に付託されました議案第61号平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)の所管事項について及び議案第63号平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第2次)について、以上2件の審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 まず、議案第61号については、賛成多数で原案どおり可決すべきであると決しました。
 次に、議案第63号については、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 なお、議案第61号に対して反対討論があったことを申し添えます。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  次に、内海いきいき委員会委員長。
◆8番(内海久子議員) (登壇)過日の本会議において、当いきいき委員会に付託されました議案第61号平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)の所管事項について、議案第62号平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第2次)について、議案第64号平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第2次)について及び議案第65号平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1次)について、以上4件の審査結果をご報告申し上げます。
 本件について、理事者より詳細なる説明を聞き、種々検討を行い、採決いたしました。
 本4件について、全員異議なく原案どおり可決すべきであると決しました。
 以上、審査結果のご報告といたします。
○中野正明 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。
     〔「なし」の声起こる〕
 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。14番・豊芦議員。
◆14番(豊芦勝子議員) (登壇)議案第61号平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)について反対討論を行います。
 本補正予算には、北条西小学校跡地活用基本計画策定事業として予算計上がされていることは問題です。我が党は、統廃合には基本的に反対であります。また、北条西小、北条小の統合について、我が党以外にもどちらに統合するのか異論が出ています。子どもの育ちが困難な時期だからこそ、小規模校のよさ、活用の再検討が必要だと考えます。
 本補正予算にはサーティーホール内の歴史民族資料館跡地のギャラリーとしての整備などが含まれていますが、北条西小学校跡地の基本計画策定に入るならば、行政の手続的には、まず設置条例の廃止を行って議会承認を得てから跡地利用の検討に入るべきであります。市の意思決定がされていればどんどん進めていいのでしょうか。強引なやり方には賛成できないことを申し述べ、反対討論とします。
○中野正明 議長  ほかに討論はありませんか。
     〔「なし」の声起こる〕
 これをもって討論を終結いたします。
 これより順次採決いたします。
 最初に、議案第61号「平成22年度大東市一般会計補正予算(第4次)について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立多数であります。ご着席ください。よって、議案第61号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、議案第62号「平成22年度大東市国民健康保険特別会計補正予算(第2次)について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第62号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、議案第63号「平成22年度大東市下水道事業特別会計補正予算(第2次)について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第63号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、議案第64号「平成22年度大東市介護保険特別会計補正予算(第2次)について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第64号は委員長報告どおり可決されました。
 最後に、議案第65号「平成22年度大東市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1次)について」の件を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は委員長報告どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕
 起立全員であります。ご着席ください。よって、議案第65号は委員長報告どおり可決されました。
 次に、日程第18、「行政視察報告(議会運営委員会・まちづくり委員会・いきいき委員会)について」の件を議題といたします。
 本件に関し、報告を求めます。最初に、中河議会運営委員会委員長。
◆12番(中河昭議員) (登壇)議会運営委員会における先進都市行政視察のご報告を申し上げます。
 本委員会では、去る11月4日から5日に徳島県小松島市並びに香川県高松市において行政視察を行いました。
 1日目の小松島市での視察項目は、議会改革の取り組みについて、議会基本条例や政治倫理条例を初め、議会において事務事業評価や集中改革プランに対する議会提言書などについて、議会改革特別委員会委員長を初め所属委員より詳細なる説明を受けました。今後、議会基本条例をもとにさらなる議会活性化を進める上で、単に説明を受ける視察ではなく活発な意見交換ができたことは非常に有意義でありました。若手議員を中心にさらに改革を進めようとするその考え方は、大いに本市の参考になるべき点がありました。また、当日は議会改革特別委員会の議員に最後まで対応いただき、議会運営等についても意見交換ができ、大変有意義な視察でありました。
 2日目は高松市を視察いたしました。視察項目は、議会運営について及び事業仕分けについてであります。
 大東市においても先日行われました事業仕分けですが、高松市では昨年より導入され、2年で10事業ずつ行われ、その判定結果を参考に行財政改革に取り組まれているとのことでありました。今後の課題としては、仕分け対象事業の選定方法を検討する必要があるとのことでありました。理事者側で選定することに疑問もあり、来年度に向けて検討するとのことでありました。今後、議会として取り組みを検討していく上で大変参考になる点が多々ありました。
 最後に、本市議会では開かれた議会を目指しさまざまな議会活性化の取り組みを進めておりますが、議会運営委員会として今後も積極的に新たな改革に取り組んでまいりますので、議員の皆様、理事者の皆様、市民の皆様のご協力、ご理解をお願いいたします。
 以上です。
○中野正明 議長  次に、水落まちづくり委員会委員長。
◆3番(水落康一郎議員) (登壇)まちづくり委員会における行政視察の報告を行います。
 去る10月13日及び14日に山形県天童市並びに山形市を訪問いたしました。このたびの研修の目的は、天童市においては都市景観形成基本計画について、山形市においては仕事の検証システムについてであります。
 まず、天童市における都市景観形成基本計画ですが、平成15年3月に快適な住みよいまち(生活的景観)、自然と調和した緑あふれるまち(自然的景観)、文化の薫る風格のあるまち(歴史的・文化的景観)を景観形成の目標に策定されました。
 都市空間は公的空間と私的空間からつくり出されるものでありますが、天童市では市民、事業者に私的空間についても公共性を有するという認識を持ってもらい、良好なまちづくりのために市民の景観に対する意識高揚を促す施策を継続的に展開し、市民、事業者、行政の協働で都市景観をつくり上げる取り組みを行っておりました。
 次に、山形市での仕事の検証システムについてであります。
 平成16年度に実施してから幾多の手法の変遷を伴い、本年度で7年目を迎えます。経営計画の進行管理、主要事業の実施の方向性の整理、各部の次年度の事業方針の検討への活用などを目的に実施されております。対象事業は、事業費ベースで全体事業費が5,000万円以上のハード事業、単年度事業費が500万円以上のソフト事業、事業費にかかわらず政策判断を必要とする事業や市民に積極的に周知すべき事業であります。具体的には5月に各部で自己研修を行い、6月に施策の進捗状況や重点課題の達成状況を検証する1次評価、8月に市長等による施策評価会議、9月から10月に企画調整部による2次評価を実施し、経営会議において最終協議を行います。これらの結果は市の公式ホームページなどで公表されるとともに、施策評価の効率的な実施や各部の翌年度の事業方針の検討に活用されるとのことでありました。
 以上、雑駁ではありますが、両市における研修ともに大東市にとって非常に有意義かつ今後の本市の施策に資する研修であったことを申し添えまして、まちづくり委員会の視察報告といたします。
 以上です。
○中野正明 議長  最後に、内海いきいき委員会委員長。
◆8番(内海久子議員) (登壇)いきいき委員会における先進都市行政視察のご報告をいたします。
 本委員会では、去る10月21日から22日に福島県の須賀川市並びに郡山市において行政視察を行いました。今回の視察の目的は、須賀川市においては幼保一元化施設白江こども園について及び家庭教育事業への取り組みについて、郡山市においては協働のまちづくりの推進についてであります。それぞれの視察研修にかかわる内容は、次のとおりであります。
 まず、10月21日に視察いたしました須賀川市では、幼保一元化について、これまでの保育所、幼稚園の要素を組み合わせて零歳から就学前までの子どもを継続的に育成し、一貫した幼保一元化の充実を図っておられました。実際に幼保一元化施設白江こども園を見学させていただき驚いたのは、広い敷地内で広い運動場、近隣にはアスレチックができる環境で、充実した施設でした。これは、既存の施設幼稚園を増設し、子育て支援センターの設置も含め平成19年に開園されたものです。保育サービスの向上に向けての幼保一元化は本市にとっても課題として考えるものでありますので、今後の参考になりました。
