議事ロックス -地方議会議事録検索-


京都府 精華町

平成20年第2回臨時会(第1日 7月 9日)




平成20年第2回臨時会(第1日 7月 9日)





 平成20年第2回臨時会(第1日 7月 9日)


○議長  それでは、皆さんこんにちは。


             (こんにちは。)


○議長  ただいまの出席議員数は21名であります。定足数に達していますので、平成20年第2回精華町議会臨時会を開会いたします。


 これより本日の会議を開きます。


 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員の皆様方には、公私ともご多用の中ご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。


 いよいよ夏本番を迎え、本年は暑く、晴れの日が多いとの長期予報が出されております。水不足が心配されてもおります。一方、7月に入った途端一斉の値上げが、ガソリン価格は180円を突破し、食料品の値上げも相次ぎ、追って電気、ガスと値上げが予定されております。新車の販売台数も24年ぶりの低調と報道があります。賃金の上昇率が少ない中で、住民の暮らしはどうなっていくのか、政治の力が試されます。


 また、開催中の洞爺湖サミットの最大の課題である地球温暖化対策については、2050年にはCO2を半減させると何としても合意に達することを願うものでございます。


 さて、今臨時会の案件は農業委員会選任による委員の推薦であります。慎重なご審議の上、適切妥当な結論を得られますようお願い申し上げ、開会のあいさつとさせていただきます。


 それでは、町長からあいさつを受けたいと思います。町長どうぞ。


○町長  皆さん、こんにちは。第2回臨時会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日は、議員の皆様方には公私とも何かとご多用のところ、平成20年第2回精華町議会臨時会にご出席を賜り、まことにありがとうございます。


 平素は精華町発展のために町行政全般にわたりまして格別のご尽力とご協力、並びにご意見、ご指導を賜っておりますことに心からお礼を申し上げます。


 開会に当たりまして、まず本町職員の不祥事につきましておわびを申し上げたいと存じます。


 本日お手元に配付しておりますとおり、一部新聞報道がございましたが、去る6月6日に本町職員が勤務時間中に万引きを行うというあってはならない不祥事を引き起こしました。今回の不祥事によりまして、議員の皆様方を初め町民の皆様の信頼を損なうことになり反省をいたしておりますとともに、深くおわびを申し上げます。まことに申しわけございませんでした。


 なお、現在木津警察署において捜査中でございますので、本町といたしましても現段階におきましては捜査に協力するとともに、その動向を見守る考えでございまして、それらの状況を踏まえ、厳正に対応してまいりたいと考えております。


 また、再発防止に向けまして、本日、幹部職員を招集し、全職員に対しまして改めて服務規律の徹底など綱紀の粛正に関し指導を徹底するよう指示したところでございまして、今後とも私を筆頭に職員が一丸となり、全力で町民の皆様の信頼回復に努めてまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 引き続きまして、2点報告を申し上げたいと存じます。


 まず1点目は、株式会社けいはんなの経営再建についてでございます。同社の民事再生手続につきましては、本町も地元自治体といたしまして重大な関心を持って注目してまいりましたが、本年4月末、大阪地方裁判所に再生計画案が提出され、同裁判所において債権者の書面表決が実施されまして、お手元に新聞記事をお配りさせていただいておりますとおり、去る7月4日に無事再生計画が認可、決定されたものでございます。


 今後におきましては、同社の抜本的な再建によります学研都市の中核施設であるけいはんなプラザの公共・公益的機能が維持されますように、京都府及び京田辺市、木津川市とともに連携を密にしながら施設の活用を基本とした支援について検討を進めていく考えでありますので、よろしくご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 次に、2点目は私のしごと館の動向についてでございます。私のしごと館につきましては、これもお手元に新聞記事をお配りさせていただいておりますとおり、5月2日に渡辺行政改革担当大臣の視察に続きまして7月2日には舛添厚生労働大臣が視察をされ、職業教育の重要性を強調され、施設存続の意向を示されましたことは地元にとりましても非常に心強く感じているところでございます。現在、雇用・能力開発機構におかれましては施設運営の民間委託に向けた入札準備が進められており、7月25日には落札者が決定され、9月1日から2年間の民間委託が開始されるとのことでございます。


