議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大阪市

平成7年第1回臨時会(平成7年12月) 12月14日−01号




平成7年第1回臨時会(平成7年12月) − 12月14日−01号









平成7年第1回臨時会(平成7年12月)



◯大阪市会(臨時会)会議録(平成7年12月14日)

   ◯議事日程

   平成7年12月14日午後2時開議

第1 議案第157号  平成7年度大阪市一般会計補正予算(第2回)

第2 議案第158号  平成7年度大阪市土地先行取得事業会計補正予算(第1回)

第3 議案第159号  平成7年度大阪市中央卸売市場事業会計補正予算(第1回)

第4 議案第160号  平成7年度大阪市港営事業会計補正予算(第2回)

第5 議案第161号  平成7年度大阪市下水道事業会計補正予算(第2回)

第6 議案第162号  平成7年度大阪市自動車運送事業会計補正予算(第1回)

第7 議案第163号  平成7年度大阪市高速鉄道事業会計補正予算(第2回)

第8 議案第164号  平成7年度大阪市水道事業会計補正予算(第2回)

第9 議案第165号  平成7年度大阪市公債費会計補正予算(第2回)

第10 議案第166号  職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案

第11 議案第167号  単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案

第12 議案第168号  企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案

第13 報告第36号  和解に関する急施専決処分報告について(交通局関係)

第14 報告第37号  損害賠償額の決定に関する急施専決処分報告について(交通局関係)

   −−−−−−−−−−−(以下 追加議事日程)−−−−−−−−−−−−

第15 土地利用審査会委員の任命について

第16 議員提出議案第46号  外航海運政策の国家支援措置の確立を求める意見書案

第17 請願第65号  港区市岡2丁目のパチンコ店新設計画に対する行政指導に関する請願書

第18 請願第67号  パチンコ店(市岡遊技場・仮称)の出店に反対する請願書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   報告第38号  民事訴訟等専決処分報告について

   報告第39号  損害賠償額の決定に関する専決処分報告について

報告監7の第32号  平成7年度定期監査結果報告の提出について

          (民生局所管建築工事の施行状況及び建築、電気・機械に係る施設の維持管理状況)

報告監7の第33号  平成7年度定期監査結果報告の提出について

          (環境保健局所管電気、機械に係る施設の維持管理状況)

報告監7の第34号  平成7年度随時監査結果報告の提出について

          (工事の施工監理状況についての実地監査)

報告監7の第35号  平成7年度出資団体監査結果報告の提出について

          (財団法人 大阪市勤労福祉文化協会)

報告監7の第36号  平成6年度出資団体監査結果報告の提出について

          (財団法人 大阪市都市整備協会)

報告監7の第37号  平成7年度出資団体監査結果報告の提出について

          (財団法人 大阪市消防振興協会)

報告監7の第38号  平成6年度出資団体監査結果報告の提出について

          (大阪港スポーツアイランド株式会社における土木関係業務の施行状況)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員89人(欠は欠席者)

