議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成16年  3月 総務常任委員会(第1回) 03月19日−01号




平成16年  3月 総務常任委員会(第1回) − 03月19日−01号







平成16年  3月 総務常任委員会(第1回)



◯平成16年3月19日富田林市議会総務常任委員会を全員協議会室に招集された。

◯出席委員はつぎのとおりである。

 委員長   奥田良久君

 副委員長  高山裕次君

 委員    林 光子君

 委員    尾崎哲哉君

 委員    大西 剛君

 委員    沖 利男君

 委員    山本剛史君

 委員    吉年千寿子君

◯説明のため出席した議員はつぎのとおりである。

 紹介議員  上原幸子君

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 助役         花岡義弘君

 教育長        堂山博也君

 市長公室長      竹綱啓一君

 市長公室総括理事

            山本文博君

 兼企画情報室長

 市長公室理事     城下直市君

 市長公室理事兼

            高橋弘次君

 秘書課長

 市長公室次長兼

            戸谷裕司君

 職員課長

 市長公室副理事兼

            前田忠男君

 金剛連絡所長

 自治推進課長     武本有世君

 企画情報室参事    清水廣一君

 自治推進課参事    牧  進君

 職員課参事      平田英明君

 連絡所参事      中矢博一君

 総務部長       谷 暉登君

 総務部理事兼

            稲田照雄君

 生活環境室長

 総務部理事兼

            藤本直男君

 納税課長

 総務部次長兼

            松本健次君

 課税課長

 総務課長       北野幸雄君

 財政課長       谷口勝彦君

 管財課長       仲野 博君

 契約検査課長     谷川澄男君

 納税課参事      川上光央君

 課税課参事      東 茂一君

 市民生活部長     吉川佳男君

 市民生活部理事兼

            高橋康起君

 介護保険室長

 市民生活部次長兼

            秦 純一君

 保険年金課長

 市民課長       武本 茂君

 衛生課長       大工和幸君

 介護保険室参事    武田 一君

 保険年金課参事    奥野 晟君

 衛生課参事      加藤博行君

 保健福祉部長     山内崇道君

 保健福祉部理事兼

 福祉事務所長兼    水道昌之君

 社会援護課長

 建設部長       國田泰一君

 建築課長       戸谷 正君

 建築課参事      藤本治夫君

 産業下水道部長    吉田 功君

 産業下水道部理事

            阪野 勉君

 兼下水道室長

 産業下水道部

 副理事兼       鉄本和巳君

 下水道管理課長

 産業下水道部次長

            道籏安幸君

 兼農林課長

 下水道整備課長    寺塩博一君

 商工観光課長     東  隆君

 農林課参事      竹口雅敏君

 下水道整備課参事   永井一夫君

 下水道整備課参事   佐伯順一君

 人権政策部長     中野利行君

 人権政策部次長兼

            藤村謙三君

 計画調整課長

 人権政策部

 副理事兼人権     原 光男君

 文化センター長

 人権政策課長     中山 昇君

 児童館長       牧野伸一郎君

 学校教育部長     奥野和彦君

 学校教育部理事兼

            宮本俊蔵君

 指導室長

 指導室次長      長谷川俊明君

 指導室参事      石黒輝子君

 社会教育部長     越智 孝君

 社会教育部次長兼

            大塚栄三郎君

 社会教育課長

 スポーツ振興課長   橋本新三君

 文化財保護課長    森口博正君

 収入役室副理事兼

            江向義夫君

 会計課長

 行政委員会

            江口 慧君

 総合事務局長

 行政委員会

            尾崎和彦君

 総合事務室局次長

 水道局長       田口謙治君

 消防長        鎌谷健二君

 消防本部理事兼

            阪口孝男君

 消防署長

 消防本部次長兼

            梅本忠司君

 消防総務課長

 消防本部次長兼

            山岸 清君

 予防課長

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長       加藤義夫君

 事務局次長      置田保巳君

 事務局主幹      山際 年君

 総務係長       日谷眞智子君

 議事係長       池端光明君

 議事係主査      祐村元人君

 議事係        植木謙次君

◯総務常任委員会付託分はつぎのとおりである。

 議案第2号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第12号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第6号)

       第1表歳入歳出予算補正、歳入面全般、歳出面中

       2款総務費 1項総務管理費

       第2表繰越明許費補正

       第3表地方債補正

 議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算

       第2表債務負担行為

       第3表地方債

       第1表歳入歳出予算、歳入面全般、歳出面中

       1款議会費 1項議会費

       2款総務費 1項総務管理費

             2項徴税費

             4項選挙費

             5項統計調査費

             6項監査委員費

       3款民生費 2項児童福祉費

              4目児童館費

             5項人権政策費

             6項災害救助費

       8款消防費 1項消防費

       11款公債費 1項公債費

       12款予備費 1項予備費

 議案第17号 平成16年度大阪府富田林市財産区特別会計予算

 議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例及び市長等の給料及び手当の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 請願第1号 職員採用資格試験要綱の改善を求める請願書

 請願第4号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択に関する請願書

    (午前10時1分 開会)



○委員長(奥田良久君) 皆さん、おはようございます。

 本日はご参加をいただきまして、大変ありがとうございます。3月の議会ということで付託されておる案件も多数あります。きょうも皆さん方のご協力でスムーズに会が進みますように、どうかよろしくお願い申し上げます。

 それでは、ただいまより総務常任委員会を開会いたします。

 最初にお知らせしておきたいと思いますけれども、ご承知のように、今議会から従来の場所に加えて、常任委員会の会議につきましてもモニターテレビの放映をされるということになって、新たに1階ロビーでも見ていただけるようになりましたので、念頭に置いていただきますようお願い申し上げます。

 それから、議案第16号、新年度予算の審査の範囲でありますけれども、4月に機構改革が予定されており、所管事務の変更があることになりますが、従来どおりの範囲内での審査をお願いします。

 それから、お手元に議案第24号関係の資料を配付してありますので、参考にしていただきたいというふうに思います。

 次に、会議に入る前に、きょうの会議、傍聴の申し出がありますので、これを許可することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。それでは、傍聴を許可しますので、傍聴者の入場を求めます。

 それでは、議事に入ります。

 まず、今期定例会におきまして、当総務常任委員会に付託されました案件は、お手元の議案付託表のとおりであります。

 これら付託案件の提案理由につきましては、過日の本会議でその説明を受けておりますので、これを省略をすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認め、提案説明を省略して直ちに審議に入ります。

 まず最初に、議案第2号、議案書5ページからになります、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−ないようでございますので、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−討論を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいまの議案第2号については、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第2号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承されました。

 続きまして、議案第12号、議案書の47ページからになります。平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算中、当委員会付託分につきましてご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(吉年千寿子君) おはようございます。

 ページ69の退職手当についてですが、3億9,000万円が退職手当の補正分ということですが、この内訳を教えてください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 ことし勧奨退職を募集いたしました関係で人数がふえましたので、その勧奨退職13人分が当初定年退職の予定以外にふえた分として、補正をさせていただいております。



◆委員(吉年千寿子君) その方たちは早期退職者ということですね。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 1人当たりの退職手当は幾らになりますでしょうか。継続年数とともにお答えください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 定年退職等、全体の数字でよろしいでしょうか。



◆委員(吉年千寿子君) 1人当たりの退職手当が大体何年継続で幾らぐらいになるかという数字です。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 失礼いたしました。本年退職者数36人で割りますと、1人当たり大体2,470万円、勤続年数は大体25年前後です。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 今、全体でとおっしゃいましたけれども、早期退職者と、それから本来の退職者とに分けて教えていただけますか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 恐れ入ります。全体で今、2,347万円ですが、勧奨につきましては若干違いがあるんですけれども、2,600万円という数字になっております。



◆委員(吉年千寿子君) 早期退職者の方が割合がいいということですか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 内訳の中に普通退職も入っておりますので、細かい数字につきましてはちょっと計算しないと出ないんですが、申しわけないですが。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、この補正分が早期退職者ということですよね。全体の今年度の退職者はさっき教えていただきましたけれども、退職手当の総額で幾らになりますでしょうか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 総額が約9億3,510万1,000円です。



◆委員(吉年千寿子君) すみません、もう一度ごめんなさい。9億……。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 9億3,510万1,000円。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございました。結構です。



○委員長(奥田良久君) ほかにございませんか−−ないようでございますので、質疑を終結し、これより討論に入ります−−討論を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいまの議案第12号当委員会付託分につきまして、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第12号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算中、当委員会付託分につきましては、原案のとおり了承されました。

 引き続きまして、議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算につきましてご質問、ご意見をお受けするわけですけれども、まずは付託表の中にも示されておりますように、歳入全般につきまして、ページ数が書いてあるとおりです、71ページまでを1つの区切りとします。次に、1款、2款で1つの区切りとします。それから、民生費で1つ区切ります。さらに消防費で区切って、残り公債費、予備費と、これは一緒に審査したいと。歳出につきましては1款、2款及び3款、8款、そして11款、12款は一緒ということで、歳出につきましては4つの区分で行いたいと思います。

 それぞれご質問のある方、ページ数をお示しいただきまして、ご質問をいただきたいと思います。

 それでは、最初に、債務負担行為、地方債、歳入面全般についてご質問のある方。



◆委員(吉年千寿子君) 14ページ、市税の中の市民税の個人分ですが、これが約1億9,000万円の減収になっています。前年度も2億円以上の減収になっておりますことから、今後毎年2億円ぐらいの減収が続くというふうに考えられますでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) お答えいたします。

 非常に市民税と申しますのは景気の動向等が反映されますことから、今の状態が続きますとそういったことも考えられますが、景気の動向等でいいますと、下げどまりとも言われている部分もありますので、金額についてはなかなか難しいところでございますけれども、このまま景気が回復しないようであれば、まだ減少していくといったことになるかと思います。



◆委員(吉年千寿子君) 今、景気の動向ということを挙げられましたけれども、特に富田林市内の高齢化現象とか、そういうことの影響はいかがでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) それも数字的にはちょっと資料としてはございませんが、当然少子高齢化ということで、年がいかれますと所得もその分なくなり、年金等になりますと非課税世帯がふえるということで、収入も減ってくる部分が影響としてはあるかと思われます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 固定資産税についても2年続けて約2億6,000万円の減収になっているところですが、やはりこの傾向は同様のものと考えてもいいんでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) 若干、固定資産が市民税とは違う部分がございますのは、固定資産は、土地に関しましては地価の動向で、これにつきましては景気の部分等があろうかと思われますが、家屋については新増築という部分も影響されますので、合わせますと若干下がってくる部分についてはあろうかとは思われますが、市民税とイコールにはならないかなと思っております。



◆委員(吉年千寿子君) 18ページの都市計画税についても、そしたら固定資産税と同様の傾向と考えてもいいんですよね。



◎総務部次長(松本健次君) はい、それで結構かと思います。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、市内のたばこ税、16ページにたばこ税がありますが、これが今年度2,891万9,000円の減収になっておりますね。ところが、前年度は1,170万5,000円の増収になっているんですね。この原因は何でしょう。



◎総務部次長(松本健次君) お答えいたします。

 たばこ税につきましては、去年の7月に単価アップがございました。これの影響が大分あるかなと。単価アップによりまして、7月以前にまとめ買い等、相当数量が出ておりまして、それ以降、やはり単価が上がったということで購買層が減っていると。なおかつ最近の傾向で、禁煙という部分もいろいろ叫ばれていますので、喫煙者が減っている部分も影響しているのではないかというような予想をしておりますので、よろしくお願いします。



◆委員(吉年千寿子君) たばこ税につきましては、もちろん禁煙者がふえる、それはもういたし方ないんですけれども、できるだけ市内でたばこを買いましょうというようなキャンペーンをもっと続けていただきたいと思います。

 それから、その次につきまして、滞納繰越分についてですけれども、これはどのように算定されたものでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えいたします。

 滞納繰越分につきましては、平成15年度決算見込みの現年度分の未納額プラス滞納分の未納額が16年度の調定額になります。その16年度の調定額に、見込みの徴収率、過去数年間の実績で徴収率を算定して、その予算額を算出したわけでございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) そしたら、この滞納額というのは、時効になる以前、5年間の未納金というふうに考えていいんですね。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 時効になっていない、生きている税でございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) その滞納額のうちで、今年度はこれだけ滞納分から収入があるだろうというのが滞納繰越分というふうに考えていいんですか。



◎納税課参事(川上光央君) そのとおりでございます。

 すみません、先ほど算出で、15年の決算見込みから不納欠損を引くというのを忘れていましたので、不納欠損見込み額も減額した分が16年度の調定額です。申しわけございません。よろしくお願いします。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 それでしたら、平成14年度の決算の中では、その滞納額、これは収入未済額という言葉と同じと考えていいですね。まずそれ、確認しておきます。



◎納税課参事(川上光央君) 収入未済額イコール欠損率ということですか。そういうことを言ってはるんですか。



◆委員(吉年千寿子君) いや、これを滞納額と考えていいかどうか。



◎納税課参事(川上光央君) そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) それが約17億2,718万円というふうになっていますよね。これだけのものがどんどん滞納金がふえているということから、非常にこれは深刻な問題だと思うんですけれども、これは徴収率ということにもかかわってくると思いますので、まず市民税についての徴収率、現年課税分の分、過去3年分、それから滞納分の徴収率の過去3年分を教えてください。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 市民税個人分、平成13年度97.95%、14年度97.93%。

 滞納分です。13年度15.28%、14年度12.56%。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 手元には2年分しかございませんか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 12年度分、現年分は97.51%、滞納分の12年度分は17.77%。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、現年度はほぼ98%ということで変わりませんが、滞納分の方はこの徴収率がどんどん減っているということですね。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) これについては、その原因とか、いかが思われますか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 一般並みになりますけども、長引く不況、バブル経済崩壊に伴う不動産投機の失敗とか、リストラ、倒産、事業不振などによって大口滞納者が増して、滞納繰越分の徴収が伸びない現状になっていると考えております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 原因はそうであったとしても、それに対する努力はどういうふうになさっておりますでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 滞納者の事務処理につきましては、当市は納税の告知、これは納付書を送付します。それで、納期限で支払いがなかった場合は、督促状を発送いたします。それから、文書催告、文書催告の内容は滞納のお知らせ、催告書、納付相談のお知らせ、それから差し押さえ告知通知書と進みまして、その次に差し押さえ決定通知書、差し押さえ執行通知書等を送って、滞納処分をしております。

 また、電話催告、平日夜間、休日の戸別徴収を実施しまして、その中で滞納処分の見きわめを行っております。

 その見きわめの第1が、自主納付を促す場合。内容としましては、滞納者が本当に税が払えない状況にある場合には、その資力に見合った納税方法を十分に考慮し、分割納付計画を立てさせたりするなどにより、自主納付を促していく場合。

 2つ目が、滞納処分に付す場合。財産や資力もあり、かつ営業活動もきちんとしているのに滞納を発生させ、支払う意思がないという滞納者が見受けられます。こういうものに対しては滞納処分の執行を検討しております。しかし、実際は完納しないすべてを滞納処分することはできませんので、まずは納税交渉等により自主納付を促すことが普通であります。それでも解決しない場合には、訪問等を実施しながら財産調査を徹底して行った上で、財産が判明しましたら即時差し押さえ処分を実行する場合でございます。

 3つ目としまして、徴収が困難である場合。滞納者が生活に困窮している場合などに対しては、滞納処分の停止という措置を講じることが地方税法で認められています。滞納処分の停止は滞納者の保護を目的としており、その執行の停止が3年間継続したときは納税義務が消滅することになる方法でございます。

 以上のことを踏まえ、滞納処理の徴収方法を行っているわけでございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) いろいろ努力されているのはわかりましたが、その中で、差し押さえされて徴収された分というのはどれぐらいありますか。



