議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 吹田市

平成15年  3月 定例会 03月25日−06号




平成15年  3月 定例会 − 03月25日−06号







平成15年  3月 定例会



               吹田市議会会議録6号

                              平成15年3月定例会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 平成15年3月25日 午前10時開議

1 議案第1号 吹田市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例の制定について

2 議案第3号 吹田市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定について

3 議案第5号 吹田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

4 議案第7号 吹田市立障害者支援交流センター条例の一部を改正する条例の制定について

5 議案第8号 吹田市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について

6 議案第9号 吹田市立総合福祉会館条例の一部を改正する条例の制定について

7 議案第12号 吹田市建築基準法施行条例の一部を改正する条例の制定について

8 議案第13号 吹田市自転車駐車場条例の一部を改正する条例の制定について

9 議案第14号 町区域の一部変更について

10 議案第15号 市道路線の認定について

11 議案第28号 平成14年度吹田市一般会計補正予算(第4号)

12 議案第29号 平成14年度吹田市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

13 議案第30号 平成14年度吹田市下水道特別会計補正予算(第3号)

14 議案第31号 平成14年度吹田市部落有財産特別会計補正予算(第1号)

15 議案第32号 平成14年度吹田市交通災害共済特別会計補正予算(第2号)

16 議案第33号 平成14年度吹田市勤労者福祉共済特別会計補正予算(第2号)

17 議案第34号 平成14年度吹田市火災共済特別会計補正予算(第2号)

18 議案第35号 平成14年度吹田市老人保健医療特別会計補正予算(第3号)

19 議案第36号 平成14年度吹田市介護老人保健施設特別会計補正予算(第2号)

20 議案第37号 平成14年度吹田市自動車駐車場特別会計補正予算(第1号)

21 議案第38号 平成14年度吹田市介護保険特別会計補正予算(第3号)

22 議案第39号 平成14年度吹田市水道事業会計補正予算(第2号)

23 議案第40号 平成14年度吹田市病院事業会計補正予算(第2号)

24 議案第16号 平成15年度吹田市一般会計予算

25 議案第17号 平成15年度吹田市国民健康保険特別会計予算

26 議案第18号 平成15年度吹田市下水道特別会計予算

27 議案第19号 平成15年度吹田市部落有財産特別会計予算

28 議案第20号 平成15年度吹田市交通災害・火災等共済特別会計予算

29 議案第21号 平成15年度吹田市勤労者福祉共済特別会計予算

30 議案第22号 平成15年度吹田市老人保健医療特別会計予算

31 議案第23号 平成15年度吹田市介護老人保健施設特別会計予算

32 議案第24号 平成15年度吹田市自動車駐車場特別会計予算

33 議案第25号 平成15年度吹田市介護保険特別会計予算

34 議案第26号 平成15年度吹田市水道事業会計予算

35 議案第27号 平成15年度吹田市病院事業会計予算

36 議案第41号 平成14年度吹田市一般会計補正予算(第5号)

  +市会議案第1号 平和貢献に関する意見書

37 |

  +市会議案第2号 司法改革に関する意見書

38 市会議案第3号 4月からのサラリーマンの医療費3割負担の凍結を求める意見書

39 市会議案第4号 消費税の大増税に反対し、税率を3%に引き下げることを求める意見書

40 市会議案第5号 医療保険制度の抜本改革の早期推進を求める意見書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯付議事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員  34名

     1番  六島久子君           2番  梶川文代君

     3番  和田 学君           4番  山口克也君

     5番  奥谷正実君           6番  木村 裕君

     7番  池渕佐知子君          8番  寺尾恵子君

     9番  西川厳穂君          10番  神保義博君

    11番  桑原 薫君          12番  宇都宮正則君

    13番  森本 彪君          14番  山本 力君

    15番  豊田 稔君          16番  野村義弘君

    18番  由上 勇君          19番  藤木祐輔君

    20番  元田昌行君          21番  福屋隆之君

    22番  前田武男君          23番  隅田清美君

    24番  村口 始君          25番  山田昌博君

    26番  山下真次君          27番  伊藤孝義君

    28番  信田邦彦君          29番  藤川重一君

    30番  木下平次郎君         31番  山根 孝君

    32番  曽呂利邦雄君         33番  倉沢 恵君

    35番  松本洋一郎君         36番  飯井巧忠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員  0名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席説明員

 市長        阪口善雄君   助役        樋口 章君

 助役        荒起一夫君   収入役       佐藤 登君

 水道事業管理者   岡 義治君   総務部長      山中久徳君

 企画部長      溝畑富廣君   財務部長      岡本昌則君

 人権部長      青木孝史君   市民文化部長    冨田雄二君

 福祉保健部長    香川義孝君   児童部長      那脇 武君

 環境部長      徳野暢男君   都市整備部長    松尾俊男君

 建設緑化部長    奥野義明君   下水道部長     熊谷征治君

 市民病院事務局長  野本武憲君   消防長       奥谷 有君

 水道部長      岡本清己君   教育委員会委員長  立山榮三君

 教育長       椿原正道君   学校教育部長    奥谷義信君

 教育監       丸田耕三君   社会教育部長    北野敞義君

 体育振興部長    松田 猛君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職員

 事務局長      川野生道君   事務局次長     木下修二君

 議事課長      藤川 正君   議事課長代理    齋藤 昇君

 議事係長      小西義人君   書記        橋本賢一君

 書記        加樂拓也君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      (午前11時34分 開議)



○議長(森本彪君) ただいまから3月定例会を再開し、直ちに本日の会議を開きます。

 諸般の報告をいたします。

 本日の応招議員は34名でありまして、病気その他の理由による欠席届出者はありません。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしてありますので、それによりご承知願います。

 本日の署名議員を私から指名いたします。

 8番 寺尾君、19番 藤木君、以上両君にお願いいたします。

 これより議事に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 日程1 議案第1号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。4番 山口君。

  (4番山口君登壇)



◆4番(山口克也君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第1号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、選挙における開票立会人等の報酬の支給方法を変更しようとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

1 選挙長等の特別職に対する費用弁償の考え方

2 開票事務における食事の提供

3 開票事務に従事する職員の手当

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第1号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第1号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程2 議案第3号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。4番 山口君。

  (4番山口君登壇)



◆4番(山口克也君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第3号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、土地開発基金の額及び吹田市土地開発公社に対する貸し付けに係る規定を整備しようとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

1 基金の健全な運用と本市の財政運営との関連

2 基金の設置目的である確実かつ効率的な運用と土地開発公社に対する無利子貸し付けとの整合性

3 公社におけるコスト意識の必要性と今後の公社のあり方

4 公社所有地の処分の方向性と一般競争入札の導入

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第3号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第3号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第3号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程3 議案第5号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第5号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、国民健康保険法施行令等の一部改正に伴い、介護納付金賦課限度額の引き上げ等を行おうとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

 介護保険特別会計が黒字の中で、介護納付金賦課限度額を引き上げる理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 改正案の趣旨について説明を受けたが、介護納付金分の賦課限度額は、府下33市中10市が7万円であり、介護保険特別会計も黒字の中で、とりたてて吹田市が8万円に改定する必要があるのか疑問を感じる。

 よって、本案については反対する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第5号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第5号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認することに賛成の方はご起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、議案第5号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程4 議案第7号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第7号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、身体障害者福祉法等の一部改正に伴い、吹田市立障害者支援交流センターの使用者の範囲を拡大するとともに、使用料の設定等を行おうとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第7号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第7号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第7号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程5 議案第8号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第8号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、介護保険の保険料率を改定するとともに、保険料の徴収猶予及び減免の要件を拡大し、あわせて地方自治法施行令の一部改正に伴う所要の規定整備を行おうとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

1 特別養護老人ホームの待機者解消に向けた施設整備計画及び近隣市との連携や府へ改善を申し入れる必要性

2 低所得者に対する保険料徴収のあり方

3 保険料軽減の要件として預貯金等を100万円以下とする妥当性

4 保険料の徴収猶予を規定する第12条第1項第5号の「市長が特に必要と認める事情」の具体的な内容

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 介護保険制度はまだ過渡期と言える。サービス提供についてはまだ不十分である。このような現状を踏まえれば、介護保険料については本来、引き上げを回避すべきであるし、減免制度についても充実をするべきである。減免制度の抜本的な改善を強く要望し、本案に反対する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第8号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第8号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、議案第8号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程6 議案第9号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第9号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、身体障害者福祉法等の一部改正に伴い、障害者デイサービス事業を利用した場合における使用料の設定等を行おうとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

 障害者デイサービス事業について、市内在住者を優先利用させる考え

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第9号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第9号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第9号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程7 議案第12号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第12号について、審査いたしました経過並びに結果を報告をいたします。

 本案は、建築基準法に基づく事務に係る手数料を新たに定めるとともに、所要の規定整備を行おうとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

 新たに定める道路の位置指定又は私道の変更もしくは廃止の承認に係る7万7,000円の手数料の内容及び年間申請件数

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第12号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第12号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第12号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程8 議案第13号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第13号について、審査いたしました経過並びに結果を報告をいたします。

 本案は、阪急山田駅前に自転車駐車場の増設を行うとともに、所要の規定整備を行おうとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第13号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第13号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第13号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程9 議案第14号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第14号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、山田西3丁目及び山田西4丁目の境界の一部を変更しようとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

