議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 八尾市

平成22年 3月定例会本会議−03月30日-05号




平成22年 3月定例会本会議

         ┌────────────────────────┐
         │ 3月30日 八尾市議会定例会(第5日)会議録 │
         └────────────────────────┘
〇議事日程第5号
   平成22年3月30日(火)午前10時開議
┌───┬───────┬────────────────────────────────┐
│日 程│事 件 番 号│       件               名        │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │会議録署名議員指名の件                     │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 1│議案第1号  │損害賠償に関する和解専決処分承認の件              │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第2号  │藤井寺市と八尾市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関│
│   │       │する協議の件                          │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第3号  │市道路線の認定及び廃止に関する件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第4号  │権利の放棄の件                         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第5号  │八尾市職員の勤務時間等に関する条例及び八尾市職員給与条例の一部改│
│   │       │正の件                             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第6号  │八尾市公営住宅整備基金条例の一部改正の件            │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第7号  │八尾市児童遊園及びちびつこ広場の設置に関する条例の一部改正の件 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第8号  │八尾市国民健康保険条例等の一部改正の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第9号  │八尾市都市公園条例の一部改正の件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第10号 │八尾市営住宅条例の一部改正の件                 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第11号 │八尾市火災予防条例の一部改正の件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第12号 │八尾市立市民運動広場設置条例の一部改正の件           │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第13号 │八尾市こども夢基金条例制定の件                 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第14号 │八尾市グリーンニューディール基金条例制定の件          │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第15号 │八尾市路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進する条例制定の件  │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第16号 │平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第17号 │平成21年度八尾市国民健康保険事業特別会計第4号補正予算の件  │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第18号 │平成21年度八尾市公共下水道事業特別会計第2号補正予算の件   │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第19号 │平成21年度八尾市老人保健事業特別会計第2号補正予算の件    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第20号 │平成21年度八尾市介護保険事業特別会計第3号補正予算の件    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第21号 │平成21年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計第3号補正予算の件 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第22号 │平成21年度八尾市病院事業会計第4号補正予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第23号 │平成21年度八尾市水道事業会計第5号補正予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第24号 │平成22年度八尾市一般会計予算の件               │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第25号 │平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件       │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第26号 │平成22年度八尾市公共下水道事業特別会計予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第27号 │平成22年度八尾市老人保健事業特別会計予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第28号 │平成22年度八尾市財産区特別会計予算の件            │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第29号 │平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第30号 │平成22年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計予算の件      │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第31号 │平成22年度八尾市病院事業会計予算の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第32号 │平成22年度八尾市水道事業会計予算の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第33号 │包括外部監査契約締結の件                    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第34号 │山本小学校校舎改築及び耐震改修工事の工事請負契約締結の件    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │保健福祉常任委員長報告                     │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │文教産業常任委員長報告                     │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │建設常任委員長報告                       │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │総務常任委員長報告                       │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 2│議案第35号 │平成21年度八尾市一般会計第12号補正予算の件         │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 3│請願第9号  │国保料の引き上げをやめ、市民の暮らしを守る請願の件       │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │保健福祉常任委員長報告                     │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 4│議案第36号 │八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件      │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 5│諮問第1号  │人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件       │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 6│答申第1号  │人権擁護委員候補者を推薦するについて答申の件          │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 7│議会議案第1号│八尾市議会議員定数等調査特別委員会設置の件           │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 8│       │八尾市議会議員定数等調査特別委員会委員選任の件         │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 9│選第1号   │八尾市議会議員定数等調査特別委員会の委員長及び副委員長選任の件 │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第10│議会議案第2号│八尾市議会会議規則の一部改正の件                │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第11│議会議案第3号│地方議会議員の位置づけの明確化を求める意見書提出の件      │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第12│議会議案第4号│「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取│
│   │       │り組みを求める意見書提出の件                  │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第13│       │八尾モール株式会社の経営状況について(提出)          │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第14│       │閉会中の継続調査の申し出の件                  │
└───┴───────┴────────────────────────────────┘
─────────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
 1.日程第1から日程第14まで。
─────────────────────────────────────────────
〇出席者氏名
   出席議員(31人)
           1 番 議 員     西   田   尚   美
           2 番 議 員     花   村   茂   男
           3 番 議 員     永   田   善   久
           4 番 議 員     岡   田   広   一
           5 番 議 員     末   光   道   正
           6 番 議 員     竹   田   孝   吏
           7 番 議 員     浜   田   澄   子
           8 番 議 員     大   野   義   信
           9 番 議 員     内   藤   耕   一
          10 番 議 員     田   中   裕   子
          11 番 議 員     益   田   愛   幸
          12 番 議 員     柏   木   順   子
          13 番 議 員     村   松   広   昭
          14 番 議 員     吉   村   晴   之
          15 番 議 員     谷   沢   千 賀 子
          16 番 議 員     越   智   妙   子
          17 番 議 員     杉   本   春   夫
          18 番 議 員     井   上   依   彦
          19 番 議 員     大   松   桂   右
          20 番 議 員     田   中   久   夫
          21 番 議 員     西   川   訓   史
          23 番 議 員     重   松   恵 美 子
          24 番 議 員     土 井 田   隆   行
          25 番 議 員     長   野   昌   海
          26 番 議 員     西   野   正   雄
          27 番 議 員     小   林       貢
          28 番 議 員     平   田   正   司
          29 番 議 員     東   口   晃   治
          30 番 議 員     伊   藤   輝   夫
          31 番 議 員     垣   内   博   美
          32 番 議 員     小   枝   洋   二

   職務のため出席した市議会事務局職員(5人)
        事務局長           永   田   敏   憲
        次長             小   田   泰   造
        議事政策課長         岩   本   慶   則
        参事             山   原   孝   英
        議事政策課長補佐       原   田   奈 緒 美

   説明のため出席した者(32人)
        市長             田   中   誠   太
        副市長            原       正   憲
        副市長            山   本   裕   三
        病院事業管理者        阪   口   明   善
        水道事業管理者        野   村   孝   次
        政策推進担当部長       光   久   恒   一
        総務部長           芦   田   雅   己
        人事担当部長         山   本   隆   一
        財政部長           濱   野       進
        人権文化ふれあい部長     田   中       清
        市民ふれあい担当部長     武   田   善   孝
        健康福祉部長         木   村       滋
        健康推進担当部長       村   元   義   和
        こども未来部長        斉   藤   英   司
        経済環境部長         門   田   勝   美
        建築都市部長         道   本       博
        公共施設建設担当部長     辻   本   利   文
        土木部長           根   木   幸   男
        下水道担当部長        丸   山   元   祥
        会計管理者          小   山       登
        消防長            西   村   格   平
        市立病院長          佐 々 木       洋
        市立病院事務局長       山   本   和   広

      (教育委員会)
        教育長            中   原   敏   博
        教育次長兼学校教育部長    岡   村       進
        教育推進担当部長       浦   上   弘   明
        生涯学習部長         植   田   武   彦

      (選挙管理委員会)
        事務局長           林       雅   祥

      (監   査)
        監査委員           冨   永   峰   男
        事務局長           津   田   慶   子

      (公平委員会)
        事務局長           巽       完   次

      (農業委員会)
        事務局長           青   木       薫



 平成22年3月30日(火曜日)午前10時開議
○議長(垣内博美)
 出席議員が定足数に達しておりますので、これより、本日の会議を開きます。
─────────────────────
△会議録署名議員指名の件
○議長(垣内博美)
 それではまず、「会議録署名議員の指名」を行います。
 本日の会議録署名議員に21番西川議員、23番重松議員の両議員を指名いたします。
─────────────────────
△議案第1号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」外33件一括
○議長(垣内博美)
 次に、日程第1、議案第1号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」外33件を一括議題といたします。
 各議案は、去る3月4日の本会議において各常任委員会に審査を付託しておりましたので、その結果について、順次報告願うことにいたします。
─────────────────────
△保健福祉常任委員長報告
○議長(垣内博美)
 まず、保健福祉常任委員長の報告を願います。
 岡田議員。
◆保健福祉常任委員長(岡田広一) 〔登壇〕
 ただいまから、保健福祉常任委員会における付託案件審査の結果について御報告申し上げます。
 去る3月4日の本会議におきまして、当委員会に審査を付託されました議案第8号「八尾市国民健康保険条例等の一部改正の件」、議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第17号「平成21年度八尾市国民健康保険事業特別会計第4号補正予算の件」、議案第19号「平成21年度八尾市老人保健事業特別会計第2号補正予算の件」、議案第20号「平成21年度八尾市介護保険事業特別会計第3号補正予算の件」、議案第21号「平成21年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計第3号補正予算の件」、議案第22号「平成21年度八尾市病院事業会計第4号補正予算の件」、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」、議案第27号「平成22年度八尾市老人保健事業特別会計予算の件」、議案第29号「平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件」、議案第30号「平成22年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計予算の件」、議案第31号「平成22年度八尾市病院事業会計予算の件」の13案件につきましては、3月11日及び12日に委員会を開会し、執行部から詳細な提案理由の説明を受け、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案可決を適当と認めたものであります。
 なお、議案第25号については、賛成、反対それぞれの立場から、また、議案第8号、第17号、第20号、第21号、第24号のうちの当委員会所管分、第29号、第30号、第31号につきましては、反対の立場から討論があり、起立採決の結果、原案可決を適当と認めました。
 さらに、議案第16号のうちの当委員会所管分、第22号の採決に際し、一部委員の退場があったことを申し添えておきます。
 以上で、保健福祉常任委員長報告を終わります。
△文教産業常任委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、文教産業常任委員長の報告を願います。
 田中久夫議員。
◆文教産業常任委員長(田中久夫) 〔登壇〕
 ただいまから、文教産業常任委員会における付託案件審査の結果について御報告申し上げます。
 去る3月4日の本会議におきまして、当委員会に審査を付託されました議案第1号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」、議案第2号「藤井寺市と八尾市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関する協議の件」、議案第12号「八尾市立市民運動広場設置条例の一部改正の件」、議案第13号「八尾市こども夢基金条例制定の件」、議案第14号「八尾市グリーンニューディール基金条例制定の件」、議案第15号「八尾市路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進する条例制定の件」、議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」のうちの当委員会所管分及び議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」のうちの当委員会所管分8件につきましては、3月15日及び3月16日に委員会を開会し、執行部から詳細な提案理由の説明を受け、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案承認、または可決を適当と認めたものであります。
 なお、議案第15号、第24号のうちの当委員会所管分につきましては、賛成、反対それぞれの立場から討論があり、起立採決の結果、原案可決を適当と認めました。
 また、議案第12号及び議案第16号の当委員会所管分の採決に際し、一部委員の退場があったことを申し添えておきます。
