議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉佐野市

平成15年  6月 定例会 06月09日−01号




平成15年  6月 定例会 − 06月09日−01号







平成15年  6月 定例会



          平成15年6月泉佐野市議会定例会(第1日)

               平成15年6月9日(月)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第1日の議事日程

 日程第1       会議録署名議員の指名について

 日程第2       会期の決定について

 日程第3 監査報告第3〜5号 監査結果報告について

 日程第4 専決報告第2〜9号 専決処分の承認を求めることについて

 日程第5 報告第2号 平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越報告について

 日程第6 報告第3号 平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越報告について

 日程第7 議案第29号 工事請負契約締結について

 日程第8 議案第30号 泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定について

 日程第9 議案第31号 泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定について

 日程第10 議案第32号 泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について

 日程第11 議案第33号 損害賠償の額を定めること及び和解について

 日程第12 議案第34号 泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第13 議案第35号 泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について

 日程第14 議案第36号 泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について

 日程第15 議案第37号 泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

 日程第16 議案第38号 泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定について

 日程第17 議案第39号 泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について

 日程第18 議案第40号 平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)

 日程第19 議案第41号 平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員定数23名

 出席議員23名

   鎌野 博    赤坂敏明    熊取谷和巳   千代松大耕

   東 定夫    家治敏明    奥野英雄    戸野 茂

   戎谷満博    鈴木雅弘    岡田昌司    重信正和

   宮本正弘    中林順三    辻野隆成    宮明末治

   松浪武久    北谷育代    伊藤百合子   窪 和惠

   中野幸次    国賀祥司    中村哲夫

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明員職氏名

 市長           新田谷修司  助役           山瀬 治

 助役           清水 豊   収入役          杉岡明昌

 教育長          村田彰道   水道事業管理者      田中定信

 病院事業管理者      岸野文一郎  市長公室長        泉谷善吉

 行財政改革担当理事    根来孝次   まちづくり調整担当理事  吉田真治

 総務部長         熊取谷 登  総務部総務担当理事    舩津行雄

 人権推進部長       桶谷正昭   同和行政担当理事     坂野賢治

 生活環境部長       榎並勝彦   市民産業部長       米谷 茂

 健康福祉部長       泉浦秀武   健康福祉担当理事     野出 豊

 都市整備部長       目 哲夫   都市整備担当理事     大崎正直

 消防長          賀本俊勝   上下水道局長       田倉渥彦

 下水道担当理事      安藤正人   市立泉佐野病院事務局長  溝端 節

 学校教育部長       橋爪健次   社会教育部長       赤井重雄

 消防本部次長(兼)りんくう消防署長    病院事務局次長(兼)医事課長

              木ノ元正春               小南勝善

 秘書課長         増田和夫   企画課長         丹治 弘

 行財政改革推進担当参事  坂田純哉   まちづくり調整担当参事  龍神俊成

 財政課長         丹治精一   自治振興課長       赤坂法男

 情報政策課長       中野英二   総務課長         家路博史

 管財担当参事       南 正文   人事課長         赤坂芳希

 研修福利厚生担当参事   竹森 知   契約検査課長       山東一也

 課税課長         昼馬 剛   納税課長         中島信男

 納税課納税担当参事    井上芳治   人権推進課長       東  昇

 同和行政課長       角谷庄司   泉佐野人権文化センター  松島水巳

 樫井人権文化センター   西口誠行   下瓦屋人権文化センター  竹本弘一

 環境美化衛生課長     西浦良一   環境担当参事       奥田敏明

 美化推進担当参事     川口秀幸   市民生活課長       澤田愼吾

 リサイクル課長      村野滋男   農林水産課長       中谷貴一

 農林水産担当参事     奥野慶忠   商工労働観光課長     信貴靖滋

 労働担当参事       勘六野正治  市民課長         柿本 香

 国保年金課長       丸谷幸成   生活福祉課長       金谷敏彦

 児童福祉課長       竹内延吉   保育担当参事       上野員生

 児童福祉課参事             児童福祉課参事

              辻 宗雄                塩谷久一

 (兼)鶴原保育所長            (兼)ひかり保育所長

 高齢・障害福祉課長

 (兼)社会福祉センター館長 角谷啓子   介護保険課長       八島弘之

 (兼)老人福祉センター館長

 保健センター所長     水本隆夫   都市計画課長       松山昌富

 都市計画担当理事     宮本佳典   建築住宅課長       若松平吉

 建築担当参事       山本一久   住宅建設担当参事     坂口 呈

 市街地整備課長      塩谷善一郎  再開発担当参事      野口赳士

 道路公園課長       岩本喜一   道路担当参事       豊井和輝

 高架事業担当参事     竹内一生   土木管理課長       松下義彦

 施設管理課長       沢辺隆二   会計課長         馬場 眞

 消防本部総務課長     根来芳一   消防本部予防課長     花枝岩夫

 消防本部警備課長     東 昇司   中消防署長        木村政治

 りんくう消防署空港分署長 川野克芳   下水道総務課長      末原幸彦

 下水道整備課長      真瀬三智広  水道業務課長       松村和幸

 水道工務課長       松本憲治   水道浄水課長       中川正行

 市立泉佐野病院総務課長  奥田哲也   救命救急センター事務長  河合寿一

 教育総務課長       中西敏治   教職員担当参事      谷口惠司郎

 教育総務担当参事     唐松正紀   施設課長         古木 学

 人権教育室長       中藤辰洋   学校教育課長       杉浦明文

 社会教育課長       四至本好仁  青少年課長        山野祐弘

 青少年施設担当参事    神野清志   体育振興課長       東口祐一

 生涯学習センター館長   藤堂廣志   中央図書館長       篠田昌幸

                     選挙管理委員会事務局長

                     (兼)公平委員会事務局長

 農業委員会事務局長    中谷貴一                星 照明

                     (兼)監査委員事務局長

                     (兼)固定資産評価審査委員会書記

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局職員氏名

 議会事務局長       山出谷英一  議会事務局次長      永井純一

 参事           多賀井照彦  主幹           高島 晃

 議会係長         杉浦勇人   吏員           平田テル代

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本議会の会議事件

 ◇監査結果報告について

 ◇専決処分の承認を求めることについて

 ◇平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越報告について

 ◇平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越報告について

 ◇工事請負契約締結について

 ◇泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定について

 ◇泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について

 ◇損害賠償の額を定めること及び和解について

 ◇泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定について

 ◇泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について

 ◇平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)

 ◇平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)

 ◇泉佐野市土地開発公社の経営状況報告について

 ◇泉佐野市公園緑化協会の経営状況報告について

 ◇泉佐野市文化振興財団の経営状況報告について

 ◇選挙管理委員及び補充員の選挙について

 ◇公平委員会委員選任についての同意を求めることについて

 ◇泉佐野市立学校施設使用条例の一部を改正する条例制定について

 ◇外国人学校への大学入学資格付与早期実現を求める意見書(案)

 ◇郵便投票制度等の改正を求める意見書(案)

 ◇常任委員会の継続調査について

 ◇特別委員会の継続調査について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会運営委員会決定事項           (平成15年6月3日 議運委決定)

 ●6月定例市議会の運営について

 1.付議案件及び処理要領

       〔案件名〕                   〔付託の委員会〕

 (1)会議録署名議員の指名について(即決)

 (2)会期の決定について(即決)

 (3)監査結果報告について(即決)

 (4)専決処分の承認を求めることについて(即決)

 (5)平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越報告について(即決)

 (6)平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越報告について(即決)

 (7)工事請負契約締結について(総務委員会)

 (8)泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定について(総務委員会)

 (9)泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定について(総務委員会)

 (10)泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について(総務委員会)

 (11)損害賠償の額を定めること及び和解について(厚生文教委員会)

 (12)泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について(厚生文教委員会)

 (13)泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について(厚生文教委員会)

 (14)泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について(厚生文教委員会)

 (15)泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について(厚生文教委員会)

 (16)泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定について(建設経済委員会)