1 変更区域の面積及び居住者数

2 同区域内におけるマンション等の建設予定

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第14号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第14号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第14号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程10 議案第15号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第15号について、審査いたしました経過並びに結果を報告をいたします。

 本案は、道路法の規定により、古江台45号線ほか37路線を認定しようとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

 古江台45、46、47号線の認定経過と今後の管理

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第15号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第15号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第15号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 議事の都合上、午後1時まで休憩いたします。

      (午前11時54分 休憩)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      (午後1時21分 再開)



○議長(森本彪君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程11 議案第28号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、各常任委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について各常任委員会委員長から報告を受けることにいたします。

 まず、文教市民委員会委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第28号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 草花栽培助成金103万円及び市民農園整備運営補助金162万6,000円の減額理由

2 防犯警備協力員配置事業の実施状況

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第28号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、福祉環境委員会委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第28号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 環境部所管分として

1 各施設において光熱水費を減額補正しようとする理由

2 ごみ焼却施設建設に係る基本計画作成等の業務委託先の選定方法

などについて質問がありました。

 次に、福祉保健部所管分として

 老人医療助成費で減額補正しようとする理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第28号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、建設委員会委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第28号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 都市整備部所管分として

1 市営岸部中住宅の建て替えに伴う転出移転補償費の減額理由

2 市営住宅入居者の水道料金滞納に対する市の責任

などについて質問がありました。

 次に、下水道部所管分として

1 農地費の減額補正理由

2 安威川ダム建設負担金を減額した理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第28号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、財政総務委員会委員長から報告を受けることにいたします。4番 山口君。

  (4番山口君登壇)



◆4番(山口克也君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第28号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 市税過誤納金還付金を増額補正した理由と平成15年度の見通し

2 債務負担行為補正の詳細な内容と土地開発基金の運用面における今後の考え方

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第28号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第28号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第28号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程12 議案第29号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第29号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市国民健康保険特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ3,527万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ235億4,619万円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第29号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第29号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第29号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程13 議案第30号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第30号について、審査いたしました経過並びに結果を報告をいたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 正雀下水処理場の汚泥処理委託業務の契約方法

2 下水処理場における光熱水費の減額補正理由

3 山田川流域の浸水対策

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第30号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第30号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第30号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程14 議案第31号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。4番 山口君。

  (4番山口君登壇)



◆4番(山口克也君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第31号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市部落有財産特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ285万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ16億6,905万1,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第31号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第31号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第31号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程15 議案第32号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第32号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市交通災害共済特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6,475万3,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第32号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第32号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第32号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程16 議案第33号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第33号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市勤労者福祉共済特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ560万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3,827万1,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第33号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第33号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第33号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程17 議案第34号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。1番 六島君。

  (1番六島君登壇)



◆1番(六島久子君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第34号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市火災共済特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ153万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9,196万5,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第34号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第34号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第34号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程18 議案第35号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第35号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市老人保健医療特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ30億643万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ252億4,455万6,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第35号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第35号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第35号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程19 議案第36号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第36号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市介護老人保健施設特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ3,846万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億1,577万9,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第36号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第36号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第36号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程20 議案第37号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第37号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 自動車駐車場使用料の減額補正のあり方及び減額理由

2 江坂公園駐車場でのトラブルへの対応

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 江坂公園駐車場の利用者減、使用料減については、非常に心配しているところである。外的な条件による圧迫もあるかもわからないが、内面的に改良、改善、また、営業できるところは最大の努力をして、経営と予算計上をどちらも正常化するよう要望して、本案に賛成する。

2 審査の中でも指摘をしたとおり、今回の補正予算の計上の仕方は余り正常な姿ではない。今後、大いに研究をして、整合性のある計上を行うように、強く指摘をしておきたい。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第37号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第37号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第37号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程21 議案第38号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第38号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成14年度吹田市介護保険特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ2億351万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ97億4,970万8,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第38号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第38号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第38号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程22 議案第39号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第39号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 給水収益1億7,500万円減額の内訳及び理由

2 浄水送水費の薬品費の減額内容

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第39号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第39号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第39号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程23 議案第40号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。23番 隅田君。

  (23番隅田君登壇)



◆23番(隅田清美君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第40号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 外来患者数が当初の見込みより減少した理由

2 退職給与金を減額補正しようとする理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第40号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第40号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第40号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程24 議案第16号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、各常任委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について各常任委員会委員長から報告を受けることにいたします。

 まず、文教市民委員会委員長から報告を受けることにいたします。24番 村口君。

  (24番村口君登壇)



◆24番(村口始君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第16号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 市民文化部所管分として

1 公共施設の運営に当たり、市民や関係者などとのコンセンサスを得た事業推進

2 (仮称)産業振興条例の制定に向けた取り組み

3 障害者や母子家庭の母親などが就労に関する情報を身近な場所で得ることができるシステムの構築

4 商工費が前年度予算と比べて2,351万円減額されている理由

5 ISO9001を取得する企業に対する市の助成

6 歴史文化まちづくりセンターとしての情報の収集及び発信の方策

7 竹文化の保存・継承の取り組み

8 市民農園事業を実施するに至った経緯

などについて質問がありました。

 次に、学校教育部所管分として

 学校規模適正化事業について

1 安全対策が十分でない中で、4月から校区変更を実施しなければならない理由

2 学校規模適正化を進める上で、市の全体計画の必要性及び保護者との定期的な協議の場の確保

3 防犯警備協力員配置事業の報償費を廃止した理由

4 少人数学級編成に向けた市独自の取り組み

5 学校コンピュータのインターネット接続回線の改善

6 学校教育改革推進奨励補助金の使途

7 学校給食から出る生ごみの堆肥化

8 ガラス修繕料の執行率が高い学校に対する教育委員会の対応

などについて質問がありました。

 次に、社会教育部所管分として

1 地区公民館の活性化に向けた取り組み

2 図書館と大学図書館、児童文学館などとの連携

3 図書館と自動車文庫による相乗的なサービスの充実

4 (仮称)千里山・佐井寺図書館において、対面朗読室を3階に設置する理由

5 来館者を増やすための博物館の取組及び収蔵庫の拡充

6 博物館と学校の連携

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては、

1 商工費について

  当初予算全体の中で占める商工費は、0.5%しかないにもかかわらず、平成14年度と比較して2,351万円も予算が削減されており、問題である。

  その内容を見てもビジネスインキュベート施設支援事業補助金交付事業を初め、商業活性化コンサルタント派遣事業補助金交付事業、商店街等設備近代化促進利子補助金交付事業、女性・中高年起業家支援利子補給金交付事業等が軒並み減額されているのは納得できない。

  長引く不況のため、我が党は以前から本市の施策として(仮称)産業振興条例の制定が必要不可欠と考えており、提案もしているが、現時点でも算化をされていない。早期の実現を強く要望する。

  学校教育費について

  校区変更問題については、昨年5月に予測した児童数が千里新田小学校、佐井寺小学校について、本年3月7日現在の調査で大幅に下回っており、強いて校区変更をしなくてもよいことが質疑の中で明らかになったのではないかと考える。また、今回、校区変更を余儀なくされている住民の方々から、我が議員団に寄せられている声を聞くと納得していないという内容が多い。

  先に校区変更ありきで住民の声に耳を貸さない状況を改める必要がある。

  今後の対応として、保護者との定期的な協議の場をつくり、あわせて最低でも登下校の交通指導員の増員、また、危険箇所の安全さくの設置を早急に行うよう強く要望する。

  さらに校区変更により、地域の各団体や住民の間にしこりが残らないよう十分な対応をすべきである。そういう対応が不十分であるので、校区変更の問題についても賛成できない。

  少人数学級編成については、現在、吹田東小学校5年生、豊津西中学校3年生について、弾力的運用の中で少人数学級編成となっているが、市独自でも少人数学級編成を拡大すべきである。

  本年度については、校区変更の対象である佐竹台小学校1年生について少人数学級編成を弾力的に適用すべきである。

  就学援助費の所得制限が、生活保護費基準の1.5倍から1.3倍に引き下げられたことにより、283人もの対象者に影響が出ていることが質疑の中で明らかになった。

  長引く不況により、生活が年々苦しくなっている中で、再び所得制限枠を緩和するよう強く求める。

  社会教育関係予算について

  博物館のあり方については、来館者数が年々伸び悩んでいる状況であり、今後、魅力ある博物館運営のために博物館を考える市民会議等、市民の声を積極的に取り入れるとともに、資料購入費などの予算化を実現すべきである。

  以上の意見を延べて、本案については承認できない。

2 市民文化部所管分について

  歴史文化まちづくりセンターについては、人・もののセンターとしては、もちろんのこと、情報の集積・発信のセンターとしての役割を認識し、そのためのハード面、ソフト面についての充実を図ってほしい。

  経済不況の続く現在、市内商工業者、特に中小業者の基礎体力そのものが落ち込んでいる。これまでの商工業振興のための支援策は、基礎体力があってこそ効果があるといえる。新しい発想や、新しい分野での起業支援も含め、もっと支援効果の上がる施策の研究・実施を期待する。

  地域就労支援事業については、働く意欲がありながら就労阻害要因のために雇用・就労に結びつかない人々に対しての就労支援促進とのことであり、期待している。しかし、出口があっての就労支援である。関係機関や地域企業等との協力・連携はもちろんのこと、障害者や母子家庭の母親などが遠くに出かけてまで情報を得るのは大変である。就労のための情報を身近な場所で得ることができるシステムを考えてほしい。

