議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 吹田市

平成 7年  6月 臨時会 06月13日−03号




平成 7年  6月 臨時会 − 06月13日−03号







平成 7年  6月 臨時会



             吹田市議会会議録3号

                              平成7年6月臨時会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 平成7年6月13日 午前10時開議

1 議案第60号 吹田市助役の選任について

  +報告第10号 平成6年度吹田市一般会計繰越明許費繰越計算書について

  |報告第11号 平成6年度吹田市下水道特別会計繰越明許費繰越計算書について

2 |報告第12号 平成6年度吹田市再開発特別会計繰越明許費繰越計算書について

  |報告第13号 平成6年度吹田市水道事業会計予算繰越計算書について

  +報告第14号 平成6年度吹田市水道事業会計継続費繰越計算書について

3 報告第15号 専決処分報告

   専決第7号 吹田市職員の育児休業等に関する条例及び吹田市水道事業に勤務する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について

4 報告第16号 専決処分報告

   専決第8号 吹田市市税条例の一部を改正する条例の制定について

  +報告第17号 専決処分報告

  | 専決第9号 平成7年度吹田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

5 |報告第18号 専決処分報告

  | 専決第10号 平成7年度吹田市下水道特別会計補正予算(第1号)

  |報告第19号 専決処分報告

  + 専決第11号 平成7年度吹田市自転車駐車場特別会計補正予算(第1号)

6 +議案第52号 吹田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

  +議案第53号 吹田市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について

7 議案第54号 (仮称)北大阪急行桃山台駅前東第1自転車駐車場整備工事(建築工事)請負契約の締結について

8 +議案第55号 吹田市立北千里市民体育館改修工事(建築工事)請負契約の締結について

  +議案第56号 吹田市立北千里市民体育館改修工事(電気設備工事)請負契約の締結について

9 議案第57号 吹田市正雀下水処理場流量調整池機械設備工事請負契約の締結について

10 常任委員会の所管事項に関する事務調査について

11 議会運営委員会の継続調査について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯付議事件

 議事日程のとおり

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員  36名

     1番  村口 始君           2番  竹村博之君

     3番  寺尾恵子君           4番  豊田 稔君

     5番  野村義弘君           6番  山下真次君

     7番  桑原 薫君           8番  亀谷拓治君

     9番  徳森重徳君          10番  山根 孝君

    11番  曽呂利邦雄君         12番  倉沢 恵君

    13番  生野秀昭君          14番  寺浦正一君

    15番  山田昌博君          16番  伊藤孝義君

    17番  宇都宮正則君         18番  前田武男君

    19番  福屋隆之君          20番  岩本尚子君

    21番  松本洋一郎君         22番  飯井巧忠君

    23番  西川厳穂君          24番  井上哲也君

    25番  森本 彪君          26番  和田 学君

    27番  杉本庄七君          28番  吉田 勝君

    29番  山口正雄君          30番  元田昌行君

    31番  山本 力君          32番  由上 勇君

    33番  相本哲邦君          34番  藤木祐輔君

    35番  藤川重一君          36番  木下平次郎君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員  0名

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席説明員

 市長       岸田恒夫君     助役       井上哲夫君

 助役       阪本一美君     収入役      西田良市君

 水道事業管理者  橋本雪夫君     総務部長     岩城壽雄君

 企画推進部長   樋口 章君     財務部長     佐藤 登君

 人権啓発部長   松田敦信君     市民活動部長   大谷八郎君

 市民部長     徳田栄一君     民生保健部長   川畑龍三君

 児童福祉部長   椿原一洋君     生活環境部長   伊藤昌一君

 環境事業部長   吉村兼重君     都市整備部長   高橋信二君

 建設部長     垰本 勝君     下水道部長    森島治雄君

 市民病院事務局長 石田 聰君     消防長      山崎 学君

 水道部長     東浦 勝君     秘書長      戸田光男君

 技監       秋元文孝君     教育委員会委員長職務代理者 西村規矩夫君

 教育長      長光達郎君     管理部長     山田官司君

 学校教育部長   今記和貴君     社会教育部長   上田浩詔君

 体育振興部長   能智 勝君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯ 出席事務局職員

 事務局長     川西良樹君     議事課長     原 寿夫君

 議事係長     赤野茂男君     書記       小西義人君

          −−−−−−−−−−−−−−−

       (午前10時5分 開議)



