議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 南山城村

平成27年予算決算常任委員会( 3月10日)




平成27年予算決算常任委員会( 3月10日)





 



      平成27年第1回南山城村議会予算決算常任委員会会議録





     (平成27年3月9日〜平成26年3月11日 会期3日間)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


              議  事  日  程  


                      平成27年3月10日午前9時32分開議


第1 議案第11号 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第7号)の件


第2 議案第12号 平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の件


第3 議案第13号 平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第4号)の件


第4 議案第14号 平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第4号)の件


第5 議案第15号 平成26年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計補正予算(第1号)


         の件


第6 議案第16号 平成27年度南山城村一般会計予算の件


第7 議案第17号 平成27年度南山城村国民健康保険特別会計予算の件


第8 議案第18号 平成27年度南山城村簡易水道特別会計予算の件


第9 議案第19号 平成27年度南山城村介護保険特別会計予算の件


第10 議案第20号 平成27年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計予算の件


第11 議案第21号 平成27年度南山城村後期高齢者医療特別会計予算の件


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会議に付した事件  議事日程に同じ


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 応 招 議 員  


    議  長  新 田 晴 美 君


     1 番  吉 岡 克 弘 君   委員長  6 番  中 嶋 克 司 君


     2 番  ? 谷 契 次 君        7 番  北     猛 君


副委員長 3 番  中 村 富士雄 君        8 番  青 山 まり子 君


     4 番  廣 尾 正 男 君        9 番  梅 本 章 一 君


     5 番  橋 本 洋 一 君       10 番  新 田 晴 美 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 不応招議員     なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 欠 席 議 員   なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 説明のため出席した者


   村長      手仲圓容 君       副村長      岸本重司 君


   参事兼総務課長 山村幸裕 君       税財政課長    廣岡久敏 君


   保健福祉課長  岸田秀仁 君       保育所長     木村啓子 君


   産業生活課長  山本雅史 君       建設水道課長   辰巳 均 君


   産業生活課主幹 森本健次 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 事 務 局 職 員


   事務局長    山本隆弘 君


   書記


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会 議 の 内 容





○委員長(中嶋克司君)


 議員の皆さん、おはようございます。


 3月10日、予算決算常任委員会を昨日に引き続き開催をさせていただきます。


 昨日は、一般会計補正予算(第7号)の継続費まで審議が進んでおります。この途中で昨日終わったものですから、本日はそれに引き続きまして会議を進めてまいりたいと思います。


 継続費につきまして、質疑を受け付けたいと思います。質疑のある方。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 今回、総額7億500万円の道の駅予算が2億6,500万円増の9億7,000万円というふうな大幅なですね、変更案が出されております。今、村民の生活が大変厳しい中、皆さん懐をですね、より工夫をしながら生活を必死になって守っておられるという、こういう状況の中で2億6,500万円ものですね、大幅なアップが突然出てきております。本来であればこういったものにつきましては、補正でなくですね、27年度予算の中で提案をされ、そして審議に付されるというのが本来の筋だろうというふうに思うわけですが、今回、なぜこれが補正で出されているのかという点、大変疑問でもあります。


 そういう中で、住民の皆さん方は道の駅につきましては、村長は議会が反対するもんがいるから住民が不安を感じて、道の駅についていろいろと心配をしていると、議会に責任があるかのような発言をきのうもされましたが、そうではありません。我々も一村民として、また、村民の代表として、不安を感じているわけで、それに対して一つ真摯に答えていただきたいというふうに思います。


 村長の皆さんが最も不安に感じておられることは、道の駅は果たして本当にうまくいくのか、赤字に陥りはせんか、新たな村の負担にはなってこないか、こういう点を大変心配をしておられるわけです。村長のもとにも今回一住民の方からですね、陳情書として一つの不安がですね、届いているかというふうに思います。議会のほうでもこれは土木経済委員会で論議をしようということになっておりますが、そういう中での2億6,500万円の増額、これはですね、簡単には私たちは認めることができません。


 そこで、私の思いでは、村はやっぱり7億500万円でも大変多額であると思っているわけですけども、村の財政の身の丈に応じたですね、そういう予算にしていくべきだというふうに思います。


 そういう中で2億6,500万、これは土地が上がり仕方がないんだ、あるいは工事費がアップするんだ、新たな人件費も生じるんだと、こういうことで出されているわけなんですけども、下げられるものはですね、下げ、削れるものは削って、村民の苦しい生活、思いに応える予算にするべきだというふうに思います。


 そういった観点から見て、提案されているですね、例えば測量試験費につきましては追加調査をやめ、村の中で何とかこれについては最小限にですね、抑えていくというふうな方法が考えられたのかどうかですね、この点についてお聞きをしたいと思いますし、工事費につきましては、建築面積の精査をするとふえていると、だから3,500万円が必要なんだというふうなことが説明をされましたが、これについてもですね、果たして内容がわかりませんので、この点について詳しく説明をお願いをしたいですし、それから、なお、耐震貯水槽、これがですね、当初たしか、全協での説明は、村長の説明では当初500万円だったものが今回6,500万円と、こういう説明であったと思いますが、なぜ、こういったですね、高額な貯水槽なる、それも地下貯水槽で水道のですね、安全性の面から考えても高架水槽に比べて、地下水槽というのは大変衛生上も問題が多いということが指摘されている中で、なぜ、こういった高額のですね、貯水槽を敷設することに変更されたのか、十分な説明が聞けておりません。


 この点について説明をお願いをしたいと思いますし、水につきましては、改めて貯水槽を敷設しなくても、いざというときには小学校のプールの水をですね、飲用水に変える、そういう装置もついております。そういったものを活用すれば十分対応できるんではないかというふうに考えますが、なぜ、高額な予算をですね、増額をしているのか、説明をお願いをしたいと思います。


 それから、資材の高騰分、東日本大震災の復興やとか、オリンピックだとかいうようなことでですね、資材費が上がっていることは承知をしておりますが、これもですね、身の丈に応じたものにですね、何とかアップをしのいでいくということが、私は工夫次第ではできるんではないかというふうに思います。どんどんと予算をですね、使っていっているというふうに感じられてなりません。


 それから、3つ目にですね、運営に関する委託調査費で2,200万円の増額がされております。この内訳につきましてですね、説明書も、きのういただいた資料を読みましたが、特に村おこし協力隊の人件費にかかわるんだろうと思うんですが、改めて2,200万円の内訳について、説明をお願いをしたい。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 橋本議員さん、あんた村長してはったときにね、情報化を7億かけてやったんですよね、そしてIPが5年使こて、使えなくなってしまったんですよね、あんたがやってたときそうやったじゃないですか、村は、これから村をどうして生き残っていくかという話をしているのに、あんたは何ぼ説明しても今までから予算の中で内容を何ぼ説明しても、あんた反対で賛成してくれませんやん。賛成してくれますか。


○委員長(中嶋克司君)


 村長、待ってください、村長、待ってください、待ってください。質問に答えてください。


 どうぞ。質問3点いただきました。


 ちょっと待ってください、その質問に答えてください。


○村長(手仲圓容君)


 だから言うてますやん。


○委員長(中嶋克司君)


 その高度情報化の話をお聞きしてるんじゃない。


○村長(手仲圓容君)


 いやいや行政運営の中の話やないですか、わしかって行政運営してますねん、わしの仕事の話してますねん。


○委員長(中嶋克司君)


 その中身を説明してくださいとおっしゃってます。


○村長(手仲圓容君)


 だから、村の予算の話してんねんやないか。


○8番(青山まり子君)


 それについての質問違いますよ。


○村長(手仲圓容君)


 いやいや過去はそうやったやないか、そんなことで何言うてんの。


○8番(青山まり子君)


 この予算の内容について質問してるのに、何で過去のことが必要なんですか。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 暫時休憩します。


              (休憩 9:42〜10:40)


○委員長(中嶋克司君)


 それでは、休憩前に引き続いて会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 橋本議員の質問に対して、質問以外のことを申し上げました。私は、この継続費の今審議をしていただいておるいう前提に立って、継続費でございますんで、今、平成26年度の継続費の年度予定の金額が変更になったいうことで、26年度中にこの変更になったものを議会のほうに説明しなければならない、そういう立場で今回の継続費補正を提案をさせていただいております。


 ですから、26年度は減りますけれども、27年度、28年度についてはふえるという形になります。このことを御理解をいただきまして、その年度年度の予算については、年度、当初予算に計上していって中身の審議をしていただくことになります。契約ということになりましたら、また契約の段階で契約の審議をすることになります。そういうことを前提として継続費の上がったことについての変更については説明をさせていただきます。


 身の丈の合った事業にとか、そういう問題についてはお答えはできませんけれども、測量費については、ただいま計上しております年度別の費用についてはですね、私も潰れかけてる村を何とか助けようという思いでこの8年間やってきているんですから、無駄遣いはする気はありません。できる限り今、提案するまでに内部では慎重審議をしてどうしても必要なものということになってきましたから、提案をさせていただいております。


 事業費の変更については、今わかっている範囲内での想定内での金額を計上しておりますが、28年度の費用については、減るのか、ふえるのかということについては、また変更あるかもわかりませんし、ないかもわかりません。その時期にこないと最終的なことはわかってこないものもあります。ですから、これだけのことを5年間で仕事をしますよということを御理解いただきたいなというふうに思います。


 貯水槽の件については、後から担当課長から詳細な内容について説明をさせます。この内容については、この場所は防災の拠点と位置づけて、この認定を受けてます。


 ですから、そういう公共が必要な場所として全ての場所を公共事業として認定をいただいたいう経過から、貯水槽については除外することはできないいうことになっております。そういうことで、貯水槽については詳細については担当課長から説明をさせます。


 運営費2,200万については、これも地域おこし協力隊の分ですが、総務省の事業としてもう既に算入して入ってきている分でありますから、ここに2,200万上がってますけれども、これについては内容については、総務省からその分はきているいうことになって金額としてはプラスになりますけれども、財源としては総務省からきている。それについての説明については担当課長から、担当係から説明をさせますけれども、前からも説明していると思いますが、地域おこし協力隊というのが、そういう事業にのっとって交付税算入をされてくるものであるということで説明のとおりであります。


 そういうことで、橋本議員からは3つをいただきましたけども、測量費を減らせんのか、工事を何とかもうちょっと抑えられへんのかという問題については、概算で今考えられる金額を計上させていただきました。これの変更については、実施段階で入札へ、あるいはまた工夫等がこれからもされると思いますけれども、今は継続費の概算でございますので、減らすということにはなりません。ということでお答えをさせていただきます。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 休憩します。


             (休憩 10:47〜11:35)


○委員長(中嶋克司君)


 休憩前に続きまして、予算決算常任委員会を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 橋本議員の質問の内容と違うお答えをしたことは非常に不適切であったということで、おわびをしたいと思います。また、以後、誠意をもって御答弁をさせていただきたいと思っております。また、委員会がこのことによって中段いたしましたことは非常に申しわけなかったと反省をいたしております。以後こういうことのないようによろしくお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 橋本議員、再質問ありますか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 今、村長のほうから申しわけなかったということでありましたが、私が大変気にしておりましたことは、村長の思いと、私の思いとは違いがあったわけで、そのことについては村長は村長の思いでものをおっしゃるということについてはそれは当然だと思います。しかし、その中であんたが前任のときにもこういった事態が生じたときに、あんたは押し切っていったと、しかし、そのときを思い返してみても議会としては私の提案したことについて、賛成をいただいてですね、そして事業は高度情報ネットワークのことだったと思うんですけども、事態が進んでいったわけで、そういう点では私一人のやり方が問題であるという村長の思いはですね、わからんではありませんが、みずからも議会議員として手仲村長は方針についてお認めになられていたわけで、その点については私一人に対して責任を追及されるというのは私は問題であるというふうに思っております。


 それと、もう一つ気になりますのは、あんたはなというふうに感情をむき出しにしてお答えになっておられる、対応されているという点につきましては、これはやっぱり村民のために村政のあり方を議論をしている議場でですね、お互いの議員に対して気に入らないからという形で感情のままにものをおっしゃる、そういう場が以前にもたびたびありましたが、このことについては議会の品位をですね、傷つけるという観点で私は反省をしていただきたいというふうに思います。


 そういうふうに理解をいたしまして、村長の謝罪といいますか、答弁につきましては私自身は可といたします。


 それで、先ほど休憩後ですね、村長のほうから私の質問に対する答弁をいただきました。1つはですね、身の丈に合った予算にやっぱりしていくべきだという私の質問に対して、村長はこれについては答えられないというふうにおっしゃったわけなんですけども、私は村の財政が非常にやっぱり厳しい状況の中で、新たな追加予算というのは村民の期待にはそぐわないことになるというふうに考えております。そういう点で、なぜ村長がこれには答えられないのかですね、改めてお聞きをしたいなというふうに思います。


 それから、2点目はいわゆる道の駅を防災の拠点にするということで、貯水槽、耐震の貯水槽を設置する、これがメーンだというふうにおっしゃったわけなんですけども、たしか、きのういただいた資料の中にも事業認定書の中にもそのことが明記をされておりました。しかしながら、大災害が起こったときに新たに設備をつくらなくても私が言いましたのは、学校のプールの水、これをですね、浄化をする装置までつけて昨年でしたか、修繕費もですね、認めて、そしてプールの水を飲用水として活用することができると。震災が起こって村に水道水が届かな場所があればそこへ給水車で学校から運んで対応していくというふうなことができるわけで、確かにいい設備をつくればそれはそれでいいわけなんですけども、私は身の丈に合ったやり方でこういった出費については、差し控えていくべきだというふうに思っております。


 それからもう1点、後で課長に説明をさせるというふうにおっしゃった部分につきまして、課長の説明をお願いをしたいということです。


 以上、よろしくお願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 前段の件について、私も言いたいことあるんですがやめときます。


 身の丈に合ったというのは、これ、この道の駅ってそんなべらぼうにどえらいもんじゃなくて7億500万のときの計画をそのまんま遂行しているんであって、そんなに大きいとは思いません。今、丹波マーケスが建築費だけで27億円の建築なってます。うちは建築費だけですと4億ぐらいいかないようなもんになります。ですからちっこいもんです。見てもらってこれは村に大き過ぎるということにはなく、何でもうちょっとあんじょうしとかへんなんだと言われると私は思ってます。駐車場もおんなじするんやったらもっと広うとっとかなあかんのやないかって議員から言われると思います。


 直売所なりでも、やるからにはもっと大きかったらよかったということには必ず言われると私は思ってます。でも、これはそれ以上大きくできないということで私は仕方なく、私の考えは入っておりません。京都府なり、いろいろそういうとことの調整の中でこういうことが決まっているんですが、その事業をしようと思ったときにこれだけ、今の、これ当初計画したときは概算であります。面積わかってますけども、面積にそのときに建った前例のあるとこの平米単価でどれぐらいで建ったかというのを聞いてそれを積算したものが7億500万に入っております。ところが今現在、今の価格で積算をしたらこういう金額になってきましたよということで上がっているんで、何も内容をふやしたわけでも、充実したわけでも、高くしたわけでもない、当時の概算金額は根拠がわからなかった、その当時の根拠しかなかった、大き目に10億って言うといたらよかったんですが、そのときに、この最初のときに予算審議、継続費の審議の中でこの根拠は何やねんと言われたときの根拠の出し方は、そのときにある建物の単価でしか、積算できなかったいうことであります。


 ですから、3年たって今完成に向けて、今の価格で積算するとすればこういう金額になりますよという話でありますんで、この建築費なり、そういうことの増額については、特にふやしたわけじゃなしに実際、今の価格に当てはめるとこういう金額になったということで御理解をいただきたいな。


 身の丈に合ったり、合ったものにしたりと、あるいは防災の問題も学校にあるものを使こたらええやないかという話の御提案をいただいているんですが、学校は、あの施設は子供たちがいる間に災害が起きたときに子供たちがその飲み水なり、使用する水を利用でき、なおかつ住民にもできるという施設でありまして、内容は蛇口から水が出るような構造になってます。そういうタンクローリーに積むというようなそういうものは多分なってないと思います。


 ですから、ここで言うてる防災の拠点のとこの貯水槽というのは水道管をいきなりぽんと2メートルぐらいに膨らせて、絶えずそこは水が通ってる。ふだんはメンテナンス要りません。水はそこを絶えず通ってるんです。地震がいったときに自動的にぽつんと前と後ろがとまるような装置になってます。するとその中に1人3リットルの3,000人分の水がたまってますよと、こういう飲み水が、それの3日間の水がとまるという、容量が今の大きさになる。これは最低限こういう防災の拠点とし、そういうものにするときの最低基準であるというふうに聞いておりましてですね、これが外してということにはならないいうふうに思います。これはやっぱり許認可いただいた地域の防災の拠点であるいうことが認定の中に入っておりますんで、それをしようとすることによって、これだけのものは最低要るということで、最低限これぐらいのものはしなければならないというふうに思いますんですね。


 議員おっしゃるように学校から持ってきたらええじゃないかと言いますけれども、それはそれとして、そのときに使いますし、ここはそういう基準があってそれに合わせてやらなければならないいうふうになっているんで御理解をいただきたいな。


 それから、2,200万円の内容については担当のほうから答弁をさせます。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 運営に関する調査委託費の2,200万円の増額についての主な理由でございます。きのうの配付させていただいた資料にも書いておりますが、概要といたしましては商品開発、運営体制の検討に伴う費用及び運営スタッフの雇用、育成ということで運営方針といたしまして、きのうも議論がありましたが、村といたしましては第三セクター方式でいこうというふうな方針決定をしております。その中でそのスタッフが私を含めまして、まず運営の核をつくっていくということで、それぞれ商品開発なり、営業なり、情報発信なり、デザインなりと、そういう役割を持って今2年後のオープンに向けて進んでおります。


