議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 貝塚市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月14日−02号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月14日−02号







平成24年 12月 定例会(第4回)



平成24年12月14日(金曜日)(第2日)

───────────────────────────────────

          平成24年第4回定例会議事日程

 議事日程第3号

                     平成24年12月14日(金)

                         午前10時開議



日程番号
議案
事件名
備考


種別
番号



 
 
会議録署名議員の指名
 



議案
64
貝塚市暴力団排除条例の一部を改正する条例制定の件
一括上程
総務常任委員会
審査報告




66
手数料条例の一部を改正する条例制定の件




68
貝塚市と熊取町との境界の一部変更の申請について議決を求める件




69
熊取町と貝塚市との事務委託に関する規約を廃止することに関する協議について議決を求める件




70
字の区域を変更する件




67
貝塚市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件
厚生常任委員会
審査報告




65
貝塚市下水道条例の一部を改正する条例制定の件
産業常任委員会
審査報告




71
市道の路線を認定する件
産業常任委員会
審査報告


10

72
平成24年度貝塚市一般会計補正予算(第6号)の件
一括上程
各担当常任委員会
審査報告


11

73
平成24年度貝塚市下水道特別会計補正予算(第1号)の件


12

74
平成24年度貝塚市財産区特別会計補正予算(第2号)の件


13

75
平成24年度貝塚市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の件


14
選挙

選挙管理委員及び補充員選挙の件
 


15
議案
76
道路明渡等請求訴訟を提起する件
委員会付託省略


16

77
損害賠償の額を決定する件
委員会付託省略


17

78
損害賠償の額を決定する件
委員会付託省略


18
議会議案
18
貝塚市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件
委員会付託省略


19

19
貝塚市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件
委員会付託省略


20

20
貝塚市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定の件
委員会付託省略



───────────────────────────────────

本日の会議に付した事件名

 日程第1から日程第20まで

───────────────────────────────────

出席議員(20名)

      1番  食野雅由

      2番  中山敏数

      3番  川岸貞利

      4番  薮内留治

      5番  平岩征樹

      6番  阪口 勇

      7番  南 英太郎

      8番  谷口美保子

      9番  北尾 修

     10番  森 美佐子

     11番  竹下義之

     12番  田崎妙子

     13番  明石輝久

     14番  阪口芳弘

     15番  松波謙太

     16番  真利一朗

     17番  南野敬介

     18番  田畑庄司

     19番  田中 学

     20番  池尻平和

───────────────────────────────────

説明のため出席した者の職氏名

  〔市長部局〕

  市長       藤原龍男

  副市長      砂川豊和

  (都市政策部)

  都市政策部長   元林光二

  政策推進課長   坂本修司

  (総務部)

  総務部長     田中利雄

  庶務課長     信野隆敏

  財政課長     岸澤愼一

  人事課長     文野清人

  (健康福祉部)

  健康福祉部長   児玉和憲

  (都市整備部)

  都市整備部長   伊東敬夫

  (上下水道部)

  上下水道部長   島 朗弘

  (消防本部)

  消防長      関谷 智

  〔病院事業〕

  病院事業管理者  小川道雄

  (市立貝塚病院)

  事務局長     田中保治

  〔教育委員会〕

  教育長      西 敏明

  (教育部)

  教育部長     谷川順三

  教育部参与    井出 博

  教育部参与    岡野権一郎

  〔選挙管理委員会〕

  事務局長     川崎徳三

  〔公平委員会〕

  事務局長     川崎徳三

  〔監査委員〕

  監査委員     松波謙太

  事務局長     川崎徳三

  〔農業委員会〕

  事務局長     伊東敬夫

───────────────────────────────────

事務局職員出席者

  事務局長     西  潔

  次長       稲田 隆

  主査       竹本佳介

  主査       小山 諭

───────────────────────────────────



△午前10時00分開会



○議長(食野雅由) おはようございます。これより平成24年第4回貝塚市議会定例会第2日の会議を開会いたします。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) これより事務局長から、本日の出席議員数及び欠席議員等の氏名を報告いたします。西 潔事務局長。



