議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大東市

平成22年6月18日議会運営委員会−06月18日-01号




平成22年6月18日議会運営委員会

 議 会 運 営 委 員 会 会 議 録

〇 開催年月日   平成22年6月18日(金)
〇 会議時間    開会時間 午前10時03分 〜 閉会時間 午前11時24分
……………………………………………………………………………………………………………
〇 出席委員
    中 河   昭 委員長       内 海 久 子 副委員長
    大 谷 真 司 委員        水 落 康一郎 委員
    川 口 志 郎 委員        古 崎   勉 委員
    豊 芦 勝 子 委員        岩 渕   弘 委員
……………………………………………………………………………………………………………
〇 出席説明員
    上 床 千 早 政策推進部長    亀 岡 治 義 生涯学習部長
……………………………………………………………………………………………………………
〇 出席事務局員
    平 井 正 俊 事務局長      青 木 浩 之 総括参事
    松 川 輝 美 主幹兼上席主査   初 木 清 敏 上席主査
    高 尾 行 則 書記
……………………………………………………………………………………………………………
〇 議題
    1.平成22年第2回定例会後半の運営について
    2.平成22年第3回定例会等の日程について
    3.夜間議会について
    4.議会活性化の取り組みについて
    5.次回合同委員会報告会の開催について
    6.議会運営委員会協議会の開催について
    7.その他
……………………………………………………………………………………………………………
             ( 午前10時03分 開会 )
○中河 委員長 
 皆さん、おはようございます。大変御苦労さまでございます。
 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 本日、会議におきまして、岩渕委員より遅刻の申し出がありましたので、御報告をいたします。
 それでは1番、平成22年第2回定例会後半の運営についてということで、追加議案の取り扱いについてということでよろしくお願いいたします。
 議案書を皆さんにお配りしておりますので、よろしくお願いいたします。
 議案第45号、平成22年度一般会計補正予算(第2次)について、政策推進部長より提案理由の説明をいただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 上床政策推進部長。
◎上床 政策推進部長 
 おはようございます。
 平成22年度6月議会に追加提案いたします議案第45号、平成22年度大東市一般会計補正予算(第2次)について御説明を申し上げます。
 本補正予算は、文化財保護整備の一環として、平野屋新田会所の遺跡保存に向けて、開発後の一部区画の土地購入について価格等の交渉を進めてまいりましたが、このたび所有者と一定の合意を得たことから、急遽その経費の予算措置が必要になったために、歳入歳出予算の補正のほか、地方債の補正につきましても、あわせてお願いするものでございます。
 それでは、平成22年度大東市一般会計補正予算書(第2次)の10ページ、11ページをお願いいたします。
 まず歳出でございますけれども、文化財保護整備事業といたしまして、公有財産購入費7,400万円の増額補正をお願いするものでございます。
 次に歳入でございます。予算書の8ページ、9ページをお願いいたします。
 今回の事業費増額の財源といたしまして、財政調整基金から740万円を繰り入れ、市債を6,660万円増額するというものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いを申し上げます。
○中河 委員長 
 何かあったら、質問をどうぞ。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 質問なしですね。もう質問なしらしいですので、どうぞ退席をお願いいたします。
 説明ないのやろ、これだけやんな。中身説明要るの。
◆川口 委員 
 委員会するんやったら、それでもええよ。
○中河 委員長 
 まだそこまで決めては、どうするのか。その扱いについてはこれから、今の間に聞いてください、聞く人はどんどん聞いてください。せっかく来ていただいてるんですから、どうぞ。
 川口委員。
◆川口 委員 
 委員会済んでしもてんのやったら、多少の説明はせないかんわ。
○中河 委員長 
 だから付託の内容によって、するかせえへんか、まだ後にありますので。委員会付託するんでしたら、できますので、皆さんで諮っていただいて。
 内容だけ聞きますか。退席してしもたら、もう聞かれへんようになるで、どうぞ聞いてください。
 川口委員。
◆川口 委員 
 付託するかせんかも決まってない。決まってもないのに、委員会付託としての条件で話をするのか、付託がないものとして話を今するのか、そんなもん判断できへんわ、当然。
○中河 委員長 
