議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 守口市

平成17年 3月定例会(第1日 3月 1日)




平成17年 3月定例会(第1日 3月 1日)





 
 平成十七年三月一日(火)午前十時開会


日程第 一        会期について


日程第 二 議案第 一号 市道路線の廃止について


日程第 三 議案第 二号 市道路線の認定について


日程第 四 議案第 三号 守口市生計援助資金貸付基金条例に基づく貸付金に係る債権


             の放棄について


日程第 五 議案第 四号 守口市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正


             する条例案


日程第 六 議案第 五号 守口市国民健康保険条例の一部を改正する条例案


日程第 七 議案第 六号 守口市特別工業地区建築条例等の一部を改正する条例案


日程第 八 議案第 七号 守口市文化財保護条例の一部を改正する条例案


日程第 九 議案第 八号 平成十六年度守口市一般会計補正予算(第六号)


日程第一〇 議案第 九号 平成十六年度守口市特別会計国民健康保険事業補正予算


             (第二号)


日程第一一 議案第一〇号 平成十六年度守口市特別会計老人保健医療事業補正予算


             (第二号)


  ───────────────────────


〇本日の会議に付した事件


一、財政危機対策特別委員会の議会閉会中における継続審査を認めるについて


一、日程第一から第一一まで


  ───────────────────────


〇出 席 議 員 (二九名)


 一番     杉 本 悦 子 君


 二番     欠       員


 三番     大 藤 美津子 君


 四番     奥 谷 浩 一 君


 五番     真 崎   求 君


 六番     矢 野 博 之 君


 七番     立 住 雅 彦 君


 八番     井 上 照 代 君


 九番     山 口 保 己 君


一〇番     原 口 芳 生 君


一一番     和 仁 春 夫 君


一二番     小 東 徳 行 君


一三番     吉 川 和 世 君


一四番     北 川 正 子 君


一五番     上 田   敦 君


一六番     田 中   満 君


一七番     梅 本   章 君


一八番     硲   利 夫 君


一九番     田 中 光 夫 君


二〇番     三 浦 健 男 君


二一番     木 村 隆 義 君


二二番     津 嶋 恭 太 君


二三番     池 嶋   香 君


二四番     澤 井 良 一 君


二五番     江 端 将 哲 君


二六番     西 田   薫 君


二七番     生 島 けいじ 君


二八番     福 西 寿 光 君


二九番     作 田 芳 隆 君


三〇番     村 野 泰 夫 君


  ───────────────────────


〇地方自治法第百二十一条による出席者


市長           喜 多 洋 三 君


助役           近 藤   孝 君


助役           伊 藤 正 伸 君


収入役          石 丸 進 吉 君


市長室長         辻 岡 惣太郎 君


企画調整部長       内 藤 正 博 君


企画課長         福 永 憲 治 君


財政課長         井 上 三 郎 君


総務部長         村 上 喜 嗣 君


職員長          為 廣 美貴夫 君


市民生活部長       田 村 泰 樹 君


人権室長         岩 田 秀 文 君


ごみ対策室長       畠 中 清 和 君


福祉部長         大 西 忠 司 君


児童福祉室長       渡 辺 昭 憲 君


健康生きがい室長     西   佳 紀 君


都市整備部長       小 嶋 和 平 君


下水道部長        長 崎 省 吾 君


水道事業管理者職務代理者 柏 本 喜 惟 君


水道局長


教育長          豊 田   修 君


学校教育部長       上 田 正 裕 君


社会教育部長       今 野 悦 男 君


選挙管理委員会事務局長  西 岡 保 博 君


  ───────────────────────


〇議会事務局出席職員


事務局長         加茂田 善 雄


庶務課長         辻   浅 夫


庶務課主任        浜 崎 行 宏


議事課長         吉 岡   章


議事課長補佐       村 田 佳 文


議事課主任        巽   光 規





      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


       午前十時二十三分開会


○議長(村野泰夫君) これより市議会定例会を開会いたします。


 本日ここに招集されました三月定例会を開会いたしましたところ、議員各位には、公私何かと御多忙中にもかかわりませず、全員の御出席を賜りましたことを厚く御礼申し上げまして、簡単ではございますが、開会のごあいさつにかえさせていただきます。


 次に、市長からごあいさつを受けることといたします。喜多市長。


      〔市長喜多洋三君登壇〕


○市長(喜多洋三君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日ここに市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多忙中にもかかわりませず、全員の御出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。また、平素は市政の推進に当たり御指導、御助言を賜り、まことにありがとうございます。