○議長(寺浦正一君) ただいまから6月臨時会を再開し、直ちに本日の会議を開きます。

 諸般の報告をいたします。

 本日の応招議員は32名でありまして、病気その他の理由による欠席届出者はありません。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしてありますので、それによりご承知願います。

 本日の署名議員を私から指名いたします。19番 福屋君、25番 森本君、以上両君にお願いいたします。

 これより議事に入ります。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 日程1 議案第60号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。市長。

  (市長登壇)



◎市長(岸田恒夫君) ただいまご上程いただきました議案第60号 吹田市助役の選任についてご説明を申し上げさせていただきます。

 来る7月21日付をもちまして任期満了となります阪本一美助役の後任につきましては、引き続き同氏を選任いたしたく、ご提案申し上げるものでございます。

 同氏は、お手元の経歴書にもございますとおり、昭和31年に本市に就職されて以来、秘書長をはじめ要職を歴任いたしまして、立派な功績を残してまいりました。また、この4年間は、持前の識見と長年の行政経験を生かして優れた手腕を発揮し、常に私の補佐をしていただき、市政推進に大きく貢献をしてくれたわけでございます。本市助役といたしまして最適の方であると考え、ご提案申し上げるものでございます。

 よろしくご審議をいただきましてご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第60号を採決いたします。

 本件について同意いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第60号は同意されました。

  ただいま選任に同意されました阪本一美氏からあいさつをしたい旨の申し出がありますので、受けることにいたします。



◎※(阪本一美君) 本会議中の貴重なお時間をおかりいたしまして、お礼のごあいさつをさせていただきます。

 私の再任に際しましては、議会の皆様方の温かいご高配を賜り、ご同意いただきましたことを厚くお礼申し上げます。

 本市が理想とする将来像「すこやかで心ふれあう文化のまち」を目指し、岸田市長が申されております共創と共生を基本理念といたしまして、議会の皆様方のご指導、ご鞭撻をいただきながら、市政推進に誠心誠意努めてまいりたい、かように思っているところでございます。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう重ねてお願い申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程2 報告第10号から報告第14号までを一括議題といたします。

 理事者の報告を求めます。財務部長。

  (財務部長登壇)



◎財務部長(佐藤登君) ご上程いただきました報告第10号から第12号までは予算の繰越しに係る報告でございますので、私から一括してご説明させていただきます。

 本件は、去る3月市議会におきまして、地方自治法第213 条の規定により、平成7年度へ繰越して執行することをお許しいただきまして、繰越明許費として同法施行令第146 条第2項の規定によりご報告申し上げるものでございます。

 まず、報告第10号 平成6年度吹田市一般会計繰越明許費繰越計算書でございますが、議案書2ページをご覧いただきたいと思います。

 繰越明許費の内容でございますが、第3款 民生費、第2項 児童福祉費中、民間保育所改築費補助事業につきまして、改築費補助金1,207 万1,000 円を平成7年度へ繰越しいたしました。これは、社会福祉法人旭ケ丘学園が実施する園舎の改築工事につきまして補助しようとするものを繰越しいたすものでございます。工事につきましては、本年5月末に既に完了いたしております。

 次に、第9款 消防費、第1項 消防費、ガレキ等処分及び家屋等撤去事業におきまして2億581 万7,083 円を平成7年度へ繰越しいたしました。事業の完了予定につきましては平成7年12月末日の予定でございます。

