議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉大津市

平成20年 10月 決算審査特別委員会 10月15日−03号




平成20年 10月 決算審査特別委員会 − 10月15日−03号







平成20年 10月 決算審査特別委員会



1.出席委員

  委員長     中口秋都      副委員長    丸谷正八郎

  委員      大久保 学     委員      貫野幸治郎

  委員      清水 勝      委員      林 哲二

  委員      村岡 均

  議長      中谷 昭      副議長     高橋 登

1.理事者側出席者

  市長         神谷 昇    副市長        小野正仁

  教育長        中井 譲    参与         根来和幸

  総合政策部長     三井 勝    総務部長       大久保富夫

  市民産業部長     根来輝明    健康福祉部長     中山康男

  都市整備部長     生田 正    上下水道局長     上北俊賢

  会計管理者      稲本孝雄    市立病院事務局長   綾城重幸



  選・監・公・農            消防長        木谷 保

  委員会事務局長    川崎純二



  教育次長       山本清志    健康福祉部理事    平西登喜夫

                     兼社会福祉

                     事務所長



  危機管理監      田中 勝    総務部参事兼財政課長 堺谷要二



  会計課長

  (危機管理担当)   中塚 優



1.事務局出席者

  事務局長       大岡 悟    次長         野本順一

  議事調査係長     橋本幸男    書記         川崎直也

1.会議録署名委員

  委員      大久保 学     委員      村岡 均

1.案件

     認定第1号 平成19年度泉大津市一般会計及び特別会計決算認定の件

     認定第2号 平成19年度泉大津市水道事業会計決算認定の件

     認定第3号 平成19年度泉大津市立病院事業会計決算認定の件

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     平成20年10月15日午前10時開会



○中口委員長 おはようございます。

 ただいま全員の出席をいただいておりますので、これより平成19年度決算審査特別委員会第3日目の会議を開きます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○中口委員長 それでは、本日の会議録署名委員を私よりご指名申し上げます。大久保学委員、村岡均委員、ご両名にお願いいたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△総括



○中口委員長 それでは、平成19年度決算認定の件3件を一括議題といたします。

 なお、決算認定の3件につきましては、前回までの委員会で質疑は終わっておりますので、これより一括して討論を承ります。

 討論はございませんか。



◆清水委員 平成19年度決算審査特別委員会に付託された決算認定3件について、民主・市民ネットワークを代表して総括意見を述べさせていただきます。

 まず、一般会計における実質収支は9,646万2,798円と単年度黒字を計上しているものの、実質公債費比率は16.6%、新指標の算定基準に下水道、都市計画税等の特例措置が授けられたことにより数値が下がっている。経常収支比率も、99.5%と高い比率を維持しており、財政健全化に向けた長期にわたる取り組みは効果を発揮しているとは言えない厳しい財政状況が続いています。

 特別会計においては、国民健康保険事業13億5,382万9,375円、駐車場事業10億3,965万3,321円、下水道事業7億5,288万8,741円については、赤字、歳入不足状況が続いており、改善のめどが立っていないことが、今後の財政運営に大きな課題を残したままとなっております。

 本年度決算から地方公共団体健全化法に基づく財政指標が公表され、適用されることになりましたが、本市は連結実質赤字比率が、本市基準とされる17.7%を超え、18.58%と、早期健全化団体に暫定指定される結果となりました。

 本年度中に、特別会計における特別債や地方都市計画税の参入等によって早期健全化基準はクリアされるものと見通しを示しておりますが、財政健全化指標に向けた数値合わせにこだわることは、後年度に矛盾と負担を先送りするとともに、同法の趣旨を履き違えることにほかなりません。財政健全化法は、4指標に基づき、地方公共団体の財政数値を公表し、住民または議会によるチェック機能を強化する目的が立法趣旨にうたわれています。このような意味からも、本市財政状況の悪化を招いている要因を分析し、解決すべき課題を明確にする責任と義務が我々市議会に課せられているとの認識のもとで、決算審査特別委員会に臨ませていただきました。

 昨年度より一部臨時職員から有償ボランティアに職種変更された学校図書館司書業務に対し、勤務実態の改善とともに、有資格者に正当な評価をし、雇用実態に改めるよう要望させていただきました。財政難を理由に安上がり行政を追求する結果として、公務労働の中に格差を持ち込み、官製ワーキングプア状態を恒常的につくり出している実態に警鐘を鳴らさせていただきました。

 昨年度決算審査特別委員会総括においても強く要望させていただいた嘱託、パート、アルバイト等の非常勤職員の雇用と労働条件の改善についてはいまだ放置されたまま手つかずの状態が続いていることは、行政の怠慢と言わざるを得ません。行財政の改革は、職員の格差拡大と市民への負担、犠牲の上に成り立つものではありません。新規事業の精査と費用対効果を見きわめた事業、施策を推進していくことであります。