     1番    岸本節男君

     2番    稲森 豊君

     3番    待場康生君

     4番    秋庭芳男君

     5番    足高將司君

     6番    多賀谷俊史君

     7番    大西宏幸君

     8番    神原昭二君

     9番    紀野敏明君

     10番    村上史好君

     11番    鈴木成男君

     12番    福山よしてる君

     13番    山本修子君

     14番    松岡 徹君

     15番    広岡一光君

     16番    坂井良和君

     17番    木下吉信君

     18番    高野伸生君

     19番    新田 孝君

     20番    井上淑子君

     21番    河本正弘君

     22番    小笹正博君

     23番    高田雄七郎君

     24番    瀬戸一正君

     25番    谷下浩一郎君

     26番    藤川基之君

     27番    土居一雄君

     28番    小玉 滋君

     29番    下田敏人君

     30番    長谷正子君

     31番    石川莞爾君

     32番    仲山忠男君

     33番    小西 実君

     34番    菅井敏男君

     35番    松原恵子君

     36番    天野 一君

     37番    大丸昭典君

     38番    柳本 豊君

     39番    玉木信夫君

     40番    美延郷子君

     41番    新堂庄二君

     42番    船場太郎君

     43番    辻 洋二君

     44番    奥野正美君

     45番    中村好男君

     46番    永藪隆弘君

     47番    松崎 孔君

     48番    福田賢治君

     49番    勝田弘子君

     50番    松田 力君

     51番    村尾しげ子君

     52番    加藤正武君

     53番    川口 優君

     54番    和田充弘君

     55番    壷井美次君

     56番    野村 清君

     57番    公原賢司君

     58番    田中義一君

     59番    石井義憲君

     60番    徳田育久子君

     61番    改発康秀君

     62番    太田勝義君

     63番    北山 篤君

   欠 64番    床田健三君

     65番    北野禎三君

     66番    物部秀恒君

     67番    上野節夫君

     68番    小西礼子君

     69番    大島豊太郎君

     70番    山下典嘉君

     71番    一色孝之君

     72番    井出和夫君

     73番    辰巳正夫君

     74番    姫野 浄君

     75番    関根信次君

     76番    矢達 幸君

     77番    松村将司君

     78番    岡  潔君

     79番    浜口晴敏君

     80番    中西建策君

     81番    柳井伝八君

     82番    辻 昭二郎君

     83番    山下喜一君

     84番    藤岡信雄君

     85番    勝田重春君

     86番    加藤 進君

     87番    森野光晴君

     88番    永井 博君

     89番    山口泰弘君

     90番    黒田輝夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員

          市会事務局長      笹倉和忠

          次長          小市敏文

          議事課長        小西壽昭

          議事課長代理      津田 薫

          議事係長        宮崎光雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議場に出席した執行機関及び説明員

          市長          西尾正也

          助役          阪口英一

          助役          佐々木 伸

          収入役         木地鐡平

          市長室長        土崎敏夫

          総務局長        大西凱人

          市民局長        中村 保

          財政局長        橋本 博

          計画局長        井越將之

          民生局長        足立公夫

          経済局長        山幡一雄

          中央卸売市場長     石部 勝

          環境保健局長      關 淳一

          環境事業局長      島田 勲

          都市整備局長      岡本宏行

          建設局長        佐々木茂範

          下水道局長       田野隆一

          港湾局長        阪田 晃

          副収入役兼収入役室長  小笠原文七郎

          市立大学事務局長    川村恒雄

          消防局長        岡本吉晃

          交通局長        板垣義鳳

          水道局長        横内利光

          教育長         森田雅美

          選挙管理委員会事務局長 末田 直

          人事委員会事務局長   山田康彦

          監査事務局長      竹中 茂

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   平成7年12月14日午後2時3分開会



○議長(徳田育久子君) これより市会臨時会を開会いたします。



△開議



○議長(徳田育久子君) 直ちに会議を開きます。

 本日の会議録署名者を加藤進君、中西建策君の御両君にお願いいたします。



○議長(徳田育久子君) この際申し上げます。日程第1、議案第157号ないし日程第14、報告第37号については、議事日程記載のとおり、去る11日及び12日の両日にそれぞれ関係常任委員会において事前調査が行われております。



○議長(徳田育久子君) 日程第1、議案第157号、平成7年度大阪市一般会計補正予算ないし日程第9、議案第165号、平成7年度大阪市公債費会計補正予算を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第157号



△(イメージ)議案第158号



△(イメージ)議案第158号



△(イメージ)議案第158号



△(イメージ)議案第158号



△(イメージ)議案第159号



△(イメージ)議案第159号



△(イメージ)議案第160号



△(イメージ)議案第160号



△(イメージ)議案第160号



△(イメージ)議案第161号



△(イメージ)議案第161号



△(イメージ)議案第161号



△(イメージ)議案第162号



△(イメージ)議案第162号



△(イメージ)議案第162号



△(イメージ)議案第163号



△(イメージ)議案第163号



△(イメージ)議案第163号



△(イメージ)議案第164号



△(イメージ)議案第164号



△(イメージ)議案第164号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号



△(イメージ)議案第165号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(徳田育久子君) 理事者の説明を求めます。

 橋本財政局長。

   (財政局長橋本博君登壇)



◎財政局長(橋本博君) ただいま御上程に相なりました議案第157号ないし議案第165号の補正予算案につきまして、その大要を御説明申し上げます。今回の補正は、国の第2次補正予算を受け、行うものでございます。

 まず、一般会計におきましては、防災対策の推進や公共事業等の追加など、総じて282億2,500万円を計上し、これらを賄う歳入といたしまして、事業に伴います国庫支出金78億1,200万円並びに特別債202億4,300万円などを充てることといたしております。

