議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 吹田市

平成13年  9月 定例会 10月02日−06号




平成13年  9月 定例会 − 10月02日−06号







平成13年  9月 定例会



               吹田市議会会議録6号

                              平成13年9月定例会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

 平成13年10月2日 午前10時開議

 1 議案第71号 吹田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

 2 議案第73号 平成13年度吹田市一般会計補正予算(第2号)

 3 議案第74号 平成13年度吹田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 4 議案第75号 平成13年度吹田市部落有財産特別会計補正予算(第1号)

 5 議案第76号 平成13年度吹田市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)

 6 議案第77号 平成13年度吹田市介護保険特別会計補正予算(第1号)

 7 議案第78号 平成13年度吹田市病院事業会計補正予算(第2号)

  +認定第1号 平成12年度吹田市一般会計歳入歳出決算認定について

  │認定第2号 平成12年度吹田市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

  │認定第3号 平成12年度吹田市下水道特別会計歳入歳出決算認定について

  │認定第4号 平成12年度吹田市部落有財産特別会計歳入歳出決算認定について

  │認定第5号 平成12年度吹田市交通災害共済特別会計歳入歳出決算認定について

 8│認定第6号 平成12年度吹田市勤労者福祉共済特別会計歳入歳出決算認定について  │認定第7号 平成12年度吹田市火災共済特別会計歳入歳出決算認定について

  │認定第8号 平成12年度吹田市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定について

  │認定第9号 平成12年度吹田市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定につい  │て

  │認定第10号 平成12年度吹田市自動車駐車場特別会計歳入歳出決算認定について

  +認定第11号 平成12年度吹田市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

  +認定第12号 平成12年度吹田市水道事業会計決算認定について

 9│

  +認定第13号 平成12年度吹田市病院事業会計決算認定について

 10 請願第6号(平成12年) 介護保険料の減免制度を求める請願

  +請願第7号(平成12年) 老人医療費一部負担金助成制度の継続を求める請願

 11│

  +請願第8号(平成12年) 乳幼児医療費助成制度の拡充に関する請願

  +請願第3号 旧東海銀行グラウンド跡地開発についての請願

 12│請願第4号 元大阪府所有地ヘのマンション建設計画に関する請願

  +請願第5号 (仮称)吹田市長野西建設計画に関する請願

 13 市会議案第16号 人権擁護委員の推薦に関する意見について

  +市会議案第17号 義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書

  │市会議案第18号 道路財源の確保に関する意見書

 14│

  │市会議案第19号 第2学区における府立高校の再編整備についての意見書

  +市会議案第20号 米国における同時多発テロ事件に関する決議

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯付議事件

 議事日程のとおり

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員  35名

     1番  六島久子君           2番  梶川文代君

     3番  和田 学君           4番  山口克也君

     5番  奥谷正実君           6番  木村 裕君

     7番  池渕佐知子君          8番  寺尾恵子君

     9番  西川厳穂君          10番  神保義博君

    11番  桑原 薫君          12番  宇都宮正則君

    13番  森本 彪君          14番  山本 力君

    15番  豊田 稔君          16番  野村義弘君

    18番  由上 勇君          19番  藤木祐輔君

    20番  元田昌行君          21番  福屋隆之君

    22番  前田武男君          23番  隅田清美君

    24番  村口 始君          25番  山田昌博君

    26番  山下真次君          27番  伊藤孝義君

    28番  信田邦彦君          29番  藤川重一君

    30番  木下平次郎君         31番  山根 孝君

    32番  曽呂利邦雄君         33番  倉沢 恵君

    34番  岩本尚子君          35番  松本洋一郎君

    36番  飯井巧忠君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員  0名

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席説明員

 市長        阪口善雄君   助役             岩城壽雄君

 助役        樋口 章君   収入役            佐藤 登君

 水道事業管理者   岡 義治君   総務部長           山中久徳君

 企画部長      溝畑富廣君   財務部長           成田靖穂君

 人権部長      青木孝史君   市民文化部長         荒起一夫君

 福祉保健部長    香川義孝君   児童部長           徳野暢男君

 環境部長      古賀康之君   都市整備部長         松尾俊男君

 建設緑化部長    奥野義明君   下水道部長          熊谷征治君

 市民病院事務局長  野本武憲君   消防長            奥谷 有君

 水道部長      岡本清己君   教育委員会委員長職務代理者  立山榮三君

 教育長       今記和貴君   学校教育部長         奥谷義信君

 教育監       椿原正道君   社会教育部長         北野敞義君

 体育振興部長    松田 猛君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職員

 事務局長   川野生道君     事務局次長   木下修二君

 議事課長   藤川 正君     議事課長代理  齋藤 昇君

 議事係長   小西義人君     書記      橋本賢一君

 書記     加樂拓也君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       (午前10時9分 開議)



