議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 八尾市

平成22年 3月定例会本会議−02月26日-01号




平成22年 3月定例会本会議

         ┌────────────────────────┐
         │ 2月26日 八尾市議会定例会(第1日)会議録 │
         └────────────────────────┘
〇議事日程第1号
   平成22年2月26日(金)午前10時開議
┌───┬───────┬────────────────────────────────┐
│日 程│事 件 番 号│       件               名        │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │会議録署名議員指名の件                     │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 1│       │会期決定の件                          │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │議会の委任による専決処分について(報告)            │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│   │       │平成21年度包括外部監査の結果に関する報告書について(提出)  │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 2│       │広域行政調査特別委員長報告                   │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 3│       │行財政改革調査特別委員長報告                  │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 4│       │病院跡地活用調査特別委員長報告                 │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 5│       │庁舎周辺公共施設整備調査特別委員長報告             │
├───┼───────┼────────────────────────────────┤
│第 6│議案第1号  │損害賠償に関する和解専決処分承認の件              │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第2号  │藤井寺市と八尾市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関│
│   │       │する協議の件                          │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第3号  │市道路線の認定及び廃止に関する件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第4号  │権利の放棄の件                         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第5号  │八尾市職員の勤務時間等に関する条例及び八尾市職員給与条例の一部改│
│   │       │正の件                             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第6号  │八尾市公営住宅整備基金条例の一部改正の件            │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第7号  │八尾市児童遊園及びちびつこ広場の設置に関する条例の一部改正の件 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第8号  │八尾市国民健康保険条例等の一部改正の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第9号  │八尾市都市公園条例の一部改正の件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第10号 │八尾市営住宅条例の一部改正の件                 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第11号 │八尾市火災予防条例の一部改正の件                │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第12号 │八尾市立市民運動広場設置条例の一部改正の件           │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第13号 │八尾市こども夢基金条例制定の件                 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第14号 │八尾市グリーンニューディール基金条例制定の件          │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第15号 │八尾市路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進する条例制定の件  │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第16号 │平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第17号 │平成21年度八尾市国民健康保険事業特別会計第4号補正予算の件  │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第18号 │平成21年度八尾市公共下水道事業特別会計第2号補正予算の件   │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第19号 │平成21年度八尾市老人保健事業特別会計第2号補正予算の件    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第20号 │平成21年度八尾市介護保険事業特別会計第3号補正予算の件    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第21号 │平成21年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計第3号補正予算の件 │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第22号 │平成21年度八尾市病院事業会計第4号補正予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第23号 │平成21年度八尾市水道事業会計第5号補正予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第24号 │平成22年度八尾市一般会計予算の件               │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第25号 │平成22年度八尾市国民健康保険事業特別会計予算の件       │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第26号 │平成22年度八尾市公共下水道事業特別会計予算の件        │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第27号 │平成22年度八尾市老人保健事業特別会計予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第28号 │平成22年度八尾市財産区特別会計予算の件            │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第29号 │平成22年度八尾市介護保険事業特別会計予算の件         │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第30号 │平成22年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計予算の件      │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第31号 │平成22年度八尾市病院事業会計予算の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第32号 │平成22年度八尾市水道事業会計予算の件             │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第33号 │包括外部監査契約締結の件                    │
│   ├───────┼────────────────────────────────┤
│   │議案第34号 │山本小学校校舎改築及び耐震改修工事の工事請負契約締結の件    │
└───┴───────┴────────────────────────────────┘
─────────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
 1.日程第1から日程第6まで。
─────────────────────────────────────────────
〇出席者氏名
   出席議員(31人)
           1 番 議 員     西   田   尚   美
           2 番 議 員     花   村   茂   男
           3 番 議 員     永   田   善   久
           4 番 議 員     岡   田   広   一
           5 番 議 員     末   光   道   正
           6 番 議 員     竹   田   孝   吏
           7 番 議 員     浜   田   澄   子
           8 番 議 員     大   野   義   信
           9 番 議 員     内   藤   耕   一
          10 番 議 員     田   中   裕   子
          11 番 議 員     益   田   愛   幸
          12 番 議 員     柏   木   順   子
          13 番 議 員     村   松   広   昭
          14 番 議 員     吉   村   晴   之
          15 番 議 員     谷   沢   千 賀 子
          16 番 議 員     越   智   妙   子
          17 番 議 員     杉   本   春   夫
          18 番 議 員     井   上   依   彦
          19 番 議 員     大   松   桂   右
          20 番 議 員     田   中   久   夫
          21 番 議 員     西   川   訓   史
          23 番 議 員     重   松   恵 美 子
          24 番 議 員     土 井 田   隆   行
          25 番 議 員     長   野   昌   海
          26 番 議 員     西   野   正   雄
          27 番 議 員     小   林       貢
          28 番 議 員     平   田   正   司
          29 番 議 員     東   口   晃   治
          30 番 議 員     伊   藤   輝   夫
          31 番 議 員     垣   内   博   美
          32 番 議 員     小   枝   洋   二

   職務のため出席した市議会事務局職員(5人)
        事務局長           永   田   敏   憲
        次長             小   田   泰   造
        議事政策課長         岩   本   慶   則
        参事             山   原   孝   英
        議事政策課長補佐       原   田   奈 緒 美

   説明のため出席した者(32人)
        市長             田   中   誠   太
        副市長            原       正   憲
        副市長            山   本   裕   三
        病院事業管理者        阪   口   明   善
        水道事業管理者        野   村   孝   次
