議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉大津市

平成21年 11月 臨時会(第4回) 11月30日−01号




平成21年 11月 臨時会(第4回) − 11月30日−01号







平成21年 11月 臨時会(第4回)



1.平成21年11月30日午後1時泉大津市議会第4回臨時会第1日を泉大津市議会議事堂に招集した。

1.出席議員は次のとおりである。

   1番  林 哲二         2番  堀口陽一

   3番  長田 実         4番  貫野幸治郎

   5番  南出賢一         6番  丸谷正八郎

   7番  吉村 譲         8番  村岡 均

   9番  大久保 学       10番  溝口 浩

  11番  小林修平        12番  田立恵子

  13番  中谷 昭        14番  小西日出夫

  15番  清水 勝        16番  田中一吉

  17番  高橋 登        18番  中口秋都

1.地方自治法第121条の規定により本会に出席を求め出席したる者は次のとおりである。

  市長       神谷 昇     副市長      小野正仁

  監査委員     木野靖勇     教育長      道口源一

  参与       綾城重幸     総合政策部長   白樫 裕

  総務部長     堺谷要二     市民産業部長   根来輝明

  健康福祉部長   伊藤晴彦     都市整備部長   生田 正

  上下水道局長   上北俊賢     会計管理者    中塚 優



  市立病院     大久保富夫    選・監・公・農  小林 肇

  事務局長              委員会事務局長



  消防長      木谷 保     教育次長     山本清志



  健康福祉部理事  森口勝巳     危機管理監    川上 博

  兼社会福祉

  事務所長



1.本会に出席せる議会事務局職員は次のとおりである。

  事務局長     大岡 悟     次長       羽室幸男

  議事調査係長   橋本幸男     書記       川崎直也

1.本日の議事日程は次のとおりである。

  日程第1        会期の決定

  日程第2 議案第63号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件

  日程第3 議案第64号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の件

  日程第4 議案第65号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件

  日程第5 議案第66号 泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件

1.本日の会議事件は次のとおりである。

         会期の決定

  議案第63号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件

  議案第64号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の件

  議案第65号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件

  議案第66号 泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件

1.地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員は次のとおりである。

   8番  村岡 均        10番  溝口 浩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               会議の顛末



△開会

    平成21年11月30日午後1時開会



○議長(清水勝) 皆さん、こんにちは。議員各位には、本日招集されました平成21年泉大津市議会第4回臨時会にご参集賜り、厚くお礼を申し上げます。

 ただいま全員の出席をいただいておりますので、平成21年泉大津市議会第4回臨時会は成立いたしました。よって、これより開会をいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) 会議規則第80条の規定により、本日の会議録署名議員を指名いたします。

 8番村岡均議員、10番溝口浩議員の以上のご両名にお願いをいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) この際、去る11月12日に教育長に就任されました道口教育長より、あいさつのため発言の申し出がありますので、これを許可いたします。教育長。



◎教育長(道口源一) ただいま議長さんのお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し述べさせていただきます。

 まず、さきの市議会におきまして、神谷市長から教育委員会委員の任命について同意を求める件がご提案されました際には、全会一致でご同意を賜り、まことにありがとうございます。心より厚くお礼を申し上げます。

 また、このたび、臨時教育委員会におきまして教育長を拝命し、身の引き締まる思いがいたしております。

 私の教員としての経験から申し上げますと、学校園の最も大切な役割は、子供たちが安心して楽しい学校生活が送れることだと痛感をしているところでございます。私は、子供たちが安心して、楽しく夢や希望の語れる学校園づくりを支援するため、教育委員会一丸となって取り組んでまいりたいと、このように考えております。

 また、生涯学習や体育振興の分野におきましても、市民の文化、スポーツ、学術面の一層の向上のため、関係の皆様のご協力を得ながら誠心誠意努力してまいりたいと考えております。

 全般としてはこのように考えているところでありますが、これから具体的に私の職務を進めるに当たって、現在の私の問題意識を少し申し上げたいと存じます。

 一つは、もう10年も前から指摘されていることでございますが、今、子供たちの育ち方が危ないということです。子供たちが壊れやすくなってきています。私は、日本の将来を思うとき、本当にこのことに危機感を強く感じております。

 壊れ方が外に出る場合、内にこもる場合、大きく2つに分けることができるかと思いますが、問題行動が外向けに出る場合、対教師暴力、生徒間暴力、器物破壊等いわゆる校内暴力と呼ばれるような形になるかと思います。内にこもる場合は、ひきこもり、不登校、対人恐怖症、過食症、拒食症など心理的な要因からさまざまな形となってあらわれているかと思います。いずれにしましても、どちらとも深刻な問題であり、今、全国的な傾向としてこのような子供がふえつつあるのではないかと考えています。

