議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成11年  9月 定例会 09月07日−01号




平成11年  9月 定例会 − 09月07日−01号







平成11年  9月 定例会



            平成11年9月泉佐野市議会定例会(第1日)

              平成11年9月7日(火)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第1日の議事日程

 日程第1       会議録署名議員の指名について

 日程第2       会期の決定について

 日程第3 監査報告第6〜8号 監査結果報告について

 日程第4 専決報告第5号 専決処分の報告について

 日程第5 議案第53号 工事請負契約締結について

 日程第6 議案第54号 工事請負契約締結について

 日程第7 議案第55号 損害賠償の額を定めること及び和解について

 日程第8 議案第56号 泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定について

 日程第9 議案第57号 泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第10 議案第58号 泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

 日程第11 議案第59号 損害賠償の額を定めることについて

 日程第12 議案第60号 平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)

 日程第13 議案第61号 平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 日程第14 議案第62号 平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)

 日程第15 請願第1号 子育て支援施設の確保を願う請願

 日程第16 請願第2号 市立幼稚園に入園できるように願う請願

 日程第17 請願第3号 プール設置を要する小学校のためのプール建設を求める請願

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数24名

 出席議員24名

   国賀祥司    鈴木雅弘    宮本正弘    重信正和

   石塚和江    岩田利雄    灘 國一    中林順三

   岡田 尉    山下清次    熊取谷和巳   新田谷修司

   佛願昌尚    松谷栄作    家治敏明    北谷育代

   与浦政義    新谷清行    浜田健次郎   窪 和惠

   伊藤百合子   東 定夫    鎌野 博    戸野 茂

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           向江 昇   助役           福重英世

 助役           宮明末治   収入役          奥野誠吾

 教育長          村田彰道   水道事業管理者      宮先 勝

 病院事業管理者      藤田 毅   市長公室長        水脇一夫

 まちづくり調整担当理事  森田浩康   行財政改革推進担当理事  森 文三郎

 総務部長         田中定信   環境保健部長       溝端 節

 産業経済部長       桶谷正昭   福祉事務所長       溝川泰雄

 都市政策部長       山瀬 治   区画整理担当理事     藤田邦彦

 住宅建設担当理事     中川富雄   土木部長         杉江三十二

 用地担当理事       舩津行雄   下水道部長        泉浦秀武

 同和対策部長       西守健吉   人権啓発室長       目 哲夫

 市立泉佐野病院事務局長  寺崎重紘   水道局長         杉岡明昌

 消防長          賀本俊勝   学校教育部長       芝野修一

                     福祉事務所次長

 社会教育部長       馬野航一                野出 豊

                     (兼)児童福祉課長

 市立泉佐野病院事務局次長        消防本部次長(兼)

              義本 猛                榎本 登

 (兼)医事課長              消防本部りんくう消防署長

 秘書課長         竹内延吉   企画課長         根来孝次

 国際交流文化振興担当参事 水本隆夫   空港対策担当参事     覚野 豊

 行財政改革推進担当参事  東  昇   財政課長         泉谷善吉

 人事課長         橋爪健次   研修福利厚生担当参事   義本晴康

 自治推進課長       家路博史   庶務課長         久内 豊

 情報公開推進担当参事   城塚 栄   契約検査課長       岩本喜一

 市民課長(兼)泉佐野駅前

              長滝谷 勇  住居表示担当参事     稲葉 勇

 市民サービスセンター長

 課税課長         熊取谷 登  納税課長         久堀健三

 保険課長         信貴靖滋   情報管理課長       村野滋男

 保健予防課長       金谷敏彦   環境衛生課長       辻谷俊吉

 環境美化推進担当参事   松谷文雄   清掃課長         榎並勝彦

 公害交通課長       東 正幸   商工課長         辻本佐彦

 商工振興担当参事     麻野佳之   農林水産課長       寺村利雄

 農林水産担当参事     笠原秀紀   農林水産担当参事     丸谷幸成

 社会福祉課長       末原幸彦   介護保険準備担当参事   湯川主士

 高齢・障害福祉課長           児童福祉課参事

 (兼)社会福祉センター館長 坂野賢治                党 好文

 (兼)老人福祉センター館長

 児童福祉課参事

              丹治精一   都市整備課長       馬場 眞

 (兼)ひかり保育所長

 都市整備課計画担当参事  吉井淳司   区画整理課長       塩谷善一郎

 土地対策室長       三橋弘明   都市再開発課長      釈迦堂正和

 都市再開発担当参事    奥田保美   建築課長         山出谷英一

 建築担当参事       山本一久   住宅建設担当参事     西出作治

 道路課長         安藤正人   道路担当参事       豊井和輝

 用地担当参事       岸和田谷昭夫 高架事業課長       林 昭平

 高架事業担当参事     酒井良和   公園緑地課長       西浦和男

 公園緑地担当参事     庄司隆行   施設保全課長       中川正行

 下水道総務課長      龍神俊成   下水道整備課長      児野哲哉

 同和対策課長       角谷庄司   人権啓発課長       赤坂芳希

 長坂解放会館長(兼)老人         下瓦屋分館長(兼)下瓦屋

              野口赳士                呑海英雄

 憩いの家長坂偕楽荘館長         南ふれあいアスティ館長

 樫井会館長(兼)

              田中 宏   会計課長         近藤博夫

 老人センター長寿園館長

 水道局業務課長      松本健治   水道局工務課長      田倉渥彦

 水道局浄水課長      芝野 浩   市立泉佐野病院総務課長  西田明浄

 救命救急センター事務長  嶋崎智美   消防本部総務課長     木ノ元正春

 消防本部予防課長     花枝岩夫   消防本部警備課長     根来芳一

 消防本部中消防署長    木村政治   消防本部空港分署長    川野克芳

 同和教育室長       中藤辰洋   教育総務課長       辻本勝孝

 学校教育課長       藤里 晃   学校給食センター所長   佐土谷孝治郎

 社会教育課長       米谷 茂   生涯学習センター館長   藤堂廣志

 中央図書館長       渡辺 勲   歴史館いずみさの館長   樋野修司

 市史編さん室長      奥田敏明   青少年課長        野口修一郎

 体育振興課長       赤井重雄   農業委員会事務局長    多賀井照彦

 選挙管理委員会事務局長

 (兼)公平委員会事務局長  北庄司義行

 (兼)監査委員事務局長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       大屋利彦   議会事務局次長      永井純一

