議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 松原市

平成14年  3月 定例会(第1回) 03月01日−02号




平成14年  3月 定例会(第1回) − 03月01日−02号









平成14年  3月 定例会(第1回)



          平成14年松原市議会第1回定例会

             議事日程(第2号)

                      平成14年3月1日(金)午後1時開議

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)

     議案第2号 平成13年度松原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

     議案第3号 平成13年度松原市水道事業会計補正予算(第1号)

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

             本日の会議に付した事件

1.日程第1から第2まで

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

             出席議員(19名)

   1番  吉田 剛君      2番  澤井宏文君

   3番  堀川静子君      4番  菊田 歩君

   5番  森田夏江君      6番  朝広由美子君

   7番  篠本 修君      8番  永田光治君

   9番  石川浩蔵君      10番  羽広政勝君

   11番  中野 昇君      12番  大浦章司君

   13番  森脇顕次君      14番  久保満夫君

   15番  藤木正巨君      16番  出口 茂君

   17番  中西茂明君      18番  辻本正明君

   19番  池内和夫君      20番  欠員

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

             説明のため出席した者の職氏名

  市長          中野孝則君     助役       以倉正一君

  助役          深草利之君     収入役      上尾國重君

  教育長管理部長事務取扱 林 正友君     水道事業管理者  山本寿夫君

  政策推進部長      中野千明君     総務部長     松野國男君

  理事          駒谷正彦君     財政部長     松田 昇君

  市民生活部長      坂本 昊君     理事       今井 清君

  保健福祉部長      加納重文君     理事       松野昌幸君

  都市整備部長      橋本平八郎君    理事       篠本八郎君

  下水道部長       大谷幸作君     病院事務局長   青木宏允君

  消防長         布内四郎君     学校教育部長   井手 聰君

  社会教育部長      石崎正之君     副理事兼総務課長 田中伸幸君

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

               議会事務局職員出席者

  事務局長        西  孝君     参事       川崎 昇君

  主幹兼議事係長     東口正仁君     主幹       内本昌俊君

  主幹          坂本チヨ子君    書記       松田久信君

  書記          小川 孝二君

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                                     以上

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△開議 午後1時50分

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 ただいまの出席議員数は19名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 これより本日の日程に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、18番 辻本正明議員、19番 池内和夫議員を議長において指名いたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 日程第2 議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)について以下、議案第3号 平成13年度松原市水道事業会計補正予算(第1号)についてまでを一括議題といたします。

 ただいま一括議題といたしました各案件は、昨日及び本日各委員会において慎重なるご審査をいただき、それぞれ審査終了の報告がありましたので、これより各委員長の報告を求めます。

 初めに、街づくり委員長の報告を求めます。

 永田委員長。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆街づくり[建設事業]委員長(永田光治君) (登壇)

 本定例会において当委員会に付託されました、議案第3号 平成13年度松原市水道事業会計補正予算(第1号)について、当委員会といたしましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきと決した次第であります。

 以上をもちまして、街づくり委員会の審査結果についての報告を終わります。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 次に、夢づくり委員長の報告を求めます。

 篠本委員長。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆夢づくり[政策総務]委員長(篠本修君) (登壇)

 本定例会において当委員会に付託されました、議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)について、委員より、

1.部落有財産処分に伴う寄附金上程に至る市と地元等との協議経過、及び市の対応とその責任について

1.本寄附金制度の詳細とその利用方法並びに処分後の治水対策などの問題点との関連について

1.財産処分に伴う市民の不信感に対する市の見解と今後の部落有財産処分に対する市の方向性について

 それぞれ質疑され、

 当委員会としましては、「継続審査」との動議があり、採決の結果、挙手少数により、継続審査は否決され、直ちに討論・採決を行い、委員より、反対、賛成のそれぞれ討論があり、採決の結果、挙手多数により、本案は原案のとおり可決すべきと決した次第であります。

 以上をもちまして、夢づくり委員会の審査結果についての報告を終わります。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 最後に、幸せづくり委員長の報告を求めます。

 久保委員長。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆幸せづくり[民生教育]委員長(久保満夫君) (登壇)

 本定例会において当委員会に付託されました、議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)について、及び議案第2号 平成13年度松原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、当委員会としましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきと決した次第であります。

 以上をもちまして、幸せづくり委員会の審査結果についての報告を終わります。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 以上をもちまして、各委員長の報告は終わりました。

