議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 泉大津市

平成20年  5月 臨時会(第1回) 05月15日−02号




平成20年  5月 臨時会(第1回) − 05月15日−02号







平成20年  5月 臨時会(第1回)



1.平成20年5月15日午前10時泉大津市議会第1回臨時会第2日を泉大津市議会議事堂に招集した。

1.出席議員は次のとおりである。

   1番  林 哲二         2番  堀口陽一

   3番  長田 実         4番  貫野幸治郎

   5番  南出賢一         6番  丸谷正八郎

   7番  吉村 譲         8番  村岡 均

   9番  大久保 学       10番  溝口 浩

  11番  小林修平        12番  田立恵子

  13番  中谷 昭        14番  小西日出夫

  15番  清水 勝        16番  田中一吉

  17番  高橋 登        18番  中口秋都

1.地方自治法第121条の規定により本会に出席を求め出席したる者は次のとおりである。

  市長       神谷 昇     副市長      小野正仁

  監査委員     木野靖勇     参与       根来和幸

  総合政策部長   三井 勝     総務部長     大久保富夫

  市民産業部長   根来輝明     健康福祉部長   中山康男

  都市整備部長   生田 正     上下水道局長   上北俊賢



  会計管理者    稲本孝雄     選・監・公・農  川崎純二

                    委員会事務局長



  消防長      木谷 保     教育次長     山本清志



  健康福祉部理事  平西登喜夫    危機管理監    田中 勝

  兼社会福祉

  事務所長



1.本会に出席せる議会事務局職員は次のとおりである。

  事務局長     大岡 悟     次長       野本順一

  議事調査係長   橋本幸男     書記       川崎直也

1.本日の議事日程は次のとおりである。

 日程第1 議会議案第9号 議長の辞職許可に関する件

 日程第2 議選第1号 議長選挙の件

 日程第3 議会議案第10号 副議長の辞職許可に関する件

 日程第4 議選第2号 副議長選挙の件

 日程第5 議選第3号 常任委員会委員選任の件

 日程第6 議選第4号 議会運営委員会委員選任の件

 日程第7 議会議案第11号 特別委員会委員の辞任許可に関する件

 日程第8 議選第5号 特別委員会委員選任の件

 日程第9 議選第6号 大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件

 日程第10 議選第7号 泉州水防事務組合議会議員選挙の件

 日程第11 議選第8号 泉北水道企業団議会議員選挙の件

 日程第12 議選第9号 泉北環境整備施設組合議会議員選挙の件

 日程第13 議選第10号 泉大津市・和泉市墓地組合議会議員選挙の件

 日程第14 議選第11号 高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件

 日程第15 議会議案第12号 農業委員会委員推薦の件

 日程第16 議案第34号 監査委員の選任について同意を求める件

 日程第17 報告第10号 専決処分報告の件

              (泉大津市市税条例の一部改正の件)

 日程第18        大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案を急施事件と認定する件

 追加日程第1議会議案第13号 大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書の件

1.本日の会議事件は次のとおりである。

 議会議案第9号 議長の辞職許可に関する件

 議選第1号 議長選挙の件

 議会議案第10号 副議長の辞職許可に関する件

 議選第2号 副議長選挙の件

 議選第3号 常任委員会委員選任の件

 議選第4号 議会運営委員会委員選任の件

 議会議案第11号 特別委員会委員の辞任許可に関する件

 議選第5号 特別委員会委員選任の件

 議選第6号 大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件

 議選第7号 泉州水防事務組合議会議員選挙の件

 議選第8号 泉北水道企業団議会議員選挙の件

 議選第9号 泉北環境整備施設組合議会議員選挙の件

 議選第10号 泉大津市・和泉市墓地組合議会議員選挙の件

 議選第11号 高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件

 議会議案第12号 農業委員会委員推薦の件

 議案第34号 監査委員の選任について同意を求める件

 報告第10号 専決処分報告の件(泉大津市市税条例の一部改正の件)

        大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案を急施事件と認定する件

 議会議案第13号 大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書の件

1.地方自治法第123条第2項の規定による会議録署名議員は次のとおりである。

 12番  田立恵子      14番  小西日出夫

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               会議の顛末



△開会

   平成20年5月15日午前10時開議



○副議長(丸谷正八郎) おはようございます。ただいま全員の出席をいただいておりますので、これより平成20年泉大津市議会第1回臨時会第2日目の会議を開きます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(丸谷正八郎) 会議規則第80条の規定により、本日の会議録署名議員を指名いたします。

