議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 八尾市

平成22年 5月議会運営委員会−05月12日-01号




平成22年 5月議会運営委員会

             ┌───────────┐
             │ 議会運営委員会次第 │
             └───────────┘

                           ┌─H22.5.12─┐
                           └─第1委員会室  ─┘

1 市長提出議案について

2 審議要領について

3 会期及び本会議の開会時刻について

4 執行機関の出席範囲にについて

5 次回の議会運営委員会の開会について

6 その他


〇出席者氏名
   出席委員
          委員長          吉   村   晴   之
          副委員長         岡   田   広   一
          委員           浜   田   澄   子
          委員           大   野   義   信
          委員           柏   木   順   子
          委員           谷   沢   千 賀 子
          委員           大   松   桂   右
          委員           重   松   恵 美 子
          委員           小   林       貢

          議長           垣   内   博   美
          副議長          田   中   裕   子


    説明のため出席した者
        市長             田   中   誠   太
        副市長            原       正   憲
        副市長            山   本   裕   三

     <市長直轄組織>
        政策推進担当部長       光   久   恒   一
        政策推進担当部次長兼政策推進課長
                       平   野   佐   織
        秘書課長           太   尾   利   治

     <総務部>
        部長             田   中       清
        次長兼総務課長        渡   辺   孝   司
        次長兼政策法務課長      若   村   武   史
        次長兼市政情報課長      浅   川   昌   孝

     <財政部>
        部長             濱   野       進
        次長兼財政課長        植   野   茂   明

   職務のため出席した市議会事務局職員
        事務局長           永   田   敏   憲
        次長             岩   本   慶   則
        議事政策課長         山   原   孝   英
        議事政策課長補佐       原   田   奈 緒 美
        議事政策課長補佐       岩   井   直   人