        政策推進担当部長       光   久   恒   一
        総務部長           芦   田   雅   己
        人事担当部長         山   本   隆   一
        財政部長           濱   野       進
        人権文化ふれあい部長     田   中       清
        市民ふれあい担当部長     武   田   善   孝
        健康福祉部長         木   村       滋
        健康推進担当部長       村   元   義   和
        こども未来部長        斉   藤   英   司
        経済環境部長         門   田   勝   美
        建築都市部長         道   本       博
        公共施設建設担当部長     辻   本   利   文
        土木部長           根   木   幸   男
        下水道担当部長        丸   山   元   祥
        会計管理者          小   山       登
        消防長            西   村   格   平
        市立病院長          佐 々 木       洋
        市立病院事務局長       山   本   和   広

      (教育委員会)
        教育長            中   原   敏   博
        教育次長兼学校教育部長    岡   村       進
        教育推進担当部長       浦   上   弘   明
        生涯学習部長         植   田   武   彦

      (選挙管理委員会)
        事務局長           林       雅   祥

      (監   査)
        監査委員           冨   永   峰   男
        事務局長           津   田   慶   子

      (公平委員会)
        事務局長           巽       完   次

      (農業委員会)
        事務局長           青   木       薫



 平成22年2月26日(金曜日)午前10時開会
○議長(垣内博美)
 ただいまから本日をもって招集されました平成22年3月八尾市議会定例会を開会いたします。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、3月定例会を開会いたしましたところ、議員各位並びに執行機関の皆様方には御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、今期定例会に市長から提案されます案件は、平成22年度各会計当初予算案を初め、いずれも市行政にとりまして重要なものばかりでありますので、本会議あるいは委員会におきまして、慎重に御審議を賜りますとともに、議事の円滑な運営にも格段の御協力を賜りますよう、あわせてお願いを申し上げ、簡単ではありますが、開会のごあいさつといたします。
 それでは、市長からあいさつを願います。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 皆さん、おはようございます。
 平成22年3月定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日、ここに3月定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙の中にもかかわりませず御出席を賜り、心より厚く御礼を申し上げます。
 まず初めに、このたび、休職期間中に施錠している職場へ無断入室し、団体の預かり金を持ち出すという職員の不祥事が明らかとなり、報告を怠った管理職を含め、厳しい処分をもって対処させていただいたところであります。昨年の決算委員会で、議員各位から厳しい御指摘をいただきながら、今回の不祥事を引き起こしましたことに対しまして、私自身、断腸の思いで、大変遺憾に存じております。
 また、このような事案を引き起こし、御心配をおかけしましたことに対しまして、まずもって、市民並びに議員の皆様には深くおわびを申し上げます。大変申しわけございません。
 厳しい市民生活の中、このような市民の皆様の信頼を著しく損なう不祥事につきましては、理由のいかんを問わず、許される行為ではなく、今後も厳しい姿勢で対処する所存でありますので、何とぞ御理解を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
 本日は、平成22年3月市議会定例会の開会に当たりまして、後ほど平成22年度市政運営方針を述べさせていただきますが、議員並びに市民の皆様方の温かい御理解と御協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 さて、本定例会に御提案申し上げます案件は、平成22年度各会計予算並びに平成21年度補正予算並びに条例制定、一部改正の件など多数にのぼります。いずれも極めて重要な案件でございますので、よろしくお願いを申し上げます。
 本日からそれぞれの議案審議をお願いいたすことになるわけでございますが、各議案の内容につきましては、副市長から説明をいたしますので、何とぞ慎重なる御審議をいただきまして、御可決または御承認賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。
 また、「八尾市教育委員会委員を選任するについて同意を求める件」並びに「人権擁護委員候補者を推薦するについて意見を求める件」の人事案件につきましては、最終本会議に提案申し上げますので、何とぞ御同意賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。
 どうかよろしくお願いを申し上げます。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 この際、市議会事務局長から事務報告をさせます。
◎市議会事務局長(永田敏憲)
 今期定例会に際しまして、議事説明員の回答がお手元配付のとおりに参っておりますので、よろしくお願いいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
             八総総第226号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
         八尾市長 田 中 誠 太
  八尾市議会定例会議事説明員の氏名について(通知)
 八議第737号をもって依頼のあった平成22年3月八尾市議会定例会議事説明員として、次の者を出席させ、議案の説明及び議員の質問に応ずるよう委嘱したので、通知します。
         記
 副市長       原   正 憲
 副市長       山 本 裕 三
 病院事業管理者   阪 口 明 善
 水道事業管理者   野 村 孝 次
 政策推進担当部長  光 久 恒 一
 総務部長      芦 田 雅 己
 人事担当部長    山 本 隆 一
 財政部長      濱 野   進
 人権文化ふれあい部長田 中   清
 市民ふれあい担当部長武 田 善 孝
 健康福祉部長    木 村   滋
 健康推進担当部長  村 元 義 和
 こども未来部長   斉 藤 英 司
 経済環境部長    門 田 勝 美
 建築都市部長    道 本   博
 公共施設建設担当部長辻 本 利 文
 土木部長      根 木 幸 男
 下水道担当部長   丸 山 元 祥
 会計管理者     小 山   登
 消防長       西 村 格 平
 市立病院長     佐々木   洋
 市立病院事務局長  山 本 和 広
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
            八教学総第880号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
          八尾市教育委員会委員長
              篠 原   陽
  八尾市議会定例会議事説明員の氏名について(通知)
 八議第737号をもって依頼のあった平成22年3月八尾市議会定例会議事説明員として、次の者を出席させ、議案の説明及び議員の質問に応ずるよう委嘱したので、通知します。
         記
 教育長       中 原 敏 博
 教育次長兼
 学校教育部長    岡 村   進
 教育推進担当部長  浦 上 弘 明
 生涯学習部長    植 田 武 彦
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
             八選管第264号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
        八尾市選挙管理委員会委員長
              高 田 寛 治
  八尾市議会3月定例会出席について
 平成22年2月10日付け八議第737号にて出席要求のありました市議会3月定例会には、下記の者が出席しますので報告いたします。
         記
 選挙管理委員会事務局長 林   雅 祥
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
              八監第159号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
           八尾市代表監査委員
              冨 永 峰 男
  八尾市議会3月定例会出席について
 平成22年2月10日付け八議第737号にて出席要求のありました3月定例会には、下記の者が出席しますので報告いたします。
         記
 監査委員      冨 永 峰 男
 監査事務局長    津 田 慶 子
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
              八公委第32号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
        八尾市公平委員会委員長
             古 橋 健 士
  八尾市議会3月定例会出席 要求について(報告)
 平成22年2月10日付け八議第737号にて出席要求のありました市議会3月定例会には、下記の者が出席しますので、ご報告申し上げます。
         記
 公平委員会事務局長 巽   完 次
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
              八農委第69号
           平成22年2月10日
 八尾市議会議長
  垣内 博美 様
          八尾市農業委員会
          会長  田 畑 増 蔵
  八尾市議会3月定例会出席 要求について
 平成22年2月10日付け八議第737号にて出席要求のありました3月定例会には、下記の者が出席しますので報告します。
         記
   事務局長   青 木   薫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
─────────────────────
△会議録署名議員指名の件
○議長(垣内博美)
 それでは、まず、「会議録署名議員の指名」を行います。
 本日の会議録署名議員に13番、村松議員、14番、吉村議員の両議員を指名いたします。
─────────────────────
△会期決定の件
○議長(垣内博美)
 次に、日程第1「会期決定の件」を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月30日までの33日間といたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(垣内博美)
 御異議なしと認めます。
 よって、今期定例会の会期は、33日間と決定いたしました。
─────────────────────
△議会の委任による専決処分について(報告)
○議長(垣内博美)
 次に、本日付をもちまして、地方自治法第180条第2項の規定により、「議会の委任による専決処分の報告」がありましたので、お手元配付のとおり御報告申し上げます。
─────────────────────
△平成21年度包括外部監査の結果に関する報告書について(提出)
○議長(垣内博美)
 また、地方自治法第252条の37第5項等の規定により、「平成21年度包括外部監査の結果に関する報告書の提出」がありましたので、御報告申し上げます。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 次に、この際、先例により、この1年間の各特別委員会の調査並びに審査の経過について報告を願うことにいたします。
△広域行政調査特別委員長報告
 まず、日程第2、広域行政調査特別委員長の報告を願います。
 土井田議員。
◆広域行政調査特別委員長(土井田隆行) 〔登壇〕
 ただいまから、広域行政調査特別委員会の平成21年度の活動経過について御報告申し上げます。
 本年度は、当委員会では、大阪市との行政協力や中河内地域広域行政推進協議会など、広域行政の取り組み、そして八尾空港西側跡地活用方策の検討状況、以上2点について報告を求め、集中的に協議を行ってきたところであります。
