議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成11年  2月 臨時会(第1回) 02月16日−01号




平成11年  2月 臨時会(第1回) − 02月16日−01号







平成11年  2月 臨時会(第1回)



          平成11年2月泉佐野市議会第1回臨時会

               平成11年2月4日(火)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の議事日程

 日程第1       会議録署名議員の指名について

 日程第2       会期の決定について

 日程第3 専決報告第1号 専決処分の報告について

 日程第4 議案第1号 平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)

 日程第5 議案第2号 平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数24名

 出席議員24名

   国賀祥司    鈴木雅弘    宮本正弘    重信正和

   石塚和江    岩田利雄    灘 國一    中林順三

   岡田 尉    山下清次    熊取谷和巳   新田谷修司

   佛願昌尚    松谷栄作    家治敏明    北谷育代

   与浦政義    新谷清行    浜田健次郎   窪 和惠

   伊藤百合子   東 定夫    鎌野 博    戸野 茂

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           向江 昇   助役           福重英世

 助役           宮明末治   収入役          奥野誠吾

 教育長          村田彰道   水道事業管理者      宮先 勝

 病院事業管理者      藤田 毅   市長公室長        水脇一夫

 空港対策担当理事     田中哲哉   総務部長         田中定信

 環境保健部長       溝端 節   産業経済部長       桶谷正昭

 福祉事務所長       溝川泰雄   都市政策部長       山瀬 治

 区画整理担当理事     藤田邦彦   都市再開発担当理事    道志年彦

 佳宅建設担当理事     中川富雄   土木部長         杉江三十二

 高架事業担当理事     馬野航一   用地担当理事       船津行雄

 下水道部長        泉浦秀武   同和対策部長       西守健吉

 人権啓発室長       目 哲夫   水道局長         杉岡明昌

 市立泉佐野病院事務局長  寺崎重紘   消防長          賀本俊勝

 学校教育部長       芝野修一   社会教育部長       森 文三郎

 福祉事務所次長

              野出 豊   企画課長         根来孝次

 (兼)児童福祉課長

 財政課長         泉谷善吉   庶務課長         下村恒和

 課税課長         熊取谷 登  環境衛生課長       辻谷俊吉

 環境美化推進担当参事   松谷文雄   農林水産課長       寺村利雄

 農林水産担当参事     笠原秀紀   農林水産担当参事     多賀井照彦

 農林水産担当参事     丸谷幸成   社会福祉課長       末原幸彦

                     高齢・障害福祉課長

 福祉政策担当参事     湯川主士   (兼)社会福祉センター館長 坂野賢治

                     (兼)老人福祉センター館長

 児童福祉課参事(兼)           児童福祉課参事

              党 好文                丹治精一

 鶴原保育所長              (兼)ひかり保育所長

 道路課長         安藤正人   道路課道路担当参事    豊井和輝

 道路課用地担当参事    岸和田谷昭夫 水道局業務課長      松本健治

 水道局工務課長      田倉渥彦   水道局浄水課長      芝野 浩

 同和教育室長       中藤辰洋   教育総務課長       辻本勝孝

 学校教育課長       藤里 晃   学校給食センター所長   佐土谷孝治郎

 社会教育課長       米谷 茂   生涯学習センター館長   藤堂廣志

 中央図書館長       渡辺 勲   青少年課長        野口修一郎

 体育振興課長       赤井重雄   農業委員会事務局長    北筋正幸

 監査委員事務局長

 (兼)公平委員会事務局長  北庄司義行

 (兼)選挙管理委員会事務局長

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       大屋利彦   議会事務局次長      永井純一

 主幹           星 照明   主幹           高島 晃

 議会係長         小川 透   吏員           平田テル代

 吏員           松浪 寛   吏員           松浪早希子

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本議会の会議事件

 ◇専決処分の報告について

 ◇平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)

 ◇平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会運営委員会の決定事項

                       (平成11年2月5日 議運委決定)