 また、家庭教育事業では、地域の学習拠点である幼稚園、学校に家庭教育学級を開設し、家庭の教育力を充実させるための事業に取り組んでおられ、本市においても、これから社会を生き抜く子どもを育てるための家庭教育のあり方について参考にしたいと感じた次第です。
 次に、10月22日に視察いたしました郡山市については、東北のウィーン“楽都”郡山として、人と環境のハーモニー、魅力あるまち郡山を掲げ、協働のまちづくりに取り組んでいる内容を視察いたしました。今年7月に郡山市民協働まちづくり推進条例を制定、施行し、協働のまちづくり市民会議の設置、人・まちづくり活動支援事業を推進されております。さらに、市民意識のもと市民活動に先進的に取り組んだ人、団体を検証するなどの事業も行っておられました。郡山市は行政の取り組みも明確で、市民協働推進課を位置づけ、市民活動サポートセンターやボランティアセンターも設置されております。また、各団体に対しても補助金や助成金などの支援制度もあります。
 郡山市の先進的な協働のまちづくり推進については、本市も今後改定される総合計画の中にも市民協働について記載されておりますので、大変参考となる有意義な視察となりました。
 以上、報告を終わります。
○中野正明 議長  最後に、日程第19、議会議案第11号「議員の派遣について」の件を議題といたします。
 お諮りいたします。お手元に配付いたしております議案書のとおり議員派遣を行うことにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕
 ご異議なしと認めます。よって、議会議案第11号「議員の派遣について」は議案書のとおり派遣することに決定いたしました。
 以上をもちまして、今期定例会に付議されました事件は、すべて議了いたしました。
 閉会に際しまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位には、去る12月3日に第4回定例会を招集されまして以来本日まで、付議されました重要諸議案を慎重にご審議いただき、無事ここに閉会でき得ますことは、議員各位のいつに変わらぬ議会運営に対するご協力のたまものと深く感謝申し上げる次第であります。
 また、今議会では、開かれた議会の取り組みの一環として議場講演会を実施し、好評のうちに無事終えることができました。
 そして、今年も残すところあとわずかとなりましたが、議員並びに理事者の皆様におかれましては、くれぐれも健康に留意され、よき新年をお迎えいただきますよう祈念いたしまして、簡単ではございますが、閉会のごあいさつといたします。
 次に、市長より閉会のごあいさつをいただきます。岡本市長。
◎岡本日出士 市長  (登壇)閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 去る12月3日に平成22年第4回大東市議会定例会を招集させていただき、ご提案いたしました各議案等について慎重にご審議の上、ご議決を賜り、まことにありがとうございました。心から厚く御礼を申し上げます。
 今議会中にいただきました貴重なご意見、ご提言につきましては、今後の市政運営に十分生かしてまいりたいと考えておりますので、今後とも格段のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 さて、今年もあとわずかとなってまいりましたが、この1年を振り返りますと、人口減少や少子・高齢化、そして長期にわたる景気の低迷、また地域主権に向けたさまざまな動きなど、今年も厳しい社会状況が続いた1年でありました。もちろん、本市におきましても例外ではなく、市税収入の落ち込みが続く一方で福祉や医療を初め歳出増加傾向が続く厳しい財政運営を強いられておりますが、このような状況下におきましても、本市といたしましてはいきいき安心のまち大東の実現を目指し、今後とも将来に負担を先送りせず、希望あふれるまちづくりに全力を注いでまいる所存でありますので、議員各位にはより一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 終わりに、年の瀬も迫り、日増しに寒さも厳しくなってまいりますので、議員各位におかれましては健康にはくれぐれもご留意をいただき、希望ある新年を迎えられ、さらにご活躍されますことを祈念いたしまして、閉会に当たりましての御礼のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。
○中野正明 議長  それでは、これをもって平成22年12月第4回大東市議会定例会を閉会いたします。
 どうも長い間ご苦労さまでございました。
     午前10時49分閉会

         会議録署名議員
          大東市議会 議 長  中 野 正 明
            〃   議 員  豊 芦 勝 子
            〃   議 員  松 下   孝