議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成16年  4月 臨時会(第1回) 04月27日−01号




平成16年  4月 臨時会(第1回) − 04月27日−01号







平成16年  4月 臨時会(第1回)



◯平成16年4月27日富田林市議会第1回臨時会(第1日目)を富田林市議会議事堂に招集された。

◯出席議員はつぎのとおりである。

 1番  辰巳真司君

 2番  永原康臣君

 3番  武本博幸君

 4番  林 光子君

 5番  今道隆男君

 6番  西条正善君

 7番  尾崎哲哉君

 8番  大西 剛君

 9番  山岡清司君

 10番  沖 利男君

 11番  山本剛史君

 12番  左近憲一君

 13番  吉年千寿子君

 14番  司 やよい君

 15番  來山利夫君

 16番  山本五都子君

 17番  奥田良久君

 18番  上原幸子君

 19番  壺井久雄君

 20番  高山裕次君

 21番  京谷精久君

 22番  鳴川 博君

◯欠席議員

    なし

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 市長         多田利喜君

 助役         花岡義弘君

 助役         吉川佳男君

 収入役        森元洋行君

 教育長        堂山博也君

 市長公室長      竹綱啓一君

 政策推進室長     江向義夫君

 総務部長       高橋弘次君

 市民生活部長     廣田精孝君

 保健福祉部長     山内崇道君

 福祉事務所長     榊原壽幸君

 まちづくり政策部長  國田泰一君

 人権文化部長     中野利行君

 教育総務部長     山本文博君

 教育総務部理事    宮本俊蔵君

 生涯学習部長     江口 慧君

 上下水道部長     吉田 功君

 消防長        鎌谷健二君

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長       加藤義夫君

 事務局次長      置田保巳君

 事務局主幹      嘉田裕治君

 総務係長       日谷眞智子君

 議事係長       祐村元人君

 議事係        松本秀樹君

 議事係        植木謙次君

◯議事日程はつぎのとおりである。

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 許可第1号

      富田林市議会議長の辞職許可について

 日程第4 同意案第2号

      富田林市監査委員(議会選出)の選任につき同意を求めることについて

 日程第5 報告第2号

      和解及び損害賠償の額を定めることについての専決処分報告について

 日程第6 議案第25号

      富田林市税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについて

 日程第7 議案第26号

      富田林市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについて

 日程第8 議案第27号

      平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第7号)の専決処分につき承認を求めることについて

 日程第9 議案第28号

      平成15年度大阪府富田林市財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分につき承認を求めることについて

 日程第10 議案第29号

      平成15年度大阪府富田林市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて

(追加)選第1号

      富田林市議会議長選挙について

      許可第2号

      富田林市議会副議長の辞職許可について

      選第2号

      富田林市議会副議長選挙について

      選第3号

      大阪府都市競艇組合議会議員の補欠選挙について

      選第4号

      富美山環境事業組合議会議員の補欠選挙について

      選第5号

      南河内清掃施設組合議会議員の補欠選挙について

      選任第1号

      富田林市議会運営委員会委員の補欠委員の選任について

      選任第2号

      富田林市議会合併問題特別委員会委員の補欠委員の選任について

   (午前10時1分 開会)



○副議長(來山利夫君) ただいまより平成16年第1回富田林市議会臨時会を開会いたします。

 開議に先立ち、市長あいさつ。



◎市長(多田利喜君) おはようございます。

 開会に際しまして一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、平成16年第1回市議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様方には何かとご多用のところ、ご出席を賜りましてして誠にありがとうございます。

 本市特産の千両ナスの収穫が最盛期を迎え、野山に草木の若い息吹が脈々と感じられるさわやかな季節となってまいりました。私が市長に就任いたしまして丸1年が経過しようとしております。この間、議員皆様をはじめ市民の皆様方の温かいご支援と多大なるご協力を得まして、改革と創造のまちづくりに向けて市政を推進することができました。改めまして心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 さて、この4月1日より市役所の新しい組織体制がスタートいたしました。機構改革を実施し、組織の名称や配置を改め、市民の皆様により一層わかりやすく、また利用しやすくするとともに、来庁された方々が戸惑うことなく目的の窓口で速やかに手続を行えるよう案内をするフロアマネジャーを庁内に配置いたしたところでございます。おかげをもちまして、このフロアマネジャーにつきましては、1月から実施をしております日曜窓口業務同様、市民の皆さんから大変ご好評を得ているところでございます。また、5月からは、さらなる市民サービスの向上を図るため、市役所と金剛連絡所の業務時間を午前9時から午後5時30分とし、開庁時間を15分間延長いたします。今後とも職員全員が、明るく、わかりやすく、親切を常に心がけ、市民サービスの向上に努めてまいりたいと考えておりますので、引き続き議員皆様方にはよろしくお願いを申し上げます。

 さて、今議会にご提案申し上げます付議案件といたしまして、議会選出の監査委員の選任同意の人事案件が1件、報告案件といたしまして、和解及び損害賠償の額を定めることについての専決処分が1件、専決処分につき承認をお願いいたします案件といたしましては、市税条例の一部改正、消防団員等公務災害補償条例の一部改正がそれぞれ1件、平成15年度補正予算といたしまして一般会計(第7号)、財産区特別会計(第1号)、公共下水道事業特別会計(第4号)の3件、合計7件でございます。