○議長(藤木祐輔君) ただいまから9月定例会を再開し、直ちに本日の会議を開きます。

 諸般の報告をいたします。

 本日の応招議員は35名でありまして、病気その他の理由による欠席届出者はありません。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしてありますので、それによりご承知願います。

 本日の署名議員を私から指名いたします。

 4番 山口君、30番 木下君、以上両君にお願いいたします。

 これより議事に入ります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 日程1 議案第71号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第71号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、国民健康保険料の暫定賦課制度を廃止するとともに、納期の回数を変更しようとするものであります。

 理事者の説明の後、委員から

1 この時期に暫定賦課制度を廃止する理由

2 暫定賦課の廃止による事務事業の効率化

3 年12回の納期回数を被保険者が負担を感じる10 回に改める理由

4 制度変更を市民にわかりやすく周知するための 取り組み

5 保険料の分割納付などを年金生活者等が申請し やすくする方策

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第71号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第71号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第71号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程2 議案第73号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、各常任委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について各常任委員会委員長から報告を受けることにいたします。

 まず、文教市民委員会委員長から報告を受けることにいたします。11番 桑原君。

  (11番桑原君登壇)



◆11番(桑原薫君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第73号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 学校教育部所管分として

1 学校施設の今後の点検体制

2 小・中学校、幼稚園の安全点検結果を活用した施設の予防保全体制づくり

3 緊急防犯設備整備の概要と事業内容を決定した経過

4 緊急対策費用に対する国の財政支援措置

5 今後の学校安全管理に向けた校務員を含む教職員の協力体制

6 児童・生徒の安全対策に係る学校教職員や警備員等の人員配置の強化

7 防犯警備協力員の位置づけと傷害保険や装備品等の処遇

8 防犯警備協力員の募集方法

9 非常警報ベルの設置場所とパトライトの必要性などについて質問がありました。

 次に、社会教育部所管分として

1 子育て学習事業の講師選定と講演内容

2 子育て学習をより多くの保護者が受講できるような環境の整備

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 教育施設の改修・改造を含めた今後の更新計画について、建物本体、附帯設備などの施設データのパソコン等によるデータ化を図り、早急に施設の予防保全の体制づくりに着手することを要望して、本案に賛成する。

2 今回の大阪教育大学附属池田小学校の事件はあってはならないことであり、その対応策として非常警報ベルやモニター付きインターホンの設置、また、緊急通報端末装置の購入などが予算化されているが、事件、事故はいつどんな形で発生するかわからないので、今回の対策ではまだまだ十分とはいえない。

 今後、さらに検討を行い、学校関係施設だけではなく、子どもの集まる他の施設についても最低限の対応策を講じるよう要望して、本案に賛成する。

3 家庭教育については、社会教育における取り組みを一層強化されたい。小学校入学説明会では、学校教育の魅力やすばらしさそのものに役立つ内容となるよう留意されたい。 学校施設の安全点検については、専門家による定期的な点検を早めに実施するよう今後努力されたい。

 児童・生徒の安全対策では、人の命の大切さを大事にした教育や、安全教育の充実に一層力を入れ、学校教職員、校務員を減員するのではなく補充を図り、防犯警備協力員や警備員体制を含めて、人の配置の強化や待遇改善などを行うことが大切である。

 私立幼稚園に対する緊急防犯設備整備の助成については、整備費用の全額が支給されるよう改善されたい。

 以上のことを要望して、本案に賛成する。

4 学校での防犯強化は非常に大事であるが、その結果、善良な地域住民が出入りしにくくなるような閉ざされた学校にならないよう十分な配慮を行うことを要望して、本案に賛成する。

