議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大阪市

平成4年第4回定例会(平成4年11・12月) 11月11日−01号




平成4年第4回定例会(平成4年11・12月) − 11月11日−01号









平成4年第4回定例会(平成4年11・12月)



◯大阪市会(定例会)会議録(平成4年11月11日)

    ◯議事日程

    平成4年11月11日午後2時開議

第1 報告第33号 平成3年度大阪市歳入歳出決算報告について

         +一般会計、大学医学部付属病院事業会計、食肉市場事業会計、+

         |市街地再開発事業会計、駐車場事業会計、有料道路事業会計、|

         |土地先行取得事業会計、母子福祉貸付資金会計、寡婦福祉貸付|

         |資金会計、国民健康保険事業会計、心身障害者扶養共済事業会|

         +計、老人保健医療事業会計、公債費会計          +

第2 報告第34号 平成3年度大阪市西町外18財産区歳入歳出決算報告について

−−−−−−−−−−−−−−(以下 追加議事日程)−−−−−−−−−−−−−−

第3 教育委員会委員の任命について

第4 議員提出議案第45号  国民の祝日「海の日」制定に関する意見書案

第5 議員提出議案第46号  保育所における職員配置基準及び措置費の改善に関する意見書案

第6 議員提出議案第47号  企業・団体献金の禁止など政治腐敗防止対策の早期確立を求める意見書案

第7 議員提出議案第48号  乳幼児医療費無料制度の早期実施に関する決議案

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   報告第35号 平成3年度大阪市歳入歳出決算に係る主要な施策の成果に関する報告について

         +一般会計、大学医学部付属病院事業会計、食肉市場事業会計、+

         |市街地再開発事業会計、駐車場事業会計、有料道路事業会計、|

         |土地先行取得事業会計、母子福祉貸付資金会計、寡婦福祉貸付|

         |資金会計、国民健康保険事業会計、心身障害者扶養共済事業会|

         +計、老人保健医療事業会計                +

   報告第36号 法人の経営状況を説明する書類について

   報告第37号 信託に係る事務の処理状況を説明する書類について

   報告第38号 民事訴訟等専決処分報告について

   報告第39号 損害賠償額の決定に関する専決処分報告について

報告監4の第33号 平成4年度出資団体監査結果報告の提出について

         (財団法人 大阪都市協会)

報告監4の第34号 平成4年度出資団体監査結果報告の提出について

         (財団法人 大阪市おとしより健康センター)

報告監4の第35号 平成4年度出資団体監査結果報告の提出について

         (財団法人 大阪市霊園サービス公社)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員84人(欠は欠席者)

