議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 南山城村

平成26年第 3回定例会(第2日 9月12日)




平成26年第 3回定例会(第2日 9月12日)





 



     平成26年第3回南山城村議会定例会会議録





      (平成26年9月9日〜平成26年9月26日 会期18日間)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


            議  事  日  程  (第2号)


                      平成26年9月12日午前9時34分開議


第1 同意第3号 「南山城村自治功労者の表彰につき同意を求める件」


第2 報告第4号 「平成25年度城南土地開発公社決算に関する報告書の件」


第3 承認第4号 「専決処分事項の承認を求める件(平成26年度南山城村一般会計補正予


          算(第3号)」


第4 議案第27号 「南山城村福祉医療費の支給に関する条例一部改正の件」


第5 議案第28号 「高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設


          総合整備計画の変更の件」


第6 議案第29号 「平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)の件」


第7 議案第30号 「平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件」


第8 議案第31号 「平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」


第9 議案第32号 「平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の


          件」


第10 議案第33号 「平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件」


第11 議案第34号 「相楽東部広域連合の処理する事務の変更及び相楽東部広域連合規約の変


          更の件」


第12 認定第1号 「平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算認定の件」


第13 認定第2号 「平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件」


第14 認定第3号 「平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算認定の件」


第15 認定第4号 「平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件」


第16 認定第5号 「平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算認定


          の件」


第17 認定第6号 「平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件」


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会議に付した事件  日程1〜日程17


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 応 招 議 員  (※は署名議員)


   議  長  新 田 晴 美 君        5 番  橋 本 洋 一 君


   副議長   梅 本 章 一 君        6 番  中 嶋 克 司 君


    1 番  吉 岡 克 弘 君       ※7 番  北     猛 君


    2 番  ? 谷 契 次 君       ※8 番  青 山 まり子 君


    3 番  中 村 富士雄 君        9 番  梅 本 章 一 君


    4 番  廣 尾 正 男 君       10 番  新 田 晴 美 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 不応招議員       なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 欠 席 議 員     なし


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 説明のため出席した者


   村長      手仲圓容 君       副村長     岸本重司 君


   参事兼総務課長 山村幸裕 君       税財政課長   廣岡久敏 君


   保健福祉課長  岸田秀仁 君       保育所長    木村啓子 君


   産業生活課長  山本雅史 君       建設水道課長  辰巳 均 君


   会計管理者   増田純永 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 事 務 局 職 員


   事務局長    山本隆弘 君


   書記


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


◎ 会 議 の 内 容


○議長(新田晴美君)


 議員の皆さん、おはようございます。


 ただいまから平成26年第3回南山城村議会定例会を再開します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の日程はお手元に配付したとおりでございます。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              ◎ 日程第1 同意第3号





○議長(新田晴美君)


 日程第1、同意第3号「南山城村自治功労者の表彰につき同意を求める件」を議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 皆さん、おはようございます。


 それでは、同意3号について御提案をさせていただきます。


 南山城村自治功労者の表彰につきまして同意を求める件を御提案申し上げます。


 本件は、南山城村自治功労者表彰条例第2条の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものであります。


 岡本正名さんにおかれましては、農業委員として平成5年7月20日から平成17年7月19日まで、4期12年間、森林組合代表理事組合長として平成15年2月19日から平成25年5月1日まで10年3カ月の間、地域の農林業の発展に力を注がれました。


 さらにこの間に、京都府森林組合連合会理事として3年間、京都府の林業振興にも御尽力されました。


 これらの功績が認められ、平成26年5月旭日単光章を受章されました。


 南山城村自治功労者表彰条例第2条第7号に該当するものであり、地域の発展に御貢献いただきました功績に対しまして、今回、南山城村自治功労者として表彰したく、議会の同意をお願いするものでございます。


 よろしく御審議賜り、御同意いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、議案の朗読を求めます。


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 それでは、同意第3号を朗読をさせていただきます。


 同意第3号、南山城村自治功労者の表彰につき同意を求める件。


 南山城村自治功労者表彰条例昭和44年条例第8号に基づき、下記のものの表彰について議会の同意を求める。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 住所、氏名、生年月日、表彰事由、条例該当項目の順でございます。


 住所におきましては、南大河原小字和田ノ畑12番地。


 氏名、岡本正名。生年月日、昭和18年1月21日、満71歳。


 表彰事由でございますが、農業委員として12年、村森林組合代表理事組合長10年3カ月、府森林組合連合会理事3年、そして、旭日単光章を受章されております。条例の該当項目は第2条第7号でございます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 質疑、討論を省略して、これから同意第3号「南山城村自治功労者の表彰につき同意を求める件」を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件は、原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。


                  (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、同意第3号「南山城村自治功労者の表彰につき同意を求める件」は、同意することに決定しました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              ◎ 日程第2 報告第4号





○議長(新田晴美君)


 日程第2、報告第4号「平成25年度城南土地開発公社決算に関する報告書の件」について報告を求めます。


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それでは、報告第4号でございます。朗読及び詳細説明をさせていただきます。


 報告第4号、平成25年度城南土地開発公社決算に係る報告書の件。


 地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成25年度城南土地開発公社決算に係る報告書を議会に提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容でございます。


 地方自治法第221条第3項の法人につきましては、法第243条3の3第2項の規定によりまして、毎年度、政令に定めるその経営状況を説明する書類を作成し、次の議会に提出しなければならないことになっております。


 議案書の2ページをお開きをいただきますと、事業報告決算認定について、平成26年7月の8日に自治会において認定を受けておるものでございます。


 本村におきましては、平成25年度末残高はありません。


 以上、報告をさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 これで、報告第4号を終わります。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              ◎ 日程第3 承認第4号





○議長(新田晴美君)


 日程第3、承認第4号「専決処分事項の承認を求める件」を議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、承認第4号、専決処分の承認を求める件について、御提案申し上げます。


 この専決処分の内容は、先般8月9日から10日の台風11号による豪雨に伴い、災害を受けました農林水産施設、公共土木施設の応急復旧工事費及び測量設計業務委託費の実施に伴います一般会計補正予算(第3号)でございます。


 概要につきましては、農林業施設に526万円と公共土木施設に780万円で、総額1,306万円の概算費用を計上させていただいております。財源につきましては、一部特定財源が見込まれるため、災害復旧事業債640万円、差額666万円につきましては、地方交付税を見込ませていただいております。


 なお、災害復旧に係る応急復旧工事及び測量設計業務の早急な対応が必要であり、議会を招集するいとまがなかったため8月12日付で専決処分をさせていただいておりますので、御報告させていただきます。


 よろしく御審議の上、御承認賜わりますようお願いを申し上げます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、税財政課長から詳細説明を求めます。


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それでは、承認第4号につきまして、朗読をもちまして説明とさせていただきます。


 承認第4号、専決処分事項の承認を求める件。


 地方自治法第179条第1項の規定によって、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し承認を求める。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりをいただきたいと思います。


 専決第4号、専決処分書、平成26年度南山城村一般会計補正予算(第3号)は、議会を招集するいとまがないため、地方自治法昭和22年法律第67号第179条第1項の規定により別紙のとおり専決処分する。


 平成26年8月12日、南山城村長手仲圓容。


 もう1枚おめくりをいただきたいと思います。


 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第3号)。


 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,306万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億790万9,000円とする。


 2項歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。


 地方債の補正。第2条、地方債の変更は、第2表、地方債補正による。


 1枚おめくりをいただきたいと思います。


 第1表、歳入歳出予算補正でございます。まず、歳入で款項、補正前の額、補正額、計の順でございます。


 地方交付税、地方交付税、補正額が666万円で、計が11億5,153万1,000円。


 村債の村債、補正額が640万円、計が2億4,640万円。


 補正されなかった款に係る額が10億997万8,000円、歳入合計、補正前の額が23億9,484万9,000円、補正額が1,306万円、計が24億790万9,000円でございます。


 歳出でございます。歳出のこれも同じく、款項、補正前の額、補正額、計の順でございます。


 災害復旧費の農林水産施設災害復旧費526万円の補正額で、合計が1,516万円、公共土木施設災害復旧費780万円の補正額で、合計2,221万9,000円。


 補正されなかった款に係る額が23億7,053万7,000円でございまして、歳出合計、補正前の額23億9,484万9,000円、補正額が1,306万円、合計24億790万9,000円でございます。


 続きまして、1枚おめくりいただきまして4ページでございます。


 第2表の地方債補正でございます。起債の目的、補正前、補正後でございます。


 災害復旧事業債につきましては、補正前の額500万円年を640万円増額いたしまして、1,140万円に、補正前の歳出、地方債合計2億4,000万円を2億4,640万円に補正するものでございます。


 続きまして、3枚おめくりをいただきまして、歳出の、済みません、ページ数が9ページ、10ページでございます。事項別明細でございまして、災害復旧費の農林水産施設災害復旧費、農林水産施設災害復旧費に補正額450万円、合計が1,440万円でございます。


 それと、続きまして、林業施設災害復旧費76万円、補正額76万円で、計76万円でございます。


 災害復旧費の合計として、992万円の補正前の額を補正額526万円補正をいたしまして、合計1,516万円でございます。


 続きまして、災害復旧費の公共土木施設災害復旧費でございます。目が公共土木施設災害復旧費、補正前の額が1,441万2,000円、補正額が780万円、合計が2,221万2,000円でございます。これについては合計同額でございます。


 続きまして、資料のほうをごらんをいただきたいというふうに思います。


 平成26年度の補正予算の第3号の概要ということで、主なものを掲載をさせていただいております。この補正につきましては、台風11号の災害被害に対しまして応急復旧工事及び本復旧に係る測量設計の費用を計上をいたしたものでございます。急を要するため専決処分をさせていただいてるところでございます。


 まず、災害復旧費の農林水産施設災害復旧費、農道水路応急復旧工事及び測量設計費、材料支給でございます。農道を2カ所の測量設計及び農道水路12カ所の応急復旧工事の費用及び土のう等の資材の費用でございまして450万円、特定財源として災害復旧事業債90万円を充てております。


 続きまして、林業施設の災害復旧事業の林業応急復旧工事でございます。これにつきましては、林道2カ所の応急復旧工事でございまして76万円。


 それと続きまして、公共土木施設災害復旧事業の道路、河川応急復旧工事費、測量設計費でございます。780万円でございまして、特定財源として、災害復旧事業債を充てております。550万円でございます。


 補助分といたしまして、道路8カ所、河川1カ所の測量設計及び浅子川の応急復旧工事で550万円、それと単独分といたしまして10カ所のコード取除き等の費用230万円を計上いたしております。


 詳細につきましては、1ページから4ページに詳細及び箇所図をつけておりますので、御参照いただけたらというふうに思います。


 説明は以上でございます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 ここで、お諮りします。


 日程第3、承認第4号「専決処分事項の承認を求める件」について、(平成26年度南山城村一般会計補正予算(第3号)について、会議規則第39条の規定により予算決算常任委員会に付託することにしたいと思います。


 御異議ありませんか。


                (「異議なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「異議なし」と認めます。したがって、承認第4号は、予算決算常任委員会に付託することに決定しました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              ◎ 日程第4 議案第27号





○議長(新田晴美君)


 日程第4、議案第27号「南山城村福祉医療費の支給に関する条例一部改正の件」を議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、議案第27号、南山城村福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の件について、御説明させていただきます。


 本条例の改正の件につきましては、母子寡婦福祉法の改正に伴いまして、京都府の要綱が改正されたことに伴い文言の一部を変更するものでございます。


 よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、保健福祉課長から詳細説明を求めます。


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 失礼いたします。議案第27号につきまして、議案を読み上げさせていただきまして詳細説明とさせていただきます。


 議案第27号、南山城村福祉医療費の支給に関する条例一部改正の件。


 南山城村福祉医療の支給に関する条例。


 平成元年条例第17号の一部を改正する条例を別紙のとおり定める。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりいただきたいと思います。


 南山城村福祉医療の支給に関する条例一部を改正する条例。


 南山城村福祉医療の支給に関する条例。


 平成元年条例第17号の一部を次のように改正する。


 第2条第2項中、母子及び寡婦福祉法を母子及び福祉並びに寡婦福祉法に第17号を第6条第6項に改める。


 附則、施行期日、この条例は平成26年10月1日から施行する。


 次のところのページでございますが、新旧対照をつけさせていただいております。


 改正内容でございますが、先ほど村長が提案理由でもおっしゃったとおりでございます。母子寡婦福祉法が母子及び父子並びに寡婦福祉法という名称の変更、これに伴いましてですね、条文の項目が変わったということで条例の改正をお願いするものでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 これから、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 国の法律のやり方が変わったので、変えるということなんですが、勉強不足で理解が私、浅いんだと思うんですけども、現行が母子及び寡婦福祉法、これに「父子並びに」という文言がつけ加えられているわけで、このことによってこの法の適用を受ける数、子供の数ですね、これが変わるのかどうか。現行もそのまま、父子の場合も適用されているのかどうか、そのあたりについてお聞きしたいと思います。


○議長(新田晴美君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 先ほどの御質問にお答えさせていただきます。現在ですね、京都府のほうの、これ京都府のほうの補助要綱が改正されたということになって、実際の運用としては今までは母子の方、それから両親のいない子供という形で母子家庭医療というふうな形で支給されてたわけですけども、今般ですね、この父子が入ることによりまして、結局一人親家庭の医療制度ということになりましたので、父子家庭も京都府の制度に適用になるといった形で4人程度が適用になるというふうに考えていただきたいと思います。


○議長(新田晴美君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 その数をですね、現在どれぐらい適用受けているのかということについて教えてください。


○議長(新田晴美君)


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 失礼します。父子の方が1名と、それから子供が4名になってますか、ごめんなさい父子が2名と子供が4名になってます。


○議長(新田晴美君)


 ほかに、質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 これで質疑を終わります。


 これから、討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第27号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                  (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、議案第27号「南山城村福祉医療費の支給に関する条例一部改正の件」は、原案のとおり可決されました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              ◎ 日程第5 議案第28号





○議長(新田晴美君)


 日程第5、議案第28号「高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更の件」を議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、議案第28号について説明をいたします。


 高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更について御提案申し上げます。


 この計画の変更内容につきましては、全村に係ります高度情報ネットワーク整備事業、図書室施設整備事業を、野殿地域に大河原多羅尾線道路舗装事業を、南大河原地域に針畑線道拡張工事を、それと田山地域にバチギ橋かけかえ工事とツカリ川水路改良をそれぞれ追加し、既設事業につきましては事業費等の精査行いを計画変更させていただいております。


 辺地債と関連いたしますので、その都度、京都府と協議し、議会に御提案させていただくこととなっております。


 なお、京都府との協議におきましては、事前に完了しておりますので、よろしく御審議賜り、御承認賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、税財政課長から詳細説明を求めます。


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それでは、議案第28号につきまして、朗読と詳細説明をさせていただきます。


 議案第28号、高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設総合整備事業計画の変更の件。


 南山城村が行う高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設の総合整備計画を別紙のとおり定める。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 次のページから辺地総合整備計画書ということで、全村にわたります計画書をつくっております。この計画書が平成24年度から平成26年度の3カ年の中で、辺地債を適用するような事業をこの計画の中に追加、削除を加えましてその都度、変更ということで議会の議決を得まして承認を得るものでございます。


