議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 南山城村

平成28年予算決算常任委員会( 3月 4日)




平成28年予算決算常任委員会( 3月 4日)





 



      平成28年第1回南山城村議会予算決算常任委員会会議録





       (平成28年3月3日〜平成28年3月4日 会期2日間)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


            議  事  日  程  (第2号)


                         平成28年3月4日9時30分開議


第1 議案第15号 平成27年度南山城村一般会計補正予算(第5号)の件


第2 議案第16号 平成27年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の件


第3 議案第17号 平成27年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第3号)の件


第4 議案第18号 平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第4号)の件


第5 議案第19号 平成27年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計補正予算(第2号)


         の件


第6 議案第20号 平成28年度南山城村一般会計予算の件


第7 議案第21号 平成28年度南山城村国民健康保険特別会計予算の件


第8 議案第22号 平成28年度南山城村簡易水道特別会計予算の件


第9 議案第23号 平成28年度南山城村介護保険特別会計予算の件


第10 議案第24号 平成28年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計予算の件


第11 議案第25号 平成28年度南山城村後期高齢者医療特別会計予算の件


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会議に付した事件  議事日程に同じ


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 応 招 議 員


    議  長  新 田 晴 美 君


     1 番  吉 岡 克 弘 君       6 番  中 嶋 克 司 君


     2 番  ? 谷 契 次 君  副委員長 7 番  北     猛 君


     3 番  中 村 富士雄 君  委員長  8 番  青 山 まり子 君


     4 番  廣 尾 正 男 君       9 番  梅 本 章 一 君


     5 番  橋 本 洋 一 君      10 番  新 田 晴 美 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 不応招議員       なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 欠 席 議 員     なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 説明のため出席した者


   村長      手仲圓容 君       副村長      岸本重司 君


   参事      山村幸裕 君       総務課長     山本隆弘 君


   むらづくり推進課長            税財政課長    廣岡久敏 君


           森本健次 君


   保健福祉課長  岸田秀仁 君       保育所長     木村啓子 君


   産業生活課長  山本雅史 君       建設水道課長   末廣昇哉 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 事 務 局 職 員


   事務局長    辰巳 均 君


   書記


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会 議 の 内 容





○委員長(青山まり子君)


 皆さん、おはようございます。


 昨日に引き続き、予算委員会の審議を開始したいというふうに思います。


 昨日は、当初予算の衛生費まで皆さんの御質疑いただいておりますので、ページ、70ページの農業水産業費から質疑を受けたいと思います。農業水産業費について質問のある方、挙手お願いします。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 資料集でいうと22ページにお茶の京都推進事業ということで約80万円ほどが含まれていますが、この内容について、ちょっともう少し詳しく説明をお聞きしたいと思います。


 お茶の京都ということを宣伝しようということで、京都府が進めているわけですが、それにかかわって新規にこの実施内容の2番目にですね、文化的景観保存修景事業という何か難しい感じが並んでいるんですけども、これ具体的に記録の作成及び観光というのが一体どういうことやろ、パンフレットをつくるんか、冊子をつくるんか、どういう内容かちょっとわかりません。


 それと、きのうの説明で私聞き間違えたんかわからないですけども、これを資料2の作成にかかわって、奈良の国立文化財研究所ですか、そこに依頼するとかいうお話があったんですけども、それは一体どういうことなのか、これお聞きしたい。


 それから、3つ目の日本茶インストラクター育成事業ということで、これ誰、職員を1人インストラクターとして要請するのに9万3,000円が必要だと、こういうふうに理解していいのかどうか、ちょっとそのあたりをお聞きしたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 済みません、文化的景観保存修景事業といいますのは、昨年、平成27年3月に南山城村のお茶の文化的景観ということで、京都府の文化財保護条例に基づく選定を受けました。その選定を受けた地区に対して、京都府の補助金がつくということで、その事業メニューの1つで記録の作成及び観光というメニューがあります。それを利用しまして、景観を中心とした南山城村のお茶というものを紹介していくパンフレットを作成するというものでございます。


 委託先は、京都府の紹介もありまして、奈良文化財研究所に委託をいたしまして、写真撮影、それから資料の収集から始めまして、地元住民とのワークショップ的なところも考えております。そういった活動を経て南山城村のお茶を紹介していくようなパンフレット、こういう文化的景観がありますというものを記録し、紹介していくパンフレットを作成するというものでございます。


 日本茶インストラクター育成事業につきましては、職員を対象に1名資格取得をさせて茶関連知識の向上を図って茶業振興、観光振興に寄与するという目的趣旨でございます、これを目指すということでございます。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 京都府が村の5カ所の茶畑の風景を指定をしたということをお聞きして、また京都府のパンフレットというんですか、カラーの見せてもらったんですけども、それを村版でもう少し詳しいものにするということで、例えば、これどれぐらいの冊数をつくられるんですか。いいことやというふうに思っているんですけども、府のパンフレットで十分かなと、これええなと思って僕は見とったんですけども、さらに村の景色をもっともっと宣伝をしようということでやられるものという理解でいいのかどうかをお聞きをしたいと思います。


 それから、この茶のインストラクターを職員でできる、こういうインストラクターとしての仕事ができる人をつくるということの意味ですね、どういうふうに職員を活用しようとされるのか、そこのところちょっとわかりにくいので、むしろ村民の中からインストラクターとして積極的に村の行事に協力をしていくということで、それを条件に一般の方で募集するというのも、いうやり方もあるやろと思うし、9万3,000円もかかるというところもちょっとわかりにくいんですが、もう少し詳しく説明をお願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 1点目のパンフの作成につきましては、村独自の深く掘り下げたものを刊行していくというイメージでございます。パンフレットの部数は予定で2,500冊ということで、29年度の事業費に含めてやっていきたいと考えております。2,500冊、29年度で印刷製本を行うという計画でございます。トータル259万9,000円の事業費で債務負担行為にも上げておりましたけれども、28年度が60万6,000円、2年目が199万3,000円を予定しておりまして、合計259万9,000円の事業で2カ年の事業で取り組むとしております。


 それからインストラクターのことにつきましては、お茶の京都という限りは村の職員でそういった有資格者の養成を行うことによって、茶ムリエという宇治茶ムリエという事業で京都府がインストラクターを派遣して、村でも教室を開いたりしておるんですけれども、そういったことを独自でもできていける。そして、行く行くは道の駅でのお茶を紹介するときにそういう有資格者が自信を持ってお茶を勧める、紹介、お茶の入れ方ですとか、そういうことを目指すという意味合いでございます。よろしくお願いします。


○5番(橋本洋一君)


 わかりました。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに、農林水産業費、質問ありませんか。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 1点だけ。81ページですけども、道の駅の予算、7億余り計上されております。これについてじゃなしに、これに関連して、きのういただいた資料によりますと、議会の承認を得る案件が3件示されております。その辺で、内示を受けない限り作業のほうは進められないかとこのように思いますが、遅延なく臨時議会等を招集していただいて、この事業が速やかにスムーズに進めるように配慮をお願いしたいと思います。


 昨年、1点ですけども、臨時議会の招集が2日余りで臨時議会のほうが招集されておりました。そんなことのないように計画的に進めていただいて、事業がおくれのないように配慮のほうをしてもらいたいとこのように思います。答弁は結構ですけど。


○委員長(青山まり子君)


 ほかにありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 資料集24ページ農業後継者育成事業ということで、ここもちょっとわかりにくいのですが、地域おこし協力隊、2人ですね、これ新たに採用をして、その協力隊の方を活用して新規就農者と農地地域とのマッチングを図るという説明が、目的趣旨のところの最後の2行に書いてあるんですけども、この地域協力隊というのは、私理解してますのは、この協力隊の方が、新たな就農者としてこの村に定着をすると、そういう目的でこの地域協力隊の方を採用するというふうに聞いていたんですけども、その協力隊を活用して、新規就農者と農地地域とのマッチングを図るというのは、一体どういう意味のことを言っておられるのか、ちょっとそこのところをお聞きをしたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 地域おこし協力隊につきましては、全国的に見てその地域に入りますと、そこで農業を始められるということが多いと聞いております。主要目的はそういった制度を利用して、地域の事業者、農業者とマッチングといいますか、組み合わせることによって体験を、まずは体験をしていっていただく、そして新たな就農につながればということが大きな目的になろうかと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 この地域協力隊2人の方というのは、新規就農者なんですね。だから、前文に地域協力隊を活用し、と書いてあるからね、この制度を活用し、ということですか。協力隊というのは人やと思ったんですけども、その人、地域協力隊で2人新しく来た人を活用して、新規、この新規就農者というのは誰のことなんですか。これから募集をして就農したいという人があるのかないのか知らないですけども、それを見つけ出して、その人と、それから地域の農家の方とつないでいくと。私頭悪いかわからんけども、ちょっと意味が理解しにくいので、もうちょっともう一回、課長のほうから改めてわかりやすく、どうこっちゃと具体的にどうするねんということをお話いただけますか。


○委員長(青山まり子君)


 委員長から申し上げます。課長、現在いる地域協力隊との関連ですね、新しく現在の人以外に2人お雇いするのかどうか。それから、先ほど橋本議員が本来の地域協力隊は就農目的としているのではないかと、そういう点で就農も、この下のほうですね、農の担いとか、後継者となってもらって、それをもとに活用しながら、新しくさらに新規就農等、これを推進していくと私は理解するんですけれども、その辺の説明、わかりやすくお願いします。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 地域おこし協力隊の制度はもう御存じですよね、既にもう。


○5番(橋本洋一君)


 2人来てます。


○村長(手仲圓容君)


 新規に2人を採用する予定になっておりまして、その方をお茶の後継者として共同工場なり、そこに張りつけていってですね、その人らがお茶の経営なり、制度なり、そういったことに対して一定、3年間で経験をしていただくと。その後にいけるという確信のもと、就農していただこうという目的で、これを募集したいいうふうに思ってます。