 主幹           星 照明   主幹           古谷眞信

 議会係長         小川 透   吏員           平田テル代

 吏員           松浪 寛

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本議会の会議事件

 ◇監査結果報告について

 ◇専決処分の報告について

 ◇工事請負契約締結について

 ◇工事請負契約締結について

 ◇損害賠償の額を定めること及び和解について

 ◇泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定について

 ◇泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

 ◇損害賠償の額を定めることについて

 ◇平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)

 ◇平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

 ◇平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)

 ◇平成10年度泉佐野市一般会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市農業共済事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市公園墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市宅地造成事業会計決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市水道事業会計決算の認定について

 ◇平成10年度泉佐野市市立泉佐野病院事業会計決算の認定について

 ◇子育て支援施設の確保を願う請願

 ◇市立幼稚園に入園できるように願う請願

 ◇プール設置を要する小学校のためのプール建設を求める請願

 ◇泉佐野市土地開発公社の経営状況報告について

 ◇教育委員会委員任命についての同意を求めることについて

 ◇道路財源の確保に関する意見書(案)

 ◇政府の保育施策の拡充を求める意見書案

 ◇請願第1号の閉会中継続審査について

 ◇請願第2号の閉会中継続審査について

 ◇特別委員会の継続調査について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会運営委員会決定事項           (平成11年8月31日 議運委決定)

●9月定例市議会の運営について

 1.付議案件及び処理要領

       〔案件名〕                   〔付託の委員会〕

 (1)会議録署名議員の指名について−−−−−−−−−−−−−+

 (2)会期の決定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

                              |−即決

 (3)監査結果報告について−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (4)専決処分の報告について−−−−−−−−−−−−−−−−+

 (5)工事請負契約締結について−−−−−−−−−−−−−−−+

 (6)工事請負契約締結について−−−−−−−−−−−−−−−|

 (7)損害賠償の額を定めること及び和解について−−−−−−−|−総務委員会

 (8)泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定につい|

   て−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

 (9)泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部+

   を改正する条例制定について−−−−−−−−−−−−−−|

                              |−厚生文教委員会

 (10)泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例|

   制定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

 (11)損害賠償の額を定めることについて−−−−−−−−−−−−−建設経済委員会

 (12)平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)−−−−−−各所管常任委員会

 (13)平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算

   (第2号)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−総務委員会

 (14)平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)−−−−−建設経済委員会

 (15)平成10年度泉佐野市一般会計歳入歳出決算の認定について−+

 (16)平成10年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算|

   の認定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (17)平成10年度泉佐野市農業共済事業特別会計歳入歳出決算の認|

   定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (18)平成10年度泉佐野市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳|

   出決算の認定について−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (19)平成10年度泉佐野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認|

   定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−| 決算特別委員会

 (20)平成10年度泉佐野市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定|−を設置・付託

   について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−| 閉会中継続審査

 (21)平成10年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出|

   決算の認定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (22)平成10年度泉佐野市公園墓地事業特別会計歳入歳出決算の認|

   定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (23)平成10年度泉佐野市宅地造成事業会計決算の認定について−|

 (24)平成10年度泉佐野市水道事業会計決算の認定について−−−|

 (25)平成10年度泉佐野市市立泉佐野病院事業会計決算の認定につ|

   いて−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

 (26)子育て支援施設の確保を願う請願−−−−−−−−−−−−+

 (27)市立幼稚園に入園できるように願う請願−−−−−−−−−|−厚生文教委員会

 (28)プール設置を要する小学校のためのプール建設を求める請願+

   (追加予定案件)

  ・泉佐野市土地開発公社の経営状況報告について

  ・教育委員会委員任命についての同意を求めることについて

 2.議会進行予定                  ●議運  8月31日(火)



9月
開議時刻
会議名
備考


7日(火)
午前10時
本会議
本会議散会後に議員協議会


8日(水)
午前10時
総務委員会
 


9日(木)
午前10時
厚生文教委員会
 


10日(金)
午前10時
建設経済委員会
 


11日(土)
休会
 


12日(日)
休会
 


13日(月)
関西国際空港問題対策委員会
 


14日(火)
行財政委員会
 


15日(水)
休会
 


16日(木)
公害交通対策委員会
 


17日(金)
休会
 


18日(土)
休会
 


19日(日)
休会
 


20日(月)
休会
 


21日(火)
午前10時
本会議
12:30 議会運営委員会


22日(水)
午前10時
本会議
 



 3.会期          9月7日から9月22日まで…………………「16日間」

 4.一般質問

   ・通告質問9月21日 開議劈頭〔通告締切9月10日(金)午後3時〕

   ・議案関連質問最終日議了後1時間程度

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員

    国賀祥司     佛願昌尚

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議のてんまつ



△開会(午前10時01分)



○議長(山下清次君) 

 おはようございます。

 ただ今より9月定例市議会を開会いたします。

 議員定数24名中、出席議員24名でありますので会議が成立いたしております。

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・宮本正弘君。

     (議会運営委員長 宮本正弘君 登壇)



◆議会運営委員長(宮本正弘君) 

 おはようございます。ご指名によりまして、去る8月31日に開催いたしました9月定例市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項について、ご報告申し上げます。

 まず、本定例会に付議されております案件は、ただ今のところ28件でございます。これらの審査要領につきましては、お手元に配付しております議会運営委員会の決定事項により、ご承知願いたいと存じます。

 このうち、平成10年度各会計決算認定につきましては、先例どおり、決算特別委員会を設置して審査を委任することとし、閉会中、継続審査を願うこととなっております。

 また、委員数は11名とし、それぞれ各会派からご選出いただくことになっており、その委員の氏名については、本日午後5時までにご報告いただくことに決定しております。

 次に、議会進行予定につきましては、本日午前10時より本会議、あす8日は総務委員会、9日は厚生文教委員会、10日には建設経済委員会を、それぞれ午前10時から開催願うことになっております。