   1番    瀬戸一正君

   2番    谷下浩一郎君

   3番    小笹正博君

   4番    河本正弘君

   5番    高野伸生君

   6番    藤川基之君

   7番    木下吉信君

   8番     欠員

   9番    松岡 徹君

   10番    松崎 孔君

   11番    福田賢治君

   12番    土居一雄君

   13番    広岡一光君

   14番    中村好男君

   15番    新田 孝君

  欠16番    井上淑子君

   17番    船場太郎君

   18番    新堂庄二君

   19番    舟戸良裕君

   20番    美延郷子君

   21番    菅井敏男君

   22番    小西 実君

   23番    仲山忠男君

   24番    長谷正子君

   25番    杉谷恒治君

   26番    小玉 滋君

   27番    矢達 幸君

   28番    石川莞爾君

   29番    下田敏人君

   30番    小笠原正一君

   31番    松原恵子君

   32番    一色孝之君

   33番    山下典嘉君

   34番    大島豊太郎君

   35番    小西礼子君

   36番    石井義憲君

   37番    田中義一君

   38番    公原賢司君

   39番    天野 一君

  欠40番    大丸昭典君

   41番    柳本 豊君

   42番    玉木信夫君

   43番    和田充弘君

   44番    川口 優君

   45番    辻 洋二君

   46番    奥野正美君

   47番    勝田弘子君

   48番    村尾しげ子君

   49番     欠員

   50番    鈴木清蔵君

   51番    安楽雅男君

   52番    壷井美次君

   53番    岸本太造君

   54番    山下博義君

   55番    野村 清君

   56番    高橋幸一君

   57番    徳田育久子君

   58番    改発康秀君

   59番    太田勝義君

   60番    北山 篤君

   61番    床田健三君

   62番    北野禎三君

  欠63番    大西仙太郎君

   64番    黒田輝夫君

   65番    山口泰弘君

   66番    浜口晴敏君

   67番    岡崎 誠君

   68番    上野節夫君

   69番    松村将司君

   70番    物部秀恒君

   71番    岡  潔君

  欠72番    梶本利一君

   73番    辰巳正夫君

   74番    姫野 浄君

   75番    関根信次君

   76番    井出和夫君

   77番    青木仲三郎君

   78番    中西建策君

   79番    山川洋三君

   80番    柳井伝八君

   81番    坂井三郎君

   82番    辻 昭二郎君

   83番    山下喜一君

   84番    藤岡信雄君

   85番    勝田重春君

   86番    加藤 進君

   87番    森野光晴君

   88番    足高克巳君

   89番    永井 博君

   90番    中田捨次郎君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のために出席した事務局職員

           市会事務局長         藤田 衛

           次長             笹倉和忠

           議事課長           秋山正己

           議事課長代理         仲村雅信

           議事係長           池田征夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議場に出席した執行機関及び説明員

           市長             西尾正也

           助役             磯村隆文

           助役             阪口英一

           助役             佐々木 伸

           収入役            木地鐡平

           市長室長兼理事        朝田悦次

           総務局長           森 三郎

           市民局長           松尾 彰

           財政局長           今川 明

           計画局長           仙石泰輔

           民生局長           香山 博

           経済局長           木村 收

           中央卸売市場長        大西凱人

           環境保健局長         關 淳一

           環境事業局長         森田雅美

           都市整備局理事        岡本宏行

           建設局長           玉井義弘

           下水道局長          加藤隆夫

           港湾局長           柳原隆雄

           副収入役兼収入役室長     橋本 博

           市立大学事務局理事      小笠原文七郎

           消防局長           新堂 衛

           交通局長           今田 隆

           水道局長           藤原啓助

           教育次長           川村恒雄

           選挙管理委員会事務局長    板垣義鳳

           監査事務局長         竹内範夫

           人事委員会事務局長      佐藤欣三

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

   平成4年11月11日午後4時46分



○議長(北山篤君) これより市会定例会を開会いたします。



△開議



○議長(北山篤君) 直ちに会議を開きます。

 本日の会議録署名者を柳本豊君、村尾しげ子君の御両君にお願いいたします。



○議長(北山篤君) この際お諮りいたします。定刻がまいりましたならば、時間を延長することに決して御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって時間は延長されました。



○議長(北山篤君) これより議事に入ります。



○議長(北山篤君) 日程第1、報告第33号、平成3年度大阪市歳入歳出決算報告について及び日程第2、報告第34号、平成3年度大阪市西町外18財産区歳入歳出決算報告について、一括して議題といたします。

 −−(報告第33号及び報告第34号は、別冊の1に登載)−−



○議長(北山篤君) 理事者の説明を求めます。

 西尾市長。

   (市長西尾正也君登壇)



◎市長(西尾正也君) ただいま御上程に相なりました報告第33号、平成3年度大阪市歳入歳出決算の御審議をお願いするに当たりまして、その概要を御説明申し上げます。

 まず、一般会計につきましては、歳入総額1兆5,311億5,200万円に対し、歳出総額は1兆5,282億8,800万円でありまして、差引28億6,400万円の繰越金が生じました。この繰越金から翌年度へ繰り越しました事業にかかる一般財源所要額を差し引いた、いわゆる実質収支につきましては16億900万円で、おおむね前年度と同程度の剰余となっております。しかしながら、これに国民健康保険事業会計の収支不足額をあわせますと、60億2,700万円の収支不足となっております。