 そういった意味での地域おこし協力隊、総務省のメニューを使いまして特別交付金を充当する有利な事業を充てまして、運営の核づくりための人材育成なり、それに伴う活動費も特交措置でついてきておりますので、商品開発なり、そういう必要な事業について合計で2,200万の増額をしたというものでございます。


 それとですね、なぜ規模なりが変わってきたかという話でございますが、当初の基本計画、基本設計ではなくて、基本計画のときには平均的な施設を面積として提案、コンサルのほうから提案を受けてきました。その後、基本設計なりいろいろ住民の方々を交えながらのワークショップの中でどういったものを、例えば商品開発こういったものをしていく、レストランですと、そういう村の特産品の食べ方の提案をしていくと、そういうことをした中で例えばレストランの、ただ冷凍食品のうどんをさっさと湯がいて出すというよりも、やはり手をかけて厨房をつくろうと思うと一定の広さが必要となる。そういう意味を設計会社さん、専門家と調整しながら一定面積を確保していった、運用を想定しながらの面積ゾーン、主にバックヤードの部分、例えばそういう資材を置いたり、つくったものの保管したりとか、書庫とか、そういったところがなかなか裏表に見えてこない部分については漏れ落ちがちですので、そういったものをしっかり充実させたという意味での面積増でございます。


 そちらについては橋本議員のおっしゃるとおり、過大な内装とかそういったものをせずに必要最小限、裏方の部分については経費削減となるような検討を今しております。そういう意味でのものと、あと木造で当初考えておったんですが、1,000平米を超えますと耐火構造にしなければならない、それによって防火設備とか、そういった余分なスプリンクラー、消火栓とか、そういったものの屋外消火栓というようなものの設備がかなり必要となってきます。そういったことの投資効果を考えますと、耐火構造、そもそも鉄骨にしてしまったほうがそういったものが必要なくなるということもございまして、そういう具体的な費用検討はしてませんが方針といたしまして、そういう余分な設備をつけないということの考え方で鉄骨に変えたというような検討はしております。


 以上でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 タンクはまず外せないと、事業認定上できないということであったわけなんですけども、今の村長の説明では、給水が、給水っていうんですか、簡易水道の給水がとまってたくさんの村民に必要な水が供給できないと、1人3リットルだというふうなことがあったわけなんですけども、これについては村で備蓄用にですね、飲用水については乾パンとあわせて準備をするというふうなこと、これ当面のことで村民1人当たり何本が準備されているのかわかりませんが、そういったものもありですね、そして、学校のプールいっぱいの水というのは何十トンあるのかわかりませんけども、村民のしばらくの間の水というのはそれで供給できるわけで、何も児童が一気に飲んでしまう、あるいはトイレで使ってしまうというふうな、それに必要な、以上のですね、水がプールを通じて供給ができるというふうに思います。


 確かに、あればですね、村長がおっしゃるように耐震用だからできると、ぜいたく品というてしまうと語弊があるかもわかりませんが、過剰な準備ではないかなというふうに思います。


 そのほか課長のほうから説明がありました、この過剰ないわゆる設備をするんじゃないんだと、スペースについても新たに出てきたと、必要部分が出てきたということであるわけなんですけども、これなんかもむしろ営業が順調にいきかけてからですね、改めて考えていくというぐらいで、それまではそういった必要なスペースについても代用をしていくというふうな、全てを完璧100%に整えてスタートやと、よそはそうなっているのかわかりませんが、うちの村のような場合は、当初ワークショップが開かれた中でも立派な建物がなくたってテントでもかまへんと、こういうふうな声が参加者の中から出ているのを聞いたことがあります。そこまでいかなくてもですね、必要最小限で抑えて新たに生じてくる資材費の高騰等にも伴うですね、あれについては倹約ができるんではないかなというふうに思います。


 そういった点でもこれ以上削ることはできないんだと、村長の強い答弁がありましたが、私はそういった点では2億7,000万円と言われるような増額についてはですね、最小限に抑えていくというふうなことがあってこそ村民の理解が得られるんではないかというふうに思います。もし、お考え、私の考えがそれは違うぞということであれば答弁いただければ結構だと思います。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 私も貯水槽をつくること要らなかったら、つくらんとこというふうに思っておりました。でも、これはやっぱり必須条件であるということでございます。仕方なく入ってくるものでございましてですね、議員おっしゃるようにそれとあわせてできるんなら、それにこしたことないなと私も思います。


 ですから、この件については御理解をいただかんとしようないねんけども、決して橋本議員の考え方が間違っているとは思っておりません。それがそういうふうにできるんならそれが一番いいかなと私は思います。


 今回、27年度予算にはその辺まではまだ入っておりませんので、継続費ということで概算でここに、概算というかかなり精度の高い金額でありますけれども、いうのは事実であります。


 必要なことを後からつくったらええやないかという、それは一つの考え方、私も持ってまして、加工場とか、いろんな出てくる分については、これは2期工事、3期工事で後からつくっていかなきゃならんなというふうに思っております。


 ですから、ここに全部加工場は全部ちゃんとそろえてやるという問題ではありません。とりあえず厨房と一部ここでやらなければならないようなスイーツなんかのつくるとこはつくりますけれども、ジビエの解体場とか、あるいは漬物やあるいはそういうお菓子の工場とかいうのは、大きな工場的なもの、あるいはお茶の選別、こん包するような加工場というようなものはここには入っておりません。


 ですから、最低限のこの中で必要な分というふうにしておりますんでですね、議員のおっしゃるようにこれからいいメニューをつかまえて、その加工場なんかも一つ大きなものをつくっていかなければならんなというふうには思っています。これはまた歩きながらやっていったらいいと思います。


 1つは、基本的な考え方は丹波マーケスは27億円の建物、うちはそこまで総事業費が9億7,000万になりましたけど、ということで一応頭の中で整理をいただいたら大きさいうものも出てくるかな。


 それと、大まかにですが4割は補助金、残りは辺地債を使ってねですね、そのうちの2割の分を村が負担していくということでございますんで、何遍も言いますけども、小学校の建築したときの返済が毎年7億5,000万でうち返してきましたよね。予算に出てきましたよね、こんなときは仕事しよう思ってもできませんでしたけども、今それが半分以下に落ちてきてますんです、少しこれからは村が運営をやるようなそういうもんに使っていこうというふうに思ってます。


 また、辺地債もですね、辺地債のこれ見直しがありましたら、恐らく次の辺地債の見直しでは辺地債は使えないと思います。今101なんです、101なんですねポイント、これが100ポイント切れると辺地債使われなくなる。私は何でそういうことをやかましい言うかというと、これを見直したときには辺地債使えなくなるんですね。補助金の残り全部単費でせないかんということになります。そうならないうちに事業は停止しとかないかん。


 奥出雲の研修に議員さん行かれました、そのときも過疎債を使っていろいろ事業されているという話を、橋本議員でありましたかね、聞かせていただきました。今回も村としてはそういうものを辺地債を使ってこのときでないとできない。やっぱりやるからにはちゃんとしたものをしたいという思いと、私はもともとやるときは一遍やからええもんせいとは言いません、できる限り効率のいいもんで、節約できるもんは節約していきたい、そういうふうに思っておりますけれども、私はそんなにでかいものつくっているという認識はございませんので、最低限の道の駅、よそと比べてもらったらそんなに大きない、もっと大きいと思ったけど小さいなと言われると思います。大体、?谷議員あたしは専門家ですんでよくわかると思いますけども、3億、4億ぐらいのもんになりますんでね、トイレから全部入れて。そんな大きなもんをしているつもりはございませんので、御理解をいただきたいなというふうに思います。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 暫時休憩します。13時から再開します。


             (休憩 12:00〜13:01)


○委員長(中嶋克司君)


 休憩前に引き続き、会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 継続費、継続費補正の質疑から。


 「中村富士雄議員」


○3番(中村富士雄君)


 3番中村です。1つお尋ねいたします。


 用地取得でですね、資料で地権者が8名というふうになっておりますが、全てこれは売りといいますか、全部売っていただけるというような見通しなんでしょうか。それとも賃貸、もう私は売らないという人がいらっしゃるんでしょうか。その辺どうなんでしょう。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 以前から、計画段階でお話をさせていただいておりまして、村としましては買収を前提としてお話をさせていただいております。交渉につきましては今後具体的に入っていきますが、買収っていう形でのお考えも示しておりまして、事業には協力するということで一定御了解はいただいております。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 7番北です。先ほどの用地関係ですけれども、この図面でいきますと6,000幾らなんですよね、そしてこれ買収金額約6,000万ということになれば坪当たり単価が3万3,000円かな、そのぐらいになるんですが、実際、京都府もこの単価で買いにいっているということなんですが、これ本当に買いにいくんだろうかと、というのが鹿背山地区でね、今、道が川を横断したバイパスみたいなんができてますけれども、あそこの買収価格は京都府が3万8,000円で買いにはいっとるんですわ。かなり都に近いとこの単価と、ここら辺の単価とえらい高いんじゃないかなと思うんですけれども、それでよろしいんでしょうか。


 それと、2つ目ですけれども、先ほどからのね、耐震貯水槽設備、整備ということですけれども、これね、実際用途ですね、結局、それと規模、それと図面的なもんがあれば出していただきたい。


 私が考えますのには、実際、それ大層なものにしようと思ったら鉄筋コンクリートに地下式がいいんでしょうけれども、月ヶ瀬ニュータウンの一番てっぺんに立ってますわね、結局あれコンクリ製でしたらね、要するに最後は使いもんにならんのですわ。だから、FRPあたりで設計されたほうがいいんちゃうかなと、そこでちょっとそういうので構造の説明をしていただきたい。


 それとですね、先ほどからやれわあわあ言うてますけれども、第三セクター方式による株式会社設立として方針を決定されたということです。これ議会にも当然こういうのでやりますよという説明されたのかなというのと、私らがまた蒸し返すようですけれども、議会が反対するから誰も出資なり、投資をしないというような言い方をされたんですよね。そうすればね、今までそれで出資金というて3,000万を計上しました。はてその3,000万の根拠ですね、仮にどなたかが私がほんなら500万出しましょうという人が6人おればそれでなっていくもんですかね。株式として投資をされるのか、それともただの基金として第三セクターのそこに置いておくのか、ここら辺の使い道はどうなんやろうなというのと。


 その他の件でね、道路管理者整備範囲工事費として5,000万円のが予算化されております。はて、5,000万円の内訳というのは何をするのかなと思って、先ほどからも図面をにらんでおるんですけれども、どこへ5,000万を使うんかなと。道路整備あります、そこのとこちょっと4点ほどありますけれども、説明をしていただきたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 まず、単価ですが、隣で京都府の駐車場用地として購入する部分がございます。それにつきましても従来からの国道としての買収単価の、それに伴って地価調査等工事価格が不動産鑑定価格が今修正されてきておりますけれども、それをもとに京都府と調整して購入することとしております。京都府の単価もおおむね聞いておりますけれども、かけ離れた今のような鹿背山では3万何がしというお話をされましたけれども、村のここの土地では、この予算の範囲内で対応できる金額というふうに聞いております。


 第三セクターのことにつきましては、先日も青山議員の質問に対して村長がお話をされておりますけれども、根拠等につきましては、ほかの道の駅等の出資金を大体参考にしまして、運転資金、当面の運転資金として考えた場合、3,000万から5,000万ぐらい必要だろうという話の内部協議になりまして、できるだけ少なくということで3,000万という形で概算を上げさせていただいたような状況でございます。


 それと、道路管理者の5,000万の部分でございますが、この資料11、議案第1号資料のこの平面図、案のところをごらんいただきたいんですが、この管理区分線がちょっと折れた形で施設をまたいでおります。この線を、この表を見まして右側が京都府の管理区分となっておりまして、ここは情報施設、通常道の駅ですとそういう端末が置かれたりしている道路情報等、地域情報等を置く施設がありまして、その隣に道路休憩施設としてのトイレ、ここの部分の費用を積算しますと5,000万いう数字になります。ここの建物の部分の京都府管理分が5,000万の事業費として積算しておりますので、その部分を5,000万として計上させていただきました。


○委員長(中嶋克司君)


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 耐震貯水槽の設計業務と建設水道課のほうで行っておりますんで、私のほうから答弁をさせていただきたいと思います。


 まず、最初におわびを申し上げます。昨日、耐震貯水槽の関連の質問で容量はというふうな質問がございまして、当方のほうから60立米、60トンというふうなお答えをさせてもらっておりましたが、40トン、40立米の誤りでございます。申しわけございませんでした。


 まず、耐震貯水槽なんですけども、先ほど村長のほうからの答弁もございましたとおり、水道管に直径2メートルほどの管を、いうたら管がその部分だけ太くなっている、直径2メートルの14メートルほどの太い部分が水道管にできます。その部分で有事の際には遮断弁がおりて、その水を活用できるというふうな構造になります。


 まず、有事の際には防災の拠点というふうな位置づけもございます。有事の際には当初、当初と言いますか、想定をしておったのが阪神淡路大震災規模の地震を想定して設計に携わってもらっております。とりあえず有事の際は3日間、何としても住民の命をつないでいこうというふうな観点から先ほど村長の答弁ございましたとおり、人口3,200と想定しておるんですけども、1日3リットルを3日間何とか生き延びるだけの命を守るだけの飲料水を担保しようということで設計をしております。


 よく考えられるのが既存の防火水槽ですとか、大規模施設に屋根についてるような貯水槽というあんじゃなしに地下埋設の水道管がその部分だけ太くなっているというイメージで考えてもらったらいいのかないうふうに考えてございます。


 以上でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 北議員からの5,000万の件ですが、青いほうの図面見てもらったらわかると思いますが、青い絵の、色のついた図面で赤い線があります。その中にトイレと情報発信室の部分が赤線で仕切っております。この建築部分というのは村で建築を一体型でしますんで、その分、京都府の管理区分になる情報発信室とトイレは京都府が本来すべきところを村の建築と一緒の一体型の建築物にしていきますから、その分、村で建てた分の要は京都府から入ってくる。それが5,000万というその辺の話なっております。


○委員長(中嶋克司君)


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 御説明いただいたんですけれども、私が心配するのは道の駅のときにね、前の道の駅のときやなニュータウン前の谷、あのときにも変えますよという話でございました。けども約1軒の方がころんと寝返って結局できなかったという経緯がある。私はやはりこれね、こうやって単純計算すれば3万何ぼという、3万3,000ぐらいのがなってたらね、必ず誰かがまた変なことを言い出すから、これ単価、交渉まで入っておられるのでしゃあないけど、こうやってこれを決めてあったらあれやろけども、かなり慎重に公表すべきではないんだろうかなと私は思います。それしかまた買えるもんも買えんこと起こるよ。そこまで当然用心はしてはると思うけど、みんなよくって切りないさかいの。一生に一遍の商売と思うんで割とみんなきついこと言うかもしれさかい、重々気をつけていただきたいね。


 それと、先ほど言うたけど、浄化水槽やね、それもうわかったけど私が言うてるのは、図面と規模的なもん、口で言われてもなかなかささっさとかいうもん私の頭悪いからわからへんので、できたら見せてほしい。やはり一応プロでございますので、何とかね、というのが心配するのがね、月ヶ瀬ニュータウンの大きなとこにあるやろ、あれ潰すだけでもちょっといけませんであれ、あの中入ったらコンクリート製やったらな水死にますねん、腐りますねん。


 仮に、今、言われたけど40立米、約40トンが入るんだよというけども、それはね、高山ダムの渇水期になったら減らしますよ、冬の間はいっぱいにしときますよって、やっぱりいつまでも満水にしていかなんということでね、水の浄化をしていくということでどんどん使って補充していくというのが普通なんです。ところが定期式、そこへいっぱい入れとくということになれば水の、当然ぬかりはないと思うけども、しんどいときがありますよと。水みたいなもんは根腐りだしたら何ともしゃあない。というのがまず1点。


 それと、先ほど言うた出資金3,000万いうてね、私は心配するのは3,000万という値を指されました、けどもこれ何ぼでも上がってくる可能性あるんですよ。売り上げどんどんどんどん伸びひん場合はね、それでほんまに3,000万でいいんですかというお尋ねをしとるわけです。


 工事費、その他のとこでちょっとわかった、もう二、三点詰めた返事していただけますか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 耐震貯水槽については、担当から資料をコピーして出させますんで、御理解いただきたいと思いますが、要するに今鋳鉄管、今になってます。今、鋳鉄管でパイプは皆やってます。この鋳鉄管があるとこが50ミリできたやつが2メートルなります、それで15メートルいって今度また50ミリになります。だから、地下の水道管の中に入ってくる中にいきなりそういう大きなタンクが入っているというふうに、絶えず水は毎日そこ水が通ってこの水使っているという、入って出て入って出てしてます。


 震災が起きたときには自動弁がばっちゃととまってこの中の水は使えるというふうに、全部地下構造に。地下に埋設した鋳鉄管のいきなり太くなったもんが入っていると想像してもらったらいいというふうに。


 あと、要するに用地買収の件で、私も余り交渉に村長が入ったらぐあい悪いいうことですが、挨拶に全て回りました。全ての方は協力はすると、買収でいくということで単価はこれから交渉に入ることになってます。


 ですから、前の鉄踏んだらあきませんので、売らへんとか、貸すんやったらええとかいう話は全部売ってくださいという話になってます。あと、これから京都府と一緒に用地の買収に入って。


 出資金が限度額が3,000万と決めてますので、限度として決めてますので、とりあえず27年度のこの予算には500万だけ入ってます。あと、それは2,500万使うのか、2,000万でええのか、1,000万でええのかというのは、ここの進行後に限度額が3,000万というふうに継続費ですので、そういうふうに見積もってということで、この辺の御理解をいただきたいかなというふうに思います。


○委員長(中嶋克司君)


