議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成16年  3月 文教厚生常任委員会(第1回) 03月16日−01号




平成16年  3月 文教厚生常任委員会(第1回) − 03月16日−01号







平成16年  3月 文教厚生常任委員会(第1回)



◯平成16年3月16日富田林市議会文教厚生常任委員会を全員協議会室に招集された。

◯出席委員はつぎのとおりである。

 委員長   司 やよい君

 副委員長  左近憲一君

 委員    辰巳真司君

 委員    武本博幸君

 委員    今道隆男君

 委員    來山利夫君

 委員    上原幸子君

 委員    京谷精久君

 議長    沖 利男君

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 助役         花岡義弘君

 教育長        堂山博也君

 市長公室長      竹綱啓一君

 市長公室総括理事

            山本文博君

 兼企画情報室長

 市長公室理事     森 文雄君

 総務部長       谷 暉登君

 総務部理事兼

            稲田照雄君

 生活環境室長

 財政課長       谷口勝彦君

 市民生活部長     吉川佳男君

 市民生活部理事兼

            高橋康起君

 介護保険室長

 市民生活部次長兼

            泰 純一君

 保険年金課長

 市民課長       武本 茂君

 衛生課長       大工和幸君

 介護保険室参事    武田 一君

 保険年金課参事    奥野 晟君

 衛生課参事      加藤博行君

 保健福祉部長     山内崇道君

 保健福祉部理事兼

 福祉事務所長兼    水道昌之君

 社会援護課長

 保健福祉部次長兼

            小西八之亟君

 児童福祉課長

 保健福祉部次長兼

            榊原壽幸君

 障害福祉課長

 健康推進課長     山口博史君

 高齢福祉課長補佐   塩屋基忠君

 建設部長       國田泰一君

 建設部次長兼

            植田信二君

 道路公園課長

 道路公園課参事    浅川 充君

 学校教育部長     奥野和彦君

 学校教育部理事兼

            宮本俊蔵君

 指導室長

 学校教育部次長兼

            廣田精孝君

 学校給食課長

 指導室次長      長谷川俊明君

 教育総務課長     吉村正治君

 教育総務課参事    尻家賢治君

 指導室参事      石黒輝子君

 学校給食課参事    小間悦司君

 社会教育部長     越智 孝君

 社会教育部次長兼

            大塚栄三郎君

 社会教育課長

 社会教育部次長兼

            木下昌久君

 東公民館長

 スポーツ振興課長   橋本新三君

 中央公民館長     浮穴正博君

 金剛公民館長     朝山 勝君

 中央図書館長     山際 正君

 金剛図書館長     武田晏直君

 文化財保護課長    森口博正君

 スポーツ振興課

            和田 守君

 参事

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長       加藤義夫君

 事務局次長      置田保巳君

 事務局主幹      山際 年君

 総務係長       日谷眞智子君

 議事係長       池端光明君

 議事係主査      祐村元人君

 議事係        植木謙次君

◯文教厚生常任委員会付託分はつぎのとおりである。

 議案第4号 富田林市国民健康保険高額療養費資金及び出産費資金貸付基金条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第6号 富田林市立市民総合体育館条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第7号 富田林市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第8号 富田林市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第12号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第6号)

       第1表歳入歳出予算補正、歳出面中

       3款民生費 1項社会福祉費

       4款衛生費 1項保健衛生費

 議案第13号 平成15年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算

       第1表歳入歳出予算、歳出面中

       2款総務費 3項戸籍住民基本台帳費

       3款民生費 1項社会福祉費

             2項児童福祉費

               (4目児童館費を除く)

             3項生活保護費

             4項国民年金費

             7項国民健康保険事業費

       4款衛生費 1項保健衛生費

             2項清掃費

             3項水道事業会計繰出金

       9款教育費 1項教育総務費

             2項小学校費

             3項中学校費

             4項幼稚園費

             5項社会教育費

             6項保健体育費

 議案第18号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計予算

 議案第19号 平成16年度大阪府富田林市介護保険事業特別会計予算

 議案第20号 平成16年度大阪府富田林市老人保健医療事業特別会計予算

 議案第21号 平成16年度大阪府富田林市介護老人保健施設特別会計予算

 請願第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出の請願書

    (午前10時0分 開会)



○委員長(司やよい君) おはようございます。

 ただいまから、文教厚生常任委員会を開会いたします。

 今期定例会より、会議の状況を委員会室や会議室に加え、新たに1階ロビーにもモニターを放映することになりましたので、ご報告いたします。

 それでは、議事に入ります。

 今期定例会において、当文教厚生常任委員会に付託されました案件は、別紙付託表のとおりであります。

 まず、付託案件についての提案説明につきましては、本会議で説明を受けておりますので、これを省略することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。それでは、提案説明を省略して直ちに審議に入ります。

 初めに、議案第4号 富田林市国民健康保険高額療養費資金及び出産費資金貸付基金条例の一部を改正する条例の制定について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第4号について、原案どおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第4号 富田林市国民健康保険高額療養費資金及び出産費資金貸付基金条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第6号 富田林市立市民総合体育館条例の一部を改正する条例の制定について、ご質問、ご意見をお伺いいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りします。議案第6号について、原案どおり了承することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第6号 富田林市立市民総合体育館条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第7号 富田林市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(上原幸子君) 6月から実施予定を明らかにしていただいているんですけれども、新年度の実施予定も含めて、大阪府下の状況をまず教えてください。



◎保健福祉部理事(水道昌之君) お答えいたします。

 大阪府下の乳幼児医療費の通院医療費助成について、昨年12月現在の状況を申し上げますと、就学前までが7市、それからもう1市、ことしの1月実施ということで、合計8自治体で3市4町1村ということになります。それから、5歳未満が、現在の本市を含めまして4市、それから4歳未満が9自治体で7市2町、それから3歳未満が21自治体で18市3町、そのうち2市は一部自己負担で就学前まで。それから、2歳未満が1市1町ということになっております。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 今まで年齢枠の拡充を求めるお話をさせていただきましたときに、当局が必ずおっしゃられました一つに、府の制度が拡充されれば市の負担も少なくなって、市の制度としても充実しやすい条件が生まれてくると伺っていました。都道府県の実施状況についてもお教えください。



◎保健福祉部理事(水道昌之君) お答えいたします。

 医療費助成について、通院医療費助成でございますが、府下都道府県の状況を申し上げます。ゼロ歳児のみというところが1自治体、それからゼロ歳から1歳まで、大阪ということで1自治体でございます。それから、ゼロ歳から2歳児までが22自治体。次に、ゼロ歳から3歳児までが12自治体、それから、ゼロ歳から4歳児までが2自治体、それから、ゼロ歳児から5歳児までが2自治体、それから、ゼロ歳児から未就学児ということで、就学前と思いますが7自治体。

 以上でございます。

 それから、次に入院医療費助成にいきますと、ゼロ歳児それからゼロ歳児から1歳児までの自治体がゼロ、それからゼロ歳児から2歳児までが7自治体、ゼロ歳児から3歳児までが5自治体、ゼロ歳児から4歳児までが2自治体、ゼロ歳児から5歳児までが5自治体、それから、ゼロ歳児から未就学児までが27自治体、この中に大阪も入っております。それから、ゼロ歳児から中学校卒業までが1自治体ということで、今申し上げました数字はすべてインターネットの資料でございます。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) お答えいただきましたとおり、府下では本市は充実している位置にありますけれども、都道府県では大阪は最低クラスの状況です。私たちはどの子も、どこに住んでも安心して医療が受けられるように、国の制度としても求めてまいりました。国の方でも2001年の6月の本会議で、乳幼児医療費に対する国の助成を含む決議案が全会一致で採択されています。6歳未満までの乳幼児医療費を無料化する国の制度の創設は1,100億円程度で実現可能だと報告されています。いずれにしても、国や府の制度の充実や創設において、本市でも就学前までにとどまらず、小学校の低学年までなどの年齢枠の拡充にもつながると思いますので、市長会を通して国や府に引き続き要望していってほしいと思います。



○委員長(司やよい君) これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第7号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第7号 富田林市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第8号 富田林市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第8号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第8号 富田林市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第12号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第6号)中、当委員会付託分について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第12号中、当委員会付託分について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第12号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第6号)中、当委員会付託分については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第13号 平成15年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第13号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第13号 平成15年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算中、当委員会付託分について、ご質問、ご意見をお受けいたします。

 審査範囲に関しましては、4月の機構改善により所管の事務の変更がありますが、現在の所管の範囲としますので、議案付託表のページ数をご確認の上、ご審議をよろしくお願いいたします。

 審議に当たりましては、款ごとに3つに分けて審査いたしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 まず初めに、予算書第1表歳入歳出予算、歳出面中、2款総務費、3項戸籍住民基本台帳費及び3款民生費ただし児童館費を除いた部分についてお受けいたします。恐れ入りますが、質問される方はページ数をお示しください。



◆委員(今道隆男君) 120ページの老人福祉費、13節の委託料、在宅配食サービス委託料1,684万8,000円についてお伺いいたします。

 本市の配食サービスは、週3回、1日約600食、1食当たりの食単価が950円、そのうち個人負担分が300円というふうに伺っておりますけれども、本配食サービス制度導入当初からのサービス内容の推移について、食数、食単価、運営方法、委託先等の選定をも含めての経緯をお聞かせいただきたいと思います。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 配食サービスは、本市におきましては平成8年度より実施したところですが、1食の単価が650円で委託しており、平成16年度におきましては25,920食を予定しております。

 経過についてですが、開始当初、社会福祉協議会及び若一給食サービス運営委員会では、独自に給食サービスを実施していた経過がありました。平成8年度から大阪府の補助金事業としてメニュー化されたため、本市も在宅給食サービスとして事業化し、社会福祉協議会に事業を委託し、実施いたしました。また、若一給食サービス運営委員会では、新堂診療所を拠点とし、給食サービスを実施すべく、平成11年度大阪府の高齢者生きがいづくり活動実施支援事業補助金として、備品配食車等の補助を受け、体制を整えたこと、さらに平成11年度の食数の増加が8,403食から1万7,003食と2倍以上となり、総合福祉会館の施設では限界があること、また、本市が設置した公的施設で実施しているところから、新堂校区の利用者については若一給食サービス運営委員会に委託することとなったところでございます。

 以上、よろしくお願いします。



◆委員(今道隆男君) 弁当の調理は若一給食サービスだけですか。ほかにございますか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) 調理は社会福祉協議会と若一給食サービス委員会にお願いしております。

 以上です。



◆委員(今道隆男君) それで、近隣の市町村の配食サービス制度の実態について、お調べになっている範囲で結構でございますので、個人負担分を含めた1食当たりの単価、それからサービスの度合いについて、お調べになったらお聞かせください。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 近隣5市の中で、委託料が650円の市が3市、365円の市が1市、390円の市が1市、これが委託料となっております。利用者負担としては、400円の市が2市、360円の市が1市、500円の市が2市となっております。当初から同額となっている市が3市、400円の市が2市という状況です。

 以上でございます。



◆委員(今道隆男君) 今、ちょっとお聞きしましたら、高いところで650円ということなんですけれども、本市では950円かかっています。これちょっと高過ぎるんじゃないかと思うんですけれども、その点いかがでしょうか。そしてまたその原因といいますか、そういったものが、また改善すべき点があればお聞かせいただけませんでしょうか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) 本市でも委託費は650円となって、利用者負担が300円となって、合わせて950円となっておりまして、ほかの3市の650円の委託料と利用料400円の市と比べると、100円ほど安いところでございます。

 以上でございます。



◆委員(今道隆男君) 委託料込みじゃないんですか。はい、わかりました。

 本市の配食サービスの提供が週3回ということですけれども、週5回の実施を検討するというふうに聞いておりましたんですけれども、今まだ実施がされておりません。3回から5回の実施に当たって問題点があるのかどうか、また、今後どのような対応をしていかれるのか、具体策があればお聞かせいただきたいと思います。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 配食サービスの週5日の実施につきましては、望ましいと考えているところでございます。配食回数をふやすといたしますと、調理よりも配食面で検討を要し、ただいま研究・検討をしておるところでございます。

 また、平成16年度より国の補助金制度が変わったことにより、配食サービスにつきましては食の自立支援を行うという観点で、ほかの食関連のサービスと利用調整しながらサービスを提供するところとなったところです。そんなところから、食の自立支援事業の推移とあわせ、今後の利用者の状況も見きわめながら、引き続き研究・検討をしてまいりたいと考えているところでございます。

 以上です。



◆委員(今道隆男君) 前回も引き続き検討というふうなお話だったと思うんですけれども、具体的に期限を決めてやるというふうなことがなぜできないのかということなんですが、毎度毎度同じように検討してまいりますというふうではちょっと納得をいたしかねますが。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 課長補佐が答えているとおりなんでございますけれども、今現在、食の自立支援事業に向けまして、希望者、今配食している利用者の調査を行っております。ですから、今現在やっております週3回、これは十分ではないと考えておりますので、この調査が終わった段階でスクラップ・アンド・ビルドと申しますか、福祉事業全般の中で見直していきたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(今道隆男君) 私がお聞きしているのは、その調査を行っておりますということじゃなしに、その調査がいつごろ終わるのか、それでいつごろぐらいから実施できるのかということを前々からお聞きしているわけでございます。その点について、大体のめどで結構でございますので、再度お答えいただきます。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 今現在調査中でございまして、その調査の報告があり次第検討に入っていきまして、それから議会の中でも答弁ございましたように、行財政改革の委員会ができてまいりますので、そんな中で福祉事業全般にわたって見直す中で考えていきたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(今道隆男君) これ以上質問しても答えが出ないようでございます。きょうはこのぐらいにとどめておきたいと思います。

 ありがとうございました。



◆委員(京谷精久君) 121ページの8の報償費の敬老祝金についてお伺いいたします。

 今年度予算の1億1,000万余りですけれども、これについての内訳、まず、聞かせていただけますでしょうか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 一般敬老祝金として、75歳から79歳まで4,012人で3,610万8,000円。80歳から89歳までの方、1万4 ,000円で3,807人、5,329万8,000円。90歳以上の方、2万円で940人、1,880万円。特別敬老祝金として5名で、50万円で250万円ということになっております。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) 今後の人口推移というものもあると思うんですけれども、この敬老祝金全体の現在の事業形態でやっていく場合、伸び率というか、今後の見通しについてちょっとお教えいただきたいんですけれども。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) 今後の見通しにつきましては、高齢者が増加している中で、予算上もふえていくものと考えております。よろしくお願いします。



◆委員(京谷精久君) ふえていくのはわかるんですけれども、大体前年度比何%で伸び率がふえてくるということの予測は、単年度でも結構ですよ。来年度の伸び率とかいうのは大体予想できますか。



◎保健福祉部次長(榊原壽幸君) 今、手元に細かいデータというのはないんですが、過去12年度からの数値を見てみますと、12年度が約8,700万、13年度が少し落ちまして8,500万、14年度が9,200万、15年度につきましては、最終決算には至っておりませんが、約1億1,500万、今回予算計上をお願いしますのが1億1,000万ということで、約年間ベースにいたしましたら五、六百万ぐらいずつの増加ではないかと、そのように考えております。