◎納税課参事(川上光央君) ちょっとお待ちください、14年度の決算額を見ますので。

 お答えします。

 14年の決算額で、不動産が27件で6,661万6,000円、電話加入権が1件で19万4,000円、債権が−−債権いいましたら預貯金とかです−−31件で1億3,591万1,000円、計59件で2億272万1,000円でございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 それが最終的に不納欠損額になると思いますので、平成14年度でも7,189万5,470円になっており、前年度より約1,758万円ふえています。平成16年度においてもこのような傾向が悪化しないように、不納欠損額を減らすような努力を今からずっと続けていただきたいと思います。

 それからもう一つ、固定資産税についても、先ほどと同様に現年課税分の徴収率と滞納分の徴収率、過去3年分のものをお教えください。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 固定資産税現年課税分、平成12年度96.48%、13年度96.39%、14年度96.35%。

 滞納の方です。12年20.62%、13年19.08%、14年19.4%。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) これについても同様の努力をお願いします。

 高齢化と少子化の影響によって、市税の個人分の減収がますます深刻になることが考えられます。税収を上げるためには、富田林市に若い世代が住みついてくれるような施策、若い人にとって安心して結婚し子育てのできるような魅力あるまちづくりが今後求められていくと思います。そのような大きな視野から市税の増収を考えていただきたいと思います。

 以上です。



◆委員(大西剛君) 同じく14ページで、さきの委員さんと少し関連いたしますけども、この予算では、市民税の収納率と固定資産税の収納率は幾らと見ておりますか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 市民税個人分の現年度分の徴収率は97.30%、滞納分は15%。固定資産の現年度分は96.57%、滞納分は19.40%。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) ただいまの答弁の数字は前年に比べてふえているのか、減っているのか、どうでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 市民税現年度分につきましては、差し引きゼロです。滞納分につきましては、マイナス1%です。固定資産の現年分につきましては、プラス0.01%です。滞納分につきましては、プラス1.40%です。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) すると、総括的にいうと、市民税については減って、固定資産税に関しては微増というような感じですね、確認ですけど。



◎納税課参事(川上光央君) そのとおりでございます。



◆委員(大西剛君) 平成14年度の監査委員から出ているのを少し読みますと、市税は言うまでもなく本市の自主財源の根幹をなすもので、税の公平の観点から、引き続き納税意識の高揚を図り、収納率の向上と財源確保に努められたいと、こういう文章があるにもかかわらず、その目標が低いというように思いますけど、その点どうでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 平成16年1月、2月、3月に大阪府より専任スタッフを派遣していただいて、徴収困難事案とか、納税交渉、財産調査、滞納処分等の全般にわたる徴収技術の向上を目指して、学習しています。それをもとにして、いろんな知識を身につけて、税収向上を目指していきたいと考えております。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) すると、従来のやり方に比べて本年度の違いは、府からベテラン職員を配置してもらって、いろいろ勉強したり自習するというのが従来との違いですね。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 そのとおりでございます。



◆委員(大西剛君) まだ質問の項目になっておりませんけど、今回、徴税費そのものは減少しているわけです。まだ質問はいたしません、引用だけですけど、徴税費が減少しているにもかかわらず、固定資産税の収納率は上げられるというふうに読み取れるんですけども、間違いないでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 そのとおりでございます。



◆委員(大西剛君) では、18ページの都市計画税について少しお聞きいたしますけど、この都市計画税というのはどういう税でしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) お答えいたします。

 都市計画税は、都市計画事業あるいは土地区画整理事業に要する費用に充てるために、目的税として課税される税でございます。



◆委員(大西剛君) すると、納税義務者は、どういうところにお住まいの方が納税義務者になるんでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) 課税対象となりますのが、都市計画区域のうち、おおむね市街化区域ということで、市街化区域の対象の、納税義務者は所有者ということになりますので、その点ご理解よろしくお願いいたします。



◆委員(大西剛君) 今、松本課長のお話では、都市計画事業とか土地区画整理事業を行うための費用というふうにお聞きいたしましたけども、つくった後、都市計画事業、例えば交通施設とか道路、公園などでも維持管理が要るんですけど、この維持管理の費用も基本的には都市計画税の中に入っているというふうに考えるんですか。つくるための費用でしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) 両方含めてと理解しております。



◆委員(大西剛君) 私自身は金剛地区に住まいしておるんですけども、私どもが宅地を購入するときには土地区画整理事業も済んでおり、上下水道とか公園とかは公団が施工いたして、それらの費用も含んだ単価で土地を購入しているというふうに思うんです。ただ、すべて包含しているかというと、ごみ処理場とかいろいろありますので、すべてを包含しているとは言えませんけど、今、課長がおっしゃった都市計画施設をつくるための費用のかなりの部分は含んでいるというように解釈しているんですけども、それは間違いないでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) はい、そのとおりだと思います。



◆委員(大西剛君) 本市の都市計画税の税率は幾らですか。また、大阪府下では全部同じでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) 本市の税率は0.3%でございます。大阪府下でいいますと、33市中、2市がそれ以外の税率を使っているところがあります。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) それ以外というのは0.3%より安いということですか。



◎総務部次長(松本健次君) 0.3%が上限となっておりまして、それ以外の市は0.2%を使っております。



◆委員(大西剛君) 少し話変わりますけども、高速道路などで、建設費を通行料で償還した後は、その高速道路の使用料を無料にするとか、あるいは維持管理のみの費用ということで大幅に減額するというようなことが行われようとしているか、あるいはそういう考え方がございますが、本市の財政事情が非常に厳しい昨今では無理かもわからないけども、考え方として、こういう都市計画事業がほぼ終了した場合は、都市計画税は大幅に減額をされてしかるべきというふうに考えますけど、その点いかがでしょうか。



◎総務部次長(松本健次君) 非常に難しいご質問をいただいたと思うんですが、都市計画税は地方税法に基づきまして課税をされておるわけでございますけれども、これらの施設の整備の費用は、今おっしゃられましたように、高速道路などで言われていますように一定期間が過ぎますと負担をしなくてもいいのではないかということで、そういうことができますれば市民の方にとっても確かに喜ばれることだろうと思いますが、維持管理等、それから年月いきますとまた新しい事業といったものも必要になろうかと思いますので、なかなか都市計画税の廃止というのは困難ではなかろうかなと思われます。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) ちょっと休憩します。まだありますけど、ほかの方どうぞ。



○委員長(奥田良久君) ほかに、71ページまでの部分でご質問。



◆委員(大西剛君) 35ページの上から2行目の住民票関係等証明手数料とありますけど、これの内訳がわかれば教えてください。



◎市民課長(武本茂君) お答えいたします。

 住民票関係等証明手数料の内訳でありますが、住民票の写し7万8,000件、1,560万円、戸籍の付票2,000件、40万円、外国人登録証明760件、15万2,000円、住基カード1,000枚、50万円、その他の証明として32万円の収入を見込んでおります。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) 住基カード、私も見本を1つ持っておりますけど、この住基カードの寸法はどのようにして決められましたか。



◎市民課長(武本茂君) お答えします。

 住基カードにつきましては、クレジットカードやキャッシュカードなどと同じく、寸法や厚みについては国際的に通用する規格が採用されていると聞いております。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) 本市の本庁も含め、各出先機関でも、カードをかなり発行しているわけです。私が入手したカード、4枚ありますけど、外形寸法が非常に違うんです。やっぱりこういうものは統一すべきであると思いますけど、いかがでしょうか。答える部門がないんかな。



○委員長(奥田良久君) 暫時休憩します。

    (午前10時41分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午前10時42分 再開)



○委員長(奥田良久君) 休憩前に返り会議を再開いたします。



◆委員(大西剛君) すみません。住基カードは国際的な寸法で決められているということですけども、私が持っております図書カードと寸法が違いますし、それから総合体育館のトレーニング場使用許可証の寸法も違いますし、福祉センターの入浴のカードと大きさが違うので、やっぱりこういうのは、同じ富田林市が出しているんやから同じ外形寸法にすべきと思いますけど、いかがでしょうか。ほかにも違うのがあるかもわかりませんけど。



◎助役(花岡義弘君) ご質問の趣旨、十分にご理解をさせていただきますので、今後においては、新規をつくる、あるいはまた更新の折には十分に参考にさせていただきたいと、このように考えます。



◆委員(大西剛君) 20ページの所得譲与税が皆増になっておりますし、それから40ページの教育費補助金は大幅減額になっておりますけど、所得譲与税の新設の理由と、それから40ページの教育費補助金の大幅減額の理由を説明してください。



◎財政課長(谷口勝彦君) お答えいたします。

 今回、所得譲与税につきましては、三位一体の改革の中で税源移譲という部分の譲与税でございます。これは、4,249億円ですか、都道府県と、あとそれ以外の市町村でこれを約2分の1して、それを全体の人口で案分をかけた数字です。大体1人頭1,600円ぐらいの大体2億余りのお金となっております。



◎学校教育部長(奥野和彦君) 教育費の部分もございましたと思うんですけれども、これは寺池の大規模改修の中で、老朽の3分の1の部分が減額になった部分でございます。これも三位一体の関係だと思います。

 以上です。



◆委員(大西剛君) 最後ですけれども、37ページの民生委員負担金で生活保護負担金がかなり増額いたしておりますけど、生活保護の件数の増とか、あるいはケースワーカーが持たれているケースの増とか、あるいは本市の財政負担の増がどのようになっているか、ちょっとその辺を説明していただきたいと思います。



◎保健福祉部理事(水道昌之君) お答えいたします。

 生活保護がやはりここ数年ずっと上昇というんですか、伸びてきておりまして、それの歳出の増に伴う歳入の増ということになってございます。



◆委員(大西剛君) 今、ちょっと質問した件数的な表示とか、それからケースワーカーの人の仕事がかなりふえているように思うんですけども、どのようにふえているかとか、あるいは市の財政負担、これらについても説明を求めます。



◎保健福祉部理事(水道昌之君) お答えいたします。

 生活保護の扶助費の推移でございますが、平成16年度で28億9,642万円ということになってございまして、15年度予算では27億7,800万円、それから14年度では25億7,300万円、それから13年度では23億9,800万円ということで、歳出の伸び、被保護者の増が一番の大きな原因でございまして、それからそれに伴いまして、社会福祉法の方では職員1人当たりの割合等も決められておりますので、平成13年4月に1名、それから平成14年4月に1名の増員を図って、その事務量の増に対応したところでございます。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) 件数をお聞きしているんですけど、件数は出ませんか。



◎保健福祉部理事(水道昌之君) 失礼しました。お答え申し上げます。

 件数の伸びで申し上げますと、平成12年3月末で823世帯、人員は1,494人、それから平成13年3月末で881世帯、人員は1,621人、それから平成14年3月末で955世帯、人員は1,759人、それから平成15年3月末で世帯数で1,041世帯、人員は1,903人、それから平成16年1月末で世帯数は1,133世帯、人員は2,058人。

 以上でございます。



◆委員(大西剛君) 結構です。



○委員長(奥田良久君) ほかに、71ページまでで。



◆委員(吉年千寿子君) 先ほどから引き続きまして、33ページです。市営住宅の使用料が9,590万8,000円になっていますが、まず市営住宅の戸数と使用料、使用料というのはいわゆる家賃と考えていいんですね。先、それ確認しておきます。



○委員長(奥田良久君) 1時間近くたちますので休憩します。

    (午前10時51分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午前11時5分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、休憩前に返り会議を再開いたします。



◎建築課長(戸谷正君) それでは、14年度分の滞納をお示しいたします。滞納額といたしましては……

    (「そのこと聞いてない」の声あり)

    (「使用料と賃料の話を」の声あり)

 失礼しました。使用料なんですが、使用料は、家賃と共益費と駐車場代、その辺すべて含めまして使用料でございます。



◆委員(吉年千寿子君) わかりました。

 改めまして、そしたら市営住宅の戸数と使用料の内訳をお示しください。



◎建築課長(戸谷正君) 市営住宅の戸数でございますが、現在640戸でございます。そのうち18戸を現在建てかえしておりますので、622戸、それから使用料ですけど、額といたしましては9,545万8,000円でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 1戸当たりのいわゆる家賃、その共益費を含んだ使用料でもいいですが、1軒当たりに幾らぐらい払うのかという資料が欲しいんです。市営住宅の地域別に教えていただけましたら。



◎建築課長(戸谷正君) 使用料は、そこの住宅の床面積とか建設年数によりまして、各住宅と各棟別にちょっとばらばらでございますので、詳しくお示しするのはちょっと時間をいただきたいなと思います。



◆委員(吉年千寿子君) 詳しい資料は後からでもいいですが、今わかるだけで、およそのことわかりませんか。



◎建築課長(戸谷正君) 申しわけございません。先ほど言いました経年とか床面積の大きさと、あと、そこに入っておられる収入に応じて4段階に分かれておりますし、かなりばらばらと言えばばらばらになりますので、ちょっと時間をいただきたいんですが。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたらお聞きしますが、14年度の決算で同和住宅と一般住宅との家賃の差というのが、一般で2万2,906円、同和の若松団地で8,494円という数字がありました。こういうことについて、今現在はどうなっておりますでしょうか。



◎建築課長(戸谷正君) 家賃の差なんですが、今、委員さんがおっしゃっていただきましたように、例年、ほぼ一般と若松団地の家賃につきましては同額ぐらいでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 同額ということは、全体の家賃が上がったんですか、下がったんですか。



◎建築課長(戸谷正君) 先ほども言いましたように、経年係数というのがございまして、経年係数でいえば実態的に若干下がりぎみ、毎年下がってまいります。ですので、ほぼ同じかなという解釈をしていただいていいかなと思います。



◆委員(吉年千寿子君) そのことにつきましての詳しい資料を後でいただけますでしょうか。



◎建築課長(戸谷正君) 早急に用意させていただきます。



◆委員(吉年千寿子君) ではよろしくお願いいたします。

 続きまして、その使用料の下に、滞納繰越分として4万5,000円が計上されておりますけれども、これの全体の滞納金、それから徴収率、これも現年度分と滞納繰越分に分けて、手元にあるだけの年数で結構ですのでお教えください。



◎建築課長(戸谷正君) 45万円の滞納繰越分の振り分けですけど、若松団地15万円、一般住宅30万円、以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 全体の滞納金と徴収率です。



◎建築課長(戸谷正君) 失礼いたしました。全体の滞納金、16年度は一応、繰越滞納金だけをお示しさせていただいております。それから徴収率でございますが、若松団地につきましては98%、それから一般住宅につきましては一応95%で計算しております。



◆委員(吉年千寿子君) 今、聞きましたのは、先ほどの市税と同じなんですけれども、滞納繰越分というのは、滞納金の中からこれだけ今年度入ってくるというふうに先ほど理解しました。ですから、全体の滞納金がその前の年度でどれだけあるのか、それから徴収率も現年度分はわかりましたけれども、滞納繰越分の徴収率を教えてください。



◎建築課長(戸谷正君) 現年度の14年度の滞納額は、先ほど申しましたように883万円でございます。それの徴収率は、現在、申しわけございませんけど、前年度の滞納から15年度に徴収しております率は今のところまだ出ておりませんが、1,200万円ぐらいにふえつつございます。決算としてはまだ少し出ておりません。



◆委員(吉年千寿子君) では、その徴収率という計算はできないということですね。



◎建築課長(戸谷正君) まだ今年度も、3月でございますので、今のところまだ計算はしておりません。



◆委員(吉年千寿子君) 前年度分でもいいですから、計算できませんか。



◎建築課長(戸谷正君) 計算できますが、ちょっと時間をいただきたいと思います。



◆委員(吉年千寿子君) では、後からでもいいですから、計算してください。

 それで、その滞納者に対してどういうような対応をなさっているでしょうか。



◎建築課長(戸谷正君) 例年、督促状を何回か出させていただきまして、面談して処理をしたり、督促いたしましても、ちょっと不謹慎な方は全然応じられてないというような場合もございます。応じていただいておる方については、例えば分納をしていただいておるとか、少しでも払っていただける方法で払っていただいております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) こういうような市税とか使用料というのは、当然市に入るべきお金ですから、実際に所得がなくなって生活に困っている方というのは、それに対しては十分な配慮というのが必要でしょうけれども、苦しい中から市税なりこういう使用料を払ってくださっている方に不公平にならないように、滞納を減らすような努力をしていただけますようお願いします。

