議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 南山城村

平成27年第 1回臨時会(第2日 7月15日)




平成27年第 1回臨時会(第2日 7月15日)





 



     平成27年第1回南山城村議会臨時会会議録





      (平成27年7月7日〜平成27年7月15日 会期9日間)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


            議  事  日  程  (第2号)


                      平成27年7月15日午前9時30分開議


第1 議案第27号 「平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)の件」


第2 議案第28号 「平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会議に付した事件  議事日程に同じ


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 応 招 議 員  (※は署名議員)


   議  長  新 田 晴 美 君        5 番  橋 本 洋 一 君


   副議長   梅 本 章 一 君        6 番  中 嶋 克 司 君


   ※1 番  吉 岡 克 弘 君        7 番  北     猛 君


    2 番  ? 谷 契 次 君        8 番  青 山 まり子 君


    3 番  中 村 富士雄 君       ※9 番  梅 本 章 一 君


    4 番  廣 尾 正 男 君       10 番  新 田 晴 美 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 不応招議員       なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 欠 席 議 員     なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 説明のため出席した者


   村長      手仲圓容 君       副村長     岸本重司 君


   参事      山村幸裕 君       総務課長    山本隆弘 君


   むらづくり推進課長            税財政課長   廣岡久敏 君


           森本健次 君


   保健福祉課長  岸田秀仁 君       保育所長    木村啓子 君


   産業生活課長  山本雅史 君       建設水道課長  末廣昇哉 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 事 務 局 職 員


   事務局長    辰巳 均 君


   書記


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎ 会 議 の 内 容





○議長(新田晴美君)


 議員の皆さん、おはようございます。


 ただいまから平成27年第1回南山城村議会臨時議会を再開します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりでございます。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





      ◎ 日程第1 議案第27号から日程第2 議案第28号





○議長(新田晴美君)


 日程第1、議案第27号「平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)の件」、日程第2、議案第28号「平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」、以上、2件を議題とします。


 補正予算2件は7月7日の本議会において、予算決算常任員会に審査を付託しました。本件に対する審査結果について、委員長の報告を求めます。予算決算常任委員会委員長。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 予算決算常任委員会の審査結果を報告します。


 平成27年7月7日に開催された第1回南山城村議会臨時会で、議長から審査を付託された議案は平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)と、平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の2件です。


 予算決算常任委員会は、7月7日に委員会を開催し審査を行いました。


 審査に当たって一般会計補正予算は歳入と歳出に分けて審議を深め、さらに全般を通して特に質疑のある場合も認め、審議を終えました。


 平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)の補正額は、5,582万1,000円を追加する総額27億2,214万2,000円です。


 歳入は、地方交付税2,311万5,000円の増額、国庫支出金678万7,000円の減額、府支出金2,373万3,000円の増額、諸収入26万円の増額、村債1,550万円の増額です。


 歳出は、総務費として今山公民館空調取りかえ工事費124万2,000円、社会保障税番号制度に伴う初期システム整備160万3,000円、損害賠償金等求償請求の相手方訴訟に伴う反訴を提起するための訴訟委任費用108万円。


 民生費として臨時福祉給付金支給事業651万3,000円、子育て臨時給付金支給事業80万9,000円。


 農林水産業費として農業者トレーニングセンターの空調設備の全面改修313万2,000円、茶振興対策事業2,118万7,000円、農業用施設維持補修改良工事200万円、森林整備地域活動支援交付金事業197万7,000円、災害に強い森づくり事業535万円。


 商工費として商工会育成事業50万円。


 土木費として防災安全社会資本整備総合交付金事業で道路改良維持修繕費が2,143万2,000円の減額、防災安全社会資本整備総合交付金事業で高山橋橋梁補修と村道橋梁点検業務1,500万円、道路維持補修事業500万円。


