議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成16年  6月 文教厚生常任委員会(第2回) 06月16日−01号




平成16年  6月 文教厚生常任委員会(第2回) − 06月16日−01号







平成16年  6月 文教厚生常任委員会(第2回)



◯平成16年6月16日富田林市議会文教厚生常任委員会を第1委員会室に招集された。

◯出席委員はつぎのとおりである。

 委員長   來山利夫君

 副委員長  左近憲一君

 委員    辰巳真司君

 委員    武本博幸君

 委員    今道隆男君

 委員    司 やよい君

 委員    上原幸子君

 委員    京谷精久君

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 助役         花岡義弘君

 助役         吉川佳男君

 教育長        堂山博也君

 市長公室長      竹綱啓一君

 総務部長       高橋弘次君

 行財政管理課長    谷口勝彦君

 保健福祉部長     山内崇道君

 保健福祉部理事兼

 福祉事務所長     榊原壽幸君

 兼社会援護課長

 保険年金課長     奥野 晟君

 介護保険課長     武田 一君

 子育て支援課長    橋本新三君

 福祉課長       平田英明君

 保険年金課参事    森口賢一君

 社会援護課参事    柳本恵三君

 福祉課参事      尻家賢治君

 教育総務部長     山本文博君

 教育総務部理事    宮本俊蔵君

 教育総務部次長兼

            吉村正治君

 教育総務課長

 教育指導室次長    内海 誠君

 生涯学習部長     江口 慧君

 生涯学習部理事兼

            水道昌之君

 中央図書館長

 生涯学習部次長兼

            越智 明君

 社会教育課長

 生涯学習部次長兼

            木下昌久君

 東公民館長

 生涯学習部副理事

            森口博正君

 兼文化財課長

 スポーツ振興課長   和田 守君

 金剛公民館長     朝山 勝君

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長       加藤義夫君

 事務局次長      置田保巳君

 事務局主幹      嘉田裕治君

 総務係長       日谷眞智子君

 議事係長       祐村元人君

 議事係        松本秀樹君

 議事係        植木謙次君

◯文教厚生常任委員会付託分はつぎのとおりである。

 議案第35号 平成16年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第1号)

       第1表歳入歳出予算補正、歳出面中

       3款民生費 1項社会福祉費

             7項国民健康保険事業費

       9款教育費 4項幼稚園費

             5項社会教育費

 議案第36号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

    (午前10時0分 開会)



○委員長(來山利夫君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまより文教厚生常任委員会を開会いたします。

 それでは、議事に入ります。

 今期定例会において、当文教厚生常任委員会に付託されました案件は、別紙付託表のとおりであります。

 まず、付託案件についての提案説明につきましては、本会議で説明を受けておりますので、これを省略することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 それでは、提案説明を省略し、直ちに審議に入ります。

 初めに、議案第35号 平成16年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第1号)中、当委員会付託分について、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(司やよい君) おはようございます。

 148ページのところです。民生費、社会福祉費の障害者福祉費のところの身体障害者地域生活援助事業の委託料の内容をちょっとお聞かせください。



◎福祉課長(平田英明君) お答えいたします。

 身体障害者地域生活援助事業でございますが、これは身体障害者がグループホームでの生活を希望した場合、日常生活の援助を行う事業でございます。家庭や施設でなく、小規模の住居を生活の場として確保しまして、少人数の障害者が共同生活し、世話人によりまして食事の提供等の生活支援を行う事業でございます。

 グループホームにつきましては、支援費では知的障害者へのみ制度化されていますが、身体障害者にも同様の制度が求められ、大阪府において制度化されたものでございます。

 事業の目的としましては、障害者が社会の一員として障害のない人と同様に地域で自立して生活できるよう支援するものです。この事業は、大阪府が指定した身体障害者厚生援護施設等を経営する社会福祉法人等に委託して実施するものでございます。

 以上でございます。



◆委員(司やよい君) この富田林市で、これは何人かいらっしゃるんですか、こういう方は。



◎福祉課長(平田英明君) 現在、身体障害者のグループホームに入所しておられる方はおられません。今回、補正させて初めてのケースでございます。



◆委員(司やよい君) この富田林では、知的障害者のグループホームのそういうような事業に対しての支援は、今ちょっとお聞きしましたけれども、この身体障害者の方も条件は一緒なんですかね。