 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 初めに、街づくり委員長の報告に対して質疑される方、挙手願います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ないように見受けられますので、街づくり委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、夢づくり委員長の報告に対して質疑される方、挙手願います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ないように見受けられますので、夢づくり委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 最後に、幸せづくり委員長の報告に対して質疑される方、挙手願います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ないように見受けられますので、幸せづくり委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)について、本案については、辻本議員ほか4名より修正案が提出されました。

 これより提出者の説明を求めます。

 辻本議員。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆18番(辻本正明君) (登壇)

 ただいま議長よりお許しをいただきましたので、議案の提案理由の説明を述べさせていただきたいと思います。

 議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)に対する修正案を−−お手元にお配りいたしております議案を−−地方自治法第 115条の2及び会議規則第14条の規定により提出するものであります。

 まず、第1条第1項中「 892,033千円」の追加となっておりますのを「 802,769千円」に修正し、歳入歳出予算総額「42,287,969千円」を「42,198,705千円」に修正するものであります。

 また、同条第2項第1表を次のように修正するものです。款14寄附金、項1 寄附金、補正前の額が「97,418千円」でありますが、理事者から提案されております補正額「89,546千円」を「 282千円」に修正し、合計「 186,964千円」を「97,700千円」に修正するものであります。

 したがって、歳入合計は、理事者の提案の補正額「 892,033千円」を「 802,769千円」とし、合計「42,287,969千円」を「42,198,705千円」と修正するものであります。

 同じく歳出につきましても、款2 総務費、項1 総務管理費について、補正額をそれぞれ理事者提案から修正をしまして、「 670,379千円」とし、合計「 3,402,870千円」に修正をするものであります。

 この修正につきましては、款14・項1 ・目1 一般寄附金で計上されております部落有財産処分に伴う寄附金(新堂) 8,926万4千円を歳入から削減し、歳出においては、款2 ・項1 ・目15公共施設整備費、節25積立金の公共施設整備事業基金費 8,926万4千円を削減するものであります。

 昨日からの質疑、また理事者の答弁の中でも明らかなように、この問題につきましては、昨年の12月に入札に基づく契約条例が提案されましたけれども、その中でも多くの問題点が指摘されてきました。そして今回、寄附金条例に基づいて 8,926万4千円という寄付がなされた。それに基づく提案なんですけれども、議案質疑の中でも明らかになったように、理事者のほうから処分方法について、また業者の選定について、鑑定額への疑問、こういう問題があるということについては存じていると、こういう答弁も行われました。そんな中で、「二度とこのようなことが起こらないように、この教訓を生かしながら」ということで、用地課職員の訓告処分が行われてきたわけであります。

 多くの市民の皆さんは、今の中野市政に対して、市長が述べられているように、情報の公開、そして行政の透明化ということを求めておりますし、そういう意味では、2月28日に開会された議会の前日に急遽、実質的な処分にもならない訓告処分という形で、この問題にふたをするというふうな形にもとられかねない対応の仕方をなされようとした。しかし、議会の議論を通じて、この問題については、やはり再度調査をしながら、市民の皆さん、議会に対しても事実経過を明らかにし、必要な対応をとっていきたい、その時間的余裕をいただきたい、という答弁でした。

 私どもは、こうした理事者の意向を踏まえながら、この寄附金については、今回、歳入項目から削減するという形でいったん先送りをすることが妥当だということを主張してまいりましたが、理事者からそういう提案がありませんので、この際、この分について減額修正をし、事実を市民の前に理事者側が明らかにし、襟を正して堂々と寄附金条例に基づく寄付が受けられる、こういう状況をつくっていただくことをお願いして、提案理由の説明にかえるものであります。

 どうぞ皆さん方のご同意を賜り、ご可決のほどをお願い申し上げます。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 説明は終わりました。

 議事運営上、休憩いたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△休憩(午後2時05分)



△再開(午後2時47分)

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 休憩前に返り会議を再開いたします。

 これより議案第1号の修正案に対する質疑に入ります。

 質疑される方、挙手願います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ないように見受けられますので、修正案に対する質疑を終結いたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 これより討論、採決を行います。

 まず、議案第1号 本修正案及び原案を一括して討論を行います。

 討論される方、挙手願います。−−森田議員。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆5番(森田夏江君) (登壇)

 それでは、議長のお許しをいただきましたので、ただいま議題となっております議案第1号の補正4号の一般寄附金、原案について、反対の立場で討論をさせていただきます。

 昨日からさまざまな形で議論がなされまして、いかに清潔で公正な市政を運営させていかなくてはならないのか、そのための議会の議論がいかに重要であるか、そのことが今議会で議論されたことだと私は確信させていただいています。