 (17)泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について(建設経済委員会)

 (18)平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)(各所管常任委員会)

 (19)平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)(総務委員会)

    〔追加予定案件名〕

 ・泉佐野市土地開発公社の経営状況報告について

 ・泉佐野市公園緑化協会の経営状況報告について

 ・泉佐野市文化振興財団の経営状況報告について

 ・選挙管理委員及び補充員の選挙について

 ・公平委員会委員選任についての同意を求めることについて

 2.議会進行予定                  ●議運  6月3日(火)



月・日・曜
開議時刻
会議名
備考


6月9日

午前10時
本会議
 


  10日

午前10時
総務委員会
 


  11日

午前10時
厚生文教委員会
 


  12日

休会
 


  13日

午前10時
建設経済委員会
 


  14日

休会
 


  15日

休会
 


  16日

午前10時
関西国際空港問題対策特別委員会
 


  17日

午前10時
市町村合併検討委員会
 


  18日

休会
 


  19日

休会
 


  20日

午前10時
公害交通対策委員会
 


  21日

休会
 


  22日

休会
 


  23日

午前10時
行財政委員会
 


  24日

午前10時
本会議
12:30 議会運営委員会


  25日

午前10時
本会議
 


  26日

午前10時
本会議
 





 3.会期         6月9日から6月26日まで………………「18日間」

 4.一般質問

   ・通告質問…………6月24日(火) 開議冒頭〔通告締切 6月13日(金)午後3時〕

   ・議案関連質問……最終日議了後1時間程度

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員

    戎谷満博     松浪武久

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議のてんまつ



△開会(午前10時02分)



○議長(重信正和君) 

 おはようございます。

 ただ今より平成15年6月定例市議会を開会いたします。

 議員定数23名中、出席議員22名でありますので会議が成立しております。

 この場合、東 定夫君より遅刻の旨、届けがありましたのでご報告いたします。

 会議に先立ちまして、議会運営委員会の決定事項について委員長の報告を求めます。議会運営委員長・鈴木雅弘君。

     (議会運営委員長 鈴木雅弘君 登壇)



◆議会運営委員長(鈴木雅弘君) 

 おはようございます。ご指名によりまして、去る6月3日に開催いたしました6月定例市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項について、ご報告申し上げます。

 まず、本定例市議会に付議されております案件は、ただ今のところ19件であります。これらの処理要領につきましては、お手元へ配付いたしております議会運営委員会の決定事項により、ご承知願いたいと存じます。

 また、追加予定案件といたしまして、「泉佐野市土地開発公社の経営状況報告について」ほか5件が予定されており、これらが提案されました場合、事前に議員協議会でご説明願ったのち、本会議では即決をしていただくことに決定しております。

 次に、議会進行予定につきましては、本日午前10時より本会議、そののち、明日10日は総務委員会、11日には厚生文教委員会、13日には建設経済委員会を、それぞれ午前10時から開催願うのをはじめ、お手元へ配付いたしております議会進行予定に記載の委員会を、それぞれ開催願うことになっております。

 また、後半の本会議につきましては6月24日、25日、26日の3日間を予定しております。

 従いまして本定例市議会の会期は、本日から6月26日までの18日間と決定しております。

 次に、一般質問につきましては、6月24日の開議冒頭から承ることになっております。その通告締め切りは13日の午後3時でございますので、よろしくご承知おき願います。

 次に、議員協議会の開催につきましては、後半本会議の追加案件上程前に休憩の上、開催していただくことになっておりますので、あらかじめご承知おき願いたいと存じます。

 なお、議案関連質問につきましては、従来どおり最終日の議了後、承ることになっております。

 以上、6月定例市議会の運営に関する議会運営委員会の決定事項についての報告を終わります。ご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、ご了承いただいたものといたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(重信正和君) 

 議事に先立ちまして、去る平成14年9月定例市議会において推薦同意されました人権擁護委員の木南源言君より発言の申し出がありますので、これを許します。



◎人権擁護委員(木南源言君) 

 お許しをいただきまして一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 私は昨年9月市議会におきまして人権擁護委員の推薦についてご同意を賜りました木南源言でございます。

 去る4月1日付で法務大臣より人権擁護委員の委嘱を賜り、引き続き努力させていただくことと相成りました。

 もとより未熟ではございますが、誠心誠意務めたいと存じますので、今後とも議員の皆さま方の、ご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、お礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(重信正和君) 

 本日の議事日程は、お手元の一覧表のとおりであります。

 これより議事に入ります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(重信正和君) 

 まず、日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議規則第74条第1項の規定により、本会の会議録署名議員として戎谷満博君、松浪武久君のご両名を指名いたします。よろしくお願い申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。

 6月定例市議会の会期は、本日より6月26日までの18日間といたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ご異議なしと認めます。よって本定例市議会の会期は18日間と決定いたしました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 監査報告第3号から第5号までの監査結果報告について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第3、「監査報告第3号から第5号までの監査結果報告について」を議題といたします。

 ただ今議題となっております議案につきましては、お手元に配付いたしましたとおり、監査委員から議長あてに報告がありましたのでご報告いたします。

 この報告につきまして、ご質疑なり、ご意見等ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ご質疑なり、ご意見もないようでございますので、以上で報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 専決報告第2号から第9号までの専決処分の承認を求めることについて



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第4、「専決報告第2号から第9号までの専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。

 提案者の報告を順次求めます。

     (総務部長 熊取谷 登君 登壇)



◎総務部長(熊取谷登君) 

 それでは私のほうから3月31日付にて専決処分させていただきました「泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部を改正する条例制定」につきましてご報告申し上げます。議案書の3ページをお開き願います。

 今回の一部改正につきましては、平成15年3月31日付法律第5号をもって国の「恩給法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律」が公布され、同年4月1日より施行されたことに伴い、本市においても昭和51年条例第36号、泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部を国に準じて改正したものでございます。

 改正内容としましては、遺族年金にあたる遺族扶助料を受ける者が妻であって、扶養遺族である子がある場合等の寡婦加算を減額するものであります。

 金額としましては、扶養遺族が2名以上ある場合が「26万9,900円」から「26万7,500円」へ、また、扶養遺族が1名の場合、及び受給者が60歳以上である場合が「15万4,200円」から「15万2,800円」へと、それぞれ減額されております。

 なお、この条例は国の法改正と時期を合わせることにより、一部減額という受給者にとっての不利益の遡及適用を避けるため専決処分とさせていただいたものでございます。平成15年3月31日公布、同年4月1日より施行するものでございます。

 報告は以上でございます。議員の皆さまにはご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 引き続きまして、恐れ入りますが議案書7ページをお開き願います。

 3月31日付、専決処分させていただきました泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定につきましてご報告申し上げます。

 専決処分による市税条例の改正につきましては、地方税法の一部を改正する法律第9号が3月31日付で公布、4月1日施行されました。もって平成15年度当初課税において適用する必要のある改正部分につきまして、本市の市税条例につきましても改正の必要があり、平成15年3月31日付で専決処分とさせていただいたものでございます。

 それでは泉佐野市市税条例の一部を改正する条例の内容についてご説明申し上げます。

 まず、第16条第2項の表1の項中「政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律第8条に規定する法人である政党又は政治団体」を削るとしておりますのは、法人市民税均等割の税率の規定の中から、法人である政党または政治団体について、収益事業を行わない場合に限り、均等割を非課税とする措置が今回講じられたことにより、表1から削除するものです。

 続きまして、固定資産税関係の改正につきまして申し上げます。

 附則第14項の今回の改正につきましては、宅地等に係る負担水準の区分に応じた固定資産税の負担調整措置の規定につきまして、負担調整率の内容は従前と変わりませんが、適用年度を平成17年度まで3年間の延長を行うものです。

 附則第17項の改正につきましては、同じく土地に係る固定資産税課税標準額の特例措置で、商業地等で負担水準が70%を超える場合の課税標準額は、評価額の70%まで引き下げる措置が、同様に平成17年度まで延長されたものです。