 次に、特別会計でありますが、国民健康保険事業会計におきましては、一般会計からの繰入金255億円を含めまして、歳入1,781億2,900万円に対し、歳出は1,857億6,500万円で、差引収支不足額は76億3,600万円となり、前年度より若干減少いたしております。

 大学医学部付属病院事業会計は、歳入歳出とも368億6,400万円でありまして、食肉市場事業会計は同じく50億6,900万円、市街地再開発事業会計は223億7,100万円、駐車場事業会計は32億4,800万円、有料道路事業会計は15億7,000万円、土地先行取得事業会計は1,092億500万円、心身障害者扶養共済事業会計は2億300万円、老人保健医療事業会計は1,669億3,600万円で、それぞれ収支相償っております。

 次に、母子福祉貸付資金会計におきましては、歳入2億1,300万円に対し、歳出は1億7,500万円で、差引3,800万円を、寡婦福祉貸付資金会計は、歳入8,100万円に対し、歳出は1,000万円で、差引7,100万円を、それぞれ翌年度へ繰り越しました。

 また、本市各会計の公債関係の歳入歳出を一括して経理する公債費会計におきましては、歳入6,238億3,600万円に対し、歳出は6,233億4,100万円で、差引4億9,500万円を翌年度へ繰り越したのであります。

 以上、各会計の決算収支を申し上げましたが、次に、財産運営につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 国及び地方の財政は、巨額の借入金残高を抱えるなど、依然として厳しい状況が続いており、今後急速に進展する高齢化や国際化などの社会経済情勢の変化に弾力的に対応していくためには、行財政の簡素効率化を一層推進し、財政の健全化に向け引き続き努力することが重要な課題とされております。

 一方、本市財政は、これまで進めてまいりました都市基盤と生活環境の整備に伴う管理運営費や福祉費などの必須経費に加えて、多様化する市民ニーズに対応するための新たな財政需要が増大する中で、税収入は景気の後退により低い伸びにとどまり、また、国庫補助負担率の引き下げ措置についても、昭和61年度の水準に復元されましたものの、3年間の暫定措置として継続されるなど、なお厳しい状況にあります。

 このような中ではありますが、3年度の固定資産税の評価替に際しまして、税負担の緩和を図るため、小規模住宅用地に対する都市計画税について、3年間の本市独自の軽減措置を講じたところであります。

 今後ともより一層効率的な行財政運営に努めますとともに、かねてより要望を続けております、大都市の財政需要の実態に即応した税財政制度の確立に向けて努力を重ねてまいる所存でございますので、議員各位におかれましても、このうえともお力添えを下さいますよう、お願い申し上げます。

 次に、主な事業について御説明申し上げます。

 ふれあいとぬくもりのある「ふるさと大阪づくり」といたしましては、第1に、花の万博の理念を継承し、花と緑あふれる美しいまちづくりのための施策を推進いたしました。

 まず、緑化の推進につきましては、グリーナリー大阪2005事業を展開し、まちかど花壇・まちかどモールづくりなどを実施いたしました。さらに、花と緑のまちづくり推進基金を増額し、民有地緑化への助成や花と緑の協定、緑化リーダーの育成などを積極的に進めましたほか、財団法人国際花と緑の博覧会記念協会設立のための出捐など、総じて88億400万円を支出いたしました。

 また、まちなみを整え、美しい大阪の景観をつくるため、幹線道路の緑化を初め、商店街路や橋梁の美装化などを行うとともに、城北川などの親水河川の整備、道路・橋梁のリフレッシュを実施しましたほか、美化啓発やボランティア清掃の推進など、総じて54億9,700万円を支出いたしました。

 公園の整備につきましては、鶴見緑地を花の万博記念公園として整備し、約70ヘクタールを再オープンいたしましたほか、長居公園などの大公園の整備を推進するとともに、児童公園のリフレッシュや水を生かした公園づくりを進めるなど、総じて219億2,600万円を支出いたしました。