 ●2月臨時市議会の運営について

 1.付議案件及び処理要領

       〔案件名〕                   〔付託の委員会〕

 (1)会議録署名議員の指名について−−−−−−−−−−−−−+

 (2)会期の決定について−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

 (3)専決処分の報告について−−−−−−−−−−−−−−−−|−即決

 (4)平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)−−−−−|

 (5)平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)−−−+

 2.議会進行予定                  ●議運  2月5日(金)



2月
開議時刻
会議名
備考


16日〔火〕
午前10時
議員協議会
 


議員協議会終了後
本会議
 



 3.会期          2月16日………………………………………「1日間」

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員

    灘 國一     浜田健次郎

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議のてんまつ



△開会(午後1時02分)



○議長(宮本正弘君) 

 ただ今より第1回臨時市議会を開会いたします。

 議員定数24名中、出席議員24名でありますので会議が成立いたしております。

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・石塚和江君。

     (石塚和江君 登壇)



◆(石塚和江君) 

 ご指名によりまして、去る2月5日に開催いたしました第1回臨時市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項についてご報告申し上げます。

 まず、本臨時市議会に付議されました案件は、いずれも国の緊急経済対策のための第3次補正関連事業に伴う一般会計補正予算と水道事業会計補正予算並びに専決報告でございまして、これが処理要領につきましては、いずれも即決していただくことになっておりますが、事前に議員協議会において説明を受けることになっており、先ほど、既に協議会か開催されたところでございます。

 従いまして、本臨時会の会期は本日1日限りとなっております。

 なお、議案関連質問につきましては、先例により省略することになっておりますので、よろしくご了承願います。

 以上が第1回臨時市議会の運営に関する決定事項であります。ご協力よろしくお願い申し上げます。



○議長(宮本正弘君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質問の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、ご了承願ったことといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(宮本正弘君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 ただ今より議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(宮本正弘君) 

 まず、日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第74条第1項の規定により、本会の会議録署名議員として灘 國一君、浜田健次郎君のご両君を指名いたします。よろしくお願い申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(宮本正弘君) 

 次に、日程第2、「会期の決定」を議題といたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ご異議なしと認めます。よって本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 専決報告第1号 専決処分の報告について



○議長(宮本正弘君) 

 次に、日程第3、専決報告第1号、「専決処分の報告について」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは予算の専決2件につきまして、私のほうからご報告申し上げます。恐れ入りますか3ページをご覧願います。

 1件目は平成10年12月21日付で平成10年度一般会計補正予算(第7号)を専決させていただいたものでございますが、これは地域振興券の年度内交付に向けまして、印刷等の発注の関係から急遽予算措置が必要となったことによるものでございます。

 内容といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5億7,037万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ458億5,005万6,000円とするものでございます。

 また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」として5ページに記載させていただいております。

 それでは7ページからの歳出からご説明を申し上げます。総務費・総務管理費に、新たに15地域振興費を設けまして、今回の地域振興券交付事業の経費を計上いたしております。

 まず、8ページをお願いいたします。交付の対象件数といたしまして、15歳以下の児童で1万6,800人分、老齢福祉年金の受給者等で9,200人分の計2万6,000人が見込まれ、1人当たり2万円の交付となりますので、19負担金補助及び交付金で5億2,000万円を計上いたしております。

 その他所要の経費につきましては7ページに記載のとおりでございますが、主な内容といたしましては、地域振興券の印刷費や該当者への通知等の郵便料、換金手数料、臨時嘱託員の賃金などで、総額で5億7,037万8,000円となっております。

 次に、歳入でございますが、6ページをお願いいたします。当事業につきましては全額国庫負担補助金が交付されますので、総務費国庫補助金といたしまして、歳出と同額の5億7,037万8,000円を計上したしております。