 附則第17項の2の改正につきましては用途変更宅地、ここでいう用途変更宅地と申しますのは、非住宅用地が住宅用地に変更された場合などをいいますが、この用途変更宅地に対して課する固定資産税及び都市計画税において、前年度から変更後の用途であったものとみなして、前年度課税標準額を算出することができるとした経過措置の規定であり、同じく平成17年度まで延長するものです。

 附則第18項及び第19項の改正につきましては、農地に係る固定資産税課税標準額の負担調整率の規定を平成17年度まで延長するものであります。また、負担調整率の内容につきましては従前と変更はございません。

 附則第21項の改正につきましては、価格が著しく下落した土地に対して固定資産税を据え置きとする特例措置を継続するもので、固定資産税課税標準額が負担調整率によって引き上げ対象となる土地であっても、負担水準が小規模住宅用地で0.55以上、一般住宅用地で0.5以上、商業地等で0.45以上であり、かつ評価の下落率が3年前と比べて15%以上の土地については、前年度の課税標準額を据え置きとする特例措置を講ずるものです。

 続きまして8ページ、3行目の附則第43項からは、都市計画税関係の改正となりますが、附則第43項は、宅地等に係る都市計画税課税標準額の負担調整率の規定でありまして、固定資産税と同じく負担水準の区分及び負担調整率の内容の変更はなく、適用年度を平成17年度まで延長するものです。

 続きまして、追加しております附則第43の2項から4項につきましては、都市計画税におきましても固定資産税と同様の課税標準額の据え置き、引き下げ措置が新たに設けられたものです。

 平成12年度から平成14年度までは、都市計画税においては固定資産税の据え置き、引き下げ措置に相当する課税標準額の特例措置はなく、同様の据え置き、引き下げ措置を講じた場合の税額との差額を市税条例に基づき減額するという措置がとられていましたが、今回の税法の改正により、課税標準額の特例措置として新たに規定されたものです。

 内容は附則第43の2項が住宅用地で負担水準が0.8以上の場合は据え置き、附則第43の3項が商業地等で負担水準が0.6以上の場合は据え置き、附則第43の4項が商業地等で負担水準が0.7を超える場合は評価額に0.7を乗じた額に引き下げるというものであります。

 続きまして、附則第44項及び46項の改正につきましては、農地に係る都市計画税課税標準額の負担調整率の規定でありまして、固定資産税と同じく負担調整率の内容に変更はなく、適用年度を平成17年度まで延長するものです。

 新たに加えました附則第46の2項は、市街化区域農地の都市計画税課税標準額におきまして、固定資産税と同様の据置措置が設けられたもので、負担水準が0.8以上の市街化区域農地について前年度課税標準額を据え置きとするものです。これも宅地等と同じく、従前の減額措置が課税標準額の特例措置に変更となったものです。

 附則第46の3項につきましても、都市計画税の減額措置が課税標準額の特例措置に変更されたことに伴う規定でありまして、宅地等に係る都市計画税について負担水準が一定以上の土地で、かつ価格の下落率が3年間で15%以上の土地について前年度課税標準額を据え置きとする規定でございます。

 なお、詳しい内容につきましては、附則第21項でご説明申し上げました固定資産税と同様となっております。

 9ページの削除となっています附則第47項及び第48項は、今回の地方税法の改正により、課税標準額の特例措置が設けられたことに伴って廃止されました都市計画税の減額措置の規定であります。

 附則第49項の改正につきましては、用途変更宅地に係る都市計画税の前年度課税標準額の規定を平成17年度まで延長するもので、内容につきましては附則第17の2項でご説明申し上げました固定資産税と同様となっております。

 また追加しました附則第49の2項につきましては、固定資産税で措置されていた課税標準額の据え置き、引き下げ措置が都市計画税では、これまで課税標準額の特例措置ではなく、同様の据え置き、引き下げ措置を講じた場合の税額との差額を減額するという方法がとられていたため、都市計画税における平成14年度までの実課税標準額は実際の税負担に比べて高い水準となっています。

 そこで平成15年度に限り、減額措置の廃止によって税負担の増とならないよう据え置き、引き下げ減額の基礎となった価格をもって前年度課税標準額とみなす措置が講じられたものです。

 続きまして、附則第53項及び54項につきましては、特別土地保有税につきまして現下の経済情勢等にかんがみ、平成15年度以降の課税を停止し、新たな課税は行わないとするものです。

 なお附則としまして、この条例は平成15年4月1日から施行すること、及び経過措置としまして、改正後の泉佐野市市税条例の規定中、固定資産税及び都市計画税に関する部分は平成15年度以後の年度分について適用し、平成14年度までの固定資産税、都市計画税につきましては、なお従前の例によること。

 また、特別土地保有税に関しましては、土地に対して課する特別土地保有税(保有分)は平成15年度以後の年度分について、土地の取得に対して課すべき特別土地保有税(取得分)は、平成15年1月1日以後の取得分について適用することとし、それ以前の特別土地保有税につきましては従前の例のよることを定めたものであります。

 報告は以上でございます。議員の皆さまにはご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 続きまして、私のほうから専決報告のうち、専決報告第4号から専決報告第9号の補正予算関係の報告をさせていただきます。議案書の別冊の8ページをご覧いただきたいと存じます。

 まず、専決第5号、平成14年度泉佐野市一般会計補正予算(第8号)を平成15年3月31日付で専決させていただいたものでございます。

 今回の専決の主なものといたしましては、国民健康保険事業特別会計及び老人保健事業特別会計への繰出金の追加や歳入における基金の運用利子や開発者負担金などが増額となってまいりましたために総合額を、それぞれの基金に積み立てするもの、また起債の限度額に不足が生じたために必要な市債の増額を行うための予算措置をさせていただいたものでございます。

 内容といたしましては、第1条といたしまして歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億9,142万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ410億9,824万円とするものでございます。

 また補正額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、「第1表 歳入歳出予算補正」によるものであり、2ページから3ページに記載のとおりでございます。

 続きまして「第2表 債務負担行為補正」についてでございますが、4ページをご覧いただきたいと存じます。

 泉佐野市土地開発公社に委託した用地取得事業費(平成14年度分)、これは当初予算に設定したものでございます。及び平成14年度12月補正分につきまして減額するものでございます。

 平成14年度当初分におきまして、債務負担行為を設定した先行取得分につきまして、14年度中の事業量が3月末をもって確定いたしましたことにより減額をお願いするものでございます。

 具体的には平成14年度分につきましては、羽倉崎新安松線改良事業に係る物件補償や用地費などで2億8,259万3,000円、及び佐野中央居住環境整備事業の用地費などで5,248万7,000円、合わせまして総額3億3,508万円の減額となっております。

 また平成14年度12月補正分につきましては、泉佐野税務署跡地の用地費で6,000万円の減額となっております。これは土地開発公社の先行取得分につきましては、次の年度との重複等を避けるために専決にて減額させていただくものでございます。

 続きまして5ページをご覧願います。

 「第3表 地方債補正」でございますが、追加が9件、6ページに移りまして変更が8件でございます。これは事業の完了によりまして地方債が確定してまいったことにより、限度額の不足するものにつきまして所要の調整を行ったものでございます。

 続きまして説明の都合上、歳出からご説明申し上げます。16ページをご覧願います。

 ?民生費・(1)社会福祉費・1社会福祉総務費の積立金でございますが、14年度中に寄せられました福祉のための寄附金179万3,000円の追加と福祉基金の運用利子収入5万8,000円の減少との差し引き173万5,000円を福祉基金に積み立てるものでございます。

 続きまして、2老人福祉費の繰出金1,009万7,000円でございますが、老人保健事業特別会計に対する繰出金で、平成14年10月の法律改正により公費負担の割合が増加し、一般会計からの繰入金に不足が生じたため追加するものでございます。

