議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 高槻市

平成18年建環産業委員会( 6月20日)




平成18年建環産業委員会( 6月20日)





             建環産業委員会記録








         平成18年6月20日(火)

































































               高槻市議会事務局





 
 日  時  平成18年6月20日(火)午前10時 0分招集





 会議時刻  午前10時 0分 開議


       午前10時 8分 散会





 場  所  第2委員会室





 事  件  別紙審査日程のとおり





 出席委員(9人)


 委  員  長  小 野 貞 雄       副 委 員 長    勝 原 和 久


 委     員  奥 田 美智子       委     員    山 口 重 雄


 委     員  二 木 洋 子       委     員    角   芳 春


 委     員  池 下 節 夫       委     員    源 久 忠 仁


 委     員  段 野 啓 三


 議     長  新 家 末 吉





 理事者側出席者


 市長          奥 本   務    助役         山 本   隆


 技監          吉 谷 幸 二    建設部長       長谷川   健


 建設部理事       笹 川 進一郎    道路管理室長     駒 井 正 直


 道路管理室参事     前 田   税    建築室参事      宮 川 久 雄


 道路河川室長      加 藤   裕    下水道室長      塩 山 新 治


 都市産業部長      倉 橋 隆 男    都市産業部理事    北   建 夫


 都市政策室長      竹 賀   顕    都市政策室参事    小 林   守


 開発指導室長      根 来 竹 雄    商工観光振興室長   上 野 和 夫


 農林振興室長      春 本 一 裕    農林振興室参事    和 田 保 幸


 公園緑政室長      逸 見 耀 一    環境部長       畠 中 富 雄


 環境政策室長      前 田   潤    環境事業室長     森 江 勇 二


 環境事業室参事     植 村   勲    環境事業室参事    石 田 和 義


 環境事業室参事     西 川 国 彦    農業委員会事務局長  守 山 輝 彦


 農業委員会事務局参事  谷 山   宏    その他関係職員





 議会事務局出席職員


 事務局長        具 志 裕 一    議事課長       舟 木 正 志


 議事課主任       池 田 純 二





    〔午前10時 0分 開議〕


○(小野委員長) ただいまから建環産業委員会を開会します。


 ただいまの出席委員数は9人です。


 したがって、委員会は成立します。


 委員会の傍聴がありますので、よろしくお願いします。


 ただいまから議事に入ります。


 議案第68号 平成18年度高槻市公共下水道特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 補足説明があれば、これを求めます。


○(長谷川建設部長) 特に補足説明はございませんので、よろしくお願いします。


○(小野委員長) 説明はないようです。


 休憩します。


   〔午前10時 3分 休憩〕


   〔午前10時 5分 再開〕


○(小野委員長) 再開します。


 ただいまから質疑に入ります。


○(勝原委員) 今回の下水道の補正予算について、これまで債務があった高金利の分について、公営企業債の借りかえが認められたということで提案をされているわけですけれども、高金利の債務が、まだ公営企業債以外にあると聞いております。その点について、今後、借りかえをぜひ求めるべきだと思いますけれども、国に対して、あるいは所管のところに対して、どういうふうに求めていくのかということだけ、お伺いをしたいと思います。


○(柴田下水業務課長) ただいま下水道事業に係る市債について、借りかえの対象拡大についてのお尋ねでございます。市債につきましては、下水道事業は、現在820億円近くの償還残額がございます。そのうち、委員仰せのように、金利が高利率のものがたくさん残ってございます。下水道事業債は5年据え置きの23年もしくは25年の償還でございます。かなり以前に借り入れた市債に利率の高いものがございまして、これを今日の経済状況に見合った利率で借りかえられるよう、これまでも下水道関係団体を通じて、国や政府に要望してまいりました。公営企業金融公庫債は、昨年度より臨時特例措置として借りかえができるようになりましたが、公営企業金融公庫以外の借り入れ先につきましても借りかえができますよう、要望活動等努力を続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。


 以上でございます。


○(勝原委員) 引き続き借りかえを、ぜひ認めていただくようにということで、お願いをしたいと思います。


 それから1点、下水の問題では、議会でも以前議論になりました受益者負担金の問題について、請願をされている方から、この議会の前にも要望書をいただきました。その要望書の問題については置いておくとしましても、それと同時に、市の方に質問を出されておられます。そういった問題について誠実にきちっと回答されるよう、強く要望して質問を終わります。


 以上です。


○(小野委員長) 質疑は尽きたようです。


 以上で質疑を終結します。


 ただいまから採決することに異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○(小野委員長) 異議なしと認めます。


 ただいまから採決します。


 議案第68号 平成18年度高槻市公共下水道特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。


      〔賛成者挙手〕


○(小野委員長) 全員賛成と認めます。


 したがって、議案第68号は原案のとおり可決しました。


 以上で本委員会に付託されました事件の審査は終了しました。


 お諮りします。


 審査の終結を見た事件については、次回の本会議で委員長報告をすることになります。この委員長報告書の作成については、委員長にご一任願いたいと思います。これに異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○(小野委員長) 異議なしと認めます。


 したがって、委員長報告書は委員長が作成します。


 以上で本委員会を散会します。


   〔午前10時 8分 散会〕








委 員 長