 消防費として消防団デジタル簡易無線設置工事1,380万円、消防団員の安全装備品整備としてヘッドランプ購入26万円。


 災害復旧費として公共土木施設災害復旧事業300万円です。


 歳出についての質疑と答弁を報告します。


 総務費について。


 1、団体名宛名システムとは何か、また、年金情報が漏えいしたが、マイナンバー制度はかなり複雑である。行政内だけでなく、民間企業とも情報交換することになるが、ミスによる漏えいは担保されるのか。


 答弁は、今回のシステム改修は、村に住民登録している人が対象で京都府情報化システムにより、住民基本台帳と社会保障税番号制度導入に伴うシステムをマッチさせるものである。今回その費用とサーバー用点検用品を購入するものである。庁舎内でも個人情報が漏えいしないようパスワードの適時変更や条例改正も必要となってくると考える。企業も個人情報の守秘義務を持っていることから、啓発しているものと思われる。現段階ではICチップに税金や年金情報が入っても特定されないものと考えている。


 2、情報系サーバーの保守契約を結んでいないため、故障のたびに経費がかかると説明しているが、これまでの故障履歴と修理費はどれぐらいか。


 答弁は、資料を持ち合わせていないが、保守用の電池交換も高額な費用がかかる。


 3、監査委員の費用の減額は何か。答弁は、二重計上の指摘を受けて、減額したものである。


 4、今山公民館の空調の故障はいつからか。答弁は、数年前から温度センサーの故障が発生していた。要望は出ていたが修理できなかった。今夏に間に合わせる。


 農林水産業費について。


 1、茶振興対策事業で府の補助にこれまでにない村の補助を上乗せしているが、理由は何か。また、今後も継続するのか。


 答弁は、村のお茶が低迷しているための補助で多額はできないが思いやりの補助とした。3期目の政策で今年度から復活していく。


 宇治茶生産景観継承支援事業で府の補助は5割である。共同製茶等省力化推進事業の補助は4割であるが、どう違うのか。


 答弁は、これまで府の補助は4割であったが、世界遺産登録候補にかかわる構成資産候補所在地区の被覆棚と被覆資材の整備については5割の補助となった。


 3、森林整備地域活動支援交付金事業について、具体的には植林された樹木の伐採なのか。


 答弁は、野殿童仙房地区において、その活動を行おうとする人との合意が必要で、その対象者を調べていく事業である。今回、申し込みがあったので197万7,000円を交付するものである。


 4、災害に強い森づくり事業で、既設治山ダムの堆積土砂撤去について、南大河原地区では雨が降ればかなり濁った水が出てくる。1年延期せずにできないのか。


 答弁は、府は堰堤の調査をして機能は保たれていると判断した。


 5、農業者トレーニングセンターの空調設備はいつから故障をしていたのか。


 答弁は、約10年前からだが、何とか修理しながら使ってきた。今回、全面的に改修する。


 土木費について。


 1、防災安全社会資本整備総合交付金事業は2,143万2,000円が減額されている。国に要望をすれば100%出ると考えるが、計画を変更するものか。また、地域の活性化を図ると説明しながら、道路改良が4分の1程度終わった時点で減額となっているが、府下の全自治体が減額となったものか。


 答弁は、大河原東和束線は交付金を要望していたが、ことしは厳しく、国の補助である約1,130万円が交付されなかった。大河原東和束線は法面を掘削中だが、掘削料を少なくするなど工夫している。この事業は65%が交付金、残る35%が起債で行っているが今年度は交付金が出なくなり見直しをしたものである。府のヒアリングでは、社会資本の交通安全対策の交付割合は71.5%、橋梁トンネル等の老朽化対策は88.6%、一般的なものは23.5%であるが、減額となっている。村だけでなく、他の自治体でも事業がとまるところも出ている。


 2、月ヶ瀬団地31号線、歩道新設事業は何か。


 答弁は、月ヶ瀬ニュータウンから南山城小学校への通学路の安全対策を広域連合で求めている。公安委員会へ報告していて取り上げられ、国に要望したもので今年度は240メートルの測量設計を認めてもらった。今年度は用地の測量と設計のみで来年の夏休み中に工事が完了するよう工事の発注を検討する。