 次に、特別会計でございますが、土地先行取得事業会計におきまして、公共用地の先行取得並びに公債費の追加といたしまして253億9,600万円を計上いたしますとともに、中央卸売市場事業会計におきまして市場棟の建設に83億900万円、港営事業会計におきまして南港トンネルの建設などに5億8,600万円、下水道事業会計におきまして浸水対策などに220億円をそれぞれ追加計上いたしております。また、自動車運送事業会計におきましてはリムジンバス購入費といたしまして1億5,400万円を計上いたしますとともに、高速鉄道事業会計では、地下鉄第7号線の建設促進のため、78億1,200万円を、水道事業会計では水道管の耐震化促進などに24億3,700万円をそれぞれ追加することといたしております。

 これにより、各会計の公債に係る歳入、歳出を一括して計理する公債費会計の所要の補正額を加えました特別会計の補正予算額は1,502億9,130万円と相なっております。

 これによりまして、一般会計と特別会計をあわせました今回の補正予算総額は1,785億1,630万円と相なる次第でございます。

 また、別途債務負担行為の補正といたしましては、一般会計で31億9,900万円、下水道事業会計で23億円をそれぞれ計上いたしております。

 補正予算の内容でございますが、まず防災対策の推進といたしましては、災害に強いまちづくりを進めてまいりますため、9月補正に引き続き所要の補正を行うことといたしまして、34億4,700万円を追加計上いたしております。

 その内容といたしましては、水道管の耐震化の促進に19億円、高速道路等の耐震補強工事に12億円、活断層の調査に1億9,700万円、消防救助隊の機能強化として、高度救助用車両等の整備に1億5,000万円を計上いたしております。

 次に、景気対策の観点も含め、国の第2次補正予算を受けまして、市民生活に身近な社会資本の整備に重点を置いた公共事業等の追加を行うことといたしまして、まず校舎建設事業で、小・中学校の老朽鉄筋校舎の改築を促進するため、債務負担行為をあわせ24億6,100万円を追加計上いたしますとともに、公園事業で用地の取得に141億4,000万円を、下水道事業で浸水対策などに、債務負担行為をあわせ243億円を、河川事業では、平野川調節池の建設に3億円並びに城北川改修に債務負担行為として7億2,000万円をそれぞれ計上いたしますほか、高速鉄道事業会計では地下鉄第7号線の建設費78億1,200万円を追加いたしております。また、港湾事業では夢洲の岸壁整備等港湾施設整備などに99億1,700万円、中央卸売市場事業では市場棟の建設費として83億900万円、水道事業では、高度浄水施設の整備を推進するため、5億3,700万円をそれぞれ補正いたしますとともに、公共用地の先行取得に104億円を追加いたしますほか、年間の事業執行の平準化を図りますため、道路・橋梁の補修につきまして、債務負担行為を10億円計上いたしております。このほか、湊町と関西国際空港を結ぶリムジンバスを運行いたしますため、1億5,400万円を補正いたしますとともに、土地先行取得事業会計におきまして、土地売却に伴います公債費149億9,600万円を追加することといたしております。

 なお、今回の補正によりまして、一般会計の予算額は1兆9,971億7,112万5,000円となり、特別会計もあわせました予算の総額は4兆7,205億3,116万9,000円と相なる次第でございます。

 以上、補正予算案につきまして御説明申し上げました。何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となっております議案第157号ないし議案第165号については、委員会付託を省略せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって議案第157号ないし議案第165号は委員会付託を省略することに決しました。



○議長(徳田育久子君) これより討論に入ります。

 反対者の発言を許します。

 31番石川莞爾君。

   (31番石川莞爾君登壇)



◆31番(石川莞爾君) 私はただいま上程されました議案第157号、大阪市一般会計補正予算から議案第165号、大阪市公債費会計補正予算の9議案に反対の討論を行います。

 不況が長引く中、市民の暮らしは大変であります。例えば全国商工団体連合会がことし10月に中間集計を行った「営業と暮らし、健康実態調査」によりますと、前年同期に比べて、売上減が62%、利益が減った人が65.4%と、深刻な状況です。景気の見通しについて、「よくなる」と答えたのが3.4%なのに対し、「横ばい」36.5%、「悪くなる」32.8%と、厳しい見方になっています。また、全国下請企業振興協会の「下請景況天気図」によると、繊維の8割が受注減となり、全業種の天気図は、「不調」、「やや不調」をあわせますと59.6%と、過半数が不調となっています。

 また、雇用も深刻で、労働省調査によると、就職内定率は69%で、前年同期より5.7ポイント下回っています。特に男子が8.0ポイントのダウン、女子が2.2ポイントのダウンとなっています。また、女子が大半を占める短大生の内定率は45.6%で、2人に1人の就職が決まっていない最も厳しい状況になっています。