 今後とも地元自治体といたしまして積極的な連携イベントの実施などを通じまして大いに盛り上げてまいりますとともに、今月の29、30日には予定をいたしております学研三市町行政連絡会での中央要望におきましても、私のしごと館の施設機能存続について要望活動を展開してまいる所存でございますので、今後とも議会議員の皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 以上、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議長  本日の日程ですが、お手元に配付の議事日程表により議事を進めてまいります。


 これより日程に入ります。


○議長  日程第1、会議録署名議員の指名を会議規則第118条の規定により指名します。


 20番、山口利忠議員、21番、三原和久議員を指名します。両議員に差し支えのある場合は、次の議席の議員にお願いいたします。


○議長  日程第2、会期の決定の件を議題とします。


 本臨時会の会期については、事前に議会運営委員会を開催を願い、今期臨時会の会期については検討願った次第であります。


 お諮りします。お手元に配付の会議予定表のとおり、本臨時会の会期は本日7月9日の1日限りといたしたいと思います。ご異議ございませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認めます。よって、会期を本日7月9日の1日に決定いたしました。


○議長  日程第3、行政からの報告の申し出がありますので、報告を受けたいと思います。副町長どうぞ。


○副町長  この機会をいただきまして、行政から報告を申し上げます。


 国際交流員と姉妹都市交流員の退任の報告についてでございます。


 語学指導等を行う外国青年招致事業、いわゆるJETプログラムによりまして招致をいたしております国際交流員及び姉妹都市提携をいたしましたアメリカのオクラホマ州ノーマン市からの招致をいたしております姉妹都市交流員のお二人の退任につきましてご報告をさせていただきます。


 ご承知のように、本町では平成6年から国際交流員、また平成18年からは姉妹都市交流員を招致をいたしておりまして、学研都市にふさわしい国際化の推進とアメリカオクラホマ州のノーマン市との姉妹都市提携を軸といたしました国際交流を図るため、重点的な取り組みを進めてきているところでございます。


 そういう中で、まずレイノルズ・ジュダさんにおかれましては、2年間国際交流員として町内各施設を訪問し、多くの方々との触れ合いを通じて国際交流の推進に大きく貢献をしていただきましたが、8月3日をもちまして退任をされる予定でございます。


 また、バグウェル・クリストファーさんにおかれましては、2年間姉妹都市交流員として民間交流団体であるせいかグローバルネットなどと協働し、姉妹都市ノーマン市との交流推進に大いに貢献をしていただきましたが、7月31日付をもちまして退任される予定でございます。


 なお、この議会終了後に議員の皆様にお二人よりお礼のごあいさつをさせていただきたく存じますので、よろしくお願いを申し上げます。


 私の方からの報告は以上でございます。貴重な時間を拝借いたしましてまことにありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いを申し上げます。


○議長  以上で行政報告を終わります。


○議長  日程第4、農業委員会選任による委員の推薦についての件を議題といたします。


 私の方から説明します。


 本件につきましては、平成20年5月19日付で町長から、現委員の任期が平成20年7月19日で満了することから、議会に対し農業委員会選任による委員の推薦について依頼を受けたものでございます。


 推薦に当たりましては、議会運営委員会、農業委員会に関する法律第12条第1項の第2号に基づき、慎重に検討いたしました結果、1、地域の特性や各種団体、2、女性農業士、3、学識経験者など幅広い層から推薦することが重要であると考え、4名の推薦者を決定いたしました。お手元に配付しています推薦名簿をごらんいただきたいと思います。


 推薦者を申し上げます。藤村絹子様、59歳、精華町大字南稲八妻小字門口43の1。主な経歴といたしまして、農業士、特産品開発連絡協議会会長、味噌部会長。次に田中好子さん、57歳、精華町大字北稲八間小字北垣外51。主な経歴といたしまして、農業士、特産品開発連絡協議会副会長、漬物部会長、婦人防火クラブ委員等でございます。次に岩井三郎さん、53歳、精華町大字下狛小字里垣内39。主な経歴、農業士、精華町農業経営者会議会長、青唐部会長、現消防団副団長、小・中PTA会長を歴任されております。松尾純一さん、72歳、精華町大字祝園小字佃2の1。主な経歴としまして、平成11年7月から農業委員として3期、東区長及び農家代表推薦でございます。現農業委員会広報委員会副会長をされております。以上の4名を推薦するものでございます。