 12番田立恵子議員、14番小西日出夫議員、以上のご両名にお願いいたします。



△日程第1 議会議案第9号 議長の辞職許可に関する件



○副議長(丸谷正八郎) それでは、これより日程表に従いまして議事に入ります。

 日程第1、議会議案第9号「議長の辞職許可に関する件」を前回に引き続き議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、溝口浩議員の退席を求めます。

     (10番溝口浩議員 退場)



○副議長(丸谷正八郎) この際、暫時休憩いたします。

    午前10時02分休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    午後3時50分再開



○副議長(丸谷正八郎) 長らくお待たせいたしまして、恐縮に存じます。休憩前に引き続き会議を再開いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(丸谷正八郎) それでは、議会議案第9号「議長の辞職許可に関する件」を休憩前に引き続き議題といたします。

 お諮りいたします。溝口浩氏の議長辞職について、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(丸谷正八郎) 異議なしと認めます。よって、議会議案第9号「議長の辞職許可に関する件」はこれを許可することに決定いたしました。

     (10番溝口浩議員 入場)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(丸谷正八郎) ただいま議長を辞職されました溝口浩氏よりごあいさつをお願いいたします。溝口浩議員。

     (10番溝口浩議員 登壇)



◆10番(溝口浩) 議長の許可をいただきまして発言をさせていただきます。

 議長退任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年4月の統一地方選挙後、最初の議長として議会運営を行ってまいりました。市民の皆様にとって議員がどういう仕事をしているのか、また、議会の役割はどういうものなのか、議員改革、議会改革に邁進をしてまいりました。

 さらに、議長としてお呼びいただいた各種会合に可能な限り出席し、あいさつの中で議会として取り組んでいる改革について、積極的な情報開示と説明責任を行ってまいりました。大きな一歩を踏み出せたと自負をいたしております。

 議会運営については、独断にならないよう公平性と協調性を配慮して努めてまいりました。協力いただきました議員各位並びに常にサポートいただきました丸谷副議長に深く感謝をいたします。大変にありがとうございました。

 また、大きく支えていただきました議会事務局の皆様、多くの注文をつけました理事者初め職員の皆様、1年間本当にお世話になりました。これからは一議員としてどしどし発言し提言をしてまいります。ありがとうございました。



○副議長(丸谷正八郎) ごあいさつが終わりました。



△日程第2 議選第1号 議長選挙の件



○副議長(丸谷正八郎) 次に、日程第2、議選第1号「議長選挙の件」を議題といたします。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、あらかじめご協議いただいておりますので、この場合、指名推選の方法によることとし、私よりご指名申し上げたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(丸谷正八郎) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推薦によることとし、私より指名申し上げます。

 中谷昭氏を議長当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(丸谷正八郎) 異議なしと認めます。よって、議選第1号「議長選挙の件」は、中谷昭氏が議長に当選いたしました。

 ただいま議長に当選されました中谷昭氏が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定により当選を告知いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(丸谷正八郎) ただいま議長に当選されました中谷昭氏よりごあいさつをお願いいたします。中谷昭議員。

     (13番中谷昭議員 登壇)



◆13番(中谷昭) ただいま皆様方のご推挙をいただきまして、議長という要職につかせていただきましたこと、心から感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

 今年度は地方自治体財政健全化法によります指標が適用される初年度となりますし、大阪府のPT案によります補助金の削減、そしてきょう新聞にも出ておりましたが、府貸付金の返還など、大変厳しい年になると思っております。

 議員皆様のご意見を議会に反映しながら、円滑でそして市民皆様方の理解が得やすい議会運営を行ってまいりたいと思いますので、議員皆様はもちろんのこと、市長、理事者、職員の皆様方のご支援、ご支持を心よりお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○副議長(丸谷正八郎) ごあいさつが終わりました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(丸谷正八郎) それでは、新議長さんが誕生いたしましたので、議長席を交代いたします。どうもありがとうございました。