 今決算審査特別委員会の中で、市長は将来に明るい見通しが出てきたと答弁をされておりますが、特に新規事業に関しては、財政破綻した首長がよく口にする、見通しが甘かったという総括は許されない状況にあることを改めて認識する必要があります。財政健全化に向けて細部にわたって数値目標を設定し、新たな健全化対策を早期に打ち出されることを要望させていただき、一般会計及び特別会計に賛成といたします。

 水道会計においては、災害時、非常時の水需要に備える対策を図られるとともに、企業会計の健全運営に尽力されることを期待し、賛成といたします。

 病院会計については、不良債務が34.1%、14億5,887万7,777円と膨れ上がり、病院企業会計として早期財政健全化計画を策定しなければならない事態になっています。本年度においては、病院特例債を活用し、新指標は何とかクリアできるとのことでありますが、不良債務を借りかえただけの措置であり、病院会計の健全化に寄与するものではありません。このような意味からも、再度会計管理を徹底するとともに、医業収益を上げる施策を推進し、病院経営の健全化にまい進されるよう期待し、賛成といたします。

 どうもありがとうございました。



○中口委員長 他にございませんか。



◆貫野委員 おはようございます。平成19年度決算審査につきまして、新生クラブを代表し、総括意見を申し上げます。

 19年度の決算における一般会計の実質収支は9,646万2,798円の黒字となっておりますが、特別会計では、国民健康保険事業13億5,382万9,375円、老人保健4,512万2,727円、駐車場事業10億3,965万3,321円、下水道事業7億5,288万8,741円とそれぞれ赤字となっており、依然として非常に厳しい財政状況になっております。

 一般会計の歳入における収入未済額については5億1,646万7,675円で、前年度5億7,064万2,264円より5,417万4,589円減少しており、職員の方々の努力を評価いたします。あわせて、自主財源確保のため、収入未済額の発生防止及び収納率の向上に努めていただくようお願い申し上げます。

 また、不納欠損額におきましては、総額8,056万6,454円で、前年度3,157万3,382円より4,899万3,072円増加いたしております。不納欠損に至るまでに的確な収納努力と適切な管理に努めていただきますようお願い申し上げます。

 一般会計では収支改善が図られておりますけれども、特別会計におきましては恒常的な収支悪化が続いており、歳出に見合う歳入の確保に向け、努力していただきたいと思います。中でも国民健康保険事業の収入未済額の減少を求めます。

 一般会計及び特別会計について、今委員会審査で意見、要望を申し述べました。今後の行財政運営に反映させていただきたいと思います。自主財源である市税の今後の推移も十二分に検討し、財政健全化を目指して理事者、職員が一丸となって努力されることを期待いたします。財政健全化の過程でございますが、財政指標に十分留意されることを望み、一般会計、特別会計は賛成いたします。

 次に、水道、病院の事業会計について申し述べます。

 水道事業では、当年度の決算は赤字となっており、損失を前年度繰越利益剰余金より充当し、当年度未処分利益剰余金が946万798円という状況でございます。今後も、激しい経営環境が続きます。経営の合理化、健全化を図り、安心・安全な水道水の安定供給に努めていただきたいと思います。

 病院事業につきまして、前年度に引き続き赤字決算となっております。不良債務についても、14億5,088万7,777円と前年度に比べ2億1,878万6,144円増加し、さらに厳しい財政状況下にあります。このような中で、地域周産期母子医療センター構築が控えております。不良債務を年次的に減少する方策として、今後、特例債の運用も検討され、抜本的な財務内容改善に入ります。新規事業を一つのばねに、ここは事務局、医局の職員一人一人が中核病院としての市立病院の将来像を認識し、経営改善に努めてください。必ず再生が可能だと思っております。

 以上の2点を要望し、水道、病院事業会計に賛成いたします。

 最後に、財政難を理由に事をなさないのではなく、資金の集中と知恵と投資効果で事業推進を図ってください。

 質問に対し、詳細にご答弁いただきました職員の皆様方に御礼を申し上げます。

 以上でございます。



○中口委員長 他にございませんか。



◆村岡委員 おはようございます。平成19年度決算審査につきまして、公明党市会議員団を代表し、総括意見を申し上げます。

 19年度の決算における一般会計の実質収支は9,646万2,798円の黒字でありますが、特別会計では、国民健康保険事業が13億5,382万9,375円、駐車場事業が10億3,965万3,321円、下水道事業が7億5,288万8,741円、老人保健が4,512万2,727円それぞれ赤字となっており、依然として非常に厳しい財政状況になっております。

 特に、実質収支が大きく赤字となっている国民健康保険事業、駐車場事業、下水道事業等の特別会計については、歳出に見合う歳入の確保をお願いするとともに、健全な事業運営を進めるための努力を今後も引き続きお願いしたいと思います。