◆委員(京谷精久君) 今のお話だと、大体平成15年度が1億1,500万、今年度も1億1,000万余りということで、正確な数字は別にしまして、大体1億1,000万ぐらいの負担が今後も続くということですね。基本的な考え方を伺いたいんですけれども、敬老祝金というものは、福祉施策の全体の位置づけの中で、今後も継続してやっていきたい、ただし、あり方についてはある程度の見直し、一定の見直しをやっていくというふうに考えていいんでしょうか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 敬老祝金の見直しにつきましては、議会でたびあるごとにご指摘いただいておるわけでございます。そのようなことから、この16年度で高齢者を対象にしてアンケート等を実施して、そのニーズ等をつかんで検討していきたいと、このように考えておりますのでよろしくお願いしたいと思います。



◆委員(京谷精久君) 16年度にアンケート調査をされるということなので、そのアンケート調査をもとに、お年寄りというか、高齢者のニーズをまず把握していただくということと、議会でもお話ししているんですけれども、スクラップ・アンド・ビルドという考え方で、今の敬老祝金を見直す中で、そしたらそれを縮小していくという考え方も一つにはあると思うんですね。ただし、その中で、またその新たな支援策というものも考えていただけたらなと思うんですけれども、そこら辺についてはどうでしょうか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 先ほどお答えしました件と重なってくるわけなんでございますけれども、スクラップ・アンド・ビルドという形で、この敬老祝金等アンケート調査によって把握に努め、これを改善していくと。でき上がりました中で、ここで予算的に何ぼか浮きましたら、これをもって配食サービス、今、週3回ですけれども、これを週5回とかいう格好で拡充の方に持っていけたらなという格好で検討していきたいと、このように考えております。



◆委員(京谷精久君) 結構です。まずはアンケート調査の結果を待って、そのニーズということをきちっと把握した上で、そして単に負担だから廃止する、金額がふえてきたから廃止するという考えじゃなしに、基本的には総合的な福祉施策の中で、そしたらその分を減らしたら、削減することによって後のスクラップ・アンド・ビルドで、ビルドの部分をどうするのかということをきちっとやはりとらえていただかないと、福祉施策全体の縮小につながるのが非常に怖いなと思っているんですけれども。

 それと、前にも提案させていただいたんですけれども、75歳以上が今9,200ですか、9,000余りですね。そういう全体の支給金額も、これは見直す必要もあると思います。金額が多いからお年寄りが喜ぶとか、金額が少ないからお年寄りががっかりするとか、福祉施策につながらないという考えじゃなしに、給付するという一つのことが、前にも自立につながるというご答弁があったと思うんですけれども、そこら辺の給付方法についても十分にこれ見直しをひとつやっていただきたいなと。手渡し方も含めて、その給付金額、それも給付年齢の引き上げということも選択肢の一つでもあると思いますので、十分そこら辺を検討していただきたいなと思います。これは要望として再度お願いしておきます。

 以上です。



◆委員(來山利夫君) 予算書の127ページ、民生費、社会福祉費の19節の負担金補助金の内容についてお伺いします。その中に、社会福祉協議会の活動補助金等、補助金ですね、合わせて約8,000万円入っているわけですけれども、所管をしている担当部署はどこですか。予算執行に当たって。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 高齢福祉課が所管となっております。

 以上でございます。



◆委員(來山利夫君) その中で、予算を執行する上で、決してむだがあってはいけないという観点から、何点かお伺いをさせていただきます。

 まず、この2月度の広報に、富田林市の広報ですね、社会福祉協議会専任職員の募集という、この記事があるわけです。これには看護師が1名募集ということになっているわけですけれども、これあわせて社会福祉士の試験もやっているわけです。なぜ広報に載ってないか、これは社会福祉協議会に聞いてみないとわからないんですけれども、その社会福祉士の試験の広報については新聞折り込みで募集したと。それも15万部の新聞折り込みを出したという話です。「じゃ、なぜこの広報に載っけなかったんですか」と聞きましたら、広報に載っけてほしいという原稿は出したと。しかし富田林の方から社会福祉士の項目について消せという指示が来たと。やむを得ずその15万部の広告を出したんだという話です。大変むだなお金の出費やと思うんですね。社会福祉協議会からそういう要望が来て、社会福祉士のその項目を消せという指示を出したのはだれですか。どなたですか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 社会福祉協議会の専任職員の募集ということでご指摘なんでございますけれども、社会福祉協議会の方の専任職員につきましては、社会福祉協議会の方で試験を独自でやっております。それのPRにつきましては、市の広報誌を使ってPRをしているというのが今までの経過でございまして、今回2月号にも看護師1名採用という格好で載っておるわけでございますけれども、この広報に掲載するに当たりましては、現課の方から予定稿という格好で、自治推進課の方に原稿を出す前に、予定稿があるかないかで報告をいたします。そのときには看護師募集という形で広報の方に予定稿を出しておるわけでございまして、社会福祉協議会の方では専任職員採用ということで、当初はその看護師と、社会福祉士と、2名必要じゃないかということでいろいろと協議をされてきたわけでございまして、その広報の締切の前に決定したのが看護師の採用だけで、あと社会福祉士につきましてはいろいろと協議会の方でも検討されて、最終的にやはり必要だということで、期間的にずれがありましたので、社会福祉士については新聞広告で募集をしたというような状況になっておりますので、ご理解のほどよろしくお願いしたいと思います。



◆委員(來山利夫君) 時期的にずれがあったというご説明だったんですけれども、それは社会福祉協議会が検討する内容のことなんで、こちらからどうのこうのという問題ではないかとは思うんですけれども、保健福祉部長がおっしゃるような内容では聞いてないんですけれども。

 実は、社会福祉士の募集もあわせて広報にお願いをしたと。自治推進でも確認しました。原稿出てましたよ、社会福祉協議会の方から。「なぜ消したんですか」と聞いたら、「いや、富田林のある方から消してくれという指示があったから消したんです」というお答えでしたよ。そんな時期がずれているからどうのこうのという説明と違いましたけどね。もう一回説明してください。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 私が掌握している部分につきましては、先ほどお答えしたとおりでございまして、予定稿の原稿ですけれども、ここにもちゃんともらっておるんですけれども、ここには看護師募集とだけしか予定稿では上がっておりませんので、私、來山議員さんがおっしゃっているようなことは把握しておりませんので、ご理解の方をお願いしたいと思います。



◆委員(來山利夫君) わかりました。そこまでしか知らないという話やからね、それ以上は聞きませんけれども。要は、私先ほど申し上げましたように、予算執行に当たってはむだがあってはいけないと。15万部も新聞広告を出してね、どのぐらいの予算を使いはったのか知りませんけれども、そういうことがないように済ませてもらいたいということのお願いなんです。

 ただ、部長おっしゃるように、確かにこの予定稿には、確かにこれ、広報には看護師1名募集ということになってますわ。でも、社会福祉協議会から出ている原稿を自治推進から見せてもらいましたよ。これ以外に社会福祉士1名、おのおの1名募集という要望で社会福祉協議会から原稿上がってきているんです。また、確認しとってください。上がってきてますんで。見せてもらいましたから。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 今現在私掌握しておりませんので、この委員会が終わりましたらきちっと調査して、またご報告もさせていただきます。

 それと、むだ遣いということでご指摘いただいておりますことにつきましては、今後、十分気をつけて執行するように、社会福祉協議会の方に申し入れをしていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(來山利夫君) ぜひお願いします。社会福祉協議会には8,000万以外にもいろいろな補助金が入っていると思うんですよ。ですから、やはりその職務内容、活動内容についてはもう少しシビアにチェックしてもらわんとあかん。我々もそうでしょうけれども。

 それと、向こうの社会福祉協議会の言い分と部長の言い分とちょっと食い違っているから、きっちり調べて報告してください。

 以上です。



◆委員(左近憲一君) 123ページ、ここに老人いこいの家管理委託料、老人いこいの家運営委託料、こうありますが、この管理補助内容をご説明願います。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 老人いこいの家管理運営委託料311万3,000円につきましては、機械警備委託料とか、消防設備保守点検委託料とか、若一清掃管理委託料、浄化槽維持管理委託料という形でなっております。

 また、老人いこいの家管理運営委託料660万円につきましては、11カ所の各いこいの家に対し、年間60万円の委託料を支払っているところでございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) これには管理に対する人件費は入っておりますか。入っておりませんか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 老人いこいの家管理委託料につきましては、入っておりません。また、老人いこいの家運営委託料につきましては、人件費は含んでおります。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そうしますと、実を申しますと、本市には公立と私立の違いがあると思うんですが、これは所管はどこになるんですか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 市立の11カ所のいこいの家につきましては、高齢福祉課が所管となっております。地元立のいこいの家につきましては、地元で管理運営していただいておるところでございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) 私言うているのは、ちょっと意味違うね。公立も含まれているでしょう。公立はどこで管理しているんですか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) 公立、市立ということですね。



◆委員(左近憲一君) 市立と私立、公立ということは、私の言い方が間違ったかもわからんけれども。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) 市立は高齢福祉課が所管となっております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そうしますと、例えばこの富田林市内に5カ所市立の集会所並びにこれ、老人いこいの家とされている名称のついているところがありますわね。本市の運営されている中で。そうすると、この板持地区の老人いこいの家は、これ、市立ですか、私立ですか、どっちなんですか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 市立でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) それならば、この使用要綱、なぜこの板持集会所兼西板持老人の家利用規定というような文書が出ておるのですか。これ、富田林市立って大きな看板上がってないですか。

 なぜ、我々これを申し述べるかということは、当初使用するために行政に問い合わせた中で、あれは市立ですと、どうぞ使ってくださいということで、2遍あったんです。それで一般の住民の方を連れていったら、ここは使えませんよということで、こういう条文を出されたわけです。これ一体どうなっておるんですか。市立なら市立の、富田林市の例規集にきちっと要綱があるはずですよ。これ、なぜ今日まで我々に隠していたんですか。これは大変な問題ですよ。

 それは建てた者、した者、それはどうこう私は言うておるわけじゃないんですよ。1回目、ここへ問い合わせたときにどうぞ使ってください、役所の職員がどうぞ使ってくださいって、行ったら違いますと。先ほどの來山議員ではないけれども、ここのある職員が、何で使わせたんじゃと言うて、町会に文句言うてきたんです。それで、再度、住民が使いたいと15人ほど連れて行ったら、おたくら来てくれはったかて使えませんよと、これどうなっているんですか。はっきりしますでしょう。これ、はっきり答えてください。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 左近議員さんのご質問の件でございますけれども、西板持老人いこいの家兼集会所につきましては、市の方で建設したものでございまして、その使用につきましては運営要綱というんですか、老人いこいの家管理運営要綱に従って、市の要綱に基づいて管理運営をしていってくださいということで、議員からご指摘いただいたすぐ後で、西板持町会の役員さんに寄っていただいて、その中で、これから今までは町会が優先という形で使用しておりましたけれども、今後につきましては市の要綱に沿った管理運営をお願いしたいということで申し入れをいたしまして、今議員さんお持ちのチラシにつきましても処分してもらいまして、また、そのチラシを大きく拡大して掲示してあった部分につきましても撤去をしていただきました。ですから、今後は市の要綱に沿った管理運営を地元でやっていただけるようになっておりますので、ご了承のほどよろしくお願いしたいと思います。



◆委員(左近憲一君) その話はありがたい。別にそれでも結構ですよ。しかし、そうした板持の人がせっかく建てたもので要綱をつくって、これを建設したときに既に市の本市のファイルで提示されているわけですよ。それが、管理者が知らなんだ、そんなばかなことがありますか。あれ、きのう、おととい建ったんですか。あれ何年に建ったんですか。建ったときに板持の人が苦労してこの要綱書をつくったわけです。それ、市のファイルにはさんであったんです。それをあなた方知っておったのか、知らなかったのか、どっちやねん。知らんと、これ市の施設ですよって言うておったのか、知って言うておったのか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 板持老人いこいの家につきましては、昨年春に竣工したわけでございまして、竣工する前から、その使用規定については高齢福祉課と町会役員とでいろいろと使用規定について相談にも乗ってずっとやってきておりまして、いろいろと訂正をしたり等やって、でき上がったものでございますけれども、そこで西板持町会ときちっとなっておるわけでございますけれども、それに至るまでの経過がいろいろあったわけで、その後ろに「等」というのがついております。その「等」で、ほかの方の申し込みがあったときは使っていただけるということで話はしておったわけなんでございますけれども、最終的にうちの保健福祉部の方で市長決裁やなしに部長決裁で、私の決裁まででとまっております。ですからそういうことで、多田市長のところまでは回っていなかったんじゃないかと思います。

 ですから、今後につきましては、先ほど言いましたように市の要綱に沿ってきちっと管理運営をしていくということですので、ご理解のほどよろしくお願いしたいと思います。



◆委員(左近憲一君) あのね、わしは言いわけ聞いておるのと違うんや。市の施設か民の施設かというのは、歴然としておるわけですよ。あそこの表の看板、おたくら見はったか。富田林市立老人いこいの家って、大きな看板張ってあるわけや。それを地元と協議するとも協議せんとも、そんな問題じゃないわけですよ。あなた方ははっきり条例違反しておるわけですよ、これは。今言葉の中で「等」と言わはったけど、この文章読みましょうか。「当集会所の利用範囲は、西板持町内会に所属する各種団体及び運営委員会の認めた町内の同好会等とする」となっておるわけや。これ、「等」も「など」もヘチマもあらへんのや。これはっきりしておるわけですよ。これを建設されたときに、もう提示されておるわけや。向こうの人は賢いんよ。あなた方・・なんですよ。お金を出したのは市ですよ。富田林市立って、名前、そんならこれ民間でも富田林市立ってつけられるんですか。そんな・・なことを協議しましたとかヘチマやとか、協議する以前の問題と違うの。あなた方、本市の例規集を知っておるの、きちっと。法律というものを。役所というのは法治国家の中で生まれておるのと違うの。そんなばかなことを歴然と認めたことを、今さら話し合いをしましたと。

 私が逆に板持の人だったら言うわ。「おまえら認めてて、何を寝言言うてきておるんや」と。板持の人は賢いよ。自分らで金出したと思てはるから、当然のことやないの。あなた方は中途半端なことで逃げることをするから、現在こんな問題が起きてくるのと違うの。住民を連れていって、ここへ問い合わせていって、市立ですがどうぞ使うてくださいって連れていった者の身になってますか、あなた方。あんた市会議員しておって何を聞いてきておるんやと言われた者の身になってみなさい、あなた方。だから、これを確認しておったのだれやって、わし聞いておるんや。確認しておって、認めておったのはだれやっていうの。まして1回目のときに使用したときに、板持の町会の老人会に「何で使わせたんや」って文句言うたのだれやっていうの。先ほどの來山委員やないけれども、だれやって、文句言うたのだれやね、本市の。文句を言うなら文句言うだけの理由あるはずや。まして管理委託料払うてるやないか。管理委託料払って、そんなばかなことあるの。払うてないんか。払うてるでしょう、それ答えなさい。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 管理委託料、月5万円につきましては、きちっと管理できるようになってから、西板持の老人いこいの家運営委員会に対して払っております。