 環境の保全といたしましては、地球的規模の環境問題の解決に資するため、UNEP国際環境技術センターを支援する財団法人地球環境センターを設立するとともに、地域環境フェアの開催や環境マップの作成など、環境教育の推進に努めましたほか、環境保全基金を増額いたしました。

 また、大気汚染の一層の改善を図るため、新たに電気自動車コミュニティシステムを導入するなど、窒素酸化物対策を推進いたしましたほか、航空機騒音対策といたしまして、民家の空調機器等の更新にかかる助成を拡充するなど、総じて56億2,200万円を支出いたしました。

 第2に、市民の健康を守るとともに、福祉、教育を充実し、生きがいをもって暮らせる社会をつくるための施策を推進いたしました。

 まず、スポーツの振興につきましては、平成9年の大阪国体に向けて、国際的なスポーツイベントが開催できる施設として、長居陸上競技場、靱庭球場などの設計や、新中央体育館の基本計画を策定いたしましたほか、地域スポーツセンターを鶴見区で完成させますとともに、東淀川区と旭区で建設に着手し、都島区などで設計を行いました。また、スポーツ施設の利用促進を図るため、野球場・運動場等のナイター化やリフレッシュを行うとともに、市民スポーツ祭典、市民レガッタ、ウォーキングジャンボリーを実施するなど、総じて54億6,100万円を支出いたしました。

 保健衛生対策につきましては、老人保健法に基づく保健事業や小児難病対策の推進に努めるとともに、新たに緊急措置が必要な妊産婦に対する診療体制を確保したほか、精神障害者小規模作業所に対する運営助成の引き上げを行うなど、総じて334億8,200万円を支出いたしました。

 老人保健医療事業につきましては、70歳以上のお年寄りなど20万2,000人を対象に、1,669億3,600万円を支出いたしました。

 また、国民健康保険事業につきましては、44万7,000世帯、96万4,000人を対象として、1,215億8,500万円の保険給付費と475億2,000万円の老人保健拠出金などを支出いたしました。

 収支につきましては、若干の改善が図られたところでありますが、なお厳しい財政状況にありますので、保険者として保険料の収納努力や保険給付費の適正化などに、より一層努めてまいりますとともに、引き続き国に対して制度の抜本的改善について強く要望を行い、財政の健全化並びに安定的な運営に努めてまいる所存であります。

 高齢化対策につきましては、「いきいきエイジング、みおつくしプラン」の実現を図るため、推進本部の設置や地域支援システムの構築を図るなど、推進体制を整備いたしました。また、高齢者総合相談情報センターを開設し、緊急通報システムを導入するとともに、各種相談などを実施しましたほか、特別養護老人ホームやデイサービスセンターの整備を進めました。さらに、在宅のお年寄りの福祉の向上を図るため、デイサービス事業を初めショートステイ事業やホームヘルパー派遣事業、ねたきり老人入浴サービス事業を拡充いたしますとともに、老人憩の家の整備を進めましたほか、お年寄りのおられる全世帯に高齢者ガイドブックを配布するなど、総じて369億200万円を支出いたしました。

 このほか、高齢者向け住宅施策として、新たに、お年寄りが使いやすい浴槽の設置や、中層住宅へのエレベーターの設置を進めるとともに、ケア付市営住宅に生活援助員を配置しましたほか、新築の市営住宅全戸で床の段差解消や浴室、便所への手摺の設置など、安全で住みやすい住環境整備に努めました。

 また、障害者やお年寄りにやさしく、あたたかいまちづくりを目指して、新たに鉄道駅舎へのエレベーター、エスカレーターの設置助成を行いましたほか、老人福祉センター、区役所、地域図書館など公共施設へのエレベーターの設置を推進いたしました。