 続きまして、報告第11号 平成6年度吹田市下水道特別会計繰越明許費繰越計算書についてご説明申し上げます。6ページをご覧いただきたいと存じます。

 繰越しの内容でございますが、第1款下水道事業費、第2項 公共下水道建設費で、管渠築造工事14件の工事に係る事業費6億1,502 万7,000 円を平成7年度に繰越しいたしました。これは、千里丘排水区第1工区ほか1件の補助事業と小路排水区第103 工区ほか11件の単独事業分でございます。この工事の最終的な完成は平成7年9月30日の予定でございます。

 次に、同項中、終末処理場建設工事で9,272 万9,000 円を平成7年度へ繰越しいたしました。繰越しの内容は、正雀下水処理場初沈汚泥引抜機械設備工事及び電気設備工事とその附帯工事でございますが、機械設備工事及び電気設備工事につきましては既に完了いたしておりますが、附帯工事につきましては本年6月15日に完成の予定でございます。

 次に、第4項 流域下水道費で流域下水道建設費負担金1,873 万4,000 円を平成7年度に繰越しいたしました。工事の竣工につきましては本年9月25日の予定でございます。

 続きまして、報告第12号 平成6年度吹田市再開発特別会計繰越明許費繰越計算書についてご説明申し上げます。10ページをご覧いただきたいと存じます。

 第1款 再開発事業費、第1項 再開発事業費、JR吹田駅北口地区第1種市街地再開発事業で9億493 万2,000 円を平成7年度へ繰越しいたしました。繰越しましたのは、街区2棟建設工事と片山1号線道路築造工事でございます。工事の最終的な完成は本年9月30日の予定でございます。

 以上で繰越明許費繰越計算書の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 水道部長。

   (水道部長登壇)



◎水道部長(東浦勝君) ご上程いただきました報告第13号 平成6年度吹田市水道事業会計予算繰越計算書についてご説明申し上げます。

 本報告は、地方公営企業法第26条第1項の規定によります建設改良事業の予算の繰越しを同条第3項の規定によりご報告申し上げるものでございます。

 議案書14ページをお願いいたします。

 平成6年度に執行を予定しておりました第1款 資本的支出、第1項 建設改良費の予算額23億4,256 万7,000 円のうち当該年度内に支払義務が発生しなかった7,911万7,000 円を繰越したものでございます。

 繰越した主な内容といたしましては、下段にお示しいたしておりますとおり、送配水管布設工事及び配水管布設工事跡路面復旧工事などでございます。

 なお、これらの工事のうち(仮称)安威川歩道橋架設に伴う配水管150 ?布設工事が平成7年7月11日に完成を予定しております以外、他の工事につきましては現在すべて完了いたしております。

 以上をもちまして報告第13号の説明を終わらせていただきます。

 引き続きまして、報告第14号 平成6年度吹田市水道事業会計継続費繰越計算書についてご説明申し上げます。

 本報告は、地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により、平成6年度から平成8年度までの継続事業として実施いたしております高度浄水処理施設等整備事業についての平成6年度予算の繰越しをご報告申し上げるものでございます。

 議案書18、19ページをお願いいたします。

 平成6年度の支出予定額5億4,384 万円のうち当該年度内に支払義務が発生しなかった3,567 万2,000 円を逓次繰越したものでございますが、これは当初予定しておりました補助金の額が変更されたことに伴い支払義務発生額を減少させたことによるものでございます。

 以上、よろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 報告が終わりました。

 この際質問があれば受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、報告を終わります。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程3 報告第15号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。総務部長。

  (総務部長登壇)



◎総務部長(岩城壽雄君) ご上程いただきました報告第15号 専決第7号 吹田市職員の育児休業等に関する条例及び吹田市水道事業に勤務する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の専決処分につきまして、その理由及び改正内容の概要をご報告申し上げます。

 本件は、地方公務員等共済組合法の一部を改正する法律が平成7年3月31日に公布され、4月1日から施行されましたことに伴い、直ちに吹田市職員の育児休業等に関する条例及び吹田市水道事業に勤務する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例を改正する必要が生じましたが、議会でご審議をいただく暇がございませんでしたので、地方自治法第179 条第1項の規定に基づき、平成7年3月31日付で専決処分を行ったものでございます。