 まず、「大阪市との行政協力」についてでありますが、大阪市において、学識経験者で組織する大阪市ごみ焼却場整備・配置計画検討委員会で、大阪市が、大阪市環境局八尾工場を今後更新しない方針を明らかにしたとの内容が新聞報道され、本市の環境施策を大きく揺るがす事態となりました。
 その後、同委員会が提出した報告書において、
 市域外に立地する八尾工場の将来計画については、長年の経過や大阪市並びに八尾市の行政上の協力に関する協定書や、八尾工場建設時における大阪市・八尾市ごみ共同焼却処理に関する覚書などの趣旨も踏まえつつ、八尾市との十分な協議が必要であると思われる。
 との一文が盛り込まれたことにより、一定の落ちつきが取り戻せたものの、根本的な解決には至っておらず、委員から、八尾市の今後の方針や大阪市への働きかけについて厳しくただされ、本市環境施策において、市民生活に直結する極めて重要な問題であることを十分念頭に置いて、万全の体制で取り組むよう強く求めたところであります。
 また、大阪市から協議の申し入れがありました八尾工場の年間計画処理日数とごみの受託処理料金の考え方については、委員から八尾工場に係る長年の歴史的経過や覚書、協定の趣旨を踏まえ、大阪市と十分に協議を行うとともに、今後も引き続き、ごみの減量に努めるよう求めたところであります。
 次に、東大阪市、柏原市との3市による中河内地域広域行政推進協議会については、具体的な進展は伺えなかったところであります。
 一方、政府は、平成20年度末をもって広域行政圏計画策定要綱を廃止し、広域行政圏に係る圏域の枠組みの維持を含めた今後の広域での連携のあり方については、構成する関係市町村の自主的な協議により判断していくことが示されました。このため、中河内地域広域行政の取り組みについて、今後どのような姿勢で協議していくのか、委員からただしたところであります。
 最後に、八尾空港西側跡地についてでありますが、かねてより大阪航空局へ協議・検討の場の設置を要望していたところ、大阪航空局から、国有地の売却などを所管する近畿財務局を交えて、土地処分に向けた検討を行いたいとの意向があり、本年1月には、大阪航空局、近畿財務局、大阪市、八尾市による八尾空港西側跡地検討会議の準備会が開催され、具体的な会議の立ち上げに向けて協議が行われたとの報告がありました。
 委員からは、検討会議のスケジュールや昨年3月に策定された八尾空港西側跡地の土地活用方策検討調査報告書の活用や、開発のあり方、市長の取り組み姿勢などについてただしたところであります。
 西側跡地については、本市の総合計画においても、本市南部地域の新都市核としての位置づけがなされており、計画的なまちづくりの誘導が図れるよう、関係機関とのさらなる連携強化を求めたところであります。
 以上で、広域行政調査特別委員長報告を終わります。
△行財政改革調査特別委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、日程第3、行財政改革調査特別委員長の報告を願います。
 柏木議員。
◆行財政改革調査特別委員長(柏木順子) 〔登壇〕
 おはようございます。
 ただいまから行財政改革調査特別委員会の平成21年度の活動経過について御報告を申し上げます。
 本委員会は、行政に求められる役割がますます複雑多様化していく中で、行財政の健全化に向け、調査検討を行い、市民福祉の増進に資するよう効率的な行財政運営の促進を図るという観点から、市の直面する課題や問題点を検証し議論するため、設置されたものであります。
 また、当委員会において市政全般に及ぶ行財政改革を一度に協議するのは困難であり、より深い議論を展開していくためにも、本年度についてはPFI、指定管理者制度の2つの項目について、重点的に議論を行いました。
 まず、PFIについては、昨年8月の委員会では、市立病院におけるPFI事業がスタートしてから節目となる5年目を迎え、病院PFIの事業効果の確認及び検証、いわゆるモニタリングの実施についての基本的な考え方や、モニタリング業務委託事業者選定について、さらに、現状のSPCに対する業務要求水準について報告を受けました。
 また、ことし2月の委員会では、昨年7月から12月末まで行われたPFI事業効果のモニタリング結果について報告を受けました。
 これに対して、今回のPFI事業のモニタリング結果については、一定の事業効果が出ているが、今後の事業運営の上で見直すべき点も幾つか見られ、早急に改善を図ることを求めました。
 また、より一層、患者サービスの向上に努めるとともに、厳しい経営環境の中、病院経営をより健全なものとするために、公立病院の果たす役割を勘案しながら、医療環境の変化や経営状況を踏まえ、中長期的な視点から、PFI事業を推進し、その進捗状況や事業効果についてもわかりやすく議会に報告することを強く求めました。
 次に、指定管理者制度については、昨年8月の委員会では、制度導入当初からのさまざまな課題を整理した上で改正を行った「公の施設の指定管理者制度に関する基本指針」について報告を受けました。これに対しては、指定管理者選定に関して、より厳格にしていくことを求めました。また、制度導入の目的が、ただ単に経費削減のみに偏ることのないように、市民や利用者の目線での施設運営を図るよう求めました。
 また、ことし2月の委員会では、昨年8月に改正された基本指針を受けて、指定管理者による業務の履行に関して、条例・規則及び協定等に従い、適切かつ確実にサービス提供が行われているかを確認するため、今後ますます重要となる業務監視、いわゆるモニタリングについて、その具体的な実施手法及び昨年4月から12月までの各施設におけるモニタリングの状況について報告を受けました。
 これに対して、モニタリングは、市と指定管理者とでコミュニケーションを密にすることにより、問題点の共有化を図り、施設を適正に運営するとともに、利用者サービスの向上に努め、制度導入の成果が最大限に発揮されるよう強く求めました。
 以上で、行財政改革調査特別委員長報告を終わります。
△病院跡地活用調査特別委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、日程第4、病院跡地活用調査特別委員長の報告を願います。
 吉村議員。
◆病院跡地活用調査特別委員長(吉村晴之) 〔登壇〕
 ただいまから病院跡地活用調査特別委員会における平成21年度の活動経過について御報告申し上げます。
 当委員会は、市立病院の移転、建てかえによって生まれた1.8ヘクタールの跡地の有効活用について調査・検討を重ねるため、昨年度に引き続き設置されました。
 本年度は、7月に市立病院跡地整備計画が策定されたことから、その進捗状況を踏まえながら、計3回にわたり執行部に対し詳細な報告を求めるとともに、議論を重ねてまいりました。
 まず、昨年8月の当委員会では、基本構想に基づき策定された市立病院跡地整備計画についての報告を受けました。同計画では、4つにゾーニングした各ゾーンにおいて整備する予定の施設の規模、整備方法などが、より具体化した計画内容として示されるとともに、生活づくりゾーンにおいて、にぎわいと活気があふれる市街地環境の創出に向け、この土地の持つ可能性を最大限に引き出すため広く事業者を募集し、応募者から、土地の利用計画を初め、事業計画、土地譲渡価格の提案を受けるといった事業者選定等の売却方針についてもあわせて示されました。
 これに対し、市民の貴重な財産である土地の売却については、十分慎重に検討されるべきであると指摘しつつ、さまざまな角度から、民間活用に係る市の考え方についてただしました。
 また、参考資料として急遽追加された報告書は、今回の議論を深める上で必要な資料であったことから、議会に対する資料の提出については、今後、時期を逸することなく、かつ積極的に行うよう強く求めました。
 同年11月には、同整備計画の進捗状況として、府道旧大阪中央環状線の西側歩道整備予定地の一部で、龍華交通株式会社と土地の等価交換を行う協議が調ったことから、12月議会において「土地の交換の件」として議案及び土地交換にかかわる補正予算を提出したい旨の報告を受けました。
 続いて、市立病院跡地活用事業者募集要項(案)が示され、事業者の選定について一般公募型提案協議と買受希望価格見積の併用方式で実施することを初め、募集にかかわるスケジュール、開発に求める事項としては、八尾市内外からの集客や滞在型、時間消費型の施設計画であることなど、要項の内容について報告を受けました。
 これに対し、事業者からの提案募集については、生活づくりゾーンの一番のかなめとなることから、市が想定する具体的なイメージを初め、特に最低制限価格の算定経過、根拠等については詳細な説明を求めるとともに、周辺整備が価格に与える影響について指摘しました。
 ことし2月の当委員会では、保育所整備の工事着手など、各ゾーン及び跡地周辺における整備が、一部、形として動き出す中、11月に実施した当委員会以後の跡地活用の検討経過について報告を求めたところであります。特に、「まちづくりゾーン」において計画されている龍華コミュニティセンターと地域図書館の一体整備について、平成22年度には、地元住民の意見を参考にしながら整備計画の策定に入るという報告があったことから、市民から意見を求めるに当たっては、形だけ聴取するという姿勢ではなく、市民が望んでいることは何か原点に立ち返り、いただいた意見を的確に生かすよう強く促しました。
 また、総括として、今後の事業運営において、各委員から指摘または要望のあった諸点については、さらに精査、検討を加え、適切に反映するよう要望しました。
 以上で、病院跡地活用調査特別委員長報告を終わります。
△庁舎周辺公共施設整備調査特別委員長報告
○議長(垣内博美)
 次に、日程第5、庁舎周辺公共施設整備調査特別委員長の報告を願います。
 西川議員。
◆庁舎周辺公共施設整備調査特別委員長(西川訓史) 〔登壇〕
 ただいまから庁舎周辺公共施設整備調査特別委員会の平成21年度の活動経過について御報告を申し上げます。
 本委員会は、前年度の平成20年度から引き続き、市役所庁舎周辺における各種行政機能の集約を行うべく検討が進められる中において、本年度はこの具体的な進捗状況と今後の整備指針が示され、財政状況や市民生活への影響なども考慮し、大所高所の視点から議論が交わされました。
 まず、昨年8月の委員会では、商工振興支援の拠点づくり事業、商工会議所新会館等建設事業の昨年度からの経過及び今後の予定について報告があり、商工会議所との基本合意に基づいて、12月に教育センター用地と商工会議所用地の等価交換を行うとともに、設計事業者の選定や、計画費用、設計配置イメージ、等価交換後の商工会議所の暫定利用の件などについて報告を受けました。
 また、これまでの庁舎周辺の公共施設配置案に執行部が検討を加え、新たな配置案を提示し、当該案を含め、施設配置の検討を加えるとともに、市民意見募集を行った上で、具体的な配置案を示したいとの報告がありました。
 12月7日の委員会においては、八尾商工会議所との土地の等価交換が12月1日に正式に行われ、平成23年4月の商工会議所新会館竣工に向けての、今後の予定と基本設計の概要が示されました。
 また、8月の当委員会からの検討事項であった、庁舎周辺の施設配置案の検討状況について報告があり、市の方針として新案を基本とする配置案が示されました。
 具体的には、旧商工会議所敷地に図書館を中心とした施設、現行の図書館には、こども・教育を中心とした施設である教育サポートセンターや、子育て総合支援ネットワークセンター「みらい」を、八尾市北分館には、市民活動支援ネットワークセンター「つどい」を、男女共同参画スペースは生涯学習センターの4階へ配置を行う方針であり、旧第2別館敷地は売却、教育サポートセンター敷地については、活用策を引き続き検討するとし、この配置案を示した上で、市民意見募集を行い、市民募集、関係機関の意見を参考にし配置案を確定する旨報告がありました。
 2月3日には、市民意見募集を行った結果が示され、市の施設配置案の方針が確定した旨報告があり、あわせて今後の図書館の整備スケジュール案が提示され、平成22年度に基本設計及び旧八尾商工会議所解体設計を行い、平成25年度には竣工、移転したいとのスケジュールが示されました。
 各委員からは、それぞれの日程の中で、図書館のあり方や商工会議所新会館のあり方、施設配置案そのものへの思い、施設整備における財政の問題、市民への説明責任など、多岐にわたる議論が交わされ、経済が停滞している状況で、本市の今後の財政の見通しに照らし、その具体的な執行については適切に対処・検討し、明確なビジョンを持った上で、憂いが生じないよう、万全な体制で取り組むよう求めたものであります。
 以上で、庁舎周辺公共施設整備調査特別委員長報告を終わります。
○議長(垣内博美)
 以上で、各特別委員長の報告を終わります。
─────────────────────
△議案第1号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」外33件一括
○議長(垣内博美)
 次に、日程第6、議案第1号「損害賠償に関する和解専決処分承認の件」外33件を一括議題といたします。
 まず、市長から、平成22年度市政運営方針を発表願うことにいたします。
 市長。
◎市長(田中誠太) 〔登壇〕
 本日、平成22年3月市議会定例会の開会に当たりまして、平成22年度市政運営方針を申し上げます。
 議員並びに市民の皆様方の温かい御理解と御協力を賜りたいと存じます。
 早いもので、私が市長に就任して任期4年目の締めくくりの年度を迎えようとしております。この間、人口の減少と少子・高齢化による人口構造の変化、環境問題の顕在化と関心の高まり、社会の成熟化による価値観の多様化、アメリカの金融危機に端を発した急速な経済の減速、企業活動や雇用情勢の悪化などの社会経済状況の急激な変化とともに、新型インフルエンザの流行による不安の増大なども重なり、市民生活は一層厳しさを増してきております。
 こうした厳しい状況にあるときにこそ、市民の皆様とともに元気で新しい八尾をつくり出していくことが私の使命だと考え、全力で市政に取り組んでまいりました。