 ということは茶農家はこれからだんだん減っていくことが予想されます。ですから、やめた分をその人らが跡を継いでやってもらうということがうまくいくようにしたい。まだこれは可能性をかけて今、計画を今しているんで、具体的にどこまでいけるかわかりません。でも、そういう人を集めてこないと、村には後継者ができてこないいうことがありますんで、この地域おこし協力隊3年間来てもらって、茶工場なりに経験をしてもらっていく、その中で可能性を見つけてじゃあやってみようという機運を高めて就農をやってもらっていこうというのを狙って今計画をしていこうとしているんで、まだ、具体的にどこの事業者に、どんな人がというのはまだ決まってません。これは募集してやりたいという人を全国から集めてやっていこうとしております。


 できたら、これからそういう共同工場あたしに入ってもらって3年間就農してもらって、そこでこの一員として定職してもらえるように今持っていきたいなというふうに計画をしているところです。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 その点についてはわかりました。


 もう1点ですね、その隣のページ、25ページの野菜等生産拡大推進事業で20万円が組まれています。実施内容として野菜等の販売促進のための研修をする、それから活動をする、それから通信運搬をするということで、10万、5万、5万が組まれているんですけども、直売所のことここで言って、私の感じていることを言いますと、いろんな直売所なり、道の駅行きますが、村の直売所の野菜等を見てみますと、見ばえは正直いうてあんまりようない。しかし、農薬をやたらと使ったり、していないだろうと推測はしているんですけども、見ばえとしてはもう一つよくないし、近くの直売所と比較をしてみても、遜色なくいってるかいうたらちょっと見劣りするなというのが私の正直な印象なんです。怒られなんかもわからへんねんけども。そういう点では、つくり方の研修というのは、つくり方の研修をしはるんかなと思ったりするんですけども。


 それから、やっぱり食べて絶対安心やと言えるもの、そこへ見ばえがよければ一番ええわけですけども、そういう農作物の生産をするというために、この20万円を組まれたと思うんですけども、もっと具体的にね、こんなん20万円でそういうのできるんかいなという気がしているんです。具体的にどういう内容を研修ではどういう内容をするんか、それから活動というのは何の活動を言うてはるのか、ちょっと意味わかれへんのですこれ。それ、どういう活動をしようとするのか。


 それから、通信運搬というの、これもちょっと意味わからないです。具体的にですね、課長のほうから、こういう事業やという計画ですね、もうちょっとわかりやすく説明をいただければと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 具体的には、まだこれからなんですけれども、野菜等の販売促進のための活動ということで、旅費でありますとか、需用費、通信運搬費については電話代とか、郵送料に当たります。そうしたものを外に出してきて、明確にすることによりこの活動を明確化していくという趣旨で今回、別事業として取り上げたと。戦略に基づいてのこの実施予算ということで御理解いただきたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 私、今感じてますのはね、この直売所は残るわけですね。そして、新しく道の駅ができると、そうすると当然、生産量がふえんとあかんわけです。それもいいものがですね、お客さんが来てこれええなと、思わず目に入りですね、そして安心なもんかどうか、確かめながら私の場合も買うんですけども、多分そういう目で見られると思うんです。そのときにね、生産をどれぐらいふやすんか。出たとこ勝負でもっとつくってんかいうことで、道の駅の会社のほうでも宣伝もしですね、つくり手を多分ふやしていかれるんだろうと思うんですけども、その計画がね、全く見えないんですよ。


 だから、どれぐらいの生産量にしていくという、ざくっとしたものでもですね、倍にするんやったら倍にするとか、そういうふうな計画というもんがないとあかんと思うし、それに基づいて農家の皆さんにこういう力をつけてもらわなあかんということでの研修。だから、農家の皆さんを集めてつくり方をどっかから人を呼んできてですね、指導してもらうとか、そういうことをするんやとか、その辺の計画がはっきりせんとね、今の課長の説明では、何か予算つけてみただけやというふうにしかとれませんでした。


 やっぱり、もっとしっかり計画を立ててですね、そして、何を目的にして、何人ぐらいの農家の方に増産を依頼をし、そしてこの研修会に来てもらうのか、そのあたりですね、もっとやっぱり明確にしておいて、予算は組んでいただきたいというふうに思います。そういうことをやろう思ったら20万ではいかんやろなというふうにも私は思うんです。村長どうですか。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 このね、生産体制をするのはもっと早くからやらなあかんの事実なんです。地方創生の8,000万の中にも、その計画をのせておりましてですね、この次年度、29年についてもハウスも何ともやろうという計画をのせてます。それをやろうとすればまず農地の調査をしないといけないし、要するにやる道の駅のほうとの連携もこの産業課が図っていかないと、今は大体道の駅のむらづくり推進課でずっと進んでますから、産業課は今の仕事だけをしているという状況になってました。でも、それではいかんということで、やっぱり生産体制は産業課でどんどん進めていかないかんということで、スタートしようと思ってます。


 新年度からは、こういうことをまずは何をどんだけというやつを決めていこうとすれば、いきなり予算としてハウスを何棟なんてつくったって、なかなかできないだろういうことで、これがまとまれば補正でハウスをつくるとか、そういう用地の借り上げとか、電柵なり、柵をつくるとかいう具体的なもんが出てくるんですが、今の段階で直売所ともいろいろ協議しておりますけども、具体的にはまだそこまで至ってないのが現状でありまして、この新年度、これを使いながらどんどんとこれでふやしていこう。


 きのうの質問で廣尾議員からもうどんどんつくらんかったら、間に合わへんやないかと、御指摘をいただきました。強いお叱りを受けておりますけれども、今回、やろうとすればやっぱりまずはソフトから入らないといきなりハウスを5棟用意したから、おまえらやれという方法もあろうかと思いますけども、そうやなくて、産業課のほうできちっとやる体制を組んでいくということから、今準備的な予算であります。20万ではその準備しかできません。


 ハードになりますと、大きな金になってきますんでですね、これも補助金をもらうなり、いろいろしていかないといけませんので、そういうことを調査、研究する費用として20万を計上したわけでありますんですね。これからということで、御理解をいただきたいなというふうに思います。


○委員長(青山まり子君)


 今の村長の答弁では、20万円では少ないんではないかなという指摘等も含めて、できるだけ大量に計画生産できるように、補正でも対応しながら、むらづくり推進課だけに任せるのはなく、生活産業課としてもやはり生産体制のところの強化を図っていくというふうに理解してよろしいんですか。


 ほかに、質問ありませんか。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 いただいている資料、24ページで、本来のページ数は77かな。農業後継者育成事業、先ほどの質問でもありましたが、地域おこし協力隊、新しい新規就農を検討されている方でしょうか、2人雇用されるということですけども、先ほどの答弁でね、全国から募集するんだというふうにお聞きしました。これ、お二人はですね、キャリアと申しますかね、人材としての能力と言いまか、そういったことはどのように判断されるのか、1点お伺いしたい。


 といいますのは、全国の自治体で地域おこし協力隊を採用されていてもですね、なかなか成果を出せない。いわば戦力外のような方もいらっしゃると聞いてます。つまり職種とマッチングしてない方もいらっしゃるというふうに聞いておりますが、その点が気になりますので、1点お伺いします。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 そういう人を雇うというのは、なかなか難しい問題であります。職員もいろんなテストを重ねて職員採用いたします。こんな言い方をすれば叱られますけども、うちではないんですが、大きい20人、30人と採用されるとこの首長さんの話を聞くと、当たりはずれがあるというふうに聞いております。


 ですから、採用に当たっては、どこがこの2人を受けるということをまず決めていきます。その中でその人たちと募集した人とのチャンネルが合う人を探してくる。まず、意欲ですね、まず、意欲のある人、技術があったとしても意欲のないものはもうだめなんで、そこでやってみたいという意欲のある人をまず集めていきたいというふうには思ってまして、これは村がというよりも、主にはこれから使っていくとことどういうふうにうまく合うかという相性の問題もありますんですね。


 これはまず今予算化して、2人をそういうことにしようとしておるんですね。そこから先、具体的な話はこれからどこが受け入れ先がどこにあって、どういう人が欲しいのかというのがわかってきたら、そういう募集をして、寄ってたかってそれに近い人を採用していくというふうにしていきますんでですね、もしかしたら、はずれがあるかもわかりません。でも、はずれのないようにきちっとやっていきたいなというふうに思ってます。


○委員長(青山まり子君)


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 答弁いただきましたんですけど、意欲がある人が応募されるのはこれは当然の話でね、ただ、地域とのマッチングですわ。ずっと戦力外通告のような形でおられても、その御本人にとってもよろしくない。その人の人生を潰してしまうことになるわけですから、そこはよく判断されたい。せっかく来ていただいても戦力外であればその人が別のとこへ行っておられましたらね、もっと活躍されてる可能性もあるわけですから、そこはよく判断いただきたいと思いますがどうですか。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 具体的には、受け入れ箇所が決まりましたらね、そこの方とも相談しながら、きちっとその人に合うような人を採用していくいうのが原則であるというふうに思っています。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに質問ありませんか。農林水産業費。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 議案は78、9、道の駅についてです。資料のほうの26ページを見ながら質問したいと思うんですけども、まず、道の駅の対応支援ということで、7億9,000万円が組まれているわけですが、主な内容としては特産品の開発ということで、事業内容のところにですね、事業費が組まれています。特産品開発とイベント出店ということで251万円が組まれていますが、この具体的なですね、251万円という金額を出した積算ですね、何と何と何をするので、こんだけ組んだというふうな資料があれば、これ説明願いたい。できたら一覧表にして出してもらえるとありがたいんですけども。


 それから、その次に商品サービス開発に関する業務で701万余り、同じくどういうことをするのに何ぼずつ使うという資料が見せていただきたいです。


 それから、出資金、2,500万円をプラスをするということなんですけども、これにつきましては、合計3,000万になると思うんですけども、一般からのですね、増資というのは今後、どうしていくのか、この辺のことについても合わせてお聞きをしたい。ともかく3,000万円の資本金とすると、こういう計画で、これはこれで意味はわかるんです。


 先に申しました特産品開発イベント、それから、商品サービス開発、この積算の基礎をですね、示していただきたいという点が1点であります。


 2点目は、その次の表、施設整備についてお尋ねをいたします。


 測量試験費として1,500万円が組まれています。どういう内容なのか、この点の説明をお願いをいたします。


 それから、続いて建物工事の詳細計画ですね、写真は見せてもらったんですけども、具体的にどの、レストランやったらレストランの部分は、これだけだと。それから、村コンビニの部分はこれだけだと、それから、土産物の販売のコーナーはこれだけだというふうな形でですね、もう少し、具体的にこの金額が大きいですから、具体的にちょっとこれは示していただきたい。なかったらこんなんともかく、議会めくら判押せということを言っておられるにも過ぎないというふうに思います。めくら判、よう押しませんので、ちょっとこの辺ですね、説明していただきたい思います。


