議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成18年  4月 臨時会(第1回) 04月21日−01号




平成18年  4月 臨時会(第1回) − 04月21日−01号







平成18年  4月 臨時会(第1回)



          平成18年4月泉佐野市議会第1回臨時会会議録

               平成18年4月21日(金)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 日程第1       会議録署名議員の指名について

 日程第2       会期の決定について

 日程第3 議員発議第2号 泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数23名

 出席議員23名

   鎌野 博    赤坂敏明    熊取谷和巳   千代松大耕

   東 定夫    家治敏明    奥野英雄    戸野 茂

   戎谷満博    鈴木雅弘    岡田昌司    重信正和

   宮本正弘    中林順三    辻野隆成    宮明末治

   松浪武久    北谷育代    伊藤百合子   窪 和惠

   中野幸次    国賀祥司    中村哲夫

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           新田谷修司  助役           山瀬 治

 助役           植田剛司   収入役          泉浦秀武

 教育長          下岡朋彦   病院事業管理者      岸野文一郎

 市長公室長        泉谷善吉   まちづくり調整担当理事  中川和明

 総務部長         根来孝次   人権推進部長       米谷 茂

 生活産業部長       増田和夫   健康福祉部長       角谷啓子

 健康福祉担当理事     竹内延吉   都市整備部長       塩谷善一郎

 消防長          木ノ元正春  上下水道局長       安藤正人

 学校教育部長       坂野賢治   社会教育部長       山出谷英一

 市立泉佐野病院事務局長  丹治精一   総務課長         家路博史

 人事課長         新里 勉   農業委員会事務局長    松下 仁

 選挙管理委員会事務局長

 (兼)公平委員会事務局長

              星 照明

 (兼)監査委員事務局長

 (兼)固定資産評価審査委員会書記

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       赤井重雄   議会事務局次長      高島 晃

 参事           塩谷久一   主幹           山隅唯文

 議会係長         荒金誠司   吏員           高倉佳代子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本議会の会議事件

 ◇泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会運営委員会決定事項           (平成18年4月14日 議運委決定)

 ●第1回(4月)臨時市議会の運営について

 1.付議案件及び処理要領

    〔付議案件名〕                    〔付託の委員会〕



(1)会議録署名議員の指名について
(2)会期の決定について
(3)泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について
即決





 2.議会進行予定                   ●議運 5月9日(水)



月・日・曜
開議時刻
会議名
備考


4月21日

午前10時
議員協議会
 


議員協議会閉会後
本会議
本会議閉会後、記念撮影





 3.会期

          4月21日                「1日間」

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員

    東 定夫     松浪武久

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              会議のてんまつ



△開会(午前10時10分)



○議長(北谷育代君) 

 おはようございます。ただ今より平成18年第1回臨時市議会を開会いたします。

 議員定数23名中、出席議員23名でありますので会議が成立しております。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) 

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・松浪武久君。

     (議会運営委員長 松浪武久君 登壇)



◆議会運営委員長(松浪武久君) 

 おはようございます。ご指名によりまして、去る4月14日に開催いたしました4月臨時市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項について、ご報告申し上げます。

 本臨時市議会は、ご承知のように我々議員の任期満了前の最終本会議という意味も含めて開会されるものでございまして、付議案件といたしましては、泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について、ほか計3件でございます。

 これらの処理要領につきましては、お手元へ配付いたしております議会運営委員会の決定事項により、ご承知願いたいと存じますが、泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定については、事前の議員協議会においてご説明をいただくことになっておりまして、先ほど既に議員協議会が開催されたところでございます。

 次に、会期につきましては、本日1日限りとし、議会進行予定といたしましては、本日午前10時開会の議員協議会閉会後、本会議を開催することになっているところでございます。

 さらに本会議閉会後、第15期任期満了に伴う記念撮影を行うことになっております。

 なお、一般質問、議案関連質問につきましては省略することになっております。

 また、本日の議事終了後、新田谷市長から我々議員の任期満了に際してごあいさつをいただく予定でございます。

 以上、4月臨時市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項についての報告を終わります。ご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。