     (議長中谷昭議員、副議長丸谷正八郎議員にかわり議長席に着く)



○議長(中谷昭) それでは、議長の職務を務めさせていただきます。よろしくご協力をお願いいたします。



△日程第3 議会議案第10号 副議長の辞職許可に関する件



○議長(中谷昭) 日程第3、議会議案第10号「副議長の辞職許可に関する件」を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、丸谷正八郎議員の退席を求めます。

     (6番丸谷正八郎議員 退場)



○議長(中谷昭) お諮りいたします。丸谷正八郎氏の副議長辞職について、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議会議案第10号「副議長の辞職許可に関する件」は、これを許可することに決定いたしました。

     (6番丸谷正八郎議員 入場)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) それでは、ただいま副議長を辞職されました丸谷正八郎氏よりごあいさつをお願いいたします。丸谷正八郎議員。

     (6番丸谷正八郎議員 登壇)



◆6番(丸谷正八郎) ただいま新議長さんの許可をいただきまして、副議長辞任に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。

 1年間、溝口議長のもとでいろんな指導を伺いながら、自分なりに一生懸命務めてまいりました。その間いろんな経験をさせていただきました。そういった経験が今度私議員としても生かしていけるなと、このように喜んでいる次第でございます。

 そしてまた、各議員の皆さん方には1年間何かと理解あるご協力を賜りまして、無事役職を務めることができましたのも皆さん方のおかげと心から喜んでおる次第でございます。

 これからは一議員といたしまして、いろんな経験を生かしながら議会活動にまた専念したいと、このように存じております。本当に1年間、ありがとうございました。

 これをもちまして、私の辞任のあいさつといたします。本当にありがとうございました。



○議長(中谷昭) ごあいさつが終わりました。



△日程第4 議選第2号 副議長選挙の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第4、議選第2号「副議長選挙の件」を議題といたします。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、あらかじめご協議をいただいておりますので、この場合、指名推薦の方法によることとし、私よりご指名申し上げたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることとし、私よりご指名申し上げます。

 高橋登氏を副議長当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第2号「副議長選挙の件」は、高橋登氏が副議長に当選いたしました。

 ただいま副議長に当選されました高橋登氏が議場におられますので、本席より会議規則第32条第2項の規定により当選を告知いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) ただいま副議長に当選されました高橋登氏よりごあいさつをお願い申し上げます。高橋議員。

     (17番高橋登議員 登壇)



◆17番(高橋登) 議員各位のご推挙を賜りまして、副議長という大任を仰せつかりました。精いっぱい、市民の皆さん、議会の皆さんの期待にこたえるよう頑張ってまいりたいというふうに思います。

 先ほど議長のほうからごあいさつがありましたように、大変厳しい行政、財政状況でございます。特に、行政と議会は車の両輪に例えられることがありますけれども、議会の責任をしっかりと踏まえつつ、行政と適度な緊張関係を保ちながら、この厳しい難局を議員各位のご協力を賜りながらしっかりとこの大任を果たしてまいりたいというふうに考えております。

 そういった意味で、さらなるご協力をいただきまして、中谷議長初めとしてスムーズな議会の運営がされますよう、精いっぱい鋭意努力をしてまいりたいというふうに考えております。

 今後ともよろしくお願いを申し上げまして、副議長就任に当たってのごあいさつにさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(中谷昭) 副議長のごあいさつが終わりました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) なお、この際、市長より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。神谷市長。

     (神谷昇市長 登壇)



◎市長(神谷昇) 新議長のお許しを賜りまして、一言お礼とお祝いを申し上げたいと存じます。

 本臨時会におきます議会役員の改選が行われ、ただいま新しく正副議長が選任をされました。前溝口議長さん、丸谷副議長さんにおかれましては、在任中、議会の円滑な推進と市政発展のために格段のご指導とご支援を賜りまして、心より深く感謝、厚く御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。どうか、今後とも変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますよう、心よりお願いを申し上げる次第でございます。

 また、新しく就任されました中谷議長さん、高橋副議長さんにおかれましては、ご就任まことにおめでとうございます。心よりお祝いを申し上げたいと存じます。新正副議長さんにおかれましては、平成20年度の行財政運営の推進に当たりまして、今後何かとご指導、ご鞭撻を賜るわけでございますが、どうかよろしくご指導、ご鞭撻をお願いを申し上げたいと思う次第でございます。

