議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉大津市

平成20年 12月 定例会(第4回) 12月11日−03号




平成20年 12月 定例会(第4回) − 12月11日−03号







平成20年 12月 定例会(第4回)



1.平成20年12月11日午前10時泉大津市議会第4回定例会第3日を泉大津市議会議事堂に招集した。

1.出席議員は次のとおりである。

   1番  林 哲二         2番  堀口陽一

   3番  長田 実         4番  貫野幸治郎

   5番  南出賢一         6番  丸谷正八郎

   7番  吉村 譲         8番  村岡 均

   9番  大久保 学       10番  溝口 浩

  11番  小林修平        12番  田立恵子

  13番  中谷 昭        14番  小西日出夫

  15番  清水 勝        16番  田中一吉

  17番  高橋 登        18番  中口秋都

1.地方自治法第121条の規定により本会に出席を求め出席したる者は次のとおりである。

  市長       神谷 昇     副市長      小野正仁

  監査委員     木野靖勇     教育長      中井 譲

  参与       根来和幸     総合政策部長   三井 勝

  総務部長     大久保富夫    市民産業部長   根来輝明

  健康福祉部長   中山康男     都市整備部長   生田 正

  上下水道局長   上北俊賢     会計管理者    稲本孝雄



  市立病院     綾城重幸     選・監・公・農  川崎純二

  事務局長              委員会事務局長



  消防長      木谷 保     教育次長     山本清志



  健康福祉部理事  平西登喜夫    危機管理監    田中 勝

  兼社会福祉

  事務所長



1.本会に出席せる議会事務局職員は次のとおりである。

  事務局長     大岡 悟     次長       野本順一

  議事調査係長   橋本幸男     書記       川崎直也

1.本日の議事日程は次のとおりである。

 日程第1 議案第68号 平成20年度泉大津市一般会計補正予算の件

 日程第2 議案第69号 平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算の件

 日程第3 議案第70号 平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算の件

 日程第4 議案第71号 平成20年度泉大津市下水道事業特別会計補正予算の件

 日程第5 議案第72号 平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算の件

 日程第6 議案第73号 平成20年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件

1.本日の会議事件は次のとおりである。

 議案第68号 平成20年度泉大津市一般会計補正予算の件

 議案第69号 平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算の件

 議案第70号 平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算の件

 議案第71号 平成20年度泉大津市下水道事業特別会計補正予算の件

 議案第72号 平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算の件

 議案第73号 平成20年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件

1.地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員は次のとおりである。

   2番  堀口陽一         3番  長田 実

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               会議の顛末



△開議

   平成20年12月11日午前10時開議



○議長(中谷昭) おはようございます。

 ただいま全員の出席をいただいておりますので、これより平成20年泉大津市議会第4回定例会第3日目の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) 会議規則第80条の規定により、本日の会議録署名議員を指名いたします。

 2番堀口陽一議員、3番長田実議員、以上のご両名にお願いいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第68号 平成20年度泉大津市一般会計補正予算の件



○議長(中谷昭) それでは、これより日程表に従い議事に入ります。

 日程第1、議案第68号「平成20年度泉大津市一般会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。大久保総務部長。



◎総務部長(大久保富夫) おはようございます。

 ただいま議題となりました議案第68号平成20年度泉大津市一般会計補正予算の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の73ページをお開き願いたいと存じます。

 本件は、補正第4号でございまして、第1条歳入歳出予算の補正でございますが、第1項では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11億7,029万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ263億4,016万7,000円とするものでございます。

 第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。

 第2条地方債の補正でございますが、地方債の変更につきましては、第2表地方債補正によるものでございます。

 それでは、その詳細につきまして、92、93ページの歳出から、主な内容をご説明申し上げます。

 第1款議会費におきまして、共済組合の事務費負担金として各款に計上しているものでございます。また、第1款議会費以降、各款におきまして職員人件費を計上しておりますが、退職手当を含む人件費の増減によりまして、職員人件費総額といたしまして9億5,770万9,000円を追加するものでございますので、各款の職員人件費につきましては説明を省略させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 第2款総務費におきましては8億9,294万3,000円を追加するもので、第1項総務管理費、第1目一般管理費の94、95ページにまいりまして、事業別区分21庁舎維持管理事業につきましては、光熱水費、通信運搬費の追加でございます。