◆委員(左近憲一君) 市立やのに何で払うの。そんな中途半端なこと言って、片一方では払うと、片一方では払わんと、そんな中途半端な返事をするなっていうんや。あっさり間違うてたら間違うてましたと、悪うございましたと返事せえや、その方がましやろ。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 先ほど塩屋課長補佐が答えましたように、富田林市立の老人いこいの家11カ所につきましては、すべて1カ月5万円、同じように払っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(左近憲一君) ちょっと答えがおかしいと違うか。

 そしたら私立でも払うんですね。私立でも私のところの老人いこいの家でも払うんですね。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 ちょっとお言葉足らずであったのかもわかりませんけれども、富田林市立で建てました老人いこいの家、市内に11カ所ございます。これにつきましては管理運営委託料という形で、月5万円払っております。町会にあります町会なり自治会なりで建てられました老人いこいの家につきましては、町会の方で維持管理をしていただいております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そうしますと、電気代、水道代、ガス代、これだれが持っているんですか。何のために運営委員会というのが各町会にあるんですか。電気代、ガス代、水道代、経費全部市持ちやというなら、各よその町から市で全部管理してくれますかと聞いたらどうなるの。それやったらみんな喜ばはるわ、今管理できへんから苦労しているわけですよ、皆。そんな中途半端な返事したらいかんよ。あなた方、本市の条例に違反しておるんでしょう、歴然と。多田市長になってからあれしましたと、そんなの問題やあらへん。これは以前の人がやったということや。市長になる前にこれやったことと違うの。



○委員長(司やよい君) 1時間経過をいたしましたので、ここで暫時休憩いたします。

    (午前10時55分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午前11時10分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎助役(花岡義弘君) 先ほどの西板持の老人いこいの家につきましてお答えをさせていただきたいと思います。

 西板持の老人いこいの家は、市立の老人いこいの家でございます。市内に11箇所ございまして、管理委託料月5万円払ってございます。当然のことながら、市の使用規定、要綱に沿っていただくということで、条例にも明記をされております。できました折に、地元で管理規定ということをつくられたというふうに聞いておりますが、その際に、市の方での指導の不足ということで、市立でありながら地元にも使用規定があるというような矛盾を来しておりますし、間違いを来しております。これは事実でございますので、今後、他の市立の老人いこいの家もございます。集会所もございます。それらも含めまして全体的な整合を図れるような見直しをしてまいりたいと、このように考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆委員(左近憲一君) はい、結構です。

 137ページ、保育園費の中で、常徳、リンデン、葛城、ここの補助金の中に、これと、私立と公立保育園の1人園児に対するこれ全体と、どういう方に、どのくらいの格差がありますか。園児1人に補助される分。公立園と私立と。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) お答えいたします。

 公立保育園につきましては、市からの援助金はございません。私立の保育園につきましては援助しております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) ちょっと言うている意味が違うんです。この補助は、当然運営費から、人件費から、全部相手さんに入っているわけです。8園の補助金の中はね。1人園児に係る、私の言い回しが悪いのか知らんけれども、費用が、公立園と私立園は当然違うはずや。その格差をこの算出からどのくらい違いますかということなんです。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 公立保育園におきまして、1人当たりの運営費につきましては15万円でございます。民間につきましては8万7,000円でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) としますと、実は先般待機児童解消で2園を設立するという中で、梅の里地区の要綱が出ておりました。本市の計画の中で、梅の里の幼稚園、これは5歳、3歳、5、4、3です。これが保育園であればゼロから就学まで、5歳までになっております。私の調査のする中においては、梅の里の幼稚園は、既に大きく定員割れしております。その横に新設をされるというのは、いかに公立園をつぶすかということにならないですか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 今おっしゃった公立園というのは、幼稚園のことというふうに判断いたしましてお答えさせていただきます。

 保育園にご希望の家族の方と、幼稚園にご希望の方は、おのずからニーズが違うというふうに考えております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) それはあなた方の考えであって、今そうしますと、約70名定員が40名余りしかおらないので割れております。これに市は職員も派遣して、施設も建てております。それはやはりその横に、おのずと年齢は下がることはないんです。ゼロから始まると5歳、6歳、年齢は5歳、4歳って、人間の年齢は下がることはないんですよ。人間の年齢って上がるんです。ゼロから出発したかて5歳まで行きます。

 先ほど小西次長の答弁であれば、今までニーズが違うと申されますが、一般的には子供をゼロから預けたら就学まで、5歳までいられるところへ入れます。今度は90名定員と聞いております。そうなると、おのずと片一方では3、4、5で定員割れしているところへ、また、3、4、5の保育園を持ってくる。これはだれが考えたかて不自然なことじゃないですか。それならば、本当の待機児童解消と言うならば、あくまでも地域ニーズを考えた待機児童解消に候補地選定するべきじゃないのでしょうか。それがなぜ14年、15年度に審査が大阪府でペケになっておるかということは、大阪府いわくは、富田林でそのようなニーズのあり方をなぜ担当部局はもっとやらないんですかということでペケになっておるんですよ。これは私、事実知っております。

 今、梅の里のあの地域、1区画50坪、大きなところで80坪、子供を産む世代があそこで家を買いますか。富田林全体においても、大きな開発があるところは人口が皆減少しております。小さいところで20坪余りの建て売りやとか、買う方はまだ若い世代で、子供を産む世代でございます。そういうことも把握して、あなた方は申請をされているんですか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 梅の里の保育所につきましては、喜志地区という考え方であそこに建設予定をしております。今現在でいいますと、喜志地区の不足数につきましては、113の園児でいきますと不足しております。そういったことで、喜志地区ということで梅の里地区に保育園を新しく考えておるところでございます。



◆委員(左近憲一君) もっと大きな地域があるんじゃないですか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 一番不足しております地域が、喜志地区の113でございます。続きまして、彼方地区の105というのが不足数でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) 一番不足しているのは富田林地区じゃないですか。富田林地区と金剛地区じゃないんですか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 富田林地区におきましては、今現在不足数というのはございません。また、金剛地区につきましても不足数はございません。金剛東地区におきまして不足は発生しております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そうすることは、あくまでもそのまま現行で遂行されるというふうに判断してよろしいですね。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 今現在、次世代育成の計画に基づくニーズ調査を行っておるところでございます。そのニーズ調査につきましたら、地区別に要保育児童といいますのか、申請されたいというふうなことも、地区別でどれだけの要保育児童があるということも把握できるようなニーズ調査の内容になっておりますので、その状況も十分反映しながら今後考えていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そうすると、公立幼稚園の、仮に梅の里は定員割れ、また、今後それを建設されることによって、完全に梅の里は定員割れになりますわね。それの対策というのは考えておられますか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 全体的には、今現在102名の待機児童がおられます。新しく2園の計画では合計150でございます。しかし、今の公立保育園、民間保育園、認可保育園におきまして、定員オーバーして枠外に入っておられる方が約200名おられます。それをも考慮いたしまして、150名の定員で、150名の定員をすれば定員割れということは起きないという考え方でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) 現実的に、そうすると上の定数は今後減らない、割れないという考えで、そういうふうにとってよろしいですか。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) このままの推移でいきますと、各認可保育園、要保育児童数からいきますと、定員割れは起きないというふうに判断しております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) 私の言うているのは、公立園も割れないということを聞いているんです。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 公立園につきましても割れないと判断しております。ただ、みどり保育園につきましては、今現在240名の定員ということになっております。現実に老朽化いたしまして、240名の入れない状況があります。ここにつきましては、今現在も定員割れの状況でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) 私はみどりのことを言うているのと違う。喜志幼稚園のことを言うておるんです。喜志西の方でね。これ、そんなら絶対に割れないですね。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 大変失礼いたしました。僕がお答えいたしましたのは、あくまでも保育園の定員割れのことでございました。大変すみません、失礼いたしました。



◆委員(左近憲一君) いや、だから、3歳、4歳、5歳児が割れないんですかということを聞いておるんです。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) こちらで今現在把握しておりますのは、喜志地区における幼稚園につきましたら、定員割れというのを起こしているというふうには把握しております。



◆委員(左近憲一君) 割れてないって言ったのか、割れていると言ったのか。

    (「割れてる」の声あり)

 それじゃ、今後、これ割れているのをどう解消するんですかって言うているんです。横でつくったら余計割れるでしょうって、わし言うておるわけや。横で3、4、5、90名定員をつくったら、横で割れるでしょうって、私は言うておるんです。今割れておるんですよ。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 一番最初の答えにまた戻ってしまって、まことに申しわけございませんが、幼稚園と保育園を選ばれる方につきましては、違うという判断でございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) はい、はい、もう結構ですわ。あなたと物を言うたかて結論出ません。



○委員長(司やよい君) ここで暫時休憩いたします。

    (午前11時25分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午前11時45分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎保健福祉部次長(小西八之亟君) 大変失礼いたしました。左近議員さんのご質問につきましては、保育園と幼稚園と両方絡む問題でございます。今現在審議されているのは民生費のところでございますので、教育費のところに入りまして、幼稚園の問題と保育園の問題を合わせて審議していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



◆委員(京谷精久君) 127ページの19の負担金、補助及び交付金のシルバー人材センター補助金について、お聞きいたします。

 計上されている1,920万8,000円についての内容について教えていただけますでしょうか。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 シルバー人材センター補助金は、シルバー人材センターの人件費に相当するものでございます。

 以上でございます。



◆委員(京谷精久君) もうちょっと詳しく教えていただきたいんですけれども、人件費ということですね。ということは、これはどういう内容のものなんですか。例えば例を挙げて。



◎高齢福祉課長補佐(塩屋基忠君) お答えいたします。

 大変申しわけないんですけれども、細かい資料の持ち合わせがないので、後日説明させていただきたいと思います。



◆委員(京谷精久君) そんな難しいことを聞いているわけじゃなしに、人材センターから派遣された方を、福祉会館等で使用されているわけでしょう、これ。その人件費と違いますか。そうじゃないんですか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 シルバー人材センターに局長以下6名の職員がいるわけでございますけれども、それらの人件費でございます。



◆委員(京谷精久君) はい、わかりました。そうすると、これは実際の職員さんの人件費なんですね。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 失礼いたしました。そのとおりでございます。



◆委員(京谷精久君) ちょっと趣旨が違ってあれなんですけれども、今シルバー人材センターというのは非常に人材活用という面で力を入れられていると思うんですけれども、私らも基本的に人材センターの人を使用してくださいと、人材センターでかわれる分については、民間の人よりも人材センターを使っていただきたいというふうにお願いしている部分があるんですけれども、一つお聞きしたいのは、実際に登録されている方の研修についてどのような研修をされているのかなと。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 シルバー人材センター、今約800人ちょっとの会員さんがおられるわけでございまして、その会員さんの目的というのはいろいろでございます。就労を目的とされておる方もおられますし、また親睦というんですか、健康のために加入という方もおられます。就労の方につきましては、いろいろな専門職もございまして、植木等でしたら植木の研修とか、また、ケアマネの2級の研修とか、それとかまたIT講習とか、必要な方それぞれの研修を皆さんに諮ってされておるというのが現状でございます。

 以上です。



◆委員(京谷精久君) はい、わかりました。研修をされているということなんで、引き続き研修体制をきちっとしていただきたいなというように思っております。というのは、ちょっと最近よく耳にするのは、非常に高齢者の仕事という形で、非常に一生懸命やってくれてはる人材センターの方もいらっしゃれば、どうしてもそこら辺は責任感という面で少し足らないのじゃないかというふうな話も最近よく耳にしますので、人材センターで第二の仕事を始める。その中できちっとやはりそれが市民の方に評価されるというためには、やはり新たな気持ちで研修にも取り組んでいただきたいなというふうに思いますので、そこら辺要望の方をしておきます。

 以上です。



○委員長(司やよい君) ここで1時間経過をいたしましたので、暫時休憩をいたします。

    (午前11時51分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後1時00分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。

 ほかにご質問はございませんか。



◆委員(左近憲一君) 127ページ、先ほど京谷委員が質問されたシルバー人材センターに関連することですけれども、ちょっとこれは市民から聞いてくださいということで、資料を持ってきたんですが、実は、社団法人富田林市シルバー人材センターの15年4月度の人件費、これが運転手1,000円とか、ワープロが4,100円とか、経理事務とか、いろいろの技術、大工さんとか、時間給が入っております。これに基づいて質問いたしますが、実は、車の運転手、時間単価1,000円となっております。その人のいわくは、一律給料が7万2,000円とされていると。働く時間が8時30分から5時30分、9時間でございます。それで、休息時間を1時間とっても8時間やと。だから、1,000円であれば1日8,000円になる。日曜・祭日とかいろいろな形がありますので、大体平均しまして10日間と、明け明けの仕事ですからね。そうすると、運転手の給料が7万2,000円というのは、どうしたかて勘定が合わないと。時間給1,000円であれば、8時間働いて10日働いたら8万円になると。ここら、これは個人のあれだから、給料明細は見せられませんけれども、こういう形ですが、どういうような方法をシルバーの方はとっておられるのか、お答え願います。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 左近議員さんの質問で、シルバーの人件費なんでございますけれども、ご質問の中にありましたバスの運転手は、時間1,000円でございます。シルバーの方は、給料主なり、個人なりから依頼を受けまして、運転手で時間1,000円でもって派遣するわけでございますけれども、それでいただくお金は1 時間1,000円でございますので、8時間働かれましたら8,000円。8,000円に事務費として5%、だから8,400円を依頼主からシルバー人材センターが受けとりまして、行かれた個人さんには8,000円を渡すと、こういう形になっております。ですから、10日行かれたということですんやけれども、10日行かれたら8万円は個人の方に行くはずなんですけれども、ただその中で実際10日か、金額的に割り算しましたら9日、9掛ける8は72ですので、9日であるのかなと思ったりするんですけれども、実際はだから今申し上げましたように、その事務費5%もらっていますけれども、これはシルバーの運営費の方に充当しますので、1,000円掛ける8時間で8,000円。それの日数が個人さんの方に行きます。そういうことでございます。



◆委員(左近憲一君) そうすると、8時半の出勤、5時30分となってますわね。その間の1時間というのは、認められておりませんのやね。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 休憩ということで、1時間は見ておりません。ですから、8時半から5時半まで、それから9時間から1時間引きまして8時間が実働ということでございます。



◆委員(左近憲一君) そうすると、8時間ということは、8,000円になりますわね。1日。それで5%引かれたかて7万2,000円という給料、月給として7万2,000円として一律払われているわけですわ。ここの説明はどうなりますか。