 それから、広場整備ということで、3,300万、広場が図を見ますと2カ所ほどあります。そんなにかかるんかいなというふうに思います。


 それから、附帯工事についても口頭では課長の説明あったんですけどもよくわかりませんでした。それから、備品と、いずれもですね、これこれのものでこれぐらい買わなあかんというふうにですね、示していただきたい。これが大きな2点目。


 3点目は、工事費が4億2,107万円が6億8,150万円というぐあいに2億6,000万円、この計画の表ですね、補正の資料の一番、裏のページに載っているのを見ますとそんなふうになっています。どこの工事の部分で、どれだけ上がったのか、これもですね、できたらもう一覧表でこれこれでこう上がった、これこれでこう上がった、一例としてあれを聞きましたけども、貯水槽ですね、4,000万円ではできないと、その理由は耐震で土壌の改良せなあかんと、それで1,300万円上がったんだという説明聞いた、同じようにですね、ほかの建物でどういうふうに変わったんかというですね、数字を示していただきたい。


 4つ目、財源はですね、28年度で一般財源としては2,535万円が減額されています。しかし、起債でですね、2億2,720万円がふえ、それから特財は5,210万円ふえただけということで、起債に頼ってですね、この28年度の財源が組まれています。起債と一般財源のマイナス分を相殺してもですね、約2億円の増額になっています。少しでも減らしていくということが私はやっぱり村民の願われるところだと思いますし、そういうことをしていくためにもですね、先に言いました各工事でどれぐらい上乗せになっているのか、何のために6月になったのかということをですね、はっきりとさせていただきたい。


 削れるところはですね、どんどんやっぱり削って予算を少なくするという努力を私はすべきだというふうに思うわけです。


 それと、5つ目にですね、?谷議員のほうからも工程表のことについて、臨時議会の話がありましたが、工程表については見とけということで、見せてもらったんですけども、少し説明ですね、加えていただければありがたいと思います。


 以上、5点にわたってよろしくお願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 橋本議員に御注意申し上げますが、先の質問の中でめくら判という表現をされました。現在では不適切用語ということで、今謝罪なり、訂正をお願いします。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 大変、不用意な発言をしてしまいましたが、取り消しさせていただきます。きちっとした資料なしにですね、判こは押せないとこういうことであります。


○委員長(青山まり子君)


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 まず、予算の事業費の26ページの内訳でございます。


 まず、道の駅開業支援といたしまして、特産品開発、イベント出店一式251万4,000円の内訳なんですけれども、きのうもちょっと早口で説明させていただいた内容と重複はしますが、これにつきましては、むらづくり推進課の全体のスタッフの時間外手当等、業務の内容も含まれております。51万4,000円の内訳といたしましては、まず、職員の時間外手当が150万円、そして総合戦略有識者の有識者会議、これ今後5年間、PDCAサイクルを実施検証を繰り返していきますので、そのための有識者の報償費として8万円。そして、旅費、出張旅費といたしまして、33万4,000円、これにつきましては先日も商品開発といいますか、フーデックスとか、スーパーマーケット・トレードショーとか、そういった京田辺とかが自治体としてお茶の出店してバイヤーさんとやりとりするというようなイベントがございまして、京田辺さんも自治体として出店されてます。


 村といたしましても、道の駅の関連します商品も含めまして、そういった販路開拓につながるような展開が必要だということで、そういうことも含めて旅費を計上しております。


 あと、需用費が43万円、あと通信費が17万円、これにつきましては、ほぼ事務的な経費、今は事務費、むらづくり推進課の事務費的な要素ですが、これを含めまして251万4,000円となっております。


 主な内容につきましては、27年度の予算で審議いたしました加速化交付金で委託事業として株式会社のほうに出しているもの、そして、雇用促進協議会のほうで各種セミナーとか、先ほど言われました農業のそういう専門家を招致して研修していくとか、そういったほうでの予算をとっておりますので、これにつきましてはそういうむらづくり推進課としてのサポートといいますか、そういった事業を特産品開発イベント出店に計上しております。


 それと、商品開発、サービス開発に関する業務、701万8,000円の内訳でございますが、これにつきましては、道の駅運営準備室の地域おこし協力隊2名分の人件費が480万円、これにつきましては、最終年度ですけれども総務省の特交措置、特別交付金措置がありますので、その有利な財源を使うということで、28年度は先ほどの農業、お茶の後継者と同じように、村が雇い、株式会社のほうに派遣するという形の形式をとっております。


 そのため、人件費が480万円。それにかかわる活動費として、これも特交措置される分なんですが、家賃、車のリース料、そして活動費に係るETCの利用料という形で221万8,000円、家賃が月1戸5万円なので、2戸で120万円、そして、車のリース料が残りの部分と、ETCの利用料を20万円見込んでおります。それで、計701万8,000円になります。これが道の駅開業支援事業の内訳ですが、これでよろしかったでしょうか。まず、1つずついきたいと思います。


○5番(橋本洋一君)


 ざっとお聞きをしたんですが、今のですね、商品サービス開発に関する業務で約702万円ですね。お聞きしてますとほとんど人件費で、そしてリース料、その他が残りということになっています。頭で想像してたのは、具体的な商品ですね、例えばこないだの文化の集いのときにね、玄関のところに開発した商品を味わってもらおうということで、実は何種類買わせていただいて食べてみました。結構いい値でですね、そしてこれ果たして今、食べた後、もう一遍食べてみようという気が起こるかいうて家内と二人で話をしてたんですけども、いろんな方に聞いてみても、ちょっと高いなと、結構そういう経験をされた方にも聞いてみましたが、うんっていうみんなちょっとクエスチョンマークがついていて、これから、工夫をしてですね、消費者が納得いく商品にされていくんだろうと思うんですけども、やっぱりこれだというのんが全部はそんなん当たるわけじゃないですけども、しかし、うわあこれは大ヒットやと、ホームランやと言えるようなものがこれからつくらなければやっぱりみんな、うんって頭ひねるようなものがですね、たくさんできてもあれなんで、そういう商品開発の具体的な費用でないということがこれでわかりました。


 じゃあついでにお聞きしておきたいのは、じゃあ実際の商品というのはね、村の特産、これだという村を押し出すそういう商品というのはどこの経費でつくられるのか、道の駅のですね、どこのところでつくられていくのが、その点ちょっと教えておいていただきたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 4月以降につきましては、先ほども、今議会でもお話がいろいろされてますけれども、株式会社のほうで営業としてやっていきます。やはり今までなかなか進んでこなかったというのが、やはり役所の中での商品開発なので、引き受け手とか、利益のこととか、そういったことが考えてこられなかった、なかなかそういうところでの障害というものがあったのかなというふうに思います。


 これからも、営業の経費の中でそういうことをやっていきますし、それこそできたものはしっかり販路開拓もしていかなければなりません。その中で、雇用促進協議会の事業の話も少し触れましたが、専門家なり、アドバイザーという形で先日も和菓子セミナーをやったりしております。


 その中で、やはり専門家の方々にかかわっていただくことによって、少しまんじゅうの膨らみ方が変わったりとか、見ばえが変わったりとか、そういうふうな技術的なところを身につけていただくような形で、加工グループの方々にも入っていただいたり、株式会社としましてもスタッフがそういう技術を身につけることによってさらに物が高まっていくというふうに思っております。


 そういうことを含めまして、会社の経費の中でやっていきますし、サポートしていく部分については、雇用促進の事業を活用しながら高めていくと、その中でもちろん原価計算とか、そういうものがありますので、高い部分もございますけれども、やはり原価なりコストに見合った形での定価設定となりまして、そうなってきたときにそれが本当に値ごろ感があるかどうかとか、そういったことも検証しながらやっていきたいというふうに思ってます。


○委員長(青山まり子君)


 担当課関係、5つ質問されましたので、可能な限り一遍にずっとずらずらとやっていただいて、解明してもらったらと思いますが。


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 まず、建築のほうのレイアウトですが、これまた後で平面図につきましては資料提出を、追加資料として提出させていただきます。


 工事費の内訳、増減の内訳を説明させていただきます。


 まず、1,500万の委託費ですが、1,500万につきましては面積が建築面積が1,200平米を超える建築物になります。それにつきましては1級建築の資格を持たれて方の施工管理が必要となってきますので、工事の進捗も含めまして管理が必要となります。そのための施工管理を委託するものとして、2,500万を計上させていただいております。


 工事費の主な内容ですが、増減、主な項目について説明させていただきます。全体の建築工事につきましては、建物の軒部分の見直し、設計を見直しをしております。これきのうも説明させていただいてます。


 あと、土質調査による、土質調査結果による受水槽、浄化槽部分の地盤改良工の追加、そして、その改良で発生いたしました汚泥処分と場内発生土の処分の追加、それと建築関係で関係機関との協議によるLPガス庫の設置の追加、これの増減が533万円の増加となっております。


 そして、電気設備工事、これにつきましては建物規模決定に伴う受電設備、キュービクルと言われる部分ですが、それと動力設備の見直しによる変更、これは基本設計から実施設計に至る段階で規模が変更されたものでございます。


 そして、これも関係機関との協議になりますけれども、排気口の配管ルート、そういったものが建築基準法上の指摘によって見直しをせざるを得ませんでした。そういうものによって間取り変更が若干生じておりますし、その各種、それのことによって各種、照度計算、動力設備等の拾い出しが必要になっておりまして、その電灯の分岐設備、配管の見直しによって約3,800万円が増加しております。


 そして、機械設備工事といたしまして、その建物の間取り変更、先ほどと同じなんですけれども意匠決定、再集計の姿が固まりましたので、その各種廃棄計算による廃棄の設備の見直しによる変更、間取り変更及び関係機関協議、これは特に保健所ですけれども、保健所との協議の中で、加工場、飲食店営業の許可を満たすため見直し。これにつきましては、手洗いとか、従事者のトイレ、そういったものが必要となってきますので、そういったものの追加により、約2,110万円の機械設備の追加を行っております。