 さて、本定例会では、平成十六年度の補正予算を含む諸議案を初め、平成十七年度の市政運営の方針を定める当初予算などの御審議をお願いすることといたしております。いずれも極めて重要かつ急を要するものでございますので、よろしく御承認、御可決を賜りますようお願いを申し上げ、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。


      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


       午前十時二十四分開議


○議長(村野泰夫君) これより本日の会議を開きます。


 議事課長から、本日の欠席議員等の報告を受けます。


○議事課長(吉岡 章君) 御報告申し上げます。


 本日は二十九名全員の御出席でございます。


 以上、御報告を終わります。


○議長(村野泰夫君) 定足数は超えておりますので、会議は成立いたします。


 この際本日の会議録署名議員を定めます。十三番吉川議員、十六番田中議員にお願い申し上げます。


 これより議事に入ります。日程に先立ち、御報告申し上げます。


 まず、前回報告以降の行政視察の結果について、各視察議員から議長あて報告がなされており、かつお手元配付の印刷物のとおり、これらの概略報告をいたしておりますので、これをもって視察結果の報告にかえさせていただきます。


 次に、監査委員から、昨年十二月及び去る一月、二月に行われました例月出納検査の結果報告について、また市長から、市長の専決処分事項の指定に係る報告について、それぞれ書類報告がなされております。


 なお、この際申し上げます。現在設置いたしております財政危機対策特別委員会の委員長から、議会閉会中における継続審査の申し出がありました。よって、お諮りいたします。財政危機対策特別委員会について議会閉会中の継続審査を認めることに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。


 以上で報告事項及びこれに伴う議事を終わります。


 これより日程に入ります。本日の日程は、お手元の議事日程のとおり、日程第一、「会期について」から、日程第十一、議案第十号、「平成十六年度守口市特別会計老人保健医療事業補正予算(第二号)」まで、計十一件を付議すべきこととなっております。


 それではまず、日程第一、「会期について」を議題といたします。今期定例会の会期は、本日から二十五日までの二十五日間といたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、会期は二十五日間と決定いたしました。


 次に移ります。日程第二、議案第一号、「市道路線の廃止について」並びに日程第三、議案第二号、「市道路


 線の認定について」をあわせて議題といたします。原口議員。


○十番(原口芳生君) この際動議を提出いたします。


 ただいま議題とされました議案第一号及び議案第二号並びに以下上程される諸事件の朗読は、提出主文のみにとどめ、他は省略されんことを望みます。


○議長(村野泰夫君) ただいま原口議員から、議案第一号及び議案第二号並びに以下上程される諸事件の朗読は、提出主文のみにとどめ、他は省略されたいとの動議が提出されました。本動議を直ちに議題とし、お諮りいたします。本動議のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。


 議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。小嶋都市整備部長。


      〔都市整備部長小嶋和平君登壇〕


○都市整備部長(小嶋和平君) それでは、議案第一号並びに議案第二号につきまして、一括して御説明申し上げます。


 まず、議案第一号、市道路線の廃止についてでございますが、恐れ入りますが、付議事件議一の一から議一の二、参考資料議一の一を御参照ください。


 今回路線の廃止をお願い申し上げますのは、市道大庭十九号線でございます。市道大庭十九号線につきましては、当該路線の終点区域に接して任意の道路用地の寄附行為により終点地番が変更となります。これにより路線の終点が変更となるため、法的手続といたしまして一たんこの路線を廃止し、議案第二号におきまして改めて認定させていただくものでございます。


 次に、議案第二号、市道路線の認定についてございます。付議事件議二の一から議二の二、参考資料議二の一から議二の三までを御参照ください。


 今回認定をお願い申し上げますのは、さきの議案第一号で廃止をお願い申し上げました大庭十九号線と、民間の開発行為に基づき帰属になりました北寺方六十四号線外三路線を認定させていただくものでございます。


 今回の認定路線数は、変更一路線を含めて合計五路線でございます。これによりまして、認定後の市道の路線数は一千六十二路線、総延長二十万一千六百五十三メートルとなります。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、提案理由とさせていただきます。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の両議案については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、両議案については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第一号並びに議案第二号をあわせて採決いたします。ただいま議題の両議案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第一号並びに議案第二号の両議案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第四、議案第三号、「守口市生計援助資金貸付基金条例に基づく貸付金に係る債権の放棄について」を議題といたします。議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。大西福祉部長。