◎事務局長(西潔) ご報告申し上げます。

 ただいま出席議員は20名であります。

 以上、報告を終わります。

───────────────────────────────────



△開議



○議長(食野雅由) ただいまの報告のとおり出席議員20名をもちまして会議は成立しておりますので、本日の会議を開きます。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) これより事務局長から諸般の報告をいたします。西 潔事務局長。



◎事務局長(西潔) 諸般のご報告を申し上げます。

 本日の開議通知は、12月12日にご送付申し上げました。

 追加されました事件は、選挙1件、議案3件、議会議案3件の計7件であります。

 議案書、議事日程は、12月12日にご送付申し上げました。

 議会議案は、本日お手元へご配付申し上げております。

 次に、定例会第1日において、各常任委員会に付託されました議案の審査が終わりましたので、委員会の審査結果をプリントいたしまして、12月12日にご送付申し上げております。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、12月10日に平成24年10月分一般会計及び特別会計、9月分企業会計の例月出納検査結果について、さきにご配付申し上げたとおり報告がありました。

 次に、12月11日、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条第1項の規定に基づき、平成23年度貝塚市教育委員会点検・評価報告書が提出されました。

 以上、報告を終わります。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) これより審議に入ります。

 まず、日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により議長において、17番 南野敬介議員、18番 田畑庄司議員を指名いたします。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第2 貝塚市暴力団排除条例の一部を改正する条例制定の件から、日程第6 字の区域を変更する件までの5件を一括して議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第64号貝塚市暴力団排除条例の一部を改正する条例制定の件



△議案第66号手数料条例の一部を改正する条例制定の件



△議案第68号貝塚市と熊取町との境界の一部変更の申請について議決を求める件



△議案第69号熊取町と貝塚市との事務委託に関する規約を廃止することに関する協議について議決を求める件



△議案第70号字の区域を変更する件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により質疑応答部分を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告は質疑応答部分を省略することに決しました。

 委員長の報告を求めます。北尾 修総務常任委員長。



◆総務常任委員長(北尾修) 〔登壇〕総務常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案審査のため、委員会は12月3日午前10時から協議会室において開会いたしました。

 出席委員は全員で、議案説明のため藤原市長、砂川副市長、西教育長のほか関係職員が出席して審査いたしました。

 その審査の結果は、次のとおりであります。

 議案第64号 貝塚市暴力団排除条例の一部を改正する条例制定の件については、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 議案第66号 手数料条例の一部を改正する条例制定の件については、田崎委員から、大阪府からの権限移譲を受ける事務については、住民が不安を覚えないような体制の整備を進められたい旨の意見があり、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 議案第68号 貝塚市と熊取町との境界の一部変更の申請について議決を求める件、議案第69号 熊取町と貝塚市との事務委託に関する規約を廃止することに関する協議について議決を求める件、議案第70号 字の区域を変更する件については、それぞれ原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより5件を一括して採決いたします。

 5件に対する委員長の報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、5件は委員長の報告のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第7 貝塚市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第67号貝塚市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により質疑応答部分を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告は質疑応答部分を省略することに決しました。

 委員長の報告を求めます。南野敬介厚生常任委員長。



◆厚生常任委員長(南野敬介) 〔登壇〕厚生常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案審査のため、委員会は12月4日午前10時から協議会室において開会いたしました。

 出席委員は全員で、議案説明のため藤原市長、砂川副市長、西教育長のほか関係職員が出席して審査いたしました。

 その審査の結果は次のとおりでございます。

 議案第67号 貝塚市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件については、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第8 貝塚市下水道条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第65号貝塚市下水道条例の一部を改正する条例制定の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により質疑応答部分を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告は質疑応答部分を省略することに決しました。

 委員長の報告を求めます。田中 学産業常任委員長。



◆産業常任委員長(田中学) 〔登壇〕産業常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案審査のため、委員会は12月5日午前10時から協議会室において開会いたしました。

 出席委員は全員で、議案説明のため藤原市長、砂川副市長、西教育長のほか関係職員が出席して審査をいたしました。

 その審査の結果は次のとおりであります。

 議案第65号 貝塚市下水道条例の一部を改正する条例制定の件については、竹下委員から、安易な公共料金の引上げは行わず、市として市民の暮らしを支える努力をされたい旨の本条例に反対する意見があり、起立採決の結果、賛成者多数で可決されました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を起立によって採決いたします。