 引き続きまして、同じ33ページの幼稚園の使用料ですが、これも使用料というのは通園料というふうに考えていいんでしょうか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) お答えいたします。

 毎月6,000円の使用料ということでいただいております。



◆委員(吉年千寿子君) そしたら、この場合は6,000円、通園する者がそれだけ払うということですね。



◎指導室次長(長谷川俊明君) お答えします。

 そのとおりです。



◆委員(吉年千寿子君) これを今現在、銀行振り込みとか、そういう形をとっておられますか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) はい、そのとおりです。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 滞納分も、これもお聞きしたいんですけども、滞納繰越分が140万円になっておりますが、滞納分がどれぐらい、徴収率がどれぐらいになっておりますでしょうか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) 滞納分、これ、過去3年半余りの滞納分が全部この中に入っております。滞納についての徴収につきましては納付書を発行して徴収しておりますが、その徴収率につきましてはちょっと詳しい率まで出しておりませんが、昨年度徴収した金額は5万4,000円ということです。



◆委員(吉年千寿子君) わかりました。この滞納者に対しての徴収というのは、子供がかかわってくる問題なので難しいところはあると思いますけれども、子供に対して十分プライバシーの配慮をしながら、やはりこれも当然収入になるべき金額ですので、その辺よろしくお願いいたします。

 引き続きまして、51ページの衛生費、府の補助金の衛生費補助金、18節の保健衛生費補助金の合併処理浄化槽設置補助金、これについて、この合併処理浄化槽設置補助事業の内容についてお聞かせください。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) お答えいたします。

 現在、富田林市の生活排水対策事業といたしまして、市街化区域につきましては公共下水道の整備を進めております。調整区域−−公共下水道整備区域外ですけれども、その分につきましては、合併処理浄化槽設置の事業を進めております。この分につきましては、個人が合併浄化槽を設置していただいて、それに対する国・府・市が3分の1ずつ助成させていただいている費用を、補助金といたしましてここに計上させていただいた次第でございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 国と府と市が3分の1ずつということでしたら、本人は幾らですか。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) お答えいたします。

 16年度事業といたしまして計画させていただいております合併浄化槽設置基数といたしましては、43基を計上させていただいております。これの費用で、大体、国・府・市で571万4,000円の3分の1ずつを計上させていただいておる次第でございまして、国が571万円4,000円、府が571万円4,000円、市が571万円4,000円、合計1,714万2,000円の予算計上となっております。よろしくお願いします。

    (「個人負担を先ほど」の声あり)

 失礼いたしました。個人の設置費につきましては各個人が家庭で設置されてきますので、費用につきましてはそれぞれ個々おのおの費用が違ってきておりますので、国・府・市は3分の1と、それ以外の部分は個人負担という形になっております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) ちょっと今の説明でもよくわからないんですが、個人負担が全体の何分の1になって、そしてその負担するのを国と府と市が3分の1ずつ負担するという意味ですよね。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) 失礼いたしました。個人で設置される費用に対する補助金でございますけども、国、これの補助単価が決まっておりまして、その補助単価に基づく3分の1ずつでございまして、5人槽につきましては35万4,000円、7人槽につきましては41万1,000円、10人槽につきましては51万9,000円の補助単価のそれぞれ府の持ち出し分を計上させていただいておりまして、それ以外の分、これは個人負担で出していただいております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) もう一度確認させていただきますけれども、そしたら5人槽で35万4,000円を国と府と市で分けて負担してくれるということですね。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) そうでございまして、一応、各家庭で5人槽を設置される場合、7人槽を設置される場合、10人槽を設置される場合、これは面積によりまして個々おのおの違ってくるわけでございまして、それに対する補助単価を決めまして、それの3分の1ずつと。それ以外、5人槽で100万円かかろうが、200万円かかろうが、国・府・市は35万4,000円、補助単価が決まっておりますので、それの3分の1ずつという形で計上させていただいております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) わかりました。大体どれぐらいこの合併浄化槽というのはかかるものなんですか。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) お答えいたします。

 それの設置される条件によりまして多少工事費のばらつきがあるわけでございますけども、一応平均で大体100万円ぐらいかかるんじゃないかなということで考えております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) そしたら、個人負担が大体2分の1までというふうに考えていいですか。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) 大体、5割から6割ぐらいは個人負担が出てくるだろうというふうな感じで、これは平均でございますので、それ以上かかる場合もあろうかと思います。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 負担については大体わかりました。

 これ、適用の条件ですけれども、先ほど調整区域とおっしゃいましたけれども、市域の中のどれだけぐらい、まず面積と、それから人数、世帯数でもいいですから、どれぐらいの地域が対象になるものでしょうか。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) 本市の調整区域部分が対象地域となるわけでございまして、市街化区域を除く部分という形で考えていただいたら結構かと思います。すみません、手元に資料がございませんので、すぐ取り寄せます。



○委員長(奥田良久君) 資料が届く間、ほかの質問してください。



◆委員(吉年千寿子君) はい、先にほかのところをいきます。

 63ページの延滞金の640万8,000円ですが、これは具体的にどこから入ってきたものなんでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 個人市民税に係る部分237万6,000円、法人市民税に係る部分で9万6,000円、固定資産税、都市計画税に係る部分382万8,000円、軽自動車税に係る部分10万8,000円で、計640万8,000円の計上でございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) これは滞納繰越金とともに算定されたものなんでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) 納期内に納付されていない分につきまして、その納期後に納付されましたら、その延滞日数によって算定した数字でございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) この中に、短期の督促料は含まれますか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 督促手数料は別でございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、ちょっとよく理解できないんですけれども、滞納されている方が幾らか支払われた場合に、それが滞納を返済したものになるのか、延滞金として計上されるのか、どちらなんでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) 滞納者がおられましたら、本税が幾ら、督促手数料が幾ら、延滞金が幾ら、以上を合算しまして支払っていただくようになっております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) それを合算したものを古い分から消していくわけですか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 基本的にはそういうことでございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 先ほどの数字を挙げていただいた延滞金の分ですけれども、これだけの分に対して、先ほどのところに戻るようですけれども、滞納繰越金からは、同時に払われた場合に延滞金が何%ぐらいに当たっているのか、数字出せますでしょうか。



◎納税課参事(川上光央君) お答えします。

 今の数字は出していないんですけども、納期限1カ月間は本税の4.1%、それ以降は14.6%の延滞金を徴収しているわけでございます。そのぐらいしか答えられないんですけども、よろしくお願いいたします。



◆委員(吉年千寿子君) 延滞金の、もう少し計算できるならば、後からでもいいですから詳しい数字をいただきたいと思います。払う方にしてみれば、どれが本税で、どれが延滞金でいつの分かというような意識は余りないと思いますので、そこのところのどれだけ分になっているという資料、またいただきたいと思いますが。



◎納税課参事(川上光央君) わかりました。



◆委員(吉年千寿子君) さきに引き続きまして、67ページ、雑入の部分で、市史の売上収入33万6,000円計上されていますが、これ、何巻が何冊売れたものか、そして残りの冊数は何冊あるのか、これをお聞かせください。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 第1巻5冊、第2巻5冊、紀要、史料編が各2冊、それと第3巻が44冊の予定をしております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 3巻はまだこれ、予定ですね。



◎総務課長(北野幸雄君) そうでございます。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、さっき言いました残りの冊数、1巻、2巻、それから史料編、今現在、何冊残っているのか、それから3巻はどれだけ発行しているのか、その冊数を教えてください。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 第1巻、第2巻につきましては、ちょっと残数、今手元に資料を持ち合わせておりません。第3巻につきましては1,500冊、発刊を予定しております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 1,500冊発刊する予定なのに、44冊しか売れないと見込んでいるわけですか。



◎総務課長(北野幸雄君) そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 余りに少な過ぎる見込みじゃないでしょうか。普通、いろんなものを発行しても、もっと売ろうとするPRとか、そういうことに努力するものだと思うんですけれども、その辺のところどうお考えでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 確かにこういう書物は専門的な部分がございますので、市としましては発刊できる時点で、市の広報紙等に掲載、PR、またホームページでもその辺のお知らせをしていきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) ほかの在庫分もぜひ早急に調べていただきたいと思います。

 こういうことを、せっかくの財産です、多額の金額と人件費、それからいろんなノウハウを使って市史として残していこうとして、皆さんの努力の結集です。それを手元にこれだけの在庫を抱え込むというのは、非常に財産の浪費だと思います。

 ぜひこれを売るためのPRをもっと積極的にとっていただきたいと思います。3巻これでそろったことですから、この発行時にセットで売るとか、幾らかこれまでの分をもっと安く値引きしてでも在庫を減らすとか、そういうような民間では当たり前だとしているような努力をもっと積極的にしていただきたいと思います。

 この在庫については早急に調べて、後で報告してください。

 それから、引き続きましてその次の冊子等の売上収入です。これも74万9,000円とありますが、どのような冊子が何冊売れたものか、それから在庫はどれぐらいなのか、教えてください。



◎文化財保護課長(森口博正君) 冊子等売り払い収入についてお答えいたします。

 内容は、文化財関係の冊子、これは遺跡分布図等です。寺内町関係の冊子、これは「じないまち探求誌」、寺内町パンフ、富田林の民家テレホンカード、絵はがき等で、あと新堂廃寺調査報告書、これは100冊で5,000円を見込んでおります。50万円を見込んでおります。

 寺内町関係冊子等につきましては、22万7,000円を見込んでおります。文化財関係冊子、遺跡分布図等につきましては、2万2,000円の合計74万9,000円を見込んで計上させていただいております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 在庫についてはどうですか。



◎文化財保護課長(森口博正君) すみません。在庫についてはちょっと今手元にございませんので、また後ほど資料を届けさせていただきたいと思います。



◆委員(吉年千寿子君) わかりました。では、あと在庫をぜひ調べてまた教えてください。これも先ほどの市史と同様ですが、在庫分を売って、できるだけ今あるせっかくつくった資料ですので、それが市民の方々、それからほかの他市の方々にも有効にPRできるように、売るための努力をお願いいたします。

 歳入の部分は以上です。あと先ほどの分の。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) 失礼いたしました。先ほどの質問の中で、一応、合併浄化槽設置区域の面積と人数ということでご質問いただきました。本市の調整区域内の世帯、約6,000世帯、人口で約1万6,500人の方々が対象区域となります。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) あと、面積としてはわかりませんか。市の何%ぐらいということで。



◎産業下水道部副理事(鉄本和巳君) お答えいたします。

 面積といたしまして、3,900ヘクタールが本市の面積ですけども、そこから1,500ヘクタールを引きまして、2,400ヘクタールというふうに考えております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) どうもありがとうございました。



◆委員(高山裕次君) 32ページの3目葬儀場使用料ですけども、9,399万1,000円の内容になっておりますが、それについてお聞かせください。



◎衛生課長(大工和幸君) お答えいたします。

 内容につきましては市営葬儀の使用料でございまして、16年度は350件を計上いたしております。

 以上です。



◆委員(高山裕次君) 350件を予定されているということですけども、過去3年の使用された実績、これを教えてください。



◎衛生課長(大工和幸君) お答えいたします。

 12年度につきましては339件、13年度につきましては323件、14年度につきましては369件、それと本年度15年度、現在で316件となっております。

 以上でございます。



◆委員(高山裕次君) わかりました。

 火葬につきまして、今現在、富田林の斎場で行われておりますが、現在使用されている火葬炉は6基あるわけですけども、1日の最大の火葬件数はどうでしょうか。



◎衛生課長(大工和幸君) 火葬件数につきましては、1日最大で8件を実施しております。



◆委員(高山裕次君) 8件ということですけども、もしそれを超えた場合、その場合の対応についてはどのように行っているんでしょうか。



◎衛生課長(大工和幸君) 8件を超えた分につきましては、翌日にお願いをいたしております。



◆委員(高山裕次君) 翌日に行っているということですね。今後、火葬炉がいっぱいになって、また火葬炉の故障や万が一の災害等、そういう場合が今後考えられると思います。その中で、火葬場がこういう状態になったときに、私、提案めいたことを言うんですけども、近隣の河内長野とか、それから大阪狭山市と連携をとりながら、そういう組織体をつくって、それを補うというのはいかがでしょうか。



◎衛生課長(大工和幸君) 火葬につきましては早急な対応が必要になってまいります。また、今の災害等につきましては、地域防災計画の面からも必要にはなってこようかと思いますので、ご提言の内容につきましては今後検討してまいりたいと考えております。



◆委員(高山裕次君) 要望なんですけども、葬儀について、親族の方に対してのその心労、また非常に悲しい出来事でございます。そうした中で火葬が翌日になるとか、そういう問題については大変なことになると思うんです。そういう中で、先ほど述べましたように、万が一の災害等の対応というか、これをぜひとも十分なる検討をお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(奥田良久君) ほかに歳入面についてのご質問ございませんか−−それでは、歳入面、71ページまでのところについては以上とし、ここで説明員交代のためにこの場で暫時休憩します。

    (午前11時45分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午前11時47分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、休憩前に返り会議を再開いたします。

 次に、歳出面中、1款議会費並びに2款総務費、ページ数はそれぞれ議案付託表に示されているとおりでございます。この範囲内で質疑を行います。質疑のある方はページ数をお示しの上、ご質問ください。



◆委員(林光子君) 79ページのレインボーバス網の運行事業補助金についてお伺いしたいと思います。

 12月議会で質問いたしましたので、それに引き続いてお伺いしたいんですけど、今回の議会では16年度中に見直しをするということでのご答弁をされておりますが、この1年間を振り返りまして、このバス運行についてやはり原点に戻って、この経過を十分踏まえながら、行政として大いに反省すべきことがあるということで、ちょっと質問の前提に立たせていただきたいんですけど、まず、1年前に近鉄バスの会社との契約をなさったときに、前回の旧レインボーバスはもちろん近鉄でしたけれども、そのときは委託事業となっておりまして、補助金制度に変えられた理由というのをお伺いしたいんです。



◎市長公室総括理事(山本文博君) まず有料で運行させていただくということで、そういう前提がございました。それで申しますと、一般旅客運送という、路線という格好の運行になるわけでございまして、それでいいますと、委託から補助金という形の方法に切りかえざるを得なかったということでございます。



◆委員(林光子君) 今のご答弁を聞いてましたら、もちろん路線に乗っかるから委託から補助金に変えたということなんですけど、全体にもう一つさかのぼれば、この富田林には近鉄以外の会社もありますし、そういう事業体とのヒアリングとか、そういうことで何も考えられなかったのか。何かそういうことはなかったんですか、ヒアリングというか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) まず路線として名乗りを上げるといいますか、営業活動もされているところもございまして、そういったところも含め、また本市における路線を既に営業されているところ、そういうところに一応通知をさせていただきまして、提案方式という格好でご提案をいただいたところでございます。その中から、経費面または運営的に良好な運営をいただけるところということで、選定させていただいたところが近鉄ということでございます。



◆委員(林光子君) それでは、近鉄の路線バスということで前回いただいた資料では地図に載っていなくて、今、理事がおっしゃるように、名乗りを上げていただく路線ということで経路がなっていたと思うんですけど、4ルートというふうに決められた理由をお聞かせ願いたいんですけど。



◎市長公室総括理事(山本文博君) この間、庁内の関係課と研究会を設置しております。この研究会の中で、コミュニティバスの運行についてどういう形態がいいのかということを研究していただいたわけですけども、その研究の中でも一定方針をいただいたのは4ルート、東西南北という格好の路線がベターではないかということでいただいたところでございまして、そういう研究の結果も踏まえましていろいろ検討させていただいたところで、結果としては4ルートという格好になったわけです。