 以上で、文教産業常任委員長報告を終わります。
△建設常任委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、建設常任委員長の報告を願います。
 益田議員。
◆建設常任委員長(益田愛幸) 〔登壇〕
 ただいまから、建設常任委員会における付託案件審査の結果について御報告申し上げます。
 去る3月4日の本会議におきまして、当委員会に審査を付託されました議案第3号「市道路線の認定及び廃止に関する件」、議案第4号「権利の放棄の件」、議案第6号「八尾市公営住宅整備基金条例の一部改正の件」、議案第7号「八尾市児童遊園及びちびつこ広場の設置に関する条例の一部改正の件」、議案第9号「八尾市都市公園条例の一部改正の件」、議案第10号「八尾市営住宅条例の一部改正の件」、議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第18号「平成21年度八尾市公共下水道事業特別会計第2号補正予算の件」、議案第23号、「平成21年度八尾市水道事業会計第5号補正予算の件」、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第26号「平成22年度八尾市公共下水道事業特別会計予算の件」、議案第32号「平成22年度八尾市水道事業会計予算の件」、議案第34号「山本小学校校舎改築及び耐震改修工事の工事請負契約締結の件」の13案件につきましては、3月18日及び3月19日に委員会を開会し、執行部から詳細な提案理由の説明を受け、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案可決を適当と認めたものであります。
 なお、議案第10号、議案第24号のうちの当委員会所管分、議案第26号及び議案第32号については、賛成、反対それぞれの立場から討論があり、起立採決の結果、原案可決を適当と認め、また、議案第23号については、起立採決の結果、原案可決を適当と認めました。なお、議案第16号の当委員会所管分、議案第18号及び議案第23号の採決に当たり、一部委員の退場があったことを申し添えておきます。
 以上で、建設常任委員長報告を終わります。
△総務常任委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、総務常任委員長の報告を願います。
 吉村議員。
◆総務常任委員長(吉村晴之) 〔登壇〕
 ただいまから、総務常任委員会における付託案件審査の結果について御報告申し上げます。
 去る3月4日の本会議におきまして、当委員会に審査を付託されました議案第5号「八尾市職員の勤務時間等に関する条例及び八尾市職員給与条例の一部改正の件」、議案第11号「八尾市火災予防条例の一部改正の件」、議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」のうちの当委員会所管分、議案第28号「平成22年度八尾市財産区特別会計予算の件」及び議案第33号「包括外部監査契約締結の件」の6案件につきましては、3月23日及び3月24日に委員会を開会し、執行部から詳細な提案理由の説明を受け、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案可決を適当と認めたものであります。
 なお、議案第16号のうちの当委員会所管分については、一部委員の退場の後、原案可決を適当と認めました。
 また、議案第24号のうちの当委員会所管分及び議案第33号については、反対の立場から討論があり、起立採決の結果、原案可決を適当と認めたことを申し添えておきます。
 以上で、総務常任委員長報告を終わります。
○議長(垣内博美)
 以上で、各常任委員長の報告は終わりました。
 それでは、これより一括して委員長報告に対する質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 質疑なしと認め、質疑を終結して、これより議題となっております34件のうち、議案第1号から第7号まで、第9号、第11号、第13号、第14号、第19号、第27号、第28号及び第34号の15件について、一括して討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより採決いたします。
 本15件、いずれも委員長報告どおり、原案承認または原案可決することに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま議題となっております34件のうち、議案第1号から第7号まで、第9号、第11号、第13号、第14号、第19号、第27号、第28号及び第34号の15件はいずれも原案どおり、承認または可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第8号について、討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第8号について採決いたします。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第8号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第12号について、討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 それでは、討論を終結して、これより議案第12号について採決いたします。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第12号は原案どおり可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第17号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第17号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第17号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第18号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第18号について採決いたします。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第18号は原案どおり可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第20号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第20号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第20号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第21号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第21号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。よって、議案第21号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第22号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第22号について採決いたします。
    〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第22号は原案どおり可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第23号について討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第23号について採決いたします。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第23号は原案どおり可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第10号について討論を行います。
 通告により、まず、杉本議員、討論願います。
◆17番議員(杉本春夫) 〔登壇〕(拍手)
 議案第10号「八尾市営住宅条例の一部改正の件」につきまして、日本共産党を代表して、反対の立場から討論を行います。
 公営住宅法第1条では、健康で文化的な生活を営むに足りる住宅を建設し、これを住宅に困窮する低所得者に対して、低廉な家賃で賃貸することにより、国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的としています。
 ところが、政府の住宅政策では、法を無視した「建てない」、「入れない」、「追い出し」を図る方向の「さらなる規制改革推進に向けて」を発表し、定期借家契約制度の導入を図ろうとしています。
 八尾市の住宅政策も、こうした国の施策を推し進め、八尾市公的住宅のあり方で、市営住宅の整備・管理の中に基本方針を打ち出しました。ここでは、効率的な整備方法の確立、新たな管理手法の確立として、外部委託や指定管理者制度の導入の最優先課題として検討していることが明らかになり、公営住宅民営化を進めようとしています。効率化、費用対効果のみ優先したやり方で、公営住宅法を無視した自治体の責任放棄と言わざるを得ません。
 本議案では、市長は、「市営住宅への期間について、10年を超えない範囲において規則で定める期間に限定することができる」と明記しています。これは、国の言う、一つの家族が長期にわたって住宅に入居することは新たな住宅困窮者の入居の機会を阻害されている。期間つき住宅は新たな入居者を生み出すものと長期入居者の追い出しを図るものです。今回の条例改正は、まさにその一環であり、定期借家契約制度導入そのものです。
 今回の条例改正は、市民の願いを逆手にとって、期間を限定した入居者に道を開くものであり、期間が過ぎれば住宅設置者が一方的に契約を解除することができること。となっています。入居者は何の保障もなく、住宅を追われることになります。
 また、募集入居者は高齢者・障がい者・収入がふえることが困難な人は対象外とされ、収入の少ない人・失業者・子育て世帯を対象としています。
 委員会では、入居者が期限が切れ、なお収入が少なく入居要件を満たしている世帯に対して、「希望があれば契約を更新することができるのかどうか」、「建てかえの場合は他の住宅に移転できるのか」との質問に、できないとの答弁でした。今回の期限つき入居は、期限が来ればどんな生活状況であっても、追い出し、先にありきで、居住者の生活安定を損ねるものであります。八尾市営住宅のこうした期限つき入居を持ち込むことは政府がねらっている定期借家契約制度の一里塚であり、自己責任の強調する構造改革、新自由主義路線そのものであり、認めることはできません。
 今、八尾市がやらなければならないのは、深刻な不況のもとで、所得が大幅に減収で生活が困難な市民、失業者・不安定雇用などで高い家賃で払うことができない安い家賃の市営住宅に入りたいという要求が高まり、平成21年度の市営住宅の競争倍率が最高で44倍と厳しいものとなっています。緊急にやるべきことは、市民の切実な要求にこたえるためにも、200戸を超える空き家住宅の改修を行い、住宅の増設などで、住宅で困っている生活困窮者に住宅を保障することが八尾市の責任であります。ところが、こうした住宅要求にこたえる姿勢がありません。
 以上の理由により、議案第10号に反対いたします。
 同僚議員の皆様の御賛同をいただきますようお願いし、反対討論とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、永田議員、討論願います。
◆3番議員(永田善久) 〔登壇〕(拍手)
 議案第10号「八尾市営住宅条例の一部改正の件」につきまして、自由民主党、民主市民クラブ、新世やお、公明党の4会派を代表しまして、賛成の立場から討論いたします。
 市営住宅条例の一部改正の件については、その改正点は主に3点であり、市営住宅の維持管理に関して、より入居者に安心な居住を保障するための内容の改正であります。
 まず、1つ目の暴力団排除でありますが、平成19年4月に東京都町田市の都営住宅において、暴力団員の立てこもり発砲事件が発生し、その対応策もさることながら、住民の安全と平穏な生活の確保は住宅を管理運営する自治体の責務であり、法的な手続に対応するためにも全国の各市で条例の明文化がなされているところであります。
 しかしながら、この取り組みの事務運用は大阪府内の各市においては、他の都道府県各市よりもおくれているところがあり、条例で暴力団排除をうたっているのは、大阪市、堺市、河内長野市の3市と大阪府だけであります。その中で、本市の市営住宅においても暴力団排除を明文化し、入居の際や、入居後に判明した際にも、積極的な暴力団排除ができ、あわせて大阪府警の協力も得ながら、情報の共有を行っていくことは、市営住宅の管理については言うまでもなく、居住している住民にも安全と安心を与えるものであります。
 次に入居期間を限定した市営住宅の活用についてでありますが、現状の機能更新事業の中で政策的に空き家としている市営住宅を有効活用するために、10年間の範囲に限定し、要住宅配慮者への支援も含めて入居募集するというもので、単に空き家として放置することに比べれば、その活用が図られることは有意義であると判断します。
 最後に緊急時の対応でありますが、昨今の高齢化社会の中にあって、特に独居の高齢者の方が市営住宅に多く入居されております。市の対応におきましては、これまでも、住宅に緊急通報装置の設置や、管理人の声かけなど、取り組みはなされております。
 しかしながら、時として入居者の所在が不明で確認がとれない場合や、居住者の身辺に異常があり緊急に救助が必要な場合など、居住者の命、安全・安心の意味でも、特に必要であると判断します。
 また水漏れなどによる、緊急的な修繕が必要な場合なども含めると、ある意味で住民の命と生活を保障するものであり、これによって居住者にとっては、より安心して市営住宅に住むことができるものと判断します。
 立ち入りの部分の詳細については、規則などでその具体的項目を明記いただくことを要望するとともに、市営住宅の維持管理にはまだまだ課題も残っておりますが、居住者の生活向上に寄与するものと判断し、議案第10号についての賛成討論を終わります。
 同僚議員の皆様の御賛同をお願い申し上げます。ありがとうございます。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、末光議員、討論願います。
◆5番議員(末光道正) 〔登壇〕(拍手)
 議案第10号「八尾市営住宅条例の一部改正の件」に反対の討論を行います。
 市営住宅の全戸数に占める割合は、大阪市が9%に対し、八尾市はたったの2%です。応募倍率は平均で20倍、高いところは90倍にもなっています。しかし、国と行政は財政難を理由に、居住者を応能応益家賃制度で追い出し、建てかえ時に高層化して残余地をURなどに売却し、運営も指定管理者に任せる方向を出しています。民営化して公営住宅をなくしていくということです。
 今回さらに、期限つき入居の導入が出されてきました。建設常任委員会で建築都市部次長は、10年を限度として、制度の設計の中では10年ではなく5年になることもあると言っています。すなわち幾らでも期間を短縮し、期限が来たら無慈悲に追い出すということです。対象は新婚や子育ての人で、今は収入が少ないが将来収入がふえていく人とのことですが、収入が将来ふえる人は期限を切らなくても、既に応能応益家賃制度で追い出されています。
 では、なぜ期限つき入居なのか。それは、首切り、賃下げ、非正規で、仕事と住居を奪われた若者を救済・恩恵という形で、入居を競争させ、一層団結を解体してばらばらにするためです。ワーキングプアに叩き込まれた2000万青年労働者は資本家に怒り、団結して立ち上がることに恐怖しているからです。期限つき入居を導入することは、応能応益家賃制度が今住んでいる住民を全部追い出す宣言であります。絶対に認めることができません。労働者、住民の生活と団結をずたずたにする攻撃であります。住宅の資本への売り払いを極限的に進める攻撃で絶対に反対です。これを最先端で阻んでいるのが、応能応益家賃制度絶対反対の西郡住宅闘争であり、多くの感動を生み出し、団結を拡大しながら前進しています。
 田中市長は差し押さえ裁判の中で、陳述書に、供託者が200人から16人に減ったことが、八尾市の正しさを証明してると述べていますが、とんでもないことです。生活費を差し押さえ、人の死ぬようなことをやり、それをうそとだましで隠してきた不正義をあらわすものです。
 供託者は八尾市の悪らつなつぶし攻撃にも屈せず立ち上がりました。供託者の10年以上もの闘いは八尾市の隠してきた悪巧みを徹底的に暴いています。
 3月19日、差し押さえ弾劾西郡住宅裁判は大法廷を埋め尽くす100名の怒りが原告の闘いと一体となって、八尾市を圧倒しました。
 証言に立った西郡の青年労働者A君は、「2000万青年労働者を代表して証言する。私は森精機のストに参加し、勇気と希望をもらった。派遣労働者が首を切られ、寮から追い出される。応能応益家賃制度で住めなくなり生きていけない西郡と同じだ。分断を打ち破り、使い捨てにする資本に団結して闘おうと呼びかける派遣労働者の姿にとても感動した。労働者は差別すると教えられてきたが違っていた。ストの現場に西郡の旗を立てたいと思った」と堂々と証言をしました。
 A君は10年かけこつこつ貯めてきた結婚資金をごっそり差し押さえられました。八尾市代理人は、払えという最高裁判決が出ていると難癖をつけましたが、A君は、不当判決だ。自分たちはここに住む権利があり、供託で団結しなければ、ばらばらにされて村はなくなっていたと国と八尾市を叩きのめしました。
 私も証言に立ちました。応能応益家賃制度は住民追い出し・住宅民営化であり、一切を供託つぶしに据えて襲いかかってきた八尾市のうそとだましとおどしの実態を徹底的に明らかにしました。
 その最たるものが議案第4号「権利の放棄の件」です。供託して闘った生活保護者のAさんに、100万円近い額を滞納だから払えと取り立てていたのです。Aさんは保護を受けており八尾市は収入を把握しています。生活保護者の場合の家賃は決まっていて、Aさんは8600円でした。その人に、応能応益家賃制度に反対し収入申告を出さなかったと4万3300円の家賃を請求し、その借金を保護費から支払わせていたのです。その人が亡くなったら、全額を子どもにまで請求し、初めて明るみに出ました。サラ金がやったら犯罪で、同じことを行政がやったら正義になるのですか。こんな悪らつなやり口があっていいのか。断じて否です。
 その行きついた先がでっち上げ公文書の作成です。期日まで来庁しないと強行手段に訴えるという通知の期限を解除して話し合うという約束を、公文書を捏造してなかったことにし、今回の差し押さえを強行した、その一部始終を原告弁護団は証拠のテープを突きつけて暴き出しました。
 傍聴者が一斉に怒りの声で弾劾すると、八尾市の代理人は傍聴席に八つ当たりして一層墓穴を掘ったのです。橋本元建築長は原告弁護団の反対尋問で、このテープの反訳文は事実なんですねと何度も聞かれ黙ったままです。裁判長から、黙して語らずと書きますよと促される始末です。また「なぜ差し押さえたのは郵便貯金なのか」、「ここを押さえたらダメージを与えられると思ったからですか」、「とられたら生活はどうなるのか考えたことがあるのですか」と問い詰められ、また裁判長は「点々点々。黙して語らずと書いてください」と書記官へ指示をしました。八尾市の労働者の皆さんもあの場にいて見てほしかった。私たちは八尾市をぐうの音も出ないまでに追い詰めました。
 2・26森本さんの住宅明け渡し強制執行阻止闘争で始めた、差別・分断を打ち破り、一つの労働者階級として団結して闘う解放運動が、国家権力を相手に決定的勝利を切り開いています。八尾市の住宅民営化は根本的に破綻しています。
 期限つき入居制度を導入し、生活保護の供託者からも架空請求家賃を取り立てる、八尾市の住宅民営化攻撃を、労働者の怒りで打ち倒すことを訴えて、反対討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第10号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第10号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第15号について討論を行います。
 通告により、まず、谷沢議員、討論願います。
◆15番議員(谷沢千賀子) 〔登壇〕(拍手)
 議案第15号「八尾市路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進する条例制定の件」について、日本共産党を代表し、反対の立場から討論を行います。
 世界保健機構、WHOのもとでつくられ、地球規模で禁煙やたばこの消費削減を促す、たばこ規制の枠組条約が発行して5年を経過しました。この条約はたばこの消費などが健康に及ぼす悪影響から現在及び将来の世代を保護することを目的とし、たばこに関する広告、放送上の表示等の規制とたばこの規制に関する国際協力について定めています。
 具体的には、1.職場などの公共の場所におけるたばこの煙にさらされることからの保護を定める効果的な措置をとること。
 2.たばこの包装及びラベルについて、消費者に誤解を与える恐れのある表示等を用いることによって、たばこ製品の販売を促進しないことを確保し、主要な表示面の30%以上を健康警告表示に充てること。
 3.未成年者に対するたばこの販売を禁止するための効果的な措置をとることなどです。
 この間世界は脱たばこ社会を目指して徐々に変わってきました。日本も2004年に同条約を受託していますが、実態的には世界の流れに取り残されています。一日も早く、国や地方自治体がたばこ規制に関する措置をとるべきであり、我が党はそのために力を注ぐものです。
 しかし、今議会に提案された条例案は、世界保健機構のたばこ規制の枠組条約とは、目的も性格も全くことなるものです。本条例は、路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進することを名目にしながら、内容的には市民等の責務を定め、「市民等は、市が実施する施策に協力しなければならない」、「市民等は、公共の場所において、喫煙により他人に被害または不快感を与えることのないようにしなければならない」と市民に強制する内容となっています。また、禁止事項を設け、この規定に違反した者は、2000円以下の過料に処すると罰金まで定めています。
 そもそもマナーとは、さまざまな価値観や行動様式の中で、人々の自覚を促すものであり、一律の型にはめるものではありません。それを一方的に基準を決めて指導、監視を行い、罰則まで加えて強制することは、行政として絶対やってはならないことです。しかも、警察のOBまで雇用して市民に威圧感を加えるなど、異常としか言えません。
 結局、行政が推し進めようとしているのは、市民生活に介入、指導を行い、過料まで科して市民を統制すること。これは憲法19条「内心の自由」を侵害することになり、決してやってはならないことです。
 よって、議案第15号に反対するものです。同僚議員の皆様には、ぜひ御賛同いただきますようお願い申し上げ、反対討論とします。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、村松委員、討論願います。
◆13番議員(村松広昭) 〔登壇〕(拍手)
 ただいま議題となっております議案第15号につきまして、公明党、自由民主党、新世やお及び民主市民クラブの4会派を代表いたしまして、賛成の立場からの討論を行います。
 昨今のたばこに対する世間の関心は、極めて大きく、本条例案でうたわれている喫煙者のマナーを初め、受動喫煙による健康被害、厚生労働省の通知にもありました公共的な施設の全面禁煙化など、取り組むべき課題が山積しています。