 そして、その議論の中で明らかになってきたこと。それはまず、松原市がさまざまな形でいろいろな文書や情報が飛び交うとかいう中で、行政が透明化されていかなくてはならない。昨日の中野市長がお答えになっておられたお言葉の中にも、下の池問題については、三つの問題点がある。一つ目には入札の方法。一般競争入札にすべきであったこととか、二つ目には、価格の問題で、中立的な第三者の設定を行ってきたこととか、三つ目に、何よりも重要なのは、職員が関与しているかのような疑惑、市民から疑惑を持たれるようなことが絶対にあってはならない、このことを肝に銘じてやっていくということで、それに伴って、助役も含めてこの問題を市民の前に明らかにしていくんだ、そして調査をしていくんだと、そういうことが述べられました。

 そして、そのためには、はっきりと市民の前に、この疑惑を晴らしていくためにも、明らかにさせていただくためにも、少し時間をいただきたい、そのうえで必ずこの疑惑を徹底究明していく、こういうことを市長は挙げておっしゃられたわけです。

 今この寄附金の問題については、まさにこの部分の政治的解決がこの議会できっちりと行われない限りは、松原の市議会として「よっしゃ、オッケーですよ」ということで走っていくわけにはいかない。そういった討論が昨日この議場でやられてきたんだと私は認識しております。

 ですので、この予算を今回で何が何でも計上してやっていかなくてはならないことではなく、先にここでやらなければならないのは、調査をし、そして徹底究明をしていき、市民の前に疑惑がないことを明らかにしていく、そして今後そのようなことが絶対に起こらないように、今ここでしっかりとやっていくことが何よりも大事であって、うやむやにさせていってはならない。だからこそ今議会に、この議案については、まず明らかにすることを前提として、この予算を横に置いておく。次の議会にまで置いても、私は、決して不平が起こるわけでも何でもないと確信しておりますので、この議案第1号の補正4号につきましては、補正予算としては賛成することができないという立場で発言をさせていただきます。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 他に討論される方、挙手願います。−−森脇議員。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆13番(森脇顕次君) (登壇)

 議長のお許しを得ましたので、討論をさせていただきます。

 私は、議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)の修正案について、賛成することで討論をしたいと思います。

 部落有財産処分に伴う寄附金(新堂) 8,926万4千円については、前段になる財産処分については、昨年の12月議会の中で私は賛成いたしました。それは私自身が、出された議案について、地元の所有権を有している財産区、新堂の地区に住民登録している住民の意思が反映されているか、意思決定に際して一定、民主的な手続が踏まえられているか、財産処分に関する申請書や添付書類は整っているかという点で、私は一定の評価をして賛成いたしました。

 しかし、議決の直後から、あるいは審議中にもさまざまな問題点が提起されていましたし、その議決直後もビラ等を初め幾つかのメディアを通じてもたらされる情報が、あるいは私自身が調査したところ、松原市当局の側に幾点か問題があることに気づきました。それらについて調査をして判明した事柄や問題を逐一と言っていいくらいに市当局側に伝えてきました。しかし、それに対して市当局は敏速に対応せず、市の側の落ち度を認めないだけではなくして、逆に徐々に事件に対して組織ぐるみのもみ消しへと動いていった事実があります。

 そのことの証左には、3月議会で本件議案で質疑がされて初めて、疑惑の持たれている職員に対して、分限・懲戒処分でもない、「注意」をもって訓告処分として、すべてを幕引きしてしまおうという姿勢からもうかがえます。

 確かに処分があって、条例にも2割相当分を市に寄付していただくということになっています。平成13年12月18日に契約がなされ、所有権移転登記が平成14年1月7日に行われ、寄付が平成14年1月30日になされたという話を昨日の本会議の中で助役から承りました。しかし、契約のあった昨年12月18日以降、議会で指摘された問題は、直ちに調査をすることなくして、ただすこともなくして、きのう、きょうに至っているわけであります。本来なら、当日に契約がなされたならば、その後直ちに調査をすべきであります。そして、ただすべきことはただしていく、そのことが市民に、市民からそれ以前からも告発等で出されていた疑惑に対する、松原市がとらなければならない態度であったと思います。

 今この場で見るとき、組織の中の仲間に対する、どうしても甘い思いでもって、そのことを見逃していこうというふうなことが、結果として組織ぐるみのもみ消しにつながっていっているわけであります。

 さきの12月の議会でもさまざまに出されていた一つひとつを取り上げていけば、それらの事柄についての証拠となるようなものはほとんど明らかになっていたと思います。それに対して真摯に取り組みをしなかって、訓告処分という形で事を終わらせてしまおう、と。これは許せない行為だと思います。

