議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 富田林市

平成15年 12月 定例会(第4回) 12月08日−04号




平成15年 12月 定例会(第4回) − 12月08日−04号







平成15年 12月 定例会(第4回)



◯平成15年12月8日富田林市議会第4回定例会(第4日目)を富田林市議会議事堂に開催された。

◯出席議員はつぎのとおりである。

 1番  辰巳真司君

 2番  永原康臣君

 3番  武本博幸君

 4番  林 光子君

 5番  今道隆男君

 6番  西条正善君

 7番  尾崎哲哉君

 8番  大西 剛君

 9番  山岡清司君

 10番  沖 利男君

 11番  山本剛史君

 13番  吉年千寿子君

 14番  司 やよい君

 15番  來山利夫君

 16番  山本五都子君

 17番  奥田良久君

 18番  上原幸子君

 19番  壺井久雄君

 20番  高山裕次君

 21番  京谷精久君

 22番  鳴川 博君

◯欠席議員

 12番  左近憲一君

◯説明のため出席した者はつぎのとおりである。

 市長       多田利喜君

 収入役      森元洋行君

 教育長      堂山博也君

 監査委員     山本平八郎君

 市長公室長    竹綱啓一君

 総括理事     山本文博君

 総務部長     谷 暉登君

 市民生活部長   吉川佳男君

 保健福祉部長   山内崇道君

 福祉事務所長   水道昌之君

 建設部長     國田泰一君

 産業下水道部長  吉田 功君

 人権政策部長   中野利行君

 学校教育部長   奥野和彦君

 社会教育部長   越智 孝君

 総合事務局長   江口 慧君

 消防長      鎌谷健二君

 水道局長     田口謙治君

◯議会事務局の出席職員はつぎのとおりである。

 事務局長     加藤義夫君

 事務局次長    置田保巳君

 事務局主幹    山際 年君

 総務係長     日谷眞智子君

 議事係長     池端光明君

 議事係主査    祐村元人君

 議事係      植木謙次君

◯議事日程はつぎのとおりである。

 日程第1 議案第56号

      富田林市事務分掌条例及び富田林市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

     (質疑・委員会付託)

 日程第2 議案第57号

      富田林市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について

     (質疑・委員会付託)

 日程第3 議案第58号

      特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について

     (質疑・委員会付託)

 日程第4 議案第59号

      職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

     (質疑・委員会付託)

 日程第5 議案第60号

      住居表示に伴う字の廃止、字及び町の区域の変更並びに町の新設について

     (質疑・委員会付託)

 日程第6 議案第61号

      平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第5号)

     (質疑・委員会付託)

 日程第7 議案第62号

      平成15年度大阪府富田林市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     (質疑・委員会付託)

 日程第8 請願第7号

      イラクヘの自衛隊派遣の中止を求める意見書に関する請願

 日程第9 請願第8号

      乳幼児医療費助成制度を就学前まで求める請願書

    (午前10時01分 開議)



○議長(沖利男君) ただいまより平成15年第4回富田林市議会定例会の第4日目の会議を開きます。

 ここで、議会運営委員長の報告を求めます。



◆19番(壺井久雄君) おはようございます。

 それでは、報告させていただきます。

 先ほど開催されました議会運営委員会におきまして2件の追加案件について了承されましたので、ご報告いたします。

 日程第8 請願第7号及び日程第9 請願第8号の2件については、本日上程、委員会付託でございます。

 以上で報告を終わります。



○議長(沖利男君) これをもって議会運営委員長の報告を終結いたします。

 それでは、議事に入ります。

 日程第1 議案第56号 富田林市事務分掌条例及び富田林市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第56号は、総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第2 議案第57号 富田林市職員定数条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第57号は、総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第3 議案第58号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議案となっております議案第58号は、総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第4 議案第59号 職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第59号は、総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第5 議案第60号 住居表示に伴う字の廃止、字及び町の区域の変更並びに町の新設についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第60号は、建設産業常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第6 議案第61号 平成15年度大阪府富田林市一般会計補正予算(第5号)についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第61号は、関係各常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第7 議案第62号 平成15年度大阪府富田林市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題とし、本件についての質疑に入ります。

−−−これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第62号は、文教厚生常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第8 請願第7号 イラクヘの自衛隊派遣の中止を求める意見書に関する請願を議題といたします。

 事務局をして朗読いたさせます。



◎議会事務局次長(置田保巳君) それでは、朗読いたします。

 イラクヘの自衛隊派遣の中止を求める意見書に関する請願

 紹介議員は、武本博幸議員、上原幸子議員でございます。

 請願第7号 イラクヘの自衛隊派遣の中止を求める意見書に関する請願(請願趣旨)