 内容につきましては、最終ページから2枚目をごらんをいただきたいというふうに思います。


 新旧対照表ということでつけてございます。


 それでは、これにつきましては3年間、あくまでも計画ということでございまして、平成25年度までにつきましては、実績、それと平成26年度につきましては予算が通っている分につきまして、その財源、辺地債のこの計画に乗ってございませんと、辺地債の適用が受けられませんので、辺地債の適用ができるように計画の変更を行っているものでございます。


 まず、新旧対照表、変更後と変更前、左側が変更後、右側が変更前というふうになっております。


 まず、道路の整備、大河原多羅尾線でございます。これの辺地地域につきましては野殿地域でございます。大河原多羅尾線の道路修繕工事を平成26年度の当初予算で計上いたしております。前回の計画には乗っておりませんでしたので、今回、新規に追加をさせていただいております。


 続きまして、消防施設整備でございます。これにつきましては、村全域にわたるものでございまして、平成25年度に実施いたしました消防デジタル防災無線の精算によります減額と、それから平成26年度に実施されます高規格救急車の更新のための費用の南山城村の負担分の増を精査させていただきまして、増額をさせていただいているところでございます。


 続きまして、電気通信に係る施設の整備でございます。これにつきましては、全村対象でございます。これにつきましては、防災行政無線の整備事業でございまして、平成25年度に実施いたしました。これにつきましては事業実績に基づきまして減額をさせていただいております。


 続きまして、電気通信に係る施設の整備、高度情報ネットワーク整備事業でございます。これにつきましても辺地地域村全域でございます。今年度、実施をいたします高度情報ネットワーク機器の更新費用を計上をいたしております。


 続きまして、道路の整備、月ヶ瀬団地4号線、今山新道線、山城谷山峡ということで本年度につきましては、山城谷山峡の橋梁修繕工事を当初予算で計上いたしておりまして、その分の増額をさせていただいております。


 続きまして、1枚をおめくりをいただきまして、最終のページでございます。まず、公民館、その他、集会施設の整備でございます。図書室の施設整備事業といたしまして、これは辺地地域は全村でございます。図書管理情報システムの導入についての費用でございまして、これは東部広域連合で実施をいたします図書室のシステムの改修の費用を計上させていただいているものでございます。


 続きまして、道路の整備、針畑線道路拡幅工事でございます。辺地地域といたしましては、南山城村大河原でございまして、平成26年度新規に追加をさせていただいているものでございます。


 続きまして、道路の整備、高山橋舗装でございます。これにつきましては、従来からこの辺地計画に乗っていたところでございますが、事業費の予算が決定したところから辺地債で360万円の減額の補正変更をさせていただいております。


 続きまして、農業経営の近代化のための施設、それでバチギ橋梁のかけかえ工事とツカリ川水路の改良工事でございます。これにつきましては、地域は田山地域でございます。平成26年度の新規事業として追加をさせていただいております。


 続きまして、道路の整備、法ヶ平尾立石線でございます。これにつきましては、辺地地域高尾でございます。平成26年度実施分予算計上及び補助金の内示額により精査をいたしまして、減額の変更とさせていただいております。


 続きまして、消防施設整備大型動力ポンプ付積載車でございます。これにつきましては、辺地地域は高尾でございます。以前の計画では積載車のみの計上でございましたが、小型動力ポンプにつきましても、改修が必要ということから増額の変更を行ったものでございます。


 以上、内容につきましては全地域が辺地地域ということで、それぞれ変更させていただき府と協議し、総務大臣へ提出する運びとなっております。よろしくお願い申し上げます。


 以上でございます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 これから、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 お聞きいたします。ただいま説明いただいた新旧対照表でお聞きをしたいと思います。


 まず、1つ目は、対照表の1ページ目のほう、電気通信に関する施設の整備ということで、新規に1,434万1,000円が上程を計画に入れておられるわけなんですけども、具体的に何をどういうふうに更新をするのか、内容について教えていただきたい点、これが1点。


 それから、2点目、1ページめくっていただいた最終ページのところですね、既に東部広域連合教育委員会のほうで当初予算にも乗っているということのようですが、1,150万円の高額のですね、図書の貸し出しのシステム変更ということで、どういう現状がどうなっていて何をどう変えるのか、この点について本来は東部連合で聞くべき内容かもわかりませんが、ここへ上程されておりますので、内容について教えていただきたい。


 以上でございます。


○議長(新田晴美君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それでは、お答えをさせていただきます。


 まず、ネットワークの機器更新工事でございますが、これにつきましても平成26年度当初予算の中で計上させていただいておるところでございます。ネットワークの機器が全7機種、35台ございます。そのうちの1台ずつ、全機種1台ずつを更新をするものでございます。8年を迎えて緊急時の対応ということで、それを整備をしておいていざというときに備えるという分でございます。


 それと、図書室の整備でございます。図書室のシステムにつきましては、10年以上たっておりまして、なかなかその機能が果たしていない、あるいは、かえの部品がないという部分もございまして、今、施設がちょっともう機能がなかなか発揮できなくなってるという部分もございまして、改修したいということで図書室のシステムの整備をするものでございます。同一業務とか、書類、図書の資料が同書されてるかというのが即時にわかったり、書誌の情報登録機能あるいは蔵書の点検機能等が備えられているというふうに聞いております。


○議長(新田晴美君)


 ほかに、質疑ありませんか。


○議長(新田晴美君)


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 一番最後のページで、今答弁いただいたね、図書室施設整備事業で今答弁の中身で10年以上経過して部品がないというふうな答弁いただいたんですけど、これは電子機器、パソコンなどの変更ですか。


○議長(新田晴美君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 内容につきましては、詳しくといいますか、詳細のほうまでちょっと私のほうでは把握していない部分もございますが、これにつきましては辺地の総合計画ということで当初、東部連合が行う費用につきましての辺地債を充てるための計画でございますので、そういった部分、詳細についてはちょっと詳しくはないわけでございますが、10年以上経過して使えないという部分があっての変更というふうに聞いているところでございます。


○議長(新田晴美君)


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 説明、内容は十分把握をしていないという課長の答弁であったわけなんですけども、1,150万というのはかなり高額で、これは、まずうちの村にかかわってのことだけですね。同じように笠置や和束のほうも同じシステムを入れて、お互いを連携して貸し借りするとか、ちょっとそのあたりのところがですね、かなり高額なので、それで、もう既に予算化されているということなので、ちょっと気にかかりますので、もし今ここでわからなければ後でもこの点については、資料の提供をですね、お願いしたいと思います。


○議長(新田晴美君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 広域連合に予算を提案をしていただいてですね、それが予算を通った分を村の分担分を辺地債でするということの今辺地計画の変更をしているんであって、その内容、どういう機器を使うんか、何で使うんかというようなことについては、東部連合議会で調査をしていただいたら結構かというふうに思うんですが、分担金の中で総額で出てきてる分ですので、詳細についてはこちらでは把握しかねておりますので、連合の中での予算の執行の中で意見はあったものというふうに思います。


 ですから、ここで内容を詳しくということになりますと、ちょっと今ここに手元にはないと。


○議長(新田晴美君)


 ほかに、質疑ありませんか。


 3回目、4回目やでこれで。3回目や。


 「橋本洋一議員」


○5番(橋本洋一君)


 詳しくは東部連合の議会で聞けとこういう連合長の村長のお言葉であるわけんですけども、非常にうちの村の分担分だけでも1,150万円ということで、高額でパソコンそのものをかえていくということなのか、それともソフトのですね、いわゆる貸し出しについてのソフトの変更なのか、その点についてぐらいは説明ができるんじゃないかと思います。お願いいたします。


○議長(新田晴美君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 改修内容につきましては、ソフト、ハードともでございます。その費用でございまして、これのほうについては村の図書室及びほかの図書館あるいは京都府との接続も含めての機能を持っております。


 それで、この財源については、村のほうの図書室の整備ということになりますので、全体の中の村の分としてうちのほうへが負担するということになりますんで、その費用全体を村のほうで負担する、その村の負担をするに当たって交付税等の有利な起債である辺地債を充てるということでの措置でございます。


○議長(新田晴美君)


 ほかにありませんか。


 「中嶋克司議員」


○6番(中嶋克司君)


 2回目です。ただいま御答弁でね、ソフト、ハードとも更新ということでしたけど、確認させていただきますが、昨年、役場のほうでもね、XPからセブンに変えましたよね、あの一連ですか。


○議長(新田晴美君)


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それとはまた別で図書室のシステム事態がもう古くなっているということでございます。


○議長(新田晴美君)


 ほかに、質疑ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「質疑なし」と認めます。これで質疑を終わります。


 これから、討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第28号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                  (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、議案第28号「高尾・田山・北大河原・南大河原・野殿・童仙房辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更の件」は原案のとおり可決されました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





       ◎ 日程第6 議案第29号から日程第10 議案第33号





○議長(新田晴美君)


 日程第6、議案第29号「平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)の件」、日程第7、議案第30号「平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件」、日程第8、議案第31号「平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」、日程第9、議案第32号「平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件」、日程第10、議案第33号「平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件」以上、補正予算5件について、会議規則第37条の規定により、一括議題としたいと思います。


 御異議ありませんか。


                (「異議なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「異議なし」と認めます。したがって、議案5件については一括議題とします。


 提案理由の説明ですが、各議案ごとに区別した説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、補正予算の提案を申し上げます。


 まず、議案第29号、平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)について、御提案申し上げます。


 歳入歳出予算の総額24億790万9,000円に歳入歳出それぞれ1億818万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億1,609万円とするものでございます。


 今回の補正予算の概要につきましては、自然の家の補修や災害復旧等、急を要する内容と制度改正に伴いますもの、補助事業採択分につきましての予算を計上させていただいております。


 総務費に自然の家の有効活用を進める上で、建築基準法での指摘事項を改善する補修費用等に3,693万3,000円、マイナンバー法施行に伴います準備として、例規整備支援業務に194万4,000円、電算管理業務に978万7,000円を計上しております。


 衛生費では、高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種事業が定期接種化されたことに伴う接種委託等費用として114万円を。


 次に、農林水産業費では、農地中間管理機構の設立に伴う事業費に30万円、府補助の採択に伴います茶振興対策事業に440万円を、土木費におきましては、道路維持補修事業といたしまして、道路舗装修繕に450万円、道路維持管理事業として、崩度取り除き等費用150万円を計上しております。


 また、先の専決処分事項におきまして応急復旧費用を御承認いただきました、台風11号の豪雨によります、災害対策避難所設置等の費用といたしまして消防費において189万2,000円を、災害復旧事業として、農林水産施設災害復旧事業に825万円、公共土木施設災害復旧事業に3,640万円計上しております。


 なお、財源につきましては国、府、地方債の特定財源が充当されますが、一般財源としては交付税351万9,000円と繰越金1,459万7,000円を計上させていただいております。


 以上が一般会計の補正予算でございます。


 続きまして、議案第30号、平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件でございます。


 本件につきましては、歳入歳出それぞれ4,155万9,000円を増額し、総額5億3,984万3,000円とするものであります。


 歳入につきましては、制度改正費用に係る特別調整交付金と特定健診負担金等、国庫支出金84万2,000円の増額、前年度繰越金の4,065万4,000円を計上しております。


 歳出につきましては、国民健康保険制度改正に係る費用として総務費を14万1,000円の増額、国・府支出金、支払い基金及び一般会計への償還金として1,974万9,000円の増額、予備費として2,180万2,000円の増額等を計上しております。


 これが国保会計の補正予算であります。


 続きまして、議案第31号、平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件でございます。


 今回の補正は、まず保険事業勘定で歳入歳出それぞれ440万8,000円ずつ増額し、総額2億9,889万8,000円とするものであります。


 歳入につきましては、平成25年度決算によります、繰越金が確定したため前年度繰越金として98万4,000円を計上しております。


 歳出の主たるものは、国・府支出金、支払い基金及び一般会計への償還金として440万8,000円を計上しております。


 また、介護サービス事業勘定では歳入歳出67万9,000円ずつ増額し、236万9,000円とするものであります。


 歳入につきましては、平成25年度決算により、繰越金が確定したため67万9,000円を計上しております。


 歳出につきましては、居宅介護支援事業で67万9,000円を計上しております。


 よろしく御審議賜りますようお願いをいたします。


 次に、議案32号、平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件でございます。


 本件につきましては歳入歳出それぞれ82万8,000円を増額し、総額4,851万2,000円とするものであります。


 歳入の主なものでございますが、繰越金として89万8,000円の増額、雑入として7万円の減額を計上しております。


 続きまして、歳出の主なものでございますが、後期高齢者医療広域連合事務費負担金74万4,000円の増額、保険事業費として6万円9,000円の減額、補助金の返還として15万3,000円増額を計上しております。


 以上が後期高齢者医療会計の説明でございます。


 最後に、議案33号、平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)についてでございます。


 南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出総額2億3,861万7,000円に30万円を追加し、歳入歳出それぞれ2億3,891万7,000円とするものであります。


 歳入につきましては、前年度繰越金91万9,000円の計上及び、一般会計繰入金61万9,000円の減額をいたしております。


 歳出の主な内容につきましては、8月の台風11号災害及び高尾での漏水対応に伴い、職員人件費において時間外勤務手当を30万円の増額補正を計上いたしております。


 よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いを申し上げ提案説明といたします。


○議長(新田晴美君)


 ここで、各議案について説明を求めます。


 最初に、議案第29号から議案第33号まで順に各課長から提案説明を求めます。


 日程第6、議案第29号「平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)の件」について税財政課長の詳細説明を求めます。


 「税財政課長」


○税財政課長(廣岡久敏君)


 それでは、議案第29号につきまして、朗読をもちまして詳細説明をさせていただきます。


 議案第29号、平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)の件。


 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)を、地方自治法第218条の規定により提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりをいただきたいというふうに思います。


 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)。


 平成26年度南山城村一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億818万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億1,609万円とする。


 2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。


 地方債の補正。


 第2条、地方債の変更は、第2表、地方債補正による。


 1枚おめくりをいただきまして、2ページ、3ページでございます。


 まず、2ページ目、第1表、歳入歳出予算補正。


 歳入、単位は1,000円でございます。款項、補正前の額、補正額、計の順でございます。


 地方税の地方交付税、地方交付税、補正額が351万9,000円で合計11億5,505万円。


 国庫支出金の国庫負担金、補正額が2,388万4,000円、合計8,636万1,000円。国庫補助金、補正額が888万5,000円、合計1億1,803万9,000円、国庫支出金の合計の補正が3,276万9,000円、合計が2億552万9,000円。


 府支出金の府補助金、補正額が2,239万9,000円、合計が1億4,501万4,000円。府支出金の合計、補正額が2,239万9,000円、合計が1億9,110万8,000円。


 繰越金の繰越金、補正額が1,459万7,000円、合計が2,209万7,000円でございます。


 諸収入の雑入でございます。補正額が309万7,000円、合計が7,283万3,000円。


 村債の村債でございます。補正額が3,180万円、合計が2億7,820万円でございます。


 補正されなかった款に係る額が5億9,117万3,000円でございまして、歳入合計、補正前の額24億790万9,000円、補正額が1億818万1,000円、合計が25億1,609万円でございます。