 限られた財源と人的資源のもと、多様化する市民ニーズに対応した質の高い公共サービスを提供していくために、八尾再生に向けた「市民に信頼される八尾」「市民に親切丁寧な八尾」「税金を無駄にしない八尾」の3つの視点に沿って、すべての事務事業の見直しを行い、効率的で効果的な行財政運営に取り組んでまいりました。
 また、活気ある自治を実現するためには、市民と行政が相互の理解と信頼のもと、まちづくりの目標を共有し、それぞれの知恵と責任に基づくまちづくりを進めていくことが必要であり、より高い「市民力」「地域力」を備えた地域社会を創出することが不可欠であるとの認識に立ち、地域と向き合う行政を目指し、コミュニティ推進スタッフを配置し、市民と直接意見を交わす「八尾市の未来を語るタウンミーティング」を開催してまいりました。
 対話の中では、市民の皆様がみずからの地域に対して自信と誇りを持ち、さまざまな分野で活発な活動を展開され、さまざまな形でつながり、地域の魅力を磨かれていることを肌で感じることができました。乗り越えなければならない壁は高いかもしれませんが、市民の皆様とのこうした経験を通じて、まちづくりへの思いや課題を共有し合い、行政と地域との適切な役割分担のもと協力し、それぞれの地域がみずからの思いの実現に向けて、主体的にまちづくりを進め、より豊かな自治を築いていく「地域分権」への取り組みを着実に進めてきていることができているとの思いをさらに深めてまいりました。
 この間、議員の皆様を初め、市民の皆様の温かい御支援、御協力をいただきながら、本市発展のために業務を遂行できましたことに、厚く御礼を申し上げます。とりわけ、議会と行政の関係は、本市発展にとりまして、車の両輪の関係にあると痛感しているところであり、これまでの議員の皆様の御理解と御協力に心から感謝を申し上げます。
 平成22年度は、本市にとりまして、第4次総合計画の最終年度であり、かつ次の10年を見据え、市民の皆様とともに次期総合計画をつくり上げる重要な年であります。また、私の市政運営の指標であるやおマニフェスト実行計画、行財政改革アクションプログラムについても最終年度であり、これらの取り組みの総仕上げを行ってまいります。
 さらに、これまで培われてきた市民自治の蓄積を礎に、地域の多様性を尊重したまちづくりが進むよう、次期総合計画では、その第一歩として、地域別計画を導入してまいります。
 私には、先人の英知とたゆまぬ努力によって発展してきた大切なこのまちを、人情味あふれ、人々が支え合い、一人一人が大切にされ、すべての市民がともに生きる幸せを実感できるこの八尾のまちを、次の世代に引き継いでいく責任がございます。平成22年度につきましても、総合計画、やおマニフェスト、八尾市行財政改革プログラムの実現を3つの柱として、「市民が活躍するまちづくり」「未来につながるまちづくり」「時代の変化に対応するまちづくり」を重点目標に掲げ、対話を通じてまちづくりの課題を見出し、対話に基づき行動し、その結果を多くの市民が共有し、実感できるまちづくりを進めてまいる所存であります。
 次に、平成22年度における市政運営の基本的な考え方でございますが、「元気で新しい八尾」を市民の皆様とともにつくり出していくためには、市役所が市民のパートナーとしてふさわしい存在となることが大切だと考えております。この八尾再生の実現に向けて「市民に信頼される八尾」「市民に親切丁寧な八尾」「税金を無駄にしない八尾」の3つの視点を掲げ、全庁が一丸となって取り組みを進めてまいります。
 また、「元気で新しい八尾」に向けたまちづくりの方向性を、1として「市民が活躍するまちづくり」、2として「未来につながるまちづくり」、3として「時代の変化に対応するまちづくり」と定めまして、この実現に向けた取り組みを重点的に実施していくことといたしております。
 一方、本市では、総合計画、やおマニフェスト、八尾市行財政改革プログラムの実現に向けて、各部局の主体的な取り組みの方針を明らかにするため、「部局マネジメント目標」制度を実施しております。平成22年度に向けては、各部局の目標を設定し、市民意識調査の結果や社会状況、財政状況を加味した上で、さきの「元気で新しい八尾」に向けたまちづくりの方向性に沿って、重点取り組みを設定しております。
 まず初めに、重点取り組みの1「市民が活躍するまちづくり」でございますが、本市では、行政と地域が適切な役割分担のもと、協力し合い、それぞれの地域がみずからの思いの実現に向けて、主体的にまちづくりを進める地域分権を目指しております。これまでの取り組みにより、住民自治活動やテーマ型の市民活動も高まりを見せており、行政と市民との協働は進みつつあります。今後は、これらの活発な個々の活動の力を面的なものへと広げることにより、地域力を高め、持続可能な地域コミュニティへとつなげてまいります。
 また、市民が活躍できるステージづくりを目指し、地域の雇用やまちのにぎわいを生み出していくため、本市の大きな強みでもあるものづくりを中心に、地域の産業の活性化を図り、八尾の活力を高めてまいります。
 次期総合計画では、基本計画において、行政としての目標を体系化した「目標別計画」に加え、小学校区または中学校区ごとのまちづくりの将来像を示した「地域別計画」を策定し、本市が描く地域分権の実現を目指してまいります。
 また、地域分権の推進に向けたアプローチとして、行政としての役割を改めて問い直し、推進に向けた具体的な仕組みを検討するとともに、小学校区または中学校区単位でのまちづくりを支援する制度を試行的に実施してまいります。
 続いて、「雇用と賑わいを生み出すまちづくり」につきましては、「ものづくりのまち・八尾」としての魅力をより高めていくために、新たな課題に対応する産業政策の検討や、商工振興支援の拠点づくりを進めるとともに、八尾ものづくりネットの活用により、市内企業が誇る自慢の製品や技術を広く情報発信していくことで、八尾の認知度を高め、市内企業の販路拡大や工場立地の促進を図ってまいります。
 あわせて、意欲ある商業団体を支援する公募型提案事業を実施し、地域商業の活性化に努めるとともに、農地バンク制度を立ち上げ、遊休農地の解消を図ることにより、優良農地を保全し、地産地消による新鮮で安全な農産物の提供につなげてまいります。
 また、昨今の経済情勢の悪化は、本市の企業活動や雇用情勢にも影響を与えており、これまでの就労支援の取り組みに加え、国の緊急経済対策の活用により、地域における受注機会の拡大とともに、雇用の創出を図ってまいります。
 続きまして、重点取り組みの2「未来につながるまちづくり」でございますが、次の未来に自信を持って引き継げる八尾のまちとしていくため、八尾のあすを担う子供たちが安心して楽しく過ごせる環境を整えるとともに、子供の生きる力の育成に向けた取り組みを強化してまいります。
 さらに、だれもが住み続けたい、住んでみたいと思えるまちの実現に向けて、都市の快適性を高めるとともに、生涯を通じて学ぶことができ、スポーツや芸術文化を通じて心の豊かさを感じられる、魅力あふれるまちづくりを進めてまいります。
 また、ごみの多種分別を初め、環境問題に先進的に取り組んできた強みを生かし、人と地球に優しい社会の実現に向けた取り組みを進めてまいります。
 これらのことに加え、限られた財源並びに人的資源のもとで、将来にわたり安定した行政運営を行っていくため、市が主体的に担ってきた公共サービスのあり方を見直すことにより、市民・企業・行政のパートナーシップの強化を図るとともに、さらなる行政経営の効率化、財政の健全化を推し進めてまいります。
 まず、「子どもたちの笑顔があふれるまちづくり」につきましては、未来に無限の夢を持つ子供たちの可能性を広げ、個性や能力の向上につなげるために、(仮称)がんばる「八尾っ子」応援事業による支援を行ってまいります。また、子供たちが安心して楽しく生き生きと育ち、学校や地域で豊かな人間性や社会性を身につけるとともに、みずから考える力を養い、子供自身の生きる力をはぐくむ取り組みを進めてまいります。
 まず、子供自身の自立性を促し、子供一人一人の人権が尊重されるまちを目指した取り組みを進めてまいります。
 次に、放課後児童室の拡充により、保護者が不在となる児童の健全な育成を図るとともに、子供たちの犯罪被害防止に向け、地域との協働による見守りを強化し、子供たちや子育て家庭が安全で安心して暮らすことができる町を目指してまいります。
 さらに、よりよい教育環境の整備を図るため、引き続き小・中学校の学校規模の適正化や、市立幼稚園における幼児教育の振興について検討を進めるとともに、小・中学校パートナーシップ推進事業の実施、授業改善や校種間連携による研究、学習支援アドバイザーによる放課後自習室での学習支援や、学校図書館活用推進事業の充実に取り組んでまいります。
 また、中学校での英語教育の充実のためにネイティブスピーカーを配置するとともに、市内全小学校においても、英語活動を推進するほか、子供の学ぶ意欲の向上を目指してICTの活用を推進するなど、本市の児童・生徒の学力向上を図ってまいります。
 続いて「魅力あふれるまちづくり」につきましては、本市を取り巻く社会経済状況の大きな変化に対応しつつ、今後10年間の都市づくりの指針となる八尾市都市計画マスタープラン等を策定するとともに、市街化区域及び市街化調整区域の区域区分や用途地域等の見直しを行うなど、地域の特色を生かした魅力あるまちづくりを進めてまいります。
 また、市民が快適に安心して利用できる施設となるよう、八尾図書館を初めとする市役所本庁舎周辺の公共施設やコミュニティセンターなど、更新時期を迎えた公共施設の機能更新を進めるとともに、JR八尾駅周辺整備事業、放置自転車対策事業、八尾空港西側跡地活性化促進事業など、暮らしやすく、安全で安心な都市づくりの実現に、引き続き取り組んでまいります。
 一方、八尾の自然や地域資源を生かし、都市に潤いや安らぎのあるまちづくりに向けて、玉串川沿道整備事業、緑化推進事業、公園・緑地整備事業などに取り組んでまいります。
 さらに、スポーツやレクリエーション活動の場を提供するため、体育施設整備事業や八尾南高校跡地体育館整備事業に取り組むとともに、芸術文化、生涯学習並びにスポーツに係る振興計画の策定を行い、だれもが住み続けたい、住んでみたいと思えるまちづくりを進めてまいります。
 続いて「環境にやさしいまちづくり」につきましては、よりよい環境を次の世代に引き継いでいくため、これまで市民とともに積極的に進めてきたまちづくりの経験を生かし、世界的な課題となっている地球温暖化防止に向け、本市としての地球温暖化対策実行計画に沿った取り組みや、グリーンニューディール基金を活用した取り組みを重点的に進めてまいります。
 また、環境型社会の構築に向け、ごみの発生抑制、再使用、再生利用を進めるために、多種分別を推進するとともに、竜華水みらいセンターから放流される高度処理水を、市街地水路等の修景用水等において利用するなど、資源の有効活用を図ってまいります。
 続いて「効率的な行財政運営の推進」につきましては、厳しい財政状況のもと、必要とされる行政サービスを提供していくため、庁内の連携を図りながら、引き続き八尾市行財政改革プログラムに基づく行財政改革を着実に推進するとともに、新たな歳入の確保に向けた取り組みを進めてまいります。
 まず、複雑化・多様化する市民ニーズに柔軟に対応するために、市民・企業・行政の適切な役割分担のもと、公民協働手法の活用促進が図られるよう取り組みを進めてまいります。また、市民の日常生活圏の拡大等に対応していくために、近隣自治体との広域的な連携を図ってまいります。
 さらに、コスト削減やセキュリティの強化など、情報システム全体の効率的な運用を目指し、基幹システムの再整備や庁内ITネットワークの整備を進めてまいります。
 続きまして、重点取り組みの3「時代の変化に対応するまちづくり」でございますが、地球温暖化の影響による自然災害の増加、今後30年以内での発生が予測される東南海・南海地震への懸念、さらに、不透明な社会経済情勢に伴う社会不安の増大により、これまでにも増して、安全に暮らし、安心して住み続けられるまちへの期待が高まっております。
 一方で、今後はこれまでの人口増加を前提とした仕組みを見直し、人口減少社会のもとで持続可能な社会を実現していくことが求められており、家庭環境やライフスタイルが多様化する中で、仕事と子育てを両立しながら、安心して子供を生み育てることができる環境づくりを進めてまいります。
 さらに、このような時代にあってこそ、すべての人が尊重し合い、認め合い、支え合う人情味豊かで安心して暮らせるまちづくりが求められており、関係機関や地域のネットワークをさらにきめ細やかに構築するなど、市民や事業者との協働により、人権が尊重され共生の心があふれる社会の実現を目指してまいります。
 まず、「安全なまちづくりの推進」につきましては、災害に強いまちづくりを目指し、自主防災組織の育成や、予防広報推進事業による取り組みを展開するとともに、学校や水道施設の耐震化、雨量集中監視システムの機能更新、消防車両装備等の充実、消防団の活性化、消防・救急無線のデジタル化などにより、防災能力の向上を図ってまいります。
 また、市民、企業、警察など関係機関との連携による防犯対策の強化を図るとともに、交通安全のための道路改良を実施するなど、市民生活の安全性確保に取り組んでまいります。
 さらに、清潔で快適な生活環境の実現、市民の身体及び財産の安全の確保並びに健康への影響の抑制につながるよう、路上喫煙対策にも取り組んでまいります。
 続いて、「安心して子どもを生み育てることができる環境づくり」につきましては、すべての子育て家庭が、安心して子育てできる環境づくりに向け、保育所待機児童の解消と、きめ細かな保育サービスを行うことができるよう、私立保育所園の整備を進めてまいります。
 さらに、在宅で子育てをしている家庭への支援、地域における子育てへの支援により、育児への不安を軽減するとともに、増加する児童虐待を未然に防ぐことができるよう、つどいの広場の拡充、地域子育て支援センターによる支援、児童虐待防止ネットワークの充実に取り組んでまいります。