  学校教育部所管分について

  学校給食の生ごみの堆肥化については、ごみ減量・堆肥化を目的とすることに加え、循環型社会への意識啓発など、学校の環境教育としての視点はいつも必ず持ってほしい。なお、行政コストを明らかにするためにも、ごみ減量による効果、すなわち、ごみ収集委託料の減少分や環境教育への貢献度と事業のためのコストについてはきちんと計上してほしい。

  学校規模適正化に係る予算に関して、特に交通指導員の配置等は、当事者、また、地域の交通事情がよくわかっている方々の意見も十分聞き、子どもの安全を守るために、より効果的な配置と運用をお願いしたい。

  部活動指導者派遣については、学校内部の指導者が減少し、部の存続にかかわることもある中、地域その他外部からの指導者の派遣は、子どもたからも喜ばれている。

  今後は、学校の部活動から地域のクラブへの広がりも含めて、知育だけではない、教育の場としての部活動・クラブ活動を考え、推進してほしい。

  社会教育部所管分について

  地区公民館の事務員については、高齢でかなり長期にわたって在職している方もいるようである。地域の生涯学習、地域コミュニティ醸成の場として地区公民館が活性化するためには、事務員の年代の偏りと長期在職はいかがなものかと懸念する。館長は内規により定年が定められているとのことであるので、事務員にも定年を定め、長期在職にならないよう、連合自治会への委託内容について検討してほしい。

  (仮称)千里山・佐井寺図書館建設により市内6ブロック構想における図書館の設置は、一応の区切りとなると考える。

  しかし、まだまだ歩いて行けるところに図書館がない地域もあり、また、自動車文庫ならではの利点もあるので、図書館と自動車文庫による相乗的なサービスの充実を図ってほしい。

  以上のことを要望して、本案に賛成する。

3 市民文化部所管分について

  市民センター費については、千里、岸部、豊一、千里丘の四つの市民センター費のうち、委託料の増減にばらつきがある。

  他の施設などの委託料と比べて、そのばらつきように少し疑問を感じるが、ばらつきの理由としては、正職員の減員、非常勤職員の減員、施設管理公社の勤務時間の変更などが要因であるとの説明があった。このような理由であれば、市民文化部が所管する施設だけではなく、市内全域にある公共施設全体の委託料や管理運営全体の費用にもかかわってくると考えるので、本市の全体的な意思統一、疎通を図り、共通認識と現在、従事されている方々のコンセンサスを得た上で、利用されている市民に、より理解、納得してもらえる施設運営に努力することを強く求める。

  歴史・文化のまちづくりに関して、関係者などとのコンセンサスを得ていないにもかかわらず、勝手にことを進めているといった面が多過ぎる。

  今議会にかかわることだけでなく、これまでにも同じように勝手にことを進めていたことが多々あった。その都度、是正を求めてきたが、今回も強く指摘せざるを得ない。

  今までに費やした税金は事業費で10億円近くになっており、人件費も含めると莫大な税金を費やしている。その責任があるということをもっと自覚して、鶏と卵が逆であるといった今までのような事業の進め方を今後は絶対にしないよう、きつく諫言する。

  学校教育部所管分について

  防犯警備協力員配置事業の報償費の打ち切りや保険料の増額、需用費を新たに予算化するなどの変更をしているが、これまで尽力された協力者の方々の本音や思いをよく聞いた上で、その好意や意思を十分に尊重し推進するよう強く求める。

  学校適正規模を保つ上で必要とされる統廃合や校区変更をするに当たり、吹田市全体の状況が理解できる資料も構想もない。

  現状では、説得力や説明責任、情報の収集・公開が不十分であると強く感じる。関係部局との庁内協議や隣接する市町村の状況も含め、本市全体での取りまとめをして企画部とともにしかるべき意思統一を図って協力体制をつくり、この課題に取り組むべきである。

  そして、保護者の方々により理解、納得してもらい、これまでのような強引な進め方と取られてしまうようなことがないよう強く求める。

  情報教育については、多様化し高度になってきているこの分野において、より安定した情報教育環境を整え、それを保っていくには情報技術の専門知識を持つ人材の確保と本市全体の情報基盤整備が必要である。しかしながら、情報基盤整備については、他市に遅れをとっているのが現状であり、このままでは本市全体に影響する。

  早急に教育委員会、市長部局などという概念や隔たりを捨て、本市全体が一丸となって取り組む体制をつくり、積極的に進めるよう強く求める。

  社会教育部所管分について

  生涯学習を推進するのは、あくまでも人であり、法によって動かされているのではない、と当たり前のことを殊さらに言わなければならないような答弁が、今委員会でも多々あり、根本的なところで欠如していると考える。もっとそれぞれの職員の思いや、やる気が見える推進を強く求める。

  (仮称)千里山・佐井寺図書館については、市民会議の委員があれほどに訴え、望んだものになっていないことが大変残念でならない。せめて協議会を設置すると市長が約束したことは必ず守ってほしいと考えたが、実施主体は教育委員会であるからという市長答弁については、さきの意見にもあるように、市長部局と教育委員会という隔たりがまだまだあると強く感じる。

  そのような状態において、本市全体の意思統一、疎通が図っていけるのか、これから先の未来に対し、どのようなまちを残していくのか、真剣に考えなければならない時期に、このような答弁をしていることに対して大変愕然とする。

  以上の意見を述べ、本案に賛成する。

4 学校教育部所管分について

  学校教育改革推進事業においては、学校教育改革推進奨励補助金は、研究会等の参加に要する経費、続いて研修会等の開催に要する経費が使途の中で一番多く、教育改革推進の名称と名目は合致しておらず、ばらばらである。

  学校教育室指導課の教育研究の推進事業費と教員研修事業費、また、教育センターの学校教育改革推進事業費を精査して、研究・研修事業費として一本化し、教育センターに管理運営を任せるよう検討されたい。また、名称の改善の早期検討も要望する。

  社会教育部所管分について

  博物館運営においては、市民への広報は専門的知識を有する学芸員や博物館を考える市民会議委員と協働でつくる要素にはなっていない。今後、市民のための博物館として機能できるボトムアップ型で、中・長期的な計画の中で、市民の意見を反映できるようなシステムに改善を望む。

  また、博物館活性化のために、博物館は、資料を十分に収集・保管していることが前提であり、収蔵品を幅広く収集・整理・研究していくために収蔵庫の拡張が急務であると考える。そのためには、小学校の空き教室等の転用を一歩進め、収蔵庫の代替としてではなく、展示室をも含めた分館として、学芸員等も常駐する機能を持つ施設として活用するよう提案する。

  さらに博物館と学校の連携が大切である。博物館は学校の授業内容を意識して実施し、学校は学芸員等のレクチャーを授業の一環として位置づけることを社会教育部と学校教育部が連携して、さらなる協力と努力をするよう強く求め、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第16号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、福祉環境委員会委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第16号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 環境部所管分として

1 ごみ袋の無色半透明化に至った経緯と今後の方針

2 市民との協働によるごみ減量の成果及び具体化

3 事業系ごみの減量対策の強化

4 事業系生ごみ処理機の導入の拡大

5 廃棄物減量等推進員の役割及び認知のためのPR

6 し尿処理及びごみ収集における直営と民間委託の格差、また、今後の民間委託への方向性

7 公用車の低公害車導入に当たり、天然ガス車を選定した理由と今後の方向性

8 簡易裁判所前の大気汚染対策に対する市の取り組み

などについて質問がありました。

 次に、児童部所管分として

1 人口の増加が予測される地域における保育所整備の促進

2 乳幼児医療費助成制度の就学前児童までの適用と所得制限の撤廃

3 留守家庭児童育成室事業における受け入れ対象児童の拡大

などについて質問がありました。

 次に、福祉保健部所管分として

1 老人医療費助成制度の充実

2 市民にわかりやすい乳幼児健康診査の実施方法

3 バリアフリーマップの更新の必要性

4 在宅介護支援センターの地域ケアにおける役割

5 社会福祉費のうち前年度比で大きな増減のある理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 環境部所管分について

  ごみ袋の問題について、今年の10月から指定袋以外は回収しないという方針については、きちんと議会に提案した上で決めるとのことで撤回された。もともと昨年の当初予算で審議もされていないのに、この3月からごみ袋の緑色半透明から無色半透明に変更することを強行したものである。これは議会軽視であり、今後、このようなことがないように改善することを指摘した。ごみ袋の無色化はプライバシーの問題にもかかわることである。ごみ行政については、本来住民の協力と合意なしには成り立たない中で、この実施には問題がある。

  ごみの問題については、地球環境の保護や高額化する焼却炉の問題、埋め立て処分場の不足などがあり、減量化のための方策については、プラスチック系ごみを厳格に分別すればダイオキシンの発生を防げ、簡易な焼却炉での燃焼が可能である。そのためには市民的な理解と、議会も含めた取り組みが不可欠である。10年前の5種分別への移行の際は、連日、市の職員が1,000回以上の市民説明会を実施し、その結果、全国でも評価される減量化を成功させた。ぜひ市民参加の原点に立ち返っていただきたい。

  児童部所管分について

  保育園の改修と待機児問題について指摘した。4月1日の待機児は千里丘・山田地域で極めて深刻である。山田26人、西山田20人、山三18人、合計64人であり、ぜひ改善されたい。