 喫煙そのものにつきましては、各人の嗜好や立場で、さまざまな考え方があると認識しておりますが、喫煙マナーにつきましては、我々が、人と人とのかかわりを持ちながら生きていく以上、守るべき社会のルールであります。
 しかしながら、本市の状況は、この間の調査から、たばこのポイ捨てによる景観の悪化や、歩きたばこでやけどをしそうになった、あるいは、本当にやけどをした、衣服が焦げた、というゆゆしき実態が改めて明らかとなり、市民の多くは喫煙マナーの現状について不満を持っているという結果が出ております。
 先ほど申し上げましたように、喫煙マナーとは、守るべき社会のルールであり、だれもがそれを守れているのであれば、条例の制定で解決を図る必要はありません。
 しかしながら、一部の喫煙者によるモラルのない行動が、多くの市民に不快感や損害を与えている状況は、一向に改善されておらず、非喫煙者だけでなく、喫煙者も含む、その多くの市民が、市に対し、実効性のある対策を講じてほしいと求めているのであります。
 本条例案につきましては、このような状況を背景に、特に路上喫煙のマナーの向上を取り上げ、清潔で快適な生活環境の実現、市民等の身体及び財産の安全の確保並びに健康への影響の抑制に資することを目的として提案されてきたものであります。市民等との協働により、目的の達成を目指すための手法が定められております。
 また、罰則規定も含まれておりますが、その適用時期については、啓発を十分行うための期間を置き、その上で実施するとのことであり、違反者に対し、即座に過料を科すことを目的としているのではなく、あくまでも注意や指導に応じようとしない、悪質な違反者に対して適用しようとするものであります。
 たばこのポイ捨てに対して、市は、環境美化に関するさまざまな運動や活動を展開する中で、積極的な啓発等を行ってきたと、一定の理解をしておりますが、個人のモラルに任せるだけでは残念ながら改善できなかったという結果を踏まえると、抑止効果を発揮させ、実効性を確保するために、罰則規定は必要不可欠と考えるのであります。
 以上の理由より、喫煙マナーの抜本的な改善を目指し、もって市民の安全安心な生活環境を守るためには、本条例の制定は必要であると判断し、賛成の立場を表明するものであります。
 なお、本条例の運用につきましては、さらに検討を要する部分も残っておりますが、市民等の意見を広く聞き、ともに取り組みを進めることで、より効果的な施策展開とすることを求めるものであります。
 また、本条例の制定を契機に、たばこから市民の健康を守るという視点を一層強め、受動喫煙防止の対策についても、取り組みを強化していただきますよう、あわせて強く要望しておきます。
 同僚議員の皆様におかれましては、ぜひ御賛同いただきますようお願い申し上げまして、賛成の立場からの討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第15号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第15号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第16号について討論を行います。
 通告により、まず、末光議員、討論願います。
◆5番議員(末光道正) 〔登壇〕(拍手)
 議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」について反対の討論を行います。
 一般会計だけでなく、国民健康保険、公共下水道、介護保険、老人保健、後期高齢者医療、病院、水道の平成21年度補正予算すべてに共通する特徴は、職員の削減に伴う人件費の減です。予算の概要には、財政健全化計画で人件費や事務事業の見直しなど歳入改善を含めて11億0200万円の削減を行ったと書いています。労働者にとって11億とはどんなにすさまじい賃下げ、合理化、非正規化かということです。受けとるべきものを受けとれず、八尾市役所内の非正規は既に全職員の3分の1にされ、外注化された先の職場では3分の2が非正規です。しかも、実働時間だけしか賃金が支払われない労働者がふえています。これはほんの始まりです。9割の非正規化、公務員ゼロ化まで行き着くのです。こんなことを手柄のように言っている八尾市は絶対に許せません。市の職員は人員削減と人事院勧告に伴う賃下げを毎年受けて、いつ病気や過労死になってもおかしくない労働強化のもとで働いています。
 そして、これは八尾市だけでありません。2008年金融恐慌から始まった世界恐慌は、自動車、家電を初め生産を半減させ、今や国家財政の総破綻をもたらしています。3月25日の日本経済新聞で、大阪府泉佐野市など早期健全化団体21市町村の財政再建化計画が出そろったと報じました。
 財政健全化とは、市の職員の首切り賃下げ、市民の公共財産の売り払い、公共料金を1円でも多くしぼり取るということです。泉佐野市の関西空港の破綻のように、財政悪化の原因は企業や銀行などをもうけさせてきた地域開発や設備投資の結果であり、その借金を何の責任もない市職員と市民に押しつけるのものです。
 2月4日に泉佐野市は、19年間で市職員と住民に536億円も負担させる財政健全化計画を発表しました。市の職員を削減し、市立病院も保育所も図書館も公民館も保健センターも民営化し、小学校は2校を廃校にと、市の財産で売れるものはすべて売り飛ばすというのです。その目玉が市職員600人のうちの188人削減、賃金15%カットです。
 これは民主党政権のねらう道州制、新しい公共攻撃の先取りです。全労働者の9割を非正規化して、社会全体から正社員をなくすという攻撃です。企業が自由に労働者の首を切れるようにする6000万労働者全体に対するとんでもない大攻撃です。
 同じ民主党である田中市長は、財政再建団体にならないようにと、就任当初から行財政改革プランで800事業丸ごと民営化して八尾市の夕張化を進めてきました。
 とりわけ新しい公共と公民協働では、団塊の世代の大量退職と新規採用の抑制で人を減らし、公共サービスの直接の担い手を神戸の震災時に活躍したNPOやボランティアなどに置きかえ、外注化して、八尾市の職員の仕事はマネジメントやコントロールだけにする、より根本的な構造改革を進めるというのです。
 そのてこにしているのが人事評価制度です。私が3月4日の議会における個人質問で、人事評価制度に現場から不安の声が出ているが、聞いているかと追及すると、人事担当部長は何と、人事評価制度に不安を持つのは自分に評価されて困ることがあるからと言いました。さらに部長は、人事評価を賃金に反映させるという八尾市の方針を必死で隠したのです。こんなことは許せますか。
 2009年3月議会で、最終到達点として、勤勉手当、昇給の反映に取り組んでいくと総務部次長兼人事課長が答弁しているではありませんか。大阪府では年間50万円もの賃下げになり、自己評価の提出を拒否して闘う労働者をD評価にし、Dが2回続けば分限処分にする、新たな指針を決めています。郵政では自己評価で少し上の目標を立てれば、そんなことができるのかと上司に言われ、少し下げた目標を立てればこんなことしかできないのかとたたかれ、暮れには年賀状を6000枚のノルマをつくって競争させ、結局は自分で買って一時金35万円がぶっ飛んでしまうのです。あれもこれも、人事評価が首切りだということです。現場労働者の怒りが怖いから必死で隠しているということです。部長がこれからも組合と協議をして進めていくと言うのは、自治労連が協議を尽くせと言い、自治労が人材育成・能力発揮を目的とせよと言って組合執行部が人事評価制度を全部のんで、導入の先頭に立っているからです。現場が腹をくくって絶対反対で立ち上がったら必ず阻止できます。青年労働者の怒りは、昨年8月30日に続いて、民主党連合政権を倒す力を持っています。
 その闘いを先頭で切り開いているのが、国鉄1047名解雇撤回闘争とJR検修全面外注化阻止の第二次国鉄決戦です。分割民営化から23年。国鉄1047名闘争が、分割民営化を根本的な破綻にたたき込んでいるのです。民主党、自民党を初め一切の勢力が札束をつんで国鉄闘争をなきものにしようと襲いかかっています。この攻撃に対して、労働者の誇りをかけて、1047名解雇撤回を貫く新たな大運動が起ころうとしています。動労千葉は2月、3月の4波のストで4月1日からの検修外注化を阻止しました。外注化こそ、青年労働者を対象にした首切り、賃下げ攻撃です。これが逆に、青年労働者の怒りに火をつけ、平成採用の青年が続々と新たな決起を開始しています。
 今こそ、組合を現場労働者の手にとり戻し、人事評価制度導入反対、財政健全化反対、民営化・道州制粉砕をともに闘うことを訴えて、私の反対討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第16号について採決いたします。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第16号は原案どおり可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、お手元配付のとおり、大野議員ほか4人の議員から議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」、議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」及び議案第29号「平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件」について、予算の組み替えを求める動議が提出されておりますので、原案とともに、これを一括議題といたします。
 まず、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」外2件の組み替えを求める動議について、提出者から説明を求めます。
◆15番議員(谷沢千賀子) 〔登壇〕(拍手)
 ただいまから、日本共産党を代表して、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」、議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」、議案第29号「平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件」の予算の組み替えを求める動議について、提案理由の説明を行います。
 初めに、予算を組み替えを求める理由について説明させていただきます。長年にわたる自民公明政権のもと、大企業優遇、市民いじめの悪政が推し進められ、国民の怒りが頂点に達していました。そんな中、昨年の総選挙では、民主党政権が誕生し、既に6カ月経過。ところが、政治と金の疑惑、沖縄の基地問題、後期高齢者医療制度廃止の先送り、抜け穴だらけの労働者派遣法改正案など、早くも期待外れの声が高まっています。地方政治をめぐっては、地域主権の名のもと、福祉に対する行政責任を放棄し、市民には自己責任を押しつけ、地域間競争をあおる。これは地方自治体の役割を投げ捨てる方向です。
 今こそ、八尾市は憲法と地方自治体の本旨に基づき、市民の命と暮らしを守り、中小零細企業を支える市政運営に転換すべきです。
 ところが、本予算案はそうなっていません。
 八尾市は国と同じく、市民の暮らしを切り捨て、自治体の仕事を企業や民間団体に請け負わせ、正規職員のかわりに非正規職員、安上がりのボランティアなどに肩がわりさせようとしています。しかも、巨額の税金を不要不急の事業につぎ込み、貴重な一般財源を浪費し、市民には将来にわたって借金を背負わす内容となっています。
 そこで、不要不急の開発事業やIT事業などの一般財源の減額分約6億円と7種類の基金、産業振興、財政調整、地域福祉推進、公共公益施設整備、公営住宅整備、市民活動支援、地域安全・安心のまちづくりの総額108億円中約7億円、合計13億円を活用し、切実な市民要望を具体化することを求めます。
 まず、削減する項目を挙げます。
 新総合計画策定経費、政策推進経費、地域まちづくり支援事業、計4500万円。これはコンサルタントへの委託料、地方自治研究機構への委託料、地域別計画経費などであり、市長が第5次総合計画策定に当たって、本来自治体がやるべき仕事を民間企業やNPO、地域にゆだねるための予算です。
 本来、総合計画とは憲法や地方自治法に基づき、市民の健康と福祉の増進を図るため、市民の実態を踏まえて策定するものであり、これらの予算は削除すべきです。
 行財政改革推進等経費、債権管理課事務経費、公民協働手法推進経費、計370万円。これらの予算は、行政の責任を投げ捨て、市民負担をふやす、行革プラン推進のための予算であり、削減すべきです。
 就労・生活相談事業経費、住宅手当、国民健康保険のコールセンター、国保の窓口業務委託等については、本来、市職員がやるべき仕事を人権協会や派遣会社、法務省からたびたび改善命令を受けている債権回収会社などへの委託料であり、これらについては、八尾市が直接業務を行うことを求めます。
 情報統括責任者補佐官1人分報酬、基幹システム最適化経費、庁内ITネットワーク整備事業費、合計2億7300万円。これらは不要不急の事業であり、しかも選考過程が事実上随意契約になっています。さらに、国民総背番号制の布石とも言える予算であり、削除すべきです。
 庁舎周辺公共施設整備関係経費、商工振興拠点施設整備促進事業費、八尾図書館等整備経費、合計2億1100万円。これらは、第二別館の土地売却のための明示経費や商工会議所合築の経費、さらに図書館と青少年センターの複合施設の基本設計予算です。
 市民は図書館を青少年センター跡地に建てることを望んでいたにもかかわらず、八尾市は商工会議所と青少年センターとの土地・建物の交換を行い、商工会議所跡地に図書館と青少年センターを併設した施設を建てることを計画しています。これによって、図書館は大幅に縮小。一方、商工会議所には市の土地を含め、2倍の面積を提供し、八尾市の産業政策課を入れ込むことにより、新会館建設費用の約3割を市民の税金で負担することになります。これらの予算を削除し売却予定の第2別館と教育サポートセンターを含む庁舎周辺整備計画全体を市民的に見直すべきです。
 竜華都市拠点まちづくり事業費5061万円。これは、大阪府の敷地である水みらいセンター敷地内に、八尾市の予算で水をオゾン処理するための施設をつくり、パチンコ店の周りをめぐる水路に水を通す計画です。敷地は府、入札も府、管理運営は民間委託や指定管理者制度も予想される中、この予算は削除すべきです。
 公園整備事業費としてURへの支払い3億5980万円。八尾南高校跡地の公園整備に当たり、20億円税金を投入してURに委託。校庭開放を望むという地域住民の願いを逆手にとり、莫大な予算を投入する事業となっています。削除すべきです。
 JR八尾駅周辺整備事業費で5603万円。移転補償費と言いながら、中身が一切示されません。平成22年度には、土地開発公社が、5000平方メートルもの駅前広場と道路の先行買収を行う予定ですが、車が通り抜けられない形状の土地をなぜ買収するのか、理解に苦しみます。不要不急の予算は削るべきです。
 財政調整基金と公共公益施設整備基金への積立金で4420万円。今は積立より市民の暮らしに予算を回すべきです。
 空港西側跡地活性化促進経費で6万2000円。西側跡地は無償譲渡を国に求めるべきです。
 人権尊重の社会づくり審議会委員報酬、人権尊重の社会づくり推進経費、同和問題協議会委員経費、人権啓発推進経費、人権教育推進経費等3379万円。人権問題を市民同士の問題にすりかえ、差別意識の問題に矮小化し、人権の名で行政が市民を縛る人権施策はすべて削除すべきです。
 あわせて、競争と選別を強化する全国学力調査への自主参加に係る予算、教育的視点が欠落したがんばる八尾っ子応援事業の削除を求めます。
 次に、拡充・新設する事業を挙げます。
 高過ぎる国民健康保険料を引き下げること。基本は、国の財政措置で1世帯平均1万円の引き下げを国に求めること。あわせて、八尾市において、平成22年度の国保料を引き上げないこと。また、一般会計から2億7000万円繰り出しを行い、低所得者減免を復活させること。さらに、国保料の一部負担減免制度を1年間に拡充し、74歳までのすべての国保加入者を対象にすること。そのための財源は、1億5000万円繰り出しを行うこと。
 介護保険料の市独自の減免制度を、東大阪市並みに改善し、20年度の15人から540人程度にふやすこと。そのための財源は、一般会計から550万円繰り出すことを求めます。
 市営住宅の空き家募集のための改修を、現在の15戸から200戸にふやすこと。そのための3億2000万円の原資は公営住宅整備基金2億円と公営公益施設整備基金39億円を活用します。
 少子化・子育て支援の充実では、待機児童解消のため、久宝寺保育所の解体費用3000万円を使い耐震補強を行います。亀井、高安保育所も耐震診断・補強を行います。保育士は、民営化によって現場を離れる職員を活用すれば、待機児童約400人を解消できます。なお、簡易保育施設へのあっせん要件を緩和し、年度当初からの受け入れを進めます。
 総額約8万円かかる妊婦健診の公費助成を現在の2倍の7万円に拡充すること。そのための財源は、約8000万円。
 子ども医療費を就学前からせめて中学校入学まで拡充すること。平成22年度については、小学校1年まで拡充すること。そのための予算約5000万円。子宮頸がんのワクチン公費助成、ヒブワクチンの公費助成を段階的に進めていくこと。
 貧困から子どもたちを守り、教育の機会均等を保護し、社会教育の充実を義務教育の実質無償化、高校教育実質無償化、給付型奨学金制度を創設することを国に求めること。八尾市として、就学援助の充実を図るため、まず準要保護世帯への国庫支出金の復活を求め、市独自でも、平成22年度は所得制限を1.1倍から1.2倍へ引き上げること。そのための財源は2500万円。また、支給時期のあり方や修学旅行費の支給方法の改善を図ること。
 奨学金制度の利用者を300人から2倍の600人へ引き上げること。そのための財源は1280万円。
 子どもの貧困問題に大きくかかわる、スクールソーシャルワーカーを現在の1名から各中学校区15名に拡充すること。そのための予算は1200万円。
 保護者への保育料、学童保育料の負担軽減のため、見直しと減免制度の拡充を行うこと。
 少人数学級をすべての学年に広げるために、国・府に教員の増員を求めつつ、八尾市独自で小学校3年生と中学校1年生に35人学級の拡充を行うこと。そのための財源は920万円。
 中学校給食の検討会設置も行うこと。
 商工会議所新会館建設への経過・あり方の総括を行い、第二別館と教育サポートセンターの敷地売却、先にありきの図書館、その他施設の犠牲を強いる計画の見直しを行い、中央図書館機能を持った図書館への充実を図ること。
 地域経済の活性化について。中小零細企業を守り、活性化することは、地域の雇用も支え、地域経済の活性化を生み出します。中小零細製造業の集積を守るため、市の職員みずからによる実態調査を早急に行い、直接支援の施策に踏み切ること。
 製造業者の40%を対象にし、1社平均15万円の予算を見込むと、総額1億8000万円。その原資は、産業振興基金を充てます。また、小規模登録制度や官公需の市内業者への発注を徹底すること。
 前政権のもと、三位一体改革により、30億円以上の国からの財政措置が減らされています。この完全復活を国に求めつつ、市職員の増員、非正規労働者の正規雇用、下請・派遣労働者を直接雇用に変えることを求めます。
 以上、一般会計の6.4%の組み替えと基金の7%の取り崩しを行うだけで、市民の暮らしを守る市政への第一歩を歩み出すことができます。憲法、地方自治法の精神に立ち返り、市民のための市政に転換されることを求め、提案理由の説明とします。
 御清聴ありがとうございました。
○議長(垣内博美)
 動議に対する説明は、終わりました。
 それでは、これより、ただいまの動議に対する質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 質疑なしと認め、質疑を終結し、これより議題となっております議案第24号、第25号及び第29号に対する予算の組み替え動議について、討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより、本件の動議について、採決いたします。本件も、起立により採決いたします。本動議に賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立少数であります。よって、本動議は否決されました。
 次に、議案第24号について討論を行います。
 通告により、大野議員、討論願います。
◆8番議員(大野義信) 〔登壇〕(拍手)
 議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」につきまして、日本共産党を代表して反対の立場から討論を行います。
 市民の暮らしは今、底なしの悪化を続けています。
 失業率は急上昇して大阪は全国ワーストで7.7%。企業倒産は3年連続で増加しています。八尾市の生活保護受給者は、2009年度7430人。27.27パーミルと過去最多を更新し続けています。就学援助の認定率は、2008年には6836人、29.13%となり、これもふえ続け、子ども3人に1人が生活保護基準の1.1倍の生活状況だということです。地域経済の主役である中小企業の実態は前年比163%増と企業倒産・廃業が急増しており、八尾市内の事業所も従業者数も急速に減少しています。国保料の滞納世帯は、2008年17.9%、2009年には21.4%、1万0816世帯となっています。
 こんなときこそ、地方自治の本旨に基づき、市民の暮らし・福祉を守る予算が必要でした。しかし、市長は、この間進めてきた国の集中改革プランに基づく行革路線をより一層進めるとともに、地域主権、地域別計画などと、行政の責任を放棄し、行政の仕事を市民や民間団体に担わせ、さらに安上がりの行政をつくろうとする予算が盛り込まれています。
 公民協働手法推進経費として国保窓口などの民間委託を進めるための予算、新総合計画策定経費、地域分権推進の予算などが組まれています。
 国保の窓口は市民の命と健康がかかる重要な部署であり、プライバシーの問題もあります。市職員がやるべき業務を民間に委託するなどやってはならないことです。まして、八尾市が国保のコールセンター事業を委託した債権回収会社が、委託直後に最後通告とも言える業務改善命令が法務省から発令された事実は、今後、安易に事業委託してはならないことを示しています。
 このような民間委託は職業安定法や労働者派遣法に抵触する恐れもあります。
 総務常任委員会では、まちづくり支援事業の予算が議論されました。学区ごとに20地区に分け、地域福祉、安心・安全という2つのテーマで案を出してもらう。審査に合格したところに50万円を渡す。という内容でしたが、だれがチェックして、どう進めるのか、透明性、公平性が確保できるのかという意見も出され、当局も答弁に窮し、予算の執行を6月までしないと言わざるを得ませんでした。
 庁内ITネットワーク整備事業として、1億円計上されています。プロポーザル方式で業者を選定したとし、24時間365日監視体制を提案したA社が落札。価格点ではA社は40点、B社は100点と大きな差があるにもかかわらず、なぜA社が選定されたのか大きな疑義が残るのはだれの目にも明らかです。プロポーザル方式は実質上随意契約であり、透明性や公平性が確保されない制度であることはこれまでも再三指摘してきました。
 また政府が進める、社会保障・税共通の番号制の導入の布石となることも審議の中で明らかになりました。このような市民のプライバシー侵害につながる国民総背番号制の導入は許されません。
 債務負担行為で汎用機システム再整備事業として3年間で8億4800万円の予算が組まれています。この事業がなくても市民の毎日の暮らしには何の支障もありません。このような不要不急の予算は撤回すべきです。
 八尾市人権尊重の社会づくり経費が計上されています。内容は、人権教育啓発プランの中間見直しを行うための経費としていますが、この方向は、市民の中に差別する者される者をつくり出し、市民同士監視する体制、市民の分断、市民の中に疑心暗鬼の状態を生み出し、行政の進める施策に対して自由な意見交換を封殺する危険性をはらんでいます。このような予算は撤回すべきです。
 かつてない経済危機の中で、全国有数のものづくり集積地が今、壊されようとしています。大型店の出店や消費不況で商店街や市場など存続基盤が崩れてきています。約3割が廃業の意向との調査結果も出されています。