 こうしたとき、大阪市や国が景気対策として取り組むべき予算はどうあるべきでしょうか。私どもは補正予算要望などでその基本を次の3点に置くように主張してまいりました。一つは、GNPの6割を占める個人消費を拡大することに最大の配慮を払うことであります。つまり、市民の懐を直接暖かくする施策を行うことです。二つ目は、大企業の身勝手な下請いじめやリストラによる雇用の削減を規制するとともに、最も不況の影響を強く受けている中小企業の仕事をふやし、あるいは支援の手を差し伸べることであります。三番目は、公共投資は市民の暮らしの向上に直接役立つものにすることであります。この観点が今日の不況を克服し、景気を回復するためには非常に重要なのであります。

 ところが、村山内閣が行った景気対策とそれに基づく第2次補正は、個人の懐を暖かくする施策は何もありません。しかも、公共事業は大手ゼネコンが喜ぶ大規模プロジェクト優先という従来型予算の踏襲となっているのであります。大阪市の今回の補正予算も、国の補正予算を受けて組んだと言うとおり、中小企業の仕事を直接ふやす視点もなければ、中小企業を援助する観点もありません。市民生活を直接向上させる施策もありません。

 例えば中小企業を支援する問題でいえば、各地で実施に移しつつある無利子融資制度です。大阪市が力を入れてつくったワールドトレードセンタービルやATCビルの事実上の赤字の穴埋めに使われる102億円を融資に活用するとすれば、無利子融資の制度をつくって、限度額1,000万円で3万人の中小業者が利用可能となるのです。しかし、大阪市の補正予算には無利子融資についての新提案は何らありません。

 また、市民の暮らしの向上に役立つ公共投資の問題ですが、特別養護老人ホームや市営住宅の建設などが市民から非常に強い要求として出されているのに、これも本補正予算には計上されていないのであります。特に特別養護老人ホームへの市民の要求がいかに強いかは、待機者の状況を見ればはっきりします。つまり、1989年に426名だった待機者は、現在では2,408名、5.7倍にふえているのであります。大阪市の整備水準が千葉市や広島市の半分程度ということから考えても、本補正予算に計上すべきであります。それが一切なしということになっているのであります。そればかりではありません。本補正予算には民生保健委員会関係の予算が一切組まれておらず、これが地方自治体の予算かと言いたくなるものとなっているのであります。

 なお、私は先ほど、景気回復のために中小企業の仕事をふやすことも重要だと指摘しましたが、こうした生活の向上に役立つ公共投資は、中小企業に直接発注する量をふやすことに大きく役立ちます。この観点からも、生活密着型の公共投資を優先させることが大事なのであります。

 さらに、市民の懐を暖かくする問題です。これは大阪市だけでできる問題ではありませんが、それでも、全国の大都市では当たり前になっている在宅介護手当を支給するとか、国民健康保険料を値下げをする、あるいは都市計画税を減税するなど、地方自治体としてできることはたくさんあります。それも、年間466億円もの巨費を予算化している同和予算を半減すれば、国民健康保険料は3人家族で2万円引き下げたり、在宅介護手当を月5万円支給する、あるいは都市計画税の3分の1減税を復活する、こういうことは十分可能なのであります。こうした大阪市の姿勢が地方自治体本来の姿勢として他の自治体にも影響を与え、ひいては国をも動かすことにもなるのです。私は大阪市がそういう役割を果たす補正予算を組むよう強く主張するものですが、それは矢や鉄砲も届かない話ではありません。つまり、大阪市の巨大開発優先、解同言いなりという二つの病にメスを入れれば、十分可能です。それは先ほど来説明したとおりでありますし、そこに市民の大きな期待があると考えます。

 それは、先日行われた市長選挙の結果でも明らかです。つまり、巨大開発の中止、同和行政の終結を訴えた井上候補は、得票数、得票率を前回、前々回より大幅にふやし、西淀川区では井上候補が1位になる一方、西尾市長の継承を掲げた前助役は、得票数、得票率ともに前回を大きく下回り、有権者比ではわずか17%台の支持にしかすぎないという結果になっているのであります。また、二つの病気を指摘し、その改革を訴える大阪市をよくする会に多くの市民の声が寄せられていますが、ここにも、大阪市の巨大開発優先と解同言いなりをやめ、市民生活を向上させることを求める声が多数寄せられているのであります。