 残念なことですけれども、泉大津市も現状は例外ではないと、このように考えております。今後、教育委員会挙げて、この問題の解決のため、中・長期的なビジョンを掲げながら取り組んでいく所存であります。

 あと1点でありますが、教育を語るとき、よく不易と流行という言葉が言われます。ご承知のように、不易とは、時代を越えて変わることのない大切なこと、流行とは、その時代の状況に応じて必要とされることを意味しています。今、時代を越えて大切なことであり、不易なことでありながら大事にされていないといいますか、やや忘れ去られていると感じることがあります。それは何か。一言で言いますと、心の教育と言われるものであります。子供たちの豊かな情感や感性をはぐくむための情操教育であり、また道徳教育であります。

 幸い、本市では、神谷市長が情操教育にとても力を入れていただいておりますが、小・中学校における道徳教育はどうでしょうか。青少年の規範意識に関する国際比較を見ますと、日本は先進国の中でも際立って劣っています。善悪の判断やルール、マナーなどの規範意識が欠如していることが問題の根源となっているというのが現状かと感じております。

 以上、現在直面する教育課題につきまして私見を述べさせていただきましたが、私は、これまでも常々ピンチはチャンスと考え、問題解決に当たってまいりました。先週、本市の中学校を訪問し、校長先生方ともいろいろ話し合いをさせていただきましたが、いろんな面で厳しい現状にあることを改めて認識をさせていただきました。私は、これをまさに改革のチャンスととらえ、積極的に取り組んでまいりたい、このように考えております。

 生徒たちの心に響く道徳教育に学校挙げて本気で取り組んだ結果、荒れ狂っていた中学校が3年間で立ち直り、5年目には学力面でも誇れる学校に変わったという事例もあります。道徳教育の取り組みだけで学校改革ができるわけではありません。今申し上げた学校では、生徒指導の面でも、安易に子供たちに迎合することなく、あかんことはあかんのやと、校長のリーダーシップのもとに全職員が徹底するなど、まさに学校挙げての総合的な取り組みの結果であることは言うまでもございません。

 最後になりますが、これからの泉大津市の教育のために、微力ではありますが誠心誠意不断の努力をしてまいる所存であります。議員の皆様方には、何とぞご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、私のあいさつとかえさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(清水勝) 教育長のあいさつが終わりました。

 次に、市長より、市議会招集のあいさつのため発言の申し出がありますので、これを許可いたします。市長。

     (神谷昇市長 登壇)



◎市長(神谷昇) 議長のお許しを賜りまして、泉大津市議会平成21年第4回臨時会の開会に当たりまして、ごあいさつを申し上げたいと存じます。

 本日の臨時会を招集申し上げましたところ、議員皆様方には何かとお忙しいところにもかかわりませず、このようにご出席を賜りまして、心より厚く御礼を申し上げます。

 さて、本臨時会には、一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正について、特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について、議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての3件並びに泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件をご提案申し上げております。いずれも重要案件でございますので、どうかよろしくご審議を賜り、ご可決、ご承認賜りますよう心よりお願い申し上げまして、まことに簡単でございますが、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○議長(清水勝) 市長のあいさつが終わりました。



△日程第1 会期の決定



○議長(清水勝) それでは、これより日程表に従い議事に入ります。

 日程第1、「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期については、本日1日と定めたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期につきましては、本日1日と定めることに決定をいたしました。



△日程第2 議案第63号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件



○議長(清水勝) 次に、日程第2、議案第63号「一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第63号一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 なお、本件につきましては、職員団体と協議する中、ご理解をいただいているところでございます。

 会議事項の1ページでございます。

 本件の提案理由としましては、人事院勧告に基づき、国家公務員の給与改定が実施されることに伴いまして、本市としまして、これらの内容を検討した結果、本市職員の給与についても適切な措置を講ずる必要があることから、関係条例について所要の改正を行うものでございます。

 次に、改正内容といたしましては、12ぺージの条例(案)要綱によりましてご説明申し上げます。

 (1)の給料表の改定でございますが、国家公務員の改定に準じまして職員の給料月額を引き下げるものでございます。なお、この改定により、職員の給料月額は次の表のとおり、改定前の平均給与月額30万1,731円が改定後の30万1,251円となりまして、平均の引き下げ額は480円で、率にいたしますと0.16%となるものでございます。第1条の規定による別表第1関係でございます。