 続きまして、次のページ、3ページでございます。


 歳出でございます。単位が1,000円でございます。款項、補正前の額、補正額、計でございます。


 まず、総務費の総務管理費、補正額が4,965万7,000円、合計が4億21万2,000円、総務費合計で補正額が4,965万7,000円で合計が4億6,982万7,000円でございます。


 続きまして、民生費の社会福祉費でございます。補正額が32万9,000円、合計で3億1,780万5,000円。児童福祉費でございます。補正額が43万2,000円、合計が1億814万円。民生費の合計、補正額が76万1,000円で合計4億2,594万5,000円。


 衛生費の保健衛生費でございます。補正額が52万1,000円、合計が2億3,512万7,000円、衛生費の補正額合計が52万1,000円で、合計3億4,762万1,000円。


 農林水産業費の農業費、補正額が470万円で合計3億201万円、農林水産業費の合計、補正額が470万円、合計3億1,814万5,000円。


 土木費の道路橋梁費、補正額が600万円、合計で1億556万2,000円、土木費合計、補正額が600万円、合計が1億5,081万7,000円。


 消防費の消防費でございます。189万2,000円でございまして、合計1億3,294万3,000円。


 災害復旧費の農林水産施設災害復旧費、補正額が825万円、合計2,341万円。公共土木施設災害復旧費の補正額3,640万円で合計5,861万2,000円。災害復旧費の合計、補正額が4,465万円、合計8,202万2,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額が5億8,877万円で歳出合計、補正前の額24億790万9,000円、補正額が1億818万1,000円、合計が25億1,609万円でございます。


 そしたら、次のページをおめくりをいただきたいと思います。4ページでございます。


 第5表となっておりますが、こちら間違いでございまして第2表でございます。申しわけございません。訂正をよろしくお願いしたいと思います。


 第2表、地方債補正。起債の目的、補正前、補正後でございます。


 公共施設の整備事業債といたしまして、自然の家の補修事業ということで1,800万円、新規に計上させていただいております。


 それと、災害復旧事業債といたしまして1,140万円から2,520万円へ1,380万円の増額をさせていただいております。


 地方債合計といたしまして、補正前が2億4,640万円、補正後につきましては2億7,820万円でございまして3,180万円の増額というふうになったものでございます。


 続きまして、まず、歳出のほうから、事業別明細について歳出のほうから、目までの説明をさせていただきます。11ページ、12ページでございます。


 歳出でございます。


 総務の総務管理費、一般管理費で補正額が194万4,000円、合計1億4,368万1,000円。財産管理費で補正額3,693万3,000円、合計8,992万5,000円。


 電子計算費、補正額978万7,000円、合計1億1,463万8,000円。


 交通安全対策費、補正額が99万3,000円で合計360万6,000円。


 総務費の合計、補正額が4,965万7,000円で、合計4億21万2,000円でございます。


 続きまして、民生費、社会福祉費の社会福祉総務費でございます。補正額が14万1,000円、合計1億6,776万1,000円。老人福祉費の補正額18万8,000円、合計1,955万3,000円。社会福祉費の合計で補正前の額が3億1,747万6,000円、補正額が32万9,000円、合計3億1,780万5,000円でございます。


 続きまして、民生費の児童福祉費、児童福祉総務費、補正額が43万2,000円で合計1,551万円。児童福祉費の合計、補正前の額が1億770万8,000円、補正額が43万2,000円、合計1億814万円でございます。


 続きまして、13ページ、14ページでございます。


 衛生費の保健衛生費の予防費、補正額が114万円、合計580万9,000円。環境衛生費につきましては、補正額がうろこの61万9,000円、合計1億7,142万2,000円。保健衛生費の合計といたしまして、補正額前の額が2億3,460万6,000円、補正額が52万1,000円、合計2億3,512万7,000円でございます。


 続きまして、農林水産業費の農業費の農業委員会費、補正額が30万円で合計が302万2,000円、農業振興費、補正前の額が440万円、補正後、合計が1億1,119万6,000円。農業費の合計、補正前の額が2億9,731万円、補正額が1,472万円、合計3億201万円でございます。


 続きまして、土木費の土木橋梁費、道路維持費で補正額が600万円、合計が1,542万3,000円でございます。それで、道路橋梁費の合計、次の15ページ、16ページになりますが、合計が補正前の額9,956万2,000円、補正額が600万円、合計1億556万2,000円でございます。


 続きまして、消防費、消防費の災害復旧災害対策費でございます。補正額が189万2,000円、合計281万2,000円でございます。消防費の合計、補正前の額1億3,105万1,000円、補正額が189万2,000円、合計1億3,294万3,000円でございます。


 続きまして、災害復旧費の農林災害復旧費の農林水産施設災害復旧費、補正額が825万円、合計2,265万円。農林水産施設災害復旧費の項の部分でございます、合計、補正前の額が1,516万円、補正額が825万円、合計2,341万円でございます。


 続きまして、災害復旧費の公共土木施設災害復旧費、補正前の額が3,640万円で合計が5,861万2,000円。項の公共土木施設災害復旧費につきましても同額でございます。


 続きまして、戻りまして7ページ、8ページでございます。


 歳入でございます。同じく款項目、それと補正前の額、補正額、計でございます。


 地方交付税、地方交付税、補正前の額が351万9,000円、合計11億5,505万円、項合計同額でございます。


 国庫支出金の国庫負担金の災害復旧費国庫負担金、補正額が2,388万4,000円、合計3,262万9,000円でございます。国庫負担金の合計でございますが、補正前の額が6,277万7,000円、補正額が2,388万4,000円、合計が8,636万1,000円でございます。


 続きまして、国庫支出金の国庫補助金、総務費国庫補助金でございます。補正額が888万5,000円、合計は同額888万5,000円でございます。国庫補助金の合計、補正前の額が1億915万4,000円、補正額888万5,000円、合計1億1,803万9,000円でございます。


 続きまして、府支出金の府補助金、総務費府補助金でございます。補正額が1,800万円、合計で4,488万3,000円。農林水産業費補助金、補正額が439万9,000円で合計7,549万9,000円。府補助金の合計の補正前の額1億2,261万5,000円、補正額は2,239万9,000円、合計1億4,501万4,000円でございます。


 続きまして、繰越金、繰越金、繰越金でございます。これにつきましては、項目同額でございまして、補正前の額750万円、補正額が1,459万7,000円、合計1,209万7,000円でございます。


 続きまして、諸収入の雑入でございます。これにつきましても、項の雑入と目雑入が同額でございます。補正前の額が6,973万6,000円のところ補正額309万7,000円、合計7,283万3,000円でございます。


 続きまして、9ページ、10ページ、次のページでございます。


 村債、村債でございまして、総務債、補正前の額6,170万円、補正額が1,800万円、合計7,970万円。災害復旧事業債、補正額が1,380万円で合計2,520万円、村債の合計、補正前の額が10億4,640万円、補正額が3,180万円、合計2億7,820万円でございます。


 続きまして、資料のほうの説明をさせていただきたいというふうに思います。


 議案第25号資料のほうをごらんをいただきたいというふうに思います。


 まず、概要のほうをこちらのほうでまとめております。主立ったものということでございまして、一部入ってないものがございますが、主なものということで御理解をいただきたいというふうに思います。


 まず、総務費で庁舎管理等事務事業ということで1,194万4,000円計上しております。これにつきましては、マイナンバー法案が可決をされまして個人情報保護条例とか、マイナンバーの独自事業のための条例の改正が必要でございます。それと、行政手続条例の作成も必要でございまして、現行の条例の影響調査を及び条例の作成の費用として計上させていただいております。


 続きまして、公共施設補修事業、自然の家補修ということで建築基準法及び消防法で指摘事項についての改修事業ほかの事業でございまして、3,693万3,000円、特定財源として3,600万円を見ております。これについては未来戦略一括交付金として1,800万円、それと未来づくり指針として1,800万円を計上しているところでございます。


 続きまして、電算管理事業のマイナンバー制度対応でございます。マイナンバー制度に対応するための電算システムの改修でございまして、978万7,000円、これについては、これ以外のものもあるわけですが、主にはマイナンバー制度に対する費用でございます。


 特財といたしまして、国庫補助金888万5,000円を計上しております。


 それと、交通安全施設の整備事業で99万3,000円を見ております。これにつきましては、カーブミラーの管理システムの導入あるいはどこにあるかという調査も含めての委託料でございます。


 続きまして、民生費の子ども子育て事業計画策定業務で43万2,000円でございます。これにつきましても子ども子育て3法案の施行に伴いまして、条例の制定が必要になりますが、この条例を策定するに当たりまして、その他の条例との影響についての見直し及び整備についての支援を委託するものでございます。


 続きまして、衛生費の肺炎球菌ワクチン接種事業ということで、高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期接種化されます。それに伴いまして、その費用といたしまして114万円を計上しております。


 続きまして、農林水産業費の農地管理調整事業(農地中間管理事業)ということで、耕作放棄地の解消あるいは農地の集積等をするために、農地中間管理機構というのを置きました。その機構からの業務委託といたしまして、中間管理機構より委託をされるものでございまして、全額中間管理機構のほうからの特財が入ります。


 それと、茶振興対策費として、乗用型適採機の購入でございます。これについては、2台分でございまして40%の補助がございます。440万円を計上しておりますが、ほぼ同額の特財439万9,000円が国の補助として入ってまいります。これにつきましては、額が違いますのは歳入歳出の予算の計上についてちょっとこういった格好で出すわけですが、同額の補助がされるというふうに考えていただけたらというふうに思います。


 それと、土木費の道路維持補修事業、道路舗装事業でございます。これは、道路補修ということで高山石津線ほか、道路が傷んだ部分についての修繕工事として450万円、それと道路維持管理事業、倒木撤去等の費用として150万円を計上しております。


 続きまして、消防費の災害対策費でございます。職員時間外勤務手当ほかということで189万2,000円。これは過日の台風11号に伴います避難所開設に伴います補正でございます。


 続きまして、災害復旧費の農林水産災害復旧事業補助、補助分といたしまして農林2路線825万円、特財といたしまして国庫補助金487万5,000円、災害復旧費事業費3,000万円、合計787万5,000円を特財として計上しております。


 続きまして、公共土木施設災害復旧事業、単独事業で水道補償として、保守として130万円、補助分といたしまして時間外勤務手当、河川2カ所、道路8カ所の災害復旧費として3,510万円、特定財源として1,980万9,000円、この内訳は国庫補助金が1,900万9,000円、それと災害復旧事業債が1,080万円でございます。


 補正合計が1億818万1,000円でございます。


 その他、この事業につきましては、後ろのほうに使用事項別説明がついておりますのでごらんをいただきたいというふうに思います。


 以上でございます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(新田晴美君)


 ここで暫時休憩します。11時まで休憩します。


             (休憩 10:50〜11:00)


○議長(新田晴美君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(新田晴美君)


 次に、日程第7、議案第30号「平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件」、日程第8、議案第31号「平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件」、日程第9、議案第32号「平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件」について、順次保健福祉課長から詳細説明を求めます。


 「保健福祉課長」


○保健福祉課長(岸田秀仁君)


 それでは、国民健康保険、介護保険、後期高齢者特別会計補正予算それぞれにつきまして、順次、朗読並びに詳細説明をさせていただきたいと思います。


 それでは、まず議案第30号、平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件。


 平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を地方自治法第218条の規定により提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりいただきたいと思います。


 平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。


 平成26年度南山城村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,155万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億3,984万3,000円とする。


 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。


 1枚おめくりいただきたいと思います。


 歳入歳出補正予算につきまして、第1表、歳入歳出予算補正、単位1,000円でございます。


 まず、歳入でございますが、款項、補正前の額、補正額、計といった形で説明させていただきたいと思います。


 国庫支出金の国庫負担金、マイナス2万9,000円、7,076万円、国庫補助金87万1,000円、2,305万8,000円、国庫支出金の補正前の額が9,297万6,000円、補正額が80万2,000円、計9,381万8,000円でございます。


 前期高齢者交付金1億6,495万5,000円、マイナスの4万9,000円、計が1億6,490万6,000円。


 府支出金でございます。府支出金の府負担金でございますが、マイナス2万9,000円、326万円、府支出金、補正額の額でございますけども3,203万9,000円、補正額がマイナス2万9,000円、計が3,201万円でございます。


 繰入金、一般会計繰入金でございます。補正額が14万1,000円、計が3,309万7,000円、繰入金でございます、補正前の額が4,376万6,000円、補正額が14万1,000円、計が4,390万7,000円でございます。


 繰越金でございます。補正前の額が1,000円、補正額が4,065万4,000円、計が4,065万5,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額でございますけども、1億6,454万7,000円。


 歳入の合計でございますけども、補正前の額が4億9,828万4,000円、補正額が4,155万9,000円、計が5億3,984万3,000円でございます。


 続きまして、3ページのほうになりますけれども、歳出でございます。同じく款項、補正前の額、補正額、計で御説明させていただきます。


 総務費の総務管理費でございます。補正額が14万1,000円、計が1,919万1,000円、総務費でございますけども、補正前の額が1億9,073万8,000円、補正額14万1,000円、計が1億9,087万9,000円。


 保険給付費の療養費でございます。3億12万円、補正額はゼロでございます。計が3億12万円、保険給付費といたしましては補正前の額が3億4,201万3,000円、補正額ゼロ、3億4,201万3,000円となっております。


 続きまして、後期高齢者支援金等の分でございます。補正前の額が5,142万円、補正額1万6,000円、計が5,143万6,000円。


 前期高齢者納付金等でございます。補正前の額が6万円、補正額がマイナス2万1,000円、計3万9,000円でございます。


 老人保健拠出金、補正前の額が10万5,000円、補正額が10万2,000円のマイナスでございます。計が3,000円。


 介護納付金でございます。2,225万円、補正額がマイナス2万6,000円、計が2,222万4,000円。


 保険事業費の特定健康診査等事業費でございます。補正額ゼロ、計366万5,000円で、保険事業費といたしまして補正前の額が726万1,000円、補正額がゼロ、計が726万1,000円でございます。


 諸支出金の償還金及び還付加算金、補正額1,974万9,000円、計が2,010万9,000円。諸支出金といたしましては、補正前の額41万、補正額が1,974万9,000円、計が2,015万9,000円。


 予備費でございます。補正前の額が1,000円、補正額100万円でございます。補正額のほうが2,180万2,000円、計が2,280万2,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額につきましては5,402万7,000円。


 歳出の合計でございますけども、補正前の額が4億9,828万4,000円、補正額が4,155万9,000円、合計が5億3,984万3,000円。


 事項別明細、歳出につきまして、まず8ページからおめくりいただきたいと思います。


 総務費、歳出の総務費、総務管理費、一般管理費でございます。補正額14万1,000円、合計が1,893万1,000円、これにつきましては委託料として14万1,000円を見込んでおります。これにつきましては、先ほど村長の提案理由にもございました国保の制度が改正されまして、軽減の拡大等によりまして国保ラインのほうのシステム改修が必要になったことによる委託料の分でございます。


 総務費、総務管理費の合計が補正前の額1,905万円、補正額14万1,000円、計1,919万1,000円となっております。


 続きまして、保険給付費、療養諸費、一般被保険者療養給付費でございます。補正額はゼロでございます。これの計が2億7,600万円となっております。これにつきましては、前期交付金が減になったことによりまして、財源の組み替えとなっております。療養諸費につきましての計、補正前の額、3億12万円、計も同様でございます。