 次、質疑。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 2番?谷です。ちょっと細かな質問になるかもわかりませんので、その辺、お許しをいただきたいなと思います。


 まず、皆さん地方自治法の第2条第14号、皆さん御存じでしょうか。薄ら覚えでも知っておられる方。地方自治法第2条第14号、余りおられないようですけどもあります。第14号の中にはね、住民の福祉の増進のために地方自治法を進めなければならないと思って、最少の金額でもって最大の効果を果たせなければならないというような内容が入っておるんです。その辺の中で、私としては今までの経験上、余り事業に対して追加を出していくというのはタブーにしてきましたので、その辺の観点から質問を7点ほどさせていただきたいなとこのように思います。追加については懸念の立場でございますので、できるだけ丁寧に答弁をお願いしていきたいなとこのように思います。


 まず、昨日出していただきました用地費の関係で6,000万と書いてあります。先ほど北議員もおっしゃったんですけども、私2年前の8月でしたかな、担当者の方から値段の単価、土地の単価を話が出たときに公示価格に基づいて算出してくださいよというお話をさせていただきました。公示価格につきましてはこの3年間変動がございませんでした。それなのに今回、増額という数字が、ことが出てきましたので、これが不思議でなりません。その辺の経過、再度確認をというか、説明のほうをお願いしていきたいなとこのように思います。


 まして、土地の単価でございますが、不動産関係という形になればやはり単価は上がっていくのが当然のことでございます。やはり公示価格からいわゆる路線価そこから単価を出していって、国道に近づいてる土地、また奥の土地、3メートルしか接していない土地、それぞれに単価のというか、土地の価格は異なってくると思いますもので、その辺を慎重に吟味して実施のほうをしていただきたいな、このように思いますので、その辺の土地の公示価格等の変化について説明をお願いしていきたいなと思います。


 2点目について、物件移転補償費という形で上がっております。これにつきましてはやはり損失補償という積算でやっていただきたいなとこのように思います。なぜかといいますと移転するものじゃなしに私の思うところ1軒については、もう住んでもおられないと、昔の商売をなされてた家屋でございますので、損失補償だけでいいんじゃないかなとこのように思います。これが1点目。ごめんなさい、土地の値段と補償の関係、補償の関係はそのとおりやっていただいたらいいですので、答弁は結構でございます。


 3点目のほうですけども、耐震の貯水槽、北議員さんが質問されまして、一応の概要はわかりましたんですけども、それならば14トンの水、容量はわかったんですねんけども、じゃ1日道の駅で使われる水量ですね、何トンほど計画されているんか。といいますのは14トンの水が1日1トンや2トンの水では到底回りませんので、3日も4日も台風になってきますとやはり塩素滅菌とかそういった消毒の施設が心配であります。緊急時の場合はわかったんですけども、日常道の駅で使われる水量等を比較した場合、またそれが影響しないのかどうか、用水路施設として、その辺を答弁をお願いしたいなと思います。


 4点目、出資金の関係ですけども3,000万、これはやはり提案されるのはやはり第三セクターの定款なりができたときに、この内容でさせていただきたいといったようにやはりあわせて予算要求といいますか、予算の提案を議会のほうにしてほしかったなとこのように思います。


 ですから、今、3,000万のことで27年度の予算を500万計上されておりますが、やはりこの出資の定款、早急につくっていただいてひな形でも、提案をというか、提示を願いたいなとこのように思います。やはり、まだ完全に詰まってないと解釈しますんで、やはり今回は案としてお示しをされて、やはり金額まで提示をされなかったほうがよかったんじゃないかなと私自身はこのように思ったわけです。


 次に、5点目、備品購入費、什器等ということで、補助対象外ということが上がっておりますが、やはりこれは100%補助対象となるような計画を持っていただきたいなとこのように思います。例えば国交省なり、農林水産省、直轄で事業をする場合は100%国費の中で事業は遂行しなければなりません。国庫補助金の単費なんて直轄としてはあり得ませんので、その辺、単費の支出がないように極限の努力をお願いしたいなとこのように思います。


 次に、財政関係で答弁お願いしたいですねんけども、今、単独のほう、単費のほう1億円ほどの資材の支出を考えておられます。京都府下で申しますと、南山城村の1人当たり地方債は、下から3番目でございます。伊根町、京丹波町、そして次に南山城村でございます。


 今、1億円の単費を加算すれば恐らく下から2番目ぐらいになってくるんじゃないかなと、このように思っております。あとの2つの2町、京丹波町、伊根町等は公共下水道等が整備できておりますので、借金のほうはふえているのは現実であるかなと思うんですけども、村の場合は公共下水道も入ってないにもかかわらず借金については1人当たり下から2番目、これをどのようにクリアしていくのか、その辺を考え方を示していただきたいなとこのように思います。


 そして、昨年9月に私のほうお願いしまして、地方債の年間の償還表、財政課のほうで出していただきました。これでいくと現在で2,800人余りで、国勢調査で基づいていくと2,800人余りですけれども、これが2億6,000万のやつがさらに償還額が2,000万ぐらいふえていきます。10年後は二千二、三百人ぐらいかなと思います。その中でこの起債が本当に返せていくのかどうか、その辺、自信おありでしょうけども、その辺をしっかりと財政課長のほうでお示しをしていただきたいと、このように思います。


 そして、もう一つ戻りますけれども、その1億円、今後、創生ですね、そちらのほうで手だてをされようとしているのか、それとも基金等を取り崩して資本金等に充当していくのか、その辺の考え方についてもお示しをしていただきたいとこのように思います。


 さらには、今後24年の4月に道の駅で計画表でお示しをいただいておりますが、年間1,700万余りのお金を今後道の駅に充当していって、運営を進めていくと、このようになっておりますが、この辺の予算といいますか、歳入の予算、そういったものの見込み等についてもお示しを願いたいとこのように思います。


 それと、最後に議会と村長のほうで一定お約束をさせていただいて養豚場の臭気のほうはそれまでに一定の理解を図るというか、なくするという話がございました。その辺の中で我々の議会のほうでも一定この場に落ちついてきた経過はあると思います、この辺の整理、今現在どのようにまで進んでいって見通しがあるのかないのか、その辺についてこれは村長のほうからお示しをいただきたい。このように思います。


 何点か申し上げまして恐縮ですが、答弁のほうお願いしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 用地費の経過でございますが、?谷議員が御指摘いただいたとおりでございまして、地価公示地点については、村のほう地価調査しかございませんので、そこから今のポイントを算出して、今おっしゃったような形で3メートル入り組んだらとか、そういうふうな形での価格設定になろうかと思いますいうか、そういうふうになると思いますので、何でそうも言ってながら今回の補正に至ったかという経過でございますが、私どもの村として国道周辺でそういった事例が今までない、建設水道課とも調整させていただきましたが、当時の根拠といたしましては村の用地買収単価というものとしての設定がございましたので、それで予算計上させていただいて京都府との兼ね合いもございまして、調整させていただいた結果、ここの部分について京都府の単価に準じた地価調査という形の導入で価格平均額設定をしておりますので、物件移転補償につきましては、おっしゃっていただいたとおりでございます。


 備品購入費でございますが、これも?谷議員が御指摘いただいたように農林水産省、そして国土交通省と、さまざまな省庁の補助制度もございます。先日もちょっと相談、農政局のほうと相談をお願いに行っているわけですけれども、お電話でお願いさせていただいたんですけど、まだ、事業費のほうが具体化にならないので、具体的になった時点で補助金の御相談に上がるということで、ちょっとお願いをしております。


 そういう形で有利な補助金なり、交付金を充当することにつきましては私どもも努力してやっていきますので、よろしくお願いいたします。


 定款につきましても、今いろいろ資料を収集とか、そういったことを進めておりますので、株式会社の設立が夏以降という話をさせていただきましたが、それまでに一定整い次第、またお示しさせていただいて、たたき台としてつくらさせていただいて議論いただきたいというふうに思います。


○委員長(中嶋克司君)


 何点か、まだありましたよ。道の駅の水量などもありました。


○産業生活課主幹(森本健次君)


 水量につきましても設計した資料、ちょっと今手持ちがございませんので、また後ほど提出させていただいてよろしいでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 補足です。30トンの水がね、40トンの水がね、たまってるのはようわかっているんですけども、それで何日で水を、道の駅で使うんやということを言うてるんですよ。


○委員長(中嶋克司君)


 ちょっと待ってください。整理します。


 膨れた部分が遮断されて、その間の水量が40トンあるという説明ですね、これをお一人1日3リットルずつ使っていって3日間の分があるんですけども、何日塩素消毒が有効であるかという、そういうことですね。


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 常時水は流れている状態ですので、特にはそして、普通の水道管と同じく地下埋葬ですので、3日間は大丈夫というふうなことでの設定をさせてもらっております。


○2番(?谷契次君)


 緊急のときは3日間1,000人いけんねんな、道の駅で1日10トンくらいしか使わへんだら4日間水滞留してしまうやんな。


○建設水道課長(辰巳 均君)


 毎日動いてます。中の水は。管が太なってるだけのことですんで水は毎日動いてます、その中。


○2番(?谷契次君)


 だから、塩素の滅菌、大丈夫かと、今聞いたわけです。


○建設水道課長(辰巳 均君)


 ですから、大丈夫です。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 養豚のことを聞かれておりますが、何とかしたいという思いで何度もお会いしておりますし、昨日、一昨日、議長も率直に提案をしてもういいかげんにおまえらしとけというような言い方をして、言ってくれてましたけれども、彼はかなり、お茶の同業者からそういう話があるようやけど、負けたらあかんと、おまえ頑張れと、若い同じような年代がまたけしかけて何人もがけしかけているようであります。村がそんなふうに言うてきても、それに乗ったらあかんということを大分言うてるみたいです。それは本人が言うんじゃなくて第三者のそこにおった人が大分そういうことをしとったという話を聞きました。


 また、この選挙前もありまして、選挙と影響があるんかないのかわかりませんけれども、村が一定の金額出してあれをやめらすこと決まったんかという調査をしている人がおります。おかしいな、何を言うんかなというふうに思いまして、ちょっと弁護士のほうに相談をいたしました。弁護士も対価以上のものを出してやめさせるということになれば住民訴訟をしたら負けますよ。村長は、対価を責任もって弁償する自信があんのやったらやったらええという話になります。


 ですから、なかなか今、私が交渉している中では、まだ金額までいってませんけども、村がニュータウンで一人も子供が生まれへんようになったような状況、あるいは村が将来潰れると言われている、それは何でかというと、やっぱり若い人らが住んでこないというのが現状であるいうようなこと、あるいはまたニュータウンで最近若い人らの入居がないということの現状を本人にもズバッと言ってます。


 私は、何でおまえと話、おまえって言うたら悪いですけど、彼と話をするかというたら村の存亡にかかってるんやと、あんたも自分の経営の存亡のかかってるかもしれへんけども、私も村の存亡にかかってる代表として話をしたいということで、話をさせていただいております。俺にやめろいうんかというとこまで相手は言います。やめよとは言わんけど、やめてくれるんならそれなりの方法があるじゃない。やめんでも別のとこへ行くという方法もあるでしょうが、何かいい方法を村からこういけとは言わへんけど、あんたとして一番したいこと一遍出してくれと、あんたのこれやというもんを出してくださいという話を今してます。


 ですから、それはまだ彼のほうからは、こうということは出てきてないのが現状であります。絶えず会うたびにその話を今してまして、村が一大事になってるで、あんたとこも一大事かもしれんけども、村も一大事やねん。一方では、あんたとこの産業振興、地場産業としてのそれは私は評価してる。しかし、においというものはな、あったらにおいするやんかと、本人も施設あるい以上はにおいすると、においあかんというのやったら施設をやめなしゃあないという、本人もそういう認識を持ってます。でも、今はやめられへんと言ってます。


 そこら辺で言ったように何ぼ、どうしたらええねやんと話をしようよというねんけども、なかなかがそれが答えが出てきてないんで、私も最近ちょっと村のほうにそういうよろしからん、議会の皆さんに私はないしょでしてほしいということをお願いして交渉行ってるということをないしょにしていただいていると思うんですが、一般のとこに伝わっているようです。一般の人がそんな高い値段であいつ抑えたんかというような話があるんで、そういうことはできてないよという答えを返しているんですが、非常に微妙な話に今なってまして、何とか、私の任期中には何とかめどをつけたいということで、時間あるたんびにはアポをとって交渉をいたしておるような現状でございます。ですから、まだどうやねんって言われても答えは出てません。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 道の駅関連の財政に関する御質問でございまして、それについてお答えをさせていただきます。


 まず、一般財源のふえる分で1億147万円になるということでございまして、その分、ふえた分をどう対応するのかという部分でございますが、これにつきましてはまだ今、確定をしておりませんが、地方創生の交付金の事業が平成27年に戦略を立てて、それで交付されるということになっておりますので、極力、この単費分についてはそれを充てるべく努力をしていきたいというふうに考えております。


 それと、起債でございますが、小学校の建設費がどんどん償還が終わりつつございまして、年々減るという状況でございます。返済等がふえてまいりますが、それに対しましてある程度、前もっての繰り上げ償還及びこの補正予算の中でも3,000万の減債基金等を積んで対応していく予定でおりまして、今のところ極力ほかの事業もございますので、なるべくその基金なり、基金の取り崩し等がないように努めてまいりたいとは思っておりますが、もしどうしても必要な場合は減債基金の取り崩し等で対応したいというふうに考えております。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 4番目の出資金、第三セクターの話ですが、これは継続費ですんでこんだけの分は使うよという枠取りをしてます。議員よう知ってはると思いますが、今度、当初予算に5,500万だけ今、計上しておりますので、それを具体的にこの計上したものを実際に使うというときには、どういう会社をつくって、とりあえずその会社をつくるという提案をさせていただきたいなと。


 きょうは、継続費ですんでその辺までは準備しておりません。今度、当初予算が今度実際に動くとき、この当初予算で認めて今度事業が実施して金出すというときにこれはちゃんと説明をしてやらせてもらいたいなと。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 整理をさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。


 森本室長から答えられたのに、そこからお聞かせさせていただきます。補助対象外什器備品等備品購入費予算908万6,000円という数字ありますわね。これがね、有利な補助金をもらいにいくのは当然当たり前の話なんですよ。僕が言いたいのは、国の直轄事業でする場合やったら100%備品そろえていかんなんですねん、100%消耗品まで、その努力をしてほしいから私先ほど質問したんですよ。


 例えば5,000円いっとるか何か知らんが備品で登録する、その5,000円以下については消耗品で購入する。そういう努力がしていければな、九百何万ってあるけど50万ぐらいか、100万ぐらいか抑えようと思ったら抑えられるでしょうが、そのことを言うてるんですよ。だから、考え方が甘いんじゃないか。直轄で建設費の工事しますやろ、例えばダムでも通じますやろ、100%国庫補助でやってしまわんなんですね。職員の方のコーヒー飲むドリンクまで全部使こてしまわんなんねんや。だから、備品になるようなもん全部この時に買ってしまえやと、買っていただきたいと、そういう努力をしてほしいということで補助金をとっていってほしいというんじゃなしに、この努力をしてほしいということで、先ほどお願いしましたんでちょっと答えが違ってますので、再度答弁のほうをお願いします。


 それとね、財政課長のほうでお願いしたいのはね、ちょっととめてもろてええ。


○委員長(中嶋克司君)


 休憩ですか。


○2番(?谷契次君)


 説明します。


○委員長(中嶋克司君)


 説明してください。


○2番(?谷契次君)


 とめてください。全部がね、道の駅に欲しいもんやから、補助対象に入れて事業を執行してくださいよということを言ってるんです。意味わかります。落とされのないようにね。


 水道の関係についてわかりました。出資金のほうについてもわかりました。できるだけね、創生の事業の中でね、取り組んでもらって、いうたら言い方悪いけども戻ってこないお金かわかりませんけども、僕は出資金で計上されてますのよく知ってます、27年度、出捐金ぐらいで出したらいいんじゃないかということを財政課長にお話させていただいたんですけど、できるだけね、この基金を下回らないと、そうすれば住民の方かってやはり理解してもらえないかなとそういう意味を言いたかったんです。


 そしたら、その辺をもうちょっとしっかりと手をつけませんと、創生のお金を使いますというぐらいはやっぱりちょっとしっかりと言うていただきたいなというふうに思いますね。


 それと、公債費が年々減っていくやろということですけども、一度シミュレーションを出していただいて安心してるとか、安心ができる、人口が減ってきますもんでね、今の2,800人じゃないしに、2,200人の中で本当に償還ができるんだろうかどうか、まして1,700万ほど毎年経営には追加出していきますんで、村の財政は、そんなに緩みませんよとそういった答えだと財政の方からもらえるんじゃないかなということも期待したんですけど、ちょっと弱かったなというふうに思いますので、その辺、補足のほうをお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 答弁が弱かったということでございますんでですが、今?谷議員、今質問いろいろ聞いていただいて本当にありがたいんですが、これは要するに継続費の枠取りの話ですんでね、あと、これが実施していく中では、それは当然財政とも相談し、いろいろ担当だけに任すんやなしにやってますから、最後できたときにはこれよりは別のもんに変わってます。