 片や、9万1,000円という運転手もおるんですよ。同じ運転手の中に。それで、向こうから若干調べはった中においては、シルバーが4人として一括でもらっているのか、また、市が4人としてシルバーに払うているのか。けあぱるがね。そこらの見解がちょっとわからないために、これは質問というよりも、これちょっと明確にしてほしいということを、やはり働く人やから。一番低いところからいって、7万2,000円からいただけると。どうしても、どない勘定したかて合わんと。山内部長の今説明の50%というのも引いております。それを引いたかて7万2,000円にならないんですよ。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 資料を見せていただくということはできないということですので、ただ、確認はしかねる部分はあるんですけれども、単価については一切間違いございませんので、ただ行っていただいている方の実働時間とか、日数とか、そこらのところに何か誤差があるように思いますので、ですから、こちらから資料を見せていただけないことでございますので、ですからその方たちがシルバーの方へ行っていただいたら、すべてパソコンでいただいた金額、払った金額入っておりますので、その点ちょっと市民の方にお願いしていただいて、直接シルバーの方で確認をしていただけたらありがたいかなと思います。よろしくお願いいたします。



◆委員(左近憲一君) それはようわかるんですけれども、やはり働いている者が、これはどないなっているんとか、やはり親方になかなか聞きに行きにくいですわね。それで、今言わはる時間の誤差というけれども、これは時間給何ぼと、1,000円になっておるんです。片一方は一律、1年12カ月、全部一律7万2,000円の給料になっているんです。山内部長の説明であれば、若干変動が1年間通じてあって当たり前ですわね、当然。正月3日間休みあるとか、いろいろな形がありますので、そこら一遍調べておいてもらえますか。本人に行って調べろというよりも、当然質問されたらどうやと答えるだけの質問を調べてくるのがおたくらの義務じゃないですか。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 何回も同じような答弁になって申しわけないんですけれども、決まっておりますのが就労に対する時間当たり1,000円とか、800円とか、また、植木なんかでしたら1日幾らとかいう格好で、単価はすべて決まっております。それにプラス事務費5%をシルバー人材センターの方がいただいて、決まった単価掛ける時間とか、単価掛ける日数については、行かれた方にすべて支払いをされておるということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(左近憲一君) 支払われてないから質問しておるわけですわ。すべて支払われていますというのやったら、あなたの言われた言葉を信用しておきましょう。事実こうで、これ、あなたの目の前で見せて、違うたらあなた責任とれますね。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 責任問題とかということではないと思うんですよね。答弁に対して、わかっている範囲でお答えをさせていただいておりますので。



◆委員(左近憲一君) だから私が調べておいてくださいと言うてるでしょう。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 再度調べさせていただきます。



◆委員(左近憲一君) あなた方、質問しているんやから、調べる義務はあるでしょう。



◎保健福祉部長(山内崇道君) 再度調べさせていただきますけれども、できましたらその資料をいただけたら調べやすいんですけれども、お願いできませんでしょうか。



◆委員(左近憲一君) あのね、資料をくれというよりも、何ぼ払うてくれてますか。何ぼ払うてますか。シルバーにあんたとこ、市が補助金出しておるんですよ。シルバーと直接うちがやりとりやっておるんじゃないんですよ。きょうの委員会何ですか。ここへシルバー、お金出しておるから聞いておるわけです。解釈を間違うたらいけませんよ。みんなの税金の補助金でシルバーを賄っておるのと違いますの。出しておる責任上、調べてくるのが当たり前の義務と違うの。当然のことであって、そこまで言われたら、おたくが行かんでも私行ってきますよ。おたくに手間かけんでも。しかし、あんたとこは、そしたら金出した責任はだれが負うんですか。お金を出す以上は、どういうふうに使われていますかと聞くのが、市の行政と違いますのか。あなたの解釈、ちょっとおかしいですよ。

 そしたら、あなた個人の給料明細、プライバシーとかいろいろ言われる中で出しましょう。出した中で、あなた方、あなたはその個人の名前を出せれば、向こうで働いている人の名前が出たらどういう形になるかという結果がおのずとわかってきて、その人がもしそれで働けなくなったら、あなたが見てくれますか。



○委員長(司やよい君) ここで暫時休憩いたします。

    (午後1時11分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後1時21分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎保健福祉部長(山内崇道君) お答えいたします。

 先ほど左近委員さんの質問の中で、調査する件につきまして、私の方でシルバーの方へ行きまして、けあぱるの運転手ということもはっきりしましたので、ですから、そこらをきちっと……

    (「こら、はっきりした言うて、こんなもんけあぱるってはっきりわかっているやないか……」の声あり)

 再度調査させていただいて、報告をさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。



○委員長(司やよい君) ほかにございませんか。

 次に、4款衛生費についてお受けいたします。

 ページ数は、152ページから175ページです。



◆委員(上原幸子君) 157ページの4目病院費の19節医療機器等施設整備補助金について伺います。これからお伺いしますのは、12月の議会答弁でいただいたことばかりなんですけれども、なるべく具体的にお答えをお願いします。それから、すみません、私不なれなんで、ご答弁の方、ちょっとゆっくりと答えていただければありがたいんですけれども、よろしくお願いいたします。

 まず初めに、病院の大規模改修と高度医療機器については市が助成を行う。そして、小規模の改修とか、通常の医療機器、備品の更新は病院が負担するのがこれまでの方針だったというふうに伺っていますけれども、新年度の事業内容を教えてください。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 新年度の医療機器等施設整備補助金といたしまして、現在、救急外来におきましては、他の診療科とも併用しながら患者さんの受け入れを行っておりますが、より安全確保と利便を図るため、救急コーナーとして処置室等の増設、充実を初めベット数の増設や患者待合室の改修整備を計画しております。また、2階で外来診療を行っております皮膚科、形成科を、患者増で手狭になっておりますので、1階に移設するための整備工事や相談コーナー等の設置を考えております。

 このほか、病院全体の空調の運転、遠隔操作による空調、それから給水等の衛生設備、スプリンクラー等の消防関係設備の運営状態が把握できる動力操作盤の更新工事を実施してまいりたいと考えておるところでございます。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございました。

 次に、市長答弁だったんですけれども、富田林病院については公的医療機関ということで、条例に基づいて現行の運営形態を継続して充実を図るという答弁をされていました。新年度に富田林病院では、病院経営策を初めとしたハード面についても、中期・長期の計画を策定する際に、大規模改修などについても協議すると答弁いただいておりますけれども、その辺については協議、計画していただいておりますでしょうか。これは確認です。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 富田林病院は、新年度におきまして病院の経営改善策を初め中・長期計画を作成するため、コンサルの導入を計画されておられます。また、これと並行しながら、富田林病院管理運営等検討委員会を開催し、ご意見をいただき、協議を進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) ということは、計画されていただいているというふうに理解してよろしいんですね。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 そのとおりでございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 次に、現在、これも答弁なんですけれども、患者さんから意見を聞く投書箱、声の箱というのを外来窓口と各病棟窓口、それから各病棟の面会室に設置して、CS委員会を立ち上げて、そこに寄せられた意見などを討議、対応していますということだったんですけれども、そこに寄せられた要望、幾つかありましたら教えていただきたいんです。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 一番よく出ておりましたのは、やはり待ち時間の改善についての要望が多くあったように思っております。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございました。

 私の方にも、やはり市民から寄せられているのは、今病院側がおっしゃいましたように、予約時間なのに待ち時間が長過ぎるという声がやはり多くありました。これらの解消も含めまして、病院の整備充実が図られるように要望しておきます。

 以上です。



◆委員(今道隆男君) 157ページ、同じく病院費の21節、貸付金の11億円についてお伺いいたします。

 予算の附属説明資料、76ページですけれども、この中に富田林病院への運営資金の貸し付けにより、経営の安定に寄与するとともに云々とございますけれども、この11億円という金額の妥当性と、またその根拠について説明してください。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 開設当初から、富田林病院の運営資金として貸し付けを行っております。そこで現在、協議によりまして、11億円を貸し付けておるところでございます。

 以上でございます。



◆委員(今道隆男君) 富田林病院の経営の内容のチェックというのはどうなっているんでしょうか。ご説明をお願いいたします。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えをいたします。

 内容のチェックにつきましては、毎月1回、市から派遣されておる事務局長が内容をチェックし、各所属長会及び診療連絡会等で報告しておりますとともに、済生会に対しても報告をし、監査を受けておるところでございます。また、市に対しましては年一回、富田林病院事業報告を受けているところでございます。

 以上でございます。



◆委員(今道隆男君) 本市の職員として事務局長1人ということで、派遣されておりますね。幾ら有能な方であっても、1人ですべて把握できるのかどうか。そしてまた、富田林病院の管理検討委員会ですか、これが開催されておらず、決算報告もなされていないというふうに聞き及んでおるんですけれども、公金を貸し付ける以上、その保全措置を講じる必要があると思いますけれども、その点はどうなっているのか、お聞かせいただけますでしょうか。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 その件に関しましては、今後、富田林病院管理運営等検討委員会を定期的に開催し、より透明性を確保していきたいと考えております。

 以上でございます。



◆委員(今道隆男君) ぜひとも定期的に管理委員会をやっていただきたいと思います。

 質問を終わります。ありがとうございました。



◆委員(來山利夫君) 163ページの衛生費、保健衛生費、保健指導費ですね、13節委託料の項目なんですが、女性の方と医療という問題がこのごろ大きくクローズアップされておりまして、その中で幾つかご質問をいただきましたので、ちょっと確認だけさせていただきたいんですけれども、16年度から妊婦健診が、今まで前期だけだったんですが、後期も行われるということになったというふうに伺っています。この事業内容、例えば後期健診についてはどのような方法で周知徹底されるのかを教えてください。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 今言われる後期健診、妊娠週間が28週以上の妊婦さんに対しましては、4月広報等によりまして、4月以降につきましては、本市に妊娠届をする方に対しましては、母子健康手帳と同時に交付の予定をしております。また、3月末までに本市へ妊娠届け済みの方につきましては、健康推進課に連絡をいただいてから受診表の交付をいたしております。いずれにいたしましてもこれからの広報等で周知を図ってまいる所存でございます。

 以上でございます。



◆委員(來山利夫君) ありがとうございます。

 あわせまして、165ページに、同じく保健衛生費、健診費の13節の委託料、この中で、今年度より、16年度より40歳以上の方に乳がん検診にマンモグラフィーを併用するという新しい事業項目があるわけですけれども、このいただいた資料では集団検診を30回予定するというふうになっているんですが、例えば何名分を予定されているのか。また、申し込みの方法とか、受診方法ですね。この辺を詳しく教えていただけますか。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 この集団検診につきましては、一応30回を予定しておりまして、1回約40人、1,200人を予定しております。今言われている申し出の件ですが、広報などで周知をいたしまして、電話での予約制とさせていただきます。そして、こちらから予約者の方に対して、案内及び説明書を送付させていただいて、マンモグラフィーに対する啓発等を行って、検診を行う予定をしております。

 以上でございます。



◆委員(來山利夫君) あと1点だけですけれども、施設へ行くのか、それとも国の方ではそういう市町村に対しては検診車を手当てするのかというような、いろいろな議論をされているみたいですけれども、本市はどのようにされるんですか。



◎健康推進課長(山口博史君) お答えいたします。

 本市におきましては、当面ことし初めてでございますので、保健センターにおいて検診車を導入して、そこでやる予定をしております。

 以上でございます。



◆委員(來山利夫君) 以上です。



○委員長(司やよい君) ほかにございませんか。

 では次に、9款教育費についてお受けいたします。ページ数は、218ページから253ページです。



◆委員(辰巳真司君) 資料の221ページ、3目7節の賃金、図書館指導員賃金について、この内容についてちょっと詳しい説明をお願いいたします。



◎指導室参事(石黒輝子君) お答えいたします。

 学校図書館の指導員配置事業の中で、16年度より学校の図書館の指導員として、司書資格をお持ちの方を4名採用する予定にしております。それに伴いまして、学校の教育活動の充実を図るということが目的でございます。



◆委員(辰巳真司君) 続いて関連なんですが、図書館指導員については、緊急雇用の基金事業にかかわって、常に配置をされておると思うんですが、今年度の予算について説明をお願いしたいんです。



◎指導室参事(石黒輝子君) 緊急雇用の方でしょうか。



◆委員(辰巳真司君) はい。



◎指導室参事(石黒輝子君) 16年度ですね。



◆委員(辰巳真司君) はい。



◎指導室参事(石黒輝子君) 緊急雇用の方では、5名の司書資格をお持ちの方の採用を予定しておりまして、5校に配置をいたします。1名につきまして、賃金につきましては、1日6時間勤務で6,000円、年間200日程度を予定しております。



◆委員(辰巳真司君) 今、説明を受けた図書館指導員の配置は、合わせて9名で。



◎指導室参事(石黒輝子君) はい、そのとおりでございます。



◆委員(辰巳真司君) 9名で市内の小学校を対応するとなると、16校あるわけですから、非常に現状としては不十分ではないかなということで思うのですが、これからの今後の、次年度以降のことになりますが、少しお考えを聞かせていただきたいと思います。



◎指導室参事(石黒輝子君) お答えいたします。

 平成14年度、15年度で、小学校の方では11校につきまして緊急雇用を活用しまして、図書館の指導員の配置を行いました。残っておりますのが5校でございます。16年度につきましては、この5校、未配置校、今まで未配置校のところに緊急雇用の方を活用して人員配置をしようと考えております。新しく市の事業になりました4名につきましては、2年間で実施いたしました学校の中から、ただいま要望を各学校から上げてもらっておりますので、その内容を吟味いたしまして配置校を決定していきたいと思っております。

 それ以降につきましては、予算の関係もありますし、ちょっとここでお答えもできにくいんですけれども、現時点でお答えできるのはそれだけです。



◆委員(辰巳真司君) この質問に関連して、何点か指摘をさせていただきたいんです。今回の図書指導員の配置に関しては、予算措置されたということは、少なくとも小学校の全校配置に向けた第一歩やということで理解をさせていただいて、しかしながら問題点というか、私なりに思っている点を少し指摘をしておきたいなと思います。

 1つは、学校図書の蔵書の実態はどないになっているんやということが、非常に気になるところです。文部科学省が学校図書の図書標準に照らして、市内の実態を一回まとめてはどうかなということを思っております。ある学校では、実態として10年以上も前の本がまだたくさんあるということで聞いておりますし、市のほんまは要らない本、要る本と要らない本と分けて、同時に古い本はもう処分をしていく、そういうような図書の除籍基準みたいなやつをぜひつくっていただいて、どんどん子供たちに新しい本を提供していく、そういうシステムづくりが必要ではないかなと思っております。

 2つ目に、学校図書館、図書というような形での位置づけですが、公共図書館とのネットワークというか、相互の本のやりとりというか、そういうのもこれから必要ではないかなと。子供たちに必要な本がすぐに届くと。そしてまた、その検索するシステムみたいな形のパソコンの設置も検討されてはどうかなということを思います。常時、公共図書館と学校図書館がリンクをする、ネットワークを進めるというような、これから作業が必要ではないかなと思っております。

 3点目ですが、学校ぐるみで読書教育をどう取り組んでいくかというようなことが、特にこれ指導室にかかわることですが、学校図書館の活用の手法とか、教職員の研修の体制と、そういったことも充実を図っていただきたいと思います。