 ところが、平成22年度の予算では、商工会議所新会館の設計・建設に産業振興基金を2億円近くつぎ込む予算を計上しています。
 このような予算は撤回し、職員と商工予算の増額、下請振興法に基づく実態調査の実施、無秩序な大型店の誘致ではなく出店規制などの施策こそが求められています。
 保育所では、経済不況が深刻化し、保育所入所の要求が増大しています。入所できない子どもが昨年を上回る事態になっています。この10年間で入所希望児童数は急増してるのに、保育所はたった一つしかふえていません。これでは入れないのが当たり前です。しかも、八尾市は公立保育所を5つも民営化し、公的責任を後退させています。待機児童が長年解消できないのは、国や自治体が保育の予算を増やしてこなかったからです。直ちに認可保育所の増設、民営化される保育所を解体せずに耐震化などで待機児童を受け入れるよう手だてをとるべきです。
 住宅の問題では、失業・倒産・廃業が相次ぐ中で、安い公営住宅に入りたいという市民の要望は高まる一方です。国が公営住宅の建設のための補助金を打ち切っていることとともに八尾市の住宅政策でも、新たな住宅は建設しないとの方針を出しています。平成22年度の空き家改修予定戸数はほんのわずかしか予算が組まれていません。建てない、入れない、追い出す、という八尾市の住宅政策の抜本的転換が必要です。
 150億円という巨額な税金を投入する大型開発が、住民の利便性や地域活性化という大義名分で進められてきています。
 今議会でも、JR八尾駅周辺整備事業で駅舎建てかえのための建物の移転補償費として5000万円計上されています。どの建物の移転補償費か、だれが地代を受けとっているのか、委員会で明らかにしないまま、八尾市がJRの肩がわりをして移転補償費を出すことは到底認められません。
 庁舎周辺公共施設整備事業では、第2別館は売却のための測量明示の委託料が計上されていますが、第2別館の売却は市民の理解を得られていません。パブリックコメントに寄せられた意見の半数以上から広いスペースの図書館という声が寄せられていました。現在の商工会議所敷地では、中央図書館としての機能を十分果たせない状況であり、青少年センターの機能も縮小されます。再度、市民の声を聞いて計画し直す必要があります。このように開発事業を進める中心は、住民の利便性や地域の活性化などではなく、どの事業も住民不在で進められていることです。先に予算の組み替え動議を提案しましたが、就学援助の生活保護基準1.1倍から1.2倍に戻すには、わずか2500万円、高すぎる国保料の低所得者減免の復活は、2億7000万円でできます。税金の使い方を根本的に改める必要があります。
 以上理由をもちまして、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」に反対するものです。同僚議員の皆さんの御賛同をお願いして討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、小林議員、討論願います。
◆27番議員(小林貢) 〔登壇〕(拍手)
 議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」について、賛成の立場から公明党、民主市民クラブ、新世やお、自由民主党を代表して討論を行います。
 平成22年度の一般会計予算は、平成19年の統一地方選挙で田中誠太市長が就任されて後、その任期4年の最終年度の締めくくりとして提案された予算であります。ここ数年来、アメリカに端を発した経済不況は中小企業のまちの本市にも直撃し、市民生活は一層の厳しさを増しております。
 その中にあって、今回の平成22年度一般会計予算は前年度比5%増の889億8131万円を計上し、歳入面では当然ながら、景気不安を受け、市税の収入が大幅な減少を見込んでいるものの、国の交付税措置において歳入一般財源はほぼ前年度並みを確保しており、国の子ども手当等の施策や生活保護費の増などによって、前年度と比較し約42億8000万円増となっているところであります。
 各常任委員会では本件予算についての問題点や課題などつぶさに議論をし、大所高所の視点から厳しく指摘を重ねてきたところであります。
 今回の予算には特に次世代を担う子どもたちに関する予算が計上されており、学校耐震化や学力向上推進事業、学校ICT活用事業など子ども健全育成や安全に関するものなど多数計上されております。
 また、一方で市長の肝いりである地域分権推進調査研究事業は、その事業が制度設計中であり、執行部の思い描く地域予算制度の全貌が見えない中での提案がなされていると、その質疑において厳しくただしたところであります。
 その指摘を受け答弁では、事業実施に向けたさらなる研究と事業展開に念頭を置き、その内容が固まるまでは、その予算執行をとどめ、6月議会に再度報告を行うとのことであり、執行部の予算提案のあり方について、苦言を呈したところであります。
 しかしながら、議会としてこの地域分権を推進することに反対するのではなく、これまでの苦い経験を生かし、二度と同じ轍は踏まないという強い信念のもとで、よりよい制度を設計した後に、施策実施を求めたものであります。
 財政の厳しい昨今において、本当に必要な施策かどうかの精査や、重点的な施策への予算配分など、質疑が交わされてきたわけでありますが、市政運営方針の結びにありますように、これからの自治体の発展は自治体の経営能力の差で大きく左右されるとあり、また、常に時代の変化を見据え、確かなかじとりをするのが市長の使命であると明言されております。
 このことからも、今年度の当初予算については、この予算が全般にわたって市民生活に寄与され、市民生活が向上するものとして、理解をするものでありますが、一方で変化に対応できず、方向転換の必要な施策などが含まれているのも事実であります。当然そういったものは正しく方向を見定め、変化に対応していただかなければなりません。
 市長は常々議会と行政を車の両輪の関係であると申されておりますが、市長が責任を持って提案されてきた予算を、我々議会としても責任を持って審議し、市政に責任ある立場として採決に望んでおります。
 それこそ、一部予算に賛同できず、市政の停滞や混乱を招くことを承知していながら否決をすることや、先ほど否決されましたが、何ら法的に拘束力もない予算の組み替えを行い、財源の根拠をほぼ基金に依存するような、短絡的で市の財政の後先を考えない提案を行うことが果たして責任ある立場なのか甚だ疑問であり、このことは、市民から単なるパフォーマンスと受けとられてもしようがないのではないでしょうか。
 市長が八尾市政に責任を負っていると同時に、車のもう片方の車輪である我々議会にとっても、市政に対する責任があります。だからこそ、この予算に著しい瑕疵がない限りは、否決というような軽々な判断は避けなければなりません。
 よって、本議案に賛成するものであります。最後に執行部におかれては、このところ職員の不祥事が多発しており、市長の言う職員の意識の変化に手ごたえを感じるという発言がたわ言に思えてなりません。厳しいようですが、いま一度、かぶとの緒を締めなおし問題解決に鋭意取り組んでいただきますことをお願い申し上げまして、討論を終わります。
 御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、末光議員、討論願います。
◆5番議員(末光道正) 〔登壇〕(拍手)
 議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」について、反対の討論を行います。
 3月12日の保健福祉常任委員会で、昨年2009年度、ことしの2010年度どちらの予算も、売却のときに必要となる八尾北医療センターの登記、測量の予算を組んだことがはっきりしました。こんな予算は絶対認めることはできません。
 一昨年の2008年3月議会保健福祉常任委員会で、当時の木村理事は、八尾北医療センターの土地・建物を有償譲渡、すなわち売却することが八尾市の基本的な方針であると一方的に発言しました。この売却方針に基づく土地建物鑑定攻撃は八尾北医療センター労組の団結で打ち破られました。これに追い詰められた八尾市は昨年10月、契約違反で契約解除だ。3月を待たずにたたき出せるという文書を八尾北医療センターに送りつけてきました。これに対しても、八尾北労組は、八尾市こそ契約違反ではないか。私たちは医療・介護を日々やり抜いていると八尾市の不当性を徹底して暴き、議会内外で、売却方針を白紙撤回して私たちに謝れ、契約違反のデマは暴かれた、謝罪しろとさらに八尾市を弾劾して追い詰めました。
 12月4日の本会議で健康推進担当部長は、義務違反ということは考えていませんと答弁し、さらに、先の3月保健福祉常任委員会でも、健康福祉部参事は、実際のところは執行しない、村元健康推進担当部長は、協議を調う形で話して行きたいと、八尾北医療センターを3月31日までに売却することができないことを自認しました。
 3月を待たずに追い出せるがデマであることは完全に明らかとなりました。しかし一体、何が、協議が調う形で話すですか。2月3日は田中市長が、2月22日は村元健康推進担当部長が、八尾北労組や、守る会の患者さんたちの必死の抗議、申し入れに対して顔も出せずに逃げ出したではないですか。これ以上対応したらもうもたないという、八尾市の敗北宣言です。だから、八尾市役所の職員たちを30名も動員し、労働者同士を敵対、対立させようとするのです。職員を盾に自分だけは逃げ出そうとして、ますます墓穴を掘っただけです。本当に協議を調える責任をとる気があるのなら、売却方針を白紙撤回して真摯に対応せよ。ともに民営化、道州制による公務員の大量首切り、非正規化の攻撃と闘おうという八尾北労組の追及と呼びかけに、現場の労働者は一瞬のうちに、みんなこの八尾市のうそとおどしとペテンを見抜いています。勝手に売却方針を決め、鑑定を迫り、契約違反や契約解除でおどしてきた破廉恥な八尾市への怒りは絶対反対の団結を一層強固にし、確実に八尾市職員の中にじわじわと広がっています。
 さらに共産党は、契約違反デマに飛びついて、市長は契約解除の断固たる姿勢を貫けと八尾市と一体となって八尾北の売却、民営化を主張し、民営化の手先だということも鮮明になりました。
 保健推進課の職員が2月3日の抗議申し入れ行動のときに、医療と契約は別だと言い放ちました。これは、そこで営々と診療と介護を担っている労働者の存在や患者の命など関係ない、土地建物は単なる不動産で、それをいかに高値で売り飛ばして利益を上げるか、それが財政健全化、道州制だという八尾市の本音です。共産党はその先兵なっているのです。
 2月28日の八尾北民営化絶対反対総決起集会で、八尾北労組の青年労働者は以下のように発言しました。
 僕は八尾北に来て3年半になります。それまで、3つの職場で働いてきましたが、3つ目の職場もなくなってしまい、八尾北に勤めることになりました。職場全体がアットホームで、利用者さんも家族みたいに思っています。その八尾北をつぶす、まさかそんなことせえへんやろ、最初はそう思ってました。ちゃんと話し合ったらわかってくれると思っていました。でもそうではありませんでした。八尾市は医療や福祉を本当に軽く扱っています。八尾北の土地建物を売って、一部の偉い人やお金のために八尾北をなくす。これは絶対におかしいと思います。ここまで来たら闘うしかない。そして、最後にこう言っています。
 不安や心配もありますが、負けたくない。八尾市がここをつぶそうとするなら、僕らはみんなの団結で絶対に闘って勝っていきたい。動労千葉が他の労働者のことも考えて闘っていることをすごいなと思います。僕たち八尾北労組も揺るぎない団結で頑張っていきます。
 そうです。もう民主党連合政権と田中市政はぐらぐらです。国鉄1047名解雇撤回闘争と動労千葉派の労働運動、労働者の怒りが民営化・道州制を根底的なところで打ち破っているからです。さらに沖縄県民の基地撤去闘争、三里塚農民の軍事空港反対闘争、法政大学の教育の民営化反対闘争が火を噴いています。八尾北民営化絶対反対、応能応益家賃制度絶対反対の西郡住宅闘争は、これと一つになって闘う闘いです。八尾北医療センター労組は3月31日を突き抜けて、数年がかりの闘いに突入します。
 八尾市に勤める労働者の皆さん、労働者の団結で、人事評価制度を粉砕し、闘う労組をよみがえらせましょう。ともに闘うことを訴えて反対討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第24号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第24号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第25号について討論を行います。
 通告により、内藤議員、討論願います。
◆9番議員(内藤耕一) 〔登壇〕(拍手)
 議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」につきまして、日本共産党を代表して反対討論を行います。
 今回、大幅な保険料の引き上げの予算が提案されています。3人家族で100万円の所得の世帯には2万9780円の引き上げ、所得に占める国保料負担率は26.2%、3人家族で300万円の所得の世帯では8万0640円の引き上げ。こういうようなものであり、また450万円の世帯の中では10万円を超える、こういう国保料の引き上げとなる世帯も生まれています。
 このような負担は、今の深刻な市民の実態を見れば、到底負担に耐えられるものではありません。
 国民健康保険運営協議会でも、今回の値上げが仮にされれば、国保の加入者にしてみれば大きな負担になる、値上げすることによって徴収率が下がるなど国保料の引き上げには反対の意見しか出されませんでした。この協議会の意見を受けた大幅値上げをした、そういう資料を保健福祉常任委員会の中でも提出し我が党以外の議員からも国保料引き上げに対し異議を唱える質疑がありました。市長からも、検討するとの答弁がありましたが、検討するとの答弁だけでもって、この予算に到底賛成できるものではありません。
 そもそも国保料が、これだけ引き上がる背景には、国の国保財政への国庫支出金が1984年に50%であったものが2007年には25%にまで削減をされる。こういう国の負担の削減の中で国保料の引き上げが行われてきました。これらの財源は国にこそ求めるべきであり市民に転嫁することは許されません。
 また、市長自身も、今の市民生活の実態から見れば国保料は高い、こういう認識を持っているという趣旨の答弁をされてます。それにもかかわらず、このような国保料の引き上げを提案してくること自体問題です。
 国の財源の問題でも、この間、莫大なもうけを上げ続けてきた大企業や大資産家への減税は国はそのまま温存し続けています。
 また、他の欧米諸国と比べても、大企業の社会保険料の支出は余りにも低過ぎます。ここにしっかりとメスを入れて、国民の暮らしを守るよう求めること、これが八尾市の行うことであり、また八尾市自身も先ほどの予算の組み替え動議のように、まず暮らしや命にかかわるこの分野の予算をしっかりと確保する、最優先とした予算を組むこと。これが何よりも求められる役割ではないでしょうか。
 それにもかかわらず、高い国保料が払えない世帯には、この間、八尾市は期限の短い短期保険証や医療費を病院の窓口で全額負担しなければならない資格証明書の発行を行い続けてきました。高い保険料負担を市民に押しつけながら、払えなければ医療を受ける権利を奪う。こういうやり方は八尾市の行うことではありません。
 委員会の中では苦しい中でも払ってくれている人もいる、負担の公平性ということも言われましたが、所得に占める国保料の負担の割合、これは所得が低くなればなるほど高くなっています。このような状態を改善することが八尾市の役割ではないでしょうか。
 しかも、この間、八尾市は市独自の低所得者への減免制度を廃止しています。この減免制度の復活も求めましたが、前向きな姿勢は一切見えませんでした。
 また、先ほどの一般会計予算の中でもあったように、反対討論の中でもありましたように、国保料滞納世帯へのコールセンター業務、これを民間会社に委託をする。このことも継続をされます。
 債権回収会社が国から最後通告を受ける、その内容はもう適正に法を守って、仕事ができない会社だと判断をした、こういう内容の通知が出されています。これが、官から民への実態をあらわすものであることは疑う余地がないのではないでしょうか。ところが、こういう実態があるにもかかわらず、八尾市は、この会社との契約は解除もせず続行する、こういう立場を取り続けています。
 また、市民の一番深刻な実態を聞く場である窓口業務、これを官から民へ、こういう委託するをすること、これは八尾市の責任放棄だと、市民の暮らしを守るこの立場の責任放棄だと言わざるを得ません。
 以上の理由によって、議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」について、反対の立場を表明をします。同僚議員の皆さんの御賛同をお願いを申し上げまして、討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、西田議員、討論願います。
◆1番議員(西田尚美) 〔登壇〕(拍手)
 議案第25号「平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件」につきまして、自由民主党、民主市民クラブ、新世やお及び公明党を代表いたしまして、賛成の立場から討論を行います。
 国民健康保険制度は、市民がいつでも安心して医療を受けることができる国民皆保険制度として創設されているものであり、その運営は国や府の交付金や市からの繰入金、そして被保険者の保険料などで賄われています。保険料の算定は、療養などに要する費用から国、府の交付金等を控除した額を基準に行うこととなっておりますが、執行部からは、あくまでも案としながらも、最大で20%近くもの保険料率引き上げが示されています。
 その理由として、一般会計も基金を取り崩すなど大変厳しい状況となっており、国民健康保険への新たな繰り入れは難しい状況です。
 また、平成21年度の決算見込みでは保険料の据え置きや不況による所得の減少、収納率の低下等により、単年度で10億円を超える赤字となり、現状のままでは、来年度の国保料の改定の際には料率の大幅な引き上げが必要になるとのことです。
 しかし、いみじくも、予算資料において急速な景気の落ち込みによる個人所得の減少等により、個人市民税を前年比10.2%減少を見込むと記載するなど、社会経済情勢の悪化の影響で市民生活が急激に落ち込んでいる状況を執行部も認識しており、市民生活はまさに困窮している状況にあります。
 また、収納率を上げるための取り組み不足や特定健診の健診率の低迷など、国保財政健全化への最大限の努力が執行部で行われていない中で、保険料率の大幅な引き上げを行い、市民に対して負担を押しつけることは、市民の医療を守るべき市の役割をみずから放棄することになると考えます。そのため、私たちは、市民の生活が逼迫している中、これ以上の保険料率の増額を行うことは容認できず、市長に対し、増額した場合の市民生活への影響を勘案し、平成21年度に引き続き、平成22年度においても保険料率を据え置くよう判断されることを強く求めてきたところであります。
 これに対して、保健福祉常任委員会において、市長から、料率を据え置き、市民生活に最大限配慮することを最優先にすべきとの市議会の御意見につきましては、何よりも重く受けとめさせていただき、同様の認識に立って最終的な判断をするとの答弁があり、私たちとしても来年度の保険料率を据え置く最終的な判断をするという市長の姿勢を受け入れた上で、本予算案に対し賛成を表明するものであります。
 同僚議員の御賛同を賜りますことをお願い申し上げまして、討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第25号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第25号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第29号について討論を行います。
 通告により、越智議員、討論願います。
◆16番議員(越智妙子) 〔登壇〕(拍手)
 議案第29号「平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件」について、日本共産党を代表いたしまして反対の立場から討論を行います。
 介護保険制度がつくられて、この4月で10年を迎えます。この間で、介護疲れによる心中事件が約400件、家族介護による離職者は14万4800人となっています。先日開かれた保健福祉常任委員会の翌朝、未明におきたグループホームで認知症入所者7人犠牲者を出した痛ましい火災のニュースが報道されていました。
 保健福祉常任委員会審議でも明らかになりましたが、平成22年度の当予算案は、前政権時代に実施されていた自然増まで押さえ込む制度改悪こそ盛り込まれてはいないものの、長く続いてきた社会保障切り捨て政治による傷跡を修復するための制度改善はありません。ここにこそしっかり予算をつけて高齢者の生活を守ることが今求められているのではないでしょうか。
 以下、当予算について賛成できない理由をるる述べていきたいと思います。
 まず、八尾市独自の減免制度すら改善しようとしていない点です。1割の利用料が低所得者層から必要な介護を奪っています。月平均4万8000円という国民年金から、介護保険料、後期高齢者医療保険料などが引かれる中、食費や光熱水費を切り詰めざるを得ない生活となっています。寒い日でも、高齢者の方が、暖房具も使わず、布団に入り寒さを防いでおられます。
 本来は国の責任で減免制度をつくり、利用料を無料にして低所得者を守ることが求められています。しかし、そのことができない間、せめて八尾市において府下で一番高い介護保険料を八尾市独自の減免制度で、市民負担を軽くすることをすべきではないでしょうか。現在、減免が認定されておられる方は15人です。もっともっと多くの低所得者が利用できる制度となるよう委員会で改善を求めました。
 例えば、予算の組み替え動議でも示しましたが、お隣の東大阪市では、低所得者減免として、2人世帯なら収入176万円以下、貯金350万円以下で、保険料が半額となります。平成21年度で利用者が1117人だそうです。それに要する財源は約1000万円。これを八尾市に当てはめますと、たった550万円の財源で、現在の減免対象15人に対して540人の方が保険料が半額になることになるわけです。
 先ほど、他の議員さんの討論の中で、我が党の予算の組み替え動議に対して、基金への依存という発言がありましたが、これは単なる基金依存などという問題ではなくて、だれの立場に立って市政を行うかという、税金の使い方、とり方をどうするのかという、まさに地方自治の基本が問われている問題なのです。しかし、市長はこの500万円の支出すら惜しんで、平成22年度も大阪府から一番高い保険料で市民を苦しめる姿勢を変えませんでした。
 また、八尾市が従来行ってきた配食サービスについてですが、制限が設けられたために、ピーク時の9万食から現在は利用者は半分以下となってしまいました。これは、平成18年度の介護保険の大改悪のもと、全額公費で行われていた保健福祉の事業が介護保険の枠内に押し込まれて、保険料を財源の一部にした上に、給付費の3%以内で実施するようにと上限をはめられたからです。このような配食サービスの抑制は、当然、国がまずやめるべきですが、それを待つまでもなく、市独自ででも一刻も早くやめるべきです。しかし、そのことについても、市民の実態に沿った答弁は返ってきませんでした。
 以上、このような市民の立場に立たない予算には賛成できません。よって、議案第29号「平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件」について反対といたします。同僚議員におかれましては、御賛同いただきますよう、お願い申し上げ、討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第29号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第29号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第26号について討論を行います。