 でも、今、言うてる地域創生で出資金までということになると形を変えないとね、出資金はあかんということで変えてますんで、出資金じゃない形で出る方法は、今財政なり、いろんなとこで検討してはりますんで、答弁がまだ答えが出てないからはっきりした答弁言えないということで御理解いただきたいなと、そういう努力はしてますんで、議員おっしゃるようにきっちりと結果が出るようにしていきたいというふうに思っています。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 備品購入につきましては、御指摘いただいたとおり鋭意努力させていただきますのでよろしくお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 先ほど、わし買収のことですけども、坪あたり3万2,300円で買うねんなという話しました。これ計算間違いで、実は九千何ぼあればね、5万2,541円で買収することできる。これ数字間違てませんやろ。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 補償もありますし、この予算全部使こて買いますよじゃなしに、これは要するに枠取りですんでね、何遍も言いますけども、この範囲内でやりますよということで予算化というんか、継続費で上げてますんで、これから交渉というやつをやらんなんので、交渉はどうしていくかというのは、村こんだけ予算ありますんで、こんだけで売ってくださいなんてそんな交渉の仕方ありませんので、それは半分でおさまるのか、8割かかるのか、9割かかるのかわかりませんけども、これから交渉してそういうものを必要なものはやっていくということでございますんで、補償も含めて9,000万ほど見ているというふうに思います。ちょっとその辺、御理解いただきたいなと。


○委員長(中嶋克司君)


 継続費関係、よろしいですか。


 さっきの貯水槽のほうでちょっと私のからお伺いしたいんですけども、配管系が若干太くなっているところがあって、そこを遮断するというふうにおっしゃいました。通常は、例えば今山配水池からの水圧でもってそこを通過してダイレクトに道の駅の施設に給水しているのか、それとも通常でも高置水槽を配置して、一旦入れて水頭圧でもって給水する予定かというのと。


 前後の遮断があったとすれば、そこは水圧がないわけですから、そこから高置水槽なりくみ上げて給水する仕組みが必要だと、当然電気が来ていなければ発電機は当然必要だと思います。先ほど、1人あたり3リットルというふうに3日間の使用に耐え得るというふうにおっしゃいましたが、例えばトイレを使った場合ね、恐らく1回あたり5リットルや10リットルぐらいは要るのかなというふうに思います。それでいくとちょっと3日間というのはかなり難しいんじゃないかなと、3点ほどお伺いしますがどうですか。


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 まず、耐震貯水槽へはいわゆる水道管が太くなったというふうな考え方ですんで、絶えずそこは水は通っております。


 有事の際にはですね、遮断面がおりてそこだけ閉鎖されますので、いわゆるポンプでポンプアップして水を上げるというふうな形になります。別のポンプを備えた設計になっておりますので。


 もう1つ、トイレの想定なんですけども、トイレは想定をしておりません。飲料水だけをキープするという考え方でございます。とりあえず72時間何とか命をつなぐというだけの考え方でございますんで、トイレは想定しておりません。


○委員長(中嶋克司君)


 1点漏れてました、通常でも高置水槽に水頭圧でもって給水しているんですか。今山配水池からの。


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 そういうことになります。


○委員長(中嶋克司君)


 理解しました。


 ほかに。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 それでは、繰越明許費で質疑ありますか。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 26年度にできないものについては、やむを得ず繰り越しという作業になってくるわけでございますが、予定してた補助金がおりてこなくて、翌年度に繰り越し、農林債、公共債あるわけですが、この全事業、9件あるんですか、完成見込み、財政課長お手持ちかなというふうに思いますけれども、いつぐらいにこの事業が全て工事ですね、終わる予定とされているのか、全体で1億4,000万近くありますので、お示しをいただきたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 繰越明許費でございます。全部で9件ございます。まず、一つ一つお話をさせていただきたいというふうに、説明をさせていただきたいと思います。


 事業名で地方創生先行型事業、それと、その次の地域消費・喚起生活支援型事業につきましては、これにつきましては住民生活緊急支援事業ということで今年度補正予算をして来年度に使うということになっておりますので、年度いっぱいをかけて執行をいたします。


 それと次世代自動車充電インフラ整備促進事業につきましては、6月末までに実施、それと魅力ある村づくり事業の3,500万円につきましては、用地関係は8月ごろをめどに、8月を期限に、それと設計については6月から7月にかけてが終了の予定となっております。


 続きまして、防災安全社会資本整備総合交付金事業の橋梁でございます。これにつきましては取水工事でございまして、平成27年度の事業と並行して同時に実施することとなりますので、来年の2月ごろが最終となります。


 河川改良費、これはしゅんせつ工事中谷川のしゅんせつ工事でございますが、これにつきましては6月末、農林水産業施設災害復旧費の補助分につきましては7月末、それと公共土木施設災害復旧事業費の単独分と補助分、両方ともでございますが6月末が終了予定というふうになっております。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 第4表、債務負担行為について。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 この中で、上から4番目でございます。4番目、ツカリ川、もう春ですので工事のほうは終わってるんかなというふうに思ってたんですけども、債務負担行為で27年度、28年度にかけてやるということで、再度仕切り直しかなというふうに思っておりまして、その中で実際この工事本当に有益な事業になっているのかどうか、ちょっと私のほうどうしても疑問が生じるわけであります。


 例えば補助事業等で、圃場整備ですね、圃場整備等であればもう少しよい工事もできるんじゃないかなと、例えば窪地があるように聞いておりますが、窪地のほうには盛り土をして将来的には畑作もできる、道路のほうももう少し整備もできる、水道のほうもさらにまた整備できる、といいますのは農林省の工事ですので、水道の断面もそんなに多くとれるはずもありませんし、河川であればもう少し余裕のある断面もできるし、工事が終わって5年に一度、7年に一度また溢水するようでは、またそれもまた住民の人からおしかりを受けるような状態もまた生じる可能性だってあります。


 その辺の中で再度、圃場整備等でもっと経費を安くして将来的にもわたって、完全な整備ができるとか、そういったことを再度検討してみたらどうかなということも私思ったんです。この債務負担行為で出てきたときに。その辺、担当の課長のほうで、もう、一度決めたことやからこのままずっとやるんか、それとも、もう債務負担行為で流してるから、流したから、再度もう一度実施について、もう一度検討しようと思っておられるのか、その辺の考え方をお示しをしていただきたいなとこのように思います。


 それと、2点目になるわけですねんけれども、29ページのところで全額1億359万4,000円と記載されております。ところが債務負担行為で計上されていますのは7,993万円と、そして2,366万4,000円の差があります。その辺の差はどのように整理されたものか、その点の2点について答弁のほうをお願いしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 ツカリ川につきましては、現在、議員のほうから御提案いただきましたけれども、当初から計画しております水路の改修を年度を変えて進めることといたしております。圃場整備というのが一定これは新農構のときですか、田面等水路を一体的に整備したところでございますので、一定圃場整備は終わっていると理解しておりますし、今回、老朽化、傷んだその水路を、水路、いわゆる線事業でやらせていただくということでございますので、御理解のほうよろしくお願いいたします。


 そして、予算の中での差額でございますが、これについては、この事業、ツカリ川とバチギの分を含んでおりますので、その差額でこの1億と7,900万何がしのこの差額二千何万は、そのバチギの分が減額になっている分もございます。


 それでございますので、よろしくお願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 2点目の、理解できましたので結構です。


 一度、圃場事業でやっとってもね、単独で圃場整備やっていっても値段が安く、効率よくできるんじゃないかなという思いが実は僕の頭をよぎったんですわ、1億円もやってね、1億で380メートルでしたかね、村の単費で圃場整備していったところがさらにまだ安く、堅実なもんができるかなというふうに思いましたので、一度その単費、まだ余裕もあるわけですのでね、一度単独の圃場整備を課長一人の頭の中で、大体事業費できると思いますので、一度検討されてはどうかなというふうに思うんです。農林省の水路断面ですと1割ほどの余裕しかとれませんし、河川であれば3割のほどの余裕水準もできますしね、この部分の380メートルだけ整備していったら水深が、水の流れが速くなってまた下流のほうでまた越流するということで、また影響も出てきますもので、その辺、さらに検討をしていっていただきたいなということで質問させていただきました。ちょっと答えがありましたらお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 この事業、26年度で予算提案をして、お認めをいただきまして事業を始めてやりかけました。一部やったんですが、国のほうの補助金が出す補助金なくなって来年回しにしてくれという話になりまして、来年27年度に予算乗せてます。事業を見直せっていいましても、それはもうちゃんと国のほうにもう承認もらって事業進んでいる事業で、100メートル余り道路をつくってきたんですね。事業はもう入っているんですが、そういう事情で補助金の都合で来年回しということになって、再度この繰越明許でことしの分は来年に繰り越しますよという話になってきてます。


 そういうことですんで、一定これも補助金をもらってやっている事業でございまして、本来、今まではそういう補助金なかったんです。やっぱり強靭化というような問題からこういうのに補助金つきまして、それをやっております。


 ですから、今、変えるということよりも単費、減額単費でということになります。その単費でいくと、補助金のほうでやるのというたら単費はやっぱり先ほどの審議では単費を使わんとという話でございますんで、できるだけ単費を使わないように補助を使ってやりたいというふうに思っています。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 村長の意見は、違ったんですけどね、単独の圃場整備のほうが値段安くできるんじゃないかなという思いがしたもので、話をさせていただきました。単費で全部やれと、1億円の工事を380万円でやれとは言ってません。補助金もらってするよりも単独で圃場整備したほうが安くできるかなと、圃場整備でしたら1ヘクタール1,000万とかぐらいのオーダーでできますのでね、このほうが値段安くできるんじゃないかなということを思いましたんで、できてないということで想定のもとでお話させていただきました。単費を使えということは言うてません。単独のほうが安くできるんじゃないかなということを言いました。


 圃場整備については、道路も河川も全部整備できますやんか、そのことをお話せていただきました。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 先ほどの質問と同じなんですけれども、当初この農業基盤整備促進事業のツカリ川の水路については、議会には単年度26年度に実施するということで認められている経過もあるわけですけれども、実施できなかったのは国の補助金、補助に26年度該当しなかったから事業がとまったのかどうかというのがまず1点と、それが当初の予定では、もっと額大きかったと思うんですが、26年度に実施した分ですね、金額と工事の内容ちょっと説明お願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 済みません。26年度の予算につきましては320万円でツカリ川を施工するということで、ついこの間ですが、地区外の仮設進入道路が完成いたしましたところでございます。当初の協議額が、済みません、ちょっと控えたつもりが見当たらなくて申しわけないですけども290万ぐらいの落札であったというふうに記憶しております。それで、進入路の拡幅でございますけれども、アスファルト舗装とコンクリート舗装で道路をつけさせていただいたという状況でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 今のお話でしたら、最初から単年度ではなくて数年度でやるってそういう事業だったんでしょうか。私たち議員は現地見に行ったときに1年でこんなんできるわけないよねという議論もして返ってきた経過もあるんですが、そういう点では数年でやるようなそういう事業内容の計画だったんでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 当初から25年度で測量、設計業務、そして26年度で工事を発注しまして一部27年度に繰り越しするかもしれないと、これが当初の計画でございました。それが、25年度で測量を行い26年度で一部施工と地区外の施工となったわけでございます。


 今後、考えてますのは27年度で大方できるだろうということなんですけれども、現在、府と協議しておりますのは27、28にかけて事業費も予算が確保できるかちょっとまだ流動的でございますので、本体の水路工事については27、28年で実施をする予定で今計画をしているところでございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 課長に確認ですが、今答弁いただいてますように25年度に測量等準備して、大方26年度で工事を終了して、一部の残るかもわからないけれども大方の工事は26年にもう終わるというような議会にはそういう説明があったというふうに私は理解してますし、議員も現地一緒に行ったときも1年間でこんなんできるんだろうかいう議論も随分その場所でいたしましたので、そのことをお聞きしているんです。


 だから、やり始めようと思ったけれども、国の補助金がなかなか認められなかったので、事業がとまってしまったであるとか、何か理由があると思うんですいったら。当初の予定では大方26年でやる予定だったんですからね、それができなかったわけなので、そのことをお聞きしているので、それやったら当初の25年度の分の測量もいうたら財源がなかったのか何かわからないけども、年度内にできなかったであるとか、その結果、27年の本体の工事もおくれたとか、その辺のことどうなんですか。国の補助金の策定が測量とこの本体とね、認められなかったとか、何か理由があると思うんです。説明してください。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 済みません、そのお話は村長が説明されたとおりでございまして、国の予算配分の変更、これが大きな原因でございます。26年度でやるべく、25といいますのは予算的には24の繰り越し事業でやった分です。25年度内にその業務は終わり、26年度に工事を行うという当初の計画でございましたけれども、思わないその国の補助金が分割されてついてくるような格好になったということで、工事もそれに応じて26、27、28にかけて行うということがこの夏ぐらいに、26年、昨年ですね、夏にその辺の事業の配分を京都府と、京都府通じて国と協議をしてまいったところです。どうぞ御理解ください。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 債務負担行為でほかに。


 私のほうから。ツカリ川で私からお伺いしますけど、27年、28年について国の有利な補助金というのを見込めるものなんですか。今回、一旦予算配分が変わったということですけども、仮に有利な補助金が、たしか55%と5%であったと思いますけども、それがなくなると、出ないとした場合はどのようにされるんですか。


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 済みません、この件につきましては京都府と十分詰めて協議をした経過がありまして、要望も上げております。今のところはそれがなくなるということは考えられないというふうに思いますが、その予算の付きによって事業を進めていくということになろうかと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 ほか、よろしいですか。


 そしたら、次のページの地方債補正について質疑ありますか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 ないですか。


 そしたら、その他最終ページ、補正予算給与費明細書についていかがですか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに、質疑ありませんか。ほかの質疑ね、どうぞ。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 全般にわたってということでよろしいですか。


○委員長(中嶋克司君)


 はい、認めます。最終的にも認めますが。


○2番(?谷契次君)


 今回、7度の補正出てるわけでございますが、かなり公正されているとこのように思っております。その辺の中で23年度の決算では8,900万余り、24年度決算では5,900万、そして25年度決算では1億900万余りのお金が不用額となって決算書には出ておりました。途中の若干の不用額は、これはやむを得ないものかなとこのように思っております。保健衛生の関係のレセプト等はやはり一月や二月ほどおくれてまいりますもので、やはり数字は動くものかなというふうに思うんですけども、この辺、今回の7号補正ではほとんどその辺をシビアにといいますか、つかんでおられるのかどうか、その辺を財政課のほうで、課長のほうでお示しをしていただきたいなとこのように思います。


 もう1点は、一番最後の予備費になるわけですけれども、昨年度は第9号の補正までされまして、予備費は120万あったと、120万であるということで給与補正のほうで専決処分されました。ところが決算書におきましては25年度決算では1万3,000円しか予備費が残っておりませんでした。ですから、3月31日付で専決処分で120万あるとしながら決算書では1万3,000円しか残っておりませんでした。


 といいますのは、4月1日から9月までの間に120万円ほどのお金が議会の議決を得ずに届いたということになってしまいます。今回はそのようなことがないようにしていただきたいと思いますし、その辺、課長のほうから、財政課長のほうからお示しをしていただきたいなと、このように思います。


 以上、2点。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 まず、この補正第7号につきましては、2月の初旬に作成されたものでございますので、まだしっかり精査ができてない分があるかと思われます。そういった意味からまた昨年と同様3月末での補正予算のほうを、その辺についてはきっちり精査した格好でそうさせていただきたいというふうに思っております。


 それと、予備費の関係でございます。そちらにつきましても同様にしっかり対応していきたいというふうに考えます。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに質疑。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認めます。


 これで、一般会計補正予算(第7号)の質疑を終わります。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 ただいまより暫時休憩します。


             (休憩 14:15〜14:38)


○委員長(中嶋克司君)


 休憩前に引き続き、会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 皆さんにお諮りしたいと思います。


 ただいま26年度一般会計補正予算が終わりました。このまま特別会計関連の補正予算まで質疑を続けて、その最後に討論、採決を各議案ごとにやりたいと、やる方法が1つ。ただいまこの時点で一般会計補正予算について討論、採決行う方法。そして、3つ目は、続いて26年度補正予算の特別会計の質疑を終え、さらに27年度当初予算の一般会計及び特別会計の質疑を終えた後に補正予算及び当初予算の質疑から始めて、当初予算も質疑で終わるというこの数種類、3種類の方法が考えられますが、どうでしょうか。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 3種類のうちもちょっと難しいと思いますけど、そのほかに一応ね、きょうはこんなこともありましたんで、一応26年度補正予算も踏まえましてね、やっぱりちょっともうちょっと勉強して、27年度の予算にね、27年度のとこまで説明してもろたらどうですか。


 採決については、あしたね、やってもろたらいいと思います、私はね。私の意見として、やってもろたらええと思います、私の意見として。


○委員長(中嶋克司君)


 ちょっと待って、説明と今おっしゃったんですけども質疑ですね。


 質疑を全て補正予算あるいは当初予算も全部やってから、補正から討論採決をやってしまうという今、御意見でした。


 ほかに。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 今の意見は一括議題には2つあるわな、示された予定がね。だから委員長は一括議題の補正関係をきょう全部採決してもらおうかと話が1点やってんね。


○委員長(中嶋克司君)


 はい、そうです。


○7番(北 猛君)


 あした、全部やってしもてからやるのが1点と、いろいろ言われたけど、きょうは昼前にああいう混乱があった。その中で私が思うのは、やはりきょうはこれ全部して、それで今廣尾さんが言うたように議案第16号の一応説明、説明ないわ、もう済んでるわけや、時間的にちょっと頭も冷やして今晩一晩考えようやないけというようにちょっと話を、私はそれのほうがいいと思うんです。一括いうたら忘れてもうてしまうさかいな、あしたに採決、譲りませんかという僕は意見です。


○委員長(中嶋克司君)


 ということは、3番目の最終に討論採決を補正予算も当初予算も行うと、そういうお考えでよろしいですか。あしたに討論採決を延ばす全て。


○7番(北 猛君)


 16号ですか、これあした一日で終わると思いますか。だから、あしたの朝一番に20分ほどかけて採決だけしてもうたほうが、ひとつ切りがつくんじゃないんですか。あしたいくとこまでいって、あと採決はちょっと時間かかってもやってしまうのか、13日にちょっとかけてやるのかということやろ、おれが思うのは。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 ただいまより暫時休憩します。


