議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 寝屋川市

平成18年厚生常任委員会( 6月15日)




平成18年厚生常任委員会( 6月15日)





 
           厚生常任委員会会議録





開催年月日      平成18年6月15日(木)


開催時間       開議 午前 9時57分


           散会 午前10時16分


開催場所       議会第1委員会室





────────────────────────


出席委員


委 員 長         北 川 健 治


副委員長          梶 本 孝 志


委   員         南 部   創


委   員         坪 内 伸 夫


委   員         堂 薗 利 幸


委   員         宮 本 正 一


委   員         田 中 久 子


委   員         松 尾 信 次





───────────────────────


出席説明員


助   役         中 西 勝 行


理事兼保健福祉部長     山 本   實


市民生活部長        伊 藤 道 男


環境部長          清 水 弘 美


環境部部長         寺 西 喜久雄


保健福祉部部長       杉 木 惠 子


保健福祉部部長       田 中 道 雄


その他関係職員





───────────────────────


出席事務局職員


議事総務課長        川 上 健 一


議事総務課係長       倉 ? 友 行


議事総務課書記       岡 本 次 男


議事総務課書記       東 谷 啓 史





───────────────────────


案  件


1.議案第49号 寝屋川市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の一部


         改正


2.議案第50号 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例等の一部改正


3.議案第55号 平成18年度寝屋川市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)


4.議案第58号 町(字)の区域の変更等


5.       所管事項に関する事務調査





───────────────────────


      (午前9時57分 開議)


○北川健治委員長  おはようございます。厚生常任委員会の会議に先立ちまして一言ごあいさつを申し上げたいと思います。このたび委員各位の御推挙によりまして厚生常任委員会の委員長を務めさせていただくことになりました私、北川健治でございます。同じく副委員長の梶本委員でございます。どうぞよろしくお願いいたします。重責ではありますが、副委員長とともに委員会の運営に全力を傾注していく所存でございますので、関係各位の温かい御指導と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございます。


 それでは会議を始めさせていただきます。本日、厚生常任委員会を開催いたしましたところ、全員御出席を賜り厚くお礼申し上げます。ただいまから会議を開きます。


 初めに理事者のあいさつを受けることにいたします。


○中西助役  おはようございます。本日は厚生常任委員会を開催をしていただきまして誠にありがとうございます。本日御審議をお願いいたします案件は、先の本会議で本委員会に付託になりました条例2件及び補正予算1件、町(字)の区域の変更等1件の御審議をお願いするものでございます。質疑に当たりましては的確に御答弁申し上げてまいりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げまして、誠に簡単ではございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○北川健治委員長  理事者のあいさつは終わりました。


 お諮りいたします。本委員会に付託になりました案件は、お手元に配布の審査日程表のとおり付託案件4件及び所管事項に関する事務調査であります。本日の審議は日程表の順序に従って進めてまいりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議ありませんので、そのように決します。


 それではまず議案第49号 寝屋川市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の一部改正を議題といたします。理事者の説明を求めます。


○伊藤部長(市民生活部長)  おはようございます。それでは議案第49号 寝屋川市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。議案書の17ページ、参考資料45ページをお開き願いたいと存じます。


 本案の改正理由でございますが、平成16年度の寝屋川市老人医療費の助成に関する条例の一部改正におきまして、平成16年11月1日現在65歳以上70歳未満の市民税非課税対象者につきましては本条例の助成の対象とする経過措置が講じられたところでございます。しかし、平成17年度税制改正により、65歳以上で所得125万円以下の者に係る非課税措置が廃止されることに伴い、引き続き老人医療費の助成の対象者とするため、本条例の一部を改正するものでございます。


 それでは条文の朗読を省略させていただきまして、改正内容につきまして御説明申し上げます。


 平成16年度条例改正当時の65歳から70歳の者に係る経過措置といたしまして、合計所得金額が125万円以下の者に対しては従前同様の医療助成が受けられることとするものでございます。


 なお、附則といたしまして、施行期日を公布の日とするものでございます。


 以上、誠に簡単な説明ではございますが、何とぞ慎重に御審議いただきまして、原案どおり御協賛賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。


○北川健治委員長  説明は終わりました。質疑に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ質疑を打ち切ります。討論に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ討論を打ち切ります。