 改正の主な内容は、地方公務員等共済組合法の一部を改正する法律が制定され、同法附則第7条で地方公務員の育児休業に関する法律が一部改正され、育児休業給が廃止されましたので、吹田市職員の育児休業等に関する条例及び吹田市水道事業に勤務する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例中、育児休業給を規定した部分を削除し、育児休業給を廃止したものでございます。

 以上が今回の改正の概要でございますが、参考資料といたしまして1ページから3ページに関係条例の新・旧対照表を添付いたしておりますので、ご参照をいただき、よろしくご審議のうえ、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、報告第15号を採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、報告第15号は承認されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程4 報告第16号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。財務部長。

  (財務部長登壇)



◎財務部長(佐藤登君) ただいま上程いただきました報告第16号 専決第8号吹田市市税条例の一部を改正する条例の専決処分につきまして、その理由及び条例の概要をご報告申し上げます。

 本件は、地方税法の一部を改正する法律が平成7年3月23日及び平成7年3月27日付でそれぞれ公布されましたことに伴い、直ちに市税条例を改正する必要が生じましたが、議会で審議をいただく暇がございませんでしたので、地方自治法第179 条第1項の規定に基づき、平成7年3月31日付で専決処分を行ったものでございます。

 以下、改正の内容につきまして議案参考資料5ページからの吹田市市税条例新・旧対照表によりご説明申し上げます。

 第16条の8は、配当控除を定めたものでありますが、低迷している株式市場の活性化を図る観点から新たに導入された日経300 株価指数を構成する銘柄のみを対象とする特定株式投資信託の収益の分配に係る配当所得を配当控除の対象としようとするものであります。

 第16条の9は、土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例を定めたものでありますが、第1項は、当面の景気への配慮から、一律6%とされております税率を、課税長期譲渡所得金額が4,000 万円以下の部分については5.5 %、4,000 万円を超える部分については6%としたものであります。

 新たに加えられました第2項は、第1項の改正により2段階の累進税率とされたわけでありますが、これにより土地の切り売りが行われることを防ぐために、2年以上に分割して譲渡した場合の税額の算出の特例を定めたものであります。

 新たに加えられた第16条の10の2は、確定優良住宅地等予定地のための譲渡が阪神・淡路大震災によって一定の期間内に優良住宅地等のための譲渡に該当することが困難となった場合に、その期間を延長する特例を定めたものであります。

 次の第30条の2は、平成8年度及び平成9年度の固定資産税、都市計画税について、阪神・淡路大震災により従前住宅用地であった土地を住宅用地として使用することができない場合に、住宅用地とみなす特例措置が設けられたことに伴い、その特例の適用を受けようとする者がすべき申告事項等について定めたものであります。

 第37条の2は、電気自動車の軽自動車税の税率の特例措置を定めたものでありますが、今回この特例措置が廃止されたことに伴い、規定を削除したものであります。

 なお、第16条の3、第16条の9第3項、第4項、第16条の10、第16条の11及び第16条の12は、規定の整備を行ったものであり、内容の変更はございません。

 次に、この条例の施行期日等を定める附則でございますが、この条例は平成7年4月1日から施行することを、ただし、配当控除の適用対象の拡大及び長期譲渡所得に対する税率の改正に関する部分につきましては平成8年4月1日から、また、2年以上に分割して譲渡した場合の長期譲渡所得に係る税率の算出方法の特例に関する部分については平成9年4月1日から施行することを定めたものであります。

 以上が今回の改正の概要でございますが、参考資料といたしまして15ページ、16ページに改正要綱を添付いたしておりますので、ご参照いただき、よろしくご審議のうえ、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、報告第16号を採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、報告第16号は承認されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程5 報告第17号から報告第19号までを一括議題といたします。