 二、三紹介しますと、「ワールドトレードセンタービルががらがらのような先行投資を特別養護老人ホームにもして、いつでも入れるように、がらがらにしてください」という訴えがファックスで届いています。発信人はある行政区のネットワーク委員会の方からです。つまり、大阪市が高齢者サービスの仕事を要請しているネットワークの方から切実な声が届けられているのであります。また、次のような手紙もあります。「私、貴会の機関紙並びにビラを拝見いたしました。そして、貴会の部落解放同盟さんへの批判文を拝読いたしました。私は、正直申し上げまして、大阪市の同和行政並びに部落解放同盟さんを支持いたしております」という書き出しで始まり、同和行政についての意見を述べた後、「自動車運転免許証0円と30万円。人権教育を期待する親御さんたちはわずか0.4%。いくら何でもこれはちょっと」と自ら疑問を投げかけ、最後に、「考えさせられました」と、こう結んでいます。このほかにも、同和行政の終結への共感の手紙、電話が多数寄せられているのであります。私はここに大阪市民の正直な気持ちがあらわれていると思います。それが先ほど言ったような選挙結果を出したと、こう思うわけであります。

 ところが、大阪市の今回の補正予算は、巨大開発と解同言いなりの同和行政には指一本触れない、そういう内容になっています。そして、国が決めたからといって、計上した予算を見ると、大手ゼネコンが受注できる事業を優先しているのであります。しかも、その財源は大半を起債に頼り、一層の借金漬けにする内容になっているのであります。こんなやり方は認められません。

 以上、本補正予算の問題点を指摘し、反対討論といたします。



○議長(徳田育久子君) これをもって討論を終結いたします。



○議長(徳田育久子君) これより採決に入ります。ただいま議題となっております議案第157号ないし議案第165号を原案どおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(徳田育久子君) 多数であります。よって議案第157号ないし議案第165号は原案どおり可決されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第10、議案第166号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案を議題といたします。

 なお、本件に関する人事委員会の意見は、お手元に配付の印刷物に記載のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)議案第166号



△(イメージ)人委第243号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議案第166号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって議案第166号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第11、議案第167号、単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議案第167号



△(イメージ)議案第167号



△(イメージ)議案第167号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議案第167号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって議案第167号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第12、議案第168号、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例案を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議案第168号



△(イメージ)議案第168号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議案第168号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって議案第168号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第13、報告第36号、和解に関する急施専決処分報告についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)報告第36号



△(イメージ)報告第36号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました報告第36号については、委員会付託を省略、承認せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって報告第36号は、委員会付託を省略、承認されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第14、報告第37号、損害賠償額の決定に関する急施専決処分報告についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました報告第37号については、委員会付託を省略、承認せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって報告第37号は、委員会付託を省略、承認されました。



○議長(徳田育久子君) 日程第15、土地利用審査会委員の任命についてを議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)土地利用審査会委員の任命について



△(イメージ)土地利用審査会委員の任命について



△(イメージ)土地利用審査会委員の任命について



△(イメージ)土地利用審査会委員の任命について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(徳田育久子君) 理事者の説明を求めます。

 西尾市長。

   (市長西尾正也君登壇)



◎市長(西尾正也君) ただいま御上程に相なりました土地利用審査会委員の任命について御説明申し上げます。

 土地利用審査会委員道庭富太郎、岩間啓次郎、二宮敏明、白井精一、筒井清子、小高剛及び安部大就の7君の任期が来る12月25日をもって満了いたしますので、その後任につきまして慎重に選考を進めました結果、ここに、道庭富太郎、二宮敏明及び筒井清子の3君を再び、田中茂、荒木正種、河田恵昭及び篠崎由紀子の4君を新たに任命いたしたいと存ずる次第でございます。

 7君の経歴につきましては、お手元配付の履歴書のとおりでございまして、道庭君は農業、田中君は法律実務、二宮君は土木、筒井君は経済、荒木君は不動産鑑定、河田君は自然環境保全、篠崎君は都市計画と、それぞれの部門においてすぐれた経験と知識をお持ちでありまして、本市土地利用審査会委員として適任と存じますので、何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(徳田育久子君) お諮りいたします。ただいま議題となっております土地利用審査会委員の任命については、委員会付託を省略することに決して御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって土地利用審査会委員の任命については、委員会付託を省略することに決しました。