 なお、今議会は議案審議に先立ちまして役員の選出が予定されているところでございますが、その選出に当たりましては、議会の円滑な運営のために何とぞ円満のうちにご決定いただきますようよろしくお願いを申し上げます。

 各案件につきましては後ほどそれぞれ提案説明を申し上げますので、よろしくご審議の上、原案どおりご賛同賜りますようお願いを申し上げます。

 最後になりますが、議員皆様もいまだにご記憶に新しいとは存じますが、1年前の本日、4月27日は、皆様方が市議会議員として、また私が市長として、市民の皆様からご信任をいただいた日でございます。私はそのときの身の引き締まる思いと、こみ上げてくる熱い感情を今も昨日のことのように鮮明に記憶いたしております。1年の区切りを迎えるに当たりまして「初心忘るべからず」の言葉をいま一度強く胸に刻み、今後とも市民皆様のご期待にこたえられるよう、議員皆様方のご協力のもと、改革と創造のまちづくりに取り組んでいくことをお誓い申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。



○副議長(來山利夫君) ここで議会運営委員長の報告を求めます。



◆19番(壺井久雄君) おはようございます。

 それでは報告申し上げます。

 去る4月21日、議会運営委員会を開催し、第1回臨時会に付議される案件の取り扱いについて了承されましたのでご報告いたします。

 まず、会議録署名議員の指名、会期の決定に続き、日程第3 許可第1号 富田林市議会議長の辞職許可については、本日上程、採決でございます。

 日程第4 同意案第2号 富田林市監査委員(議会選出)の選任につき同意を求めることについては、本日上程、採決でございます。

 日程第5 報告第2号 和解及び損害賠償の額を定めることについての専決処分報告についてから日程第10 議案第29号 平成15年度大阪府富田林市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについてまでの6件については、いずれも専決処分に係るもので、質疑の後、委員会の付託を省略し、採決でございます。

 なお、日程第3の議長の辞職が許可された場合は、議事日程に役員改選に関する議案を随時日程に追加いたしますので、ご了承願います。

 以上でございます。



○副議長(來山利夫君) これをもって議会運営委員長の報告を終結いたします。

 ここで皆さんに申し上げます。本日、奥野総合事務局長より欠席したい旨の届け出がありましたので、よろしくご了承願います。

 この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から例月出納検査並びに各監査結果の報告等がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたからご了承願います。

 それでは議事に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名について、本件は、会議規則第81条の規定により、議長において指名いたします。

 12番 左近憲一君、13番 吉年千寿子君のご両君にお願いをいたします。

 次に、日程第2 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日と明28日の2日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日と明28日の2日間と決定いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。

    (午前10時10分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後4時0分 再開)



○副議長(來山利夫君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 日程第3 許可第1号 富田林市議会議長の辞職許可についてを議題といたします。

 本件については、地方自治法第117条の規定により沖 利男君が退席されておりますので、ご了承願います。

 提出されている辞職願を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(加藤義夫君) それでは朗読いたします。

 辞職願

 私儀、今般一身上の都合により議長を辞したいので、地方自治法第108条の規定により、許可されるようお願いします。

 平成16年4月5日

       富田林市議会議長 沖 利男

 富田林市議会副議長 來山利夫殿

 以上でございます。



◆22番(鳴川博君) この際、議事の進行について発言を求めます。よろしいですか。



○副議長(來山利夫君) 内容を申し述べてください。



◆22番(鳴川博君) ただいま沖議長からの辞職願が朗読されましたが、この議長辞職願につきまして沖議長にお尋ねしたいことがありますので、沖議長の出席を求めます。お計らいをお願いいたします。(「議長、異議あり」の声あり)



◆12番(左近憲一君) 今、鳴川議員のお尋ねしたい質問に対し異議がございますので、それを許可願います。



○副議長(來山利夫君) 暫時休憩いたします。

    (午後4時3分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後4時53分 再開)



○副議長(來山利夫君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

    (午後4時54分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後6時51分 再開)



○副議長(來山利夫君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 ただいま鳴川 博君より、沖 利男君の出席、答弁を求める発言がございましたが、沖 利男君は、地方自治法第117条により除斥の規定に該当するため退席されております。よって、お諮りいたします。地方自治法第117条のただし書の規定を準用し、この際、沖 利男君の出席を求める要求に対し同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、沖 利男君の出席を求めることについては否決されました。(「民主主義の破壊やないかい。言論の自由てどこにあんねん、富田林市議会は」「暴言の発言として、停止願います」の声あり)



○副議長(來山利夫君) この場で暫時休憩いたします。

    (午後6時53分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後7時1分 再開)



○副議長(來山利夫君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 それではお諮りいたします。

 沖 利男君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、沖 利男君の辞職を許可することに決しました。

 沖 利男君の入場を求めます。

    (10番議員 出席)