      〔福祉部長大西忠司君登壇〕


○福祉部長(大西忠司君) それでは、議案第三号、守口市生計援助資金貸付基金条例に基づく貸付金に係る債権の放棄について御説明申し上げます。恐れ入りますが、付議事件議三の一と二を御参照賜りたいと存じます。


 生計援助資金貸付基金は、制度発足以来、生計困難な世帯に対しまして貸し付けを行い、その生活の安定に寄与してまいったところでございます。資金の貸付事務は迅速かつ適正に行う一方、貸付金の回収につきましては、督促や催告、訪問徴収及び連帯保証人に対する催告を行うなど、基金の健全な運営に努めているところでございます。


 しかしながら、今回、単身者で借受人が死亡したことにより貸付金の回収が不可能になりましたので、地方自治法第九十六条第一項第十号の規定に基づき、その債権を放棄しようとするものでございます。


 なお、債権額は二件で十四万四千円、本年三月三十一日をもって措置いたしたく存じます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第三号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第三号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第三号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第五、議案第四号、「守口市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例案」を議題といたします。議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。西健康生きがい室長。


      〔健康生きがい室長西 佳紀君登壇〕


○健康生きがい室長(西 佳紀君) それでは、議案第四号、守口市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例案につきまして御説明を申し上げます。恐れ入りますが、付議事件議四の一と二、あわせて参考資料の議四を御参照賜りたいと存じます。


 それでは、その理由につきまして御説明を申し上げます。


 児童福祉法の一部改正が行われ、当該法令を準用する守口市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例につきまして所要の改正を行おうとするものでございます。


 具体的な内容でございますが、第一条の二第三項中の「第二十七条第一項第三号」を「第六条の三」に改めようとするものでございます。


 なお、附則でございますが、公布の日から施行しようとするものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第四号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第四号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第四号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第六、議案第五号、「守口市国民健康保険条例の一部を改正する条例案」を議題といたします。議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。田村市民生活部長。


      〔市民生活部長田村泰樹君登壇〕


○市民生活部長(田村泰樹君) それでは、議案第五号、守口市国民健康保険条例の一部を改正する条例案につきまして御説明を申し上げます。恐れ入りますが、付議事件議五の一から三及び参考資料の議五の一から二までを御参照賜りたいと存じます。


 このたび条例改正のお願いを申し上げます内容でございますが、まず第一点目は、被保険者の適用範囲の改正でございまして、第二点目は、地方税法の改正に伴う関係条文の改正でございます。


 それでは、具体的に条例案の条項に沿いまして御説明を申し上げます。


 まず、第四条は、国民健康保険の適用除外を定めた条文でございますが、養護老人ホームまたは特別養護老人ホームに入所されている方で一定の要件に該当する方を国の通達によって被保険者の適用除外としておりましたが、この通達が廃止されましたことにより、条文を削除するものでございます。


 次の附則第五項及び第六項は、地方税法の一部改正によって土地建物などの長期譲渡所得に係ります課税特例百万円の特別控除が廃止されましたことから、これに伴いまして国民健康保険法施行令の一部が改正され、国民健康保険料の算定につきましても同様の措置がとられることとなりましたため、条文の文言の整備をするものでございます。


 最後に、この条例の附則といたしまして、施行期日を公布の日からとし、二項の適用区分として、平成十七年度分の保険料から適用し、平成十六年度分までの保険料につきましては従前の例によるものとするものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第五号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第五号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


      〔大藤議員発言を求む〕


○議長(村野泰夫君) 大藤議員。


○三番(大藤美津子君) 私は、議案第五号、守口市国民健康保険条例の一部を改正する条例案について反対の討論を行います。


 今回の改正では、附則、長期譲渡所得等に係る保険料の算定の特例について、所得控除の百万円をなくそうというものです。これは、この間国が改悪を行ってきた地方税法の改正に伴うもので、国の市民犠牲を推し進める一環であり、反対いたします。(拍手)


○議長(村野泰夫君) 他に討論はありませんか。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第五号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに賛成の議員は起立願います。


      〔賛成者起立〕


○議長(村野泰夫君) 起立多数。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第七、議案第六号、「守口市特別工業地区建築条例等の一部を改正する条例案」を議題といたします。議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。小嶋都市整備部長。