 そして、それに係ります諸経費分が相当分がそれぞれ工事発注にはかかわってきますので、それが約3,480万円増加しております。工事の増減の主な理由につきましては以上でございます。


○委員長(青山まり子君)


 工程表の説明、お願いします。


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 工程表ですけれども、きのうお配りさせていただいたこれをごらんください。


 まず、現在の時点ですけれども、27年度の3月にきております。道路管理者といろいろもろもろの協議を今、進めておりまして建築の工事の京都府がしていただける工事との工程の調整とか、そういったことを道路管理者と協議をしております。


 それと、維持管理につきましても、事務担当レベル、そしてこれは先日も土木南所長とあと、都市計画課といろいろ関係する、京都府と村の担当、村長も交えまして、協議をしておりますけれども、まだ結論には至ってませんが、維持管理についての協議も始まってきております。


 そして、各種、今、砂防の指定地の協議もしておりますし、工事に向けて調整を図っております。そして、ふれあい広場工事、これにつきましては、造成工事が昨年の12月の8日に入札を行っておりまして、工事のほうも3月末を工期といたしまして進んでおります。これにつきましては造成だけなんで、粗造成になっておりますので、4月以降、広場整備ということで、駐車場として、そして、北側には公園部分として、公園といいましても植栽があったり、遊具があったりということではなくて、将来用地としてたりとか、あと、災害時に活用できるような多目的な広場として、ほぼ、あんまり凸凹がないような形、凹凸がないような形で造成を行います。その発注準備を今含めてしております。


 耐震貯水槽も、これも広場の中であわせて発注していくものになると思いますけれども、これにつきましても、準備を進めております。これらにつきましては金額的に先ほど?谷議員からも御支持いただきましたけれども、議会承認をできるだけ早く上げるようにしまして、準備はしております。ただ、補助金の内示の関係とか、交付決定の関係とかで、その辺も指令前着工も含めまして、できるだけ早く対応できるように準備をしているところでございます。で備蓄倉庫につきましても、これはそんなに大規模なものではなくて、例えば、笠置ですと有市にあるような、そういう仮設的なもの、建物を配置する予定をしておりまして、ふれあい交流広場内に設置する予定でございます。


 緑地修景施設、これにつきましては南側に交差点付近に少し修景施設を予定しておりますし、これもふれあい広場工事の中で含めております。


 あと、ふれあい交流センター、これが建築の本体でございます。今、建築確認申請の準備をしておりまして、年度がわりについては発注準備、入札、これにつきましても農林水産省の農山漁村プロジェクト交付金等の内示も新たに28年度はとっていこうとしておりますので、その内示を受けてすぐさま発注できるような準備を今進めております。入札のタイミングが7月となっておりますけれども、ただ、今世間の動向といたしましては、ゼネコンさんも今いろんな仕事がふえてなかなか建築単価も高騰してたり、応札していただけるような業者がなくなるということも考えられますので、できるだけ早期に発注できるような考え方のもと、事務を進めております。


 あと、地域振興施設、商業施設誘致のスペース準備ということで、これにつきましては、いわゆる村民百貨店と言ってた、村民百貨店として位置づけている部分です。これにつきましても先日の答弁でも村で買い物弱者対策、そういったものの拠点となるような拠点をつくるということで、これにつきましてはふれあい交流センターに含めて整備をしていくものでございます。


 あと、コミュニティバスの停車場の設置でありますとか、看板の設置でありますとか、本体に付随してくるものをあわせて翌年度、4月以降に建築に向けて準備を進めていくというところでございます。


 一番下のブルーのところですが、運営体制の整備といたしまして、株式会社南山城が昨年の11月27日に設置登記を終えております。今いろんな準備をしておりますけれども、4月から本格的な運営開始といたしまして、3月にオープン予定をしておりますので、それに向けた商品開発等、あと、販路拡大等を行っていくいう予定でございます。


 広報につきましてもいろいろ新聞等でも情報発信をしていきますし、ホームページの開設とか、そういった開設準備をパンフレットの作成も含めまして、28年度に予定をしております。道の駅の登録申請でございますが、先日、名称のほうをお茶の京都南山城村という形で決定をさせていただきました。これにつきましては、国土交通省への登録申請が必要になります。ことしの秋の登録申請をもちまして正式に国土交通省のほうに登録されるということでございます。


 以上でございます。スケジュールについては以上でございます。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 質問も細かいことを言いましたので、答えにくかったと思うんですけども、できるだけですね、設計図を含めてですね、特に予算の関係について、もし出せればまとめてですね、これ今後、次の議会に変わっていくとしても、この問題は論議になっていく内容だと思いますので、具体的な資料をですね、追加提出お願いをしたいと思います。


 それから、商品開発についてちょっと聞き落としてしまったんですが、この26ページの一覧表の中には具体的な内容は入ってないわけで、それでは補正予算の資料の一番裏の年度別概算事業費のこの表ですね、ここでいくと商品開発は運営に関する委託調査費、この中に入ってくるわけですか。ここに入ってくる。それはそれでわかりました。


 まだ聞きたいこともありますが、それぐらいにしておきたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 今、橋本議員からもっと詳しい詳細資料を提出しろという話がありました。建築にかかわってはですね、これから入札をやっていかなきゃならない、そういう関係でやはりこれ以上の資料は出せないというふうに思います。


 内訳書、全部出して皆さんに見てもらうのは本来かもしれません。議員もよく御存じやと思いますけども、入札というのは特に私慎重にしておりましてですね、最近の状況を見ますと郡内でも九十何%というのは通例になっております。


 私、過去の入札率七十何%ということを自慢しているんですが、それがええのか悪いのか別としてですね、やっぱり公平な競争の原理を働かないといけないいうふうに思います。安易な情報提供については非常に新聞紙上でもいろんな自治体で出ているように、そのことが今、大体面積わかってしますと、コンピュータ打ち込むと全部予定価格全部わかってしまいます。そういう民間ではもうすごい情報が発達しておりましてですね、そのうちのどれぐらいでいけば落ちるというのはすぐ計算に出ますんで、これ以上の資料は御勘弁願いたいなというふうに思います。


 今回は、村の久々の大きな入札になります。ちなみに南山城村小学校が99.6という形で全ての事業が入札された経過がございます。僕はそのことは非常に心配しておりましてですね、予算高くなりましたけれども、入札でできる限り落としていきたいなというのが私の狙いでございますんですね。この辺も御容赦いただきたいなというふうに思います。


○委員長(青山まり子君)


 先ほど、平面図を出すとおっしゃったので、それは見取り図というか、それは早く出してもらうように。


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 あと、補足なんですけども、商品開発の費用が載ってないというところなんですけども、地域おこし協力隊の人件費の中で人は開発の人員として見込んでおりますし、27年度の中の加速化交付金の中の6次産業化による雇用創生、担い手育成を図るため人材育成なり、加工品製造実践というところの費用を活用させていただこうと思っております。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに質問ありませんか。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 4番廣尾です。


 私は、この道の駅の事業に際しまして、推進する一人としてちょっと1つ心配がございますので、質問をさせていただきます。この道の駅の資料のね、仮称株式会社南山城村設立に向けての全員協議会の資料ですね、27年7月に出されたこの資料と、それと、もう1つこれいただきました、工程表ですね。これと合わせてちょっと説明、質問をさせていただきます。


 この工程の中でね、地域協力隊、これはこの後には村民百貨店というふうなことが出ます。この村民百貨店については、事業工程の中では一応3月までというふうになってますが、これは3月なったら1カ月ぐらいでこれ十分できると思うんですが、ここの食堂部分ですね、食堂部分と加工部分においてはね、この建屋が3月までの完了してからね、例えばすぐオープンというわけにいかない。事業やってはる人やったらすぐわかると思いますが、この厨房とか、食堂の中で実際にできてから、これを試運転ですね、中へ入って機材試運転する期間、見習いも含めて機械の習い方も踏まえて最低限度3カ月の見習いがね、必要であると思います。


 そやから、すぐできたからあしたからしようというわけにいきません。食材の準備もしなあきませんしね。そういう試運転期間がこの工程表では、これは3月になるんか、5月になるんか、6月なるんか、一応3月オープンとなってますが、今後はですね、建築ができた、できて建物ができて、そしてこれがスタートする時点の、また、今後のことで結構でございますので、そういう工程表をね、オープンに向けた工程表を一つほんまはつくって、また今度出してもろたらええかなと思って、私はそのことについて1つだけちょっと心配でございましたんで、質問させていただいたが、今回は28年度のいうたら議会で予算が通らんことには、ちょっとできないと思いますが、予算が通りましたらね、通りましたら、この工程表の工事の28年7月から29年の3月に建物の建築の建物ができたらすぐオープンというわけにいきませんので、その中の試運転期間ですね、職員、普通のものでしたらそれでよろしいんですけど、食材を利用して、そしてまたこの食材をしようと思ったら食品衛生法という免許をね、やっぱり会社として届け出もしていかないかん、そういう人もこしらえていかなあかんので、例えば、この中で試運転をしてもらわなあきませんので、その辺の工程も踏まえて、ちょっとこの中にはそういうことが載ってませんが、また、次回そういうことが工程表に出されているのか、その辺をちょっと質問をお答え願いたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 今回のお渡しさせていただきました資料につきましては、主に、工事のスケジュールに特化したものでございます。


 12月15日の全員協議会で道の駅事業の説明と、総合戦略の説明をさせていただいたと思います。その中の道の駅南山城事業計画、南山城村議会全員協議会資料、12月15日の資料ですが、その中の10ページに開業までのスケジュールという形で添付をさせていただいております。ちょっと言葉足らずで申しわけなかったんですが、3月に竣工を迎えて、おおむね1カ月プレオープンという形で、今研修も含めまして、さっき廣尾議員が言われるように3カ月必要じゃないかということですが、1カ月の中で詰めてやっていく現場研修と、それまでに事前に、手前に採用していきますので、現場以外のところでの研修をさせていただいたりというところも含めまして、職員、社員の研修をやっていこうと思っております。


 時間的には、おっしゃるとおり余裕は十分とれているかということでございますけれども、そういう形でオープンに臨みたいというふうに思っております。


○委員長(青山まり子君)


