議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉大津市

平成21年  6月 定例会(第2回) 06月22日−03号




平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月22日−03号







平成21年  6月 定例会(第2回)



1.平成21年6月22日午前10時泉大津市議会第2回定例会第3日を泉大津市議会議事堂に招集した。

1.出席議員は次のとおりである。

   1番  林 哲二         2番  堀口陽一

   3番  長田 実         4番  貫野幸治郎

   5番  南出賢一         6番  丸谷正八郎

   7番  吉村 譲         8番  村岡 均

   9番  大久保 学       10番  溝口 浩

  11番  小林修平        12番  田立恵子

  13番  中谷 昭        14番  小西日出夫

  15番  清水 勝        16番  田中一吉

  17番  高橋 登        18番  中口秋都

1.地方自治法第121条の規定により本会に出席を求め出席したる者は次のとおりである。

  市長       神谷 昇     副市長      小野正仁

  監査委員     木野靖勇     教育長      中井 譲



  参与       綾城重幸     総合政策部長   白樫 裕

  (病院担当)



  総務部長     松阪敏彦     市民産業部長   根来輝明

  健康福祉部長   伊藤晴彦     都市整備部長   生田 正

  上下水道局長   上北俊賢     会計管理者    中塚 優



  市立病院     大久保富夫    選・監・公・農  小林 肇

  事務局長              委員会事務局長



  消防長      木谷 保     教育次長     山本清志



  健康福祉部理事  森口勝巳     危機管理監    川上 博

  兼社会福祉

  事務所長



1.本会に出席せる議会事務局職員は次のとおりである。

  事務局長     大岡 悟     次長       羽室幸男

  議事調査係長   橋本幸男     書記       川崎直也

1.本日の議事日程は次のとおりである。

 日程第1 監査報告第4号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 日程第2 監査報告第5号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 日程第3 監査報告第6号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 日程第4 監査報告第7号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 日程第5 監査報告第8号 平成21年度現金出納検査結果報告の件

 日程第6 報告第18号 平成21年度泉大津市土地開発公社経営報告の件

 日程第7 議案第37号 泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正の件

 日程第8 議案第38号 泉大津市職員の厚生制度に関する条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の件

 日程第9 議案第39号 泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例及び泉大津市国民健康保険条例の一部改正の件

 日程第10 議案第40号 本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件

 日程第11 議案第41号 町区域の一部変更の件

 日程第12 議案第42号 平成21年度泉大津市一般会計補正予算の件

 日程第13 議案第43号 平成21年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件

1.本日の会議事件は次のとおりである。

 監査報告第4号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 監査報告第5号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 監査報告第6号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 監査報告第7号 平成20年度現金出納検査結果報告の件

 監査報告第8号 平成21年度現金出納検査結果報告の件

 報告第18号 平成21年度泉大津市土地開発公社経営報告の件

 議案第37号 泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正の件

 議案第38号 泉大津市職員の厚生制度に関する条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の件

 議案第39号 泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例及び泉大津市国民健康保険条例の一部改正の件

 議案第40号 本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件

 議案第41号 町区域の一部変更の件

 議案第42号 平成21年度泉大津市一般会計補正予算の件

 議案第43号 平成21年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件

1.地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員は次のとおりである。

  11番  小林修平        12番  田立恵子

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               会議の顛末



△開議

   平成21年6月22日午前10時開議



○議長(清水勝) 皆さん、おはようございます。

 ただいま全員の出席をいただいておりますので、これより平成21年泉大津市議会第2回定例会第3日目の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) 会議規則第80条の規定により、本日の会議録署名議員を指名いたします。

 11番小林修平議員、12番田立恵子議員、以上のご両名にお願いをいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 監査報告第4号 平成20年度現金出納検査結果報告の件



△日程第2 監査報告第5号 平成20年度現金出納検査結果報告の件



△日程第3 監査報告第6号 平成20年度現金出納検査結果報告の件



△日程第4 監査報告第7号 平成20年度現金出納検査結果報告の件



△日程第5 監査報告第8号 平成21年度現金出納検査結果報告の件



○議長(清水勝) それでは、日程表に従い議事に入ります。

 日程第1から日程第5までの監査報告5件は、いずれも監査委員よりの現金出納検査の結果報告でありますので、一括議題といたします。

 上程5件につきましては、既に議員各位にご送付申し上げておりますように、平成20年度一般会計、特別会計、事業会計の平成21年1月から3月分までと、一般会計、特別会計の4月分並びに平成21年度4月分の一般会計、特別会計、事業会計のそれぞれ末日現在の出納検査の結果報告であります。つきましては、既にお目通し願っていることと存じますので、上程5件につきましては、これをもって終結いたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、上程5件につきましては、これをもって終結いたします。