 第23目財政調整基金費では、財源調整としまして積み立ててございます。

 第24目がんばろう基金費では、個人、法人からの寄附に伴う積立金でございます。

 96、97ページにまいりまして、第3項徴税費から第6項監査委員費につきましては、人件費に係るものでございます。

 98、99ページにまいりまして、第3款民生費におきましては1億3,076万円を追加するもので、第1項社会福祉費、第3目身体障害者福祉費におきまして、事業別区分1一般事務事業では、障害者指導台帳管理システムのプログラム変更委託料、同区分2では障害福祉計画策定業務委託料、同区分3では福祉タクシー補助金の追加が主なものでございます。

 第4目知的障害者福祉費では、知的障害者、障害児への介護訓練等給付費の追加でございます。

 第5目老人福祉費では、事業区分11独居老人等緊急通報装置設置の委託料、同区分27では後期高齢者医療特別会計への繰り出しの追加でございます。

 第6目老人医療助成費では、医療費等の減額及び追加でございます。

 100、101ページにまいりまして、第2項児童福祉費、第2目児童措置費では、児童手当の追加、第4目保育所費では、事業区分3の臨時職員賃金の追加が主なものでございます。

 102、103ページにまいりまして、第6項国民健康保険事業費では、特別会計への繰り出しの追加でございます。

 次に、第4款衛生費では385万1,000円を追加するもので、104、105ページにまいりまして、第2項清掃費では、資源ごみ運搬委託料を追加するものでございます。

 次に、第5款農林水産業費では、農業委員報酬として8万2,000円を追加するものでございます。

 106、107ページにまいりまして、第6款商工費では121万6,000円を追加するもので、第1項商工費、第2目商工業振興費におきまして、安心・安全な商店街等づくり事業補助金の追加が主なものでございます。

 108、109ページにまいりまして、第7款土木費では1,182万円を追加するもので、第4項都市計画費、第7目公園整備事業費におきまして、戎町公園整備の実施設計委託料及び工事費の追加が主なものでございます。

 110、111ページにまいりまして、第8款消防費では1億1,222万5,000円を追加するもので、第1項消防費、第1目常備消防費の事業区分8で救急救助用の消耗品費の追加が主なものでございます。

 112、113ページにまいりまして、第9款教育費におきましては1,542万3,000円を追加するもので、114、115ページの第4項幼稚園費、事業区分5で幼稚園施設の補修工事費を追加しております。

 次に、第5項社会教育費、第10目留守家庭児童会費では、指導員嘱託報酬の追加でございます。

 116、117ページにまいりまして、第6項保健体育費の事業区分2児童等健康管理事業では、小学校配備用のAED購入費の追加でございます。

 第11款諸支出金では、非常勤嘱託員等の厚生年金保険料負担金として197万円を追加するものでございます。

 それでは続きまして、歳入の説明を申し上げますので、84、85ページに戻っていただきたいと存じます。

 第11款分担金及び負担金では、助産施設費負担金として42万6,000円を追加するもので、第13款国庫支出金では5,476万2,000円を追加するもので、第1項国庫負担金、第1目民生費国庫負担金における知的障害者自立支援負担金の追加、86、87ページにまいりまして、第2項国庫補助金、第1目民生費国庫補助金における地域生活支援事業費補助金の追加、第3目教育費国庫補助金における小学校整備事業費交付金の追加が主なものでございます。

 第14款府支出金では2,735万1,000円を追加するもので、第1項府負担金、第1目民生費府負担金における知的障害者自立支援負担金の追加、続きまして第2項府補助金、第2目民生費府補助金における老人医療費等助成事業補助金の追加、88、89ページにまいりまして、地域生活支援事業費等補助金の追加が主なものでございます。

 第16款寄附金では、指定寄附金として緑環境整備寄附金、がんばろう基金事業費寄附金を1,370万円追加するものでございます。

 90、91ページにまいりまして、第19款諸収入では405万2,000円を追加するもので、第5項雑入におきまして、新エネルギー・産業技術総合開発に係る補助金、関西グリーン電力基金助成金の追加が主なものでございます。