             (休憩 14:43〜13:47)


○委員長(中嶋克司君)


 会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


続いて、平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の件について、質疑を行います。


 まず、歳入の質疑を受けたいと思います。歳入の質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「なし」と認めます。


 続いて、歳出の質疑を受け付けます。歳出の質疑ありませんか。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 保険給付費が2,956万円の減額、療養費が2,800万の減額というふうになっておりますが、大体給付の合計の金額なので、どれがどれということはないかもわかりませんが、傾向はわかると思いますので、昨年に比べてどの分野の傾向が減ったということをちょっと御説明をお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 御質問をいただきました件に、まだ決算ではございませんので、結果としては出ておりません。今の傾向といたしましては、療養諸費の中の療養給付費、それとこの高額のところもリンクしてくるんですけども、今の分析では入院がやはり減少していると、それとがんのほうですね、私どもは新生物とよんでおります。そちらのほうの入院された方が人数的に言えば今、直近では3人なんですけども、入院された方が短期的にとんとんと亡くなったということから、これは・・・申し上げたいんですけども、これにつきましては減少という形で、一時2,600万ぐらいの療養給付を支払いありましたけども、これが最近ちょっと減っているということでの実績見合い分での減少ということにさせていただいております。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認め、これで国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の質疑を終わります。


 続いて、平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第4号)の件について、質疑を行います。


 歳入の質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「なし」と認めます。


 歳出の質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 議案、9ページ、10ページ、337万円の減額補正になっています。そのうち345万円が簡易水道の維持管理事業での減額ですけども、これはどういう内容か説明お願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 減額の説明ということでございますけども、3月まだ一月あるわけなんですけども、今まで既に事業が完了しております分の請負減が主な要因でございます。それに伴って事業精査をいたしました結果の減額補正となってございます。細かく申し上げたほうがよろしいですか。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認め、これで簡易水道特別会計補正予算(第4号)の質疑を終わります。


 続いて、平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第4号)の件について、質疑を行います。


 歳入の質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 続いて、歳出の質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認め、これで介護保険特別会計補正予算(第4号)の質疑を終わります。


 続いて、平成26年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計補正予算(第1号)の件について、質疑を行います。


 歳入の質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 続いて、歳出の質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 8ページ、9ページ、事業費ネットワークサービス管理事業298万円の補正になっておりますけども、放送サービス事業で工事費が一番多いわけですけども、何の工事費であったのか、説明お願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 8ページ、9ページでネットワークサービス運営事業で補正額298万3,000円、内訳は委託料で51万7,000円の減額、これにつきましてはネットワーク機器更新費用の請負減の減額いたしております。工事請負費と備品につきましては、財源が繰越金ということで前年度の予算の決算に基づく繰越金を計上させていただいて、これから2月、3月の間の新入居等の移設費用等を見込んでおります。最終的にはこれは不用額が上がる可能性もございますが、繰越金見合いを今後の3月末までの移設費等の機器とアンテナとそういった形の備品と工事請負の移設費を見込んでおります。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかにありませんか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認め、これで高度情報ネットワーク特別会計補正予算(第1号)の質疑を終わります。


 一括質疑を受けたいと思います。特に全体を通して質疑、疑問点のある場合のみ認めます。ほかに質疑ありませんか。全体を通して。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 「質疑なし」と認めます。


 以上で、補正予算5件の質疑を終わります。


 続いて、日程第6、平成27年度南山城村一般会計予算の件を議題とします。


 質疑については、歳入と歳出、またその他に分けて行いたいと思います。


 まず、歳入の質疑受け付けます。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 歳入に当たるのかどうか、26億6,000万円余の予算になっております。これは骨格予算だという村長の説明があって、しかし、数値で見ますと資料のとこにも載っておりますが、昨年に比べて12%増の予算になっております。そういう点で政策的な予算というのがあと追加がされてくるんだろうと思うんですが、村長は選挙も控えてその部分について計上をされてないわけなんですけども、全体としてどれぐらいになるのかですね、もし村長が立候補され、再選されるということになっていけばですね、施政方針を読ませていただきますとこれはやる気やなというふうに感じさせていただいたわけなんですけども、その場合どれぐらいに膨れ上がるのか、そのあたりありましたら、ちょっと初めに聞かせておいていただきたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 政策的なものは、やるということの前提でしか申し上げられませんが、これが政策と言えるか、言えないかわかりませんけども、戦後70年の慰霊祭、戦没者慰霊祭、ことし開かれますので、それの事務費は入れておりますけども、記念品なり、いろいろやる事業があるとすればそれが出てくるだろう、大きなものにならない。


 それから、村制60周年記念が4月1日をもって、村制60周年目を迎えます。60周年記念、どこでもかなり盛大に行われておりますので、それの60周年の事務的経費、書類作成ぐらいな分は当初予算に乗ってますけども、もし記念品をするなりですね、何かするとすればその分がふえるんじゃなかろうかというぐらいなことが私のとこでは考えられる話であります。


 それにちなみまして、活き生き祭りも60周年記念という冠をつけてやるイベントをやったりとか、これからいろいろ60周年記念を迎えたからといういろいろ敬老会とか、いろんな事業があるだろうというふうに思いますけども、そこに今60周年という冠をつけて予算をつけて一つの記念としてみんなで60周年を祝ういう方法をするとすれば、それも政策的に入ってるのかなというふうに思います。


 あと、考えられることといいましてもそれは新しい村長としてなって考えるべきであって、今、私に与えられてどんなもんがと言われたら当然考えられるのはそれぐらいのとこかなというふうに思っております。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 今のお話聞きますと、金額的にもそんなに派手な慰霊祭に何百万つぎ込むとか、村制60周年にえらい記念品をつけるとか、そんなことにはですね、誰が考えてもたくさんの予算は導入しないという、されないだろうというふうに思いますし、これは骨格予算というよりも政策も含んだですね、予算やというふうに理解をさせていただきたいいうふうに思います。答弁結構です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに、歳入。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 予算書の22、23のところですけれども、村債の分の前年度対比の分で、総務関連とか、それから多額に土木もそうですが、財源は辺地債対策ということになっているんですが、ちょっと事業、この社会資本の分は説明資料がありますので、上の分のをちょっと詳しい説明お願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 22ページ、23ページの村債の詳細説明ということでよろしかったでしょうか。


 まず、総務費の総務債でございます。これにつきましては本年度1億8,960万円で比較で1億2,790万円でございます。これにつきましては旧まちづくり交付金事業ということで、道の駅の分の起債でございます。


 続きまして、土木債5,620万円で2,270万円の増でございます。これにつきましては辺地債、辺地対策債、これは社会資本防災安全社会資本整備ということで道路部分、それと橋梁部分の補助裏の起債でございます。


 それと辺地対策事業債の道路単独部分につきましては、道路維持補修事業、道路が傷んだところの修繕の費用で800万円。


 それと、辺地対策債、道の駅附帯施設ということで中谷川河川改修の起債といたしまして1,150万円でございます。教育債については、前年度図書室の施設整備事業をしておりましたので、全額1,150万円の減少。


 それと、臨時財政対策債は赤字対策という格好での起債でございます。これにつきましては若干減らさせて500万減らさせてもらって7,500万円。


 災害復旧事業債につきましては、今年度、起債がございません。前年度と比べまして500万円減。


 消防災につきましては810万円で210万円の減ということになっております。これにつきましては相楽中部消防組合の負担金の部分でございまして、本年度はポンプ車を購入、中部消防組合で購入されます。村の分といたしましては負担金ではなしに、辺地債を借りるということで対応を考えております。


 続きまして、農林水産事業債、これにつきましては5,550万円で1,740万円の増、これは農業基盤整備促進事業の補助裏の起債でございます。


 以上でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 1点だけ。繰入金8,673万2,000円という計上がなされております。最大の場合で8,600万という、


○委員長(中嶋克司君)


 ページ、何ページですか。


○2番(?谷契次君)


 第1表、ページ、3ページです。最大の場合で8,600万余りという形で計上されてるんですけども、見通しで今いうのはおかしいですけども大きな事業も控えてますし、その辺の入札とか、そういうものも少ないかなと思うんです、27年度については、どのぐらい金額できるか、見通しを持っておられれば、きょうは予算ですので銭がほしいですというような言わざるを得ないですけども、ちょっとその辺、気持ちであれば示せてもらえたらなというふうに思います。答弁苦しいですか。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 この基金繰り入れにつきましては、歳入につきましては入るものが入る、最低限の入る金額を計上いたしておりますし、歳出については、ある程度それが執行できるような予算を組んでおりますので、歳入がそれ以上に入った場合、あるいは歳出が事務的経費が削減された場合ということも考えられますので、今のところ幾らになるというふうなお答えはできませんが、減らすことは、必ず減るだろうというふうには考えております。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。歳入ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 14、15ページ国庫支出金で民生費国庫補助金というのが前年度に比べて大幅な減額になっておりますが、これは説明では障害者介護給付費補助金、これが減ったということで大変金額が大きいですので、どういうことなのか説明お願いいたします。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 民生費国庫補助金ということで1,636万5,000円減少ということになっております。これにつきましては説明では今年度の歳入について起債をさせていただいておりまして、前年度に臨時福祉給付金と子育て臨時給付金がございました。それがまた復活するようには聞いておりますが、今のところそれが確定をしておりませんので、その分を減額をさせていただいております。ちなみに25年度臨時福祉給付金が1,365万5,000円、子育て臨時給付金が2,266万2,000円ございましたんで、その分が主な減少の理由でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。歳入ありませんか。


 それでは歳出に移りたいと思います。歳出の質疑を受け付けます。


 指摘をいただきました。


 ページ、24ページですね、議会費からいきます。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 議会費を聞くのはちょっとおかしな話なんですが、ちょっと説明をいただいておりませんので、この場でお聞かせをいただきたいというふうに思います。


 比較で289万、約290万ぐらい増額の内容になっておりますが、この主な理由をお聞かせをいただきたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 議会費でございます。本年度の予算が5,610万円で289万9,000円増ということになっております。これの主な増減に理由でございますが、議員報酬の共済費で地方議会議員の年金制度の廃止がございまして、その廃止に伴う公費の負担金が主な増額の理由でございます。2,222万3,000円増ということになっております。それと、期末手当の増でございます。これにつきましては56万7,000円でございます。


 あとにつきましては、ほとんど増減がございませんが、あと議会運営事業の役務費で会議録検索システムを去年つくったわけですが、それの保守料についても10万9,000円増額をいたしております。


 それと、昨年度は備品購入がございました、これにつきましても減少ということで今回は4万2,000円になっておりますので、そこら辺が大きな増の理由でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか、議会費。


 続いて、総務費。総務費ありますか。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 じゃ最初のほうから、済みません。一般管理費の関係で29ページのほういきたいと思います。


 その前に上段ほう、手前のほうで村長の交際費、ホームページのほうに掲載していただきまして、住民の方がよくわかるようになってきたと思います。お礼申し上げます。ちょっと26年の5月でちょっととまっておりますので、また後半のほうホームページアップのほうまたお願いしていきたいなと思います。参事のほうよろしくお願いします。


 29ページです。一番上の3番目ですね、需用費の中が実はふえとるんです。基金、昨年度164万9,000円という計上がなされおりました。今回351万9,000円と、約2倍余りがふえております。この辺の内容について説明していただきたいなと思います。


 そして、委託料、下から2番目ですけども、昨年度216万円から今回427万円と倍増がされております。この辺の内容、示していただきたいなと思います。


 そして、次の文書広報費の中の下から2つ目ですね、委託料、昨年度114万8,000円から今回512万3,000円と約5倍近く予算がふえております。それの内容について説明をお願いしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 まず、29ページの一番上の賃金351万9,000円、まず、前年度164万9,000円でございます。この内容につきましては臨時職員、今現在やまなみのほうで総務課づけということで、総務課事務半分、そして教育委員会事務半分ということで臨時職員を雇用しております。前年度は福祉のほうで福祉、その前は福祉の臨時職員として採用しておりましたので、前年度は福祉のほうで当初予算は計上していただく、今年度より総務課のほうへ振りかえたということで、総額的には福祉関係とあわせて変わってございません。


 それから、次に下の委託料でございます。427万3,000円、前年度216万円ということでこれは予算資料にも計上、9ページにつけておりますようにマイナンバーの関係での、これは国の法律改正で、その都度その都度、時期が追いつかない状態になっておるんですが、そのマイナンバー関連の委託料ということで、新規にこの増減分200万の増減分を受けてる格好になっております。


 それから、その次の下の文書広報費の委託料、これにつきましては本年度は防災無線を設置いたしましたので、完了しておりますので、それの保守関係で512万3,000円という数字で、防災行政無線の保守料の委託料が増加となっておるということでございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 総務費であと質問するの飛んでおりました。31ページのほうの財産管理費ですね、その辺ですねんけど、前回、昨年度までは庁舎以外の管理という制度とか細節みたいなものになったんですけど、今回、庁舎以外の維持補修費ですね、ゼロ円という形になっておるんです。その辺、調査をされて本当になかったのかどうか、地元からも要望等がなかったのかどうか、その辺をちょっとお願い、話を、前回まではね、庁舎等管理事業というのあって、その上に庁舎外管理事業という項目があったんです。それはことしについては、なくなっておりますものでね、その辺皆目みたいな感じでいいんかどうかというところですね。


 37ページのほうですけども、自治振興費のほうで9番目の目は自治振興費ですけども、この辺で昨年度までは自治体活動支援事業という節目があったんですけれども、今回、27年度については、細節になるような自治体活動支援費というのが消えております。その辺はなぜかなという点。


 それと、続いてあと2つ、ごめんなさい。交通安全事業のほうで、委託料がなくなっております。昨年度はカーブミラー等の点検等がされておりますが、ことしはゼロ円の計上しか出ないというか、計上されておりませんが、その辺で昨年度の調査全て終わって、ことし本当に要らないのか、その辺の確認をお願いしていきたいなと思います。


 あと、交通安全の啓発事業のほうでも役務費が5,000円、昨年度5,000円あったんですけども、今回はありません。なぜかなというのが1つあります。


 そして、45ページになるわけですけども、選挙のほうで見てもらっております。村長選挙費と村会議員一般選挙費、2回ほど私質問をさせていただいたんですけども、選挙公報等の出版関係はどのようなようになっているものか、その辺、参事のほうから説明をお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 まず、財産管理費の中に31ページでいきますと、庁舎管理事業というものがございます。前年度が当該庁舎管理等外事業というのが別にございます。これにつきましては、昨年は高度情報ネットワーク特別会計の関係でございますが、機器の更新費用を事業としてやりましたので、その費用を一般会計から繰り出してさせておりました。そのために今、庁舎等外の財産という考え方で繰り出し金を昨年は2,400万計上いたしておりました。この分が終わりましたので庁舎等外の事業を削除したと、高度情報ネットワーク会計への繰り出し金というためにつくった事業名やったということです。


 それから、次に37ページですね、37ページの自治振興対策経費、昨年自治体活動支援事業というものがあります。これ財政と予算等のヒアリングの中で自治振興対策経費に一括して計上するということで、統括させていただきました。内容については、自治会活動支援事業も昨年並みの予算を配分しております。


 それから、次に交通安全対策費の中の委託料ですね、これにつきましては先ほどおっしゃられましたカーブミラーと防犯灯のいわゆる設置箇所、そしてシステムをつくるという経費を見ておりましたが、これ今年度で一応完了予定で完了することになっておりまして、一応、システムとそれから台帳等が整備されます。されましたことによって、この委託料は計上必要ないということで今回計上はしておりません。


 防犯灯782カ所、カーブミラー819カ所というような数字もつかんでおることになっております。これからこれの管理費用というようなとこで、また、内容によっては事業を精査していきたいというふうに思っております。


 それから、次に役務費、交通安全啓発事業の役務費、昨年の分が、昨年交通安全管理者の講習ということで、役務費の必要性がなかったということの今回の事業の中では、そういうことで5,000円ですが削減させていただきました。


 以上です。


 選挙の公報につきまして、前何回かの選挙管理委員会でそういう発案のこういう御意見もあるということで発案はしております。選管の中でも議論はありますが、今のところ5日間の選挙期間中の中で、全候補者のこれは希望者によると思いますが、その内容をまとめ、そして啓発の公報に仕上げ、そしてそれを手元の住民のとこへ届けるというのがなかなか困難な事務的な日数が必要になるということで、今はそこまでできるというふうにはちょっと難しいという判断でまだとまっておる状態でございます。


 今後につきまして、それがスムーズにこの短期間の中で住民のお手元へ、住民として、有権者としてはいち早く、ほかの選挙のことでもそうなんですが、選挙当日の前々日ぐらいにしか配布されないことに対する怒りというか、もっと早く届けてほしいと、これは当然の話やと思うんですが、現実的な日数が経過かかりますので、これで5日間の間にこれをやったとしても、前日につくる、経費的なもんをかけてもつくる格好になるんかなと、そのとこでぱぱっと見て、いろいろ意見がありまして1つはもったいないという意見もありますし、1つはやるんやったら早くやれという意見もあります。というような議論をしてる段階でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 総務費。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 35ページ、2点をお聞きをします。一番上の2段目のところの南山城村自然の家の管理事業の件についてですが、この管理事業を村独自でやることについては、先の議会で条例が提案されて合同審査に付して一定結論が出ているところがあります。その審査の中で管理委託する、そればかりじゃなく、村独自の事業もやって将来的に村もやはり使えるようにということで、提案をし行政のほうからも幾つか事業の提案がされました。