 これより質疑を行います。


 なければ質疑を終わります。


 討論省略してお諮りすることにご異議ございませんか。


             (異議なしの声)


○議長  異議なしと認め、お諮りいたします。農業委員会選任による委員の推薦についての件は、推薦者名簿のとおり藤村絹子さん、田中好子さん、岩井三郎さん、松尾純一さんの4人を推薦することに賛成の議員は起立を願います。


              (起立全員)


○議長  ありがとうございます。起立全員であります。よって、農業委員会選任による委員の推薦についての件は、推薦名簿のとおり藤村絹子様、田中好子様、岩井三郎様、松尾純一様の4人を推薦することに決定いたしました。


 以上、本日の日程は全部終了いたしました。


 これで本日の会議を閉じ、平成20年第2回精華町臨時会を閉会いたします。


 本日は大変お忙しい中ご参集賜り、慎重なご審議をいただきましてありがとうございました。


 ここで、先ほど副町長からの報告がありました交流員のレイノルズ・ジュダ君と姉妹都市交流員のバグウェル・クリストファー君の両氏が退任のあいさつをいたしたく申し出がありますので、受けたいと思います。


 それでは、交流員のレイノルズ・ジュダ君どうぞ。


○レイノルズ・ジュダ氏  議員の皆様、お世話になりましてまことにありがとうございました。


 今月末で精華町での勤務が2年となります。そして契約が満了となり、精華町とお別れをしなければならないこととなりました。もう2年もたったのか、あっという気持ちです。振り返ったらこの2年間でさまざまな経験ができ、すばらしい機会であったと思っております。この美しい精華町で暮らすことができ、うれしく思っております。また、職員の皆様と一緒に住民のために国際交流活動を推進することができました。仕事の役割を通じて、小学生からお年寄りの方までお互いに国際理解を深められたと信じています。


 人々の優しさと考え方は私に大きな影響を与えてくれました。逆に、この2年間で私が精華町の皆様方に影響を与えられたのであれば、これほどうれしく思っています。私の人生の旅は、どこまで歩んでも第二の故郷精華町であると思います。精華町の人々の優しさと温かさを忘れません。


 精華町のますますの発展を願っております。どうもありがとうございました。(拍手)


○議長  次に、姉妹都市交流員のバグウェル・クリストファーさんどうぞ。


○バグウェル・クリストファー氏  こんにちは。私はバグウェル・クリスと申します。ちょうど2年前にアメリカのオクラホマ州ノーマン市から精華町へ参りました。私は、姉妹都市交流員になることが決まったとき、初めは大変緊張しました。しかし、だんだん精華町で働けることが待ち遠しくなっていました。そして仕事が始まってから、想像以上にいろいろな役割を果たす機会がありました。例えばノーマン市からの訪問団の受け入れや精華町から渡航した民間の訪問団を現地に案内したり、翻訳、通訳をしたりする中で、ノーマン市と精華町のかけ橋となる役割を果たしてこれたと思っています。そのことによって両市町をよく知り、お互いの発展と有効関係の進展を見ることができました。精華町のおかげでこのような貴重な経験をすることができたことを光栄に思っております。そして、何よりも精華町をよく知ることができたことがよかったです。


 精華町は、長い歴史や文化を持つすばらしいところであると思います。精華町の元気な住民の皆様と接し、美しい自然と長い歴史を味わい大変感動しています。ノーマン市、そして私のことを精華町の皆様に少しでも知っていただいたことに感謝しております。そして、それ以上に私が精華町を知ることができたことを大変うれしく思っております。精華町で過ごした2年間に学んだことが非常に多く、それらをかけがえのない経験と思っております。そして、第二のふるさとと思う精華町と今後もずっとつながっていきたいと思っています。


 これから大阪市内で勤め、翻訳の仕事をする予定です。皆様、今後もどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)


○議長  両君におかれましては、それぞれ国際交流員として、また姉妹都市交流員としてご活躍を願い、大変ご苦労さんでございました。精華町での経験を今後の人生に生かしていただければ幸いかと存じます。


 今後の活躍をお祈りし、拍手でお別れいたしたいと思います。ご苦労さんでございました。(拍手)


 これで終わります。ご苦労さんでございました。


            (時に14時52分)


 ─────────────────────────────────────