 第20款市債では、退職手当債の追加として10億7,000万を追加するものでございます。

 続きまして、77ページに戻っていただきまして、第2表地方債補正につきましては、起債発行額を10億7,000万円追加することに伴い限度額の変更が生じまして、補正後の限度額を29億3,090万円と定めるものでございます。

 以上、まことに簡単でございますが、平成20年度一般会計補正予算につきまして説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。中口議員。



◆18番(中口秋都) 1点だけ確認の意味合いも含めまして質問をさせていただきます。

 土木費、109ページです。公園整備事業費の戎町公園整備事業についてお尋ねをいたします。事業費は1,300万円、実施設計委託料ということでありますけれども、どんな内容なのか、説明をいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(中谷昭) 生田都市整備部長。



◎都市整備部長(生田正) 戎町公園整備事業費の中身についてのお尋ねでございますけれども、まず、公園をつくるときの基本設計、実施設計、これはトータル実施設計とやっておりますけれども、どんな公園にするのかという大体案は市民のほうから提案でいただいております。それを実際の公園整備の絵柄にしていくと。基本的には、排水をどこに持っていくであるとか、電気設備をどうするであるとか、外壁とかさまざまなもの、そうしたことをちょっとしっかり測量等をやった上でないとレベルとか出せませんので、そうしたものを実施設計の中でやっていくと。

 そして、金額の範囲内で行っていきますので、整備工事費としましては、今のところ外周の擁壁の固めを行いたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(中谷昭) 中口議員。



◆18番(中口秋都) 設計の内容についての説明をいただきました。実際、そういう設計ができ上がってくるのはこの年度内かなというふうに理解をするわけでありますけれども、その実施設計を受けて、継続して来年度の事業実施に向けたそういうような実施の継続として受けとめていいのかということと同時に、そうした実施の中で来年度は、私は一般質問でもお願いをしているわけでありますけれども、施錠をしているそうした状況をせめてお昼でも一般の市民や住民の方が利用できる、こうしたことへつながっていく、来年度はそういう実施の中でつながっていける条件が広がるのかどうか、そのあたりについてひとつ説明をいただきたいと思います。



○議長(中谷昭) 生田都市整備部長。



◎都市整備部長(生田正) 実施設計をいたしますと、大体どれぐらいの期間にどれぐらいの費用がかかるというふうなことが見えてまいりますので、その上で財政とのやりとりをしつつ、少しずつでも前へ進めていきたい。この実施設計がありませんと、そのプラン、要するに費用面でのプランもちょっとたちにくいということですので、まず実施設計をやらせていただくということでございます。

 そうした意味では、一般質問のときにもお答えいたしましたけれども、できるだけ頑張って早く開設できるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(中谷昭) 他に。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 他にないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。



△日程第2 議案第69号 平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第2、議案第69号「平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。中山健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中山康男) ただいま議題となりました議案第69号平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算の件につきましてご説明申し上げます。

 恐れ入りますが、会議事項の127ページをお開きいただきたいと存じます。

 今回の補正は第3号でございまして、第1条に掲げておりますように、歳入歳出それぞれ2,692万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ98億9,211万2,000円とするものでございます。

 それではまず、歳出からご説明申し上げます。140、141ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1款総務費につきまして54万5,000円を追加するものでございまして、第1項総務管理費、第1目一般管理費におきまして、職員等の異動によります職員人件費でございます。

 第2款保険給付費につきまして2,623万1,000円を追加するものでございまして、第1項療養諸費、第4目退職被保険者等療養費として388万3,000円を、142、143ページにまいりまして、第2項高額療養費、第2目退職被保険者等高額療養費としまして1,881万8,000円を追加するとともに、第4項出産育児諸費、第1目出産育児一時金として353万円を追加するものでございます。

 第8款保健事業費につきましては1万8,000円を追加するものでございまして、第1項特定健康診査等事業費、第1目特定健康診査等事業費として、特定健康診査等に係ります嘱託報酬を追加するものでございます。