 原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

 起立多数であります。

 よって、本件は可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第9 市道の路線を認定する件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第71号市道の路線を認定する件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により質疑応答部分を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告は質疑応答部分を省略することに決しました。

 委員長の報告を求めます。田中 学産業常任委員長。



◆産業常任委員長(田中学) 〔登壇〕産業常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案第71号 市道の路線を認定する件については、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員長の報告のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第10 平成24年度貝塚市一般会計補正予算(第6号)の件から日程第13 平成24年度貝塚市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の件までの4件を一括して議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第72号平成24年度貝塚市一般会計補正予算(第6号)の件



△議案第73号平成24年度貝塚市下水道特別会計補正予算(第1号)の件



△議案第74号平成24年度貝塚市財産区特別会計補正予算(第2号)の件



△議案第75号平成24年度貝塚市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 委員長の報告は、会議規則第39条第3項の規定により質疑応答部分を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告は質疑応答部分を省略することに決しました。

 委員長の報告を求めます。

 まず、北尾 修総務常任委員長。



◆総務常任委員長(北尾修) 〔登壇〕総務常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案第72号 平成24年度貝塚市一般会計補正予算(第6号)の件中、第1条歳出第2款総務費、第12款諸支出金及び歳入の全部、議案第74号 平成24年度貝塚市財産区特別会計補正予算(第2号)の件については、それぞれ原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) 次に、南野敬介厚生常任委員長。



◆厚生常任委員長(南野敬介) 〔登壇〕厚生常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案第72号 平成24年度貝塚市一般会計補正予算(第6号)の件中、第1条歳出第3款民生費、議案第75号 平成24年度貝塚市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の件については、それぞれ原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告いたします。



○議長(食野雅由) 次に、田中 学産業常任委員長。



◆産業常任委員長(田中学) 〔登壇〕産業常任委員会の審査の結果をご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました議案第73号 平成24年度貝塚市下水道特別会計補正予算(第1号)の件については、原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。

 以上のとおりご報告申し上げます。



○議長(食野雅由) これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより4件を一括して採決いたします。

 4件に対する各委員長の報告は可決であります。

 各委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、4件は各委員長の報告のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第14 選挙管理委員及び補充員選挙の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△選挙第9号選挙管理委員及び補充員選挙の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) ただいまから選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 選挙管理委員に、貝塚市石才602番地2 吉道治善氏、貝塚市津田南町25番12号 南野恒治氏、貝塚市北町34番26号 鳥取久勝氏、貝塚市蕎原480番地 前田 壽氏の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました被指名人を選挙管理委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました被指名人は、選挙管理委員に当選いたしました。

 次に、補充員に、貝塚市名越657番地 西川令子氏、貝塚市堀1丁目24番20号 縣 哲雄氏、貝塚市橋本39番地1 出原達也氏、貝塚市澤1145番地 川口和弥氏の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました被指名人を、補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました被指名人は、補充員に当選いたしました。

 ただいま当選されました補充員の順位は、指名いたしました順番のとおりとすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、補充員の順位は、指名いたしました順番のとおり決定いたしました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第15 道路明渡等請求訴訟を提起する件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第76号道路明渡等請求訴訟を提起する件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。砂川豊和副市長。



◎副市長(砂川豊和) 〔登壇〕議案第76号 道路明渡等請求訴訟を提起する件について、提案理由をご説明いたします。

 本件は、本市大川260番、市道大川線の道路敷地を不法占拠している者に対し、明渡しなどを求める法的措置をとろうとするもので、その経過、訴訟の内容などについてご説明いたしますと、議案書1ページに記載の者が所有する土地の一部が、市道大川線の道路敷地となっているところ、同氏は平成23年11月から現況の道路敷地の一部に土砂などを堆積させ、通行の妨害を行っております。当該道路は、昭和26年に大川町会の請願道路として、道路用地は地元が負担するとの申し出のもと築造された道路であり、同氏から当該土地の一部が市道として認定された経緯などの照会に対しましても、その旨回答いたしております。しかし、同氏は土砂などの堆積をやめず、本市が警告書を掲示の上撤去しても、再度新たな土砂などを堆積するということが繰り返されており、現在までに撤去した回数は8回になりますが、同氏は、本市の権原の取得並びに道路の位置及び幅員について争う姿勢を見せております。

