議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 寝屋川市

平成17年 5月臨時会(第2日 5月17日)




平成17年 5月臨時会(第2日 5月17日)





 
           平成17年5月臨時会会議録


                         平成17年5月17日


                         午前10時00分開議


────────────────────────


〇出席議員(32名)


1番 中谷 光夫   17番 広瀬 慶輔


2番 山? 菊雄   18番 南部  創


3番 手島 正尚   19番 梶本 孝志


4番 板東 敬治   20番 ?田 政廣


5番 松本 順一   21番 野々下重夫


6番 北川 健治   22番 松尾 信次


7番 北川 光昭   23番 山本 三郎


8番 住田 利博   24番 鮫島 和雄


9番 新垣 節子   25番 堂薗 利幸


10番 寺本とも子   26番 坂本憲一郎


11番 田中 久子   27番 安田  勇


12番 中林 和江   28番 北野 志郎


13番 吉本 弘子   29番 白井 基雄


14番 宮本 正一   30番 渡辺 敏弘


15番 榎本 桂子   31番 板坂千鶴子


16番 中谷 廣一   32番 坪内 伸夫





────────────────────────


〇出席説明員


市       長     馬場 好弘


助       役     中西 勝行


助       役     太田  潤


収   入   役     吉岡 國夫


教   育   長     竹若 洋三


水道事業管理者       池本 吉一


理事兼企画財政部長     荒川 俊雄


理       事     吉見 隆志


理事兼まち政策部部長    片本  隆


理事兼教育次長       高島  誠


市長室長          喜多 雅夫


自治経営室長        井上 隆一


企画財政部部長       喜多  薫


人・ふれあい部長      中澤 敏行


人・ふれあい部部長     近藤 輝治


危機管理室長        中沢  元


総務部長          原田 立雄


人事室長          林  和廣


市民生活部長        伊藤 道男


環境部長          舩吉 成實


環境部部長         寺西喜久雄


保健福祉部長        山本  實


保健福祉部部長       杉木 惠子


まち政策部長        岡本 政生


まち建設部長        高山 敏夫


水道局長          溝口 賢一


学校教育部長        鈴木 勝也


教育監           高須 郁夫


教育監           松岡 和仁


社会教育部長        西尾  武


総務課長          柴田 宣雄





────────────────────────


〇議事日程


           議事日程第8号


   平成17年5月17日  午前10時開議


第1 選 第1号 議会運営委員会委員の選任


第2 選 第2号 常任委員会委員の選任





────────────────────────


〇本日の会議に付した事件


辞職第1号 議長の辞職


選 第3号 議長の選挙


辞職第2号 副議長の辞職


選 第4号 副議長の選挙


────────────────────────


      (午前10時00分 開議)


○副議長(南部 創君)


 おはようございます。本日の市議会臨時会に当たり全員ご出席を賜りまして厚く御礼申し上げます。よって会議は成立いたしますので、ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の会議録署名議員を定めることにいたします。署名議員2人は会議規則第80条の規定により議長において野々下重夫議員、松尾信次議員を指名いたします。


 本日の議事日程はお手元に配布のとおり、日程第1選第1号 議会運営委員会委員の選任及び日程第2選第2号 常任委員会委員の選任の2件でありますので、ご了承願います。


 暫時休憩いたします。


      (午前10時01分 休憩)


      (午前11時30分 再開)


○副議長(南部 創君)


 再開いたします。


 白井基雄議員から議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際、辞職第1号 議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よってこの際、辞職第1号 議長の辞職を日程に追加し議題といたします。事務局長をして辞職願を朗読いたさせます。


○議会事務局長(宍戸 和之君)


 命により辞職願を朗読いたします。


 今般、都合により議長を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。


 平成17年5月16日


          寝屋川市議会議長 白井基雄


 寝屋川市議会副議長 南部 創様


 以上でございます。


○副議長(南部 創君)


 朗読は終わりました。お諮りいたします。白井基雄議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よって白井基雄議員の議長の辞職を許可することに決しました。


 この際、白井基雄議員から議長退任のごあいさつを申し上げたい旨、発言の申出がありますので、これを許可します。


○29番(白井 基雄君)


 議長退任に際しまして一言御礼のごあいさつを申し上げます。


 平成16年5月、寝屋川市議会第46代議長に就任させていただき、以来、今日まで南部副議長のご協力や各会派の幹事長、議員の皆様、そして馬場市長を始め理事者、職員の皆様のご協力の下、この重責を務めることができましたことに対し、深く感謝を申し上げる次第でございます。これもひとえに皆様方のご指導、ごべんたつの賜物と心より感謝申し上げるものでございます。