  留守家庭児童育成室の待機児解消については、豊一小学校、南山田小学校での問題が指摘された。これは開発問題との関連があり、ぜひ全庁的に対応されたい。

  障害児童の放課後対策については、継続的な課題であり、ぜひ前進するよう要望する。

  福祉保健部所管分について

  支援費制度については、社会福祉法第6条に「国及び地方自治体は、福祉サービスの推進・措置を講じなければならない」と明記されている。この中で、新たに支援費制度がスタートする。ガイドヘルパーの問題では400人がサービス提供に当たっていたが、結局15人に激減した。他の事業所に200人が登録したとしているが、苦情が殺到している。優秀なガイドヘルパーが散逸しないように、制度移行に伴うサービス提供に支障がないように、市としての努力を強く望むものである。また、基盤整備の問題、負担軽減の問題、無認可作業所への支援などに一層努力されたい。

  老人医療費助成については、国の法制度の改悪が、直接市民に押し寄せている。市の取り組みも後退につぐ後退との報告があった。市民の負担についても、平成12年度の窓口負担が4,500円であるが14年度には6,900円になっており、この面でも負担増となっている。かつて榎原市政が先駆的な老人医療費無料化制度を実施したが、このままでは全国で最低ランクになろうとしており、自治体として独自の努力を強く要望する。

  1歳半健診については、特定の圧力で行政を歪めてしまうことになっており、大変遺憾に思う。本来、だれにでもわかりやすい説明書にすべきである。市政運営として、今後、公正・中立に毅然として対応すべきである。

  以上の意見を延べて本案に反対する。

2 環境部関係では、し尿及びごみの収集に関しては直営と民間委託とで大きなコストの差が出ており、早期に民間委託に移行するように検討すべきである。

  生ごみ処理機の普及に力を注ぐべきであり、教育委員会や関係部局と積極的に協議を進められたい。また、事業所の生ごみ処理機の導入にも市当局が積極的に指導をすべきであり、そのためにもまず市の施設、市役所や市民病院の食堂等での早期導入を図るべきである。

  市営葬儀については、現実に見合った料金改定や飾りつけ等を検討し、近隣市等とも調整し、年度途中であっても早期に見直しをされたい。

  ISO14001の認証取得については、本庁以外の出先機関でも早期に取得できるよう積極的な対応を求める。

  児童部関係では、留守家庭児童育成室事業については、全児童を対象に安心で安全な学校内での事業ができるように教育委員会等ともよく連携を深め、現在の矛盾点等の解消にも努められたい。

  乳幼児医療費無料化制度については、就学前の児童にまで拡充されることを要望する。

  福祉保健部関係では、特養の施設建設計画は平成16年に2施設160床が予定されているが、それでも待機者推計からすればなお不足しており、さらなる次の建設計画が急がれる。市として積極的な対応で平成17、18年にも建設ができるよう対処することを強く要望して、本案に賛成する。

3 環境部について

  環境は全市を挙げて優先順位の高いテーマである。縦割り行政で減量計画が進まないことのないよう各事務事業をごみ減量の視点で見直し、新しい取り組みも加えられたい。

  減量の量が計画を5,000t以上上回ったことについて、取り組みの方法を再度分析し、さらに実効ある仕事をするよう要望する。

  ごみの分別、減量に取り組んでいる市民から見て努力しがいのある計画を実行するよう要望する。

  福祉保健部について

  在宅介護支援センターが地域ケアの重要な役割を担うことができるよう、目に見える到達目標を掲げ、地域福祉の増進を図るよう強く要望して、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第16号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、建設委員会委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第16号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 都市整備部所管分として

1 千里ニュータウンに関する市民意見を取り上げて再生するための実行力ある組織の設置

2 山田駅周辺地域における土地の高度利用化

3 市営住宅家賃滞納者明け渡し訴訟の対象者と市の対応

4 同訴訟に係る弁護士謝礼金と家賃滞納額

5 同訴訟を行う基準の明文化

6 市営住宅家賃滞納者に対する市の取り組みと責任

7 岸部中住宅西1号館及びそのピロティー部分の建設費

などについて質問がありました。

 次に、建設緑化部所管分として

1 民間駐車場整備助成事業費の増額理由と助成事業への取り組みの考え方

2 財政状況が厳しい中で多額の経費を要している放置自転車の今後の対策

3 緑化推進事業の取り組みと緑化推進基金の原資の活用

4 生垣等緑化推進助成に対する柔軟な対応

5 安全、安心なまちを目指した街路灯の設置及び維持管理

などについて質問がありました。

 次に、下水道部所管分として

1 水路の維持管理業務

2 安威川ダム建設の必要性の是非と市民へのPR

3 味舌水路改良工事の内容及び工事の分離分割発注

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 低床バスの計画的導入や道路等の整備等、バリアフリーに関する事業、また、コミュニティバス導入に向けての予算化等、市民のこれまでの要望にこたえた施策が進められつつある点は評価する。

  しかし、安威川ダム12条建設負担金737万8,000円については、今日の社会的情勢の中で、公共事業のあり方、とりわけダム等の建設事業が見直され、安威川ダムについても、自然の生態系の破壊が心配されるなど環境問題等へのさまざまな意見がある。

  このようなもとで、見通しが不確かなまま毎年予算化されるのは問題である。

  また、市営住宅ふれあい相談業務委託料235万9,000円は、13世帯に対して建て替えの仮住まい等の高齢者の生活不安を取り除くために人権協会に委託するとのことであるが、内容はともかく、他の施策に比べて突出したものであり、ふれあい相談は建て替え事業の通常業務として対応できるものであり、行政の公平性から見ても、わざわざ事業化する妥当性は認められない。

  以上の問題点を指摘し、本案に反対する。

2 市内各水路のしゅんせつ、補修にあっては、パトロール等を強化し、水路の滞留や付近の市民に与える汚臭の解決に万全を期すこと。

  緑化推進にあっては、ややもすれば、今日、緑化維持のみに追われ、旧市内における目に見える形の緑化推進が行われていないと思料する。

  平成14年度末で13億2,700万円ある緑化推進基金の元金活用の中で、緑のネットワークの拡充、遊歩道の整備、屋上緑化の推進、生垣等緑化の推進等々を含め、その事業の活性化を行うこと。

  市営住宅管理においては、今後も滞納者の増大が予想されるところである。しかし、市営住宅に対する不公平感を払拭するためには、きちっとした対応はとらなければならない。

  今回提示された処理規程に従って滞納に関する作業を進めることを指摘し、本案に賛成する。

3 本市は、36.11k?という狭隘な市域の中に人口35万人の市民が住んでおり、全国的に見ても非常に人口密度の高い土地である。その点から見て、山田駅周辺整備事業については、駅前といういろいろな機能が集積される地域であって、今後、ますます本市の発展、繁栄を願う一人でもあるが、貴重で、かつ、限られた土地を、21世紀に十分対応できるよう有効かつ高度に利用し、公共の福祉に寄与できるまちづくりを今まで以上に積極的に推進することを強く要望して、本案に賛成する。

4 市民の生活基盤となるまちづくり建設に係る職員の日ごろの努力に感謝する。

  安全、安心を守る立場から、市内に数多くの防犯灯や照明灯が設置されているが、設置基準は定められているのか。

  暗くて汚い場所は、えてして、事件、事故が発生しやすくなる。特に、要望の強い地域、場所は、現場を確認し、早期に判断して結論を出し、事件、事故を未然に防ぐように最大の努力を強く要望して、本案を承認する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第16号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 次に、財政総務委員会委員長から報告を受けることにいたします。28番 信田君。

  (28番信田君登壇)



◆28番(信田邦彦君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第16号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 企画部、財務部、消防本部所管分として

1 自治基本条例制定に向けた取り組み等における市民意見の聴取と市民参加、情報公開のあり方

2 市としての総合的、自主的な判断に基づく施策の選択と既存施設の有効利用の考え方

3 企画提案政策形成研究会での検討内容と施策への反映

4 緊急地域雇用創出特別基金事業における本市の特徴と基金事業終了後の事業継続の必要性

5 防災等複合施設建設に向けたこれまでの検討経過と今後の整備の考え方

6 財政健全化計画案の進捗状況と建設事業の見直しの必要性

7 市民の防災意識の向上に向けた取り組みと防災FM事業の検討

8 地域における日常的な防犯事業と自主防災組織の整備

9 公共用地等の無償貸し付けの考え方

10 財政状況を勘案した総合的な本市の将来像を見据えた消防・防災行政の基本的な考え方

11 消防本部・西消防署合同庁舎建設事業計画の概要

12 救急活動における現地作業時間の短縮

などについて質問がありました。

 次に、市長室、総務部、人権部所管分として

1 業者との対応等を含めた職員のための相談体制の確立

2 電子市役所構築による市民にとってのメリット・デメリットと今後の情報化推進計画の見直し

3 電子入札の検討状況及び地理情報システムの導入効果

4 非核平和に関する市民への啓発

5 男女共同参画苦情等処理委員による相談体制と関係機関との連携

6 男女共同参画推進関係予算の一元化による効果

7 同和対策施策の一般施策への移行に伴う経過措置と今後の取り組み

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 平成15年度予算はいわゆる骨格型予算であり、歳入歳出それぞれ1,030億1,785万5,000円であるが、歳入における特徴として、市税は前年度比44億5,678万6,000円の減ということと、歳入不足を補うために財政調整基金56億円を取り崩し、加えてさらに今回初めて56億円の臨時財政対策債を発行するということである。本市は12年度から財政健全化計画を実施した結果、13年度から16年度までの4年間で約161億円の収支改善を見込んでいるものの、16年度末では約33億円の財源不足が見込まれている。財政危機の状況に入ったと言わざるを得ない。