 議案第49号 寝屋川市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の一部改正を採決いたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決されました。


 次に議案第50号 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例等の一部改正を議題といたします。理事者の説明を求めます。


○杉木部長(保健福祉部部長)  続きまして議案第50号 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例等の一部改正につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。議案書の19ページ、参考資料の48ページをお開き願いたいと存じます。


 なお、誠に申し訳ございませんが、参考資料の50ページの寝屋川市立療育・自立センター条例の新旧対照表中、改正案の第10条第4項につきましては、「この限りでない」と記載するところ、「この限りではない」と誤って記載したものでございます。謹んで訂正をさせていただきます。


 それでは本案につきましては、平成18年3月6日付け厚生労働省告示第92号におきまして、健康保険法の規定による療養に要する費用の額の算定方法及び老人保健法の規定による医療に要する費用の額の算定に関する基準の改正が実施されたことにより、診療料金等に関する規定の条文の整備が必要となり、寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例、寝屋川市立療育・自立センター条例及び寝屋川市立保健福祉センター条例の一部を改正いたしたく御提案申し上げるものでございます。


 それでは条文の朗読を省略させていただきまして、改正内容について御説明申し上げます。


 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例第4条第1項、寝屋川市立療育・自立センター条例第10条第1項及び寝屋川市立保健福祉センター条例第8条第1項につきましては、いずれにつきましても診療料等の算定根拠となる厚生省告示の変更による改正でございます。


 なお、当該改正に当たっては、条文整備上の観点から、新告示の名称を引用するのではなく、告示の根拠たる健康保険法及び老人保健法の対応条文を引用するものでございます。


 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例第4条第2項、第3項及び寝屋川市立療育・自立センター条例第10条第2項、第4項につきましては、同内容の寝屋川市立保健福祉センター条例第8条第2項、第3項に表現を合わせる改正でございます。


 附則といたしまして、施行期日につきましてはこの条例の公布の日といたします。


 以上、誠に簡単な御説明でございますが、何とぞ慎重に御審議いただき、原案どおり御協賛賜りますようお願い申し上げて、提案理由の説明を終わらせていただきます。


○北川健治委員長  説明は終わりました。質疑に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ質疑を打ち切ります。討論に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ討論を打ち切ります。


 議案第50号 寝屋川市北河内夜間救急センター設置条例等の一部改正を採決いたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決されました。


 次に議案第55号 平成18年度寝屋川市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 審査の方法についてお諮りいたします。本件は説明、質疑とも一括して行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議ありませんので、そのように決します。それでは理事者の説明を求めます。


○伊藤部長  続きまして議案第55号 平成18年度寝屋川市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。予算書30ページをお開き願います。


 平成18年度寝屋川市の老人保健医療特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


(歳入歳出予算の補正)


第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億120万7000円を追加し、歳入歳出それぞれ166億8120万7000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 それでは以下、各項により御説明を申し上げます。


 初めに歳出より御説明を申し上げます。34ページをお開き願います。


 第4款 諸支出金、1項 諸費、補正額1億120万7000円でございます。これにつきましては平成17年度の老人保健医療費に係る支払基金医療費交付金等の精算に伴う償還金でございます。


 以上で歳出の説明を終わりまして、引き続き歳入について御説明を申し上げます。32ページにお戻り願います。


 第1款 支払基金交付金、1項 支払基金交付金、補正額125万1000円でございます。これにつきましては平成17年度の老人保健医療費に係る審査支払手数料交付金の精算に伴う過年度分の収入でございます。


 第2款 国庫支出金、1項 国庫負担金、補正額9110万1000円でございます。これにつきましては平成17年度の老人保健医療費に係る国庫負担金の精算に伴う過年度分の収入でございます。


 第6款 繰越金、1項 繰越金、補正額885万5000円でございます。これにつきましては平成17年度の決算見込みに係る剰余金の一部でございます。


 以上で老人保健医療特別会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。何とぞ慎重に御審議いただきまして、原案どおり御協賛賜りますようお願い申し上げます。


○北川健治委員長  説明は終わりました。質疑に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ質疑を打ち切ります。討論に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ討論を打ち切ります。