 それでは、取り扱いについて皆さんに協議をしていただきたいと思います。
 案としては、議会最終日23日に付託案件の表決が終わった後上程と、こういうことでありますけども、これまでの流れとして、追加議案が提出されたときもありますので、委員会付託する場合は本会議を休憩として、まちづくりといきいき委員会をそれぞれ開催し、委員長報告後採決すると、こういうことになっておりますので、その話も議論をしていただきたいというふうに、採決方法ですね、どうぞよろしくお願いいたします。
 何かありませんか。
 川口委員。
◆川口 委員 
 暫時休憩してください。
○中河 委員長 
 暫時休憩いたします。
             ( 午前10時08分 休憩 )
             ( 午前10時20分 再開 )
○中河 委員長 
 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 採決方法について、皆さん何かありませんか。付託するのかどうかという話ですね。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 大体、それぞれ説明も受けてると、事前説明受けてるということもありますから、最終日に全議員議案説明をして、本会議で質問等あれば本会議質問ができますので、即決がいいと思います。
○中河 委員長 
 ほかの皆さんどうでしょうか、それでいいですか。
 ないようでしたら。
 大谷委員。
◆大谷 委員 
 個人的な意見。
○中河 委員長 
 いやいや、もう大体まとめてくださいよ、委員会、再開しましたので。
 休憩とりましょうか。
 暫時休憩いたします。
             ( 午前10時21分 休憩 )
             ( 午前10時36分 再開 )
○中河 委員長 
 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 休憩中にいろいろと議論をしていただきましたけども、全議員議案説明会で行うと、また議事録に残そうということであれば、本会議でまた質問していただくということでよろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 そういうことで、即決で行いますね、よろしいですね、即決ですよ。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 全議員議案説明について、23日の本会議開催前に実施すると書いてますけど、これでいいですか、皆さん、どうでしょうか、時間的な問題なんですけども、それをちょっと議論してください。23日本会議開催前に実施するのか、それでよろしいですか。
 10時からということで、よろしくお願いいたします。
 それでは退席してもらってよろしいですね。御苦労さまでした。
                 (理事者 退室)
○中河 委員長 
 それでは、意見書、決議について、別紙1ということで、よろしくお願いいたします。
 順番に意見を述べていただきたいと思います。
 川口委員。
◆川口 委員 
 うちは、6番の大東教職員組合から出てる30人以下学級実現、教員賃金改善、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書(案)を、ぜひとも皆さんの賛同で決議していただきたいと思ってます。
○中河 委員長 
 次、共産党、どうでしょうか。
 豊芦委員。
◆豊芦 委員 
 うちは今回14番ということで絞りまして、国保はいろいろ皆さんの要望でもありますし、議会でもよく議論に上っておりますので、ぜひお願いしたいなと思います。
○中河 委員長 
 公明党議員団、どうでしょうか。
 川口委員。
◆川口 委員 
 公明党も、4件のうち会派内で話をいたしました。今、特に社会問題になっております13番の小規模グループホームの防火体制強化を求める意見書、これを何とか皆様の御賛同をいただければと思っておりますので、よろしくお願いします。
○中河 委員長 
 自民党議員団、お願いいたします。
 岩渕委員。
◆岩渕 委員 
 検討中でございます。
○中河 委員長 
 検討中ということでございますので。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 今、3会派から三つ出てますやん。これのちょっと気になるのが、5番のヒブの分が上の陳情者、もう採択していって、中身に含まれてるんですよ、これね。だから、これをもう自民党さん、もしよかったら、それも自民党さんの提案という形で、4会派でこのまま上げてもたらどうかな。
○中河 委員長 
 これは、きょうは決まりませんね。次回の議運でいいでしょうか、確認だけしましたんで。それでよろしいですか。大谷委員、それでよろしいですか。
◆大谷 委員 
 次回のときで。
○中河 委員長 
 次回はいつごろさせていただいたら。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 22日の昼間。
○中河 委員長 
 それでいいですか。それでは、22日に開催いたしますので、昼の休み時間に行いますので、それまで各会派まとめていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。