 続いて、「誰もが安心して生活できるまちづくり」につきましては、すべての人権が尊重され、ともに支え合う社会の実現を目指し、中間年を迎える八尾市人権教育・啓発プランについて、これまでの取り組みの成果を検証するとともに、「八尾市男女共同参画推進条例」の制定を契機として、男女共同参画への取り組みをより一層進めてまいります。また、国際平和に向けた他都市との連携を深めてまいります。
 次に、地域福祉の充実に向けては、市民との協働により地域福祉計画及び地域福祉活動計画の進行管理を行うほか、自助・共助・公助の計画理念の実践として、ひとり暮らしの高齢者に対する見守りネットワークの構築に向けた取り組みを充実し、簡易心身障害者通所施設及び小規模通所授産施設等の障害者自立支援法に基づく事業への移行支援を引き続き行ってまいります。
 また、市民が安心して日々の生活を送ることができるよう、がん検診等の健康増進事業や、特定健康診査・特定保健指導事業により市民の健康の維持増進を図ってまいります。
 また、本年2月に60周年を迎えた市立病院は、昨今、全国的に地域医療の危機が叫ばれている中においても、市民の生命と健康を守る地域の中核病院としての役割を果たしてまいります。このため、小児医療、周産期医療などの市民に求められている医療を提供するとともに、がん診療拠点病院として、さらなるがん医療の充実・強化と健診事業の充実を図ることにより、一層市民に信頼され、親しまれる病院となることを目指してまいります。
 次に、これらの施策、事業を推進するための財政状況についてでございますが、平成22年度の市全体の予算規模につきましては、1770億3615万1000円で、対前年度47億1112万7000円の増、率で2.7%の増となっております。
 一般会計では、総額899億8131万円となり、対前年度42億8225万2000円の増、率で5%の増となっております。
 歳入面では、景気の低迷により、市税収入が大幅に減収するものの、地方財政収支の悪化に対処するため、交付税等の国の予算が増額されたことに伴い、地方交付税等において増収を見込み、歳入一般財源全体では、ほぼ前年度並みを確保しております。
 一方、歳出面では、平成22年度より子ども手当が創設されたことや、生活保護費などの増により、扶助費において対前年度約50億円の増と大幅に増加しており、予算規模が大きくなっている要因となっております。
 特別会計では、国民健康保険事業及び介護保険事業における保険給付費などの増、また、後期高齢者医療事業における広域連合への納付金の増により、それぞれの特別会計は、対前年度増となっております。
 一方、公共下水道事業における流域下水道事業費の減、老人保健事業における医療諸費の減、財産区特別会計における地区財産区費の減により、それぞれの特別会計は、対前年度減となっております。
 企業会計では、病院事業での医業費用及び建設改良費の減などにより、対前年度減となっており、水道事業においても、建設改良費で増となるものの、営業費用の減により、対前年度減となっております。
 平成22年度の予算につきましては、限られた財源の中にあっても、市民生活を支えることを基本とし、地域分権を進めていくという思いを持って、重点事業を初めとする各種行政サービスについて、国の施策とも連動しながら積極的な展開を図る予算といたしております。
 以上、平成22年度の市政運営の基本的な方針及び財政状況を述べさせていただきました。
 最後に、結びといたしまして少し述べさせていただきます。
 市長就任以来、この3年間においても、財政の危機的状況、地方分権の進展など、本市を取り巻く環境はめまぐるしく変化をしてきました。特に、昨年は政権に大きな変革がありました。今後、国の施策や地方の税財政制度等が大きく変化をすることが予測をされますが、この変革は、国民一人一人が主権者としての認識を新たにした瞬間でもあったのではと考えております。
 地域主権を掲げる新政権のもと、各自治体の発展は、これまで以上にその自治体の経営能力の差で大きく左右されることが予測されますが、こうした流れの中にあって、市民に最も身近な行政として知恵を絞り、工夫を凝らし、まちの魅力を高め、発信する。さらには、他の自治体と積極的に競い合い、厳しさを増す行財政運営の中においても、常に時代の変化を見据え、確かなかじ取りをしていくことこそが、私に与えられた使命であると考えております。
 私はこれまでも、職員に対して、従来の発想にとらわれず、チャレンジ精神とコスト意識を持って行財政運営に臨むよう、機会をとらえて呼びかけてまいりました。その結果、限られた時間の中で、現在の課題にどう取り組めばよいのかなど、自主的・積極的な姿勢が見られるようになり、職員の意識の変化に手ごたえを感じているところであります。
 坂本龍馬は、小さな魚でさえ、大きなハスの葉を動かすという意味の「遊魚緑荷を動かす」という言葉を残しています。私は、何事も頑張ってやれば、地域から国を、さらには世界をも動かすことができると信じております。私が先頭に立ち、職員一丸となり、市民や地域と協力・連携し、ともに汗をかき前進すれば、住んでよかったと実感していただける魅力あふれる「元気で新しい八尾」を必ずや実現できるとの確信を胸に、引き続き、情熱と誇り、スピード感を持って市政運営をしてまいります。
 「元気で新しい八尾」に向けた取り組みを着実に実施していくためには、議員の皆様、そして市民の皆様の御理解、御協力をいただかなくては、到底なし得ないものであり、これからの市政運営に当たりまして、より一層の御指導、御協力をいただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。
 御清聴、どうもありがとうございました。
○議長(垣内博美)
 次に、予算議案を除く一般議案について、原副市長から提案理由の説明を求めます。
◎副市長(原正憲) 〔登壇〕
 それでは、一般議案につきまして順次御説明申し上げます。
 初めに、議案第1号「損害賠償に関する 和解専決処分承認の件」につきましては、学校管理下において発生した事故に係る損害賠償に関し、和解するについて、特に緊急を要しましたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成22年1月29日に専決処分を行いましたので、同条第3項により市議会の御承認をお願いいたすものでございます。
 事故の概要でございますが、平成19年8月7日、午後2時ごろ、八尾市大字木本107番地の3先歩道上において、八尾市立大正中学校陸上部の生徒31人及びこれらの生徒を引率する同部の顧問である教諭が、練習場所から自転車で同校に戻る途中、同部の男子生徒が、自転車で対向して走行してきた相手方の右手薬指と接触し、相手方が右第4中手骨骨折及び頚椎捻挫の負傷をしたものでございます。
 和解の主な内容でございますが、本市は、本件事故の発生につき責任があることを認め、相手方に対し、本件事故に係る損害賠償として、金726万8074円の支払い義務があることを認め、その支払い方法を定めるほか、本件事故に関しては、この和解契約に定める事項を除き、相互に何らの債権債務のないことを確認するとともに、双方とも裁判上または裁判外において、一切異議及び請求の申し立てをしないことを誓約するものでございます。
 なお、本件和解金額相当分につきましては、本市が加入いたしております全国市長会学校災害賠償補償保険から全額補てんを受けるものでございます。
 次に、議案第2号「藤井寺市と八尾市との間の学齢児童及び学齢生徒の教育事務の委託に関する協議の件」につきましては、藤井寺市の一部の区域における学齢児童及び学齢生徒に係る教育事務の委託に関し、本規約案をもって藤井寺市と協議するにつきまして、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項本文の規定に基づき、市議会の議決をお願いいたすものでございます。
 内容でございますが、大和川以北の藤井寺市小山七丁目及び大和川以北・国道170号以西の藤井寺市川北一丁目在住の学齢児童及び学齢生徒で、本市への就学を希望する者の就学につきましては、現在、区域外就学として許可しておりますが、平成22年度より、教育事務の委託として、本案のとおり規約を定め、本市が藤井寺市より委託を受けるものでございます。
 規約案の内容でございますが、第1条は、委託事務の範囲として、別図記載の区域内に居住する全部または一部の学齢児童及び学齢生徒の教育事務を藤井寺市が八尾市に委託する旨を、第2条は、委託事務の管理及び執行の方法を、第3条は、委託事務に係る経費の負担及びその執行方法として、藤井寺市が経費を負担する旨、及び経費の算定方法等を、第4条は、必要事項に関する協議を定めております。
 なお、藤井寺市においても同内容の議案を今議会へ上程しており、両市議会の議決が 得られましたら、両市協議を経て規約を定め、平成22年4月1日より教育事務の委託を開始する予定でございます。
 次に、議案第3号「市道路線の認定及び廃止に関する件」につきましては、道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定に基づき、市道路線を認定及び廃止するにつきまして、市議会の議決をお願いいたすものでございます。
 認定いたします路線は53路線でございまして、その内訳は、開発行為によって本市に帰属されたものが50路線、道路整備事業等によるものが3路線でございます。
 廃止いたします路線は8路線でございまして、その内訳は、開発行為により帰属された路線の認定に伴い、廃止が生じたものが7路線、道路整備事業等により廃止が生じたものが1路線でございます。
 次に、議案第4号「権利の放棄の件」につきましては、市営住宅の滞納家賃等に係る請求権を放棄するに当たり、地方自治法第96条第1項第10号の規定に基づき、市議会の議決をお願いいたすものでございます。債務者は、**市**町*丁目**番地、市営**住宅**号館**号室、****氏でございまして、平成21年6月3日に死亡し、その後、相続人の相続放棄の申述が受理されたため、徴収ができない状況となったことから、当該家賃等を請求する権利を放棄するものでございます。
 次に、議案第5号「八尾市職員の勤務時間等に関する条例及び八尾市職員給与条例の一部改正の件」につきましては、労働基準法及び地方公務員法の改正を踏まえ、月に60時間を超える時間外勤務に係る時間外手当について支給割合を引き上げるとともに、時間外勤務代休時間制度を新設するにつきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、月に60時間を超える時間外勤務に係る時間外手当の支給割合を引き上げるとともに、その支給割合と、本来の支給割合との差額分の手当の支給にかえて勤務することを要しない日、または時間を指定することができる制度を設けるものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第6号「八尾市公営住宅整備基金条例の一部改正の件」につきましては、市営住宅の整備に係る資金として、基金をより有効に活用することができるよう、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、条例の規定中、「公営住宅」部分を「市営住宅」に改めるものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第7号「八尾市児童遊園及びちびつこ広場の設置に関する条例の一部改正の件」につきましては、児童遊園を新たに設置する等につきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、本市の設置する児童遊園及びちびっこ広場を定めております条例の別表におきまして、新たに借地により設置することとなりました「神立五丁目児童遊園」を追加するものでございます。
 また、流域下水道工事に伴い、代替地を隣接地に設け、区域変更を行い開園していた「東老原二丁目児童遊園」につきまして、流域下水道工事の竣工に伴い、もとの位置に復元することでの区域変更が生じ、位置の改正が必要になったものでございます。
 なお、この条例につきましては、公布の日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第8号「八尾市国民健康保険条例等の一部改正の件」につきましては、一般被保険者に係る基礎賦課額の所得割額の算定等に関する規定の整備等につきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、第1点目として、一般被保険者に係る基礎賦課額の所得割額の算定等に関しまして、地方税法の一部改正による上場株式等の配当所得の申告分離課税の創設等に伴い、国民健康保険法施行令の一部が改正され、それに伴う規定の整備を行うものでございます。
 第2点目といたしまして、被用者保険の被保険者本人が後期高齢者医療制度に移行することに伴って、被用者保険の被扶養者から国民健康保険の被保険者となった者に係る保険料の減免につきまして、資格取得の日から2年間であったものを、当分の間、継続するものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第9号「八尾市都市公園条例の一部改正の件」につきましては、開発行為により本市に帰属した公園を都市公園として追加するにつきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、本市の設置する都市公園を定めております条例の別表第1におきまして、開発行為により本市に帰属されました「福万寺町二丁目公園」及び「北本町二丁目公園」の2公園を追加するものでございます。