◎福祉課長(平田英明君) 基本的には一緒でございます。



◆委員(司やよい君) 今回、富田林でもこういうふうな身体障害者の方が自立に向けてグループホームへ入所されて、その支援ということですけれども、先ほどの課長の話の中にも、やはり障害者の有無にかかわらず、健常者とともに自立をしていくための支援というのはやっぱりすごく大切なことやと思います。最近では町でも、富田林の中でも、車いすでの外出をされている方をよく見ますし、そういった障害を持つ人、持たない人、すべての方がやはり誇りを持って自立できるユニバーサル社会の構築を求めていく声がやっぱり今高まっていると思うんですね。こういうふうに施設に入られる方とともに、やはり在宅でこういうふうな障害者の方が本当に自立して社会に出られるように、やっぱりしていくことが大事だと思うんですね。

 障害者のいろんな団体のところもあります。そういうところもやはり時代とともに不都合な点というのか、やはり今ちょっと声も聞かせていただいたりしております。そんな中で、やはり希望を持って社会へ出られるように、今まではそういったことが社会に支えられる側でやっぱり障害者の立場の人はいてはったと思うんですね。でも、やはりこれからの時代というのは反対に、そういう方たちも社会を支える側になっていくことがやっぱり大事だと思うんですね。

 そういう意味で今回、來山議員も障害者の支援費の充実のこととか、ユニバーサル社会の構築に向けて質問をされていましたけど、そういった観点でやっぱりもっと、身近なところにもやはり目を向けていただけるようにしていただきたいと思うんですけど、その辺何か声とか、何か聞いておられますか。



◎福祉課長(平田英明君) 本市では、これまでから障害者が地域で自立して生活できるよう作業所の運営委託とか、通所授産施設の運営補助とかを行ってまいりまして、なるべく障害者の方が地域で生活できるような施策については取り組んできたところでございます。

 例えば就労の件でございますけれども、近隣市町村と共同して障害者の就労支援を行う支援センターセットアップ事業とか、15年度につきましては、職員の採用試験で障害者枠を設定して障害者を採用しましたり、今年度、身近なところということで、市の封筒とかに点字を採用いたしまして、この点字の作業につきましては、障害者の作業所に委託する方向で現在準備を進めているところでございます。

 昨年度実施いたしました福祉会館の改修事業におきましても、聴覚障害者が会議に出席しやすいよう、磁気ループの設置を行ったりしております。

 いずれにしましても、このように障害の有無にかかわらず、すべての人がともに暮らせるユニバーサル社会ということで、障害者施策の取り組みを進めてきたところでございます。

 今後も障害者が地域で社会参加できるよう、支援費を初め各種施策を活用いたしまして、障害の有無にかかわらず、すべての人が能力を発揮できる社会を目指して取り組んでまいりたいと思っております。

 以上でございます。



◆委員(司やよい君) ありがとうございます。

 そういう意味から、今回、いろんな市の情報を携帯電話で発信するということも行われていることで、こういうことも一つの大きなそういう評価をできることだと思いますので、また常日ごろ努力していただきたいと思います。ありがとうございました。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) 先ほど司委員の方から質問のあったことについて、また、私自身ちょっともう一つお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 この委託料について、具体的にどういうところに委託されるのか、それについてまず教えていただけますか。



◎福祉課長(平田英明君) 今回委託させていただきますのは、特定非営利活動法人自立生活センターいしずえの身体障害者自立共同ホームめぐみの家でございます。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) これの委託基準というのはあるんですか。



◎福祉課長(平田英明君) 本市の方で実施要綱を定めておりまして、グループホームの基準といたしましては、定員が4人以上7名以下、立地条件としましては、緊急先においても運営主体が迅速に対応できる距離にあること、生活環境に十分配慮された場所にあること、原則として、当該運営主体が建物の所有権または賃借権を有すること、ほかに設備の基準とか、世話人につきましては1グループホームごとに世話人が1人いるとか、そういう基準を定めておりまして、それに基づいて指定させてもらっております。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) これはほかの非営利団体、NPO団体の運営は考えなかったんですか。今回だけのどういう選考過程なのか教えていただけますか。



◎福祉課長(平田英明君) 現在、大阪府下には、身体障害者のグループホームについては3カ所しかございません。それで今回のケースはご本人が希望された施設ということで選択させていただきました。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) ご本人が希望されたということは、身体障害者の方が、今回この施設にお願いしたいというふうに市の方に依頼があったということですかね。



◎福祉課長(平田英明君) ご本人の申請に基づいて審査するわけでございますけれども、その時点でグループホームとの事前のご本人との入居についての協議がございまして、定員等もございますので、そこら辺の状況を見ながら、ご本人と協議のあった時点でこちらへ申請していただくという形になっております。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) 今後こういう、先ほど司委員からお話がありましたように、今まではそれを1カ所の施設で見ていくということが、国の基準からしてもその地域に開放していくと。地域でできるだけ地域力に頼って、各そういう家を借りるなり、施設として利用して、地域でその障害者を支えていくという、これからそういう体制を組んでいくということを伺っております。