 続きまして11ページをご覧願います。2件目は平成11年1月18日付で平成10年度一般会計補正予算(第8号)を専決させていただいたものでございますが、これは国の経済対策に対応したもので、国の補助採択の関係から2月中旬までに契約を締結する必要が生じたことによるものでございます。

 内容といたしましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億5,800万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ460億805万6,000円とするものでございます。

 また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」として13ページに記載させていただいております。

 次に、地方債の補正についてでございますが、14ページをご覧願います。変更といたしまして、今回の対象事業であります笠松末広線道路改良事業に係る7,900万円の増額をいたしております。

 次に、16ページをお開き願います。土木費・都市計画費・街路事業費の工事請負費で笠松末広線道路改良工事費追加といたしまして1億5,800万円を計上いたしております。これにより11年度予定しておりました延長450メートルの道路築造工事を行うものでございます。

 続きまして、歳入についてご説明を申し上げます。恐れ入りますが15ページをご覧願います。

 国庫支出金・国庫補助金・土木費国庫補助金・都市計画賛補助金で7,900万円、市債・土木債・都市計画事業債で7,900万円をそれぞれ計上いたしております。

 なお、地方債の年度末現在高見込額の調書は17ページに記載させていただいております。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(宮本正弘君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑なり、ご意見の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これより採決に入ります。

 本件報告どおり承認することに賛成の諸君は挙手願います。

     (挙手多数)



○議長(宮本正弘君) 

 挙手多数であります。よって本件は報告どおり承認されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第1号 平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)



○議長(宮本正弘君) 

 次に、日程第4、議案第1号、「平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)」についてを議題といたします。

 本議案については、まず補正予算の総括について水脇市長公室長の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは議案第1号、平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)の総括について、ご説明申し上げます。議案書19ページをご覧いただきたいと存じます。

 今回、補正をお願いしておりますのは、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億143万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ463億949万2,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、21ページから22ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 次に、地方債の補正についてでございますが、23ページをご覧いただきたいと存じます。今回「第2表 地方債補正」でお願いしておりますのは、変更の2件でございます。

 まず、農業基盤整備事業費といたしまして、府営水環境整備事業に係る6,540万円及び府営かんがい排水事業に係る260万円の計6,800万円を。

 また、都市計画事業費といたしまして、佐野中央居住環境整備事業に係る3,890万円をそれぞれ追加し補正後の限度額とするものでございます。

 なお、今回の補正につきましては、すべて国の経済対策に対応したもので、主な内容といたしましては、社会福祉センター整備事業、中学校空調設備整備事業などとなっております。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(宮本正弘君) 

 ただ今の説明につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これをもって説明に対する質疑を終結いたします。

 次に、歳入歳出補正予算の審議に入ります。審議につきましては、事項別明細書によってご審議を願います。

 まず、26ページからの歳出各款について、提案理由の説明を求めます。

     (福祉事務所長 溝川泰雄君 登壇)



◎福祉事務所長(溝川泰雄君) 

 それでは、私の所管いたします項目につきましてご説明申し上げます。議案書26ページをご覧願います。

 今回、補正をお願いしておりますのは、国の緊急経済対策、第3次補正関連事業に伴うものでありまして、一つには介護保険関連サービス事業として2件、二つ目には子育て支援拠点整備事業として1件、合計3件の補正となっております。順次、予算書に基づきましてご説明申し上げます。

 まず、初めに介護保険関連サービス事業の1件目でありますが、民生費・社会福祉費・老人福祉費・工事請負費で4,030万円の補正をお願いしております。この工事につきましては、昭和41年度に建設されました鶴原共同作業所を解体し、その跡地に仮称ではございますが、「鶴原街かどデイハウス」を建設しようとするものであります。

 街かどデイハウス事業につきましては、既にご承知のように、昨年、大阪府におきまして老人医療費の見直しが行われ、その見直しに伴いまして、今後の高齢者福祉の再構築として主要31事業が発表されましたが、その中に府独自の新たな事業として盛り込まれたものであります。