 次に、(2)の諸手当の改定について、アの時間外勤務手当の改定でございますが、月に60時間を超える時間外勤務手当につきまして、支給割合を100分の150に引き上げるものでございます。第3条の規定による第21条関係でございます。

 イの期末手当の改正でございますが、(ア)の再任用以外の職員の6月期の支給割合100分の140を100分の125に、12月期の100分の160を100分の150に引き下げ、(イ)の再任用職員の6月期の支給割合を100分の75を100分の65に、12月期の100分の85を平成21年分のみ100分の80に引き下げるものでございます。第1条の規定及び第3条の規定による第34条関係でございます。

 ウの勤勉手当の改定でございますが、(ア)の再任用職員以外の職員の6月期及び12月期の支給割合100分の75を100分の70に引き下げ、(イ)の再任用職員の6月期については同率とし、12月期の100分の40を100分の35に引き下げ、平成21年分のみ同率としたものでございます。第1条の規定及び第3条の規定による第35条関係でございます。

 次に、2の泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正としましては、時間外勤務代休制度の新設といたしまして、月に60時間を超える時間外勤務に係る時間外勤務手当の支給割合と本来の支給割合との差額分の手当の支給にかえて、代休または時間休暇を指定することができる制度を新設するものでございます。第2条の規定による第8条の2関係でございます。

 次に、3の一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(平成18年泉大津市条例第14号)附則第5項の規定に基づく行政職の給料表の改定及び附則第9項の規定に基づく給料月額についても0.24%引き下げるものでございます。第4条の規定による附則第9項及び附則別表第4関係でございます。

 次に、4のその他所要の規定の整備を行うものでございます。

 次に、5の附則に関する事項についてでございます。

 (1)施行期日につきましては、この条例(案)は、平成21年12月1日から施行するものでございます。ただし、1の(2)のア、時間外勤務手当の改定、1の(2)のイの(ア)再任用以外の職員の6月期の欄及び1の(2)のイの(イ)再任用職員の表、なお12月期のただし書き部分を除く及び1の(2)のウの(イ)再任用職員の表、なお12月期のただし書き部分を除く、また2の時間外勤務代休制度の新設並びに5の(4)附則に関する事項の関係条例の一部改正は、平成22年4月1日から施行するものでございます。改正条例附則第1項でございます。

 (2)給料表の切替えに伴う経過措置につきましては、行政職の給料表の給料月額の改正に伴う職員の給料の切りかえについて定めるものでございます。改正条例附則第2項でございます。

 (3)市長への委任についてでございますが、(2)に規定するもののほか、この条例(案)の施行に関し必要な事項が市長が定めるものでございます。改正条例附則第3項でございます。

 (4)関係条例の一部改正についてでございますが、この条例案の施行に伴いまして、泉大津市公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例について、所要の改正を行うものでございます。改正条例附則第4項でございます。

 なお、15ページから18ページに行政職給料表新旧切り替え表を、19ページから29ページに条例等新旧対照表を添付しておりますので、ご参照賜りたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。小林議員。



◆11番(小林修平) 日本共産党市会議員団を代表しまして、一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正の件について意見を表明いたします。

 今回の条例改正は、人事院勧告に基づき、一時金を夏に続いて冬も0.15カ月削減し、期末・勤勉手当を年間4.5カ月から4.15カ月に0.35カ月引き下げるものであります。また、給与も引き下げます。市の財政再建で大幅な給与の削減を強いられている職員の暮らしに追い打ちをかけるものと言わなければなりません。

 公務員の給与や一時金の削減は、自治体労働者の生活を脅かすだけでなく、購買力の一層の低下により地域経済がさらに停滞の危惧があり、ひいては自治体財政への悪影響にもつながりかねません。家計の所得をふやしてこそ、購買力を高め、地域経済の好転にも貢献すると考えます。

 しかしながら、労使が合意をした上での提案でありますので、日本共産党市会議員団は、本条例改正案については賛成の態度をとるものであります。

 以上です。



○議長(清水勝) 他に。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第3 議案第64号 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の件



○議長(清水勝) 日程第3、議案第64号「特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第64号特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の31ページでございます。

 本件の提案理由でございますが、一般職の職員の給与改定を実施することに伴いまして、特別職の職員の期末手当の支給割合を改定するため、所要の改正を行うものでございます。