 次、3番、議会議案等についてということで、確認でございますけども、議会議案第9号、議員の派遣について、これは確認ですけども、最終日即決で行いますので、よろしくお願いいたします。これでいいですか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 次、一般質問について、14名の質問者があり、21日が6名、このときに傍聴招待をしております。22日、6名、23日が2名ということで、一問一答方式が13名、一括質疑が1名ということでございますので、よろしくお願いをいたします。
 傍聴者招待時の質問者について、これも確認でございますけども、6月21日月曜日午後1時から4時40分までということでございます。1時から1時50分まで自民党議員団、中谷議員、午後1時50分から2時40分、清新会、川口議員、20分の休憩を入れて、午後3時から3時50分まで公明党議員団、大谷議員、午後3時50分から4時40分まで日本共産党議員団、豊芦議員、これでいいでしょうか、確認してください。
◆古崎 委員 
 はい。
○中河 委員長 
  いいですね、何かありませんね。
 次、平成22年第3回定例会の日程について、別紙2でございます。これを参照してください。どうでしょうか。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 会期日程につきましては、前の議運で提示させていただいて、一部変更いう形で訂正させていただいた後半の部分ですね。具体的には、9月3日に本会議初日という形で、その1週間前、8月の27日に告示やりましてですね、で、全議員の議案説明、それから議会運営委員会という形で行いたいという案でございます。
 それから7日、8日、これにつきましては、いきいき委員会、9、10、まちづくり委員会、それから後半ですね、22日に議会運営委員会を開きまして、連休の谷間もございまして、前回のときには案が変わっております。そして最後、27、28、29と本会議を開きまして、27日に夜間議会を開くという案でさせていただいております。
 以上でございます。
○中河 委員長 
 今まではこれでいいでしょうか。あと、27日、夜間議会の抽せんを、名前はまだとしても順番を決めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 くじ引きをしてください。
◎平井 議会事務局長 
 委員長のほうから言われましたので、今、先ほどのやつは2番で、今度(3)ですね、夜間議会についてということで、実施日につきましては、9月の27日月曜日午後6時から8時50分まで。内容につきましては、一般質問いうことで、質問時間につきましては、夜間議会のときは40分とさせていただいております。その次に、各会派の質問者を決めていただくのと、それからその4番目ですね、質問の順番につきましては、くじ引きという形でさせていただきたいと思います。
                  (くじ引き)
○中河 委員長 
 決まりました。報告してください。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 それでは、くじの結果を発表させていただきたいと思います。
 まず1番目の6時から6時40分、これにつきましては共産党議員団。6時40分から7時20分、2番目の枠につきましては公明党議員団。それから休憩を挟みまして、3番目の7時30分から8時10分、清新会。4番目は8時10分から8時50分、自民党議員団です。
○中河 委員長 
 1番が共産党、2番が公明党、3番が清新会、4番が自民党ということに決まりましたので、よろしくお願いいたします。
 各会派の質問者については、まだ決まってないと思うんですけど、今月中に委員長まで報告をいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 夜間議会の分は、傍聴招待、特段なかったんでしたっけ。
○中河 委員長 
 青木総括参事。
◎青木 総括参事 
 前年度の例なんですが、教育関係の夜間なので、教育関係の方に傍聴来ていただくという形で実施をしております。1年の傍聴の招待の計画の中で、一応また9月の夜間議会については教育関係でということで決めていただいております。
 以上です。
○中河 委員長 
 このときは、まだ決まってませんけども、コンサートと講演会、どちらになるかまだ決まってないですね。あれによって違うの、時間は。5時40分から5時55分までと、それはコンサートやな。5時35分から5時55分というのはこれは何、講演会。どちらか、だれかいい人おられましたらまた紹介していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。ほかはいいですか。
 僕のほうからも、いい人があればということで、またお願いするようにしますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、このときにコンサートをするのか、講演会にするのかということを今決めていただいたら動きやすいということで。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 前回は講演会という形でございますので。消費者問題の寸劇をしていただいたというのが前回でございます。あれは、あくまでも消費者問題の講演会という形でございます。