 この際、沖 利男君より退任のあいさつをお受けいたします。



◆10番(沖利男君) 貴重なお時間をいただき、議長退任に当たりお礼のごあいさつを申し上げます。

 どこの地方自治体においても厳しい財政状況の中、地方の自立が求められているとき、本市において改革と創造のまちづくりの旗のもと、多くの市民の期待を受けて多田市政が誕生いたしましてきょうで丸1年が経過いたしました。この間、全議員の皆様のご推挙を賜り、議長の大任を拝して以来、微力ではありますが、市議会の改革と円滑な運営に努めてまいりました。本日を迎えるに当たり、この1年間、議員の皆様を初めとし、市長、理事者、部長、職員の皆様のご協力があってこそと、改めて深甚なる感謝の意を表し、心から厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 さて、我が国は大幅な赤字財政が続き、政府が巨額な債務残高を抱えている中、将来世代に責任が持てる財政の確立に向けて現在、経済財政運営と構造改革の具体的な基本方針2003の取り組みが始まっています。中でも、三位一体改革は既に地方自治体の財政を直撃していることは申すまでもありません。このような状況のもと、市民が安心して暮らせる富田林の財政健全化を図るためには、多田市長が掲げている改革と創造のまちづくりが具体的に実現化する以外ありません。今後、一議員として貴重な経験を生かし、新しい発想で富田林の改革と創造のまちづくりに情熱を持って取り組んでまいる所存でございます。引き続きご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げまして、議長退任のあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○副議長(來山利夫君) 市長よりお礼のあいさつを申し上げたい旨の連絡がありますので、これを許します。



◎市長(多田利喜君) それでは、理事者を代表いたしまして一言お礼を申し上げます。

 沖議長さんにおかれましては、多田市政発足後初めての議長として、新たな行政課題が山積する時期ではございましたが、市議会の運営はもとよりのこと、市政の推進にご尽力を賜りまして、心からお礼を申し上げますとともに、今までのご労苦に対しまして改めて深く感謝を申し上げまして、甚だ簡単でございますが、お礼の言葉とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○副議長(來山利夫君) この場で暫時休憩いたします。

    (午後7時6分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後7時7分 再開)



○副議長(來山利夫君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに議長選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認め、ただいまから富田林市議会議長選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員は22名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

    (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。−−配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    (投票箱点検)

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

 なお、白紙は無効といたします。

 点呼を命じます。



◎議会事務局次長(置田保巳君) それでは、命により点呼を行います。

 1番 辰巳真司議員、2番 永原康臣議員、3番 武本博幸議員、4番 林 光子議員、5番 今道隆男議員、6番 西条正善議員、7番 尾崎哲哉議員、8番 大西 剛議員、9番 山岡清司議員、10番 沖 利男議員、11番 山本剛史議員、12番 左近憲一議員、13番 吉年千寿子議員、14番 司 やよい議員、15番 來山利夫議員、16番 山本五都子議員、17番 奥田良久議員、18番 上原幸子議員、19番 壺井久雄議員、20番 高山裕次議員、21番 京谷精久議員、22番 鳴川 博議員。

 以上でございます。

    (点呼に応じて投票)



○副議長(來山利夫君) 投票漏れはありませんか。−−投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    (議場開鎖)

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に14番 司 やよい君、及び16番 山本五都子君を指名いたします。

 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

    (開票)

 それでは、投票の結果を報告いたします。

 投票総数22票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票19票、無効投票3票、有効投票中、武本博幸君18票、西条正善君1票、以上のとおりであります。

 この投票の法定得票数は4.75票であります。よって、武本博幸君が富田林市議会議長に当選されました。

 ただいま当選されました武本博幸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 武本博幸君より議長就任のごあいさつを承ります。



◆3番(武本博幸君) 貴重な時間をいただきまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 ただいま議員皆様方のお力添えによりまして議長に選任いただきましたことをまずもって心から厚く御礼を申し上げます。

 本市を取り巻く財政状況は非常に厳しいものがございますが、私たちの子供たちが将来安心して暮らせる住みよい、明るいまちづくりを目指して全力で取り組んでまいりますので、議員皆様方のお力添えはもとより、多田市長さんをはじめ理事者の皆さん、また職員の皆様方のご支持、ご支援、心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(來山利夫君) ここで市長のお祝いの言葉をお受けいたします。



◎市長(多田利喜君) それでは、ただいま新しくご就任いただきました武本議長さんに一言お祝いを申し上げます。

 議員の皆様方の慎重な審議の結果、議員皆様の選挙により議長に就任されましたことを心からお祝いを申し上げます。

 武本議長さんには今後、議会運営のかなめとしてご活躍をいただくわけでございますが、豊富な議会経験と高い識見をいかんなく発揮されまして、円滑な議会運営と市政のさらなる推進にご貢献いただけるものと強く期待するものでございます。

 地方自治体を取り巻く環境は殊のほか厳しいものがございますが、公約の実現に向けて生活者の視点に立った市政を全力挙げて推進してまいりますので、武本議長さんにおかれましては議会の円滑な運営はもとよりのこと、市政の各般にご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、お祝いの言葉といたします。

 おめでとうございました。



○副議長(來山利夫君) それでは、武本議長と交代いたします。

 つたない議事運営にもかかわりませず、皆様方のご協力を賜りまして本当にありがとうございました。この席をおかりいたしまして厚く御礼を申し上げます。

 新議長と交代のため、この場で暫時休憩いたします。

    (午後7時29分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後7時30分 再開)



○議長(武本博幸君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 交代させていただきまして、早速議長席につかせていただき、ふなれではございますが、皆様のご協力をいただきまして円滑な議事運営に傾注してまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 ただいま副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、富田林市議会副議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 それでは、富田林市議会副議長の辞職許可についてを議題といたします。

 本件については、地方自治法第117条の規定により、來山利夫君の退席を求めます。

    (15番議員 退席)