 さて、ここで本市の1年を振り返りますと、昨年6月には北河内4市リサイクル施設組合の発足、9月には市立学校設置条例の一部改正により池の里小学校、明徳小学校の廃校が決まり、12月には小中学校英語教育特区の認定を受けました。この教育特区については、少子化の進行する昨今、本市において英語教育を受けた子供たちが将来世界で活躍するきっかけとなることを期待し、見守ってまいりたいと思っております。そして今年4月、野外活動センターが指定管理者制度による初めての運営委託となり、さらに5月には2か年にわたって工事され、懸案であった市駅西側の一級河川の寝屋川親水空間の完成を見るに至りました。


 市議会といたしましても昨年5月に会議規則研究会を立ち上げ、全国市議会議長会都市行政問題研究会、先進都市の横須賀市議会、藤沢市議会の事例を参考に、時代に即した本市議会の在り方をねやがわ21議員団、公明党議員団、新生ねやがわクラブ議員団、日本共産党市会議員団、市民派クラブ議員団の各会派委員、そして議会事務局が約1年間、13回の委員会を開催し、議会会議規則及び委員会条例の一部改正について真剣な議論が展開されました。実に39年ぶりに全項目にわたり検討され、その結果、時代に即した多くの見直しがされました。私にとりましてもこの歴史的な場面に議長として立ち会うことができ、多くの勉強をさせていただき、大変意義深い1年でございました。


 また、大変悲しいことではありますが、2月14日、中央小学校において同校の卒業生が鴨崎先生ほか2名の教職員を殺傷する事件が発生し、学校の施設警備が社会問題として大きく問われました。幸い市長を始め教育委員会、理事者、議会も迅速に対応し、一定の警備体制が確立されましたが、お亡くなりになりました鴨崎先生には心よりご冥福をお祈り申し上げる次第でございます。また、この春には中学校に進学した児童、そして在校生の一日も早い悪夢からの回復を願うとともに、このような事件が二度と繰り返されることのないよう願うものでございます。


 次に国に目を転じますと、三位一体の改革が進む中で、国と地方の関係が大きく変ぼうしようといたしております。そのようなことから市議会においても権限強化が必然的な課題と認識いたすものでございます。申すまでもなく三位一体の改革は地方に向けての地方交付税や補助金を減らし、自治体の自主性を高める。そして自治体が自由に使える財源を増やすなど、主たる柱であります。そこで地方自治体にあっては行財政改革を断行して、自己責任の下、地域の実情に合った市政運営が求められる時代に突入しており、多様化する市民ニーズにいかにこたえるか。それには議会が市長から提出される議案を審議するだけでなく、議会自ら政策を提案し、市民ニーズにこたえる。つまりは議員各自が政策形成能力を強化することであると確信いたすものでございます。このようなことを踏まえて、今後、私は一議員として自己研さんに努め、市民の期待にこたえてまいる所存でありますので、どうか議員の皆様、そして馬場市長を始め理事者の皆様には変わらぬご指導、ごべんたつを賜りますようよろしくお願いを申し上げる次第でございます。


 最後になりましたが、どうぞ皆様方のご健勝、ご多幸をご祈念申し上げまして、私の退任のごあいさつとさせていただきます。ご清聴、誠にありがとうございました。


○副議長(南部 創君)


 白井基雄議員の発言は終わりました。


 ただいま議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。この際、選第3号 議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よってこの際、選第3号 議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。指名の方法については私から指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よって私から指名することに決しました。議長に安田勇議員を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました安田勇議員を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(南部 創君)


 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました安田勇議員が議長に当選されました。ただいま議長に当選されました安田勇議員に本席から会議規則第32条第2項の規定により議長当選を告知いたします。


 これより議長当選のあいさつをお願いすることにいたします。


 安田勇議員。


○議長(安田 勇君)


 一言御礼のごあいさつを申し上げます。


 ただいまは議員の皆様の温かいご推挙をいただき、寝屋川市議会第47代議長に就任をさせていただきました。身に余る光栄であり、皆様に心から御礼と感謝を申し上げる次第でございます。


 さて、本市が直面している厳しい財政状況を考え、多くの行政課題を直視したとき、市民生活と市民福祉の向上に思いを巡らせたとき、その責務の重大さに全身が緊張感で充満しております。もとより浅学非才の身でございます。この上は議員の皆様の英知とご指導をいただきながら、また市長を始め理事者の皆様のごべんたつを賜りながら、民主的で公正・公平な議会運営に努めるとともに、寝屋川市の発展と市民福祉の充実発展に、誠に微力ではございますが、全力で取り組む所存でございます。議員の皆様と馬場市長を始め理事者の皆様の温かいご指導とごべんたつを賜りますように重ね重ねお願い申し上げまして、誠に簡単粗辞でございますが、議長就任に際しての感謝と御礼のごあいさつに代えさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。