 これからも本市の財政状況は、大変厳しいところが続くわけでございますけれども、いろいろな角度から市政発展のために格段のご支援、ご協力を賜りますことを衷心よりお願いを申し上げまして、まことに簡単でございますけれども、正副議長さんの交代に当たりましてのお礼とお祝いの言葉にかえさせていただきます。まことにありがとうございました。おめでとうございます。



○議長(中谷昭) 市長のあいさつが終わりました。



△日程第5 議選第3号 常任委員会委員選任の件



△日程第6 議選第4号 議会運営委員会委員選任の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第5、議選第3号「常任委員会委員選任の件」及び日程第6、議選第4号「議会運営委員会委員選任の件」の2件を一括議題といたします。

 上程2件につきましては、既にご協議の上ご内意をいただいておりますので、委員会条例第8条第1項の規定により、私から指名いたします。

 つきましては、お手元に配付しております名簿のとおりそれぞれ選任いたします。



△日程第7 議会議案第11号 特別委員会委員の辞任許可に関する件



○議長(中谷昭) 次に、日程第7、議会議案第11号「特別委員会委員の辞任許可に関する件」を議題といたします。

 お諮りいたします。市街地整備対策特別委員会委員及び臨海地域整備対策特別委員会委員の辞任については、これを許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議会議案第11号「特別委員会委員の辞任許可に関する件」はこれを許可することに決定いたしました。



△日程第8 議選第5号 特別委員会委員選任の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第8、議選第5号「特別委員会委員選任の件」を議題といたします。

 本件につきましては、既にご協議の上ご内意をいただいておりますので、委員会条例第8条第1項の規定により私から指名いたします。

 つきましては、お手元に配付しております名簿のとおりそれぞれ選任いたします。

 この際、ご報告申し上げます。さきに選任されました常任委員会委員、議会運営委員会委員及び特別委員会委員によりまして、それぞれ正副委員長の互選を願っておりますので、その結果をご報告申し上げます。

 総務文教常任委員会委員長には田中一吉議員、副委員長には林哲二議員、産業厚生常任委員会委員長には吉村譲議員、副委員長には貫野幸治郎議員、建設水道常任委員会委員長には丸谷正八郎議員、副委員長には村岡均議員、議会運営委員会委員長には清水勝議員、副委員長には丸谷正八郎議員、市街地整備対策特別委員会委員長には小林修平議員、副委員長には長田実議員、臨海地域整備対策特別委員会委員長には大久保学議員、副委員長には堀口陽一議員。

 なお、その他の委員などにつきましても既にご協議の上選出されておりますので、その結果をご報告申し上げます。

 まず、泉大津市土地開発公社役員には、大久保学議員、堀口陽一議員。

 また、都市計画審議会委員には、小林修平議員、高橋登議員、丸谷正八郎議員、溝口浩議員、それと私中谷昭でございます。以上、5名の方々を。

 また、泉北地域広域行政圏計画審議会委員には、小西日出夫議員、高橋登議員、南出賢一議員、村岡均議員、そして私中谷昭、以上の5名の方々が選出されておりますので、ご報告申し上げます。



△日程第9 議選第6号 大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件



△日程第10 議選第7号 泉州水防事務組合議会議員選挙の件



△日程第11 議選第8号 泉北水道企業団議会議員選挙の件



△日程第12 議選第9号 泉北環境整備施設組合議会議員選挙の件



△日程第13 議選第10号 泉大津市・和泉市墓地組合議会議員選挙の件



△日程第14 議選第11号 高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第9、議選第6号「大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件」から日程第14、議選第11号「高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件」までの6件につきましては、いずれも本市より派遣の組合議会議員選挙の件でございますので、この6件を一括議題といたします。

 上程6件につきましても、既にご協議をいただいておりますので、この場合、選挙の方法は、指名推選によることとし、1件ごとに私よりご指名申し上げ、その方々を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、上程6件については、選挙の方法は指名推薦にすることとし、1件ごとに私よりご指名申し上げ、お諮りいたしたいと存じます。

 まず、議選第6号「大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件」は、清水勝議員を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第6号「大阪府都市競艇組合議会議員選挙の件」は、清水勝議員を当選人とすることに決定いたしました。