 また、後半の本会議につきましては、21日と22日の2日間を予定しております。

 従いまして、本定例会の会期は本日から22日までの16日間と決定しております。

 次に、一般質問につきましては、21日の開議劈頭から承ることになっておりまして、その通告締切は10日の午後3時となっておりますので、よろしくご承知願います。

 また、議案関連質問につきましては従来どおりとなっております。

 なお、議員協議会の開催につきましては、2回予定されており、本日、本会議散会後には、前議長・前副議長に対する大阪府市議会議長会等からの感謝状の伝達を行うことになっております。

 また、2回目につきましては、後半の本会議の追加予定案件上程前に休憩の上、開会されることになっておりますので、あらかじめご承知おき願いたいと存じます。

 以上をもちまして、9月定例会に関する議会運営委員会の決定事項につきましてのご報告を終わります。よろしくご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質問の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、ご了承願ったことといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山下清次君) 

 議事に先立ちまして、去る9月1日付で異動がありました職員のうち、課長級への昇格者及び部長級の異動について、福重助役よりご紹介をいただきます。



◎助役(福重英世君) 

 おはようございます。

 お許しをいただきまして、人事異動についての報告をさせていただきます。

 戦後最悪といわれております地方財政の危機にありましては、本市財政にとりましても例外ではございません。既に平成9年度決算ベースでも経常収支比率が100%を超え、今後、さらに人件費、公債費の負担の増加、少子高齢化の進展による歳出の増加、地方分権による事務量の増加に伴う財源不足などが顕在化してくるものと思われます。

 また今後、景気の回復があったとしても、以前のような高度成長が見込まれない中にあって、税収の大幅な伸びは期待できないと思われ、当市の財政は構造的に硬直化いたしております。

 こうした構造的な体質を改善するため、事務事業や人件費などについて抜本的な見直しを行うため、行財政全般にわたって改革を進める必要がございます。

 そこで臨時的な組織といたしまして、市長公室及び企画課の行政改革担当職員で構成するプロジェクトチームを9月1日に発足させました。これに伴い、若干の人事異動を実施いたしましたので、ご報告と兼ねてご紹介をさせていただきます。

 市長公室行財政改革推進担当理事に森 文三郎君。

     (森 文三郎君 立礼)

 教育委員会社会教育部長に馬野航一君。

     (馬野航一君 立礼)

 それから昇格いたしまして、総務部保険課長に信貴靖滋君を発令いたしました。

     (信貴靖滋君 立礼)

 ご報告と兼ねてご紹介申し上げました。どうもありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山下清次君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 ただ今より議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(山下清次君) 

 まず、日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第74条第1項の規定により、本会の会議録署名議員として国賀祥司君、佛願昌尚君のご両名を指名いたします。よろしくお願い申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第2、「会期の決定」を議題といたします。

 9月定例市議会の会期は、本日より9月22日までの16日間といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ご異議なしと認めます。よって本定例会の会期は16日間と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 監査報告第6号から第8号までの監査結果報告について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第3、「監査報告第6号から第8号までの監査結果報告」についてを議題といたします。

 ただ今議題となっております議案については、お手元に配付いたしておりますとおり、監査委員から議長あてに報告がありましたのでご報告いたします。

 この報告につきまして、ご質疑なり、ご意見の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、以上で報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 専決報告第5号 専決処分の報告について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第4、専決報告第5号、「専決処分の報告について」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは議案書1ページの専決報告第5号につきまして、私のほうからご説明申し上げます。

 これは先に補正予算2件を専決処分いたしましたので、その内容についてご報告申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。

 まず1件目でございますが、3ページをお願いいたします。

 専決第16号で、平成11年6月29日付で、平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第2号)を専決させていただいたものでございます。

 これは去る6月27日の集中豪雨により、農林業施設に被害が発生いたしましたので、緊急に対処する必要がございましたので専決させていただいたものでございます。

 内容といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれれ573万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ404億8,245万4,000円とするものでございます。

 また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、5ページに「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 次に、6ページをお開き願います。まず、下段の歳出からご覧いただきたいと存じます。

 災害復旧費・農林水産業施設災害復旧費といたしまして、1農地災害復旧費で40万1,000円、2農業用施設災害復旧費で192万9,000円の委託料を計上しておりますが、これは、それぞれ農地で5件、水路で2件の崩落・崩壊がありましたが、共に国庫補助の採択を受けて復旧してまいりますために測量設計の委託をするものでございます。

 次に、3林業施設災害復旧費で340万円の工事請負費を計上しておりますが、林道犬鳴東手川線の2か所で発生しました土砂崩落を復旧するものでございます。

 続きまして上段の歳入でございますが、市税・固定資産税・現年課税分で償却資産分573万円を計上いたしております。

 次に、2件目でございます。7ページをお願いいたします。

 専決第17号で、平成11年7月30日付で、平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)を専決させていただいたものでございます。

 これは法人市民税の確定申告に伴う還付が増加し、9月補正では時期的に間に合わないため、急きょ必要額を専決したものでございます。

 内容といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれれ1,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ404億9,745万4,000円とするものでございます。

 また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、9ページに「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 次に、10ページをお願いいたします。

 まず、下段で歳出の総務費・総務管理費・諸費で償還金利子及び割引料の1,500万円を追加しております。

 また、上段、歳入といたしまして、市税・固定資産税・現年課税分で1,500万円を計上いたしております。

 説明は以上のとおりでございます。ご承認いただきますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(山下清次君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑なりご意見の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これより採決に入ります。

 本件、報告どおり承認することに賛成の諸君は挙手願います。

     (挙手多数)



○議長(山下清次君) 

 挙手多数であります。よって本件は報告どおり承認されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第53号 工事請負契約締結について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第5、議案第53号、「工事請負契約締結について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 田中定信君 登壇)



◎総務部長(田中定信君) 