○議長(武本博幸君) 提出されている辞職願を朗読いたさせます。



◎議会事務局長(加藤義夫君) それでは朗読いたします。

 辞職願

 私儀、今般一身上の都合により副議長を辞したいので、地方自治法第108条の規定により、許可されるようお願いします。

 平成16年4月27日

      富田林市議会副議長 來山利夫

 富田林市議会議長 武本博幸殿

 以上でございます。



○議長(武本博幸君) お諮りいたします。來山利夫君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、來山利夫君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 來山利夫君の入場を求めます。

    (15番議員 出席)



○議長(武本博幸君) この際、來山利夫君より退任のごあいさつを申し上げたい旨の連絡がありますので、これを許します。



◆15番(來山利夫君) 副議長退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 昨年議員改選後に皆様方のお力をいただきまして副議長の大任を拝しましてはや1年が経過いたしました。その間、議員皆様方、また理事者、職員のご協力でその任を果たすことができまして、本当にありがとうございました。今後は、一議員として市民要望実現のためにしっかり頑張ってまいります。

 本当にありがとうございました。



○議長(武本博幸君) 市長よりお礼のあいさつを申し上げたい旨の連絡がありますので、これを許します。



◎市長(多田利喜君) それでは、一言お礼を申し上げたいと思います。

 來山副議長さんには、議長さんのよき補佐役として、市議会の運営はもとより、市政のさらなる推進にご尽力を賜りまして心からお礼を申し上げます。

 副議長を辞職されましても、これまでと同様、市政の発展に変わらぬご尽力をいただきますようお願いを申し上げまして、誠に簡単でございますが、お礼の言葉とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。



○議長(武本博幸君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに副議長選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認め、ただいまから富田林市議会副議長選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員は22名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

    (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。−−配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    (投票箱点検)

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

 なお、白紙は無効といたします。

 点呼を命じます。



◎議会事務局次長(置田保巳君) 命により点呼を行います。

 1番 辰巳真司議員、2番 永原康臣議員、3番 武本博幸議員、4番 林 光子議員、5番 今道隆男議員、6番 西条正善議員、7番 尾崎哲哉議員、8番 大西 剛議員、9番 山岡清司議員、10番 沖 利男議員、11番 山本剛史議員、12番 左近憲一議員、13番 吉年千寿子議員、14番 司 やよい議員、15番 來山利夫議員、16番 山本五都子議員、17番 奥田良久議員、18番 上原幸子議員、19番 壺井久雄議員、20番 高山裕次議員、21番 京谷精久議員、22番 鳴川 博議員。

 以上でございます。

    (点呼に応じて投票)



○議長(武本博幸君) 投票漏れはありませんか。−−投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    (議場開鎖)

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に17番 奥田良久君、及び18番 上原幸子君を指名いたします。

 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

    (開票)

 それでは、投票の結果を報告いたします。

 投票総数22票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票17票、無効投票5票、有効投票中、奥田良久君16票、司 やよい君1票、以上のとおりでございます。

 この投票の法定得票数は4.25票であります。よって、奥田良久君が富田林市議会副議長に当選されました。

 ただいま当選されました奥田良久君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 奥田良久君より副議長就任のごあいさつを承ります。



◆17番(奥田良久君) 一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま多くの議員の皆さん方からご支持をいただきまして副議長に就任をさせていただくこととなりました。先ほど来お話がございますように、地方自治体を取り巻く環境は大変厳しいときだけに、これまでの経験を生かすことができればというふうに考えております。議員の皆さんをはじめ、市長、また理事者、職員の皆さん方にもご指導や、またご協力をいただきますようによろしくお願いを申し上げます。とりわけ、ご支援をいただけなかった皆さん方のご協力もどうかよろしくお願いを申し上げます。

 貴重な時間、ありがとうございました。(拍手)



○議長(武本博幸君) ここで市長のお祝いの言葉をお受けいたします。



◎市長(多田利喜君) それでは、ただいま新しくご就任いただきました奥田副議長さんに一言お祝いのごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方の慎重な審議の結果、議員の皆様方の選挙により副議長にご就任いただきましたことを心からお祝いを申し上げます。

 奥田副議長さんには今後、議長さんのよき補佐役として、豊富な経験と卓越した識見を十分に生かされまして、円滑な議会運営はもとより、市政の推進にご尽力を賜りますようお願いを申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(武本博幸君) ここで市長より、前正副議長に対して感謝状を贈呈したい旨の申し出がありますので、これを許します。



◎市長(多田利喜君) 

        感謝状

 沖 利男殿

 貴殿は富田林市議会議長として、市政の推進に尽力され、本市発展に多大のご貢献を賜りました。ここに深甚なる感謝の意を表します。

 平成16年4月27日

         富田林市長 多田利喜

 ご苦労さんでございました。

    (拍手)

        感謝状

 來山利夫殿

 貴殿は富田林市議会副議長として、市政の推進に尽力され、本市発展に多大のご貢献を賜りました。ここに深甚なる感謝の意を表します。

 平成16年4月27日

         富田林市長 多田利喜

 ご苦労さんでございました。

    (拍手)



○議長(武本博幸君) ここで暫時休憩いたします。

    (午後7時56分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後10時14分 再開)



○議長(武本博幸君) 休憩前に返り会議を再開いたします。

 次に、日程第4 同意案第2号 富田林市監査委員(議会選出)の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 本案につきましては、地方自治法第117条の規定により、司 やよい君の退席を求めます。

