議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成19年  3月 定例会 03月28日−05号




平成19年  3月 定例会 − 03月28日−05号







平成19年  3月 定例会



          平成19年3月泉佐野市議会定例会(第5日)

               平成19年3月28日(水)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第5日の議事日程

 日程第1 議案第32号 平成19年度泉佐野市一般会計予算

 日程第2       特別委員会の継続調査について

 日程第3       議案関連質問

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数21名

 出席議員20名

   新田輝彦    宮本正弘    鈴木雅弘    岡田昌司

   辻中 隆    向江英雄    国賀祥司    中林順三

   中村哲夫    東 定夫    松浪武久    辻野隆成

   北谷育代    伊藤百合子   高道一郎    窪 和惠

   戸野 茂    野口新一    鎌野 博    千代松大耕

 欠席議員1名

   奥野英雄

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           新田谷修司  助役           山瀬 治

 助役           植田剛司   収入役          泉浦秀武

 教育長          下岡朋彦   病院事業管理職者職務代理者

                                  玉置俊治

 市長公室長        泉谷善吉   まちづくり調整担当理事  中川和明

 総務部長         根来孝次   人権推進部長       米谷 茂

 生活産業部長       増田和夫   健康福祉部長       角谷啓子

 健康福祉担当理事     竹内延吉   都市整備部長       塩谷善一郎

 消防長          木ノ元正春  上下水道局長       安藤正人

 学校教育部長       坂野賢治   市立泉佐野病院事務局長  丹治精一

 総務部次長(兼)税務課長  中島信男   生活産業部次長      沢辺隆二

 消防本部次長(兼)りんくう消防署長    市立泉佐野病院事務局次長 山本春雄

              根来芳一

 秘書課長         竹内一郎   まちづくり推進課長    龍神俊成

 まちづくり調整担当参事  松村和幸   行財政管理課長      道下栄次

 行財政管理担当参事    丹治 弘   自治振興課長       山野祐弘

 情報政策課長       西浦良一   情報管理担当参事     中野英二

 総務課長         家路博史   総務課管財担当参事    南 正文

 人事課長         新里 勉   人事課研修福利厚生担当参事

                                  竹森 知

 税務課課税担当参事    昼馬 剛   税務課納税担当参事    柿本 香

 税務課納税調整担当参事  長田喜夫   市民課長         貝野克巳

 人権推進課長       東  昇   同和行政担当参事     勘六野正治

 泉佐野人権文化センター館長       樫井人権文化センター館長 西口誠行

              松島水巳

 下瓦屋人権文化センター館長       農林水産課長       奥野慶忠

              竹本弘一

 農林水産課農林水産担当参事       商工労働観光課長     射手矢光雄

              松下 仁

 市民生活課長       澤田愼吾   危機管理担当参事     坂田純哉

 環境衛生課長       岡本良典   環境衛生課環境美化担当参事

                                  溝口 治

 環境衛生課衛生担当参事  川口秀幸   クリーンセンター総務担当参事

                                  神野清志

 クリーンセンター保全担当参事      クリーンセンター収集担当参事

              口元安雄                井田史郎

 生活福祉課長       信貴靖滋   児童福祉課長       白井栄三

 児童福祉課保育担当参事  辻 宗雄   児童福祉課参事(兼)鶴原保育所長

                                  阿形 学

 高齢・障害福祉課長    赤坂法男   介護保険課長       八島弘之

 保健センター所長     藤堂廣志   国保年金課長       水本隆夫

 都市計画課長       上野正一   都市計画課都市計画担当参事

                                  真瀬三智広

 建築住宅課長       若松平吉   建築住宅課建築担当参事  山本一久

 建築住宅課住宅建設担当参事       道路公園課長       山東一也

              坂口 呈

 道路公園課道路担当参事  豊井和輝   道路公園課高架事業担当参事

                                  山岡武彦

 土木管理課長       松下義彦   会計課長         馬場 眞

 消防本部総務課長     東 昇司   消防本部予防課長     花枝岩夫

 消防本部警備課長     藤原 治   消防本部警備課参事    浅井典昭

 中消防署長        川野克芳   りんくう消防署空港分署長 玉置博文

 上下水道総務課長     末原幸彦   水道事業担当参事     篠田昌幸

 下水道整備課長      松山昌富   水道工務課長       山本忠男

 水道浄水課長       川村俊昭   市立泉佐野病院総務課長  西出作治

 市立泉佐野病院医事課長  唐松正紀   救命救急センター事務長  井東俊治

 教育総務課長       中西敏治   教育総務課教職員担当参事 作野栄一