 続きまして、後期高齢者支援金等、後期高齢者支援金等、目のほうの1番、後期高齢者支援金、補正額1万7,000円、計が5,143万2,000円、これにつきましては、負担金と負担金補助及び交付金といたしまして1万7,000円、それから2番目の後期高齢者関係事務費拠出金、補正額がマイナスの1,000円、計4,000円でございます。これにつきましても負担金補助及び交付金マイナス1,000円となっています。


 これらはともに支払い基金より後期高齢者の支援金の負担金のほうが確定いたしましたので、26年度分が確定といった形で増額並びに減額となっております。後期高齢者支援金等の補正前の額が5,142万円、補正額が1万6,000円、計5,143万6,000円となっております。


 続きまして、前期高齢者納付金等、前期高齢者納付金等、1、前期高齢者納付金、補正額がマイナス1万5,000円、計3万5,000円。2、前期高齢者関係事務拠出金、補正額マイナス6,000円、計4,000円。ともに負担金補助及び交付金といった形で計上しております。


 これも先ほどの後期高齢者支援金のほうで御説明させていただいたとおりでございまして、これにつきましても、支払い基金のほうから26年度の前期高齢者納付金というものが確定してまいります。その分の確定値による減額となっております。前期高齢者納付金等の計が補正前の額6万円、補正額がマイナス2万1,000円、計が3万9,000円となっております。


 10ページ、11ページのほうをおめくりいただきますようお願いいたします。


 老人保健拠出金、老人保健医療費拠出金、1、老人保健医療費拠出金、補正額マイナス10万円、計ゼロ、老人保健事務費拠出金、補正額マイナス2,000円、計3,000円、これにつきまして、これも先ほど来の御説明をさせていただいているところですけども、これにつきましても支払い基金のほうが給付の確定をしております。


 こういったことから、それぞれ減額となっておりまして老人保健医療費拠出金の補正前の額の計が10万5,000円、補正額がマイナスの10万2,000円、計が3,000円となっております。


 続きまして、介護納付金、介護納付金、目の1、介護納付金、補正額が2万6,000円、計が2,222万4,000円、これにつきましては、2号被保険者といいましてこれらの介護分ですね、これを納付しているわけですけども、これらも同様に支払い基金の確定が出てきております、こういったことの確定から減額をさせていただいております。介護納付金の計、補正額の計2,225万円、補正額マイナス2万6,000円、計2,222万4,000円としております。


 続きまして、保険事業費、特定健康診査等事業費、目の1でございます。特定健康診査等事業費、補正額ゼロでございます。補正後の額につきましても、補正前の額と同様に366万5,000円となっております。これにつきましても、財源の入れかえといった形になっておりまして、歳入の減といった形での調整といった形で歳入だけの組み替えに補正を上げさせていただいております。したがいまして、特定健康診査等事業費につきましての計、補正前の額366万5,000円、補正後の額も同様でございます。


 続きまして、諸支出金、償還金及び還付加算金、6、償還金でございます。補正前の額はゼロでございましたけども、補正額1,974万9,000円、計につきましては1,974万9,000円でございます。これにつきましては25年度療養費等、繰入金等の確定が出ましたので精算の分の償還金となっております。償還金及び還付加算金の補正前の額36万円、補正額1,974万9,000円、計が2,010万9,000円となっております。


 それではちょっと戻っていただきまして、歳入のほうの詳細の説明させていただきます。6ページ、7ページになっております。


 歳入のほうでございます。国庫支出金、国庫負担金、3、特定健康診査等負担金、補正額マイナス2万9,000円、計40万円、これにつきましては、算出額が支出額の3分の1の計算といった形で歳入のほう確定しておりますので、減額とさせていただいております。国庫負担金の計、補正前の額7,078万9,000円、補正額マイナス2万9,000円、計7,076万円。


 続きまして、国庫支出金、国庫補助金、1、財政調整交付金でございます。補正額が87万1,000円、計が2,305万8,000円、これにつきましては特別調整交付金として87万1,000円を見込んでおります。これが国庫補助金のほうでの確定事務に従いまして計上をしております。


 続きまして、前期高齢者交付金、前期高齢者交付金、目といたしまして前期高齢者交付金、補正額マイナス4万9,000円、計1億6,490万6,000円、節のほうでございますけども、前期高齢者交付金としてマイナスの4万9,000円としております。前期高齢者交付金の減額と、現年分については減額となっております。これも支払い基金の確定からの財源の内訳構成でございます。


 府支出金、府負担金、目の2、特定健康診査等負担金、補正額マイナスの2万9,000円、計が40万円、これにつきましても確定した額の3分の1といった形で財源の内訳がマイナス2万9,000円となっております。府負担金の計、補正前の額328万9,000円、補正額マイナス2万9,000円、計326万円となっております。


 繰入金、一般会計繰入金、目の1、保険基盤安定繰入金(保険税軽減分)でございます。補正額が14万1,000円、計が3,390万7,000円、これにつきましては、職員給与等繰入金となっておりますけども、先ほど歳出のところで申し上げました国保制度改正に伴う軽減の拡大等に伴うシステム等の分でございます。一般会計繰入金の計、補正前の額が3,376万6,000円、補正額14万1,000円、計3,390万7,000円。


 繰越金、繰越金、目のその他繰越金として補正額が4,065万4,000円、計が4,065万5,000円、節のほうでその他繰越金、これにつきましては25年度の国保会計が確定しましたので、繰越金として上がってきたものをこちらのほうに計上させていただいております。繰越金の計、補正前の額1,000円、補正額4,065万4,000円、計4,065万5,000円となっておりまして、国民健康保険特別会計補正予算1号のほうの説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案第31号、平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)の件でございます。


 朗読させていただきます。平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)。


 地方自治法第218条の規定により提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりいただきたいと思います。朗読させていただきます。


 平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)。


 平成26年度南山城村介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。


 第1条、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ440万8,000円を追加し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ2億9,889万8,000円とする。


 2、介護保険サービス事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ67万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ236万9,000円とする。


 3、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正によるとしており、1枚をまたおめくりいただきたいと思います。


 まず、保険事業勘定分のほうでございます。第1表、歳入歳出予算補正といたしまして、まず、保険事業勘定のほうにつきましては、訪問介護だとか、それぞれの保険給付にかかわる会計のほうでございます。


 歳入でございます。款項、補正前の額、補正額、計、単位1,000円で説明させていただきます。


 支払い基金交付金、補正前の額7,708万7,000円、補正額1,000円、計7,708万8,000円。


 繰入金の基金繰入金でございますけども、補正額が342万3,000円、計が577万4,000円、繰入金といたしましては補正前の額が5,935万9,000円、補正額が342万3,000円、計が6,278万2,000円。


 繰越金でございます。補正前の額が10万円でございます。補正額98万4,000円、計が108万4,000円。


 補正されなかった款に係る額、1億5,794万4,000円。


 歳入の合計につきまして、補正前の額2億9,449万円、補正額につきましては440万8,000円、合計が2億9,889万8,000円となっております。


 続きまして、3ページの歳出でございます。款項、補正前の額、補正額、計で説明させていただきます。


 諸支出金の償還金及び還付加算金、補正額が440万8,000円、445万8,000円、諸支出金、補正前の額が5万円、補正額が440万8,000円、計が445万8,000円。


 補正されなかった款に係る額2億9,444万円となっており、歳出の合計が補正前の額2億9,449万円、補正額が440万8,000円、合計が2億9,889万8,000円でございます。


 続きまして、事項別明細として歳出のほうになります。


 まず、保険給付のほうなんですけども、保険サービスのほうなんですけども、8ページのほうおめくりいただきたいと思います。


 歳出、諸支出金、償還金及び還付加算金、これにつきましては保険事業勘定の補正でございます。償還金経費として440万8,000円を計上しております。これにつきましては、平成25年度につきまして国支払い基金、繰入金等をですね、交付を受けたものについて給付の確定がありましたので、精算といった形で返還する分を見込んでおります。


 続きまして、6ページ、7ページをおめくりください。


 歳入の分でございます。支払い基金交付金、支払い基金交付金、うちの目が介護給付費交付金、補正額1,000円、計が7,657万円、支払い基金交付金の計が補正前の額7,708万7,000円、補正額が1,000円、計が7,708万8,000円、これにつきましては支払い基金の給付の決定が確定いたしましたので、1,000円だけ過年度の分として交付いただけるというふうなことから1,000円、計上させていただいております。


 続きまして、繰入金、基金繰入金、目のほうが介護給付費準備基金繰入金、これにつきましては補正前の額235万1,000円、補正額342万3,000円、計が577万4,000円、節のほうでは介護給付費準備基金繰入金342万3,000円を計上を補正としてさせていただいております。これにつきましては、3年間この計画が立ったときに3年間、基金のほうを取り崩しながらやっていくということで計画を立てており、償還金等も充当するといったことになりますので、今回ですね、補正として計上させていただいております。基金繰入金としての計が補正前の額235万1,000円、補正額が342万3,000円、計577万4,000円。


 続きまして、繰越金でございます。繰越金でございますけども、補正前の額が10万円、補正額が98万4,000円、計といたしまして108万4,000円、繰越金として補正額98万4,000円を計上しております。これにつきましては、平成25年度の介護給付・・事業等の歳入歳出の繰り越しが発生したもので前年度繰越金として、計上をしているものでございます。


 続きまして、サービス事業分のほうの補正を説明させていただきたいと思いますので、10ページ、11ページおめくりいただきたいと思います。


 こちらにつきましては、地域包括支援センターの経費に係る分の事業費の分でございます。収入は要支援者の方のケアプラン費、システムにつきましては、包括支援センターに係る必要経費の分のみの会計でございます。


 第1表、歳入歳出予算補正。歳入、単位1,000円、款項、補正前の額、補正額、計で説明をさせていただきます。


 繰越金の繰越金、繰越金ございますけども、補正前の額が1万円、補正額が67万9,000円、計が68万9,000円。


 続きましては、補正されなかった款に係る額168万円でございます。


 歳入合計といたしまして、補正前の額169万円、補正額67万9,000円、計といたしまして236万9,000円でございます。


 続きまして、11ページの歳出でございます。


 事業費の居宅介護支援事業費といたしまして、補正前の額が169万円、補正額が67万9,000円、計が236万9,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額につきましてはゼロ。


 歳出合計が169万円が補正前の額でございます。補正額が67万9,000円、計236万9,000円でございます。


 続きまして、16、17ページのほうをおめくりいただきたいと思います。


 これにつきましては、先ほども若干説明をさせていただきました居宅介護支援事業費として見込んでおりますけども、地域包括支線センターの維持経費に係るものを計上しております。補正前の額169万円、補正額67万9,000円、計236万9,000円、これにつきましては包括支援センターのほうは保健センターのほうに同一で直営でやっておりますので、光熱費のほうに充当をすることとして計上させていただいております。


 続きまして、14、15ページでございます。


 歳入のほうでございます。繰越金として補正前の額1万円、補正額67万9,000円、合計68万9,000円として計上しております。これにつきましてはこの地域包括支援センターに係る勘定の会計の繰越金のほうが発生していることから計上とさせていただいております。


 以上、介護保険特別会計補正予算の件についての説明を終わらせていただきまして、続きまして、議案第32号、平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を朗読並びに説明をさせていただきたいと思います。


 平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を地方自治法第218条の規定により提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりいただきたいと思います。


 平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。


 平成26年度南山城村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 といたしまして、歳入歳出予算の補正。


 第1条、歳入歳出の総額に歳入歳出それぞれ82万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,851万2,000円とする。


 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。


 1枚おめくりいただきたいと思います。


 第1表、歳入歳出予算補正といたしまして、単位はともに1,000円でございます。


 まず、歳入のほうから説明をさせていただきます。款項、補正前の額、補正額、計の順に説明をさせていただきたいと思います。


 繰越金、補正前の額が1万2,000円、補正額89万8,000円、計91万円、諸収入の雑入でございますけども、マイナス7万円としております。計が138万7,000円、諸収入といたしましては補正前の額が150万7,000円、補正額マイナス7万円、計143万7,000円。


 補正されなかった款に係る額4,616万5,000円。


 歳入合計につきましては、補正前の額4,768万4,000円、補正額82万8,000円、計4,851万2,000円としております。


 続きまして、次のページの歳出でございます。款項、補正前の額、補正額、計の順で説明をさせていただきたいと思います。


 後期高齢者医療広域連合納付金、補正前の額が4,480万2,000円、補正額74万4,000円、計4,554万6,000円。


 保険事業費、そのうちのですね、保険健康保持増進事業費といたしまして、6万9,000円マイナスとして計230万1,000円、保険事業費として補正前の額は237万円、補正額がマイナス6万9,000円、計が230万1,000円。


 諸支出金、そのうちの償還金及び還付加算金でございます。今回15万3,000円の増額として計20万3,000円、諸支出金、補正前の額が5万円、補正額が15万3,000円、計20万3,000円。


 補正されなかった款に係る額46万2,000円、歳出合計、補正前の額4,768万4,000円、補正額82万8,000円、計4,851万2,000円としております。


 まず、歳出について御説明をさせていただきます。8ページ、9ページをおめくりいただきたいと思います。


 歳出でございます。後期高齢者医療広域連合納付金、後期高齢者医療広域連合納付金、後期高齢者医療広域連合納付金目とされております。これにつきましては、補正額74万4,000円、計が4,554万6,000円でございます。これにつきましては、現年度分でございますけども、保険料分ですけども、この分について4月、5月分、これにつきましての分、収入の入ったものにつきましては、確定ということで今般納付するといった形になっている分をこちらのほうで計上させていただいております。後期高齢者医療広域連合納付金の計、補正前の額が4,480万2,000円、補正額74万4,000円、計4,554万6,000円。


 続きまして、保険事業必要、健康保持増進事業費、目のほうで健康診査費としております6万9,000円の減額とし、計のほうを230万1,000円としております。こちらにつきましては、委託料13万1,000円の増額、補助費といたしましては20万の減額としております。


 これにつきましては一般会計のほうでもございましたけれども、まず減額のほうの20万につきましては肺炎球菌ワクチンの予防接種事業のほうが後期高齢者75歳、5歳刻みのほうで100歳以上につきましては全てございますけども、義務化というふうな形で国のほうでも整備されたということで、その分についての20万の減額としております。委託料の13万1,000円につきましては、今のところですね、14人の申し込みが上がってきているということで、増額をして後期高齢者の方の人間ドックの拡充といった形でさせていただくこととして計上しております。


 健康保持増進事業費につきまして、計5,000万円の額が237万円、補正額がマイナス6万9,000円、計203万1,000円です。


 続きまして、諸支出金、償還金及び還付加算金、目のほうの償還金でございます。補正前の額はゼロ、補正額15万3,000円、計が15万3,000円でございます。これにつきまして節のほうでは28繰越金といたしまして、15万3,000円を見込んでおります。これにつきましては、平成25年度一般会計より繰出金をいただいております。精算した結果、事務経費分ですね、事務経費分と健診事業費の分について一般会計への返還ということ計上しております。償還金及び還付加算金の補正前の額5万円、補正額15万3,000円、計20万3,000円となっております。