    (14番議員 退席)

 提案理由の説明を求めます。



◎市長(多田利喜君) ただいま上程されました同意案第2号 富田林市監査委員の選任につき同意を求めることについての提案理由の説明を申し上げます。

 まず、議案書中、氏名を「司 やよい」、住所を「**************」、生年月日を「**********」とご記入をお願いいたします。

 本市議会選出の監査委員、永原康臣氏は、本年4月14日付で一身上の都合により辞職願を提出されました。

 永原氏のこれまでのご尽力に対しまして、深く感謝を申し上げるものであります。

 後任として、司 やよい氏を適任と認め、監査委員に選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求める次第でございます。

 よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。本案は人事問題でありますので、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、同意案第2号については委員会の付託を省略することに決しました。

 それでは、本案についてのご質問、ご意見、あわせて承ります。−−お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、同意案第2号 富田林市監査委員(議会選出)の選任につき同意を求めることにつきましては、原案のとおり同意することに決しました。

 司 やよい君の入場を求めます。

    (14番議員 出席)



○議長(武本博幸君) 次に、日程第5 報告第2号 和解及び損害賠償の額を定めることについての専決処分報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎市民生活部長(廣田精孝君) それでは、ただいま上程されました報告第2号 和解及び損害賠償の額を定めることについての専決処分報告につきましてご説明申し上げます。

 本件は、地方自治法第180条第1項の規定により、和解及び損害賠償の額を専決処分させていただきましたので、同条第2項の規定に基づきましてご報告申し上げるものでございます。

 まず、事故の概要でございますが、平成15年12月25日午前10時ごろ、富田林市******************マンション敷地内におきまして、ごみ収集のため塵芥車をバックさせたところ、左後方の花壇に接触し、破損させたものでございます。

 次に、示談についてでございますが、市の過失10割とし、補修代金等といたしまして12万3,900円の損害賠償金を************************様に支払うことで平成16年3月25日に示談が成立をいたしました。

 なお、損害賠償金につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会より補てんされることになっております。

 以上でご報告とさせていただきます。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより、本件についてのご質問、ご意見、あわせて承ります。−−これをもって報告第2号を終結いたします。

 次に、日程第6 議案第25号 富田林市税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎市民生活部長(廣田精孝君) ただいま上程されました議案第25号 富田林市税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることにつきまして、提案の理由並びに内容のご説明を申し上げます。

 今回の改正は、地方自治法の一部改正が国会で可決成立をいたしまして、平成16年3月31日に公布、平成16年4月1日付で施行されましたので、地方自治法第179条第1項の規定によりまして市税条例の一部を改正する条例を去る平成16年3月31日に専決処分させていただきましたので、同条第3項の規定によりましてご報告申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。

 それでは、主な内容につきましてご説明を申し上げます。

 まず、第14条の改正でございますが、市民税均等割の非課税の範囲で加算額が「22万円」から「20万円」に改定すること、また、均等割の納税義務を負う夫と生計を一にする妻に対しまして均等割を課税することになったもので、この妻に対する規定の適用につきましては、17年度分に限り均等割の2分の1の1,500円とし、18年度の課税分から3,000円とする経過措置を設けております。

 次に、第17条の改正は、個人の均等割について、人口段階別区分が廃止され、3,000円に統一されましたこと、また「対象公益法人等」に「防災街区整備事業組合」が加えられたことによるものでございます。

 次に、第20条の改正は、老年者の所得控除の廃止によるものでございます。

 次に、第58条の改正は家屋の所有者以外の者がその事業の用に供するため取り付けた附帯設備について、取り付けたものを所有者とみなして課税することができるようにするものでございます。

 次に、附則の第3条の改正は、市民税所得割の非課税の範囲で、加算額を「36万円」から「35万円」に改正するものでございます。

 次に、附則第4条を削り、次の附則第4条の2を附則第4条とします改正は、居住用財産の買い換え等の場合の譲渡損失の繰り越しについて、住宅借入金の残高がある場合に限り繰り越しが認められていたものが、住宅借入金の残高がない場合でも対象となるように改正するものでございます。

 次に、7ページの附則第4条の2を加える改正は、居住用財産を譲渡した場合で、譲渡資産に係る住宅借入金の残高が譲渡価格を超える場合には、その差額を限度として譲渡損失の繰り越しを認める制度の創設でございます。

 次に、9ページの附則第7条の2の改正は、防災街区整備事業の適用を受ける家屋に対しても固定資産税の減額を適用する規定を追加するものでございます。

 附則第20条の改正は、長期譲渡所得の特別控除を廃止し、税率を現行の4,000万円を超えるもの100分の5.5、4,000万円以下のもの100分の4から一律100分の3.4に改正するものでございます。

 10ページの附則第21条の改正は、優良住宅地の譲渡所得の税率区分について、現行4,000万円を超えるもの100分の4、4,000万円以下のもの100分の3.4となっておりますのを、2,000万円を超えるものは100分の3.4、2,000万円以下のもの100分の2.7と改正するものでございます。

 附則第23条は、短期譲渡所得課税の特例について、税率を100分の9から100分の6に、また、国や地方公共団体等に対する短期譲渡所得の税率についても100分の4から100分の3.4に改正するものでございます。

 11ページの附則第23条の2の改正は、株式譲渡の税率が100分の4から100分の3.4へ、附則第23条の2の2では上場株式譲渡の税率が100分の3.4から100分の2へと改正するものでございます。