 次に、議選第7号「泉州水防事務組合議会議員選挙の件」は、長田実議員、堀口陽一議員、溝口浩議員、以上3名の方々を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第7号「泉州水防事務組合議会議員選挙の件」は、ただいまご指名申し上げました3名の方々を当選人とすることに決定いたしました。

 次に、議選第8号「泉北水道企業団議会議員選挙の件」は、貫野幸治郎議員、小西日出夫議員、小林修平議員、林哲二議員、南出賢一議員、以上5名の方々を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第8号「泉北水道企業団議会議員選挙の件」は、ただいまご指名申し上げました5名の方々を当選人とすることに決定いたしました。

 次に、議選第9号「泉北環境整備施設組合議会議員選挙の件」は、田中一吉議員、中口秋都議員、丸谷正八郎議員、村岡均議員、吉村譲議員、以上5名の方々を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第9号「泉北環境整備施設組合議会議員選挙の件」は、ただいまご指名申し上げました5名の方々を当選人とすることに決定いたしました。

 次に、議選第10号「泉大津市・和泉市墓地組合議会議員選挙の件」は、貫野幸治郎議員、田中一吉議員、中口秋都議員、長田実議員、堀口陽一議員、村岡均議員、以上6名の方々をそれぞれ当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第10号「泉大津市・和泉市墓地組合議会議員選挙の件」は、ただいまご指名を申し上げました6名の方々をそれぞれ当選人とすることに決定いたしました。

 次に、議選第11号「高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件」は、田立恵子議員を当選人といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議選第11号「高石市・泉大津市墓地組合議会議員選挙の件」は、田立恵子議員を当選人とすることに決定いたしました。

 なお、ただいまそれぞれの組合議会議員に当選されました方々が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選を告知いたします。



△日程第15 議会議案第12号 農業委員会委員推薦の件



○議長(中谷昭) 次に、日程第15、議会議案第12号「農業委員会委員推薦の件」を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、9番大久保学議員、3番長田実議員、10番溝口浩議員の退席を求めます。

     (大久保学議員、長田実議員、溝口浩議員 退場)



○議長(中谷昭) 本件につきましてもあらかじめご協議をいただいておりますので、直ちにお諮りいたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、直ちにお諮りいたします。本件につきましては、大久保学議員、長田実議員、溝口浩議員、以上3名の方々を推薦いたしたいと存じますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、議会議案第12号「農業委員会委員推薦の件」は、ただいまご指名申し上げました3名の方々を推薦することに決定いたしました。

     (大久保学議員、長田実議員、溝口浩議員 入場)



△日程第16 議案第34号 監査委員の選任について同意を求める件



○議長(中谷昭) 次に、日程第16、議案第34号「監査委員の選任について同意を求める件」を議案といたします。

 地方自治法第117条の規定により、12番田立恵子議員に退席を求めます。

     (12番田立恵子議員 退場)



○議長(中谷昭) それでは、議案の朗読をいたさせます。議会事務局長。



◎議会事務局長(大岡悟) 議案を朗読いたします。

 「議案第34号

          監査委員の選任について同意を求める件

 次の者を泉大津市監査委員に選任したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第196条第1項の規定により、市議会の同意を求める。

  平成20年5月15日提出

                        泉大津市長  神谷 昇

                 記

 議員のうちから選任する者



住所
氏名
生年月日


泉大津市森町一丁目2番16号
田立恵子
昭和27年7月9日(55歳)



                                  」

 以上でございます。



○議長(中谷昭) 朗読が終わりました。

 次に、理事者の説明を求めます。神谷市長。

     (神谷昇市長 登壇)



◎市長(神谷昇) 議長のお許しを賜りまして、監査委員の選任について同意を求める件の説明を申し上げます。

 ただいま上程されました議案第34号監査委員の選任について同意を求める件につきまして、提案理由をご説明を申し上げたいと存じます。

 議会選出の監査委員につきましは、議会からご推挙のございました田立恵子氏を選任いたしたく本件をご提案申し上げる次第でございます。

 議員各位も既にご承知のとおり、田立恵子氏は平成3年5月1日に本市議会議員に就任され現在5期目の在任中でございまして、豊富な知識と経験は本市監査委員として適任であると確信いたしております。議会におかれましても、ご賛同の上、ご同意賜りますよう心よりお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。本件につきましては、質疑、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は質疑、委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結し、採決いたします。本件に同意いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件に同意することに決定いたしました。