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 廣尾です。


 確かにですね、27年の12月15日の全員協議会の資料の中に10ページに研修と、研修は2月の後半から3月の中旬にかけて研修という入れてますが、なかなかこれ建物がおくれたら3月になると、厨房の中での研修というのはなかなか難しいと思うんで、ここに書いてますように試食会等ありますが、なるべく1カ月ではちょっと私は無理やと思うので、なるべく長いこととっていただいて、そしてそれで熟練をしていただいて、機械になれていただいたら結構やかなと思いますんで。その辺をまたよろしくお願いしたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 私も大分そのことは心配になっております。3月には建物が完成します。連休のこの時期にオープンということになりますと、すごい人が移動するだろうというふうに思いますし、連休を避けたほうがいいのか、連休にやったほうがいいのかという判断がまだこれからしていかないといけないなというふうに思ってます。


 1カ月の4月いっぱい、5月に入ってからオープンしようと思ってます。そうなりますと、青物なんかも春、ハウスでやっていくと早くできてくるということもありまして、あんまり早くやるとまだ生産が追いついてないという問題もあったりして、その辺もうまく見合わせながらですね、6月、5月過ぎてくるとお茶が始まってきますんで、タイミングを見てその辺にオープンをしていきたいというふうに思っております。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(青山まり子君)


 質疑の途中ですが、休憩にしたいと思います。この時計で55分まで。


             (休憩 10:43〜10:55)


○委員長(青山まり子君)


 休憩前に戻りまして、引き続いて審議に入り質疑を受けたいというふうに思います。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(青山まり子君)


 農林水産業関連の質疑。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 いただいてます資料79ページ、先ほどの質問にもありました魅力ある村づくり、当初予算では77ページに、79ですね。このことについてお伺いします。


 先ほどの説明でですね、商品開発、まだまだこれからというところであると、反省として述べられたのは役所であったからできなかったというふうに私は理解しております。


 村長にお聞きしたいのはですね、まず1点目、資料添付いただいております道の駅のこの資料からお伺いしたいんですけど、この進入路なんですけどね、見ていただきましたか、このカラー写真の部分で、本来の進入路である今山交差点の改良に伴うこの進入路というのはこれオープンに間に合うのかどうかというのが1点と。と申しますのは今山交差点、改良がとまっておりますのでね、それがどうなのかという点と。


 それから、地域振興施設への進入路、この写真でいきますと左側の駐車場への進入路、ここの部分ですね。この部分、公安で許可いただいたんでしょうか、この進入路について2点。


 それから、よろしいですか、この質問。


 それから、商品開発についてはおくれていることが明らかになったんですけども、準備室のスタッフを除いて、商品開発に参加されてる方というのは一体何人でしょうか、お伺いします。


 それから、出資金ということで株式会社南山城出資金ということで、今回2,500万を計上されておりますが、これは株式会社南山城村が発足してから、三、四カ月たったわけですし、公募というのはどうだったのか。出資の公募ですね。これも村長にお伺いします。


 それから、これからの話になろうかと思いますけども、出資配当金というのは予想できるのか、これをお伺いします。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 まず、今山交差点の改修、京都府がやっていただいているのがオープンに間に合うのかということでございます。


 交差点そのものは、今もできてますし、これをとめることはありません。国道から道の駅に入る通路についてはオープンまでに完成すると聞いてます。今山のトンネルから田山から行って交差点にひっつく道路、これについてはオープンに間に合わないいうふうに聞いてます。国道から入る交差点についてはできるというふうに聞いてます。


 それから、村の入り口、これは公安との協議が要るのかということですが、これは協議要りません。要らないです。


 それから、準備室の以外の人については、株式会社がオープンに向けてこれから採用していくわけでありますから、地域おこし協力隊含めてこれから採用していきます。以外の人、以外の人というのはこれええなあ〜会議のメンバーであったりとか、今、何かプロジェクトができておりますし、


○6番(中嶋克司君)


 何人か。


○村長(手仲圓容君)


 それが何人いるかというの、以外の人が。


○6番(中嶋克司君)


 現在。


○村長(手仲圓容君)


 それは、将来社長になります推進課長のほうからお答えをさせます。


 出資金の公募についてはどうなんかという話なんですが、やはり実際的にオープンして、営業が始まっていく中で出入り業者なり、いろいろできてくると思いますけれども、そういうとこら辺も含めて一定時期には公募をしていきたいいうふうに思いますが、これも株式会社がこれから運営する中でやっていくわけですが、村としてはやっぱりオープン後に出資を募り、メンバーになっていくべきかなというふうに思いますし、配当金というのは利益がどんどん出て、余剰金で税金払ういうことになってきましたら、出資者に対する配当というのが出てくるだろういうふうに思います。


 そのようになっていくことを願って村もいろんな面で株式会社には応援をしていきたいなというふうに思っております。


○委員長(青山まり子君)


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 むらづくり推進課のメンバー以外の参画いただいている方々ですが、今、月一程度で商品企画室という形でワークショップを継続してやってきております。先日、きのうの夜もやってたんですけども、今定期的にお集まりいただいている方々、多少仕事の都合とかで、家庭の事情とかでありますけども、メンバーといたしましては十数名の方が参加いただいてます。


 それと、先日も、先ほども言いましたけれども、雇用促進のほうの和菓子セミナー、これから洋菓子セミナーとか、必要に応じてではなくて、やられている方々の目的に応じたセミナーを入れていってますけれども、そこにもそれ以外の方々が来られてますし、例えば直売所に参加されている方で、先日も茶業者大会でお菓子を出していただいてました。できはどうかという話は別といたしまして、そういう形で早速やってみるとか、そういうことに広がっていってます。あと、特産品研究会の方々でありますとか、深緑グループの方々とか、そういう方々もこちらで体験イベントとか、出店に際して御協力いただけないかということで、快くいろいろ御協力いただけてる方々は、少しずつでありますがふえてきております。


 そういう輪を4月以降、広げていきながらオープンにこぎつけたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 委員長からお聞きをしますが、このカラーの写真ですね、写真、図です。大体今後もこういうイメージでできるというふうに理解してよろしいんでしょうか。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 ちょっと二、三点お聞きいたします。


 まずですね、今回2,500万円のお金を出資金として出されるということは、前に3,000万出してありますので、5,500万円、前の出資金3,000万あったやん。これ以上もう、これで終わりか。これ以上ないということやね。先ほどの中嶋議員の話ではね、出資を募れるというお話でしたわね。ということ、ほかのこれええこっちゃいうてどんどん来たときにやっぱりある程度、限度額決めとかな、何ぼでも大きなっていう話も中にはある。


 1円でもね、出資金1円で150億の仕事するんですよ。そんな大きな会社1円の資本金の会社あんなことするさかいに、実は、2,500万に、村長、出された500万、3,000万が出資金。前のが3,000万やと思います。


○委員長(青山まり子君)


 3,000万にしますよという話。


○7番(北 猛君)


 済みません、間違ってました。それで結構です。


 それとですね、一番下のね、建物内備品購入とありますが、これね、本紙、75ページの18、備品購入費とありますが、3,976万7,000円ですわね。ところが、ここの39万、3万6,700円とか、40万の差があるのは、この差は何やろなというのが2点目でした。


 そして、3点目ですね、たしか村長、お医者さんかな、内科とあれと入れるいうて、今、委員長が聞かはったときにはね、このスペースで進んでいきますという中でしたね。そしたらこの中にね、医者、お医者さんが入るということですか。もしそのスペースはどの辺に予定されておりますかね。内科、もうぼつぼつ竹澤先生やら待ってはるんでないか、一応あてあるさかいな。その3点ちょっとできたらお願いします。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 出資金については3,000万という定款に載ってますんで、そのうち昨年の何月議会やったかな、9月議会やったかな、500万を出資して会社をつくりました。3,000万限度で払いますよという約束をさせてもらって、今回予算で2,500万入れてますから、合計3,000万いうことになります。


 現在、その出資金としては3,000万、増資をしてこれから資本金をオープンの日に5,000万にしようとすれば定款を5,000万にして、あと2,000万分を民間から入れるという形になってくるかなというふうに思います。村からは、今3,000万出した以外には出しません。


 それから、お医者さんの件なんですが、お医者さんは今回の計画にはまだ入ってません。調査費を入ってます。どんな形で医者を入れるのか、診療所にするのか、個人の開業医にするのか、その辺まだ決めてませんので、これをやっぱり関係機関とも協議が、いっぱいおります。医師会、それから京都府の保健福祉課とか、いろいろそういう協議が要ります。


 ですから、これを調査するために50万の予算を組んでいろいろこれから調査をしていきます。場所ですが、この中でとれればいいんですが、とれないとすれば一つ学校の入り口のほうを追加買収をして事業化しないといけないかなというふうに思ってます。


 思いとしては、ここに駐車場はちょっと足りませんのでね。平時はこれでかつかついけるかなというふうに思います。イベント祭日ということになるとこれは足らんと思います。恐らく小学校の入り口なんかにぎっしり詰まってくるだろういうふうに思います。


 そういうことを想定して、早い目にここを追加をして、用地を確保していかなあかんのかなとは思っているところであります。そこにお医者さんが来るとすれば道の駅に隣接しますけどもここにつなげていく、ここは駐車場で供用できるいうふうにしていきたいなというふうには思ってます。


○7番(北 猛君)


 1つの案としてはね。


○委員長(青山まり子君)


 「むらづくり推進課長」


○むらづくり推進課長(森本健次君)


 備品の予算書と説明資料の40万の差額ですけれども、この農業振興費の中でむらづくり推進課の予算が組まれておりますので、産業生活課のほうの農業後継者育成事業、79ページの上から2番目に40万の備品がございます。それの内容と、合計したものでここに出ておりますので、道の駅関係につきましては、3,936万7,000円でございまして、そこに産業生活課分の40万円が乗っかって75ページの備品購入費が3,976万7,000円になっていることでございます。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに質問ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 ないようですので、次にいきます。


 続きまして、82ページの商工費について質問ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 ないようですので、次の84ページの土木費。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 ないようですので、続きまして88ページの消防費について質問ありませんか。消防費よろしいでしょうか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 続きまして、92ページの教育費。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 最後に、94ページの公債費、予備費、それから次の96ページ、最後のページまでについて御質問ありませんか。よろしいでしょうか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 以上で質疑なしと認め、これで一般会計予算の質疑を終わります。