 そこで、法的に現況の道路敷地に本市の管理権限が及んでいることを確定させ、同氏にはその主張に理由がないことを理解させるとともに、警察とも協力して対応していく必要があることから、本年10月25日付で道路管理区域線の明示に立ち会うよう要請いたしましたものの、これに従わず、現在も一向に改善の余地が見られない状況であります。したがいまして、道路管理権限に基づく不法堆積物の撤去を求める妨害排除請求及び将来の妨害行為の禁止を求める妨害予防請求並びに道路管理区域線の確認を求める請求を行うため、同氏を被告として大阪地方裁判所岸和田支部に対しまして、道路明渡等請求訴訟を提起することについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき、今般、本会の議決を得ようとするものであります。

 以上のとおりでありますので、何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第16 損害賠償の額を決定する件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第77号損害賠償の額を決定する件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。砂川豊和副市長。



◎副市長(砂川豊和) 〔登壇〕議案第77号 損害賠償の額を決定する件について、提案理由をご説明いたします。

 本件は、本年7月5日、本市澤1241番2地先、府道堺阪南線において、本市課税課職員が公用車を運転していたところ、前方の赤信号に気づくのがおくれたため、前に停車していた軽自動車に追突、車両を破損させ、また、軽自動車の運転手に対し、頸椎捻挫、後頭部打撲などを負わせた事故につきまして、当該被害者と協議を行ってまいりました結果、今般、示談することで合意に達しましたので、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、損害賠償の額を決定しようとするものであります。

 その主な内容といたしましては、本市がこの事故による被害者であります議案書1ページに記載の相手方に対し、車両の修理費、治療費、慰謝料などとして137万7,999円の損害賠償を行おうとするものであります。

 以上のとおりでありますので、何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第17 損害賠償の額を決定する件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議案第78号損害賠償の額を決定する件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。砂川豊和副市長。



◎副市長(砂川豊和) 〔登壇〕議案第78号 損害賠償の額を決定する件について、提案理由をご説明いたします。

 本件は、本年9月12日、本市海塚124番1地先、市道西町海塚麻生中線において、歩行者が歩道を通行中、インターロッキング舗装の段差につまづき転倒、右ほほ、右肩、右手及び右ひざを打撲した事故につきまして、当該被害者と示談することで合意に達しましたので、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、損害賠償の額を決定しようとするものであります。

 その主な内容につきましては、本市がこの事故による被害者であります議案書2ページに記載の相手方に対し、治療費として3万5,450円の損害賠償を行おうとするものであります。

 以上のとおりでありますので、何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第18 貝塚市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議会議案第18号貝塚市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。森 美佐子議会運営委員長。



◆議会運営委員長(森美佐子) 〔登壇〕お許しを得ましたので、ただいま議題となりました議会議案第18号 貝塚市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本件は、地方自治法の一部を改正する法律が、平成24年9月5日に公布されたことに伴い、ご提案申し上げるものでありますので、よろしくご審議の上ご賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第19 貝塚市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議会議案第19号貝塚市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。森 美佐子議会運営委員長。



◆議会運営委員長(森美佐子) 〔登壇〕お許しを得ましたので、ただいま議題となりました議会議案第19号 貝塚市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本件は、貝塚市議会会議規則同様、地方自治法の一部を改正する法律が、平成24年9月5日に公布されたことに伴い、ご提案申し上げるものでありますので、よろしくご審議の上ご賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 次に、日程第20 貝塚市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。

───────────────────────────────────



△議会議案第20号貝塚市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定の件

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 提案理由の説明を求めます。森 美佐子議会運営委員長。



◆議会運営委員長(森美佐子) 〔登壇〕お許しを得ましたので、ただいま議題となりました議会議案第20号 貝塚市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定の件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本件は、前の2件同様、地方自治法の一部を改正する法律が、平成24年9月5日に公布されたことに伴い、ご提案申し上げるものでありますので、よろしくご審議の上ご賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(食野雅由) お諮りいたします。