◆委員(林光子君) 現在、今お答えのように、庁内の研究会で形態を決めていったということなんですけれども、どう見ましても、これは会社が基本的に路線を決められたところへ本市が乗っかっていった、ちょっと言葉が荒いんですけど、会社有利に立っている路線の認可をとっているような姿に見えまして、まず一般市民から見れば本当にレインボーバスとしての意義があるコースになっているかということを考えたときは、ちょっと納得がいかないんです。

 それで、議員である私たちの意見とか要望も十分に踏まえられなかった結果が、まず西ルートだけが前回どおり成功して、南回りはほぼ失敗に終わっていると。あと2カ所はぼちぼちというところなんですけど、この辺は、今一番お聞きしたいことは、市民のニーズを把握されてなかった結果じゃないかなと思うんですけど、どういうふうに考えておられますか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 確かにニーズの把握という部分につきましては不十分な部分があったと思いますけども、運行に際しましては、これまでいただいておりました議会での要望を踏まえまして、いろいろとルートを考えたところでございます。

 なお、一つは停留所の数が少ないということは、今現在もご指摘、またご要望もいただいておるところでございますけども、これについても道路管理者もしくは大阪府警本部の許可が要るということで、当初もう少し停留所の設置を考えておりましたんですけれども、現在のような状況になっているというのが現状でございます。



◆委員(林光子君) 今、大体のルートのコースの話も聞かせていただいたんですけど、レインボーバスの協定書をちょっと見させていただきましたら、協定書の中に第8条で、レインボーバスの運行は既存バス路線と異なる運賃制度を採用することから、既存バス路線の運営に影響を与えないように配慮するものとするというふうにうたっているんですけど、これはもちろん近鉄バスのことの既存バス路線というふうに解釈していいんでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 基本的にはそういう理解だというふうに思うんですけども、市としての基本的な考え方としては、その他の既存の営業路線についてはできるだけ配慮するということの立場は堅持したつもりでございます。



◆委員(林光子君) わかりました。

 次に、今現在、空白地域という表現をさせていただいたらいいと思うんですけれども、楠風台の自治会の自主運行バスに補助金が出されましたけど、17年度を期限つきということですけれども、これは来年の、本年度16年度に見直される中での関連というふうに考えていいでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) まず、レインボーバスがどんな格好で見直しがされるのかというのは、まだ当然これから作業をさせていただくわけですけども、いろんなご要望もあって、拡大というご要望もございますし、一部、費用対効果を見ながら一部廃止または変更という格好のご意見もいただいておりますので、どういった部分になるかというのはちょっと見えない部分がございますけども、一部見直しまたは拡大という格好で申しますと、楠風台についても可能性としてはあるわけでございまして、当然、今現在の自主運行のバス補助金の制度についても、それとあわせて見直しをさせていただくということになるかと思います。



◆委員(林光子君) その後、この自治会に300万円の補助金を出されることに対しまして、ほかの自治会からの反応とか要望とかはなかったでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 二、三の町会からご質問といいますか、説明を受けたいということで来られたケースはございますけども、現実的には申請も上がっておらないという状況でございます。



◆委員(林光子君) 今回も、先ほど申し上げましたように、議会で各会派の質問もかなりレインボーバスに上がっておりましたけれども、16年度全体の大幅な見直しの中で停留所の増設、またワゴン車を走らせるというような答弁をなさっておりましたけれども、もちろん遠隔地域、空白地域を含めて公平に充足される計画は大丈夫なんでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 見直しについては、先ほども申し上げましたように、どんな形でというのは、議会の皆さんについても賛否両論が出ているわけでございまして、そういう中で住民のニーズも踏まえた格好で検討をさせていただきたいということでございますので、今時点、拡大しますとかいうお答えもちょっとできかねませんので、よろしくお願いします。



◆委員(林光子君) まだ今のところできかねないのはわかるんですけれども、今申し上げたように、各会派の代表質問も出て、各議員もしっかりこういうことを述べられておりますので、何かもっと奥深いお言葉をいただきたいんですけどもね。



○委員長(奥田良久君) ちょうどお昼になりましたので、休憩いたします。

    (午後0時0分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後1時0分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、会議を再開いたします。

 午前中に資料請求の約束をいただいた分につきましては、後日、それぞれ作成の上、提出をいただきますようにお願いをしておきます。

 それでは、午前中の林委員の質問に対する答弁お願いします。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 見直しにつきましては、住民の意見を踏まえながら、費用対効果も考え、これまで車両について小型化またはタクシー方式とか、NPOの活用などを議員さんからはいろいろとご提案をいただいております。こういったことも含めまして、16年度、慎重に十分検討してまいりたいというふうに考えております。



◆委員(林光子君) それで、今回は停留所を増設するということを答弁されていましたけど、以前に錦織東がストップかかりましたけど、この説明を受けたんですけど、もう一度、なぜこの東がストップされていたのか、ちょっとお聞かせ願いたいんですけど。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 隣接もしくは土地の所有者とか隣接の住民の方、こういった方々のご理解をいただきながら停留所を設置しているところでございまして、一部ご指摘の錦織東につきましては、住民のご理解を得られなかったということで、ちょっと設置ができなかったという経過でございます。



◆委員(林光子君) では、先ほどの流れから、契約は5年間と、20年3月までとなっている近鉄バスは、内容変更をしながら、近鉄バスをうまく利用させていただきながら見計らっていくということになっていくわけですけれども、私自身もこれ、全市的な視野に立ってその質問を13年9月より積極的に展開してまいりまして、また特に女性の視点できめ細かい要望とか提言をいたしましたが、全協で説明を受けたときは、4ルートの説明を受けたときは、これは直観ですけれども、失敗策だなと思ったんです。それは私だけじゃなく、ほかの議員も感じられていた方もあったと思います。

 そこで、さきにタクシーのこともおっしゃられてしまったんでちょっと質問しづらくなっているんですけど、当局から紹介されて、15年7月に江南市の空きタクシー、コミュニティ・タクシーの視察に行ったんですけれども、これは本市のレインボーバスにかかる経費の3分の1で事業が賄えておりました。8月に当局は調査結果というんですか、視察に行ってこられたと思うんですけど、どのような感想を持って帰られたか、ちょっと詳しくお聞かせ願いたいんです。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 愛知県江南市でコミュニティ・タクシー運行事業を実施されているわけでございまして、視察をさせていただきました。運行についてはタクシーを利用されておりまして、主には2路線、幹線コースとしては2コースで、あと支線コースということで4コースの合計6コースで運行されておるわけでございまして、それをタクシーで運行されているということでございます。

 委員さんのご指摘のように、費用面では約3分の1ぐらいというふうに聞き及んでいるところでございまして、確かに検討すべき事業内容であったなというふうに感想を持っているところでございます。



◆委員(林光子君) 以前、私も議会で、レインボーバスに接続する枝線として、NPOでワゴン車を走らせてはいかがですかと提案したことがあったんですけど、現在そのNPOについての考え方はどのようにお持ちでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 先ほども申し上げましたように、NPOも一つの選択肢といいますか、活用させていただく一つの手法だというふうに理解をしております。

 ただ有料運転という格好でいいますと、許可をとっていただくということがございますので、その点でいいますと、一般のバス事業者、タクシー事業者よりはちょっとハードル的には高いものがあるんかなと。実際上、そういうケースがあるのかどうかというのはちょっと把握はしておりませんけども、運輸局の許可自体を取得するということが必要なので、その辺がどうなのかというのは、ちょっと研究する必要があるのかなというふうに思っております。



◆委員(林光子君) 私もまた後でNPOについて少し質問する予定ですから、関連するんですけれども、NPOはご存じのように本当に大変な事業体でして、今までこのバスに対して、枝線として派生させることをかなり提案してきたんですが、よくよく考えていきますとNPOは余り賛成できません、この件に関しては。

 というのは、すごく、本体という表現したらいいんでしょうか、今の4ルートは大きな路線で、市が丸抱えしていると。そして、余り成功味がないというところで、NPOはしんどいところばかりを担わされてしまうということを考えると、NPOでは気の毒かなという気もあるんです。

 もう一つ考えないといけないのは、まずバスの運行ということは、人命をあずかる上で一番危険なことなんで、それは市の責任になってくるとなると、かなりの、幾ら契約書を交わすといったところで、大変な事態が起こってくるのではないかと思いますので、NPOでない方法をまた私なりに後で提言させていただきたいと思っております。かといって、すべてNPOをやめにしましょうというわけではないんですが、慎重に考えていただかないといけないんじゃないかなと考えております。

 今、理事からいろいろと本当に細かい説明を受けまして、私もすごくよくわかっているんですが、現在のレインボーバスを走る姿を市民が見ていて、今、議会でこれだけ論議されていて、16年度見直しですよと一言で言っていますが、市民にはそれはなかなか理解しがたいと思うんです。というのは、目に見える事業だけに本当にごまかせない部分がありますので、かなりこの1年精力的にやっていただかないといけないのじゃないかなと考えます。

 先ほど申されましたように、コミュニティ・タクシーの方法も一つでございますし、また一つ考えますのに、シルバー人材センターに委託としてそういう、例えば役所であいているような公用車があればそれを利用して活用するとか、また今の路線を本体のままでいくのか、1路線だけにして、あと例えば失敗につながっているような3路線を縮小していくのか、もう方法論はいっぱいあると思うんです。こういうことは、一度議員に、前回のように全協でいきなりコースだけの説明をするんじゃなくて、選択肢を与えていただくような、そういう設定をしていただきたいと思うんですけど、いかがなものでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 今、委員さんからご提言といいますか、ご意見いただきましたけど、担当する者としましても、計画の段階から、議員さんとも調整しながら具体的な検討をするというのはありがたいことだというふうに考えておりまして、その辺の調整については今後考えていきたいなというふうに思っております。



◆委員(林光子君) では、レインボーに対して最後の言葉ですけれども、二度と失敗が許されないということを踏まえていただきたいのと、やはり前市長のときのこれは施策でしたけれども、多田市長のやはりメンツといいますか、現在の市長に対しての行政手腕が恥をかかされないように、私たち議員も協力してまとめていきたいと思っていますので、よろしくお願いをしておきます。

 次に、89ページの行財政改善事業についてお伺いしたいんですが、この4,011万1,000円の内訳をまずお聞きしたいんですけども。



○委員長(奥田良久君) 林委員、もう一遍数字言ってちょうだい。ちょっと間違ったんちがう。89ページの。



◆委員(林光子君) すみません、数字間違えました。144万円です。ちょっと全然、すみません、間違っていました。



○委員長(奥田良久君) 89ページ、1節報酬、行財政改善委員会。そうやね、144万円という、この項やね。



◆委員(林光子君) 失礼しました。ちょっともとに戻らせていただきます。

 この内訳は後で聞くことにしまして、予算附属説明資料の29ページの行財政改善事業の予算額、これがまず今年度は4,011万1,000円、これは間違いないと思うんですけど、これについての内訳をお伺いしたいんです。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 附属説明資料の4,011万1,000円の内訳ですけれども、行財政改善の委員会の委員報酬が144万でございます。それから、先進地の視察旅費ということで5万円、アルバイト賃金ということで3,830万3,000円。よろしいですか。



◆委員(林光子君) ちょっとすみません。今、アルバイト賃金の金額、もう一度言ってください。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 3,830万3,000円。

 それから、行政評価の関係の講師謝礼金ですけども、報償金ですけども、29万4,000円、それから、消耗品費で2万4,000円、合計4,011万1,000円でございます。



◆委員(林光子君) では、ことしと前年度の違いを述べていただきたいんですけれども。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 15年度につきましては、報酬、それから旅費がございませんでした。内訳で申しますと、賃金の部分が3,393万6,000円、それから行政評価の講師謝礼金、報償金ですけども、39万9,000円、それから消耗品が5万3,000円、合計3,438万8,000円でございました。



◆委員(林光子君) 今の内訳を聞いていますと、アルバイト代3,830万円ついていますけれども、この部でできているアルバイトの人件費の内容と、ほか、現課でも各いろいろとアルバイトの予算ついていますね。この違いというのはどんなふうに解釈すればいいんでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 事業によっては、直接費目についておる部分がございます。これについては、特定財源の確保の関係もございますし、当然ここで総括してのアルバイト賃金の意味が少し違っておって、それぞれの費目に予算化している分もございます。ここに一括して上げておりますアルバイト賃金につきましては、基本的には行財政の改善という意味合いで予算化を一括してここに組ませていただいているものでございまして、人件費の削減を目的として、通常、正職員で対応する事務についてもアルバイト対応をして、経費の節減を図っていくという目的でこちらの方に組ませていただいているところでございます。



◆委員(林光子君) 今のご答弁を伺っていますと、経費節減の意味も踏まえて、正職のかわりになる分としてアルバイトの登用もあるから、アルバイトの費用を組んでいると。そして、ほかの課にも回さないといけない分もあるとおっしゃったんですけど、大体、行財政改善という言葉の事業に当たっては、こういう予備軍的な予算を計上しておくというのは、逆行した考えになっていないでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) ちょっと誤解があるかもわかりませんですけれども、例えば職員が超過勤務で事務を処理するという場合については、平均1時間当たり3,000幾らぐらいになると思うわけですけれども、これが3時間でありますとアルバイト1日分の単価よりも高くなる。そういったことを経費の節減も考えて、そういう意味合いでこちらの方に一括してやらせていただいたところでございます。

 また、ほとんど1年、経常的な事務でも配置をせざるを得ないところもございますんですけども、それを当然仕事の量としては波がございます。そういったことで1年間じゃなしに数カ月それぞれの所管で辛抱していただいて、要はアルバイト賃金を削らせていただいたりということもここではやらせていただいたところでございます。



◆委員(林光子君) 何か削らせていただいているというようなご答弁いただきながら、超勤のためにそういうのをプールしているというような感覚にもとらわれて、何か納得できないんですけどね、この予算計上は。いかがでしょうか。私だけがおかしいのか、ちょっとあれなんですけれども、これはプールしているお金としか考えられないんです。何かもっとこれを金額を少なくするとか考えていかれないと、ちょっと納得できないんですけどね、この金額。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 安易にここへ組ませていただいたものを自由に使うという、そういうスタンスでは執行はさせていただいておりませんのですけども、当初の意味合いからしますと、現課につけるべきアルバイト賃金も幾分かここへ入ってきているのは事実でございます。ただ、それぞれ予算化することによって、予算は当然予算化されたら執行できるもんやという形に思われると、それはやっぱり効率のよい予算執行にならないという意味合いもございますので、こういった格好で一元管理ができるような格好で、こちらの方に予算を一括して計上させていただいたところでございます。その意味合いも十分わかっていただきたいというふうに考えているところです。



◆委員(林光子君) 今のご答弁を参考にしまして、この1年間どういうふうにお使いになるか、経過を見守りたいと思います。

 そこで、先ほど質問しておりました、改善事業の中での検討委員会組織をつくられるということなんですけれども、私どもの左近議員が、彼が1期目のときに、この行財政検討委員会の設立を会派代表として申し上げまして、前市長が委員会を立ち上げていただきました。しかし、それはいつの間にか消えてしまったというんでしょうか、なくなってしまっていまして、議会の対面を守っただけの委員会ではなかったかなと考えられるんですけれども、その当時の委員長は、お名前は申し上げませんが、議員は余り発言しないようにというようなことを申されたと聞いております。そこで、そのときの委員の選出も、市長の知人とか職員で選任がなされた。職員が知っている人を頼みに行ったというようなことを聞いているんですけど、今回の検討委員会の組織は、どのような形で委員の選出をされようと思っているんでしょうか。



◎市長公室総括理事(山本文博君) 正直申しまして、今時点、具体的な案がございません。これから検討させていただくというところでございますけれども、昨今の状況からしますと、公募という方式も検討する必要があるんではないかなというふうに考えておりまして、人選方法、また、運営方法について、十分検討させていただいて、進めてまいりたいというふうに考えております。