     (副委員長 戎谷 満博君 起立)

 なお、この際、貴重な時間を拝借いたしまして、高いところからではございますが、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年5月に、私並び戎谷議員が議会運営委員会の委員長と副委員長という要職に就かせていただいたところでございますが、この間、本会議の運営はもとより、各方面にわたり温かいご指導、ご鞭撻を賜り大過なく、その任を終えようとしております。

 議員の皆さま並びに新田谷市長をはじめ理事者各位、職員の皆さま方に対しまして衷心よりお礼を申し上げる次第でございます。ありがとうございました。

 終わりにあたり、泉佐野市並びに泉佐野市議会の発展と来期を目指される議員の方々のご健闘、さらには皆さま方のご健勝、ご繁栄をお祈り申し上げまして退任のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(北谷育代君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございせんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北谷育代君) 

 ないようでございますので、ご了承いただいたものといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) 

 議事に入ります前に、去る4月1日付で異動がありました職員のうち、課長級以上の昇格者、及び部長級の異動について、山瀬助役よりご紹介をいただきます。



◎助役(山瀬治君) 

 おはようございます。お許しをいただきましたので、貴重なお時間をお借りいたしまして、去る4月1日付で人事異動いたしました職員のうち、部長級で異動した者、部長級に昇格した者、課長級に昇格した者をご報告申し上げ、ご紹介させていただきます。

 まず、部長級でございますが、

 生活産業部長から人権推進部長に異動いたしました米谷 茂君です。

     (米谷 茂君 立礼)

 生活産業部環境衛生担当理事から生活産業部長に異動いたしました増田和夫君です。

     (増田和夫君 立礼)

 次に、健康福祉部児童福祉課長から健康福祉部健康福祉担当理事に昇格いたしました竹内延吉君です。

     (竹内 延吉君 立礼)

 人権推進部長から教育委員会学校教育部長に異動いたしました坂野賢治君です。

     (坂野賢治君 立礼)

 市長公室行財政管理課長から市立泉佐野病院事務局長に昇格いたしました丹治精一君です。

     (丹治 精一君 立礼)

 次に、課長級に昇格いたしました者をご紹介させていただきます。

 大阪府から派遣で総務部税務課納税調整担当参事の長田喜夫君です。

     (長田 喜夫君 立礼)

 次に、日新小学校から教育委員会学校教育部学校教育課指導主事の茶谷由孝君です。

     (茶谷 由孝君 立礼)

 続きまして、中央小学校から教育委員会社会教育部青少年課指導主事の渡邉準一君です。

     (渡邉 準一君 立礼)

 次に、生活産業部農林水産課長代理兼人権推進課主幹から上下水道局水道工務課長に昇格いたしました山本忠男君です。

     (山本 忠男君 立礼)

 次に、消防本部りんくう消防署副署長から消防本部りんくう消防署空港分署長に昇格いたしました玉置博文君です。

     (玉置 博文君 立礼)

 以上でございます。貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 これより議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(北谷育代君) 

 まず、日程第1、「会議録署名議員の指名」をいたします。

 会議規則第74条第1項の規定により、本会の会議録署名議員として東 定夫君、松浪武久君のご両名を指名いたします。よろしくお願いいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(北谷育代君) 

 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 本臨時市議会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北谷育代君) 

 ご異議なしと認めます。よって本臨時市議会の会期は本日1日と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議員発議第2号 泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について



○議長(北谷育代君) 

 次に、日程第3、議員発議第2号、「泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。

     (松浪武久君 登壇)



◆(松浪武久君) 

 ただ今上程されております議員発議第2号、泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定につきましては、提案者を代表してご説明を申し上げます。