 次に、(4)国民健康保険費・繰出金でございますが、国保料の政策減免に係るもので8,700万円の増加、保険基盤安定等法定繰出額が確定したことによる減額を差し引きいたしまして、6,382万2,000円を追加するものでございます。

 続きまして18ページから19ページをご覧願います。

 ?土木費・(4)都市計画費・1都市計画総務費の積立金でございますが、開発協力金の公共空地分45件で6,078万円が決算見込みのため、当初予算1,500万円との差額の4,578万円と基金運用利子の減額11万3,000円を差し引きいたしました4,566万7,000円を公園等整備基金へ積み立てるものでございます。

 続きまして?諸支出金・(1)基金費・2公共施設整備基金費の積立金で6,955万8,000円の追加をいたしておりますのは、泉州都市環境創造センターからの寄附金で4,590万円、りんくうタウン公共施設引き継ぎによる府負担金で2,324万1,000円が新たに見込めることとなったものと、運用利子収入で41万7,000円が増額となったことにより、その合計額を積み立てるものでございます。

 最後に、3減債基金費の積立金54万7,000円を追加しておりますのは、運用利息が増加したことによるものでございます。

 それでは引き続きまして歳入についてご説明申し上げます。8ページから9ページをご覧願います。

 まず、?国庫支出金・(2)国庫補助金・5教育費国庫補助金では2小学校費補助金で1,620万円の減額、また3中学校費補助金で2,590万円を減額しておりますのは、14年度に行いました小・中学校のトイレ改修の補助金におきまして、国庫補助金として当初予算で計上しておりましたが、その補助金相当額がNTT貸付事業債に変更となったもので、今回市債に組み替えるものでございます。

 この市債は無利子であり、2年間の据え置きののち17年度から3年間で償還するものでございまして、元金償還と同額が国庫補助金として交付されることになり、補助金と同じ性格のものとなるものでございます。

 次に、?府支出金・(2)府補助金につきましては地方振興補助金でございまして、まず1総務費府補助金では財務会計システム導入事業に560万円、安全なまちづくり事業に300万円、また7土木費府補助金では事業再評価資料作成事業に210万円、9教育費府補助金では給食センター機器整備事業に550万円が、それぞれ大阪府より補助されるものでございます。

 続きまして?財産収入・(1)財産運用収入の2利子及び配当金で79万3,000円を追加しておりますのは、減債基金の運用利子で54万7,000円、及び公共施設整備基金で41万7,000円のそれぞれの増額、また公園等整備基金で11万3,000円、福祉基金で5万8,000円のそれぞれ減額したことによるものでございます。

 続きまして10ページから11ページをご覧願います。

 ?寄附金・(1)寄附金・2土木費寄附金・2都市計画費寄附金では、開発者負担金の当初予算計上1,500万円からの追加といたしまして、4,578万円を財団法人泉州都市環境創造センターからの協力金で4,590万円を計上するものでございます。

 また4民生費寄附金では、福祉振興寄附金といたしまして14年度中に寄せられた179万3,000円を計上いたしております。

 続きまして?諸収入・(5)雑入でございますが、泉州地域振興支援金で705万円、公益信託泉州地域振興基金助成金で1,504万9,000円を、また、りんくうタウン公共施設引き継ぎに伴う負担金といたしまして2,324万1,000円を追加、その他財源調整といたしまして、雑収入を7億1,876万5,000円減額いたしております。

 続きまして12ページから15ページをご覧願います。

 ?市債でございますが、先に5ページから6ページの「第3表 地方債補正」で申し上げましたとおり、それぞれの事業の完了によりまして、地方債が確定してまいったことによりまして、限度額の不足するもの等について所要の補正を行ったものでございます。総額で7億9,648万5,000円の増額となっております。

 なお、地方債の年度末現在高見込額の調書は21ページに記載させていただいております。

 一般会計の専決の説明は以上のとおりでございます。

 続きまして23ページをご覧願います。

 専決第6号でございますが、平成15年3月31日付で平成14年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を専決させていただいたものでございます。

 内容といたしましては、第1条で歳入予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額を24ページに記載しております「第1表 歳入予算補正」のとおり更正するものでございます。

 26ページから27ページをご覧願います。

 ?国民健康保険料・(1)国民健康保険料・1一般被保険者国民健康保険料・1医療給付費分現年度分で8,300万円、2介護納付金分現年度分で400万円を、それぞれ減額しておりますのは、政策減免の結果、国民健康保険料の調定額が減少したことにより、減額補正を行ったものでございます。

 続きまして?繰入金・(1)他会計繰入金・1一般会計繰入金では、1保険基盤安定繰入金から4財政安定化支援事業繰入金につきましては、法定の制度といたしまして、それぞれの額の確定によって減額または追加を行うものでございます。

 また、5その他一般会計繰入金8,514万1,000円を計上しておりますのは、市からの政策減免として繰り入れするものでございます。

 従いまして一般会計繰入金合計では6,382万2,000円の追加となっております。

 次に、?諸収入・(3)雑入につきましては、全体の財源調整として計上するものでございます。

 続きまして29ページをご覧願います。

 専決第7号でございますが、平成15年3月31日付で平成14年度泉佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)を専決させていただいたものでございます。

 内容といたしましては、第1条で歳入予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額を30ページに記載しております「第1表 歳入予算補正」のとおり更正するものでございます。

 平成14年10月の法律改正によりまして、10月からの老人保健の公費負担の割合が変更となり、それに伴う歳入予算の組み替えを行うものでございます。

 32ページから33ページをご覧願います。

 医療費に対します支払基金交付金の割合が平成14年10月から平成18年10月までに年4%ずつ引き下げられることに伴いまして、国・府・市の負担割合が変更となるものでございます。

 これによりまして?支払基金交付金で6,058万8,000円を減額することに伴いまして、?国庫支出金で4,039万2,000円、?府支出金で1,009万9,000円、?繰入金では一般会計からの繰入金を1,009万7,000円、それぞれ増額するものでございます。

 続きまして35ページをお開き願います。

 専決第8号といたしまして、平成15年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を平成15年5月30日付で専決させていただいたものでございます。

 その内容といたしましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,514万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ87億8,726万8,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正に係る款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、36ページから37ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 まず40ページから41ページをご覧願います。

 歳出におきましては、?前年度繰上充用金・(1)前年度繰上充用金・22補償補填及び賠償金で1,514万9,000円を計上しておりますのは、平成14年度決算において収支不足が見込まれますので、平成15年度会計から補填する必要があるため補正させていただいたものでございます。

 続きまして歳入でございますが、38ページから39ページにお戻り願います。

 ?諸収入・(4)雑入では、歳出に必要な財源を雑収入として調整させていただいたものでございます。

 続きまして43ページをお開き願います。

 専決第9号といたしまして、平成15年度泉佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)を平成15年5月30日付で専決させていただいたものでございます。

 その内容といたしましては、平成14年度決算におきまして法律改正等により、支払基金交付金が減額となることから5,048万円の赤字が生じる結果となり、平成15年度予算からこれを補填する必要が生じてまいりました。

 また、これに関連いたしまして、府負担金などの返還金を併せて専決させていただいたものでございます。

 第1条としまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,828万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ87億652万9,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正に係る款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、44ページから45ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 48ページから49ページをお開き願います。

 歳出におきましては、?諸支出金・(1)償還金・1償還金・23償還金利子及び割引料では、平成14年度において過大交付されました府に対して626万7,000円、支払基金の審査支払手数料交付金で154万円、合計780万9,000円を返還するものでございます。また?前年度繰上充用金といたしまして5,048万円を計上しております。

 続きまして歳入につきまして46ページから47ページをご覧願います。

 ?支払基金交付金・(1)支払基金交付金・1医療費交付金・2過年度分で3,330万2,000円、?国庫支出金・(1)国庫負担金・1医療費負担金・2過年度分で2,498万7,000円を、それぞれ追加計上させていただいております。

 続きまして専決第10号の説明に入らせていただく前に53ページの歳出欄のうち、補正額並びに合計欄に記載誤りがございました。お詫び申し上げるとともに正誤表を配付させていただいておりますので、正誤表のとおりご訂正のほう、よろしくお願い申し上げます。