 それでは議案第53号、工事請負契約締結につきましてご説明を申し上げます。

 公共下水道第12工区工事につきましては、上瓦屋地区周辺の浸水解消並びに北ポンプ場へ流入する超過雨水をカットすることを主目的とし、公共下水道事業の一環として雨水整備を行うものでございます。

 それでは契約内容につきましてご説明をいたします。

1.契約の目的 公共下水道第12工区工事

2.契約の方法 一般競争入札

3.契約金額  3億240万円

4.請負者

   住所  大阪府泉佐野市下瓦屋375番地の1

   名称  小間安・奥野・阪和共同企業体

   代表者 大阪府泉佐野市下瓦屋375番地の1

       株式会社小間安組

       代表取締役  小間物谷安範

   構成員 大阪府泉佐野市鶴原960番地

       株式会社奥野組工業

       代表取締役  奥野 薫

   構成員 大阪府泉佐野市上瓦屋392番地の5

       阪和建設工業株式会社

       代表取締役  勝間隆司

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第54号 工事請負契約締結について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第6、議案第54号、「工事請負契約締結について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 田中定信君 登壇)



◎総務部長(田中定信君) 

 議案第54号、工事請負契約締結につきましてご説明を申し上げます。

 公共下水道第8工区(その2)工事は、羽倉崎上之郷汚水幹線の最下流部であり、近年中に着工予定である羽倉崎町の汚水面整備にさきがけて実施する幹線工事であります。

 それでは契約内容につきましてご説明を申し上げます。

1.契約の目的 公共下水道第8工区(その2)工事

2.契約の方法 指名競争入札

3.契約金額  1億8,060万円

4.請負者

   住所  大阪府泉佐野市長滝1509番地

   名称  北幸・イズタニ共同企業体

   代表者 大阪府泉佐野市長滝1509番地

       株式会社北幸組

       代表取締役  北浦幸弘

   構成員 大阪府泉佐野市羽倉崎三丁目7番32号

       イズタニ建設株式会社

       代表取締役  泉谷右三郎

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第55号 損害賠償の額を定めること及び和解について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第7、議案第55号、「損害賠償の額を定めること及び和解について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (環境保健部長 溝端 節君 登壇)



◎環境保健部長(溝端節君) 

 それでは議案第55号、損害賠償の額を定めること及び和解について、提案理由の説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書の15ページをお開きいただきたいと思います。

 平成11年3月19日、泉佐野市鶴原820番1先で市清掃課職員の運転する塵芥車がゴミ収集作業中、泉州オート商会のゴミを収集後、次のゴミ置き場へ向かうために反対車線から本線へ戻る際に、泉佐野市鶴原502番地、府営鶴原住宅3棟204号、岡田裕己子氏所有の自家用自動車の運転席側に接触し、破損させたものであります。

 同乗者は東佐野病院にて診療及び治療を受けておりましたが、平成11年6月5日をもちまして、損害賠償額といたしまして治療費32万5,757円、休業損害金46万9,200円、慰謝料36万3,400円、車修理代15万3,300円、レンタカー代10万2,900円、合わせまして141万4,557円を全額負担することで和解をするものでございます。

 なお、損害賠償額につきましては、全国市有物件災害共済会より全額補填されることになっております。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第56号 泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第8、議案第56号、「泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは議案第56号、泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定につきまして、ご説明申し上げます。議案書は17ページをお開き下さい。

 平成11年3月31日付で、法律第7号をもって恩給法等の一部を改正する法律が公布され、平成11年4月1日から施行されたことに伴い、職員退隠料の年額の改定についての条例を制定し、本市の職員の退隠料年額を国に準じて改定を行うものでございます。

 改正趣旨といたしましては、泉佐野市職員退隠料条例の規定による退隠料または遺族扶助料について、平成11年4月分以降、その年額を、その計算の基盤となっている給料年額に、それぞれ対応する議案書19ページの別表の仮定給料年額を退職または死亡当時の給料年額とみなして、退隠料条例の規定によって算出して得た年額に改定するというもので、引き上げ率は平均0.70%となっております。

 附則第1項といたしまして、施行期日等でございますが、この条例は公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用することになっております。

 第2項といたしまして、普通恩給、普通扶助料及び公務関係扶助料の最低保障額の増額に伴い、昭和49年条例第50条泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部を改正し、本市職員の退隠料及び遺族扶助料の最低保障額を平成11年度4月分以降、引き上げるものであります。

 内容といたしましては、65歳以上の者に給する退隠料を「1,122,000円」から「1,129,900円」に、65歳未満の者に給する退隠料を「841,500円」から「847,400円」に、遺族扶助料のうちの扶助料を「784,500円」から「790,000円」に、遺族扶助料のうちの公務扶助料を「1,796,000円」から「1,809,000円」に、それぞれ改正するものでございます。

 次に、18ページをお開きいただきます。附則第3項といたしまして、昭和51年条例第36号、泉佐野市職員退隠科の年額の改定についての条例の一部を改正し、遺族扶助料を受ける者が妻である場合の加算額及び公務関係扶助料に係る遺族加算の年額につきまして、平成11年4月分以降、次のとおり改定するものでございます。

 内訳といたしまして、扶養遺族である子が2人以上ある場合にあっては「268,000円」を「269,900円」に、扶養遺族である子が1人ある場合、扶養遺族である子を有しない60歳以上の妻である場合にあっては「153,500円」を「154,200円」に、職務による負傷または病気により、在職中に死亡した場合の遺族扶助料を受ける者に加算される年額を「137,500円」から「139,700円」に、それぞれ改定するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第57号 泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第9、議案第57号、「泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (環境保健部長 溝端 節君 登壇)



◎環境保健部長(溝端節君) 

 それでは議案第57号、泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして、私のほうから提案理由の説明を申し上げます。恐れ入りますが説明の都合上、議案書21ページをお開きいただきたいと思います。

 今回、条例改正をさせていただきます趣旨は、JR阪和線の東佐野駅前に将来の道路用地として土地開発公社が先行取得をいたしました土地を東佐野自転車置場として開設し、本年12月1日より供用するための条例改正でございます。

