議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 貝塚市

平成25年  9月 産業常任委員会 09月11日−01号




平成25年  9月 産業常任委員会 − 09月11日−01号







平成25年  9月 産業常任委員会





△開議



○委員長(松波謙太) 

 ただ今から産業常任委員会を開会いたします。

 出席者6名をもちまして会議は成立いたしておりますので本日の会議を開きます。

 会議録署名委員の指名を行います。中山敏数委員、阪口芳弘委員を指名いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議案の説明は本会議で終わっておりますので、これを省略することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。よってそのように進めてまいります。

 ただ今から審査に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第54号平成25年度貝塚市一般会計補正予算(第4号)の件中、第8款土木費

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(松波謙太) 

 議案第54号 平成25年度貝塚市一般会計補正予算(第4号)の件中、第8款土木費を議題といたします。

 ただ今から質疑を承ります。



◆委員(阪口芳弘) 

 不法投棄監視カメラの設置ということで、177万4,000円を使われるということなのですけれども、不法投棄の監視カメラを設置すると、当然その犯人というか容疑者というかを特定されますよね。もしそういうことが起こると、どういう流れになっていくのか説明していただけますか。



◎住宅・公園政策課長(中西茂) 

 不法投棄されたものにつきましては、何が何でも訴えるものではなく、まず現状の調査をいたします。その上で、各課におきまして協議の上、不適切と認められる場合につきましては、告訴を考えております。



◆委員(阪口芳弘) 

 警察に頼るとか、まず犯人というか容疑者を特定してから、指導するということは必要だと思うのですけれども、まず、警察と違うのかなと思うのですけれども、その辺はどのように考えられていますか。



◎住宅・公園政策課長(中西茂) 

 今まで何度となく巡視を行っておりますが、その中には資源ごみなどがございまして、それを資源ごみの回収業者が回収する部分がございます。それで、先ほども言いましたように、それが不適切であると考える場合にはまず警察を考えますけれども、それを判断して対応してまいりたいと考えております。



◆委員(中山敏数) 

 関連してなのですけれども、今回カメラを設置されますけれども、今までにも何機か設置されたかと思うのですが、その辺で、これまでにカメラの効果といいますか、具体的に何かありましたら教えていただければと思うのですが。



◎都市整備部長(伊東敬夫) 

 この件につきましては課をまたいでおりますので、私からご答弁させていただきます。

 監視カメラは、今回2機ということで補正予算で対応させていただくのですけれども、以前に1箇所、これは産業団地の突き当たりのところがかなり不法投棄されるということで、廃棄物対策課のほうで設置したところでございます。あと、抑止力効果を狙った、撮影ができないカメラを13箇所設置しております。委員ご質問の効果につきましては、やはりカメラ自体とか、撮影機能のないカメラの効果があるのですけれども、それに伴って監視看板を必ず設置しておりますので、それによっての効果があると考えております。



○委員長(松波謙太) 

 質疑が終わったものと認めます。

 ただ今からご意見を承ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 ご意見がないものと認めます。

 ただ今から本件を採決いたします。原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。よって本件は原案どおり可決いたしました。

 以上で本日の予定が終了いたしましたので、会議を閉じることにいたします。

 産業常任委員会の付議事項は全部終了いたしましたので、散会にあたりまして委員会の閉会を宣します。



△午前10時05分閉会

                    平成25年9月11日

                    産業常任委員会

                      委員長  松波謙太

                      委員   中山敏数

                      委員   阪口芳弘