 144、145ページにまいりまして、第10款諸支出金につきましては、12万9,000円を追加するもので、第2項償還金及び還付加算金、第3目償還金として、平成19年度分の老人医療波及分補助金の精算に伴います返還金でございます。

 続きまして、歳入でございますが、136、137ページにお戻りいただきたいと存じます。

 第4款療養給付費等交付金につきましては2,270万1,000円を追加するもので、第1項療養給付費等交付金、第1目療養給付費等交付金として、退職被保険者療養費等に係る交付金でございます。

 第8款繰入金につきましては291万6,000円を追加するものでございまして、第1項他会計繰入金、第1目一般会計繰入金におきまして、職員給与費等繰入金56万3,000円を、出産育児一時金繰入金235万3,000円を追加するものでございます。

 138、139ページにまいりまして、第9款諸収入につきましては130万6,000円を追加するものでございまして、第4項雑入、第3目雑入におきまして、歳入歳出予算の財源調整として追加するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、平成20年度泉大津市国民健康保険事業特別会計補正予算につきましての説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。



△日程第3 議案第70号 平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第3、議案第70号「平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。中山健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中山康男) ただいま議題となりました議案第70号平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の151ページをごらんいただきたいと存じます。

 今回の補正は、第1号でございまして、第1条に掲げておりますように、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ70万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億2,519万4,000円とするものでございます。

 それでは、歳出からご説明申し上げます。162、163ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1款総務費、第2項徴収費、第1目徴収費におきまして、印刷製本費として19万7,000円を、また、後期高齢者医療保険料の賦課データ等のプログラム作成の委託料として50万4,000円を追加するものでございます。

 次に、歳入でございますが、160、161ページにお戻りいただきたいと存じます。

 第3款繰入金、第1項一般会計繰入金、第1目一般会計繰入金におきまして70万1,000円の追加補正を行ったものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、平成20年度泉大津市後期高齢者医療特別会計補正予算につきましての説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。



△日程第4 議案第71号 平成20年度泉大津市下水道事業特別会計補正予算の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第4、議案第71号「平成20年度泉大津市下水道事業特別会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。上北上下水道局長。



◎上下水道局長(上北俊賢) ただいま議題となりました議案第71号平成20年度泉大津市下水道事業特別会計補正予算の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の167ページをごらんいただきたいと存じます。

 今回の補正は、補正予算第2号でございます。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1億2,599万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ58億191万1,000円とするものでございます。

 第2条におきまして、地方債の補正でございますが、地方債の変更は、第2表地方債補正によるものでございます。

 それでは、詳細について歳出よりご説明させていただきます。恐れ入りますが、180、181ページをごらん願います。

 第2款事業費につきましては625万6,000円の減額でございまして、第1項下水道事業費、第1目管渠事業費、事業別区分1人件費として412万6,000円を追加するもので、以降、各款におきまして人件費を計上しておりますが、人事異動等に伴うものでございますので、説明を省略させていただきますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

 事業区分2管渠事業では、工事請負費で1億5,000万円を減額するもので、夕凪地内雨水管渠布設工事費の減によるものでございます。

 次に、補償、補填及び賠償金では1億5,000万円を追加するもので、下水道管渠布設工事に伴う水道管及びガス管移設工事費の増によるものでございます。

 第2目終末処理場事業費では、汐見下水処理場合流改善事業に伴い、敷地内にある電柱の移設が必要となったため、補償、補填及び賠償金130万円を追加するものでございます。

 第3目流域下水道建設負担金では、南大阪湾岸北部流域下水道事業建設負担金の減により1,168万2,000円を減額するものでございます。

 次に、恐れ入りますが184、185ページに移っていただきまして、第4款公債費につきましては1,775万9,000円の減額でございまして、第1項公債費、第1目元金では、平成19年度に借りかえた補償金免除繰上償還借換債の元金償還額の変更により393万8,000円を追加するものでございます。

 第2目利子では、起債償還額の確定により2,169万7,000円を減額するものでございます。

 第6款前年度繰上充用金、第1項前年度繰上充用金、第1目前年度繰上充用金につきましては9,711万1,000円を減額するもので、これは平成19年度決算確定により減額するものでございます。