 3、道路維持補修事業500万円の工事内容は何か。また、村道舗装補修工事200万円の中に、損傷がひどい高山石打線の補修は含まれているのか。


 答弁は、高山石打線と高尾の村道の舗装の補修を考えている。高山石打線の現場を確認したらすぐに対応が必要で著しいへこみ等は、この費用内で補修していく。府は、工事業者を告発する構えである。村としては工事が終わった段階で全体の補修は考えている。月ヶ瀬ニュータウンでも側溝が破損しているところもある。現在、場所は特定できないが小規模のところは補修したい。


 4、高山橋の橋梁補修工事で足場の設置に係る費用は大きい。今回の工事の前にも補修工事をしており、一緒に工事をするべきであった。


 答弁は、足場がなければ点検も施工もできないのでやむを得ない。


 消防費について。


 1、消防団用デジタル簡易無線設置工事は1,380万円の予算であるが、なぜいつまで改善でき、具体的にどう変わるのか。例えば電波の届きにくい災害を、現場と本部の通信は可能なのか。


 答弁は、団員は防災行政無線を使用していたが、なくなったのでデジタル簡易無線で対応する。これにより現場との通信手段が確立できる。無線積載車両と山間部の災害現場等とそれぞれの詰所との通信が可能となる。


 2、消防詰所と車両に取りつける無線機の出力は幾らか。携帯型無線機の配備対象は何人か。また、団員に配備されるヘッドランプの個数が足りないがどうするのか。


 答弁は、無線機の出力は資料がなく不明である。携帯用無線機の配備対象は班長以上とする。ヘッドランプの不足分47個については、次年度で予算化する。


 災害復旧費について。


 1、公共土木施設災害復旧事業300万円の工事内容は何か。また、災害として認定されないのか。


 答弁は、三郷田川の護岸復旧工事であるが、月日が経過してから発見されたものであり、災害認定されない。


 討論はなく、全員賛成で可決となりました。


 平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)。


 補正額は、310万円を追加する、総額3億3,007万6,000円です。


 歳入は、保険料68万2,000円増額、国庫支出金77万5,000円増額、支払い基金交付金86万8,000円増額、府支出金38万7,000円増額、繰入金38万8,000円増額です。


 歳出は、保健事業給付として地域密着型介護サービス給付費310万円の増額です。


 質疑は、310万円を追加補正するが具体的なサービス事業の内容と対象は何か。


 答弁は、特に重い看護が必要な高齢者が安心して在宅生活を続けていくためには、看護と介護が一体化した24時間対応できるサービスが必要であるための給付である。自己負担として月額約2万6,000円程度となる。討論はなく、全員賛成で可決となりました。


 以上が議長から付託されました2議案の審査内容です。


 これをもちまして、予算決算常任委員会の報告とさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 以上で、委員長報告が終わりました。


 これから各議案の委員長報告に対する質疑の後、討論を行い、各議案ごとに採決します。


 日程第1、議案第27号「平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)の件」について、質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「質疑なし」と認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「討論なし」と認めます。これで、討論を終わります。


 これから、議案第27号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                 (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、議案第27号「平成27年度南山城村一般会計補正予算(第1号)の件」は、委員長報告のとおり可決されました。


 日程2、議案第28号「平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」について、質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「質疑なし」と認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「討論なし」と認めます。これで、討論を終わります。


 これから、議案第28号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件について委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                 (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、議案第28号「平成27年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」は、委員長報告のとおり可決されました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(新田晴美君)


 以上で、臨時議会に付された事件は全て終了しました。


 これで、本日の会議を閉じます。


 平成27年第1回南山城村議会臨時議会を閉会します。


 皆さん、御苦労さんでした。


                 (閉会 9:47)