5 幼児、児童・生徒の安全確保及び学校の安全管理に関する緊急対策について、今後とも、考えられるさまざまな万全の対策を講じるよう強く要望するとともに、今回の予算は、市の単費であるが、緊急対策の費用については、今後、国・府に対する積極的な対応と要請を行うよう強く要望する。

  同時に、学校現場では校務員を含めた教職員全体が一致呼吸を合わせて、安全確保に万全の対策を講じるよう強く要望して、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第73号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 次に、福祉環境委員会委員長から報告を受けることにいたします。10番 神保君。

  (10番神保君登壇)



◆10番(神保義博君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第73号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 福祉保健部所管分として

1 高齢者インフルエンザ予防接種委託料2,500万円の内容

2 インフルエンザ等のワクチンに含まれている有 機水銀の危険性に対する市の認識などについて質問がありました。

 次に、児童部所管分として

1 保育園等に不審者が侵入した場合の対応

2 登降園途上の安全対策

3 大型児童館「ビッグバン」の活用内容

4 防犯警備協力員の人選と人材確保及び傷害保険の加入内容

5 協力員の活動範囲と責任の所在

6 協力員への謝礼の算出根拠

7 私立保育園への協力員配置事業助成のあり方と事務の繁雑化への対応

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

1 本議案は児童部にかかわる防犯対策として提案されているが、保育所内の問題のみに目を向けており、防犯対策の基本的なものが欠けているように思われる。

 本来的には帰宅途中等が最も被害が多いと考えられるが、この点での配慮が足りない。 今後、この弱点を克服するため十分配慮するよう強く要望して、本案に賛成する。

2 防犯警備協力員への謝礼について、徴税事務の緩和等、私立保育園に対して負担のかからない方法をとるよう要望して、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第73号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 次に、建設委員会委員長から報告を受けることにいたします。29番 藤川君。

  (29番藤川君登壇)



◆29番(藤川重一君) 過日の本会議におきまして、建設委員会に付託されました議案第73号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 交通バリアフリー基本構想策定事業について

1 実態に見合った有効に機能する構想の策定

2 交通バリアフリー施設整備後の駅周辺のあり方

3 基本構想策定委員会の委員の構成

4 策定に当たり行われるタウンウオッチングの対象範囲

5 市民アンケート調査の必要性と早期実施に向けた取り組み

などについて質問がありました。

 次に、山田駅周辺整備事業について(仮称)津雲台北歩道橋の設計概要に関する質問がありました。

  次に、(仮称)阪急山田駅前東自転車駐車場設計委託料について

1 自転車駐車場の概要

2 朝夕の混雑時に対応した設計

3 3階及び屋上階部分の利用促進

4 駅周辺の放置自転車対策

5 建設に当たっての周辺住民への説明

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決いたしましたところ、全員異議なく議案第73号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 次に、財政総務委員会委員長から報告を受けることにいたします。16番 野村君。

  (16番野村君登壇)



◆16番(野村義弘君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第73号中所管分について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

 歳入に関して

 新規事業の予算提案時の参考資料の提出

について質問がありました。

 次に、防火水槽の設置について

1 (仮称)朝日が丘町広場への設置理由

2 今年度の設置工事の進捗状況

3 実施計画に沿った計画性のある整備と財源を含めた将来計画の策定

4 耐震性の高い防火水槽の設置の促進

5 市からの助成金等の交付による民間が設置する防火水槽の大型化と整備の推進

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第73号中所管分を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

  討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第73号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第73号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程3 議案第74号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。5番 奥谷君。

  (5番奥谷君登壇)



◆5番(奥谷正実君) 過日の本会議におきまして、文教市民委員会に付託されました議案第74号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 歳入の介護円滑導入給付金の積算根拠と要求額

2 給付金の交付決定時期と受入時期

3 国民健康保険オンラインシステムのバックアップ並びに管理

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決いたしましたところ、全員異議なく議案第74号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第74号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第74号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程4 議案第75号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。16番 野村君。

  (16番野村君登壇)



◆16番(野村義弘君) 過日の本会議におきまして、財政総務委員会に付託されました議案第75号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 部落有財産の管理における市の対応と責任のあり方