 泉佐野市自転車等駐車場の設置及び使用に関する条例(昭和59年泉佐野市条例第16号)の一部を次のように改正するものであります。

 第2条の表は、自転車等駐車場の名称及び位置を規定したものであります。上町自転車置場、泉佐野市上町三丁目1168番地の20の次に、東佐野自転車置場、泉佐野市泉ケ丘一丁目459番地の10を追加するものでございます。

 次に、22ページの別表中とは、使用料を定めた項目であります。上町自転車置場の次に、東佐野自転車置場を追加し、同額とするものでございます。

 次に、附則といたしまして、この条例は平成11年12月1日より施行するものであります。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第58号 泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第10、議案第58号、「泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (消防長 賀本俊勝君 登壇)



◎消防長(賀本俊勝君) 

 議案第58号、泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について、提案理由をご説明申し上げます。議案書23ページをお願いします。

 平成11年5月28日に国民金融公庫法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、泉佐野市消防団員等公務災害補償条例第3条第2項ただし書き中「国民金融公庫」を「国民生活金融公庫」に改めるものでございます。

 これは国民金融公庫に環境衛生金融公庫を統合して、名称を国民生活金融公庫に改められたことによるものです。

 附則といたしまして、この条例は平成11年10月1日から施行するものです。

 説明は以上でございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第59号 損害賠償の額を定めることについて



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第11、議案第59号、「損害賠償の額を定めることについて」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (水道局長 杉岡明昌君 登壇)



◎水道局長(杉岡明昌君) 

 議案書の25ページをお開き願いたいと思います。議案第59号、損害賠償の額を定めることについてご説明申し上げます。

 平成11年4月24日土曜日23時30分ごろ、共同溝管理委託会社より通報があり、水道局職員が確認したところ漏水事故と判明し、緊急に修理体制を取り、4月26日午前2時ごろ復旧通水を完了したものでございます。

 漏水は、空港連絡道路に敷設されている第2阪和共同溝内へ布設している口径450ミリ、空港幹線における本市松原二丁目2886番地13先に設置したバルブ継ぎ手部より発生したものであり、水撃圧により管に微少な振動が起こり、継ぎ手ボルトが緩んだところに配管屈曲部の横力が作用したものと思われます。

 また、漏水量は配水データより、1時間当たり200立方メートルぐらいと考えられ、漏れた水は第2阪和共同溝の下流部に連結する企業者間共同溝に流れ、本共同溝が低部に位置しているため天井付近まで浸水し、共同溝自動監視設備が作動不能となり、各センサー及びケーブル類の取替修繕が必要となったものでございます。

 企業者間共同溝は、大阪市住之江区浜口西三丁目9番5号、関西電力株式会社大阪南支店、大阪市北区堂島三丁目1番2号、西日本電信電話株式会社大阪支店、堺市住吉橋町2丁2番19号、大阪ガス株式会社南部事業本部設備営業部及び本市水道局として財産持ち分比率を定めて共有物としているものでありますが、損害賠償について、共同溝管理協定に基づき協議を行ってまいりましたが、今般、協議が成立し被害総額2,314万9,350円のうち、水道局持ち分を差し引きました2,046万6,456円を他企業3社に対し賠償を行うものでございます。

 今後は、共同溝の監視の強化及び点検の徹底を図り、未然防止の完全を期する所存でございますので、何とぞご承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。



◆(新田谷修司君) 

 今のご説明ですけども、市が賠償するということですけども、その直接の原因となった水道管を工事した施工会社に対しては、その瑕疵担保責任というのはないわけですか。そういった市の賠償に対して後から、その業者に対して工事責任を申し立てるというようなことはないわけですか。



◎水道事業管理者(宮先勝君) 

 工事責任の問題ですけども、これが平成5年度に施工して、現在、何年か経っているわけですけれども、そういう中で責任範囲といいますか、そういうことで大体1年ぐらい、水道の場合は1年ということになっておりますので、今のところは、それは考えておりません。

 また、その事故等の問題についても、これが我々が今調査する中で、一番大きな原因は、やはり阪神・淡路大震災の影響が一番大きいんと違うんかという調査も、いろいろと調査会社に依頼して調査したんですけども、そういう原因が大きい。

 それと関空のほうに直接受水しているわけですけれども、その中で、関空のりんくうのポンプ場は、開け閉めするんで、その水撃が、今局長が説明したように、水撃作用によって、そういう影響が出たということでございますので、ご理解願いたいと思います。



○議長(山下清次君) 

 ほかにありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようですので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第60号 平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第12、議案第60号、「平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)」についてを議題といたします。

 本議案については、まず補正予算の総括について水脇市長公室長の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは議案第60号、平成11年度泉佐野市一般会計補正予算(第4号)の総括について、ご説明申し上げます。議案書は27ページをご覧いただきたいと存じます。

 今回、補正をお願いしておりますのは、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ2,712万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ404億7,032万5,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分、及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、29ページから30ページにかけまして、「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 次に、債務負担行為の補正でございますが、31ページをお願いいたします。

 「第2表 債務負担行為補正」でお願いしておりますのは、追加の2件でございます。

 まず大木小学校建設事業費といたしまして、限度額10億2,500万円をお願いしております。これは当初計画では11年度で解体、造成工事を行い、12年度から13年度にかけて建設工事をするという予定で、開校は13年の2学期からと考えておりましたが、仮設校舎を使用しなければならない期間が長く、児童の教育環境の観点からも、出来るだけ工期を短縮する方向で再検討いたしました結果、12年度中に完成させることとしたため、11年度から12年度の事業として債務負担するものでございます。

 なお、歳出予算においても、一部単年度工事以外は減額いたしますとともに、建設工事の前払金6,000万円の計上をお願いしております。

 次に、佐野台小学校水洗化事業といたしまして、限度額750万円をお願いしております。

 これは、熊取町が施行しておりました下水道工事が完了し、7月に供用開始の告示がなされましたので、12年度のなるべく早い時期に工事着工を行うために、先に実施設計の委託をするものでございます。

