議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成20年  9月 定例会 09月09日−01号




平成20年  9月 定例会 − 09月09日−01号







平成20年  9月 定例会



          平成20年9月泉佐野市議会定例会(第1日)

               平成20年9月9日(火)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第1日の議事日程

 日程第1       会議録署名議員の指名について

 日程第2       会期の決定について

 日程第3 監査報告第6〜8号 監査結果報告について

 日程第4 専決報告第7号 専決処分の承認を求めることについて

 日程第5 専決報告第8号 専決処分の報告について

 日程第6 報告第7号 平成19年度泉佐野市健全化判断比率の報告について

 日程第7 報告第8号 平成19年度泉佐野市資金不足比率の報告について

 日程第8 議案第50号 泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について

 日程第9 議案第51号 泉佐野市土地開発公社定款の変更について

 日程第10 議案第52号 泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第11 議案第53号 泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第12 議案第54号 泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第13 議案第55号 市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定について

 日程第14 議案第56号 市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定について

 日程第15 議案第57号 泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定について

 日程第16 議案第58号 泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第17 議案第59号 泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について

 日程第18 議案第60号 泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定について

 日程第19 議案第61号 泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について

 日程第20 議案第62号 平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)

 日程第21 議案第63号 平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第22 議案第64号 平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第23 議案第65号 平成20年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第24 議案第66号 平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 日程第25 議案第67号 平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数21名

 出席議員21名

   新田輝彦    宮本正弘    鈴木雅弘    岡田昌司

   辻中 隆    向江英雄    国賀祥司    中林順三

   中村哲夫    奥野英雄    布田拓也    松浪武久

   辻野隆成    北谷育代    伊藤百合子   高道一郎

   窪 和惠    戸野 茂    野口新一    鎌野 博

   千代松大耕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           新田谷修司  副市長          泉谷善吉

 副市長          手向健二   教育長          下岡朋彦

 病院事業管理者      種子田 護  市長公室長        坂田純哉

 まちづくり調整担当理事  安井健二   総務部長         根来孝次

 人権推進部長       若松平吉   生活産業部長       増田和夫

 健康福祉部長       湯川主士   健康福祉担当理事     竹内延吉

 都市整備部長       松下義彦   会計管理者(兼)会計課長  馬場 眞

 消防長          木ノ元正春  上下水道局長       久堀健三

 学校教育部長       坂野賢治   社会教育部長       塩谷善一郎

 市立泉佐野病院事務局長  丹治精一   総務部次長(兼)税務課長  中島信男

 生活産業部次長      沢辺隆二   消防次長         根来芳一

 秘書課長         竹内一郎   政策推進課長       上野正一

 政策推進担当参事     真瀬三智広  情報政策担当参事     中野英二

 行財政管理課長      丹治 弘   行財政管理担当参事    吉村昭彦

 自治振興課長       白井栄三   総務課長         水本隆夫

 総務課管財担当参事    南 正文   人事課長         八島弘之

 人事課研修福利厚生担当参事       税務課課税担当参事    昼馬 剛

              竹森 知

 税務課納税担当参事    柿本 香   税務課納税調整担当参事  長田喜夫

 市民課長         貝野克巳   人権推進課長       坂口佳央

 同和行政担当参事     勘六野正治  人権推進課施設担当参事  松島水巳

 農林水産課長       奥野慶忠   農林水産課農林水産担当参事

                                  松下 仁

 商工労働観光課長     射手矢光雄  市民生活課長       川口秀幸

 環境衛生課長       溝口 治   環境衛生課環境美化担当参事

                                  澤田愼吾

 環境衛生課衛生担当参事  竹本弘一   クリーンセンター総務担当参事

                                  神野清志

 クリーンセンター保全担当参事      クリーンセンター収集担当参事

              口元安雄                井田史郎

 生活福祉課長       井内秀起   児童福祉課長       藤原正則

 児童福祉課保育担当参事  辻 宗雄   児童福祉課参事(兼)鶴原保育所長

                                  阿形 学

 障害福祉総務課長     赤坂法男   介護保険課長       信貴靖滋

 保健センター所長     星 照明   国保年金課長       西浦良一

 都市計画課長       近藤幸信   都市計画課都市計画担当参事

                                  松村和幸

 建築住宅課長       四至本好仁  建築住宅課建築担当参事  山本一久

 建築住宅課住宅建設担当参事       道路公園課長       山東一也

              宇賀 郁

 道路公園課道路担当参事  豊井和輝   道路公園課高架事業担当参事

                                  坂本佳弘

 土木管理課長       新里 勉   消防本部総務課長     東 昇司

 消防本部予防課長     花枝岩夫   消防本部警備課長     玉置博文

 消防本部警備課救急救助担当参事     りんくう消防署長     戎谷 始

              浅井典昭

 中消防署長        藤原 治   りんくう消防署空港分署長 川野克芳

 上下水道総務課長     末原幸彦   下水道整備課長      松山昌富

 水道工務課長       山本忠男   水道浄水課長       川村俊昭

 市立泉佐野病院総務課長  番匠隆雄   市立泉佐野病院総務課参事 道下栄次

 市立泉佐野病院医事課長  唐松正紀   救命救急センター事務長  井藤一夫

 教育総務課長       古木 学   教育総務課教職員担当参事 奥 真弥

 教育総務課教育施設担当参事       学校教育課長       中上一彦

              坂口 呈

 人権教育室長       橋本正二朗  社会教育課長       西出作治

 生涯学習センター館長   孝口 晃   図書歴史課長       中西敏治

 青少年課長        奥田哲也   青少年課青少年施設担当参事

                                  東口祐一

 体育振興課長       中下栄治   農業委員会事務局長    松下 仁

 選挙管理委員会事務局長         選挙管理委員会事務局次長

 (兼)公平委員会事務局長         (兼)公平委員会事務局次長

              家路博史                中川隆仁

 (兼)監査委員事務局長          (兼)監査委員事務局次長

 (兼)固定資産評価審査委員会書記     (兼)固定資産評価審査委員会書記

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       赤井重雄   議会事務局次長      高島 晃

 参事           塩谷久一   主幹           北田博英

 議会係長         荒金誠司   職員           高倉佳代子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本議会の会議事件

 ◇監査結果報告について

 ◇専決処分の承認を求めることについて

 ◇専決処分の報告について

 ◇平成19年度泉佐野市健全化判断比率の報告について

 ◇平成19年度泉佐野市資金不足比率の報告について

 ◇泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市土地開発公社定款の変更について

 ◇泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定について

 ◇市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について

 ◇平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)

 ◇平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

 ◇平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 ◇平成20年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)

 ◇平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

 ◇平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)

 ◇平成19年度泉佐野市一般会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市宅地造成事業会計決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市水道事業会計決算の認定について

 ◇平成19年度泉佐野市病院事業会計決算の認定について

 ◇南大阪湾岸中部流域下水道組合決算の認定について

 ◇南大阪湾岸南部流域下水道組合決算の認定について

 ◇教育委員会委員任命についての同意を求めることについて

 ◇地方消費者行政の抜本的拡充に必要な法制度の整備及び財政措置を政府等に求める意見書(案)

 ◇常任委員会・議会運営委員会・特別委員会の継続審査について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会運営委員会決定事項           (平成20年9月2日 議運委決定)

 ●9月定例市議会の運営について

 1.付議案件及び処理要領

    〔案件名〕                      〔付託の委員会〕



(1)会議録署名議員の指名について
(2)会期の決定について
(3)監査結果報告について
(4)専決処分の承認を求めることについて
(5)専決処分の報告について
(6)平成19年度泉佐野市健全化判断比率の報告について
(7)平成19年度泉佐野市資金不足比率の報告について
即決


(8)泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について
(9)泉佐野市土地開発公社定款の変更について
(10)泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について
(11)泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について
総務委員会


(12)泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定について
(13)市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定について
(14)市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定について
建設経済委員会


(15)泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定について
(16)泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について
(17)泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について
(18)泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定について
(19)泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について
建設経済委員会


(20)平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号
所管常任委員会


(21)平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
厚生文教委員会


(22)平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
建設経済委員会


(23)平成19年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)
総務委員会


(24)平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
(25)平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)
厚生文教委員会


(26)平成19年度泉佐野市一般会計歳入歳出決算の認定について
(27)平成19年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
(28)平成19年度泉佐野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について
(29)平成19年度泉佐野市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
(30)平成19年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について
(31)平成19年度泉佐野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について
(32)平成19年度泉佐野市宅地造成事業会計決算の認定について
(33)平成19年度泉佐野市水道事業会計決算の認定について
(34)平成19年度泉佐野市病院事業会計決算の認定について
(35)南大阪湾岸中部流域下水道組合決算の認定について
(36)南大阪湾岸南部流域下水道組合決算の認定について
決算特別委員会
設置・付託・
閉会中継続審査