◆委員(林光子君) 今答弁ありましたように、私どももぜひとも公募による一般市民を巻き込んだ検討組織の委員会にしていただきたいことをお願いしておきます。

 また、絵にかいたもちにならないように努力していただきたいと思いますので、要望といたします。この件に関しては結構です。

 もう1点、質問させていただきます。

 95ページの報償費の226万4,000円の内訳の内容を聞かせてほしいんですが。



◎人権政策課長(中山昇君) お答えいたします。

 ご質問の人権擁護費の報償費でございますが、男女共同参画に係る部分の報償金が88万円、それからNPO、ボランティアに係る部分の報償金が34万円、それから人権行事の啓発に係る部分の報償金が31万円、憲法人権の事業に係ります報償金が49万4,000円、それから、平和関係の報償金としまして14万円、以上合計いたしまして205万4,000円となっております。



◆委員(林光子君) では、NPOといいますか、(仮称)市民活動推進懇話会設置というのは34万円が計上されているというふうな解釈でいいんでしょうか。



◎人権政策課長(中山昇君) その中で今ご指摘の部分につきましては、委員報酬ということで32万円の計上をさせていただいております。



◆委員(林光子君) もちろん今議会が終わらないと、この委員会の設立もできないと思うんですけど、現在どのような作業を進められていく段階なのかお知らせください。



◎人権政策課長(中山昇君) お答えいたします。

 現在の作業状況ということでございますが、この(仮称)市民活動推進懇談会の設置につきましては、予算的に16年度予算ということでついたものでございますので、まだ今の段階で詳しくはお答えできないですが、現在、課の方で考えております部分につきましては、先ほどのNPOの係の部分でもありましたように、市民公募とか学識経験者、それから市議会議員さん、それからNPOの活動をしていただいています代表の方等の委員で構成を考えております。



◆委員(林光子君) 私、12月議会につきまして、このNPOに対する専門職員をつけてほしいということをお願いしておいたんですけど、担当助役というんですか、助役としてはどのように今回のを考えておられるか、ちょっとお聞かせ願いたいんですが。



◎助役(花岡義弘君) 今、NPOのご質問でございます。今後の市の行政をする中におきましては、市民の活動団体、その一番の最たるものがNPOかなと思うんですが、それにつきましても活動していただくにつきましては、その基盤を先につくらなければなりません。よそさんのを見ましても、それに係る名称はいろいろございますが、NPOの条例というようなものもあるところもございますので、まず受け皿をつくらなければならないというふうに考えております。

 それと、ご質問の人の配置というふうなことにつきましても、可能な範囲で考えていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆委員(林光子君) 可能な範囲とおっしゃるのは、4月からそういうらしき方をまだ設置できる状況じゃないというふうに解釈したらいいんでしょうか。



◎助役(花岡義弘君) まだ不確定要素もたくさんございますので、確たるご答弁をさせていただくのはちょっとしんどいところもあるんですが、NPOの対応をするための、先ほども申しました条例等も設定もしなければいけませんので、それらに向かった、少なくとも取り組みをしていきたいというふうに考えております。



◆委員(林光子君) このNPOに関しましても、私自身、これ平成9年6月の初めての質問から、この6月を踏まえますと7年かかっているわけなんですよ。今回、多田市長が誕生されて、NPOのということで、社会情勢というのか時代背景がマッチしたから、この懇話会設置にこぎつけたかなと思うんですが、本当に難しくて大変なNPOというようなものですから、専門職はやはりやってみようかなというような希望職員の声はなかなか聞けないと思うんですけれども、もう箕面市なんかは11年度に条例化をしているわけなんですよね。ですから、これはもうやはり、立ち上げた時点から私はつくっていただきたいということで、要望しておきたいと思っております。

 最初から専門家といいましても、今まで専門家がなかったからこの7年かかったと私は思っていますので、関心のある職員さんを引っ張っていただきたい。それが今回の私の要望ですので、よろしくお願いいたします。

 もう1点は、先進地、特に大阪府下でしたら箕面市を参考にされて、来年からの計画もそれに踏まえていっていただけたらいいと思いますので、よろしくお願いをしておきます。

 以上で質問を終わります。



○委員長(奥田良久君) ほかに、この款で。



◆委員(山本剛史君) 102ページの22目すばるホール事業費の19節負担金、補助及び交付金の中のすばるホール管理運営補助金7,563万5,000円の内容を教えてください。1年生でございますので、ちょっと詳しく教えていただけたらありがたいです。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 すばるホール管理運営補助金につきましては、すばるホール職員の人件費でございます。



◆委員(山本剛史君) ありがとうございます。

 それと、あと管理運営委託料、こちらの方もちょっと教えていただけますでしょうか。13委託の方ですね。委託料。



◎総務課長(北野幸雄君) 施設管理委託料につきましては、すばるホールの各種施設管理の委託料でございます。



◆委員(山本剛史君) ありがとうございます。

 そうしたら、その施設の管理のためのお金ということですね。1億4,257万3,000円というすごいお金なんですけれども、これ、これだけかかるんでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) はい、内容について若干ご説明を申し上げます。

 すばるホールの施設管理委託料の中には、施設全般の光熱水費。光熱水費につきましては、全体を申し上げますと4,254万9,000円になります。それ以外に、先ほど申し上げました施設の空調保守・点検、舞台装置の保守・点検、それと施設の清掃、警備等々の保守費用が委託料として1億72万5,000円でございます。

 以上でございます。



◆委員(山本剛史君) ちょっと質問なんですけども、いろいろ市民の方から、すばるホールは毎年1億ほどの赤字があるということで、よく僕らは言われるんですけれども、その辺についてちょっと経営の方についてわかる範囲で結構ですけれども、答えていただけたら。管理も含めてですね。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 文化振興事業団の中では、先ほど委員のご質問にございます、すばるホール初め市民会館、スポーツ公園、公会堂等々がございますわけですけれども、確かにご指摘をいただいておりますように、全体の事業費から収入を差し引きますと、相当な経費を要しておることは事実でございます。

 そんな中にありまして、できるだけ歳出経費、先ほど申し上げました光熱費、各種委託料、こういった経費及び職員の人件費、これにつきましても極力節減をしながら、一方では事業収入、使用料収入、こういったところの収入の増につながるようにということで取り組みをしているところでございまして、ここ二、三年の中におきましても、経費的にはできるだけ市からの持ち出し部分という分については極力節減できるようにという努力を行っておるところです。

 以上でございます。



◆委員(山本剛史君) できましたら、過去3年間ぐらいの持ち出しの金額等が減少傾向にあるのかどうかだけでも結構ですので、お答えいただけますでしょうか。市からの持ち出しですね。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 今手元にあります資料で申し上げますと、12年度で収入及び市からの施設の支出金を除きますと、12年度で約5億、13年度で4億8,000万、14年度で4億4,000万という現状でございます。

 以上です。



◆委員(山本剛史君) ありがとうございます。

 毎年2,000万、4,000万と減ってきておるんですけれども、やっぱりこうやって見ていますと、すごい相当的な金額でございますので、来年度からまた利用料金制度を導入されて、管理運営を今さっき言われましたように富田林事業団の方に委託されるとのことですけれども、やっぱりその中でいろいろ工夫をもって、できるだけやっぱり市からの持ち出しを少なくする方向で具体策が何かあれば、今お持ちの具体策があれば、ちょっとお教えいただきたいんですけれども。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 先ほど文化振興事業団全体の収支のこの二、三年の状況を報告させていただいたわけですけれども、16年度から利用料金制を導入します関係からも、今まで以上に各施設の使用料収入、また、事業を実施しました折の事業収入、こういったところの収入増を極力高めていく。

 一方では、先ほど申し上げました施設管理委託、また、運営補助としましての人件費、この辺の歳出面のより精査をするとともに、全体の収支バランスというものを考えていく。その一つとして、いろんな事業を取り組みますことに対するご利用いただく市民の皆さん方へのPR、こういったところについてもより市民にご利用いただきやすい施設というような方向で取り組んでいきたいというふうに考えます。

 以上でございます。



◆委員(山本剛史君) ありがとうございました。

 最後ですけれども、市民のやっぱり血税で補助金を出されているわけですから、そのことも踏まえまして、今後も創意工夫をもって管理運営に努めていただきたいなと思いますので、その辺要望しておきます。

 以上です。ありがとうございました。



◆委員(尾崎哲哉君) 83ページ、13委託料の中で、携帯電話行政情報作成委託料について教えてください。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 携帯電話行政情報作成委託料でございますけれども、携帯電話から災害時における緊急情報とか、公共施設案内、また、各種イベント情報など、自治体の行政情報をいつでもどこでも、また、外出先からでも見ることができるシステムを立ち上げていきたいというふうに考えております。

 携帯電話のiモード、それから、EZウェブ、ボーダフォン、それから、固定電話のLモードからアドレスの入力を必要としない、いわゆる公式サイトと言われておりますけれども、そういうメニューリストから簡単にアクセスできると。24時間全国どこからでも行政情報を簡単に得ることができるということで、こういうのに今取り組んでいきたいということで考えております。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 いろいろ考えていただいているみたいですけれども、今私もちょっとその内容についてのご提案なんですけれども、例えば今、個人病院なんかでしたらよく待ち時間とか携帯からのサイトで予約できるとか、そういうようなシステムもやっているところがあるとか聞くんですけれども、富田林病院の方でも待ち時間がかなり長いとかそういうようなことも聞きますので、携帯からそういう富田林病院の待ち時間を見られたり、また場合によっては予約できたりとか、あと私が思うには、各学校別のリンク先というか情報なんかも見られるようなシステム、例えば学校から保護者への案内事項であったりとか、逆の場合であったりとか、そういうようなシステムとか。あとは、気象条件によって学校が休校とかになるときがあると思うんですけれども、そういう案内とかもこういうのに入れたらいいと思うんですけれども。それとほか、公共施設の案内と言っていただきましたけれども、公共施設の空き状況であるとか、予約受け付けとか、そういうようなものを含めてどうかなとか思うんですけども、どうですか。



◎自治推進課長(武本有世君) ただいま委員ご指摘の内容も踏まえまして、何分初めての取り組みでございますので、そういうことを踏まえまして、4月に入りましたら新機構が発足するわけでございますけれども、その辺をまたいろんな各関係課とも調整いたしまして、それを踏まえまして取り組んでいきたいというふうに考えております。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 すみません、それと、これはいつごろ開設予定をお考えですか。



◎自治推進課長(武本有世君) 今申し上げましたように、新機構ができて4月から発足しまして、その中でいろいろ関係課とも相談しながらということで、できるだけ早く実施したいと思っておりますけれども、めどといたしましては6月か7月ごろくらいまでにはと考えております。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 僕はもっと遅くなると思っていたんですけれども、それぐらいの早い時間でやっていただけたら、非常に便利になると思います。

 それと、もう一つだけこれは要望なんですけれども、議会の方でもほかの議員言うてましたけれども、今、子供たちを取り巻く環境というのが非常に厳しいもので、登下校中の暴漢とかに襲われたりとか、そういうことが結構連日のようにニュースに出ています。門真市とか和泉市なんかでも、携帯メールを活用した防犯システム、こっちから、行政から情報を流すばっかりじゃなしに、市民の方から何か不審者が出たらそういうメールを送る。それで、行政が判断して登録している会員の方に流すとか、これもぜひ御検討いただきたいなというふうに思っておりますので、その点もお考えください。お願いします。

 それと次に、101ページです。

 これの13委託料、放置自転車等防止及び保管所管理委託料、これの内容について教えてください。



◎総務部理事(稲田照雄君) これの内容でございますけれども、各富田林の駅、近鉄、南海の各駅の周辺に自転車あるいはミニバイクが置かれますので、その分の撤去費用ということでございます。それともう一つは、その撤去した自転車を保管しておくと。取りに来られるまで保管しておくと。その事業の委託料でございます。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 じゃまになるからどけるということなんですけれども、これをするに当たっては保管する場所というのが重要になってくると思うんですけれども、金剛駅の今回利用料金が有料化になりましたけれども、金剛駅の駐輪場の利用状況とか、ちょっと教えてください。



◎総務部理事(稲田照雄君) 金剛駅は今まで無料で置いていたんですけれども、昨年の10月から有料化いたしました。それで、富田林側の有料駐輪場につきましては、ほぼ満タン状態でございます。



◆委員(尾崎哲哉君) 満タン状態で要望とかは出ていないでしょうか。



◎総務部理事(稲田照雄君) 金剛駅前の駐輪場の有料化に伴いまして、ミニバイク等の利用者から、富田林側に駐車場の確保の要望は出ております。市といたしましては、以前より大阪狭山市と協議し、駐車場の確保に努めております。



◆委員(尾崎哲哉君) ミニバイクとかはちょっと足りないというふうに要望出ているというふうに今おっしゃられて、私も実際にそういう要望を聞いています。今後、富田林側で増設される予定とか、そういうのはありますか。



◎総務部理事(稲田照雄君) 富田林側でということで、大阪狭山市さんからも申し出があるんですけれども、地元あるいは地権者と協議しているんですけれども、なかなか同意が得られないということで、今苦慮しているところでございます。



◆委員(尾崎哲哉君) はい、わかりました。

 あと大阪狭山市なんですけれども、狭山市の方での利用状況、空き状況とか、そういったのはご存じですか。



◎総務部理事(稲田照雄君) 大阪狭山市の方ですけれども、東側の駐輪場につきましては、すべて100%満タンということで、西側につきましては、バイク置き場はすべて満タンと。自転車駐輪場につきましては、少し空いているという状況でございます。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 今後狭山市の方でもまだ駐輪場、バイクをとめるところとかそういうのも増設されるというふうにも聞いておりますので、これはちょっと要望なんですけれども、金剛駅の開発されました、富田林側ではなしに狭山市側も開発されましたけれども、その辺、大阪狭山市と富田林で共同して何か駅前開発されるような、そういうもっと広域的な目でこれからちょっとお考えいただきたいなというふうに思います。これは何も駐輪場だけの問題じゃなしに、何か駅前保育所なんかもできたらいいなというふうに思ったりも個人的にはしているんですけれども、そういうちょっと広域的な面で一回ちょっとこれから検討いただけたらなというふうに思っております。

 あと、南海の金剛駅の利用の方がとめられる分ですから、南海電鉄の方にもちょっと要望していただくなり、そういうようなこともお考えいただきたいなというふうに思っています。この点は以上です。

 続いて、79ページ、13委託料の職員研修委託料について教えてください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 12委託料の13節委託料の職員研修委託料の内訳でございますが、政策法務研修、政策形成能力開発研修、ファシリテーター養成研修、また、行政課題研修、接遇マナー研修、コミュニケーション研修、それに加えまして、人事評価制度の研修等の費用として315万円計上させていただいております。



◆委員(尾崎哲哉君) 今説明いただいた中の人事評価制度ですか、システム、それについてちょっと詳しく教えてください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 人事評価制度でございますけれども、地方分権が進展する中、自治体運営におきましてもますます独自の政策が求められるようになっております。自治体としては、民間企業同様に、いかに住民の方に満足をいただけるかが重要な課題となっております。このことは、自治体に大きな改革を求められるとともに、その改革を推進する人の管理、すなわち人事制度全般に大きな影響を与えております。現在の私たちを取り巻く環境の変化の勢いはすさまじく、常にこれに対応していかなければなりません。人事制度も同様に、従来の価値基準で運用されていたものが現実に機能しないということもまま見受けられる状態でございます。特に、職員の価値観の変化、仕事、組織に対する考え方の変化、高齢化の進展、また、能力重視の徹底、成果主義の浸透など、課題は山積をされております。そのような課題の解決を図り、いかに優秀な人材を確保し育成していくかが、これからの人事制度に求められております。そのような人事制度のシステムの確立に向けて、職員全般にわたる研修等に要する費用でございます。