 事業主体は市町村で、実施主体は住民参加型の民間非営利団体となっており、補助率は府が4分の3、市町村が4分の1となっております。

 この街かどデイハウス事業の内容でございますが、在宅の虚弱または軽度の介護を要する高齢者に対しまして、住民参加によります日中の預かり、健康チェック、給食等が行われ、本市といたしましても府の助成制度を活用しながら取り組んでまいりたいと考えております。なお、この工事費につきましては全額補助対象となっております。

 次に、19負担金補助及び交付金で29万2,000円お願いしておりますのは、先にご説明申し上げました仮称ではございますが、鶴原街かどデイハウスの建設に伴います水道設置並びに下水道受益者負担金であります。

 続きまして、介護保険関連サービス事業の2件目でありますが、6社会福祉センター費・13委託料で270万円、15工事請負費で5,980万円の補正をお願いしております。

 これは社会福祉センターに入浴施設がございますが、老朽化も進んでいることから、今回整備改修をしようとするものであり、このことによりまして社会福祉センター会議室、浴室、機械浴の活用により、介護実践、介護研修などを実施し、介護知識並びに介護方法等の習得、普及を図るものであります。

 なお、この工事費につきましても全額補助対象となっており、委託料の270万円につきましては、この工事の実施設計委託料でございます。

 続きまして、子育て支援拠点整備事業でありますが、(2)児童福祉費・2保育所費・15工事請負費で640万円お願いしております。

 これは心身障害児通園施設「木馬園」が、現在のところに平成8年度に移改築を行いましたが、移転当初、施設定数25とし、保護者の相談や待機する場所として一部屋確保していたのでありますが、平成9年度並びに平成10年度とも、児童数が33名となったために、保護者用に確保してあった部屋をやむなく保育室として使用したために、保護者の相談や待機の部屋がなくなったところであります。従いまして、今回、木馬園に保護者用の相談室や待機の部屋を増設しようとするものであります。

 なお、補効率につきましては、国2分の1、府4分の1、市4分の1となっております。

 説明は以上でありますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (環境保健部長 溝端 節君 登壇)



◎環境保健部長(溝端節君) 

 引き続きまして、私の所管しております衛生費についてご説明を申し上げます。

 ?衛生費(2)清掃費・1清掃総務費のうち、19負担金補助及び交付金でございますが、3,027万3,000円の補正をお願いするものでございます。これは緊急経済対策によります小型合併処理浄化槽の助成見込みの増加でございます。

 当初予算と比較いたしまして、5人槽で70基、2,478万円の増、6〜7人槽で36基、1,334万円の増加、8〜10人槽で15基、595万5,000円の増となった一方、11人〜20人槽で1基、185万4,000円の減、21人〜30人槽で1基、329万6,000円の減、31人〜50人槽で2基、865万2,000円の減となり、全体で117基、3,027万3,000円の増加となったものでございます。

 説明は簡単ですが、以上のとおりです。ご審議の上、よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (産業経済部長 桶谷正昭君 登壇)



◎産業経済部長(桶谷正昭君) 

 私が所管しております農林水産業費につきましてご説明を申し上げます。議案書は26並びに27ページでございます。

 今回、補正をお願いいたしておりますのは?農林水産業費(1)農業費・5農地費の19負担金補助及び交付金で、予算額3億9,499万2,000円に負担金といたしまして、6,862万3,000円を追加いたしまして、補正後の予算額を4億6,361万5,000円といたすものでございます。

 これは今般、国の景気対策といたしまして、大阪府が事業主体で施行しております土地改良事業の事業費増に伴いまして、2件の本市の負担金の増額をお願いいたすものでございます。

 まず、府営かんがい事業樫井川地区に係る事業費が1,284万8,000円増額の8億8,744万2,000円に確定されたため、それに伴いまして本市の負担金も321万1,000円の増額をお願いいたすものでございます。これは新滝の池ののり面保護工事の実施に伴うものでございます。