 次に、附則第23条の3は、ベンチャー企業の株式譲渡に関して適用要件を緩和することによる改正でございます。

 次に、12ページの附則でございますが、第1条は、本条例の施行期日を、平成16年4月1日からとし、第1号の規定は、平成17年1月1日から、第2号及び第3号の規定は、該当する法律の施行の日から施行するものでございます。

 第2条は市民税、14ページの第3条は固定資産税、第4条は特別土地保有税、そして第5条は都市計画税に関するそれぞれの経過措置でございます。

 その他の改正は、法の改正に伴いまして条文の整備をさせていただいたものでございます。

 以上で、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。

 よろしくご審議いただきまして、原案のとおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。



◆18番(上原幸子君) 条例の改正で均等割の見直しや老年者控除の廃止などによって、市にとっては税収の増となりますけれども、市民にとっては増税で負担の増となります。今回の地方税法の改正によって具体的にどのような影響額になるのかお示しください。

 また、公共料金の設定や施策の対象者を決めるために市民税や固定資産税などを用いることがあると思いますが、今回の改正でどのようなことに影響があると考えられるのかお示しください。



◎市民生活部長(廣田精孝君) お答えいたします。

 今回の改正で増収という形が若干ございますが、まず平成16年度におきましては均等割の増額改正で約2,000万円の増収、平成17年度では妻への均等割の半額賦課で約900万円の増、それから譲渡所得の改正で約1,000万円の減と見込んでおります。

 次に、平成18年度では、妻への均等割の全額賦課、課税で約1,800万円、老年者控除の控除の廃止で約7,000万円増、年金特別控除の改正で約2,700万円の増収というふうに見込んでおります。ただし、非課税の範囲の改正及び居住用財産の譲渡損失の繰越制度の改正につきましては試算が不可能でございますが、居住用財産に関する改正では税の減収に影響を与えるというふうに考えております。

 また、市の業務で他の業務の中に影響を与えます分につきましては、税額等を用います業務では国民健康保険、介護保険、児童手当、また障害者に対します手当、あるいは老人医療費等福祉医療、保育料、就学援助、市営住宅等の入居基準等がございますが、今回の改正で影響がありますのは所得で保険料を算定いたします国民健康保険でございまして、介護保険は区分変更のボーダーライン層に影響いたします。また、老人医療は住民税の課税非課税区分のボーダーライン層に影響があるものと判断をいたしております。

 以上でお答えといたします。



○議長(武本博幸君) これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第25号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第25号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。



◆18番(上原幸子君) 議案第25号 市税条例の一部を改正する条例について、日本共産党議員団の討論を行います。

 先ほどの質疑でも明らかにしていただきましたように、市民の皆さんにとっては平年度ベースで1億1,000万円以上の負担増となります。国会審議で影響額は、平年度ベースで老年者控除の廃止や国税の公的年金等控除、縮小など、合わせて1,439億円の増収が見込まれると見られています。増収のほとんどは個人の負担増によるものです。一方、減収となる主なものは法人事業税の個別の課税標準に係る特例ですが、その恩恵は銀行や鉄道など大企業が受けることになっています。

 今回の改正でお年寄りや低所得者が増税の影響を受けることになります。また、国保や介護保険などに影響することも明らかにしていただきました。

 自治体が本来の責任を担うために必要な税財源の移譲を国の責任で行うことが必要です。小泉内閣は三位一体の改革の名のもとに地方自治体への財政支出を大幅に削減し、自治体財政の穴を埋めるために地方自治体と住民に負担増と犠牲を押しつけてきています。

 このような視点から今回の条例改正には反対いたします。



○議長(武本博幸君) これをもって討論を終結いたします。

 直ちに採決いたします。

 それでは、議案第25号について、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、議案第25号富田林市税条例の一部を改正する条例の制定にについての専決処分につき承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。

 次に、日程第7 議案第26号 富田林市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎消防長(鎌谷健二君) ただいま上程されました議案第26号 富田林市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについて、提案の理由並びに内容のご説明を申し上げます。

 今回の改正は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が平成16年3月26日に公布され、同年4月1日に施行されることにより、地方自治法第179条第1項の規定によりまして富田林市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を去る平成16年3月31日に専決処分させていただきましたので、同条第3項の規定により、今議会にご報告を申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。

 改正の内容でございますが、非常勤消防団員等に対する損害補償の適正化を図るため、補償基礎額及び介護補償の額を改めるもので、第2条の改正は、消防団員が公務により死亡し、負傷し、もしくは障害の状態となった場合、その損害補償を受ける権利を有する旨を定めたもので、一部字句の整備を行うものでございます。

 第5条第2項第2号の改正は、消防協力者に対する損害補償基礎額を日額といたしまして最高額「14,400円」を「14,200円」に、同条第3項は配偶者に係る扶養加算額「467円」を「450円」に改めるものでございます。

 第9条の2第2項第1号の改正は、介護補償の額を定めているもので、介護に要する費用として、常時介護を要する場合、月額といたしまして最高額「106,100円」を「104,970円」に、同項第2号につきましては、常時介護を要する場合で親族による介護を受けた場合、月額といたしまして最低額「57,580円」を「56,950円」に、同項第3号につきましては、随時介護を要する場合、月額といたしまして最高額「53,050円」を「52,490円」に、同項第4号につきましては、随時介護を要する場合で親族による介護を受けた場合、月額といたしまして最低額「28,790円」を「28,480円」にそれぞれ改めるものでございます。