 理事者の説明を求めます。市民部長。

  (市民部長登壇)



◎市民部長(徳田栄一君) ただいまご上程いただきました報告第17号 専決第9号平成7年度吹田市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分につきまして、その理由及び概要をご報告申し上げます。

 本件は、平成6年度の当会計の決算におきまして赤字が見込まれるため、地方自治法施行令第166 条の2の規定に基づきまして繰上充用を行いますための補正予算を、議会でご審議いただく暇がございませんでしたので、地方自治法第179 条第1項の規定に基づき、平成7年5月26日付で専決処分をさせていただいたものでございます。

 内容といたしましては、当会計の平成6年度の決算見込みは、歳入総額が155 億5,900 万円に対し歳出総額は164 億6,000万円でございます。したがいまして、実質収支におきまして9億100 万円の赤字となる見込みでございます。今回の補正は、このうち平成7年度当初予算で累積赤字解消額といたしまして1億8,000 万円を繰上充用金として計上いたしておりますので、赤字見込額9億100 万円から当初予算計上の1億8,000 万円を差し引いた額7億2,100万円を今回歳入歳出にそれぞれ追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ176 億5,705万9,000 円とするものでございます。

 それでは、議案書35ページの第1表 歳入歳出予算補正をご覧いただきたいと存じます。

 まず歳入では(款)9 諸収入、(項)2の雑入におきまして、また歳出では(款)7 諸支出金、(項)2 の繰上充用金でそれぞれ7億2,100 万円を補正し、歳入歳出の予算総額を176 億5,705 万9,000 円とするものでございます。

 以上が今回お願い申し上げております専決第9号の内容でございます。よろしくご審議のうえ、ご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 下水道部長。

  (下水道部長登壇)



◎下水道部長(森島治雄君) ご上程いただきました報告第18号 専決第10号 平成7年度吹田市下水道特別会計補正予算(第1号)につきましてご報告申し上げます。

 本件につきましては、議会でご審議をいただくべきところ、暇がございませんでしたので、地方自治法第179 条第1項の規定に基づき、平成7年5月26日付で専決処分を行ったものでございます。

 補正予算の内容といたしましては、平成6年度の収支見込額について、歳入総額が157 億7,557 万7,000 円で、これに対する歳出総額が177 億1,428 万円となり、差引額で19億3,870 万3,000 円の不足が生じたものでございます。さらに、翌年度へ繰り越すべき財源4,129 万7,000 円を控除した実質収支額が19億8,000 万円となりまして、この不足額を、地方自治法施行令第166 条の2の規定に基づき、翌年度の歳入を繰り上げてこれに充てる必要から、繰上充用の補正を行ったものでございます。

 それでは、議案書の41ページの第1表でございますが、歳入では諸収入の雑入で、また歳出では諸支出金の繰上充用金でそれぞれ19億8,000 万円を補正し、歳入歳出の総額を210 億401 万5,000 円とするものでございます。

 以上が専決第10号 平成7年度下水道特別会計補正予算の内容でございます。よろしくご審議のうえ原案どおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 建設部長。

  (建設部長登壇)



◎建設部長(垰本勝君) ご上程いただきました報告第19号 専決第11号 平成7年度吹田市自動車駐車場特別会計補正予算(第1号)の専決処分についてご報告申し上げます。

 平成6年度自動車駐車場特別会計につきましては、決算におきまして歳入が歳出より不足し、地方自治法施行令第166 条の2の規定に基づきまして、翌年度の歳入を繰り上げてこれに充てる必要があり、地方自治法第179 条第1項の規定に基づき、繰上充用金の補正を平成7年5月26日付で専決処分を行ったものでございます。

 まず、自動車駐車場特別会計の平成6年度決算におきましては、歳入総額が4,359万円でございますが、これに対しまして歳出総額が9,530 万円でございますので、実質収支にいたしまして5,171 万円の不足が生じたものでございます。なお、平成5年度の実質収支不足額2,293 万9,000 円を控除いたしますと、平成6年度単年度では2,877 万1,000 円の赤字となっております。