      〔都市整備部長小嶋和平君登壇〕


○都市整備部長(小嶋和平君) それでは、議案第六号、守口市特別工業地区建築条例等の一部を改正する条例案につきまして御説明申し上げます。恐れ入りますが、付議事件議六の一から議六の三をお開きください。あわせて参考資料議六の一から議六の二をごらんください。


 平成十六年四月一日に大阪府は都市計画法第五条の規定に基づき、従来より指定していました「守口都市計画区域」を「東部大阪都市計画区域」に変更いたしました。これを受けて、本市においても守口市都市計画審議会の議を経て、平成十六年十二月二十八日付で、「守口都市計画特別工業地区」「守口都市計画特別業務地区」及び「守口都市計画中高層階住居専用地区」をそれぞれ「東部大阪都市計画特別工業地区」「東部大阪都市計画特別業務地区」及び「東部大阪都市計画中高層階住居専用地区」に名称変更いたしました。


 また、建築基準法の一部改正により、建築基準法第百二条が第百三条に条が移動しました。これらのことから、守口市特別工業地区建築条例第一条中「守口都市計画特別工業地区」を「東部大阪都市計画特別工業地区」に、「第百二条」を「第百三条」に改めるとともに、守口市特別業務地区建築条例第一条中「守口都市計画特別業務地区」を「東部大阪都市計画特別業務地区」に改め、同条例第六条第一項中「第百二条」を「第百三条」に改めるものです。また、守口市中高層階住居専用地区建築条例第一条中「守口都市計画中高層階住居専用地区」を 「東部大阪都市計画中高層階住居専用地区」に改め、同条例第五条第一項中「第百二条」を「第百三条」に改めるものです。


 なお、施行日につきましては、条例公布の日から施行しようとするものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、提案理由とさせていただきます。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第六号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第六号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第六号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第八、議案第七号、「守口市文化財保護条例の一部を改正する条例案」を議題といたします。議題を朗読させます。


      〔議事課長朗読〕


○議長(村野泰夫君) 提案理由の説明を求めます。今野社会教育部長。


      〔社会教育部長今野悦男君登壇〕


○社会教育部長(今野悦男君) それでは、議案第七号、守口市文化財保護条例の一部を改正する条例案につきまして御説明申し上げます。恐れ入りますが、お手元の付議事件議七の一から議七の二及び参考資料議七もあわせて御参照賜りたいと存じます。


 今回の改正は、文化財保護法の一部を改正する法律が平成十七年四月一日から施行されることに伴い、それにかかわります所要の改正を行おうとするものでございます。


 それでは、その改正内容について御説明申し上げます。


 まず、第一条の改正は、条例の根拠規定で、法を引用しております条番号が「第九十八条」から「第百八十二条」に変更されたことによるものでございます。


 次に、第二条第三号の改正につきましては、民俗文化財の定義に新たにかじ、船大工など、生活や生産に関する用具・用品等の製作技術など、地域において伝承されてきた「民俗技術」が追加されたことによるものでございます。


 なお、この条例は平成十七年四月一日から施行するものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第七号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第七号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第七号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第九、議案第八号、「平成十六年度守口市一般会計補正予算(第六号)」を議題といたします。議題の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。内藤企画調整部長。


      〔企画調整部長内藤正博君登壇〕


○企画調整部長(内藤正博君) 議案第八号、平成十六年度守口市一般会計補正予算(第六号)について御説明申し上げます。議八の一ページをお開き願いたいと存じます。


 第一条歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ十九億二百三十万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ五百六十億一千九百十一万円とさせていただこうとするものでございます。次の第二条におきましては継続費の補正、第三条で地方債の補正をお願いするものでございます。


 それでは、予算に関する説明書に基づいて歳出から御説明申し上げます。恐れ入りますが、議八の二十一ページをお開き願いたいと存じます。


 議会費につきましては、報酬等を減額補正させていただいております。


 なお、補正予算の内容につきましては、歳出費目が多岐にわたっておりますけれども、人件費関係の歳出につきましては、さきの十二月定例会におきまして御決定いただきました議員報酬の条例改正及び特別職の給与の改正分を含め、各費目について本年度中の精査を行いました結果、それぞれ増減額の補正をお願いするものでございますので、個々の費目ごとの説明は省略をさせていただきたいと存じます。


 次の二十二ページをお開き願いたいと存じます。まず、総務費、総務管理費、一目一般管理費、三節職員手当等の退職手当で十七億二千六百万円の補正でございますが、これは定年退職以外の退職者五十八名分の補正でございます。