 そのことについて、この500万の管理費の費用とは関係ありませんが、できるだけ具体的に使えるようにですね、災害のとき緊急時は。答弁の中では契約の中身にそのような旨を契約に織り込んでるという参事からの説明をいただいているわけですけども、その他の項目についても結果はすぐ出せなくても1年間よりいいものにするような努力をしていただきたいというのがまず1点です。それで、ぜひその件を御答弁いただけたらと思います。


 それから、もう1点は、真ん中の仕切りの企画費の開発審議会委員報酬ですね、12万1,000円ということで計上されております。実際村の開発審議会は現在は休眠状態だと考えるんですが、これは新たにいろいろ委員を委嘱をして、この開発審議会を再開してやっていかれるのかどうか。やるのであれば村の状況の中で何に対応されようとしているのか、その点を明確にお示しいただけたらというふうに思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 まず、35ページの一番上の南山城村自然の家の管理に関連しての自然の家の活用方法ということで、御質問いただきましたので、まず、先の課設置条例ともリンクする話でございますが、新課を設けてこの村立の村の自然の家を活用していくという方向で今NPOと契約して4月1日からスタートしようというところになっております。


 今現在、早急的に改修工事をかかっている最中で4月オープンに向けて努力しているわけなんですが、お話の前の設置管理条例等の中でも議論されましたように当然村主体の事業にもこれを活用する、あるいは災害時においての避難所としての開設、そして避難場所として住民に使えるようNPOとの協議も調えておく、これはそのようにいたしておりますし、そのようにする予定でございます。


 新たにやまなみホールとプラス自然の家というまた別件の建物を村が管理することになりますので、でき得る限り住民にとって有効に活用できるようそれを生かしていきたい。ただ、説明もいたしましたように、やはりNPOはまだまだこれからのスタートでございますので、今後NPOに丸投げというような形はならないであろうというふうに思います。やはり担当課も一緒になってあの館をどう活性化していくのか、どう支援していくのかというのを行政としても同時に進めていきたいというふうに考えております。これが地方創生の総合戦略の計画の中の一環にうたわれるであろうというふうに思っております。プラス村の独自の事業としての施設の位置づけ、研修の場であったり、いろんなイベントの会場であったり、それは活用する予定としております。


 自然の家につきましては、今は数字的には委託料500万という数字だけでございますが、今後事業がスタートいたしますと、それぞれの項目の中での事業予算として事業内容が決まれば予算計上をさせていただくことになるかと思いますので、そのときにはまた詳しい説明とその活用法を御提案させていただきたいと思っております。


 続いて、企画の中の開発審議会委員報酬、これは昨年も同額、しばらく同額で委員の1回開催を想定しての委員報酬等を計上いたしております。現在しばらくは、もともとこの開発審議会はいつからあったかといいますと、やはりレイクフォレストのゴルフ場の不法跡地利用、ここをどうしていくのかというような大きな大綱の中で、この開発審議会というものを使っていろいろ意見を聞いて進めた経過でございますので、それ以降、開発審議会的な要素で開催した余り経過がございません。大きな村がこれから大きな開発で審議会の意見が必要になる場合までは委員の委嘱は触ってないのが現状でございます。内容がないのに今、委員だけを選んで報酬だけを払うというわけにもいきませんので、現状、今後そういう宅地造成、月ヶ瀬ニュータウンのような宅地造成開発が出てくるとか、これが村主催でこの事業をするというような案が考えられれば、その際にはこの開発審議会を開いて委員等の経費を予算化していきたいなというふうには思っておりますのでのぞかしという形で1回程度の計上をさせていただいております。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 30、31ページ財産管理費の中に小学校児童図書購入事業というのが20万円含まれています。えっと思ってこれを見たんですけども、あとの教育費のほうでですね、小学校費、中学校費が東部広域連合で任されているわけなんですが、なぜ、この総務費の財産管理費にこれが出てくるのか、ちょっと理由教えていただければと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 小学校の図書購入費用、当然教育のほうで別にそれはそれであるわけなんですが、昨年前村長、前々村長、森山茂樹さんから100万円の御寄附をいただきました。その100万円の御寄附は一括でいただいて、これを年20万、5回に分けて図書購入費に充ててほしいという御希望がございまして、これを年間20万円相当の本を小学校へ寄贈していると、その経費の27年度分、2年目になりますけど、その20万でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「吉岡克弘議員」


○1番(吉岡克弘君)


 35ページの電算管理費で、昨年は1億ちょっとあって、それがまた四千何万あるんですけど、国とかから言われておられましたが、国とか特定財源がちょっと少ないのが、どういう考え方でこれ少ないのかなということを教えてもらえますか、お願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 まず、電算費を今27年度の計上分4,158万6,000円と、ほとんど保守管理費用というような考え方になるんですが、一部今回この資料の11ページで掲載させていただいております、主に裏、12ページなんですが、社会保障、税番号制、マイナンバー制度と言われる、この経費が本年度27年10月をめどにこのマイナンバー制度というのが進められているわけですが、このシステム経費というのがスタートするまでにいろいろ追加なってきてことしの追加分のアップ分、新規の分はこのマイナンバー分がプラスなっていると、通常もし制度改正とか、法改正とか、ほとんどないとするならば今の村では大体約3,000万ぐらいに落ちついた保守管理経費が計上的なもんかなというふうに今は考えております。


 まず、財源をつけるつけないの内容になりますと、国がこういう形で急速に法律をつくって、そして市町村で強制的に法に基づいて整備しなければならないというこういう内容につきましては、財源を一定確保されます。この一定確保するというのは国のほうではどうしても基準というのを設けますので、国の基準はこの市町村の条件に応じてかかったら、かかった経費で全部見てくれるという基準じゃないということ。


 結局、一定標準の価格を設定して、標準の単価でそれを交付税算入するという積算をいたしますので、その市町村の環境に応じて誤差が生じてしまうということで、そういう考え方でどうしても足が出てしまうような結果になってしまうと、それとあわせて3,000人の住民やから安くつくっていうことにならない、この電算につきましては、3万人であろうが、3,000人であろうがシステムというのは開発しなければならないので、そのシステムをつくった形での今度は、村のほうはほとんどが京都府の情報政策課といういわゆる共同で開発したところへ委託して電算を導入しておりますので、最終的には人口配布の案分という形で請求が来ることになっております。


 その人口案分に基づいた形での負担金をほとんどが計上していると、そういう格好になっておりまして、補助金といわゆる単費と、それから配分の差ということがありますので、かかった費用を全額を見ていただけないというのが現状であるということ。


 それから、町村独自で必要な、いわゆるつなぎ経費であるとか、こういうものは補助対象にならないということで単費分が発生してくるということで、ほとんどが、それは当初導入のときの内容でございます。あとは保守ということであるいはリースということになりますと、これは毎年単費で必要になってくると、導入経費の一括でどんだけかかって、どんだけ補助金出すというのが補助金の考え方ですので、リースに対しての補助金というのはないということです。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 一番最後の監査委員のほうですねんけども、ページの47ページから、昨年までは監査委員事務経費の中で報酬というのがなかったんですけども、ことし新しく新設がなされております。この辺の内容等について、お聞かせを願いたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 監査委員費の関係で報酬が2つあるということでの御質問でございます。これにつきましては、まことに申しわけないんですが、実はこの監査委員の報酬と、それから監査委員事務経費については一本化しようということで今回考えて事務経費に一本化しようというふうな流れになっておりまして、監査委員報酬のほうは削るというふうな格好で変更しておりました。それがちょっと電算の関係のちょっと手違いがございまして、それが消え切れてなかったということで、二重の計上になっております。これにつきましては補正予算の中で減額をさせていただいたというふうな格好で考えております。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 総務費、私のほうからちょっと総務費、財産管理費でですね、ページ、35ページ。


 自然の家管理事業委託料500万円、この辺についてちょっとお伺いします。


 資料でいきますと10ページに当たるんですけども、前回説明いただいた500万円の内訳の中にですね、軽微な修繕等というのがなかったわけですね、ほかに入っていたのが廃棄物の処理業務、そして清掃業務が入っていました。これについて合計で166万ほど入ってた、その合計が500万になってたと思うんですけども、これがなくなって軽微な修繕等がこれ追加されているんですが、この理由はなぜか、そして修繕等はどこなのか。


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 資料10ページでございます。500万につきましては、まだ指定管理のときの説明といたしましては、設備関係のメンテナンス費用に相当する金額で500万を設定させていただきたいというふうに御説明申し上げてたと思います。主に、結局法定点検の必要な内容がこれ計上している分があるわけなんです。その中でこれのこの一部での大規模なこれに対しては、これは村が負うことになるわけですが、軽微なこの内容での補修費用が必要になった分についてまでもあわせて500万の中で支払うというふうに考えさせていただいております。


 だから、メンテナンス費用のメニュー、この法定点検分等の中の分野での500万を限度額として設定しておりますので、これも10万円未満のあわせてのメンテナンス費用ということで御理解いただいて予算計上をお認めいただきたいとそのように考えてます。


 今、どこの場所やということは、これは今は出ておりません。軽微な修繕が年度内に必要になった分野につきましてはこの中で支払いするという考え。


○委員長(中嶋克司君)


 軽微な修繕が年度内に必要であればという答弁であったと思うんですけども、これは今後も軽微な補修というのは続けられるのかどうか。


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 契約上は続けることになっております。


○委員長(中嶋克司君)


 もう一回。


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 3年間の評定の内容の中では続けることになっております。10万円未満の軽微な修繕を含むということになっております。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 暫時休憩します。10分間、45分から始めます。


             (休憩 15:34〜15:45)


○委員長(中嶋克司君)


 それでは、休憩前に引き会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○委員長(中嶋克司君)


 続いて、民生費に入ります。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 49ページ、社会福祉協議会補助作業というのに1,450万とありますが、これはたしか10年ばかり前だったと思うんですが1,800万あって、それからずっと10年間は1,400万で推移してきたと思うんですが、今回50万一応上がってます。これは特に何か意味があるのか、それともお金が余ったからやるのか。というようなことがちょっとありまして、それを質問します。元社会福祉協議会減らされた本人でございます。


 それと2点目ですが、これここにあるやろうと思ってさっきから見とるんですが、昨年高齢者施設のあれということで10万見ていただきましたが、ことしはひょっとしてゼロサイクルですか。


 それと去年10万を見てそれをいろいろ使われたと思うんですが、使ってなかったら僕らの常識といたしまして継続費ですか、繰越明許になろうかと思うですが、10万ぐらいのお金であれば繰越明許になるのかならないのか、やはり重要なことでございます。去年やと思うんやかど1,850の署名預かるまで、我々5人総務委員会をほんまに汗かいて、どえらいえらい目してんけど実現しておりません。ただし、去年10万見たるということで見ていただいて、結局どこの課が預かって、どのように使われておるのか、結局全然使われてなかったのか、ことしはもういろいろ高齢者のことについては、もうお考えでないのか、ちょっとそれ聞かせてください。


○委員長(中嶋克司君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 まず、社会福祉協議会補助事業ということで48ページ、49ページの上から8行目ぐらいに1,450万ということで、50万円増額しております。これにつきましては関連いたしますのは、災害対策事業ということで防災ボランティアの協定を社会福祉協議会でもすることになっております。それにつきまして社会福祉協議会のほうで災害ボランティアにかかる研修なり、その運営の備品なりというのを購入する必要があるということでその分の増額をさせていただいてところでございます。


 災害ボランティア協定というのを村と社会福祉協議会で結ぶことになります。それのための経費でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 2点目。


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 その10万の件につきましては、今年度介護保険策定計画の年でございまして、策定のほうのニーズ調査みたいな形でアンケートを行っております。そこらの部分でリンクしている部分もありましたので、施設整備が必要でどうなのかということも一定継続費でこれは策定のほうも2カ年の計画で去年から動いております。そういった中で役務費等ということで重複している部分もございますので、その10万について今年度のほうは今のとこは使っておりません。ただ、これから先ですね、まだもうちょっと月日がありますので、その分において支出することもあろうかと思います。


 それと、次年度におきましては、55ページの下に高齢者福祉施設整備調査事業ということで、基本旅費と需用費と役務費で今年度も10万、一応計上しております。また、一般質問のほうでも答弁になろうかと思いますけども、策定委員会の皆様方御存じだと思うんですけど、50床、京都府のほうに上げておりますので当然ここらの関係での調整がまだいろいろ京都府さんへも行かなんことが結構が出てくると思いますので、今年度も10万という形で上げさせていただいております。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 俺、手挙げとるやないか、関連や。50万についてはよくわかりました。ボランティア、災害ボランティアの永続性ということで、これはええということやと思いますけど、また、これね高齢者の福祉施設整備調査事業ということで10万という名前だけやと思うんやけど、旅費と需用費と役務とこうやって分ければね、何か寂しいというようなこと、そんなことだけ言うときます。結局する気はないということですな、要するに。高齢者対策みたいなんどうでもええわと思ってはるんですかということ。高齢者はやっぱり村の宝でっせ。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 今の段階で事業費として上げるような段階ではありませんので、窓口をつくって10万円を見ております。必要に応じて補正を組んでいきたいというふうに思います。


 ですから、京都府のほうにもやるということで需用の中に計画を上げていただいております。始めているところでございます。どうでもええという問題ではなくて、まず、今言ってる用地を確保して、そこで具体的にするよう、しかし、京都府の計画の中には乗せていただこうということで、それは進めていただいております。


 費用が少ないからやる気ないかって言いますけど、今の段階で予想される費用についてはちゃんと交通費と役務費というような状況でございますので、今後、必要に応じて補正を組ませていただきます。


○委員長(中嶋克司君)


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 それも私、実は京都府のとこ行って調べてきました。そしたら木津川市で約50ベット、南山城村からも50ベットの申請は出ておりました。実際問題として課長にお聞きしたいんですけど、本当に村はやる気あるんですかね。格好だけですか、申し込んであるのが。要するに用地の問題だけどこれも当然のことです。下に足がつけるとこがなかったら幽霊と一緒ですんでね、足なしですわ。それをだめだと思うんだけども、2.2%ですか、事業費も減らすとか、魅力のない仕事になってますし、うちの村で今起業しようとすればね、大体50人に8人ということなれば職員絶対寄りません。どんどんどんどん今介護職員が減っているんですよ、看護も、介護もね。本当に村で恐らく起業しようという人はおらんと思います。


 けども、一応申し込んではりますということ、それは調べてきました。実際それで、本当に10万で、そらあと補正組んだらええやないかという話やけど、はてなというのが私の考えです。別に返事は要りません。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「中村富士雄議員」


○3番(中村富士雄君)


 ページは49ページの下から7番目の遺族会の連合事業のことでちょっとお聞きをいたします。戦後70年で遺族会もかなり高齢化してまいりました。これバスの借り上げ料として49万計上されておりますが、ことしの遺族の靖国参拝の予定者のこの遺族用の車、何人乗りのちょっとリクライニングできて、年寄り向きの、この車用意してくれてあるのかどうか。その辺をお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 失礼します。それではまだ実際の応募については、これからというのが現状というふうな形になっております。確かに、中村議員おっしゃるように従前は確かに遺族会の方もやっぱり自分らのやっぱり兄弟なり親御さんなり亡くしているという、その部分から平和を祈念していくというね、大変皆さん方も若い世代でございましたので、バス2台とかいった形でございました。確かに高齢化ということは全国的な話となってきております。


 そういった中で、前回も1台で行かせていただいたというのが現状です。今回も一応、予算的には見させてもらっているんです、せめてやっぱりトイレもつかないと高速道路であるということもございますので、そこら辺は一旦配慮させていただくという形での一応バスの見積もりはとらせていただいている予定になっております。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 「中村富士雄議員」


○3番(中村富士雄君)


 年寄りでありますんで、バスのちょっとリクライニング等、インターでとまることもあろうかと思いますが、できればトイレ付のバスで一つまたお願いして、配慮してあげてほしいなということをつけ加えて終わります。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 先の議員の話にありました、この高齢者福祉施設整備調査事業の10万についてお聞きをしたいと思います。


 この補正予算の審議の中でも悪臭の対応はどのような状況かという質問があり、村長は何回かできるだけということでお話をしているけれども、金額とか、詳しい話とかは全く進展していないというお話でした。


 だから、そういう点からも判断すればですね、村長の任期中に骨格と言えども実質予算だと私も判断するんですが、高齢者施設にかかわる問題が前に一切進まないという状況はもう明白だと思います。私たちは道の駅がニュータウンの前から今事業を進めているとこに移る理由の一つには活性化は必要であるけれども、それをいいきっかけに悪臭の問題なり、高齢者の施設の進展をぜひ一緒に取り組むという前提で私たちも協力した経過があります。そういう点では残念ながらこの村政は予算の上でも道の駅一辺倒の内容だというふうに判断し、あと数カ月しかない任期の間の判断でもそのように判断せざるを得ないというふうに思いますが、その辺はそういう理解でよろしいんでしょうか、村長どうでしょう。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 相手がありますことで、最善の努力するということしか今のとこは申し上げられませんけれども、その間に進展があれば6月補正でその辺のことは考えていきたいというふうに思います。


 もし、任期中にうまくいかないという判断であれば場所は再度検討しなければいけないいうふうには思っておりますので、悪臭の問題を解決しなくても、それは一定そこは長引くということであれば別のとこも選択肢もあるのかなというふうには思いますけれども、今はそうやなくて最善の努力をしていくというしか申し上げられません。そういうことで精いっぱい努力していきたいというふうに思っております。


 ですから、金額少ないからやる気ないんかとそういうふうに言うのは皆さん方にどう思っていただくのは勝手でございますけども、私、少しの時間があっても連絡とったり、いろいろそういう努力をしておりますんで、相手の話、ある話をなかなかこっちのペースではいかないいう問題もあって、向こうがええ日には私がどうしても行けなかったりという問題があって、非常に苦労しておりますが、やることについては道の駅とおんなじつもりで今進めております。