 通告により、まず杉本議員、討論願います。
◆17番議員(杉本春夫) 〔登壇〕(拍手)
 議案第26号「平成22年度八尾市公共下水道事業特別会計予算の件」について、日本共産党を代表して反対討論を行います。
 公共下水道事業は、これまで莫大な予算を投入して普及率81.7%までになり、平成22年度では、137億0119万9000円をもって普及率83.4%に引き上げる予定となっております。
 下水道事業の促進は、市民の文化的な生活をしていくためには切実なものであり、同時に市民生活に直結するものであることから、市民の立場に立った施策も必要であります。
 今、深刻な経済状況のもと、働く人々の所得が大幅に減少したり、年金生活にとっても税金や社会保障の負担がふえ続けるなど、市民生活はかつてなく厳しいものとなっています。こんなときだからこそ、市民負担の軽減を図るべきです。
 八尾市は借換債を受ける条件として、国の誘導策によって財政健全化計画をつくり、下水道料金の値上げと基本料金が下げられた結果、使用が10立方メートル以下の世帯や、また世帯が減免制度を受けていたにもかかわらず負担がふえることになってしまいました。市民の暮らしが困難になっているときだからこそ、市民負担の軽減のために、少なくとも10立方メートルまでの無料化と減免基準の拡大を求めましたが、検討する姿勢さえありませんでした。
 第2に職員数を減らし続けていることも問題です。この5年間だけでも職員数70名から60名と10名減っております。平成22年度については、平成21年度と比べ4人も減っております。仕事量は減っていない状況で職員を減らすことは労働強化の押しつけそのものであり、強いては市民サービスの低下につながるものとして、職員の増員を求めましたが、今までどおり進めていくと改善の方向も示されませんでした。
 よって、議案第26号について反対するものです。同僚議員の御賛同をお願いし、反対討論といたします。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、大松議員、討論願います。
◆19番議員(大松桂右) 〔登壇〕(拍手)
 議案第26号「平成22年度八尾市公共下水道事業特別会計予算の件」について、賛成の立場から公明党、民主市民クラブ、新世やお及び自由民主党を代表して討論を行います。
 公共下水道事業は、市民生活の向上を図る上で、欠かせない事業となっており、市民の願いである都市基盤整備の全般において、その醸成を語る上ではなくてはならないものであります。下水道はその整備の効果として生活環境の改善、浸水の防除、水質の保全などが見込まれ、単なる生活廃水機能だけにとどまらず、昨今の環境の変化で続発するゲリラ豪雨にも対応するものとして期待が寄せられているところであります。
 しかしながら一方で財政面について言えば、借入金は1000億円を超え、その償還や利子の支払いについても非常に苦しく、整備に伴う費用のほかにも、支払うべき債務があり、事務の適正化、効率的な事務執行に努めても、その財政運営は非常に厳しい内容であります。
 そのような中にあっても22年度末には、整備目標の普及率83%の達成に努められるとのことであります。我々議会といたしましても、整備を待たれている市民の現状を見ますと、財政面での厳しさがある中においても、速やかな整備を要望するものであり、良好な市民生活の基盤整備を求めるに当たりまして、同予算に賛成をするものであります。
 なお、委員会審査においてもございましたが、市街化区域と市街化調整区域の整備のあり方につきましては、種々質疑が交わされたわけでありますが、税負担の問題、負担金の位置づけの問題、現市街化区域と市街化調整区域の優先順位の問題、整備の計画や財政面の問題など、多種多様に課題があります。そのような中において、市民の中に不公平感が生じることがないよう、精査・検討は言うまでもなく、市民にわかりやすい説明と、速やかな報告に努められますことを強く求めまして討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第26号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第26号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第30号について討論を行います。
 通告により、まず内藤議員、討論願います。
◆9番議員(内藤耕一) 〔登壇〕(拍手)
 議案第30号「平成22年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計予算の件」について、日本共産党を代表して反対の立場から討論を行います。
 まず、現在の政権は総選挙前には後期高齢者医療制度の廃止、こういうことを公約に掲げていました。しかし、政権についた途端に新たな制度をつくるまで後期高齢者医療制度を継続する、こういう国民の願いに反する態度を表明しました。
 国民保健の向上及び老人福祉の増進を図る、こういうことを目的としていた老人保健法を改悪し、うば捨て山医療と言われるように、後期高齢者医療制度は医療費の適正化を目的として、75歳以上の高齢者に負担を押しつけ、差別医療を持ち込むものであり、即刻廃止しなければなりません。
 しかも、この4月からは、さらに保険料が引き上げられることになります。大阪では5.1%の保険料の引き上げが行われます。しかも、現制度を廃止をする、こういうことを前提としておきながら、国はまともな財政措置を行わず、さらなる負担を高齢者に押しつける。このようなことは到底賛同できるものではありません。しかも、現在、政府内の中で検討されている内容は、この差別医療や新たな負担、別立ての保険制度と言われる保険制度を65歳以上の高齢者にまで広げる、こういうことさえ検討されています。
 後期高齢者医療制度を即刻廃止することを国に求めるようただしましたが、委員会の中ではそのような姿勢は一切見られませんでした。
 また、保険料の徴収などは自治事務として八尾市独自の判断で高齢者の方の負担の軽減を図ることは可能です。
 八尾市の判断で高齢者に新たな負担がかからないようにすること、負担の軽減を行うこと、また、短期保険証の発行をやめることなどを求めましたが、大阪府全域で統一した制度である、こういうことを言い、八尾市独自での措置をとることを否定されました。
 八尾市でも毎月約200名の方が75歳を迎えます。日本の社会は、もともと高齢者をみんなで祝う、そういう歴史と伝統のある社会でした。それが高齢を迎えたら、この社会に居心地が悪くなるような、そんな制度は即刻廃止するしかありません。しかし、そのような姿勢も、八尾市独自の努力も見られない。この予算には賛成することはできません。
 よって、議案第30号「平成22年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計予算の件」についての反対討論を終わります。
 同僚議員の皆さんの御賛同をお願い申し上げしまして、討論を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第30号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第30号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第31号について討論を行います。
 通告により、まず越智議員、討論願います。
◆16番議員(越智妙子) 〔登壇〕(拍手)
 議案第31号「平成22年度八尾市病院事業会計予算の件」につきまして、日本共産党を代表して、反対の立場から討論を行います。
 5年前、市立病院が新しく大きな病院になって、JR久宝寺駅の近くにできた、近くになってうれしいなど、多くの市民の方々から待ち望まれた新市立病院が完成しスタートしました。ところが、いざスタートすると、いい先生で、いい治療してもらったとの感謝の声も聞かれる一方で、紹介状がなかったから、えらいお金取られた、医者に診てもらえずに帰された等々の声も多く聞くところです。自治体病院は、地域住民の健康の維持、増進を図り、地域の発展に寄与する使命、役割を持っています。ですから、市民の共同財産である自治体病院は、当然のことながら赤字でも取り組まなければならない使命があります。救急医療を初め、いわゆる不採算部門を担っているのが自治体病院です。
 当予算に反対する理由の第1は、八尾市立病院がこの自治体病院の役割に沿った運営が図られていないものとなっていることです。国が進める公立病院改革ガイドラインを受け、市立病院改革プランを策定し、経営効率最優先で、収益をいかに上げるか。経費をいかに削るかに終始していることです。
 経営効率最優先の病院経営は、患者・利用者に負担を増大させ、医師・看護師など医療従事者に大きな犠牲を強いることになります。医師の連続夜勤明け勤務がその一つです。また、7対1の看護体制では、実際には看護師不足のため、患者7人に対し看護師1名、いわゆる7対1看護になっていないのに、看護師を院内で動かし、院内派遣と呼ばれる状況をつくり、まさにつじつまを合わせて辛うじて7対1と表向き示しているのが現状です。このような医師・看護師の過酷な過重労働は医療事故の原因にもなります。働きやすい労働環境をつくることは急務ですが、改革プランでは、医療収益を最優先するという間違った方向に市立病院をひたすら走らせています。
 反対の第2の理由は、PFI事業の問題です。新病院がスタートして5年が経過しましたが、PFI事業の検証だとして、昨年12月28日付で、八尾市立病院PFI事業検証のための実態調査・分析業務報告書なるものが、検証業務の受託業者アイテック株式会社から提出されました。この検証結果に基づいて、平成22年度から、またPFI株式会社による病院の管理運営が続行されるというものです。我が党はこれまでからも、PFI株式会社に管理運営業務を向こう15年間で540億円で委託する必要性がどこにあるのか、その委託料は何を根拠に出された額なのか、また八尾市の直営よりも安くなると言うが、その根拠を示すよう求めてきました。
 しかし、今回の検証も、基本となるその部分については、何ら触れられていません。15年後まで、このようにコンサルでの検証で済ましてしまうというのでしょうか。税金を約300億円も投入し、市民の税金で運営され、市民の命を守るとりでとなる市立病院が市民にはほとんど見えない曇りガラスの中でお金が動かされ、運営されているのです。検証と称してさらに民間コンサル業者に検証を委託し、市民に税金の行方を不透明な中に囲い込んでいるのです。このような運営は到底市民の納得を得られるものではありません。
 さらに、平成22年度には、医療機器の購入もふえていますが、PFI株式会社を構成する会社がみずから発注し、みずから受注するという入札にもかからないという医療機器購入の仕組みが委員会の中で、明らかになりました。このことも税金の使い方として市民の納得が得られるものではありません。
 また、PFIで働く派遣労働者などの労働条件も劣悪で最低賃金すれすれの手取りで働かされ、次々と派遣職員がやめていく。派遣労働者が市立病院の仕事だけでは食べていけないと、2つの仕事をかけ持ちしている状況だということです。
 そもそも、自治体病院の住民の命と健康を守るという使命と民間企業の目的である利潤追求には根本的に矛盾があることは明瞭です。八尾市立病院はPFI株式会社による運営ではなく、八尾市が直営で行うべきです。PFI株式会社による管理運営を続ける予算には到底賛成できません。
 以上の理由により、議案第31号「平成22年度八尾市立病院事業会計予算の件」は、反対の立場を表明するものです。議員の皆さんにはどうぞ御賛同賜りますようお願いを申し上げ、討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第31号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第31号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第32号について討論を行います。
 通告により、まず谷沢議員、討論願います。
◆15番議員(谷沢千賀子) 〔登壇〕(拍手)
 議案第32号「平成22年度八尾市水道事業会計予算の件」について、日本共産党を代表して、反対の立場から討論を行います。
 反対理由の第1は、水道料金滞納世帯に対し、毎月第2火曜日に給水停止を行っていることです。平成20年度は年間895件、月平均74.6件。ところが、平成21年度は年間1227件、月平均102.3件と大幅にふえています。この間、市民生活がいかに苦しくなってきたか、如実にあらわしているのではないでしょうか。失業や不安定雇用のため、最低限度の生活すら維持できず、やむなく滞納している世帯に対し、十分な調査も行わないまま、機械的に水道をとめることは、命の切り捨てになり、行政として絶対やってはならないことです。しかも、民間企業に給水停止や解除の業務をゆだねているため、滞納者の生活状況を把握できず、生活困窮者に手を差し伸べることもできません。給水停止をやめるよう、再三求めてきましたが、検討する姿勢すら見られません。
 2つ目に、財政健全化計画に沿って、水道局職員を毎年減らし続けていることです。平成17年度の職員数139人に対し、平成20年度は119人と20人減。平成21年度はさらに2人減らそうとしています。5年間で22人削減、これら削減人数のすべてが正規職員です。
 市民の健康や暮らしを守るべき自治体が職員数を減らし、正規職員を非正規職員に置きかえて大量の官製ワーキングプアを生み出すような方向は、根本的に間違っています。こんなやり方では、市民生活に直結する水道業務に関する専門技術を引き継ぐことも難しくなり、市民サービスの低下にもつながりかねません。
 よって、議案第32号に反対するものです。同僚議員の皆様には、ぜひ御賛同いただきますようお願い申し上げ、討論とします。(拍手)
○議長(垣内博美)
 次に、竹田議員、討論願います。
◆6番議員(竹田孝吏) 〔登壇〕(拍手)
 議案第32号「平成22年度八尾市水道事業会計予算の件」について、公明党、自由民主党、民主市民クラブ、新世やおを代表して賛成の立場から討論を行います。
 平成22年度の水道事業会計予算は、給水戸数12万4600戸、年間総給水量3287万6000立方メートル、有収水量3139万7000立方メートルと、給水戸数を除いて前年度と比較し、軒並みその数値は低下しております。
 改めて申すまでもなく、水は生きていく上で必要不可欠であり、地方自治体が安全な水を安定供給していくことは当然の責務であります。
 本市の水道局もこれを確実に遂行されており、将来にわたって継続をしていかなければなりません。
 一方で経営面に目を移しますと、今年度の委員会の予算審議の中において、昨今の水需要の低下や景気の低迷の影響から、将来の水道事業に対する見直しや、現状の経費削減の取り組み、水需要の喚起策など、さまざまな視点で質疑が交わされ、その中においても同予算が前年度と同様、引き続き経営の苦しい状況での予算計上となっていることが確認できたところであります。
 しかしながら、事業収益が前年度と比較して2億3000万円の減となり、収益は減少し続けている中でも水道はライフラインとして生活を営む上でなくてはならないものであり、20年3月に策定された八尾市水道ビジョンに基づき、安定供給への着実な歩みをとめることはできません。
 今回の予算においても、高安受水場受水池の耐震化や漏水調査業務、配水管の耐震補修工事など、自然災害の発生や老朽管の耐用年数も念頭におき、その整備・補修を着実に進めなければなりません。
 言うまでもないことでありますが、経営が苦しい状況であるからこそ、むだを排除し業務改善を引き続き行い、市民が信頼し安心できる水の供給を実践していただきたいのであります。
 今後の話ではありますが、大阪府の水道事業を引き継ぎ、大阪市を除く42市町村による企業団を設立し事業を行うとのことであります。
 府知事は今回の事業の引き継ぎに伴い、用水供給単価を10円10銭値下げすることを表明し、その値下げ分を住民に還元するようにアピールされております。
 当然市民生活にとってはこの値下げが歓迎されると思われますが、他に耐震整備など、今後必ず必要となってくる整備費用や調査費用が必要なことも加味するとともに、市民のニーズ、また、水の安定供給の立場などさまざまな視点で改めて熟考いただくことを要望し、賛成の立場からの討論を終わります。
 御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第32号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第32号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、議案第33号について討論を行います。
 通告により、大野議員、討論願います。
◆8番議員(大野義信) 〔登壇〕(拍手)
 議案第33号「包括外部監査契約締結の件」につきまして、日本共産党を代表して、反対の立場で討論を行います。
 本議案は、平成22年4月1日から1年間、新たに包括外部監査契約を締結するという内容です。
 包括外部監査契約は地方自治法252条の36で、法令上包括外部監査契約を締結しなければならないことになっています。外部監査人との契約を結ぶに当たって、外部監査人のこれまでの実績や考え方を検証する必要があります。今回提出された、包括外部監査における改善措置等の状況報告書を見ると、重大な問題点が浮き彫りになっています。外部監査人が改善措置を求めている内容について、非正規雇用の職員の方が正規職員に比べ、給与水準が低く、人件費を抑えるメリットがあるとし、臨時職員や外部業者への委託等の検討を行うことが必要として職員を削減し、民間委託を進めるよう指摘しています。これは職員の超過勤務を拡大し、また官製ワーキングプアをさらにふやすことになります。
 長時間にわたる労働はうつ病や過労死の要因となります。病気や過労の対策としては、時間外労働を減らすことが最も大事なことです。
 劣悪で不安定な雇用・賃金労働条件は、公務を担う労働者から専門性などを奪い、安心して職務に専念することを疎外し、公務労働に求められる専門性・継続性・安定性・公平性などを疎外しています。
 したがって、住民サービス向上のためには、その重要な担い手となっている非正規雇用労働者の待遇改善が不可欠であり、根本的には正規職員の大幅増員が必要です。
 また、外部監査人は改善措置の内容として、人事評価制の対象者を拡大し、職員全員とすることも指摘しております。
 人事評価制度については、2001年に国が公務員制度改革の流れの中で、物言えぬ公務員づくりを目指した能力・実績主義による新評価制度を柱とする、新人事制度の導入でした。
 国際労働機構、ILOは昨年の6月19日、日本政府に対して公務員への労働基本権保障を求める5度目の勧告を採択しています。
 労働基本法とは、憲法28条に定められた団結権、団体交渉権、争議権など、労働者に保障されるべき基本的権利のことであります。
 行政機関が真に主導権である国民の奉仕者、憲法15条として働けるような状態をつくり出すには、公務員に労働基本権が保障されなければなりません。そうしなければ、戦前の天皇制のもとでの官吏を見ればわかるように、支配権力の奉仕者となり、支配権力にとってのみ忠実な公務員制度が生み出されることになります。
 人権評価制度を全職員に拡大することは、公務員の労働基本権保障に真っ向から逆行するものです。
 また、外部監査人の改善措置は、国保の短期被保険者証保有者が、毎年調定額に占める割合が基準を超える分だけを納付しているような場合でも、長期被保険者証を受けとることができるという、いわば無償の便益享受者の問題が生じているなどとしています。これも所得200万円以下の世帯が77%を占め、高過ぎて払えない実態を無視した指摘であり、国保法第1条の社会保障制度としての位置づけを見ないものです。
 このように外部監査人の監査が行財政の効率性のみを強調し、憲法や地方自治の本旨に基づく自治体の役割を全く踏まえていないこと。住民要求や公共サービス、福祉の低下につながる改善措置を指摘する内容となっています。
 このような外部監査人との契約はとても認められません。
 よって、議案第33号「包括外部監査契約締結の件」について反対するものです。
 同僚議員の皆さんの御賛同をお願いして、討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより議案第33号について採決いたします。
 本件も、起立により採決いたします。
 本件、委員長報告どおり原案可決することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第33号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
△議案第35号「平成21年度八尾市一般会計第12号補正予算の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第2、議案第35号「平成21年度八尾市一般会計第12号補正予算の件」を議題といたします。
 山本副市長から提案理由の説明を求めます。
◎副市長(山本裕三) 〔登壇〕
 議案の御説明に入る前に、このたびは急遽補正予算の追加議案を提案することとなり、御迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。
 それでは、補正予算議案につきまして、御説明申し上げます。
 議案第35号「平成21年度八尾市一般会計第12号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5000万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ890億4324万5000円といたすものでございます。
 歳出予算の補正といたしまして、款民生費、項生活保護費、目扶助費におきまして、1億5000万円を増額補正いたすもので、医療扶助費が12月補正予算で見込んでいた金額を上回る結果となったことから、増額いたすものでございます。
 一方、歳入予算の補正といたしまして、市税におきまして3750万円を、国庫支出金におきまして1億1250万円をそれぞれ増額いたし、あわせまして、1億5000万円の増額補正いたすものでございます。
 以上が補正予算の追加議案でございます。何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。
○議長(垣内博美)
 これより、質疑に入ります。通告により、まず、花村議員、質疑願います。
◆2番議員(花村茂男) 〔登壇〕(拍手)
 議案第35号「平成21年度八尾市一般会計第12号補正予算の件」について質疑を行います。
 本来であれば、この議案第35号は3月定例会において当初提出されるべき議案であるはずのものが急遽提出されなければならない状態になった原因を市長はどのように認識しておられるのか、まずお伺いいたします。
 市民の方の生きる権利を守る最後のセーフティネットである生活保護費において1億5000万円にも及ぶ多額の補正予算が事ここに至って提出されました。担当部局において適正な業務の遂行がなされておれば、このような事態に至らなかったのではないかと思わざるを得ない状況であります。生活保護費受給者の生活や医療を初め、生きていくということに対し、本当に責任感を持って取り組んでいるのか疑わざるを得ません。
 これまでにもさまざまな問題が起こりました。いずれも管理の不十分、なれ合いによるものが大きな原因と言わざるを得ません。そのたびに市長は、「二度とこのようなことが起こらないように抜本的に今までの手法を検証し、再発防止に取り組む決意であります」と言っておられますが、市長の発言に責任と、言葉の重さを感じることができません。─つの起きた問題に対し場当たり的な対応をするだけで、全庁の管理体制の確認、指示されたとは思えません。
 今後、このような状況を繰り返さないための市長の思いと、具体的な対策をどう講じたのかお答えください。
 以上をもちまして、1回目の質問を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 市長の答弁を求めます。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 ただいまの花村議員の質疑にお答えをいたします。