 次に、歳入について説明させていただきます。恐れ入りますが、176、177ページにお戻り願います。

 第3款国庫支出金、第1項国庫補助金、第1目下水道事業費国庫補助金では1億7,600万円を減額するもので、工事請負額の減等に伴う国庫補助対象事業の減により減額するものでございます。

 第6款諸収入、第4項雑入、第1目雑入では8,109万2,000円を減額するもので、歳出において前年度繰上充用金等減額に伴い減額するものでございます。

 次に、178、179ページに移りまして、第7款市債、第1項市債、第1目下水道債で1億3,110万円を追加するもので、下水道事業債では起債対象事業費の増により1億410万円を追加し、資本費平準化債では前年度起債額確定により2,700万円を追加するものでございます。

 最後に、地方債の補正についてご説明させていただきます。恐れ入りますが、170ページにお戻り願います。

 第2表地方債補正では、起債発行の限度額に1億3,110万円を追加し19億5,260万円と定めるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。



△日程第5 議案第72号 平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第5、議案第72号「平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。上北上下水道局長。



◎上下水道局長(上北俊賢) ただいま議題となりました議案第72号平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算の件につきましてご説明申し上げます。

 会議事項の191ページをごらんいただきたいと存じます。

 今回の補正は、第1条で定めておりますように、補正予算第2号でございます。

 第2条は、収益的支出の予定額を補正するものでございます。

 第3条につきましては、予算第4条本文中の資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3億2,796万7,000円を3億5,578万4,000円といたしまして、その収支不足補てん財源のうち当年度損益勘定留保資金3億1,498万円を3億4,279万7,000円に改めるとともに、資本的支出の予定額を補正するものでございます。

 第4条は、予算第6条第1号中、職員給与費2億5,748万2,000円を2億2,695万1,000円に改めるものでございます。

 それでは、補正内容につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが、197ページをごらん願います。

 収益的支出の第1款水道事業費用におきまして、1,990万8,000円を減額し20億6,429万7,000円に改めるものでございます。

 主な内容としましては、198ページにわたっておりますが、第1項営業費用の各費目にあります人事異動に伴う職員人件費合計3,112万5,000円、嘱託報酬457万7,000円の減、水道、下水道の両方を管理する職員が退職することに伴い一般会計に支払う退職金の負担金及び集団住宅のメーター検定満期交換のための補助金1,579万4,000円の増でございます。

 次に、資本的支出につきましては、第1款資本的支出を2,781万7,000円を増額し7億1,492万8,000円に改めるものでございます。

 その内容といたしましては、第1項建設改良費、第1目事務費で、人事異動に伴う職員人件費3万1,000円の増、第3項繰延勘定では2,778万6,000円を追加するもので、今年度末で退職する職員の1名が増となることに伴うものでございます。

 なお、193ページの平成20年度泉大津市水道事業会計補正予算実施計画書、また、194ページの平成20年度泉大津市水道事業会計資金計画につきましては、ご参照のほどお願い申し上げます。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。



△日程第6 議案第73号 平成20年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件



○議長(中谷昭) 日程第6、議案第73号「平成20年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。綾城市立病院事務局長。



◎市立病院事務局長(綾城重幸) ただいま議題となりました議案第73号平成20年度泉大津市立病院事業会計補正予算の件につきましてご説明を申し上げます。

 会議事項の203ページをごらんください。

 今回の補正は、第1条で定めておりますように、第5号でございます。

 第2条は、建設改良費の固定資産購入費2億1,507万8,000円を2億5,221万4,000円に改めるものでございます。

 第3条は、予算第3条の収益的収入及び支出の予定額を補正するものでございます。

 第4条は、予算第4条本文中2億6,589万円を3億394万円に改め、資本的支出の予定額を補正するものでございます。

 第5条は、予算第8条第1号の職員給与費24億6,332万7,000円を25億832万7,000円に改めるものでございます。

 第6条は、棚卸資産の購入限度額を5億9,671万9,000円に改めるものでございます。

 209ページの補正予算説明をごらんいただきたいと存じます。

 まず、収益的収入につきましては、第1款病院事業収益、第1項医業収益、第1目入院収益の610万円の増額でございますが、これは産科補償制度に係る分娩費の増でございます。