 平成22年5月12日(水曜日)午前10時30分開会
○委員長(吉村晴之)
 出席委員が定足数に達しておりますので、ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
─────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 委員並びに執行機関の皆様方には、用務何かと御多用のところ、御参集を賜りまして厚く御礼申し上げます。
 さて、本日は、来る5月20日に招集されました5月臨時会の議事運営等について御協議願うべくお集まりいただいた次第であります。
 協議に当たりましては、慎重な御協議を賜りますとともに、議事運営にも格段の御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 それでは、市長からあいさつ願います。
◎市長(田中誠太)
 皆さんおはようございます。本日は、5月臨時会の議会運営委員会を開会いただきまして、まことにありがとうございます。
 さて、本臨時会は、「八尾市市税条例及び八尾市国民健康保険条例の一部改正の件」外5件を付議事件といたしまして、本日付で5月臨時会を招集させていただいたところでございますが、同時に、この臨時会では、議会各役員の改選も行う予定と伺っております。
 吉村委員長、岡田副委員長におかれましては、議会運営委員会の円滑な運営のため、御尽力を賜ることと存じますが、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 また、議会運営委員会の委員の皆様方におかれましても、どうかよろしく御指導賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。
 以上、甚だ簡単ではございますが、開会に当たりまして、ごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。
○委員長(吉村晴之)
 それでは、お手元配付の協議事項次第に従い、順次御協議願います。
─────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 まず、市長提出議案について、田中総務部長から説明願います。
 田中部長。
◎総務部長(田中清)
 おはようございます。
 それでは、提出議案につきまして、順次御説明申し上げます。
 初めに、議案第37号「八尾市市税条例の一部改正専決処分承認の件」についてでございますが、本件は、平成22年度地方税制改正に係ります地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、本条例を改正するにつき、特に緊急を要しましたため、同日付で専決処分を行いましたので、市議会の御承認をお願いするものでございます。
 主な内容としましては、65歳未満の公的年金等に係る所得を有する給与所得者につきまして、公的年金等の所得に係る所得割額を、原則として、給与所得に係る所得割額及び均等割額の合算額に加算して、給与から特別徴収の方法により徴収することとするものでございます。その他所要の規定整備を行ったものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行したものでございます。
 次に、議案第38号「八尾市国民健康保険条例の一部改正専決処分承認の件」についてでございますが、本件は、国民健康保険法施行令及び国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令の一部を改正する政令が平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、本条例を改正するにつき、特に緊急を要しましたため、同日付で専決処分を行いましたので、市議会の御承認をお願いするものでございます。
 主な内容としましては、会社の倒産や会社都合による退職など非自発的理由による失業者の国民健康保険料について負担軽減策を講ずるもので、失業時からその翌年度末までの間、前年所得のうち給与所得を100分の30として算定するものでございます。その他所要の規定整備を行ったものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行したものでございます。
 次に、議案第39号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」についてでございますが、本件は、市道上において発生した事故に係る損害賠償に関し、和解するについて特に緊急を要しましたため、平成22年4月13日に専決処分を行いましたので、市議会の御承認をお願いするものでございます。
 事故の概要でございますが、平成20年8月8日午後5時45分ごろ、八尾市上之島町北四丁目13番1先路上において、相手方が北から南へ歩行中、当該歩道内の溝ぶたと舗装面との段差につまずき、転倒したことにより、相手方が左橈骨・尺骨骨幹部骨折等の負傷をしたものでございます。
 和解の主な内容でございますが、本市は、本件和解の相手方である**市***町**丁目*番地の**、*****氏に対し、本件事故に係る損害賠償として、総額金65万2792円の支払い義務のあることを認め、その支払い方法を定めるほか、本市及び相手方は、本件事故に関しては、本和解契約書に定める事項を除き、相互に何らの債権債務のないことを確認するとともに、今後、本件事故に関しては、裁判上または裁判外において、一切異議及び請求の申し立てをしないことを誓約するものでございます。
 次に、議案第40号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」についてでございますが、本件は、市道上において発生した事故に係る損害賠償に関し、和解するについて、特に緊急を要しましたため、平成22年4月23日に専決処分を行いましたので、市議会の御承認をお願いするものでございます。
 事故の概要でございますが、平成22年2月19日午後2時30分ごろ、八尾市緑ケ丘四丁目26番3先路上において、相手方である運転者甲及びその同乗者乙が甲所有の軽自動車で西から東へ走行中、北向きに左折し通路橋を通過する際、その中心部にある点検孔のグレーチングぶたの設置の不備が原因で、ハンドル操作ができなくなり、電話柱の支線に左前輪を乗り上げ、当該軽自動車が横転しました。これにより、当該軽自動車が損傷し、甲が頸椎捻挫、乙が左肩打撲の負傷をしたものでございます。
 和解の主な内容でございますが、本市は、本件事故に係る損害賠償として、本件和解の相手方の甲である**市**町*丁目**番地の**、****氏に対し、金81万2730円、同じく乙である同所同番地の****氏に対し、金1万0610円の支払い義務のあることを認め、その支払い方法を定めるほか、本市及び相手方は、本件事故に関しては、本和解契約書に定める事項を除き、相互に何らの債権債務のないことを確認するとともに、今後本件事故に関しては、裁判上または裁判外において、一切異議及び請求の申し立てをしないことを誓約するものでございます。
 次に、議案第41号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」についてでございますが、本件は、学校において発生した事故に係る損害賠償に関し、和解するについて、特に緊急を要しましたため、平成22年4月28日に専決処分を行いましたので、市議会の御承認をお願いするものでございます。
 事故の概要でございますが、平成19年10月15日午後1時20分ごろ、市立小学校の校舎の廊下において、同校の2人の児童がふざけ合い、そのうちの1人の児童をもう1人の児童が追いかけたところ、追いかけられた児童が教室から出てきた相手方児童に衝突したため、相手方児童が転倒し、打撲により両側上あご中切歯外傷性歯冠破折及び両側上あご中切歯外傷性歯牙脱臼の負傷をしたものでございます。