 まず、急遽第12号補正予算をお願いすることになったことについてでありますが、生活保護費のうちの扶助費につきましては、昨年12月の市議会定例会において、8億6295万円の増額補正を承認していただいたところであります。
 補正予算の提出に当たりましては、雇用情勢などの現在の社会情勢や、生活保護に関する相談状況等を勘案するなど、最善を尽くしながら、適正な予算編成に努めたところであります。
 しかしながら、本年3月末日までに支払うべき医療扶助費の予算執行の時点で予算不足が判明し、急遽増額補正をお願いする事態となりましたが、補正予算後において、常日ごろから予算管理を適正に行っていたならば、予算不足という事態は十分に予見でき、今回の事態は避けられたものと深く反省しております。
 また、議会に対しても多大なる御迷惑をおかけすることとなり、心からおわび申し上げます。大変、申し訳ありませんでした。
 今後、二度とこのような事態を起こさないためにも、今まで以上に予算の適正な執行管理に努めてまいります。また、今回の事態を単に生活福祉課のみの問題としてとらえることなく、決裁時での二重、三重のチェック体制の強化を図るなど改善すべきところは、改善するように努めてまいる所存であります。
 次に、今回のような事態に対する私の思いと再発防止策についてでありますが、このようなことは、市民や議会の市政の執行に対する信頼を大きく損なうものであり、あってはならないことと認識しております。
 このため、今回のような事態が生じた場合には、全庁的な情報の共有化を図る一方、事態の徹底解明とその防止策の実施により再発の防止に努めてきたところであります。
 また、このような事態を防止するためには、事務の適正な執行はもとより、何よりも職員の資質の向上と意識改革が不可欠であることから、さまざまな研修等を通じて職員の資質の向上等に努めているところでありますので、何とぞ、御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
○議長(垣内博美)
 花村議員。
◆2番議員(花村茂男)
 今、さらにちょっと1点、御確認をさせていただきたいのですけども、今回のことがこの市民の方の税を大切また効果的に使わせていただくために取り組んでいる財政の健全化計画においての人員の適正化、これによって起こるべくして起こったことなのか。要は、健全化による人員の、その適正配置というものが誤ったものだったのかどうかということが、まずもって1点、お伺いさせていただきたいんですが。
○議長(垣内博美)
 木村健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 今回の件につきましては、職員が多い少ないということによって左右されるべき性格のものではない。日ごろの予算管理を十分にやっておれば、防げたものであると、このように認識しておるところでございます。
○議長(垣内博美)
 花村議員。
◆2番議員(花村茂男)
 済みません、人員って職員です、申しわけないです。ちょっと言葉が間違ってました。であるならば、職員のこの配置の問題ではないと言うんであれば、私、先ほども申し上げましたように、あくまでも感じるのは、要は信頼関係という名のもとにおいても、管理が不十分であったり、またなれ合いがそこにあったのではないかなということを強く感じざるを得ません。皆様御承知のようにこの性質は違うものの、昨年の決算委員会前になってのサポートセンターの公金詐取の問題、またはこの定例会の前に御報告いただきました庁内においての金品の無断借用の問題等々やっぱり出てきております。これはいずれも感じるのは、要は管理体制が不十分ではないのかなと。また、この職員の意識の問題というのが、大きな要因ではないのかなというのを感じざるを得ません。そういった意味合いからしても、本当に一部局で起こったこと、そこだけでとらまえて改善しましたというものでいいのかなと言うたときに、全庁的にこれをどうとらえるのか。一つの事例をどうとらえるのかという意識が余りにもなさ過ぎるのではないかなということを申し上げざるを得ません。
 市長が答弁でもおっしゃっていましたように、生活福祉課のみの問題としてとらえることなくというふうにおっしゃっていただいております。今後、二度とこのようなことが起こらないためにも、本当に全庁的な問題としてとらえて、これからどう対策をしていくのか、ということについて再度しっかりとした市長の思いというのをいただきたい。やっぱり、この管理体制の見直しをしていただきまして、常々我が党も申し上げております、職員の綱紀粛正をぜひとも進めていく以外に、市民の方からの信頼を得ることはできないんじゃないかなというふうに思います。信頼関係、職員同士の信頼関係、これ、あって当たり前ですけども、そこになれ合いがあれば、大きな過ちを生むのではないかなということを強く申し上げるとともに、ぜひとも市長のさらなる思いをいただきたいなというふうに思います。
○議長(垣内博美)
 市長。
◎市長(田中誠太)
 先ほども御答弁を申し上げましたが、一昨年からの公金詐取事件を踏まえ、公金管理につきましては、万全を尽くしてきたところだというふうには考えております。しかし、先ほど申し上げましたように、一個人あるいは一課の問題としてとらまえることなく、全職員そして全庁挙げて、この問題には取り組んでいかなければならないというかたい決意でございます。そういった中で、この間、管理体制の強化をさせていただいたり、あるいはこれからも二重三重のチェックのかかる組織としての機能体制をしっかりつくり上げていくことが大切だというふうには考えております。当然、一人一人の職員の資質の問題も当然ございますけれども、そこは研修を積む、あるいはそれぞれが励まし合いながら、相互監視するということではなくてその後の信頼の中で、しっかりと見守っていける組織風土をつくり上げていきたい。このように考えているところでございます。
○議長(垣内博美)
 花村議員。
◆2番議員(花村茂男)
 本当にぜひとも、市長におかれましては、今おっしゃっていただいたことを具体的に早急に実行をしていただきたい。今回のことにつきましては、本当に最後の生活を守るセーフティネットの部分でもその1億5000万円の補正を急遽組まざるを得ない、この問題は問題として、しっかりと見直すべきところは見直して、取り組みをお願いしたい。この部分は命を救うという観点から、これは補正を組んで進めていかざるを得ない問題なのかな、ということも考えざるを得ない事態でございますけども、その市長の決意のもとで、他の部署におきましても、健康福祉部だけではないんだという部分で、認識を改めて持っていただいて、さらなる信頼回復のための取り組みをぜひともお願いしたいと強く要望して終わります。
○議長(垣内博美)
 花村議員の質疑は終わりました。
 次に、内藤議員質疑願います。
◆9番議員(内藤耕一) 〔登壇〕(拍手)
 議案第35号「平成21年度八尾市─般会計第12号補正予算の件」について質疑を行います。
 今回の補正予算の内容は生活保護費の増額補正という内容です。しかし12月議会では生活保護世帯の増加及び母子加算の復活等に伴い8億6295万円の増額補正を行っています。
 今回、さらなる補正を行わざるを得ないほど生活保護がふえた背景をどのように考えておられるのかお聞かせください。
 リーマンショックが起こった2008年秋以降、急激な経済悪化のもとで貧困と格差の問題、国民の生活実態は一層深刻な事態になっています。
 高校生の就職内定率も1993年の調査開始以来、最大の落ち込みになるなど働きたくても働けない深刻な状況が全国に広がっています。中でも、府民の生活は新政権のもとでも深刻さを増しています。大阪府の咋年10から12月の失業率は7.2%で全国最悪です。府内の今春卒業予定の高校生の就職内定率も全国ワースト5位です。
 八尾市の中でも八尾市ワークサポートセンクーの新規求職者数・利用者教とも昨年と比べ25%増と急増していますが、有効求人倍率は0.38倍と昨年と比べても大幅に減少しているように、深刻な実態は今八尾の中でも大きく広がっていますが、現在の市民の実態についての認識をお聞かせください。
 また、このような状況をつくり出した最大の原因が新自由主義の立場で進めてきた構造改革路線の政治にあることは明瞭です。市民の暮らしを守る上でも、雇用・社会保障の破壊を進めてきたこの路線からの転換が必要だと考えますが、見解をお聞かせください。
 構造改革の立場の政治が続けられ、国民の暮らしが破壊される。こういうときだからこそ最後のセーフティネットである生活保護制度は憲法25条に示された国民の健康で文化的な最低限度の生活を保障する立場での運営が求められます。また、保護が必要なすべての方が受給できなければなりません。
 しかし、平成22年度の一般会計予算の生活保護の予算では、平成21年度の当初予算と比べて約12%ふやしていますが、今回の補正を加えた額と比較すれば3%の増加でしかありません。平成20年度は、前年度と比べ207世帯増加していますが、平成21年度は、平成20年度と比べて471世帯と2倍以上生活保護受給世帯がふえています。経済状況を初め市民を取り巻く状況は何の改善もされていない中では、ますます生活保護受給者もふえることが予想されます。平成22年度の予算案では余りにも少な過ぎるのではないでしょうか。御答弁をお願いします。
 全国的にはまともに相談に乗らず、申請すら受け付けない、水際作戦が横行し、埋不尽な就労指導や辞退届の提出を強要することによって保護の廃止に追い込むことまで、この間行われています。それが北九州市のような餓死事件まで引き起こす事態になっているのではないでしょうか。
 八尾市においても相談件数と申請受理件数との間に大きな開きがあります。この五、六年間の間だけでも相談件数のうち申請を受理した割合は平均35%程度です。保護申請の相談に行った市民から申請すらできなかったという相談が持ち込まれています。
 いくつか例を紹介します。家賃が1年近く滞納し窮迫であるにもかかわらず、ハローワークに行け、借り入れを行えと申請を拒否される。ガス・水道料金の滞納があるにもかかわらず、国保証がない、マンションの権利書がないので、今申請すれば不利益が起こる。こう言って申請すら拒否される。預金もなく、生命保険などの資産もなく4万3000円のアパートでひとり暮らしの高齢の男性は、家賃扶助4万2000円までしかできない、あと1000円安いアパートに引っ越してから、申請に来てくれ。こう言われたなど、八尾市でも水際作戦が実際に行われています。
 このような人権無視、法令無視の実態を市として把握してきたのかお聞かせください。また憲法や生活保護法の立場に立った対応に転換を図ることを求めます。御答弁をお願いします。
 最後に、八尾市が想定以上に保護世帯が急増する状況のもとでケースワーカーの体制の充実が必要です。
 八尾市では高齢者世帯担当の補助スタッフを非正規職員で配置していますが、2018世帯を11人の高齢者ケースワーカーが担当しています。1人当たりの担当世帯数は183世帯となっています。また、正規職員の担当世帯数も100世帯近くに上るなど社会福祉法の規定である80世帯を軽く超えています。このような現状をどのように認識しているのかお聞かせください。
 生活保護のケースワーカーは生活保護の受給手続、調査、相談、訪問による自立支援など幅広く業務を行っています。現在のような深刻な経済状況のもとで相談件数も急増する中で、精神的ストレスも抱え、多くの悩みを持ちながら相談者に向き合うことが多い職場です。過重負担の軽減を図ってこそ相談者への親身な対応も行うことができるのではないでしょうか。そのための職員の増員を行うべきです。あわせて御答弁をお願いして、1回目の質問を終わります。(拍手)
○議長(垣内博美)
 市長の答弁を求めます。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 ただいまの内藤議員の質疑にお答えをいたします。
 まず、生活保護費がふえた背景についてでありますが、一昨年の秋以降、未曾有の経済不況とそれに伴う雇用情勢の悪化を受け、離職者が急増し、市民生活が不安定な状況下に置かれています。
 また一方では、社会の高齢化が一段と進行しており、これらの要因が重なった結果、生活保護世帯が急増したものと考えております。
 次に、市民の実態についてでありますが、現在の厳しい雇用情勢を受け、働きたくても働けない市民が増加しており、また、労働者の賃金が低下するなど、市民生活は、より厳しさを増しているものと認識しております。
 次に、構造改革路線からの転換についてでありますが、今後のさらなる少子高齢化の進展を見据えた場合、雇用・社会保障制度の整備は、我が国にとって緊急の課題であると認識しております。
 しかしながら、社会保障制度につきましては、費用負担のあり方など重要な課題であることから、国レベルでの議論が必要であり、一自治体で対応できるものではないと考えております。
 また、雇用問題につきましては、国や大阪府と連携して、緊急経済対策事業により、雇用拡大に取り組むと同時に、雇用・就労の機会や場の確保、創出のための事業に取り組んでいるところであります。
 次に、平成22年度予算についてでありますが、予算編成時の生活保護の状況や、今後の推移見込みはもちろんのこと、現在の社会経済情勢を初め、さまざまな要因を勘案しながら、予算編成を行ったところであります。
 次に、本市においての実態把握についてでありますが、本市におきましては、生活保護の相談に来られた市民の方々に対し、熟練した面接相談員が親切丁寧に状況をお聞きし、個々の家庭の状況に応じて、年金や社会保険等の各種方策の活用の助言や、生活保護の決定に向けた適切な説明に努めております。
 最後に、職員体制についてでありますが、生活保護世帯の増加に伴い、ケースワーカー1人当たりの担当世帯数も増加し、社会福祉法における標準数を超える世帯数を担当している現状にあることは認識しております。
 このため、ケースワーカーの増員につきましては、平成22年度の人事異動における重点課題の一つとして、配置することといたしたところであります。今後とも適切な体制整備に努めてまいる所存であります。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 答弁いただいたんですが、何点かにわたってさらにお聞きもしたいなというふうに思うんです。そもそも議会開会中にこういう予算が突然出てくるということでありますけれども、それであれば本来、委員会の中でしっかりと質疑していく必要もあるんじゃないかなというふうに思うんですね。
 まず、最初に答弁いただいたんですが、生活保護がふえた背景、これについて一昨年の秋以降の経済不況と、それに伴う雇用情勢の悪化と。離職者が急増して市民生活が不安定な状況下にあるんだという認識は、それはそう、僕もそうなんですけれどもね、こういう状況を生み出してきた背景ですよね、本当に日本だけが首都のど真ん中に派遣村ができるような、そういう実態になってきてる。それが今、全国で大きな被害を及ぼしてきてると思うんですけれども。そういう離職者が本当に急増する、他の諸外国では見られないようなこんな状況があることについて、背景としてどういう認識を持っておられるのか、ちょっとまずそこをお伺いをしたいなというふうに思うんです。
○議長(垣内博美)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 近年の日本経済の停滞ということが大きな日本の課題になってるとの十分認識しております。従来、日本につきましては、貿易という形、輸出立国という大きな側面がございました。現在世界的に経済規模が拡大をいたしまして、国際競争も激化をしてるということで、一部、産業の空洞化ということで、大きな課題になってると思ってます。ですから、国内の大企業とか生産の拠点を国内から国外に移したということで、職場、雇用の機会が失われてるという側面もございます。
 また、やはり国際的な価格競争というようなこともございますので、それに打ち勝つというふうなことで、いろいろな労働形態が生み出されたというようなこともございまして、このような要因が重なり合いまして、一昨年のリーマンショックを受けて、日本の経済の弱い面が一挙に噴出してきたというようなことではないかなと認識しておるところでございます。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 世界規模で国際競争しているとかね、産業空洞化で海外へ出ていってるとかね、それは他の諸外国も一緒なんですよ。アメリカであっても、ヨーロッパであっても諸外国に出ていって、工業生産もしてるでしょうし、そういうもとで、日本だけ爆発的にその離職者の失業者が急増すると。失業するだけではなくて、その人たちが住む家さえ奪われるというね、こういう事態が今広がってる、その背景というものが何にあるのか。今のこの間進められてきた政治がそういう背景をつくってるというふうに、認識をしてるんですけどね、僕は。その点についての見解をお聞かせ願いたいなというふうに思うんです。この点の答弁で言いますと、構造改革路線からの転換についてでありますがと。今後のさらなる少子化・高齢化の進展を見据えた場合、雇用・社会保障制度の整備は、我が国にとって緊急の課題であると認識をしておりますと。雇用・社会保障制度の整備というものがどんどん切り崩されてきたからこそ、こういう事態になった途端に一気に、生活保護に頼らざるを得ないというかね、そういう人たちが急増すると。それは別に高齢者だけじゃないと思います。若い世代だって、住む場所さえなくなって、本当にこの間、何回か議会の中でも、紹介もさせていただきましたけども、ネットカフェから抜け出せない、そんな事態がこの間の政治によってつくり出されてきてるわけです。派遣法が改正をされて、先ほど言われてた、製造業の現場にまで派遣が可能である中で、大企業の都合に合わせて働くと。都合が悪くなったらすぐに首を切られてしまうと。こういう事態にメスを入れると。それで雇用を守らせるような、政治に転換を図ってこそ、図る必要がまずあると思うんですけれども、ちょっと、申しわけない、市長さん、この点の見解、ちょっとお聞かせ願いでしょうか。
○議長(垣内博美)
 山本副市長。
◎副市長(山本裕三)
 かつて、若干答弁申し上げたときがあるんですけども、もう七、八年前ですかね、「ハケンの品格」というテレビドラマがございました。若い人がそういうことにあこがれてきたというそういう社会状況というのも時代的背景としてはあったかというふうに思うわけです。
 ただ、今の時代は内藤議員がお示しのとおり、やはりこれまで日本が培ってきた終身雇用制度というものがここ数年、見直しをされてきてるという状況であろうかと思います。
 お示しいただいた派遣法の改正の問題、改善の問題も、これは国会でもるる議論になってる。というのは、そういう社会的な大きな流れ、国民の要請を受けた、政治課題として、今改めて国においても議論をされているという認識を持つわけでございます。特にそもそもが派遣法というのが専門的なそういった人材の有効活用というような視点から、もともとスタートを切った法制度であったわけでございます。それが製造業まで、今お示しいただいたとおり、製造業まで拡大をしてきたと。そのことでより効率的なと言いますか、有効な人材活用というものが一定の経済の安定時代には、そのことで日本経済を支えられてきたと。つい先ほど言いましたように、若い人から受け入れられてきたという時代もあったかというふうには思うわけです。
 しかしながら、現状況、社会状況というのはそういった時代的背景ではなく、新たな雇用環境というものを今創出されなければならないということが、大きな政治テーマになっておるという認識もございますし、そういった国の動き等をしっかり踏まえた中で、我々も行政運営を進めてまいりたいと、かように考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 前回もその話を聞かせてもらって、ちょっと調べさせてもらったんですが、「ハケンの品格」というテレビドラマ。あれは派遣法が横行する中で、本当に一人一人の労働者が物扱いされると。そういう中で、派遣でも一人の人間としての人権はあるんですよと。人格は一人の労働者としての人格があるんだという趣旨で放映されてるドラマでね、ああいう時代にあこがれたとかという、そういう問題ではないんですわ。それ以上にひどい現実の社会があって、本当に人間を一人の人間として見ない、そういう情勢に対しての批判のドラマなわけです。それはちょっと認識が違うしね、先ほど最後の方には今はちょっと違うということを言われてましたけども、現代の貧困で言えば、低賃金不安定就業者の増大、これが一つの大きな要素です。そういう人たちが社会制度から排除されてきてると。まともに国保が受け入れないとかね、国保がないとか、医療を受けれないとか、住所がないというために生活保護すら受けれないような、そんな状態が全国で蔓延してきていると。3つ目に言えば、そういう人たちが社会的に本当に孤立すると。そういう事態というのが今、こういう構造改革のもとで何ら改善されてきてないわけです。
 先ほど、新政党がこの労働問題で検討を始めてるということを言われてましたけれども、原則、日雇派遣禁止だと言いながら、長期の雇用が見込まれる場合は日雇派遣でもオーケーというね、専門26業種もまともに見直しをしようと今現在してない中で、大穴をあけたままで、改正していくと。そういう立場で国が政治をこれから進めようと一方でしてるわけです。そういうことをされる中でしていけば、本当に高齢者だけじゃなくて、若者を含めてね、本当に生活すらできないような状況というのは、今、極めて深刻な事態になっているからこそ、そういう貧困をなくしていくことの立場での取り組みというのが求められると思いますし、その手助けをしていく、自立の向けての本当に生活できるような状態をつくり出していく。これが今八尾市に一番身近な市民のね、八尾市の行政にとって求められてることなんだと思うんですね。その点でちょっと認識が違うなと思ったのは、答弁を聞かせていいただいたみたいにね、先ほど1回目の質問の中で、水際作戦のこととか聞かせていただいたんですけれども、このときの答弁で言いましたら、生活保護の相談に来られた市民の方々に対し、熟練した面接相談員が親切丁寧に状況をお聞きし、個々の家庭の状況に応じて活用の助言、決定に向けた適切な説明に努めておられますということを言われてるわけですけれども、ちょっとお聞きしたいんですが、家賃は1年近く滞納していると。こういう場合は窮迫にならないのか。またあと、ガスや水道料金、これが何カ月も滞納している場合、これは窮迫にならないのか。ちょっとお聞かせ願えますか。
○議長(垣内博美)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 窮迫という制度は、確かにございます。
 我々といたしましたら、18歳から64歳の方、要するに働く能力のある方につきましては、就労していただいて、生活の糧を得ていただくというのが、これが大原則でございます。その中で、今議員お示しにありましたように、一時的な理由によって生活保護をかけるというようなことだと思うんですけれど、我々としたら、その人のやはり現在の収入状況あるいは生活実態、あるいは稼働能力、あるいはその人を取り巻く扶養家族の方がおられるかどうか、あらゆる要因をつぶさに調査あるいは勘案をさせていただいて、どうしても、やはり最終的には生活保護を適応しなければ、その人の生活が成り立たないというような場合については、窮迫というような形で法の適用をさせていただいているということでございます。
○議長(垣内博美)
 内藤議員にお願いいたしたいと思いますが、医療扶助費にかかっているのだけ計上した補正予算でありますので、その点に絞ってひとつ質疑を展開してもらいたいと思います。
◆9番議員(内藤耕一)