△日程第6 報告第18号 平成21年度泉大津市土地開発公社経営報告の件



○議長(清水勝) 次に、日程第6、報告第18号「平成21年度泉大津市土地開発公社経営報告の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。松阪総務部長。



◎総務部長(松阪敏彦) ただいま議題となりました報告第18号平成21年度泉大津市土地開発公社経営報告の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の1ページをお開き願いたいと思います。

 本件につきましては、平成21年度の泉大津市土地開発公社経営状況につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定によりまして市議会にご報告申し上げるものでございます。

 お手数ですが、別冊の平成21年度泉大津市土地開発公社事業計画書及び予算書をご参照賜りたいと存じます。

 それでは、その内容につきまして、1ページよりご説明申し上げます。

 まず、平成21年度の事業計画でございますが、用地及び補償の先行取得計画でございます。内容といたしましては、南海中央線道路改良事業用地でございまして、用地取得費が1億3,129万2,000円、取得面積1,203.10平方メートルに加えまして、補償費といたしまして6,872万円を計画したものでございます。

 次の2ページに移っていただきまして、平成21年度公有用地売却計画でございます。これは市による買い戻し等を行いますもので、南海中央線道路改良事業用地ほか1件の事業用地について、合計面積4,652.55平方メートル、金額にいたしまして6億797万円の売却の計画でございます。

 なお、市では、平成18年度から平成22年度までの5カ年の計画期間での土地開発公社の経営の健全化に取り組んでいるところでございまして、この計画に基づきます買い戻しを含め予算計上したものでございます。

 次に、3ページの平成21年度土地開発公社予算でございますが、先ほどご説明申し上げました取得及び売却計画の実施に要する経費を措置するものでございまして、第2条の収益的収入及び支出では、収入といたしましては、第1款事業収益、第1項公有用地事業収益の6億797万円を、第2項附帯等事業収益として保有土地の貸付料1,981万6,000円を、第2款事業外収益6万円を合わせまして6億2,784万6,000円を計上するものでございます。

 次に、4ページの支出でございますが、第1款事業原価、第1項公有地取得事業原価といたしまして6億797万円を、第2項附帯等事業原価は1,981万6,000円を計上いたしております。これは、市等に売却する用地及び貸付料を原価計上したものでございます。

 第2款販売費及び一般管理費は、土地開発公社の運営に要します経費といたしまして110万4,000円を、第3款予備費50万円を合わせまして、支出合計6億2,939万円とするものでございます。

 なお、収益的収入と支出の差引不足額154万4,000円につきましては、土地開発公社の当期損失として見込まれるものでございます。

 続きまして、第3条資本的収入及び支出でございます。

 収入につきましては、第1款資本的収入、第1項借入金につきましては42億9,916万2,000円を計上いたしております。

 また、5ページの支出では、第1款資本的支出、第1項公有地取得事業費2億301万2,000円でございまして、用地取得費と測量費等を加えた額でございます。

 第2項借入金償還金47億2,239万2,000円のうち46億2,500万円につきましては、借入金の元金償還金でございます。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対しまして不足いたします6億2,624万2,000円につきましては、土地の売買収入及び賃貸料収入等で補てんするものでございます。

 次の第4条につきましては、本年度の借入金の限度額を42億9,916万2,000円と定めるものでございます。

 なお、6ページには資金計画、7ページには予定損益計算書、8ページには予定貸借対照表、9ページ以降には予算に対する説明を掲載しておりますので、ご参照願いたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが説明を終わります。よろしくお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、本件は以上をもって終結いたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件はこれをもって終結いたします。



△日程第7 議案第37号 泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正の件



○議長(清水勝) 次に、日程第7、議案第37号「泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第37号泉大津市職員の勤務時間等に関する条例の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 なお、本件につきましては、職員団体と協議する中、ご理解をいただいているところでございます。

 会議事項の3ページでございます。

 本件の提案理由でございますが、職員の勤務時間、休日及び休暇に関する人事規則の一部が改正され、国家公務員の休息時間が廃止されていることに伴いまして、本市の職員につきましても、国の制度に準じて適切な措置を講ずることが必要であることから、所要の改正を行うものでございます。