 一方でまた、その個人の問題であるかのような印象を持たせて終わらせようとすることも、私はもう一つ許せない事柄であります。それは、きのうの委員会の審査の中で明らかになったように、平成12年4月17日に既に文書が市に届けられて、担当の職員が水利委員長の奥さんを連れて、管財用地課に説明をさせている。このことをきのうの段階の委員会で私が問う中で初めて明らかにする。私は、ここにも役所としての責任のなさがあらわれていると思わざるを得ません。

 そのときに片方では、下の池を買いたいという業者がいるんだという重要な情報が事務分掌を担当する部署でわかるところになっているわけであります。そのことが後に混乱をもたらし始める最初だと私は感じざるを得ません。

 それから、その後にいろいろとやりとりは地元とはしています。また、業者も訪れて、市の職員の名前を出して、ある事実のことを明らかにしています。しかし、それを担当していた部署の責任者は、そのことを明らかにしてきませんでした。それどころか、そのことを隠して通り過ごそうとしてきたわけであります。このことを見ると、やはり組織ぐるみでもみ消しをしている事実につながっていきます。

 確かに地元でも、当初に市が十分な説明責任を果たして、地元の方に注意義務を果たしていれば、後の混乱が起きてこなかっただろうと考えられますが、そのことに対しても真摯な反省はありませんでした。市民を窮地に陥らせるというのが市役所の役割ではありません。市民に従前に十分に、その立場に立っていただいた事柄について、どういう大きな責任があるかということを知らせる、それが市に課せられた責務であり、そのことを果たさなかった。それをまた小さなこととして隠してしまうということが、次々と大きな問題に発展させたわけであります。

 そして、その市民が、町会長という立場にあって、不用意に同意の文書を出してしまったがために、そのことが後にその人に損害賠償の責任を負わせるようなところにまで至らせてしまったということがうかがえます。

 なおかつ、問うていったときに、7月11日ということをメルクマールとして、その前と後ろに分けて、後には行政は責任を果たしてきたかのように、これまでも言い立ててきました。しかし、7月11日以降も問題が顕在化してきているわけであります。業者が訪れて、机をたたいて折衝するというような場面もありました。その後、地元はなおかつある業者に対して売却をする、と。注意義務を果たしているにもかかわらず、なおかつそのような決定が地元の町会の中でなされる。そのことを見るとき、一体市はどれほどその間に地元に対して責任ある説明をしてきたのかな、ということが問われてきます。

 そして、るる経過があった中で、最終的に、先ほど申し上げたように、本会議前日に1人の職員に対する訓告処分ですべての問題を終わらせようとしているわけですから、私は、これは市民にとっては許せる行為ではありません。

 行政は透明でなければならないと、言葉は「情報公開」だとか「透明」だとかいうことが言われますが、その内容を見るとき、決して実体を伴っていないのが現実であります。

 私は今回、修正案を出して、そしてこのお金が既に収入役のところにあるわけでありますから、決して市の業務に大きなマイナスになることもありません。本来なら市当局はこの議案を出してくる前に、今、問題になっている事柄を真摯に調査・分析し、市の責任を認め、それを改めるような、例えば市の職員に対して問題があるならば、倫理条例を定めるなり、あるいはその余の事柄について、行政の側の責任に対する対応策が明快にとられていなければならないと思います。

 そういうものをすべて終えて後に本案の中にある項目が出されているのであるならば、私は納得のできることであります。しかし、そうではなくして、1人の職員をあげつらうかのように、あるいはそのところにすべてを集約させて、市の上層部にいる人たちが本当の責任を果たさない。これでは松原市政は決して良くなっていかないわけであります。

 また、この間に私がうかがえることは、外部の不当の圧力というものとの連携とか、通牒とか、そういうふうなことであります。そのようなものに対しても、私は、行政、松原市の体質と申していいでしょうか、構造的な問題がある。そこに市長がメスを入れて、そこをただしていく。そのうえで、この項目が議案の中に盛り込まれていたならば、私は賛成いたしました。

 しかし、先ほど申し上げたような問題点がるるある中では、議会にこの判断を求められたとき、私は決して賛成することができない。ですから、修正案を出させていただいたと、こういうことであります。

 単に、昨年の12月、議会第57号で賛成したから、これに付随するものについては、当然賛成すべきだという討論もあります。しかし、一つひとつ問われたことに対して、私たちは議員としての責務は吟味し、そのことに対して責任をもって判断していく、それが市民に対する、また私たち議員としての責務だと考えましたので、修正案を出させていただきました。