 続きまして、地方債の補正についてでございますが、31ページの下段をご覧願います。

 義務教育施設整備事業費の変更をお願いしておりますが、先にご説明申し上げました大木小学校建設工事費の減額に合わせまして、その財源となる地方債についても1億1,810万円減額するものでございます。

 なお、今回の補正の主な内容といたしましては、東佐野自転車置場整備事業、タオル展示場等の整備補助事業などでございます。

 総括といたしましては、以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(山下清次君) 

 ただ今の説明につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって説明に対する質疑を終結いたします。

 次に、歳入歳出補正予算の審議に入ります。審議につきましては事項別明細書によってご審議を願います。

 まず、34ページからの歳出各款について提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは34ページの歳出のうち、私の所管する部分についてご説明申し上げます。総務費・総務管理費・恩給及び退職年金費で6万4,000円の追加をお願いしております。

 これは、先に議案第56号でお願いいたしました泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例制定に伴う追加7名分の年額に係る費用でございます。

 次に、諸費で償還金利子及び割引料といたしまして4,935万3,000円をお願いしております。

 内容といたしましては、決算の確定に伴う国・府への精算返還金で3,525万3,000円、市税の還付金として1,200万円、開発負担金の返還金で210万円でございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくお願いいたします。

     (環境保健部長 溝端 節君 登壇)



◎環境保健部長(溝端節君) 

 それでは私の所管いたします項目について、提案理由の説明を申し上げます。議案書34ページ、詳細説明書の2ページをご覧いただきたいと思います。

 (2)公害交通対策費の3交通対策費で、総額875万4,000円の追加補正をお願いいたしております。これにつきましては、JR阪和線の東佐野駅前で市土地開発公社が先行取得いたしております用地を東佐野自転車置場として開設するための経費でございます。

 13委託料といたしまして90万円をお願いしております。これは開設に伴います自転車置場の管理委託料として、本年度末までの4か月分でございます。

 次に、15工事請負費といたしまして650万円をお願いしておりますが、これは開設に伴います整備の工事費と照明灯の設置工事費でございます。

 次に、18備品購入費で106万8,000円をお願いいたしておりますが、これの主なものといたしましては、管理用の小屋と、これのエアコン並びに簡易トイレ等の設置費用でございます。

 次に、19負担金補助及び交付金で22万2,000円をお願いいたしておりますが、これにつきましては、水道の設置に伴います引込負担料でございます。

 その他、需用費、役務費の計6万4,000円と合わせまして、東佐野自転車置場の新設に係ります経費といたしまして、総額875万4,000円の追加補正をお願いするものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、私の所管しております衛生費についてご説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案書の35ページ、詳細説明書4ページをお開きいただきます。

 衛生費・保健衛生費・予防費のうち扶助費で1万3,000円の追加をお願いいたしております。

 これは、本年4月から予防接種法の施行令が改正されましたことに伴いまして、予防接種による健康被害者障害年金が年額296万5,200円から297万8,700円となり、本年4月からの差額分の追加補正をお願いするものでございます。

 なお、この扶助費の4分の3の補助率で、大阪府から補助金がございます。別途32ページの歳入のほうで1万1,000円を受け入れをさせていただいております。

 以上、簡単でございますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (福祉事務所長 溝川泰雄君 登壇)



◎福祉事務所長(溝川泰雄君) 

 それでは、続きまして民生費につきまして、ご説明申し上げます。予算書35ページをご覧願います。

 (1)社会福祉費・3老人医療助成費・14使用料及び賃借料で33万7,000円の補正をお願いしておりますのは、現在、老人医療の事務をパソコンで処理を行っておりますが、このパソコン本体の保守契約が平成11年3月31日となっており、それ以降も現在のパソコンを使用してまいりましたが、トラブルが生じるなど、これ以上使用することが困難な状況となってまいりました。

 また、現在のパソコンを導入いたしましてから、約15年経過しておりまして、2000年問題の絡みからも、今回、新たにパソコンをリースとして導入するものであります。

 続きまして(2)児童福祉費・1児童福祉総務費・13委託料で228万5,000円の補正をお願いしております。詳細説明は3ページでございます。

 これはグループホーム運営費委託料を追加するものでありまして、障害者地域生活援助事業として、グループホーム運営費に140万2,920円、バックアップ強化費といたしまして88万1,880円お願いするものであります。

 内訳でございますが、知的障害者施設砂川厚生福祉センター、泉南第3ホームに本年4月から新たに1名が入所したこと。また、社会福祉法人清光会が、来年1月から運営予定しておりますグループホームに、新たに4名入所することに伴いまして、合計5名の運営費及びバックアップ強化費をお願いするものであります。

 グループホームと申しますのは、4名以上の知的障害者が地域の中で共同生活を送るものでありまして、世話人から食事等の日常生活の援助を受けながら共同生活を送り、お互い助け合うことによりまして、自立生活の促進を図ることを目的とするものであります。

 また、バックアップ強化と申しますのは、大阪府の単独補助事業でありまして、グループホームの安定的運営を図るために、運営主体が直接または世話人を通じまして実施する支援を強化し、もって障害者の地域での安定した生活を支援することを目的とするものであります。

 なお、ご参考ではございますが、グループホーム運営費につきましては、国補助として2分の1、70万1,000円、バックアップ強化費につきましては、府単独事業として2分の1、44万円を、それぞれ歳入に計上しているところであります。

 説明は以上のとおりであります、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (産業経済部長 桶谷正昭君 登壇)



◎産業経済部長(桶谷正昭君) 

 それでは、私のほうから商工費について、提案理由をご説明申し上げます。議案書の35ページ、詳細説明書につきましては5ページをご覧いただきたいと思います。

 今回、商工費・2商工振興費・19負担金補助及び交付金で1,650万円の追加補正をお願いするものでございます。

 本市の地場産業であるタオル製造業は、近年輸入品の増加や消費の低迷などによりまして、極めて厳しい環境下に置かれているところでございます。こうした状況の打開策といたしまして、タオル製造業の企画、販売機能の強化の必要性が指摘されてきたところでございます。

 このため業界が一団となりまして、商品企画のための情報発信機能、販売機能を備えたタオル展示場を整備いたしまして、産地活力の強化を図るべく取り組みを進めているところでございます。