 続いて、平成28年度南山城村国民健康保険特別会計予算についての質疑を行います。質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 議案4ページ、歳入のところで、国民健康保険税が前年比423万円減額になっています。それからまた6番の療養給付費935万、それから前期高齢者交付金が4,123万、それぞれ減っていることについて、御説明をお願いをしたいと思います。


 ばっと言うて、ほかにもいいですか。


 それから、10ページですね、議案書の10ページ、繰入金のところ、前年比、繰入金2つありますね、基金繰入金と、繰入金が両方、一般会計からの繰入金と基金繰入金あわせて969万円の前年比増額になっています。この辺のなぜそうなのかという説明、それから基金残額ですね、これ今年度1,100万円、基金のほうから繰り入れされるわけですけども、残高はどれくらいになっているのか。それお聞きします。


 それから、25ページ、24、25ですね、保険事業費、下の半分2つですね、まず特定健診調査費、審査ですか、等事業費、ということで、前年と同じ予算が組み込まれていますが、これは人間ドックのことを言っているのかなと思ったんですけども、人間ドックの受診者数はどれくらいあるのか。


 それから、その下の保健衛生普及費のところで、いろんな健康づくりのですね、事業が行われています。これの参加者の状況、質問いたしますのは人間ドックは受診者がふえて早期発見、早期治療につながっていく、また健康を保持するために運動をするということでの健康づくりの事業があるわけなんですけども、これが進むことによって、国保のですね、保険の給付が減っていくということになって会計の健全化につながると思うんですけども、そのためにもこの数、人間ドックの受診者の数をふやす、あるいは健康教室への参加者の数をふやすということが求められていると思いますが、前年度と同じ予算になっています。これはもうちょっとふやしていいんではないかというふうに思ったんですけども、その辺について答弁お願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 まず、国民健康保険税でございます。これにつきましては今年度の調定をベースに一般分については約95%の徴収率で組んでおります。それと軽減もやっぱり負担ですね、軽減負担の分が結構6月補正ないしは、ごめんなさい9月でしたっけ、条例改正、6月の条例改正のときにもお話させていただいたんですけども、やっぱり軽減ということで入ってきております。2割軽減、5割軽減、拡大が入っておりまして、その影響もありまして、現行ですね、現行の調定をベースに95%で保険税のほうを当初予算としては組ませていただいております。


 それとですね、療養費、療養給付等の歳入のほうの減でございます。こちらにつきましてはなかなか算定式というのがございまして、これ前々年度ベースの療養給付費でいきますので、これ今、28年度予算は26年度、これ26年度というのはうちでも不思議やなって、決算のときでもお話させていただきましたけども、激減をしております。この関係で療養給付費等の減額ですね、当初比で減額になっている分については減というふうな今のところ算定になってきております。


 ただ、余り不均衡がふえたりすれば、当然補正対応等で増額というふうな形ではふやしていこうとは思っておりますけども、現在、当初の算定式入れますと、前々年度ベースの数字でしか入れられないもんで、26年大きく医療費が落ちてますので、こういった形になっております。


 基盤安定等は、増額になっているというふうなお話でございます。これにつきましては、これがまた不思議なもので、前年度ベースの低所得者負担、ここらの分で軽減になってる人が多いので、そういうことからふえているというふうな形で、逆転という形になってきております。


 先ほどの療養給付費の減については、前々年度ベースが基本算定の数字になってくるということで、御理解を賜ればと思っております。


 それと、基金でございますけども、27年度補正でも一応取り崩しをすることとしておりますけども、4,000万ありました、実際の話。4,000万ありまして、27年度でちょっと1,100万ほどですね、補正も入れまして崩す予定にはしてますけど、ちょっと医療費のほうが落ちついてきてますので、こんなに崩す必要はないのかなというふうには考えております。


 しかしながら、来年度ですね、28年度については保険税はそのまま据え置きでいくと、27年度実は医療費が上がってきているんですけども国保税は今のところ見合いでいくとやっぱり国保税増額というふうなのが通常ではございますけども、やはり現在のところは国保税をこういうふうなために基金をとっておりますので、国保税上げずにいくということで、その4,000万のうち約1,100万をとりあえず27年度は崩す予算とはしてますけども、28年度は国民健康保険税は今のとこ上げないという関係もございまして、取り崩しを見ているということでございます。


 それとあと、保険事業の関係ですけど、これは決算でしか正式な数については出てこないわけなんですけども、今現在ですね、累計している数字につきましては人間ドックが今のところです54名、それから脳ドックが23名と、これも特定健診、まだ個別の分とかも返ってきますので、まだ正確な数字ではございません。あくまで国保の対象者として特定健診を受けられてる方につきましては251名。27年度です、今言うてるのは27年度です。人間ドックにつきましては54、それから脳ドックについては23、それから特定健診、まだこれはあくまで途中です、集計の、まだ請求等が来てない分もございますんで、251名というふうな形になっております。


 それと、先ほど申されました、はつらつの分でございますけども、これにつきましてはちょっと介護分もございまして、これ最終的には集計になりますので、ちょっと今、手元では数字の累計ちょっと把握しかねているということで、毎月きてもちょっともう年いったんでというて退会される方も若干おられますので、介護分と国保分、ちょっとまだ分けていかなという作業ございますので、ここにつきましてはちょっと数字までは現在把握はしておりません。そこの部分では27ページのこのはつらつ、疾病予防事業の賃金は、はつらつのほうの賃金、案分しております。


 介護分と国保分で賃金のほうをして、講師料は払っておりますけども、歳入のほうで申し上げますと、12、13ページの、はつらつの参加費として25万の計上で前年よりは5万円増といった形で、健康増進に対する確かに理解もふえてきているということと。


 それと、申しわけございません。国民健康保険の予算資料でございますけども、この1ページにですね、これは国保の運営協議会でも承認をいただいたところではございますけども、本文、1ページの本文、1、2、下から3行目ですかね、はつらつ健康運動教室による健康維持、特定健診、人間ドック助成、脳ドック助成など、やはり健康維持プラスやっぱりこういうふうな健診を受けていただくことで、早期発見、早期治療を進める疾病予防事業を引き続き実施したいということで、村のほうとしては、進めさせていただきたいということで、予算を組ませていただいておりますので、御理解をいただきたいと思います。よろしいですか。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに質問ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 ないようですので、次にいきます。


 続いて平成28年度簡易水道特別会計予算の件について、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 議案書5ページ、歳入で4款の府支出金322万円の減、それから、繰入金583万円の減になっています。この辺、減らした理由、減っている理由説明お願いしたいと思います。


 「建設水道課長」


○建設水道課長(末廣昇哉君)


 まず、府支出金の簡易水道施設整備補助金の減につきましては、先の中央簡易水道の整備事業に伴いまして、ふるさとの水確保対策事業費補助金を昨年度まで受け入れておりましたが、それの受け入れ期間が終了いたしましたので、それの受け入れの昨年度まで受け入れ322万4,000円が全てなくなったということです。ことしからはその分がないということになります。これは繰入金の583万2,000円減ですが、ことしから村債のほうを1,000万を組み込んでおりますので、その分、一般会計からの583万2,000円が繰り入れる必要がございませんでしたので、その分が減になって減っているような形になっております。


 以上です。


○委員長(青山まり子君)


 ほかにありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 ほかにないようですので、「質疑なし」と認めこれで簡易水道特別会計の質疑を終わります。


 続いて、平成28年度南山城村介護保険特別会計予算の件について、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 議案書16ページ、介護保険給付費、前年度450万円、ことしは715万円になって、265万円の増額というふうになっていますが、この点についてなぜそうなのか、説明お願いをしたいこと1点。


 それから、1ページめくっていただき、18ページの同じく保険給付費ですね、前年対比681万円の増額になっています。これは特定入所者というのがふえてきているということに対応したものいう理解でいいのかどうか。その点2点お願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 まず、特定入所のほう御説明させていただきますと、当然施設入られる方が今までも御説明をさせていただいてますけど、やはりふえてきていると、当然、その分で住民税非課税世帯の方については従前から申し上げているとおり、ホテルコスト分ですね、食費なり、部屋代を村が持つと、これが特定入所という部分でございます。その分がやはりふえてきているというふうな形になります。こうなりますと当然ですね、非課税世帯になってくるということになりますと、介護保険制度、国保でも医療制度、何でもそうなんですけども、低所得者の方については、限度額を持ちますので、その分が当然上がってくるというふうな形で限度額を超えた分については、給付の分ですけども、施設給付なりの分でございますけども、高額という形で支払うということになってきます。


 当然、介護3以上介護5までの方が当然入所等されてます。短期入所もされているという部分におきまして、介護段階によっても限度額が違うわけですけども、その分、重度の方では要介護5の方であれば、要介護3よりもはるかに高い高額費用発生しますので、その分がこちらの高額介護サービスのほうにも反映されていると。特定入所につきましては、当然、非課税ということで入所された場合にはホテルコスト分を市町村の介護保険で賄うということになっているということから、それに連動して上がってきているということで御理解を賜りたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 今の説明でですね、特定入所者がふえていると。資料のほうでも見せていただきましたが、この資料の4ページではですね、介護施設サービス受給者数は45人というふうに書かれているわけです。非常に最近は入所者の数がふえて、よその地域の施設にですね、お世話になっていると。ただ、ふえればそれだけまた保険料が上がるという問題も一方であるわけなんですけども、ぜひこういった状況も踏まえてですね、村長、施設のですね、誘致という点でこういった実情からもですね、ぜひ一つ早期建設の決意ですね、またその準備をですね、ぜひ強力に進めていただきたいいうことあわせてお願いしときます。


 以上です。


○委員長(青山まり子君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 決意ということですが、今さら決意するんじゃなくて、京都府にそういうものをつくりたいということを申請しておりますんですね、やるということには間違いありません。ただ、事業者をうまく招致をして、進めていきたいなというふうに思っております。