 以上のことで、私の討論といたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 他に討論される方、挙手願います。−−藤木議員。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◆15番(藤木正巨君) (登壇)

 議案第1号 平成13年度松原市一般会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論させていただきます。

 まず整理をしておきたいと思います。今回の議案は、昨年12月に可決した部落有財産処分における2割の寄附金を受けるかどうかというところのものでございます。昨日の本会議、また委員会においても、この議案から大きく逸脱する質問がありました。それについては、理事者もわかってながら誠心誠意答弁をされていたように思います。

 それで、このもともとになりますため池の売却につきましては、昨年の12月議会で粛々と、また堂々と質疑・質問がされ、その中で賛否を問うて可決をしたわけでございます。今の森脇議員、当時は非常に高尚な賛成討論で、感銘を受けて、私も「なるほど」ということで同調させていただいたわけでございますけれども、ただいまの反対討論の中、また、修正案を提出したという中で述べられたこと、本会議あるいは委員会で述べられたことも、昨年12月には、今は亡き故大橋智堂議員が同じようなことをおっしゃり、また、委員会でももう少し、どういうような接待があったとかいうような具体的なことまで述べられた。そういう中で議論されたうえで、可決されました。

 今、森脇議員は「それからわかった」というようなご発言でございますけれども、そのときにもう少し調査をし、やっていれば、違った判断をしたかのような議論でございます。さすれば、自分の調査能力が不足で、誤った判断をしたんだ、というように見えるわけです。

 とするならば、ここで私たち議員というのは、今いみじくもご本人が言われていましたけれども、私たちは市民の皆さんから負託を受けて、そして市民の皆さんのために、どう生活安定、幸福に向かって議論をし、尽力していくかというところの責務を負わされております。

 そこで単に、そのときに隠されていたとか、調査が不足であって、誤った判断をしたとなれば、場合によっては市民生活を塗炭の苦しみに追い込むことがあるわけです。したがって、私はまず、ずっと議席で聞いておりまして、「市民の皆さん、私は間違っていました。すみませんね」というような謝罪の言葉もあろうかと思いましたけれども、それもありませんてした。今になって、単に……。その議論をしておかなかったらいけないものを、やってなかって……。

 そういうようなことで、あたかもこの可決をした者に責任があるかのような、人に転嫁をするような、そういうような議論というのは許されないと思うんです。あくまでも今回のこの議案というのは、部落有財産の処分に関する条例に基づいての入の計上でございます。それについて、その前段の部分で議論すべきことを今になってやっていくというのはおかしいと、こう思います。

 それとあわせまして、私は昨日も申し上げましたけれども、この議案についての判断はそれでいい。だけど、昨日いろいろな問題があって、いろいろな問題が提起された。中野市長は透明かつ開かれた情報公開をしていく、と。ですから、私は、この議案とは別に、昨日いろいろな議論があった分については、当然、市民の皆さんに疑惑があれば晴らしていく。問題点があれば明らかにしていく。当然の話でございますので、この議案と今言った一般質問とをごっちゃにしてこれを判断するのは間違いだと思います。

 したがって、市長並びに理事者には申し上げておきたいんですが、議論の出たことについては明確にし、厳正な調査をして、市民の皆さんに公開していく。もしもそこで、言われているような疑惑なり不正があったとすれば、それはそれで断固とした法的措置とるべきであろうし、また、場合によっては損害賠償とかを求めて、市民の皆さんに返還していただくというようなことは当然やるべきである。このことを申し上げて、私の賛成討論といたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 他に討論される方、挙手願います。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ないように見受けられますので、本修正案及び原案に対する討論を終結いたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 これより採決を行います。

 まず、本修正案について、これを可決することに賛成の方、挙手願います。

             〔賛成者挙手〕

 挙手少数であります。よって、本修正案は否決されました。

 これより原案について採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の方、挙手願います。

             〔賛成者挙手〕

 挙手多数であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 次に、議案第2号 平成13年度松原市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、及び議案第3号 平成13年度松原市水道事業会計補正予算(第1号)の2件を一括してお諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。本案は、討論を省略し、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

             〔「異議なし」の声起こる〕

 ご異議なしと認めます。よって、議案第2号及び議案第3号の2件は、いずれも原案のとおり可決されました。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(出口茂君) 

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 第3日目の会議は、7日午前10時開会といたします。

 本日はこれにて散会といたします。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△散会 午後3時17分

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                                     以上

                       松原市議会議長  出口 茂

                       松原市議会議員  辻本正明

                       松原市議会議員  池内和夫