  国内の経済状況を見ても好転するよい材料はなく、また、本市における歳入面でのプラス材料と言えるものもない。

  今後とも歳入歳出にわたり徹底した見直しが必要であり、今後の市政運営について、行財政改革は至上命題であることは言うまでもないが、このような状況においても市長の理念である協働と協育の考え方で市民の理解と協力を得ながら、市民のための行財政の運営に取り組まれたい。

  以下、委員会質疑の中で指摘した点、また、委員会関連施策について意見を述べる。

  安心・安全な地域の環境づくりのためには防災面では今後小学校区あるいは中学校区で自主防災組織、委員会の設置が必要である。そのための情報提供とフォローを望む。あわせて大震災を想定した関係施設、地域での取り組みとして関連情報の共有化も必要になる。

  大災害初期段階における被害を少しでも少なくするためには市民との協働が必要である。

  空き巣・盗難や車上荒らしが近年増加し、子どもに対してもさまざまな危害が加えられるような不安な社会状況にあって防犯面でも市レベルで対策を講じる必要がある。例えば、地域巡回警備員のための援助や地域と警察との連携を密にするための対応である。このためには市役所の組織改正にも今後取り組む必要がある。

  人権施策については、各小学校区での人権啓発推進協議会の活動などにより、男女共同参画関連事業、同和問題、障害者・国際化・環境問題まで、ある意味で生涯学習的な取り組みにより、市民参加で自発的、意欲的、有意義に研修活動を展開する予算が計上されていることは評価する。

  電子市役所の構築に向けての取り組みは、阪口市長になってから相当推進されたことについて評価する。

  今年度も新規に人事システム開発を3,764万円かけて行うが、このことにより年間相当の事務時間の軽減が可能との答弁もあった。市役所が取り組むIT化推進は費用効果も確認しながら行う必要がある。また、庁内LANシステムにしても、今後のLGWANにしても有効に機能していけるかどうか、今後市民に説明していく必要がある。

  吹田市情報推進化計画は策定されて5年が経過したが、今日の取り組み状況にあわせ再構築すべき時期に来ていると思う。

  以上の意見を述べて、本案に賛成する。

2 自治基本条例制定に向けての取り組みについては、今、地方分権と住民自治の進展により、独自の条例の形で自治体や住民の役割、責務、連携のあり方を定め、参画の仕組みを制度として保障する住民自治の法的ルールづくりが求められてきた。

  自治基本条例づくりにはさまざまな手法があるが、条例を死文化させないために十分な市民参加と徹底した市民への情報公開を進められ本市の住民自治にふさわしい条例制定を強く望む。

  現下の厳しい経済、雇用状況の中、とりわけ本市にあっても例外ではない。

  財政的にも厳しい本市ではあるが、国の緊急地域雇用創出特別交付金事業により、地方自治体が事業を外部委託し、継続的な雇用を生み出す事業を支援し、新規就業雇用の創出で本事業の一層の有効活用を望む。

  特に、元気な高齢者の能力発揮の場の提供に積極的に取り組まれたい。

  平成14年11月1日、吹田市男女共同参画推進条例施行に伴い、条例への市民の熱い思いをさらに高めるため、一層の行政努力を求めるとともに、条例が有効に運用されるよう周知徹底を図られたい。

  苦情等処理委員設置事業については、プライバシーに関する相談内容が多いと思われる。こうした市民の苦情を根気よく聞き、関係機関との連携、協議を綿密に取りながら、相談した市民から喜ばれる事業として立ち上げられるよう期待する。

  電子市役所の導入に当たっては、費用対効果をよく考えて市民サービスの向上につながるように取り組まれたい。

  導入のメリットは数多く考えられるが、機械は万能ではない。目に見えないデメリット、マイナス面の影響もよく対策を考えて取り組まれたい。

  そして、長期的展望に立ってコスト削減、人員削減につながるよう努力されたい。

  以上のことを要望して、本案に賛成する。

3 緊急通信指令設備の更新、消防本部と西署の新築移転建て替えがスタートすることは必要なことで賛同するが、狭隘な土地のため、8階建てで手狭であり、今後に問題を残していると思う。

  消防本部が先行することにより、防災センターが棚上げになっているが、役所から目と鼻の先とはいえ、車の出入りが遠回りになる旧アサヒビール用地より、信号四つで移動できる南署の消防本部跡の一部に防災センターを設置すれば、消防機能とも一体となって機能的になるし、財政困難な折、箱物の費用を極力おさえて実現することができると提案したが、防災センターの構想が先送りされたことは認めることができない。

  また、防火水槽の普及率が83.7%とのことであったが、さらに充実され、本部機能ばかりでなく、地域の防災施策を強化されたい。

  救急車の到着までの時間は平均5分26秒。ただし到着後、現場から病院などへ出発するまでの作業時間が平均13分10秒。すなわち、事故などの発生から通報までの時間を加えれば約20分が経過しており、この際、現場到着から出発までの時間をもっと短縮するよう努力されたい。

  財政問題では、経常収支比率に反映されない建設事業について、必要性、採算性、環境保全の三つの面から洗い直しを行い、市民からむだ、浪費と言われるようなことがないように見直す必要があると言ってきたが、財政健全化計画でこの4年、消費税の転嫁や敬老金の廃止など所得制限強化など福祉後退が目立つことについて、その市長の政治姿勢は認めがたい。

  同和対策に係る特別対策について、廃止又は一般施策に移行したと言っているが、経過措置の3事業に加え、交流活動館の管理、岸部中住宅の入居募集、ことぶき保育園の4月からの一般募集など基本的な問題が何ら廃止も一般施策への移行もなされておらず、同和地区に対する市民の特別視が残存し、差別が温存されてしまうので、納得できないといわざるを得ない。

  以上の意見を述べて、本案に反対する。

4 近年の財政状況が厳しい中で、平成15年度予算を見ると、歳入不足が大きくクローズアップされている。その中で消費的経費を見ると予算の中の70.3%を占めており、非常に厳しい状態にあると言わざるを得ない。

  逆に、投資的経費を見ると6.7%であり、何もしなくても70%の経費が消費されていくということは、まことに厳しい状態である。

  今後も経済情勢はよくならないと理解するが、この点について行政の中身を精査され、十分市民が納得しうるような使い方をされたい。

  次に、防災センター設置に向けて平成8年から5年間取り組んでこられたが、その間の費用が約3億6,000万円に上っている。それが、何の報告もなく消えてしまったことは残念である。今回、新しく消防本部の施設が江坂の方にかわるが、狭隘ということが問題であり、もっと真剣に検討しながら、進めるべきではなかったかと思う。

  以上の意見を述べて、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第16号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。31番 山根君。

  (31番山根君登壇)



◆31番(山根孝君) 日本共産党を代表して、議案第16号 平成15年度一般会計予算について意見を述べます。

 小泉内閣ができて2年のこの間、小泉内閣がやってきたことは、一つは、不良債権処理の名目で良好な中小企業までつぶし、倒産と失業を激増させ、失業率は過去最高の5.5%であり、サラリーマン世帯の収入はこの5年間で68万円減少しており、大阪では倒産が年間2,600件、失業率は全国平均を大きく上回り7.7%にも達している。もう一つは、構造改革の名のもとに、大型公共事業や年間5兆円もの軍事費は聖域にしたまま、社会保障制度の改悪、健保の本人3割負担の押しつけ、介護保険料の値上げの計画、所得税、発泡酒などの増税など、4兆円もの負担増が強行されようとしています。その上、財界は消費税を16%まで引き上げる途方もない計画さえ持ち出してきています。

 この大変なときに、市民生活を守るべき吹田市政のあり方が問われています。

 吹田市政のこの4年間を振り返ると、28年間の市民本位の成果が大きく後退させられてしまいました。国・府の悪政から市民を守る防波堤の役割を果たすどころか、市の水道料金や下水道料金などに消費税を転嫁し、年間6億円も市民負担を増やし、全国一の内容を誇っていた老人医療費助成制度を他市並みに引き下げ、府と市を合わせて年間6億円の助成を減らしてきた。また、対象者1万1,000人の敬老金を廃止し年間8,000万円を削減、低所得者への歳末・夏期一時金や就学援助費などの所得基準を低くし、対象者を減らすなど、財政健全化計画の中身は市民に負担を強いるものとなっております。経常経費の一律シーリング程度の財政運営方針しか打ち出すことができないままで今日まで経過をしております。

 平成15年度の市長方針でも、何ら財政運営について、新たな考えが示されておりません。さらに、新年度の予算編成に当たって提案されている方向は、骨格予算とはいえ、今日の多様な市民の要求にこたえ、また、市民の生活実態を反映した内容とは言い難い。

 具体的には、経常収支比率に反映されない建設事業について、必要性、採算性、環境保全の三つの面から洗い直しを行い、市民からむだ、浪費と言われることがないように見直す必要があると指摘してきたが、十分精査されたとは言いがたいものであり、他方、財政健全化計画の推進で福祉施策の後退が目立つ市長の政治姿勢は認めることができない。