 次に、改正内容といたしましては、34ページの条例(案)要綱によりましてご説明申し上げます。

 1の期末手当の改定といたしまして、期末手当の支給割合、6月期の100分の212.5を100分の192.5に100分の20引き下げを行い、12月期の100分の232.5を100分の217.5に100分の15引き下げを行うものでございます。

 2の附則に関する事項といたしまして、この条例(案)は、平成21年12月1日から施行するものでございます。ただし、1の表6月期の項は、平成22年4月1日から施行するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定をいたしました。



△日程第4 議案第65号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件



○議長(清水勝) 次に、日程第4、議案第65号「議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第65号議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の37ページでございます。

 本件の提案理由でございますが、一般職の職員の給与改定を実施することに伴いまして、議会の議員の期末手当の支給割合を改定するため、所要の改正を行うものでございます。

 次に、改正内容といたしましては、40ページの条例(案)要綱によりましてご説明申し上げます。

 1の期末手当の改定といたしまして、期末手当の支給割合、6月期の100分の212.5を100分の192.5に100分の20引き下げを行い、12月期の100分の232.5を100分の217.5に100分の15引き下げを行うものでございます。

 2の附則に関する事項としまして、この条例(案)は平成21年12月1日から施行するものでございます。ただし、1の表6月期の項は、平成22年4月1日から施行するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜わりますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定をいたしました。



△日程第5 議案第66号 泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件



○議長(清水勝) 次に、日程第5、議案第66号「泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。上北上下水道局長。



◎上下水道局長(上北俊賢) ただいま議題となりました議案第66号泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定締結の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の45ページをごらんいただきたいと存じます。

 本件は、泉大津市公共下水道汐見夕凪幹線の建設工事委託に関する基本協定を締結したく、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約内容でございますが、1の予定概算事業費は6億6,000万円で、2の契約の相手方として、住所は東京都新宿区四谷三丁目3番1号、名称は日本下水道事業団、代表者理事長澤井英一氏であります。

 内容といたしましては、泉大津フェニックス地区の下水道事業の一環として行う工事で、平成21年度から平成23年度にかけて、夕凪町地内に汚水管渠及び雨水管渠を布設するものでございます。

 それでは、工事概要についてご説明申し上げます。

 恐れ入りますが、47ページをごらんいただきたいと存じます。

 管渠工としまして、汚水管渠は管径800から200ミリメートル、雨水管渠は2,300ミリメートルから700ミリメートルまでを推進工法及び開削工法で延長1,250メートルを布設し、人孔設置工一式、取付管及び桝設置工一式を施工するものであります。

 次に、仮協定書(抜粋)の3の項で、工期については、市議会の議決のあった翌日から平成24年3月31日までといたしております。また、この仮協定書におきましては、議会の議決を得たときは本契約となる旨の規定を設けているところでございまして、下段に記載しております平成21年11月9日は、あらかじめ相手方と仮契約を締結いたしたものでございます。

 なお、49ページに位置図を添付しておりますので、ご参照していただきたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜わりますようお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、本件、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定をいたしました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) 以上で、本臨時会に付議された議案はすべて議了いたしました。よって、直ちに閉会いたしたいと存じますが、閉会に当たり、市長よりあいさつのための発言を求められておりますので、これを許可いたします。神谷市長。

     (神谷昇市長 登壇)



◎市長(神谷昇) 議長のお許しを賜りまして、泉大津市議会平成21年第4回臨時会の開会に当たりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。

 本臨時会におきましては、ご提案申し上げましたすべての議案につきまして、ご可決、ご承認を賜りましてまことにありがとうございます。心より厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 いよいよあすから師走でございまして、慌ただしい年の瀬を迎えるわけでございます。ご案内のとおり、今、新型インフルエンザの世界的流行が起こっておりまして、大変危惧されているところでございまして、ましてや人から人へうつるという事例も報告をされてまいっておりまして、危機的状況にますます入ってきております。

 このようなときでございますので、議員皆様方におかれましては、くれぐれもお体をご自愛賜りまして、年の瀬をご健勝にてますますご活躍されますことを心からご祈念申し上げる次第でございます。

 簡単でございますが、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつとさせていただきます。本日は、まことにありがとうございました。



○議長(清水勝) 市長のあいさつが終わりました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) 以上をもちまして、平成21年泉大津市議会第4回臨時会を閉会いたします。

 本日は、慎重ご審議いただきありがとうございました。

    午後1時31分閉会

    会議録署名議員

         泉大津市議会議長    清水 勝

         泉大津市議会議員    村岡 均

         泉大津市議会議員    溝口 浩