     (12番田立恵子議員 入場)



△日程第17 報告第10号 専決処分報告の件(泉大津市市税条例の一部改正の件)



○議長(中谷昭) 次に、日程第17、報告第10号「専決処分報告の件」を議題といたします。

 直ちに理事者の説明を求めます。大久保総務部長。



◎総務部長(大久保富夫) ただいま議題となりました報告第10号専決処分報告の件につきましてご説明申し上げます。会議事項の1ページをお開き願いたいと存じます。

 本件につきましては、地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分を行いましたもので、同条第3項の規定により、市議会にご報告申し上げ、承認を求めるものでございます。本件は専決第5号として、平成20年4月30日付で泉大津市市税条例の一部改正の件を専決処分したものでございます。

 それでは、その内容につきまして、12ページの条例要綱によりご説明申し上げます。

 初めに、本条例は地方税法等の一部を改正する法律が平成20年4月30日に公布されたことによりまして、法人市民税の均等割におきまして公益法人の制度改革に伴います公益法人関係税制の整備を行うとともに、熱損失防止改修住宅または熱損失防止改修専有部分に対する固定資産税の減税の規定の適用を受けようとする者がすべき申請について規定するほか、所要の規定の整備を行ったものでございます。

 まず、第1項第1号は、法人市民税の均等割の公益法人関係税制についての改正でございます。記載の表のとおり法人税法第2条第5号の公共法人及び地方税法第294条第7項に規定する公益法人等のうち独立行政法人で収益事業を行うものを除き、地方税法第296条第1項の規定により、均等割を課することができないもの以外のもの、地方税法第294条第8項に規定する人格のない社団等、非営利型法人に該当するものを除く一般社団法人及び一般財団法人並びに相互会社を除く、資本金の額または出資金の額を有しない法人に対しまして、最低税率6万円を適用するものでございます。

 第2号は、地方税法に準じまして、税率表を現行の降順から昇順に並びかえたものであります。これらの改正は、第9条第2項の表、第1号並びに同表関係でございます。

 第2項は、熱損失防止改修住宅または熱損失防止改修専有部分に対する固定資産税の減額の規定の適用を受けようとする者がすべき申請でございまして、減額の適用を受けようとする者は、改修工事を完了した日から3カ月以内に所定の事項を記載した申告書に地方税法施行規則に定めます書類を添付し、市長に提出しなければならない旨を定めたものでございます。改正後の附則第26号関係でございます。

 第3項は、その所要の規定の整備を行ったものでございます。

 第4項は、附則に関する事項でございまして、第1号、この条例は公布の日(平成20年4月30日)から施行したものでございます。

 第2号といたしまして、この条例の施行に関し所要の経過規定を定めたものでございます。

 なお、14ページから31ページにかけまして新旧対照表を添付しておりますので、後ほどご参照いただきたいと存じます。

 以上、甚だ簡単でございますが、泉大津市市税条例の一部を改正する条例につきまして、説明を終わります。何とぞよろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中谷昭) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本件、委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託審査を省略し、これより討論に入ります。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) ないようでありますので、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本件承認いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件、承認することに決定いたしました。



△日程第18 大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案を急施事件と認定する件



○議長(中谷昭) 次に、日程第18、「大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案を急施事件と認定する件」を議題といたします。

 本件については、本日清水勝議員ほか5名の議員より大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案が提出されました。

 お諮りいたします。大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案は緊急を要しますので、急施事件と認め、この際日程に追加し、直ちに審議することにご異議ございませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書案は急施事件と認め日程に追加し、直ちに審議することに決定いたしました。



△追加日程第1 議会議案第13号 大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書の件



○議長(中谷昭) それでは、追加日程第1、議会議案第13号「大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書の件」を議題といたします。

 直ちに提出議員の趣旨説明を求めます。15番清水勝議員、よろしくお願いいたします。

     (15番清水勝議員 登壇)



◆15番(清水勝) ただいま議題となりました議会議案第13号大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書の件につきまして、提出者を代表して趣旨説明を行います。