 そういう意味では、当然それをお世話されるNPOの選考基準についてもきちっとしていくことも必要だと思いますね。もちろん本人の希望も優先していくということはあるんでしょうけれども、そこら辺は今後、きちっとした基準づくりをしていただきたい、委託するに当たって。それだけはまず一つお願いしておきます。

 それと、知的障害者のグループホームについての実態把握という意味合いで、今現在、今回は身体障害者ですけれども、その前の知的障害者のグループホームの実態というのはどういうふうにつかまえているんですか。



◎福祉課長(平田英明君) 知的障害者のグループホームにつきましては、現在、大阪府下で257カ所ございまして、本市では現時点で18名……ちょっと数字は忘れましたけれども、18名ぐらいの方が現在、知的グループホームを利用されておられます。



◆委員(京谷精久君) それは、場所はどこなんですか。例えば、どことどことどこに散らばっているというか、それぞれ場所と、そこに入所されている人の数とをお知らせください。



◎福祉課長(平田英明君) 本市に所在する知的障害者のグループホームなんですけれども、ちょっと順番にそうしたら上げます。名称だけなんですけれども、大平ホーム、わかば、すみれ、高井文化ホーム、かもめ、すばるけやきホーム、ことけやきホーム、大伴ホーム、希望、ひのき寮第1ホーム、れんげ、さつき、いこい、スイトピー、まりも、あけぼの、さくらホーム、つばめ、はやぶさ、レモンホーム、らいちょう、とき、カナリア、いちごホーム、以上が本市に所在するグループホームでありまして、そのうちの14名の方が富田林から利用されておられます。市外に所在するグループホームで本市が措置しておるのが、東住吉ホーム、松原第7ホーム、ビーバー、カトレア、グループホーム聖徳、以上でございます。



◆委員(京谷精久君) これたくさん、本市においてもかなり場所がありますね。

 先ほど課長から説明ありましたよね。これは皆さんにも考えていただきたいんですけれども、グループホームというのは地域に委託し、地域でそういう施設を借りて、地域で運営するということなんで、この実態把握ということに対しては非常にきちっとしていただきたいなという思いがあるんですね。

 だから、本市においても大伴ホームがあるということは、私はここを訪れたことがございます。その中で、もうはっきり申し上げてよくわからないという実態があって、何と言えばいいんですか、閉鎖的になりやすいという一面もあるので、本市においては、それについてやはり援助しながらも中の実態を把握していくということを今後続けていただきたいと思うんですけれども、これについての実態把握についてはどういうふうにされているんですか。



◎福祉課長(平田英明君) 現在、実態調査については特に行っておりません。



◆委員(京谷精久君) おかしいんと違いますか。今までの答弁と、今これから、司委員がおっしゃったように、身体障害者を含めて、知的障害者も含めてグループホームについて力を入れていくという話をされているんでしょ。そうすると、まずはグループホームの実態調査についてはきちっとやるべきでしょう。その上でニーズも把握して、そして市としてできることをつかんでいくのが当然じゃないですか。



◎福祉課長(平田英明君) 知的障害者のグループホームにつきましては、いわゆるバックアップの姿勢としまして、金剛コロニーとかの寮生がその地域でグループホームを利用しているという形で、そういうコロニーとかのバックアップのもとにやっているということで、現在そういう調査はしておりませんけれども、調査については今後また検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) グループホームが今、コロニーの話が出たんでお話ししておきますけれども、大阪府の施策としては、金剛コロニーの定員も減らしていくと。その中で地域でそれを支えるような体制を、大阪府は、これは政策の是非は別にして、そういう方向でやっていくんでしょ、これから大阪府も。聞かれているでしょ、それは。ということは、今お話あったように、知的障害者も含めて、身体障害者も含めて、例えばそういう地域の中でそういう施設を設置し、そこで障害者を支えていく、地域で支えていくという方向なんですから、まずはそうなったときに、やっぱり地域実態をきちっと把握していくことがまず大事だと思うんです。今まではコロニーに委託していたということは、それはそれで結構ですけれども、今後そういう地域に返していくときに、当然、地域とのかかわりも出てくるわけですから、そういうことも含めてよろしくお願いしておきたいなと思います。

 とかくグループホームについてはいろいろな考え方がありますけれども、やはり支援をするなら、その実態をきちっと把握するということの方針だけはきちっと言うておきますから、お願いしておきます。やっぱりそこら辺の本市の体制づくりということをやっていただきたいなと思います。お金を出して、また、支援するのを一たん許可した後、その実態も把握しないということは困りますね。