◆委員(尾崎哲哉君) はい、ありがとうございます。

 今ご答弁いただいた中で、能力重視というようなこともご答弁いただきましたけれども、施政方針の中でも、新しいことに勇気を持って挑戦できる体制づくりとか、努力した者が評価されるシステムづくり、こういうことと理解してよろしいんですかね、その人事評価システムというのは。努力した者が評価されるシステムというふうに理解して。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 評価するのも人でありまして、評価されるのも人でございますので、かなり難しい面もありますので、いわゆる人事システムの制度検討委員会の中で十分検討し、その辺のことも含めさせてもらって十分検討させていただきたいと思っております。



◆委員(尾崎哲哉君) それでは、まだこれから検討段階ということですけれども、その評価の仕方、本当に先ほど言われたように、人の評価というのは物すごく難しいと思うんですけれども、評価の仕方とか何か考えられていることありますか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 今それらも含めましていろいろ職員の多くの声も聞きながら考えていこうということで、現在のところ、まだ今のところ漠然としたようなもので申しわけないですが、そのようなものです。



◆委員(尾崎哲哉君) はい、わかりました。

 今これ、国の方でも公務員制度改革の中で、2001年12月に公務員制度改革大綱というのが閣議決定されております。これはご存じだと思いますけれども、能力や職責、業績を反映した新給与制度の確立とか、能力評価、業績評価からなる新評価制度の導入というのがうたわれておりまして、今の国会で提出されようかというような、ちょっと今ややこしい段階だと思うんですけれども、法制化に向けて国の方もそういう動きが出てきています。これについてはちょっとどうお考えですか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 今、国の方でそういう公務員の制度の改革をやっておられますけれども、その柱であります能力等級制、いわゆる課長級以下の職員を11等級に格付をし、昇進などの基準にする仕組みでございますが、その導入を図ろうとされておりましたんですけれども、最近ある党の方から、非常に評価が難しい、評価すること、されることが非常に難しいということで、実績を重視した評価に変えていこうというような新聞報道もされておりますので、それらの国の国家公務員制度の改革を見ながら、本市の人事制度の方も研究してまいりたいと考えております。



◆委員(尾崎哲哉君) ちょっと私が理解している内容と違う点があるんですけれども、私がこれ今新聞で読んでいるところによりますと、能力等級を簡素化し、わかりやすく使いやすい制度にというような案が自民党の方から出ていまして、今までの11等級あったのを5つか6つか7つぐらいか、そのくらいにもうちょっと大きく分けると。今までよりも簡素化して能力等級という案が出ているというふうに聞いておるんですけれども、どうですか。



◎市長公室長(竹綱啓一君) お答え申し上げます。

 今、尾崎委員さんの方から、いわゆる今まである能力等級、この部分をもっと簡素化してやっていくことがいいんじゃないかというような形で国の方も流れているということでございますけれども、確かにそういうような意見もあるわけですけれども、一方では、今、次長が申し上げましたように、それにかわるものとして実績評価主義ですか、そういうところに力点を置いてやっていくべきじゃないかというような意見も国の方では出ているようでございます。いずれにいたしましても、そういうようないろんな方式をよく検討しながら、国の方でも新たな方策を模索していくと、そういうようなことになっていると聞いております。



○委員長(奥田良久君) 約1時間経過をしましたので、暫時休憩します。

    (午後1時58分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後2時10分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、会議を再開いたします。



◆委員(尾崎哲哉君) 先ほどの施政方針の中で、人事制度検討委員会ということを設置するというのが載っているんですけれども、これについてちょっと詳しく説明してください。



◎市長公室長(竹綱啓一君) 施政方針の中でも人事整備の検討委員会を早急に立ち上げていくというような形でお示しをさせていただいておるところでございます。具体的な検討項目については、検討委員会が立ち上がった中で協議をしていくことになろうかと思いますけれども、本市の人事制度のいわゆる問題点、今までの問題点をまず洗い出しをするということの中で、いわゆる人事制度の理念とか、あるいは人材の確保、あるいは職員の能力開発と、そして人材の育成と、それと最後に、先ほど委員さんがおっしゃられましたように人事評価、そういうものを含めて、今後検討していくことになろうかと思っております。



◆委員(尾崎哲哉君) ありがとうございます。

 そうしたらちょっと最後、要望だけさせていただきたいんですけれども、今そういう国とか地方とかでもそういう人事評価システムを採用しているところもあります。市長の施政方針の中でも、こうやって、努力した者が評価されるシステムづくりというふうにも書いていただいておりますので、そういう頑張った者がやっぱり評価されるという評価システム、これを私も希望します。

 それに当たっては、一番問題なのは評価するのが問題、かなり難しいと思いますので、これはだれが見ても公平な評価システムというのをお願いしたいなと。個人的には身内だけの評価ではなく、外部からもそういうコンサルタントなどを入れて評価していただくと、そういうようなシステムの構築を早急に要望します。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) 77ページの報償費の顧問弁護士報償金です。126万円ですが、顧問弁護士とはどのような契約になっているのでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 顧問弁護士報償金でございますけれども、現在は顧問弁護士事務所1社と契約をしております。これは、庁内におきますいろんな行政問題等々の弁護士のご意見をいただくということで、1年間の委託契約をしております。16年度については、現在1カ所の法律事務所を2カ所ということで計画をしております。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) では2カ所ということで、ふえた金額がこれですか。



◎総務課長(北野幸雄君) はい、そうでございます。



◆委員(吉年千寿子君) では、個々の裁判があったような場合はどういうふうになるのでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) 裁判になるような係争事になりました場合は、その場合、弁護士報償費というのは別途支給をさせていただくということになります。



◆委員(吉年千寿子君) その別途の費用はどういうふうに出されますか。



◎総務課長(北野幸雄君) 大阪弁護士会の弁護士報酬の計算根拠がございますので、それに基づきまして、その裁判に応じて支出をさせていただくということでございます。



◆委員(吉年千寿子君) その裁判に応じてというのは、裁判が勝った場合、負けた場合、それから、その裁判で請求されている金額、そういうものを参考にされるわけですよね。その基準といいますか、大体のところでいいですからそれを教えてください。



○委員長(奥田良久君) 吉年委員の質問はどこに行き着く先があるの。もうちょっと展開したってくれへん。答弁を考える上で。今、弁護士の規定によるいうて、さきに答弁しておるから、もうちょっと説明したってよ。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたらもう少し具体的にいきますが、市が何かで訴えられた場合に、1年契約とかということで弁護士の費用が払われるのか、勝った時点、負けた時点で幾らというふうに算定されるのか、まず、それをお聞きしたいと思います。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 弁護士費用の報償費としましては、裁判になりました場合は、当初に着手金ということでお支払いするケースもございます。それと、最終的に裁判が結審しました段階で報償金ということでお支払いをさせていただきますけれども、金額的には個々のケースによって若干異なろうかと思います。今、手元に詳細な資料を持ち合わせておりませんので、よろしくお願いします。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、昨年度結果が出ている分でいいですから、これだけの費用がかかったという具体的な数字を教えてください。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 昨年に終わりました裁判の費用につきましては、135万円でございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 79ページの2節人事管理費の中の委託料、セクシャルハラスメント及びメンタルヘルス相談業務委託料ですが、これの内容と委託先を教えてください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 セクシャルハラスメント委託料ですが、現在、月に1回金曜日、すばるホールの施設をお借りいたしまして、相談を受けております。事前にこちらの役所を通すのではなくて、相談をされる方が直接に先生と連絡をとってお時間を設定していただきまして、大体、月に2人程度の予約を受けて、そういうような相談業務をしていただいております。ちょっと委託先については、今手元に持っていないんで、また後ほど報告させていただきます。

 すみません、ありました、ごめんなさい。フェミニストカウンセリング堺、代表者、田中かほるさんという方でございます。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 引き続きまして、説明資料の25ページに広報事務として2,613万4,000円と載っているんですが、これに広報として関係のありそうなところをこの予算書で見ましたら、77ページの広報折り込み配布委託料とか、それから、83ページに声の広報編集委託料、それから、広報配送委託料、広報配布委託料、ホームページ保守更新等委託料、携帯電話行政情報作成委託料、これぐらいが広報に関係あるものかなと思ったんですけれども、これ以外に何が含まれますか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 法律相談委託料と庁内案内業務委託料を除く、後は全部でございます。



◆委員(吉年千寿子君) この中には印刷費が入っていないと思うんですが、印刷費はどこにありますか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 広報の印刷製本費は、11節の需用費の中に入っております。1,682万6,000円でございます。



◆委員(吉年千寿子君) これがすべて広報の印刷費と考えたらいいんでしょうか。



◎自治推進課長(武本有世君) はい、そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 施政方針の方にも平成16年度に町の話題のページのカラー化を図るとありましたけれども、これのために幾らの増額になりますか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 平成15年度と本年度と比較させていただきますと、平成15年度は予算上の単価が1部26円でございます。平成16年度の予算上の単価につきましては、1部27円30銭でございますので、予算上の単価としましては1部1円30銭のアップということになります。



◆委員(吉年千寿子君) 1部当たりはわかりましたが、全体で幾らの増額になりますか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 平成15年度と16年度の全体で比較いたしますと、77万6,412円のアップになります。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 これは、ただカラー化によってこれだけ高くついたというふうに考えたらいいですね。



◎自治推進課長(武本有世君) はい、お答えいたします。

 そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) カラー化することの理由として、紙面のイメージを新しくするというふうに書いていらっしゃいますけれども、確かにカラー写真が多くなることによって見栄えもよくなりますけれども、実際にページをカラー化するということは本当に高くつくというのはもう実感して感じております。

 このことによって実際の内容が変わるわけではないということですよね。まずは、それ以前に、だれにでも読みやすくする工夫の方が大切ではないか。1ページだけまずはカラー化するということは、これぐらいは許せる範囲かなとは私も思うんですけれども、この次の段階として、もし読みやすいということを考えていただくならば、次々とカラー化するというようなことではなしに、例えば熟年層の方に読みやすいような、もっと活字を大きくするとか、それから、これは広報を見ておりましても非常にまず字が小さいということで、漢字が多いということ。なかなかぱっと読みやすいというわけには、まだまだそこの工夫が足りないんじゃないかと思うんですね。小学生の方だとか、それから在日外国人の方たちにも読んでいただけるような工夫ということであれば、もっと字を大きくすることもですし、漢字を少なくする、そして、易しい日本語にする。漢字にはルビを打つ。そういうような工夫をして、これから少しでも多くの市民に親しんでもらえるような内容を提供することが、第一に編集するときに考えていただきたいと思いますけれども、こういうような点についていかがでしょうか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 ただいま委員ご指摘の点につきましては、私どもが課の中でもいろいろと議論しているところでございますので、貴重なご意見を参考にさせていただきまして、とりあえずはカラー化からさせていただくと。また、後々、今ご指摘の部分も含めまして、さらに研究をしていきたいというふうに思いますのでよろしくお願いいたします。



◆委員(吉年千寿子君) それでは、その点よろしくお願いいたします。

 それとあと、ホームページのメンテナンスですけれども、これをどのようにしていらっしゃるんでしょうか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 ホームページは、委員もご承知のように、平成13年度に全面的なリニューアルを図ったところでございまして、今度また4月から新機構も発足いたしますので、またさらにその後の状況を見ながら、また近い将来リニューアルも必要かなということは認識をしております。



◆委員(吉年千寿子君) リニューアルもですけれども、ホームページで一番大切なのは、できるだけ早く更新して、一番最新の情報を提供するということだと思うんですが、その点についてどのような方法をとっていらっしゃいますか。



◎自治推進課長(武本有世君) いろいろと考えられると思うんですが、やはり今、我々が話しておりますが、各課のページの充実をまず図っていきたいというふうに考えております。



◆委員(吉年千寿子君) 一番聞きたいのは、それぞれの課での更新をそれぞれの課で随時やっているのかどうかということです。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 例えば各課のページなどにつきましては、それぞれの部署各課で更新をしていただいておるところでございます。



◆委員(吉年千寿子君) それぞれの課でしてあって、よそに委託というわけではないんですか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えいたします。

 ホームページの更新作業を月1回ということで委託しております。これにつきましては、トップページを初めとしまして、富田林の人口、先ほど申し上げました各課のページ、例規集、広報とんだばやし、これらのページとの間にリンク関係にあるページ、その他必要なページ等を業者委託しておるところでございます。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、1カ月間のそれぞれの各課の更新情報を集めて、1カ月分まとめて委託して更新しているというふうに理解したらいいですか。



◎自治推進課長(武本有世君) お答えします。

 基本的にはそういうことで業者に委託しておるところでございますが、緊急情報、鳥インフルエンザとかSARSとか、そういうような分につきましては、各課の方で随時その都度対応していただいておるところでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 緊急の場合は、各課からそういう要望があればすぐに更新できるということですね。



◎自治推進課長(武本有世君) そういうことでございます。



◆委員(吉年千寿子君) では、できるだけその更新に努めていただいて、最新の情報を提供していただけますようにお願いします。

 引き続きまして、91ページです。

 11の市史編集費の嘱託員賃金686万2,000円ですが、これが何名分でどのような仕事の内容になっているでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 嘱託職員2名分の賃金でございます。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたら、今後この市史の編集はどのように引き継いでいくのでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 現在、第3巻の市史発刊に向けて最終段階に入っているんですけれども、この発刊が終わりますと、これまでに市内の各所蔵家の皆さん方等々からお預かりをしております多数の歴史的な資料がございます。これを順次整理をしまして、それぞれのお借りをした所蔵家の方に返却をさせていただく。その辺の業務が今後1年間の予定をしておるところでございます。

 以上です。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。ありがとうございます。

 引き続きまして、93ページの13の自治振興費の中の委託料、自然環境保全調査委託料21万円の内訳ですが、どのような調査に使われておりますか。



◎総務部理事(稲田照雄君) この委託料につきましては、富田林の自然を守る市民運動協議会に委託いたしまして、主に彼方、奥の谷の部分、あるいは嶽山周辺の調査を行っております。



◆委員(吉年千寿子君) この調査というのは、その方たちの人件費とか交通費とか、そういうようなものと考えていいんですか。



◎総務部理事(稲田照雄君) そうですね、もろもろの入った部分でございます。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたら科学的な検査とか、そういうものはどこかにあるんですか。ここには含まれておりませんね。



◎総務部理事(稲田照雄君) この委託につきましては、科学的な部分は含まれておりません。だから、別にも計上しておりませんので、自然の部分だけでございます。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。そういうところもほかに項目はないということですか。はい、わかりました。

 引き続きまして、97ページ、14の人権擁護費の中の補助金、国際交流協会運営費補助金450万円についてお聞きします。

 まず、この中に人件費として何名分が含まれていますか。



◎人権政策課長(中山昇君) お答えいたします。

 国際交流協会の人件費ですが、1名分でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 今1名分とおっしゃいましたけれども、国際交流協会は2年たちますが、ずっと事務長とアルバイトと2名で運営されていると思うんですけれども、この1名分でそうしたら2名を賄っているというふうに解釈したらいいんでしょうか。



◎人権政策課長(中山昇君) そういうことになろうかと思います。



◆委員(吉年千寿子君) 国際交流協会が始まって、いかにこの方面での活動が非常に充実したかということは、いろんなところを見て実感としても感じているんですね。2名でも余りに少ないではないかと思うんですけれども、人件費として1名分。この450万円の中にすべて事業費も含まれるんでしょうか。



◎人権政策課長(中山昇君) 補助金の中には、そういった部分も含んでということで出させていただいております。



◆委員(吉年千寿子君) 例えば15年度において、在日外国人向けの防災マップづくりとか、10月の富田林広報の表紙のこういうふうに掲載されたような在住外国人とともに参加する防災訓練というような活動、広くやっていらっしゃるわけですよね。こんなような費用は一体どこから出ているんでしょうか。