 なお、この条例につきましては、公布の日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第10号「八尾市営住宅条例の一部改正の件」につきましては、市営住宅における暴力団排除について規定を整備する等につきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、第1点目として、市営住宅における暴力団排除について、入居者の安全・安心の観点から、規定の整備を行うものでございます。
 第2点目といたしまして、機能更新事業を予定している市営住宅について、事業着手までの有効活用を図るため、期間を限定した入居者募集を行っていくための規定を整備するものでございます。
 第3点目といたしまして、市営住宅入居者が室内で倒れている場合など、緊急の確認が必要な場合などに、室内への職員の立ち入りを可能とするための規定を整備するもので ございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第11号「八尾市火災予防条例の一部改正の件」につきましては、個室型店舗における外開き戸の自動閉鎖措置に関し規定を整備する等につきまして、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、カラオケボックス、インターネットカフェ、漫画喫茶、テレホンクラブ、個室ビデオ、その他これらに類するものの遊興の用に供する個室に設ける外開き戸のうち、避難通路に面するものについては、その開放によっても避難上支障がないと認められるものを除き、開放した場合において自動的に閉鎖するものとするものでございます。その他、規定の整理を行うものでございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたし、この条例の施行の際、現に存するもの等で、改正後の規定に適合しないものにつきましては、平成23年3月31日まで、当該規定は適用しないものでございます。
 次に、議案第12号「八尾市立市民運動広場設置条例の一部改正の件」につきましては、平成15年度より、大阪府が治水対策事業として新家町で行っております調節池整備事業が、平成22年3月末に完了し、その上部を市民運動広場として市民に提供するために、条例の一部を改正するものでございます。
 内容といたしましては、附則第2項に八尾市立新家町市民運動広場を加えるとともに、指定管理者による管理が行われるまでの間、直営で運営していくための経過措置を規定しております。
 なお、この条例につきましては、教育委員会規則で定める日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第13号「八尾市こども夢基金 条例制定の件」につきましては、本市の子どもが健やかに育ち、次世代育成を推進することを目的に行う事業に充てるため、寄附を受けました1000万円と同額の一般財源を原資とした合計2000万円の基金を設置するにつきまして、本条例を制定するものでございます。
 内容といたしましては、第1条におきまして、「八尾市こども夢基金」を設置する旨を規定し、第2条におきましては、基金として積み立てる額を規定しております。第3条におきましては、基金の管理、第4条におきましては、基金から生ずる運用益金の処理、第5条におきましては、繰替運用について規定しております。第6条におきましては、基金は第1条の費用に充てる場合に限り、処分できる旨を規定しております。第7条は、委任規定でございます。
 なお、この条例につきましては、公布の日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第14号「八尾市グリーンニューディール基金条例制定の件」につきまして御説明申し上げます。
 平成20年度の地球温暖化対策の推進に関する法律の改正に基づき、温室効果ガス削減を目的とした地方公共団体実行計画の策定が、都道府県、政令指定都市、中核市、特例市に義務づけられており、このうち、都道府県、政令指定都市に対しましては、国の平成21年度第1次補正予算において地域グリーンニューディール基金として既に財政支援が行われておりますが、今回、中核市、特例市に対しましても、国の平成21年度第2次補正予算により財政支援が行われるため、実行計画に基づく本市の地球温暖化対策を推進するための事業に要する経費の財源に充てるため、基金を設置するにつきまして、本条例を制定するものでございます。
 内容といたしましては、第1条におきましては、基金の設置を規定しております。第2条におきましては、基金として積み立てる額について規定し、第3条におきましては、管理、第4条におきましては、運用益金の処理、第5条におきましては、繰替運用について規定しております。第6条におきましては、基金を処分できる場合を規定しております。第7条は、委任の規定でございます。
 なお、この条例につきましては、平成22年4月1日から施行いたし、平成24年3月31日限りで失効するものでございますが、基金に残額があるときは、その残額を国庫に納付するものでございます。
 次に、議案第15号「八尾市路上喫煙マナーの向上を市民とともに推進する条例制定の件」につきまして、御説明申し上げます。
 道路などに捨てられたたばこの吸い殻は、まちの美化を損ね、また、歩行喫煙等は、やけどや服の焼け焦げにもつながり、さらにたばこの煙は、周囲の人に対して不快感を与えるとともに、場合によっては、健康への影響を引き起こす可能性があるなど、迷惑や被害を与えるおそれがあります。安全・安心で快適な地域社会づくり、良好な都市づくりを目指す本市といたしましては、道路、公園等、公共の場所での路上喫煙及び歩行喫煙等につきまして、これまで以上に喫煙マナーの向上についての対策を講じる必要があると考えております。
 このため、路上喫煙等の基本的なルールを定めることにより、市民の皆さんとともに、路上喫煙のマナー向上を図り、清潔で快適な生活環境の実現、市民等の身体及び財産の安全の確保並びに健康への影響を抑制するために、本条例を制定するものでございます。
 内容といたしましては、第1条におきましては、条例の目的を、第2条におきましては、用語の定義を、第3条から第5条におきましては、条例の目的を達成するための市、市民等及び事業者の責務についてそれぞれ規定しております。第6条におきましては、路上喫煙禁止区域の指定及びその手続等について規定しております。第7条におきましては、市民及び事業者からの路上喫煙禁止区域の申し出について規定しております。第8条におきましては、公共の場所における歩行喫煙等、現に多数人のいる場合における路上喫煙及び路上喫煙禁止区域内における路上喫煙の禁止を規定し、第9条におきましては、禁止行為の違反者に対する指導について規定しております。第10条におきましては、路上喫煙マナー向上推進協議会の設置について、第11条におきましては、路上喫煙マナー向上推進員の委嘱等について規定しております。第12条は、委任の規定でございます。第13条は、過料の規定でございます。
 なお、この条例につきましては、規則で定める日から施行いたすものでございます。
 次に、議案第33号「包括外部監査契約締結の件」につきましては、平成22年度における包括外部監査契約を締結するにつきまして、地方自治法第252条の36第1項及び八尾市外部監査契約に基づく監査に関する条例第5条第1項の規定に基づき、市議会の議決をお願いいたすものでございます。
 なお、同法及び同条例の規定に基づき、契約締結予定者に関し、あらかじめ監査委員の御意見をお伺いし、異議がない旨、御意見をいただいております。
 契約の目的は、包括外部監査契約に基づく監査及び監査の結果に関する報告を受けるものでございまして、契約の始期は、本年4月1日からといたしております。契約の金額は770万円を上限といたしており、その支払いの方法につきましては、監査の結果に関する報告が提出された後に一括して支払うとするものでございます。
 契約の相手方は、*市*区***町*丁*番**−**号にお住まいの公認会計士、坂井俊介氏でございます。
 最後に、議案第34号「山本小学校校舎改築及び耐震改修工事の工事請負契約締結の件」につきましては、本市が発注いたします工事の請負契約締結に係る議案でございまして、八尾市契約条例第3条の規定に基づき、市議会の議決をお願いいたすものでございます。
 本工事は、山本町北二丁目6番39号の山本小学校校舎を改築及び改修する工事でございます。契約の相手方は、株式会社本間組関西支店でございまして、契約金額は7億6051万5000円でございます。
 また、工事概要につきましては、別に御用意させていただいております参考資料にございますとおり、改築校舎鉄筋コンクリートづくり、一部鉄骨づくり4階建て、延床面積約4540平方メートル、建築面積約1350平方メートル、改修校舎鉄筋コンクリートづくり4階建て、延床面積約2250平方メートル、建築面積約600平方メートル、敷地面積1万6570平方メートルでございまして、改築校舎の主要室は、普通教室、図書室、家庭科室、視聴覚室等、附属建物は、ポンプ室等でございます。
 改修校舎は、耐震補強工事、外壁改修工事、2階から4階までの内装等改修工事を行うものでございます。
 なお、本件につきましては、電子入札システムを用いて、条件付一般競争入札を行ったものでございます。
 以上、甚だ簡単ではございますが、一般議案の提案説明を終わらせていただきます。いずれの議案につきましても、それぞれの委員会に付託されるものと存じますが、何とぞよろしく御審議賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。
○議長(垣内博美)
 次に、予算議案について、山本副市長から提案理由の説明を求めます。
◎副市長(山本裕三) 〔登壇〕
 それでは、補正予算議案につきまして、順次御説明申し上げます。
 まず、議案第16号「平成21年度八尾市一般会計第11号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億0191万円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ888億9324万5000円といたすものでございます。
 なお、今回の補正予算には、人事院勧告に伴います人件費の減額及び国の平成21年度第2号補正予算における地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業を含んでおります。また、継続費の補正2件、繰越明許費29件、及び地方債の補正4件を、あわせてお願いいたすものでございます。
 それでは、歳出予算の補正につきまして御説明申し上げます。
 まず、議会費では、440万5000円を減額いたすもので、人件費の減額でございます。
 次に、総務費の総務管理費では、2億1724万3000円を増額いたすもので、一般管理費では、特別職職員ほか人件費を減額し、退職手当では、定年前早期退職者等の退職手当を増額いたし、国際交流経費では、新型インフルエンザ流行による青少年交流団派遣・受入事業の中止に伴い減額いたし、財政管理費では、がんばれ八尾応援寄附金への寄附に伴い、公共公益施設整備基金積立金を増額いたすも、財政調整基金利子収入及び公共公益施設整備基金利子収入の減に伴い積立金全体では減額いたし、財産管理費では、国の平成21年度第1号補正予算における地域活性化・経済危機対策臨時交付金を受けまして、庁舎空調制御機器更新事業で増額いたすとともに、行政文書第二集中保管書庫整備事業で減額いたし、自治推進費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、コミュニティセンターのトイレの洋式化事業で増額いたし、また市民活動支援基金積立金でがんばれ八尾応援寄附金への寄附に伴い増額いたし、人権コミュニティセンター費では、人件費を減額いたし、職員研修及び厚生費では、新型インフルエンザ流行による海外交流研修事業の中止に伴い減額いたし、文化振興費では、がんばれ八尾応援寄附金への寄附に伴い、文化振興基金積立金を増額いたすものでございます。
 また、項徴税費から監査委員費までは、それぞれ人件費を減額いたすものでございます。
 次に、民生費の社会福祉費では、2920万5000円を減額いたすもので、社会福祉総務費では職員人件費で減額いたし、地域福祉推進基金積立金で、がんばれ八尾応援寄附金等への寄附に伴い増額いたし、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、在宅福祉サービスネットワークセンターの空調機器改修事業で増額いたし、国民年金費では人件費を減額いたし、老人福祉費では報酬を減額いたし、老人保護措置費及び市立養護老人ホーム経費では、措置人数の減に伴いそれぞれ減額いたし、老人医療助成費では、職員人件費を減額いたし、障害者福祉費では、小規模授産施設運営経費において、新体系への移行により施設数が減少したことにより減額いたし、障害福祉サービス費では、介護給付事業経費において、新体系への移行による施設数及び利用者数の増加等により増額いたし、障害者福祉施設等運営支援経費において、新型インフルエンザの感染拡大防止のために、本市が休業要請を行った障がい者及び障がい児の通所施設に対して支援を行うため増額いたし、障害者自立支援対策臨時特例交付金特別対策事業費では、福祉・介護人材確保緊急支援給付費において、介護職員処遇改善費を支給するため増額いたし、老人福祉センター費では職員人件費を減額いたし、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、安中老人福祉センターのトイレのバリアフリー化を行うため増額いたし、指定介護予防費では報酬を減額いたすものでございます。