    〔追加予定案件名〕

 ・教育委員会委員任命についての同意を求めることについて

 2.議会進行予定                  ●議運  9月2日(火)



月・日・曜
開議時刻
会議名
備考


9月9日

午前10時
本会議
 


10日

午前10時
総務委員会
 


11日

午前10時
厚生文教委員会
 


12日

午前10時
建設経済委員会
 


13日

    休会
 


14日

    休会
 


15日

    休会
敬老の日


16日

午前10時
関西国際空港問題対策特別委員会
 


17日

午前10時
市立泉佐野病院問題対策特別委員会
 


18日

午前10時
行財政委員会
 


19日

午前10時
公害交通対策委員会
 


20日

    休会
 


21日

    休会
 


22日

    休会
 


23日

    休会
秋分の日


24日

午前10時
本会議
12:30議会運営委員会


25日

午前10時
本会議
 


26日

午前10時
本会議
 



 3.会期

    9月9日から9月26日まで……………………………………「18日間」

 4.一般質問

   ・通告質問……………9月24日開議冒頭〔通告締切 9月12日(金)午後3時〕

   ・議案関連質問………最終日議了後1時間程度

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員

    中林順三     辻野隆成

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              会議のてんまつ



△開会(午前10時01分)



○議長(千代松大耕君) 

 おはようございます。

 ただ今より平成20年9月定例市議会を開会いたします。

 議員定数21名中、出席議員21名でありますので会議が成立しております。

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・奥野英雄君。

     (議会運営委員長 奥野英雄君 登壇)



◆議会運営委員長(奥野英雄君) 

 おはようございます。ご指名によりまして、去る9月2日に開催いたしました9月定例市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項について、ご報告申し上げます。

 まず、本定例市議会に付議されております案件は、ただ今のところ36件であります。これらの処理要領につきましては、お手元へ配付いたしております議会運営委員会の決定事項により、ご承知おき願いたいと存じます。

 このうち、平成19年度各会計の決算認定につきましては、先例どおり、決算特別委員会を設置して審査を委任し、閉会中継続審査を願うことになっております。

 なお、決算特別委員会の委員数は10名とし、各会派からご選出いただくことになっておりまして、その委員の氏名につきましては、本日午後5時までにご報告いただくことに決定しております。

 また、追加予定案件といたしまして、「教育委員会の委員任命についての同意を求めることについて」の1件が予定されており、これが提案されました場合、事前に議員協議会でご説明願ったのち、本会議では即決をしていただくことに決定しております。

 次に、議会進行予定につきましては、本日午前10時より本会議、10日は総務委員会、11日には厚生文教委員会、12日には建設経済委員会を、それぞれ午前10時から開催願うのをはじめ、お手元へ配付いたしております議会進行予定に記載の委員会を、それぞれ開催願うことになっております。

 また後半の本会議につきましては9月24日、25日、26日の3日間を予定しております。

 したがいまして、本定例市議会の会期は、本日から9月26日までの18日間と決定しております。

 次に、一般質問につきましては、9月24日の開議冒頭から承ることになっております。その通告締め切りは12日の午後3時でございますので、よろしくご承知おき願います。

 なお、議案関連質問につきましては、従来どおり最終日の議了後、承ることになっております。

 次に、議員協議会の開催につきましては、後半本会議の追加案件の上程前に休憩の上、開催していただくことになっておりますので、よろしくご承知おき願います。

 以上、9月定例市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項についての報告を終わります。ご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、ご了承いただいたものといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(千代松大耕君) 

 次に、去る6月定例市議会において公平委員会委員に選任同意されました道志俊彦君より発言の申し出がありますので、これを許します。



◎公平委員会委員(道志俊彦君) 

 おはようございます。貴重な時間をいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る6月28日付で、引き続き公平委員会委員を務めさせていただくことになりました道志俊彦でございます。

 誠に微力ではございますが、公平審査制度の重要性に認識を新たにし、日々研鑽を積んでまいりますので、議員皆さま方のご指導をよろしくお願いいたしたいと思います。

 甚だ簡単ではございますが、ごあいさつにいたします。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(千代松大耕君) 

 ありがとうございます。これからのご活躍をご期待申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(千代松大耕君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 これより議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(千代松大耕君) 

 まず、日程第1、「会議録署名議員の指名」をいたします。

 会議規則第74条第1項の規定により、本会の会議録署名議員として中林順三君、辻野隆成君のご両名を指名いたします。よろしくお願い申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 9月定例市議会の会期は、本日より9月26日までの18日間といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ご異議なしと認めます。よって本定例市議会の会期は18日間と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 監査報告第6号から第8号までの監査結果報告について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第3、「監査報告第6号から第8号までの監査結果報告について」を議題といたします。

 ただ今議題となっております議案につきましては、お手元に配付いたしましたとおり、監査委員から議長あてに報告がありましたのでご報告いたします。

 この報告につきまして、ご質疑なり、ご意見等ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、以上で監査結果報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 専決報告第7号 専決処分の承認を求めることについて



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第4、専決報告第7号、「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (総務部長 根来孝次君 登壇)



◎総務部長(根来孝次君) 

 それでは専決第7号、議会の議員の報酬及び費用弁償等についての条例等の一部を改正する条例制定につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により、平成20年8月22日付で専決処分させていただきましたので、同条第3項の規定により、ご報告申し上げます。恐れ入りますが議案書3ページをお開き願います。

 地方自治法の一部を改正する法律が、平成20年6月18日に公布され、施行期日を定める政令により、施行日が同年9月1日とされたことに伴い、議会の議員の報酬及び費用弁償等についての条例、泉佐野市職員等の旅費についての条例、泉佐野市付属機関条例及び泉佐野市議会政務調査費の交付に関する条例について、専決処分により改正させていただいたものでございます。

 これは今回の地方自治法の一部改正により、議員の報酬の支給方法等に関する規定を、他の行政委員会の委員等の報酬の支給方法等に関する規定から分離するとともに、報酬の名称が「議員報酬」に改められたことによるものでございます。

 続きまして、それぞれの条例の改正内容についてご説明申し上げます。

 まず、第1条、議会の議員の報酬及び費用弁償等についての条例の一部改正につきましては、議会の議員の報酬の名称が、議員報酬とされましたので、題名を議会の議員の議員報酬及び費用弁償等についての条例に、見出しを含む第1条から第3条までの規定中、「報酬」を「議員報酬」に、第5条第2項中、「報酬月額」を「議員報酬の月額」に改めたものでございます。

 また、第2条、泉佐野市職員等の旅費等についての条例の一部改正につきましては、前条の規定により条例の題名が改められましたので、第22条中の該当部分を改めたものでございます。

 次に、第3条、泉佐野市付属機関条例の一部改正につきましては、別表アの表6の項中、「報酬」を「議員報酬」に改めたものでございます。

 第4条、泉佐野市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正につきましては、地方自治法第100条の項ずれに伴い、第1条中、第100条第13項及び第14項を第100条第14項及び第15項に改めたものでございます。

 附則として、施行日は平成20年9月1日から施行することとしています。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 報告は以上のとおりであります。ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これより採決いたします。

 専決報告第7号の専決処分の承認を求めることについてを報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(千代松大耕君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 専決報告第8号 専決処分の報告について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第5、専決報告第8号、「専決処分の報告について」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (人権推進部長 若松平吉君 登壇)



◎人権推進部長(若松平吉君) 

 それでは専決報告第8号、専決処分について、地方自治法第180条第1項の規定により、専決した内容につきまして、同条第2項の規定により、ご報告いたします。恐れ入りますが議案書7ページの専決第6号、損害賠償の額を定めること及び和解についてをご覧いただきたいと存じます。

 この事故は、平成20年6月26日午後2時30分ごろ、公用車で走行中、右折しようとした際、駐車中の原付バイクに気づかず接触し、バイクを転倒させ、ハンドル等を破損させたものでございます。

 民法第695条の規定に基づき、議案書に記載しております相手方と和解が成立いたしましたので、損害賠償金2万580円を負担するものであります。なお、損害賠償金につきましては、社団法人全国市有物件災害共済会から補填される予定でございます。

 今後は安全に心がけ、万全の注意を払って再発防止に努めてまいりますので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 報告は以上のとおりであります。ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、以上で専決処分の報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第7号 平成19年度泉佐野市健全化判断比率の報告について



△日程第7 報告第8号 平成19年度泉佐野市資金不足比率の報告について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第6、報告第7号、「平成19年度泉佐野市健全化判断比率の報告について」及び日程第7、報告第8号、「平成19年度泉佐野市資金不足比率の報告について」、以上2議案を一括して議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは報告第7号及び報告第8号につきまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書9ページをお開き願います。