○委員長(青山まり子君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 道の駅の進捗の中で、養豚場のですね、問題については業者は営業を続けていくということで、第一候補地として上げていったところがですね、もうなかなか売るというふうな気持ちもないという状況になっている中でですね、私が言いたいのは、それでは第2、第3のですね、予定地を早く決め、そして業者の事業者の誘致に努めていくと、そういう方向に切りかえるんであればですね、早く切りかえていくということでなければずっと用地が決まらないということになってしまいますので、その点、早期の決断をお願いをしたいこういう意味でございます。よろしくお願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 答えよろしいですね。


 ほかに質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「質疑なし」と認め、これで介護保険特別会計の質疑を終わります。


 続いて、平成28年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計予算に件について、質疑を行います。質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「質疑なし」と認め、これで高度情報ネットワーク特別会計の質疑を終わります。


 続いて、平成28年度南山城村後期高齢者医療特別会計予算の件について、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 趣旨は、先に橋本議員おっしゃったのと一緒の内容になってくるわけなんですけども、9ページ、人間ドックの助成金なんですけども、これは昨年と同じように31万9,000円が計上されております。25年度の決算では、わずか3万2,000円しか支払いはしておりませんでした。そして、26年度の決算においては26万4,460円という数字が上がっておりますが、やはり早目の受診によりまして、悪性の腫瘍等の発見、また良性もあるでしょうけども、そのようにつながりまして、医療費の最終的には医療費の負担減に村ほうとしてはつながるものでございますので、十分指導といいますか、受診の指導を村のほうでお願いをしておきたいなと思います。


 若い方であれば社会保険もありますでしょうし、共済、公務員の方は共済もありますでしょうけども、65歳ですか、これ以上の方については、これが一本ございますので、十分受診の機会を与えるようにお願いしたのと、それと命にかかわるものでございますので、予算がないので後回しにしてくださいといったようなことのないように担当課のほうでも十分配慮していただきたいんですが、その辺の決意といいますか、その辺ちょっとお願いしたいんですけど。


○委員長(青山まり子君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 ありがとうございます。私ども、予防とか、そういうふうなことは?谷議員さんのおっしゃるとおりだと思います。まずはですね、まだ今累計中なんですけども、ことし後期高齢、75歳以上になってますけども、人間ドックは5人、脳ドックは6人ということで、予算計上した同様分、去年とはやはり若干ふえてきているということで、それなりにやはり周知もできてきているのかなと。また、これでですね、?谷議員さんおっしゃるように不足ですね、生じないようにもっと受診者が出た場合には当然補正予算等も組んで対応したいと思いますので、御理解をいただけたらと思います。


○委員長(青山まり子君)


 ほかにありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「質疑なし」と認め、これで後期高齢者医療特別会計予算の質疑を終わります。


 28年度の歳出のところで、改めて忘れてたという質問等がありましたら受けたいと思いますが、特にないでしょうか。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 1点だけ、衛生費で聞き漏らしましたのでお伺いします。


 ページ数でいきますと、提案書の67ページ、一般会計、お開きいただきましたでしょうか。67ページ、環境衛生費、委託料としてですね、80万6,000円というのが計上されておりまして、先ほどお伺いしますと、臭気分析費用ということでした。


 そこで、お伺いしますけど、以前も詳細な分析をいただいてます。つまりアンモニアから臭気指数まで、数多い分析をされたというふうに理解しておりますけども、今回もそういった詳細までされるのか、それとも、臭気に臭気強度、一番問題でありますけども、臭気指数、そういったものとか、臭気強度だけのか、どうでしょう。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 委託料につきましては、臭気測定分といたしまして4項目、3回分で51万4,000円でございます。そして、浄化槽の配水検査1回分といたしまして5万4,000円で、この臭気、養豚場に係る臭気水質測定として56万8,000円を計上しております。昨年と同じ項目でございまして、アンモニアと、それから脂肪酸の2項目と、あとは臭気指数の測定委託を行うものであります。


○委員長(青山まり子君)


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 臭気測定4項目とおっしゃいましたので、今ちょっとよくわからなかったんですが、アンモニア、ノルマル酪酸、ノルマル吉草酸、イソ吉草酸、それから臭気指数と理解してよろしいのか。それとも、この吉草酸、酪酸は省いてアンモニアと臭気強度、臭気指数、その他なのか。項目教えていただけます。


○委員長(青山まり子君)


 「産業生活課長」


○産業生活課長(山本雅史君)


 おっしゃるとおりの4項目です。


○委員長(青山まり子君)


 ほかにありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 同じく、一般会計でお願いをいたします。


 資料集でいきます。32ページ、道路維持補修事業の中で、村が管理する村道の拡幅、臨時的な維持補修、それから重機借り上げ及び冬季対策を行うということで、書かれているんですけども、この重機借り上げっていうのはどういう意味なのか、借り上げて誰がこれ扱うのか、今までやったら、業者にそれこそ工事を委託するということで、やられてたと思うんですけども、ここに重機借り上げと出てきましたので、新たにどういう意味持っているのか、お尋ねをしたいと思います。


 それから、一番下、東和束線の待避所設置設計委託ということで193万円、これはどの部分のことを、道のですね、どのあたりのことをおっしゃっているのか、お聞きをしたい。これが建設水道課に対して。


 それから、もう1点もついでにお聞きをしたいのですが、資料集の一番最後、36ページ、消防費についてです。


 防災会議をやるということで、予算が組まれて結構なことやというふうに理解をしています。そこで、ずっと下のほう3分の1ほどのとこに委託料として防災計画改定業務委託いうことで、分厚い計画書をですね、またやり変えるということで501万円組まれているんですけども、これやり変える必要というのはなぜあるのかがちょっと意味が理解しがたい。ほとんどこんなん変われへんやらと思うし、つけ加えがあればですね、もっと安うできるん違うかいなという気がいたします。これがここに関することの質問の1点で。


 もう1点は、防災情報システム用ファクス、これ備品買うということなんですけども、どういうものかという点の説明をお聞きしたいと思います。


 以上です。


○委員長(青山まり子君)


 「建設水道課長」


○建設水道課長(末廣昇哉君)


 御質問の重機借り上げ、どういったものかということでございますが、各区自治会等でですね出会い等いただいたときに例えば側溝を掃除するのに機械を使ったと、機械を使いたい、そういうところで地元の重機を使われたとか、重機の派遣重機を使われたときの重機費用、借り上げ費用ですね、それを村がせっかく道づくりをしていただいているので、そこの費用を出させていただいてます。これは例年行っているような形です。ここに載ってる小型バックホウ、ダンプトラック、パッカー車等はそういったものでございます。


 もう1点の待避所のことでございます。こちらにつきましては、京都府の府代行工事のつけた野殿橋のところから、上の桜井さんところまでの区間、かなり狭いということになっております。未改良区間がありまして、そこに、特に今回につきましては、1カ所待避所があるんですが、ちょっとどうしても離合しにくい。下が川で、上が崖というところがありますので、そこの部分に待避所を設けられないかどうか、まず検討をということで、スクールバスの離合等、そういうところを設けたいと思っております。


○委員長(青山まり子君)


 「総務課長」


○総務課長(山本隆弘君)


 まず、防災計画の改定業務についてなんですけれども、これは先日、昨日も説明させていただいたとおり、昨年度に引き続いて、地域防災計画の改定を行うということになっております。例えばですね、避難所として今回新たに南山城村自然の家、それから保健福祉センター、もう一度計画の中で災害拠点として指定をするための調査を行います。さらに防災計画の中で、震災等さまざまな規定の見直し等もございますので、今回新たに改定をするものです。


 2カ年事業で昨年度、お認めいただいたものを28年度も引き続きという形になっております。


 それから、ファクスなんですけれども、これも昨日、説明させていただいたかと思うんですけども京都府から衛星通信で受信するためのファクスが設置されております。以前から設置されているんですけれども、それを今度払い下げるという形になりまして、それを購入する費用でございます。


 以上です。


 済みません、もう1点、防災会議につきましては、防災会議条例が例規集、お手元の例規集1,351ページにございますので、そちらのほうを会議を開催すると、これは防災計画の改定業務に伴うものです。


 以上です。


○委員長(青山まり子君)


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 先の議員の質問がありましたので、待避所の件についてお伺いします。資料でいきますと30ページの地図、31ページでしょうか。


 土木経済委員会もこの現場の調査をさせていただいてですね、図面といいますか、構図も参考に今検討をさせていただきました。現場も回りました。実際に、地権者の方が非常に多いということが判明いたしました。区のほうからはですね、対岸の道路へも検討してほしいというふうな要望も出されておるというふうに伺いましたので、対岸の道路についても地権者がどうなのかということを調査しましたけど、ここもかなりいらっしゃいました。


 待避所の話に、話を戻しますと、どうも場所的にはどこか、番地はどこかというのはさておきまして、こちらから行きますと左側にね、ちょっと桜の木のようなものがありまして、ちょっと広いところがることを確認しております。そこのことなんかどうかは不明ですけども、大変、スクールバスの運行路でもありますし、皆さん、住民の皆さんの生活道路でもありますので、調査されて進めていただければというふうに思っておりますが、その点につきまして今のところないんでしたら結構ですけども、私が申し上げたその部分でも検討をされるのかどうか、ちょっと具体的に申し上げられないので、どの部分というのが理解していただけるかどうかわかりませんけど。


○委員長(青山まり子君)


 「建設水道課長」


○建設水道課長(末廣昇哉君)


 御指摘の箇所の区間でございます。ただ、土木経済のほうでも見ていただいてますが、対岸の道路改良、道つけられへんかという話もずっとお話は伺っておりますが、いずれにしましてもあの区間につきましては、道路拡幅をやるにはかなり時間も、価格もかかってきます。ですから、まず待避所から何か検討できないかということで、暫定的な対策をとりたいと思っております。現課としては、まだ箇所の決定まではどこにどういうふうな形で設けられるかどうか、これを調査していきたいと思います。


 それの中で、幾らぐらいかかるのかというのも含めまして、この調査費の中で検討したいと思いますので、よろしくお願いいたします。


○委員長(青山まり子君)


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 資料の8ページですね。8ページの村税の中で入湯税ですね、前年度は810万円でしたけど、今年度は837万7,000円ということで、入湯税が非常にこうして村の税金の中では大きな、占めてますが、この入湯税の昨年、ちょっと私も聞きましたら、水道料金に全部使ってるということで、答弁がありましたが、ゴルフのレイクは自分で勝手に水道を上げてやってますので、水道料金はあっこは全然関係ないんですね。