 第2項医業外収益、第4目その他医業外収益の2,625万円の増額は、地域周産期母子医療センター建設の請負契約解除に係る違約金でございます。

 収益的支出にまいりまして、第1款病院事業費用、第1項医業費用、第1目給与費4,500万円の増額は、後期研修医3名の増が主なものでございます。

 第2目材料費1億6,000万円の増額は、ヒト成長ホルモンや抗がん剤等の薬品費で4,800万円、血液や眼内レンズ等の診療材料で1億1,200万円でございます。

 第3目経費610万円の増は、産科補償制度に係ります保険料でございます。

 210ページにまいりまして、資本的支出につきましては、第1款資本的支出、第1項建設改良費、第2目固定資産購入費で3,713万6,000円の増額でございます。これは年度途中で使用不能になりました医療機器の更新でございます。

 また、第3項貸付金、第1目看護師養成費貸付金91万4,000円は、看護師の修学資金貸付金でございます。

 以上、まことに簡単でございますが、平成20年度補正予算(第5号)の内容につきまして、ご説明を終わらせていただきます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。小西議員。



◆14番(小西日出夫) 1点だけちょっと確認したいと思います。

 契約違約金の2,625万円ですか、これが病院会計に入っていますよね。本来的にこれなんですか。というのは、入札と契約行為は総務でやっていますよね、契約課で。それで、契約も総務でやっていますよね。入札からの手順ですから。その契約行為が不調に終わった段階で、その段階では総務所管の契約解除になるのと違いますかね。そうなったときのその辺の絡みがちょっとわかりませんので、答弁いただきたいと思います。



○議長(中谷昭) 綾城市立病院事務局長。



◎市立病院事務局長(綾城重幸) 契約行為の分につきまして、私のほうからご説明させていただきます。

 契約行為につきましては、あくまで当然市長でございますが、病院当局が業者と契約を交わしております。



○議長(中谷昭) よろしいですか。小西議員。



◆14番(小西日出夫) 手続の問題なんですけれども、その契約行為は病院としているから契約解除ですね。そうしたら、違約金の関係の申し入れは病院に行ったのか、総務へ行ったのか、その辺の確認もあわせてお願いしたいと思います。契約課のほうに行ったのか、病院へ行ったのか、どっちか。



○議長(中谷昭) 大久保総務部長。



◎総務部長(大久保富夫) ただいまの小西議員さんのご質問でございます。

 申し出につきましては、私どものほうで受け取ってございます。庁内決裁をとりまして、病院のほうの所作になってございます。

 以上でございます。



○議長(中谷昭) 小西議員。



◆14番(小西日出夫) 質問できませんので、不調というんか、契約解除のお願いをそちらにして内部的にやって契約をと、それはいいんですけれども、そうなったときに業者との窓口は総務であって、それで支払いがこっちなのということに対して何となくちょっと釈然としないものが実はありまして、契約本体工事は病院との契約で、その契約不履行はわかるんですよ。ただ、その事前手続の手順を考えたときに、辞退届は総務で受けて、それやったら当然総務が受け取るべきでなくて、契約を破棄させてくれということですから、総務ではなしに契約者としての病院が受け取って、病院が保管した中で病院に収入としてなる手続が本来であるのではないかなというふうに実は思いますが、その辺のところはちゃんとできているというふうに思うんで、改めて機会がありましたらご説明をいただきたいということを要望申し上げておきたいと思います。

 以上です。



○議長(中谷昭) 他に。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって本件、可決することに決定いたしました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) お諮りいたします。本日は以上をもって散会し、12月19日午前10時より再開したいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本日は以上で散会し、12月19日午前10時より再開することといたします。

 本日は慎重ご審議ありがとうございました。

    午前10時38分散会

    会議録署名議員

         泉大津市議会議長    中谷 昭

         泉大津市議会議員    堀口陽一

         泉大津市議会議員    長田 実