 本件は委員会付託を省略してご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑はないものと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありませんので、討論はこれで打ち切ります。

 これより本件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 ご異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) これにて、本日の日程は終了いたしました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) この際、市長にあいさつのため発言を許します。藤原龍男市長。



◎市長(藤原龍男) 〔登壇〕平成24年第4回定例会の閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今回の定例会は、11月29日から本日までの16日間にわたって開催をされましたが、議員の皆様方におかれましては、公私何かとお忙しい中にもかかわりませず、終始慎重なるご審議をいただき、いずれも原案どおりのご決定を賜りましたことに対しまして、衷心より厚く御礼申し上げます。

 また、本会議並びに委員会などにおいて賜りましたご高見につきましては、十分にその意を体し、今後の市政運営に反映いたしてまいり、議員各位のご期待に沿い得ますよう努力をいたしてまいる所存であります。

 本年も残すところわずかになりましたが、顧みますと、本年はロンドンオリンピックで我が国史上最多となる38個のメダルの獲得や、本市澤在住の生長奈緒美さんが、競泳においてアジア新記録となる好成績で6位に入賞され、さらには山中京都大学教授のノーベル賞の医学・生理学賞の受賞など明るい話題がございました。しかしながら、一方では、竹島や尖閣諸島などをめぐる領土問題、原子力発電の是非やエネルギー転換が社会経済に及ぼす諸問題など、我が国が直面する課題が浮き彫りになった年でもありました。

 さらに、我が国経済は、東日本大震災からの復旧・復興需要が見込まれるものの、引き続く世界経済の低迷などにより景気の下振れが懸念される状況下において、今後の経済情勢がどう変化するかは予断を許さないところであり、少なくとも国、地方の財政状況におきましては、依然として厳しい状況が続くものと危惧をいたしているところであります。

 本市におきましては、このような大変厳しい状況が予想される中ではありますが、さまざまな課題に対し、より柔軟かつ効率的に対応し、ますます多様化する市民ニーズに的確に対応しながら、諸施策の実現に向け、貝塚新生プランに基づき、次の世代を見据えた聖域なき改革に全職員一丸となって取り組んでまいる所存でありますので、議員の皆様方の一層のご支援、ご協力を心よりお願いを申し上げる次第であります。

 最後になりましたが、議員の皆様方におかれましては、いよいよ寒さも厳しくなってまいりましたが、くれぐれもご自愛をいただきまして、輝かしい新年をお迎えくださいますよう心からご祈念申し上げまして、私のあいさつといたします。

 どうもありがとうございました。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) 議長といたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今回の定例会は、会期16日間をもちまして、本日ここに閉会の運びに至りましたことは、議員並びに理事者各位のご協力のたまものでありまして、厚く御礼申し上げます。

 議員各位におかれましては、本会議並びに常任委員会等におきまして、終始慎重なご審議をいただき、深いご理解のもと、いずれも適切なるご決定を賜り、心から感謝を申し上げます。

 理事者各位におかれましては、世界的な経済不況の中、これからますます厳しい財政状況になると思われますが、貝塚新生プランの着実な推進を図りながら、議案審議の過程を通じ、各議員から要望されました諸事項を最大限に尊重し、市政の運営にあたられますよう切望するものであります。

 終わりになりましたが、本年最終議会にあたり、適切な議会運営に何かとご協力をいただきましたことに厚く御礼を申し上げます。いよいよ年の瀬も押し迫り、慌ただしさも増してまいりますが、皆様方にはくれぐれもご自愛の上、無事越年され、ご多幸な新年を迎えられますようお祈り申し上げ、閉会のあいさつといたします。

 どうもありがとうございます。

───────────────────────────────────



○議長(食野雅由) これをもって、平成24年第4回貝塚市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△午前10時39分閉会

───────────────────────────────────

    貝塚市議会議長  食野雅由

    貝塚市議会議員  南野敬介

    貝塚市議会議員  田畑庄司