議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 貝塚市

平成25年  6月 産業常任委員会 06月17日−01号




平成25年  6月 産業常任委員会 − 06月17日−01号







平成25年  6月 産業常任委員会





△開議



○委員長(松波謙太) 

 ただ今から産業常任委員会を開会いたします。

 出席者6名をもちまして会議は成立いたしておりますので本日の会議を開きます。

 会議録署名委員の指名を行います。平岩征樹委員、竹下義之委員を指名いたします。

 この際、お諮りいたします。

 議案の説明は本会議で終わっておりますので、これを省略することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。よってそのように進めてまいります。

 ただ今から審査に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第45号 平成25年度貝塚市一般会計補正予算(第2号)の件中、第1条歳出第7款商工費

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(松波謙太) 

 議案第45号 平成25年度貝塚市一般会計補正予算(第2号)の件中、第1条歳出第7款商工費を議題といたします。

 ただ今から質疑を承ります。



◆委員(阪口芳弘) 

 この2,148万2,000円、緊急雇用創出事業費ということでございますけれども、具体的にどのような事業なのか説明していただきたいと思います。よろしくお願いします。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 この事業は、求職者を雇用することを目的としました、国の緊急雇用創出基金事業の一つのプログラムである、起業支援型地域雇用創造事業を使いまして、創業10年以内の企業に業務を委託し、新規雇用の創出及び企業の育成支援を図るため、貝塚市ICT活用支援事業を実施していこうと提案させていただいております。

 事業の内容としましては、事業所や一般市民を対象としたICT講習会の開催、教職員や小・中学生の保護者向け研修の実施、また、教育研究センターを中心として教育委員会が行う、学びのポイントラリーのプログラム企画や、アプリ、ウエブサイトの開発などを業務委託する予定でございます。



◆委員(阪口芳弘) 

 多岐にわたって緊急雇用を創出するということで、非常に良い事業だと思いますが、ICTということについて説明していただけませんでしょうか。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 ICTといいますのは、昔はITといいましたけれども、いわゆるインフォメーションテクノロジーといいまして、コンピューターを駆使したいろいろな情報の通信に関する知識等のことでございます。そして、今回は特にパソコン研修、それとタブレットという端末がございまして、そのタブレットで双方向通信を実施したり、また3Dプリンターの活用なども考えてございます。



◆委員(中山敏数) 

 それであれば、昨年度までのICT支援員さんと、今回の起業支援型ですか、この具体的な違いといったらどこになりますか。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 今回の起業支援型地域雇用創造事業で雇われる人は、通常、会社内におりまして、研修等のときに出て行くようになっております。昨年までの教育委員会が実施していました、緊急雇用を使いました事業につきましては、主に学校内におきまして教職員に対する指導や、生徒に対する指導を行っていたものでございます。



◆委員(中山敏数) 

 ということであれば、学校側の要請があったときに、他の業務と合致するといいますか、そういうことで学校側に派遣できないということに至ることはないのでしょうか。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 今回のこの事業の中では、教育委員会の部分で、学校側の要請がありましたら、緊急雇用で雇用された人を派遣する予定でございます。



◆委員(平岩征樹) 

 今、3Dプリンターの活用とご答弁をいただきましたが、具体的に3Dプリンターを何にご活用される予定ですか。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 3Dプリンターにつきましては、今、新聞とかでよく出ておりますけれども、それを使っていろいろなものを作るということを見せるというレベルの説明程度になると思います。



◆委員(平岩征樹) 

 それは、役所が主体的に3Dプリンターを、対象者は具体的に誰に見せるということなんですか。



◎商工観光課長(一色正仁) 

 今回の中では、一般市民向けの研修の中であるとか、事業所向けの研修の中、また学びのポイントラリー制度の中で、来てくれた人に見せることを提案していきたいと思います。



○委員長(松波謙太) 

 質疑が終わったものと認めます。

 ただ今からご意見を承ります。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

 ご意見がないものと認めます。

 ただ今から本件を採決いたします。原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 ご異議なしと認めます。よって本件は原案どおり可決いたしました。

 以上で本日の予定が終了いたしましたので、会議を閉じることにいたします。

 産業常任委員会の付議事項は全部終了いたしましたので、散会にあたりまして委員会の閉会を宣します。



△午前10時05分閉会

                    平成25年6月17日

                    産業常任委員会

                      委員長  松波謙太

                      委員   平岩征樹

                      委員   竹下義之