 次の二十三ページ、三目諸費、十九節の交付金でございますが、過去に門真市と共同で行いました下水道事業に要した起債の償還につきまして、地方交付税の需要額に算入されるべき分を負担割合で案分して毎年精算を行っております。本年度につきましては門真市分が多くなることから、精算配分を行うものでございます。二十五節の積立金につきましては、財政調整基金に利子収入を積み立てるものでございます。


 二十九ページにまいります。民生費、社会福祉費、一目社会福祉総務費、二十八節繰出金の補正は、国民健康保険料法定軽減分の補てん経費として一億一千三百二十二万六千円を同会計へ繰り出すものでございます。


 二目社会福祉対策費の補正でございますが、愛のみのり基金並びに地域福祉推進基金の積み立てで、利子収入と福祉に対します市民の皆様からの御寄附を当該基金に積み立てるものでございます。


 四目障害者福祉費、十九節の負担金と二十節扶助費につきましては、居宅介護の利用者及び利用時間の増加並びに補装具の交付件数の増加などによるものでございます。


 次の三十ページにまいります。六目老人福祉費一億三十三万九千円の補正につきましては、老人保健医療事業への医療費市負担分の追加分と、くすのき広域連合における要介護者及び介護給付費の増加による本市負担分の追加分でございます。


 三十七ページにまいります。衛生費、清掃費、二目ごみ処理費の十三節委託料で一千万円の減額補正でございますが、他市へのごみ処理委託料の実績見込みにより減額補正するものでございます。十五節工事請負費でございますが、去る二月三日にクリーンセンターにおいてごみ収集したボンベ類を破砕機にかけた際、ボンベ類が破裂したことにより破砕機等が破損したため、復旧工事をしようとするものでございます。


 三目ごみ処理施設建設費の補正でございますが、継続費を設定しておりますストックヤード排水処理設備設置工事におきまして国庫補助の内示がおくれたために、年度内で予定していた工事期間がとれないことから、事業費を減額し、翌年度に繰り越すものでございます。


 四十二ページにまいります。土木費、都市計画費、二目街路事業費で五百七十万円の補正につきましては、本年度に大阪府の受託事業として予定しております八島大久保線用地取得について追加事業費が見込まれることから補正するものでございます。


 三目公園築造費の補正は、今年度に国の補助金が見込めるところから、土地開発公社保有の(仮称)金田南公園用地の一部買い戻しを行うものでございます。


 四十六ページにまいります。教育費、小学校費、二目教育振興費の二十節扶助費で二百十一万四千円の補正でございますが、就学奨励給与金で対象児童と医療費などの増加により追加するものでございます。


 次の四十七ページの中学校費の二目教育振興費の二十節扶助費につきましても、対象生徒の増加などにより追加するものでございます。


 四十九ページにまいります。教育費、社会教育費、一目社会教育総務費の二十五節積立金の補正でございますが、生涯学習援助基金積立金として利子収入を追加するものでございます。


 次に、歳入の説明に移らせていただきます。恐れ入りますが、議八の十ページへお戻りを願いたいと存じます。


 地方交付税で七億九千四百三十二万四千円の追加でございますが、既に交付決定を見ております額を追加しようとするものでございます。


 次の十一ページ、国庫支出金から十六ページ、寄附金までと十八ページ、諸収入並びに二十ページの市債につきましては、それぞれ歳出に見合いのものでございますので、省略をさせていただきたいと存じます。


 十七ページにまいります。基金繰入金でございますが、財政調整基金から一億円を取り崩して繰り入れするものでございます。


 十九ページにまいります。雑入のその他でございますが、今回の歳入の補正につきましては、それぞれ歳出に見合いのものや地方交付税及び財政調整基金を取り崩し充当しようとするものでございますが、なお不足する六億九千七百七十五万四千円につきましては、これに見合う適当な財源を見出し得ないことから、やむを得ず、予算の形式を整えるために雑入で措置させていただこうとするものでございます。


 以上が歳入歳出予算の補正でございますが、次に、予算第二条の継続費、第三条の地方債の補正について御説明を申し上げます。恐れ入りますが、議八の六ページを御参照賜りたいと存じます。


 第二表継続費補正でございますが、歳出の補正で説明をさせていただきましたストックヤード排水処理設備設置工事におきまして、国庫補助の内示がおくれたために年度内に予定事業費を執行できないことから、継続費の年割りを変更しようとするものでございます。