 内容でございますが、上町一丁目3番1号、旧市立泉佐野病院前にございます大阪タオル工業組合事務所ビルを改装いたしまして、タオル製品の展示場、アンテナショップ、商談コーナーを設置いたしまして、タオルの問屋や消費者のニーズなどを的確に把握し、製造業者自らが商品の企画、開発に生かすという計画となっております。

 なお、当該建物につきましては、敷地面積379.2平方メートル、建築面積195.27平方メートル、延べ床面積345.74平方メートルとなっております。

 これに対しまして、本市といたしまして、大阪タオル工業組合が実施する展示場等の設置に係る改装工事費等の2分の1を補助することによりまして、当該計画を促進し、地場産業であるタオル業界の活性化を図ろうとするものでございます。本機能の整備によりまして、産地の情報発信機能の強化、拠点整備による産地内共生意識の高揚等の効果があると認識いたしております。

 説明は以上のとおりです。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (住宅建設担当理事 中川富雄君 登壇)



◎住宅建設担当理事(中川富雄君) 

 それでは、私のほうから土木費について、ご説明いたします。予算書の35ページ、詳細説明書の6ページをご覧いただきたく存じます。

 ?土木費・(5)住宅費・2住宅建設費・8報償費、309万円の追加補正をお願いするものでございます。

 本市では、住宅マスタープランにおいて老朽化した市営住宅をすべて建て替えて再生していく方針のもと、市営住宅の建替事業を進めており、現在、市営末広団地住宅では第1期建設が完了したところでございます。

 同様に建替対象である市営松原第1、第2両団地住宅については、これまで建替基本計画の検討をしてまいりましたが、このたび全入居者の意向が確認できましたので、建替事業の第1ステップとして最適な設計案を決定するための設計競技を今年度内に実施することとし、これに必要な経費を今回の補正で、お願いするものでございまして、その内容は、競技に参加する設計者のうち、落選社6社への参加報償費、1社あたり50万円、計300万円と審査委員会の外部委員1名の報償費9万円、合わせて309万円の報償費でございます。

 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (消防長 賀本俊勝君 登壇)



◎消防長(賀本俊勝君) 

 消防費についてご説明申し上げます。議案書35ページ、詳細説明書7ページをご覧願います。

 消防費のうち、2非常備消防費・8報償費といたしまして13万5,000円の補正をお願いいたしております。

 これは平成11年5月12日、死亡退職いたしました南中分団の部長1名に支給する退職報償金37万円の不足額、13万5,000円で、泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例に基づき、お願いするものでございます。

 なお、消防団員等公務災害補償等共済基金より同額の歳入がございます。

 説明は簡単でございますが、以上でございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (学校教育部長 芝野修一君 登壇)



◎学校教育部長(芝野修一君) 

 ?教育費のうち、私の所管いたします事項について、ご説明申し上げます。議案書36ページ、詳細説明書は8ページから9ページをご覧いただきたいと存じます。

 ?教育費の(2)小学校費で1億2,267万6,000円の減額補正をお願いしております。

 この内訳でございますが、1学校管理費の19負担金補助及び交付金で132万4,000円の追加補正をお願いしております。これは佐野台小学校のトイレ水洗化事業実施にあたり、熊取町の公共下水道供用開始に伴いまして、平成12年度のなるべく早い時期に工事着工の予定をしておりますが、そのための下水道受益者負担金をお願いするものでございます。

 次に、4学校建設費の15工事請負費で1億2,400万円の減額補正をお願いしております。

 これは大木小学校建設事業の当初計画では、校舎解体と造成工事等を平成11年度当初予算で2億1,300万円をお願いし、平成12年度から建設工事を行い、平成13年度2学期からの開校をめざしておりましたが、仮設校舎を使用する期間が2年間と長く、児童の教育環境の観点からも工期を短縮する方向で再検討しました結果、当小学校建設事業を進捗する上で、造成工事等を建築工事等と一体的に行い、平成12年度中に完成させることの計画に見直しいたしました。

 このため今回、校舎の解体、造成、校舎建設工事費につきましては、11年度から12年度の事業として議案書31ページの債務負担行為補正で限度額10億2,500万円をお願いしております。

 そこで、この工事請負費のうち、大木小学校建設工事前払金6,000万円につきましては、本年度事業分として追加補正をお願い申し上げ、工事用仮設道路設置工事費1,400万円及び屋内運動場を仮設教室等に改造する工事費1,500万円につきましては本年度工事分の工事請負費として、平成11年度当初予算においてお願いしているものでありますので、これらを差し引いた1億2,400万円の減額補正をお願いするものでございます。

 以上、説明は簡単でございますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (社会教育部長 馬野航一君 登壇)



◎社会教育部長(馬野航一君) 

 それでは私の所管いたします教育費のうち、保健体育費の項目につきまして、提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが、議案書は36ページ、それから詳細説明書は10ページをご覧下さい。

 (6)保健体育費・1保健体育総務費・15工事請負費で1,440万円を計上いたしております。同じく18備品購入費といたしまして39万4,000円、19負担金補助及び交付金といたしまして22万2,000円をお願いいたしております。

 工事請負費のうち1,140万円につきましては、ゲートボール場設置工事費でありまして、備品購入費はゲートボール場の倉庫とアルミベンチ4台分、また負担金補助及び交付金につきましても、ゲートボール場の水道の分担金でございます。

 本工事は市営高松ゲートボール場が、本年の3月31日をもって土地を所有者に返還いたしました。そこで、現在は市営のゲートボール場がございません。そこで末広公園の山側の公園緑地課が所有いたしております駐車場として利用しております土地の一部、1,040平方メートルに設置するものでございます。

 また、工事請負費のうち300万円につきましては、泉佐野市民道場心明館の進入路変更整備工事でございまして、現在の進入路は個人地を借用しておりますが、今年度中に土地の所有者に返還することになってございます。

 これに伴いまして、今年度完成予定の笠松末広線より進入路を変更しなければ、入り口並びに駐車場を確保できないため、整備をお願いするものでございます。

 誠に簡単でございますが、説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより歳出についての質疑に入ります。