 まず、報告第7号といたしまして、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)」第3条第1項の規定によりまして、平成19年度泉佐野市健全化判断比率についてご報告申し上げます。

 ご覧のように、表中に健全化の指標となる4つの比率を記載しております。順にご説明いたしますと、実質赤字比率は、普通会計における収支にかかる部分でございまして、本市の場合、一般会計と公共用地先行取得事業特別会計の合算となり、平成19年度は約4億500万円の黒字決算となり、これを標準財政規模の約206億円で除しますと、比率としてはマイナスとなりますことから、判断比率としては「なし」のバー表記となっております。

 次に、連結実質赤字比率でございますが、これは市が持っている特別会計や企業会計の収支を合算したものを標準財政規模で除したものでございまして、具体に申し上げますと、本市の場合、特別会計としましては、国民健康保険、介護保険、老人保健の3つの会計がございまして、また、企業会計としましては、公営企業法適用の病院事業、水道事業、宅地造成事業、公費適用企業の下水道事業の4つの会計がございまして、それぞれの収支を合計しますと約80億9,400万円となり、これを標準財政規模の約206億円で除しますと39.31%となるものでございます。

 次に、実質公債費率についてでございますが、この比率につきましては、一般会計の公債費や公営企業等、他の会計の公債費から交付税以上の算入額を控除し、一般会計から繰り出す経費も含んだ実質的な公債費に対して、同じく交付税以上の算入額を控除した標準財政規模で除して積算した単年度の比率を3カ年の平均値とするもので、昨年度、平成18年度決算では、3カ年平均で24.7%と非常に高い比率でありましたが、今回の健全化法では、財源として都市計画税が充当できることとされたため、率が改善されまして16.9%となったところでございます。

 最後に、将来負担比率でございますが、この比率につきましては、一般会計の地方債現在高や債務負担行為で支払いが予定されているもの、職員の退職手当見込額、設立法人である土地開発公社の負債、決算における連結実質赤字額などの将来負担すべき金額から基金や都市計画税を含め、住宅使用料など、例年公債費に充当している財源を累計したものや、今後、交付税で算入される予定の金額を控除し、これを交付税上の算入額を控除した標準財政規模で除して積算した比率でございまして、405.7%となっております。

 なお、括弧書きとしまして、それぞれに早期健全化基準を表記しております。実質赤字比率、並びに連結実質赤字比率では、市町村の標準財政規模に応じて設けられており、19年度における本市の基準は12.44%並びに17.44%となっております。

 また、実質公債費比率では、現行の地方債協議許可制度における基準である25.0%とされており、将来負担比率では、地方債の償還年数等を勘案し350%とされております。

 また、法律の適用は平成20年度決算からとなりますが、平成19年度決算におきましては、連結実質赤字比率と将来負担比率の2つの比率が、早期健全化基準を超えている状況でございます。

 恐れ入りますが議案書11ページをご覧いただきたいと存じます。

 次に、報告第8号といたしまして、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定によりまして、平成19年度泉佐野市資金不足比率についてご報告申し上げます。

 ご覧のように公営企業会計については、企業ごとに、それぞれの資金不足額における、その企業の事業規模に対する比率で、その財政状況を判断することとされており、本市では下水道事業特別会計、宅地造成事業会計、水道事業会計、病院事業会計が対象となるものでございます。

 まず、下水道事業特別会計についてでございますが、平成19年度決算では約34億円の赤字となってございますが、使用料収入等で将来的に赤字が解消可能であるという見方により、健全化法上の資金不足のカウントはゼロとなり、比率は出ておりません。

 次に、宅地造成事業会計についてでございますが、約70億円の赤字がございまして、比率としましては912.6%となっております。

 次に、水道事業会計についてでございますが、平成19年度決算では約9億円の資金剰余金がございまして比率としてはございません。

 最後に、病院事業会計についてでございますが、平成19年度決算では約27億円の赤字がございまして、比率としましては29.5%となっております。

 なお、起債はございませんが、資金不足比率が20%を超えている企業は計画を策定し、健全化を進める必要がございます。本市の場合は、宅地造成事業会計、病院事業会計の2つの会計が基準を上回っている状況でございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご理解賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 報告は以上のとおりであります。

 ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、以上で報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第50号 泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第8、議案第50号、「泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは議案第50号、泉佐野市立文化会館条例の一部を改正する条例制定について提案理由のご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書の13ページから22ページをご覧いただきたいと存じます。

 本条例は、使用料の見直しについての市の基本方針に基づき、検討を行い、泉佐野市立文化会館の使用料のうち、付属設備の使用料について料金改定を提案させていただくものでございます。

 使用料の改定率については、見直し方針により20%アップを目処に改定することとなりますが、しかしながら本施設の場合、近隣の類似施設と競合することから使用料の値上げにより、近隣類似施設よりも割高となり、利用率が低下して、結果的に減収となることのないよう、その使用料について比較検討した結果、大ホール、小ホール等の施設使用料については、近隣の類似施設と、ほぼ同等程度の使用料であることから、今回は改定を行わず据え置きとし、他施設と比較して低額となっている舞台装置関係や音響関係等の付属設備の使用料について改定を行うこととしたものでございます。

 議案書記載の別表イの付属設備等の使用料についてでございますが、区分は示されておりませんが、議案書13ページから22ページに記載のとおり、舞台設備から楽器、その他まで一律20%引き上げるものでございます。

 なお、10円単位、100円単位での端数処理をしてございます。

 なお、議案書22ページ、附則といたしまして、改正後の使用料金は平成22年1月1日以降の利用にかかる使用料から適用するものとし、1年前からの利用予約が可能なため、本条例の施行は平成21年1月1日とし、その経過措置を定めております。

 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第51号 泉佐野市土地開発公社定款の変更について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第9、議案第51号、「泉佐野市土地開発公社定款の変更について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 根来孝次君 登壇)



◎総務部長(根来孝次君) 

 それでは議案第51号、泉佐野市土地開発公社定款の変更につきまして提案理由のご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書23ページをお開き願いたいと存じます。

 土地開発公社定款の変更につきましては、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定によりまして、定款の変更をしようとするときは、設立団体の議会の議決を経て、都道府県知事の認可を受けなければならないとされていることから本提案を行うものでございます。

 今回の変更につきましては、公益法人制度改革3法が、平成20年12月1日に施行されることに伴い、公有地の拡大の推進に関する法律の一部が改正されたため、土地開発公社定款の一部の変更が必要となるものでございます。

 変更内容といたしましては、第7条第5項中、「民法第59条」を「法第16条第8項」に改めるとしております。

 従来、幹事の職務については、民法第59条に規定されていましたが、改正後は、公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項に、新たに幹事の職務が規定されたため、定款の変更を行うものでございます。

 附則といたしまして、この定款は、大阪府知事の認可のあった日から施行するものとしています。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第52号 泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第10、議案第52号、「泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 根来孝次君 登壇)



◎総務部長(根来孝次君) 

 それでは議案第52号 泉佐野市職員退隠料条例及び泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして、提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書25ページをお開き願います。

 今回の改正につきましては、行政改革推進法に基づく政策金融改革の一環として、平成19年5月に株式会社日本政策金融公庫法が制定され、現在の国民生活金融公庫などの政策金融機関を統合し、平成20年10月から、新たに株式会社日本政策金融公庫として発足することとなったことによりまして、関係条例の改正を行うものでございます。

 続きまして、それぞれの条例の改正内容についてご説明申し上げます。

 第1条、泉佐野市職員退隠料条例の一部改正につきましては、第8条ただし書き中の「国民生活金融公庫」を「株式会社日本政策金融公庫」に改めるものでございます。

 第2条、泉佐野市非常勤消防団員等の公務災害補償に関する条例の一部改正につきましては、第2条第2項のただし書き中の「国民生活金融公庫」を「株式会社日本政策金融公庫」に改正するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成20年10月1日から施行するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第53号 泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第11、議案第53号、「泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 根来孝次君 登壇)



◎総務部長(根来孝次君) 

 それでは議案第53号、泉佐野市職員定数条例及び公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして、提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書27ページをお開き願います。

 今回の改正につきましては、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」など、公益法人制度改革3法の施行により、「公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律」の一部が改正され、「公益法人等」が「公益的法人等」に改められたことにより、関係条例の改正を行うものでございます。

 続きまして、それぞれの条例の改正内容についてご説明申し上げます。

 まず、第1条、泉佐野市職員定数条例の一部改正につきましては、第4条の条文中、「公益法人等への職員の派遣等に関する条例」を「公益的法人等への職員の派遣等に関する条例」に改めるものでございます。