 それでは51ページをお開き願います。

 専決第10号といたしまして、平成15年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)を平成15年5月30日付で専決させていただいたものでございます。

 その内容といたしましては、平成14年度決算におきまして支払基金交付金が過少交付となることから585万円の赤字となることとなったため、平成15年度予算からこれを補填する必要が生じました。

 同時に、これに関連いたしまして国庫及び府負担金の返還金、準備基金への積立金を措置させていただいたものでございます。

 また過年度納付されました保険料につきまして、過誤納などの返還金に不足が生じたため、今回併せて専決をお願いするものでございます。

 その内容といたしましては、第1条で歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,208万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ41億7,874万6,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正に係る款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、52ページから53ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 56ページをお開き願います。

 まず?諸支出金・(1)償還金及び還付加算金・1第1号被保険者保険料還付金・23償還金利子及び割引料で80万円を計上しておりますのは、過年度に納付されました保険料に還付が生じた場合に支払われる経費でございますが、当初予算で50万円を計上していたところ、既に45万円の支出があり、本年度中には不足が予測されるため追加させていただくものでございます。

 2償還金・23償還金利子及び割引料は平成14年度に過大交付されました国に対して520万2,000円、府に対しまして325万1,000円を合わせて845万5,000円を返還するものでございます。

 続きまして?基金積立金・(1)基金積立金・1介護給付費準備基金積立金では、14年度に過少交付であった支払基金交付金の剰余金分を基金に積み立てるものでございます。

 また、?前年度繰上充用金といたしまして、平成14年度の歳入歳出差引額585万円を計上しております。

 続きまして歳入につきましては54ページから55ページをお開き願います。

 ?支払基金交付金・(1)支払基金交付金・1保険給付費交付金・2過年度分では過少交付となりました保険給付費交付金を2,128万9,000円を計上するものでございます。

 また?繰入金・(2)基金繰入金では介護給付費準備基金繰入金より保険料の還付に充当するため繰り入れを行うものでございます。

 補正予算に係る専決報告は以上のとおりでございます。

 よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑なり、ご意見等ございませんか。



◆(国賀祥司君) 

 一般会計補正予算(第8号)ですが、諸収入のところで雑収入が7億1,876万5,000円の減額となっております。これは赤字を歳入不足を補填するために当初予算で入れた分が、実はそれほどいらなんだということだと思うんですけども、そうしますと単年度収支は幾らになるのか、実質収支は幾らになるのか、数字を教えていただきたいと思います。



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 お見込みのとおり、雑収入の調整分の7億1,876万5,000円のマイナスにつきましては、財源調整的に行ったものでございまして、財源不足分が、これだけ減少したと、見込み分のうち、これだけ減少したという形になってございます。

 それから14年度におきます収支の状況でございますけれども、予算編成上の数字で申し上げますと、最終的には24億6,500万円の不足という形になっております。



◆(国賀祥司君) 

 単年度を言うているんやけど、実質収支だけしか言うていない。



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 単年度で申し上げますと、トータルでしかご報告は申し上げられないわけでございます。というのは14年度当初予算の時点で4億3,900万円の単年度の収支不足という形でご報告させていただいておりますが、この内訳につきましては、まだ決算が確定しておりませんので、その時点で整理をするという形になります。トータルでのご報告しか申し上げられません。



◆(国賀祥司君) 

 よく分からない話なんですよ。これ専決で3月31日、年度末で確定してきた数字ですよね、雑収入。財源不足が、この年度は幾らぐらいか、6億円ぐらいありましたっけ、予算に計上していたと思うんですけども、それがいらんようになって、むしろ、これを読む限りは単年度は黒字になっているように思うんですよ。

 3月31日付で、こういうふうに数字が確定してきたということは最終、細かい数字は確定せいでも、大体概算の数字は出てきているんじゃないんですか。言える範囲で結構ですから出してほしいんですけどね。



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 あくまでも予算としての専決の報告でございましたので、先ほどのお答えという形になりましたけれども、現在、決算は5月30日付で出納閉鎖を終了しておりますので、決算数値としては、あくまでも見込額としてご報告させていただく数字といたしまして、単年度の黒字額が約3億円というふうに見込んでおります。

 あくまでも、これにつきましては、基金繰り入れをしたのちの決算数値見込みということで、よろしくお願いいたします。



○議長(重信正和君) 

 ほかにご質疑なり、ご意見ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これより採決いたします。

 まず専決報告第2号、泉佐野市職員退隠料の年額の改定についての条例の一部を改正する条例制定について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第3号、泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第4号、平成14年度泉佐野市一般会計補正予算(第8号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第5号、平成14年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第6号、平成14年度泉佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第7号、平成15年度泉佐野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第8号、平成15年度泉佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

 次に、専決報告第9号、平成15年度泉佐野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について報告どおり承認することに賛成の方は挙手願います。

     (挙手全員)



○議長(重信正和君) 

 挙手全員であります。よって本件は報告どおり承認されました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第2号 平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越報告について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第5、報告第2号、「平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越報告について」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 報告第2号、地方自治法施行令第146条第2項の規定によりまして、平成14年度泉佐野市繰越明許費繰越計算書につきましてご報告申し上げます。議案書23ページをお開き願います。

 一般会計分でございますけれども25ページをお願い申し上げます。下瓦屋人権文化センター介護予防拠点整備事業から鶴原団地住宅1〜5棟建替事業までの7件でございます。

 これらは先の3月議会におきましてご承認賜りましたもので、国の補正予算の繰り越しに係るものや地元調整に日時を要したことなどによるものでございます。

 各事業ごとの金額及び翌年度繰越額並びに財源内訳につきましては、表に記載のとおりでございますが、合計で15億6,578万7,000円で、そのうち4億6,833万4,000円を繰り越ししており、これに所要の一般財源は1,486万7,000円となっております。

 簡単ではございますが、報告は以上のとおりでございます。よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑なり、ご意見等ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、以上で報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第3号 平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越報告について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第6、報告第3号、「平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越報告について」を議題といたします。

 提案者の報告を求めます。

     (上下水道局長 田倉渥彦君 登壇)



◎上下水道局長(田倉渥彦君) 

 報告第3号、平成14年度泉佐野市水道事業会計建設改良費繰越についてご説明を申し上げます。議案書27ページをお開き願います。

 本工事は市道泉佐野山手線と府道和歌山貝塚線との交差部、長滝西交差点におきまして、推進工法にて口径300ミリ、配管延長約160メートルの配水幹線の布設を行うものでありますが、工事施工にあたり、地元自治会並びに沿道住民との調整に不測の日時を要したこと。また発進堅坑位置の変更に伴い、推進延長の増加が必要となり、工期延伸のやむなきに至り、予算の繰り越しを行ったものでございます。

 恐れ入りますが29ページの予算繰越計算書をご覧ください。

 事業名は和歌山貝塚線配水管布設工事(その1)でございます。予算計上額は7,211万5,050円、平成14年度支払義務発生額は2,792万6,850円、残額4,418万8,200円を平成15年度へ繰り越すものでございます。

 その財源内訳等は議案書記載のとおりでございます。

 以上、地方公営企業法第26条第3項の規定により、予算の繰り越しについてご報告を申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 ただ今の報告につきまして、ご質疑なり、ご意見等ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、以上で報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第29号 工事請負契約締結について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第7、議案第29号、「工事請負契約締結について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 熊取谷 登君 登壇)



◎総務部長(熊取谷登君) 

 それでは議案第29号、工事請負契約締結につきまして提案理由のご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書31ページをお開き願います。

 長南中学校屋内運動場建設事業は平成10年9月22日の台風7号により、屋根が大破するなど老朽化が際だっており、日常的な雨漏りも著しい状況等の中、その解消を図るため建設事業を推進しているところであります。