 まず、34ページの総務費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に34ページからの民生費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に35ページの衛生費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に35ページの商工費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に35ページの土木費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に35ページの消防費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、次に35ページからの教育費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって歳出についての質疑を終結いたします。

 次に、32ページからの歳入について提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは、続きまして歳入についてご説明申し上げます。議案書は32ページからでございます。

 市税・固定資産税・現年課税分で償却資産分追加として664万4,000円を計上いたしております。

 次に、使用料及び手数料・使用料・総務使用料で公害交通対策使用料といたしまして、駐輪場の使用料として94万円を計上いたしております。

 次に、国庫支出金・国庫補助金・民生費国庫補助金・児童福祉費補助金といたしまして、グループホーム運営費補助金70万1,000円を計上いたしております。

 次に、府支出金・府補助金といたしまして、民生費府補助金・児童福祉費補助金でグループホームバックアップ強化費補助金44万円、衛生費府補助金・保健衛生費補助金で予防接種事故救済対策費補助金1万1,000円を、それぞれ計上いたしております。

 次のページでございますが、繰入金・基金繰入金といたしまして、公共施設整備基金繰入金で8,000万円、公園等整備基金繰入金で210万円を、それぞれ計上いたしております。

 また、諸収入の雑入で、消防団員等公務災害補償等共済基金13万5,000円を計上いたしております。

 最後に、市債でございますが、教育費の小学校費で1億1,810万円の減額をいたしております。

 なお、地方債の年度末現在高見込額の調書補正につきましては37ページに記載させていいただいております。

 歳入につきましては以上のとおりでございます。よろしくご審議賜りますようお願いいたします。



○議長(山下清次君) 

 これより歳入についての質疑に入ります。

 歳入全般について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第61号 平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第13、議案第61号、「平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 田中定信君 登壇)



◎総務部長(田中定信君) 

 議案第61号、平成11年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、ご説明を申し上げます。恐れ入ります。議案書の39ページをお願いいたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ35万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ78億9,424万1,000円とするものでございます。

 また、歳入歳出予算の補正の款項の区分、及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、41ページの「第1表 歳入歳出予算補正」によるところでございます。

 議案書の42ページをご覧願いたいと思います。歳出の・諸支出金の償還金利子及び割引料で35万円の補正をお願いいたしております。これは老人医療費並びに障害者医療費の公費負担事業による国保財政の負担軽減を図る平成10年度大阪府老人等医療費波及分補助金の実績に基づく精算の結果、超過交付金が生じたことによる返還金でございます。

 続きまして、歳入につきましてご説明をいたします。・の諸収入の雑入で35万円を計上いたしております。これは、歳出に見合う分を雑入として計上したものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第62号 平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第14、議案第62号、「平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (水道局長 杉岡明昌君 登壇)



◎水道局長(杉岡明昌君) 

 議案第62号、平成11年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)について、ご説明申し上げます。議案書43ページをお開き願いたいと思います。

 第2条の収益的収入及び支出の補正でございますが、まず収入の第1款、事業収益で予算額31億7,921万7,000円に2,000万円を増額し、補正後の額を31億9,921万7,000円とするものでございます。これは特別利益の増でございます。

 次に、支出で第1款の事業費用で、予算額31億3,577万円に2,315万円を増額し、補正後の額を31億5,892万円とするものでございます。これは営業費用の増額によるものでございます。

 次に、説明の都合上48ページをお開き願いたいと思います。

 水道事業会計補正予算説明書(第1号)について説明をいたします。また、併せて詳細説明書の11ページをご参照願いたいと思います。

 収益的収入の第1款、事業収益で2,000万円を増額し、31億9,921万7,000円とするものでございます。この内訳は、3の特別利益・3その他の特別利益で、議案第59号の第2阪和共同溝内水道本管漏水事故の損害賠償に係る保険金2,000万円を増額するものでございます。

 次に、収益的支出の第1款、事業費用で2,315万円の増額補正をお願いするもので、補正後の額を31億5,892万円とするものでございます。この内訳は、第1項、営業費用・2配水及び給水費用の委託料で268万3,000円と4の総係費の補償金で2,046万7,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 まず、委託料の268万3,000円につきましてご説明申し上げます。これは企業者間共同溝の管理に係るものでございまして、当共同溝は、関西電力、NTT、大阪ガスと水道局との4者共有物となってございます。4者で共同溝管理協定を締結し、その協定に基づき管理しているものでございます。本年度はNTTが管理を行うことになっており、他の3者が、それぞれNTTに委託費を支払いしております。

 今回の事故につきまして、NTTが修理、施工することになっているため、修理費用のうち、水道局所有物268万3,000円をNTTに委託するもので追加補正をお願いするものでございます。

 次に、補償金の説明でございますが、今回の被害総額は2,314万9,350円で、水道局以外の3者分の被害額が2,046万7,000円となり、当該金額を補償金として補正をお願いするものでございます。

 なお、45ページから47ページまでに「補正予算実施計画(第1号)」「資金計画補正(第1号)」及び「補正予算貸借対照表(第1号)」を所定の様式により記載しておりますので、ご参照のほど、よろしくお願い申し上げます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山下清次君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山下清次君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 請願第1号 子育て支援施設の確保を願う請願



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第15、請願第1号、「子育て支援施設の確保を願う請願」を議題といたします。

 請願内容については、お手元へ配付のとおりであります。

 本請願は、会議規則第126条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 請願第2号 市立幼稚園に入園できるように願う請願



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第16、請願第2号、「市立幼稚園に入園できるように願う請願」を議題といたします。

 請願内容については、お手元へ配付のとおりであります。

 本請願は、会議規則第126条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 請願第3号 プール設置を要する小学校のためのプール建設を求める請願



○議長(山下清次君) 

 次に、日程第17、請願第3号、「プール設置を要する小学校のためのプール建設を求める請願」を議題といたします。

 請願内容については、お手元へ配付のとおりであります。

 本請願は、会議規則第126条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山下清次君) 

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。



△散会(午前11時16分)