 私も福祉施設の必要性もわかりますし、道の駅についてもここは大きな問題があるということも認識しておりますので、別にほうっているわけではございません。一生懸命進めているつもりで私はやっております。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 村長がおっしゃるように、相手のある話であることと、それから相手の事業者がですね、自分がやっている事業が特定事業、悪臭防止法でも十分検討をしなきゃいけない、特定事業者であるいう認識いうのが不十分だと思うんです。そういう点では何回働きかけても結果に結びつくような話じゃないというのであれば、今回初めて以前から場所も第2、第3の場所も検討するようにという議会の働きかけがあったんですけれども、それがなかなかそうはいかないので、ここを第1、第2、第3も全てここでということで押し切ってこられた経過もあるわけですが、先の御答弁では一定任期間は最大限努力をされて、その結果、本当に無理だというふうになれば悪臭の改善は少し進まないであっても、高齢者施設については京都府にも手を挙げてる経過もあるし、高齢者の施設も村の将来に必要なので用地については、これ以外の場所も一定候補地に上げていくというふうに先ほどの説明理解したんですが、そうなんでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 今からそうして上げていくということやなくて、任期いっぱい6月議会を迎えるに当たって最終判断をしたいなというふうに思っております。


 ですから、今はそういうふうに思っているということやなくて、精いっぱいこれから努力をさせていただきますけれども、任期直前になって、これはもうひと押しすればいけるという感触をつかめばそんなことしませんけれども、箸にも棒にもかからんように考え方、また戻ったということになればそのときに判断をしたいなというふうに思ってます。今の判断ではありません。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 民生費ほかにありますか。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 村長、今大変重要なことをおっしゃったと思うんですけども、6月の時点で考えるとおっしゃいましたね今、たしか、ということは一般質問のときにどなたかが言うであろうと思うんですけども3月議会です。恐らくもう一回、責任をとるために頑張るというふうにとってよろしいですか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 次、村長やるかやらんかという話はですね、今のように予算が通るか通らんかわからんような審議の中で私はやりますとはよう言いません。やっぱり私が出ることによって予算が通らんようなことあったら、村民に迷惑かけます。そういうことで今の段階では、そういう判断はできません。


 ですから、府内でもそういう町長さんがおられましたけれども、私が出ることによって予算が通らへん、それなら私は身を引くというふうにおっしゃられました。皆さんに押していただいて、じゃあおまえやれということになってうまくいくのなら、それは使っていただいたらいいですけども、私が出ることによってだめだという結論出るんなら、私はそういう判断はできないなというふうに思いますので、これからいろんな問題、精査をしながら出るか出ないかの判断はこれからしたいというふうに思っています。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 51ページのほうですけれども、高齢者福祉手当等給付事業、これ昨年度まではこの後に福祉団体補助事業というのがありまして、昨年度は98万7,000円が計上されておりました。今回、この項目がありませんがこの辺はどうかなというのが1点。


 それと、戻りまして49ページになるんですけども、福祉一般事業のほうで基金156万2,000円が昨年ありましたが、これがゼロ円になっております。これは先ほど参事が説明された総務課のほうに移動したということで、解釈していいのかどうか、その辺、確認のほう2番目にお願いしたいな。


○委員長(中嶋克司君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 お見込みのとおりでございまして、先ほどの人件費の関係がまず総務費との絡みで減額になったということで、以前はうちのほうで見てたんですけども、総務教育関係でということで人件費移ったというのが1点でございます。


 それとあと、障害のほうでございますけども、これにつきましては平成26年度第2いづみ荘、仮称ですけども、こちらのほうがうちの分担、相楽のほうで一応分担ということで国庫補助なり、府補助なりの補助対象分の見合い分を木津川市、笠置町、和束町、南山城で分担するということになっておりまして、それが平成26年度、単年度ということになっておりましたので、平成27年度では計上していないということで御理解賜りたいと思います。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに民生費。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 続いて衛生費。ページ的にいきますと60ページにあろうと思います。


 ありませんか。


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 し尿処理費の関係で69ページですねんけども、合併浄化槽の補助金、昨年度までは460万円という形が予算化されておりました。今回、23%減の351万7,000円の計上しかされておりません。やはり文化的な、衛生的な生活を送っていただくためにはやはり合併浄化槽等の整備をしていただくのがよりいいんじゃないかなとこのよう思っております。あと1年半もすれば消費税のほうも8%から10%に上がってくるわけでございますので、負担のほうも大きくなってくるなとこのように思っております。


 老人の御老人世帯のほうでも合併浄化槽まではちょっとという方もおられますでしょうけれども、合併浄化槽の奨励ですね、もう少しやっていただいて、できるだけ村のほうでも設置できるようにその辺お願いしたいんですねんけども、現実とあわせる中で減額になっているわけかと思いますが、この辺の考え方について担当のほうからお示しを願いたいなと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 合併浄化槽の設置補助の事業でございますけれども、減ったということなんですけれども、この26年度の情勢、経過を見まして内訳といたしましては5人槽、補助単価が33万2,000円、これを3基分、そして7人槽、41万4,000円を6基分ということで、昨年は41万4,000円、7人槽を11基分見込んでおりましたけれども、そういう傾向を見た上で予算の計上をさせていただいておるところです。


 これによりこの事業を縮小しているというわではございませんでして、引き続き奨励、啓蒙は進めてまいりたいというふうに考えております。


○委員長(中嶋克司君)


 「?谷契次議員」


○2番(?谷契次君)


 きょうは余り詳しいデータ持っておられないかもわかりませんけども、やはり村の小さい中小の河川といいますか、小川といいますか、やはりきれいになるというのもやはり目的でもありますものでね、浄化槽の奨励、年に1度ですか、隣組の回覧板で回させてもらっているんですかな、その辺をもうちょっと整備していただいて、早く整備をしてほしいと、さらにその辺の奨励をお願いしておきます。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 答弁よろしいか。


 衛生費、ほかにありませんか。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 ただいま?谷議員のことに関連をしましてお聞きしたいと思うんですが、余り需用がないので昨年に比べても減らしているということでもっと啓発をという質問であったわけなんですけども、私も同感で上野から流れてきて、そしてこの南山城入ると途端に川の汚染がですね、進んで、そして、またしばらく流れて木津川市あたりへ行くとかなり改善されているとこれは木津高校の生徒が調査をした結果からも状況が出ています。


 そういう点で下流の方々の飲料水として木津川の水が利用されておりますし、そういった点でも島ヶ原あるいは月ヶ瀬等は既に下水道設備が完備をしてですね、お風呂なり、台所の水等はもう川には流入しないと、こういう状況が出ているわけで、特にやっぱりそういう点では村の責任というのはですね、大きなものがあるだろうというふうに思います。


 そういう点で、例えば村独自のですね、補助金をつけて、そして村の業者を利用すればこれぐらいの補助を行うというふうな制度をですね、こういったことを導入して、そして合併浄化槽を促進していくというふうな方策はとれないのか、このあたりは検討されたことはあるのかどうか、ちょっとそのあたりについてお聞きしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 この事業につきましては、継続して行っているところでございまして、村の体制の基盤が脆弱なところもございますので、なかなかそういう新規で、独自でということはなかなか難しく国・府の補助を受けながら進めてまいりたいというところなんですけれども、調査研究につきましては、そういったそういう設置が進むような調査事業があるのかないのか、そういった調査研究につきましては行ってまいりたいというふうに考えます。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 地方創生の事業、計画というものを27年度、各自治体が進められるわけで、例えばそういった事業計画の中にですね、検討するとこういうふうなことは不可能なのかどうか、この点についてはどうですか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 やはり、人口増を目指す地方創生の助成金というのは、国が3分の1、府が3分の1で個人負担が3分の1ですか、今回違うんかな、3分の1、3分の1されてましたね、その3分の1を地方創生でどこまで見るのかという話は文化的な生活をする、それに後押しするということで定住する一つの要因にもなろうかと思いますんで、地方創生に当然このメニューに入っていくものだというふうに思っておりますし、新課ではそういうものも取り組んで計画に入れていくように進めていきたいなというふうに思っております。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 今年度でどうこうできるというふうなもんではないだろうと思いますが、今後5年間の地方創生の計画というものが立案していく中でですね、そのあたりの研究等もぜひ進めていただいて、下流の地域の方々にも責任を負っていく、また我々の文化生活を高めていくという点でもですね、ぜひこれについても力を入れていただきたい、意見申し上げて質疑終わります。


○委員長(中嶋克司君)


 ほかに。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 参考のためにお聞きしたいのですけど、59ページ、保育所運営事業の中でですね、旧保育所を管理している事業というのがあるんですが、たしか、昔は5つ保育園があったと思うんですけども、これの内訳というんですかね、51万4,000円というけったいな数字が出てますが、51万4,000ですわ、59ページ下から2、4、6、7行目、8行目、これの意図とするところはなんでしょう、どういう管理をされているでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 旧保育所運営事業というところで、現在、旧月ヶ瀬口保育園につきましては、活き生きさんとシルバーさんのほうが使っていただいているわけですけども、ここでのですね、燃料代とか光熱水費、これにつきましては一旦村が払います。払った後にまた電気代もそうなんですけども、またいただくような形になっていると、ちょっと二重構造になってて財産管理の部分になりますので、そういうことで歳入のほうでも若干上がってるんですけども、そういうことで一旦管理、電気とかでも名義が村になってますもんで、また分けてということもできませんので、一旦村で支払うという名目でさせていただいております。


 それと、田山については現在敷地まだこれからどうしていくかということを今検討しているんですけども、まだ検討している最中でございますので、一応借地料といった形で使用料及び賃借料といった形でさせていただいております。野殿童仙房につきましては、基本的には自分たちでやるということでございますので、見回りをされてる方が一応使用料といった形で歳入のほうでは雑入でさせていただいておるところでございます。


 以上です。


○委員長(中嶋克司君)


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 なんで私が、しょうもない話するいうたらね、うちらの子は全部南山城村、田山の田山聖愛保育園とこ行ってたんですよね、子供たち喜んでまた見に行くんですわ、何が知らんけどお化け屋敷みたいになってますねん。えらいことなってますわ、ほんならね、思い出がね、それやったら思い切ってなくなったらどうやねんと思うけど、あれえらいことなってまっせ。お化け屋敷みたいに。あれが恐らくちょっとしたとこにあるんやったら非行少年の集まり場所になると思う、もうちょっと町やったらね。そやけど、これいつかは誰ぞがあれひっくり返せなあかんのや、みな、会長したもんようけおるぞ、そこらに、ちょっと考えたらどうやろなと思うわ。いつまで50何万つことんやったらと思いません。シルバー人材センター1つでもさ、保育園の変形みたいなもんやけど、あの人らいつまでやるのか知らんけども、あれかってだんだん壊し賃、3倍でもっと高なりまっせ、どう思います、思い切られたらどうやろうと、特に5つの保育園あるわけやな、一つは高尾はな何か葬祭場で使こてるわ。


 田山ほんまお化け屋敷みたいなん。例え一つずつでも美しい思い出を残していくために子供たちに気いようないようにしてもらわな、あんなんお化け屋敷みたい、ほんま一遍見てきてという意見だけ申し上げておきます。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 この件については、内部でもいろいろ検討をしてます。あれを契約者との中で契約の中には原形復旧等ある程度ね、どこまで原形復旧するんかという話になって、入り口から全部原形復旧して、もとの山に盛り土して、切り土したやつをもとに戻して、山にして返そうと思えばごっつい金になる。1,000万ではできません。


 そういうことを今使うべきかという判断をして、それなら12万5,000円払ってしばらく置いとこかという話になっておりましてですね、また、いい財源が来たときにやろうかというふうに思っておりまして、北議員ともおんなじ思いであります。


 でも、いざ潰すとなって、建物は簡単になくなるんやけども、原形復旧せいという契約になってましてね、原形というのはなかなか厳しいなという話で、そういうことでちょっと今ええ財源が見つかるまで、ちょっと今、置いてますので御理解いただきたいなと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 今のは衛生費でした。衛生費ありますか。


                 (「なし」の声)


○委員長(中嶋克司君)


 なかったら、ないようでしたら農林水産業費に入ります。農林水産業費ありますか。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 77ページ、上から2行目ですけど野菜等経営安定対策事業2万円ってこれどういう使い道ですか。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 これはですね、万願寺とうがらしの山城地域全体で取り組むということで、対象地域になるということで、それのこれは負担金でございます。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 「吉岡克弘議員」


○1番(吉岡克弘君)


 81ページの森林整備地域活動支援交付金事業という事業の内容がこの目的趣旨と書いてくれてあるけど、あんまりイメージがわかないんで、どういうふうなんかもう一回、しっかり説明していただけないかお願いします。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 これは、本年度から新しい事業でございますが、村長と対象森林において、地域活動を行うものとの合意のもと、契約になるわけなんですけれども、その中でのこの森林施業実施を通じて、森林整備を推進して森林の多面的な機能を維持、発見を図るためにということで、これも京都府と国の補助事業でございまして、今回森林計画策定促進という分野で200ヘクタールを対象として推進事業を行うということなんですけれども、それが補助率は10分の10ということで、国が2分の1、府が4分の1、村が4分の1ということで、その計画をソフト事業ですね、ソフト事業を推進するということでございます。


 それと、2つ目には計画の明確化ということで、境界測量40ヘクタール分を行うということでございます。要は施業を行う前の準備作業を行うということで、主には不在の山林所有者に係る合意形成活動、それから境界の確認活動を行うということが主な作業内容ということになろうかと思います。よろしいでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「中村富士雄議員」


○3番(中村富士雄君)


 中村です。今の説明では全然わからへん。山があって下刈りして、きれいに森林を整備するのか、境界目的があれなのか、その辺どうなの、この事業については各区長に通じてお願いされると思うんですが、不在者の森林のとこさわりに行ったってわからんもんはわからんのと違いますかね。その辺どうなん。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 そういう森林施業を行う前段の事務を行うということでございますので、森林の調査から入りまして、そういう不在の方についてのそういう事業に対する合意形成を図る活動、そういったものを、それを総じて森林経営計画作成というものに当たるのかなというふうに思いますが、今回は、野殿童仙房地域を対象に行うということでございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「中村富士雄議員」


○3番(中村富士雄君)


 ようわからん話ですわ。ほんでこれはあくまで机上の地図の上でしはるその事務的なもん、現地とかいうのは触らない、そういうことでよろしいですか。机上の調査ということ。現地行くんですか。200ヘクタールでそのうち測量の境界が40ヘクタールです。その辺はどうなる、もっと詳しい説明ができない。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 境界の明確化ということもメニューに入っておりますので、現地に入り境界を明らかにしていくという作業が同時に入ってくるということでございます。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 これに関連はしてないんですけれども、この森林の整備の点で以前議会で話したことがあると思うんですが、特に今放置している森林がほとんどなわけなので、災害の関係でですね、特に南斜面、南山城村の南斜面、28年災害があったところ、その災害のあったところは現状では集中豪雨があった場合には、同じような災害がある可能性がありますっていうような、それは昨年広島でありましたよね、花崗岩で、村とほとんどの真砂土でおんなじ状況の中で、局地的に雨が降って五十何人が亡くなられたということ、災害あったわけですけれども、そういう点から見たら南斜面の調査ということは緊急に大変必要だと思うんです。


 先日、テレビを見てましたら、京都大学かどっかの防災学科か何か、専門の先生がいろんな森林の調査をしてて、見て調査しただけで、この山はどういう状況なので危険かどうかというようなそういうのを今やっているというのをテレビでやってましたので、ぜひ担当と村長には28年災害もあれから大分62年間たってますから、村は緊急に防災も含めて森林対応をしたいと、これは境界確定と、それから策定するので、策定する上でその調査をこれはお金は使えるかどうかはちょっとよくわかりませんが、できるだけ、そういうふうに結果に結びつくような調査を国の補助金、使う前にはこういうふうに使いたいけれども、これは該当するかいう確認をとらなきゃいけないと思うんですが、やはりそういう対応もしたらいいんじゃないかなと思うです。専門家の大学の先生見てもらうなり、調査したりということは今緊急に必要と私は思うんですけれども、それ検討される方法ないでしょうか、どうですか担当課。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 議員おっしゃるように、森林、人工森林がふえております。戦後、急速にその人工林がふえてまいります。私が中学校3年のときに28年災害を体験しまして、夏休み役場にアルバイトに行って、図面を山の崩れた図面をつくる作業を手伝った覚えがあるんですが、非常に当時は戦時中に燃料がなくなってガソリンがなくなって、松の木を切ってその根っこを掘って、それをくすべてオイルをとったというのがあって、船がなくなった兵隊さんが全部この山に入って毎日松の木の根っこを掘り出した、ほんでちょうどそれがね、山真っ赤になるぐらい掘ってたんですよ、それが28年の中にその起爆剤みたいなったということもあったようです。そのときの話を聞きますと。


 でも、今は放置林が多くなって、一時はいいということで補助金出してどんどん植えたんですが、植えて何も管理してないという山がふえてきました。私も、私ごとなんですが、ことしも森林組合の作業員きてもらって自費で間伐をし、森林の整備しないとうちの山は植えたけども迷惑かけたら困るということで、何ヘクタールか整備をしたんですが、かなり高額に費用かかってきました。


 そんなことで、私自身もそのことについては非常に関心を持っておりますけれども、なかなか森林組合なり、その辺が高齢化しまして、村もなかなか山林まで足を踏み入れてということはなかなかこれ難しいんで、恐らく森林組合との共同の事業になってくるかというふうに思うんですが、森林組合も、ことし1年で来年は広域化合併をするようになってきて、要するにうちからこっち一つの森林組合になってくるというような話、先日新しい組合長が来られて、報告に来られました。