 はい。医療扶助に関係する部分ということなんですけれどもね、やっぱり、これだけ生活保護が増える背景ですよね、それでまた急に補正を上げないといけなくなったその背景というのは、実態としてどうなのかというのを、八尾市の中で把握しておかないと、来年度も生かすことできひんと思うんです。先ほど僕が言わせてもらったのは、こういう中で、受けれる人がまだ受けれてない人も八尾市の中でいてるんじゃないかと。本来であれば、もっと補正を上げなければならない状況があるかもしれへんわけですよね。その中で、先ほど言わせていただいたみたいに、家賃が1年近く滞納してると。ガス・水道料金の滞納もあると。こういう中で、これが窮迫した状況にならないというのは、これだけを持っては、と言われてましたけども、余りにも市の対応としてどうかなと思うんですよ。社会通念上、放置しがたいと認められる状況が切迫している、こういうことが窮迫状況であるというふうに、法7条のただし書きの中でされているわけですからね。その立場に立った運営というのが一つは求められると思うんですが、その立場で、改めて転換を図っていくと。こういう事態が実態としてあるわけです。
 3つ目に預金がないと。家賃補助4万2000円までしかないから、1000円安いアパートに引っ越してからまた来てくださいと言われた方は、僕は一緒に行ってたわけですわ。そういう中で、1000円安いアパートに引っ越してくれと、こう言われてるわけですわ。本当に、この方すぐに受けれたかもしれないのにね、それなのにほったらかしにされてるということ自身についてのちょっと見解もお聞かせ願いたいと思うんです。
○議長(垣内博美)
 山本副市長。
◎副市長(山本裕三)
 るる、お話しいただいとるんですけど、胸を張って答弁するのにちょっと辛うございます。全く私どもの予算管理上のミスで、このような補正予算に至ったということで、改めておわびを申し上げたいと思います。そういった趣旨の補正でございます。保護行政に対する御質問でございますけども、常々、申し上げております通りでございます。適正に処理させていただいておりますので、よろしく御理解お願い申し上げたいと思います。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 適正にされてないという事例を挙げてるわけですわ。そういう中で出てきてるその実態というのが八尾にもあるわけで、全国的にはそういう中で餓死するとか、衰弱死するとか、そんな実態も広がってきてるわけですよ。そういう事態も一方である中で、そんな事態を放置できないですよね、八尾市としても。適正にされてない状況というのがあるわけですから、それについては改善を求めたい。そういう実態も今後把握していただきたい。どういう相談に本当に乗ってきたのか、それが本当に適正なのかどうか、把握もしていただきたいと思うんですけれども、ちょっとその見解お聞かせください。
○議長(垣内博美)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 生活保護の相談、あるいは申請の受理ということにつきましては、当然相談につきましては、その方の生活実態をつまびらかにするという形でいろいろその人の状況をつぶさに聞いて懇切丁寧な対応をさせていただいているところでございます。保護を適応するかどうかということにつきましては、無差別・平等の原則というものに基づいて、生活保護行政はやっているところでございます。いろいろな国から示されている基準等ございます。これらに基づいてその方にとってどういう形が一番適用できて、ふさわしいのか、御本人とそういう御要望等も聞きながら適切に今まで、生活保護行政をやってきておりますので、今後八尾市についても、そのような基本的な姿勢で、生活保護行政をやっているということでございますので、御理解の程、よろしくお願いしたいと思います。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 あと何点かお聞かせ願いたいんですが、さっき、その答弁の中で、生活保護のケースワーカーの問題も聞かせていただいてるんです。その職員体制について、1人当たりの世帯数は多過ぎるということの答弁をされてるわけですけれども、これ平成20年の10月3日に大阪府の方から生活保護法施行事務監査の結果についてという中で、監査時現在、現業員が社会福祉法に定める標準数52名に対して42名不足しており、また、査察指導員についても、厚生労働省が標準数として示している数の7名に比べて1名不足しているという状況にあるという、こういう監査結果されてるのを、皆さんも御存じだと思うんですけども、この立場に立って、改善されたのかどうか。ちょっとお聞きもしたいなと思います。
○議長(垣内博美)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 生活福祉課の職員に対して、とりわけケースワーカーの配置については従来から、八尾市の重要な課題ということで認識をさせていただいております。私も何度かこの点については、議会の方にでも答弁をさせていただいております。確かに国の方では1人当たり80ケースというような標準は示されております。それから見ると、八尾市の方はケースワーカー不足ということがございます。
 ただ、これを補助するために、高齢者の調査の補助調査員を11名配置するなど、あるいは自立支援員を2名、新たに設置するなど、いろいろな工夫をしながら、生活保護行政を行ってきているところでございます。来年度の体制に向けて私の方から人事当局に対して要望させていただいて、一定の配慮をさせていただいておりますので、そういうふうな中で、適正な生活保護行政に努めてまいりたいと、このように考えているところでございます。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 今29名のケースワーカーで見られてる中でも100名近く、今現在いてるわけですよね。それがケースワーカーでいろんな相談業務をやるだけでなくて、窓口の受付であったりとか、申請者の相談であったりとか、そういうこともその方々が含めてやられていくと思うんですよね。そういう意味では、本当に過労な実態というのが改善されてこそ、本当に最初の方から言われてたような親身な、また的確なというか、そういう指導や援助というものができていくと思うんです。そういう点でもこの職員体制充実をさせていくということとあわせて、今後の保護の体制の充実を図っていくということがないと、先ほどの人が多い少ないではないと。今回の補正を出されたものではないということはありましたけれども、市民に改善を図っていくという点では当然必要だと思いますし、大阪府の監査結果の立場に立って、24名も不足してると、この時点で。僕、この数字を今でもそんなに変わってないとは思うんですけれども、不足してる数、これに近づけていくという思いを持っておられるのかどうか、あわせてお聞かせ願えますか。
○議長(垣内博美)
 健康福祉部長。
◎健康福祉部長(木村滋)
 職員体制については、かねてから答弁させていただいているところでございます。我々としたら、八尾市全体の職員配置という問題もございますし、現在の生活保護の状況等も見ながら、やはりいろんな工夫をしながら、限られた体制の中で、市民の方については迷惑をかけないということで、面接相談員も3名から4名に増員をさせていただいて、懇切な対応に心がけていくところでございます。確かに今の人数につきましては多いに越したことはございませんけれども、我々としたら、やはり現在の体制でいろいろな工夫をしながら、対応をしていきたいというように考えておるところでございます。
○議長(垣内博美)
 内藤議員。
◆9番議員(内藤耕一)
 何点か聞かせてはいただいていたんですけれども、基本的に今回もこの補正予算そのものには反対するものではないんですけれどもね、しかし、今の情勢の認識を含めて、大きく後退しているというか、ここを転換図らなければ、本当に市民の立場に立った行政運営もできへんなというふうに思うんです。そういう点で、実態を把握していくということも含めて、職員体制の充実、そういうことも含めて、本来であれば、もっと幅広く質疑もしていかなければいけないところなんだと思うんです。そういう点でも、やっぱり委員会に付託をして、もっと全体の中で議論をしていくということがどうしても必要だなというふうに思います。そういう点だけ言わせていただくのと、大きく改善を図っていただく、このことを要望させてもらって、質疑は終わります。
○議長(垣内博美)
 内藤議員の質疑は終わりました。
 通告に基づく質疑は終わりました。
 次に、本件、委員会付託を省略することについて、お諮りいたします。
 本件は起立により採決いたします。
 本件、委員会付託を省略することに賛成の方は御起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議案第35号は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論を行います。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第35号について採決いたします。
 本件、原案可決することに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、議案第35号は、原案どおり可決されました。
─────────────────────
△請願第9号「国保料の引き上げをやめ、市民の暮らしを守る請願の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第3、請願第9号「国保料の引き上げをやめ、市民の暮らしを守る請願の件」を議題といたします。
 本件は、保健福祉常任委員会に審査を付託いたしておりましたので、その結果について委員長から報告願うことにいたします。
 岡田議員。
△保健福祉常任委員長報告
◆保健福祉常任委員長(岡田広一) 〔登壇〕
 ただいま議題となりました請願第9号「国保料の引き上げをやめ、市民の暮らしを守る請願の件」について、審査の結果を御報告申し上げます。
 本請願は3月12日の委員会において、慎重に審査を行いました。審査では、まず紹介議員の趣旨説明を受けた後、審査の参考として、執行部から見解を求め、本件に対する質疑等を行いました。
 その後、本請願について採択の立場から討論があり、起立採決の結果、採択少数、不採択多数により不採択を適当と認めたものであります。
 以上で、保健福祉常任委員長報告を終わります。
○議長(垣内博美)
 委員長の報告は終わりました。
 これより、委員長報告に対する質疑を行います。
 質疑ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
質疑なしと認め、質疑を終結して、これより討論に入ります。
 通告により、越智議員、討論願います。
◆16番議員(越智妙子) 〔登壇〕(拍手)
 請願第9号「国保料を引き上げをやめ、市民の暮らしを守る請願の件」について、採択の立場から日本共産党を代表して、討論を行います。
 市長は、2月2日に開催されました国保運協に、年間所得が200万円の4人家族で、年間42万円もの国保料がかかるという、とんでもない内容の資料を提出されました。この大幅値上げに対して、運協では、さすがに、賛成する意見はただの1人からも出されませんでした。
 また、先ほどの生活保護費の追加議案にもあらわれてますように、市長が答えられましたように、市民生活は不安定な状況に追い込まれ、雇用の悪化、働きたくても働くことのできない人の増加、まさにこれが今の市民生活の実態であります。
 このように自公政権がつくり上げてきた社会保障の削減のもとで、弱者が切り捨てられ、多くの市民が苦しい生活に追い込まれていることはだれもが否定できません。こんなときに、国保料の値上げをやってはならないことは、もはや論を待つまでもないと思います。当請願はそんな中で提出された国保料を引き下げてほしいという請願であります。八尾市国保の仕事は、八尾市民の命と健康を守ることです。要するに、国保加入者がいつでも安心して医療が受けられるようにすることです。この請願はどの角度から見ましても、市民の当然の願いだということは、まさに明瞭であります。
 まず、そもそもこんなに国保加入者に負担を負わせるようになった原因は何かということです。
 それは市長もかねてから認められておられるように、政府による国保会計への国庫負担の削減です。政府は、1984年を皮切りに、次々と国庫負担を切り下げ、市町村の国保財政を悪化させてきました。
 1984年に50%あった国庫負担金は、2007年度では25%にまで削減されています。さらに、政府は所得に関係なく課税される応益割合の引き上げを求め、低所得者の国保料の値上げを招いてきたのです。
 そんな中で、おととしの国会では、民主党の議員が、市町村国保について、9000億円弱の予算措置を我が党が政権をとった暁にはさせていただくと、こうおっしゃいました。
 ところが、実際に政権について、この国保料、財政措置はわずか40億円という制度が入れられただけです。例えば、これが4000億円の国庫負担を投入すれば、国保料は1人1万円値下げることができるのです。ただ、いきなり25年前の水準に戻すということはできないとしても、やはり、国庫負担を下げたことが国保料を引き上げの原因なのですから、政府の意思として国庫負担を上げていくという方向を示させる、このことが今、必要と考えます。
 よって、八尾市の今とるべき対応は、国保加入者に負担をふやすのではなくて、国に国庫負担をもとの水準に戻すよう求めることであります。これはすぐにでもできることです。
 次に、国が削減を続ける中、市民への負担を減らすためには、八尾市の一般会計から国保会計への繰り入れをふやすことです。これは先の我が党の提案した予算の組み替え動議の中で、示したとおりであります。一般会計から国保会計に2億7000万円を繰り入れるだけで、低所得者のための減免制度の復活ができます。
 また、あと1億7500万円の繰り入れで、国保法第44条に基づいた国保加入者の医療費の無料化制度を今の6カ月間から1年間にふやし、さらに、対象者も74歳までのすべての国保加入者に拡充することができます。
 予算の組み替え動議の中で示しましたように、不要な開発などの予算を見直せば、その分を国保会計に回すことができるんです。
 税金の使い方を、自治体の仕事は住民の福祉を守ることという本来の立場に立てば、請願者の願いにすぐにでもこたえることができます。
 以上の理由により、請願者の国保料を引き下げてほしいとの願いは、まさに道理があり、当然の願いであり、採択すべきであると考えます。同僚議員におかれましては、どうぞ御賛同いただきますよう、お願い申し上げ、討論を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)
○議長(垣内博美)
 通告に基づく討論は終わりました。
 それでは、討論を終結して、これより請願第9号について採決いたします。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、採択することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立少数であります。
 次に、本件、不採択することに賛成の方は起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、請願第9号は不採択とすることに決しました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
△議案第36号「八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第4、議案第36号「八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件」を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 ただいま議題となりました、議案第36号「八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件」につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 本件につきましては、本市教育委員会委員であります百瀬正康氏の任期が来る3月31日をもって満了となりますので、引き続き百瀬氏を選任するにつきまして、市議会の同意をお願い申し上げるものでございます。
 百瀬氏は昭和**年*月**日にお生まれで、現在、**市**町**丁目*番**号にお住まいでございます。同氏は昭和41年12月から教員となり、昭和44年4月から八尾市立大正中学校、刑部小学校で教鞭をとられた後、平成5年4月に本市教育委員会指導主事となられ、社会教育部参事並びに管理部次長を務められました。その後、八尾市立大正中学校長などを歴任され、平成18年4月からは本市教育委員会委員に就任され、教育行政の推進に御尽力をいただいているところでございます。
 同氏は教育全般につきまして、すぐれた識見をお持ちであり、その高潔なお人柄は本市教育委員会委員として最適任であると考えております。何とぞ市議会の御同意を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(垣内博美)
 お諮りいたします。
 本件については、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思います。
 これに、御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 それでは、これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議案第36号について採決いたします。
 本件、原案同意することに、御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、議案第36号は原案どおり同意されました。
 それでは、ただいま教育委員会委員に選任同意されました百瀬さんから、あいさつしたいとの申し入れがありますので、お受けすることにいたします。
◎教育委員会委員(百瀬正康)
 議長のお許しを願いまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日は八尾市教育委員会の委員の選任に当たりまして、温かなる御同意を得まして、心からお礼を申し上げます。
 申し上げるには、非常に教育の現状というのは日々、大変刻々と厳しさが増しております。
 その中で、教育委員という重責を果たしますには、身に余る重責ではございますが、もとより微力な私ではございますが、教育の発展とまた教育行政の向上のために私自身、全力をもって当たる覚悟でございます。
 つきましては、議員の皆様方には、これからもよりよき御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。これからもよろしくお願いいたします。(拍手)
─────────────────────
△諮問第1号「人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第5、諮問第1号「人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件」を議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 ただいま議題となりました諮問第1号「人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件」につきまして、提案理由を御説明申し上げます。
 本件につきましては、本市管内の人権擁護委員のうち、眞鍋トミヱ氏の任期が来る9月30日をもって満了となりますので、眞鍋氏を後任委員の候補者として再度推薦するにつきまして、市議会の御意見をお伺いいたすものでございます。
 眞鍋氏は昭和**年*月**日のお生まれで、現在、**市**町*丁目*番**号にお住まいでございます。
 同氏は昭和34年4月より香川県坂出市の中学校及び小学校で教鞭をとられ、昭和36年に退職された後、昭和41年5月から平成6年9月まで眞鍋株式会社に勤務される一方、本市の小学校、中学校並びに府立高校のPTA役員を務められ、現在は八尾市更生保護女性会の理事として活躍されております。
 同氏は人権擁護委員といたしましては、平成13年5月からお務めいただいており、人権問題についての深い理解のもとで、人権相談を初め、各市の人権擁護、啓発活動に御尽力され、人格・識見ともに高く、また広く社会の実情にも精通されておりますので、人権擁護委員としての候補者として最適任であると考えております。
 何とぞよろしくご審議の上、御意見を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。
○議長(垣内博美)
 お諮りいたします。
 本件については、諮問でありますので、次の日程第6、答申第1号において、議会としての意思決定を行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については次の日程第6、答申第1号によって、議会としての意思決定を行うことに決定しました。
─────────────────────
△答申第1号「人権擁護委員候補者を推薦するについて答申の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第6、答申第1号「人権擁護委員候補者を推薦するについて答申の件」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本件は、お手元配付のとおりでありますので、説明、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については説明、質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより答申第1号について採決いたします。
 人権擁護委員候補者については適任と認めて答申することに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、適任と認めて答申することに決しました。
─────────────────────
△議会議案第1号「八尾市議会議員定数等調査特別委員会設置の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第7、議会議案第1号「八尾市議会議員定数等調査特別委員会設置の件」を議題といたします。
 提案者を代表して、重松議員から提案理由の説明を求めます。
◆23番議員(重松恵美子) 〔登壇〕
 ただいま議題となりました議会議案第1号「八尾市議会議員定数等調査特別委員会設置の件」について、提案者を代表いたしまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 地方分権の進展に伴い、地方自治体の自己責任、自己決定権がより一層拡大し、自主的自立的な行財政運営が求められる中、議会の責務も格段に高まり、さまざまな課題に的確に対応し、その役割を最大限に発揮することが求められております。
 また、国の地方行財政検討会議等の議論において、地方議会のあり方も含めた地域主権の確立を目指した地方自治法の抜本的な見直しが予定されております。そのような取り巻く環境の変化に対応するためには、議会が市政の一翼を担う機関として地域住民の多様な意見を市政に反映させるという、その本来の機能を十分発揮するとともに、議会運営の効率化の観点も踏まえた上で分権時代のあるべき議会の定数等についてさまざまな角度から改めて検討することが重要であると考えます。
 以上の理由から、本市議会の議員定数等について、総合的に調査し、検討を行うため、各会派の代表9人で構成される八尾市議会議員定数等調査特別委員会の設置を提案するものであります。
 なお、本件につきましては、各派代表者会議において種々協議が行われた結果、3月26日に議案書の内容どおり決定されたことを申し添えておきます。
 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(垣内博美)
 お諮りいたします。
 本件については、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思います。