 次に、心身障害者の福祉施策といたしましては、身体障害者更生援護施設を初め、精神薄弱者更生・授産施設の建設助成を行いましたほか、点字図書館の建て替えに着手するなど施設の整備を進めますとともに、障害者福祉作業センターヘの運営助成を引き上げました。また、障害者の社会参加を促進するため、タクシー料金の助成を拡充いたしましたほか、新たにビデオと写真による療育訓練を実施するとともに、全身性障害者介護事業や重度障害者短期保護事業などを拡充いたしました。さらに、心身障害児教育につきましても、養護教育諸学校へのエレベーターの設置や重度障害児のための移動教室など、心身障害者福祉施策に、総じて172億9,100万円を支出いたしました。

 児童及び母子福祉施策につきましては、保育所の整備を行うとともに、保育ニーズの多様化に対応するため、新たに夜型延長保育事業を実施するなど、保育の充実を図ったところでございます。

 また、母子福祉センターの建て替えに着手いたしましたほか、学校に登校しない中学生を対象とした心理治療事業を新たに実施するなど、総じて307億3,400万円を支出いたしました。

 生活保護等の福祉施策につきましては、生活保護施設の建設助成とともに、生活保護基準の引き上げ、緊急援護資金の増額など、総じて909億5,700万円を支出いたしましたほか、あいりん地区対策として社会医療センターの運営助成や越年対策などを実施いたしました。

 さらに、既存施設を地域福祉の拠点とするための整備助成を拡充するとともに、社会福祉協議会活動の充実を図りましたほか、社会福祉振興基金やボランティア活動振興基金の増額など、市民福祉の向上に努めました。

 次に、教育事業といたしましては、市民の多様な学習要望にも応えられる単位制による課程を設置した中央高等学校を建設し、本年4月に開校いたしましたほか、新しい学科の設置・改編など、特色ある高等学校教育の推進に努めました。また、小・中学校校舎の増改築、特別教室の整備を初め、高等学校、幼稚園の施設整備に努めましたほか、校舎補修やプールの建設、校園備品の整備など、総じて487億9,300万円を支出いたしました。

 さらに、教育水準の維持向上のため、ふれあい教育を幼稚園や中学校にも拡充するとともに、新たに工業高校生の海外技術交流事業を実施いたしましたほか、高等学校での初任者研修の本格実施や学校維持運営費、就園奨励費補助金の増額を行うなど、学校教育の充実に努めました。

 市立大学につきましては、特定研究助成制度の創設など教育研究費を充実いたしますとともに、法学部学舎の建設に着手するなど、教育研究環境の改善を図りましたほか、大学振興基金を設置いたしました。また、高度化・多様化する医療ニーズに対応するため、新附属病院の建設を推進するとともに、医療用備品の整備充実を図るなど、総じて261億8,900万円を支出いたしました。

 生涯学習の推進につきましては、生涯学習大阪計画を策定するとともに、生涯学習ルームの拡充、市立大学の公開講座、社会人入学制度を充実いたしましたほか、高等学校・大学の開放講座を実施いたしました。

 また、幅広い市民の学習ニーズに応えるため、新中央図書館の設計に着手するとともに、引き続き地域図書館へのコンピューターの導入を進めましたほか、大阪国際平和センターヘの建設助成を行い、昨年9月に開館いたしました。

 女性のための施策といたしましては、女性いきいきセンター北ブロック施設の建設に着手いたしましたほか、女性フォーラムや各区女性のつどい、リーダー養成講座の実施など、女性施策の推進に努めました。

 さらに、若者のための施策といたしましては、総合青少年育成計画を策定するとともに、青少年指導者の育成や外国青年との国際交流事業、青少年育成「21世紀への旅」事業などを実施いたしました。また、土地信託を活用して、西心斎橋にイベント広場、弁天町駅前にアミューズメント施設の整備を進めるなど、若者にとって魅力あるまちづくりの推進に努めました。