 教育総務課教育施設担当参事       学校教育課長       中上一彦

              古木 学

 人権教育室長       橋本正二朗  社会教育課長       四至本好仁

 生涯学習センター館長   孝口 晃   図書歴史課長       岩井泰雄

 青少年課長        奥田哲也   青少年課青少年施設担当参事

                                  東口祐一

                     選挙管理委員会事務局長

                     (兼)公平委員会事務局長

 農業委員会事務局長    松下 仁                星 照明

                     (兼)監査委員事務局長

                     (兼)固定資産評価審査委員会書記

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       赤井重雄   議会事務局次長      高島 晃

 参事           塩谷久一   主幹           山隅唯文

 議会係長         荒金誠司   吏員           高倉佳代子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              会議のてんまつ



△開議(午前10時31分)



○議長(中村哲夫君) 

 おはようございます。ただ今より3月定例市議会第5日の会議を開きます。

 議員定数21名中、出席議員20名でありますので会議が成立しております。

 この場合、奥野英雄君より欠席の旨の届け出がありましたのでご報告いたします。

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・中林順三君。

     (議会運営委員長 中林 順三君 登壇)



◆議会運営委員長(中林順三君) 

 おはようございます。ご指名によりまして、先ほど開催いたしました議会運営委員会の決定事項について、ご報告申し上げます。

 ご協議願ったのは、平成19年度泉佐野市一般会計予算についてでありますが、これにつきましては予算特別委員会を設置し、審査を付託することになっておりますが、本会議では説明を省略し、質疑ののち、予算特別委員会に付託することに決定しております。

 その後、直ちに予算委員会を開催願うことになっております。

 以上、甚だ簡単ではございますが、議会運営委員会の決定事項についての報告を終わります。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(中村哲夫君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ないようでございますので、ご了承いただいたものといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村哲夫君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 これより議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第32号 平成19年度泉佐野市一般会計予算



○議長(中村哲夫君) 

 次に、日程第1、議案第32号、「平成19年度泉佐野市一般会計予算」を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。ただ今議題となっております平成19年度佐野市一般会計予算については、説明を省略し、直ちに質疑に入りたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって説明を省略し、これより平成19年度泉佐野市一般会計予算についての質疑に入ります。

 まず、歳入歳出全般についてご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ないようでございますので、次に、債務負担行為について、地方債について、一時借入金について、歳出予算の流用について、以上、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ないようでございますので、これをもって平成19年度泉佐野市一般会計予算についての質疑を終結いたします。

 この場合、お諮りいたします。日程第1、議案第32号の審査については、予算特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって議案第32号、平成19年度泉佐野市一般会計予算は、予算特別委員会を設置し、これに付託することに決定いたしました。

 次に、予算特別委員会の委員数及び委員の選任については議長に一任願いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって、ご一任いただいたものとして報告いたします。

 予算特別委員会の委員数を10名とし、委員には

   新田輝彦君  宮本正弘君

   辻中 隆君  中林順三君

   松浪武久君  北谷育代君

   窪 和惠君  野口新一君

   鎌野 博君  千代松大耕君

 以上の方々にお願いいたしたいと思います。

 なお、予算特別委員会の委員長及び副委員長の選任につきましては、委員会条例第6条第3項の規定により、予算特別委員会において互選の上、決定願うことになります。

 この際、暫時休憩いたします。



△休憩(午前10時35分)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開(午前11時02分)



△日程第1 議案第32号 平成19年度泉佐野市一般会計予算



○議長(中村哲夫君) 

 休憩前に引き続き、日程第1、議案第32号、「平成19年度泉佐野市一般会計予算」を議題といたします。

 ただ今議題となっております平成19年度泉佐野市一般会計予算は、予算特別委員会に付託され、その審査を委任されたものであります。

 よって、ただ今より委員会における議案審査の結果について委員長の報告を求めるわけでありますが、先ほど開会の委員会において互選の結果、委員長に北谷育代君、副委員長に窪 和惠君が選任されましたので、ご報告いたします。