○中河 委員長 
 今回、岩渕委員のほうから紹介をいただいてます、琵琶やったかな、ちょっとだけお願いします。
 岩渕委員。
◆岩渕 委員 
 四条畷神社の春の大祭いうことで、いろいろ催しをされておりまして、四条畷神社に関するそういう昔話というんか、そういうのを演じられておりましたので、なかなか歴史的に四条畷神社、大東市にも関係ありますので、文化的には非常にいいんじゃないかなと思って、局長にこんなのあるよという話はさせてもらっています。なかなか中身よかったと、聞いております。
○中河 委員長 
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 一応、どんなもんかという形の部分で、文化協会のほうに問い合わせもさせていただいております。そやから、それで進んでええようであれば話進めてまいりたいと思いますけども、大東のほうに、そういう活動されている方がおられますので。
○中河 委員長 
 越前琵琶というんですか。
◎平井 議会事務局長 
 大東市民ではない、大東の文教に所属されてる方です。
○中河 委員長 
 そういうことで一遍当たっていきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。これまでいいですね、何かありませんか、いいですね。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 次に、議会活性化の取り組みについてということで、確認でございます。議会答弁に対する検討課題への進捗管理、試行として、この間言いました6月議会一般質問を11月末に回答すると、1人1問に限定するということで、課題提出期限が6月30日水曜日、議長あてに提出をしていただくと、議長のほうで取りまとめて理事者側に通知をすると、こういうことでよろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 次、反問権、自由討議等の取り扱いについて、別紙3を参照いただきたいと思います。
 議会基本条例に関する要綱の制定委員会部会長より検討内容の報告をしていただきます。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 部会長の内海と副部会長の水落委員がいてますので、一緒に報告をさせていただきたいと思います。
 まず、お手元の別紙3を見ていただきまして、一番後ろから見ていただきたいと思うんですけども、今、部会を開催をしております。その中で、まず1回目の部会で議会基本条例の部会の今後の進め方ということを協議いたしました。それで、計画的には、まず、当面早くいろいろと、要綱を考えていかないといけないのは、自由討議と6月議会も始まってますので反問権、それから、今後の中で出前委員会とか議員研修とか議会広報とか、そういう部分、その他、そういうのをまた議論をして、全部が、要綱ができたら一応そこで終了という形にしたいなということで、その計画を3枚目につけさせていただきました。
 それで、2回目のときに、今お手元の自由討議とその裏側の反問権について、部会で議論いたしました。自由討議の中で、一応部会として意見が出て、まとめたものを報告させていただきます。
 まず自由討議、一つ目から、自由討議は原則公開で行うものとする。自由討議は、議長(委員長)、委員の発議により開始するものとする。これは、議事録残すためには、発議をちゃんとしないと議事録に残りませんので。それから、三つ目が自由討議における発言者、議長(委員長)が指名するという、議事録に残すための部分であります。本会議、委員会において自由討議を行うものとする。議事録、映像については、通常どおり残すものとする。理事者については、説明等を求めるが、自由討議においては、意見を述べる機会を与えないものとする。ただし、議論の場から排除をしない。ただ、委員会の場合は、ここにも理事者がいてるという中での自由討議が開催できるということです。自由討議の時間は、おおむね一つのテーマで30分以内として、しかし、議長(委員長)が時間的にもう少しかかるというのを認めた場合は、判断にゆだねるという形になりました。
 ざっといきます。反問権ですけども、反問権は、本会議、委員会において行使できるものとする。ここで反問権を、全国では特別職ぐらいなんですけども、広げまして、部長以上の理事者で反問権を行使しようとするものは、みずからの意志を表明し、議長(委員長)の許可、指名を得て、行使できるものとする。反問する際の時間については、質問時間に含む。一般質問のときなんかだったら、もし別にしますと、時間がずれ込んできますので、一応こういう形でしました。反問を受けて、それに対する議員の答弁は質問時間に含む。議事録、映像については通常どおり残すものとする。反問権の行使に当たっては、議員は理事者の反問に誠実に答えなければならない。会議冒頭で、反問権について議長(委員長)が次第の中で説明をするということです。
 次の3回目のときに、出前委員会のほうも協議をしました。それは、副部会長のほうから説明しますので、出前委員会のほう。
○中河 委員長 
 水落委員。
◆水落 委員 
 出前委員会の執行案を読みます。