 それから、子供たちも含めた学校図書の推進の体制みたいなやつ、これから積極的に指導室を中心にしながら指導を強めていただきたいと思います。

 最後、4点目ということで、先般2月3日に、これからの時代に求められる国語力についてということで、文化審議会の答申が出されました。その中で、国語力との関係において、読書は国語力を構成している考える力、感じる力、それから創造する力、あらわす力、国語の知識等、いずれにもかかわり、これらの力を育てる上で中核となるというような認識のもとに、特にすべての活動の基盤となる教養、価値観、感性等を生涯通じて身につけていく極めて重要なものであるというようなことを、読書の意味合いを位置づけています。

 今回、市長の議会の開会のあいさつの中にもありましたけれども、富田林の次代を担う子供たちへの投資という位置づけで、この問題を非常に私たちも含めて多くの学校関係者、そしてまた議会の中でも積極的に発言された方々も含めて認識をしておりますので、ぜひ市長並びに教育長には、その先進市の事例であったりとか、また市内の学校現場の図書、学校図書の視察も含めてやっていただいて、この問題拡充に向けて取り組んでいただくということを言いまして、意見とします。

 以上です。



○委員長(司やよい君) ほかに。



◆委員(上原幸子君) 同じく図書館の指導員賃金についてなんですけれども、今、辰巳委員の質問、それから答弁を受けまして、ちょっとお聞きしたいところが出てきました。小学校16校中、何らかの形で今指導員が入っているということなんですけれども、指導員の数をお聞きしますと、数が16校より少ないということでは、これは兼任ということで、1人が何校かを持たれているんでしょうか。



◎指導室参事(石黒輝子君) お答えいたします。

 兼任ということではございません。1校に1名の配置でございます。平成14年それから15年度におきましても、5名、6名と、14年度は5名、15年度は6名の配置で、それぞれ各校1名でございます。来年度も、16年度も5校に対しまして5名、各校1名の予定をしております。



◆委員(上原幸子君) えっ、すみません。



◎指導室参事(石黒輝子君) ですから、兼任はしておりません。



◆委員(上原幸子君) はい。1校に1名が配置されているということですか。



◎指導室参事(石黒輝子君) すみません、言葉足らずです。14年度は5校について5名ですので、未配置校はございました。緊急雇用の場合、1年間ですので、その5名、5校についてはもう2年目はなしということで、昨年度、15年度は6校、それとは違う6校に6名配置いたしまして、これも1年度の契約でございます。ですから、来年度、16年度につきましても人数9名ですので、9校にのみ配置いたしまして、残りは未配置になります。



◆委員(上原幸子君) 未配置、そうなんですか、わかりました。要求ではぜひ全校というふうな要求が出ているので、「えっ」と思って聞いていたんですけれども。この司書の身分につきましては、緊急雇用ということと、それとアルバイトの方とでされて、雇われているわけですよね。アルバイトというのは、ずっと継続して雇われるんですか。



◎指導室参事(石黒輝子君) お答えいたします。

 今のところは全くアルバイト、1年間以内の契約と考えております。引き続き同じ方が雇用されるかどうかについては、全く今のところは何とも申し上げられないです。



◆委員(上原幸子君) 文庫活動をしていらっしゃる方の話などをよく聞くと、やはり司書については子供のことをよく、一人一人の子供の状況をつかんでいる方の方が司書としてふさわしい。その子の成長に合わせた本を選んで薦められるというふうなことでは、なるべく継続して同じ人が雇用されるというふうなことを要望しておきます。

 以上です。



◆委員(京谷精久君) 同じく221ページの13の委託料、データ作成委託料についてお伺いいたします。

 データ作成委託料が81万円ということなんですが、この内容についてまずお示しいただけるでしょうか。



◎指導室参事(石黒輝子君) お答えいたします。

 16年度は学力実態調査、小学校・中学校ともに予定をしております。現在のところ小学校で1学年、5年生。それから、中学校の方では2年生を対象にいたしまして、小学校の方は2教科、国語と算数について、それから中学校の方は数学、国語、英語について、学力実態調査を予定しております。そのために委託を考えております。そのデータ委託料でございます。



◆委員(京谷精久君) わかりました。前にもお話ししていたように、学力低下ということが非常に今父兄の間で叫ばれておりますので、まずは教育現場の方からそういう学力実態を把握していただくということの一つの調査の初めということで理解させてもらっていいと思うんですけれども、今後この調査をされて、それをどのように活用される予定なんですか。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) お答えいたします。

 正確には教育課程実態調査と呼んでおりまして、形は学力実態のテストを実施するわけですけれども、その結果をもとにしまして、その年度で行いましたことを、次の年度で各校がそれを解決していける取り組みができる学年を、5年生、中2として、次の年度で解決していける期間を残しまして、取り組みをまず各校が行う、そういう方法、方向を考えております。



◆委員(京谷精久君) こういう実態調査をされるということは今回初めてのことだというふうに思いますので、それは非常に評価させていただきたいなというふうに思うんですけれども、その統一の学力をきちっと把握した上で、それを各学校内できっちりと活用していただくということが非常に大切になっていくと思うんですね。やりっ放しというのが非常に心配な面がありますので。それを、非常に難しいと思うんですけれども、地域にある程度こういう部分が弱いというふうな情報をフィードバックするようなお考えはあるんでしょうか。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) お答えします。

 今までも各校が連絡をとり合いまして、そういう取り組みをしておったわけですけれども、教育委員会としまして実態をつかむというのが今回の目的でございます。つかみました関係で、どの部分が弱点があるとか、そういうことの評価については公表できると思いますが、全体の各校の格差をそちらに集中するような公表じゃなしに、解決していかなければならない課題については明らかにしていきたいと考えております。



◆委員(京谷精久君) 結構です。今回、まずはそういう学力実態を把握するということが、教育現場で行われるということが非常に大切な試みだというふうに思っておりますので、ただ、市長が施政方針の中でも確かな学力ということを打ち出していただいていますけれども、それはやはり教育現場自体がきちっとやはりまず把握するということが大切なので、それについては今後いろいろ研究もしていただけたらなと思いますので、要望しておきます。

 以上です。



○委員長(司やよい君) ほかに。



◆委員(來山利夫君) 229ページの小学校費の学校建設費と、233ページ、中学校の学校建設費、これは同じような内容の事業だと思いますので、あわせてお尋ねします。

 この13節、ともに委託料なんですが、これは学校の耐震診断の予算であるというふうに思いますけれども、今回の事業内容についてお示しいただきたいと思います。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答えいたします。

 ご質問の小学校におきましては、新堂小学校の耐震診断を行いたいと考えております。また、同時におきまして、耐震補強設計の予算も計上いたしておりまして、事業の内容でございますが、新堂小学校におきましては2棟分でございますが、5,446平米を耐震診断を行いたいと考えております。これの診断の委託料といたしましては、441万8,000円でございます。

 また、同時に、これに基づきまして耐震補強をしなくてはならないといった事態になりますと、それの補強設計の金額といたしまして、588万8,000円の予算を考えておりまして、合計1,030万6,000円を考えておるわけでございます。

 次に、中学校の耐震診断及び耐震補強設計の計画の件でございますが、金剛中学におきましては、管理棟の部分になるわけでございますが、4,201平米を耐震診断を行ってまいりたいと、このように考えておりまして、金額的には耐震診断の委託料といたしましては458万2,000円を考えております。また、診断の結果、そういった中から補強しなくてはならないといったような事態の補強設計費用といたしまして、511万2,000円を考えておりまして、合計969万4 ,000円の予算を考えておるわけでございます。



◆委員(來山利夫君) 今回、小学校が1校、中学校が1校の予算ということなんですけれども、我々以前から、今回東南海沖地震等がマスコミ報道等でされておりまして、いざこの災害というときには、学校というのは避難拠点になるということで、以前から耐震補強の件についてのお願いをしてきたわけですけれども、今回それぞれ1校ですが、本来56年以前に建った学校ですよね、これ以外に何校あるんでしょう。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げたいと思います。

 小学校におきましては16校あります中で、2校だけが56以降の建物でございますので、そういった中でご理解を賜りたいと思っております。また、中学校におきましては、56以降の建物といたしましては、喜志中学校、藤陽中学校、明治池中学校でございます。



◆委員(來山利夫君) ということでは、まだまだ不十分ということになると思うんですね。今回財源を見ましたら、これすべて一般財源で手当てをなさっていると。大規模改修についても国からの補助というのは、今回、ことしですか、なくなってしまうのではないかと。我々も国に対してはいろいろな働きかけをさせていただきたいと思うんですけれども、今後、この耐震の問題についてはどのようにお考えですか。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げます。

 議員ご指摘のとおり、やはり学校は子供たちの安全を第一として考えていかなければならないと、このように考えております中にありまして、先ほどからご指摘いただいていますように、南海及び東南海地震の予測もされております。また、市民の皆さん方の応急避難場所となるところでもございますので、早急にこの耐震化を急がなければならないと、このように考えております中にありまして、財源につきましては非常に厳しい実態、市の財政状況の中にありますが、年次計画的な中で、56以前の建物につきましては、順次耐震診断を行いながら、学校の耐震化を行ってまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆委員(來山利夫君) ありがとうございます。

 次に、245ページの社会教育費、文化財保護費、13節の委託料と17節の公有財産購入費というのは恐らくセットのものであろうと思うんですけれども、これは寺内町にできますまちづくりセンターの用地と設計委託料というふうに聞いているわけですが、この予算書を見ますと1億2,800万円で、国庫補助金も6,000万円、また一般財源から7,000万円余りの予算なんですね。これだけ大きな予算がついている事業なのに、説明といいますか、どういうものができますよとかという説明について、我々ほとんど伺っていない、聞いてないわけですよ。いろいろな方から問い合わせがありまして、どんな、何ができるんですかという問い合わせに対して、我々まともにお答えできないという状況になっているわけで、申しわけないんですけれども、その計画から現在に至るまでの経過をお答え願いたいんです。



○委員長(司やよい君) 暫時休憩いたします。1時間余り経過しましたので。

    (午後1時58分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後2時10分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎社会教育部長(越智孝君) 來山委員さんにつきましてお答えを申し上げます。

 用地、公有財産購入費及び委託料につきましては、寺内町の中にございます322平方メートルの敷地に係りますものでございまして、この事業は国土交通省の方の事業採択を受けております街並み環境整備事業の一環でございまして、約およそ2分の1弱の補助金をいただきながら事業を遂行していくものでございます。この事業につきましては、平成11年度に事業計画というものを策定いたしております。その事業計画の中に、生活環境施設の整備という項目がございまして、その中で整備項目あるいは整備イメージというものを計画しております。その整備項目の中身でございますけれども、ちょうど寺内町という町並みがございますので、その伝統的待合所を継承したものであるとか、あるいはイベントとか、さまざまな用途に対応できるスペースを確保しながら計画をするとか、そういうようなことでイメージ図までをその計画の中につくり上げて、平成11年度に策定をいたしております。

 その計画に基づきまして、今回16年度で予算計上させていただいたところでございます。その計画をしております内容につきまして、非常に説明不足があったという点につきましては申しわけなかったというふうに思っております。しかしながら、我々としましてはこの整備計画に基づきまして、地元で構成をしていただいております町総代、守り育てる会あるいは商店会の代表者の皆さんで構成をしていただいております富田林寺内町地区町なみ環境整備委員会の皆さんのご意見もいただきながら、これらの事業について計画を進めていきたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。



◆委員(來山利夫君) お答えいただきましてありがとうございます。

 我々がお願いしたいのは、やはりこういう大きな予算を使ってする事業については、やはり説明をきちっとお願いしたいと思うんですよ。我々地元であいさつ回りをすれば、いろいろ質問を受けるわけです。何ができるんですかと。そのときに、いや、わかりまへんねんでは、申しわけないんですけど我々も格好悪い。ですから、こういう大きな事業については今後やはり十分注意していただいて、事前にやはりきちっとした説明をお願いしたいと要望しておきます。



○委員長(司やよい君) ほかにございませんか。



◆委員(上原幸子君) 221ページの7節賃金の小学校講師賃金についてなんですけれども、施政方針で小学校低学年で35人を超える学級から30人学級を実施するというふうに書いてあるんですけれども、具体的にそれぞれの小学校でどのようなクラス編制になる予定ですか、教えてください。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) お答えします。

 小学校1、2年生の学年におきまして、30人学級を実施、進めていくわけですが、当面35名を超える多くの人数を抱えているクラスから、学級増をいたしまして、そのクラスを30人学級にしていくという、そういう計画でございます。



◆委員(上原幸子君) それぞれの学校で、今でしたら大体もう予定の人数というのは出ているかなと思うんですけれども、新1年生の。まだ出ていませんか。それぞれの学校のクラス、35人を超えるクラスが30人学級になるとかいうのは、そういうのはわかりませんか。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) 4月当初から実施をしたいと考えておりますので、準備はいたしておりますが、予算が議会で通りましたその時点から、短期、本当に3日ほどで準備をしたいと考えておりますので、今のところすべてどうこうとはちょっと報告できません。



◆委員(上原幸子君) 予算説明資料でしたっけ、10クラス10人、1、2年5クラスずつというふうに載っていたかと思うんですけれども、それはそしたらどのように計算されて。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) 前年度の10月1日の在籍見込み数を予定しておりまして、35を超える学級を解消するとすれば、10学級は増をしないといけないだろうという見込みの中で、まず、予算計上を進めてまいったところでございます。



◆委員(上原幸子君) わかりました。そしたらまだちょっと言えないということですね、はい。

 これ、最後要望なんですけれども、保護者の皆さんとか教職員の皆さんから、たしか2月20日ぐらいに富田林の学校を30人学級にしてくださいという署名、1万5,620筆というふうにお聞きしているんですけれども、それが1次分として市に提出されたと伺っているんです。新聞にも載っていたんですけれども、各校のPTAとか、全市の170近い町総代さんとか、100を超す老人会にも協力を訴えられたというふうなことなんです。孫のために大奮闘された老人会の会長さんとか、本来のPTAの仕事ができるということで多くの署名を集められたPTAの会長さんもいらっしゃったそうなんですけれども、これらの願いを受けとめていただいて、今後も計画的に進めていただきたいというふうに思います。

 以上です。



○委員長(司やよい君) ほかに。



◆委員(上原幸子君) よろしいですか。

 225ページ、231ページ、235ページのそれぞれ13節の施設管理等委託料について伺います。

 施政方針で幼稚園、小学校、中学校で、シックハウスの症候群対策として、学校環境衛生の基準に基づく調査を行うとされていますけれども、それはいつごろ、どのような調査をされるのか教えてください。



◎指導室次長(長谷川俊明君) お答えいたします。

 平成15年度は、小学校1校、中学校1校について検査を実施しました。検査結果は両校とも学校環境衛生基準に示されている数値を下回っておりました。平成16年度につきましては、幼・小・中すべての学校・園で早期に施設の安全性を確保するために、1学期中にすべての学校で検査を実施する予定です。

 検査の内容につきましては、学校環境衛生基準にありますように、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロルベンゼンにつきまして、教室につきましては普通教室、音楽室、図工室、コンピューター室、体育館等必要と認める教室、これらについて環境衛生基準の検査基準にのっとりまして検査をする予定でございます。