 続きまして、歳入の詳細説明のほうに移らせていただきます。6ページ、7ページのほうをごらんください。


 歳入のほうでございます。繰越金、繰越金、繰越金でございます。補正前の額1万2,000円、補正額89万8,000円、計91万円としております。これにつきましては、前年度繰越金でございます。これにつきましては、平成25年度後期高齢者医療の特別会計のほうの決算額が確定して歳入歳出のほうで繰越金が発生したため、計上とさせていただいております。


 続きまして、諸収入、雑入でございます。補正前の額が145万7,000円、補正額がマイナス7万円、計が138万7,000円となっております。7万円のこれは減額となっているいわけですけども、これにつきましては歳出でも若干説明させていただきました人間ドック助成の分と肺炎球菌の接種化が国のほうで制度化されたということで、後期高齢のほう今まで特別調整交付金のほうでいただいておりましたけども、これの差額につきまして7万円の減額とさせていただいて、計上させていただいておるところでございます。


 以上、長くなりましたけども詳細説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 続いて、日程第10、議案第33号「平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件」について建設水道課長から、詳細説明を求めます。


 「建設水道課長」


○建設水道課長(辰巳 均君)


 それでは、議案第33号につきまして、朗読をもちまして詳細説明とさせていただきます。


 議案第33号、平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件。


 平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)を、地方自治法第218条の規定により提出する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚おめくりをいただきまして、1ページでございます。


 平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)。


 平成26年度南山城村簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正。


 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ30万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,891万円7,000円とする。


 2項歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表、歳入歳出予算補正による。


 続きまして、1枚おめくりをいただきまして2ページ、3ページでございます。


 第1表、歳入歳出予算補正。


 まず、歳入です。款項、補正前の額、補正額、計の順です。単位は1,000円でございます。


 繰入金、繰入金、補正前の額1億6,885万5,000円に、補正額うろこの61万9,000円、計が1億6,823万6,000円。


 次に、繰越金、繰越金、補正前の額11万円、補正額91万9,000円、計が92万9,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額、補正前の額が6,975万2,000円、計も6,975万2,000円でございます。


 歳入の合計、補正前の額が2億3,861万7,000円、補正額30万円、計が2億3,891万7,000円でございます。


 続きまして、3ページの歳出でございます。款項、補正前の額、補正額、計の順番でございます。単位は1,000円でございます。


 総務費の総務管理費に補正前の額6,784万4,000円に30万円の補正、計が6,814万4,000円でございます。


 補正されなかった款に係る額、補正前の額が1億7,077万3,000円、計が同じく1億7,077万3,000円でございます。


 歳出合計といたしまして、補正前の額が2億3,861万7,000円、補正額30万円、計が2億3,891万7,000円でございます。


 続きまして、まず、歳出のほうからでございます。おめくりをいただきまして8ページ、9ページ、最終ページでございます。


 一般管理費に30万円の補正でございます。これにつきましては、先の台風11号と漏水対応に伴う職員の時間外手当を計上させていただいております。


 続きまして、戻っていただきまして6ページ、7ページの歳入でございます。


 繰越金が91万9,000円、前年度繰越金が確定になりましたので、その分の計上、また、それに見合う一般会計からの繰入金を減額をさせていただいております。


 以上をもちまして、詳細説明とさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 以上で、提案理由の説明と詳細説明が終わりました。


 お諮りします。


 以上の補正予算案5件については、会議規則第39条の規定により予算決算特別委員会に付託することにしたいと思います。


 御異議ございませんか。


                (「異議なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「異議なし」と認めます。したがって、補正予算案5件について予算決算常任委員会に付託することに決定しました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





             ◎ 日程第11 議案第34号





○議長(新田晴美君)


 日程第11、議案第34号「相楽東部広域連合の処理する事務の変更及び相楽東部広域連合規約の変更の件」を議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、議案第34号、相楽東部広域連合の処理する事務の変更及び相楽東部広域連合規約の変更の件について、御提案申し上げます。


 いじめ防止対策推進法第30条第2項の規定による調査に関する事務を行う広域連合長に属する附属機関を設置するため、相楽東部広域連合の処理する事務の変更するとともに、相楽東部広域連合規約の一部を変更するもので、地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものでございます。


 御審議賜りますようよろしくお願いを申し上げ、提案理由とさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、総務課長から詳細説明を求めます。


 「参事兼総務課長」


○参事兼総務課長(山村幸裕君)


 議案書の朗読をもちまして、詳細説明とさせていただきます。


 議案第34号、相楽東部広域連合の処理する事務の変更及び相楽東部広域連合規約の変更の件。


 相楽東部広域連合の処理する事務を変更し、相楽東部広域連合規約、平成20年12月22日、京都府指令で20自治第1280号の一部を別紙のとおり変更することについて、地方自治法昭和22年法律第67号第291条の11の規定により、議会の議決を求める。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 1枚めくっていただきまして、相楽東部広域連合規約の一部を変更する規約。


 相楽東部広域連合規約平成20年12月22日、京都府指令20自治第1280号の一部を次のとおり変更する。


 第4条中、第9号を第10号とし、第8号を第9号とし、第7号に次に次の1号を加える。8号、いじめ防止対策推進法、平成25年法律第71号の第30条第2項に規定する附属機関(以下いじめ調査委員会という)の設置及び運営に関する事務。


 第5条中、第10号を第11号とし、第9号を第10号とし、第8号を第9号とし、第7号の次に次の1号を加える。


 8号、いじめ調査委員会の設置及び運営に関すること、別表第2を次のように改める。


 1枚めくっていただきまして、別表第2の中段の下のほうに9号、9でいじめ調査委員会の設置及び運営に関する事務経費区分については経常経費、負担割合は均等割が追加されております。


 次に、次の1ページめくっていただきまして、附則で施行期日、この規約は京都府知事の許可があった日から施行する。


 もう1枚めくっていただきますと、相楽東部広域連合規約の一部を変更する規約の新旧対照表で改正後と改正前が掲載しております。


 傍線の入ってる部分でございますが、8号に広域連合の処理する事務の中の8号にいじめ防止対策推進法の設置及び運営に関する事務が追加されて、それ以降、9号から順に繰り下げられております。


 そして、下の広域連合の作成する広域計画の項目の欄の8号にも同じくいじめ調査委員会の設置及び運営に関することが追加されまして、以下9号から繰り下げております。


 もう1枚、最後のページでございますが、最後のページには別表第2の新旧対照表で改正後、改正前の内容を掲載させていただいております。


 以上、詳細説明とさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 説明が終わりました。


 これから、質疑を行います。質疑ありませんか。


 「青山まり子議員」


○8番(青山まり子君)


 近年、子供のいじめによる自殺問題が社会問題となり、国でもこういう法律をつくって各教育委員会で対応するということで25年法律が施行されているわけですが、これ先ほどの説明の中では、いつからいうのは京都府の許可があった日からということになっておりますが、どのような方向性になっているのかというのが1点と。


 それから、いじめ調査委員会の設置とか運営ですが、どのような体制で実際、このいじめを防止するようなそういうのに、この委員会が役に立つというふうに規定されるのか、作業はこれからなのか、もうできているのかわかりませんが、その辺の点を説明いただきたいと思います。


○議長(新田晴美君)


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 この件については、11月の東部広域連合議会に提案する議案として、いじめ防止法に基づく調査委員会の設置を提案しようと思っておりますけれども、方向性についてはですね、教育委員会がつくるいじめ対策調査委員会と、地方公共団体が進める調査委員会というの2つがございます。今、申し上げているのは地方公共団体が進めるいじめ防止調査委員会ということになります。


 この調査委員会の内容でありますけれども、有識者、弁護士とか、保護司とか、そういう特殊な権限の持った人たちが集まって最終的にいじめの原因は何であるのか、どういう対応をするのかということの調査を地方公共団体がやる分を各町村の分から連合に事務を移管していこうという内容のものであります。


 別に、教育委員会が進める委員会というのもございます。これは教育委員会でつくっていくということになりますが、教育委員会は各町村の議会にかけなくてもやれていくんですが、行政がやる分と委員会のやる分と一緒にやろうということで、11月議会で、11月の広域連合議会でこれを提案していこうというものでございますが、そのために、内容については連合総務課の担当でございますけれども、私の知り得る限り御説明をさせていただいております。


○議長(新田晴美君)


 ほかに。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「質疑なし」と認めます。これで質疑を終わります。


 これから、討論を行います。討論ありませんか。


                 (「なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「討論なし」と認めます。これで討論を終わります。


 これから、議案第34号を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本件は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                  (賛成者起立)


○議長(新田晴美君)


 「起立全員」です。したがって、議案第34号「相楽東部広域連合の処理する事務の変更及び相楽東部広域連合規約の変更の件」は、原案のとおり可決されました。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(新田晴美君)


 ここで、ただいまから暫時休憩します。13時から再開します。


             (休憩 11:55〜12:57)


○議長(新田晴美君)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


   ――――――――――――――――――――――――――――――――――――





        ◎ 日程第12 承認第1号から日程17 認定第6号





○議長(新田晴美君)


 午後から、会計管理者が説明要員に入っておりますので、よろしく頼みます。


 日程第12、認定第1号「平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算認定の件」、日程第13、認定第2号「平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件」、日程第14、認定第3号「平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算認定の件」、日程第15、認定第4号「平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件」、日程第16、認定第5号「平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算認定の件」、日程第17、認定第6号「平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件」、以上、認定6件については会議規則第37条の規定により一括議題としたいと思います。


 御異議ありませんか。


                (「異議なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「異議なし」と認めます。したがって、認定6件については、一括議題とします。


 提案理由の説明ですが、各提案案件ごとに区別した説明を求めます。


 「村長 手仲圓容君」


○村長(手仲圓容君)


 それでは、決算認定1号から6号まで提案をさせていただきます。


 まず最初に、平成25年度南山城村一般会計及び特別会計5会計の歳入歳出決算について、説明をさせていただきます。


 まず、認定第1号、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算認定の件でございます。


 歳入総額は27億3,779万4,795円で対前年度比14.7%の増、歳出総額は26億5,129万6,351円で、対前年度比13.6%増とそれぞれ増加しております。


 実質収支、実質単年度収支はいずれも黒字となっております。


 また、財政健全化法に基づく健全化判断比率の状況でございますが、一般会計及び特別会計いずれの会計も赤字は出ておりませんので、実質赤字比率及び連結実質赤字比率はゼロでございます。一方、実質公債費比率におきましては昨年度より1.9ポイント下がり12.9%、将来負担比率につきましても25.4ポイント下がり62.3%が減少傾向となっております。


 いずれにおきましても、早期健全化基準率には達しておりませんが、特に、実質公債費比率につきましては、起債の発行に十分注意し、早期健全化に向けて取り組んでおります。


 歳入の主な項目といたしまして、国庫支出金におきましては、地域の元気づくり臨時交付金事業及び防災・安全社会資本整備総合交付金事業の繰越明許分が増加したため、前年度より9,742万3,000円増加し、2億928万3,000円となります。


 府支出金におきましては、強い農業づくり交付金事業及び農業基盤整備促進事業の繰越明許分が増加したため、前年度より1億3,553万1,000円増加し、2億7,327万円に、諸収入におきましては、前年度に裁判の結審に伴う供託金の返還があったこと等から本年度は2,862万1,000円の減少、村債におきましては、主にデジタル防災行政無線の整備に伴う辺地対策事業債、災害復旧事業債の増加により、1億4,340万円増加となっております。


 繰入金は、本年度におきましても財政調整基金の取り崩しを行っておりません。


 一方、歳出におきましても、合計では前年度より3億1,817万4,000円増加しております。主な要因といたしましては、デジタル防災行政無線整備事業の2億2,756万8,000円の増加及び消防救急デジタル無線の設置に伴います相楽中部消防組合の分担金の5,182万6,000円の増加、台風18号による災害復旧事業としての7,691万3,000円の増加に伴うものと公債費で3億1,556万7,000円の元利償還金の減少によるものでございます。


 また、平成24年度における国の補正予算によります緊急経済対策により予算計上し、平成25年度へ明許繰越を行い実施した、強い農業づくり対策事業1億920万2,000円、農業基盤整備事業6,124万1,000円、防災・安全社会資本整備事業4,917万5,000円が増加の原因となっているものでございます。


 平成24年からの継続費として5年間で実施しております、魅力ある村づくり事業については、平成24年度からの繰越明許としてふれあい交流広場整備計画委託料で1,118万8,000円、平成25年度の事業として、ノウハウ移転の委託等で727万3,000円事業実施をいたしたところでございます。


 平成25年度は、特に近年突発的な発生をいたします災害関連に備えまして、デジタル防災行政無線の整備により、一定の防災対策の環境を整えたところでございます。自主防災組織が全地域で発足し、連合会の設立されたところでございますので、村としても連携を図りながら、防災対策を強固なものにしたいと考えております。少しでも被害を最小限にとどめられるよう今後とも防災対策に取り組んでまいりたいと考えております。


 以上が平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算についての説明でございます。


 続きまして、認定第2号、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件でございます。


 本特別会計における一般状況は、年度末現在において加入世帯が580世帯、被保険者1,039人で南山城村の人口における加入率は34.5%となっております。


 歳入総額は、5億5,861万4,446円、歳出総額は、5億1,795万9,457円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は4,065万4,989円となっております。


 特に平成25年度の特徴といたしましては、歳出につきましては一般被保険者の保険給付費が対前年度比0.8%増、退職被保険者の保険給付費が9.6%増、国庫支出金の償還金等その他の支払いが732.5%増となっております。


 歳入につきましては国庫支出金が28%増の、前期高齢者交付金が12.8%増となっております。


 以上、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算についての説明とさせていただきます。


 続きまして、認定第3号、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算認定でございます。


 本特別会計における一般状況は、年度末現在における加入戸数は1,141戸、給水人口は2,702人となっております。


 歳入総額は、2億4,578万3,385円、歳出総額は2億4,485万3,511円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は92万9,874円となっております。


 歳入の主なものでございますが、使用料及び手数料として6,206万9,277円、繰入金として1億7,164万9,918円、府補助金として941万3,400円となっております。


 歳出につきましては、総務費として7,575万7,807円、公債費として1億6,909万5,704円となっております。


 以上が、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算の説明であります。


 続きまして、認定第4号、平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件でございます。


 本特別会計における一般状況は、年度末現在において被保険者数は、住所地特例の方を含めて1,176人となっております。


 1号被保険者の要介護認定者は227人で、被保険者数の19.3%となっております。


 介護保険特別会計につきましては、保険事業勘定分とサービス事業勘定分でございます。


 まず、保険事業勘定分でございますが、歳入総額は2億9,766万1,777円、歳出総額は2億9,657万7,427円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は108万4,350円となっております。


 歳入の主なものでございますが、保険料として4,730万9,530円、国庫・府・支払い基金から合計で1億8,641万5,586円、繰入金として6,027万5,000円となっております。


 歳出については、保険給付費が2億6,715万7,713円で、全体の90.1%を占めております。


 次に、サービス事業勘定分でございますが、歳入総額は199万3,945円、歳出総額は130万4,701円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は68万9,244円となっております。