 第2条、公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正につきましては、条例の題名を「公益的法人等への職員の派遣等に関する条例」に改め、第1条の条文中、「公益法人等への一般職員の地方公務員の派遣等に関する法律」を「公益的法人等の一般職員の地方公務員の派遣等に関する法律」に、「公益法人等」を「公益的法人等」に改め、同じく第2条の条文中の「公益法人等」を「公益的法人等」に改めるものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成20年12月1日から施行するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第54号 泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第12、議案第54号、「泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (学校教育部長 坂野賢治君 登壇)



◎学校教育部長(坂野賢治君) 

 それでは議案第54号、泉佐野市立幼稚園保育料等に関する条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明を申し上げます。議案書29ページをお開き願いたいと存じます。

 本市の平成16年に作成いたしました使用料の見直し基準における使用料、手数料の基本的な考え方でございますが、受益者が応分の負担をすることにより、負担の公平性を確保することが原則となっております。

 公立幼稚園については、平成19年度決算においては、園児1人当たり、年間約35万円経費がかかっている中、保育料は11万円となっており、24万円が市の一般財源から出ております。受益者負担は31.8%となっております。

 幼稚園保育料等につきましては、保護者負担の目処を幼稚園運営経費の2分の1、即ち50%としており、平成18年3月の泉佐野市集中改革プランで、平成19年度以降も3年ローリングで見直しを行い、その時点のコストの精算結果に応じて適正な受益者負担となるよう改定していくものとすることとされております。

 以上のことを踏まえまして、今回ご提案させていただいております保育料、入園料につきましては、平成18年度の改正から3年を経過しますことから、平成21年度の保育料、入園料の見直しを図るものでございます。

 改正の具体的な内容でございますが、保育料を月額1万円から1万500円に、入園料を9,000円から1万円にお願いするものでございます。

 なお、改正いたしましても、大阪府における他市との比較においては、順位について、ほとんど変動しないところでございます。

 また、泉佐野市内における私立の幼稚園は、保育料2万3,000円、入園料6万円、受益者負担は60%程度と伺っております。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成21年4月1日から施行するものであります。経過措置といたしまして、平成21年3月分までの保育料等につきましては、なお従前の例によるものとするものであります。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第55号 市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第13、議案第55号、「市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (病院事務局長 丹治精一君 登壇)



◎病院事務局長(丹治精一君) 

 それでは議案第55号、市立泉佐野病院事業職員定数条例の一部を改正する条例制定につきまして、提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書31ページをお開き願います。

 第2条、職員の定数におきまして、現行の519人を23人増の542人に改めるものでございます。これは泉州広域母子医療センターとして、NICU(新生児集中治療室)の後方支援病室であるGCU8床増設による看護体制の整備、及び産科病棟の夜間体制の増強が必要となりましたことから、それに要する看護師23人分の定数増をお願いするものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成20年10月1日から施行するものでございます。

 説明は簡単ですが以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第56号 市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第14、議案第56号、「市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (病院事務局長 丹治精一君 登壇)



◎病院事務局長(丹治精一君) 

 それでは、議案第56号、市立泉佐野病院の料金等についての条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書33ページをお開き願います。

 別表備考中、泉南市の次に「、阪南市」を加えるとありますのは、正常分娩の料金及び産婦人科診療にかかる室料差額につきましては、泉州広域母子医療センターに参画する自治体は、市内在住者と同一料金としておりますが、今回、阪南市の賛同が得られましたので、市内扱いに追加するものでございます。

 これによりまして、泉州広域母子医療センターは、泉佐野市、貝塚市、泉南市、熊取町、田尻町、岬町の3市3町から、阪南市を加えた4市3町によって構成することとなるものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は平成20年10月1日から施行するものでございます。

 説明は簡単ですが以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議案第57号 泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第15、議案第57号、「泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (生活産業部長 増田和夫君 登壇)



◎生活産業部長(増田和夫君) 

 それでは議案第57号、泉佐野市営檀波羅浄園付設火葬場使用条例の一部を改正する条例制定についての提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書35ページ、36ページをご覧ください。

 今回の改正内容は、条例第2条別表の使用料改定でございます。12歳以上の遺体1体の市内使用料を1万5,000円から1万8,000円に、市外使用料は5万円から6万円に、12歳未満の遺体1体の市内使用料を1万1,000円から1万3,000円に、市外使用料は5万円から6万円に、死産児の場合は、市内使用料6,000円から7,000円に、市外使用料は1万2,000円から1万4,000円に、人体の一部の場合、市内使用料は6,000円から7,000円に、市外使用料は1万2,000円から1万4,000円に、遺体保管場所の使用料は、一夜につき3,000円から4,000円に、霊柩車使用料、一葬送1万円、公費扶助車は4,200円から一律1万1,000円に改定するものでございます。

 附則といたしまして、この条例の施行日を平成21年4月1日としております。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議案第58号 泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第16、議案第58号、「泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (生活産業部長 増田和夫君 登壇)



◎生活産業部長(増田和夫君) 

 それでは、議案第58号、泉佐野市廃棄物の減量化及び適正処理に関する条例の一部を改正する条例制定についての提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書37ページ、38ページをご覧ください。

 一般廃棄物処理業等の許可申請手数料にかかる規定である第23条におきまして、法令上の表記に基づき、条例上の文言を整理するとともに、一般廃棄物再生利用業の指定並びに変更にかかる手数料1万円を第3号並びに第4号に新たに規定するものでございます。

 また、各申請区分の手数料の額につきましても、事務処理に要する人件費及び物件費に基づき、業の許可及びその更新、変更に関しましては各1万円に、許可証または指定証の再交付に関しましては5,000円に、それぞれ改定するものでございます。

 次に、別表の動物の死体の項中、犬、猫等の処分手数料につきましても、先ほど提案させていただきました火葬場使用料の改定に準じまして、1体1,500円から2,000円に改定するものでございます。

 附則といたしまして、この条例の施行日を平成21年4月1日としております。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第59号 泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第17、議案第59号、「泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (都市整備部長 松下義彦君 登壇)



◎都市整備部長(松下義彦君) 

 議案第59号、泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定につきまして、提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが定例会議案書39ページをお開き願います。

 今回の条例改正につきましては、泉佐野市公園条例の公園施設使用料を定めます別表1のうち、末広公園及びりんくう中央公園の駐車場の使用料の改正をお願いするものでございます。

 公園駐車場につきましては、りんくう中央公園が平成15年度、末広公園が平成17年度より、駐車場使用料のご負担をお願いしているところではございますが、ご利用者の方々をはじめ、各方面から料金の見直しの要望が寄せられております。

 末広公園駐車場につきましては、有料化にかかる初期の整備費用の償却も終えており、一定見直しの時期でもございますことから、今回、使用料の改正をお願いするものでございます。また、りんくう中央公園駐車場につきましては、末広公園駐車場との料金の公平性を確保する点から改正をお願いするものでございます。

 改定内容でございますが、泉佐野市公園条例別表1に掲げる駐車場使用料にかかる備考3を削除し、新たに駐車場の各項に30分以内ゼロ円の項目を設けております。これは規定の取り扱いを明確にするためでございます。

 次に、別表1の末広公園駐車場中、大型自動車「1時間200円」を「2時間以内200円、2時間を超える1時間につき200円」に改め、「1日2,000円」を「1日1,000円」に改めるものでございます。

 次に、その他の自動車「1時間100円」を「2時間以内100円、2時間を超える1時間につき100円」に改め、「1日1,000円」を「1日500円」に改めるものでございます。

 続きまして、りんくう中央公園駐車場中、「1時間100円」を「2時間以内100円、2時間を超える1時間につき100円」に改め、「1日1,000円」を「1日500円」に改めるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は平成20年10月1日から施行いたします。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議案第60号 泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第18、議案第60号、「泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (上下水道局長 久堀健三君 登壇)



◎上下水道局長(久堀健三君) 

 それでは議案第60号、泉佐野市下水道条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書41ページをお開き願います。

 まず、泉佐野市下水道条例第2条第7号中、「第12条第1項」の次に「及び第12条の11第1項」を加えるものでございますが、これは除外施設の定義について、下水道法の引用条項を追加するものでございます。

 また11条第1項中、「同令第9条の8もしくは同令第9条の9第1項第3号、第4号もしくは同令第9条の9第2号各号」を「令第9条の10もしくは第9条の11第1項第3号もしくは第4号もしくは同条第2項各号」に改めるものでございますが、これは下水道法施行令の改正に伴い、条文のズレが生じたため、引用した条項を修正するものでございます。