 これからの財政運営においては、今日に至るまでのご理解とご協力をいただいた市民への感謝を忘れることなく、また給与及び人員削減の中、さまざまな知恵を絞り、創意工夫して努力されてこられた職員の思いを無駄にすることなく、取り組んでいただきたいと思います。

 まだまだ重要課題が山積する中、市長を初め職員が一丸となって財源の安定確保に努め、引き続き、市民の方との協働を図り、泉大津市の発展のためのさまざまな意見、要望を真摯に受けとめ、市民サービスの向上により効率的な行財政運営を強くお願いいたしまして、一般会計、特別会計に賛成いたします。

 次に、水道、病院の事業会計についてでありますが、水道事業では純損失1億1,090万1,568円を計上し、赤字決算となっております。今後も、厳しい経営環境が予測されますが、より一層経営の効率化に努め、引き続き安全で良質な水の安定供給へ努力をお願いいたします。

 病院事業については、純損失3億240万1,268円を計上し、前年に引き続き赤字決算となっており、依然として厳しい財政状況であります。これからの経営においては、このことを十分に認識した上で、市、理事者、病院関係者が一体となって、より一層の経営健全化に努められ、地域周産期母子医療センターの構築、消化器病センターの充実等、地域の中核病院として地域住民から信頼される医療を実践することが最重要であります。このことを強く申し上げ、水道、病院事業会計に賛成といたします。

 なお、本審査に際しまして、質問に対し詳細にご答弁いただきました職員の方々には厚くお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 以上でございます。



○中口委員長 他にございませんか。



◆林委員 おはようございます。それでは、平成19年度決算審査につきまして、立志会を代表しまして総括意見を述べさせていただきます。

 今年度の決算における実質収支は、一般会計では9,646万2,798円の黒字となりましたが、特別会計合計では31億4,831万の赤字となっておりまして、依然として大変厳しい状況でございます。特に今後は、財政健全化法により特別会計の重要性が格段に高まってくるだけに、一瞬たりとも気の抜けない状況が続いてまいります。

 そんな中でも、病院事業会計の改善は最重要課題だと思います。特例債により、次年度には健全化法の基準はクリアできるという話でございましたが、たとえ次年度クリアできても、結局は特例債も借金ですから、その場しのぎの借金先送りにしかすぎず、根本的な解決とは言えません。ここは職員一丸となって英知を絞り、前向きな発想で地道な努力を重ねる以外はないと思います。

 したがいまして、今回の決算に関しましては、前向きな発想と地道な努力で取り組んでもらいますよう期待を込めまして、大変厳しい内容ではございますが、一般会計、特別会計、そしてさらに水道事業会計、病院事業会計のすべての会計に対しまして賛成といたします。

 最後に、私どもの質問に誠意ある答弁をいただきましたことをお礼申し上げます。どうもありがとうございました。



○中口委員長 他に。



◆丸谷委員 おはようございます。市民クラブを代表いたしまして総括意見を述べさせていただきます。

 平成19年度決算の実質収支は、一般会計で9,646万2,798円の黒字であるが、特別会計の国民健康保険事業、駐車場事業、下水道事業などが赤字となっており、依然厳しい財政状況となっております。

 一般会計について、総務費では、市役所駐車場の有効活用を行い、今後も市民が利用しやすい環境整備に努めていただきますともに、泉大津市の人材育成として、フカキ夢・ひとづくり事業の推進に努め、特に海外派遣については、新たな展開も視野に入れ、参加しやすい環境の整備に今後も配慮していただき、一味違った事業の展開に期待いたします。

 また、職員研修については、引き続き工夫を加え、低コストの有効的な研修内容に努めていただき、情報の共有化や財政状況などの再認識に加え、職員の積極性を引き出していただきますようお願いいたします。

 民生費では、ふれあいバス運行事業について、今後は小型化を図り、2台体制できめ細かな運行による市民ニーズに合わせた事業展開も今後検討していただきますよう要望いたします。また母子家庭自立支援につきましては、効果的な訓練を実施していただき、多くの方が就労につけるよう、今後も積極的に取り組んでいただきますようお願いいたします。

 また、生活保護費については、医療扶助費の抑制を図るため、セーフティーネットの活用や高齢者の健康管理指導に対しても粘り強く働きかけていただきますようお願いいたします。

 商工費につきましては、経済状況が今後もさらに厳しくなることが予測されるところもあり、労働相談事業や就労支援事業については、相談者の早期の問題解決に努め、社会復帰がスムーズにできる環境整備に力を入れていただき、さらなる就労人数の増加に努めていただきますよう要望いたします。

 また、土木費につきましては、農地などの土地開発による地域の変化に合わせた水路改修工事をできるだけ早く実施していただき、市民の安全の確保に努めていただきますよう要望いたします。