 以上、主なものでございますが、予防計画作成に伴う費用、包括支援センター運営経費等となっております。


 以上が、平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算の御説明とさせていただきます。


 続きまして、認定第5号、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算認定の件でございます。


 本特別会計における一般状況は、年度末現在における加入戸数は1,128戸、加入率は91.3%となっております。そのうちインターネットは524戸に御利用いただいております。


 歳入総額は8,578万4,510円で、歳出総額は8,459万2,321円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は119万2,189円となっています。


 歳入については、ネットワーク利用料が6,953万4,293円で、全体の81.1%を占めております。


 歳出については、事業費が8,459万2,321円でインターネットサービスに係るプロバイダー手数料・伝送路やネットワーク施設の保守費等に係る委託料が主なものとなっております。


 以上が、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算認定の御説明でございます。


 最後に、認定第6号、平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件でございます。


 後期高齢者医療制度は、後期高齢者医療広域連合が保険料の決定及び医療費給付などを行い、市町村が保険証の引き渡し、保険料の徴収など各種届け出や申請の受け付けを行っています。


 歳入総額は4,382万1,646円、歳出総額は4,291万675円となっております。これにより歳入歳出差し引き額は91万971円となっています。


 歳入の主なものでございますが、保険料として2,883万6,737円、繰入金として1,296万5,759円となっています。


 歳出につきましては、後期高齢者医療広域連合納付金が4,063万8,124円で、全体の94.7%を占めております。


 以上、平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の説明でございます。


 以上が、各会計の決算概要でございます。


 本年度におきましても、国の経済対策等の政策により決算内容が増減いたしましたが、村の安定した行政サービスの提供が持続的に図られるよう、財政健全化に留意しつつ、今後とも健全な行政財政運営の執行に全力を傾注し努力してまいる所存でございますので、議会の皆様方の御指導、御鞭撻をお願い申し上げる次第でございます。


 なお、平成25年度の決算審査は、去る8月6日、18日、20日の3日間、梅本、高瀬両監査委員にお願いして実施をいただきました。


 決算監査の意見書の結果も踏まえまして、職員を督励いたしまして、公正・公明を旨とし、健全で効率的な行財政運営と住民サービスの徹底を図ってまいりたいと考えております。


 今定例議会に提出させていただいております一般会計決算及び特別会計5会計決算について、よろしく御審議、御承認賜りますようお願い申し上げて提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(新田晴美君)


 ここで、各認定案件について説明を求めます。


 最初に、認定第1号から認定第6号までの提案説明を求めます。


 「会計管理者」


○会計管理者(増田純永君)


 平成25年度南山城村一般会計及び特別会計5会計の歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。なお、村長の提案理由と重複するところがあると思うますが御理解をお願いいたします。


 それでは、初めに認定第1号、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算について御報告を申し上げます。


 まず、議案書のほうを朗読させていただきます。


 認定第1号、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて、議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、歳入のほうから説明させていただきます。款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 村税、全体といたしまして3億1,844万4,000円、3億4,874万6,201、3億3,536万704、51万1,500、1,287万3,997、1,691万6,704。そのうち村民税1億2,942万6,000、1億4,427万6,717、1億3,910万3,717、10万6,300、506万6,700、967万7,717。


 固定資産税1億6,958万1,000、1億8,184万1,279、1億7,430万7,680、36万1,000、717万2,599、472万6,680。


 軽自動車税862万5,000、943万5,132、875万6,234、4万4,200、63万4,698、13万1,234。


 たばこ税455万4,000、492万9,273、492万9,273、ゼロ、ゼロ、37万5,273。


 入湯税625万8,000、826万3,800、826万3,800、ゼロ、ゼロ、200万5,800。


 地方譲与税、全体といたしまして2,365万7,000、2,442万5,000、2,442万5,000、ゼロ、ゼロ、76万8,000。そのうち自動車重量税譲与税1,665万7,000、1,696万3,000、1,696万3,000、ゼロ、ゼロ、30万6,000。


 地方揮発油譲与税700万、746万2,000、746万2,000、ゼロ、ゼロ、46万2,000。


 利子割交付金、ゼロ、項も同じでございます。110万、107万6,000、107万6,000、ゼロ、ゼロ、マイナスの2万4,000。


 配当割交付金、こちらも項も同じでございます。73万、168万7,000、168万7,000、ゼロ、ゼロ、95万7,000。


 株式等譲渡所得割交付金、こちらも項も同じでございます。33万7,000、265万5,000、265万5,000、ゼロ、ゼロ、231万8,000。


 地方消費税交付金、項も同じでございます。2,370万、2,436万8,000円、2,436万8,000、ゼロ、ゼロ、66万8,000。


 ゴルフ場利用税交付金、項も同じでございます。7,630万7,000、7,601万1,075、7,601万1,075、ゼロ、ゼロ、マイナスの29万5,925。


 自動車取得税交付金、項も同じでございます。909万8,000、904万8,000、904万8,000、ゼロ、ゼロ、マイナスの5万。


 地方特例交付金、項も同じでございます。65万、72万7,000、72万7,000、ゼロ、ゼロ7万7,000。


 地方交付税、項も同じございます。12億4,112万3,000、12億5,699万6,000、12億5,699万6,000、ゼロ、ゼロ、1,587万3,000。


 次のページでございます。


 交通安全対策特別交付金、項も同じでございます。70万、60万7,000、60万7,000、ゼロ、ゼロ、マイナスの9万3,000。


 分担金及び負担金、全体といたしまして57万8,000、57万8,000、57万8,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ。そのうち分担金37万8,000、37万8,000、37万8,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 負担金20万、20万、20万、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 使用料及び手数料、全体といたしまして2,673万7,000、2,832万4,109、2,810万1,109、ゼロ、22万3,000、136万4,109、そのうち使用料1,323万4,000、1,601万6,409、1,579万3,409、ゼロ、22万3,000、255万9,409。


 手数料1,350万3,000、1,230万7,700、1,230万7,700、ゼロ、ゼロ、マイナスの119万5,300。


 国庫支出金、全体といたしまして3億2,787万1,000、2億928万3,293、2億928万3,293、ゼロ、ゼロ、マイナスの1億1,858万7,707、そのうち国庫負担金1億2,476万、6,214万7,304、6,214万7,304、ゼロ、ゼロ、マイナス6,261万2,696。


 国庫補助金2億196万7,000、1億4,599万6,000、1億4,599万6,000、ゼロ、ゼロ、マイナスの5,597万1,000。


 委託金114万4,000、113万9,989、113万9,989、ゼロ、ゼロ、マイナスの4,011。


 府支出金、全体といたしまして3億1,379万9,000、2億7,326万9,697、2億7,326万9,697、ゼロ、ゼロ、マイナスの4,052万9,303。そのうち府負担金3,615万8,000円、3,778万4,280、3,778万4,280、ゼロ、ゼロ、162万6,280。


 府補助金2億6,772万4,000、2億2,453万9,002、2億2,453万9,002、ゼロ、ゼロ、マイナス4,318万4,998。


 委託金991万7,000、1,094万6,415、1,094万6,415、ゼロ、ゼロ、102万9,415。


 財産収入、項は財産運用収入でございます。118万5,000、193万2,536、193万2,536、ゼロ、ゼロ、74万7,536。


 寄附金、項も同じく寄附金でございます。260万6,000、261万1,526、261万1,526、ゼロ、ゼロ、5,526。


 繰入金、全体といたしまして216万2,000、116万3,364、100、116万3,364、ゼロ、ゼロ、マイナスの99万8,636、そのうち基金繰入金100万、ゼロ、ゼロ、ゼロ、ゼロ、マイナスの100万。


 特別会計繰入金116万2,000、116万3,364、116万3,364、ゼロ、ゼロ、1,364。


 繰越金、項も同じく繰越金でございます。2,312万7,000、2,312万7,867、2,312万7,867、ゼロ、ゼロ、867。


 次のページでございます。


 諸収入、全体といたしまして7,554万、7,927万7,624、7,926万6,624、ゼロ、1万1,000、372万6,624、そのうち預金利子ゼロ、7万542、7万542、ゼロ、ゼロ、7万542。


 雑入7,544万7,856万8,820、7,855万7,820、ゼロ、1万1,000、311万7,820。


 延滞金加算金及び過料10万円、22万4,312、22万4,312、ゼロ、ゼロ、12万4,312。


 受託事業収入、ゼロ、41万3,950、41万3,950、ゼロ、ゼロ、41万3,950。


 村債、項も同じでございます。4億2,680万、3億8,550万、3億8,550万、ゼロ、ゼロ、マイナスの4,130万。


 歳入合計28億9,625万1,000、27億5,141万4,292、27億3,779万4,795、51万1,500、1,310万7,997、マイナスの1億5,845万6,205。


 以上でございます。


 次に、7ページのほうごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 議会費、項も同じく議会費でございます。5,208万、5,178万3,019、ゼロ、29万6,981、29万6,981。


 総務費、全体といたしまして6億8,608万2,000、6億7,958万3,250、ゼロ、649万8,750、649万8,750。そのうち総務管理費6億2,281万2,000、6億1,704万4,765、ゼロ、576万7,235、576万7,235。


 徴税費5,339万9,000、5,299万4,598、ゼロ、40万4,402、40万4,402。


 戸籍住民基本台帳289万5,000、271万3,038、ゼロ、18万1,962、18万1,962。


 選挙費647万1,000、633万9,726、ゼロ、13万1,274、13万1,274。


 統計調査費24万4,000、23万4,543、ゼロ、9,457、9,457。


 監査委員費26万1,000、25万6,580、ゼロ、4,420、4,420。


 民生費、全体といたしまして3億9,628万5,000、3億9,459万8,106、ゼロ、168万6,894、168万6,894。そのうち社会福祉費2億9,301万、2億9,199万1,446、ゼロ、101万8,554、101万8,554。


 児童福祉費1億327万5,000、1億260万6,660、ゼロ、66万8,340、66万8,340。


 衛生費、全体といたしまして3億7,145万6,000、3億6,529万9,781、ゼロ、615万6,219、615万6,219。そのうち保健衛生費2億2,907万9,000、2億2,844万7,798、ゼロ、63万1,202、63万1,202。


 清掃費1億4,237万7,000、1億3,685万1,983、ゼロ、552万5,017、552万5,017。


 農林水産業費、全体といたしまして3億3,517万4,000、2億4,912万9,365、1,299万4,000、7,305万635、8,604万4,635、そのうち農業費3億2,588万7,000、2億4,039万4,390、1,299万4,000、7,249万8,610、8,549万2,610。


 林業費928万7,000、873万4,975、ゼロ、55万2,025、55万2,025。


 商工費、項も同じでございます。366万5,000、366万1,458、ゼロ、3,542、3,542。


 土木費、全体といたしまして1億7,559万9,000、1億5,504万3,411、1,306万、749万5,589、2,055万5,589。そのうち土木管理費2,105万2,000、2,088万5,098、ゼロ、16万6,902、16万6,902。


 道路橋梁費1億4,825万9,000、1億2,791万4,313、1,306、1,306万円、728万4,687、2,034万4,687。


 河川費315万2,000、310万8,000、ゼロ、4万4,000、4万4,000。


 住宅費243万6,000、243万6,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 次のページでございます。


 砂防費70万、70万、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 消防費、項も同じでございます。1億8,629万6,000、1億8,485万6,018、ゼロ、143万9,982、143万9,982。


 教育費、全体といたしまして1億5,128万7,000、1億4,080万9,466、ゼロ、1,047万7,534、1,047万7,534。そのうち教育総務費1億4,435万7,000、1億3,388万247、ゼロ、1,047万6,753、1,047万6,753。


 中学校費693万、692万9,219、ゼロ、781、781。


 災害復旧費、全体といたしまして1億9,668万2,000、8,494万4,964、1億919万8,000、253万9,036、1億1,173万7,036。そのうち農林水産施設災害復旧費1億945万4,000、4,931万580、5,853万8,000、160万5,420、6,014万3,420。


 公共土木施設災害復旧費8,722万8,000、3,563万4,384、5,066万、93万3,616、5,159万3,616。


 公債費、項も同じく公債費でございます。3億4,163万2,000、3億4,158万7,513、ゼロ、4万4,487、4万4,487。


 予備費、項も同じく予備費でございます。1万3,000、ゼロ、ゼロ、1万3,000、1万3,000。


 歳出合計28億9,625万1,000、26億5,129万6,351、1億3,525万2,000、1億970万2,649、2億4,495万4,649。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は8,649万8,444円となっております。


 続きまして、決算書の113ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は27億3,779万5,000となっております。一方、歳出総額は26億5,129万6,000円となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は8,649万9,000円となっております。なお、そのうち翌年度へ繰り越すべき財源といたしまして3,440万2,000を繰越明許しておりますので、実質収支額は5,209万7,000となっております。そのうち3,000万円を地方自治法第233条の2、歳計剰余金の処分の規定により財政調整基金に繰り入れることといたしております。


 次に、財産に関する調書につきましては、114ページから掲載をいたしております。


 まず、公共財産の地方自治法第238条土地及び建物並びに山林については、決算年度中の増減はございません。


 次の115ページの地方自治法第239条物品につきましても、決算年度中の増減はございません。


 次に、地方自治法第241条関係の基金でございますが、一般財政調整基金ほか14基金で年度末の現在高は8億176万5,436円でございまして、南山城村資金管理並びに運用基準に基づきまして、全て南山城村後期収納金融機関のほうの積み立てをいたしております。


 最後に116ページの地方自治法第240条第1項の有価証券及び出資金につきましては、全て出資金で京都信用保証協会ほか、5関係機関で年度末の現在高は5,261万3,000円でございます。


 以上が一般会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして村税徴収実績等法令外負担金年度別調べ、一部事務組合等負担金、健全化判断比率等の状況、ふるさとづくり寄附金一覧表、不用額調べ等を添付をいたしておりますので、参考にしていただきたいと思います。


 以上で、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 次に、認定第2号、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。


 まず、議案書を朗読させていただきます。


 認定第2号、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、歳入ですが、款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 国民健康保険税、項も同じく国民健康保険税でございます。8,797万3,000、1億1,478万1,361、9,018万4,839、114万1,600、2,345万4,922、221万1,839。


 使用料及び手数料、全体といたしまして2万3,000、3万2,500、3万2,500、ゼロ、ゼロ、9,500。そのうち手数料2万2,000、3万2,500、3万2,500、ゼロ、ゼロ、1万500。


 使用料1,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ、ゼロ、マイナスの1,000です。


 国庫支出金、全体といたしまして9,975万7,000、1億487万1,594、1億487万1,594、ゼロ、ゼロ、511万4,594、そのうち国庫負担金8,083万9,000、8,369万8,594、8,369万8,594、ゼロ、ゼロ、285万9,594。


 国庫補助金1,891万8,000、2,117万3,000、2,117万3,000、ゼロ、ゼロ、225万5,000。


 療養給付費等交付金、項も同じでございます。1,856万4,000、2,725万1,000、2,725万1,000、ゼロ、ゼロ、868万7,000。


 前期高齢者交付金、項も同じでございます。1億8,366万7,000、1億8,366万7,197、1億8,366万7,197、ゼロ、ゼロ、197。


 府支出金、全体といたしまして2,793万5,000、3,819万8,177、3,819万8,177、ゼロ、ゼロ、1,026万3,177。そのうち府負担金393万5,000、385万4,177、385万4,177、ゼロ、ゼロ、マイナスの8万823。