○議長(徳田育久子君) これより採決に入ります。

 まず、二宮敏明君、筒井清子君及び篠崎由紀子君の任命について問題とし、起立により採決いたします。これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(徳田育久子君) 多数であります。よって二宮敏明君、筒井清子君及び篠崎由紀子君の任命については、これに同意することに決しました。



○議長(徳田育久子君) 次に、道庭富太郎君、田中茂君、荒木正種君及び河田恵昭君の任命について問題といたします。これに同意することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって道庭富太郎君、田中茂君、荒木正種君及び河田恵昭君の任命については、これに同意することに決しました。

   (日本共産党議員団退場)



○議長(徳田育久子君) 日程第16、議員提出議案第46号、外航海運政策の国家支援措置の確立を求める意見書案を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議員提出議案第46号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆70番(山下典嘉君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議員提出議案第46号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(徳田育久子君) 70番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(徳田育久子君) 御異議なしと認めます。よって議員提出議案第46号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。

   (日本共産党議員団入場)



○議長(徳田育久子君) 日程第17、請願第65号、港区市岡2丁目のパチンコ店新設計画に対する行政指導に関する請願書及び日程第18、請願第67号、パチンコ店の出店に反対する請願書を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)請願第65号



△(イメージ)請願第67号



△(イメージ)請願第67号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(徳田育久子君) 計画消防委員長より審査の報告を求めます。

 25番計画消防委員長谷下浩一郎君。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)計画消防委員会審査報告書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   (25番計画消防委員長谷下浩一郎君登壇)



◆25番(谷下浩一郎君) 計画消防委員会に付託されました請願第65号、港区市岡2丁目のパチンコ店新設計画に対する行政指導に関する請願書及び請願第67号、パチンコ店(市岡遊技場・仮称)の出店に反対する請願書に対する審査の結果を御報告申し上げます。

 両請願書はいずれも港区市岡2丁目におけるパチンコ店の新設計画に関するものであり、まず請願第65号は、このパチンコ店の新設によって影響を受ける地域環境や青少年の教育環境を守るとともに、計画地周辺での交通の安全確保のために、事業者に対して適切な行政指導を行うことを求めるものであります。

 一方、請願第67号は、このパチンコ店と南隣の大規模店出店計画による周辺住民の健康と生活に及ぼす被害が深刻であるとして、パチンコ店の新規出店を許可しないこと、住民の納得を得るまで建築申請を受理・認可しないことを求めるものであります。

 これに対して、理事者は、大阪市としては、建築確認申請がなされた場合、その計画が建築基準法並びに関係法令に適合しているかどうかを本市の建築主事が審査を行い、適合している場合には確認しなければならないこととなっている。また、パチンコ営業は風営法に規定されている営業に当たることから、許可権者である大阪府公安委員会において取り扱われるものとなっている。さらに、大気汚染については、本パチンコ店に設置されるような規模の駐車場については、大気汚染を規制する根拠となるような法令はなく、大阪市では、大気汚染等について影響の大きい事業については、本市環境影響評価要綱に基づき、事業者にアセスメントを実施するよう指導しているが、本件についてはこのアセスメント対象事業には該当していない。

 なお、請願第67号の大規模店の出店計画については、大店法第3条で、建物設置者が行うこととなっている届け出について、その提出先である大阪府もしくは近畿通商産業局から届出書の受理があったとは聞いていない。現時点では、本パチンコ店の建築確認申請はなされていないが、本計画は近隣住民と事業者の間にトラブルが発生していると聞いており、これまでも、事業者に対し、近隣住民に対して十分納得のいくよう説明を行い、誠意をもって対処するよう要請してきたところであり、今後とも引き続き指導していきたいと考えている旨、見解を表明されました。

 これを受けて、パチンコ店の新設に関する許・認可権について、また、駐車場の計画台数や大規模店の出店計画を含めた問題点などについて質疑が交わされ、慎重に審査いたしました結果、本委員会としては、請願第65号、港区市岡2丁目のパチンコ店新設計画に対する行政指導に関する請願書については、これを採択し、理事者に送付、理事者をして善処せしめることに決しました。

 また、請願第67号、パチンコ店(市岡遊技場・仮称)の出店に反対する請願書については、これを不採択とすることに決した次第であります。

 以上、簡単ではありますが、請願書2件に対する計画消防委員会の審査の報告といたします。



○議長(徳田育久子君) これをもって審査の報告は終了いたしました。



○議長(徳田育久子君) これより採決に入ります。

 まず、請願第65号を問題とし、起立により採決いたします。委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(徳田育久子君) 多数であります。よって請願第65号は委員長報告のとおり採択することに決しました。