 教育費につきましては、生徒指導に対しなお一層の力を入れていただきますとともに、特に中学校での校内暴力などの事件・事故の解消に努めていただきますようお願いいたします。また、プレハブ教室の増築に対しては、学校当局とも協議し、児童・生徒の教育環境の改善を図っていただきますようお願いいたします。なお、仲よし学級につきましては、経済状況が大変厳しい折、保護者が安心して働けるよう、児童の受け入れ態勢の整備に努めていただき、申込者の全員が受け入れ可能となるよう強く要望いたします。

 今なお本市は大変厳しい財政状況であります。今後も、引き続き公債費の増加などもありますので、バランスのとれた行財政運営を確実に遂行していただいて、財政の健全化に努めていただくことを強く要望いたしまして、一般会計、特別会計決算に賛成といたします。

 なお、水道事業会計につきましては、今後も経営の効率化に努め、引き続き安全で良質な水の安定供給に努めていただくようお願いいたします。

 また、病院事業会計につきましては、医療収益の当初予算額をクリアできるよう、さらなる努力を行っていただき、医療収益の増額を図っていただきますよう要望いたします。なお、今後も一層の医師不足が考えられますので、医師の確保に努めていただきますとともに、市、理事者と病院関係者が一丸となって早期の経営健全化に努めていただくよう強く要望いたしまして、水道事業会計、病院事業会計決算に賛成といたします。

 最後に、本決算審査特別委員会に際し、質問に対しまして誠意あるご答弁をいただきました職員の皆さんにお礼を申し上げまして、総括意見とさせていただきます。どうもありがとうございました。



○中口委員長 他にございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○中口委員長 ないようでございますので、以上で討論を終結し、これより1件ごとにお諮りいたします。

 まず、認定第1号「平成19年度泉大津市一般会計及び特別会計決算認定の件」について採決いたします。

 本件、認定いたしましてご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○中口委員長 異議なしと認めます。

 よって、本件、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第2号「平成19年度泉大津市水道事業会計決算認定の件」について採決いたします。

 本件、剰余金処分計算書を含め、認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○中口委員長 異議なしと認めます。

 よって、剰余金処分計算書を含め、認定することに決定いたしました。

 次に、認定第3号「平成19年度泉大津市立病院事業会計決算認定の件」について採決いたします。

 本件、認定いたしましてご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○中口委員長 異議なしと認めます。

 よって、本件、認定することに決定いたしました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○中口委員長 以上をもちまして、本委員会に付託されました平成19年度決算認定の3件についての審査はすべて終了いたしました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○中口委員長 よって、直ちに閉会をいたしたいと存じますが、閉会に当たり、市長よりあいさつの申し出がございますので、これを許可いたします。



◎神谷市長 おはようございます。委員長のお許しを賜りまして、平成19年度決算審査特別委員会の閉会に当たりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。

 本委員会におきまして、平成19年度一般会計を初め、各特別会計並びに水道、病院の各事業会計の決算につきまして、慎重にご審議を賜りまして、すべてご認定を賜りましたこと、心より厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 委員会審査の過程におきまして賜りましたご意見、ご要望等につきましては、今後、真摯に受けとめまして、今後の市政に反映すべく、最大限努力をさせていただきたいと存じております。

 また、先ほど、私が今後見通しが明るくなってきたということを申し上げたことをご指摘いただきましたが、この特別委員会でご審査いただいた結果、市政だよりで市民に公表する際に、今後の公債費推移等を市民が今後の泉大津市の財政につきましてわかりやすい、そういうようなことを十分注意して公表しながら、その辺を明らかにしてまいりたいと思っております。

 まだまだ厳しい財政状況が続くわけでございますので、議員皆様方の今後ますますのご指導、ご鞭撻を心よりお願い申し上げる次第でございます。

 祭りも濱八町のだんじりまつり、そして十二町連合、ことしは10周年を迎えましたけれども、この2つの祭りが盛大に開催されました。

 今後ますます秋が深まっていくわけでございますけれども、議員皆様方におかれましては、お体十分ご自愛を賜りまして、ますますご健勝にてご活躍されますこと、心からご祈念を申し上げまして、当委員会の閉会に当たりましてのお礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。



○中口委員長 市長のあいさつが終わりました。

 一言、閉会に当たりましてお礼を申し上げたいと存じます。

 3日間にわたりまして慎重にご審議を賜り、本当にありがとうございました。この間、私どもふなれな正副委員長に対しまして格別のご協力を賜りましたことを心から厚く感謝申し上げます。

 それでは、以上をもちまして平成19年度決算審査特別委員会を閉会いたします。

 どうもありがとうございました。

     午前10時28分閉会

     会議録署名委員

          委員長    中口秋都

          委員     大久保 学

          委員     村岡 均