 府補助金2,400万、3,434万4,000、3,434万4,000、ゼロ、ゼロ、1,034万4,000。


 共同事業交付金、項も同じでございます。5,613万1,000、5,613万1,143、5,613万1,143、ゼロ、ゼロ、143。


 財産収入、項は財産運用収入でございます。1万2,000、1万、1万、ゼロ、ゼロ、マイナスの2,000でございます。


 繰入金、全体といたしまして3,361万8,000、3,361万8,000、3,361万8,000、ゼロ、ゼロ、ゼロでございます。そのうち一般会計繰入金3,361万8,000、3,361万8,000、3,361万8,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 基金繰入金につきましては、全てゼロでございます。


 次の繰越金、こちら項も同じく繰越金でございます。2,387万2,000、2,387万3,211、2,387万3,211、ゼロ、ゼロ、1,211。


 諸収入、全体といたしまして25万、77万6,785、77万6,785、ゼロ、ゼロ、52万6,785。


 次のページでございます。そのうち延滞金加算金及び過料5万、43万2,500、43万2,500、ゼロ、ゼロ、38万2,500。


 雑入20万、34万4,285、34万4,285、ゼロ、ゼロ、14万4,285。


 歳入合計5億3,180万2,000、5億8,321万968、5億5,861万4,446、114万1,600、2,345万4,922、2,681万2,446。


 次に、5ページをごらんください。


 歳出ですが、款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との順に読み上げをさせていただきます。


 総務費、全体といたしまして1,938万5,000、1,817万1,472、ゼロ、121万3,528、121万3,528。そのうち総務管理費1,857万7,000、1,753万3,134、ゼロ、104万3,866、104万3,866。


 徴税費72万5,000、56万6,125、ゼロ、15万8,875、15万8,875。


 運営協議会費8万3,000、7万2,213、ゼロ、1万787、1万787。


 保険給付費、全体といたしまして3億5,353万3,000、3億4,947万6,503、ゼロ、405万6,497、405万6,497。そのうち療養諸費3億1,039万4,000、3億714万4,734、ゼロ、324万9,266、324万9,266。


 高額療養費4,212万6,000、4,135万1,645、ゼロ、77万4,355、77万4,355。


 移送費2,000、ゼロ、ゼロ、2,000、2,000。


 出産育児諸費42万1,000、42万210、ゼロ、790、790。


 葬祭諸費39万、39万、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 精神結核医療賦課金20万、16万9,914、ゼロ、3万86、3万86。


 後期高齢者支援金等、項も同じでございます。5,489万2,000、5,489万831、ゼロ、1,169、1,169。


 前期高齢者納付金等、項も同じでございます。5万5,000、5万4,149、ゼロ、851、851。


 老人保健拠出金、項は老人保健医療費拠出金でございます。3,000、2,515、ゼロ、485、485。


 介護納付金、項も同じでございます。2,284万5,000、2,284万円4,161、ゼロ、839、839。


 共同事業拠出金、項も同じでございます。5,081万9,000、5,081万6,761、ゼロ、2,239、2,239。


 保険事業費、全体といたしまして751万、598万199、ゼロ、152万9,801、152万9,801。そのうち特定健康診査等事業費386万、308万4,649、ゼロ、77万5,351、77万5,351。


 保険事業費365万、289万5,550、ゼロ、75万4,450、75万4,450。


 公債費、次のページになりますけども、項も同じで公債費でございます。555万6,000、555万5,200、ゼロ、800、800。


 諸支出金、全体といたしまして1,053万7,000、1,016万7,666、ゼロ、36万9,334、36万9,334。そのうち償還金及び還付加算金1,048万7,000、1,013万7,181、ゼロ、34万9,819、34万9,819。


 一部負担金軽減特例措置5万、3万485、ゼロ、1万9,515、1万9,515。


 予備費、項も同じでございます。666万7,000、ゼロ、ゼロ、666万7,000,666万7,000。


 歳出合計といたしまして5億3,180万2,000、5億1,795万9,457、ゼロ、1,384万2,543、1,384万2,543。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は4,065万4,989円となっております。


 続きまして、決算書の41ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。歳入総額は5億5,861万4,000円となっております。一方、歳出総額は5億1,795万9,000円となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は4,065万5,000円となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 基金につきましては、次の42ページをごらんください。


 年度末現在高4,001万円となっております。


 以上が国民健康保険特別会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして加入者の状況、事業状況、療養費の状況等を1ページから6ページのほうに添付をいたしておりますので、参考にしていただきたいと思います。


 以上で、平成25年度南山城村国民健康保険特別会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 次に、認定第3号、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。


 まず、議案書を朗読させていただきます。


 認定第3号、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、歳入でございます。款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 分担金及び負担金、項は分担金でございます。120万、60万、60万、ゼロ、ゼロ、マイナスの60万。


 使用料及び手数料、全体といたしまして6,404万3,000、6,359万3,853、6,206万9,277、5万8,873、146万5,703、マイナスの197万3,723でございます。そのうち使用料6,396万8,000、6,349万3,853、6,196万9,277、5万8,873、146万5,703、マイナス199万8,723、手数料7万5,000、10万、10万、ゼロ、ゼロ、2万5,000。


 府支出金、項は府補助金でございます。941万3,000、941万3,400、941万3,400、ゼロ、ゼロ、400。


 財産収入、項は財産運用収入でございます。1万9,687、9,687、ゼロ、ゼロ、マイナスの313。


 繰入金、項も同じでございます。1億7,168万3,000、1億7,164万9,918、1億7,164万9,918、ゼロ、ゼロ、マイナスの3万3,082。


 繰越金、項も同じでございます。190万6,000、190万6,128、190万6,128、ゼロ、ゼロ、128。


 諸収入、項は雑入でございます。1万、13万4,975、13万4,975、ゼロ、ゼロ、12万4,975。


 歳入合計2億4,826万5,000、2億4,730万7,961、2億4,578万3,385、5万8,873、146万5,703、マイナスの248万1,615。


 次に、3ページをごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 総務費、項は総務管理費でございます。7,911万9,000、7,575万7,807、ゼロ、336万1,193、336万1,193。


 公債費、項も同じでございます。1億6,909万6,000、1億6,909万5,704、ゼロ、296、296。


 予備費、項も同じでございます。5万、ゼロ、ゼロ、5万、5万。


 歳出合計2億4,826万5,000、2億4,485万3,511、ゼロ、341万1,489、341万1,489。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は92万9,874円となっております。


 続きまして、決算書の13ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は2億4,578万3,000円となっております。一方、歳出総額は2億4,485万4,000円となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は92万9,000円となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 基金につきましては、次の14ページをごらんください。


 年度末現在高3,610万3,974円となっております。


 以上が簡易水道特別会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして各地区別の調定総括表及び月別使用料のグラフ等を7ページから16ページのほうに添付をいたしておりますので、参考にしていただきたいと思います。


 以上で、平成25年度南山城村簡易水道特別会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 次に、認定第4号、平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。


 まず、議案書を朗読させていただきます。


 認定第4号、平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村介護保険特別会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 本特別会計につきましては、保険事業勘定分とサービス事業勘定分となっております。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、保険事業勘定分でございます。


 歳入でございますが、款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 保険料、項は介護保険料でございます。4,685万8,000、4,935万7,064、4,730万9,530、12万9,940、191万7,594、45万1,530。


 使用料及び手数料、項は手数料でございます。1,000、3,200、3,200、ゼロ、ゼロ、2,200。


 国庫支出金、全体といたしまして6,672万7,000、6,677万5,429、6,677万5,429、ゼロ、ゼロ、4万8,429。そのうち国庫負担金4,866万4,000、4,866万4,114、4,866万4,114、ゼロ、ゼロ、114。


 国庫補助金、1,806万3,000、1,811万1,315、1,811万1,315、ゼロ、ゼロ、4万8,315。


 支払い基金交付金、項も同じでございます。7,799万2,000、7,802万、7,802万、ゼロ、ゼロ、2万8,000。


 府支出金、全体といたしまして4,159万5,000、4,162万157、4,162万157、ゼロ、ゼロ、2万5,157。そのうち府負担金4,033万5,000、4,033万5,000、4,033万5,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ。


 府補助金126万、128万円5,157、128万5,157、ゼロ、ゼロ、2万5,157。


 財産収入、項は財産運用収入でございます。1万4,848、4,848、ゼロ、ゼロ、マイナスの5,152。


 繰入金、全体といたしまして6,748万3,000円、6,027万5,000、6,027万5,000、ゼロ、ゼロ、マイナスの720万8,000、そのうち一般会計繰入金5,427万5,000、5,427万5,000、5,427万5,000、ゼロ、ゼロ、ゼロ、基金繰入金1,320万8,000、600万、600万、ゼロ、ゼロ、マイナス720万8,000。


 繰越金、項も同じでございます。335万7,000、335万7,829、335万7,829、ゼロ、ゼロ、829。


 諸収入、項は雑入でございます。20万、29万5,784、29万5,784、ゼロ、ゼロ、9万5,784。


 歳入合計といたしまして3億422万3,000、2億9,970万9,311、2億9,766万1,777、12万9,940、191万7,594、マイナス656万1,223。


 次に、3ページをごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 総務費、全体といたしまして1,820万5,000、1,738万8,412、ゼロ、81万6,588、81万6,588。そのうち総務管理費1,481万2,000、1,442万964、ゼロ、39万1,036、39万1,036。


 介護認定審査会会費339万3,000、296万7,448、ゼロ、42万5,552、42万5,552。


 保険給付費、全体といたしまして2億7,267万5,000、2億6,715万7,713、ゼロ、551万7,287、551万円7,287。そのうち介護サービス等諸費2億4,240万8,000、2億3,722万8,276、ゼロ、517万9,724、517万9,724。


 その他諸費、31万、30万650、ゼロ、9,350、9,350。


 高額介護サービス等費454万7,000、454万6,952、ゼロ、48、48。


 高額医療合算介護サービス費90万、75万1,253、ゼロ、14万8,747、14万8,747。


 介護予防サービス等諸費1,201万、1,196万7,242、ゼロ、4万2,758、4万2,758。


 特定入所者介護予防サービス等費1,250万、1,236万3,340、ゼロ、13万6,660、13万6,660。


 基金積立金、項も同じでございます。1万、4,848、ゼロ、5,152、5,152。


 諸支出金、項は償還金及び還付加算金でございます。480万、478万9,552、ゼロ、1万448、1万448。


 地域支援事業費、全体といたしまして828万、723万6,902、ゼロ、104万3,098、104万3,098、そのうち介護予防事業費199万1,000、133万7,000、ゼロ、65万4,000、65万4,000。


 包括支援事業任意事業費628万9,000、589万9,902、ゼロ、38万9,098、38万9,098。


 予備費、項も同じでございます。25万3,000、ゼロ、ゼロ、25万3,000、25万3,000。


 歳出合計3億422万3,000、2億9,657万7,427、ゼロ、764万5,573、764万5,573。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は108万4,350円となっております。


 続きまして、決算書の29ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は2億9,766万2,000円となっております。一方、歳出総額は2億9,657万7,000円となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は108万5,000円となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 基金につきましては、次の30ページをごらんください。


 年度末現在高1,079万1,962円となっております。


 続きまして、決算書の31ページをごらんください。


 サービス事業勘定分でございます。


 まず、歳入でございます。款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 サービス収入、項は介護給付費収入でございます。158万、166万7,175、166万7,175、ゼロ、ゼロ、8万7,175。


 繰越金、項も同じでございます。33万6,000、32万6,770、32万6,770、ゼロ、ゼロ、マイナス9,230。


 歳入合計191万6,000、199万3,945、199万3,945、ゼロ、ゼロ、7万7,945。


 次、33ページをごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 事業費、項は居宅介護支援事業費でございます。191万6,000、130万4,701、ゼロ、61万1,299、61万1,299。


 歳出合計といたしまして191万6,000、130万4,701、ゼロ、61万1,299、61万1,299。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は68万9,244円となっております。


 続きまして、決算書の39ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は199万4,000円となっております。一方、歳出総額は130万5,000となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は68万9,000となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 以上が介護保険特別会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして被保険者の状況、認定者の状況、保険給付の状況等を17ページから24ページに添付いたしておりますので、参考にしていただきたいと思います。


 以上で、平成25年度介護保険特別会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 次に、認定第5号、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。


 まず、議案書を朗読させていただきます。


 認定第5号、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、歳入でございます。款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と収入済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 負担金、項も同じでございます。464万9,000、495万6,200、486万4,716、ゼロ、9万1,484、21万5,716。


 ネットワーク利用料、項も同じでございます。7,047万2,000、7,101万8,554、6,953万4,293、ゼロ、148万4,261、マイナスの93万7,707。


 使用料、項も同じでございます。977万1,000、1,007万1,848、1,007万1,848、ゼロ、ゼロ、30万848。


 繰越金、項も同じでございます。114万8,000、114万8,803、114万8,803、ゼロ、ゼロ、803。


 諸収入、項は雑入でございます。14万、16万4,850、16万4,850、ゼロ、ゼロ、2万4,850。


 歳入合計は8,618万、8,736万255、8,578万4,510、ゼロ、157万5,745、マイナス39万5,490でございます。


 次に、3ページをごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 事業費、項も同じでございます。8,613万8,000、8,459万2,321、ゼロ、154万5,679、154万5,679。


 予備費、項も同じでございます。4万2,000、ゼロ、ゼロ、4万2,000、4万2,000。


 歳出合計8,618万、8,459万2,321、ゼロ、158万7,679、158万7,679。


 したがいまして、歳出差し引き残額は119万2,189円となっております。


 続きまして、決算書の11ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は8,578万5,000となっております。一方、歳出総額は8,459万2,000円となっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は119万3,000となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 以上が高度情報ネットワーク特別会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして加入状況等を25ページから28ページに添付いたしておりますので、参考にしていただきたいと思います。


 以上で、平成25年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 最後になりますが、認定第6号、平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、御報告を申し上げます。


 まず、議案書を朗読させていただきます。


 認定第6号、平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件。


 地方自治法第233条第3項の規定により、平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。


 平成26年9月9日提出、南山城村長手仲圓容。


 それでは、決算書の1ページをごらんください。


 まず、歳入でございます。款項、予算現額、調定額、収入済み額、不納欠損額、収入未済額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 後期高齢者医療保険料、項も同じでございます。2,882万、2,884万5,540、2,883万6,737、ゼロ、8,803、1万6,737。


 使用料及び手数料、項は手数料でございます。1,000、4,500、4,500、ゼロ、ゼロ、3,500。


 繰入金、項は一般会計繰入金でございます。1,296万6,000、1,296万5,759、1,296万5,759、ゼロ、ゼロ、マイナス241。


 繰越金、項も同じでございます。91万5,000、91万5,086、91万5,086、ゼロ、ゼロ、86。


 諸収入、全体といたしまして128万、109万9,564、109万9,564、ゼロ、ゼロ、マイナス18万436、そのうち償還金及び還付加算金3万6,000、3万5,192、3万5,192、ゼロ、ゼロ、マイナス808。