○議長(徳田育久子君) 次に、請願第67号を問題とし、起立により採決いたします。委員長報告は不採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(徳田育久子君) 多数であります。よって請願第67号は委員長報告のとおり不採択とすることに決しました。



△閉議



○議長(徳田育久子君) 本日の日程は以上で終了いたしました。



○議長(徳田育久子君) この際御報告いたします。元市会議員流田利一君が去る12月10日逝去いたされました。ここに謹んで哀悼の意を表し、御報告申し上げます。



○議長(徳田育久子君) この際市長より退任のごあいさつがあります。

 西尾市長。

   (市長西尾正也君登壇)



◎市長(西尾正也君) お許しをいただきまして、一言退任のごあいさつを申し上げます。

 私、昭和62年12月19日、第15代大阪市長に就任させていただきまして、2期、8年間にわたり、議員各位の温かい御指導、御支持を賜りまして、市政を担当させていただきました。12月18日の任期満了をもちまして市長を退任させていただくに当たりまして、本日、ごあいさつを申し上げることとなりましたが、万感胸に迫り、お礼の言葉も見出し得ない思いでございます。

 この間、まことに長い1日もございましたが、また、振り返りますと、あっという間の8年間であったとの感を強くいたしております。しかしながら、2期にわたり大阪市長の職責を全うさせていただきましたのは、何よりも議員各位の力強く温かい御高庇のおかげでございまして、退任に当たりまして、心から厚くお礼を申し上げます。

 よき思い出を胸に退任させていただけますのは、この上ない幸せであると存じております。顧みますと、暮れも押し迫りました昭和62年12月28日、この本会議場におきまして市長就任のごあいさつを申し上げましたが、時あたかも市制100周年の大きな節目を目前にして、国際化、高齢化、情報化など市政を取り巻く社会情勢が大きく変化しつつあり、責務の重大さを痛感いたしまして、身の引き締まる思いでございました。何よりも市民の皆様の信頼を得つつ、議員各位、歴代市長のもとで営々と築かれてまいりました大阪市政の大いなる伝統を受け継ぎ、「ふれあいとぬくもりの市民本位の市政」、「人間主体のふるさと大阪づくり」、「活力あふれ、21世紀に発展・飛躍する、世界に貢献する大阪づくり」の実現に全力を挙げて取り組んでまいりました。市制100周年記念の諸事業、国際花と緑の博覧会の開催など、大島前市長時よりの諸懸案も、議会の皆様と一体となって全力を挙げて実現に努めさせていただきました。

 21世紀の本格的な高齢社会に対応するため、おとしよりが住み慣れた家庭や地域でいきいきと安心して暮らしていただけるように、また、21世紀の担い手でありますよい子の皆さんがいい環境の中ですくすくと育ってくれる「ひとにやさしいまちづくり」を全庁挙げての最大の課題として進めてまいりました。

 また、国際花と緑の博覧会の理念を生かし、花・緑いっぱいのうるおいのある水の都づくりにも精一杯取り組んでまいりました。今や市内の公園、街路樹の数は800万本に近く、我が国の都市の中で最大規模の植樹となっております。

 また、市民の皆様に健康でスポーツを楽しんでいただくことは市政の何よりも大きな課題でございます。総合医療センター、市立大学医学部附属病院の整備など、新しい医療体制の確立を図りますとともに、各区、地域のスポーツ施設の整備を進め、いつでも、どこでも、だれでもスポーツを楽しんでいただけるようにするとともに、なみはや国体を機に、各種の大規模国際級スポーツ施設を一斉に整備いたしまして、市会挙げての御意思でございます2008年第29回オリンピック大阪招致の市民運動を展開する中で、2001年の東アジア競技大会の大阪開催も決定されたところでございます。

 また、大阪経済を支える中小企業の振興、ATC・WTCなど国際経済都市としての基盤整備、ベイエリア開発の進む中で、関西国際空港が昨年9月に開港いたしました。これらを契機に先ごろAEPC大阪会議が成功裏に開催され、国際都市大阪を世界に大きくアピールすることができました。

 さらに、大阪の古い歴史を内外に御理解いただく難波宮の復元、歴史博物館、文化・芸術施設の整備、新しい大阪のにぎわいの基盤となりますユニバーサルスタジオの開設なども一定の方向づけをすることができました。