 次に、第14条第1項中、「第12条の10第1項」を「第12条の11第1項」に改めるものでございますが、これは下水道法の改正に伴う引用条項のズレを修正するものでございます。

 次に、第30条の見出しを「使用料等の減免」に改め、同条中、「使用料」の次に「または占用料」を加えるものでございますが、これは占用料についての減免規定を明確にしたものでございます。

 次に、別表に定める下水道使用料の額について改定をお願いするもので、一般汚水につきましては、基本料金として月額、現行10立方メートルまでの分で870円を使用水量に関係なく450円とし、超過料金として1立方メートル当たりの単価を10立方メートルまでの分で45円とし、10立方メートルを超え、20立方メートルまでの分で、現行109円を140円に、30立方メートルまでの分で、現行122円を153円に、50立方メートルまでの分で、現行150円を184円に、100立方メートルまでの分で、現行178円を213円に、500立方メートルまでの分で、現行217円を243円に、1,000立方メートルまでの分で、現行256円を276円に、1,000立方メートルを超える分で、現行279円を289円に、それぞれ改定し、また、浴場汚水につきましては、1立方メートル当たり、現行23円を、そのまま据え置きとさせていただくものでございます。

 次に、備考の改正は、浴場汚水の定義を銭湯などの普通公衆浴場としたものでございます。

 なお、附則といたしましては、施行期日につきましては、この条例は公布の日から施行する。ただし、別表の改正規定は平成21年4月1日から施行することとし、経過措置につきましては、改正後の別表の規定は、平成21年4月以降の使用料について適用し、平成21年3月分以前の使用料については、なお従前の例によることとさせていただきたいと存じます。

 ここで下水道使用料改定の趣旨を簡単にご説明申し上げます。

 本市の下水道事業特別会計につきましては、平成9年度より大部分の基準外繰り入れが停止されたことに伴い、以降、毎年の累積赤字が増大し、平成17年度から単年度黒字になったものの、平成19年度末で33億6,883万5,000円の累積赤字を生じてございます。現在、下水道事業経営健全化計画を策定し、国の承認を得ることで例外的に起債制限が解除され、事業を継続できているような状況でございます。

 この健全化計画では、人件費の削減、事業費の抑制、下水道使用料の適正化などにより、平成30年度までに累積赤字の解消を図るものとしており、事業を継続する上におきましても、計画どおり事業実施していく必要があると考えてございます。

 今回、改定の内容について申し上げますと、水量ランク別に28.4%から3.6%の引き上げをし、平成21年度から平成23年度までの3カ年の総収入ベースで平均8.1%の改定を行うものでございます。

 今回は、水道料金の改定と同時期になったものでございまして、改定幅については、極力抑えさせていただいたつもりでございます。

 また、今回は基本料金の考えを大きく見直しいたしました。現行料金は、1カ月10立方メートルまでの使用分は、水量に関係なく税抜き870円ですが、新料金では、まず税抜き450円のご負担をお願いし、1立方メートルから税抜き45円の単価をいただくこととなっております。このことによりまして、月に少量しか使用しない、10立方メートル未満の約2,900世帯のご家庭の使用料は、実質の値下げとなり、使用水量に対する不公平感もなくなるものと考えてございます。

 市民の皆さまには、さらなるご負担をお願いすることになりますが、下水道事業の実情を察していただき、ご理解賜りますようお願いいたします。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議案第61号 泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第19、議案第61号、「泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (上下水道局長 久堀健三君 登壇)



◎上下水道局長(久堀健三君) 

 それでは議案第61号、泉佐野市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について、ご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書の43ページをお開き願います。

 まず、泉佐野市水道事業給水条例第23条第1項の表に定める水道料金の額について、改定をお願いするもので、家事用の口径13ミリメートルまたは20ミリメートルつきましては、基本料金として、月額現行10立方メートルまでの分で960円を、使用水量に関係なく500円とし、超過料金として1立方メートル当たりの単価を10立方メートルまでの分で50円とし、10立方メートルを超え、20立方メートルまでの分で、現行140円を160円に、30立方メートルまでの分で、現行165円を185円に、50立方メートルまでの分で、現行210円を230円に、100立方メートルまでの分で、現行265円を290円に、100立方メートルを超える分で、現行295円を320円に、それぞれ改定し、中・大口径用につきましては、口径25ミリメートル以上、すべての口径において基本料金を現行の料金で据え置き、超過料金として、口径25ミリメートルから75ミリメートルの場合は、1立方メートル当たりの単価を、それぞれ基本水量超えから100立方メートルまでの分で、現行265円を290円に、100立方メートルを超え、500立方メートルまでの分で、現行295円を320円に、1,000立方メートルまでの分で、現行340円を365円に、1,000立方メートルを超える分で、現行370円を390円に、それぞれ改定し、口径100ミリメートル以上の場合は、1立方メートル当たりの単価を、それぞれ基本水量超えから500立方メートルまでの分で、現行295円を320円に、500立方メートルを超え、1,000立方メートルまでの分で、現行340円を365円に、1,000立方メートルを超える分で、現行370円を390円に、それぞれ改定し、湯屋用につきましては、基本料金、超過料金ともに据え置くこととし、特殊用につきましては、基本料金として、5立方メートルまでの分で、月額現行の2,200円を据え置き、超過料金として1立方メートル当たりの単価を、5立方メートルを超える分で、現行660円を700円に改定させていただくものでございます。

 また第23条第2項を削り、同条第3項を同条第2項とし、同条第4項中、「175円」を「185円」に改め、同項を同条第3項とし、同条5項中、「第1項、第3項及び第4項」を「前3項」に改め、同項を同条第4項とするものでございますが、これは第2項の用途認定につきましては、別途、施行規定で定めていたため削除し、第4項の親子メーターの水量差が生じた場合の料金単価を改定させていただき、条文削除による条項のズレを修正するものでございます。

 次に、第27条第1項中、「水道使用者」を「工事その他の理由により一時的に水道を使用する者」に改め、同項の表を46ページ記載のとおりに改めるものでございますが、これは従来、水道の開栓時に、無断退去等の担保として概算料金を扱っていたものでございますが、少額なため、その目的を達成できず、前納水道料金自体の滞納処理が煩雑になるため、工事等の一時的な給水を除く分について廃止するものでございます。

 次に、第30条第4号中、「200円」を「450円」に改めるものでございますが、これは証明手数料の改定で、泉佐野市手数料条例との整合を図るために見直しをさせていただくものでございます。

 なお、附則といたしまして、施行期日につきましては、この条例は平成21年4月1日から施行することとし、経過措置につきましては、改正後の第23条第1項の表及び同条第3項の規定は、平成21年4月以降の料金について適用し、平成21年3月分以前の料金については、なお従前の例によることとし、また、この条例の施行の際、現に改正前の第27条第1項の規定により、前納された料金については、この条例の施行日以後に還付するものとさせていただきたいと存じます。

 ここで水道料金改定の趣旨を簡単にご説明申し上げます。

 本市の水道料金につきましては、平成12年の府営水道料金の値上げを受けて、平成13年4月に料金改定しましたが、府営水道の値上げ幅の半分程度しか改定しなかったことや大口需要家の専用水道への変更、一般家庭での節水機器の普及に伴い、水需要が減少したことなどにより、水道事業会計で欠損金が生じ、平成16年10月にも改定しましたが、いまだ欠損金の解消に至らず、平成19年度末で5億531万6,000円の累積欠損金を生じてございます。

 昨年度、公的資金・保証金免除、繰り上げ償還等の実施に伴い、企業債の借り換えにより3億円程度の効果を図るため、赤字企業体として公営企業経営健全化計画を策定いたしました。その計画では、民間委託による人員削減や企業債の抑制と併せて料金の見直しを行い、平成23年度までに累積欠損金を解消するものとしており、借り換えによる効果を確実に得るためにも、計画どおり事業実施していく必要があると考えてございます。

 今回、改定の内容について申し上げますと、家事用につきましては、水量ランク別に14.3%から8.5%に引き上げをし、中・大口径用につきましては9.4%から5.4%の引き上げをし、平成21年度から平成24年度までの4年間の総収入ベースで平均6.1%の改定を行うものでございます。

 また今回は、家事用の基本料金の考えを大きく見直しました。現行料金は1カ月10立方メートルまでの使用分は、水量に関係なく税抜き960円ですが、新料金では、まず税抜き500円のご負担をお願いし、1立方メートルから税抜き50円の単価をいただくことなります。このことによりまして、月に少量しか使用しない、10立方メートル未満の約1万5,000世帯のご家庭の料金は実質の値下げとなり、使用水量に対する不公平感もなくなることと考えてございます。