 以上です。



◆委員(上原幸子君) はい、わかりました。

 学校施設の建設とか改造などの工事発注に際しては、このシックハウスの症候群対策は当然講じられていると思うんですけれども、それはどのようになっていますか。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げます。

 ただいまご質問いただいております内容につきましては、ただいま改装をずっと3年間にわたりましてやってまいっております寺池台小学校の件ということで承っておるわけでございまして、寺池台小学校をいわゆる改造する場合には、建築基準法に定められました資材を使用いたしまして改修するということで、平成15年度におきましても実施してまいったわけでございまして、7月に実は寺池台小学校、平成15年度におきましては7月20日に工事を着工したわけでございまして、そういった中から工事が10月末をもって完了したわけでございまして、その後、部屋の換気を約1カ月余り行ったところでございます。その後、12月1日に、先ほどご質問されましたホルム類の調査また揮発性有機化合物の環境汚染調査を、環境基準、化学物質の環境検査を行ったところでございまして、そういった結果の中から法定基準以下の結果が出たわけでございまして、そういった法定基準の結果を見まして、12月15日に寺池台小学校を学校に引き渡しを行ったところでございます。



◆委員(上原幸子君) はい、ありがとうございます。

 寺池台小学校で、ことしの初めに改造された教室に入った児童や教職員が体調不良を訴えられたということがありました。それに対しての対応としては、今、おっしゃったように、4物質の項目の調査を3月にしたというふうにおっしゃいましたか。



◎教育総務課長(吉村正治君) それでは、今のご質問の件でございますが、3月にはまだやっておりません。私申し上げましたのは12月の時点におきまして、いわゆる入室をいただく前の検査の件でございます。



◆委員(上原幸子君) 検査をされてオーケーということで、児童も教職員も授業で初めて入ったわけなんですけれども、すみません、さっき申し上げたんですけれども、入った結果、児童や教職員が体調不良を訴えられたと。特に教職員の方は入院しておられるというふうな状況なんですけれども、話によりますと3月の初めにも調査をすると、し直すということだったんですけれども、それはいかがですか。



◎指導室次長(長谷川俊明君) その結果を受けまして、うちの方で3月の春休み中に再度検査を実施します。



◆委員(上原幸子君) はい、ありがとうございます。

 先ほど話が出ました学校環境衛生の基準というものについて教えていただきたいんです。



◎指導室次長(長谷川俊明君) 学校環境衛生の基準は、学校保健法に基づく環境衛生検査、事後措置及び日常における環境衛生管理等を適切に行い、学校環境衛生の維持改善を図ることを目的とした基準でございます。これは文部科学省が決定しております。定期環境衛生検査として、照度、明るさですね、照度あるいは騒音、教室等の空気、飲料水、こういうものについて検査項目、検査回数、検査事項、検査方法、判定基準、事後措置、こういったものが定められております。富田林の学校・園におきましては、毎年1回、薬剤師等によって、この基準に基づいて検査を実施しております。

 以上です。



◆委員(上原幸子君) 今おっしゃられましたように、学校環境衛生の基準では、このホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロルベンゼンの4物質の項目が追加されています。定期検査として毎学年に1回、定期に実施することになっているということ。コンピューターとか、新しく学校用備品の搬入などによって発生のおそれがあるときにも臨時検査を実施したり、それとか新築・改築・改修時には濃度が基準値以下であることを確認させた上で引き渡しを受けることになっていますけれども、寺池台小学校の場合、特にこれは、これまでの経過ではそういうふうなことはきっちりとなされていたんでしょうか。また、今後の対応についてお聞かせ願いたいんですが。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) お答えします。

 先ほど総務課長が申しましたように、引き渡し時点では1カ月の猶予も与えて、検査基準も下回っておりましたので、法的には問題がないわけですが、やはり個人的な差異があるようでございまして、特に敏感に反応する方もやはりおられまして、一時、学校から報告がありましたときには、一たん教室をもう一度しばらく使わないという方法もとろうかといろいろ検討してまいりました。今のところ再度3月、春休みに検査を行って、もう一度確認をする中で教室を使用していきたいと、そういうふうに考えております。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 今特に敏感な人と言われましたけれども、このシックハウスの症候群に関しましては、保育所とか、全国的にもいろいろなことがある中で、また、この学校環境衛生の基準というのが厳しくされたわけですので、特に敏感な人と言われたことについては、少しちょっと異論はあるんですけれども、学校環境衛生の基準内であるということなんですけれども、実際にそれでも体調不良を訴える人があるということになったら、その基準そのものを見直していただかなければならないというふうにも思いますけれども、そういうふうな全国的な事例は何かつかまれておりますでしょうか。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) 全国的な状況については存じておりませんが、南河内の他市におきまして同じ改修を行ったところが、基準値以下ではあったけれども、かなりの反応が起こったということを聞いております。その場合に教室を3カ月間あけ放して使用を待ったという状況は報告をもらいました。本件でもこういうことが起こりますと、どうしても反応する人数またその状況によりまして、教室使用を見合わせるということになるかなと思います。基準につきましては、かなりの厳しい基準だと思っておりますので、その点についてはちょっと返答しかねます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございました。

 寺池台小学校での出来事を、また今後に生かしていただきたいというふうに思います。

 次なんですけれども、229ページの5目学校建設費、15節小学校大規模改造工事費について伺います。

 ちょっと先ほどの來山議員と重なる部分もあるかなとも思うんですけれども、施政方針で引き続いて寺池台小学校の大規模改造事業に取り組むということを明らかにしていただきました。今までは全部で工事は3期に分かれていて、1期工事が終了して今2期工事に入りかけているわけですけれども、これまでの改造状況と新年度の計画について、ちょっとお示しください。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げたいと思います。

 寺池台の小学校の大規模改造事業の件でございますが、既に平成14年、15年度の2カ年におきまして実施した事業につきまして、まず、ご説明を申し上げたいと思っております。

 平成14年度におきましては、1号棟の3,846平米の耐震診断と、耐震補強設計。そして、1号棟3,846平米のうちの、1号棟の2,207平米の老朽改造設計を平成14年にしたわけでございます。平成15年度、本年度でございますが、2号棟の2,560平米の耐震診断、耐震補強設計及び2号棟3,846平米のうちの1号棟2,207平米の耐震補強工事、老朽改造工事を、第1期の大規模改造事業として実施したわけでございます。

 また、平成16年度の予定でございますが、先ほど申し上げました1号棟の3,846平米のうちの残りの1,639平米の耐震補強及び老朽施設の改修工事を予定しておるわけでございます。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 国のいわゆる三位一体の改革の影響を大規模改造事業で受けるというふうに伺ったんですけれども、具体的にどのような影響があるのか教えてください。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げます。

 今ご質問の補助金の件というふうに考えておるわけでございますが、補助金の試算におきましては、今回の平成16年度予算計上いたしております予算ベースの中で、補助金ベースで考えますと、まず、従来の補助金のベースで考えますと、対象補強工事費の補助金としては2,653万6,000円、そして老朽施設改修補助金としては3,750万9,000円、合計6,404万5,000円を補助金として考えたわけでございますが、先ほどご指摘の補助金採択方針が変わりまして、老朽施設の改修補助金がなくなったということでございます。

 また、耐震補強工事費の補助金としては481万8,000円となりますので、そういった中から6,404万5,000円から481万8,000円を引くことになりまして、5,922万7,000円が削減となるわけでございます。



◆委員(上原幸子君) はい、ありがとうございます。

 ちょっと気になるのが、寺池台小学校の改造については、最後まで当初の計画どおりに実施されるのでしょうか。



◎教育総務課長(吉村正治君) 非常に難しいご質問をいただきながら、私も考えておるわけでございますが、今回におきましても、1月のちょうど予算の内示をいただく直前の日に、教育委員会の施設担当課長会議の中で大阪府下の施設担当を集めまして国の方針が示されたところで、先ほどご質問いただきました三位一体改革の中から補助金の方針が変わりまして、老朽施設改造事業につきましては、補助金がいわゆる耐震化を急ぐということの中から、耐震化事業をやった学校には補助金を出していきたいという方針のもとから、老朽施設の改造補助金が、耐震化が行われていない以上、老朽化の補助金がいただけないといった状態の中から、大変16年度予算を考えるに当たりましても苦慮したわけでございまして。人間で申しますと顔の半分を平成15年度で工事をいたしましたものですから、顔の半分が化粧がされてないような、ちょっと変な例になるかもわかりませんが、そんな状態の中で、寺池台小学校の管理棟が、半分はいわゆる老朽施設の改造がされていて、半分はされてないといった中では、それでは大変申しわけないといった中から、一般財源を使いながら、平成16年度については、何とか老朽施設の改造をお願いしたいといった中で検討いただいた中からの非常に苦しい予算であるわけでございます。

 以後、17年度につきましては、そういった補助金を考えながらいたしますと、一定の方向転換をしなければならない時期に入ったのじゃないかということで、担当者一同で考える中にありまして、これからは耐震補強工事を進めるのがまず大事ではないかといった方針の中から、耐震補強工事をやっていきたいと。そういった中で、寺池台小学校につきましても、これは16年度の国の方針でございますので、寺池台小学校におきましては、何とかもうあと1棟が残っております。それを完了する中にありましては、いろいろな方面からも努力をしながら、寺池台小学校を完了してまいりたいと考えておりまして、補助金も厳しい中にありますが、耐震工事をできるだけ早く完了してまいる方向の中から考えてまいりたいなと、このように考えております。よろしくお願い申し上げます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございました。

 この寺池台小学校の改造につきましては、担当課の方もえらい長い間待ってもらいましてというふうな感じで、すごくうれしく、やっと工事できますというふうなことで、担当の職員の方も語っておられましたし、また、地域のあの住民の方も、トイレなど特に本当にひどい状況でしたので、今回1期工事が終わって、その後見学しましたときも、教職員ともども本当にきれいになったね、学校が明るくなったねというふうなことで、本当に喜んでいました。ぜひ今おっしゃいましたように、国からの補助金がカットされるということでしたけれども、極力顔は半分だけじゃなく、最後まできっちりときれいにしていただきたいというふうに思っています。

 次に、施政方針で、学校施設の耐震診断と補強設計について、年次計画的に実施するということを明らかにされています。私は、さきの9月の議会で、小・中学校の耐震診断や安全点検を求めました。そして耐震性が確認されている学校、今後、耐震診断が必要な学校施設を明らかにしていただきました。改めて確認しますけれども、現在までに耐震性が確認されているところや補強工事が行われたところはどの学校でしょうか。また、耐震診断が必要な学校数については何校あるでしょうか。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げたいと思います。

 お尋ねされております耐震性が確認されている学校でございますが、昭和56年6月以前の建物で、小学校では久野喜台小学校、寺池台小学校、中学校では第三中学校でございます。また、昭和56年6月以降の新耐震基準の学校といたしましては、小学校では小金台小学校、向陽台小学校、中学校では喜志中学校、藤陽中学校、明治池中学校でございます。



◆委員(上原幸子君) 耐震診断が必要な学校数は何校ありますか。



◎教育総務課長(吉村正治君) 耐震診断の必要な学校につきましては、56年以降に建設されました学校、小学校2校、中学校3校がそういった中でございまして、その中からまた耐震診断、小学校は16校ございますので、そういった中からあと14校、その中でもそういった中でやっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆委員(上原幸子君) 昨年の9月議会で、耐震診断については3年計画で行うとされていましたけれども、この今学校数をお聞きしましたけれども、この3年計画で全校終了するんでしょうか。



◎教育総務課長(吉村正治君) 意気込みとしては、そういった気持ちの中で我々担当は考えておるわけでございますが、何せ今回新堂小学校及び金剛中学の耐震診断につきましても費用もかさみます。そういった中から、この3年間鋭意努力してまいるつもりでございますが、この残っております学校全部ということになりますと、非常に厳しい状況であるとも考えられます。よろしくお願い申し上げます。



◆委員(上原幸子君) 施政方針で補強設計ということも表明されたんですけれども、具体的に教えてください。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げます。

 まず、耐震診断をいたしまして、その中から診断の結果、人間でいいますと人間ドックへ行きまして、ここがぐあい悪いといったところが出ましたら、その部分の棟の耐震化を急がなければいけませんので、それのための工事を行いますための工事費を計算するための補強設計を組むわけでございまして、耐震といいますと、耐震化はいわゆるブレスを入れるといいまして、久野喜台小学校なんかごらんいただけたら、またご参考にしていただけたらと思うのですが、いわゆるペケ印的なものを、大きな柱を入れまして耐震の強化に努めたいと考えております。



◆委員(上原幸子君) 耐震診断をしてぐあいが悪いところがあった場合は、次はぐあいが悪いところを直す工事が必要かと思うんですけれども、その工事をするには工事費が要るわけなんですけれども、その辺はどうなるんでしょうか。



◎教育総務課長(吉村正治君) お答え申し上げます。

 工事費につきましては、国の補助金をいただきながら実施をしてまいりたいと考えておりますので、これは単費事業になりませんので、そういった場合には補助金をいただきますので進められるかなと思いますが、一気には行きませんので、よろしくお願い申し上げたいと思います。



◆委員(上原幸子君) さきの9月議会の答弁では、耐震診断の緊急かつ重要性についての認識を示していただきました。防災の問題は教育委員会だけでなく、これも答弁であったんですけれども、全庁的な課題であって、予算の確保も含めて今後一層の耐震診断の強化と、それに基づいての改修、補強、急いでいただくということを改めて要望しておきます。

 247ページの6目18節の備品購入費の中の図書等購入費についてお伺いいたします。

 これは前年度より100万円の増額となっているんですけれども、100万円の資料、図書というのはどうもイメージがわきにくいんですけれども、購入冊数にしたら大体1冊の値段いろいろあるかと思うんですけれども、どのくらいになるんでしょうか。



◎中央図書館長(山際正君) お答え申し上げます。

 年間の購入冊数についてでございますけれども、一般書で約6,300冊、児童書で約5,400冊、その他CD、紙芝居等合わせまして約1万3,000冊ぐらいになろうかと見込んでおるところでございます。



◆委員(上原幸子君) その購入される選書については、本を選ぶ選書についてはどのような方法でなさっていますか。



◎中央図書館長(山際正君) お答え申し上げます。

 図書等の購入につきましては、職員が一般書、そして児童書の担当者別に週1回会議を開催いたしまして、選書会議と呼んでおるんですけれども、そこで決定して購入しているところでございます。

 なお、選書につきましては、一応基本方針というのを設けておりまして、1点目が図書を中心とするが、視聴覚資料にも留意する。2点目が、基本図書の充実を図り、利用の多い児童書を相当数購入し、予約部分にも留意する。3点目といたしまして、年間便覧、辞典、目録、統計等の参考資料を充実させる。4点目といたしまして、郷土資料、行政資料の充実を図ると。これらのことを踏まえまして、会議では予約の本で蔵書にない本、また日ごろ職員が貸し出しカウンターで利用者の方々と対応させていただく中で、利用が多く見込まれる本等、蔵書構成を見ながら、利用者の幅広いご要望にこたえられるよう、そしてジャンルの偏らない選択を心がけて選書させていただいているところでございます。