 第3に、快適で魅力ある住みよい文化都市大阪をつくるための施策を推進いたしました。

 まず、芸術・文化の振興につきましては、文化振興施策推進本部を設置いたしましたほか、美術館展覧会室の建設や近代美術館基本計画の策定を進めますとともに、大阪文学館や考古資料センターの構想調査を行いました。また、大阪フィルハーモニー会館への建設助成を行い、昨年8月に開館いたしましたほか、シティホールフェスティバルの開催や、史跡連絡遊歩道、難波宮跡の整備を進めるとともに、「文楽なにわ賞」の創設や新修大阪市史の編纂事業の推進など、総じて41億5,200万円を支出いたしました。

 区政の充実とコミュニティづくりの推進につきましては、市民サービスの向上のため、住民基本台帳事務の機械化を全区役所で実施するとともに、戦前に建設された4区庁舎の建て替えのための調査や区民施設のリフレシュ、地域集会所の整備を進めました。また、市民音楽祭や区民まつりなどの多彩なコミュニティ事業の実施や、大阪咲かそキャンペーンの推進、市政だよりの充実など、総じて39億3,300万円を支出いたしました。

 環境清掃事業につきましては、新たに八尾工場の建て替えに着手するとともに、西淀工場の建て替えや夢洲廃棄物理立処分地造成の推進など、ごみ処理体制の充実を図りました。また、ごみ減量キャンペーンの展開や牛乳パック・空き缶の回収、市民団体への回収用具の貸与など、ごみの減量や資源のリサイクルに取り組みましたほか、斎場・霊園の整備など、総じて178億7,000万円を支出いたしました。

 また、消費流通対策といたしましては、大阪花きセンターの整備を進めるとともに、小売市場の整備に努めましたほか、消費生活についての情報提供・苦情相談を行うなど、総じて14億8,200万円を支出いたしました。

 消防力の充実につきましては、救急救命士の養成などを行う救急教育センターの建設や、高度救命処置用資器材を整備いたしましたほか、はしご車、ポンプ車等各種消防器材の整備など、総じて23億700万円を支出いたしました。

 防災対策といたしましては、防災行政無線の整備を完了するとともに、都市防災不燃化促進事業や、共同溝の建設を進めましたほか、府市合同震災訓練、防災の手引の作成、臨海部における防潮堤の耐震補強などを実施し、総じて33億3,000万円を支出いたしました。

 同和対策事業につきましては、広く人権意識の高揚を図るため、市民啓発を積極的に推進するとともに、地区における福祉の充実と教育や保健衛生の向上に努めるなど、総じて78億4,200万円を支出し、住宅建設や校舎整備などの関連事業と相まって、真に同和問題の解決に資する施策の実施に努めたところであります。

 次に、21世紀に飛躍する「世界の大阪づくり」といたしまして、第1に、活力ある創造性豊かな中小企業を育て、大阪経済の活性化、国際化を図るための施策を推進いたしました。

 まず、中小企業の経営安定を図るため、大型店対策事業転換等特別融資の創設など融資制度の拡充を初め、各種診断指導などを幅広く実施いたしましたほか、足腰の強い中小企業を育成するため、先端技術化対策や都市型工業の立地適正化を推進するとともに、ビジネス・インキュベータ事業など高度化対策の充実や、商店街わがまちクリエーション推進事業など、地域経済の活性化に努めました。また、国際交易機能の強化を図るため、インテックス大阪の拡充整備や、アジア太平洋トレードセンターの建設を推進いたしました。

 さらに、国際観光の振興を図るため、「トラベル大阪21計画」事業を推進するとともに、地域経済の高度化、国際化を推進し、大阪経済の振興を図るため、産業経済振興基金を設置するなど、総じて641億2,400万円を支出いたしました。