 市民の皆さまには、さらなるご負担をお願いすることとなりますが、水道事業の実情をお察しいただき、ご理解を賜りますよう、お願いいたします。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第20 議案第62号 平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第20、議案第62号、「平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)」を議題といたします。

 本議案については、まず補正予算の総括について坂田市長公室長の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは議案第62号、平成20年度泉佐野市一般会計補正予算(第3号)の総括についてご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊1ページをご覧いただきたいと存じます。

 今回、補正をお願いしておりますのは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億9,200万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ408億9,532万円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正に係る款項の区分、及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、2ページから3ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載をさせていただいております。

 続きまして第2条におきまして、債務負担行為の補正をお願いしております。事項及び期間、限度額につきましては、4ページをご覧いただきたいと存じます。「第2表 債務負担行為補正」でございますが、1追加としまして、個人住民税における公的年金からの特別徴収システムの構築に伴う事業費としまして、期間を平成20年度から21年度までとし、限度額を3,000万円としてお願いするものでございます。

 具体には、公的年金受給者の納税の便宜を図るとともに、市税徴収の効率化を図るため、平成21年度から施行される個人住民税の公的年金からの特別徴収制度に伴うシステム改修を、今年度中に契約する必要があるためでございます。

 なお、債務負担の当該年度以降の支出予定額等に関する調書につきましては14ページに記載しておりますので参考にしていただきたいと存じます。

 続きまして第3条におきまして、地方債の補正をお願いしております。起債の目的及び限度額等につきましては、5ページをご覧いただきたいと存じます。

 「第3表 地方債補正」でございますが、1変更としまして、道路橋りょう整備事業費で、補正後の限度額を8,420万円としてお願いしておりますのは、今回の補正予算でお願いしております羽倉崎新安松線道路拡幅事業における事業費の財源としまして、地方債の増額を行うものでございます。

 なお、地方債の年度末における現在高見込みに関する調書につきましては、15ページに記載しておりますので参考にしていただきたいと存じます。

 続きまして、今回の補正の主な内容につきましてご説明を申し上げます。

 まず、投資的事業といたしまして、環境衛生施設整備事業で、動物の火葬炉の損傷が著しく、炉の巻き替え工事費をお願いしております。

 観光情報センター整備事業では、南海本線泉佐野駅の高架事業の進捗に伴い、駅山側に建設する行政サービス施設のうち、観光案内や市特産品の展示販売、並びに泉佐野観光ボランティア協会の活動拠点とする観光情報センターを整備するにあたり、その建設にかかる負担金等をお願いしております。

 羽倉崎新安松線道路拡幅事業では、府道までの現道拡幅工事に向けた詳細設計のための委託料等をお願いするものです。

 泉佐野駅前広場西口整備事業では、地権者へ代替地として提供するため、土地開発公社からの用地買収費等をお願いするものでございます。

 また、経常経費の主なものとしましては、ふるさと納税制度の施行に伴う寄付者への謝礼金、国及び府の補助金等の平成19年度決算確定による返還金、個人住民税における公的年金からの特別徴収にかかるシステム運用委託料、病院事業会計の経営健全化を図るための無利子貸付金、日根荘遺跡の周知・啓発のため、国の100%補助金を活用した子ども向けのワークショップ、体験型講座の実施に伴うワークシート作成経費等などとなっております。

 総括といたしましては以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 ただ今の説明につきましてご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって総括の説明に対する質疑を終結いたします。

 次に、歳入歳出補正予算の審議に入ります。

 審議につきましては、事項別明細書によってご審議願います。

 まず、定例会議案書別冊8ページからの歳出各款について順次提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは私の所管いたしますところの?総務費のうち、(1)総務管理費について、ご説明をさせていただきます。恐れ入りますが議案書別冊8ページから9ページをご覧いただきたいと存じます。

 ?総務費・(1)総務管理費・1一般管理費・宅地造成事業会計貸付金事業で40億円を減額しております。当初予算では、昨年度と同様に、宅地造成事業会計の金利軽減のため、一定期間、無利子貸し付けを行うこととしておりましたが、健全化法における連結実質赤字の縮小に向け、一定額の補填が必要になってまいりましたが、その対応につきましては12月または3月の補正予算で金額の整理をしたいと考えており、今回は貸付金の部分のみを減額させていただくものでございます。

 続きまして、5財産管理費・公共用地先行取得事業特別会計繰出金事業で48万円をお願いしております。これは6月に土地開発公社経営健全化団体の指定を受け、計画的に土地開発公社の保有地を縮減していくもので、今年度は泉佐野駅前広場用地など、3筆を公共用地先行取得事業特別会計により、市へ買い戻すこととしておりますので、その一般財源所要額を繰り出しするものでございます。

 続きまして、6企画費・11需要費のうち、まちづくり推進事業で20万円の補正をお願いしておりますのは、いわゆる、ふるさと納税制度に対する取り組みとして、制度に基づき寄附をしていただいた方に謝礼の品を贈呈することとするための費用について補正をお願いするものでございます。

 ふるさと納税制度とは、本年4月の税制改正により、個人による都道府県及び市町村への寄附金に対する税の軽減制度が拡充されたものでございますが、ご承知のとおり、大阪府内においても既に取り組んでいる団体もございます。本市としましても、市の発展を願い、応援しようとする個人等から広く寄附金を募り、その寄附金を財源として、寄附者の意向を反映した施策の展開を図ることで、活力ある泉佐野市づくりに資することを目的とし、このたび制度化を図り、取り組んでまいりたいと考えているところでございます。

 ついては制度に基づき市に1万円以上の寄附をしていただいた方に、お礼として本市の特産品であるタオルを贈呈することとし、そのための費用として1件当たり2,000円程度、件数としては100件を見込み、20万円の補正をお願いするものでございます。

 続きまして、15諸費・23償還金利子及び割引料におきまして、総額で1億654万9,000円をお願いしておりますのは、5事業分ございまして、まず、国庫支出金等返還事業としまして、障害福祉総務課が所管しております国及び府の負担金等の返還であり、平成19年度決算確定によるものでございます。

 その内訳としましては、障害者医療費国庫負担金の返還で3,902万円、障害者自立支援給付費等国庫負担金の返還で2,358万5,000円、大阪府市町村身体障害者及び知的障害者医療費助成事業費補助金の返還で544万2,000円、大阪府自立支援医療・厚生医療府費負担金の返還で100万3,000円の合計4件で6,905万円となっております。

 続きまして、国庫支出金等返還事業としまして、児童福祉課が所管しております府補助金の返還であり、平成19年度決算確定によるものでございます。

 その内訳としましては、ひとり親家庭医療費助成事業費補助金の返還で134万3,000円、乳幼児医療費助成事業費補助金の返還で3万8,000円、その他1件を含め、合計3件で140万5,000円となっております。

 続きまして、国庫支出金等返還事業としまして、生活福祉課が所管しております国及び府の負担金の返還であり、平成19年度決算確定によるものでございます。

 その内訳としましては、生活保護費国庫負担金の返還で2,773万1,000円、生活保護費府費負担金の返還で291万円の合計2件で3,064万1,000円となっております。

 続きまして、国庫支出金等返還事業の3万5,000円は、保健センター所管の保健事業費等国庫負担金の返還であり、平成19年度決算確定によるものでございます。

 続きまして、国庫支出金等返還事業の541万8,000円は、国保年金課所管の大阪府市町村老人医療費助成事業費補助金の返還であり、平成19年度決算確定によるものでございます。

 次に、恐れ入りますが10ページから11ページをご覧いただきたいと存じます。

 ?衛生費・(3)病院費・1病院費・21貸付金・市立病院補助事業で40億円をお願いしております。これは病院の不良債務に対する特例債の発行に向け、公立病院改革プラン策定に取り組むにあたり、一般会計の新作の1つとして、無利子貸し付けを行うものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。

     (総務部長 根来孝次君 登壇)



◎総務部長(根来孝次君) 

 続きまして私の所管いたします総務費の事項について提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊8ページ、9ページをお開き願います。

 ?総務費・(2)徴税費・2賦課徴収費・賦課事務(市民税事業)で372万3,000円の追加をお願いしていますのは、平成21年10月からスタートします公的年金からの市・府民税特別徴収に伴いまして必要となる経費でございます。

 まず、13委託料の年金特別徴収審査システム運用委託料で357万9,000円をお願いしておりますのは、社会保険庁など、年金保険者から地方電子化協議会を通じて、市町村に送られる年金データの審査を行う必要があるため、庁内に専用回線を敷設するとともに、その処理を情報処理業者に委託するものでございます。