 これに、御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 それでは、これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議会議案第1号について採決いたします。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、原案可決することに賛成の方は、起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議会議案第1号は原案どおり可決されました。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 この際、お諮りいたします。
 ただいま、設置されました八尾市議会議員定数等調査特別委員会は、付議事件の解決まで閉会中の継続審査といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、八尾市議会議員定数等調査特別委員会の継続審査は、可決されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
△八尾市議会議員定数等調査特別委員会委員の選任の件
○議長(垣内博美)
 次に、日程第8、「八尾市議会議員定数等調査特別委員会委員の選任」を行います。
 委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定に基づき、お手元配付の名簿のとおり、議長において、指名いたします。
………………………………………………………
〇八尾市議会議員定数等調査特別委員会委員
  岡田 広一、内藤 耕一、村松 広昭、
  越智 妙子、大松 桂右、田中 久夫、
  重松恵美子、伊藤 輝夫、小枝 洋二。
………………………………………………………
─────────────────────
△選第1号「八尾市議会議員定数等調査特別委員会の委員長及び副委員長の選任の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第9、選第1号「八尾市議会議員定数等調査特別委員会の委員長及び副委員長の選任」を行います。
   〔一部議員退場〕
○議長(垣内博美)
 お諮りいたします。委員長及び副委員長の選任については、委員会条例第7条第2項の規定に基づき、委員長に小枝議員、副委員長に内藤議員をそれぞれ選任いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま、発表いたしました議員が、八尾市議会議員定数等調査特別委員会の委員長及び副委員長に選任されました。
   〔前記退場議員入場〕
─────────────────────
△議会議案第2号「八尾市議会会議規則の一部改正の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第10、議会議案第2号「八尾市議会会議規則の一部改正の件」を議題といたします。
 提案者を代表して、小林議員から提案理由の説明を求めます。
◆27番議員(小林貢) 〔登壇〕
 ただいま議題となりました議会議案第2号「八尾市議会会議規則の一部改正の件」につきまして、提案者を代表いたしまして、提案理由の御説明を申し上げます。本件は地方自治法第100条第12項の規定に基づき、会議規則第124条に規定しております協議または調整を行うための場につきまして2点にわたり追加する改正を行うものでございます。
 まず、第1点目といたしまして、各派代表者会議や議会運営委員協議会等既存の協議・調整の場以外におきましても、緊急を要する場合に、急遽新たに協議・調整の場を設置することが必要となることも今後予想されますことから、議長が当該協議・調整の場を設けることができるよう第124条第2項にただし書きを加えるものでございます。
 第2点目といたしまして、先ほど議会議案第1号において、設置いたしました八尾市議会議員定数等調査特別委員会につきまして、委員協議会を設置する必要がございますので、同委員会の付託事件終了の日の翌日まで当該委員協議会を設置するものでございます。なお、改正後の規定は公布の日から施行するものでございます。
 以上、まことに簡単でございますが、議会議案第2号の提案理由の説明を終わります。
 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。
○議長(垣内博美)
 お諮りいたします。
 本件については、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思います。
 これに、御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 それでは、これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議会議案第2号について採決いたします。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、原案可決することに賛成の方は、起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議会議案第2号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
△議会議案第3号「地方議会議員の位置づけの明確化を求める意見書提出の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第11、議会議案第3号「地方議会議員の位置づけの明確化を求める意見書提出の件」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本件は、お手元配付のとおりでありますので、説明、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については説明、質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 それでは、これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議会議案第3号について採決いたします。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、原案可決することに賛成の方は、起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議会議案第3号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
△議会議案第4号「「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書提出の件」
○議長(垣内博美)
 次に、日程第12、議会議案第4号「「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書提出の件」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本件は、お手元配付のとおりでありますので、説明、質疑、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、本件については説明、質疑、委員会付託を省略することに決しました。
 それでは、これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
   (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 討論なしと認め、討論を終結して、これより議会議案第4号について採決いたします。
 本件は、起立により採決いたします。
 本件、原案可決することに賛成の方は、起立願います。
   〔賛成者起立〕
○議長(垣内博美)
 起立多数であります。
 よって、議会議案第4号は原案どおり可決されました。
─────────────────────
△八尾モール株式会社の経営状況について
○議長(垣内博美)
 次に、日程第13、「八尾モール株式会社の経営状況について」を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本件については、お手元に配付された報告書により、口頭説明にかえることにいたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
よって、本件の経営状況の提出については、お手元配付の報告書により、口頭説明にかえることに決しました。
 本件は、これをもって終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        第35期
  八尾モール株式会社経営状況報告
 八尾モール株式会社は、主に、近鉄大阪線高架下及び旧駅跡地の店舗並びに関連用地の建設、管理、運営及び賃貸借並びに経営に関する業務を行うことを目的に、昭和49年8月12日に設立し、現在、高架下店舗数65店舗の賃貸事業を主として行い、近鉄大阪線八尾駅高架下の周辺地域における商業集積の活性化に努めているところです。
 それでは、第35期の八尾モール株式会社の経営状況につきまして、別紙、決算報告書により御説明申し上げます。
 最初に、貸借対照表(平成21年9月30日現在)について御説明申し上げます。
 まず、資産の部につきましては、流動資産5億2140万2536円、固定資産5億9534万5577円となり、資産合計は11億1674万8113円でございます。
 負債の部といたしましては、流動負債7406万4030円、固定負債6億7792万6337円で、負債合計は7億5199万0367円でございます。
 純資産の部といたしましては、資本金1000万円、利益剰余金3億5475万7746円で、純資産合計3億6475万7746円となり、負債、純資産の合計は11億1674万8113円でございます。
 次に、決算報告書の損益計算書(平成20年10月1日から平成21年9月30日)につきましては、?売上高といたしまして、1固定賃料収益2億5070万8600円、2歩合賃料収益1004万6200円、3共益費分担収益2177万3717円、4運営費分担収益1463万7600円で、売り上げ総利益2億9716万6117円でございます。
 ?販売費及び一般管理費としまして、2億7139万3970円でございます。この結果、差し引き営業利益は2577万2147円でございます。
 ?営業外収益といたしましては、1受取利息403万2615円、2受取配当金35万円、3雑収入393万3523円、合計831万6138円でございます。
 ?営業外費用といたしましては、支払利息15万7807円でございます。
 ?特別損失といたしまして、1固定資産除却損240万2438円でございます。
 以上の結果、税引前当期純利益として、3152万8040円が見込めるところでございます。
 今期の営業成績でありますが営業収益は店舗の増減もなく前期比ほぼ同額となり、営業利益は職員一名の退職と退職給与費の減に伴う一般管理費の減少により、営業収支面では第34期273万7414円に対し、2577万2147円と約941.5%上回りましたが、今後も引き続き、経営効率に努め、空き店舗の減少等業績の維持向上に努めてまいる所存です。
 以上、第35期八尾モール株式会社の経営状況報告書といたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
─────────────────────
△閉会中の継続調査の申し出の件
○議長(垣内博美)
 次に、日程第14、「閉会中の継続調査の申し出の件」を議題といたします。
 本件は、総務、建設、文教産業及び保健福祉の各常任委員会並びに議会運営委員会から、お手元に配付いたしておりますとおり平成23年3月31日まで閉会中の継続調査の申し出が提出されております。
 お諮りいたします。
 本件、各常任委員会及び議会運営委員会の申し出どおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
よって、本件は各常任委員会及び議会運営委員会の申し出どおり、平成23年3月31日まで閉会中の継続調査とすることに決しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成22年3月30日
八尾市議会議長
 垣内 博美 様
           総務常任委員会
            委員長 吉村 晴之
  閉会中の継続調査の申し出について
 本委員会の所管事務について、下記により議会閉会中もなお継続して調査したく、八尾市議会会議規則第90条の規定により申し出ます。
         記
 1 委員会   総務常任委員会
 2 調査事件  八尾市議会委員会条例第2条第1号の所管に関する事項
 3 調査期限  平成23年3月31日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成22年3月30日
八尾市議会議長
 垣内 博美 様
           建設常任委員会
            委員長 益田 愛幸
  閉会中の継続調査の申し出について
 本委員会の所管事務について、下記により議会閉会中もなお継続して調査したく、八尾市議会会議規則第90条の規定により申し出ます。
         記
 1 委員会   建設常任委員会
 2 調査事件  八尾市議会委員会条例第2条第2号の所管に関する事項
 3 調査期限  平成23年3月31日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成22年3月30日
八尾市議会議長
 垣内 博美 様
           文教産業常任委員会
            委員長 田中 久夫
  閉会中の継続調査の申し出について
 本委員会の所管事務について、下記により議会閉会中もなお継続して調査したく、八尾市議会会議規則第90条の規定により申し出ます。
         記
 1 委員会   文教産業常任委員会
 2 調査事件  八尾市議会委員会条例第2条第3号の所管に関する事項
 3 調査期限  平成23年3月31日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成22年3月30日
八尾市議会議長
 垣内 博美 様
           保健福祉常任委員会
            委員長 岡田 広一
  閉会中の継続調査の申し出について
 本委員会の所管事務について、下記により議会閉会中もなお継続して調査したく、八尾市議会会議規則第90条の規定により申し出ます。
         記
 1 委員会   保健福祉常任委員会
 2 調査事件  八尾市議会委員会条例第2条第4号の所管に関する事項
 3 調査期限  平成23年3月31日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
           平成22年3月30日
八尾市議会議長
 垣内 博美 様
           議会運営委員会
            委員長 吉村 晴之
  閉会中の継続調査の申し出について
 本委員会の所管事務について、下記により議会閉会中もなお継続して調査したく、八尾市議会会議規則第90条の規定により申し出ます。
         記
 1 委員会   議会運営委員会
 2 調査事件  地方自治法第109条の2第4項の各号に規定する事項
 3 調査期限  平成23年3月31日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
─────────────────────────
○議長(垣内博美)
 3月定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る、2月26日に招集されました今期定例会は、33日間の会期を終え、本日ここに閉会の運びとなりました。
 この間、議員各位には提案されました重要案件につきまして、本会議あるいは、委員会において熱心かつ慎重に御審議を賜りますとともに、円滑な議事運営にも御協力を賜りましたことに対し、厚くお礼を申し上げます。
 また、市長初め執行機関の皆様には、今期定例会を通じて議員から指摘・要望のありました事項を真摯に受けとめられ、今後の行政運営に適切に反映されますよう強く求めておきます。
 とりわけ、今期定例会では、開会直前に、またもや市民の信頼を裏切る職員の行為が発覚し、また、その事案に対する組織としての対応のずさんさが露呈することとなり、議会との信頼関係にも大きな影響を与えたことにつきまして、議長として、遺憾の意を強く表明するとともに、厳しく猛省を促しておくものであります。
 また、今期定例会において発表されました平成22年度市政運営方針において「八尾再生に向けた3つの視点」の一つとして掲げられた「市民に信頼される八尾」から、また一歩、後退することとなり、八尾市が市民のパートナーとしてふさわしい存在となるどころか、このままでは、一方通行、市長のひとりよがりで終わってしまうのではないかと心配するところであります。
 この点、市長に対しましては、何度となく、同じことを申し上げており、甚だ、遺憾ではありますが、再度、苦言を呈しておきたいと思います。
 議会との信頼関係はもとより、市民の皆さんとの信頼回復に向け、執行部職員におかれましては、どのような場においても常に、八尾市の職員であることを意識し、これ以上、市民の信頼を損なうことのないよう、自覚と誇りを持って、行動されることを強く申し上げておきます。
 加えて、今期定例会では、執行機関の不手際により、会期末になって、急遽、追加議案が提出されるなど、内部の事務処理体制の不十分さが露呈したことについても、この際、強く反省を促しておくものであります。
 さて、日に日に力強くなっていく日差しの中、ほころび始めた桜の花にうららかな春を実感できる季節となりました。
 今年度もあとわずかで幕を閉じ、いよいよ新年度を迎えるわけでありますが、今年度も、長年にわたり、本市、市政の発展のために、御尽力をいただいた幹部職員や多くの職員の方たちが、この3月末をもって退職をされます。本当にお疲れさまでございました。
 我々、議員にあっても、日々、多くの職員の皆さんに支えられ、その職責、職務をまっとうすることができる。このように感じているところであります。ここに、退職される職員の方々のこれまでの功績や支えの大きさを改めて、実感するところであります。
 「会うは、別れの始め」と申しますが、それゆえ、その一瞬一瞬を精いっぱい、真剣勝負で臨むことが大切であります。新しい人生の門出に当たり、これまで培われてきた知識経験を大いに生かし、また、八尾市の職員であったことを誇りにしていただき、さらなる御活躍をいただきますようお願い申し上げる次第であります。
 また、新年度からの新しい体制のもと、引き続き業務を担っていただく職員の皆さんにおかれましては、先ほど、申し上げましたように市民に信頼される市役所に向け真剣勝負で取り組んでいただきますよう強く求めておくものであります。
 終わりに臨み、皆様方のますますの御健勝と御活躍を心から祈念いたしまして、簡単ではありますが、閉会のごあいさつといたします。本当にありがとうございました。
 それでは、市長から、あいさつ願います。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 平成22年3月定例会の閉会に当たりまして、お礼を兼ね、一言ごあいさつを申し上げます。
 本定例会には平成22年度一般会計及び特別会計の各予算を初め、数多くの重要議案を御提案申し上げましたところ、議員の皆様方には去る2月26日を初日といたしまして、本日までの長きにわたり、本会議並びに各委員会におきまして、終始慎重かつ精力的に御審議をいただき、ただいまそれぞれ御可決、御承認を賜り、心より厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
 とりわけ、執行部の不手際により、急遽御提出をいたしました議案につきましては、議員の皆様に多大な御迷惑をおかけいたしましたことを改めておわびを申し上げますとともに、厳しい議会日程にもかかわりませず、格段の御高配を賜り心より厚く御礼を申し上げます。
 また、この間、組織管理上の問題が続き、議員の皆様方には、御心配と御迷惑をおかけしましたが、今後このようなことがないように、組織管理の徹底を図ってまいりたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 また、「八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件」並びに「人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件」の各人事案件につきましても、本日それぞれ御同意並びに御意見を賜り、重ねて厚く御礼を申し上げます。
 本定例会において議員の皆様から賜りました御指摘、御意見等を真摯に受けとめ、対応してまいりますとともに、御要望等諸点につきましても、十分調査検討を加えまして、今後の市政運営に生かしてまいりたいと考えております。
 さて、昨年の夏に誕生いたしました地域主権を掲げる政権のもと、国や都道府県と基礎自治体の関係のあり方が今後さらに大きく変わろうとしています。そのような中、市民に最も近い基礎自治体である本市といたしましては、行政のサービスの質、量、そしてタイミングが多様化する市民ニーズに適合したものとなっているかどうかを常に見きわめ、限られた財源と人的資源を有効に活用し、効率的、効果的な行財政運営に取り組んでまいる所存でございます。このほどの大阪府からの権限移譲につきましても、基礎自治体がみずからの判断により地域に密着した行政サービスやまちづくりを推進するために地域分権の推進は不可欠なものであることから、市民生活や市民の利便性の向上につながる事務や本市の政策推進の目標に合致するものは、積極的に事務移譲を受けるという判断を行ったところでございます。
 また、平成22年度は、次期総合計画をつくり上げる重要な年でもございます。地域の必要性に応じた政策の優先順位を決められる財源や権限を有し、市民力・地域力を生かした行財政運営を目指し、魅力あふれる「元気で新しい八尾」の実現に全身全霊を尽くす所存でございます。
 さらには、本年5月には市長就任から3年が経過をし、私にとりまして、任期の総仕上げの年となりますが、私が先頭に立ち、地域分権への取り組みを着実に進めるとともに、情熱とスピード感を持って、市政運営に邁進する決意でございます。改めまして、市民の皆様、議員の皆様のさらなる御支援、御協力を心からお願いを申し上げる次第でございます。
 結びにこの場をおかりいたしまして、甚だ恐縮ではございますが、今年度末で退職をされる職員の方々におかれましては、長年、市政の発展と市民福祉の向上に御尽力をいただきましたことに対し、深く敬意を表する次第です。今後ますますの御活躍と御健康、御多幸をお祈り申し上げます。
 日増しに暖かくなり、風の心地よさに春の訪れを感じるこのごろですが、まだまだ寒暖の差が大きい時節柄、議員の皆様方におかれましては、健康に十分御留意をいただき、ますます御活躍を祈念いたしますとともに、今後とも格別の御指導と御助言を賜りますよう、お願いを申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 以上をもちまして、平成22年3月定例会を閉会いたします。
 午後1時56分閉会
─────────────────────────────────────────────


〇会議録署名議員

┌──────┬─────────┬─────────────────────────┐
│市議会議長 │ 垣 内 博 美 │                         │
├──────┼─────────┼─────────────────────────┤
│市議会議員 │ 西 川 訓 史 │                         │
├──────┼─────────┼─────────────────────────┤
│市議会議員 │ 重 松 恵美子 │                         │
└──────┴─────────┴─────────────────────────┘