 別表第1の改正は、消防団員等の補償基礎額を階級別で、団長、副団長及び分団長、副分団長並びに部長、班長、団員の3段階とし、また勤務年数で10年未満及び10年以上20年未満並びに20年以上の区分ごとに定めているもので、最低額「9,900円」を「9,870円」に、最高額「14,400円」を「14,200円」にそれぞれ改めるもので、平均1.04%の引き下げでございます。

 附則といたしまして、本条例の施行期日を平成16年4月1日からとするものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。

 何とぞよろしくご審議いただきまして、原案のとおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。−−これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第26号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第26号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。−−これをもって討論を終結いたします。

 直ちに採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第26号 富田林市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分につき承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。

 次に、日程第8 議案第27号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第7号)の専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(高橋弘次君) ただいま上程されました議案第27号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第7号)の専決処分につき承認を求めることについて、提案の理由並びに内容のご説明を申し上げます。

 本件につきましては、平成16年3月31日に地方自治法第179条第1項の規定により専決処分させていただきましたので、同条第3項の規定によりましてご報告申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。

 その内容についてでございますが、第1条では、歳入歳出それぞれ2億9,358万9,000円を追加し、予算の総額をそれぞれ356億9,496万3,000円とするものでございます。

 第2条では、地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することのできる経費は、26ページ第2表繰越明許費補正とさせていただきました。これは伏山聖ケ丘児童遊園の法面が崩壊した復旧工事に係るもので、公園と隣接する民有地へ抑止杭の安定化を図るためのアンカーを挿入する必要があることからその調整に時間を要しましたことにより、附帯工事分714万円を繰り越しさせていただくものでございます。

 第3条では、「第3表 地方債補正」で追加、変更で計6件、増減合わせまして2,140万円増額するものでございます。

 続きまして、歳入歳出補正の具体的内容をご説明申し上げます。

 28ページをお願いします。

 まず歳入でございますが、(款)2.地方譲与税1,129万8,000円を初めといたしまして、(款)10.交通安全対策特別交付金まで、いわゆる一般財源等の交付額の確定分合わせまして3億2,389万円の増加でございます。

 また、(款)13.国庫支出金9,402万7,000円の減額は、国の予算不足によります生活保護費負担金の減額分でございます。なお、この減額分につきましては平成16年度において歳入される予定でございます。

 (款)14.府支出金、(款)20.市債は事業量の確定によります増減分、(款)15.財産収入は基金利子収入でございます。

 (款)17.繰入金は、今回の補正によります余剰財源4,984万6,000円を財政調整基金に戻し入れするものでございます。

 また、(款)19.諸収入5,674万6,000円は大阪府都市競艇組合の配分金で、それぞれ補正をさせていただきました。

 次に歳出の説明をさせていただきます。

 50ページをお願いいたします。

 (款)2.総務費、(項)1.総務管理費、(目)1.一般管理費の節退職手当等で1,935万円の増は、3月議会の提案後に届け出のあった1名分でございます。

 (目)2.人事管理費につきましては、基金の利子収入相当額10万9,000円を退職基金に積み立てるものでございます。

 (目)8.財産管理費でございますが、財政調整基金2億1,961万7,000円は、同基金に積み立てるものでございます。

 公共施設整備基金は、大阪府都市競艇組合の配分金相当額及び利子収入分6,673万1,000円を基金に積み立てるものでございます。

 また、駅前整備基金と公益及び公共施設整備基金は、基金利子収入相当額をそれぞれ積み立てるものでございます。

 次に、(款)4.衛生費、(項)1.保健衛生費、(目)11.検診費は、受診者の減によります減額1,312万円でございます。

 52ページをお願いします。

 (款)8.(項)1.消防費、(目)2.非常備消防費は、消防団員の出動件数の増加によります出動手当79万8,000円でございます。

 以上、一般会計補正予算(第7号)の専決処分の説明とさせていただきます。

 何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。−−これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第27号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第27号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。−−これをもって討論を終結いたします。

 直ちに採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第27号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第7号)の専決処分につき承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。

 次に、日程第9 議案第28号 平成15年度大阪府富田林市財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(高橋弘次君) ただいま上程されました議案第28号 平成15年度大阪府富田林市財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分につき承認を求めることにつきまして、提案の理由並びに内容のご説明を申し上げます。

 本件は、地方自治法第179条第1項の規定によりまして平成16年3月31日に専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりましてご報告申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,045万1,000円減額いたしまして、2,411万2,000円とさせていただくものでございます。

 64ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、(款)1.財産収入、(項)1.財産運用収入、(目)2.基金利子収入1,000円の増額は新家財産区を初めといたします各財産区の基金利子収入の増によるものでございます。

 (款)2.繰入金、(項)1.(目)1.基金繰入金1億6,045万2,000円の減額につきましては、毛人谷財産区をはじめ各財産区の事業確定に伴います基金取崩金の減額によるものでございます。

 68ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、(款)1.(項)1.財産区財産管理費、(目)1.毛人谷財産区財産管理費1億119万2,000円の減額を初めといたしまして(目)11.北大伴財産区財産管理費まで、それぞれの財産区に係ります補助金及び積立金の確定によるもので、合わせまして1億6,045万1,000円の減額でございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。