 同和対策事業について、廃止又は一般施策へ移行したとしているが、経過措置の3事業に加え、交流活動館の管理問題、岸部中住宅の入居募集、ことぶき保育園の一般募集など基本的な問題が何ら廃止も一般施策への移行もなされていない。これでは差別を温存することになり納得できないものである。

 緊急通信指令設備の更新、消防本部と西署の新築移転建て替えは承認できるが、狭隘な土地でもあり今後に問題が残ると考える。また、防災センター構想が先送りされたことは容認ができない。

 環境行政について、ごみ袋の変更問題に見られるように、ごみ問題の解決は住民の協力と合意なしには推進できないことは明らかであります。焼却炉の建て替え事業は、家庭ごみ、事業系ごみの分別、減量化の一層の推進など市民参加の原点に立ち返ってごみ行政のあり方、取り組みを再検討すべきである。

 児童・福祉施策について、保育所待機児問題は一層深刻な問題となっている。また、留守家庭児童育成室でも待機児が出ている。この問題について早急に具体的な対策を強く要求するものである。

 障害者支援制度が4月から大幅に変更されることに伴い、サービスの後退を来さないように細心の努力を求める。

 吹田市が全国に誇った老人医療費助成制度、一部負担金助成制度もこのままでは全国最低レベルにまでなる恐れがある。本市独自の努力を強く要求するものである。また、1歳半、3歳半の乳幼児健診についても、これまでの成果である集団健診の重要性が薄められ、受診内容がわかりにくくなっている。市民のための健診であり、市民にわかりやすく、受診しやすく改善を図るべきである。

 教育行政について、教員補助者配置制度や読書活動支援者配置制度、さらに年次計画で進められている学校の大規模改修、トイレなどの学校施設の改善など幾つかの評価すべき点もあるが、住民の声に耳を貸さず進められた性急な校区変更について、今後の対応として住民との定期的な協議の場を設けること、合わせて通学路の安全対策など強く要望するものである。

 30人学級などの少人数学級が、全国の半数の県で実施される中で、大阪府下で初めて、岸和田市と池田市の2市が独自で少人数学級実施に踏み切っている。国・府に実施を強く働きかけるとともに、本市独自に非常勤講師を採用するなどして、早期に取り組むべきである。

 不況で厳しい経営を強いられている市内中小商工業者の施策について(仮称)商工振興条例をつくり、市内関係者の期待にこたえる姿勢を示すべきとの繰り返しの我が党提案にも誠意ある対応がなされていない。

 建設・都市整備については、低床バスの導入計画や道路などのバリアフリー化の促進、コミュニティバス導入への検討予算など評価できる施策もあるが、安威川ダム建設関連の負担金が今後の見通しも不確かなまま毎年予算化されている点や、市営住宅ふれあい相談業務をわざわざ委託するなどについて妥当性が認められない。

 JR梅田貨物駅の吹田への移転計画について、1万1,014通の圧倒的な反対意見、また、3回開催された公聴会の60名の公述内容などを見ても、環境悪化反対、移転計画の白紙撤回の声が高まる中で市長が明確な態度を打ち出さないのは問題である。開発優先ではなく環境と暮らしを守ることが今市民の願いであることに謙虚に耳を傾けるべきである。

 以上、部分的には、市民や我が党の要望によって一部予算に反映された面もあるが、指摘した市長の政治姿勢の問題点や、また、市民の切実な要求を反映した具体的な予算が盛り込まれていない平成15年度(2003年度)の予算については、以上の意見を付して反対するものである。



○議長(森本彪君) 以上で討論を終わり、議案第16号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、議案第16号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程25 議案第17号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。24番 村口君。

  (24番村口君登壇)



◆24番(村口始君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第17号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 国保の保険料の収納率を上げるための取り組み

2 口座振替納付を増やすための啓発活動

3 納付組合報奨金の支出根拠

4 短期医療証の発行状況

5 高額医療費共同事業負担金及び同交付金の使途

6 介護納付金が前年度に比べて増えている理由

7 介護納付金保険分の保険料と賦課限度額及び医療分保険料の賦課限度額を引き上げる理由

8 国民健康保険連合会と市が重複して行っているレセプト点検事業の見直し

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 短期医療証の発行が年々増えているが、発行は慎重を期すよう要望する。

 また、一般会計繰入金が今年も増額され、保険料を前年並みに据え置く努力をしていることはよくわかるが、医療分保険料の賦課限度額が49万円から50万円に引き上げられること、また、介護納付金分の保険料が5.1%引き上げられること、介護納付金賦課限度額も7万円から8万円に引き上げられることなどが、予算編成の骨子の中に入れられているので、本案に反対する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第17号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第17号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、議案第17号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程26 議案第18号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第18号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 下水処理場の委託業務の契約方法

2 休日勤務手当の執行内容

3 浸水被害状況と今後の雨水対策

4 千里丘宅地開発における雨水排水貯留施設の設 置指導

5 水洗便所改造助成金の見直し

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第18号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第18号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第18号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程27 議案第19号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。28番 信田君。

  (28番信田君登壇)



◆28番(信田邦彦君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第19号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成15年度吹田市部落有財産特別会計予算案であり、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億2,300万1,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第19号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第19号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第19号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程28 議案第20号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。24番 村口君。

  (24番村口君登壇)



◆24番(村口始君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第20号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 交通災害共済と火災共済の特別会計を統合したにもかかわらず、交通災害・火災等共済特別会計の予算総額が前年度より増加している理由

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第20号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第20号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第20号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程29 議案第21号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。24番 村口君。

  (24番村口君登壇)



◆24番(村口始君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第21号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 勤労者福祉共済制度の将来見通し

2 共済掛金収入を前年度と同額計上した理由

3 使用料及び賃借料429万5,000円の内訳

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第21号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第21号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第21号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程30 議案第22号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第22号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成15年度吹田市老人保健医療特別会計予算案であり、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ251億2,512万1,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第22号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第22号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第22号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程31 議案第23号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第23号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 老人保健施設の運営を民間に委託する考え

2 人件費を抑制する必要性

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 老健施設の運営については、所期の目的を十分果たしていると思われるが、今後の財政運営を考えると民間に運営を委託すべき時期に来ている。答弁では歳出を含めていろいろな削減ができないか研究をするということではあったが、もっと積極的に民間委託化に向けての取り組みをぜひするよう要望する。

2 老健施設は吹田市立ということで、それなりに意義があったと思う。もし、これからの意義を見出すのであれば、きちんとしたリーダーシップあるいは吹田市の介護保険制度のいろいろな矛盾を解決する意味での存立ということなら意味はわかる。老健施設としてどちらかの方向を選ぶことで対応されたい。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第23号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○副議長(曽呂利邦雄君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第23号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第23号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(曽呂利邦雄君) 次に、日程32 議案第24号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第24号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 江坂公園駐車場の利用率向上に向けた取り組み

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 JR吹田駅南立体駐車場については、一定の実績が上げられているので了とする。ただ、気になるのは、江坂公園駐車場については、その実績は相当厳しいものがある。その対応については、実績が上がるように今後も努力してもらいたい。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第24号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第24号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第24号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程33 議案第25号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第25号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成15年度吹田市介護保険特別会計予算案であり、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ102億9,202万4,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、賛成者多数で議案第25号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第25号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、議案第25号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程34 議案第26号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。15番 豊田君。

  (15番豊田君登壇)



◆15番(豊田稔君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第26号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 市営住宅における未収金の回収

2 資金計画での過年度未収金の積算根拠

3 直結給水の進捗状況と今後の計画

4 配水管未整備地区の改良工事の進め方と方針

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 水道事業というのは、市民の生活に一番大切な部分の一つである。よって、安心、安全、安定、安価、この四つの安を守って、健全な財政運営をすることを望んで、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第26号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第26号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第26号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程35 議案第27号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第27号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 市民の側に立った病院運営のあり方

2 入院患者数の推移及び病床利用率の向上

3 女性専用外来の設置に向けた考え方

4 患者からの相談窓口体制の強化

5 小児救急医療の充実

6 オーダリングシステムの導入によるメリット

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 市民病院だけでなく各地の病院で入院患者の方から、退院を迫られて困っているとの苦情が相次いでいる。原因は医療保険点数の改悪で、手術では収益が上がるものの長期滞在は不採算であるから、そのために病院から患者の追い出しが始まっている。市民病院は一病院完結型から急性期型を目指すと答弁があったが、そもそも市民病院は市民に開かれた病院としての機能充実の責務がある。経営的にも破綻を招かないよう両立することへの努力を求める。また、市民病院の方針変更については、議会や市民に十分に知らされることを求める。

2 相談窓口の件について、相談内容の分析と相談までしなくても見られる資料の展示など、分析後、さらに充実を図られたい。

3 女性専用外来については、平成15年度の早ければ夏ごろに実施したいとの答弁であったが、医師や病室の確保等を含め、一日も早い実現ができるよう努力されたい。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第27号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(森本彪君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第27号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第27号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程36 議案第41号を議題といたします。

 理事者の説明を求めます。財務部長。

  (財務部長登壇)