 建設概要としましては、延べ面積約1,390平方メートル、アリーナ面積約1,000平方メートルのバスケットコート2面が確保できる大きさで、付属施設としてステージ、ミーティングルーム等を備えております。

 それでは、契約内容につきましてご説明申し上げます。

 契約の目的 長南中学校屋内運動場増改築工事

 契約の方法 指名競争入札

 契約金額  2億6,460万円

 請負者   住所 大阪府泉佐野市中町一丁目7番51号

       名称 高松建設株式会社

          代表取締役 高松修蔵

 説明は簡単ですが、以上のとおりでございます。議員の皆さまには、よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第30号 泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第8、議案第30号、「泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 議案第30号、泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由のご説明を申し上げます。議案書33ページをご覧いただきたいと存じます。

 今回の泉佐野市手数料条例の一部を改正する条例につきましては、平成11年8月の住民基本台帳法の改正によりまして、各種行政の基礎となる居住関係を公的に証明する住民基本台帳の市町村区域を越えたネットワーク化を図り、本人確認情報である氏名、住所、生年月日、性別の4情報及びこれらの変更情報と住民コードを用いた地方公共団体共同のシステムとして、全国共通の本人確認ができる仕組みを構築し、各種申請や届け出手続きでの住民票の写しの添付や現況届けの省略が順次可能となってきております。

 本年8月25日より第2次稼働といたしまして、住民基本台帳カードの交付や住民票の写しの広域交付、転入転出時での手続きの簡素化が予定されております。その中で泉佐野市手数料条例別表20の項中、第12条第1項の次に「若しくは第2項又は第12条の2第1項」を加え、広域交付における住民票の写しに係る手数料につきましても、本市住民と同額の300円とするものでございます。

 また、同表21の項の次に21の2として住民基本台帳法第30条の44第1項又は第7項として、住民基本台帳カードの交付又は再交付手数料としまして500円を追加するものでございます。

 なお、500円の手数料の額でございますが、大阪府下の全市町村が同額で制定するものと伺っております。

 なお、附則といたしましては、この条例は平成15年8月25日から施行するものでございます。

 簡単ではございますが説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第31号 泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第9、議案第31号、「泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 熊取谷 登君 登壇)



◎総務部長(熊取谷登君) 

 それでは議案第31号、泉佐野市特別土地保有税審議会条例を廃止する条例制定につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書35ページをご覧いただきたいと思います。

 泉佐野市特別土地保有税審議会条例は廃止する。

 附則としまして、この条例は交付の日から施行するとしております。

 これまで特別土地保有税の免除土地に係る納税義務の免除の認定を行う場合には、「特別土地保有税審議会の議を経なければならない」とした旧地方税法の規定が廃止され、新法施行日である平成15年4月1日以後に申請される免除の確認につきましては、市町村長の判断によることとされたものです。

 これに伴いまして、特別土地保有税の納税義務の免除に関して調査審議するため、市町村に特別土地保有税審議会を設置することとした旧地方税法第603条の3の規定が廃止されたことに伴い、当市におきましても審議会条例を廃止するものであります。

 簡単ですが、説明は以上でございます。議員の皆さまにはご承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第32号 泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第10、議案第32号、「泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部長 熊取谷 登君 登壇)



◎総務部長(熊取谷登君) 

 それでは議案第32号、泉佐野市市税条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが議案書37ページをお開き願います。

 泉佐野市市税条例の一部を次のように改正をお願いするものです。

 まず、固定資産税の納税義務者を規定しています第29条の10第5項中、土地改良事業における仮換地や保留地に係る所有者のみなし規定に含まれていました緑資源公団が関係法令の改正により、独立行政法人緑資源機構に名称が変更となったことによる修正でありまして、条例の内容には変更はございません。

 続きまして、第53条中「2,434円」を「2,743円」に改めるとありますのは、市たばこ税の税率を地方税法の改正に伴いまして、これまでの1,000本につき2,434円から309円の引き上げで2,743円に改正するものであります。

 続きまして、附則第12項中「平成13年度分又は平成14年度分」を「平成16年度分又は平成17年度分」に改めるとありますのは、固定資産税の土地価格の特例でありまして、原則基準年度の評価額は3年間据え置きとなりますが、地価の下落が認められる場合は基準年度の価格を修正することができるとした特例の期限が平成17年度まで延長されたものでございます。

 続きまして、附則第13項中「平成13年度適用土地又は平成13年度類似適用土地であって、平成14年度分」を「平成16年度適用土地又は平成16年度類似適用土地であって、平成17年度分」に改めるとありますが、前項と同じく固定資産税の土地価格の特例でありまして、平成16年度に下落修正の適用を受けた土地で、平成17年度は適用外となった土地は、平成16年度の下落修正後の価格を課税標準とする規定であります。

 附則第12項、13項ともに土地価格の特例ですが、適用年限が延長されたもので、内容についての変更はございません。

 次に、附則第41項に見出しとして「たばこ税の税率の特例」を付し、同項中「平成11年5月1日」を「平成15年7月1日」に、「2,668円」を「2,977円」に改めるとありますのは、たばこ税の税率の特例でありまして、第53条で、たばこ税の税率は1,000本につき2,743円でありましたが、附則第41項の特例により15年7月1日以後に売り渡しが行われたたばこにつきましては、当分の間、1,000本につき2,977円とする改正で、これも地方税法附則の改正に伴う変更でございます。

 附則第41項の2中「平成11年5月1日」を「平成15年7月1日」に、「1,266円」を「1,412円」に改めるとありますのは、先の41項と同じくたばこ税の税率の特例でありまして、旧三級品のたばこの税率を1,000本につき1,412円とするものでございます。

 続きまして38ページの附則第43項で「宅地等に係る平成15年度」を「宅地等(附則第43項の4の規定の適用を受ける土地を除く。)に係る平成15年度」に改めるとありますのは、都市計画税の宅地等に係る負担水準の区分に応じた負担調整措置の規定でありまして、この規定から課税標準額の引き下げ措置の適用を受ける土地を除くことを追加するものです。

 改正附則としまして第1項で、この条例は、交付の日から施行する。ただし、第53条、附則第41項及び附則第41項の2の改正規定は平成15年7月1日から、第29条の10第5項の改正規定は平成15年10月1日から施行するとしていますのは、市たばこ税に関する項目につきましては、平成15年7月1日以後の売り渡し分について税率が改正となります。

 また、第29条の10第5項は、固定資産税に関する緑資源公団から緑資源機構への組織変更の項目ですが、緑資源機構法で平成15年10月1日をもって緑資源公団が廃止となることによるものです。

 固定資産税に関する経過措置としまして、第2項で改正後の泉佐野市市税条例附則第12項、附則第13項及び附則第43項の規定は、平成15年度以後の年度分の固定資産税について適用し、平成14年度分までの固定資産税については、なお従前の例によることとしております。

 続きまして、市たばこ税に関する経過措置としまして、第3項で平成15年7月1日前に課した、または課すべきであった市たばこ税については、なお従前の例によることとしています。

 第4項以下は、7月1日時点における小売業者の手持ち品に対する課税の規定でありまして、これは通常たばこ税は製造者が出荷する際に課税となりますが、7月1日時点で販売業者が保有する在庫品に対する課税の規定でありまして、その額は附則第41項及び41項の2でご説明申し上げました税率改正による差額分でありまして、第1号につきましては旧三級品のたばこを除き、1,000本につき309円、第2号につきましては旧三級品のたばこで、1,000本につき146円となっております。

 第5項は申告書の提出に関する規定でありまして、前項に規定するものは同項に規定する貯蔵場所、または営業所ごとに地方税法施行規則及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律施行規則の一部を改正する省令別記第2号様式による申告書を指定日から起算して1カ月以内に市長に提出しなければならないとしております。

 第6項は納期限の規定でありまして、前項の規定による申告書を提出した者は、平成16年1月5日までに、その申告に係る税金を泉佐野市市税条例施行規則様式第55号による納付書によって納付しなければならないとしております。