 それでは、議案書47ページの第1表をご参照いただきたいと存じます。

 まず、歳出におきましては、諸支出金、繰上充用金で5,171 万円の補正を行ったものでございます。また、歳入といたしまして、諸収入の雑入で歳出と同額の5,171 万円の補正を行ったものでございます。したがいまして、歳入歳出にそれぞれ5,171 万円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億2,846 万1,000 円とするものでございます。

 以上が専決第11号 平成7年度吹田市自動車駐車場特別会計補正予算の内容でございます。よろしくご審議いただき、原案どおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、報告第17号から報告第19号までを採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、報告第17号から報告第19号までは承認されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程6 議案第52号及び議案第53号を一括議題といたします。

 理事者の説明を求めます。消防長。

  (消防長登壇)



◎消防長(山崎学君) ご上程いただきました議案第52号 吹田市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由及び内容をご説明申し上げます。

 本案は、平成7年政令第89号 非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が平成7年3月27日に公布され、4月1日から施行されたことに伴い、本市条例の一部を改正しようとするもので、その主な改正内容といたしましては、消防団員等に対する損害補償の充実を図るため、補償基礎額の引上げを図るものでございます。

 本件の改正案につきましては、議案参考資料17ページ及び18ページ、吹田市消防団員等公務災害補償条例現行・改正案対照表をご参照願います。

 本文第5条第2項第2号でございますが、消防作業従事者、水防作業従事者または応急措置従事者に係る補償基礎額の最低額を8,600 円から8,700 円に、最高額を1万3,900 円から1万4,000 円に引き上げようとするものでございます。

 次に、同条第4項では、一定の期間にある子についての扶養加算額を33円から67円に引き上げようとするものでございます。

 また、別表第1の補償基礎額表の改正でございますが、これは消防団員に係る補償基礎額を階級及び勤務年数の区分に応じてそれぞれ引き上げようとするものでございます。

 次に、附則でございますが、第1項では施行期日を規定し、第2項では適用区分を規定しております。

 引き続きまして、議案第53号 吹田市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例案につきまして、その提案理由及び概要をご説明申し上げます。

 本案は、平成7年政令第90号 消防団員等公務災害補償等共済基金法施行令の一部を改正する政令が平成7年3月27日に公布され、4月1日から施行されたことに伴い、本市におきましても消防団員の処遇改善を図るため改正しようとするものでございます。

 本件の改正案につきましては、議案参考資料の19ページ、吹田市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例現行・改正案対照表をご参照願います。

 別表を改めますのは、退職報償金の支給額を階級及び勤務年数の区分に応じて最高額から最低額までそれぞれ引き上げようとするものでございます。

 次に、附則でございますが、第1項では施行期日を規定し、第2項では適用区分を規定しております。また、第3項では、平成7年4月1日からこの条例の施行の日の前日までの間に退職した吹田市消防団員に支給された退職報償金は改正後の条例に基づく退職報償金の内払とみなすことを規定いたしております。

 以上が本案の提案理由及び概要でございます。よろしくご審議のうえ原案どおりご可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第52号及び議案53号を採決いたします。

 本件について原案どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第52号及び議案第53号は原案どおり可決されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程7 議案第54号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。建設部長。

  (建設部長登壇)



◎建設部長(垰本勝君) ご上程いただきました議案第54号 (仮称)北大阪急行桃山台駅前東第1自転車駐車場整備工事(建築工事)請負契約の締結につきまして、提案の理由及びその概要をご説明申し上げます。

 本案につきましては、桃山台駅周辺での放置自転車対策として、安全で快適な歩行者空間の確保を図ることを目的として、自転車及びミニバイク1,947 台収容の自転車駐車場を整備しようとするものでございます。

 去る5月23日に8社による指名競争入札を行いましたところ、請負者が決定いたしましたので、ここに請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事の概要といたしましては、鉄骨造3階建、延床面積は2,401 ?でございます。