 次に、改正内容につきましては、6ページの条例新旧対照表によりご説明申し上げます。

 泉大津市職員の勤務時間に関する条例第7条に定めている休息時間の廃止に伴い、第7条を削り、第8条を第7条とし、第8条の2を第8条とするものでございます。

 会議事項の5ページにお戻り願います。

 附則に関する事項についてでございますが、施行期日につきましては平成21年7月1日から施行するものでございます。

 次に、経過措置としまして、公務の運営上の事情により、特別の形態によって勤務する必要のある職員については、当分の間、なお従前の例によるものとしたものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。中口議員。



◆18番(中口秋都) 一定の考え、思いを述べさせていただいて討論といたしたいと思います。

 ただいま提案がございました条例案でございますけれども、休息時間の15分を廃止する、その理由に、ここにも今説明されましたように、国家公務員の休息時間が廃止されていることに伴って、本市もそれに準じたいというのが主な理由のようであります。

 考えますと、地方改革一括法案というのが成立してきた経過もございまして、これは地方は地方の分権を持ち、地方に合ったそうした行政内容を進めていくという、本来のそういう地方自治体のあるべきそうした方向にという意味合いがあったと思うんですけれども、そういう面では、ここでいう国家公務員の休息が廃止されてるという、そういうことの理由に合わすんだというのはどうかなという思いが私自身、一つはあるんです。

 その中身を見ると、国家公務員も休息時間あった、それを廃止する。しかし、それは、廃止だけれども、休憩時間にそれを統一していくという、こういう内容になっているようであります。そういう面からいくと、勤務時間のことも関係してくるような内容ではありますけれども、そういう面では本市は休息時間のみが廃止されているということであります。それが1点。

 もう一つは、やはり休息時間の本来あるべき目的は何なのか、そういったことを考えたときに、公務員法では、それまでは4時間継続して15分、また4時間継続して15分、こういうような休息時間のあり方であったみたいです。それは、やはり業務を遂行している中で、疲れあるいは気分のほぐし、そうしたことをいやして、リフレッシュして作業効率が落ちないというようなことを支えていこうというようなことだとか、あるいはお仕事している職員の健康、そしてまた安全、こういう面からやっぱり休息時間があったほうがいいだろうという目的で設置というんですか、置かれてきたものではなかろうかなというふうに、私もそういうふうに理解しているんです。それがなくなるということについては、一定どうかなという思いを持っているものであります。

 本来は、やっぱり働いている人たちが休暇だとか、本当に働く環境がよくなって、改善をしていく社会というのが、皆さん多くの関係団体で働く人たちの願う方向ではなかろうかなというふうに基本的には思います。そういう面では、労働組合の方も、職員のそうした健康や仕事のことも含めて同じ思いに立たれているもんではなかろうかというふうに思うんです。

 しかし、いろいろな事情経過があって、労働組合との理解を得た上のご提案だというふうに聞いておりまして、そうしたことを尊重して賛成とはいたしますけれども、やはり今申し上げました基本的な、休息時間の持つ本来の働く人たちの役割を支える、こういうことで、今後ともそうした立場を何とか改善していくような方向で、また機会のあるときには考えていただきたいということも申し上げて、この条例案改正については賛成としたいと思います。

 以上です。



○議長(清水勝) 他に。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第8 議案第38号 泉大津市職員の厚生制度に関する条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の件



○議長(清水勝) 次に、日程第8、議案第38号「泉大津市職員の厚生制度に関する条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第38号泉大津市職員の厚生制度に関する条例及び一般職の職員の給与に関する条例の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の7ページでございます。

 本件の提案理由でございますが、職員の厚生制度の実施事業を行わせている社団法人大阪府市町村職員互助会が解散したことに伴いまして、関係条例について、所要の規定の整備を行うものであります。

 次に、改正内容につきましては、10ページと11ページの条例新旧対照表によりご説明申し上げます。

 まず、10ページの第1条関係でございますが、泉大津市職員の厚生制度に関する条例の第4条中、「社団法人大阪府市町村職員互助会(以下「互助会」という。)及び」を削り、第5条第1項を削除し、同条2項を第5条とし、第6条中の「互助会及び」を削るものでございます。

 次に、11ページの第2条関係でございますが、一般職の職員の給与に関する条例の第47条の2中、第1号を削り、第2号を第1号とし、第3号から第6号までを1号ずつ繰り上げるものでございます。