 議案第55号 平成18年度寝屋川市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決されました。


 次に議案第58号 町(字)の区域の変更等を議題といたします。理事者の説明を求めます。


○伊藤部長  議案第58号 町(字)の区域の変更等につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。議案書の36ページ及び参考資料の76ページをお開きいただきたいと存じます。


 本案は、寝屋川市の住居表示未実施区域において住居表示を実施するに当たり、町(字)の区域の変更等を行うため、地方自治法第260条第1項の規定に基づき議決をいただきたく御提案させていただくものでございます。


 それでは内容について御説明を申し上げます。


 平成16年12月市議会定例会におきまして住居表示に関する法律第3条第1項の規定により住居表示を実施する市街地の区域及び住居表示の方法について議決をいただきました。その後、平成17年2月25日に寝屋川市住居表示審議会より住居表示を実施する市街地区域の町の区域及び名称について答申をいただいたものでございます。それによりまして平成17年11月1日には大字寝屋、大字秦、大字太秦の一部及び大字打上の一部につきまして町(字)の区域の変更及び住居表示を実施させていただきました。


 今回住居表示を実施します区域は、答申をいただいた残りの分、すなわち大字太秦、大字高宮、大字小路、大字打上及び国守町の区域でございます。別図1に示す区域、大字太秦、大字高宮、大字小路、大字打上及び国守町を廃止し、別図2に示すとおり、別図1の斜線等で示す?の区域をもって高宮一丁目、高宮二丁目、高宮あさひ丘、小路北町、小路南町、明和一丁目、明和二丁目、打上新町、打上中町、打上元町、打上高塚町、打上宮前町、打上南町、高倉一丁目及び高倉二丁目を新設し、?の区域を太秦高塚町の区域に、?の区域を梅が丘一丁目の区域にそれぞれ編入するものでございます。


 実施時期につきましては、議決後、告示を行い、平成18年10月1日とさせていただくものでございます。


 なお、住居表示に関する法律第5条の2第1項の規定に基づき、本年4月28日から30日間本案を公示いたしましたが、変更請求はございませんでした。


 本市の住居表示は昭和41年の第1次から平成17年まで13次にわたって実施してまいりましたが、今回の第14次をもちまして市域全域の住居表示が終了することになります。


 以上で説明を終わらせていただきます。何とぞ慎重に御審議いただきまして、原案どおり御協賛賜りますようお願い申し上げます。


○北川健治委員長  説明は終わりました。質疑に入ります。


○南部委員  18年の10月1日から変わるということなんですが、他の議員さんも多分知りたいことではないかなと思うんで、私が代表して聞いておきます。これ郵便物等はいつごろぐらいまで前の住所のままで届いたりするんでしょうかね。


○程岡課長(市民課長)  郵便物につきましてはおおむね1年は旧住所で届くということで郵便局の方から聞いております。


○北川健治委員長  ほかにありませんか。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ質疑を打ち切ります。討論に入ります。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  なければ討論を打ち切ります。


 議案第58号 町(字)の区域の変更等を採決いたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議なしと認めます。よって本案は原案のとおり可決されました。


 次に所管事項に関する事務調査を議題といたします。本件につきましては、お手元に配布の申出書(案)のとおり閉会中も継続して調査をすることとし、委員の派遣につきましては委員長に一任していただくことで御異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○北川健治委員長  御異議ありませんので、そのように決します。


 以上で本委員会の案件はすべて終了いたしました。


 理事者のあいさつを受けることにいたします。


○中西助役  本日は早朝から厚生常任委員会を開催をしていただきまして誠にありがとうございました。本委員会に付託になりました案件につきましては、慎重に御審議をいただき、御可決を賜り厚くお礼を申し上げます。委員会審議の中で賜りました貴重な御意見、御質問等につきましては、今後十分精査をいたしまして事務執行に留意してまいりたいと存じます。今後ともよろしく御指導、ごべんたつをいただきますようお願いを申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○北川健治委員長  理事者のあいさつは終わりました。


 本委員会はこれをもって散会いたしたいと思います。慎重審議ありがとうございました。


      (午前10時16分 散会)





───────────────────────


 以上、寝屋川市議会委員会条例第30条の規定により会議のてんまつを記録し、署名する。





 平成18年6月15日





            厚生常任委員会


            委員長 北 川 健 治