 工期につきましては、本市議会議決後から平成8年2月29日までを予定いたしております。

 請負金額といたしましては2億4,926 万円で、請負者は株式会社紙谷工務店で、保証人は株式会社薮内工務店でございます。

 なお、議案参考資料の21ページから32ページに請負者の営業の沿革、工事経歴書、貸借対照表、損益計算書、図面等をそれぞれ添付いたしておりますので、ご参照いただきまして、よろしくご審議のうえ原案どおりご可決賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第54号を採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第54号は可決されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程8 議案第55号及び議案第56号を一括議題といたします。

 理事者の説明を求めます。体育振興部長。

  (体育振興部長登壇)



◎体育振興部長(能智勝君) ご上程いただきました議案第55号及び議案第56号、吹田市立北千里市民体育館改修工事の建築工事及び電気設備工事の請負契約の締結につきまして、その理由及び概要についてご説明申し上げます。

 本案につきましては、平成7年3月市議会におきまして改修工事費の予算のご議決をいただいたものでございます。

 まず、議案第55号 吹田市立北千里市民体育館改修工事の建築工事につきましては、平成7年5月23日に10組による建設共同企業体によります指名競争入札を行いましたところ、請負業者が決定いたしましたので、ここに請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事の概要といたしましては、屋根葺き替え工事、建築内装工事、その他工事でございます。

 工事場所は吹田市藤白台5丁目5番1号でございまして、工期は本市議会議決後から平成8年6月28日までとなっております。

 請負金額は4億6,659 万円でございまして、請負者は大本・小林建設共同企業体で、保証人といたしましては大豊建設株式会社大阪支店でございます。

 次に、議案第56号 電気設備工事につきましては、平成7年5月23日に10社によります指名競争入札を行いましたところ、請負業者が決定いたしましたので、ここに請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事の概要といたしましては、受変電設備、電灯設備、放送設備、自動火災報知設備の工事でございます。

 工事場所は吹田市藤白台5丁目5番1号でございまして、工期は本市議会議決後から平成8年6月28日までとなっております。

 請負金額は1億7,510 万円でございまして、請負者は株式会社雄電社大阪支店、保証人といたしましては株式会社サンテック大阪支社でございます。

 なお、お手元に配付させていただいております議案参考資料33ページから52ページに位置図、請負者の営業の沿革、工事経歴書、貸借対照表、損益計算書、委任状、各種図面並びに分離発注の状況を記載いたしておりますので、よろしくご参照のうえ、ご審議いただき、原案どおりご可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第55号及び議案第56号を採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第55号及び議案第56号は可決されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程9 議案第57号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。下水道部長。

  (下水道部長登壇)



◎下水道部長(森島治雄君) ご上程いただきました議案第57号 吹田市正雀下水処理場流量調整池機械設備工事請負契約の締結につきまして、提案の理由及びその概要をご説明申し上げます。

 本件につきましては、去る5月18日9社によります指名競争入札を行いましたところ、請負者が決定いたしましたので、ここに請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事の概要といたしましては、沈砂掻揚設備、除塵設備、洗浄設備、配管設備、その他でございます。

 工事場所といたしましては、摂津市千里丘7丁目12番52号、正雀下水処理場内でございます。

 工期といたしましては、本市議会議決後着工いたしまして、完成は平成8年3月29日でございます。

 請負金額といたしましては、5億8,710万円でございます。

 契約保証金額といたしましては、1,761万3,000 円(履行保証保険額面)でございます。

 請負者といたしましては、株式会社クボタ 代表取締役社長 三井康平でございます。

 保証人といたしましては、株式会社神戸製鋼所大阪支社 支社長 田邊敏夫でございます。

 なお、議案参考資料の53ページから62ページにわたりまして営業の沿革、主たる工事の経歴、貸借対照表、損益計算書、位置図等を添付いたしておりますので、ご参照いただきまして、よろしくご審議のうえ原案どおりご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(寺浦正一君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたいと存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第57号を採決いたします。