 また、児童福祉費では、6584万4000円を減額いたすもので、児童福祉総務費では、職員人件費を減額いたし、国の平成21年度第2号補正予算において措置された、子ども手当支給に係るシステム経費について増額いたし、児童措置費では、児童手当及び児童扶養手当において当初の見込みを下回ったことによりそれぞれ減額いたし、保育施設費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、保育所施設整備事業費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、弓削保育所の施設改修を行うため増額いたし、児童療育施設費では、職員人件費で減額いたし、いちょう学園への寄附に伴い備品購入において増額いたし、青少年対策費及び青少年会館費では、報酬及び職員人件費をそれぞれ減額いたし、こども夢基金造成費では、次世代を担う子供に役立てるためにいただいた寄附金と同額の一般財源を活用し、こども夢基金を造成するため増額いたすものでございます。
 また生活保護費では、255万6000円を減額いたすもので、職員人件費を減額いたすものでございます。
 次に、項国民健康保険事業特別会計繰出金から、後期高齢者医療事業特別会計繰出金まで、それぞれ繰出金を減額いたすものでございます。
 次に、衛生費の保健衛生費では3342万3000円を増額いたすもので、保健衛生総務費及び市民保健費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、墓地火葬場費では、職員人件費で減額いたし、国の平成21年度第1号補正予算における地域活性化・経済危機対策臨時交付金を受けまして、斎場の集じん機の更新を図るため増額いたし、公害対策費及び公害健康被害補償費では、職員人件費及び報酬を減額いたすものでございます。
 また清掃費では、3371万4000円を減額いたすもので、清掃総務費では、職員人件費を減額いたし、有価物集団回収推進経費で有価物集団回収量の減に伴い減額いたし、また、指定袋制分別収集経費で指定袋の製作及び配送業務の入札による減に伴い減額いたし、じんかい処理費及びじんかい処理工場費では、職員人件費を減額いたすものでございます。
 また、病院事業会計繰出金では、3084万5000円を増額いたし、水道事業会計繰出金では、650万8000円の減額をいたすものでございます。
 次に、労働費の労働諸費では、27万5000円を減額いたすもので、職員人件費及び報酬を減額いたすものでございます。
 次に、産業費の農業費では63万円を減額いたすもので、職員人件費を減額いたすものでございます。
 また商工費では555万5000円を減額いたすもので、商工総務費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、商工振興費では、報酬を減額いたし、産業振興基金積立金で、がんばれ八尾応援寄附金等への寄附に伴い増額し、工場立地促進経費において奨励金の減に伴い減額いたすものでございます。
 次に、土木費の土木管理費では477万3000円を減額いたすもので、土木総務費及び土木管理事務所費において、いずれも職員人件費を減額いたすものでございます。
 また道路橋りょう費では、1億2655万1000円を増額いたすもので、道路橋りょう総務費及び交通対策費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、道路橋りょう新設改良事業費及び道路舗装事業費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、路肩及び側溝の整備、段差解消等の工事及び道路舗装工事を行うため、それぞれ増額いたすものでございます。
 また河川費では、7612万3000円を増額いたすもので、河川総務費では、職員人件費を減額いたし、河川改修事業費及び水路整備事業費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、河川改修工事、貯留浸透施設機能更新、水路護岸整備、市街地水路における環境整備を行うため、それぞれ増額いたすものでございます。
 また都市計画費では、3564万円を減額いたすもので、都市計画総務費では、職員人件費を減額いたし、まちづくり支援・啓発関係経費において対象研究会数が当初の想定を下回ったため減額いたし、竜華都市拠点まちづくり事業費において、水みらいセンターの本体工事がおくれたため減額いたし、鉄道駅舎エレベーター等設備整備補助金において、地下鉄八尾南駅エレベーター整備事業の負担割合の変更などに伴い減額いたし、都市計画事業関係経費において、入札による減などにより計画策定経費で減額いたし、街路事業費では、安中山ノ井線整備事業費において、用地買収の進展による事業費増加に伴い増額いたし、緑化推進費では、緑化基金積立金において、財団法人八尾市緑化協会解散に伴う寄附等により増額いたし、JR八尾駅周辺整備事業費では、設計業務において減額いたすものでございます。
 また住宅費では、1億2216万8000円を減額いたすもので、住宅管理費において職員人件費を減額いたし、住宅整備費では大正住宅建設事業費で工事の入札による減等により、西郡住宅整備改善事業費で、地元調整に時間を要したため、既設住宅等改善事業費で事業計画期間の変更等により、それぞれ減額いたすものでございます。
 次に消防費では、1542万円を減額いたすもので、常備消防費では、職員人件費を減額いたし、非常備消防費では、消防団の火災等による消防団員の出動人員の増に伴い増額いたし、消防団消防機械器具置場整備事業費において、入札による工事費の減により減額いたし、消防施設整備事業費では、入札による工事費の減、及び国の平成21年度第1号補正予算における地域活性化・経済危機対策臨時交付金を受けまして、はしご車の機能更新を図るため増額いたすものでございます。
 次に教育費の教育総務費では、5626万1000円を減額いたすもので、事務局費では、定年前早期退職者等の退職手当を増額いたすとともに、職員人件費、報酬及び教育職共済費等を減額いたし、教育振興費では、寄附に伴い奨学基金積立金を増額いたし、私立幼稚園就園奨励費補助金で対象者数が当初の見込みを下回ったことにより減額いたし、特別支援学校費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、学校ICT環境整備費では、入札による事業費の減により減額いたし、また、補助金の内示額の減に伴い、財源組み替えを行うものでございます。
 また小学校費では、1668万円を減額いたすもので、小学校管理費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、学校建設費では、山本小学校校舎改築事業費で入札による事業費の減により減額いたし、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、学校のトイレ改修や体育館の外壁等の改修を行うため増額いたすものでございます。
 また中学校費では、1116万8000円を増額いたすもので、中学校管理費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、学校建設費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、学校の屋上防水等の改修を行うため増額いたすものでございます。
 また幼稚園費では、917万5000円を減額いたすもので、職員人件費及び報酬を減額いたすものでございます。
 また社会教育費では、1060万2000円を増額いたすもので、社会教育総務費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、生涯学習センター学習プラザ喫茶軽食コーナー明渡等請求に係る訴訟取りやめに伴い、弁護士委託料を減額いたし、生涯学習センター管理費では、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、生涯学習センターの設備改修工事を行うため増額いたし、図書館費では、職員人件費及び報酬を減額いたすものでございます。
 また保健体育費では、2746万2000円を増額いたすもので、保健体育総務費では、職員人件費で減額いたし、体育施設費では、屋内プール管理運営経費で増額いたし、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、体育施設の設備改修工事を行うため増額いたし、学校給食費では、職員人件費及び報酬を減額いたし、地域活性化・きめ細かな臨時交付金を受けまして、給食調理場の改修工事のため増額いたすものでございます。
 次に、公債費では、4300万円を減額いたすもので、長期債利子及び一時借入金利子を減額いたすものでございます。
 一方、歳入予算の補正といたしまして、市税におきまして、1億2821万円を減額いたすのを初め、府支出金、財産収入、繰入金、市債をそれぞれ減額し、国庫支出金、寄附金、諸収入をそれぞれ増額いたし、総額1億0191万円の減額補正をいたすものでございます。
 次に、継続費の補正でございますが、大正住宅建設事業(第二期工区)及び山本小学校校舎改築事業につきまして、総額及び年割額を変更いたすものでございます。
 次に、繰越明許費でございますが、行政文書第二集中保管書庫整備事業ほか28件の各事業におきまして、それぞれ翌年度へ繰り越すものでございます。
 次に、地方債の補正でございますが、水道事業ほか3事業につきまして、それぞれ限度額の変更補正をいたすものでございます。
 次に、議案第17号「平成21年度八尾市国民健康保険事業特別会計第4号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ10億0104万2000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ318億5172万1000円といたすものでございます。
 補正の内容といたしましては、歳出におきまして、総務費で813万円を減額いたすもので、総務管理費、徴収費をそれぞれ減額いたすもので、人事院勧告などに伴う人件費、賦課徴収事務費の減によるものでございます。保険給付費では、4154万6000円を増額いたすもので、療養諸費及び出産育児諸費を増額いたし、高額療養費、葬祭諸費及び精神・結核医療給付費を減額いたすものでございます。
 後期高齢者支援金等では、618万8000円を増額、前期高齢者納付金等では、128万8000円を減額、老人保健拠出金では、724万9000円を減額、介護納付金では、467万2000円を減額、共同事業拠出金では、8億5285万6000円を減額、保健事業費で2000万円を減額、諸支出金で1788万6000円を増額、繰上充用金で6209万7000円を減額、予備費では、1億1037万円を減額いたすものでございます。
 一方、歳入予算におきましては、国庫支出金及び前期高齢者交付金をそれぞれ増額し、国民健康保険料、療養給付費等交付金、府支出金、共同事業交付金、一般会計繰入金をそれぞれ減額いたすものでございます。
 次に、議案第18号「平成21年度八尾市公共下水道事業特別会計第2号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ3億2831万5000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ137億5049万3000円といたすものでございます。
 補正の内容といたしましては、歳出におきまして、土木費の公共下水道事業費では、2億9592万2000円を減額いたすもので、人事院勧告などに伴う人件費の減、事務経費の減、流域幹線受託事業費の減、流域下水道建設費負担金の減等でございます。また、国庫補助金の増に伴う財源組み替えを行うものでございます。
 次に公債費では、3239万3000円を減額いたすものでございます。
 一方、歳入におきましては、国庫支出金を増額いたし、使用料、府支出金、諸収入、市債をそれぞれ減額いたすものでございます。
 次に、繰越明許費でございますが、公共下水道事業におきまして、10億4025万6000円を翌年度へ繰り越しいたすものでございます。
 また、地方債の補正といたしまして、公共下水道事業、流域下水道事業におきまして、限度額を変更いたすものでございます。
 次に、議案第19号「平成21年度八尾市老人保健事業特別会計第2号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1億8009万9000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ1億1237万6000円といたすものでございます。
 補正の内容といたしましては、歳出におきまして、医療諸費では、1億8009万9000円を減額いたすもので、医療給付費、医療費支給費、審査支払手数料が当初の見込みを下回ったことに伴い、それぞれ減額いたすものでございます。
 一方、歳入におきまして、諸収入で増額し、支払基金交付金、国庫支出金、府支出金、一般会計繰入金をそれぞれ減額いたすものでございます。
 次に、議案第20号「平成21年度八尾市介護保険事業特別会計第3号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ3984万7000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ171億3914万円といたすものでございます。
 補正の内容といたしましては、歳出におきまして、総務費の総務管理費では、総務管理費では、人事院勧告などに伴う人件費の減、職員共済費等で増額により194万7000円を増額いたすもので、徴収費では、人事院勧告に伴う人件費の減により2万7000円を減額いたし、介護認定審査会費では、認定審査回数が当初の見込みを下回ったことなどにより、1027万3000円を減額いたすものでございます。
 次に、地域支援事業費では、3936万8000円を減額いたすもので、介護予防事業費では、1936万8000円の減額、包括的支援事業・任意事業費では、包括的支援事業費の減、その他事業費の減により2000万円の減額、基金積立金では、介護給付費準備基金積立金において787万4000円を増額いたすものでございます。