 雑入、124万4,000、106万4,372、106万4,372、ゼロ、ゼロ、マイナス17万9,628。


 歳入合計4,398万2,000、4,383万449、4,382万1,646、ゼロ、8,803、マイナス16万354。


 次に、3ページをごらんください。


 歳出でございます。款項、予算現額、支出済み額、翌年度繰越額、不用額、予算現額と支出済み額との比較の順に読み上げをさせていただきます。


 総務費、項は総務管理費でございます。34万5,000、28万1,473、ゼロ、6万3,527、6万3,527。


 後期高齢者医療広域連合納付金、項も同じでございます。4,123万7,000、4,063万8,124、ゼロ、59万8,876、59万8,876。


 保険事業費、項は健康保持増進事業費でございます。215万7,000、184万7,206、ゼロ、30万9,724、30万9,724。


 諸支出金、項は償還金及び還付加算金でございます。16万5,000、14万3,802、ゼロ、2万1,198、2万1,198。


 予備費、項も同じでございます。7万8,000、ゼロ、ゼロ、7万8,000、7万8,000。


 歳出合計4,398万2,000、4,291万675、ゼロ、107万1,325、107万1,325。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は91万971円となっております。


 続きまして、決算書の13ページをごらんください。


 実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額は4,382万2,000となっております。一方、歳出総額は4,291万1,000となってなっております。


 したがいまして、歳入歳出差し引き残額は91万1,000となり、翌年度へ繰り越しをいたしております。


 以上が、後期高齢者医療特別会計における決算状況でございますが、そのほかに決算資料といたしまして保険料収納率、被保険者数等、29ページから34ページに添付いたしておりますので参考にしていただきたいと思います。


 以上で平成25年度南山城村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算についての御報告とさせていただきます。


 また、このほかに認定第1号の補足資料といたしまして、社会福祉協議会、商工会の決算書及び資料を添付させていただいております。


 以上をもちまして、簡単ですが平成25年度南山城村一般会計及び特別会計5会計の歳入歳出決算につきましての御報告とさせていただきます。どうかよろしく御審議の上、御認定賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(新田晴美君)


 会計管理者の説明が終わりました。


 ここで、認定6件についての決算、監査報告を求めます。


 監査委員、「梅本章一議員」


○9番(梅本章一君)


 6南監第10号、平成26年8月20日、南山城村村長手仲圓容様、南山城村議会議長新田晴美様、南山城村監査委員高瀬哲也、南山城村監査委員梅本章一。


 平成25年度南山城村一般会計、特別会計歳入歳出決算の審査意見について。


 地方自治法第233条第2項の規定により、審査に付された平成25年度南山城村一般会計、特別会計歳入歳出決算について、審査したのでその結果について別紙のとおり意見書を提出する。


 1、審査の概要。


 (1)審査の対象、平成25年度南山城村一般会計歳入歳出決算、同国民健康保険特別会計歳入歳出決算、同簡易水道特別会計歳入歳出決算、同介護保険特別会計歳入歳出決算、同高度情報ネットワーク特別会計歳入歳出決算、同後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、附属書類平成25年度南山城村各会計歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書。


 (2)審査の期間、平成26年8月6日書類審査、8月18日書類審査、8月20日現地審査。


 (3)審査の実施方法、審査に付された各会計、歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書について、関係法令に準拠して作成されているかどうかを確かめるとともに、これらの計数の適正性を検証するため、関係諸帳簿のその他証拠書類との照合など通常実施すべき審査手続のほか、必要と認めたその他の審査手続により実施した。


 2、審査の結果、審査に付された各会計、歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は、関係法令に準拠して作成されており、誤りのないものと認められた。また、なお会計については、計数については決算書のとおりであるので省略する。


 次、平成25年度決算審査意見書、南山城村監査委員。


 次おめくりをいただきまして、平成25年度決算審査意見書。地方自治法第233条第2項の規定により審査に付された平成25年度南山城村一般会計及び特別会計歳入歳出それぞれの事項別明細書、実質収支に関する調書並びに関係諸帳簿、証拠書類につき正確であることを認めました。


 各会計別の審査結果は、次のとおりです。


 1、一般会計、歳入総額は27億3,779万5,000円で、前年度比14.7%増加し、歳出総額は26億5,129万6,000円で、前年度比13.6%増加している。歳入歳出差し引き額は8,649万9,000となっている。翌年度へ繰り越すべき財源が3,440万2,000円あるため、実質収支額は5,209万7,000円となった。


 単年度収支は昨年度との比較により232万4,000円となっているが、積立金が68万8,000円などを含めると実質単年度収支は301万2,000円となっている。


 基金は一般財政調整基金に3,068万8,000円を積み立て、5億6,278万円に減債基金に3,002万円を積み立て、1億349万8,000円にその他基金をあわせて総額で昨年度末現在高よりも1億334万2,000円増額し、8億176万5,000円となり、基金の現在額14.8%が増額した。


 経常収支比率は臨時財政対策債の借り入れを見送ったことから、92.3%で前年度の86.3%に対して6%増加し、財政が硬直化している。


 今後の財政運営注意し、財政の健全化、緊縮化を図られたい。


 次いきます。


 (1)歳入、歳入では、予算額28億9,625万1,000円に対する収入済み額27億3,779万5,000円で94.5%となり、収入未済額の村税の主なものは村民税、固定資産税、軽自動車税となっている。また、村税の収入未済額1,287万4,000は前年度より180万6,000円減少している。


 村税は3億3,536万1,000円で、前年度に比べ1.4%増加しており、調定額も同様に増加している。さらに、収入未済額が12.3%減少しているのは京都地方税機構の徴収努力によるところが大きいと思われる。今後も引き続き納税意識の高揚と理解が得られるようPR等の一層の努力が必要である。


 地方交付税のうち普通交付税は、11億4,711万7,000円で前年度より1.1%減少し、特別交付税は1億987万9,000円で、前年度より6.9%の増加となった。


 国庫支出金は2億928万3,000円で、地域の元気づくり臨時交付金や防災安全社会整備総合交付金等が増加したため、前年度より87.1%の増加となっている。


 府支出金は、強い農業づくり交付金事業補助金、農業基盤整備促進事業補助金等の増加により、2億7,327万円、前年度より98.4%の増加となっている。


 村債は8億8,550万円で、防災行政無線事業に係る辺地対策事業債の増加を含め、前年度より59.2%増加している。


 臨時財政対策債の借り入れを控え、公債費の抑制に努められている。


 (2)歳出、歳出総額は26億5,129万6,000円で、予算に対する執行率は91.5%で不用額は1億970万3,000円であり、前年度に対し5,028万7,000円増加している。不用額の主な科目は、じんかい処理費、農地費、道路新設改良費、教育総務費、農林水産施設災害復旧費となっている。特に、農業基盤整備事業、繰越明許分の計画変更により7,066万円が不用額となっているが、限られた予算を有効に活用するため、きめ細かな事業予算の見積もりと計画的な事業執行が必要と思われるので、慎重な取り扱いを求める。


 歳出科目の状況は、総務費6億7,958万3,000円、69%、民生費3億9,459万8,000円、3.9%、衛生費3億6,530万円、5.8%、農林水産業費2億4,912万9,000円で187.5%、商工費366万1,000円、38.3%、土木費1億5,504万3,000円、31.7%、消防費1億8,485万6,000円、31.9%、災害復旧費8,494万5,000円、957.6%が前年度よりそれぞれ増加している。


 その一方で、議会費5,178万3,000円、1.1%、教育費1億4,081万円で0.2%、公債費3億1,158万8,000円、48%がそれぞれ減少した結果となった。


 歳出総額は26億5,129万6,000円で、前年度の23億3,312万2,000円に対して3億1,817万4,000円、13.6%増加している。


 特に本年度は安心・安全な村づくりのため防災行政無線事業、強い農業づくり対策事業債、防災安全社会資本整備総合交付金事業、台風18号による災害復旧事業の増に伴い、事務事業量が増加しています。住民生活に直結する行政サービスへの影響がないよう予算配分する必要があります。


 5カ年継続事業で実施している道の駅整備事業は2カ年が経過しているが、目に見えた結果が乏しく、遅延のないよう積極的に事業を進め、極力経費を抑え成果が上がるよう努力をされたい。


 また、国庫支出金、府支出金は、大幅に増加、地方交付税は微減となった、行政サービスや事務事業を充実するため実施すべき事務事業等の整理を行いスリムな行政運営を可能にするため、組織体制の充実についても強く期待します。


 次に、国民健康保険特別会計、被保険者世帯は580世帯で被保険者数は1,039人となり、前年度より2世帯が増加したが、被保険者数は変わらない。


 歳入総額は5億5,861万4,000円で、前年度比6.2%増加し、歳出総額は5億1,795万9,000円で、前年度比3.2%増加している。


 歳入歳出差し引き額は4,065万5,000円となっている。


 国民健康保険特別財政調整基金の年度末現在高は、4,001万となっている。


 国民健康保険税の収入済み額は9,018万5,000円で、前年度と比べ7%増加している。


 調定額は現年課税分8,994万円、前年度比107.8%と滞納繰越分2,484万1,000円、前年度比93.4%をあわせて1億1,478万1,000円、前年度比104.3%となっている。


 収入未済額は2,345万5,000円で前年度より138万6,000円減少している。また、昨年度と同様に114万2,000円の不納欠損処分がされている。


 保険給付費は3億4,947万7,000円で、前年度比1.4%の増加となっている。


 京都税機構による滞納整理により前年課税分は95.7%の収入を確保しているが、滞納繰り越し分では16.5%にとどまっている。今後もさらに徴収率が低下することのないよう住民への周知などが必要と思われる。


 次、進みます。


 3、簡易水道特別会計。


 歳入総額は2億4,578万3,000円で前年度比10.1%、歳出総額は2億4,485万4,000円で、前年度比10.6%がそれぞれ増加した。


 歳入歳出差引額は92万9,000円となっている。


 使用料の調定額は6,349万4,000円となり、前年度比1.8%の減少となっている。


 水道使用料の当該年度分の滞納は59万7,000円であり、過年度分をあわせると146万6,000円と昨年度より29万3,000円増加している。


 人口の減少に伴い年々水道料が減少し、使用料金が少なくなってきているため、効率的な運営ができるよう水道事業の経営の効率化に努められたい。また、今後も引き続き加入者に対し使用料を滞納しないよう周知徹底されたい。


 4、介護保険特別会計。


 保険事業勘定第1号被保険者数は、1,176人で村の人口に占める割合は39%となっている。第1号被保険者の要介護、要支援認定者数は年度末で227、認定率19.3%、第2号被保険者認定数は3人の計230人で居宅介護サービスの受給者数は119人で、受給率は51.7%、施設介護サービス受給者は32人で受給率は13.9%となっている。


 歳入総額は2億9,766万2,000円で前年度比8.1%の増加、歳出総額は2億9,657万7,000円で、前年度比9.1%の増加となっている。


 歳入歳出差し引き額は108万5,000円となっている。


 保険料の普通徴収保険料に滞納があり、今年度においても若干の滞納が見受けられ、なお、収入見込みのない保険者の滞納額のうちから不納欠損処分処理されている。今後、保険料の滞納がさらに増大することのないよう徴収に努力をされたい。


 介護サービス事業勘定、歳入総額199万4,000円で、前年度比7.3%増加し、歳出総額は130万5,000円で前年度比14.8%減少している。


 歳入歳出差し引き額は68万9,000円となっている。


 次、進みます。


 5、高度情報ネットワーク特別会計。


 歳入総額は8,578万5,000円で、前年度比0.2%増加した。


 歳出総額は8,459万2,000円で、前年度比0.2%が増加し、歳入歳出差し引き額は119万3,000円となっている。


 工事負担金の収入済み額9万1,000円と、利用料148万4,000円の滞納がある。滞納が常態化しないよう徴収に努めるとともに滞納者に対しては施設利用停止の処置等についても、適切に行われたい。


 6、介護後期高齢者医療特別会計。


 歳入総額は4,382万2,000円で、前年度比1.5%増加し、歳出総額は4,291万1,000円で、前年度比1.6%増加し、歳入歳出差し引き額は91万1,000円となっている。


 後期高齢者医療費、医療保険料のうち普通徴収分にわずかな額が滞納となっている。滞納者が滞納額が増大しないよう拡大しないよう被保険者に理解を求める保険料の徴収に当たられたい。


 次いきます。


 平成25年度財政健全化審査意見書。


 1、審査の概要、この財政健全化審査は、村長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。


 2、審査の結果。


 1、総合意見、審査に付された下記健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されているものと認められる。


 2、個人的意見。


 ?実質赤字比率について、実質赤字比率は、マイナス3.12%であり、該当はない。


 ?連結実質赤字比率について、連結赤字実質赤字比率はマイナス5.72%であり該当はない。


 ?実質公債費比率について、実質公債費比率は12.9%となっており、早期健全化基準を下回っており該当はない。特に、単年度では11.5%となっている。


 ?将来負担比率について、将来負担比率は62.3%となっており、早期健全化基準を下回っており該当はない。


 (3)是正改善を要する事項、特に指摘するべき事項はない。


 次いきまして、9ページ。


 平成25年度経営健全化審査意見書。


 1、審査の概要、この財政健全化審査は村長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項の記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。


 2、審査の結果。


 (1)総合意見、審査に付された下記、健全化判断比率その他の算定の基礎となる事項を記載した書類はいずれも適正に作成されているものと認められる。


 2、個人的意見、資金不足比率については、資金不足比率はゼロ%であり該当はない。是正改善を要するべき事項、特に指摘するべき事項はない。


 次、10ページ。


 決算審査、現地審査、平成25年度決算審査に伴う現地審査の結果は次のとおりでありました。実施日、平成26年8月20日、実施場所は下記のとおりであります。


 審査意見、1、強い農業づくり対策事業、平成24年繰り越し分、補助事業の導入により整備されたところであるが、受益者においては維持管理等を行い効果的に利用されるよう指導すること。


 2、社会資本整備総合交付金事業、府県境を結び国道163号の迂回路として重要路線であり、地域住民の生活道路であるため、効果が図れるよう早期に完成させること。


 3、社会資本整備総合交付金事業、地域住民の生活道路であるため長寿命化計画により安全性を確保し、完成後においては十分維持管理等を行うこと。


 4、防災安全社会資本整備総合交付金事業、住民の要望であったが道路舗装が一部完成したが、今後とも段差解消など安全点検や維持補修等について、計画的に進められたい。


 6、防災行政無線管理事業、住民の生命を守るため、地震、豪雨等の危機管理に対応する機能強化の措置として十分に投資効果が発揮できるように徹底と維持管理に努められたい。ということでございます。


 以上でございます。


○議長(新田晴美君)


 以上で、提案説明と監査報告が終わりました。


 お諮りします。


 以上、認定6件については、会議規則第39条の規定により予算決算常任委員会に付託することにしたいと思います。


 御異議ありませんか。


                (「異議なし」の声)


○議長(新田晴美君)


 「異議なし」と認めます。したがって、認定6件について予算決算常任委員会に付託をすることに決定しました。


 以上で、本日の日程は全て終了しました。本日はこれで散会します。


 皆さん御苦労さんでした。


 なお、予算決算常任委員会は、9月16日、午前9時30分から本会議場で開催されます。


 御苦労さんでした。


                (散会 14:53)