2 情報公開の視点に立った財産処分に関する詳細な資料の提出

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第75号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第75号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第75号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程5 議案第76号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。31番 山根君。

  (31番山根君登壇)



◆31番(山根孝君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第76号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成13年度吹田市老人保健医療特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ1億1,681万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ271億9,477万3,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第76号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第76号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第76号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程6 議案第77号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。31番 山根君。

  (31番山根君登壇)



◆31番(山根孝君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第77号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成13年度吹田市介護保険特別会計補正予算案であり、歳入歳出それぞれ1億6,816万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ91億4,151万3,000円にしようとするものであります。

 本案に対する質問、意見は別段なく、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第77号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第77号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第77号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程7 議案第78号を議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。31番 山根君。

  (31番山根君登壇)



◆31番(山根孝君) 過日の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託されました議案第78号について、審査いたしました経過並びに結果を報告いたします。

 理事者の説明の後、委員から

1 (仮称)画像検診センターの設置等に係る総事業費及びその財源内訳

2 マルチスライスへリカルCTの導入による効果

3 同CTの受検者を確保するための方策

などについて質問がありました。

 以上が主な質疑項目であります。

 本案に対する意見としては

 今回の補正予算は設計委託料のみであるが、本格的な導入や実施に当たっては、約3億円の導入費用のほか、ランニングコストとして医師等の増員による人件費や機器の保守点検料などが必要となることから、費用対効果を見きわめつつ健全な運営基盤のもとで、診断や治療の充実を図ることを強く要望して、本案に賛成する。

との意見があり、続いて採決しましたところ、全員異議なく議案第78号を承認いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 委員長報告に対し、質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、議案第78号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は原案承認であります。委員長報告どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議案第78号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程8 認定第1号から認定第11号までを一括議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、決算審査特別委員会に付託いたしましたが、委員長から、審査が終わっていないので、次の市会まで継続審査いたしたい旨、報告がありました。

 お諮りいたします。報告どおり、継続審査いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、認定第1号から認定第11号までは、次の市会まで継続審査することに決定いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程9 認定第12号及び認定第13号を一括議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして、企業決算審査特別委員会に付託いたしましたが、委員長から、審査が終わっていないので、次の市会まで継続審査いたしたい旨、報告がありました。

 お諮りいたします。報告どおり、継続審査いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、認定第12号及び認定第13号は、次の市会まで継続審査することに決定いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程10 平成12年請願第6号を議題といたします。

 本件につきましては、請願者から撤回したい旨の申し出がありましたので、お諮りいたします。

 本件の撤回を承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、平成12年請願第6号の撤回を承認することに決定いたしました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程11 平成12年請願第7号及び平成12年請願第8号を一括議題といたします。

 本件につきましては、過般の本会議におきまして、福祉環境委員会に付託いたしましたが、委員長から、審査が終わっていないので、次の市会まで継続審査いたしたい旨、報告がありました。

 お諮りいたします。報告どおり、継続審査いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、平成12年請願第7号及び平成12年請願第8号は、次の市会まで継続審査することに決定いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程12 請願第3号から請願第5号までを一括議題といたします。

 本件につきましては、過日の本会議におきまして建設委員会に付託し、ご審査願っておりましたので、その結果について委員長から報告を受けることにいたします。29番 藤川君。

  (29番藤川君登壇)



◆29番(藤川重一君) 建設委員会に付託されました請願第3号から請願第5号までについて、審査いたしましたところ、請願の趣旨を適当と認め、採択すべきものと決定いたしましたので、ご報告いたします。



○議長(藤木祐輔君) 報告が終わりました。

 報告どおり採択いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、請願第3号から請願第5号までは、採択されました。

 この際、処理についてお諮りいたします。

  (「議長一任」と呼ぶ者あり)

 議長一任との声がありますので、そのように決定いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、議長一任と決定いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程13 市会議案第16号を議題といたします。

 提案者の説明を求めます。28番 信田君。

  (28番信田君登壇)



◆28番(信田邦彦君) ただいま上程されました市会議案第16号につきまして、提案者を代表いたしまして説明いたします。

 市会議案第16号は、平成13年9月4日付で市長から意見を求められました人権擁護委員の推薦に関する意見でありますが、本市議会の意見は、小畑雄治郎氏、児玉憲夫氏、上原洋允氏、粟田幸子氏、熱田眞知子氏、山西美明氏につきまして、適任であるとするものであります。

 よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(藤木祐輔君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、市会議案第16号を採決いたします。

 本件について、原案どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、市会議案第16号は原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 次に、日程14 市会議案第17号から市会議案第20号までを一括議題といたします。 提案者の説明を求めます。28番 信田君。

  (28番信田君登壇)



◆28番(信田邦彦君) ただいま上程されました市会議案第17号から市会議案第20号につきまして、提案者を代表いたしまして説明いたします。

 市会議案第17号は、政府に対し、義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書を提出しようとするものであります。

 市会議案第18号は、政府に対し、道路財源の確保に関する意見書を提出しようとするものであります。

 市会議案第19号は、大阪府などに対し、第2学区における府立高校の再編整備についての意見書を提出しようとするものであります。

 市会議案第20号は、米国における同時多発テロ事件に関する決議をしようとするものであります。

 別紙の内容につきまして、よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いいたします。



○議長(藤木祐輔君) 説明が終わりました。

 質問を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 質問なしと認め、質疑を終わります。

 討論に入ります。意見を受けることにいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)

 意見なしと認め、討論を終わり、市会議案第17号から市会議案第20号までを採決いたします。

 本件について、原案どおり承認いたしましても異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。よって、市会議案第17号から市会議案第20号までは原案どおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(藤木祐輔君) 以上で日程は終了しました。 閉会に先立ち、市長のあいさつを受けることにいたします。市長。

  (市長登壇)



◎市長(阪口善雄君) 9月定例会の閉会に当たりまして、お礼のごあいさつを申し上げます。

 今回ご提案をいたしました諸議案につきまして、それぞれ原案どおりご議決を賜りましたことを心から厚くお礼を申し上げます。

 この議会のご審議の中でちょうだいいたしました貴重なご意見、ご指摘につきましては、その趣旨を十分に踏まえまして、今後の市政運営の中で生かし、それぞれの施策の円滑なる推進と、事務事業の効率的な執行に努めてまいりたいと存じます。

 さて、今、地方分権がこれまでの仕組みづくりから実践の時代へと移り変わり、地方自治体には自主性、自律性と自己決定、自己責任の確立が求められております。

 そうした中で、真に豊かな地域社会を築くためには、市民と行政が協働して、お互いの役割と責任のもとに、さまざまな課題に積極的に取り組み、地域の実情、特性を踏まえた個性豊かな新しいまちづくりが必要であると考えております。

 今後とも、21世紀の分権時代にふさわしい自律した地域社会、自律した自治体の実現に向けまして、全力を挙げて取り組んでまいりたいと考えておりますので、議長、副議長、そして、議員各位の温かいご指導、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 なお、今議会でお願いをいたしました平成12年度(2000年度)の一般会計を初めとする各会計の決算認定につきましては、引き続きご審査を煩わせますが、その節には何とぞよろしくお願い申し上げます。

 最後になりましたが、長く大変厳しい暑さの夏でございました本年も、10月に入りますと、ようやく秋の気配が感じられるようになりまして、これからの季節は、市内各地域で文化、スポーツのさまざまな行事が催されることと存じます。

 議員各位におかれましては、ますますご多忙な時期を迎えられることと存じますが、くれぐれもご自愛を賜りまして、ますますご健康にて市政発展のためご活躍されますよう心からお祈り申し上げ、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(藤木祐輔君) 私からも一言お礼を申し上げます。

 去る9月12日より連日にわたり熱心にご審査をいただき、議会の運営にご協力賜りまして、本日無事に閉会の運びに至りました。ここに厚くお礼を申し上げます。

 本定例会閉会後は、決算審査特別委員会並びに企業決算審査特別委員会が予定をされているなど、公務ご多忙とは存じますが、よろしくお願いいたします。

 これにて本日の会議を閉じるとともに、9月定例 会を閉会いたします。

       (午前10時48分 閉会)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



吹田市議会議長
藤木祐輔
 


吹田市議会議員
山口克也
 


吹田市議会議員
木下平次郎