 常任委員会の所管事務及び特別委員会における課題について、市民生活に著しい影響を及ぼすと認められるときは、委員長が出前委員会を開催し、当該案件を市民に対して説明するよう努めなければならない。出前委員会の運営方法については、大東市議会会議規則及び大東市議会委員会条例を遵守し、開催しなければならない。これは具体的な開催方法や議事録のとり方等で、出前委員会をすれば録画は不可能になります。委員長は、出前委員会の開催に当たっては、必要な理事者の出席を求め、説明させることができる。委員長は、準備、周知の期間等を勘案し、出前委員会の開催日時を決定しなければならない。例えば、6月議会提出議案であれば、周知期間等も勘案し、7月中旬以降に出前委員会を開催するようなイメージ。常任委員会における出前委員会については、会期中に継続審査を行った上で開催するものとする。具体的には、所管事務調査という形で案件を提示して、その案件を採択するかを常任委員会で決定し、閉会中の継続審査の決定をし、本会議最終日に閉会中の継続審査を可決する。次回本会議までの間に出前委員会を開催し、本会議での報告を行うこともできるということ、以上です。
○中河 委員長 
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 特にこの反問権とか、自由討議もあれですけど、議会が始まっておりますので、できたら議会のほうでは、何らかの形で全議員に示すようなことをとっていただけたらなと思っております。一応、この部会のことを報告させていただきました。
○中河 委員長 
 活性化推進協議会の開催ですね、いつごろがいいのか、局長のほうから、もう始まりますので、それまでに。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 私のほうから、後半ですね、21日から一般質問が始まります。この反問権につきましては、当然一般質問なりという中で行う、また委員会の中で行われますけども、一応21日が一般質問の開始になりますので、それ以前に全議員には説明をするという形が必要かと思います。ですから、そうすると21日の朝、ただ、一般質問ございますけども、先ほど古崎委員言われましたように、順調にいったら11時40分で終わるやろうという形でございますが、ただ、前のくだりがございまして、11時45分ぐらいまでは絶対かかるやろうと思いますのや。2人ですね、質問。そうすると、ちょっと前にずれた方が、そやから9時45分とか、その辺から開始していただいたほうが、中身の議論とかはできるかなと思うんですけどもね。15分ぐらいの説明で、10時から本会議を、一般質問を開始やるというような状況が一番いいんかなというように事務局のほうでは考えております。
○中河 委員長 
 これについてどうでしょうか、それでいいでしょうか。中身、一応試行ということでありますけども、これでとりあえず、とりあえず言うたらいかんな、進めさせていただいたらいいでしょうか、どうでしょうか、皆さん。
 川口委員。
◆川口 委員 
 これは、議会基本条例に書いとんのやから、するっていうのは前提ですけれども、我々、私なら清新会の、うちはもう3人おるんやから、もう1人おりますので、ちょっと徹底せないかん意味で、会派でこんなんでいくよという説明はせないかんと思うんだけど、活性化何とか、話するんか。
○中河 委員長 
 本会議前にやると今説明しました、全議員に、徹底すると。
 いろんな問題が出てきた場合は、まだまだ変更、改正できるという段階の中で試行ということでいいですね。それで皆さんどうでしょうか、いいですか、時間帯決めていいかな。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 特に反問権の場合なんか、理事者がかかわることなので、活性化推進協議会は全議員ですよね。例えば理事者のほう、いつもでしたら放映がないんですよね、多分、活性化推進協議会はね。それを各部署で見れるように、そういう放映だけでもしてもらったら、理事者はその場にいなくても、放映だけしてもらえたら理事者もその状況わかるんじゃないかなと思うんですけども。
○中河 委員長 
 それでいいですか。皆さん、どうですか。
 暫時休憩いたします。
             ( 午前11時04分 休憩 )
             ( 午前11時10分 再開 )
○中河 委員長 
 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 ほかに何かありませんか。
 だから、まだちょっと問題がたくさんありますので、とりあえず言うたらいけませんけども、もう近づいてきましたので、これでやると、また問題点が出てきたら、そこでまた検討すると、こういうことでいいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 よろしくお願いいたします。
 次に、活性化推進協議会の時間だけ決めていただきたいというふうに思います。ちょっと早くなりますけども、9時45分、それでいいですか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 理事者に来てもらわないといけないということで、映像を放映しながらということでいいでしょうか。皆さん、どうですか、それはいいですね。いきなり放映ですよ、45分からね。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 それは、もう理事者があらかじめ自分の説明しといてもらったら、やりにくいの、活性化推進協議会が、説明があるから。