 次の七ページと八ページの第三表地方債補正は、起債の各目的欄の各事業においておのおの追加及び増額が見込めるようになりましたことから、それぞれの限度額を補正させていただこうとするものでございます。


 以上、甚だ簡単な説明でございますが、一般会計の補正予算の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第八号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第八号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第八号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第十、議案第九号、「平成十六年度守口市特別会計国民健康保険事業補正予算(第二号)」を議題といたします。議題の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。田村市民生活部長。


      〔市民生活部長田村泰樹君登壇〕


○市民生活部長(田村泰樹君) それでは、議案第九号、平成十六年度守口市特別会計国民健康保険事業補正予算(第二号)につきまして御説明を申し上げます。付議事件の議九の一をごらんいただきたいと存じます。


 第一条でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ一億八千百九十万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ百八十八億二千六十七万五千円とさせていただこうとするものでございます。


 次に、補正予算の内容につきましては、まず歳出から御説明申し上げます。恐れ入りますが、議九の十と十一をお開き願いたいと存じます。


 款保険給付費、項療養諸費の一目退職被保険者等療養給付費と二目の一般被保険者療養費及び三目退職被保険者等療養費並びに高額療養諸費の一目一般被保険者高額療養費と二目退職被保険者等高額療養費につきましては、それぞれの医療費が増加いたしましたことによるもので、これらすべてが当初予算を上回りますことから、増額補正をしようとするものでございます。


 続きまして、この歳出に見合う歳入について御説明を申し上げます。議九の五にお戻り願いたいと存じます。


 款国庫支出金、項国庫負担金の一目療養給付費等負担金と議九の六の項国庫補助金、一目財政調整交付金を合わせまして、一般保険給付費の五〇%に相当する額の一千六百三十万円を歳入として見込んでおります。


 次に、議九の七の款、項及び目の療養給付費等交付金でございますが、これは退職被保険者に係ります保険給付費と交付割合の七〇%を見込んだ一億四百五十一万円を歳入として増額補正をするものでございます。


 次に、議九の八及び九の一般会計繰入金でございますが、保険料の法定軽減繰入分として一節で保険基盤安定繰入金を計上いたしておりますが、平成十六年度の交付額が決定いたしておりますので、一億一千三百二十二万六千円を増額補正し、歳入見込み額が歳出補正額を上回りますことから、款諸収入の一目雑入で五千二百十三万六千円の減額を行い、予算収支の調整をしようとするものでございます。


 以上まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第九号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第九号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第九号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に移ります。日程第十一、議案第十号、「平成十六年度守口市特別会計老人保健医療事業補正予算(第二 号)」を議題といたします。議題の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。西健康生きがい室長。


      〔健康生きがい室長西 佳紀君登壇〕


○健康生きがい室長(西 佳紀君) それでは、議案第十号、平成十六年度守口市特別会計老人保健医療事業補正予算(第二号)につきまして御説明を申し上げます。恐れ入りますが、議十の一ページをお開き願いたいと存じます。


 第一条におきまして、歳入歳出それぞれ七億二千九百四十万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ百二十二億六千三百八十二万六千円としようとするものでございます。


 それでは、予算に関する説明書により歳出から御説明を申し上げます。恐れ入りますが、議十の九ページをお開き願いたいと存じます。


 一人当たりの医療費及び受診件数の増加に伴い、現物給付に係る医療費及び高額医療費等の支給増加が見込まれることから、一目医療給付費として六億二千九百万円、二目医療費支給費として一億円、三目審査支払手数料として四十万円の補正をお願いしようとするものでございます。


 次に、歳入につきまして御説明を申し上げます。恐れ入りますが、議十の五ページをお開き願いたいと存じます。


 支払基金交付金につきましては、老人保健法の負担割合に基づき、一目医療費交付金として四億九百四十六万四千円、二目審査支払手数料交付金として四十万円を見込んでおります。


 次に、議十の六ページから八ページに係る分担金及び負担金、国庫支出金、府支出金につきましても、老人保健法の負担割合に基づき、それぞれ歳出に見合う金額を見込んでおります。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(村野泰夫君) これより質疑に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま議題の議案第十号については委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、議案第十号については委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


      〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。


 これより議案第十号を採決いたします。本案を原案のとおり決することに異議ありませんか。


      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(村野泰夫君) 異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。


 以上をもって、本日の日程はすべて終了いたしました。それでは、これをもって散会いたします。


 なお、来る三日午前十時から本会議を再開いたします。本日はどうも御苦労さまでございました。


       午前十一時十二分閉会


      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