 第2に、確固とした都市基盤を整備し、新しい時代にふさわしいまちづくりを進めるための施策を推進いたしました。

 まず、道路・橋梁の整備につきましては、桜島守口線、木津川平野線など都市計画道路の整備や尻無川新橋などの建設を推進するとともに、長堀通を改造するための調査設計を実施いたしました。また、鉄道との立体交差化として、JR関西本線やJR阪和線などで事業を推進するとともに、阪急京都線・千里線の淡路駅周辺において調査を実施いたしました。このほか、湾岸線などの高速道路や片福連絡線の建設促進に努めました。さらに、駐車対策の推進といたしましては、大阪駅前・扇町通地下駐車場の整備を進めるとともに、靱・長堀通・本町地下駐車場などの設計を実施いたしました。また、民間の一時預り駐車場の増設を図るため、融資制度を創設するとともに、市営住宅の駐車場整備を進めましたほか、放置自転車対策につきましても、自転車駐車場の増設など駅周辺の環境整備に努めるなど、総じて1,196億700万円を支出いたしました。

 大阪港の整備といたしましては、南港トンネルの建設を進めましたほか、大型コンテナ埠頭、国際フェリー埠頭など、国際貿易港としての整備を推進いたしますとともに、ウォーターフロント開発に関する国際フォーラムの開催など、総じて234億7,300万円を支出いたしました。

 次に、良質な住宅の建設と住環境の整備につきましては、市内居住の定着を図り、活力あるまちづくりを進めるため、新婚世帯を対象に家賃補助制度の創設や市営住宅の別枠募集などを実施いたしました。また、中間所得者層を対象に、新たに借り上げ方式による民間すまいりんぐ供給事業を実施するとともに、公社分譲住宅や中間層向け賃貸住宅の建設を促進いたしましたほか、民間マンションの購入に対する融資限度額の引き上げなどを実施いたしました。さらに、市営住宅の建設につきましては、新たに老朽化した鉄筋コンクリート造り住宅の建て替えに着手するなど、建替事業を積極的に進め、公営住宅やすまいりんぐ、地域リロケーション住宅など、あわせて1,853戸の建設に着手いたしました。

 また、淀川リバーサイド地区、高見地区及び桜宮中野地区におきまして、職住近接のまちづくりを推進するとともに、住宅地区改良事業や住宅建設に伴う関連公共施設を整備いたしましたほか、既存住宅の質の向上と有効活用を図るため、430戸の住戸改善や計画補修を重点的に実施するなど、住環境の整備と住宅建設に、総じて1,643億4,100万円を支出いたしました。

 市街地の再開発につきましては、阿倍野地区で引き続き再開発ビルの建設などを進めますとともに、大阪駅前ダイヤモンド地区で地下交通ネットワーク整備事業を実施いたしました。また、湊町地区で、複合交通センターなど拠点施設の整備を進めますとともに、弁天町駅前地区におきましては、建築空間を活用した人工地盤等の整備を推進いたしました。さらに、土地区画整理事業につきましては、港地区の換地処分を行いましたほか、新たに加島地区に着手し、茨田北地区及び三国駅周辺地区などで継続実施するなど、総じて628億4,200万円を支出いたしました。

 治水対策につきましては、市内東南部の浸水対策として平野川調節池の西への延伸を進めますとともに、城北川の改修など、総じて48億7,400万円を支出いたしました。

 第3に、21世紀に向かって世界に貢献する国際都市大阪をつくるための施策を推進いたしました。

 まず、21世紀の新しい大阪の創造につながる先駆的事業につきましては、「21世紀大阪まちづくり事業−大阪『ひと・まち・未来』計画」を本年2月に策定いたしますとともに、大阪21世紀計画の積極的な推進に努めました。まず、多目的ドームにつきましては、その建設に向け、株式会社大阪シティドームを設立いたしましたほか、関西国際空港の建設の促進や全体構想の推進に積極的に取り組みますとともに、活力と魅力にあふれる国際文化都市・大阪を実現するため、御堂筋パレードなど多彩なイベントを開催いたしました。