 会議事項の9ページにお戻りいただきたいと思います。

 附則に関する事項についてでございますが、本条例案は公布の日から施行するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第9 議案第39号 泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例及び泉大津市国民健康保険条例の一部改正の件



○議長(清水勝) 次に、日程第9、議案第39号「泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例及び泉大津市国民健康保険条例の一部改正の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。伊藤健康福祉部長。



◎健康福祉部長(伊藤晴彦) ただいま議題となりました議案第39号泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例及び泉大津市国民健康保険条例の一部改正の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の13ページをお開きいただきたいと存じます。

 本件提案の理由につきましては、児童福祉法等の一部を改正する法律の施行に伴い、都道府県のとるべき処置に「小規模住居型児童養育事業を行う者に児童を委託する」という条文が加えられ、小規模住居型児童養育事業を行う者に委託されている児童に係る費用については、里親に委託されている児童と同様、都道府県の支弁とされたことに伴い、関係条例について、所要の規定の整備を行うものでございます。

 内容につきまして、16ページから17ページの新旧対照表によりご説明申し上げます。

 まず、第1条泉大津市ひとり親家庭の医療費の支給に関する条例の一部改正でございますが、同条例第2条第3項中、第6条の2第8項に規定する「小規模住居型児童養育事業を行う者」を加えるものでございます。また、その他所要の規定の整備を行うものでございます。

 次に、第2条泉大津市国民健康保険条例の一部改正でございますが、同条例第4条第1号中、「小規模住居型児童養育事業を行う者」を加えるものでございます。また、その他所要の規定の整備を行うものでございます。

 15ページに戻っていただきまして、附則に関する事項といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第10 議案第40号 本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件



△日程第11 議案第41号 町区域の一部変更の件



○議長(清水勝) 次に、日程第10、議案第40号「本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件」及び日程第11、議案第41号「町区域の一部変更の件」の2件を一括議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。白樫総合政策部長。



◎総合政策部長(白樫裕) ただいま議題となりました議案第40号本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の21ページでございます。

 本件につきましては、地方自治法の規定によりまして、公有水面の埋め立てにより本市の区域内に新たに生じました土地を確認する必要がございますので、ご提案を申し上げるものでございます。

 そのご確認をいただく土地につきましては、23ページの別図に記載しておりますように、黒塗りでお示ししている区域でございます。

 場所としましては、泉大津市小津島町1番地先でございます。面積につきましては、3,160.49平方メートルでございます。なお、この土地の確認によりまして、市域面積は1,295万2,720.19平方メートル、キロに換算しますと12.95平方キロメートルとなるものでございます。

 続きまして、議案第41号町区域の一部変更の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の25ページでございます。

 本件につきましては、地方自治法の規定によりまして、ただいま議案第40号でご説明申し上げました公有水面の埋め立てにより新たに生じました27ページの別図の黒塗りで示す地域を小津島町の区域に編入するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。上程2件につきましては、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、上程2件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより1件ずつ採決をいたします。

 まず、議案第40号「本市の区域内にあらたに生じた土地の確認の件」についてお諮りいたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。

 次に、議案第41号「町区域の一部変更の件」についてお諮りいたしします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第12 議案第42号 平成21年度泉大津市一般会計補正予算の件



○議長(清水勝) 次に、日程第12、議案第42号「平成21年度泉大津市一般会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。松阪総務部長。



◎総務部長(松阪敏彦) ただいま議題となりました議案第42号平成21年度泉大津市一般会計補正予算の件につきまして説明を申し上げます。

 会議事項の31ページをお開き願いたいと存じます。

 本件は補正第2号でございまして、まず第1条歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,542万9,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ240億7,317万4,000円とするものでございます。

 第2項歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。

 それでは、その内容につきまして、44、45ページの歳出から説明を申し上げます。

 第6款商工費につきましては1,488万6,000円を追加するものでございまして、第1項商工費、第3目労働者対策費におきまして、国の緊急雇用対策等における補正予算に関連し、国制度の総予算額の範囲内で3年間の限定措置として雇用機会の創出を図るため、市立病院、生涯学習課、教育総務課、保険年金課、土木課において、それぞれふるさと雇用再生基金事業及び緊急雇用創出基金事業を追加するものでございます。

 続きまして、46、47ページにまいりまして、第9款教育費におきましては6,054万3,000円を追加するものでございまして、第2項小学校費、第1目学校管理費におきまして、穴師小学校南館耐震化事業を追加するものでございます。