◎人権政策課長(中山昇君) お答えいたします。

 そういったふうな費用は、別途、国際の関係の組織がありますので、そちらの方の補助金で賄っております。



◆委員(吉年千寿子君) その補助金というのは、市が窓口になるんですか。



◎人権政策課長(中山昇君) 一応、補助金の受け入れ窓口として、市の方が窓口になっております。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたら、この防災マップなんかの関連は、すべてそちらの方の補助金で賄われたと解釈していいですか。



◎人権政策課長(中山昇君) 一応、補助金は15年度200万円の補助金をいただきましたけれども、中の運営につきましては、200万円を少しオーバーしているかもわかりませんが、そのオーバー分は交流協会の方で工面していただいたと考えております。



◆委員(吉年千寿子君) この2年間の実績を見ただけでも、実際事務局長1人とアルバイト1人であったとしても、この事務量、それから、いろんな事業の内容からして、余りに無理がある。かなり無理をしているんではないかと思えるんですよね。この人的な支援体制の拡充は、これから図れないのか、また、補助金の増額ができないのか、そういうことについてはいかがですか。



◎人権政策課長(中山昇君) 補助金の増額でございますが、担当としましては、設立当初から補助金につきましては、一応人件費2名分つけていただきたいということで要望はさせていただいているんですが、なかなかこういう財政事情がありますのでつきにくいというふうに考えております。

 それから、人的な補助ですが、交流協会のいろんな事業をやっていただいている中で、できるだけ人権政策課の職員が手助けできる部分につきましては出させていただいているつもりでございますが。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。

 今後ますますこういう国際交流とか、多文化共生に国際交流協会のような団体が果たす役割は非常に重要なものになってくると思います。国際交流協会がこの2年間の活動実績を踏まえて、今後より広く活動できるように、ぜひ補助金の増額を初め、ほかの面でも全市的にできる限りの協力をしていただけますようにお願いいたします。

 ここは以上です。



◆委員(高山裕次君) まず、86ページ、8目の財産管理費、これの関連なんですけれども、もう一つの予算附属説明書28ページで、公共用地維持管理事務、予算費目では目8財産管理費となっていますけれども、ここで事業説明のところで久野喜台一丁目の先行取得した土地の維持管理として除草業務を行う等云々と書いてあるわけですけれども、ここでまた87ページに戻っていただきまして、財産管理費に計上されている土地の管理経費の金額、また、その内容の説明についてお伺いいたします。



◎管財課長(仲野博君) ただいまの87ページの委託料の中に5,972万1,000円施設管理等委託料がございますが、その中に当該用地の除草業務経費といたしまして、この用地につきましては開発公社が保有いたしておりますが、その除草業務として6万2,000円を計上させていただいております。



◆委員(高山裕次君) 今説明いただきました土地開発公社保有の久野喜台のような未利用地または遊休地ですけれども、市公社が保有している用地の状況をお示しください。



◎管財課長(仲野博君) 14年度末の状況で申し上げますと、市有地では3カ所でございまして776平米、それから、開発公社の保有地では8カ所で約9,000平米となっております。



◆委員(高山裕次君) では、その現在の管理状況はどうなっておりますか。



◎管財課長(仲野博君) 市有地3カ所のうち、活用というんですか、何らかに利用しております土地が2カ所ございまして、例えば大阪府で貸し出しをしておるとか、あるいは府道沿いの花壇等に活用されております。全く利用していない土地1カ所で221平米ございます。これが市有地でございまして、開発公社の保有地におきましては、8カ所のうち、先行取得目的外ではございますが活用しております用地、例えば富田林駅北の自転車駐輪場など5カ所で4,400平米、それと、全く利用していないという用地につきましては、先ほどの久野喜台用地を初め3カ所で約4,600平米でございます。



◆委員(高山裕次君) 実際にこういう形で活用をしているところが大体半分ぐらいあるように見受けられるんですけれども、財政状況の厳しい中で、未利用地また遊休地財産の活用は、今後どのように考えていくか。また、例えば駐車場とか、先ほども駐輪場ありましたけれど、駐車場とか、また、市民農園などに活用する方法もいろいろあると思うんですけれども、その辺についてどう思いますか。



◎管財課長(仲野博君) 未利用地の活用につきましては、ただいまご指摘いただきましたように、例えば現在の車社会において駐車場として活用するなど、あるいは、例えば公社の用地でありましたら、先行取得目的意外でありましても、やっぱり市民ニーズというものを考えまして、さまざまな手法を研究し、総合的な検討を加えて、いろいろなノウハウを蓄積いたしまして、より効率的な未利用地についての活用を進めてまいりたいと考えております。



◆委員(高山裕次君) わかりました。要望を言っておきますけれども、先ほど言ったように財政の厳しい状況の中で行財政改革は急務を要する課題でもあります。今後、遊休地などの活用というのは、本当に必要不可欠であると私は考えております。また、既にある財産、これを活用しない手はないと思っておりますし、また、今後、活用方法などさまざまな手法があると思いますので、ぜひとも十分なる検討を願いたいというふうに思います。

 それから、同じページなんですけれども、87ページの13委託料の車両管理業務委託料、これについて、その内容を教えてください。



◎管財課長(仲野博君) この車両管理業務委託料311万3,000円につきましては、庁舎の南側にございます市第2駐車場の管理業務でございまして、主な業務といたしまして、来庁者の自動車の駐車整理とか、あるいは管財課で一元管理をしております公用車の管理、それから、一元公用車の洗車等が含まれております。

 以上でございます。



◆委員(高山裕次君) 今説明があったわけですけれども、実際に公用車の稼働率についてちょっとお聞きしたいんですけれども、私が第2駐車場の前をよく通るんですけども、そのときにかなり車がとまっているときも目に受けるわけですけれども、そういう中で、清掃車とかそういう特殊な車を除いて、集中管理している公用車の実際の稼働率、これについてお示し願えますでしょうか。



◎管財課長(仲野博君) 稼働率につきましては、管財課が管理しております一元管理公用車31台につきまして、1台の1日当たりの使用回数、それから使用時間でお答えをさせていただきたいと思います。

 平成14年度の平均を見ますと、1台当たり1日に2回強の使用がございまして、使用時間は4時間弱となっております。平成15年度、今現在におきましても、大体ほぼ同様の数値となっております。

 以上でございます。



◆委員(高山裕次君) 実際には車の状況というのは必要不可欠なところもあるわけなんですけれども、行財政改革の一環として、今後削減や稼働率の向上など、これはしっかりと進めていかなければならないと思うんです。その点についてちょっとお聞かせ願えますか。



◎管財課長(仲野博君) 公用車の稼働率の向上につきましては、例えば一手段といたしまして、現在第2駐車場に駐車しております公用車は、管財課が管理しております一元管理公用車31台と各課で緊急性等あるいは特殊性を考慮して原課管理の公用車も駐車しております。これらの原課管理の公用車について、そのうち特殊車等は別にいたしましても、一般的な公用車につきましては、それぞれ管理している原課と十分な熟慮と調整を課されまして、原課管理から管財課への一元管理を図り、市全体におけます通常の一般的な運行目的の公用車台数の削減を計画しまして、公用車の稼働率の向上を目指すなど、広範囲な角度から検討を加えてまいりたいと考えております。



◆委員(高山裕次君) この公用車の件について、私も行財政改革の一環として議会質問も何回か行っているわけですけれども、今後、経費削減等による台数の減とか、また、稼働率の向上を目指して、前向きな検討をまたよろしくお願いしたいと思います。この件は終わって、もう1件ですね。

 あと102ページ、23目の市民会館事業費、そのうちの13節の委託料のうちの施設管理等委託料とございますけれども、これについて教えてください。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 施設管理委託料でございますけれども、この中で光熱水費が約2,000万円、残りが施設の管理、いわゆる空調、駐車場の警備、また、清掃等々の施設管理にかかわります委託料でございます。

 以上でございます。



◆委員(高山裕次君) 先ほど施設関係は、すばるホールの件で聞いていたわけですけれども、私の方はちょっと駐車場の方をお聞きしたいと思うんですけれども、実際に駐車場、各それぞれの会館にあるわけですけれども、特に市民会館の駐車場は規模の割に小さいなというのは市民の方からたくさん聞いているわけですけれども、そういう中でいろいろな催し物等々が重なって満杯状態になることが多々あるわけです。それの頻度というか、それはどのぐらいか大体わかるようでしたら教えていただけますでしょうか。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 ただいま議員ご指摘の市民会館の駐車場の利用状況ということでございますけれども、確かに現在、市民会館の駐車場としましては約130台程度の駐車スペースを確保しておるところでございますけれども、先ほど議員おっしゃいましたように、中ホール、大ホール、また、多目的ホールと、こういった場所のご利用が年々高まっておることは市としてありがたいことなんですけれども、それに伴いまして、当然ご利用いただく市民の方が多い。したがいまして、各施設のご利用が重なりますと、どうしても現状ふえて満杯状態になっておるという実態がございます。月3回程度かと思いますけれども、事業が重なります場合はそれ以上のときもあろうかと思います。そんな中で、施設をご利用いただく申請時点で、車でのご利用ということは駐車スペースに限りがありますと、その辺の旨、窓口でお願いをしましてご利用いただいておるところでございます。

 以上です。



◆委員(高山裕次君) 今、大体月3回ということをお聞きしたんですけれども、実際に今言ったように、催し物が重なった場合に駐車ができないというその観点から、今、市民会館をキャンセルというか、市民会館と別の会館を利用するケースも多々あるようであります。そういう中で、今後、駐車場を拡大することによって、市民会館自身の利用率も上げていくという意味では重要ではないかと思うんです。そういう意味で、今後、駐車場の増設等の考えがあるようでしたらお聞かせいただきたいと思います。



◎総務課長(北野幸雄君) お答え申し上げます。

 確かに駐車場の確保ということでは、市としましても以前から苦慮しているところでございますけれども、現状の市民会館の敷地の中でということになりますと、我々事務担としましても施設の中を2階建てにするというふうな案も検討するなりは考えておるんですけれども、これにしましても相当な建設費用がかかるのが実態でございます。したがいまして、今後の利用促進を図るという面から考えますと、現在の市民会館の隣接地で敷地を借り上げるというふうなことも可能であるならば、今後に向けて検討していきたいなというふうに考えます。

 以上です。



◆委員(高山裕次君) よくわかりました。実際、駐車場の増設等、多大な予算が必要であるというのはよくわかります。そういう中で、今後市民に利用しやすい市民会館、それを目指して、また、今言ったように、敷地内を越えて近隣の空き地等々も視野に入れた駐車場の確保というか、これも今後十分に考えていただきたいなと、そういうふうに思います。

 以上です。



○委員長(奥田良久君) ほかに1款、2款ございませんか−−それでは引き続きまして、3款民生費について当委員会付託分の項目につきまして、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(吉年千寿子君) 138ページ、児童館費のこれだけで1億2,618万5,000円になっていますよね。この右側にあります給料とか職員手当、賃金、報償費を含めましたら、大体9,365万7,000円となって、全体の74%になっています。それから、ほとんどこれが人件費に使われているのではないかと考えたんですけれども、この児童館の職員体制は、まずどうなっていますでしょうか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) お答えいたします。

 現在、児童館の職員は12名の定数でございます。具体的に申し上げますと、人件費部分で16年度9,306万3,000円、事業費部分で3,312万2,000円。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。児童館のその事業内容をお聞かせください。



◎児童館長(牧野伸一郎君) お答えいたします。

 児童館は設置目的にもありますように、児童の教育文化の向上と健全育成を図ることを目的としております。子供たち自身の集団活動の中で、心身とも健康的で明るい、思いやりのある優しい心を育て、人権を大切にしていく環境づくりに努めてまいっております。

 また、平成8年の12月に一般開放を実施して以来、青少年学習活動推進事業による各種講座あるいは講習、子育て支援事業等を実施しており、広報紙などを通じ、幅広い市民の皆さん方のご利用をいただいておるところでございます。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 年間延べ何人ぐらいの児童が利用していらっしゃいますか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 延べ参加者数といたしましては、平成14年ベースで申し上げますと9,820名。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) その年齢別、地区別の内訳がありますでしょうか。



○委員長(奥田良久君) 1時間近くになりますので、暫時休憩します。

    (午後3時3分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後3時15分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、会議を再開いたします。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 先ほどのご質問にお答えいたします。

 先ほど、年齢別、地区別の人数についてどうかというお話がございましたけれども、申しわけございません。年齢別、地区別という部分で把握ということで、データちょっとございませんので、申しわけないんですけれども、ただ、地区別といいますけれども、広報等で全市的に講座あるいは講習に参加を呼びかけておりますので、ほぼ金剛地区も含めて全市的に来ていただいておるというふうな状況でございます。



◆委員(吉年千寿子君) さっき参加者が平成14年で9,820名とおっしゃいましたけれども、これは一般開放してから全市的に集まった方たちという意味ですか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) そのとおりでございます。



◆委員(吉年千寿子君) それでしたら、その前の年との比較ですよね。平成13年度ではどれだけの延べ人数の児童が利用しているのかというデータはございますか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 13年度ベースでございますけれども、13年度で4,243名の参加がございました。



◆委員(吉年千寿子君) 大体その差が全市的に広がった分と考えればいいですか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 大変申しわけございません。ちょっと数字を間違えました。先ほど4,243名と申しましたが、5,577名の間違いでございます。したがって、14年度が9,820名、それから13年度が5,577名、その差が4,243名ということで、この分が一般開放した中で参加者がふえてきたということでございます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 年齢別ということですけど、詳しいデータはないにしろ、大体何歳ぐらいの子供たちが一番多いですか。何歳以上で、大体何歳ぐらいの子供が多いかという。大体毎日見ていらっしゃる感じで結構ですので、教えてください。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 現在、子育て支援事業も含んでおりますので、ゼロ歳から対応しております。中心になるのは小学生が中心になっております。



◆委員(吉年千寿子君) 一般開放されて、児童館が利用しやすくなっていくということで、今後求められる児童館の新たな役割ということが考えられると思うんですけれども、それについて今後どういうふうに取り組んでいらっしゃるご予定でしょうか。



◎児童館長(牧野伸一郎君) 委員ご質問の件なんですけれども、今おっしゃるように新しい児童館を創造していくということで、現在、職員の中でいろいろな形、いろいろな人たちに来ていただける環境づくりを進めているということで議論を進めております。また、できれば16年度中にそれなりの方向性を出しまして、できるだけ多くの方に利用していただくということの新しい児童館像を構築していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆委員(吉年千寿子君) はい、よくわかりました。では、今後ともよろしくお願いいたします。



○委員長(奥田良久君) ほかにご質問ございませんか−−それでは、ご質問がないようでございますので、引き続きまして、消防費、210ページから217ページの部分でご質問、ご意見をお受けいたします−−ご質問、ご意見ないようでございますので、引き続いて、11款並びに12款、254ページから257ページの部分につきましてご質問、ご意見をお受けいたします。ございませんか−−ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−討論を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいまの議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算中、当委員会付託分について、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第16号中、当委員会付託分につきましては、原案のとおり了承されました。

 続きまして、議案第17号 平成16年度大阪府富田林市財産区特別会計予算につきまして、ご質問、ご意見をお受けいたします。特別会計予算書の1ページからになっておりますので、よろしくお願いします。ございませんか−−質疑がないようでございますので、終結して、これより討論に入ります−−討論を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいまの議案第17号 平成16年度大阪府富田林市財産区特別会計予算につきまして、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第17号につきましては、原案のとおり了承されました。

 引き続きまして、過日、追加提案されております議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例及び市長等の給与及び手当の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(吉年千寿子君) この2%の削減ということですけれども、まず、一般職の職員について、これまで平成14年4月1日から平成16年3月31日までにどれだけの金額が削減されたか。

 そして、平成16年4月1日から平成19年3月31日まで、この日付を改めることによって、さらにどれだけの削減になるのか、その金額をお示しください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 一般会計の部分では、平成14年度につきましては1億4,111万4,000円、平成15年度につきましては1億3,822万円でございます。平成16年度以降につきまして、今後人事院勧告等、そういう要素を考えないでいきますと、1億4,700万、これが3年間でございますので、4億4,100万円ということになります。