 ただ、思い出してもつらい出来事も幾つかございました。市制100周年の秋に明らかになりました公金に係る不祥事、市営交通機関での事故、それに、本年1月の阪神・淡路大震災による多数の犠牲、被害の発生などであります。市政をあずかる者として、どのような時代にありましても、市民の安全と財産、健康を守るという基本的な責務、市民の信頼に足る清潔な市政の確保の大切さを改めて痛感いたしたところでございます。私はこの18日で退任させていただきますが、市政は、とうとうとして流れる大河のごとく、枯れることなく、よどむことなく、安定して運営されていかなければならないものでございまして、今後は磯村新市長が、議会の皆様の御指導・御支援のもと、職員と一体となって、市政の発展とその安定した運営に努められることと確信いたしております。

 私は大阪に生まれ、大阪に育ち、昭和25年、大阪市に奉職以来、45年有余を市政一筋に歩んでまいりました。今後は大阪をこよなく愛する一市民としてこれからの大阪市の発展を見守ってまいりたいと思っております。

 最後に、市会議員の皆様から長きにわたって数々の温かい御指導、御厚情を賜りましたことをまことに光栄に存じますとともに、万感をこめて、重ねて心より厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 皆様の御健勝と大阪市のますますの発展を心からお祈り申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。

 大変ありがとうございました。(拍手)



○議長(徳田育久子君) この際、私から、感謝の気持ちを込めまして、一言申し上げます。

 ただいまごあいさついただきましたとおり、今任期で西尾市長は御勇退なさいますが、2期8年にわたり、脈々と流れる大阪市政の伝統を継承し、市民の幸福を願い、「ふれあいとぬくもりの市民本位の市政」、「人間主体のふるさと大阪づくり」、「世界に貢献する大阪づくり」に真摯に取り組んでこられましたことは衆目の一致するところであり、その御労苦に対しまして深く敬意を表したいと思います。

 西尾市長が在任されたこの8年間は、高齢化・国際化・情報化など社会情勢がめまぐるしく変化し、市民の方々の御要望もそれとともに多様化していく一方で、異常な地価高騰やバブル経済の崩壊による長期の不況など、安定した市政運営を行うには非常に厳しい状況でありました。

 しかしながら、西尾市長におかれましては、卓越した判断力・行動力によって、子どもからおとしより、障害者の方々に対しても、ひとにやさしいさまざまな施策を実施され、また一方では、花と緑の博覧会の開催を契機に、地道に緑化事業を進められるとともに、UNEP国際環境技術センターの誘致など、環境問題に対しても熱心に取り組んでこられました。また、つい先日、市民の方々の多大な御協力もいただきまして、無事APEC大阪会議のホストシティとしての大役を果たし、「国際都市大阪」の名を世界に発信することができましたことも、西尾市長の御尽力の賜物であると思います。

 今、なみはや国体の開催が間近に迫り、2001年の東アジア競技大会の大阪開催が決定し、大阪オリンピックの招致まであと一歩と近づいてきたこの時期に御勇退なさることは、西尾市長にとりまして心残りであり、御勇断の要ることであったろうと推察いたしますが、西尾市長の心は必ずや新市長あるいは市民の方々に受け継がれることでありましょう。

 私たち議員の1人1人も万感胸に迫るものがございますが、いつまでもお元気で、今後とも市政のさらなる発展のために御協力を賜りますことをお願い申し上げ、市会を代表して感謝の言葉といたします。長い間御苦労様でした。(拍手)



△閉会



○議長(徳田育久子君) 本市会臨時会の会議に付議された事件はすべて議了いたしましたので、会議規則第6条の規定により、本市会臨時会はこれをもって閉会いたします。

   午後2時47分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第39号



△(イメージ)報告第39号



△(イメージ)報告第39号



△(イメージ)報告監7の第32号



△(イメージ)報告監7の第32号



△(イメージ)報告監7の第32号



△(イメージ)報告監7の第32号



△(イメージ)報告監7の第33号



△(イメージ)報告監7の第33号



△(イメージ)報告監7の第33号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第34号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第35号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第36号



△(イメージ)報告監7の第37号



△(イメージ)報告監7の第37号



△(イメージ)報告監7の第37号



△(イメージ)報告監7の第37号



△(イメージ)報告監7の第37号



△(イメージ)報告監7の第38号



△(イメージ)報告監7の第38号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪市会議長   徳田育久子(印)

大阪市会議員   加藤 進(印)

大阪市会議員   中西建策(印)



◯大阪市会(臨時会)会議録(平成7年12月14日)(終)