 第7項で、この条例に定めるもののほか、市たばこ税の経過措置については、地方税法の一部を改正する法律(法律第9号)の例によることとしております。

 説明は以上のとおりでございます。議員の皆さまには、よろしくご承認賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第33号 損害賠償の額を定めること及び和解について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第11、議案第33号、「損害賠償の額を定めること及び和解について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (健康福祉部長 泉浦秀武君 登壇)



◎健康福祉部長(泉浦秀武君) 

 議案第33号、損害賠償の額を定めること及び和解について提案理由のご説明を申し上げます。恐れ入りますが議案書41ページをお開き願います。

 去る平成14年3月25日午後6時ごろ、泉佐野市鶴原1439番地の1、泉佐野市立鶴原共同浴場において、議案書記載の方が入浴中に浴槽内の縁石が倒れ、両足が下敷きになる事故が発生いたしました。

 直ちに佐野記念病院で診察を受けた結果、右足の拇指基節骨の骨折、右足の拇指末節骨の骨折、及び左足の膝から下腿の打撲により、約4週間の加療を要する診断が出ました。

 しかし、相手の方が高齢のため、市立泉佐野病院整形外科で経過診察を受け、同年5月23日に骨癒合が良好にて終診の診断を得ました。

 その後、リハビリのため、かかりつけの今井接骨院に受診し、平成14年12月27日に終治いたしました。

 これによりまして民法第695条の規定により、損害賠償額200万9,441円で和解をしましたので、地方自治法第96条第1項12号及び13号の規定により、提案をするものであります。

 説明は以上のとおりでございます。よろしく、ご審議、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第34号 泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第12、議案第34号、「泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (健康福祉部長 泉浦秀武君 登壇)



◎健康福祉部長(泉浦秀武君) 

 議案第34号、泉佐野市被用者保険の被保険者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について説明をさせていただきます。恐れ入りますが議案書43ページをお開き願います。

 本条例は、障害者及び母子家庭の医療費助成について定めたものでありますが、健康保険法施行令が改正されたために該当条項の改正を行い、「第79条第5項」とありますものを「第41条第6項」とするものでございます。

 なお、附則といたしまして、公布の日から施行するものでございます。

 説明は以上のとおりですが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第35号 泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第13、議案第35号、「泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (健康福祉部長 泉浦秀武君 登壇)



◎健康福祉部長(泉浦秀武君) 

 議案第35号、泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定についてご説明をさせていただきます。恐れ入りますが議案書の45ページをお開き願います。

 今般の条例改正につきましては、去る3月定例市議会において真摯なご議論を経て承認を得ました「泉佐野市介護保険条例の一部を改正する条例」の一部を改正する条例制定をお願いするものでございます。

 既に改正されました介護保険条例につきましては、平成15年度から平成17年度までの保険料を改定させていただいたのですが、極めて稀なケースではございますが、今後、平成14年度以前にさかのぼって泉佐野市の介護保険の資格を取得された場合、現行の条例では経過措置を設けていないことから平成14年度以前の保険料の適用ができないことが判明いたしました。

 ということは新しい高い保険料を適用することになり、被保険者にとって適切な保険料の賦課に支障を来すこととなります。

 本来であれば、前回の条例改正時に同時に行うべきところでありましたが、条文の検証が不十分で改正時期が遅れて大変申しわけございませんが、このような場合に適切な保険料賦課ができるように、附則に経過措置の1項を加えるものでございます。

 以上、よろしくご審議いただきまして、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第36号 泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第14、議案第36号、「泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (消防長 賀本俊勝君 登壇)



◎消防長(賀本俊勝君) 

 議案第36号、泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の一部を改正する条例制定について提案理由をご説明申し上げます。議案書47ページをお願いいたします。

 改正の趣旨は、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が平成15年3月28日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、当市においても見出しの条例の一部を改正するもので、退職報償金の支給額を定めた同条例第2条「退職報償金は、非常勤消防団員として5年以上勤務して退職した者に、その者の勤続年数及び階級に応じて別表に掲げる額を支給する」と規定されております。別表を改正し、退職報償金支給額を議案書47ページから48ページに記載どおり、勤続年数、階級に関係なく、それぞれ2,000円ずつ引き上げるものでございます。

 附則といたしまして、1.施行期日は、この条例は公布の日から施行する。

 2.適用区分として改正後の新条例、別表の規定は平成15年4月1日以降に退職した非常勤消防団員について適用し、同日前に退職した非常勤消防団員については、なお、従前の例によるといたしております。

 3.内払として平成15年4月1日から、この条例の施行の日の前日までの間において、新条例の適用を受ける非常勤消防団員について支給された改正前の泉佐野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給についての条例の規定に基づく退職報償金は、新条例の規定に基づく退職報償金の内払とみなすというものでございます。

 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議案第37号 泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第15、議案第37号、「泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (消防長 賀本俊勝君 登壇)



◎消防長(賀本俊勝君) 

 議案第37号、泉佐野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について提案理由をご説明申し上げます。議案書51ページをお願いいたします。

 非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が、平成15年3月28日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、当市においても見出しの条例の一部を改正するものでございます。

 改正の趣旨は、非常勤消防団員等に対する損害補償の適正化を図るため、補償基礎額及び介護補償の額を改定するものでございます。

 改正の内容につきましては、非常勤消防団員等の補償基礎額を定めた第5条第2項第2号本文中、消防作業従事者等が業務に従事したことにより、死亡、負傷または障害の状態となった場合の補償基礎額の最低額の「9,200円」を「9,000円」に、補償基礎額の最高額「1万4,700円」を「1万4,400円」に引き下げるものでございます。

 次に、非常勤消防団員等の扶養親族に係る補償基礎額の加算額を定めた第5条第3項中、配偶者に該当する扶養親族についての加算額である「533円」を「467円」に引き下げ、配偶者及び子等の扶養親族以外の扶養親族に係る補償基礎額の加算額である「100円」を「167円」に引き上げるものでございます。

 次に、介護補償を定めた第9条の2第2項第1号中、常時介護を要する場合における介護補償の最高月額「10万8,300円」を「10万6,100円」に改め、同項第2号中、最低月額「5万8,750円」を「5万7,580円」に改め、同項第3号中、随時介護を要する場合における介護補償の最高月額「5万4,150円」を「5万3,050円」に改め、同項第4号中、最低月額「2万9,380円」を「2万8,790円」に、それぞれ引き下げるものでございます。

 次に、補償基礎額表であります別表第1中、消防団員の勤続年数及び階級に応じて改正するもので、「1万2,870円」を「1万2,600円」に、「1万3,790円」を「1万3,500円」に、「1万4,700円」を「1万4,400円」に、「1万1,040円」を「1万800円」に、「1万1,950円」を「1万1,700円」に、「9,200円」を「9,000円」に、「1万120円」を「9,900円」に、それぞれ引き下げるものでございます。

 附則といたしまして、1.施行期日は公布の日から施行する。

 2.経過措置として、改正後の第5条第2項第2号及び第3項、第9条の2第2項並びに別表第1の規定は、この条例の施行の日以後に支給すべき事由の生じた損害補償、並びに同日前に支給すべき事由の生じた傷病補償年金、障害補償年金及び遺族補償年金で、同日以後の期間について支給すべきものについて適用し、その他の損害補償については、なお従前の例によるというものでございます。

 説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、厚生文教委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議案第38号、泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第16、議案第38号、「泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (市民産業部長 米谷 茂君 登壇)



◎市民産業部長(米谷茂君) 

 それでは議案第38号、泉佐野市産業集積促進条例の一部を改正する条例制定についての提案理由をご説明いたします。恐れ入りますが53ページをご覧願いたいと存じます。

 本条例は平成13年10月1日から施行いたしまして、産業の集積を促進させるための奨励措置を講じてまいったところでございます。

 しかしながら、現在の厳しい経済状勢の中、企業の土地に対するニーズも「所有から利用へ」と大きく変化をしてきているところも事実でございます。

 このような状況に的確に対応し、企業誘致をより推進し、産業集積に努力すべく本条例の一部の改正を行うものでございます。

 その主な内容についてご説明をいたします。

 従来の奨励措置の対象に、新たに大阪府から事業用借地権設定契約に係る貸付料の減額に関する基準の適用を受けて、借り受けている土地、いわゆる定期借地方式による土地をも新たに、この対象とさせていただきます。また、適用年限を平成20年3月31日までと延長するものでございます。