◆委員(上原幸子君) 本市の図書の利用冊数は、年々伸びていっている傾向にあるというふうに伺いました。12月議会での答弁で、市民1人当たりの図書費について、本市と他市の状況を、南河内の市だけで結構です。市との比較でお伺いしましたけれども、改めて教えてください。



◎中央図書館長(山際正君) お答えいたします。

 14年度の決算額の数値になろうかと思います。河内長野市が536円、羽曳野市が339円、大阪狭山市が246円、藤井寺市が182円、本市が152円でございます。



◆委員(上原幸子君) はい、ありがとうございました。

 今年度のこの100万円の増額によって、本市の市民1人当たりの図書費は幾らになったんでしょうか。



◎中央図書館長(山際正君) お答えいたします。

 単純計算といたしまして、約8円のアップになろうかというふうに思います。



◆委員(上原幸子君) ということは160円ですか。



◎中央図書館長(山際正君) すみません。図書だけの資料費で申し上げましたら、今おっしゃっていただいたように152円から160円というふうになります。ただ、ほかの資料もこの備品の中で予算執行させていただいている関係上、それらを踏まえますと166円になろうかと思います。



◆委員(上原幸子君) あくまでも一つの目安なんですけれども、あとどのくらいの図書費があれば、この南河内の市の中で、せめて、今はちょっと最低クラスなんですけれども、標準あたりになるんでしょうか。



◎中央図書館長(山際正君) ちょっと比較はしにくい面がございます。と申し上げますのは、どう言うていいんですか、近隣におきます2市におきましては、開館されてまだ1年しか経過していないという図書館がございます。そのようなところから、初度備品的な形で多額の予算をつぎ込んでおられるというふうに理解しておるわけでございまして、仮にそのような状況を差し引いて換算させていただきながら、なおかつそれ以外の市におきましては前年度並みの当初予算額と仮定するならば、先ほど申し上げましたように8円のアップとなりますことから、南河内地域におきます、松原も入れまして6市になるんですけれども、5番目になろうかというふうに考えておりまして、平均的な数字で申し上げましたら、185円ぐらいの数字になろうかというふうに考えておるところでございます。



◆委員(上原幸子君) 予算を計上されたと思うんですね、担当の方から。そのときの予算を計上するときに、何らかの基準があって計上されるかと思うんですけれども、その予算計上されるときの基準にされたのはどういうことなんでしょうか。その辺は、南河内では今最低やからこの辺を目指そうとか、何かそういうふうなあたりでもないんですか。



◎中央図書館長(山際正君) 今申し上げましたように、ちょっと特殊な事情は横へ除かせていただいて、大体南河内の中心的なところに位置するだろうというような数字が185円ぐらいではなかろうかというふうに算定というんですか、目標というような形では思っておりまして、予算要望はさせていただいておるところでございます。



◆委員(上原幸子君) わかりました。

 図書費の増額のほかに、市民の方から何か公立図書館について、ご要望なりご意見聞いていらっしゃることありましたら、お聞かせ願いたいんですが。



◎中央図書館長(山際正君) 数多くいただいているというご要望の中では、開館時間の拡大、それと自習室の確保並びにセンター館としての機能を持つ図書館の建設、また、資料費の予算の増額等々が主なところでございます。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 最後に要望です。資料費の増額については、子供から大人まで、図書館というのは幅広い分野の資料情報を収集するというふうな図書館の根幹をなすものですという議会答弁もいただいていますので、ますますの増額をお願いしておきます。

 また、本市においても市民の図書館の利用が伸びていっているということなんですから、まちづくりの一環としても今後図書館をもう少し大きく位置づけていってもらえたらというふうに要望しておきます。

 以上です。



○委員長(司やよい君) ほかに。



◆委員(左近憲一君) 232ページ、2目で教育振興費7,300万円、これ計上されております。この中には、すこやかネットの予算も含まれると思いますが、今すこやかネット、我々の地域では学校、家庭の連携をし、親と子の地域の触れ合い、このような奉仕活動をいろいろ今されております。この事業を来年、本年度までの補助金と聞いていますが、引き続き保護者や地域の団体から連携を図るために今後どのようにされるか、その見解をお願いしたいんです。



◎学校教育部理事(宮本俊蔵君) 今お尋ねの事業につきましては、府の補助事業でございまして、府から半額の補助金をいただいて実施してまいりました。府の方が、事業名は残しながら補助金を打ち切るという方針が一たん出されまして、それについてはぜひとも続けてほしいということでお願いをしてまいりまして、現在の状況では府の方も引き続き補助金を出すというふうな方向で進んでおります。



◆委員(左近憲一君) ありがとうございます。

 そうしましたら、今一番問題になっているこのネットを利用した中で、不登校やとか、登下校時の誘惑、殺傷事件が今日本各地でいろいろ起きております。すこやかネットのやはり啓発とか、地域、関係団体が今やっておられる中において、今学校週5日制が14年4月から行われております。土曜・日曜日を初め放課後の子供同士のふれあいの遊び場のないことも多く聞かれる中で、多くの人たちが集まる安全な場所として、子供からお年寄りまでの各地域の児童遊園が幅広く利用されていると聞き及んでおりますが、現在の本市の児童遊園の数、また今後の児童遊園の設計計画はどうなっておりますか。



○委員長(司やよい君) 暫時休憩いたします。1時間を経過しましたので。

    (午後2時56分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後2時57分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎建設部次長(植田信二君) ただいまの児童遊園の数ということでございますけれども、現在市内112カ所でございます。計画としましては、16年度では一応2カ所の新設を予定しております。確定ではございません。

 以上です。



◆委員(左近憲一君) 確定ではないと申されるんやけれども、ちょっと費目は違いますのやけれども、これは予算附属説明書の84ページに、ここに区分は違うんですけれども、福祉の推進に努めているということで、児童遊園の建設予定計画が入っておりますね。これに対して、この本市の児童遊園の基本要綱というのはどのようになっておりますか。



◎建設部次長(植田信二君) 一応、現在のところ要綱というものがございませんで、これ歴史としては、一番最初は昭和27年から始まっておりまして、ずっと慣例という形で、大体お借りする場合は5年間は最低貸していただくと。以後は、双方に異議がなければ1年ごとに更新していくという方向になっております。



◆委員(左近憲一君) 今5年間と申されましたが、大体今、私ども喜志地区でも今問題が起きております。5年で返してくれというような返還要求もされているということも聞いておりますが、投資されるのに100万や200万の投資するんじゃなく、ウン千万円という金を投資するのに、5年間で元も子も何もないようになるというような要綱というのは、ちょっとおかしいんじゃないかなと思うんですが、今大阪府、国の基準からいたしましても、大体予算の約1,000万の大体投資をするのであれば、約10年。3,000万とすると、約30年。それ以上になると、50年ということになると補助しない。また、そういう施設をつくらないという要綱がございますが、これ、もしこのような短期で違う方角に進んだ場合もあると思います。

 我々も、私のまた経験から言うと、過去において児童遊園をつくるのに、隣接の道路まで整備するというようなことは聞いたことございません。今まで私どもが「ここで児童遊園どうですか」と市に打診したときには、入る進入路は当然ございました。しかし、工事車両が入れないからちょっと狭いんじゃないかということで、市の方からお断りなさったということを聞いております。それなのに、今ある地域で持ち上がっている道路は2メートル道路ございます。これを4メートル道路にして建設をすると。これに対して約1,500万投資される。これが本当にその誘致の方が、10年でも20年でも使ってくださいという、本当に誘致される人であれば、本当に市は結構なことですが、もしそこの事情があって5年で返してくださいと来た場合に、膨大な金額の投資になるんじゃないですか。

 この、市としてこの計画に基づいてやる中において、この5年と期間の要綱を見直す、新しい姿勢として見直す意思はありますか、ないですか、はっきりしてください。



◎建設部次長(植田信二君) 正確には1,400万の予算を計上させていただいておりまして、そのうち内訳としましては900万円が公園そのものの整備、進入路の整備として約500万、合計1,400万ということで計上させていただいておりますけれども、従来慣例で5年ということで来ましたけれども、今ご指摘いただきましたように費用対効果ということも考えますと、ちょっとこれは考え直す必要があると思いますので、その点についてはこれから検討させていただきたいというふうに思います。



◆委員(左近憲一君) 今、その中にございました、道路整備が入っておったね。こんなの、過去にありませんでしたよ。進入路まで整備すると。このようなことまで、今まで入っておりませんでした。このような、何で特定な地域で、なぜこのようなあれが起きてきているんですか。



○委員長(司やよい君) ここで暫時休憩いたします。

    (午後3時4分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後3時20分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎建設部長(國田泰一君) それでは、今ご指摘いただきました児童遊園の件につきましてお答え申し上げます。

 特に児童遊園の地元の皆様方からお借りしている用地につきましては、公園をできるだけ多くつくろうということで、昭和27年から始めた制度でございます。特に開発許可等で住宅地造成のときにできる公園、一方で今ご指摘のお借りする公園ということで整備をしているわけです。今まで過去二十何年、長いのは30年ということでお借りしている土地がほとんどなわけでございますが、今、先ほど質問の中で左近委員から話がありました、借りて5年以内に返してほしいという申し出があった公園があるわけです。その辺のことを考えますと、今現在の時世からいいますと、特に投資した費用と効果という問題がございますので、行財政検討委員会等開かれるわけでございますが、今、この費用対効果についても特に精査し、検討した中で、要綱を新たにつくって今後進めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◆委員(左近憲一君) はい、結構です。ぜひともきちっとした要綱、また国の動向を見た要綱をこさえていただくよう要望しておきます。

 それから、241ページの19節、この中にクラブ連絡会補助金とありますが、このクラブというのはどういう形のクラブか。補足しますと、市が認めたクラブか、ただの民間のクラブか、そこの明確さをちょっとお願いしたいんですが。



◎中央公民館長(浮穴正博君) お答えいたします。

 クラブ連絡会といいますのは、市内に3館あります公民館、中央、東、金剛の各公民館で、定期的に活動しておるクラブで、クラブ連絡会という、中央で58です。金剛で幾つでしたっけ、金剛で49、東で47のクラブが加盟しておりまして、そこの連合組織に対する補助金です。

 使い道は、主に公民館祭りであるとか、クラブ連絡会自体の研修会などに使われます。

 以上です。



◆委員(左近憲一君) はい。そうしますと、これはあくまでも民間の団体ですね。



◎中央公民館長(浮穴正博君) 民間の団体です。



◆委員(左近憲一君) なぜこのような質問をするかと申しますと、実は公民館またほかにもありますが、市の施設を借りるときに、富田林市の名前を使って押さえられている。一般のクラブ活動の人がそれを借りに行ったときには、借りられない。この苦情が寄せられております。これは先般、ここの議会でその一つの名前が出ておりました。この団体は市の団体であるのかないのか。それと、本市の庁舎内を占領しております。これは市の方ですか、民間の方ですか、それをお答え願いたいんです。



◎中央公民館長(浮穴正博君) 多分くすのき塾のことをおっしゃっているんだと思いますが、楠塾といいますのは、高齢福祉課を窓口にして、何年でしたかね、詳しい資料は今ありませんが、3年ぐらい前から自主的に活動しておられる高齢者の自主学習団体です。窓口は高齢福祉課で、高齢福祉課という公的な組織を通して公民館なり、ほかの施設が申請を受け付けるということになっております。

 以上です。



◆委員(左近憲一君) そちらから名前を言われたならば聞きますが、そうすると、このくすのき塾というのは民間でしょう。民間と違いますか。官ですか。



◎中央公民館長(浮穴正博君) 団体そのものは民間でございますが、行政と一緒につくり上げた、いわば民間活力の利用というふうな形の団体でございます。



◆委員(左近憲一君) そうしますと、この団体であれば物を借りに行くのに抽せんも何も要らない、事前に押さえられるという優遇性があるんですね。



◎中央公民館長(浮穴正博君) 高齢福祉課との話し合いの中で、一般の団体さんは1カ月前からの申請になっておりますが、明確な文書はないんですけれども、少し早目に場所を押さえると、あいておればというふうにしております。明確な規定はございません。ですから、余り長期の、例えば今から夏の場所の確保はお断りしております。



◆委員(左近憲一君) しかし、それはあなた方よく考えていただきたいのは、民の団体でしょう。民の団体というのは公正にあるべきじゃないですか。なぜ、この特定な団体だけを優遇されるのか、そこを我々が納得できる、一般の方々が納得できる回答をしていただきたい。



◎中央公民館長(浮穴正博君) 申請はあくまで高齢福祉課ということになっておりますので、当市の場合、公民館の利用は公的な利用優先というふうなことでご理解いただいておりますので、そんな形で少し早目にということになっております。ただ、くすのき塾だけではなくて、例えば、何でしたっけ……はい、そういうことです。



◆委員(左近憲一君) あのね、くすのき塾というのは一つの団体でしょう。高齢福祉課っていったら富田林市の課ですよ。それがなぜ違う形をとられるか、ようそこが合点いかんですよ。何で、くすのき塾というのは、はっきり言うて、富田林市の市がやっている一つの課の名称であったらよろしいですよ。富田林市の中に高齢福祉課というのがあるんですよ。富田林市の中にくすのき塾というのはないんですよ。これは民間団体です。それ、なぜ高齢福祉課の名前で押さえられて、一般の人が行ったらできない、使えない、先にここが押さえています、富田林の高齢福祉課が使いますといったところが、くすのき塾が使うておる。これはだれが考えたかて矛盾しておるんじゃないですか。今答弁された方、矛盾していると思わないですか。



◎中央公民館長(浮穴正博君) あくまでも高齢福祉課からの申請ということで扱っておりますので、よろしくお願いいたします。



◆委員(左近憲一君) しかし、あなたの答弁、答弁になってないんや。あくまでも高齢福祉課が扱っておりますからって。それじゃ、くすのき塾というのは高齢福祉課ですか。



○委員長(司やよい君) 暫時休憩いたします。

    (午後3時30分 休憩)

    −−−−−−−−−−−−−

    (午後3時56分 再開)



○委員長(司やよい君) 休憩前に返り、会議を再開いたします。



◎助役(花岡義弘君) 失礼します。先ほど公民館活動の部屋の貸し出しということでございます。高齢化社会に向けて、公民館活動におきましてもいろいろな生涯学習を行ってもらっているところでございます。各種たくさんの団体もございます。その中で公民館独自の一般的なグループもございますし、市が目指します福祉施策の一環として手助けをいただいております、一体となって活動を続けております組織もございます。それらにつきましても、すべて部屋の確保というところが活動の一番の課題であるということは十分認識をいたしますけれども、今後、それらの組織につきまして活動の内容等も十分精査もさせていただきながら、団体の整理と申しますか、位置づけにつきましても十分な検討を加えてまいりたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いいたします。