 次に、19負担金補助及び交付金で14万4,000円を計上していますのは、地方電子化協議会の負担金で、年会費10万1,000円と事務運営費分担金4万3,000円でございます。これは今回の年金特別徴収に関しまして、社会保険庁などの年金保険者と全国の市町村とのデータのやりとりを地方電子化協議会において一括処理する体制がとられているため、各市町村の人口規模別に会費と事務局経費が必要となるものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (生活産業部長 増田和夫君 登壇)



◎生活産業部長(増田和夫君) 

 それでは私の所管する項目について、ご説明申し上げます。議案書別冊8ページから9ページをご覧願います。

 ?衛生費・(1)保健衛生費・5環境衛生費・環境衛生施設整備事業につきまして、今回447万3,000円の追加補正をお願いしております。これは檀波羅火葬場の動物炉の老朽化に伴い、耐火レンガの積み替え費用でございます。

 続きまして、議案書別冊10ページから11ページをご覧願います。

 ?商工費・(1)商工費・3観光費・観光情報センター整備事業におきまして2,323万7,000円の追加補正をお願いしております。泉佐野市観光情報センターは、南海泉佐野駅構内付近におきまして、市の観光情報の提供を行うほか、特産品の展示及び販売や来訪者に観光資源を案内する泉佐野観光ボランティア協会の活動拠点として活用するものでございます。

 今回、追加補正のご審議をお願いしております泉佐野市観光情報センターの経費の内訳でございますが、事務用消耗品の経費といたしまして、11需用費で3万3,000円、電話や水道等の使用開始に伴う経費といたしまして、12役務費で3万1,000円、同センター内の電話配線工事といたしまして、13委託料で39万3,000円、同センターの利用者またはスタッフが利用するに必要な初度備品の購入経費といたしまして、18備品購入費で136万1,000円、19負担金補助及び交付金におきまして2,141万9,000円となっております。

 その内訳でございますが、上水道の改正に伴う施設負担金といたしまして12万6,000円、建築主である南海電気鉄道株式会社に、同センターの内装及び設備の工事を依頼し、その工事費に相当する経費を負担金として支払うものでございますが、その負担金として2,129万3,000円をお願いしております。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (都市整備部長 松下義彦君 登壇)



◎都市整備部長(松下義彦君) 

 それでは続きまして私の所管いたします土木費について、ご説明申し上げます。恐れ入りますが定例会議案書別冊10、11ページ、及び概要説明書をご覧願います。

 ?土木費・(2)道路橋りょう費・3道路新設改良費・羽倉崎新安松線道路拡幅事業におきまして増額補正をお願いしておりますのは、南海本線高架側道と交差する市道羽倉崎新安松線を拡幅改良することにより、府道泉佐野岩出線との道路ネットワークにおける円滑な交通を確保するためでございます。

 今年度につきましては、用地価格算定に伴う鑑定料にかかる12役務費で36万9,000円、また諸物件の調査にかかる委託料47万8,000円、同じく測量設計業務にかかる委託料451万1,000円の合計13委託料で498万9,000円をお願いするものでございます。

 次に、(4)都市計画費・5地域整備費・泉佐野駅前広場(西口)整備事業におきまして、15工事請負費で385万4,000円の補正をお願いしておりますのは、駅前再開発事業が、今日の社会情勢から事業展開の目処が立たず、本年7月に泉佐野市駅前地区市街地再開発準備組合が解散したことにより、その事務所の解体にかかる工事費でございます。

 また、17公有財産購入費で4,373万2,000円の補正をお願いしておりますのは、公社先行用地のうち、暫定ロータリー整備にかかる部分を除く、残地の買い戻し額6,073万7,000円のうち、交換に伴って当初予算で計上しております1,700万5,000円を差し引いた額をお願いするものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (社会教育部長 塩谷善一郎君 登壇)



◎社会教育部長(塩谷善一郎君) 

 続きまして、私の所管いたします事項について、ご説明いたします。恐れ入りますが議案書別冊12、13ページをお開き願います。

 ?教育費・(5)社会教育費・5歴史館費・点字普及啓発事業におきまして39万7,000円の補正をお願いをいたしております。内訳といたしまして、賃金で6万8,000円、報償費で11万2,000円、旅費で8万円、需用費で13万7,000円でございます。

 事業の内容でございますが、市内の小学校5年生、6年生を対象といたしまして、日根荘遺跡の周知・普及と、それに必要な知識を得ることを目的とした学習のために、その教材としてワークシートを作成するものでございます。

 さらに歴史館の特別展の開催期間中に併せ、歴史館の展示室や小学校におきまして、学芸員が、さまざまな資料を活用して、分かりやすく説明することによって、学習効果の向上を図るものでございます。

 なお、この事業は全額、文化庁の芸術拠点形成事業、ミュージアムタウン構想の推進の受託金を財源として行うものでございます。

 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 説明は以上のとおりであります。これより歳出についての質疑に入ります。

 歳出全般についてご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって歳出についての質疑を終結いたします。

 次に、定例会議案書別冊6ページからの歳入について提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは歳入全般について、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊6ページ、7ページをご覧願います。

 ?地方交付税・(1)地方交付税・1地方交付税で、普通交付税として1億8,740万6,000円をお願いしておりますのは、今回、補正に必要な一般財源所要額でございます。

 次に、?国庫支出金・(2)国庫補助金・4教育費国庫補助金・4社会教育費補助金の芸術拠点形成事業補助金で39万7,000円をお願いしておりますのは、文化庁主催の芸術拠点形成事業の受託事業として、日根荘遺跡の周知・普及を目的としたワークショップを開催するもので、100%補助となっております。

 次に、?諸収入・(3)貸付金元利収入・9宅地造成事業会計貸付金元金収入で40億円の減額をお願いしておりますのは、当初予算では、昨年度と同様に宅地造成事業会計の金利軽減のため、一定期間、無利子貸し付けを行うこととしておりましたが、健全化法における連結実質赤字の縮小に向け、一定額の補填が必要になってまいりましたが、その対応につきましては12月または3月の補正予算で金額の整理をしたいと考えております。今回の貸付金元金収入の減額は、その貸付金の部分の減額に伴うものでございます。

 次に、10病院事業会計貸付金元金収入で40億円の増額をお願いしておりますのは、病院の不良債務に対する特例債の発行に向け、公立病院改革プラン策定に取り組むにあたり、一般会計の支援策の1つとして無利子貸し付けを行うこととしており、年度内に返還を受ける、その元金収入でございます。

 最後に?市債でございますが、(1)市債・5土木債・1道路橋りょう事業債で420万円をお願いしておりますのは、羽倉崎新安松線道路拡幅事業の財源として発行するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより歳入についての質疑に入ります。

 歳入全般についてご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって歳入についての質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 議案第63号 平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第21、議案第63号、「平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (健康福祉部長 湯川主士君 登壇)



◎健康福祉部長(湯川主士君) 

 それでは議案第63号、平成20年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊の17ページをお開き願います。

 今回お願いしておりますのは、国民健康保険事業特別会計予算第1条第1項で、歳入歳出それぞれ1億7,902万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を111億685万9,000円とし、また第2項では、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、18ページから19ページの「第1表 歳入歳出予算補正」として記載をさせていただいております。

 続きまして、歳出からご説明をさせていただきます。議案書別冊22から23ページをご覧いただきたいと思います。

 ?保険給付費・(2)高額療養費・2退職被保険者等高額療養費の保険給付費退職高額療養費事業で5,000万円の増額補正をお願いしておりますのは、19負担金補助及び交付金で、このたびの法改正のため、大半の退職被保険者が一般被保険者へ移行となったため、高額療養費を移行の比率に合わせ、予算計上を行っておりましたが、本年12月ごろには、予算不足が見込まれる状況となりました。このため補正をお願いするものでございます。

 次に、?老人保健拠出金・(1)老人保健拠出金・1老人保健医療費拠出金の老人保健(医療費拠出金)事業で5,269万1,000円の増額補正をお願いしておりますが、これは19負担金補助及び交付金で、平成18年度の老人医療費及び加入率等が確定したことに伴いまして、平成20年度概算分老人保健拠出金及び平成18年度確定分の老人保健医療費拠出金が、それぞれ決定いたしましたので、その不足分について増額をお願いするものでございます。

 次に、?諸支出金・(1)償還金及び還付加算金・1一般被保険者保険料還付金の保険料還付一般事業で140万円の補正をお願いしておりますのは、23償還金利子及び割引料で、社会保険等への加入者が国保の脱退手続きが遅れたため、保険料の還付が増えたものでございます。

 次に、同じく?諸支出金・(1)償還金及び還付加算金・3償還金の返還金事業で7,493万円の追加補正をお願いしておりますが、これは23償還金利子及び割引料で、平成19年度の実績等が確定したことに伴いまして、国庫負担金の療養給付費等負担金等で超過交付となったため、この超過分を返還するものでございます。