 本件について承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第57号は可決されました。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 議事の都合上、しばらく休憩いたします。

       (午前10時52分 休憩)

          −−−−−−−−−−−−−−−

       (午前11時18分 再開)



○議長(寺浦正一君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程10 常任委員会の所管事項に関する事務調査についてを議題といたします。

 本件につきましては、各常任委員長から調査事件について別紙お手元に配付してあります常任委員会の所管事項に関する事務調査一覧表のとおり平成8年3月31日まで閉会中も調査いたしたい旨の申し出があります。

 各常任委員長の申し出のとおり許可いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        常任委員会の所管事項に関する事務調査一覧表

                             平成7年6月臨時会



常任委員会
調査事件
調査期限


財政総務
1 財政運営について

2 情報化施策について

3 国際化施策について

4 人権啓発、非核平和推進について

5 防災対策について
平成8年(1996年)3月31日


文教経済
1 学校教育行政について

2 社会教育行政について

3 体育振興行政について

4 コミュニティセンターについて

5 産業振興施策について

6 女性政策について
同上


民生環境
1 福祉行政について

2 保健、医療行政について

3 公園整備、緑化推進について

4 廃棄物処理行政について
同上


建設
1 道路等の整備及び交通安全行政について

2 市営住宅及び建築・開発指導行政について

3 市街地再開発及び都市景観行政について

4 下水道の整備について

5 水道事業について
同上



 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 次に日程11 議会運営委員会の継続調査についてを議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会委員長から継続調査について別紙お手元に配付してありますとおり平成11年5月26日まで閉会中も調査いたしたい旨の申し出があります。

 議会運営委員会委員長の申し出のとおり許可いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             議会運営委員会の継続調査

 1.調査事件

  (1)次期定例会の会期、議会運営の効率化等、議会の運営に関する事項について

  (2)議会の会議規則、委員会条例等に関する事項について

  (3)議長の諮問に関する事項について

 2.調査期限

     平成11年5月26日

    (1999年)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(寺浦正一君) 以上で日程は終了いたしました。

 閉会に先立ち市長のあいさつを受けることにいたします。市長。

  (市長登壇)



◎市長(岸田恒夫君) 6月臨時会の閉会に当たりましてお礼のごあいさつを申し上げます。

 このたび議会におかれましては役員選出を滞りなく終えられましたことに対しまして心からお喜びを申し上げます。また、新しくご就任なされました寺浦議長、由上副議長、そして各委員会の役員の方々、議員の皆様方には、これからも引き続きまして我々に指導、ご高配を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

 今回本議会にご提案をさせていただきました諸議案につきまして、それぞれ原案どおりご議決を賜りました。特に助役選任に対しましては大変ご高配をちょうだいいたしまして、厚くお礼申し上げます。

 今後とも私はじめ職員一同心を新たにいたしまして、快適で安心して住み続けていただき、真の豊かさというものを実感できる人づくり、まちづくりを目指しまして、そして市民の皆様にお約束いたしましたことの実現に向けまして、心を引き締めまして全力で取り組んでまいりたいというふうに存じております。

 最後になりましたが、天候不順な折、議員各位におかれましてはくれぐれも御身ご自愛を賜りましてますますご健康にてご活躍されますよう心からお祈り申し上げまして、閉会に当たり感謝とお礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。



○議長(寺浦正一君) 去る6月5日から統一地方選挙後の初議会に当たり、役員構成を中心にことのほかご心労を煩わせ、まことに恐縮に存じます。皆様のご協力によりまして本日予定どおり終了いたしましたことを厚くお礼申し上げます。

 これにて本日の会議を閉じるとともに6月臨時会を閉会いたします。

       (午前11時22分 閉会)

          −−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



吹田市議会議長寺浦正一 

吹田市議会議員福屋隆之 

吹田市議会議員森本 彪