 私たちは、今年2月28日、イラクへの武力行使反対の声が大きくなる中、貴市議会に対し、「アメリカのイラクへの武力行使に反対し、事態の平和的解決を求める請願書」を提出しました。これを受けて、貴市議会は3月14日「査察の継続・強化によるイラク問題の平和的解決を求める決議」を決議され、「わが国政府においては、日本国憲法の平和条項を生かし、査察の継続・強化による平和的解決に向け、米国などによる武力行使の事態を回避するため、国連を中心にイラク問題を平和的解決するよう」強く訴えられました。

 しかし、アメリカ・イギリスは、世界世論の圧倒的反対の声をよそに、国連決議も得られないまま3月19日イラク攻撃を強行し、日本政府もそれを支持し、結局、市民を中心に多くの犠牲者を出しました。にもかかわらず、攻撃の大義名分であった「大量破壊兵器」も「化学兵器」もいまだに見つかっていません。市民を犠牲にしたアメリカ等のイラク占領はイラク国民の支持を得られておらず、アメリカのブッシュ大統領の戦争終結宣言以降も、治安の悪化、戦闘状態が続いており、アメリカ等の占領に反対する勢力の攻撃により、戦争中を上回るアメリカ軍とそれを支援する国や国連機関の犠牲者が出ています。

 一方、日本政府は来月にも自衛隊をイラクに派遣しようとしています。しかし、イラクは今なお全土が戦闘地域であり、自衛隊の派遣は憲法の趣旨から考えても問題があります。さらに、アメリカの防衛・外交専門家は「アメリカ軍を支援するものはすべて反米勢力の標的になり、自衛隊が狙われることは間違いない」と言明しています。残念ながら、11月29日に起きた日本の外交官二人の襲撃・殺害はその言葉が事実であることを証明しています。

 今、イラクに自衛隊を派遣すれば戦闘に巻き込まれることは火を見るより明らかであり、絶対に派遣すべきではありません。日本国憲法を守り、世界平和に貢献し、国民・市民の生命を守る政府の当然の責任において、日本国政府がイラクへの自衛隊派遣を中止するよう、「非核平和都市」を宣言された貴市議会が意見書を採択し、日本政府に働きかけられるよう強く要望し下記の項目を請願いたします。

 <請願項目>

1.イラクへの自衛隊派遣を中止するよう日本政府に働きかける意見書を採択すること。

 平成15年12月4日

 住所   ***************

 請願団体 地域の国際交流を進める南河内の会

 代表者  蔵田和子

      外2団体

 富田林市議会議長 沖 利男様

 以上でございます。



○議長(沖利男君) ただいま議題となっております請願第7号は、総務常任委員会に付託いたします。

 次に、日程第9 請願第8号 乳幼児医療費助成制度を就学前まで求める請願書を議題といたします。

 事務局をして朗読いたさせます。



◎議会事務局次長(置田保巳君) 

 乳幼児医療費助成制度を就学前まで求める請願書

 紹介議員は、吉年千寿子議員、奥田良久議員でございます。

 請願第8号 乳幼児医療費助成制度を就学前まで求める請願書

 (請願趣旨)

 女性が生涯に産む子どもの数が1.32(02年人口動態統計)、結婚5年未満の夫婦が予定する子どもの数も平均1.99(同年出生動向基本調査)といわゆる「少子化」が進行しています。

 長引く不況と不安定な雇用、そしてこの4月からの政府の「構造改革」による一般家庭への負担は、ますます家計を圧迫しています。特に若い世代は、収入が低く、子どもの医療費は大きな負担です。子ども達に安心して治療を受けさせたい、子どもの健康が親の一番の願いです。

 現在、4歳まで医療費助成が行われていますが、4歳を過ぎて集団生活に入ると、感染症やけがも多くなり、また、アトピーや喘息に苦しみ長期にわたる治療も高額になっています。

 子どもの命はすべて平等です。お金のあるなしに関係なくどの子も安心して病院にかかれるようにしてほしいです。

 少子化対策、子育て支援の大きな施策としても、就学前までの医療費無料制度の拡充の早期実現を求めます。

 <請願項目>

1.乳幼児医療費助成制度を就学前まで拡充してください

 平成15年12月4日

 住所   **************

 請願団体 新日本婦人の会 富田林支部

 支部長  冨永幸子

      外4,898人

 富田林市議会議長 沖 利男様

 以上でございます。



○議長(沖利男君) ただいま議題となっております請願第8号は、文教厚生常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。委員会審査のため、これより休会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認め、これより休会に入ります。

 ここで委員会の日程を申し上げます。

 10日午前10時より文教厚生常任委員会、11日午前10時より建設産業常任委員会、12日午前10時より総務常任委員会、以上のとおりでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 次の本会議は、17日に再開いたします。

 本日はこれにて散会いたします。

    (午前10時14分 散会)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   富田林市議会

    議長  沖 利男

    議員  尾崎哲哉

    議員  大西 剛