 また、従前の奨励金の額が固定資産税等の税額の5分の1相当額としていたものを全エリアにおいて先端産業、または高度な技術力を有する企業として市長が認めるもの。商業業務ゾーンにおいては国際的な交流、観光等の拠点形成に向けた外資系企業、または高度な学術もしくは研究開発機能を有する施設として市長が認めるものにつきましては対象とし、対象家屋、対象借地の税額等の年額の2分の1相当額とするものでございます。

 また第9条として新しく付け加えまして、これにつきましては、企業に相続、合併等があった場合は、市長の承認を得た場合については対象としていくものでございます。

 附則としまして、本条例は平成15年7月1日から施行するものでございます。

 説明は以上のとおりでございます。ご審議の上、ご承認賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第39号 泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第17、議案第39号、「泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (都市整備部長 目 哲夫君 登壇)



◎都市整備部長(目哲夫君) 

 議案第39号、泉佐野市公園条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由をご説明申し上げます。議案書57ページをお開き願います。

 今回、提案させていただいておりますのは、りんくう中央公園の位置の訂正とりんくう野出北緑地の大阪府からの移管に伴いまして、泉佐野市公園条例の一部を次のように改正するものでございます。

 まず、第3条の表、りんくう中央公園の項中「6番12」を「6番地の12」に改め、次に同表2「りんくう野出北緑地、泉佐野市りんくう往来北2番地の1」を追加し改めるものでございます。

 また附則といたしましては、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上、説明は簡単でございますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、建設経済委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議案第40号 平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第18、議案第40号、「平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 本議案については、まず、補正予算の総括について泉谷市長公室長の説明を求めます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 議案第40号、平成15年度泉佐野市一般会計補正予算(第1号)の総括につきましてご説明申し上げます。議案別冊の59ページをご覧願います。

 今回、補正をお願いしておりますのは、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ241万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ415億7,838万7,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の補正に係る款項の区分、及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、60ページから61ページにかけまして「第1表 歳入歳出予算補正」として記載させていただいております。

 なお、今回の補正の内容は、地域国際化協会等先導的施策支援事業補助金や共同浴場における事故賠償金、並びに歳入面での住民基本台帳カード発行手数料などとなっております。

 簡単ではございますが、総括といたしましては以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 ただ今の説明につきまして、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって総括の説明に対する質疑を終結いたします。

 次に、歳入歳出補正予算の審議に入ります。審議につきましては事項別明細書によってご審議願います。

 まず、定例会議案別冊64ページからの歳出各款について、順次提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 歳出のうち、私の所管いたします?総務費・(1)総務管理費・10国際交流費についてご説明申し上げます。別冊予算書64ページから65ページをご覧願います。

 国際交流推進事業といたしまして、19負担金補助及び交付金の地域国際化協会等先導的施策支援事業補助金40万円を計上させていただいております。

 これは財団法人自治体国際化協会が宝くじの普及広報事業費を財源といたしまして、地域の国際化を推進する事業に助成するものでございまして、今般、泉佐野地球交流協会が実施する大阪府下の日本語教室間の連携を図るための日本語指導者経験交流会などの推進事業に対して市を経由して助成するものでございます。

 簡単ではございますが、説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

     (健康福祉部長 泉浦秀武君 登壇)



◎健康福祉部長(泉浦秀武君) 

 続きまして、民生費について提案理由のご説明をさせていただきます。同じく議案書別冊の64から65ページをお開き願います。

 (1)社会福祉費・1社会福祉総務費のうち、22補償補填及び賠償金で201万円の補正予算を計上いたしております。共同浴場施設管理事業・22補償補填及び賠償金で201万円の補正予算となっております。

 これは先ほど議案第33号、損害賠償の額を定めること及び和解について、ご説明をさせていただきました泉佐野市立鶴原共同浴場における浴槽内の事故の和解したことによる事故賠償金201万円の補正予算をお願いするものでございます。

 説明は簡単ですが、よろしくご審議、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 説明は以上のとおりです。これより歳出についての質疑に入ります。

 まず、総務費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、次に、民生費について、ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって歳出についての質疑を終結いたします。

 次に、定例会議案別冊62ページからの歳入について提案理由の説明を求めます。

     (市長公室長 泉谷善吉君 登壇)



◎市長公室長(泉谷善吉君) 

 それでは歳入についてご説明申し上げます。62ページから63ページをご覧願います。

 ?市税・(2)固定資産税・1固定資産税・1現年課税分、償却資産分としまして151万円を計上いたしておりますのは、今回、補正に必要な一般財源相当額でございます。

 続きまして?使用料及び手数料・(2)手数料・1総務手数料・3戸籍住民基本台帳手数料では、住民基本台帳カード発行手数料といたしまして50万円を計上いたしております。これは今議会におきまして、議案第30号といたしまして手数料条例の改正も併せてお願いしているところでございますが、本年8月25日から住民票の写しの広域交付ができるようになり、そのカードの発行に係る手数料を1件500円といたしまして、1,000件分を見込んだものでございます。

 続きまして?諸収入・(5)雑入では、歳出でもご説明申し上げましたとおり、地域国際化協会等先導的施策支援事業助成金につきましては、財団法人自治体国際化協会から宝くじの普及広報活動事業費を財源といたしまして、地域レベルでの国際理解教育に取り組む団体への補助金に対して交付されるものでございます。

 簡単ではございますが、説明は以上のとおりでございます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより歳入についての質疑に入ります。

 歳入全般についてご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって歳入についての質疑を終結いたします。

 本議案については、会議規則第35条の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第19 議案第41号 平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)



○議長(重信正和君) 

 次に、日程第19、議案第41号、「平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案の説明を求めます。

     (総務部総務担当理事 舩津行雄君 登壇)



◎総務部総務担当理事(舩津行雄君) 

 それでは議案第41号、平成15年度泉佐野市宅地造成事業会計補正予算(第1号)について提案説明を申し上げます。議案書別冊の67ページをお開き願います。

 今回は宅地造成事業会計で保有しております旧白水池用地、面積で9,969平方メートルのうち、2,000平方メートルについて売却を計画し予算計上させていただいたものでございます。

 第2条におきましては、業務の予定量の補正として宅地売却面積を2,000平方メートルにと補正させていただいております。

 次に、第3条には、鑑定価格を元にコンペ最低価格を平方メートル当たり12万2,000円と設定した売却金額を営業収益として2億4,400万円補正させていただいております。

 また昭和58年当時の取得価格に相当する売却原価を営業費用として2億568万5,000円を補正させていただいております。

 68ページ、69ページ、70ページには、実施計画、資金計画、予定貸借対照表の第1号をそれぞれ所定の様式により記載いたしておりますが、資金計画、予定貸借対照表につきましては、平成14年度決算確定に伴う金額修正も行い、作成いたしております。

 続いて説明の都合上71ページをお願いいたします。

 予算実施計画説明書でありますが、収益的収入では第1款、宅地造成事業収益、項、営業収益、目、宅地売却収益、節、宅地売却収益で、それぞれの補正額を2億4,400万円計上し、収益的支出では第1款、宅地造成事業費用、項、営業費用、目、宅地売却原価、節、旧白水池で、それぞれの補正額を2億568万5,000円計上したもでございます。

 以上、説明は簡単でありますが、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(重信正和君) 

 これより質疑に入ります。

 ご質疑の点ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(重信正和君) 

 ないようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 本議案については会議規則第35条の規定により、総務委員会に付託いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(重信正和君) 

 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

 どうもご苦労さんでございました。



△散会(午前11時50分)