 次に、府営水環境整備事業泉佐野南部地区に係る事業費が2億6,165万円増額の3億385万円に確定されたため、それに伴いまして本市の負担金も6,541万2,000円の増額をお願いいたすものでございます。

 本事業につきましては、府営かんがい排水事業で造成される新滝の池及び隣接する滝の池並びに新池周辺一帯を本来の農業用水確保の機能に加え、貴重な水辺空間として、広く市民の皆さまに提供できるよう整備するものでありまして、今回お願いしております補正では、新池の水辺空間の整備及び滝の池の管理用道路を整備するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (土木部長 杉江三十二君 登壇)



◎土木部長(杉江三十二君) 

 それでは土木費について、ご説明申し上げます。今回お願いしておりますのは、国の第3次経済対策によります事業の前倒しとしまして、街路事業の佐野中央1号線に補助金の追加がありましたので、これに伴います予算の追加をお願いするものでございます。議案書27ページをお開き願います。

 ?土木費(4)都市計画費・2街路事業費・17公有財産購入費で6,994万8,000円の追加をお願いしております。これは面積で466.4平方メートルを、公社先行取得用地の買い戻しをお願いするものでございます。

 以上、説明は簡単ですが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (学校教育部長 芝野修一君 登壇)



◎学校教育部長(芝野修一君) 

 続きまして、?教育費についてご説明申し上げます。議案書27ぺージをご覧いただきたいと存じます。

 (3)中学校費・1学校管理費の15工事請負費で2,310万円の追加補正をお願いしております。これは中学校施設の空調設備につきましては、現在、保健室と校長室、コンピューター室に空調設備を設置しておりますが、今回、第三中学校、長南中学校、佐野中学校、新池中学校4校の職員室に空調設備の設置をお願いするものでございます。

 また、日根野中学校につきましては、校舎改築時に設置を予定しております。

 なお、本事業につきましては、国の緊急経済対策のための第3次補正関連事業として前倒しにより、実施するものでございます。

 説明は以上でございますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(宮本正弘君) 

 これより歳出についての質疑に入ります。

 まず、26ページの民生費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、次に26ページの衛生費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、次に26ページからの農林水産業費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、次に27ページの土木費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、次に27ページの教育費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 これをもって歳出についての質疑を終結いたします。

 次に、24ページからの歳入について提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 水脇一夫君 登壇)



◎市長公室長(水脇一夫君) 

 それでは歳入についてご説明申し上げます。議案書24ページをご覧いただきたいと思います。

 市税・固定資産税・現年課税分で償却資産分追加といたしまして、2,719万8,000円を計上いたしております。

 次に、分担金及び負担金・分担金・農林水産業費分担金・農業費分担金で、府営かんがい排水事業受益者分担金51万4,000円を計上いたしております。

 次に、国庫支出金・国庫補助金としまして、衛生費国庫補助金・清掃費補助金で合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の1,341万2,000円、土木費国庫補助金・都市計画費補助金で、佐野中央居住環境整備事業費補助金の3,100万円、教育費国庫補助金・中学校費補助金で公立学校施設整備費補助金の660万円を、それぞれ計上いたしております。

 続きまして25ページにわたりますが、府支出金・府補助金としまして、民生費府補助金の社会福祉費補助金で、介護保険関連基盤整備事業費補助金の(仮称)鶴原街かどデイサービス建設に係る3,780万円と、社会福祉センター整備に係る5,980万円の計9,760万円、並びに児童福祉費補助金で子育て支援拠点整備事業費補助金の480万円を、それぞれ計上いたしております。

 また、衛生費府補助金・清掃費補助金で合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の1,341万2,000円をお願いしております。

 最後に市債といたしまして、農林水産業債・農業債で府営事業に係る6,800万円、土木債・都市計画事業債で佐野中央居住環境整備事業に係る3,890万円を、それぞれ計上いたしております。