 次に、歳入についてご説明を申し上げます。議案書別冊20、21ページをご覧いただきたいと思います。

 ?国庫支出金・(1)国庫支出金・1療養費等負担金・1現年度分として1,791万4,000円、同じく(2)国庫補助金・1財政調整交付金・1財政調整交付金として650万7,000円の増額補正をお願いしておりますのは、老人保健医療費拠出金の増加に伴う法定分を計上しているものでございます。

 次に、?療養費交付金・(1)療養費交付金・1療養給付費交付金・1現年度分として5,000万円の増額補正をお願いしておりますのは、保険給付退職高額療養費事業における経費相当分を社会保険診療報酬支払基金から交付を受けるものでございます。

 次に、?府支出金・(2)府補助金・2財政調整交付金・1財政調整交付金として549万4,000円増額補正をお願いしておりますが、これも?の国庫支出金と同じく、老人保健医療費拠出金の増加に伴いまして、この法定分を計上しているものでございます。

 次に、?繰越金・(1)繰越金・1繰越金・1前年度繰越金の9,910万6,000円の追加補正につきましては、老人保健医療費拠出金の増額に伴う市負担分が2,277万6,000円を、また療養給付費交付金の超過交付に伴う返還金等として7,493万円を、及び保険料還付金の増額分140万円を繰越金で財源措置するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますよう、お願いいたします。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第22 議案第64号 平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第22、議案第64号、「平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (上下水道局長 久堀健三君 登壇)



◎上下水道局長(久堀健三君) 

 それでは議案第64号、平成20年度泉佐野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊25ページをお開き願います。

 当該補正予算につきまして、次のとおりお願いいたしたいと存じます。

 まず、第1条におきまして、歳入予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額を「第1表 歳入補正予算」のとおり補正するものでございます。

 また、第2表におきまして、地方債の変更は「第2表 地方債補正」によるとするものでございます。

 なお、第1表につきましては26ページに、第2表につきましては27ページに、それぞれ記載してございます。

 次に、28、29ページの歳入補正予算事項別明細書をご覧願います。

 第5款諸収入・第2項雑入・第1目雑入におきまして2,000万円を減額し、第6款市債・第1項市債・第2目資本費平準化債におきまして同額の2,000万円を増額するものでございます。

 これは資本費平準化債の算定基礎となる減価償却期間が44年から45年に改正され、借り入れ可能額が増えたため、記載限度額を増額し、財源調整のための雑入を減額するものでございます。

 また、今回、補正に伴う地方債現在高の見込みは、30ページに記載しておりますので、ご参照願いたいと存じます。

 説明は簡単でございますが、以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第23 議案第65号 平成20年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第23、議案第65号、「平成20年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (市長公室長 坂田純哉君 登壇)



◎市長公室長(坂田純哉君) 

 それでは議案第65号、平成20年度泉佐野市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊31ページをご覧いただきたいと存じます。

 今回、補正をお願いしておりますのは、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ19億3,148万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ26億7,537万5,000円とするものでございます。

 なお、歳入歳出予算の補正にかかる款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、32ページから33ページにかけまして、「第1表 歳入歳出予算補正」として記載をさせていただいております。

 説明の都合上、歳出から説明をさせていただきますので、38、39ページをご覧いただきたいと存じます。

 ?土地取得事業費・(1)土地取得事業費・1土地取得事業費の公共用地先行取得事業で19億3,148万円をお願いしております。これまで本特別会計では、末広公園の用地取得処分を行ってまいりましたが、今年度で処分が終了いたします。

 今後は、土地開発公社の経営健全化のため、事業化の時期が未定である土地開発公社の保有地を、いったん特別会計で買い取り、その財源として公共用地先行取得事業債を発行することにより、一定期間の利息軽減等の財政措置を受けるとともに、処分も含めた土地利用の再検討を行ってまいるもので、今年度は泉佐野駅前広場用地など3筆を整理するものでございます。

 次に、歳入のご説明をさせていただきます。恐れ入りますが36ページ、37ページをご覧いただきたいと存じます。

 ?繰入金・(1)他会計繰入金・1一般会計繰入金で48万円をお願いしておりますのは、今回の補正に伴う一般財源所要額を一般会計から繰り入れるものでございます。

 続きまして、?市債・(1)市債・1土地取得事業債で19億3,100万円をお願いしておりますのは、土地取得にかかる財源としまして、公共用地先行取得事業債の発行を行うものでございます。

 次に、恐れ入りますが31ページにお戻り願いたいと存じます。

 第2条におきまして、地方債の補正をお願いしております。記載の目的及び限度額等につきましては、34ページをご覧いただきたいと存じます。

 「第2表 地方債補正」でございますが、1追加としまして、公共用地先行取得事業費で、限度額19億3,100万円とし、この限度額の範囲内において、右に記載する起債の方法、利率、借り入れ先、及び償還の方法の内容で発行を予定しているものでございます。

 なお、地方債の年度末における現在高見込に関する調書につきましては、40ページに記載しておりますので、ご参考にしていただきたいと存じます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第24 議案第66号 平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第24、議案第66号、「平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (健康福祉部長 湯川主士君 登壇)



◎健康福祉部長(湯川主士君) 

 それでは議案第66号、平成20年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由をご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書別冊41ページをお開き願います。

 第1条第1項におきまして、歳入歳出それぞれ4,002万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を58億1,322万8,000円とさせていただくものでございます。

 また第2項では、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、42から43ページの「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 説明の都合上、歳出からご説明をさせていただきます。議案書別冊46、47ページをお開き願います。

 ?諸支出金・(1)償還金及び還付加算金・2償還金・返還金事業におきまして23償還金利子及び割引料として3,617万1,000円の増額補正をお願いしております。

 これは平成19年度本会計精算の結果、平成19年度の保険給付費の財源といたしまして、国庫負担金で1,804万5,000円、社会保険診療報酬支払基金交付金で841万6,000円、府負担金で971万円を、それぞれ多く収入されたため、平成20年度で返還するものでございます。

 次に、?基金積立金・(1)基金積立金・1介護給付費準備基金積立金・介護給付費準備基金積立事業におきまして、25積立金として、385万2,000円の増額補正をお願いしております。これは平成19年度決算における剰余金につきまして、今後の保険給付費の財源とするために介護給付費準備基金へ積み立てるものでございます。

 次に、歳入についてご説明申し上げます。議案書別冊の44、45ページをお開き願います。

 ?財産収入・(1)財産運用収入・1利子及び配当金で14万7,000円を計上させていただいております。これは平成19年度末準備基金にかかる運用利息分でございます。

 次に、?繰越金・(1)繰越金・1繰越金・1前年度繰越金で3,987万6,000円を計上させていただいております。これは平成19年度決算の結果、繰り越しいたしました繰越金を計上させていただくものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 議案第67号 平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(千代松大耕君) 

 次に、日程第25、議案第67号、「平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (病院事務局長 丹治精一君 登壇)



◎病院事務局長(丹治精一君) 

 議案第67号、平成20年度泉佐野市病院事業会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明申し上げます。

 今回の補正予算の内容といたしましては、地域災害医療センター設備整備、NBC災害・テロ対策設備整備事業に伴う固定資産購入費の追加補正でございます。説明の都合上、補正予算説明書に基づいて説明させていただきます。恐れ入りますが議案書別冊53ページをお開き願います。

 まず、資本的支出でございますが、病院建設改良費で1,204万6,000円を追加補正するものでございます。内訳といたしましては、固定資産購入費で地域災害医療センター設備整備、NBC災害・テロ対策設備整備事業のための医療機器等を購入するものです。

 これは厚生労働省において、NBC災害及びテロの発生時に、医療機関による円滑な医療活動が実施できるよう災害救急医療提供体制の整備を図ることを目的とした事業で、大阪府では平成19年度から災害拠点病院を対象とし、メディカル防護服ユニットや情報伝達備品などのNBC対応資機材の整備を行い、今年度は本病院において、泉州救命救急センターと共同で整備を行うものでございます。

 次に、資本的収入といたしまして、国及び府補助金で1,204万6,000円を追加するものでございます。これは支出の固定資産購入費と同額を、国及び府から、各々2分の1ずつの補助金が交付されるものでございます。

 恐れ入りますが49ページをお開きください。

 以上、ご説明いたしました内容を、第2条、第3条に記載してございます。なお、50ページから52ページにかけて、実施計画、資金計画及び予定貸借対照表を所定の様式により記載してございます。

 説明は簡単ですが以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(千代松大耕君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(千代松大耕君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(千代松大耕君) 

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 これをもって本日は散会いたします。

 どうもお疲れさまでございました。



△散会(午前11時50分)