 そやからゴルフの今言うてましたように、ゴルフ利用税もたくさん村に税金を納めてます。それから入湯税も、たくさんこうして納めてますが、入湯税の使い道ですね、どこにつこてはるのか、ちょっとお願いします。


○委員長(青山まり子君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 ちょっと以前からの御質問でもそういった意見のほうお聞きしているところでございます。入湯税の使い道につきましては、いぜんから水道施設等にっていうふうにお答えをさせてもらっていたわけでございますが、特定財源でもございます。使い道も決まっておりますので、そこへ入る道路等の使用という部分では法ヶ平尾立石線の改良等にも充当ということで今のところ検討をしております。


○委員長(青山まり子君)


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 昨年は、この入湯税の使い道いうて、水道料金に使っているということで、答弁ありましたが、今先ほども見ましたようにレイクは水道料金は個人でやってます。そやから、入湯税についてはレイクは全然関係ない。そのときの答弁は水道料金に使っているけども、今後使い道については検討させてもらうという答弁でしたが、何も前向きになってないと思う。


 そやから、この入湯税の使い道というのは、レイクの近くの道、どこのゴルフ場行っても何かきちっとした2車線の道はあのまま課長、ごめんなさい、課長、2車線の道がついているんです。うちのレイクのとこだけですよあれ、朝の7時半から8時半、それから晩の6時から6時半、あの道通れませんで、危のうて、ようけ通りはるから。


 そういう道の、片単線みたいな道のとこを広くするのもこれ一つの道と違いますのか。水道料金ばっかりに上げてたかて、ここのゴルフ場は何もメリットがないですよ。それを私は言うてるんですよ。水道料金、水道料金使ってるって、レイク何もつこてへんやん。わし、この間、社長に言うたんや、水道料金つこてますよいうて、廣尾さん何言うてますねん、水は下から上げてますよ。そう言われたんですよ。そしたら廣尾さん、近くの道を拡張するとか、何とか、村は考えてもらえませんのかいうて、そう言いましたんや。


 土木経済委員会も調べてもろたら、近くの近隣のやつは全部レイクが地面を持ってますねんやんか。そうでしょ。お金もらうだけもろて、あとは知らんって、そんなやり方はあきませんよ。そやから、お金納めてもろた一部は、近くのレイクを発展するために、道を広くするというのも一つの方法のやつやと思いますわ。


 そやから、道路費に少し充てるとか、そういうこともこれは検討してもらわな、水道料金に入れてます入れてますって、去年もおんなじ質問したんですよ。ことしも一緒や。


○委員長(青山まり子君)


 委員長から申し上げますが、この間の議会の入湯税の使い方について、議論をした結果、私、先日たまたまあそこを通らせていただいたら、道路側はすごくきれいになってました。それで一定努力されているんだなというふうに理解して帰ったんですが、それとは別なんでしょうか。


○4番(廣尾正男君)


 4番廣尾です。


 道路はね、いつも葉っぱがたまって、もう通れない状態やったから。


○委員長(青山まり子君)


 広くなってましたよ。葉っぱだけじゃなくて。


○4番(廣尾正男君)


 区の人と、ゴルフ場の人の自動車2台、協力していただいて葉っぱを出してきれいにしたんです。そやから、おたく言うてはるのはその下ですよ。委員長、知ってはるのは下です。そのレイクの上の部分、水道のタンクある、あの辺のとこが狭いからそれを直してあげてくださいとこう言うてるわけ。


○委員長(青山まり子君)


 広くなってましたよね。


○4番(廣尾正男君)


 ちょっと待ってください。そやから、ちょっと待ってくださいよ、言うてるのは、水道料金のやつは、道路の予算にも少しは入れてね、今後は道の拡張の予算にも入れてもろたらどうですかと私は言うてるわけです。


○委員長(青山まり子君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 今、先ほど答弁させてもらったのは、法ヶ平尾立石線のほうに充当させていただくというふうに申し上げたので、水道じゃなしに道路に使うという答弁をさせていただいたところですが。


○4番(廣尾正男君)


 はい、了解しました。


 今、聞こえにくかったから再度説明させていただきましたが、了解しましたんで今後ひとつよろしくお願いしたいと思います。


○委員長(青山まり子君)


 特に、質問はないようですので、じゃあ皆さん、これから休憩しますか、それとももう終わりますか、どちらでしょうか。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(青山まり子君)


 休憩をしてという皆さんの御意見ですので、ただいまから1時間休憩いたします。午後1時から再開するというふうにしたいと思いますので。


             (休憩 11:55〜13:00)


○委員長(青山まり子君)


 休憩前に戻り会議を進めます。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(青山まり子君)


 これから、討論を行い、採決を行います。


 討論は、お手元の日程1から6まで、議案第20号から25号まで、それぞれの議案に対して討論、採決を順次行いますので、御了承願いたいと思います。


 まず、議案第20号「平成28年度南山城村一般会計予算の件」から行います。討論はありませんか。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 28年度一般会計予算。反対の立場から討論をさせていただきます。


 まず、当初予算の中にはですね、職員の給料を初め、賛成する議案はほとんどであります。しかし、道の駅計画の予算は1億5,700万円ふえているのにですね、ソフト面や問題点を残してハード面先行することで反対です。


 道の駅計画の進め方、特産品開発、臭気解消の3点で反対いたします。


 まず、1点目、道の駅賛成議員からも魅力ある村づくり事業は予算を認めるので年度内にしっかり計画を立てて進めよとの指摘がありました。この平成28年度当初予算についても、臨時議会を開催してでも進めよと指摘をいただいているところです。


 しかし、平成26年度も27年度も事業内容は、前年度のノウハウ移転による商品開発の核の拡大、実践的な商品開発、販路拡大の施行と検証を行う。このようになっていました。平成28年度当初予算にも特産品開発、イベント出店、商品、サービス、開発に関する業務となっておりますが、特産品開発はこれからで、特にソフト面の進展は見えておりません。


 この点について、役所であるからできなかったとの反省がありましたが、それなら税金である補助金を何回も活用したのは理解できないところであります。


 次、2点目につきまして、平成25年から27年まで、四国のコンサルに支払ったお金は2,000万円を超えております。特産品開発が任務の1つとして雇用した地域おこし協力隊も特産品開発ができたのか不明です。短大生のアイデアまで提供してもらわなければならなかったのは大変残念なことであります。


 道の駅オープンまでカウントダウン状態にあります。村独特の特産品をつくるにしても、農産物が原料なら農産物はすぐに収穫はできません。指摘がありましたようにですね、机で栽培はできません。例えば、有機栽培で育てた野菜などはすぐに現直売所でテスト販売していて同然の話であるのに、土も耕せず、種もまかずでは来春の出荷には間に合いません。


 産地が異なる農産物などを店頭いっぱいに並べるのは価格競争するスーパーの販売戦略の1つ、オープン時だけであっても、村の道の駅はそのゴホウをしてはいけません。増額した1億5,700万円は、商品開発に回すべきであります。


 平成28年度当初予算の審議でも、野菜等の生産拡大推進事業として20万円の予算で様子を見て、ハード面に着手をするとの説明でした。道の駅計画とは反対に非常に慎重な考え方であると感じております。


 次に、臭気改善について、臭気改善について努力はされたと理解しております。臭気解消の結果が出ていない、議会報告会で大変厳しく指摘をいただきました。土木経済委員会を代表して私が村長のかわって説明しなければならなかったのは、大変残念なことであります。住民はこの点、納得しておりません。


 土木経済委員会としても、むらづくり推進課長の出席のもと、この大きな課題について、お聞きしました。課長は経営者としての視点から、経営に影響が出るとの見解を示されました。養豚臭気がただよえば、旅の目的地は遠回りしてでも、村の道の駅に立ち寄ろうとは思ってもらわない、もらえない。立ち寄るのはトイレ利用者だけで、道の駅の経営を圧迫することになることを懸念されてのことだと推察いたしました。


 村の命運を託された社長として当然の見解であります。経営が成り立たず、雇用した社員の給料すら満足に払えなければ、社員の人生まで狂わせてしまうことを心配されてのことだと思います。今からでも新対策を示すべきであるのに消臭剤の増量しか計画されておりません。また、臭気測定は4項目では、基準超えを確認できない。この点を指摘して反対といたします。


○委員長(青山まり子君)


 賛成討論お願いします。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 4番廣尾です。


 賛成の立場から、平成28年度予算は自立する村、南山城村を目指して村で暮らし続けることの実現に向けた4つのプロジェクトが含まれております。


 1つは、産業再生、2番目にきずなづくり、3番目に次世代担い手育成、4番目に南山城村を保全、中心事業に向けた予算で今後の村の発展につなげるということで、私は賛成します。


○委員長(青山まり子君)


 ほかに、反対討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第20号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立多数」です。したがって、議案第20号「平成28年度南山城村一般会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 続いて、第21号「平成28年度南山城村国民健康保険特別会計予算の件」の討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第21号を採決をいたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立全員」です。したがって、議案第21号「平成28年度南山城村国民健康保険特別会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 続いて、第22号「平成28年度南山城村簡易水道特別会計予算の件」の討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第22号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立全員」です。したがって、議案第22号「平成28年度南山城村簡易水道特別会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 続いて、第23号「平成28年度南山城村介護保険特別会計予算の件」の討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第23号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立全員」です。したがって、議案第23号「平成28年度南山城村介護保険特別会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 続いて、第24号「平成28年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計予算の件」の討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第24号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立全員」です。したがって、議案第24号「平成28年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 続いて、第25号「平成28年度南山城村後期高齢者医療特別会計予算の件」の討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(青山まり子君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第25号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について原案のとおり決定することに賛成の方の御起立願います。


                  (賛成者起立)


○委員長(青山まり子君)


 「起立全員」です。したがって、議案第25号「平成28年度南山城村後期高齢者医療特別会計予算の件」は、原案のとおり可決されました。


 以上で、委員会に付託された議案の審査を終了します。


 終わりに臨み、村長を初め、行政の皆さんには委員会の審査に御協力をいただき御苦労さまでした。


 本日の結果をもって本会議で委員長報告をいたします。


 以上で、予算決算常任委員会を終わります。


 皆さん御苦労さまでした。


                (閉会 13:10)