◎財務部長(岡本昌則君) ご上程いただきました議案第41号 平成14年度(2002年度)吹田市一般会計補正(第5号)につきまして、ご説明申し上げます。

 今回の歳入歳出の補正額は、5,110万2,000円を増額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,017億5,193万5,000円とするものでございます。

 それでは、議案書に従いましてご説明申し上げます。3ページの下の段、歳出の表をごらんいただきたいと存じます。

 第10款 教育費、項6 保健体育費で5,110万2,000円の追加をいたしております。これは、学校事故に係ります損害賠償金でございます。

 次に、歳入につきましてご説明申し上げます。同じく議案書3ページの上の段、歳入の表をごらんいただきたいと存じます。

 第1款 市税で2,110万2,000円の追加でございまして、項2 固定資産税で1,110万2,000円、項4 市たばこ税で1,000万円を追加いたしております。

 第16款 諸収入、項6 雑入で3,000万円を追加いたしております。これは、全国市長会学校災害賠償補償保険からの保険金でございます。

 今回の補正予算は、学校での事故に関する損害賠償に関するものでございまして、このような議案をご提案させていただくことは、まことに申しわけなく存じております。

 それでは、本件事故の概要及び訴訟の経過についてご説明申し上げます。

 本件事故の概要でございますが、平成9年(1997年)11月29日に、小学校2年生の授業時間中に、担任教諭が別教室の教諭との個人懇談の日程調整のため教室を離れた間に、同教室の児童が後部座席の別の児童に渡そうとした鉛筆を突然引いたため、振り向いた被害児童の右目に鉛筆の芯が突き刺さり、負傷したものでございます。事故後、治療を続けられましたが、右目の視力は将来的に回復の見込みはないとの診断を平成12年(2000年)8月31日に受け、平成14年(2002年)1月31日に日本体育学校健康センターから第8級の障害見舞金として620万円が支給されたところでございます。

 また、本件事故の訴訟経過でございますが、調停が不成立に終わり、本市を被告とし、平成13年(2001年)2月26日、大阪地方裁判所に訴えの提起がなされ、平成13年(2001年)10月31日に原告側主張がほぼ全面的に認められる判決の言い渡しがございました。

 一審の判決内容を検討する中で、市といたしましては、教育現場においては短時間の間、児童から担当教諭の目が離れることは避けがたい面があり、今回の事故の態様等から見ると、監督義務者としての注意義務違反には当たらない、また、担当教諭が在室していても起こり得た事故であるとの2点を理由に、平成13年(2001年)11月13日、大阪高等裁判所に控訴をいたしておりました。平成15年(2003年)3月6日に判決言い渡しがございました。

 その判決内容は、損害賠償額として既に日本体育学校健康センターから支給された障害見舞金620万円を差し引いた4,034万1,940円及びこれに対する平成9年(1997年)11月30日から支払日までの年5分の金員、いわゆる遅延利息を支払うというものでございました。

 判決理由によりますと、本件事故はかなり偶発的な事情で発生した面はあると認定したものの、市が主張してまいりました離席行為の正当性は残念ながら認められないという内容でございました。児童と保護者の精神的苦痛等を考え合わせますと、一日も早い解決を図るべく大阪高等裁判所の判決内容を受け入れ、上告しないことといたしたところでございます。

 今後は二度とこのような事故が起こらないよう市教育委員会と連携を図り、児童・生徒の安全対策により一層努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上が、議案第41号 平成14年度(2002年度)吹田市一般会計補正(第5号)の内容でございます。

 なお、参考資料といたしまして、お手元の議案参考資料1ページから3ページにお示しをいたしておりますので、ご参照の上、よろしくご審議をいただき、原案どおりご可決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(森本彪君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 この際、お諮りいたします。本件については委員会付託を省略し、即決いたしたく存じます。これに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、本件については委員会付託を省略し、即決することにいたします。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第41号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第41号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程37 市会議案第1号及び市会議案第2号を一括議題といたします。

 提案者の説明を求めます。14番 山本君。

  (14番山本君登壇)



◆14番(山本力君) ただいま上程されました市会議案第1号及び市会議案第2号につきまして、提案者を代表いたしまして説明いたします。

 市会議案第1号は、政府に対し、平和貢献に関する意見書を提出しようとするものであります。

 市会議案第2号は、政府に対し、司法改革に関する意見書を提出しようとするものであります。

 別紙の内容につきまして、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(森本彪君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、市会議案第1号及び市会議案第2号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、市会議案第1号及び市会議案第2号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程38 市会議案第3号を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。14番 山本君。

  (14番山本君登壇)



◆14番(山本力君) ただいま上程されました市会議案第3号につきまして、提案者を代表いたしまして説明いたします。

 市会議案第3号は、政府に対し、4月からのサラリーマンの医療費3割負担の凍結を求める意見書を提出しようとするものであります。

 別紙の内容につきまして、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(森本彪君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。12番 宇都宮君。

  (12番宇都宮君登壇)



◆12番(宇都宮正則君) 市会議案第3号に対しまして、公明党を代表して意見を申し上げます。

 我が国の医療保険制度は、いつでも、どこでも、だれでも安い費用で医療にかかれるという世界に類例のない国民皆保険制度であります。しかしながら、少子・高齢化が進む中で、国保、政府管掌保険、組合健保とも、保険の財政は破綻の危機に瀕しており、これらを改善するために昨年の通常国会において論議を尽くし、サラリーマン本人の負担を2割から3割へ引き上げるとともに、診療報酬を戦後初めて2.7%引き下げる、保険料の改定等々を実施をいたしました。しかしながら、高齢者の70歳以上の負担を一挙に倍にすることはできないとして、1割負担に据え置き、また、乳幼児医療費の負担は従来の3割を2割負担に改善をいたしました。さらに、薬剤費別途負担を廃止したり、低所得者に配慮するなど、種々の施策を施すとともに、患者の負担が4割、5割へとなし崩し的に引き上がっていくのではないかとの不安の声に対しては、3割から上には引き上げないように法律に明記をさせました。

 そして附則の中で、新たな高齢者医療制度の創設や診療報酬体系の見直しや保険者の再編、統合など改革の抜本的対策を行う方針を明記しております。

 このような状況下、野党4党は、「4月からのサラリーマンの医療費3割負担の凍結を求める法案」を国会に提出しております。しかしながら、多くの国民、識者、マスコミはこれらの態度に対し批判を集中し、厳しく非難をしております。

 その最たるものとして、2月18日付のある日刊紙の社説では、「既に決着済みの問題をなぜ今になって蒸し返す必要があるのか。だれしも負担増は避けたい、とりわけデフレ不況の今はなおさらである。だからといって厳しい現実を直視せず、甘い言葉を振りまくだけでは悪しき人気取りと批判されても仕方がない。議論の蒸し返しは問題の先送りと同じだ。今は負担に見合う効率的で質の高い医療制度の構築に向け抜本改革を急ぐときである。医療保険財政の危機的な状況を考えれば、引き上げ反対を唱えるだけでは済まないことはわかり切っているはずだ。」と。さらに、「世界に誇る国民皆保険制度を維持するには、負担の分かち合いとともに、医療の抜本改革が欠かせない。」とも述べております。

 また、2月17日付のある日刊紙の社説でも、「野党の姿勢を見ると首をかしげざるを得ないのである。『負担増の前に医療制度の抜本改革を優先させるべきだ』と野党は言う。では、野党は具体的な改革案と実現の手順を一致して示したかというと、そうではない。対案なき反対なのである。負担増の凍結という甘い話ばかり振りまくのでは族議員と同じではないか。健保や国保などの厳しい財政見通しを考えると、3割負担はやむを得ない。首相は予定どおり実施すべきである。」と明言をしております。

 さらに2月8日付のある日刊紙の社説ではこうも述べております。「3割凍結という声に対し、『これまでの悪しき人気取り政治の繰り返しというほかはない』『4月の統一地方選を控え、負担増反対を唱えた方が与野党とも戦いやすい。情けない。負担増凍結や反対を唱えれば済む問題ではないのだ』『今回の医療改革に関しては、小泉純一郎首相に理がある。野党が目先の選挙にとらわれ、族政治に加担する愚を犯せば、小泉改革を批判する資格はない』等々と厳しく非難をしております。

 公明党は、サラリーマン本人に負担をお願いするからには、医療のむだをなくすなど抜本的な医療改革が必要だと主張し、既にその取り組みも始まっています。日本が世界に誇る国民皆保険制度を堅持するためには「4月からのサラリーマンの医療費の3割負担を凍結せよ」との本意見書を本市議会の意見書とすることは不適当であると考え、市会議案第3号には反対をいたします。

 以上です。



○議長(森本彪君) 以上で討論を終わり、市会議案第3号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者多数であります。よって、市会議案第3号は原案どおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程39 市会議案第4号を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。35番 松本君。

  (35番松本君登壇)



◆35番(松本洋一郎君) ただいま上程されました市会議案第4号につきまして、提案者を代表いたしまして説明いたします。

 市会議案第4号は、政府に対し、消費税の大増税に反対し、税率を3%に引き下げることを求める意見書を提出しようとするものであります。

 案文の朗読をもって提案といたします。

 「消費税を毎年1%ずつ引き上げ、16%にする」との日本経団連の「ビジョン」の発表を受け、消費税率引き上げの大合唱が起きている。消費税の負担は今でも、赤ちゃんからお年寄りまで、年間1人当たりで計算すれば平均10万円、3人家族で30万円にもなっており、深刻な不況により、国民が自由に使える収入は大きく減少し、失業や倒産の増大など、国民生活は待ったなしの状況である。