 続きまして、歳入でございますが、40ページ、41ページにお戻りいただきたいと思います。

 第13款国庫支出金につきましては4,170万5,000円を追加するものでございまして、第2項国庫補助金、第4目教育費国庫補助金におきまして、耐震化に対しての小学校整備事業費交付金の追加、第14款府支出金につきましては1,488万6,000円を追加するもので、第2項府補助金、第5目商工費府補助金におきまして、ふるさと雇用再生基金補助金及び緊急雇用創出基金補助金を追加するものでございます。

 次に、42、43ページにまいりまして、第17款繰入金では、財源調整として交流とふれあいのまちづくり基金より繰り入れるものでございます。

 以上、甚だ簡単ではございますが、平成21年度一般会計補正予算第2号につきまして説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。丸谷議員。



◆6番(丸谷正八郎) 1点、質問させていただきます。

 先ほど説明ありました小学校の耐震化事業の6,054万3,000円についてなんですけれども、穴師小学校南館の耐震補強工事ということなんですけれども、補強工事の工法についてお示しください。

 質問回数に限りがありますので、なぜその工法をお聞きするかといいますと、20年度の穴師小学校の西館は、鉄骨内ブレースの在来工法で補強工事を行っています。しかし、ことしに入りまして、浜小学校の北館がPC工法という形で工法が変わっております。学校校舎によって工法が違ういうのは、なぜそういう形をとられたのかというのと、なぜ浜小学校北館の耐震工事についてPC工法を利用したのか、その辺についても、3点、あわせて質問しますのでお答えください。

 以上です。



○議長(清水勝) 答弁願います。山本教育次長。



◎教育次長(山本清志) 穴師小学校の南館の耐震補強工事の件でございますが、今回の工事は外部ブレース増設工法と申しまして、筋交いを入れるという工法でございます。1階、3階の窓側部分一部に、外側から柱とはりとブレース−−筋交いを増設して強度を補強すると、確保するということでございます。

 浜小学校の場合も実施しますけれども、筋交いがない工法だったんですけれども、今回はブレースがついているといいますのは、穴師小学校南館の場合、浜小学校の北館のように太い柱とかはり、そういった基礎を増設するような校舎の形状ではないため、こういうふうな工法を採用したものでございます。

 それから、浜小学校の北館と南館の2棟の補強工事を本年度当初予算で計上しておりますけれども、今回、耐震化の促進のために、国の補助制度が回り次第、3棟目を追加整備していくということで、今回、一部補助採択されましたことにより、今回補正に上げさせていただいたものでございますけれども、今回は給食室とか普通教室が工事区域というふうになるため、なるべく授業、給食、影響が出ないように夏休みに工事をするということで、今回の補正計上させていただいたものでございます。

 学校ごとに工事工法が異なるということにつきましては、先ほど申し上げましたように、学校の校舎の構造の形状、工法がそれぞれ異なりますので、その際いろいろと検討、勘案いたしまして、適正な工法を考慮しているということでございます。



○議長(清水勝) 丸谷議員。



◆6番(丸谷正八郎) 1点目の補強工事の工法なんですけれども、これは鉄骨の外ブレースなのかプレキャスト方式の柱でやるのかというのがちょっとわからなかったんですけれども。それと今やっております浜小学校の件なんですけれども、北館がPC工法で約2,700万で一応工事をやるということなんですけけども、当初予算が4,000万の計上なんですね。それで南館と北と両方やるということなんですけれども、残るお金が1,300万しか残ってこない中で、南館の工法をまた同じPC工法でやって、その金額で可能なのかどうか、その辺と、もしその金額が可能でない場合は、その予算額提示についての根拠をお示しください。

 それと、プレキャストの柱でやるところがやはり少ないんですね。それ、特殊工法いう形になってるんで、全国でも数社しかないいうことなんですけれども、そのうちの1社、大手のオリエンタル白石いうところが昨年11月26日に会社更生法を適用してるんですね。そういった絡みもあって、材料等の入荷等、そしてまたコストも高どまりと聞いてるんですけれども、その辺の影響がまた出てくるのかどうか、そして先ほど言われましたけれども、今後の学校の耐震補強工事による工法についての市の考え方をもう一度お願いいたします。