 和解の主な内容でございますが、本市は、本件事故の発生につき責任があること、及び相手方に対し、本件事故に係る損害賠償として、独立行政法人日本スポーツ振興センターから支払われる給付金を除いた金55万2700円の支払い義務のあることを認め、その支払い方法を定めるほか、相手方及び本市は、本件事故に関しては、その和解契約に定める事項を除き、相互に何らの債権債務のないことを確認するとともに、本件事故に関しては双方とも、裁判上または裁判外において、一切異議及び請求の申し立てをしないことを誓約するものでございます。
 次に、議案第42号「八尾市市税条例及び八尾市国民健康保険条例の一部改正の件」についてでございますが、本件は、「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」の一部改正に伴い、条例の規定を整備するにつきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容としましては、八尾市市税条例及び八尾市国民健康保険条例において引用しております同法につきまして、その題名を「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に、その略称を「租税条約等実施特例法」に改めるものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年6月1日から施行するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、提出議案につきましての説明を終わらせていただきます。何とぞ、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。
○委員長(吉村晴之)
 ただいまの説明に対し、質疑等御発言ありませんか。よろしいですか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)
─────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 それでは、次に、審議要領について事務局長から説明させます。
 永田局長。
◎市議会事務局長(永田敏憲)
 本6件の審議要領につきましては、執行部から提案理由の説明を求めた後、質疑を経て、委員会付託を省略し、討論を経て、即決でお願いをいたします。
 以上でございます。
○委員長(吉村晴之)
 ただいまの説明に対し、御発言ありませんか。
 大野委員どうぞ。
◆委員(大野義信)
 先に言わなあかんかった。
 最初の市税条例の一部改正というのは、今、説明されたけど、市民から見たらわけわからん話やからね。要は、年金部分の要は会社ですね、特別徴収のは、天引きで所得税と一緒に、をやると、65歳未満の人も、いうことですね。ちょっと説明。
○委員長(吉村晴之)
 それでは、若村次長どうぞ。
◎総務部次長兼政策法務課長(若村武史)
 今の件でございますけれども、65歳未満の者の公的年金等の所得に係ります年金の徴収方法について、普通徴収の方法から特別徴収の方法に改めるということでございます。
 例えてで申し上げますと、本市の再雇用者ですね、定年退職されて再任用で来られていると。片方で年金分をもらわれておって、給料もあると、こういう方が対象になるわけですね。そういう方につきまして、今まででしたら年金の所得分につきましては、普通徴収という形でされておりましたけれども、これについて窓口等での納付の手間が発生をするということでトラブルが生じておったということもございまして、今年度の地方税制改正によりまして、それにつきましては、給与所得からの特別徴収をすると。ただし、本人さんの申告によりまして、普通徴収の方法も可能であるということでございます。
 なお、この方法につきましては、平成20年度まではそういう方法でございまして、去年にそういう普通徴収の方法に変わりまして、この22年度、またもとの方式に戻されたとそういうことでございます。
 以上でございます。
○委員長(吉村晴之)
 大野委員。
◆委員(大野義信)
 大体、普通徴収、特別徴収いうても、市民から見ればわけわからんもんね。要は、普通徴収でいけば、役所の仕事がふえるわけでんな。特別徴収というたら事業所が所得税と一緒に徴収してくれるから手間が省けるということですね。65歳超えたら、これは一昨年ですか、10月から、もう年金から天引きなってるから、それは年金の分から徴収がされると、そういうことでんな。
○委員長(吉村晴之)
 よろしいですか。
 ほかに、事務局長説明どおりの部分については、御意見ございませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(吉村晴之)
 なければ、事務局長説明どおりの要領で審議を進めることにいたします。
 なお、当該議案の質疑、討論の取り扱いについてでありますが、質疑、討論の通告期限は、5月14日の午後5時までといたします。
 なお、質疑、討論の通告が複数あった場合の発言の順番等取り扱いにつきましては、議長一任とさせていただきたいと思います。このように取り扱うことに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(吉村晴之)
 よろしいですね。それでは、そのように取り扱うことにいたします。
 なお、質疑、討論の通告の有無については、14日午後5時以降に事務局から全議員にファクスで連絡させますので、よろしくお願いいたします。
─────────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 次に、臨時会の会期及び本会議開会時刻についてでありますが、会期は、5月20日木曜日1日とし、本会議開会時刻については午後1時といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(吉村晴之)
 なければ、5月臨時会の会期は、5月20日木曜日1日とし、開会時刻は午後1時といたします。
─────────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 次に、執行機関の出席範囲についてでありますが、先例により、市長を初め、両副市長、病院事業管理者、水道事業管理者、教育長、代表監査委員のほか、政策推進担当部長、総務部長並びに議案関係の財政部長、健康推進担当部長、土木部長及び教育次長に出席依頼を求めることにいたします。
─────────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 次に、次回の議会運営委員会の開会について、事務局長から説明させます。
 永田局長。
◎市議会事務局長(永田敏憲)
 現在、議会役員の改選につきまして協議中でございまして、次回の議会運営委員会の開会につきましては、5月20日木曜日午前10時半から予定をいたしております。
 以上でございます。
○委員長(吉村晴之)
 それでは、事務局長説明のとおり開会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長(吉村晴之)
 それでは、ないようですので、次回の議会運営委員会は、5月20日木曜日の午前10時半から開会することにいたします。
─────────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 次に、この際、議会運営委員会で発言されることはありませんか。
    (「なし」と呼ぶ者あり)
─────────────────────────
○委員長(吉村晴之)
 なければ本日の議会運営委員会を閉会します。
 午前10時50分閉会
─────────────────────────────────────────────



 〇委員長署名
 ┌─────┬─────┬────────────────────────┐
 │議会運営 │     │                        │
 │     │吉村晴之 │                        │
 │委員長  │     │                        │
 └─────┴─────┴────────────────────────┘