○委員長(來山利夫君) 答弁は。



◆委員(京谷精久君) それはもう結構です。もう要望だけにしておきます。

 次に、150ページの幼稚園管理費の中の車両運行業務委託費ということですけれども、これについて内容を教えていただけますか。



◎教育総務部次長(吉村正治君) お答えいたします。

 これにつきましては、教育委員会所属の運転手が、3月の下旬ごろに突然に体調不良となりまして緊急入院をいたしまして、その後、病状の状況の中で長期入院が必要ということで、緊急的にお願いした措置でございます。



◆委員(京谷精久君) これは、運行業務をシルバー人材センターに委託するわけですね。



◎教育総務部次長(吉村正治君) はい、そうでございます。



◆委員(京谷精久君) そうするとこれは、通常の運行法上問題はないんですか。



◎教育総務部次長(吉村正治君) 今のところ、そういったことの中で問題はないと聞いております。



◆委員(京谷精久君) これ、運転業務の主体はどこなんですか。運転業務をさせている主体は。もう一度確認しておきますけれども。



◎教育総務部次長(吉村正治君) 本来は、本市の職員の業務であったわけでございます。



◆委員(京谷精久君) そういうことじゃなしに、本来、本市の職員さんが運転をしていたわけですね。それが長期入院されたということで、それがシルバー人材センターの方に委託して、そこの人材センターの職員さんというか、その人材の方で運転するということですから、運転の業務主体はシルバー人材センターにあるんじゃないですか、運転そのものに対しては。



◎教育総務部次長(吉村正治君) ただいまの京谷委員さんのご指摘のとおり、現在の運転主体をお願いしていますのはシルバー人材センターの運転手さんでございます。



◆委員(京谷精久君) そうすると、シルバー人材センターが運転業務という仕事をやるわけですから、当然、運送法上の免許取得は要らないんですか、これは。



◎教育総務部次長(吉村正治君) 私の今のシルバー人材センターの協議の中で、シルバー人材センターの事業の中でそういった運行業務をされているということでございますので、大型運転免許の取得の方の業務がシルバー人材センターの業務の中に入っているということの中で委託契約をさせていただくということでございます。



◆委員(京谷精久君) それは、もう一度確認しておいてください、再度ね。

 営利目的で運転手を派遣して、これ営利目的ですね。お金を当然委託料として取って、それを職員を派遣してやるというのは運送業ですから、運送業のそういう免許取得ということが、そういう法律上クリアされているのかどうか、そこら辺はちょっと懸念するところがあって、他の例もありますので、そこら辺は再度お願いしておきます。もう一度確認しておいてくださいということで、これは依頼だけです。

 152ページの備品購入費です。250万円、これについてちょっと貸し出し要綱も含めて教えていただきますか。



◎生涯学習部次長(越智明君) 本件、備品購入費につきましては、コミュニティの形成を図るために市民団体等が市民活動をされる際に必要とする機器を貸し出しするという形で、本年度におきましては、音響機器を中心に購入してまいりたいと考えておるわけですけれども、要綱等は現在のところ設置いたしておりません。

 以上です。



◆委員(京谷精久君) これは今、要綱等はないということなので、今時点での考え方で結構ですけれども、例えば町会単位で貸し出しをする、また、各種団体単位で貸し出しをする。個人でまた借りたいという申し出があった場合はどうなんですか、これは。



◎生涯学習部次長(越智明君) 本件備品購入が完了しました際に、要綱の制定も考えていきたいというふうに、今現在、考えておりますけれども、基本的には個人ではなしに、いわゆる団体、そういった形で貸し出しを行ってまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



◆委員(京谷精久君) わかりました。要綱をきちっと整理していただいて、借りやすくしていただいて、本来は町会が購入しなあかん分についてもこういう社会教育の方で貸し出していただいて、少しでも負担が軽減されるようでしたらありがたいなと思いますし、こういうことはできたら貸し出し状況も見ながら、また、備品購入をもっとふやしてもらうことも考えていただけたらなと思います。

 以上です。



○委員長(來山利夫君) あとございませんか。よろしいですか−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第35号中、当委員会付託分について、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第35号 平成16年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第1号)中、当委員会付託分については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第36号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第36号について、原案どおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第36号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり了承されました。

 以上をもちまして、今期定例会において当文教厚生常任委員会に付託されました案件の審査は、全部終了いたしました。

 それでは、当文教厚生常任委員会を閉会いたします。

    (午前10時27分 閉会)

   富田林市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

    富田林市議会

    文教厚生常任委員長  來山利夫