○中河 委員長 
 それで画面で見ていただくということで。
◆古崎 委員 
 説明される、だれが説明するんですか。活性化協は。
○内海 副委員長 
   指名されたら
○中河 委員長 
 2人やな。
◆古崎 委員 
 指名された方が自席から出ていって、演壇でやったらええんちゃうん、あかんの。
○中河 委員長 
 着座しといてもろたらいいのかな。
◆古崎 委員 
 すぐ始まるでしょう、本会議が。
○中河 委員長 
 その旨、ちょっとどこかへ書いといてくれる。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 反問権の話につきましては、それでよろしいんですけども、活性化推進協議会で3案とも、自由討議も出前委員会も上がってくるわけですね、説明はあるわけですねその辺の関係ですね。理事者に直接かかわる部分につきましては、反問権は大いにかかわる部分でございますけども、出前委員会と。もう、よろしいですか。
◆古崎 委員 
 自由討議かてね、やったことないことやろうというんやから、どんなことしはるんか黙って聞いといてもうたらええんちゃいますの。
○中河 委員長 
 そしたら、9時45分に全員入っていただくということで、よろしいでしょうか。
 これまでに何かありませんか。大丈夫ですか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 次、マナー条例制定に関する専門部会より経過報告ということで、別紙4でございます。4、提出されてますので、御参照いただきたいというふうに思います。
 これは何も問題ありませんか、何かありませんか。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 7月の教育委員会の懇談会の件、ちょっと聞いてるんですけど、詳細は、どういう詳細ですか。
○中河 委員長 
 豊芦委員と大谷委員と僕と中野議長と委員長とですね、部会長いないので答えられませんけども。
 豊芦委員。
◆豊芦 委員 
 7月9日というのは、このちょっと前に市民から寄せられた意見、いろいろあった中で、学生のマナーの悪さというか、そういうことも多々出ておりまして、教育現場ということでは、きのう教育長と指導監の山本さんと正副で懇談をさせていただきました。9日にちょうど校長会があるということなので、まず議会でこういうことをやってますよということを話しにいこうということで、正副でとりあえず9日は行かせていただきます。
○中河 委員長 
 もう過ぎた話やな。
◆豊芦 委員 
 7月9日。
○中河 委員長 
 僕ら、その話聞いてませんのでわかりませんねん。
◆豊芦 委員 
 変わったことするわけでもなく、今、市民懇談で出てるという、そういう中で教育のほうにもこんなことをやってますという、そういう、行かせていただこうと思ってます。
○中河 委員長 
 この件はいいですか。
 大谷委員、いいですね、大丈夫ですね。
◆大谷 委員 
 はい。
○中河 委員長 
 その他ということで、議会運営委員会への報告についてということで、挙手をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 今、その他の報告については、先ほど、私たちが専門部会の分は、3枚目のほうに、また1枚目、2枚目のところで報告させていただきました。今後、計画とかそういうのもきちっと先に、事前に報告をすべきだと思うので、3枚目には専門部会の進め方について報告をしましたけども、こういうことも今後各部会も含めてすべきで、議運できちっとその辺もわかって、確認ができてるということも大事かなと思うので、私たちもこれはきちっと報告させていただきますので、それぞれが報告していただいたらいいんじゃないかなと思ってますけど。
○中河 委員長 
 事後報告じゃなしに、ある程度の事前報告も必要かなと、こういうことで内海委員、よろしいでしょうか。議会運営委員会に報告をしていただくと、わからない間にどんどん進まないようにと、こういうことで御理解をいただきますようにお願いいたします。
 次に議員研修についてということで、これも副委員長のほうからよろしくお願いします。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 部会の条例の中にも、政策立案のための議員研修会を行うものということの条文があります。部会では今後、例えばどういう、年に1回やるとか、その辺いろいろとこれから議論していくんですけども、具体的なやり方については、議運でそういう、ことしもちょっと聞きますと、予算も少しついてるというのを聞いてますので、議運でそういう議会運営にかかわることですので、研修会を開催していただいたらと思いますので、議運のほうでいろいろと進めていただけたらなということを要望したいと思います。
○中河 委員長 
 これは、この議運のメンバー、議会が研修に行くんじゃなしに講師を呼ぶというほうですね。
○内海 副委員長 