 以上、4点。



○議長(清水勝) 山本教育次長。



◎教育次長(山本清志) 最初のご質問で、外側なのか内側なのかと、ブレースの件でございますが、先にこれをお答えさせていただきます。

 これは、1階の部分に外側からブレースを増設して強度を確保するということでございます。

 鉄骨でございます。

 それから、歳出の予算の件でございますけれども、本年度当初予算におきまして、浜小学校の北館と南館の2棟の補強工事といたしまして4,000万円を計上しておるものでございますけれども、内訳といたしまして、北館の耐震補強工事といたしまして2,830万3,000円、南館の耐震補強工事といたしまして1,169万7,000円でございます。

 今回、穴師小学校南館耐震補強工事につきましては、採択されましたことによりまして、工事請負費が6,054万3,000円の歳出、この分を今回増額させていただいたものでございます。

 それから、今後の影響、会社の都合によります影響ですけれども、現在のところは、私どもはそういったことは想定しておりません。

 それから、今後の工法につきましても、それぞれ校舎の先ほど申しましたような形状、形態を十分勘案いたしまして、その都度その都度、その施設に合った工法を採用していきたいというふうに考えておりますのでよろしくお願いします。



○議長(清水勝) 丸谷議員。



◆6番(丸谷正八郎) わかりました。そしたら、ちょっと意見、要望を述べさせていただきます。

 耐震補強工事というのは、建物本体の耐震に対する補強なんで、だから築35年の建物が10年若返る工法ではないんですね。全体を強くするわけではないんですよ。建物の耐震だけの補強になってくると思うんですよ。そういうところを考えると、やはり少しでも、コスト面も含めてもう少し圧縮できるような方法と、そして短期間、夏休み等にできる方法を重視していただきたいなと思います。

 というのは、やはり今、うちの市だけじゃないんですね。各市においても、補助金なり交付税措置をいろいろされながら、そういう耐震補強がだんだん進んでくると思うんですね。隣の高石市でも、2年間で100%達成するんやというような記事も出てます。確かに、工事の発注もかなり出てくるようなことも聞いてます。そういう中で、やはり材料とかがタイトしてくるような態勢になってくると、また工期もおくれてくるというのもあります。特に、プレキャストのコンクリートについては、全国でも3社ぐらいしかないようなことも聞いてますので、その辺の状況と十分協議しながら、設計のときに鉄骨も使用しながらとか、建物によってできなかったら仕方ないですけれども、外ブレースになると、鉄骨もプレキャストも一緒なんですよね。

 だから、その辺十分検討していただいて、今後とも、早く耐震の補強を進めていただくように要望いたします。

 以上です。



○議長(清水勝) 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。



△日程第13 議案第43号 平成21年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件



○議長(清水勝) 次に、日程第13、議案第43号「平成21年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。大久保市立病院事務局長。



◎市立病院事務局長(大久保富夫) ただいま議題となりました議案第43号泉大津市立病院事業会計補正予算についてご説明申し上げます。

 会議事項の51ページをごらんいただきたいと存じます。

 今回の補正は、第1条で定めておりますように第1号でございます。

 第2条は、予算第3条の収益的収入及び支出の予定額を補正するものでございます。

 第3条は、予算第4条本文中、5億5,002万2,000円を6億2万2,000円に改め、資本的支出の予定額を補正するものでございます。

 第4条は、予算第9条で定めました一般会計からの補助金7億4,000万円を7億4,336万円に改めるものでございます。

 55ページの補正予算説明をごらんいただきたいと存じます。

 まず、収益的収入につきましては、第1款病院事業収益、第2項医業外収益、第2目他会計補助金336万円の増額は、ふるさと雇用再生特別交付金事業に係る一般会計からの繰入金でございます。

 収益的支出にまいりまして、第1款病院事業費用、第1項医業費用、第3目経費336万円の増額は、先ほどご説明申し上げましたふるさと雇用再生特別交付金に係る委託費でございます。

 56ページにまいりまして、資本的支出につきましては、第1款資本的支出、第5項他会計長期借入金返還金、第1目他会計長期借入金返還金5,000万円の増額につきましては、昨年度末に一般会計より借り入れしました長期借入金の返還分を補正するものでございます。

 以上、まことに簡単でございますが説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(清水勝) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本件、可決することに決定いたしました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(清水勝) お諮りいたします。本日は以上をもって散会し、来る6月30日午前10時より再開いたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(清水勝) 異議なしと認めます。よって、本日は以上で散会し、来る6月30日午前10時より再開することといたします。

 本日は慎重ご審議ありがとうございました。

    午前10時45分散会

    会議録署名議員

         泉大津市議会議長    清水 勝

         泉大津市議会議員    小林修平

         泉大津市議会議員    田立恵子