 一方、歳入におきまして、国庫支出金、支払基金交付金、府支出金、一般会計繰入金をそれぞれ減額いたすものでございます。
 次に、議案第21号「平成21年度八尾市後期高齢者医療事業特別会計第3号補正予算の件」でございますが、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ7238万9000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ41億4205万円といたすものでございます。
 補正の内容といたしましては、歳出におきまして、総務費の総務管理費では、人事院勧告などに伴う人件費の減により52万2000円を減額いたし、徴収事務経費では、前年度繰越金に係る財源組み替えを行うものでございます。
 次に、後期高齢者医療広域連合納付金では、7103万7000円を増額いたすもので、保険料の増、保険基盤安定の増、共通経費の減及び医療定率負担金の精算に伴う財源組み替えをいたすものでございます。
 次に、諸支出金において、保険料還付金が見込みを上回ったことに伴い、187万4000円を増額いたすものでございます。
 一方、歳入におきまして、後期高齢者医療保険料、繰越金、諸収入をそれぞれ増額し、一般会計繰入金を減額いたすものでございます。
 次に、議案第22号「平成21年度八尾市病院事業会計第4号補正予算の件」でございますが、病院事業収益では、4761万5000円を増額いたすもので、一般会計繰入金などの増によるものでございます。
 一方、病院事業費用では、330万2000円を増額いたすもので、高度医療推進に伴う材料費の増等によるもので、収支差し引きで、単年度損失といたしまして、13億4600万7000円を計上する見込みでございます。
 次に、資本的収入におきまして、府補助金の増により、900万円を増額いたすものでございます。
 次に、議案第23号「平成21年度八尾市水道事業会計第5号補正予算の件」でございますが、水道事業収益では、9190万1000円を減額いたすもので、水道使用量の減等によるものでございます。
 一方、水道事業費用では、1億0697万7000円を減額いたすもので、水道使用量の減に伴う受水費の減等によるものでございます。収支差し引きで、単年度利益といたしまして、1億6100万9000円を計上する見込みでございます。
 次に、資本的収入におきまして、4376万5000円を減額するもので、企業債などの減によるものでございます。一方、資本的支出におきましては、1億4279万9000円を減額するもので、配水管整備事業費の減等によるものでございます。
 また、継続費の補正といたしまして、配水管整備事業費の総額及び年割額を変更いたすとともに、企業債におきまして、配水管整備事業費の限度額を変更補正いたすものでございます。
 以上が、補正予算の議案でございます。
 引き続き、議案第24号「平成22年度八尾市一般会計予算の件」から議案第32号「平成22年度八尾市水道事業会計予算の件」までの各会計予算議案につきまして、一括して概要を御説明申し上げます。
 国の平成22年度予算におきましては、1「コンクリートから人へ」、2「新しい公共」、3「未来への責任」、4「地域主権」、5「経済成長と財政規律の両立」を基本理念とし、子育て、雇用、環境、科学・技術に特に重点的配分が図られたところで、その規模は92兆2992億円、対前年度4.2%の増となっております。
 一方、地方財政につきましては、景気後退等に伴い地方税収入が落ち込むことなどにより、財源不足が過去最大の規模に拡大するものと見込まれましたが、平成22年度予算編成の基本方針において、地域のことは地域で決める、地域主権の確立に向けた制度改革に取り組むとともに、地域に必要なサービスを確実に提供できるよう、地方財政の所要の財源を確保することで、住民生活の安心と安全を守るとともに地方経済を支え、地域の活力を回復させていくとされたことにより、地方交付税については1兆0733億円が増額されたことなどにより、その規模は82兆1268億円となったところでございます。
 次に、本市の平成22年度当初予算でございますが、全会計では1770億3615万1000円で、対前年度47億1112万7000円、率で2.7%の増となっております。
 まず、一般会計予算でございますが、899億8131万円で、21年度当初予算対比で42億8225万2000円、5.0%の増でございます。なお21年度、22年度ともに借換債の予算を歳入・歳出予算に計上いたしておりますので、これらを除けば、前年度52億5225万2000円の増、率で6.3%の増となっております。
 歳入歳出の主な内容でございますが、歳入面では、まず、市民税の個人分につきましては、個人所得の減少を見込み、当初計画では、対前年度10.2%減の129億0300万円と大幅な減収を見込み、そのうち補正財源4億円を除く125億0300万円を計上いたしたところでございます。
 一方、法人分につきましても、統計調査や市内の主要企業の経常利益の予想から、対前年度26.0%減と見込んだところでございます。
 次に固定資産税につきましては、土地につきましては、多くの地点で地価の下落が続いており、減収で見込み、家屋については、3年に一度の評価がえが終わり、新築・増築分を加味し増収で見込んだところでございます。また、償却資産については、景気統計調査・日銀短観等の景気動向、及び市内主要企業の調査などを参考に見込み、交付金につきましては関係団体の通知等に基づき、見込んだところでございます。
 また、都市計画税についても固定資産税と同様に見込んだところでございます。
 その他の税につきましては、それぞれ実績等を勘案の上見込んだ結果、市税の計画額は373億7000万円、当初計画対比では、22億8000万円の減、率で5.8%の減となり、補正財源を除く、369億7000万円を当初予算に計上いたしたところでございます。
 次に、地方譲与税から地方特例交付金まで及び交通安全対策特別交付金につきましては、前年度の決算見込み及び地方財政計画等を勘案し見込んだところでございます。
 次に、地方交付税につきましては、計画額では普通交付税を対前年度11億円増の82億3000万円と見込み、7億円の補正財源を差し引き、75億3000万円を計上いたしております。また、特別交付税につきましては、実績等を勘案の上、6億円を見込んでおります。
 次に、分担金及び負担金から寄附金までと、諸収入につきましては、それぞれ歳出経費の特定財源として、歳出に見合う適正かつ可能な限りの財源確保を図ることとして計上いたしているところでございます。そのうち国庫支出金につきましては、子ども手当負担金が皆増となるなど大幅な増収と見込んでおります。
 次に、繰入金につきましては、財政事情等を勘案いたし、財政調整基金ほか基金繰入金におきまして、35億1028万9000円の取り崩しを見込んでおります。
 次に、市債につきましては、90億5400万円で、対前年度6億1700万円の増となっておりますが、その要因といたしましては、臨時財政対策債が対前年度16億円の増となること等により、増額となるものでございます。
 なお、当初予算における歳入一般財源総額は、対前年度4億2700万円程度の増となりますが、一般財源である財政調整基金繰入金を除くと、対前年度7300万円程度の減となり、引き続き一般財源が伸びない厳しい状況が続いております。
 次に、歳出面では、八尾市行財政改革プログラムに基づき、引き続き人件費を初め、事務事業の見直しを行うとともに、経常経費の一部において、マイナスシーリングを設定して財源捻出を図り、第10期実施計画及び市長マニフェストの重点施策に配分することなどで、限られた財源の効率的・効果的配分に努めたところでございます。
 経常経費の主な施策といたしまして、総務費では、総合計画の推進、地域分権の推進、基幹システムの最適化事業など、民生費では、放課後児童室事業、がんばる「八尾っ子」応援事業、スクールガードリーダー事業など、衛生費では、健康増進事業、路上喫煙対策事業、多種分別リサイクル推進事業など、労働費では、就労・生活相談事業、産業費では、「ものづくりのまち・八尾」ブランド化推進事業、地域商業活性化事業など、土木費では、放置自転車対策事業、都市計画推進事業など、消防費では、予防広報推進事業、消防団活性化事業など、教育費では、学校図書館活用推進事業、学力向上推進事業、小中学校パートナーシップ推進事業などの経費を含め、経常経費総額で846億4489万8000円、前年度予算対比で、46億0537万6000円の増、率で5.8%の増となっております。
 次に、投資的経費につきましては、庁内ITネットワーク整備事業、地域密着型サービス拠点整備費補助金、商工振興拠点施設整備促進事業、道路・河川整備事業、公園緑地整備事業、継続事業の大正住宅建設事業、並びに継続事業を含む安中及び西郡住宅整備改善事業などの住宅整備事業、継続費の山本小学校校舎改築事業、小・中学校の耐震診断及び施設整備事業など合わせまして、総額53億3641万2000円、前年度予算対比3億2312万4000円の減、率で5.7%の減となっております。
 次に、継続費といたしまして、款土木費、項住宅費において西郡住宅建設事業で総額10億9470万円をお願いいたすものでございます。
 次に、債務負担行為といたしまして、汎用機システム再整備事業のほか8件、地方債の限度額といたしまして81億5400万円、一時借入金の限度額といたしまして90億円及び歳出予算の流用について、お願いいたすものでございます。
 次に、国民健康保険事業特別会計予算でございますが、国保被保険者数約8万人に係る保険給付費、後期高齢者支援金等、及び共同事業拠出金等で、予算総額324億5445万8000円を計上いたし、一時借入金の限度額30億円と歳出予算の流用についてお願いいたすものでございます。
 次に、公共下水道事業特別会計予算でございますが、整備面積56.2ヘクタール、延長16.25キロメートルの管渠築造工事、流域下水道事業負担金等の下水道事業経費、公債費、及び下水道施設の管理運営経費を合わせまして、137億0119万9000円を計上いたし、債務負担行為を1件、地方債の限度額として35億0810万円、一時借入金の限度額として70億円を、それぞれお願いいたすものでございます。
 なお、平成22年度末人口普及率は、83.4%となる見込みでございます。
 次に、老人保健事業特別会計予算でございますが、過誤請求・請求おくれ等の医療費に係る経費といたしまして、予算総額3835万5000円を計上いたすものでございます。
 次に、財産区特別会計予算でございますが、財産区財産管理経費、各財産区の基金積立金等で、予算総額330万円を計上いたすものでございます。
 次に、介護保険事業特別会計予算でございますが、介護保険法に基づく、第1号被保険者及び第2号被保険者に係る保険給付費等で、予算総額172億6833万4000円を計上いたすとともに、歳出予算の流用についてお願いいたすものでございます。
 次に、後期高齢者医療事業特別会計予算でございますが、対象者約2万5000人の医療に係る後期高齢者医療広域連合納付金等で、予算総額44億5074万円を計上いたすものでございます。
 次に、病院事業会計予算でございますが、年間患者数といたしましては、入院で延べ12万2056人、外来で延べ18万4680人を予定いたしておりまして、収益的収支におきまして、収入で94億0866万円、支出で101億1346万4000円を計上いたし、単年度損失といたしまして、7億0480万4000円を見込んだところでございます。
 また、資本的収入及び支出では、収入で5億8102万7000円、支出で9億2154万1000円を計上いたし、また、一時借入金の限度額として8億円をお願いいたすものでございます。
 最後に、水道事業会計予算でございますが、給水戸数12万4600戸、年間総給水量3287万6000立方メートルを予定いたし、安定給水を図るため、老朽配水管の更新事業として配水管整備事業で6億7000万円、また高安受水池の耐震化事業として施設耐震化事業で2億1838万7000円とするものでございまして、収益的収入及び支出におきましては、収入で65億7096万8000円、支出で64億3464万2000円を計上いたし、単年度利益といたしまして、1億3632万6000円を見込んだところでございます。
 資本的収入及び支出では、収入で7億2918万1000円、支出で16億6880万8000円を計上いたし、また、継続費を1件、債務負担行為を2件、起債の限度額といたしまして5億4130万円、一時借入金の限度額といたしまして5000万円をお願いいたすものでございます。
 以上が、平成22年度の当初予算の概要でございます。
 以上で、各議案につきまして御説明申し上げましたが、いずれも各常任委員会で付託審議の際、詳細に御説明申し上げたいと存じますので、何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
─────────────────────
○議長(垣内博美)
 本日は、これをもって散会いたします。
 午前11時56分散会
─────────────────────────────────────────────


〇会議録署名議員

┌──────┬─────────┬─────────────────────────┐
│市議会議長 │ 垣 内 博 美 │                         │
├──────┼─────────┼─────────────────────────┤
│市議会議員 │ 村 松 広 昭 │                         │
├──────┼─────────┼─────────────────────────┤
│市議会議員 │ 吉 村 晴 之 │                         │
└──────┴─────────┴─────────────────────────┘