 なお、地方債の前々年度末現在高見込額の調書補正につきましては、28ページに記載させていただいております。

 歳入に関しての説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(宮本正弘君) 

 これより歳入についての質疑に入ります。

 歳入全般について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本議案については、会議規則第35条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ご異議なしと認めます。よって本議案は委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第1号、平成10年度泉佐野市一般会計補正予算(第9号)を原案どおり決定することに賛成の諸君は挙手願います。

     (挙手多数)



○議長(宮本正弘君) 

 挙手多数であります。よって本議案は原案どおり決定されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第2号 平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(宮本正弘君) 

 次に、日程第5、議案第2号、「平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (水道局長 杉岡明昌君 登壇)



◎水道局長(杉岡明昌君) 

 議案第2号、平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)について、ご説明申し上げます。

 今回、補正をお願いしておりますのは、国の3次補正、即ち緊急経済対策に関連し、石綿管更新事業費国庫補助基準が緩和され、本市におきましても平成10年度に限り事業採択されることとなり、急遽後年度事業を前倒しし、補正をお願いするものでございます。議案書の29ページをお開き願いたいと思います。

 第2条の資本的収入で支出の補正でございますが、収入の第1款、資本的収入で予算額9億7,320万円に8,710万円を増額し、補正後の額を10億6,030万円とするものでございます。これは第1項、企業債の増と第4項として国及び府補助金を計上するものでございます。

 次に支出ですが、第1款、資本的支出で予算額13億2,672万6,000円に1億1,500万円を増額し、補正後の額を14億4,172万6,000円とするものでございます。これは第1項、建設改良費の増額によるものでございます。

 次に、第3条の企業債の補正ですが、配水管整備事業に係る起債限度額2億7,200万円を6,200万円増額し3億3,400万円とするものでございます。

 次に、説明の都合上34ぺージをお開き願いたいと思います。水道事業会計補正予算説明書(第1号)についてご説明申し上げます。

 資本的収入でありますが、第1款、資本的収入で8,710万円の増額補正ですが、この内訳は、まず第1項の企業債で6,200万円を補正し7億5,500万円とするものでございます。これは配水管整備事業に係る起債であります。

 次に、第4項として国及び府補助金2,510万円を計上するものでございます。これは石綿管更新事業費国庫補助金であります。

 次に、資本的支出でございますが、第1款、資本的支出で1億1,500万円の増額をお願いしております。これは市道松原日根野線において、布施屋貝塚線交差点から一部泉佐野山手線を経由し、俵屋久ノ木線交差点に至る区間におきまして、老朽管整備対策として、現在、布設されております石綿管をダクタイル鋳鉄管に更新するものであり、第1項の建設改良費において工事請負費として1億1,500万円の補正をお願いするものでございます。

 なお、31ページから33ページまでに、補正予算実施計画(第1号)、資金計画補正(第1号)及び補正予算貸借対照表(第1号)を所定の書式により記載しておりますので、ご参照のほどお願い申し上げます。

 説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認陽りますよう、お願い申し上げます。



○議長(宮本正弘君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぷ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本議案については、会議規則第35条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ご異議なしと認めます。よって本議案は委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本正弘君) 

 ないようでございますので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第2号、平成10年度泉佐野市水道事業会計補正予算(第1号)を原案どおり決定することに賛成の諸君は挙手願います。

     (挙手多数)



○議長(宮本正弘君) 

 挙手多数であります。よって本議案は原案どおり決定されました。



○議長(宮本正弘君) 

 以上で本臨時会の全日程が終了いたしました。

 ただ今をもちまして、第1回臨時市議会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでございました。



△散会(午後1時37分)

 以上、会議のてんまつを記載し、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

平成  年  月  日

   泉佐野市議会議長

      同  副議長

      同  署名議員

      同  署名議員