◆委員(吉年千寿子君) さっきは1年間のを先に言っていただいたんですよね、1億4,000万というのは。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 平成16年度の2%を削減いたしますと、約1億4,700万円の削減になります。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたら、大体毎年それぐらいというふうに考えたらいいんですか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 人事院勧告等を全く考慮に入れませんと1億4,700万ということになります。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。

 もう一つ、特別職の方の市長、助役、収入役5%減と、こちらの方ではいかがでしょうか。まず、16年までの2%の場合と、5%の場合で、そうしたら大体1年間の試算で結構ですので。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) お答えいたします。

 特別職につきましては、平成14年度で166万8,000円、平成15年で115万6,000円でございます。今後、平成16年度から5%の削減を実施させていただきますと、全部合わせまして1年間で322万4,000円でございます。



◆委員(吉年千寿子君) 今の数字なんですけれども、これは市長、助役、収入役、どこまで含んでいらっしゃるんですか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 市長、助役、収入役、教育長を含めましてですが、退任された方とか、いろいろ事情がございますので、金額的にはいろいろばらばらでございます。



◆委員(吉年千寿子君) 助役も、助役を置かない場合、1人の場合、2人の場合というふうに考えられると思うんですけれども、それの違いがどこかに数字で出せますか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 申しわけございません。現在そこまでまだ試算出ておりません。



◆委員(吉年千寿子君) 今の数字でしたら非常にわかりにくいんですけれども、これについて全体でどれぐらいの削減になるのかということを、この条例化することによってどれだけの削減になるかということを数字としてつかみたいんですが。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 雑駁な数字で申し上げますと、平成14年度で総人件費が79億6,700万円でございます。それに削減効果が、全一般会計、水道会計、特別会計等入れまして1億5,900万の削減という、そういう感じでよろしいんでしょうか。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。

 これの削減された場合に、退職金の計算に何か影響がありますか。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 現在は、臨時的に2%のカットということでございますので、退職時には本来の給与の給料表に基づいて計算をさせていただいております。



◆委員(吉年千寿子君) はい、わかりました。ありがとうございます。



○委員長(奥田良久君) ほかにございませんか−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第24号 一般職の職員の給与に関する条例及び市長等の給与及び手当の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第24号につきましては、原案のとおり了承されました。

 引き続きまして、請願第1号 職員採用資格試験要綱の改善を求める請願書について審査いたします。

 ご質問、ご意見ございましたら。



◆委員(吉年千寿子君) 請願第1号につきまして、まだちょっと十分に勉強不足でして、この内容がちょっとわからないんですけれども、この小児期発症インスリン依存型糖尿病に対する就職差別、それから、1型糖尿病、こういうようなことについて教えていただきたいんですが。紹介議員さんにお願いできますか。



○委員長(奥田良久君) 暫時休憩します。

    (午後3時29分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後3時36分 再開)



○委員長(奥田良久君) それでは、会議を再開いたします。

 請願第1号についてのご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(大西剛君) 本案審議のために、ちょっと執行部の方で答えられる範囲で参考意見を求めたいと思います。

 この病気、特に1型糖尿病について、私、富田林病院からちょっと資料をもらってきましたら、日本における発生率は10万人当たり2人、有病率は1万人当たり2人であり、欧米に比べると非常に少ないというような記事も載っておりました。記事というか、文献のコピーをちょうだいいたしましたが。本市の教育委員会の所管している中学、小学校で、この病気の該当者は何人かおられますか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) お答えいたします。

 本市におきましては、中学生で1人、小学生2人、合計の3人ということで把握しております。



◆委員(大西剛君) そういう子供さんは、通常の学習、それから校庭での運動、それから給食の摂取等について、ほかの子供さんと違っているのか、違っていないのか、その点いかがですか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) 他の子供さんと同じような状況で、全く問題はございません。



◆委員(大西剛君) それでは、年間行事である修学旅行とか運動会、それから、林間学習等でもほかの子供さんと同じように参加して、同じように行動していると思っていいんでしょうか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) 修学旅行等におきましては、保護者からの要請に基づきまして、看護師を一緒に派遣するというような形で健常者と同じような参加形態になっております。



◆委員(大西剛君) はい、ありがとうございました。

 今度、職員課の方にお聞きいたしますけど、もしこの請願が通った場合に、本市の人事行政で何か問題がありますか。あるいは、多少問題があっても、このようにしたら越えられるとか、越えられないとか、この請願が通った場合の問題点の有無、その内容についてちょっと説明してください。



◎市長公室次長(戸谷裕司君) 採用試験に関しましては、職種によっては健康診断が職務遂行上の判断に必要な場合もございますけれども、一般事務職等につきましては特段支障がないものと考えておりまして、本市でもこれまでいわゆる健康診断を合否の判定に使ったことはございません。



◆委員(大西剛君) はい、結構です。後は討論します。



○委員長(奥田良久君) ほかにご質問、ご意見ございませんか−−ないようでございますので、請願第1号について、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。



◆委員(大西剛君) では、本請願に賛成の立場で討論いたします。

 ただいまの答弁でもございましたように、小・中学校においては、健常者と変わらないように学習や運動を行っているということで、スポーツもオーケーというようなこと、それから、職員課においても、特別な体力を要することを除いて事務職的には問題がないという答弁、それから、この請願趣旨の中にも書いてありますように、大阪府では実施中ですね。また、近隣の高石、大阪狭山市においても運用が開始されているということで、長期的に見れば、多くの自治体でもこのような健康診断書の提出は、合否決定後になるような時代の動きではないかと思います。そのような理由で、本請願を採択すべき討論といたします。



○委員長(奥田良久君) ほかに討論ございませんか。



◆委員(吉年千寿子君) 先ほどの紹介議員のことですが、紹介議員はもう入られませんか。



○委員長(奥田良久君) 先ほど、質問はございませんかということでだれもなかったので、質疑を終結し、今、討論に入っております。



◆委員(吉年千寿子君) そうしたら討論としてさせていただきます。

 こういうような医学に関するものとか、それから、実際の就職差別とか、こういうようなのは、まず事例をはっきりさせるところから始まらないことには、その請願の趣旨も理解できません。それをまず、請願団体の方にはっきりした説明をしていただいた上で、これから討議に乗せていただきたい。これは要望させていただきます。

 この内容につきましては、職員採用に当たり、健康診断書の提出は最終試験の合否判定後に行うように職員採用資格試験要綱を改善することと出されておりまして、これについては全く異議ございませんので、賛成させていただきます。



○委員長(奥田良久君) ほかに討論ございませんか−−討論を終結し、お諮りいたします。ただいまの請願第1号 職員採用資格試験要綱の改善を求める請願書につきまして、採択することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって請願第1号につきましては、採択と決しました。

 引き続きまして、請願第4号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書対策に関する請願書につきまして、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(吉年千寿子君) これにつきまして、紹介議員さんの方にご説明願います。



○委員長(奥田良久君) 紹介議員への質問要請がありますので、紹介議員に入ってもらってください。

 これまで暫時休憩します。

    (上原幸子紹介議員 入場)

    (午後3時43分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後3時44分 再開)



○委員長(奥田良久君) 会議を再開いたします。



◆委員(吉年千寿子君) ここの請願事項の中に、消費者の権利を明記することとありますが、この消費者の権利とは具体的に何を指すのでしょうか。



◆紹介議員(上原幸子君) 一応、項目については具体的に規定されると案はあるんですけれども、ちょっと私の方からも余り詳しく理解していませんので、請願者のご意見を聞いていただきたいと思うんですけれども、いかがでしょうか。



◆委員(吉年千寿子君) 紹介議員として、請願者の紹介議員になる限りは、その程度の認識はしていただきたいと思います。



○委員長(奥田良久君) 直ちに暫時休憩いたします。

    (午後3時46分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後4時2分 再開)



○委員長(奥田良久君) 会議を再開いたします。

 改めて提案いたします。

 請願第4号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択に関する請願書につきまして、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(吉年千寿子君) ここにあります請願事項の1の消費者の権利を明記することとありますが、この消費者の権利とは具体的に何を示すのでしょうか。



◆紹介議員(上原幸子君) 全国消団連が出されている意見としては6項目提示されております。

 まず、1つ目は、必要な情報を得られること。2つ目には、適切な選択を行えること。3つ目には、被害の救済が受けられること。4つ目は、消費者教育を受けられること。5つ目は、消費者政策に意見が反映されること。最後に、安全が確保されることというふうなことで、消費者としては当然の権利かと思いますけれども、この6項目が消費者の権利ということで、明記することを要請しておられます。



◆委員(吉年千寿子君) ありがとうございます。

 そしたら、これはひっくるめて安全である権利とか、知らされる権利とか、そういうことと判断していいわけですね。



◆紹介議員(上原幸子君) はい、いいと思います。



◆委員(吉年千寿子君) それらの権利ということは、憲法に明記されている権利との関連はどうなるでしょうか。



◆紹介議員(上原幸子君) きっと具体的な消費者の権利という条文はないと思います。ただ、13条の幸福追求権のところに、プライバシー権とかと一緒で含まれるんじゃないかなというふうに理解はしております。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 では、その2番目の消費者団体訴訟制度導入の根拠となる規定とありますが、この規定というのは何でしょうか。



○委員長(奥田良久君) 暫時休憩します。

    (午後4時4分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後4時5分 再開)



○委員長(奥田良久君) 会議を再開いたします。



◆紹介議員(上原幸子君) 今のご質問でしたけれども、消費者団体としての役割として、多数の消費者に共通する被害を防ぐことができるようにという、そういう規定だということです。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 この3番目のところに、総合的、統合的かつ一元的な推進という観点から所要の見直しを行うことというふうに、まとめて書いていらっしゃるんですけれども、この消費者の基本法を出すに当たって、このポイントとして公益通報者保護制度、最近いろんな問題が起こっておりますけれども、内部告発者を保護するという制度の導入は考えられないんでしょうか。



○委員長(奥田良久君) 暫時休憩します。

    (午後4時7分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後4時8分 再開)



○委員長(奥田良久君) 会議を再開いたします。



◆紹介議員(上原幸子君) 今ご質問の公益通報者保護のことなんですけれども、これについては今国会で審議される予定だというふうに聞いております。ここに書かれています一元的な行政推進体制というのは、また別のものだというふうなことです。



◆委員(吉年千寿子君) はい、ありがとうございます。

 先ほどおっしゃった消費者の権利が、憲法第13条の幸福の権利、プライバシーの保護というのに関係しているというふうにおっしゃいました。この先ほどの公益通報者保護制度というのも、結局はそれに関連してくるものだと思います。この請願の中に本当はそこまで入れていただけたらよかったのにと、私はむしろ思います。

 質問、以上で終わります。ありがとうございました。



○委員長(奥田良久君) ほかにご質問ございませんか−−これをもって質疑を終結いたします。

 紹介議員には大変ご苦労さまでございました。退席していただいて結構です。

    (上原幸子紹介議員 退場)

 質疑を終結し、これより討論に入ります。



◆委員(吉年千寿子君) 先ほどいろいろご意見聞かせていただきまして、大体理解できました。

 最後の公益通報者保護制度の導入についてを請願項目に入れていただけなかったということはちょっと物足りないんですけれども、そのほかのことにつきましては全面的に理解できますので、採択の立場で討論いたします。



◆委員(高山裕次君) 請願第4号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択に関する請願について、公明党の討論を行います。

 国民生活審議会の消費者政策部会は、昨年5月28日、今後の消費者政策に関する最終報告をまとめ、トラブルが増加し、被害が多様化している現状を踏まえ、消費者保護基本法の改正を提言しています。この消費者保護基本法は、1968年、昭和43年に施行され、消費者の権利の保護を求める国民世論の高まりを背景に、消費者の苦情を受け付ける窓口が必要という公明党などの主張により、公明、自民、社民、民社の4党共同提案に発展し、成立に至ったものであります。国や地方自治体が消費者保護の責務を負うことを明記した点が最大の特徴であり、消費者行政の憲法とも呼ばれています。

 また、同法に基づき70年、昭和45年からは、国民生活に関する情報提供機関である国民生活センターや消費者生活センターが設置され、公明党が主張した消費者の声を吸い上げる苦情の窓口が実現したところであります。

 この国民生活審議会の最終報告を受け、政府は法改正に向けた作業に着手するわけですが、35年ぶりの大改正となります。今回の報告書で注目されるのは、悪徳商法などによる消費者被害があった場合、被害者にかわって消費者団体が訴訟を起こすことができる消費者団体訴訟制度の創設を打ち出している点であります。

 この消費者団体訴訟制度は、公益のために活動する一定の消費者団体に、消費者全体の利益擁護のために訴訟を起こす権利を与える制度であり、欧米諸国では既に制度化されています。例えばドイツでは、団体訴権が不正競争防止法や約款法に定められており、米国では、多数の被害を一括して損害賠償請求するクラスアクション、集団代表訴訟制度があります。

 個人と企業との間で契約上のトラブルが生じた場合、個人が企業を相手取って裁判を起こすのは現実的には難しく、訴訟への専門知識が必要であり、資金的、時間的にも負担も大きいことから、企業との間でトラブルが生じても、消費者側が泣き寝入りするケースが大多数を占めていると言われております。また、個別の裁判で勝訴しても、同じような被害を受けた人々が救済されるとは限らないという問題もあります。

 このため公明党は、かねてより集団代表訴訟制度の実現を主張してきました。団体訴訟が消費者行政の憲法である消費者保護基本法に盛り込まれれば、消費者行政の飛躍的な充実が可能となるからです。

 また、報告書は基本法の改正に当たって、消費者の位置づけを保護される対象から自立した主体に転換することを提示しています。また、消費者にも必要な知識の習得を求める責務を課すとした当初案も、消費者は情報量や交渉力などで構造的に立場が弱く、企業と対等ではないことを考慮し、努力義務の表現にとどめています。このほか、消費者基本計画の策定、学校、地域、家庭、職域などにおける消費者教育の実施、高度情報通信社会への進展への的確な対応、サービスについての調査研究の実施など、公明党の提案が数多く盛り込まれています。さらに、法律名は消費者基本法に改め、国の施策を推進する消費者政策会議を内閣府に設置するとしています。

 基本法が制定されて35年、同法は消費生活を支える縁の下の力持ちというべき役割を果たしてきました。消費者を取り巻く状況が多様化し、複雑化している中で、消費者重視の社会を構築していくには、消費者を保護の対象から権利の主体へとして位置づけていくことが不可欠であります。

 政府は4年度の通常国会の改正案を提出したいとしていますが、新しい時代の消費者主権の拡大に向けて、国会論議にとどまらず、英知を結集した幅広い国民的論議の盛り上がりを強く期待したいところであります。

 以上を踏まえ、公明党は消費者の権利の尊重を目的に明記し、基本理念にも消費者が安全な商品やサービス、必要な情報を得るなどの権利の尊重を盛り込んだ同法の改正は、必要かつ重要な時代の要請であると考えております。よって、消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択に関する請願について、採択とさせていただきます。

 以上です。



○委員長(奥田良久君) ほかに討論ございませんか−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいまの請願第4号 消費者保護基本法の抜本改正を求める国への意見書採択に関する請願書につきまして、採択とすることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって請願第4号については、採択と決しました。

 以上をもちまして、今期定例会におきまして当総務常任委員会に付託されました案件の審査はすべて終了いたしました。

 なお、本日の委員会で発言の修正や私の方からの提案、やり直した部分などがございます。また、肩書についても間違ってお呼びした部分もございますので、会議録の整理については、後刻速記録を調査の上、正副委員長の方で対応するということでご了承いただきますように、よろしくお願いを申し上げます。

 それでは、総務常任委員会を閉会いたします。大変ご苦労さまでございました。

    (午後4時18分 閉会)

 富田林市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

  富田林市議会

  総務常任委員長  奥田良久