 何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。−−これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第28号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第28号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。−−これをもって討論を終結いたします。

 直ちに採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第28号 平成15年度大阪府富田林市財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分につき承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。

 次に、日程第10 議案第29号 平成15年度大阪府富田林市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎上下水道部長(吉田功君) ただいま上程されました議案第29号 平成15年度大阪府富田林市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることにつきまして、提案の理由並びに内容のご説明を申し上げます。

 本件の専決第7号は、地方自治法第179条第1項の規定により平成16年3月31日に専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりましてご報告申し上げ、ここにご承認をお願いするものでございます。

 このたび専決させていただきました補正予算は、公共下水道事業に係ります事業費の繰越明許費補正でございます。

 それでは、補正予算の内容につきましてご説明を申し上げます。

 74ページをお開き願います。

 第1表繰越明許費補正でございますが、1款衛生費、2項公共下水道費、事業名、流域関連公共下水道整備事業におきまして3,624万9,000円を翌年度に繰り越したものでございます。

 この内容といたしましては、下水道工事を施行するに当たり地元調整に多くの日数を要したことにより水道管移設工事がおくれたものでございます。その財源はすべて一般財源でございます。

 以上で説明を終わります。

 何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(武本博幸君) 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。−−これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第29号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第29号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。−−これをもって討論を終結いたします。

 直ちに採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第29号 平成15年度大阪府富田林市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについては、原案のとおり承認されました。

 ここで皆さんにお諮りをいたします。ただいまお手元に配付いたしております選第3号 大阪府都市競艇組合議会議員の補欠選挙について、選第4号 富美山環境事業組合議会議員の補欠選挙について、選第5号 南河内清掃施設組合議会議員の補欠選挙について、選任第1号 富田林市議会議会運営委員会委員の補欠委員の選任について、選任第2号 富田林市議会合併問題特別委員会委員の補欠委員の選任について、以上5件を本日の日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、選第3号から選任第2号までの5件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 それでは、選第3号 大阪府都市競艇組合議会議員の補欠選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。議長において指名すること及び被指名人をもって当選人にすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名すること及び被指名人をもって当選人とすることに決しました。

 それでは、沖 利男君を指名します。よって、ただいま指名いたしました沖 利男君が大阪府都市競艇組合議会議員の補欠選挙に当選されました。

 ただいま当選されました沖 利男君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 次に、選第4号 富美山環境事業組合議会議員の補欠選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。議長において指名すること及び被指名人をもって当選人とすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名すること及び被指名人をもって当選人とすることに決しました。

 それでは、壺井久雄君を指名します。よって、ただいま指名いたしました壺井久雄君が富美山環境事業組合議会議員の補欠選挙に当選されました。

 ただいま当選されました壺井久雄君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 次に、選第5号 南河内清掃施設組合議会議員の補欠選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。議長において指名すること及び被指名人をもって当選人にすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議長において指名すること及び被指名人をもって当選人とすることに決しました。

 それでは、來山利夫君を指名します。よって、ただいま指名いたしました來山利夫君が南河内清掃施設組合議会議員の補欠選挙に当選されました。

 ただいま当選されました來山利夫君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 次に、選任第1号 富田林市議会議会運営委員会委員の補欠委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、山本五都子君を指名いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、富田林市議会議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 次に、選任第2号 富田林市議会合併問題特別委員会委員の補欠委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、辰巳真司君を指名いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、富田林市議会合併問題特別委員会委員に選任することに決しました。

 なお、今期臨時会において常任委員会の委員長が交代しておりますので、ご報告申し上げます。

 総務常任委員会委員長は高山裕次君、副委員長は山本剛史君、文教厚生常任委員会委員長は來山利夫君、以上のとおりでございます。

 これをもって今期臨時会に付議された事件はすべて議了いたしました。よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、今期臨時会は本日をもって閉会することに決しました。

 それでは、閉会に当たり市長あいさつ。



◎市長(多田利喜君) 閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方には、ご提案申し上げました諸案件につきまして慎重にご審議を賜り、それぞれ原案どおりご賛同いただきまして厚くお礼を申し上げます。

 また、今議会においては正副議長をはじめ一部事務組合議会の議員選出など新しい議会体制を整えていただきましたことに深く敬意を表するところでございます。

 議会と執行機関とは車の両輪によく例えられます。地方分権の推進とともに三位一体改革が本格的に進められようとしております。こうした改革の動きは、私たち地方自治体の行財政運営に大きな影響を及ぼすことが必至でありますが、今後とも議会とよく連携を図りながら、改革と創造のまちづくりに向けて全力投球で市政に邁進してまいる所存でございますので、議員の皆様方にはさらなるご支援とご協力をお願い申し上げます。

 最後になりましたが、議員の皆様には健康に十分ご留意をいただき、より一層ご活躍されんことをお祈り申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(武本博幸君) 閉会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。

 議長就任後、初めての議会でございまして、議事運営その他で大変ご迷惑をおかけしたことと存じます。今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りながら、公平、民主的な議会運営に努めてまいりたいと考えておりますので、正副議長ともども、よろしくご協力賜りますようお願いを申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。

 それでは、これをもちまして平成16年第1回富田林市議会臨時会を閉会いたします。

    (午後11時5分 閉会)

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

    富田林市議会

      議長    武本博幸

      前副議長  來山利夫

      議員    左近憲一

      議員    吉年千寿子