 それでは予算特別委員長・北谷育代君の報告を求めます。

     (予算特別委員長 北谷 育代君 登壇)



◆予算特別委員長(北谷育代君) 

 ご指名によりまして、ただ今より予算特別委員会に付託されました平成19年度泉佐野市一般会計予算の審査の結果について、ご報告を申し上げます。

 本委員会は、平成19年度泉佐野市一般会計予算の審査のため、先ほど新田谷市長ほか、関係説明員の出席を求め開催いたしました。

 議案第32号、平成19年度泉佐野市一般会計予算については、各項目にわたり、それぞれ慎重審査ののち、採決の結果、賛成多数をもって原案どおり承認することに決定いたしました。

 以上で本委員会に付託されました平成19年度泉佐野市一般会計予算の審査についての結果の報告を終わります。

 満場のご賛同を、どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(中村哲夫君) 

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論ございませんか。

     (伊藤 百合子君 登壇)



◆(伊藤百合子君) 

 私は、日本共産党泉佐野市会議員団を代表して、ただ今、議題となっております平成19年度一般会計予算修正については賛成する立場から、平成19年度一般会計予算に反対する立場から意見を申し上げます。

 今回の一般会計予算の修正点は2点であります。一つは、次世代育成地域交流施設を3階建て、エレベーター付きつどいの広場を含む施設整備事業、全額2億5,000万円の削除であります。

 もともと地域交流施設は、前市長以来、バランスのとれた三中校区山手公民館構想のもと、三中校区山手コミュニティセンターとして、既に財政健全化計画、実施計画において1億5,000万円で計上されてきており、この実現は、地域から期待されていたものであり、再提案すべきは当然であります。

 しかし、つどいの広場は、これまで実施計画も全くなく、エレベーター設置を長年求めてきた障害児通園施設・木馬園のエレベーター設置を「財源がない」と切り捨てながら、当初の実施計画にもないエレベーター付きつどいの広場を私ども日本共産党議員団が削除するよう求めてきたとおり、今回の削除提案に賛成するものであります。

 しかし、時期をずらしてのエレベーター付きつどいの広場を再提案が予定されることは、市内3カ所のつどいの広場事業の全体計画を持ち、市民合意で進められるべきものであり認められません。

 公立保育所建て替え、木馬園のエレベーター設置を求める多数の市民の要望を無視した市民不在、トップダウン方式の優先順位の誤りであり、これでは18年度予算黒字化に営々と協力してきた市民の協力や理解をないがしろにするものであり許されません。

 二つは、鶴原共同浴場扇湯建て替え予算の削除は当然であり、賛成するものであります。用地費8,200万円を含む1億32万円でありますが、予算委員多数の不信の声を受け、今回の修正は当然のことでありますが、つどいの広場事業と同様、時期をずらして再提案することは認められません。

 現在、風呂付住宅の建設を進めているもとで、用地まで買収しての共同浴場建設には、幅広い市民から批判の声が大きく上がっております。

 今後、5年間で共同浴場の運営補助1,800万円をゼロにするとのことでありますが、緊急に必要性のない共同浴場建て替えに市民の理解は得られません。まだ風呂のない住宅が残されているもとで、現扇湯の延命で維持をすべきであり、共同浴場建て替えをストップすべきであり、再提案に反対するものであります。

 市の公債費69億円という負担は、これまでの空港関連や同和行政の無駄遣いによるものであり、借金を減らしながら市民の声を聞き、市民の暮らしを守る公共事業優先の市政に転換すべきことを申し上げておきます。

 今回の修正について賛成でありますが、昨日行いました19年度一般会計予算に3点で反対を申し上げた内容のとおり、19年度一般会計予算には、日本共産党議員団が反対であることを申し添え、討論といたします。

 議員の皆さんのご賛同を、よろしくお願いいたします。



○議長(中村哲夫君) 

 ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ないようでございますので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 まず、議案第32号、平成19年度泉佐野市一般会計予算を採決いたします。

 本議案は、委員長報告は原案可決であります。委員長報告どおり決定することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手多数)



○議長(中村哲夫君) 

