議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成16年 12月 合併問題特別委員会 12月16日−01号




平成16年 12月 合併問題特別委員会 − 12月16日−01号







平成16年 12月 合併問題特別委員会



◯平成16年12月16日富田林市議会合併問題特別委員会を全員協議会室に招集された。

◯出席委員はつぎのとおりである。

 委員長   西条正善君

 副委員長  大西 剛君

 委員    辰巳真司君

 委員    今道隆男君

 委員    左近憲一君

 委員    司 やよい君

 委員    奥田良久君

 委員    壺井久雄君

 委員    京谷精久君

 議長    武本博幸君

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 市長         多田利喜君

 助役         花岡義弘君

 助役         吉川佳男君

 教育長        堂山博也君

 収入役        森元洋行君

 市長公室理事兼

            江向義夫君

 政策推進室長

 市長公室理事兼

            道籏安幸君

 秘書課長

 政策推進室参事    清水廣一君

 総務部長       高橋弘次君

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長       加藤義夫君

 事務局次長      置田保巳君

 事務局主幹      嘉田裕治君

 総務係長       日谷眞智子君

 議事係長       祐村元人君

 議事係        松本秀樹君

 議事係        植木謙次君

◯合併問題特別委員会付託分はつぎのとおりである。

 1.経過報告について

    (午前10時2分 開会)



○委員長(西条正善君) おはようございます。

 会議に入る前に皆さんにお願いいたします。このたび、マイクシステムを更新いたしました。会議録を作成いたします関係で、発言に際しましては本体の青いボタンを押し、マイク先端の赤いランプの点灯を確認してから発言をお願いいたします。なお、発言が終わりましたら、再度ボタンを押して、ランプの消灯を確認ください。ご協力をよろしくお願いいたします。

 それでは、ただいまより合併問題特別委員会を開会いたします。

 会議に入る前に、本日議員並びに一般の方からの傍聴の申し出がございましたので、これを許可することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。それでは、傍聴を許可いたします。

 お手元に、8月25日以降の経過報告についての資料を配付いたしておりますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、多田市長より今日までの経過報告をしていただきます。



◎市長(多田利喜君) それでは、大変お忙しい中、合併問題特別委員会を開催していただきまして、大変ありがとうございます。

 この合併問題につきましては、3月13日の第8回合併協議会の場におきまして、方式を編入合併でと申し出をさせていただきまして以降、この間特別委員会におきましては、6月24日、8月25日に中間報告をさせていただいたところでございます。議員の皆様方には大変ご心配をいただき、またご意見もちょうだいいたしました。改めて厚くお礼を申し上げます。

 4市町村の合併問題につきましては、これまで市町村の担当部長、担当助役間でもさまざまな協議、調整が行われました。私も、町長さん、村長さんともお会いをさせていただきまして、協議、意見交換をさせていただいたところでございます。

 こういった中で、昨年からの住民説明会でのご意見、市民アンケート調査の結果等を踏まえまして、今後住民の理解を得て合併協議会を継続していくためには、合併方式を編入合併とさせていただくこと、時期については、合併特例法が有効活用できる法期限内であることが最も重要であると。

 また、今後の合併協議につきましても、本市の住民の皆さんのご理解をいただき、円滑に進めるために協議会委員数の構成の見直しや議員全員での在任特例のあり方、そして効率的な行財政運営を行うためにも大幅な職員の削減が避けられないことなども町村に機会あるごとに申し上げ、6月24日には市町村合併に対する富田林市の考え方として、文書で提示をさせていただいたところでございます。

 しかしながら、町村のお考えは、編入への方式の変更につきましては一定のご理解をいただきましたものの、各課題につきましては合併協議会の場で議論をしていただきたいとのことでございました。また、この間、町村では町村長の選挙、町議会議員選挙が行われたこともございまして、各課題の細部にわたっての意見の一致には至っていないのが実情でございます。去る11月22日には、町長、村長さんとも意見交換をさせていただきました。

 私といたしましては、今日に至りましては、本市としての一定の判断をする最終段階に来ているとの考え方から、合併特例債が活用できる法期限内での合併を目指すには、日程的にも大変厳しく断念せざるを得ない状況であるとの認識を申し上げたところでございます。

 つきましては、12月27日に開催を予定いたしております第9回合併協議会におきまして、以上申し上げました考え方で臨みたい、このように考えておりますので、委員の皆様におかれましては、よろしくご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○委員長(西条正善君) 市長からの報告は終了いたしました。

 この際ですから、何かありましたらお受けいたします。

    (なしの声あり)

 ないようですので、以上で当合併問題特別委員会を閉会いたします。

    (午前10時9分 閉会)

 富田林市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

  富田林市議会

  合併問題特別委員長  西条正善