 なお、案文の朗読をもちまして説明にかえさせていただきます。

 「議会議案第13号

          大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書(案)

 和泉市・泉大津市にまたがる池上曽根遺跡は、全国屈指の規模と内容の弥生時代遺跡として昭和51年4月、国史跡に指定された。平成3年2月に遺跡地の一角に建設された府立弥生文化博物館は、現代社会の原点ともいわれる弥生時代を専門とする全国唯一の博物館として国内・海外から多くの来館者を迎えてきた。

 弥生文化博物館、史跡公園、弥生学習館が同一の地域に存在することによって、書物や写真だけでは学ぶことのできない「生きた歴史」を知る学習の場としても大きな役割を果たしている。近年、大阪府下はいうにおよばず近隣各県からも、小学校高学年、中学生、高校生の児童・生徒の校外学習の利用も増えている。

 また、常に新鮮な視点での特別展、歴史・考古学のセミナーやシンポジウムのほか、施設を有効に活用して絵画・写真その他のミニ・ギャラリー、年に10数回のロビーコンサーなど、多彩な事業を展開している。

 幾多の先人の永年にわたる献身と努力によって築かれ、我が国の歴史研究の発展にとっても、学校教育、地域の文化の交流の拠点としても大きな役割を果たしている博物館を、如何に府の財政事情が厳しいものであってもそれを理由に廃止することは、将来に禍根を残すものである。

 よって本市議会は大阪府に対し、弥生文化博物館の存続を強く要望し、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成20年5月15日

                            泉大津市議会」

 なお、送付先につきましては、大阪府知事、大阪府教育長であります。

 以上、皆様方のご賛同よろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。



○議長(中谷昭) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件、質疑、討論並びに委員会付託審査を省略いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は、質疑、討論、委員会付託審査を省略しこれより採決いたします。本件、原案可決いたしましてご異議ありませんか。

     (「異議なし異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中谷昭) 異議なしと認めます。よって、本件は可決することに決定いたしました。

 ただいま議決いただきました意見書につきましては、直ちに大阪府知事並びに大阪府教育長に対しまして送付いたしますので、よろしくご了承お願いいたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) 以上で、本臨時会に付議された議案はすべて議了いたしました。よって、直ちに閉会いたしたいと存じますが、閉会に当たり市長よりあいさつのために発言を求められておりますのでこれを許可いたします。神谷市長。

     (神谷昇市長 登壇)



◎市長(神谷昇) 議長のお許しを賜りまして、泉大津市議会平成20年第1回臨時会の閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 去る5月8日より開会されました本臨時会におきまして、ご提案を申し上げました諸議案につきまして、いずれも原案どおりご承認を賜りまして、まことにありがとうございます。心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 また、ただいまは、大阪府立弥生文化博物館の存続を求める意見書を議決を賜ったわけでございます。このすばらしい施設を我々は何としてでも市民総意のもとで存続を続ける運動を盛り上げていかなければならないというふうに思っております。ただいま、議会から心強いご議決を賜ったことは私も大きな勇気をいただいたことでございまして、私もあす大阪府知事がお越しになりますので、この点につきまして強く存続を要望をいたしたいと存じておるところであります。

 また、本臨時会におきます議会役員の選任が行われまして、新しく中谷議長、そして高橋副議長がそれぞれご就任をされたところでございます。また、常任委員会を初めすべての役員の選任が決定されましたことを衷心よりお喜びを申し上げますとともに、本市の平成20年度の行財政運営の推進に当たりましては、格段のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願いを申し上げる次第でございます。

 結びに、議員皆様方にはますますご健勝にてご活躍されますよう心からご祈念を申し上げまして、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつとさせていただきます。

 まことにありがとうございました。



○議長(中谷昭) 市長のごあいさつが終わりました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中谷昭) 以上をもちまして、平成20年泉大津市議会第1回臨時会を閉会いたします。

 長期にわたり慎重ご審議いただきまして、ありがとうございました。

    午後4時34分閉会

    会議録署名議員

         泉大津市議会議長    中谷 昭

         泉大津市議会前副議長  丸谷正八郎

         泉大津市議会議員    田立恵子

         泉大津市議会議員    小西日出夫