 本議案につきましては、平成16年6月議会で可決の泉佐野市議会議員定数条例の一部改正により、議員定数が23人から21人になったことに伴い、泉佐野市議会委員会条例中、第2条の常任委員会委員の定数を改正するものでありまして、第2条第1項第1号中、総務委員会委員の定数8人を7人に、及び同項第2号中、厚生文教委員会委員の定数8人を7人に改正するものであります。

 附則といたしまして、この条例は次の一般選挙後、最初に招集される議会の招集の日から施行することになっております。

 説明は簡単ですが、以上のとおりであります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(北谷育代君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北谷育代君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本議員発議については、会議規則第35条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北谷育代君) 

 ご異議なしと認めます。よって本議員発議は、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北谷育代君) 

 ないようでございますので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議員発議第2号、泉佐野市議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを原案どおり決定することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(北谷育代君) 

 挙手全員であります。よって、本議員発議は原案どおり決定されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) 

 この際、新田谷市長より発言の申し出がありますので、これを許します。

     (市長 新田谷修司君 登壇)



◎市長(新田谷修司君) 

 それではお許しをいただきましたので、議員各位の任期満了に伴います臨時議会に臨みまして一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位におかれましては、平成14年5月の市議会議員選挙におきましてご当選をされましてから早いもので、来る5月に任期満了を迎えられることとなりました。この間、泉佐野市並びに市民のため、地方自治の進展、市政の推進はもとより、市民福祉と市民サービスの向上に、それぞれのお立場で、ご尽力、ご努力を賜りましたことに厚く御礼申し上げますとともに心より感謝申し上げる次第であります。

 日本経済はバブル崩壊後の不況も底をつき、徐々に景気は回復に向かっているといわれておりますが、地方への影響が現れるまでには時間がかかるものでございます。本市におきましては、まだまだ予断を許さず、一刻も早く財政を再建しなければならない状況の中、皆さまには、いろいろな面でご苦労やご心配をおかけしましたことに対し、市長としての責任を痛感いたしております。

 この4年間を振り返りますと、国においては地方分権の流れの中で三位一体改革が推進され、国庫補助負担金の廃止・縮減等と併せ、地方への税源移譲も行われてまいりましたが、地方交付税が削減される状況の中、地方にとっては非常に厳しい財政運営を強いられております。

 特に、本市におきましては平成16年3月に財政非常事態宣言を発表し、平成16年度からは、財政再建準用団体への転落を阻止すべく、財政健全化計画を実行するなど、まさしくいばらの道の4年間でありました。

 市民サービスの削減、受益者負担の増加、職員の定数や給与の削減など、負担の伴うことに反対することは聞こえがよく、また容易なことかもしれませんが、本当の意味での泉佐野市のためにはなりません。将来を見据えた持続可能な安定した行財政運営を図ることが肝要であります。

 そのことをご理解いただいた多くの議員の皆さまには、財政健全化計画に基づく投資的事業の抑制、使用料・手数料の改定、団体助成や個人給付の見直しなど、数々のご決断をいただきました。そのおかげをもちまして平成18年度予算の段階ではありますが、累積赤字を解消する目途が立ち、とりあえず危機的状況を脱することができましたことに感謝申し上げる次第であります。

 しかしながら、一方では起債残高の減少に努力してまいりましたが、依然、他市に比べ飛び抜けて多く、また他会計においても赤字体質が続いていることから、まだまだ予断を許さない状況でありますので、引き続き緊張感を持った財政運営を心がけなければならないと認識しております。

 このような状況におきましても、議員の皆さまのご理解とご尽力により、継続事業を中心に新たな施策も進めてまいることができました。

 重点課題でありました南海本線連続立体交差事業も上下線とも高架を切り替えを完了し、また泉佐野駅上東地区の市街地再開発事業並びに日根野駅周辺の土地区画整理事業につきましても一定の整備を終え、まちづくりの基盤をつくり上げることができました。

 りんくうタウンにおきましては、航空保安大学校や大阪府立大学の獣医学系の学部などの立地やパパラ跡地へのりんくうココロの開発が決定され、また関西国際空港につきましても、2期工事の平成19年供用開始に向け、着実に整備が進められております。