 ところが、小泉内閣は大型公共事業や大銀行の救済には巨額の税金を注ぎ込み、大企業への減税を進める一方で、社会保障の改悪により国民の暮らしを犠牲にする政治を続けている。

 庶民いじめの消費税は本来なくすべきであり、政府は消費税率を引き上げるのではなく、税率を直ちに3%に戻すべきである。また、景気をよくし、日本経済を立て直すためには、経済の6割を占める個人消費をふやすことや、家計を直接暖めることが必要である。

 消費税減税は、消費を直接拡大するとともに、売上減に加え、消費税を転嫁できないという二重の困難な状況にある中小業者の営業を助けるという点でも、最も有効な景気対策の道を開くものである。

 よって、本市議会は政府に対し、下記の事項を早急に講じるよう強く要望する。

           記

1 消費税の大増税計画をやめること。

2 消費税率を直ちに3%に引き下げること。

 以上、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(森本彪君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、市会議案第4号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者少数であります。よって、市会議案第4号は否決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 次に、日程40 市会議案第5号を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。12番 宇都宮君。

  (12番宇都宮君登壇)



◆12番(宇都宮正則君) ただいま上程をされました市会議案第5号につきまして、提案者を代表いたしまして説明をいたします。

 市会議案第5号は、政府に対し、医療保険制度の抜本改革の早期推進を求める意見書を提出しようとするものであります。

 別紙の内容につきまして、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いをいたします。



○議長(森本彪君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、市会議案第5号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認することに賛成の方は起立願います。

  (賛成者起立)

 起立者少数であります。よって、市会議案第5号は否決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(森本彪君) 以上で日程は終了いたしました。

 閉会に先立ち、市長のあいさつを受けることにいたします。市長。

  (市長登壇)



◎市長(阪口善雄君) 3月定例会の閉会に当たりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。

 今回提案をいたしました諸議案につきまして、それぞれ原案どおりご議決を賜りましたことを心から厚くお礼を申し上げます。

 とりわけ本日、追加提案をお願い申し上げました補正予算につきましては、格別のご高配を賜り、重ねて厚くお礼申し上げます。

 この議会のご審議の中でちょうだいいたしました貴重なご意見、ご指摘につきましては、その趣旨を十分に踏まえまして、今後の市政運営の中で生かしてまいりたいと存じます。

 さて、早いもので、私に残されました任期もあとわずかとなりましたが、顧みますとこの4年間、国際社会ではニューヨークでの同時多発テロ以降さらに紛争が激化し、去る3月20日には米英軍によりますイラクへの攻撃が開始されるという、まことに残念な事態に立ち至りました。

 こうした中にありまして、21世紀こそ真に平和の世紀にしなければならないとの強い思いのもと、非核平和都市宣言をしている地方自治体といたしまして、今後も機会あるごとに平和の大切さを訴えてまいりたいと考えております。

 また、国内に目を向けますと、引き続く経済不況や財政危機によりまして、国にとりましても地方自治体にとりましても、まさに試練の連続でありましたが、21世紀に輝く吹田を築き上げますため、幾多の試練を乗り越えて進んでいくのが私に与えられた使命であると考えておりますので、今後も全力を尽くして頑張ってまいりたいと存じます。

 この4年間の任期を大過なく乗り切ることができましたのは、ひとえに歴代の議長、副議長、そして議員の皆様の温かいご支援とご協力のたまものでございます。ここに衷心より厚く感謝とお礼を申し上げる次第でございます。

 また、本議会は、議員各位におかれましても、私にとりましても任期最後の定例会となるわけでございますが、このたびの任期をもちましてご勇退なさいます議員の皆様には、長きにわたり市政発展のためご活躍いただき、数々のご功績を残していただきました。そのご労苦に対しまして心から敬意を表しますとともに、感謝とお礼を申し上げます。

 議員を辞されましても、ますますご健勝にて吹田の発展のためにご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 また、来期に向けて立候補されます議員の皆様方には、健康に十分ご留意いただきまして、市民の皆様の引き続いての信託のもと、住みよい吹田のまちづくりに向けてご活躍されますようお祈り申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。

 (拍手)



○議長(森本彪君) 任期最終の定例会を閉じるに当たり、私からも議員並びに理事者各位にごあいさつを申し上げます。

 振り返りますと、平成11年(1999年)4月の選挙におきまして、市民の信託を受けて市会議員として市政に参画して以来、はや4年が経過いたしました。この間、市議会は、市民の多様な要望を市政に反映させるため、この議場や委員会において、市民を代表して理事者の方々と活発な議論を交わし、住みよいまちづくりに向け全力を挙げて取り組んでまいりました。

 限られた年月ではありましたが、議会人としての重責を果たし、市政の発展にいささかなりとも貢献でき得ましたことは、まことに喜びにたえないところであります。

 さて、今我が国においては多くの分野で構造的な改革が進められており、地方分権におきましては、平成12年(2000年)4月に地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律が施行され、地方分権に向けて大きく踏み出しました。その中で国と地方の役割分担の見直し、市町村合併などが進められていますが、地方の税財源問題が積み残されており、国庫補助負担金、地方交付税、税財源移譲を含む税源配分のあり方が三位一体で検討されるなど、現在地方行財政運営の根幹にかかわる議論も展開されているところであります。

 このように地方分権が進む中、地方議会においても、地域住民に期待される地域と役割に即し、議会機能の充実強化と活性化を図ることが求められているものと存じます。

 また、我が国の経済が長期にわたって低迷を続ける中で、地方自治体の財政状況も非常に厳しい状況が続いており、本市の財政運営におきましても、非常に厳しい4年間でございました。本市では、平成12年(2000年)11月に、財政健全化計画を策定し、財政構造の健全化に取り組むとともに、事務事業の評価など懸命な努力がなされておりますが、引き続き行財政運営の効率化を図るとともに、市として自主性を持って施策を推進し、市民福祉のさらなる向上を図ることが重要であります。

 人生80年代の時代が到来し、高齢化社会を社会全体で支えるため、介護保険制度が平成12年(2000年)4月からスタートしました。本市におきましては、独自に利用料助成制度を設けるなど、円滑な実施に尽力されていますが、保険料の軽減やニーズに応じた施設整備など多くの課題も残されております。

 本市の今後のまちづくりに大きな影響を及ぼす吹田操車場の跡地利用につきましては、平成11年(1999年)1月に日本鉄道建設公団等との間で基本協定が締結され、その後、事業者である鉄道建設公団により本市の環境影響評価条例に基づき、貨物駅建設に係る環境影響評価準備書及び見解書が提出されました。それに伴い市民への説明会や公聴会が開催され、多くの市民意見も提出されているところであります。

 今後、市では、環境影響評価審査会でご審査をお願いすることになっておりますが、本問題につきましては、市議会といたしましても特別委員会を中心に将来に悔いを残すことのないよう、引き続き理事者と一体となって取り組んでまいる必要があると存じます。

 また、ごみ焼却場の建て替え事業につきましては、平成12年度(2000年度)に廃棄物(ごみ)減量基本計画を策定し、ごみの減量化に取り組むとともに、平成13年度(2001年度)には焼却施設整備計画をまとめ、既に取り組みが始められておりますが、現焼却工場は、稼働後20年以上が経過しておりますので、今後の早急な事業の進捗が求められているところであります。

 その他、本市においては、本市が目指すべき将来像を示すことになる次期総合計画を初め、都市計画マスタープラン、千里ニュータウン再生ビジョン、第2期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画等の策定や、山田駅及び南千里駅周辺整備事業等の社会基盤の整備事業の推進など、市民生活に大きな影響を及ぼす諸課題も多く残されており、今後早急な取り組みが求められております。

 これからの地方自治体には、自主性、自立性をもって、多様化、高度化した市民ニーズに対応した施策を推進していくために、数多くの困難な課題を克服していくことが必要であります。そのためには行政に携わる者が、常に各地域の特性を把握し、高い専門性を身につけ、政策形成能力の向上に努めなければならないと考えます。

 理事者におかれましては、35万市民の期待にこたえるべく今後とも市政の推進に全力を挙げて取り組んでいただくようお願いすると同時に、21世紀の市政のさらなる発展を願ってやまないものであります。

 さて、任期を終えるに当たり、まことに感慨無量のものがございます。議員各位におかれましては、今期限りで勇退される方、また、来るべき選挙に立候補される方、いずれにいたしましても、今後とも吹田市の発展にお力添えをいただくようお願いするとともに、限りなきご健勝を心から祈念するものであります。

 最後になりましたが、私は、昨年6月、皆様のご推挙をいただき、第57代議長の要職に就任させていただきました。以来1年間、市政の発展と円滑なる議会運営のため努力してまいりました。本日まで大過なくその職責を果たし得ましたことは、ひとえに議員各位並びに理事者の皆様のご理解とご協力のたまものであり、ここに謹んで心より厚くお礼を申し上げます。まことにありがとうございました。

 これにて本日の会議を閉じるとともに、3月定例会を閉会いたします。

      (午後3時39分 閉会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



吹田市議会議長
森本 彪
 


吹田市議会副議長
曽呂利邦雄
 


吹田市議会議員
寺尾恵子
 


吹田市議会議員
藤木祐輔