 そういうことで、単一の森林組合では、管理も事業も砂防もできない。でも広域で大々的に機械化をして、林道をつけて、砂防の工事を入ってということをしないとできないんで、恐らく、相楽、とりあえず相楽乙訓ぐらいまでを一つの組織にしようかというような話も出ているようでありますが、それは別として、この交付金事業、積極的に活用しながらそういう災害防止にも努めなければならない、私は思っております。あと、担当課との所見を説明させます。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 済みません。京都府にですね、課長、今話ありましたような内容で国はどういう目的、これ目的を見てましたら地域活動を行おうとするものとの、仕事をふやそうとしているのか、森林の実態をつかむためのものなのかという点ね、わざわざ経営計画を立ててするという、森林経営計画作成促進というわけですからね、いったら、森林を活用しようという点、さっき村長ありましたよね、これもテレビでやってました。日本の森林はほとんど使われてないいうので、何十%、23%でも何か言うてたと思うですが、大体ほとんどの外材なので、伐採を間伐をしてないのでというので最近バイオマスでね、京都府の北のほうでもやっているみたいですけれども、そういう話で、実際経営をするっていうこれを使って南山城村の住民がですよ、森林経営計画をつくって、それを実際経営に森林を結びつけるような計画はできるのかどうか、大変疑問なところなんですが、やはり、これに格好つけて森林、南山城村の森林状態なり、地域の森林の状態を調査するというふうにしつけてやることがいいかどうかね、まず1点、京都府に。


 その結果、この予算ではできないと思うですが、その結果、すごい荒れてて間伐しないので太陽が当たらないので、根っこが育たないためにずるっと膨大な土地が土砂崩れするというような、そういう構図の話をされてましたので、南山城村もそういう今状態だと思うんです。


 特に童仙房上っていったとこには、実際そう崩れてるとこも何カ所かありますので、だからそういう点で、まず実態の調査をちゃんとやると、その次には、それに合わせて別の予算でやはり村民の命を守るために早くこの防災措置をするというふうに具体的に進まなければ崩れてしまってから遅いわけなので、村が積極的な計画を上に上げたら上も必ず今防災とか、災害とかすごい今、国も言っているぐらいなので、村の自主的な計画が必要性があって、現実性があって、本当に大事であれば上も理解すると思うので、そういうふうな働きかけを一回京都府にされたらどうですかとは思うんですが、どうでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 まず、今この予算につきましては、林業振興という観点からの補助交付金事業でございますので、放置している山林をいかに手を入れてもらうかという国の施策で、この計画を立てらんと次の下刈り、間伐にも補助金が出ないという前段でのまず計画策定業務にも交付金をつけようということになっていると思われまして、これに手出せるのは、そしたら地元のもんがどんだけ手出せるかというたら、そうそうないと思います。大型の地主というか、そういう土地を持って資金を投入できるような方がそれの気になって、そして村の管理人が動くというような内容になってくるので、そんなに住民がすぐこれを手出して、そしたらこれ計画立てて林業振興いこかっていうふうにはならないと思うんです。


 もう1点は、先ほどおっしゃってますように南向きの斜面は、特別の危険箇所区域に設定されております。これは京都府のほうでの特に庁舎の裏が特別警戒区域ということで、指定しているわけなんです。村にはあらゆるところで危険箇所、いわゆる民家に近い裏山、この内容につきましては危険箇所区域ということで指定されてますので、その辺も踏まえて次に出てきます防災費の中の防災計画の見直し経費、この中で特に裏山の、あるいはそういう山、危険な箇所の森林地帯、これをどう整備していくか等々も盛り込んで計画に上げていって安全対策につなげていきたいと考えております。


○委員長(中嶋克司君)


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 森林組合のほうちょっとこういう話があるので、ちょっと関係、ちょっと話はそれますが、いつのころからというんかね、昔から1,200件、恐らくやったと思うんですけどもお正月の門松、我々が子供のときにはみんな山行ってぼんぼこぼん、ぼんぼこぼん切っとったんですけども、いつのときからか紙で両方で、これ南山城村もそうですかねこれ。それがなくなって、去年のお正月前に実は区長にどうなったんや、山行って松とりに行かな、この寒いのに行かんなんのかいうと、なれてしもたんやけどあれ実際どうでしたんやろ、結局、今の時期にやで何か知らんけど、どんだけかかるもんか知らんけど住民の皆さんこれ大概不自由したんやこの話、よそから来てはる人には知らんけど。


 うちの村はそれで松の木の新芽ぼんぼん、ぼんぼん切ってたんでそれがあかんということでやったということを聞いてんねんけど、実態わからへん。それが唐突にことしからなくなったんやわ。それでやっぱり来年の正月の話になるんやけど、あれ何とか復活してもらうように森林組合にお願いするのんか、それともただ紙だけ刷ったらええのんかやけど、ちょっと一考できへんかなと思うんやけどな。だから、ほんまはわし一般質問でしようと思ってんけど、わしインターネットようせんので、ほんでちょっとできたら住民の皆さんあれ役場がまたやりますということなったら大概喜ぶと思うんやけどな。


 そら馬力のある人はなどんどんど大きなもん立てていくんやわ、門松大きなもん、そやけどあれしかあかんいうさかいぼんぼんぼんぼんそこら切ったやさかいな、やっぱり松林が荒廃すると思うわ。南山城村田山1,200やで2本要んねんで、1軒にな、ほんならぼんぼんぼんぼん切るし、やっぱり行った以上、切ろうと思ってぼんぼんぼんぼん切んねんやわ、10本や20本切って、その中のええのん、後みんなほかしてあるというのが実際やねんな。ちょっと何とか行政のほうで考えられへんかと思うんですが、一応意見です。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 今、御質問の件につきましては門松カードというて、この細長い紙を2枚ずつ1軒当たり2枚ずつ配っていったカードですね、紙ですね、その紙のこと、その件につきましては、いろいろ賛否両論あるかなと思うんですけれども、門松、以前昭和40年代と言われているんですけれども、乱伐に伴う緑の保全というのが発端で始まったようです。


 しかし、最近そこから50年近くたって、正月飾りの多様化、そしてそれを不要としている方もおられるということで、これもう自治体によっては早くから廃止をしているというところもございまして、今回ちょっと事前の啓発というのか、お知らせが徹底できておりませんでして、混乱を招いたということをちょっとあったわけなんですけれども、村といたしましてはこの配布については今後は控えさせていただくと、廃止ということで庁内的には確認をさせていただいているところです。


 来年のお正月に向けては、お知らせを徹底していくというふうに考えておりまして、その辺で賛否両論あろうかと思うんですけれども、村としていわゆる飾りを多少であれこれ税金使って配布するというのはいかがなものか、そして多様化しているそういう文化というんですか、以前は全員ほど、1,200軒全員がほど2本ずつ切るということはなかったと思うんですけれども、そういった山が荒れてきているということは山に行っておられないということになってると思うんですけれども、その辺の緑化というんですか、緑を守る目的というのは希薄化、達しているんではないかという判断もございます。


 そういうことで今後は、来年に向けてはそういうお知らせについては徹底をさせていただいて、廃止です。ことしについては過去の蓄積というのか在庫で必要な方についてはお配りいたしましたけれども、昨年の12月末ですけれどもお配り、希望者だけには配りましたけれども、新たに印刷をして配るということは予算上も上げておりませんので、御理解のほうよろしくお願いいたしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 よろしいですか。


 「北  猛議員」


○7番(北 猛君)


 在庫あったから配ったということはどこへ配ったん。うちは全然配られてない。希望者だけ。深夜もしまってたさけい、何で来えへんねんって、区長に電話かけて怒ったんだ、どうなってん、あらへんねんで、結局どうやったんだ、考えようと思ってるの、それともこれから議論しようと思ってるの。


○産業生活課(山本雅史君)


 廃止です。


○7番(北 猛君)


 廃止したな今、ぼんぼん切ってもいいということやな。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 決してぼんぼん切っていいということではございません。自分が必要と思われる松飾りについては生花店で購入するなり、自分の山で切り出すなり、適切な方法で準備される、それが適切な松飾りのあり方であるというふうに感じます。


○委員長(中嶋克司君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 平和な議論が交わされているわけなんですけども、いろいろ考え方があるということはよくわかるんですけども、突然年末になってから廃止されたいうことで、私の近所では大分大騒ぎになって区長のとこへ言うていったりですね、怒っていました。また、ある地域の話を聞くと本郷はもらわはったんかと、もうたと言うから、うちはもろてへんと、どういうこっちゃねんいうて、そんなん議会で言うてんかいうてですね、言われる方があったわけですけども、私が理解してたのは松の枝が乱伐をされて、そういう中で28年の災害が起こって松の木を保護するために紙の門松が普及してきたんだというふうに聞かされてきました。


 家にしめ縄をするか、せんかとか、それはもう全く個人の自由であるわけなんですけども、環境を守っていく、特に松は今松枯れ病が大変広がっていて、どんどんと若木でもですね、枯れていくという状況になっています。そういう中で、さらに新たに松がですね、年末なったら切られというふうなことはもう一つどうかなというふうに私なりには感じます。


 そういう点でお聞きをしてましたら、これまでは10万円ぐらいの予算で印刷してたんやと、これも森林組合が印刷したとか、村が印刷したとかそんなはっきりせんような話がいろいろ飛び交ったりしておりますし、環境を守るという点でですね、従来のとおりですね、むしろ配るというほうが緑を守っていくという点では意味があるんじゃなかろうかな。村の、別に強制的にこれ張れといって配っているわけではありませんので、わずかな紙のことでですね、村民があれこれもめる必要もないわけで、それは環境保持という点でむしろあったほうがいいんじゃないかなというのは私の意見です。


 課長の話では、完全になしやと、予算化はしてないとこういうことであるわけなんですけども、かんかんがくがくやるような話ではないかとは思うんですけども、環境保持という点では私は意味のあることじゃないかなというふうに思います。


○委員長(中嶋克司君)


 答弁は、よろしいですか。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 最後になりましたが、それでは、79ページの野生鳥獣の関係と、それから別紙資料では20ページですね、課長にお伺いしますが、侵入防止柵の金網ですね、非常に好評で最近は金網も太くなってなかなかイノシシが入らないような金網になってますので、非常に皆さんが好評でございますんで、申込者が非常に多くなって2年間ほど待たんことにはなかなかきやへんということでございますが事実はそうですか。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課長」


○産業生活課(山本雅史君)


 確かに申し込みを受けて2年ほどお待ちいただいてるケースがあろうかと思います。年々、昨年は1,000万の事業費で見ておったんですけども、野生鳥獣駆除事業全体では1,300万、今回は1,805万2,000円ということで要望額もふやしまして対応をしていくということでございますので、よろしくお願いいたします。


 「廣尾正男議員」


○4番(廣尾正男君)


 ちょっとまた国庫補助ですね、国の補助を少しでもちょっと早くいただけるようね一つ働きかけてもろて、住民の人が農業を手放さんように一日も早く防護柵で農業経営ができるようりにひとつよろしくお願いしたいと思います。


○委員長(中嶋克司君)


 答弁は。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 農林水産ですよね。77ページの魅力ある村づくりのところでお聞きをしたいと思うんですけれども、27年度の予算で3億4,100万というお金が計上されております。それで、資料によりますと資料の18ページですね、これ午前中も補正のところでも議論になりましたけれども、まず1点目は、この用地関連とこれ一応その関連は個別にもこの運営関連の資料を出せということで、いただいている内容ありますね、運営に関するもの、27年度の分の2,045万円、この分だと思うんですけれども、用地の関連は先日いただきました、そういう内容でいいということなのか、これにかかわる資料、例えばですね、用地はもらいましたわね、造成工事も今回組まれているわけですよね、2億3,400万余りの造成工事、この辺の資料等もないわけなので、きょうはあれですからあすで結構ですので、この関連の3億4,102万の関連のこの資料をまず要求したいというのがまず1点。


 それからですね、このふれあい、これに基づいて、ふれあい交流拠点施設整備事業という資料をいただきました。この資料、ちょっとページがないのでよくわかりませんけれども、この資料の中に京都府の環境評価条例、平成10年度につくった対象の該当しないというのが書かれておりますので、あすで結構ですので、この条例をぜひ提示していただきたいというのがまず2点目。


 今度は質問ですけれども、まず、そういうことで1、2の資料を要請したいので委員長、取り計らいお願いします。


 質問ですが、この村づくりの事業ではですね、ことしのうちに8,060万円の用地を取得して物件補償も含めて一定用地の確保が完了をして、造成工事をすると27年度でというふうにその予算になってるわけです。そういう点ではちゃんとそうできるんでしょうかというのがまず1点ですね、質問。


 それからもう1点は、補正のところでも議論になりました。第三セクターについての3,000万分の今回は500万を組むという内容だということで説明がありました。多分、朝いただいた資料では出資金500万、来年は2,500万というふうになります。


 午前中の審議から申し上げますと、この出資金が具体的に予算で提示されたときには定款なり、条例なり、第三セクターに関する資料を提示すると村長答弁されました。実際、提示されているわけですので、それが出されることが必要だと思うんですが、その辺いかがでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 まだ今、これ予算の段階でございますんで、そんな会社はまだつくっておりませんが、実際にお金を、これを出資するときには、ちゃんとそれはつくって説明をしてから出資するということの思いで申し上げております。現時点ではまだ予算の段階ですんで、そこまでいっておりません。それと、造成できるんかというのですが、これは予算を通していただきましたら、すぐに用地買収の作業に入りまして、ことし1年かかって造成はできる予定になっております。


○委員長(中嶋克司君)


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 行政が用地も買ってちゃんと手当してできるっておっしゃるので、頑張ってくださいとしか、そこの部分は申し上げることはできないんですけども、用地についてです、用地についてもですが、先の議会でも質問をいたしました。用地を取得については借地にならないように、やまなみホールの二の舞は踏まないようにということで申し上げました。午前中の議論の中でも買収する方向だということでしたので、そのように理解をしたいというふうに思います。


 出資金のところですね、出資金を募るときにはとおっしゃいますが、予算に第三セクターにする予算がもう出ているわけですので、厳密には予算に出すときにやはり、これは継続費が出ているわけではありません。実質予算の中に当初予算に入っているわけですので、まさに予算の審議の裏づけの話ですからね、だからそういう点では一定、時期尚早というか、具体的にちゃんと練り込んでそれを予算化するべきだと思うんですけれども、もう前提で申し上げますように議会では十分の議論もされておりません。行政は第三セクターってお決めになってるという方針は担当課からありましたが、議会は必ずしもそうではありません。


 そういう点では、ぜひ中身もきょう言ってあしたは出ないと思うんですがじゃいつ出るんでしょうか。


○委員長(中嶋克司君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 このね、議員さんおっしゃることよくわかるんですが、何でこういうことになってきたかといいますと、村にはそういうやってくれる人がいなかったんですよね。これを人口減少を村の事業、村の活性化という問題を何とかしていこうとしていったんですが、なかなか民間で立ち上がるというふうに思ってたんですが、立ち上がってこない、そんな中で第三セクターというのは当初は申し上げてなかったんですが、それでつくるしかできないな、行政が入って会社をつくってやっていかないといけないなというふうになっております。


 担当から朝からもお答えしたように、大体7月、8月ぐらいの目標で設立を予定しております。今、その準備の段階で新しい課をつくって、いよいよそこで人員の配分も決めてやっていこうとしているんですが、会社設立につけての準備的な話はしておりますが、定款つくって重役を誰にしてというとこまでは至ってないのは事実であります。事前に早いというよりも6月議会には、その辺の内容を提示していくとして内容をお示しして設立ができるんかなというふうに思っておりますが、まだ新しい課長も決まっておりませんが、今推進室の室長のほうからその計画についてはお答えをさせます。


○委員長(中嶋克司君)


 「産業生活課主幹」


○産業生活課主幹(森本健次君)


 26年度まで、本年度までいろいろと例えば特産品なり、加工品を売っていくに当たって、どういう体制が必要なのかということを先にやっておられる道の駅の方々の御指導いただいて、うちでやるんであればこういう体制が必要であろう、そういうことを今までやってきました。一定方向づけ、第三セクターでやるという方向づけと体制のあり方みたいなことをようやく決まってきまして、先ほど村長が申しましたように6月議会ぐらいまでにその体制と約款関係、そういったものを整理したいというふうに思っております。


 他の市町村で自治体で第三セクターをつくってきた約款をつくってきた事例とか、そういったものを調査をし始めておりますし、そういったものを踏まえまして南山城村の第三セクターがどういう形でいくのかということを次回、時期議会までに詰めていきたいというふうに思っております。


 それと、あと先ほどの資料提出のことでの御確認なんですけれども、3億4,100万のこれ今回計上させていただいた項目ごとの例えば造成ですと、造成の平面みたいなものがあるんですが、そういったものの資料、物件、どこまで、まだ交渉ごとがありますので、どこまで乗せるかというのはちょっと調整させていただきますけれども、そういった資料を提出させていただいたらよろしいということでしょうか。


 それと、あと京都府の環境影響評価条例というのはいわゆる環境アセスのことでございまして、その事業がそこに例えば事業によって建物が建つとか、施設が建つことによって周囲の環境にどう影響及ぼすかというような、御存じやと思いますけれども、そういった条例がございまして今回は規模が小さいので、その条例に適用してないという意味での書き方ですが、その条例必要でしょうか。


○8番(青山まり子君)


 環境アセスだけのことですか。


○産業生活課主幹(森本健次君)


 そうです。そうです。


○8番(青山まり子君)


 そしたらけっこうです。


○産業生活課主幹(森本健次君)


 いいですか、わかりました。資料は準備させていただきます。


○委員長(中嶋克司君)


 5時を回りました。このまま続けますか、それともあすに審査を持ち越しますか、お諮りします。


 お諮りしましたが、本日の会議はこれで終わります。あす9時30分から続きを行います。御苦労さんです。


                (散会 17:05)