 さらに教育施設につきましても、長南中学校の屋内運動場建設並びに中央小学校、日根野小学校の校舎増築などの整備を行うことができました。

 これらのことを実現できましたのも、皆さま、お一人おひとりの市の将来を見据えた真摯なご努力の賜物であると改めて感謝申し上げる次第であります。

 私も市長として2期目を迎え、皆さまからの貴重な提言、格別のご理解、ご協力、また時には叱咤激励をいただきながら、市長としての重責を務めさせていただくことができました。これからも皆さまからの貴重なお言葉を胸に、改めて市民のため、郷土泉佐野発展のため、全力を挙げて取り組んでまいりたいと決意を新たにしております。

 また今回、現職の議員の方々におかれましては、何人かの方が、この任期満了に伴いましてご勇退をされるとお聞きしております。

 これまでいろいろな議論を経て、ご協力をいただいてまいりました私どもといたしましては、何かと寂しい思いがいたしております。これまでの多年にわたる、さまざまなご苦労に対しまして、この場をお借りして、心から敬意を表しますとともに、ご勇退後も、これまでのご経験を生かされ、それぞれのお立場で、より一層、ご活躍いただけるものと念願する次第であります。

 その他の議員の皆さま方には、皆さま方自らのご提案によります議員定数を23名から2名減員し、21名とする議案を可決され、来る5月の選挙により適用されることとなっており、大変厳しい選挙となることが予想される中、皆さま方のご英断に敬意と謝意を申し上げます。

 選挙ではご健闘を賜りまして、再び私どもに対しまして、一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げる次第であります。

 最後に臨みまして、議員各位におかれましては、くれぐれも健康にご留意くださいますようお祈り申し上げまして、任期満了にあたりましてのごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。



○議長(北谷育代君) 

 どうもありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) ・◆副議長(中村哲夫 君) 

 この際、平成18年第1回臨時市議会を閉会するにあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年5月、中村副議長とともに皆さま方のご推挙をもちまして、議長、副議長に就任させていただき、以来、本会議や委員会等、議会の運営に際しましては、議会運営委員の方々をはじめ、議員の皆さま方はもちろんのこと、新田谷市長さんや理事者の方々、並びに多くの市民の皆さま方より格別のご指導、ご鞭撻を賜りまして誠にありがとうございます。

 おかげさまで第15期、最後の本会議を終えることができました。高いところからではございますが、心から厚くお礼を申し上げます。

 さて私ども第15期の議会議員の任期も残すところ、あと1カ月となり、来る5月14日には、第16期の議会議員選挙が執り行われる運びとなっております。このときにあたり、我々議会議員としての任期満了を迎え、新たにその出発点に並ぼうとしておりますが、今期をもって勇退される議員の方々におかれましては、泉佐野市議会のよき理解者として、今後とも格別のご教示を賜りますとともに、新しい分野でのご活躍とご健勝を心からご祈念申し上げます。今日までのご精励、本当にご苦労さまでございました。

 なお、選挙に臨まれる皆さまにおかれましては、どうかご自愛なされて、めでたく選挙戦を勝ち抜かれ、来るべき日、この議場において必ずや再会できますことを衷心よりご祈念申し上げます。

 また、新田谷市長はじめ理事者、市職員の皆さま方におかれましては、今後とも泉佐野市の発展のため、一層のご尽力をお願い申し上げますとともに、この4年間にわたる議会へのご協力、ご支援に深く感謝申し上げます。

 終わりにあたりまして、泉佐野市の繁栄と皆さま方のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして任期満了にあたってのあいさつといたします。本当にどうもありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北谷育代君) 

 これをもちまして、平成18年第1回臨時市議会を閉会いたします。

 どうもありがとうございました。



△閉会(午前10時31分)

以上、会議のてんまつを記載し、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

   泉佐野市議会議長

      同  副議長

      同  署名議員

      同  署名議員