○副議長(南部 創君)


 あいさつは終わりました。


 それでは議長を交代いたします。


(議長交代)


○議長(安田 勇君)


 それではこれより議長の職務を務めさせていただきます。


 暫時休憩いたします。


      (午前11時43分 休憩)


      (午後3時15分 再開)


○議長(安田 勇君)


 再開いたします。


 南部創君から副議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際、辞職第2号 副議長の辞職を日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よってこの際、辞職第2号 副議長の辞職を日程に追加し議題といたします。事務局長から辞職願を朗読いたさせます。


○議会事務局長(宍戸 和之君)


 命により辞職願を朗読いたします。


 今般、都合により副議長を辞職いたしたく、許可されるよう願い出ます。


 平成17年5月17日


         寝屋川市議会副議長 南部 創


 寝屋川市議会議長 安田 勇様


 以上でございます。


○議長(安田 勇君)


 朗読は終わりました。お諮りいたします。南部創君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よって南部創君の副議長の辞職を許可することに決しました。


 この際、南部創君から副議長退任のごあいさつを申し上げたい旨の発言の申出がございました。これを許可します。


○18番(南部 創君)


 副議長退任に当たり一言御礼のごあいさつを申し上げます。


 昨年の5月議会において、議員の皆様のご推挙をいただき、第51代目の副議長を就任させていただきました。早いもので1年が経過をいたしました。その間、我が会派の大先輩であります白井議長の下、議会運営に微力ながらまい進してまいりました。私自身の議会活動の中でかつてなかったぐらい激動の1年間の中で、無事重責を全うできましたのも議員諸氏を始め市長、理事者関係各位の皆様方のご協力の賜物と心から厚く御礼を申し上げます。今後は一議員として25万市民のために今まで以上に頑張る所存でございますので、変わらぬご指導、ごべんたつを今まで以上に賜りますようよろしくお願い申し上げまして、簡単粗辞ではございますが、退任のごあいさつといたします。本当にありがとうございました。


○議長(安田 勇君)


 南部創君の発言は終わりました。


 ただいま副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。この際、選第4号 副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よってこの際、選第4号 副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。指名の方法につきましては議長において指名することにしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よって議長において指名することに決しました。副議長に野々下重夫君を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました野々下重夫君を副議長の当選人と定めることにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました野々下重夫君が副議長に当選されました。ただいま副議長に当選されました野々下重夫君に本席から会議規則第32条第2項の規定により副議長当選を告知いたします。


 これより副議長当選のあいさつをお願いすることにいたします。


 野々下重夫君。


○副議長(野々下 重夫君)


 この度議員の皆様のご推挙によりまして寝屋川市議会第52代副議長の大任を拝命いたしましたことは、誠に身に余る光栄であり、心より感謝申し上げますとともに、衷心より御礼を申し上げます。


 現下の市政を取り巻く状況をかんがみ、市民の代弁者たる議会が果たすべき役割と責任を考えますと、その任務の重さに身の引き締まる思いでございますが、幸いにも経験、見識ともに豊かな安田議長の下、職務に従事できますことを励みとし、また喜びとするものであります。若輩にして甚だ微力ではございますが、今後、自らを一層督励し、円滑な議会運営と市政発展のため、粉骨砕身の努力を傾注してまいる所存でございますので、議員の皆様並びに市長を始め理事者の皆様におかれましてはご指導、ごべんたつを賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、簡単粗辞ではございますが、一言就任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。大変にありがとうございます。


○議長(安田 勇君)


 野々下重夫君のあいさつは終わりました。


 暫時休憩いたします。


      (午後3時22分 休憩)


      (午後4時55分 再開)


○議長(安田 勇君)


 再開いたします。


 お諮りいたします。本日の日程はまだ残っておりますが、議事の都合によりこれをもって延会とすることにご異議ございませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(安田 勇君)


 ご異議なしと認め、さよう決します。それでは本日はこれにて延会いたします。なお、次の会議は明18日午前10時に開会いたします。長時間ありがとうございました。


      (午後4時56分 延会)





──────────────────────


〇出席事務局職員


   事務局長       宍戸 和之


   議事総務課長     艮  豊博


   係長         倉? 友行


   主査         田伐 幸信


   書記         岡本 次男


   速記者        阿久津 誠





──────────────────────


 以上、会議のてんまつを記録し、相違ないことを証するため、ここに署名する。





 平成17年5月17日








   寝屋川市議会議長   安 田   勇





   寝屋川市議会前副議長 南 部   創





   寝屋川市議会副議長  野々下 重 夫





   寝屋川市議会議員   松 尾 信 次