◆委員(左近憲一君) 助役が答弁した中において、一応納得しますが、先ほど答弁した方に一言申し上げます。

 あなたの解釈では、税金をぎょうさん納めてきたわしに優遇せえというのと同じ意味なんですから、その旨をあなた方、頭に置かんことにはとんでもない間違いを起こしますよ。それだけ忠告しておきます。

 次は、予算附属説明書の中に、109ページ、スポーツ振興課ということで、これは市長の所信表明にも入っておりましたゲートボール場建設、これの意味合いと、今現在本当に付加価値、必要か、必要でないか、その辺の答弁願います。



◎スポーツ振興課長(橋本新三君) お答えいたします。

 今ご質問の予算附属説明書に載っておりますスポーツ振興に係るゲートボール場の屋根の設置工事の件についてでございますけれども、本市におきましては雨天に対応できる屋外施設というものが現在ございません。特に今後の高齢化時代を今迎えておるわけでございますけれども、高齢者に愛好されているゲートボールについて、雨天においてもプレーしていただけるようということで、そういった意味でスポーツ振興が一つ推進するのではないかと考えております。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そういう考えも理解はできんことはないんですが、現在、ゲートボールをやられる人数というのは、もうごく少なくなっております。今、大体グラウンドゴルフというような時代でございます。その中において、市長の提案でもあり、また、他の会派からの要望もあったということを勘案しまして、ただ、ゲートボール場だけの屋内に特定せず、このゲートボール場を使用しない日には、やはり下にマットの人工芝でも敷いて、ほかのスポーツもできる屋内場として利用していただくように整備していただきたい、それはどうですか。屋内に限りますか。



◎スポーツ振興課長(橋本新三君) お答えいたします。

 このゲートボールにつきましては、今考えておりますのは、基本的にはゲートボールを中心にして使っていただくということなんですけれども、今ご提案のように他の要望の希望があった場合、ゲートボール場として差し支えない程度であればいろいろな用途で使っていただくことも一つの検討課題ではないかと考えているところでございます。

 以上でございます。



◆委員(左近憲一君) そのように答えてもらったのはありがたいんやけれども、必ず他の施設も使えるというような、ここに予算が足らんかったら足してもいい。皆ができるような形で、ほかの施設にも使えると。屋内で使えるという利用価値のあるようにしてください。それだけ要望しておきます。



○委員長(司やよい君) ほかにございませんか−−これをもって議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算中、当委員会付託分の質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第16号中、当委員会付託分について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第16号 平成16年度大阪府富田林市一般会計予算中、当委員会付託分については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第18号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計予算についてご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(上原幸子君) まず、国民健康保険というのは社会保障の一環、つまり国民の命や健康を守る制度だと考えておりますけれども、そのあたりいかがでしょうか。



◎市民生活部次長(秦純一君) 国民健康保険制度は社会保障制度の一環と考えております。ただ、その実現に保険方式を用いているものでございます。

 なお、国民健康保険法第1条では、この法律の目的といたしまして、「この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする」というふうに定義されております。



◆委員(上原幸子君) 本市が国保の運営に大きな努力を払われてきているというのは十分理解できるところなんですけれども、この不況の中で所得が減ったり、保険料を払いたくても払えない人がふえてきているように思うんです。国民健康保険が先ほど言いましたように社会保障の一環であるということから、滞納しているからといって、すぐに病院の窓口で10割を納付されるという資格証の交付には疑問を持っております。病院で10割を払う制度というのは、医療保険の本質にはなじまないもののように考えます。資格証明書についてどうお考えでしょうか。また、本市では資格証明書は交付されておりますでしょうか。



◎市民生活部次長(秦純一君) 資格証明書につきましては、本年3月1日付で初めて交付をいたしました。確かにこの不況の中で、納付の状況というのは決していいものではございません。ただ、被保険者資格証明書の交付については相当に悩みました。国保が社会保障の一環であることから、医療を受けにくくすることがいいのかどうか、また、被保険者資格証明書を交付したとしても納付につながるかどうか、その辺相当に悩んだわけでございます。しかし滞納をこのままにしておくことは、保険料を完納している人から見れば、また大きな不満となっているのも事実でございます。私どもにもよくおしかりの電話がございますし、やはり完納している人たちのバランスも考えれば、複数年度にわたるように滞納しているような人については交付をせざるを得ないと今回決断したわけでございますので、よろしくお願いいたします。



◆委員(上原幸子君) 今までここ本市は交付せずに、どうして今回交付されたんでしょうか。その経緯をお示しください。



◎市民生活部次長(秦純一君) 先ほど申しましたように、やはり滞納ですね、どうしても何とかならないか。ただ、滞納だけであるからといって、すぐに被保険者資格証明書の交付ということはいたしておりませんけれども、やはり今申しましたように完納している人とのバランスだとか、やはり不満というのは相当あります。そういったことから、今回初めてここに至ったわけでございますので、よろしくお願いします。



◆委員(上原幸子君) 発行された件数及び相手への通知など、手続関係はどのようにされたのでしょうか。また、どうしてこの3月に交付されたのでしょうか。



◎市民生活部次長(秦純一君) 交付件数は7件でございます。相手への通知は、当初8世帯に対し、1月中に保険証の返還予告通知を送付いたしました。また、2月中旬に、返還に伴う弁明の付与通知書を送付いたしましたけれども、いずれも連絡も、また弁明書の提出もございませんでした。そういった中で、やむを得ず保険証の返還命令を2月中旬に送付いたしました。これについて、1件だけ来庁するという電話連絡がありましたので、この方については保留いたしました。資格証の交付を留保いたしました。しかしながら、先日来られまして話を聞いてみれば、自己破産をしたということで、自己破産をした者にまで資格証を交付するのはどうかと考えて、現在この方につきましては短期の保険証を交付しております。

 これを除いて他の7件については来庁等連絡はなく、やむなく資格証明書を交付したわけでございます。

 なお、8世帯につきましては、通常の保険証ではなくて、短期の保険証を交付しております。その短期の交付証の期限が2月の末日となっておりますので、3月1日付で資格証を交付したものでございますので、よろしくお願いします。



◆委員(上原幸子君) 幾ら滞納があるとはいっても、資格証の交付というのは、今まで行ってつくり上げてきました日本の誇るべき皆保険制度が空洞化して崩壊するというふうな、大変な問題だなというふうに考えております。そこで、せめて先ほどおっしゃいましたように、8世帯という通知を出した件数なんですけれども、世帯発行されている場合は、家族の中に子供や高齢者、病人、そういう方は除くようにしてほしいというふうな切実な声もあります。そのような声にこたえて、人の命にかかわるものでありますので、今後も保険料滞納者については慎重の上にも慎重な対応をされることを要望しておきます。

 以上です。



○委員長(司やよい君) これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第18号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって議案第18号 平成16年度大阪府富田林市国民健康保険事業特別会計予算については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第19号 平成16年度大阪府富田林市介護保険事業特別会計予算について、ご質問、ご意見をお受けいたします。



◆委員(上原幸子君) まず、介護保険の申請者数と認定者数について教えてください。認定については介護度別にお示しください。



◎市民生活部理事(高橋康起君) お答えいたします。

 平成15年度の4月から2月末までの状況ということで、新規申請それから変更申請、更新申請という、すべて合計しました数では、4 ,601件ございました。それと、認定者の数につきましては、合計では4 ,422件ございました。

 それの認定の状況でございますが、要支援の方が563人、それから要介護1、1,572人、それから要介護2、686人、それから要介護3、507人、要介護4、533人、要介護5、544人、それから非該当というようなことで、その要支援から要介護5までに入らなかったと、非該当という方が17人ということでございます。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) 介護保険料の減免及び利用料の軽減についてなんですけれども、新年度は何人ぐらいの対象を見込まれていますでしょうか。また、2003年度の状況もお示しください。



◎市民生活部理事(高橋康起君) 利用料等の減免の状況でございますが、保険料につきましては、平成15年度で申しますと、市の独自減免では18名、今のところ減免が適用されております。それから、利用料につきましては、15年度で15人というようなことで適用されております。

 16年度の見込みでございますが、保険料につきましてはこの程度の数以上ということになるかと思いますが、それは積算はしておりません。

 それから、利用料の独自減免、これにつきましては約50人ぐらいということで見込んでおるところでございます。

 以上でございます。



◆委員(上原幸子君) 次に、教えていただきたいんですけれども、要介護度1、2の人は、所得税の障害者控除が適用されて、要介護度3、4、5の人は特別障害者控除が適用されるという話をお聞きいたしました。市長の認定書が必要なようですけれども、認定書発行の申請はありましたでしょうか。



◎保健福祉部次長(榊原壽幸君) 現在、認定書の申請のご依頼はございません。



◆委員(上原幸子君) 所得税控除の根拠となっているのが所得税法施行令第10条第1項7号で、精神または身体に障害のある年齢65歳以上の者で、市町村長の認定のある人は障害者控除の対象としていることですが、これはご確認いただけますか。



◎保健福祉部次長(榊原壽幸君) 施行令でそのように書かれているということは確認しております。



◆委員(上原幸子君) ありがとうございます。

 既に秋田県であるとか、山形県、福島県、新潟、島根、群馬、愛知、福岡など、結構多くの市町村では、この認定書を対象者に配付したり、相談に乗っていると聞いていますけれども、これまでにそういう情報はありませんでしたでしょうか。



◎保健福祉部次長(榊原壽幸君) 特に大阪府下で認定書の発行をされているという事例は聞いておりません。



◆委員(上原幸子君) 本市での今後の対応について、見解をお示しください。



◎保健福祉部次長(榊原壽幸君) ただいまご意見にございました介護保険法に基づく要介護認定でございますが、これにつきましては障害や機能の状況を直接判断して決めるものではなく、その方についてどの程度の介護のサービスが必要であるか、それを判断するため、介護の手間のかかりぐあいをもって判断をされているところでございます。

 次に、身体障害者福祉法に基づく障害認定でございますが、これにつきましては、永続する機能障害の程度並びに機能障害による日常生活活動の制限の度合いによって判定されているところでございます。ですから、したがいまして身体障害者福祉法に基づく障害程度の問題と、介護保険法に基づく介護認定の度合いについては、必ずしも一致するものではないと考えておりますので、要介護認定、例えば4なり5の介護認定を受けられた方が、即身体障害者の1級並びに2級に該当するものとみなされるという証明を出すのはちょっと難しい話かなと、そのように考えております。



◆委員(上原幸子君) 要介護認定者が所得税の障害者控除の対象となることを明示する法律がないということはわかっているんです。しかし、国税庁が昨年11月に控除対象となることを認めたということも事実なんです。これを受けて、新潟でも上越市であるとか、長岡市であるとか、小国町とかでは、要介護認定1、2の人が障害者控除、控除額27万円を受けていたり、同じように3、4、5の人が特別障害者控除40万円、この控除額40万円なんですけれども、その対象となったというふうなことも事実としてありますので、ぜひここ本市、富田林でも認定書発行の方向で早急に結論を出していただきますようにお願いいたしておきます。また、保険料の減免制度や利用料の軽減制度についても拡充されるように要望しておきます。

 以上です。



○委員長(司やよい君) これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第19号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第19号 平成16年度大阪府富田林市介護保険事業特別会計予算については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第20号 平成16年度大阪府富田林市老人保健医療事業特別会計予算について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第20号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第20号 平成16年度大阪府富田林市老人保健医療事業特別会計予算については、原案のとおり了承されました。

 次に、議案第21号 平成16年度大阪府富田林市介護老人保健施設特別会計予算について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第21号について、原案どおり了承することにご異議ありませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、議案第21号 平成16年度大阪府富田林市介護老人保健施設特別会計予算については、原案のとおり了承されました。

 次に、請願第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出の請願書について、ご質問、ご意見をお受けいたします−−これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。



◆委員(上原幸子君) 請願第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出の請願書に対して、若干の意見を述べさせていただきます。

 請願趣旨に書かれていますように、「1995年の市議会では、国におかれては地球環境保護の立場から、ごみの発生源となる事業者への規制と処理に対する責任を明確にするため、次の事項について特段の措置を講じられるよう強く要望する」というふうな請願趣旨があって、項目の1のところにごみ問題の解決に向けたリサイクル法など、国及び事業者の責任を明確にした法整備を行うことという国及び事業者の責任の明記という1点で、確かに本市は、本議会は1点で意見書を上げています。

 また、今回の請願趣旨のくだりの部分なんですけれども、真ん中よりちょっと下の方にあります「したがって、容器選択権のある生産者の責任を明確にしない限り、今のままでは大量廃棄にかわる大量リサイクルに際限なく税金を使うことになります」というふうに、またここでも問題を明確にしていることは評価しているところです。しかし、その請願趣旨を受けた請願事項のところで、1のところ、費用を製品の価格に含めることというふうになっているんです。だから、請願趣旨と請願項目の内容が相矛盾するというふうに考えます。しかし、消費者の皆さんから上がってきた請願ということでありますので、あえて反対はしないという、賛成の立場での討論とさせていただきます。



◆委員(辰巳真司君) 請願第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出の請願書について、採択の立場で市民会派の討論を行います。

 これまでごみ処理問題、産業廃棄物の不法投棄事件また地球温暖化など、環境問題をめぐる議論から、環境基本法や循環型社会基本法を初めとする関連する法整備が進められてきました。

 そうした中で、個別法として成立した容器包装リサイクル法は、1997年4月に施行されました。しかしながら、現行法にはリサイクルコストに当たる諸費用の約7割が自治体負担となっていることなど、行財政上の問題点も存在することは明らかです。法施行後10年に当たる2005年に見直しも予想されることから、製品の製造から排出まで、生産者が一定の責任を負う拡大生産者責任を一般原則として、廃棄物の最終処分量を削減するため、1番目に、廃棄物の発生抑制(リデュース)、2番目に使用済み製品をそのまま使う再使用(リユース)、最後に使用済み製品を原材料として利用する再利用(リサイクル)、いわゆる3Rの優先順位の明記も必要であると考えます。また、こうした理念を踏まえた上で、例えば牛乳、ビール、清涼飲料など、容器の種類を指定して、リユースするものには製造時に課徴金する制度や、リサイクル回収率が悪い容器にはデポジット(預かり金制度)の導入なども必要であると考えます。さらには、ごみとして出す消費者が一定の費用負担を行う公平な負担制度の導入も検討課題になると思われます。

 以上のように、地球温暖化をストップさせるという大きな観点から、大量生産、大量消費型社会からの転換を図ることは必要不可欠であると考えます。この請願は循環型社会の実現に向けて具体的な提案であると理解し、市民会派の賛成討論といたします。



○委員長(司やよい君) ほかに、よろしいですか−−これをもって討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本請願につきましては、採択することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。よって、請願第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出の請願書は採択と決しました。

 以上をもちまして、今期定例会において当文教厚生常任委員会に付託されました案件の審査は全部終了いたしました。

 なお、本日の委員会における発言の一部並びに発言訂正等の会議録の整理につきましては、後刻、速記録を調査の上、正・副委員長において所定の措置をいたしますので、ご了承をお願いいたします。

 それでは、当文教厚生常任委員会を閉会いたします。

    (午後4時28分 閉会)

 富田林市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

  富田林市議会

  文教厚生常任委員長  司 やよい