 はい。基本条例では名取先生に来ていただきましたけど、政策立案のための先生を講師をしていただくための予算がついてるとは聞いてますので、そういう政策立案のための講師を呼んでの研修会。
○中河 委員長 
 範囲広いので、どの辺のところで、どういうふうにというのは、そのときの問題等もありますけども、どうですか。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 予算が決まったときにちょっと報告させてもらった部分で、昨年、そういう形で、議会基本条例の関係で、名取先生呼んだときに、予算化が全くされてなかったという形で、今年度から一応10万円予算化しております。これにつきましては、1人3万円で3回ということで10万円の予算化をしておりまして、中身につきましては、全議員で講師を招いて研修を、勉強会を行うという形の研修会でございますので、中身については議論やっていただいて、何をテーマにやるのかという形で、それに合わせた形の講師選定をやっていくと。
○中河 委員長 
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 どこかの特別委員会で、こういうのを呼びたいというのを協議がされて、あらかじめ案が出てきたら議運に諮って承認を得て全議員対象にやると、こういうイメージなんですね。
○中河 委員長 
 どうですか、特別委員会なじみますか。
 内海副委員長。
○内海 副委員長 
 特別委員会とか何とか、そういう限定じゃなくて、限定しなくて、特別委員会も含みますけども、議運のほうで、こういうテーマでしたらどうやということがもし出てきた場合、それの講師を依頼して、全議員で研修をするという、だから、特別委員会とか限定じゃなくて、議運からも。
○中河 委員長 
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 だから、どっかが、だれかが発議せなあかんから、個人でもいいけども、いいのは特別委員会等で、こんな人がどうやろというのを先に出してきて。
○中河 委員長 
 そうですね、この発議の中で判断。
 古崎委員。
◆古崎 委員 
 この議運に提案があってもいい、そういう意味でしょう。いつも対象は全議員ということですね。
○中河 委員長 
 ほかにありませんか、大丈夫ですか。
 岩渕委員。
◆岩渕 委員 
 報酬料として3万円でいけるものかどうか。
○中河 委員長 
 そういうことですね、5万円でしたら2回とか、限定10万ということで。
 岩渕委員。
◆岩渕 委員 
 基本条例の方は幾ら。
◆水落 委員 
 3万円。
○中河 委員長 
 学校の教師。
 平井議会事務局長。
◎平井 事務局長 
 これは先ほど言われましたけど、関西大学の准教授で、送り迎え、こちらでさせていただいて、講演料として3万円でお願いしたという形でございます。
○中河 委員長 
 よろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 それでは、次回合同委員会報告会の開催についてということで、確認でございます。
 開催日、22年の7月6日火曜日10時から議場にて合同委員会報告会を開催ということで、よろしくお願いをいたします。
 続いて、議会運営委員会協議会の開催についてということで、これも確認でございます。平成22年7月6日午後1時から、これは委員会室で行います。こういうことでよろしいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 その他、議会だより掲載原稿の締め切りについてということで、8月号ですね、6月の定例会号ということで掲載いたしますので、よろしくお願いいたします。一般質問、行数、タイトル、氏名を含め23行、議員に渡すのが7月1日等々でございますので、締め切りが7月5日午前中、最終が5日の夜ということでいいでしょうか、これでいいでしょうか。
              (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 その他として、全議員視察研修についてということで、決めていただいております日程ですね、7月26日月曜日から7月27日火曜日、視察先については現在調整中でございますので。
 平井議会事務局長。
◎平井 議会事務局長 
 日程につきましては、前回決めていただいたということで、視察先につきましては、過去の部分も方面も参考にしながら、課題、特に何かあれば、その辺の部分も含めた形で、聞き合った形で、選定、調査項目ですね、上げていきたいと思います。ですから、今現在まだ具体的にはちょっと動いておりませんので、よろしくお願いいたします。
○中河 委員長 
 全体について何かございませんでしょうか、よろしいでしょうか。
               (「なし」と呼ぶ者あり)
○中河 委員長 
 それでは、これで議会運営委員会を閉会をいたします。
 長時間ありがとうございました。
             ( 午前11時24分 閉会 )
……………………………………………………………………………………………………………
大東市議会委員会条例第22条の規定により会議のてん末を記載し、署名する。

                 議会運営委員会委員長