 挙手多数であります。よって本議案は委員長報告どおり決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 特別委員会の継続調査について



○議長(中村哲夫君) 

 次に、日程第2、「特別委員会の継続調査について」を議題といたします。

 お諮りいたします。関西国際空港問題対策特別委員会委員長から、2期事業等につき、なお引き続き調査する必要がある旨の申し出があり、これが閉会中、継続して調査することにいたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中村哲夫君) 

 ご異議なしと認めます。よって、関西国際空港問題対策特別委員会は、閉会中、継続して調査することに決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案関連質問



○議長(中村哲夫君) 

 次に、日程第3、「議案関連質問」でありますが、通告者がございませんので、これをもって議案関連質問を終結いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村哲夫君) 

 この際、山瀬助役より発言の申し出がありますので、これを許します。



◎助役(山瀬治君) 

 お許しをいただきましたので、貴重なお時間をいただきまして、助役任期満了の退任の御礼のごあいさつをさせていただきたいと思います。

 本当に新田谷市長をはじめ理事者の皆さん方、また、多くの職員の皆さん方、中村議長さんをはじめ議員の皆さん方、多くの市民の皆さん方の力強い支えをいただきまして、本当に私自身、皆さん方のもとにご支援をいただきまして本当にありがとうございました。

 振り返ってみますと、私自身、昭和37年に泉佐野市に奉職しましたわけでございますが、関西国際空港が、当時、昭和55年に都市計画のほうにまいりまして、地域整備計画の構想を作成させていただき、爾来、そういう形の中で進めさせていただきまして、概ね、その地域整備のほうも、来年、20年の4月春には、南海の高架事業も完了するという形になってきたところでございますが、これも皆さん方のご支援のもとにできたものじゃなかろうかなというふうに感謝申し上げさせていただくところでございます。

 それと私自身が、この45年間、奉職させていただいた中で、特に、皆さんに感激にさせていただきましたのは、昨年の4月1日より、ごみの有料化ということで、市民の中には、ご異議のある方もあったわけでございますが、4月1日、3日ということで、早朝より、私自身、現場を見させていただいたときに、出し間違いを含めて8割程度のごみが指定袋の中に出されたということに対して、本当に「泉佐野市民とは素晴らしい市民であるな」というふうに、私自身感銘させていただいたところでございます。

 今現在、泉佐野市では、財政再建という形の中で進んでおるわけでございますが、この財政再建も、この素晴らしい市民の協力のもとに、起こり得る予測される天災・被災も、この市民の皆さん方のご協力によって泉佐野市が、ますます発展されること、とわに繁栄されることを祈念申し上げる次第でございます。

 終わりにあたりまして、本当に新田谷市長さんをはじめ、議員の皆さん方、職員の皆さん方の支えをいただきまして、心より感謝申し上げまして、任期満了のごあいさつとさせていただきます。どうも本当に長い間、ありがとうございました。(拍 手)



○議長(中村哲夫君) 

 続いて、植田助役より発言の申し出がありますので、これを許します。



◎助役(植田剛司君) 

 お許しをいただきましたので、貴重なお時間をお借りいたしまして、退任のごあいさつを一言申し上げます。

 平成17年4月から2年間という短い期間ではございましたが、この間、私なりには一生懸命やってきたつもりでございます。

 ただ、財政再建、関西国際空港、りんくうタウン、コスモポリスなど、さまざまな課題も残っており、心残りもございますし、また、その職責をどれだけ果たしたのかと不安なところもございます。

 ただ、きょうという日を迎えることができましたのは、ひとえに議員の先生方、並びに市長、職員の方々のおかげであるということで、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 私は、これから大阪府に復帰いたしますが、今後とも、さまざまな立場で泉佐野市の発展のお役に立てればというふうに思っております。

 昨日、ご承認いただきました後任の手向君共々、今後とも、よろしくお願い申し上げます。2年間、本当にありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。(拍 手)



○議長(中村哲夫君) 

 以上で本定例市議会の全日程が終了いたしました。

 ただ今をもって平成19年3月定例市議会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでございました。



△閉会(午前11時15分)

以上、会議のてんまつを記載し、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

   泉佐野市議会議長

      同  副議長

      同  署名議員

      同  署名議員