 国際交流の推進につきましては、大阪・ミラノ姉妹都市提携10周年記念事業の実施を初め、姉妹・友好・パートナー都市などと各分野で市民レベルの活発な国際交流を推進いたしますとともに、都市工学等の情報提供や、研究者、技術者の受け入れ・派遣、外国人留学生に対する支援など、世界に貢献する大阪を目指した積極的な交流を図ってきたところであります。

 以上、平成3年度の決算の概要を御説明申し上げましたが、なお詳細につきましては後日の決算特別委員会に譲りたいと存じますので、何とぞよろしく御審議のほど、お願い申し上げます。



○議長(北山篤君) お諮りいたします。ただいま議題となっております報告第33号及び報告第34号は、目下、報告第26号、平成3年度大阪市市民病院事業会計決算報告について外3件を審査中の決算特別委員会に付託することに決して御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって議長発議のとおり決しました。



○議長(北山篤君) 日程第3、教育委員会委員の任命について、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)教育委員会委員の任命について



△(イメージ)教育委員会委員の任命について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(北山篤君) 理事者の説明を求めます。

 西尾市長。

   (市長西尾正也君登壇)



◎市長(西尾正也君) ただいま御上程に相なりました教育委員会委員の任命について御説明申し上げます。

 教育委員会委員三輪昌子君及び難波利三君の任期が来る11月13日をもって満了いたしますので、その後任につきまして慎重に選考を進めました結果、ここに崎山耕作君及び丸野豊子君を任命いたしたいと存ずる次第でございます。

 両君の経歴につきましては、お手元配付の履歴書のとおりでございまして、教育行政について深い造詣と識見を有する人格高潔の方で、本市教育委員会委員として適任と存じますので、何とぞよろしく御審議の上御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(北山篤君) お諮りいたします。ただいま議題となっております教育委員会委員の任命については、委員会付託を省略、これに同意することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって教育委員会委員の任命については、委員会付託を省略、これに同意することに決しました。



○議長(北山篤君) 日程第4、議員提出議案第45号、国民の祝日「海の日」制定に関する意見書案、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議員提出議案第45号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆18番(新堂庄二君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議員提出議案第45号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(北山篤君) 18番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって議員提出議案第45号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(北山篤君) 日程第5、議員提出議案第46号、保育所における職員配置基準及び措置費の改善に関する意見書案、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議員提出議案第46号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆18番(新堂庄二君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議員提出議案第46号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(北山篤君) 18番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって議員提出議案第46号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(北山篤君) 日程第6、議員提出議案第47号、企業・団体献金の禁止など政治腐敗防止対策の早期確立を求める意見書案、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議員提出議案第47号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆18番(新堂庄二君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議員提出議案第47号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(北山篤君) 18番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって議員提出議案第47号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



○議長(北山篤君) 日程第7、議員提出議案第48号、乳幼児医療費無料制度の早期実施に関する決議案、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)議員提出議案第48号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆18番(新堂庄二君) 動議を提出いたします。ただいま議題となりました議員提出議案第48号については、委員会付託を省略、原案どおり可決せられんことを望みます。



○議長(北山篤君) 18番議員の動議に御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(北山篤君) 御異議なしと認めます。よって議員提出議案第48号は、委員会付託を省略、原案どおり可決されました。



△閉議



○議長(北山篤君) 本日の日程は以上で終了いたしました。



△散会



○議長(北山篤君) 本日はこれをもって散会いたします。

   午後5時21分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第37号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第38号



△(イメージ)報告第39号



△(イメージ)報告第39号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第33号



△(イメージ)報告監4の第34号



△(イメージ)報告監4の第34号



△(イメージ)報告監4の第34号



△(イメージ)報告監4の第34号



△(イメージ)報告監4の第35号



△(イメージ)報告監4の第35号



△(イメージ)報告監4の第35号



△(イメージ)報告監4の第35号



△(イメージ)報告監4の第35号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

大阪市会議長  北山 篤(印)

大阪市会議員  柳本 豊(印)

大阪市会議員  村尾しげ子(印)



◯大阪市会(定例会)会議録(平成4年11月11日)(終)